1 : 以下、\... - 2017/06/03 22:59:27.627 pUMK7VkJ0 1/33

アスカ「ふぅ~お風呂気持ちよかった~、ところでこれミサトの美容器具?」

シンジ「手遅れだったー!」

ミサト「ん~、違うわね~」

アスカ「じゃあアンタのなの?踏んづけて転びそうになったじゃない!」

シンジ「あ、うん……ごめんね!」

元スレ
シンジ「まずいぞ!お風呂場にオナホを忘れてしまった!」
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1496498367/

4 : 以下、\... - 2017/06/03 23:01:06.019 pUMK7VkJ0 2/33

アスカ「ま、いいけど……ところでこれ何なのよ?」

シンジ「えっ、えっと……その……お、おもちゃだよ!」

アスカ「おもちゃ?ガキねー」

ミサト「ププッ」

シンジ(ミサトさんは気付いてるのか!?)

7 : 以下、\... - 2017/06/03 23:04:58.783 pUMK7VkJ0 3/33

アスカ「で?」

シンジ「えっ、何……?」

アスカ「いや、どうやって遊ぶのよコレ」

シンジ「ええっ!?今ガキって言ったばかりじゃないか!」

アスカ「暇なのよ」

ミサト「私も知りたいわね~」

シンジ「そ、そんなぁ~!?」

8 : 以下、\... - 2017/06/03 23:07:14.345 pUMK7VkJ0 4/33

アスカ「早く遊び方を教えなさいよ、暇じゃないんだから」

シンジ「暇たから教えて欲しいんだろ……それに、これは一人用だから……」

アスカ「だから一人で私が遊んであげるのよ」

シンジ「いや……アスカには無理だよ……」

アスカ「はぁ!?アンタには出来て私には出来ないって言うわけぇ~!?」

シンジ「そ、そうだよ!アスカには無理だよ!」

12 : 以下、\... - 2017/06/03 23:10:19.383 pUMK7VkJ0 5/33

アスカ「きぃ~!?どうしてよ!」

シンジ「そ、それは……アスカか女の子だからだよ!」

アスカ「なんですってぇ~!?女性差別よ!この差別主義者!ミサト言われてるわよ!」

ミサト「私は女の子じゃないし~」

アスカ「いつもは年の事言ったら怒る癖にぃ~!」

ミサト「だって私は遊び方知ってるもの」

アスカ「なっ、ずるいわよ!ミサトには教えたのね!」

シンジ「お、教えてないよ!」

14 : 以下、\... - 2017/06/03 23:12:45.440 pUMK7VkJ0 6/33

ミサト「まあ、アスカには早いわよ。この事は忘れてもう寝なさい」

アスカ「仲間外れは嫌っ!」

シンジ「こ、困ったなぁ~」

アスカ「お手本見せなさい!」

シンジ「無理だよ!」

アスカ「見せるのも嫌だって言うの!?じゃあミサトがやって!」

ミサト「別にいいけど、私一人じゃちょっちできないし~」

16 : 以下、\... - 2017/06/03 23:15:06.639 pUMK7VkJ0 7/33

アスカ「はぁ~!?一人用だってバカシンジが言ってたじゃない!」

ミサト「えっと……男の子なら一人でできるけど、女の子は一人じゃできないのよ」

アスカ「何よそれ!?なぞなぞなの!?トンチなの!?これだから日本人って奴は!」

シンジ「ま、まぁ……そういう事だから返してよ」

19 : 以下、\... - 2017/06/03 23:18:48.200 pUMK7VkJ0 8/33

アスカ「くぅーっ!こんなもんこうよっ!」

シンジ「ぎゃっ、僕の顔にっ!汚い!」ベチャッ

アスカ「汚いって何よ!私が触ったからって言いたいわけ!?ど、どんだけ私を馬鹿にするのよ~!グスッ」

シンジ「ち、違うんだ!その……汚いってのは……」

アスカ「いいわよ……!こうなったらこれが何なのかぜぇ~ったい解いて見せるわ!ママの名にかけてね!」

バタン!

