1 : 以下、名... - 2018/04/26 10:12:51.73 5X7jDa2TO 1/754

-5:30 西の王国-

-王立物流協会 事務所-

「おはようございます」ガチャ

点呼係「おはようございまーす」

先輩「お、男か」

「あ、先輩」スッ フーッ…

<カチッ ピンポーン

点呼係「はーい5時30分、今日は特に脇見運転注意でーす」

「先輩もこれから出勤ですか?」

先輩「今帰ってきたとこだ…んー」ノビーッ

「夜運行だったんですね、お疲れ様です」

先輩「お前は今日は?」

「西の街へ行きます。夕べ積み込みしといたんでこのまま出発です」

先輩「そか。気ぃつけてな」

「はい、じゃ行ってきます」ガチャ

点呼係「あっ男さん伝票忘れてますよー!」ペラッ

「いけね」




2 : 以下、名... - 2018/04/26 10:15:34.56 5X7jDa2TO 2/754

「さて、今日も行きますか」バタンッ

キュルキュル…ブォン!

「ナビ起動っと」ポチ

ブゥン…

[精霊ナビゲーションシステムヲ起動シテイマス…]

クルンッ…パッ!

ナビ『おっはよーさん♪』ピョンッ

「おはよう。今日も元気だな」

ナビ『あったりまえやん!ナビちゃんはいつでも元気やで♪』ニシシ

ナビ『ほんで?今日はどこ行くん?』

「今日の運行は、王立物流協会の倉庫(ここ)から西の街へ武器防具の搬入だ」

「荷物はもう積み込んであるからこのまま出発する。所要時間出せるか?」

ナビ『待ってなぁ…西の街までおよそ150km、所要時間4時間ってとこかいな?』

ナビ『カーゴの状態も道路状況も問題なし!オールグリーンやで♪』

「了解。それじゃ出発するか」

「今日もよろしくな」

ナビ『はいなぁ♪ほなれっつごー♪』



ブォン!ブロロロ…

3 : 以下、名... - 2018/04/26 10:19:02.14 5X7jDa2TO 3/754

-07:30 道中-

ブロロロ…

「…。」モグモグ

ナビ『朝ご飯?』

「ん。最近ドライバーの間で流行ってる強壮剤入りのエナジーバーだ」

ナビ『なんや身体に悪そー…』ジト

「まぁ多少はな。止まって食事出来る時ばかりじゃないから」ゴクンッ

「西の街に着いたら少し落ち着いて食べられると思うから、それまでの繋ぎさ」

ナビ『あんま無理しやんでなー?途中どっか寄れるとこ探そかー?』

「大丈夫だよ。今日は帰り荷もあるし、道が混み出す前に少しでも時間稼いでおきたいんだ」

ナビ『そかー。ほんならちょっとでも早く着けるようにルート再検索するわ♪』

ブゥン…

ナビ『再検索完了。こっから右手の山道を抜けると30分位まくれるでー♪』

「街道を逸れるのか?魔物が出なければいいが…」

ナビ『そん時ゃそん時♪男ちゃん強いねんから大丈夫やろ!』

「うーん…まぁ時間短縮出来るなら、行ってみるか?」

ナビ『そうこなくっちゃー!ほんならルート変更!ぶっちぎんでー♪♪』

「おい!頼むから安全運転でな!」

[魔法石過給装置作動シマス…]

ガヒュン!ブォォォォ…!

「おいおいおいおい」

ナビ『いっくでー♪♪♪』

バヒューーーーーン!

4 : 以下、名... - 2018/04/26 10:22:22.87 5X7jDa2TO 4/754

-09:00 道中-

ブロロロ…

「死ぬかと思った」グッタリ

ナビ『大丈夫やて!どんだけぶっ飛ばしても魔法石のジャイロ機構で荷崩れしぃひんし♪』ニコッ

「荷物はそうかも知れんが生身の俺はそうはいかん!」

ナビ『でも予定よりかなり時間まくれたで?街の門が開く前に着けそー♪』

「それは良かったよ、…ただ予定より魔法石の残り容量が少ない」

「帰り荷を積む前に充填が必要だな」

ナビ『過給装置フルパワーで回したったもんなぁ、あー気持ち良かった♪』ケラケラ

「これでも一応燃費とか気にしてるんだぞ?」

「協会からも毎月の燃費目標を掲げられてるんだし」

「今や運送屋もエコの時代だ」

「毎年の査定次第ではボーナスやなんかも云々…」クドクド

ナビ『あーもうごめんやて!』

「まぁ早めに到着出来るのは助かるけどな」

ナビ『せやから男ちゃんもまともなご飯食べなあかんよ?』

ナビ『何の為にかっ飛ばしたと思ってるんや!』プンスカ

「ふふっ、心配してくれてありがとな」

ナビ『もう…』

ブロロロ…

5 : 以下、名... - 2018/04/26 10:24:37.82 5X7jDa2TO 5/754

-11:00 西の街 正門-

守衛「男か、おはようさん」

「おはようございます、今日は搬入です」ピラッ

守衛「はいよー」

守衛「ナビちゃんもおはよう!」

ナビ『おっちゃんおはよーさん♪』ピョコッ

守衛「やー今日も可愛いねー」

ナビ『やろー?』

ナビ『今日も元気で可愛いナビちゃんやで♪』クルッ

「もう入れますか?」

守衛「ちょっと早いがまぁいいだろう」

守衛「いつもの第1倉庫で頼むよ」

「了解です」

守衛「それじゃ開けるぞー」

ガコンッ!!ゴゴゴ…

((搬入車輌、入門シマス))

ピーッ、ピーッ

6 : 以下、名... - 2018/04/26 10:27:47.19 5X7jDa2TO 6/754

-11:15 西の街、第1倉庫-

ゴゥンゴウン…

ナビ『いつ来ても思うけど…』

ナビ『ほんまデッカい倉庫やなぁ』キョロキョロ

「西の街は武器防具の流通拠点であると共に、王国陸軍の本拠地もある軍の街だからな」

「今日積んで来てるのは民間用だけどな」

ナビ『民間用ってその辺の武器屋さんとかで売られとぉ奴ってこと?』

「そうだよ」

「ここへ搬入された武器防具は、武器商人によって各地の町や村の販売店に卸される」

ナビ『ほぇー、ほんならここにその武器商人さん?が来るんやー』

「実際には来ないよ」

「商品を運ぶのは武器商人に委託された物流協会(うち)のカーゴだから」

ナビ『あ、そうなん?』

「俺達が今乗ってる4t車よりもう少し小さいサイズだけどな」

ナビ『同僚ちゃんの乗っとぉ奴やな!』

「そそ」

「そうして運ばれた武器防具が勇者達を始め、色んな人の手に渡るわけだな」

ナビ『武器一つ取っても色んな人の手で運ばれてるんやなぁー』ウンウン

7 : 以下、名... - 2018/04/26 10:46:31.81 5X7jDa2TO 7/754

ガラッ

倉庫主任「物流はあらゆる産業の根っこを支える仕事だからな」

「あ、主任さんおはようございます」

倉庫主任「おはよう。今日も搬入ご苦労様」

ナビ『おはよーさんやで♪』

「これ今日の搬入明細です」ピラッ

倉庫主任「また沢山来たなー」

倉庫主任「しかし今や、武器防具も勇者や軍人だけが使うわけでもないからな」

「市街地での魔族との衝突も増えてるみたいですしね」

倉庫主任「今や市民が自衛の為に武器を取る時代さ」

倉庫主任「さて、それじゃ荷降ろしを始めるとするか!」

「お願いします。ウイング開けます」

ポチッウィーン…

8 : 以下、名... - 2018/04/26 10:54:08.09 5X7jDa2TO 8/754

-11:30 西の街 食堂-


ガヤガヤ…

「さてご飯にするか」

食堂おばちゃん「あら男くん、今日も搬入かい?」

「おはようございます」

「そうなんです今荷下ろし中で」

おばちゃん「いつもご苦労さん!」

おばちゃん「今日も日替わり定食かい?」

「はい、お願いします」

<はい日替わりいっちょー

<はいよー

9 : 以下、名... - 2018/04/26 10:56:37.12 5X7jDa2TO 9/754

「いただきます」

同僚「おっ男じゃねーかww」

同僚「隣いいかww?」

「おーお疲れ様。隣どうぞ」

同僚「今日はナビちゃん一緒じゃねーのかww?」ガタッ

「今荷下ろししてるとこだから」

同僚「そかw」

同僚「しかしナビシステム様様だよなーwww」

同僚「カーゴの事殆どお任せ出来ちゃうもんなwww」カチャカチャ

「ほんとに助かってるよ」

「昔は荷馬車で運んで人力でえんやこらしてたのが嘘みたいだ」もぐもぐ

同僚「今日は王立倉庫からだろw?」

同僚「途中魔族には出くわしたかww?」ガツガツ

「いや、ナビの奴が山道でショートカットしたんだけど」

「一度も遭遇しなかったな」

同僚「ナビちゃんまじ有能ww」

同僚「今朝も街道沿いで魔族と陸軍の小競り合いがあったらしいぞwww」

「そうなのか?」

同僚「おかげで街道は大渋滞ww」

同僚「俺なんか予定より2時間も到着が遅れちまったんだからよwww」

「そういえば今日同僚のやってる便だったら」

「もう西の街を出発してる頃だもんな」

同僚「魔族まじ迷惑www」

同僚「まぁそれも勇者がいずれ何とかしてくれるんだろうがwww」

同僚「お前今日帰り荷はw?」

「B級品の武器防具を積んで王立倉庫へ戻るよ」

同僚「しばらく街道沿いは避けた方がいいかも知れないぞw?」

同僚「戦闘であっちこっち道路が損壊してるらしいしww」

「そうするよ、事前に聞けて助かった」

「ありがとな」

同僚「なんてことねーさw」

同僚「あ、じゃあ今度飲み行く時ナビちゃん連れて来いよwww」

「魔法石持ち出したら怒られるだろ…備品だぞ?」

同僚「ですよねーwwww」ケラケラ

同僚「いやマジな話、お前とナビちゃんが羨ましいよwww」

同僚「今朝の渋滞でうちのナビの奴ずーっと機嫌悪くてさww」

「そんな事もあるのか」

同僚「だから羨ましいって言ってんのw」

同僚「はいごちそーさんとw」ガタッ

同僚「じゃあな男ww帰りも気ぃつけてなww」

「そっちもな。じゃあまた」フリフリ

10 : 以下、名... - 2018/04/26 10:59:22.16 5X7jDa2TO 10/754

-12:00西の街、物流倉庫-


ゴゥンゴゥン…

ナビ『あ!男ちゃんおかえりー!』フリフリ

「積み下ろしご苦労さん。無事に終わったか?」

ナビ『任してーな!帰り荷の積載も完了!』

ナビ『ま、ウチはウイング開け閉めするだけで、主任さんが積んでくれはるんやけどな』

「それでもカーゴを預けられるのは助かってるよ、ありがとな」

ナビ『えーんやで♪』ニコッ

ナビ『男ちゃんもご飯ちゃんと食べたー??』

「あぁ、おかげさまでゆっくり食事出来たよ」

キュルキュル…ブォン!

ナビ『おっけ♪ほんなら出発しよか!』

「そうだな、帰りも頼むよ」

ナビ『はいなぁー♪』

ブォン!ブロロロ…

11 : 以下、名... - 2018/04/26 11:00:11.39 5X7jDa2TO 11/754

-道中-

ブロロロ…

ナビ『なぁなぁ男ちゃん男ちゃん』

「んー?」

ナビ『あんなー?朝ウチらが積んできた武器防具って、そもそもどっから来たもんなん?』

「あぁあれはな」

「北の鉱山の麓に鍛治職人の里ってとこがあってな」

ナビ『ん?そこって男ちゃんの故郷やん』

「そうだよ、話した事あったっけ?」

ナビ『そりゃ知っとぉやろそこは!』ビシッ

「?まぁいいか」

ナビ『じゃあそっから王立倉庫までの物流も協会(ウチら)の仕事なん?』

「もちろんだ」

「里で作られた武器防具を倉庫まで運んだり」

「それとは逆に、使い古されたB級品の武器防具を仕立て直す為に里へ持ち込んだり」

「それらの運搬も王国からの委託で協会(うち)が一手に請け負ってるのさ」

ナビ『ほんならその鍛治職人の里へもいつか行くかも知れへんな!』

「まぁ運行は基本ローテーションだから、そんな時が来るかもな」

ナビ『男ちゃんの故郷かぁ…♪』ウキウキ

ブロロロ…

12 : 以下、名... - 2018/04/26 11:05:31.46 5X7jDa2TO 12/754

-13:30 街道 山道との分岐点-


「帰りも山道ルートで行くぞ」

ナビ『ほぇ?急いでるん?』

「いや、今朝また街道沿いで魔族と陸軍の衝突があったらしくて」

ナビ『そうなん!?』

ナビ『なんやウチの判断は正しかったわけやな』ムネハリー

「偶然とはいえ助かったよ、ありがとな」

ナビ『えっへへー♪』テレテレ

「そういう訳で街道周辺はまともに走れないらしいから」

「帰りも山道ルートで行こうか」

ナビ『りょーかいやで♪』

ナビ『あ、でも帰りはあんま飛ばさへんで?』

ナビ『帰り荷はバラ積みやからジャイロ効いてても危ないし』

「そもそもお前が勝手にかっ飛ばしたんだろうが…」

「まぁいいや、安全運転で頼むよ」

ナビ『あいあいさー♪』

ブロロロ…

13 : 以下、名... - 2018/04/26 11:06:33.74 5X7jDa2TO 13/754

ピピーッピピーッ!

