1 : ◆mPF4CbPt7k - 2018/06/10 18:24:39.34 eouTYlWg0 1/16


「……」

青年「……」

案内係「では、面接番号3番の方、面接室にお入り下さい。4番の方はもう少々お待ち下さい」

「はい」スッ

青年「頑張って下さい!」

「ええ、あなたも。面接では自分の全てをさらけ出しましょう」


元スレ
面接官「空白期間は何をなさってたんですか?」男「自分探しを……」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1528622679/

2 : ◆mPF4CbPt7k - 2018/06/10 18:26:45.94 eouTYlWg0 2/16


「失礼いたします」

面接官「どうぞ、おかけ下さい」

「……」スッ

面接官「えー……前職は公務員をなさっていたと」

「はい」

3 : ◆mPF4CbPt7k - 2018/06/10 18:27:19.40 eouTYlWg0 3/16


面接官「公務員といえば、なるのも大変ですし、安定しているイメージがありますが」

面接官「失礼ですが、なぜお辞めになったんです?」

「己の職務を……果たせなかったからです」

面接官「職務を、ねえ」

面接官「ようするに、仕事で失敗したから辞めてしまったということですか?」

「そういうことになります」

4 : ◆mPF4CbPt7k - 2018/06/10 18:28:21.57 eouTYlWg0 4/16


面接官「責任を取ったといえば聞こえはいいですが、結局逃げてしまったということですよね?」

面接官「失敗したまま逃げるというのは社会人失格では? 成功するまで頑張るべきだったのでは?」

「まったくもっておっしゃる通り」

「この件については、なんとお詫びしたらいいか、本当に申し訳ありません!」

面接官「いや、私に謝られても困るんですけどね」

「失礼しました、つい……」

5 : ◆mPF4CbPt7k - 2018/06/10 18:30:10.70 eouTYlWg0 5/16


面接官「前職を辞してから空白期間があるようですが、何をなさっていたんですか?」

「自分探しを……していました」

面接官「は? 自分探し?」

「はい」

面接官「お遍路でもなさったんですか? それともインド旅行?」

「いえ、そういうのではないのですが」

面接官「すみません、もう少し具体的にお願いします」

6 : ◆mPF4CbPt7k - 2018/06/10 18:31:29.02 eouTYlWg0 6/16


「私は前職で、ある仕事をやり遂げられませんでした」

「その結果、自分自身というものをすっかり喪失してしまったのです」

「だからそれを取り戻すため、私は仕事を辞め、時間を作ることにしたのです」

面接官「あの、具体的にとお願いしたのに、ますます分かりにくくなりました」

面接官「もっときちんと説明をお願いします」

「……承知しました」

7 : ◆mPF4CbPt7k - 2018/06/10 18:33:27.95 eouTYlWg0 7/16


「実は私は元刑事なのですが……」

面接官「弊社は警察官OBも多数在籍していますからね。珍しいことではありません」

面接官「ただし、それを話したところで面接で有利になることはありませんよ」

「存じています。えー、話を戻しますが、私はある事件を追っていたのです」

面接官「ほう、どんな?」

「ある一家の……殺人事件です」

面接官「ほう」

8 : ◆mPF4CbPt7k - 2018/06/10 18:36:01.48 eouTYlWg0 8/16


「父親と母親、そして娘さんが殺害されるという大変いたましい事件でした」

面接官「!」

「遺族となった、娘さんと同い年の妹さんの悲痛なインタビューは今でも心に残っています」

「犯人が遺体に線香を捧げるという特異性も話題になりました」

「おそらく強盗目的の突発的な犯行で、犯人も罪悪感を抱いたのでは、などと分析されました」

面接官「……待て」

「しかし、この事件は警察の懸命の捜査にもかかわらず」

面接官「よせ……!」

「迷宮入りとなってしまったのです」

面接官「やめろ!」