シンジ「ちょっ、持っていかないでよ!」

21 : 以下、\... - 2017/06/03 23:21:10.706 pUMK7VkJ0 9/33

ミサト「シンちゃ~ん」

シンジ「ミ、ミサトさん……酷いや……アスカより先にお風呂に入ったんなら回収してくれても……」

ミサト「いや~ゴメンゴメン、こんな事になるとはね。シンちゃんも男ね~」

シンジ「ミサトさん!!!」

ミサト「ゴメンってば~」

シンジ「それよりさっき言った事本当ですか!?」

23 : 以下、\... - 2017/06/03 23:24:06.374 pUMK7VkJ0 10/33

ミサト「ほぇ?」

シンジ「アスカに手本見せてって言われて別にいいって……オナホでぼくのエントリープラグをシコシコするのは吝かでは無いって事ですよね!?」

ミサト「あ~、いや~、やりとりが面白かったからついね~。まあ、やらないわよ」

シンジ「クソッタレェー!」

24 : 以下、\... - 2017/06/03 23:26:34.232 pUMK7VkJ0 11/33

ーーーー

シンジ「くそっ……ミサトさんのオナホプレイ想像したせいでムラムラして眠れないよ……」

シンジ「こんな時はオナホでシコって落ち着こう……」

シンジ「って……アスカに奪われてんだった……!」

シンジ「どうすればいいんだよ!」

シンジ「……」

シンジ「仕方ない……」

26 : 以下、\... - 2017/06/03 23:29:14.586 pUMK7VkJ0 12/33

ガラッ

アスカ「スヤスヤ……」

シンジ「僕がこんなに苦しんでるのに気持ち良さそうに寝てやがる……」

シンジ「大体、オナホの解明はどうしたんだよ……!」

シンジ「しょうがない……返して貰うか……」

シンジ「……」ゴソゴソ

シンジ「おかしいな……机の上にも床にも無いや……」

28 : 以下、\... - 2017/06/03 23:32:55.979 pUMK7VkJ0 13/33

アスカ「うーん……むにゃむにゃ……」

シンジ「この……オナホ泥棒め……どこに隠しやがった……あっ!」

アスカ「ん~」

シンジ「オナホをしっかり握りしめて眠ってる!?こんなの天性のビッチじゃないか!」

シンジ「ぐっ……しっかりホールドして離さない……無理矢理取るとさすがに目が覚めるか……」

シンジ「はぁ~」

シンジ「しょうがないけど……」

30 : 以下、\... - 2017/06/03 23:36:36.376 pUMK7VkJ0 14/33

脱ぎっ!

シンジ「このまま抜かせて貰いますか!」

シンジ「って……ローション忘れたな……部屋に取りに帰るのも億劫だな」

アスカ「えへへ……加持さぁん……むにゃぁ……」ダラー

シンジ「このビッチ、男の夢なんか見やがって……まあ、ちょうどいいローションを出してくれて助かるよ」

ズチュズチュ

アスカ「んあっ……んんっ……」

シンジ「中々ローションに向いてそうなヨダレだな!」

31 : 以下、\... - 2017/06/03 23:38:47.237 pUMK7VkJ0 15/33

シンジ「このままオナホに……挿入っ!」

ぬっちゃ!ぬっちゃ!

シンジ「くぅ~っ!気持ちいい!なんかいつもより気持ちいい気がするぞぉー!」

アスカ「んー……使徒めー……」

ぐいっ

シンジ「なぁっ!?アスカが僕のロンギヌスの槍をオナホ越しに強く握ったぁっ!?」

ぬっちゃ!ぬっちゃ!

シンジ「膣圧が上がって気持ちいいっ!」

32 : 以下、\... - 2017/06/03 23:40:39.529 pUMK7VkJ0 16/33

ぬっちゃ!ぬっちゃ!

シンジ「もう駄目だっ!出そうっ!膣内に出していいよね!?いいよねっ!?」

アスカ「うみゃぁ……うん……」

シンジ「きたっ!射精許可きたっ!もう限界だぁっ!膣内に出るっ!!!」

どぴゅるるるっ!





シンジ「綾波ぃーーーーっ!!!」

33 : 以下、\... - 2017/06/03 23:42:32.847 pUMK7VkJ0 17/33

どぷっ!どぷっ!