[前方ニ移動性ノ障害物ヲ確認]

[距離2000、コチラニ接近シツツアリマス]

「ちっ、こっちにも魔族か!」

ナビ『あわわ、男ちゃんどーする?』

「ここは一本道だ…」

「向こうがこっちに気づいていようがいまいが、どの道接触するだろう」

ナビ『迂回した意味…』

「まぁそう言うなって」

「このまま速度を落として進行。向こうの出方次第で戦闘だ」

ナビ『了解やで!事務所に連絡入れとこか』

「頼む」

ピピッ

ナビ『緊急連絡。現在復路にて魔族と接触する可能性あり』

ナビ『対象を確認後、止むを得ない場合王国物流協定第39条に則り戦闘行為に移行する』

[障害物マデ500]

<グルルッ…ゴガァ…

「オークの群れか…20体はいるな」

ピピッ カチャ

配車係「お疲れ様です、災難ですねー」

ナビ『ほんまやで…きた!接触まであと15秒!』

「お疲れ様です男です」

「帰り荷が少しばかり増えそうですが大丈夫ですか?」

配車係「構いませんよ」

配車係「怪我と過積載だけ気をつけて下さいね」

「了解です」カチャ

「ナビ、カーゴ頼むぞ!」チャキッ

ナビ『はいなぁ!』グッ

ナビ『男ちゃん頑張ってな!!』

「あぁ!」バタンッ

ダダッ…

14 : 以下、名... - 2018/04/26 11:12:04.92 5X7jDa2TO 14/754

-13:35 山道-



「ナビの言う通りだ、これじゃ迂回した意味がない」

オークの皆さん「ゴガァァァ」

「お前達に恨みはないが、悪いな」

「俺達は荷物を届けなきゃならないんだ」チャキッ

「うおぉぉー!!」ダッ

バキッ!ドスッ!ザンッ!ザンッ…

オークの皆さん「グワァァァ」

15 : 以下、名... - 2018/04/26 11:13:09.33 5X7jDa2TO 15/754

-カーゴ運転席-

ゴゥンゴゥン…

ナビ『おー始まった』

ナビ『…。』

ナビ『…男ちゃんつよ!』

ナビ『…。』

ナビ『…暇や』ポリポリ

ナビ『…。』

ナビ『あ、終わったかいな?』

ザッザッザッ

「おーい!ウイング開けてくれー!」

ナビ『ほいさー!』

ピッ!ウィーン…

ドサドサッ!ドサッ!ガコンッ!!

「いいぞー」

ピッ!ウィーン…シュパッ

16 : 以下、名... - 2018/04/26 11:14:01.24 5X7jDa2TO 16/754

「ふぅー何とか片付いたぞ」バタン

ナビ『おつかれさまー!男ちゃん相変わらず強いなぁー!』

ナビ『ドライバーなんかより剣士とかの方が向いてるんちゃうん?』

「今時フリーの傭兵なんて食べていくのも大変だよ」ハハッ

「それにこの仕事もなかなか悪くないしな」

ナビ『そうなん?』

ナビ『まぁウチは男ちゃんと一緒におるの好きやからえぇけど♪』

「ありがとな」ニコッ

「さて、時間ロスしちまったが戻るか」

ナビ『おっけー♪ほな出発!』

ゴゥンゴウン…ブロロロ…!

17 : 以下、名... - 2018/04/26 11:28:13.51 5X7jDa2TO 17/754

-17:00 物流倉庫-


ブロロロ…キキッ

「ふぅ、到着」

ナビ『男ちゃんお疲れさま!』

ナビ『荷降ろしは倉庫の人達がやってくれるで、運行報告出し行こか♪』

「了解。それじゃシステム落とすぞ」

ナビ『男ちゃんまた明日な!』ニコッ

「あぁ、また明日な」

ナビ『おやすみぃー♪』フリフリ

[精霊ナビシステムヲ終了シテイマス…]ブゥン…

[魔法石ヲ取リ出シテクダサイ]ポンッ

18 : 以下、名... - 2018/04/26 11:30:02.66 5X7jDa2TO 18/754

-物流協会 事務所-

「お疲れ様でーす」ガチャ

先輩「おー男か、おつかれ」ヒラヒラ

配車係「男さんお帰りなさい」

「戻りました」

「ってか先輩、朝も会った気が」チャッ

[魔法石ヲセットシテクダサイ]カパッ

先輩「まぁこの業界だとよくある事だわな」ワハハ

「ありますねぇ…」

「退勤から次の出勤まで最低8時間あけなきゃいけないルールを」ヒソヒソ

先輩「逆手に取った配車を組む奴がいるからな…」ヒソヒソ

先輩「8時間あけばオッケーでしょ!昼夜逆転でも!みたいな」ヒソヒソ

配車係「ごほん!!」

19 : 以下、名... - 2018/04/26 11:32:50.84 5X7jDa2TO 19/754

先輩「ってか、ここで顔合わせたのはお前の帰りがいつもより遅いからだぞ?」

先輩「何かあったのか?」

「帰り道でオークの群れに出くわしまして」ピッピッ

[運行データヲ印字シテイマス…]ジジッ

先輩「あーそりゃ災難だったな」

先輩「戦闘したのか?」

「えぇ、どうにか対処しました」

先輩「お前戦闘強いもんなー」ハハッ

先輩「実習いつもトップだったしな」

「ナビにも言われましたけど大した事ないですよ」

「それこそ元軍人の先輩と比べたら…」

先輩「その俺が言ってんだから間違いねぇよ」

先輩「お前の剣術は大したもんだ」ウンウン

「ありがとうございます」テレ

「まぁガキの頃から散々親父に鍛えられましたからねぇ」クスッ

20 : 以下、名... - 2018/04/26 11:34:23.55 5X7jDa2TO 20/754

先輩「里の親父さんか。それy配車係「それより男さん!」

配車係「速度オーバーD判定って何ですかこれ!!」

「あ!やべ」

先輩「ナビちゃん飛ばすねー」ニヤニヤ

配車係「困りますよー!!」プンスカ

配車係「現行犯なら一発免停ですよ!?」

「いやそれはそのナビが勝手に」アワアワ

配車係「言い訳になってません!!」

配車係「ナビを使用しているのはドライバーである男さんでしょ!!」

「おっしゃる通りで…」

配車係「全く…」ギロリッ

配車係「今やこの業界もエコの時代なんですよ!?」

配車係「王国の監査でもつつかれるんですから」クドクド…

先輩「あーあ始まっちゃった」

先輩「そいじゃ行って来るわー」ガタッ

「あっ先輩!ずるい!」

配車係「話は終わってません!」ムンズ

「あぃ…」ゲンナリ

魔法石(ナビ)『男ちゃんごめん…』ボソッ

21 : 以下、名... - 2018/04/26 11:38:09.12 5X7jDa2TO 21/754

-02:00 物流倉庫-


ゴゥンゴゥン…

「おはよう」

ナビ『ふぁぁ…おはようさん』ネムネム

「眠そうだな」

ナビ『だって今日めっちゃ早いやん…』

ナビ『つか朝?夜?まだ真っ暗やで』

「今日の運行は東の港へ海産物を積みに行くんだ」

「漁船が港へ戻ってくる夜明け頃に到着しようとすると」

「この時間には出発しなくちゃならん」

ナビ『あーそれで今日は食品用のカーゴなんやな』

「そういう事。所要時間出るか?」

ナビ『あいあーぃ…距離250km、6時前には到着すんで』

「ちょうどいいな、積んでいく物はないからすぐ出発だ」

ナビ『おっけー。ほんならチャチャっとやったるかいな!』フンス

「今日も頼むぞ」

ナビ『あいあぃさー。ふぁぁ…』

ブォン!ブロロロ…

22 : 以下、名... - 2018/04/26 11:40:21.46 5X7jDa2TO 22/754

-04:00 海岸沿いの街道-


ブロロロ…

「海沿いは気持ちいいなー」

ナビ『真っ暗でなんも見えへんわ!』ビシッ

ナビ『…まぁ、でもこの時間やとさすがに道空いててえぇな』

「この調子なら予定より少し早く着けそうだ」

ブロロロ…

-05:45 東の港-

ナビ『着いたー!』

「やはり早めに到着出来たな」

ナビ『男ちゃん見てみー?朝日めっちゃ綺麗やでー!!』

ナビ『水平線がキラキラ光っとぉー!』キャッキャ

「元気出たみたいで良かったよ」ニコッ

23 : 以下、名... - 2018/04/26 11:41:56.94 5X7jDa2TO 23/754

ザッザッザッ

漁師「おう兄ちゃん!積みに来たのか?」

「あっおはようございます、物流協会から海産物を積みに来ました」

ナビ『漁師さんや!おはよーさん♪』

ナビ『うはー筋肉半端ねー!』

漁師「ははっおもしれーお嬢ちゃんだな!」

漁師「積荷の準備は出来てるぜ!」

漁師「早速積んじまうかい?」

「すごい…ケースに満載の魚がこんなに大量に」

ナビ『おっさかなー!!』

漁師「今日は大漁だったからな!気合い入れて積むぞ!」

漁師「おい野郎ども!」

ちぇーっす…ワラワラ…

漁師「兄ちゃんも頼むぜ!」

「了解です。久々の手積みだな…」

ナビ『男ちゃん頑張って♪』グッ

ワイワイ…

24 : 以下、名... - 2018/04/26 11:44:59.19 5X7jDa2TO 24/754

-30分後 東の港-



「疲れた…」グッタリ

漁師「なんだ兄ちゃんだらしねーな!」

漁師「俺らはこんなの毎日やってんだぜ!」ケロッ

漁師「普段ナビのお嬢ちゃんに頼ってばっかなんだろー?」ガハハ

「確かに運動不足なのかも知れないですね…」

ナビ『男ちゃんお疲れ様♪』

ナビ『保冷装置作動よし!積み込み票印字完了やでー』ペラッ

「おーありがと…漁師さん、じゃここにサインを」

漁師「あいよ!」カキカキ

「ありがとうございます、じゃあこれ預かり証ですんで」

漁師「ありがとよ!」

漁師「で、これからどこまで運ぶんだ?」

「物流協会(うち)の港湾倉庫です」

漁師「それならここから1時間もかかんねぇな!」

漁師「ま、気ぃつけてな!」ニカッ

「ありがとうございます、それでは出発します」

ナビ『おっちゃんまたなー♪』フリフリ

漁師「あいよー!それじゃあな!」

バタン!ブロロロ…

25 : 以下、名... - 2018/04/26 11:48:45.13 5X7jDa2TO 25/754

-07:00 海岸沿いの街道-


ブロロロ…

ナビ『漁師のおっちゃんえぇ人やったなー!』

「あぁ、それにたまには体を動かすのも悪くないな」

ナビ『最近はパレ積みばっかやもんなー』

「昔は手積み手降ろしが基本だったからな」

「さて、港湾倉庫に着いたら休憩だ」

「こっちは倉庫の人が降ろしてくれるから助かる」

ナビ『海沿いでご飯やー♪』

ナビ『せや!荷物降ろしてくれはるんやったらウチもご飯連れてってーな!』

「いいけどお前食事しないじゃないか」

ナビ『分かってへんなぁー』チッチッチ

ナビ『海見ながら男ちゃんとのんびりしたいねん!』

「そうか?それならカーゴ停めたら一緒に行くか」

ナビ『やったー!』ピョンッ

ナビ『あ!でもあんまり魔法石揺らさんとってな?』

ナビ『あれ結構酔うねんかぁ』

「カーゴに搭載してないとジャイロ効かないからな、了解」

ナビ『男ちゃんとごっ飯♪ごっ飯♪♪』ウキウキ

「ふふっ。可愛い奴だな」

ブロロロ…

27 : 以下、名... - 2018/04/26 11:52:47.37 5X7jDa2TO 26/754

-07:20 物流協会港湾倉庫-



ナビ『とうちゃーく!』

「漁師さんの言う通り近かったな」

港湾職員「おはようございます」

港湾職員「港から海産物の搬入ですね?」

「はい、これが積み込み票です」

港湾職員「それでは3番のヤードに接車して下さい」

港湾職員「降ろしはこちらでやりますので」

「よろしくお願いします」

「降ろしてもらってる間魔法石(キー)抜いちゃっても大丈夫ですか?」

港湾職員「構いませんよ」

港湾職員「敷地内にカフェテリアがありますのでお食事や休憩に使って下さい」

ナビ『なーなー職員さん?』ヒョコ

ナビ『そこって海見えるん??』

港湾職員「もちろん、海っぺりですからね」

港湾職員「まぁ港なので砂浜とかはありませんけど」

ナビ『っしゃぁー!!』グッ

港湾職員「ふふっ。可愛らしいナビさんですね」

「変わった奴でして…」タハハ

「それじゃカーゴ付けますね、よろしくお願いします」

港湾職員「了解です」無線ピピッ

(ザザッ…3番に4tカーゴ付けます…はい、港からの海産物です…)