9 : ◆mPF4CbPt7k - 2018/06/10 18:39:45.07 eouTYlWg0 9/16


「私はこの事件の担当刑事だったのですが、迷宮入りさせてしまった自分を許せなかった」

「そのため刑事を辞め、犯人探しに生涯を捧げることにしたのです」

「そして、ついに……」

面接官「あ、あのっ!」

「なんでしょう?」

面接官「まさか、見つけたというのですか……犯人を」

「ええ、刑事の身分があっては出来なかった独自の捜査で見つけました」

面接官「……!」

「今も、まさにこの近くにいます」

10 : ◆mPF4CbPt7k - 2018/06/10 18:41:41.89 eouTYlWg0 10/16


……

……

青年「失礼します!」

面接官「……」

青年「?」

面接官「……」

青年「あ、あの? うつむいたままじゃ、面接できないと思いますけど」

11 : ◆mPF4CbPt7k - 2018/06/10 18:42:55.98 eouTYlWg0 11/16


面接官「よくも……」

青年「?」

面接官「よくも、あたしをころしたな……」

青年「な、なにいってんです? これも面接なんですか?」

面接官「よくもあたしをころしたなああああああああああああっ!!!」ガバッ

青年「!!!」

12 : ◆mPF4CbPt7k - 2018/06/10 18:45:16.15 eouTYlWg0 12/16


青年「な、なんで……!?」

青年「お前は確かに僕が殺したはず……! 殺してしまったはず……!」

面接官「よくも、よくもぉぉぉぉぉ……!」

青年(いや待て、落ち着け! きっと他人の空似だ! そうに決まってる!)

面接官「あたしの胸を何度も刺した感触はどうだったぁ?」

面接官「最初はためらっちゃったんだよねえ、だから何回も刺すはめになったんだよねぇ!?」

面接官「あんな線香で弔いになるわきゃねえだろおおおおおおお!!!」

青年「あ、あああ……!」

13 : ◆mPF4CbPt7k - 2018/06/10 18:46:25.23 eouTYlWg0 13/16


青年「うっひゃあああああああああっ!」

青年「ご、ごめんなさいごめんなさいごめんなさいぃぃぃぃぃ!!!」

青年「警察行って全て話します! 自首します!」

青年「だから……だから許して下さい! 成仏してくださぁぁぁぁぁい!!!」

面接官「……」



(終わった、な……)

14 : ◆mPF4CbPt7k - 2018/06/10 18:50:17.15 eouTYlWg0 14/16


「奴は自首しましたし、あの様子ならば自宅を捜査すれば有力な証拠が見つかるでしょう」

「ご協力、ありがとうございます」

面接官「いえ……」

「職を辞して犯人を見つけたはいいが、もはや私には奴を追い詰める手段がなかった」

「そんな時、奴がこの会社の採用面接に応募し、さらにこの会社の人事部に被害者遺族がいることを知った」

「被害者となった娘さんの双子の妹である、あなたが……」

面接官「……」

「そして私は、この会社にいる警察OBのツテを利用して、面接の順番を奴の一つ前にしてもらったのです」

「あなたに全て伝えて、奴を自首させるため、お姉さんの怨霊を演じてもらうために……」

15 : ◆mPF4CbPt7k - 2018/06/10 18:52:24.38 eouTYlWg0 15/16


「本来なら、事前にちゃんと話して協力を仰ぐべきでしたが……」

面接官「いえ、これでよかったと思います」

面接官「面接中ではなく、事前にお話しされていたら、かえって冷静でいられたかどうか……」

面接官「自分で仇討ちしようとしていたかもしれません」

面接官「あなたもそれを危惧して、こんな形で私にコンタクトしたんでしょう?」

「……まあ、そういうことです」

16 : ◆mPF4CbPt7k - 2018/06/10 18:54:05.29 eouTYlWg0 16/16


面接官「ありがとうございました」

面接官「これで……父と母と姉も、成仏できると思います」

「あなたにそうおっしゃって頂けると光栄です」

「私も……これでようやく自分の心の空白を埋めることができました」







END

記事をツイートする 記事をはてブする