シンジ「うわぁ……自分でも引くくらい出てるよ……」

ピチャッ

アスカ「んんっ」

シンジ「オナホから溢れ出てアスカの顔にまで飛んじゃった」

アスカ「すやすや……」

シンジ「すっきりしたなぁ!よし、僕もぐっすり寝れそうだ!」

35 : 以下、\... - 2017/06/03 23:44:32.877 pUMK7VkJ0 18/33

ーー翌日ーー

アスカ「バカシンジ……」

シンジ「おはようアスカ」

アスカ「これは何よ……」

シンジ「えっ……ああっ!?」

アスカ「朝起きたらアンタのおもちゃから何か白い液体が出てきてるんだけど!?」

シンジ「そ、それは……!?」

36 : 以下、\... - 2017/06/03 23:46:50.422 pUMK7VkJ0 19/33

ミサト「朝から騒がしいわね~……ってアスカ顔カピカピじゃない」

アスカ「そうなのよ!顔もパリパリするし……どういう事よ!」

シンジ「だ、だから言ったじゃないか!そういうおもちゃなんだよ!」

アスカ「どういうおもちゃよ!」

シンジ「そういうおもちゃだよ!」

ミサト「シンちゃん……」

シンジ「僕をそんな目で見ないでよミサトさん!」

37 : 以下、\... - 2017/06/03 23:50:45.347 pUMK7VkJ0 20/33

アスカ「まだ馬鹿にする気ね……こうなったら確実に突き止めてやるわ……このおもちゃの正体をねっ!」

シンジ「ああっ!そんなに強く握ったらっ!」

ブチュッ!ドボォッ!

アスカ「ちょっ!中から白濁液がっ!顔にぶっかかったじゃない!」

シンジ「ぺっぺっ、アスカが強く握るからだろっ!僕の顔にもかかったじゃないか!」

ミサト「私なんか欠伸してたから、口に飛んできて飲んじゃったわよ……」

シンジ「本当にごめんなさい」

38 : 以下、\... - 2017/06/03 23:53:03.311 pUMK7VkJ0 21/33

ーーーー

シンジ「はぁ~」

トウジ「どないしたんやセンセ」

シンジ「どうしたもこうしたも無いよ……アスカの奴が……」

ケンスケ「ま~た、夫婦喧嘩か?」

シンジ「そんなんじゃないよ!」

アスカ「そうよ!」

41 : 以下、\... - 2017/06/03 23:56:33.915 pUMK7VkJ0 22/33

ケンスケ「ぶっ!?」

シンジ「ア、アスカ!?本当に馬鹿なの!?死ぬの!?」

アスカ「誰が馬鹿よ!馬鹿はあんたでしょ!」

トウジ「なんや……それ?」

アスカ「ん?アンタも知らないわけ?男の子のおもちゃよ」

ケンスケ「そ、そりゃあ……男の子のおもちゃだろうけど、何で学校なんかに……」

43 : 以下、\... - 2017/06/03 23:58:56.901 pUMK7VkJ0 23/33

アスカ「アンタは知ってるのね!?さっさとコレの遊び方を教えなさい!」

ケンスケ「い、いや~んな感じ!?」

ヒカリ「アスカーーーー!!!」

アスカ「ぎゃっ!?」ビクゥ

ヒカリ「が、学校になんてモノを持って来てるのっ!?」

44 : 以下、\... - 2017/06/04 00:00:28.477 hJGzg6ZM0 24/33

アスカ「えっ、おもちゃだけど……」

ヒカリ「そんなの見れば分かるわよ!」

トウジ「なんや、委員長は分かるんかいな」

シンジ「ふむふむ」

アスカ「そ、そりゃあ、学校におもちゃ持ってきたのは悪いけど……そこまで怒らなくても」

46 : 以下、\... - 2017/06/04 00:02:51.123 hJGzg6ZM0 25/33

ヒカリ「お、怒るに決まってるでしょ!アスカは女の子でしょ!」

アスカ「ヒカリもそんな事言うのね!シンジと一緒じゃない!」

ヒカリ「碇くんが正しいわよ!」

アスカ「なんでよ!シンジは使い方も見せてくれないのよ!」

ヒカリ「あ、当たり前よーーーー!アスカは痴女なの!?」

アスカ「痴女ってどういう事よ!」

47 : 以下、\... - 2017/06/04 00:05:15.975 hJGzg6ZM0 26/33

ヒカリ「碇くんに使い方を教えるように迫るなんて痴女以外の何者でも無いわよ!」

アスカ「っていうかヒカリは知ってるのね!教えなさいよ!」

ヒカリ「えっ」

アスカ「知ってるんでしょ?」

ヒカリ「そ、それは……」

シンジ「言っちゃ駄目だ……言っちゃ駄目だ……言っちゃ駄目だ……でも聞きたい気持ちもある……!」

48 : 以下、\... - 2017/06/04 00:07:49.800 hJGzg6ZM0 27/33

アスカ「さぁ!早く!教えて!」

ブチュッ!