28 : 以下、名... - 2018/04/26 11:59:28.57 5X7jDa2TO 27/754

-08:00 港湾倉庫 カフェテリア-



「それじゃ朝食にするか」

「しかし朝定食でアクアパッツァが出てくるとは…」

魔法石(ナビ)『わぁー海キラッキラしとぉー!』パァ

魔法石(ナビ)『あっ見てみて!船がおるよ!』キャッキャ

「楽しそうで何よりだ」モグモグ

魔法石(ナビ)『う◯ぃーはひろいぃーなおぉー◯ぃーなぁー♪』ユラユラ

「自分で揺れる分には酔わないんだな」カチャカチャ

魔法石(ナビ)『なぁー男ちゃん?あの海の向こうには何があるん??』ユラユラ

「隣国だな。絹織物が名産で、王国で流通している製品の殆どが隣国産なんだぞ」ズズッ

魔法石(ナビ)『そっかー!』ユラユラ

29 : 以下、名... - 2018/04/26 12:00:05.99 5X7jDa2TO 28/754

魔法石(ナビ)『ん?ほいじゃもしかして、その絹織物なんかの物流も…』ピタッ

「その通り、協会(うち)の仕事だ」フキフキ

「今はカーゴがそのまま乗り込める大型のシップがあるからな、海を跨いでの運行もいずれ回ってくるかも知れない」

魔法石(ナビ)『ほんまに!?』ピョンッ

「おい跳ねるな割れちゃうだろ」

魔法石(ナビ)『えぇなー船旅!はよ回ってきぃひんかなー♪』ピョンピョンッ

「楽しみだな」

魔法石(ナビ)『楽しみ楽しみ♪』ユラユラ

30 : 以下、名... - 2018/04/26 12:00:53.38 5X7jDa2TO 29/754

ピピッピピッ

「お、事務所からだ」

「お疲れ様です男です」

配車係「お疲れ様です。運行は問題ありませんか?」

「はい。今港湾倉庫で荷降ろししてもらっているところです」

配車係「順調なようですね」

「今日は帰り荷はないんですか?」

配車係「それなんですが…」

配車係「実は乗せてきてもらいたい人がいまして」

「人?協会の職員か何かですか?」

配車係「そうです。こちらの事務局の人間なのですが」

配車係「ちょうど今港湾倉庫に出張っていまして」

「ここに?それならちょうどいいですね」

配車係「こちらから男さんのカーゴで帰路につくよう連絡しておきますので」

「了解です」

配車係「それではお気を付けて」

配車係「くれぐれも!安全運転で!お願いしますよ!?」

「分かりました…」ゲンナリ

31 : 以下、名... - 2018/04/26 12:02:57.63 5X7jDa2TO 30/754

「聞こえたか?」

ナビ『同乗者やろ?おっけー♪』

ナビ『旅は道連れ世は情けや!』ニコニコ

「これからその人を乗せて物流倉庫へ戻るぞ」

ナビ『らーじゃー♪』

ナビ『どんな人なんやろー?』ウキウキ

「そういえば名前聞いてないな」

ナビ『おっちゃんみたいなおもろい人やったらえぇなー♪』ウキウキ

32 : 以下、名... - 2018/04/26 12:32:32.56 5X7jDa2TO 31/754

-09:00 港湾倉庫-


ゴゥンゴウン…

「と、いうわけで同乗者だ」

ナビ『…。』

「こちら女。協会の事務局に所属していて」

「血は繋がってないが、俺の姉貴だ」

「はじめましてナビちゃん」ニコッ

ナビ『車両状態よーし。魔法石充填問題なーし。おーるぐりーんやでー。』ムスッ

「おいどうしたんだよ、さっきまであんなに元気だったじゃないか」

ナビ『べっつにー。帰り荷も積んだんやしちゃっちゃと帰ろーや。』ムスーッ

「帰り荷って…女は荷物じゃないぞ」

「いいのよ男くん、私の方は準備出来てるから」

「いつでも出発してくれて構わないわ」

「すまない、とりあえず出発しよう」

「ナビ、帰りも頼むぞ」

ナビ『あいあいさー。ほないくでー。』ムッスー

ブロロロ…

33 : 以下、名... - 2018/04/26 12:36:41.32 5X7jDa2TO 32/754

-09:30 海沿いの街道-


ブロロロ…

「…。」

「…。」

ナビ『…。』

「…静かね」

「突然どうしたんだ」

「いつもはうるさい位にマシンガントークなのに」

ナビ『聞こえてんでー!誰がうるさいねん!』イライラ

「いやそういう意味じゃないぞ?」

ナビ『そんなにウチが邪魔なんやったらえーわ!』フンッ

ナビ『回線オフっといたるからお二人で仲よぉー過ごしたえぇやん!』

ナビ『ほなごゆっくりー!』プチッ

34 : 以下、名... - 2018/04/26 12:37:32.57 5X7jDa2TO 33/754

「おい勝手に回線切る!…な…遅かったか」

「全く何なんだ…」フーッ

「ふふっ。モテる男はツラいわね」

「茶化すなよ…今日はこんなんだけど」

「いつもはほんとにいい奴なんだぞ?」

「そりゃそうでしょうね」

「男くんの精霊ナビなんだから」

「?そりゃどういう」

「…それにしても本当に久しぶりね」

「入社時の研修以来かしら」

「そうなるともう3年も経つのか!」

「あの時は大変だったなー」

「そうね」クスッ

「荷物を運ぶだけの気楽な商売かと思いきや」

「まさか戦闘実習があるとは」

35 : 以下、名... - 2018/04/26 12:38:44.47 5X7jDa2TO 34/754

「物流協会の前身が陸軍だったとはいえ…」

「まさか剣を取る事になるとは」

「ふふっ。事務局では魔法詠唱の実習もあるのよ?」

「そうなのか?じゃあ女も魔法を?」

「基礎的なものだけね。例えば」

[光よ 世界を照らす恵の粒よ]

ポワァ…

「手の中に光が!凄いじゃないか!」

「喜んでもらえて光栄だわ」ニコッ

「なんだかこうして話してると小さい頃の事を思い出すなー」

「毎日一緒だったもんな」

「…そうね」


ブロロロ…

36 : 以下、名... - 2018/04/26 12:44:51.35 5X7jDa2TO 35/754

-14:00 王都東門-


ブロロロ…キキッ

「運転お疲れ様。私はここで降りるわね」

「あぁ、久しぶりに話せて楽しかったよ」

「私もよ。ナビちゃんもお疲れ様」

「邪魔してしまって悪かったわね」

ナビ『』オフラインデス

「気にしないでくれ、あとでフォローしとく」

「…彼女のこと、くれぐれもよろしくね?」

「?まぁ、分かった」

「それじゃ」バタンッ

「お疲れ様」フリフリ

37 : 以下、名... - 2018/04/26 12:45:58.21 5X7jDa2TO 36/754

ナビ『』回線ヲ接続シマス…ブゥン

ナビ『…ごめん…。』シュン

「お帰り」ニコッ

「珍しいじゃないか、お前があんなに感情むき出しにするなんて」

「何があったか話してくれるか?」

ナビ『うぅ…自分でもよぉ分からへんねん…』イジイジ

ナビ『あんな?あんな??』グズグズ

ナビ『男ちゃんとあの女さんって人の間に流れとぉ空気って独特やんか?』

ナビ『でな?あーこれウチ入っていかれへん奴や、ウチお邪魔虫やって思ったら…』ウルウル

「そんな風に思ってたのか…」

ナビ『なぁウチをひとりぼっちにせんといて!?ウチには男ちゃんしかおれへんねん!』ウルウル

ナビ『ウチは実体のない精霊やからぁ!』

ナビ『もし男ちゃんが望んでもエッチな事とかしてあげられへんけどぉ!』シクシク

「急に何を言い出すんだよ…」

ナビ『でも男ちゃんと一緒にいたいねん!』

ナビ『お仕事も頑張るからぁ!!』ブワッ

ナビ『お願い…一人は嫌やぁぁ…!!』ビエーン

「ナビ…」

38 : 以下、名... - 2018/04/26 12:48:09.92 5X7jDa2TO 37/754

「お前は俺の相棒だ」

「いつも助けてくれて感謝してるし、これからも一緒にやっていきたいと思ってる」

ナビ『ぅん…ぅん』ヒックヒック

「女とは血は繋がってないが家族だ」

「それ以外何もないよ」

ナビ『ホンマに…?』ヒック

「お前が心配するような事はないよ」

ナビ『ちゃうて…あったってえぇねん…』フルフル

ナビ『っていうかウチが口出しする事ちゃうって頭では分かってんねん…』

ナビ『けど…』ウルウル

「とにかくお前を置いてどっかへ行っちまうなんて事はないよ」

「そこは安心してくれ」

「だからこれからもよろしく、な?」ポンポン

ナビ『えへ…触れられへんけど嬉しいなぁそれ』

ナビ『あったかいわぁ…』

「ふふっ。落ち着いたか?」

ナビ『……うん、もう大丈夫やで♪』ニコッ

ナビ『困らせてごめんな?』ペコ

「いいんだよ」ニコッ

「よし!それじゃ仕事締めちまいますか」

ナビ『がってん承知!やで♪』ニカッ


ブロロロ…

39 : 以下、名... - 2018/04/26 12:50:03.97 5X7jDa2TO 38/754

-20年前 王国北西の村-



カンカン!カンカン!

ゴォォォォ…!!



<火事や!誰か水ー!!

<くそっ!火の勢いが治まらへん!!

<おい消防団はまだなんか!?

<俺の…俺の家がぁー!!



幼児「おとん!おかん!なんでや…!」オロオロ

村人「おいチビ!こんなとこにおったら焼け死ぬで!!」ダキッ

幼児「みんなー!!」ジタバタ

村人「まさか…まだ家の中に…!!」

村人「とにかくお前は逃げろ!今安全な所へ連れてくでな!!」ダッ

幼児「いややー!おとん!おかん!!」ジタバタ

幼児「うわぁぁー!!!!」

ブワァァァァ…!!