ヒカリ「ぎゃあっ!目がぁっ!」

シンジ「洗って無かったのかよ!」

ピチョン

ケンスケ「最悪だ……」ペチャッ

トウジ「なんやこれ……アレに似とるな!ま、そんなわけあらへんか!」ペチャッ

50 : 以下、\... - 2017/06/04 00:09:18.857 hJGzg6ZM0 28/33

アスカ「ご、ごめんヒカリ……」

ヒカリ「ううっ……目が……目か孕む……!」

アスカ「ヒカリをこんな目に合わせて!いい加減に教えなさいよ……シンジ!」

シンジ「今のはアスカが悪いだろっ!」

アスカ「ぬわぁんですってぇ~!」

レイ「碇くん」

53 : 以下、\... - 2017/06/04 00:14:12.786 hJGzg6ZM0 29/33

シンジ「綾波……?」

アスカ「ちょっと、何の用よ!今、私とシンジが話てるのよ!」

レイ「赤木博士から新作が出来たからって……これ」

シンジ「こ、これは……!AKAGI第六弾ホール伊吹マラ!?ついに完成したのかっ!?」

レイ「そう……」

シンジ「純潔のキツキツ系ホールか……今度こそ僕のお気に入りの第二ホールを越す事ができるのか!?」

アスカ「なによそれ」

シンジ「ハッ……!しまった……!」

55 : 以下、\... - 2017/06/04 00:18:28.391 hJGzg6ZM0 30/33

アスカ「寄越しなさい」

シンジ「ああっ!返して!」

アスカ「何々……AKAGI印のオナホールとは、男性器を女性器へ挿入する快感を再現するための膣口および膣をかたちどった最高の逸品である」

ケンスケ「あーあ……」

シンジ「逃げないと駄目だ……逃げないと駄目だ……逃げないと駄目だ……逃げないと駄目だ……」

56 : 以下、\... - 2017/06/04 00:20:24.001 hJGzg6ZM0 31/33

アスカ「も、もしかして……」

パカッ

アスカ「なによこれ……」

シンジ「まずいよ……まずいよ……」

アスカ「この箱の中身って私が今持ってるアンタのおもちゃと同じじゃない!」

シンジ「そ、そうみたいだね!」

アスカ「な、何がおもちゃよ……!」

シンジ「ほ、ほら!パッケージを見てよ!これはジョークグッズです!って書いてあるよ!?大人のおもちゃなんだよ!」

58 : 以下、\... - 2017/06/04 00:24:21.830 hJGzg6ZM0 32/33

アスカ「ア、アンタねぇ……!」

シンジ「ひぃっ……!」

アスカ「殺すぅーーーーっ!!!」

シンジ「ギャーーーーッ!」

レイ「じゃあ……今まで使ってたやつは私が貰……赤木博士の研究用に持っていくから……」

ヒカリ「目が……目が孕む……」

ケンスケ「なんだこりゃ……」

トウジ「さあのぅ」

61 : 以下、\... - 2017/06/04 00:31:49.828 hJGzg6ZM0 33/33

ーーシンジの部屋ーー

アスカ「よりにもよって……ネルフ職員をモデルにしたオ○ニーグッズだったなんて……」

ガサゴソ

アスカ「あったわ、こんなにたくさん……予備までありそうね、ひとつ残らず処分してやる……」

アスカ「!」

アスカ「こ、これは……」

AKAGI第二ホール~明日香~

アスカ「こ、これってもしかして私……!?そういえばシンジが……」

シンジ『純潔のキツキツ系ホールか……今度こそ僕のお気に入りの第二ホールを越す事ができるのか!?』

アスカ「って……///」

アスカ「しょ、しょうがないからこれだけは処分しないであげるわ……!///」






シンジ「最悪な一日だったな……帰ったら第二オナホールでシコるか!」

シンジ「今日のオカズも綾波かな!」

シンジ「それにしても、本物のアスカも明日香を見習って欲しいよまったく!」

完!!!

記事をツイートする 記事をはてブする