幼児「…ぉ…」ポロポロ

40 : 以下、名... - 2018/04/26 12:52:27.77 5X7jDa2TO 39/754

-3日後 王立物流倉庫-

-18:00-


ブロロロ…

「という訳で早速現実になった」

ナビ『海やぁー!!お船に乗って隣国やぁー!!』ドンドンパフパフ

「これからこの間の港湾倉庫で海産物を積んで、そのままシップに乗り込む」

ナビ『ほうほう』

「隣国の倉庫で海産物を降ろしたら、名産品の絹織物を扱う別の倉庫へ向かう」

ナビ『ふむふむ』

「そこで帰り荷を積んだら元来た道程を辿って王立倉庫へ戻ってくる、と」

ナビ『了解ちゃーん♪時間出そか?』

「頼む」

ナビ『んーと?今18:00やんな?』ピコッ

ナビ『あーしてこーして…えっ物流倉庫(ここ)帰ってくんの明日の24:00!?』ガビーン

41 : 以下、名... - 2018/04/26 12:53:50.39 5X7jDa2TO 40/754

「確かに長旅だなー」

「とは言え、シップに乗ってる間は俺もお前もやる事がないから」

ナビ『あ、そっか』

「拘束時間の割には負担は少ないと思うぞ」

ナビ『まぁ一応魔法石の充填は見とくわー』

ナビ『あ!男ちゃん協会員証(パス)持った?』

「あ、いけね」

ナビ『頼むわ!それがないと入国でけへんやろ!』プンスカ

「なんてな。実はちゃんと持ってる」ピラッ

ナビ『』スッ

[魔法石過給装置作動シテイマス…]

「わーやめろやめろ!からかって悪かったって!」アセ

ナビ『ほんまにこの人は…』ハァ

ナビ『まぁえぇわ!準備おっけーばっちぐーって事で!』

ナビ『ほな出発すんでぇ♪』

「今日もよろしく頼むぞ」

ナビ『はいなぁ♪』

ブロロロ…

42 : 以下、名... - 2018/04/26 12:56:42.58 5X7jDa2TO 41/754

-23:15 港湾倉庫 積み込みヤード-


ゴゥンゴウン…

ナビ『魚がかっちかちや』

「ここの冷凍庫で凍らせてから、俺達の保冷カーゴに乗せて運ぶってわけだ」

ナビ『ぞっくぞk男「それ以上はいけない」

港湾職員「こんばんは」

「あ、お疲れ様です」

「隣国行きの海産物を積みに来ました」

港湾職員「準備出来てますよ」

港湾職員「それでは早速積み込みしましょうか」

「よろしくお願いします」

ナビ『ウイングおーぷん♪』ピッ!シュイィィン…

43 : 以下、名... - 2018/04/26 12:57:44.61 5X7jDa2TO 42/754

-15分後-

ナビ『保冷装置作動よーし!』

「おーさぶ。長旅だからな、大丈夫だとは思うが一応荷締めを確認しとくか」ガチャガチャ

「シップは0:00に出航するから、このまま乗り込んじゃおうか」

ナビ『おっけー!お船っお船っ♪』ルンルンッ

港湾職員「それではこちらが伝票です。シップの乗り込み口で見せて下さい」ピラッ

港湾職員「道中お気をつけて」

「ありがとうございます」ペコッ

ナビ『ほな行くでー!』

ブォン!ブロロロ…

44 : 以下、名... - 2018/04/26 13:10:03.55 5X7jDa2TO 43/754

-00:30 海上 シップ甲板-



ザァァァン…ァァァン…



魔法石(ナビ)『…ほぇー…。』ウットリ

「海上は遮るものがないからな」シュポッ

魔法石(ナビ)『星がこんなに沢山見えるなんて…』

魔法石(ナビ)『ダイヤモンドぶちまけたみたいや』

魔法石(ナビ)『…。』

「…。」





ザザァァァン…ァァァン…

45 : 以下、名... - 2018/04/26 13:11:06.74 5X7jDa2TO 44/754

魔法石(ナビ)『…なんか。』

魔法石(ナビ)『昼間の海はテンションめっちゃ上がるけど』

魔法石(ナビ)『夜はなんやこう…黙ってまうな』シミジミ

「これはこれでいいよな」グビ

ナビ(魔法石)『あれ、男ちゃん何飲んでるん?』

「修道院特製エールだよ」

魔法石(ナビ)『あー!仕事中にー!』

「固い事言うなよ、運転してるわけじゃなし」フフッ

魔法石(ナビ)『…配車係さんには黙っといたるわ』フフッ

「しかしいい眺めだ」

「まさに天の光は全て星といったところか」グビ

魔法石(ナビ)『お酒飲みながらそれはアカンやつやて…』

ナビ(魔法石)『でもこの星空の下でってのが堪らんねやろなぁ♪』

魔法石(ナビ)『えぇなーウチも飲んでみたいなぁ』ユラユラ

「酔ってみたいなら、ほれ」コロコロ

ナビ(魔法石)『いやぁぁ魔法石コロコロせんといて!酔う!酔うの意味が違う!!』コロコロ

ワイワイ…

46 : 以下、名... - 2018/04/26 13:12:36.83 5X7jDa2TO 45/754

-02:00 カーゴ寝台-


ゴゥンゴゥン…

「zzz」

ナビ『男ちゃん寝よったか』

ナビ『ぷっ寝顔ぶっさいくやなー』ケラケラ

ナビ『…でもその顔安心するわぁ』ニコニコ

ナビ『いつも頑張ってるんやから、のんびり休んでな?』

ナビ『今日もおつかれさま。明日もよろしゅう♪』

チュッ…

ナビ『触られへんけど、気分だけ。な』

ナビ『おやすみっ♪』


47 : 以下、名... - 2018/04/26 13:36:29.81 5X7jDa2TO 46/754

-08:00 隣国港-



ナビ『着いたー!!』

「んー良く寝た…」ノビーッ

「さて、降ろし場は港のすぐ隣の倉庫みたいだから」

「さっそく降ろしますか」

ナビ『あいあぃさー♪』

ブォン!ブロロロ…

48 : 以下、名... - 2018/04/26 13:37:17.72 5X7jDa2TO 47/754

-隣国港湾倉庫-

「おはようございまーす!」

ナビ『かっちかちのお魚やでー!』

隣国港湾職員「あいおはようさん。王国からだね?」

「はい、港湾倉庫から海産物を積んで来ました」

隣国港湾職員「そりゃご苦労さん。船旅はどうだったね?」

ナビ『夜空がめっっちゃ綺麗やったでぇー♪』ウットリ

隣国港湾職員「そいつは良かったねぇ」

隣国港湾職員「ここらの海は比較的に穏やかだからね」

隣国港湾職員「さっそく荷降ろししちまうかい?」

「そうですね、お願いします」

隣国港湾職員「あーすまないんだけど、うちは王国ほど人手がないもんでね」

隣国港湾職員「ドライバーさんも一緒に降ろしてくれるかい?」

「もちろんいいですよ。それでは降ろしましょうか!」

ナビ『男ちゃんふぁいと♪』グッ

49 : 以下、名... - 2018/04/26 13:49:58.85 5X7jDa2TO 48/754

-同刻 物流協会事務局-


カツカツカツ…

「…。」

先輩「お、女ちゃんじゃないか」

「あら先輩さん、おはようございます」ペコッ

先輩「おはよう、相変わらず美人さんだな」

「ふふっ、先輩さんも相変わらずお上手ですね」

先輩「いやいやマジだって!」

先輩「ところでさ、最近男に会ったか?」

「えぇ、港湾倉庫からこっちまでカーゴに乗せてきてもらいましたけど」

先輩「そうか」

「今日は男くんは?」

先輩「隣国へのシップ便で運行中。そろそろ向こうの港に着く頃だろう」

先輩「しかしカーゴに同乗か、羨ましいなー男の奴」

「私と男くんはそういう関係ではありませんわ」クス

先輩「そうかい?そこは別に心配してねぇんだが…」

50 : 以下、名... - 2018/04/26 13:50:55.51 5X7jDa2TO 49/754

「…ナビの事ですか」

先輩「あぁ。この前ナビちゃんを泣かしちまったーって男が言ってたんだが」

先輩「女ちゃんの話を聞いたら何となく分かったよ」

「…先輩さん、あなたはナビシステムについてどこまでご存知なんですか?」

先輩「俺か?まぁそもそも俺自身がナビ使ってないからなー」ポリポリ

先輩「一般的な知識以外大した事は知らないが」

先輩「それがどうした?」

「そうですか…」

「…。」

「先輩さんに折り入ってお願いしたい事があるのですが」

先輩「何だ?金なら貸さねぇぞ」ケラケラ

「違います!」

「…男くんとナビの間で何か変わった事がありましたら、教えて頂けきたいのです」

「お願い出来ますか?」

先輩「あぁ、構わねぇよ」

先輩「しかし本当に相変わらずだな女ちゃんは」

「?それはどういう」

先輩「何でもねぇよ。全く男の奴が羨ましいなって話さ」

51 : 以下、名... - 2018/04/26 13:52:55.21 5X7jDa2TO 50/754

先輩「そうだ!情報を伝える報酬といっちゃ何だが」

先輩「今度メシでもどうだい?」

先輩「近くにいい店があるんだ」

「先輩も本当に相変わらずですね…えぇ、いいですよ」ニコッ

先輩「よっしゃ!じゃあ楽しみにしてるからな」

「私もです。それでは何かありましたら、お願いします」ペコッ

先輩「あぁ、任せとけ」

先輩「じゃあ俺これから運行だから。おつかれさん」フリフリ

「お気をつけていってらっしゃい」フリフリ


「…。」

52 : 以下、名... - 2018/04/26 19:06:36.42 N7L/mCFM0 51/754

-08:20 隣国港湾倉庫-



「これでっ!最後っと!」ガスッ

「ふぅ、終わった」

隣国港湾職員「いやぁ助かったよ。それじゃこれ伝票ね」

隣国港湾職員「それとこれは手伝ってくれたお礼に」スッ

「いいんですか?ありがとうございます!」

隣国港湾職員「いいっていいって!」

隣国港湾職員「それでこれからどこまで?」

「はい、このあと内陸の工場で絹織物を積んで帰る予定でして」

隣国港湾職員「それならここから街道をひたすら真っ直ぐだ」

隣国港湾職員「ただ、ここらは王国の街道と違って道路整備が行き届いているとは言えないから」

隣国港湾職員「道中気をつけるんだな」

「分かりました、色々ありがとうございました」ペコッ


53 : 以下、名... - 2018/04/26 19:07:40.21 N7L/mCFM0 52/754

バタンッ

「終わったぞー」フゥ

ナビ『男ちゃんおつかれさま♪』

ナビ『ん?それ何?』

「あぁこれな、荷降ろし手伝ったお礼にって職員さんが」フワッ

「隣国名産の絹で織ったストールだそうだ」

ナビ『へぇー!めっちゃ可愛いやん!』キャッキャ

「俺が着けるのもアレだから、運転席にでも飾ろうかなと思って」

ナビ『あ!それやったらココなんかえぇんちゃう?』

「助手席のヘッドレストか、悪くないな」マキマキ

ナビ『おぉー!いこくじょうちょやな?』ニコニコ

「意味分かってんのか…?まぁいい、そろそろ出発するか」

「所要時間出るか?」

ナビ『はぃな♪…んーざっと2時間半位かいな?』

「了解。それじゃ出発だ」

「頼むぞ」

ナビ『あいあぃさー♪』

ブォン!ブロロロ…

54 : 以下、名... - 2018/04/26 19:09:14.16 N7L/mCFM0 53/754

-09:00 隣国街道-



ブロロロ…ガタゴト

「見渡す限りの田園風景だな」

ナビ『一面緑色やね!あれはなに育ててんねやろー?』

「恐らく桑畑だろう、蚕の餌になるのさ」

ナビ『かいこ?』

「蚕は蛾の一種で、そいつらが繭を作るのに吐き出す糸が絹織物の原料なんだよ」

ナビ『げー!かいこって蛾なん?』ブルッ

「意外と可愛いんだぞ?」

「翼を取るために養殖しているキメラなんかの方がよっぽどファンキーなビジュアルをしてるよ」ハハハ

ナビ『ってかキメラって養殖なんや…』



ブロロロ…ガタゴト


55 : 以下、名... - 2018/04/26 19:10:09.16 N7L/mCFM0 54/754

-11:00 織物工場-



ガタンッガタンッ…

「こんにちはー!物流協会から織物を積みに来ましたー!」

工場職員「王国からですね?はるばるご苦労様です」

工場職員「製品がまだ全部揃っていないので少しお待ち頂けますか?」

「そうですか、構わないですよ」

工場職員「午後一番には用意できますので、良かったら近くの町でゆっくりしてて下さい」

工場職員「カーゴは積み込みヤードに停めておいてもらって構いませんので」

「ありがとうございます、じゃあそうさせて頂きますね」

ナビ『ご飯やご飯ー!』

「一緒に来るか?」

ナビ『もちのろんやで♪』

「了解」

ピピッ…ポンッ!


56 : 以下、名... - 2018/04/26 19:14:38.60 N7L/mCFM0 55/754

-11:30 織物工場近くの町-



テクテク…

魔法石(ナビ)『変わった街並みやなー』

「真っ白な石造りの壁にとんがり屋根…この辺の伝統なんだろうな」

魔法石(ナビ)『可愛えぇなー?』キョロキョロ

「さて、せっかくだからここらの名物を食べたいな」

魔法石(ナビ)『あ!なんか旗立っとぉで』

<ご当地名物!キメラ鍋! ヒラヒラ

「…。」

魔法石(ナビ)『…。』

「…ま、まぁせっかく来たんだ、ものは試し!」ガラッ

魔法石(ナビ)『せ、せやな!たのもー!!』

<イラッシャーイ


57 : 以下、名... - 2018/04/26 19:15:21.57 N7L/mCFM0 56/754

-店内-



グツグツ…

魔法石(ナビ)『なんやめっちゃぐつぐつしとぉな、案外美味しそぉやん♪』ウキウキ

「あぁ。あのままのビジュアルで煮込まれていたらと心配したけど杞憂だったみたいだ」

「それじゃ早速…いただきます」ハフッ

もぐもぐ

魔法石(ナビ)『どう?』

「…美味い!!」ババーン

「鍋というより煮込み料理だな、トマトがよく合う!」パクパク

「そして肉は若干固めだが、噛めば噛むほど味が染み出てくる!」モグモグ

魔法石(ナビ)『良かったぁー!やっぱご当地名物やんなぁ♪』

ガラッ!

<ラッシャーイ

「お!美味そうな匂いだな、おーいこっちもキメラ鍋ー!」アイヨー

「人気の店みたいだな」モグモグ

魔法石(ナビ)『なー♪』

<オーイキメラシメトイテー

<アイヨー!



ダンッ!

<ギャーーーースッ!!



「!」ビクッ

魔法石(ナビ)『!!!』ビクビクッ

「…。」ゴクンッ

魔法石(ナビ)『なぁ、今のって』ビクビク

「…我々は命を頂いて生きているという事だな」

「感謝して食べねば!」ガツガツ

魔法石(ナビ)『さ、さすが男ちゃん』



58 : 以下、名... - 2018/04/26 19:19:44.24 N7L/mCFM0 57/754

-13:00 織物工場-



ガタンッガタンッ…

工場職員「お待たせしました、積荷の用意出来てますよ」

「ありがとうございます、では早速積んでしまいましょう」

工場職員「ロールになってますので重機で積み込みます、ウイング開けてもらえばこっちでやりますんで」

「了解です。ナビ、頼むよ」

ナビ『あいあぃさー!ウイングおーぷん!』ポチッウィーン



59 : 以下、名... - 2018/04/26 19:20:27.47 N7L/mCFM0 58/754

工場職員「お待たせしました、こちらが伝票です」ピラッ

「ありがとうございます、それでは出発しますね」

工場職員「よろしくお願いします」ペコッ

ナビ『ほないくでー!』

ブォン!ブロロロ…


60 : 以下、名... - 2018/04/26 19:21:18.91 N7L/mCFM0 59/754

-13:30 隣国街道-



ブロロロ…ガタゴト…

ナビ『…けほっ』

「どうかしたか?」

ナビ『ん…。ここらってあんま舗装良くないやんか?ちょっと酔ぉたかも…』クラッ

「マジか、ジャイロ効いてないのか?」

ナビ『んーなんかな?カーゴ自体もちょっと調子良くない?んかなぁ』クラクラ

「少し休憩するか?」

ナビ『んーん!大丈夫!』フリフリ

ナビ『シップの出航時間もあるし、乗ってもうたら休憩出来るんやし』

ナビ『このまま行けるで♪』ビシッ

「そうか、どうしても辛くなったらすぐに言うんだぞ?止まるから」

ナビ『ありがとぉな♪』ニコッ

ナビ『…。』フラッ

ブロロロ…


61 : 以下、名... - 2018/04/26 19:23:21.57 N7L/mCFM0 60/754

-同刻 物流倉庫事務所-



ピピッピピッ

配車係「ん?アラート?」チラッ

配車係「この車番は男さんか」

[精霊ナビシステムニ問題発生]

[魔法石カラノ魔力供給が低下シテイマス]

配車係「魔力供給が低下?充填が不足しているのか?」

プルルッ…プルルッ…カチャ

「お疲れ様です男です」

配車係「お疲れ様です。今こちらの管理システムで男さんのナビに異常ありと出ているんですが」

配車係「出発前に魔法石の充填は確認しましたか?」

「えぇ、出発前に満タンにしました」

配車係「おかしいなぁ…どうやら魔法石からナビシステムの方に充分な魔力が供給されていないみたいなんです」

「何ですって?」

「おいナビ、何か分かるか?」

ナビ『!』ギクッ

ナビ『し、知らんし』アセッ

「…お前、嘘つくとすぐ分かるな」ハァ


62 : 以下、名... - 2018/04/26 19:24:12.09 N7L/mCFM0 61/754

「よくよく見れば魔法石の充填がかなり減ってるじゃないか」

「どういう事なんだ?」

ナビ『え、えーっと』タラッ

「ちゃんと答えろ!」ダンッ!

ナビ『!』ビクビクッ

キィィィィン…!

配車係「…っ!あの男さん、無線繋がってる時にあんまり大きい声は」イテテ

「あ!すみません」

「ちょっと状況確認して折り返します」プツッ

配車係「あっ!ちょ…!」プーップーッ

配車係「なんなんだよもう…」


63 : 以下、名... - 2018/04/26 19:27:12.49 N7L/mCFM0 62/754

-同刻 隣国街道-



シーン…

「…つまり俺が寝ている間ずっとエンジンかけたままにしておいたと」

「んで、帰りの充填が怪しくなってきたから自分への魔力供給を一時的にカットした…と」

ナビ『…ごめんなさい。』シュン

「あのなぁ、カーゴの寝台にはちゃんと寝袋と毛布が積んであるんだから心配する事ないんだぞ?」

ナビ『だ、だって!海の上って綺麗やけどやっぱ冷えるし』アセアセ

ナビ『(それに、供給止めてでも男ちゃんと一緒におりたかったし…)』

ナビ『(なんて言われへんけど)』


64 : 以下、名... - 2018/04/26 19:27:45.93 N7L/mCFM0 63/754

「俺の事を心配してくれたのは分かったよ」

「気が付かなかった俺にも責任がある。ここから先はマニュアルで行くからお前は休んでろ」

ナビ『えっ!でも!!』

「大丈夫だよ、積み込みは終わってるし来た道を戻るだけだから」

ナビ『(ちゃうねん…シャットダウンしたらお話でけへんやん…)』

「魔力供給が低下した状態が続くと、お前の調子にも影響が出るかも知れないからな」

「だから、な?」ポンポン

ナビ『うぅ…それズルいわぁ』ショボン

ナビ『了解やで。ほんなら男ちゃん気をつけてな』フリフリ

「ははっ別に今生の別れでもあるまいし」

「それじゃおやすみ」ポチッ

ナビ『あぃ、おやすみなさい…』フッ

[精霊ナビシステムヲ終了シテイマス…]

「よし、行くか」

ブォン!ブロロロ…


65 : 以下、名... - 2018/04/26 19:31:13.31 N7L/mCFM0 64/754

-翌日 物流協会事務局-



「そうですか、そんな事が…」

先輩「まぁ帰って来るだけなら男一人で何の問題もないけど」

先輩「一応大事を取ってナビちゃんは今日一日メンテナンスに出してるみたいだ」

先輩「しかし、愛だな」シミジミ

「…。」

「それでは、ナビが使えないなら男くんは今日はお休みですか?」

先輩「あぁ、あいつかー?」ニヤ




「はぁ…はぁ…」タッタッタッ…




先輩「まぁペナルティって訳じゃねーんだが」スッ




「ふぅ…ふぅ…」ガシッ




先輩「男は今日一日、同僚とコンビ組んで」シュボッ





「ちわー!お届けものでーす!」ピンポーン





先輩「宅配だ」フゥーッ


66 : 以下、名... - 2018/04/26 19:36:22.26 N7L/mCFM0 65/754

-同刻 王都、街外れ-



ゴゥンゴゥン…

「ミルクだの薪だの重量物を持っての階段の登り降り…」ハァハァ

「宅配がこんなにキツいものだとは」フゥ

同僚「かーっwwなっさけねーなwww」ケラケラ

「しかし…みんなして重たいモンばっか頼みやがって…」グッタリ

同僚「バーカwww重たいモンだから頼むんだろがwww」

同僚「この辺じーさんばーさん多いからなwwwしゃーないwww」

「言われてみればそうだな…」

同僚「ほれ水分補給!気合い入れ直してもう一踏ん張りだwww」ポイッ

「ありがとう…助かるよ」ゴキュ


67 : 以下、名... - 2018/04/26 19:37:44.04 N7L/mCFM0 66/754

同僚「それよかお前体力落ちたなーwww」

同僚「どうせナビちゃんに頼りっきりなんだろーwww」ケラケラ

「否定はできんな…この前も手積みの仕事だったんだが昔よりキツく感じたし」プハ

同僚「戦闘だけはアホみてぇに強かったのになwww」

同僚「最初の戦闘研修の時どこの剣士が迷い込んだのかと思ったぞwwww」

「みんなに言われるがそんなに大したもんじゃないぞ?所詮素人に毛が生えた程度のもんだ」

同僚「いーやwあの動きはとても素人じゃねぇよwww」

同僚「故郷の親父さん仕込みだったかw?ホントにただの武器職人なのかねwww」

「そういや若い頃の話は聞いた事がないな」


68 : 以下、名... - 2018/04/26 19:38:49.36 N7L/mCFM0 67/754

同僚ナビ『お二人共、余裕ぶちかましておいでですが大丈夫なんですの?』

同僚ナビ『配達まだ20件以上残ってますのよ?』

「いぃっ!?そんなに??」ゲゲッ

同僚「よゆーよゆーwww二人でやりゃあっちゅーまよwww」

「お前ほぼ運転だけじゃんか!」

同僚「この王都中の街道から細かな路地に至るまでの道路網、番地、駐車禁止なんかの交通規制などなど…」

同僚「パーペキに把握している俺からハンドルを奪おうなど100万光年早いわwww」

「光年は距離の単位だ…まぁいい、確かに細かな道まで知り尽くしているお前が運転する方が効率がいいな」

同僚「伊達に地元っ子じゃねぇっすよwww分かったら汗水たらしておきばりやすwwww」ケラケラ

「あぁ、それじゃ行くか!」

同僚「れっつ脂肪燃焼www」

同僚ナビ『はーい出発致しますわ』

ブォン!ブロロロ…


69 : 以下、名... - 2018/04/26 19:50:14.28 N7L/mCFM0 68/754

-同刻 王立アカデミー研究室-



ブゥゥン…ブゥゥン…

魔法石(ナビ)『…。』コポコポ

「…。」ジーッ

「それで、ナビの状態は?」クルッ

研究室職員「幸い、魔力供給の低下が一時的なものだったのでダメージは軽微です」

研究室職員「記憶や人格などの各種データの損傷もありません」

「そうですか…」ホッ

研究室職員「ただ、ついでにここ最近の蓄積情報を確認したんですが」

研究室職員「ナビシステムの人格情報に変化が見られますね」資料ペラッ

研究室職員「ここです」トントン

「外的要因による強い不安状態…」

研究室職員「ナビシステムの心理グラフと男さんの運行データを照らし合わせると」

研究室職員「数日前、港湾倉庫から物流倉庫へ帰ってくる辺りで心理状態に激しい動きが見られます」

(私が同乗した時ね…)

研究室職員「具体的に言うと、対外的な自己価値の喪失に対する不安…」

研究室職員「見捨てられ不安、といったところでしょうか」

「見捨てられ不安…」


70 : 以下、名... - 2018/04/26 19:59:18.31 N7L/mCFM0 69/754

研究室職員「これは例えば過去…幼少期が多いんですが」

研究室職員「自分の周りにいるべき庇護者を何らかの形で失うといった体験が原因となる場合があります」

「…っ。」

研究室職員「現時点ではナビシステムの運用上大きな問題とは言いにくいですが」

研究室職員「今後、人格構造に著しい変化が見られるようになった場合…」

「何らかの対応が必要になる、という事ですね?」

研究室職員「仰る通りです」

「分かりました」

研究室職員「ナビシステムの性質上、ベースとなる人格情報を書き換える事は難しいですが」

研究室職員「月日と共に蓄積されていく情報についてはその限りではありません」

「情報の蓄積…」

研究室職員「はい。蓄積された情報によって思考パターンや心理構造が変化…成長していく」

研究室職員「それこそがナビシステムの大きな特徴ですから」

「大変参考になりました」ペコッ



ガチャ バタンッ

カツカツカツ…



魔法石(ナビ)『…。』コポコポ


71 : 以下、名... - 2018/04/26 20:04:07.35 N7L/mCFM0 70/754

-翌日 04:00 物流倉庫-



ゴゥンゴゥン…

ナビ『たっだいまぁー!!』バーン

「おかえり、調子はどうだ?」

ナビ『もうすっかりばっちりおーるおっけーやで♪』ピース

「心配させやがって」

ナビ『ごめんなさいです…』フカブカー

「まぁ、無事に戻ってきたなら何よりだ」ニコッ

ナビ『それよか男ちゃんは?昨日一日大丈夫やったん?』

「助手として同僚の奴に散々こき使われたよ」

「大変いい運動になった」ハハハ

ナビ『同僚ちゃんはどーちゃん共々加減知らんからなぁ』ケラケラ

「どーちゃん?」

ナビ『同僚ちゃんのナビやからどーちゃんやで!』ビシッ

「あぁそう…」


72 : 以下、名... - 2018/04/26 20:05:02.39 N7L/mCFM0 71/754

ナビ『んで!今日はどこまで行こか?』

「今日は今から物流倉庫(ここ)でB級品の武器防具を積んで、鍛治職人の里へ搬入だ」

ナビ『男ちゃんの故郷キター!!』ドンドンパフパフ

「期待してるとガッカリするぞ?何にもない田舎の里だから」

ナビ『そんなんえぇねん!男ちゃんの故郷って所が重要やねん!!』クワッ

「わかったわかった、顔が近い」

「そしたらパパッと積み込みして出発しようか」

「今日からまた、よろしく頼むぞ」

ナビ『うん!よろしくな』ニパッ

ナビ『ほな始めますかぁ?』

ゴゥンゴゥン…


73 : 以下、名... - 2018/04/26 20:08:48.94 N7L/mCFM0 72/754

-11:30 鍛治職人の里-



カンッカンッカンッ…

「着いたな」

ナビ『おぉーここが男ちゃんの故郷!』

「鉄鉱石の採れる鉱山の麓には、ちょうど良く河も流れていて」

「鍛治職人達にとってはうってつけの立地だったんだろうな」

守衛「男!?男じゃねーか!」

守衛「見ない間にずいぶん立派になりやがって!」バシバシ

「いてて、お久しぶりです」

守衛「今日は仕立て直し用の武器防具だったな?男が運んできたとなりゃ親父さんも腕が鳴るってもんよ!」

守衛「お?今日は可愛い連れがいるのかい?」

ナビ『おっちゃんはじめまして!ナビちゃんやでー?』ピョンッ

守衛「おー元気いいな!」

ナビ『あったりまえやん!いつでも元気なナビちゃんやで?』ニコニコ

「心配させといてよく言うよ」ハハハ

守衛「そしたら早速倉庫の方へ回ってくれるか?荷下ろし要員で若い衆集めといたからよ!」

「ありがとうございます、それじゃ向かいますね」

ナビ『おっちゃんまたなー』フリフリ

守衛「はいよ!」

ブォン!ブロロロ…



守衛「あの訛り…北西の…」


74 : 以下、名... - 2018/04/26 20:35:40.91 N7L/mCFM0 73/754

-12:00 鍛治職人の里 倉庫-



「大勢で下ろしたらあっという間に終わった」

「皆さんありがとうございました」ペコッ

若者「いやだなー礼なんていいっすよ!」

若者「男さん、里の出身ですってね?同郷の仲間なんだからこの位なんて事ないっす!」ワハハ

「…正直少し不安だったんです」

「親父の跡を継がなかった俺の事、里の人はどう思っているのかと」

若者「…生き方は人それぞれです」

若者「俺は里出身ですけど、仲間内には他の町や村から移住してきた奴もいるんですよ?」

「それは、鍛治職人に憧れて?」

若者「そうです!というか、大部分の奴は親父さんに憧れてってところですけど」ハハハ

若者「ちょうど休憩入ったとこだと思うんで、顔出してあげてって下さいよ!」

「親父か…」

ナビ『…。』

「そうですね、せっかく来たので親父とも少し話して行きます」

「ありがとうございました」

若者「いえいえ!ではお気をつけて!」

ナビ『みんなばいばーい?』フリフリ

ブロロロ…


75 : 以下、名... - 2018/04/26 20:37:13.35 N7L/mCFM0 74/754

-鍛治職人の里 作業場-



シュボッ!スゥゥ…

親父「…久しぶりだな」プハァー

「あぁ、元気そうで何よりだ」

親父「お前に心配される程まだ耄碌してねぇよ」ハハ

「そういう意味じゃ…」

親父「冗談だ。仕事は上手くいってるのか?」

「何とかね、色んな場所に行けるってのは俺の性に合ってるのかも知れない」

親父「…お前が鍛治職人に向いてねぇってのは初めから分かってた事だ」

親父「だからうちを継がなかった事なんざ気にしちゃいねぇからな?」グシグシ

「…!」

「親父には勝てないな」ハハ

親父「当たり前だ、それに最近じゃ鍛治職人になりたいなんて殊勝な奴がいるんだぜ?」

親父「そういうわけで跡取りには困ってねぇよ」ハハ

親父「….吸うか?」スッ

「付き合うよ」シュボッ!スゥゥ

スパァァ…モクモク


76 : 以下、名... - 2018/04/26 20:37:54.84 N7L/mCFM0 75/754

親父「お前はお前の好きなように生きろ」

親父「背負って生まれちまったもんは仕方ない、だが」

親父「そんなもんに縛られる必要はない、お前の道を決めるのはお前自身だ」

親父「お前自身が決断して、責任はお前が取るんだ」

親父「いいな?」

「?あ、あぁ何となく」

親父「苦しくなったらいつでも戻って来い」

親父「お前の居場所はここにある」

「…ありがと」

親父「あの子にもそう言ってやれ」

「(女の事かな?)あぁ、分かったよ」

親父「全く、たまには剣術の稽古でもつけてやろうと思ってたが」

親父「誰かさんが仕事をどっさり持って来てくれちまったからな」ハハハ

「ふふ。みんな親父の事を尊敬してるみたいだな」

親父「まぁな、まだまだ落ちぶれるわけにはいかねぇって事よ!」フン

親父「そろそろ行くのか?」

「あぁ、また来るよ」グシグシ

親父「帰り、気ぃ付けろよ」

「うん」

テクテクテク…

親父「…。」グシグシ


77 : 以下、名... - 2018/04/26 20:42:40.10 N7L/mCFM0 76/754

-13:00 鍛治職人の里-



ゴゥンゴゥン…

ナビ『おかえりー』フリフリ

「ただいま」バタン

ナビ『おとさん元気そうやったー?』

「相変わらずな、俺の心配事なんてお見通しだったよ」ハハ

「まだまだ親父には勝てないな」

ナビ『…そっか』

「てっきりお前も付いてくるのかと思ってたんだけど」

ナビ『久しぶりの親子水入らずやん!やっぱ邪魔したアカンなーって』

ナビ『でも、男ちゃんの顔見てたら行かんで正解やったわぁ』

「ん?俺どんな顔してる?」

ナビ『んとね、いつもより優しい顔しとぉよ♪』ニコ

「…なんか恥ずかしいな」テレ

「さて、そろそろ出発するか」


78 : 以下、名... - 2018/04/26 20:43:30.98 N7L/mCFM0 77/754

ゴゴゴゴゴゴ…



ナビ『ん?なんか揺れとぉな?』

「地震かな?」



グラッ…グラグラッ!…ガガァン!!



「!!!!」ガシッ

ナビ『何なんこれ!?カーゴが下から突き上げられとぉみたいな揺れや!!』グワングワン

ピピッピピッ

「こんな時に何だ!?」カチャ

「はい!」

配車係「男さん無事ですか!?」

「今鍛治職人の里なんですけど!突然めちゃくちゃ地面がゆれd」配車係「大変なんですよ!!!!!!」キィィィン…

「…っく!何が起こってるんですか?」イテテ

配車係「今、鉱山の上空で大規模な戦闘が行われています!」

ナビ『上空?飛行タイプの魔族でも出たんか!?』

配車係「詳細は分かりません!ただ、こちらからも感知できる程の強力な広域魔法が使われているようで」

「空中…強力な広域魔法…」

「…まさか!」ハッ


79 : 以下、名... - 2018/04/26 20:46:43.30 N7L/mCFM0 78/754

配車係「…可能性は高いです」

配車係「とにかく里の周辺は危険です!過給装置全開で出来る限り遠くへ避難して下さい!!」

「了解!」カチャ

ゴゴゴゴゴゴ…

ナビ『なになに?何が起こってるん??』アワアワ

「…魔族の中でも空を飛べる奴は多くない」

「その上、遠く離れた物流協会から感知できるほど強力な広域魔法が使えるものと言えば…」

「…魔王しかいない」

ナビ『ま、魔王…!』サァッ

「そして、魔王と互角に戦える存在はたった一人…」

ナビ『じ、じゃあ今ウチらの頭の上で魔王と勇者が戦っとぉって事なん!?』

ナビ『ヤバいでヤバいでヤバいで!!すぐにこっから離れな!!』ピッ

[魔法石過給装置ヲ作動シテイマス…]ブォォォォ

「待て!里の人達はどうする!?」

ナビ『分かっとぉけど!でもこのままじゃウチらも道連れや!!』

「そりゃそうだけど…放ってはおけないだろ!!」ガンッ!



カッ………

…ッドカァァァァァン



80 : 以下、名... - 2018/04/26 20:47:39.37 N7L/mCFM0 79/754

「うわっっ!」グワングワン

ナビ『ぐっ!…今は言い争いしとぉ場合やないやろ!!』キッ

ナビ『とにかく避難や!落ち着いたらまた助けに来よ!?な!??』

「…そうするしかないか」ギリッ

ナビ『ほんなら行くで!しっかり掴まっとき!!』ブォン!

「親父…みんな…無事でいてくれ」

バヒューーーーーン…!!!


81 : 以下、名... - 2018/04/26 21:03:34.57 N7L/mCFM0 80/754

-15:00 街道-



ブロロロ…

ナビ『この辺まで来れば大丈夫かぃな』



ブロロロ…キキッ

シィィィン…



「…。」

ナビ『…謝らへんで』キッ

ナビ『男ちゃんの仕事をサポートすんのがウチの役目やもん。みすみす危ない橋渡らせるなんてでけへんよ』

「…分かってるよ」フゥ

「冷静さを欠いていたのは俺の方だ、お前がいなかったらあのまま死んでたかも知れない」

「すまなかった」ペコッ

ナビ『…顔上げてーな』フルフル

ナビ『いきなりあんなんなったら誰でもテンパるよ』

「…。」



シィィィン…


82 : 以下、名... - 2018/04/26 21:04:33.63 N7L/mCFM0 81/754

「…戦争、なんだな」

ナビ『…ね。』

「今まではただ目の前の仕事をこなして、例えば積荷が武器防具であろうが魔法石であろうが」

「それが何の為のものか、何に使われてるかなんて考えもしなかった」

「”それが仕事だから”」

「そこで考える事をやめてしまっていた」

ナビ『男ちゃん…』

「荷物を積んで、運んで、下ろして」

「その先にあるものを想像する事すらしなかった」

ナビ『男ちゃん』

「俺はこのままでいいのか…?」

ナビ『男ちゃんてば!』バンバン

「!…悪い、どうした?」

ナビ『こーれ!』ツンツン

ピピッピピッ

[前方カラ移動体ガ高速デ接近中…距離1000]

「っ!まさか別の魔族か!?」チャキッ

ナビ『…あ、待って?これは』

ナビ『…協会(うち)のカーゴやん!』パァァ

「何だって!?」

ピピッピピッカチャ

「はい!」

先輩「おー男!無事かー?」


83 : 以下、名... - 2018/04/27 01:42:19.82 IDFS0p+l0 82/754

-15:05 街道-



ゴゥンゴゥン…

「来てくれたんですね!」

先輩「ちょうど運行終わって帰ってきたとこだったからな」

先輩「倉庫にあるモンで取り急ぎ役に立ちそうなのを片っ端から積んできた」

先輩「応急手当の出来る医療品、食べ物、燃料、あと毛布やなんかも」

ナビ『先輩はん…』ウルウル

「ありがとうございます!!」ペコッ

先輩「倉庫の物品は一応客からの預かり物だが、なぁに」

先輩「金で解決できるモンはそれでいい。人命には代えられん」


84 : 以下、名... - 2018/04/27 01:43:27.39 IDFS0p+l0 83/754

先輩「さて…俺の大型カーゴじゃ里の中まで入って行けないだろうから」

先輩「里の人の手も借りてみんなで運び込むぞ」

先輩「手、貸してくれるな?」

「もちろんです!」ナビ『やったんで!』

先輩「ははっ、ホントにお前ら息ピッタリだなー」

先輩「あ、そうそう」

先輩「女ちゃんから伝言頼まれたんだった」

「女から?」

先輩「”必ず無事でいて下さい”」

先輩「”決して無鉄砲に助けに行こうなどしないように”」

先輩「だってよ」

ナビ『…っぷぷ』

「見透かされてるなぁ…」ハァ

先輩「火災が発生してるかも知れないから、軍の消防隊も要請してある」

先輩「そいつらとも協力出来る事があればやろう」

先輩「そんなとこかなー、んじゃあ行くか!」

先輩「道案内よろしくー」バタンッ

「了解です!よしナビ、行こう!」

ナビ『はいなぁ!ほな出発?』

ブォン!ブロロロ…

85 : 以下、名... - 2018/04/27 01:48:42.30 IDFS0p+l0 84/754

-17:00 鍛治職人の里入り口-



ゴォォ…モクモク…

ブロロロ…キキッ

ナビ『着いたー!』

「…煙が上がってるな」チラッ

「中がどうなってるか、入ってみなきゃ分からないか」ガチャ

「ここからは手作業で運び込むから、カーゴは頼むぞ」

ナビ『了解!男ちゃん、気をつけてな』

「あぁ、じゃあまた後で!」バタンッ



<ウイング開けるぞー

<台車持ってこーい

<いくぞ、せーのっ



ナビ『始まったわ』

ナビ『…おとさん、他のみんなも』

ナビ『無事でいてな…』



パチ…パチパチ…ボワッ!!



ナビ『!』ビクッ



<ダメだ、炉に燃え拡がる!

<おい毛布あったろ!

<水で濡らして持ってこい!



ナビ『あかん!火、が…!』

ナビ『男ちゃんに知らせなきゃ…う』



ズキン


86 : 以下、名... - 2018/04/27 01:49:41.83 IDFS0p+l0 85/754

ナビ『っ!…なんや?この感…じ』ゾクッ



ズキン…ズキン…



ナビ『この光景…見たことある…?』ブルブルッ



ボワッ!ブワァァァァ…!

<消防隊来たぞー!

<こっちだ!おーい!




ズキン…ズキン…



ナビ『うち…これ知っとぉ…火が』



ズキンズキンズキンズキンズキン



ナビ『いやゃ…こわい…なんnあぐgg??!あついあついあttttttたすけtttt』



ッパァァァァァ…



ナビ『!!!』

ナビ『いやあああああああああああ』




ピーーーーーーーーーーーーー


87 : 以下、名... - 2018/04/27 01:57:16.57 IDFS0p+l0 86/754

-3日後 物流協会事務局 女の執務室-



カリカリ…

[報告書(特)ナビシステムの不正シャットダウンと動作不良について]

「現時点で判明しているのは、人格情報の基幹部(ベーシック)に一部損傷が見られる事、と」カリカリ

「記憶情報の一部が内側からロックされている事…」カリカリ

「ふぅ」カタンッ


88 : 以下、名... - 2018/04/27 01:59:03.19 IDFS0p+l0 87/754

コンコンッ

「どうぞ」

先輩「おつかれさん」ガチャ

「先輩さん!先日はありがとうございました」ペコッ

先輩「里での一件か?なんて事ないさ」

先輩「救援物資の運搬なんて運送屋がやらずに誰がやるんだ、ほい差し入れ」コーヒーコトッ

「ありがとうございます」

先輩「ちゃんと休んでるか?少し痩せたんじゃないか?」ジーッ

「ホントに相変わらずですね」クス

先輩「…ナビちゃん、どうだ?」

「…。」フルフル

「人格情報の基幹部(ベーシック)を外部から修復するのは難しいです」

「というか、ほぼ不可能です」

先輩「そうなのか?」

「…いただきます」ズズッ

「…。」フゥ


89 : 以下、名... - 2018/04/27 02:00:00.71 IDFS0p+l0 88/754

「ナビシステムの人格情報はゼロから作り出したものではないんです」

「元となるデータは、被験者の人格情報…心を魔法石に写し取ったものなんです」

先輩「男自身の心ってことだな」

「正確にはその一部ですが」

先輩「話には聞いていたが、実際そんな事が出来るのか?」

「魔法石と、高度な能力を持った詠唱士の力があれば」

先輩「なるほどねー、人の心ん中なんて複雑過ぎて他人には計り知れんからなぁ」スッ…シュボッ

「あ、この部屋禁煙です」

先輩「う、すまん」シマイ

「修復する方法があるとすれば、元となった被験者の心と魔法石をもう一度リンクさせて」

「損傷する前の人格情報をサルベージするしかありません」

先輩「…今のあいつに出来るかな」

「やってもらうしかありません」

先輩「そうか…」

先輩「俺からも少し話してみるよ」

「お願いします」

先輩「女ちゃん、一人で気負い過ぎるなよ?」

先輩「そんな顔してちゃ美人が台無しだ」ニコ

「ありがとうございます」クス


90 : 以下、名... - 2018/04/27 02:02:43.59 IDFS0p+l0 89/754

-翌日 王宮 議事堂-



議員「…報告は以上です」

側近「ご苦労。さて、先日の鍛治職人の里での事故だが」

側近「救援に当たった軍の方から被害状況の報告を聞かせてもらおう」

側近「騎士長」

騎士長「はっ」ガタッ

騎士長「里の人的被害は死者はゼロ、軽傷者が数名出ている程度です」

側近「不幸中の幸いか」

騎士長「はい。しかし火災により炉の建屋が焼失、再建には時間が掛かるでしょう」

騎士長「それから、共同で救援に当たった物流協会からなんですが」チラッ

側近「申してみたまえ」

事務局長「では私から…」ガタッ

事務局長「えー里の人命保護を最優先と考え、物流倉庫での預かり品を持ち出しております」

事務局長「こちらが明細なんですが…」ペラッ

側近「どれどれ…むぅ」チラッ

国王「うむ」

側近「構わん。人命には代えられん」

側近「協会から王国宛に請求を上げたまえ」

事務局長「承知しました」

側近「しかし民間人に被害が出るなど本末転倒だ」

側近「勇者の力…早急に策を練らねばなるまいな」


91 : 以下、名... - 2018/04/27 02:03:37.43 IDFS0p+l0 90/754

…スクッ

国王「諸君」

国王「人は愚かな生き物だ」

国王「それは如何に強大な力を得ようと決して変わらぬ」

国王「いや、強大な力を持つに至ったが故に道を誤る事もままあるのだ」

国王「勇者による魔王の討伐は、民にとって希望の光」

国王「光は決して曲がらぬ」

国王「否、曲がってはならぬのだ」

国王「その事を肝に銘じてくれたまえ」

一同「はっ」

92 : 以下、名... - 2018/04/27 02:06:22.34 IDFS0p+l0 91/754

-10:00 王立修道院 礼拝堂前-



同僚「ちわーっすww物流協会でっすwww」

同僚「修道院名物の特製エールと薬草を積みに参りやしたーwww」
同僚「…おーいw」ダレカー



シイィィン…



同僚ナビ『人影がありませんね』

同僚「おっかしいなーw10時着の予定だったよな?」

同僚ナビ『はい。依頼書には確かに』



…ガタンッ!



同僚「!」ビクッ



…ガタガタッ!バタンッ!!



同僚「…誰かいるのか?」

同僚ナビ『扉の中からですわね』

同僚ナビ『見てきて下さいまし』

同僚「マジかw」


93 : 以下、名... - 2018/04/27 02:07:01.96 IDFS0p+l0 92/754

ソローリ…ギィィィィ



同僚「こんちわー…」チラッ

同僚「ぬぁぁ!!!」ビクビクッ

同僚ナビ『!どうしました!?』

同僚「ひ、人が…」


94 : 以下、名... - 2018/04/27 02:09:04.10 IDFS0p+l0 93/754

「ふぇぇぇぇぇ…」





同僚「寝てる」





修道女「うぇぇ…もう飲めませぇぇん…」ヒック


95 : 以下、名... - 2018/04/27 02:12:07.47 IDFS0p+l0 94/754

-10:30 修道院倉庫-



シスター長「いやはや誠にお恥ずかしい」フカブカ

同僚「いやいやいいんすよw誰だって飲まなきゃやってられない時ってありますからwww」

シスター長「あの子の場合そういう次元ではなくてですね…」



<うぇぇぇ気持ちわるいぃぃぃぃ

<オロロロ



同僚「あーぁwww」

シスター長「彼女…詠唱士としての資質は素晴らしいのですが、あの通り酒癖が最悪でして」



<神は留守です!有給取ってカジノへ行ってます!!

<なんちってwww



同僚「確かにひでぇなwww」

同僚ナビ『しかも若干同僚さんとノリが似てますわね』

シスター長「近く、高度な詠唱の依頼が来ているのですが本人があの有様で…」

同僚「まぁ能力が確かなら、酒さえ飲まなきゃいいんじゃね?って気もww」

同僚「それによく見りゃなかなか美人じゃんかwwうはww高まるwwww」


96 : 以下、名... - 2018/04/27 02:14:55.38 IDFS0p+l0 95/754

クルッ

修道女「んーなんれすかぁぁ?神の従者たる私をナンパれすかぁぁ???」グイッ

同僚「なんか来たwww」

修道女「まぁまぁそうカッカしないでくらさいよぉ」たゆん

同僚「!!!」カッ

修道女「お兄さんいい度胸してまふねぇぇ」ヘラヘラ

修道女「気に入った!まま、おひとつ」エールドゾー

シスター長「こら!いい加減になさい!」グイッ

同僚「や、やめろって!俺はこれから運転すんだから飲めねーよ!」アセッ

同僚「…チラッ」たゆーん

同僚ナビ『はぁ。同僚さんが草生やしてない時はマジトーンの時ですわ』

同僚ナビ『ちょっとお嬢さん。その辺で勘弁して頂けるかしら?』チョイチョイ



97 : 以下、名... - 2018/04/27 02:15:47.08 IDFS0p+l0 96/754

修道女「あぁん?何ですかこのちんちくりんの貧乳は」ケラケラ

同僚ナビ『!!!』ピキッ

同僚「あ、やべw」

同僚ナビ『人の気にしている事をぬけぬけと…酔っ払いだからと言って聞き捨てなりませんわ!!!』ムキー

修道女「おーこわwボリュームも足りなければ余裕も足りないみたいねww」アハハハ

シスター長「あぁもう何たる醜態を…」オロオロ

同僚「と!とにかく荷物は確かに預かりましたんで!あざーした!」バタンッ

キュルキュル…ブォン!

修道女「あ!ナンパしといて逃げるなー!!」ジタバタ

同僚ナビ『ちょっと同僚さん!あのホルスタインにぎゃふんと言わせないと気が済みませんわ!』プンスカ

同僚「女同士の諍いに巻き込まれるなんてごめんだっつーのwwwそれじゃどーもwww」マニュアルモードオン

同僚ナビ『あ!ちょっ!』

ブォン!ブロロロ…


98 : 以下、名... - 2018/04/27 02:17:31.30 IDFS0p+l0 97/754

-夕刻 王都酒場街-



ワイワイ…ガヤガヤ…

「あーもう次から次へと!」グイッ

同僚「煮詰まってるねーwww」ごくごく

「勇者と魔王の戦闘で里は半壊…」

「親父が機転を効かせてくれたお陰で里の人達は擦り傷程度で済んだけど…」

同僚「さすが親父さんww」

「炉は焼失しちまったからしばらくは鍛治仕事も開店休業だ…」

同僚「まぁそりゃ仕方ねーっしょw里の人が無事ならきっと建て直せるさwwww」

同僚「人間そんなに弱かねぇってwww」ぐび


99 : 以下、名... - 2018/04/27 02:18:05.85 IDFS0p+l0 98/754

「それに加えて…ナビの奴」シュン

同僚「それなwwどうしちまったんだろ?火事場にビビったかwwww」

「…。」グイッ

「…そもそもナビシステムって何なんだ?そりゃ仕事は助かってるけど絶対に必要かって言ったら…」

同僚「そりゃお前あれだろ?物流協会(うちら)を実験台にしてデータでも取ってんじゃねwwww」

同僚「大方、ゆくゆくは軍事利用でもしようと思ってんじゃねーのwww」ぐびぐび

「!っそうなのか!?」ガタンッ

同僚「ちーっと考えれば分かる事だろwww軍隊大好き国王陛下の考えそうな事じゃんかwwww」

「どれもこれも戦争の為なのか…」ギリッ


100 : 以下、名... - 2018/04/27 02:19:08.58 IDFS0p+l0 99/754

ガチャ

先輩「だったらどうなんだ?」

「え?」

同僚「あ、先輩ちーすwww」

先輩「おつかれ。あ、俺エールね」

同僚「おいっすww男は何飲むww?」

「…タンカレー、ショットで」

同僚「あーあww了解ww」ガタッ


101 : 以下、名... - 2018/04/27 02:20:50.28 IDFS0p+l0 100/754

<乾杯!カチンッ



先輩「…さて、仮にナビシステムの運用が軍事利用を目的としたものだったとして」

先輩「それでお前とナビちゃんの関係は変わるのか?」

「俺たちの関係?」

先輩「そうだ。コンビで色んな運行をして、色んな所で色んな人と関わって」

先輩「お互い助け合って色んな事を乗り切ってきたんだろ?」



ワイワイ…ガヤガヤ…



「俺は…」

「…。」グイッ


102 : 以下、名... - 2018/04/27 02:21:29.34 IDFS0p+l0 101/754

「…何があろうと、ナビ(あいつ)が俺の相棒って事は変わらないです」

同僚「よく言ったwwいいぞー男www」

先輩「今ナビちゃんは何かに怯えて出てこれなくなってる」

先輩「手を差し伸べられるのはお前だけだ」

先輩「あの子とお前の心をもう一度リンクさせて、隠されてるものを見つけ来い」

「俺の心と?どういう事ですか?」

同僚「お前インストールの時に説明あったろww」

同僚「ナビシステムは使用者の心を写し取って魔法石に閉じ込めたモンだってw」

「全然覚えてない…」

先輩「俺は使った事ないからよく分からんが、インストールの際に記憶が飛ぶのはよくある事らしい」

同僚「あれ?先輩ナビシステム使ってないんですっけw」

先輩「選考に落ちたんだよ、あれも向き不向きがあるらしい」ぐび

先輩「とにかく、ナビちゃんと心を繋げられるのはお前だけだ」

先輩「今はそれだけ覚えとけ」


103 : 以下、名... - 2018/04/27 02:23:04.41 IDFS0p+l0 102/754

-深夜 王都酒場街-



<ありやしたー!

先輩「すっかり遅くなっちまったな」

「すみませんご馳走になってしまって」

先輩「なに、一応年長者だからな」

先輩「こんな時ぐらいカッコつけさせてくれや」

同僚「先輩ごちでーすwwwやだかっこいいwwww」ケラケラ

先輩「こいつ酔っ払ってんなぁ…ちゃんと帰れるか?」

「ははっこれで案外大丈夫なんですよ」

先輩「そうなのか…?」ジーッ

同僚「やだ照れちゃうwww」ケラケラ

先輩「はぁ…男は大丈夫そうだな」

「はい。っていうか先輩と話してシャキッとしちゃいました」ハハ

先輩「まぁあんまり気負い過ぎんなよな」

先輩「気ぃつけて帰れよ」

「はい!それではおやすみなさい」ペコッ

先輩「はいよ、お疲れさん」フリフリ

同僚「おつかれサマンサーwww」フリフリ


104 : 以下、名... - 2018/04/27 02:23:40.77 IDFS0p+l0 103/754

同僚「んだよ男の奴wさっさと帰りやがってwww」テクテク

同僚「微妙に飲み足りねぇなwwもう一軒行きますかwwww」


105 : 以下、名... - 2018/04/27 02:25:20.23 IDFS0p+l0 104/754

[BAR REQUIEM]

…カランッ

同僚「こんばんわっすw」ガチャ

同僚「お嬢さんお隣失礼しますよっとw」ストッ

女性「はいどうぞ…ん?」

修道女「あ!あなたは!」ビク

同僚「げっ!お前はこの前の酔いどれ(たゆんたゆん)シスター!」ビクッ

修道女「…その節は大変ご迷惑を…」フカブカ

同僚「あれw今日は普通じゃんw」

修道女「まだ来たばかりなので…」シュン

同僚「あーシラフだとそういうテンションなのねwwなら平気かwww」

同僚「むwしwろwww」チラッ

同僚「まぁ飲もうぜww俺フィディックをロックでwwwあんたは?」

修道女「ぼ、ボストンクーラーをお、お願いします」


106 : 以下、名... - 2018/04/27 02:26:10.69 IDFS0p+l0 105/754

<お待たせしました

<乾杯!カチンッ



同僚「つーかシスターが夜な夜な飲み歩いてていいのかよwww」クイッ

修道女「わ、私のところはエールを造っている位ですので」

修道女「その辺は緩いのです」クイッ

同僚「にしてもww緩いにも限度があんだろwwww」ケラケラ

修道女「あぁぁ…あの時の醜態はどうか忘れてくださいまし」シュン

同僚「インパクトあり過ぎて忘れらんねぇよwwwww」

同僚「つか聞いたぜ?詠唱士としての能力はマジモンだってww」

修道女「わ、私なんて全然大した事!」フルフル

同僚「いやいやwwwそうでなきゃ速攻追い出されてるだろwww」

修道女「うぅ…プレッシャーに弱いのです…」シュン

修道女「近々また高度な詠唱の依頼が来ていまして…」ハァ

同僚「んん?それってもしかして人とナビシステムを再リンクする的な奴だったりする??」

修道女「ご、ご存知なんですか?」

同僚「ご存知ご存知wwwだってその対象者って俺の同期の奴だもんwww」

修道女「そ、そうなんですか!?」

107 : 以下、名... - 2018/04/27 02:27:58.27 IDFS0p+l0 106/754

同僚「…ってな訳で、あんたの力を貸してちょーだいってことwwww」

修道女「…。」ウツムキ

同僚「どしたー?眠いのか?」チョイチョイ

修道女「…同僚さんっっ!」バッ

同僚「っな、何だよ」ビクッ

修道女「わたし…かんどーしました…」ウルウル

同僚「今の話のどこに感動要素があったんだよwww」

修道女「わたひ、がんばりまふ!」スクッ

修道女「ぜったいにおふたいを!さいかい!させてみせまふ!!」フンス

同僚「ちょww呂律が迷子www急に立ち上がるからwwww」

修道女「どーりょーしゃん!わたひ!わたひは!!」ジタバタ

同僚「あーもー分かった分かったwwマスターお会計wwうん一緒でwww」ヨッコラセ


108 : 以下、名... - 2018/04/27 02:28:36.11 IDFS0p+l0 107/754

<ありがとうございましたー

同僚「結局こうなるのねww」ヨイショ

修道女「えへへーwwどーりょーしゃんとみっちゃくwww」

同僚「肩貸して歩いてるだけだろがww…しかし」チラッ

修道女「…んー?どこ見てるのかなー???」クス

同僚「っ!いやあのべつにw」タジ

修道女「まー見られて減るもんでもないしww構わんよwww」ケラケラ

同僚「そう言われると逆に萎えるwww不思議www」ケラケラ


109 : 以下、名... - 2018/04/27 02:29:40.19 IDFS0p+l0 108/754

同僚「…。」テクテク

修道女「」スゥ…スゥ…

同僚「おぶった瞬間に寝やがったw」

修道女「」スゥ…スゥ…

同僚「まぁ、大変だとは思うが」

同僚「男の事、頼むぜ」

110 : 以下、名... - 2018/04/27 11:02:54.70 nRtd3ZTwO 109/754

-3日後 王立アカデミー研究室-



ブゥゥン…ブゥゥン…

「気分はどう?」

「なんだか緊張するよ」

研究室職員「楽にしていて下さい」

研究室職員「これから男さんの精神と魔法石とを再リンクします」

研究室職員「まず男さんには深い睡眠状態に入ってもらい、ナビシステムの心の中へ入っていきます」

研究室職員「現状ナビシステムの人格情報に損傷が見られる為、普段とは性格が異なっている場合があります」

研究室職員「あまり気にしないように」

研究室職員「上手くコンタクトが取れたら、ロックの掛かっている記憶情報にアクセスしていただきます」


111 : 以下、名... - 2018/04/27 11:03:28.47 nRtd3ZTwO 110/754

「男くん、先に謝っておくわ」

「?どうしたんだ急に」

「あなたは忘れている、忘れていたかった…」

「そういう記憶を直視する事になるからよ」

「仕方ないよ、それに俺の記憶をナビの奴に肩代わりさせておくわけにもいかないし」

「謝りたい事は他にもあるのだけれど…」

「?」

「いえ、直接その目で見てきて頂戴」

「うん、分かったよ」


112 : 以下、名... - 2018/04/27 11:13:08.01 nRtd3ZTwO 111/754

バタバタバタッ…ガチャ!

修道女「遅くなりましたー!」ハァハァ

研究室職員「詠唱士の方ですね?お待ちしておりました」

「遅かったじゃない」

修道女「す、すみません!」ペコッ

修道女「あ、あなたが男さんですね?」

「?はいそうですけど」

「今回の再リンクには高度な呪文の詠唱が必須なの」

「そこで王立修道院から選り抜きの詠唱士の方をお呼びした…のだけれど」チラッ

修道女「ど、同僚さんと約束しました!絶対にナビさんを呼び戻して来て下さいね!」たゆん

修道女「私、全力でサポートします!」たゆーん

「同僚と?よく分かんないけど、あぁ」

「必ずあいつを連れ戻して来るよ」

「(負けた…)」クッ


113 : 以下、名... - 2018/04/27 11:14:38.46 nRtd3ZTwO 112/754

-王立アカデミー 研究室-


ブゥゥン…ブゥゥン…

修道女「それでは詠唱を始めます」キリッ

スゥ…

[闇よ 月よ 全ての星々よ]

[夜の帳に舞い降りたる汝の名において]

[この者にひと時の安らかなる眠りを与え給え]

パァァァァ…

「」zzzz

「…寝たわね」

修道女「深い眠りです。フライパンでひっぱたいても起きません」

「確かに」ペシペシ

修道女「続いて、男さんの精神と魔法石をリンクさせます」

「頼むわ」

修道女「…」キッ

[数多の心の一欠片 全てを統べる金色の意志]

[夢と現の狭間に在りし 敬虔なる汝の名において]

[今ここに眠りし 小さき者達の魂を]

[慈愛の縁(えにし)で結び給え ]

パァァァァ…グワン!

修道女「…っく」ギリッ

「」zzzz

「(男くん…)」

「(ごめんなさい…)」

研究室職員「魔法石とのリンクが始まりました!」

修道女「…。」ギリリッ


114 : 以下、名... - 2018/04/27 11:17:59.97 nRtd3ZTwO 113/754

-魔法石内部 精神世界-


シィィィン…

「…ん」パチ

「ここが魔法石の中か…んっ」ノビーッ

「まずはナビの奴を探すか」スクッ

「ナビシステムを探すってのもおかしな表現だけども」クス

テクテク…

「見渡す限り真っ白な世界だな」

「動くものは何も見えないし、声も聞こえない」

ザザッ…ザザッ

『男くん聞こえる!?』

「女か?あぁ聞こえてるよ」

『どうやらリンクは成功したみたいね』

『どんな状況?周りに何か見えるかしら?』

「いや、見渡す限り真っ白な…ん?」

『何か見えるの?』

「あれは」テクテク

115 : 以下、名... - 2018/04/27 11:18:36.19 nRtd3ZTwO 114/754

「間違いない、俺のカーゴだ」ペタペタ

『…なるほどね、男くんとナビちゃんが最も長い時間を過ごしたのがカーゴの中ですものね』

「とりあえず乗ってみるか」ガチャ

『気をつけてね。精神世界は夢と想像力の世界』

『なにが起こっても不思議じゃないわ』

「…うん、さっそく実感してるよ」

『!男くん!何があったの!?』



「あーもーうるさいなぁー」

「邪魔せんとって」


116 : 以下、名... - 2018/04/27 11:19:12.21 nRtd3ZTwO 115/754

『ちょっと!おt』プツッ

「…探すまでもなかったな」

ナビ「ちゃーお?」フリフリ

「久しぶりだな…心配したんだぞ?」

ナビ「…夢やってん、いや今も夢の中みたいなもんやけど」

「?」

ナビ「男ちゃんの助手席に座んの?」ニコニコ

「…ここでは実体があるんだな」

ナビ「せやでー?ほら見てみて!隣国でもらったストール巻いてみてん」フワッ

ナビ「なぁ似合うー??」

「あぁ、よく似合ってるよ」ニコ

ナビ「えへへー?カラダがあるで、お望みならあんな事やこんな事も出来てまうでー?」ヘラヘラ

ナビ「とりあえず、触っとく?」モミ

「バカ言ってんなよ…でも意外と元気そうで安心したよ」

ナビ「…そう思う?」



117 : 以下、名... - 2018/04/27 11:19:40.60 nRtd3ZTwO 116/754

キュルキュル…ブォン!

ゴゥンゴゥン…

ナビ「男ちゃんはな、ウチの中に色々置き忘れてん」

ナビ「っていうかウチ自身も忘れててんけど」

ナビ「…忘れたまんまでいたかったけど。」ハァ

ナビ「見に行くんやろ?その為に来たんやもんな」

「あぁ、お前に持たせたままじゃいられないからな」

ナビ「…言うたな?」

ナビ「ほんなら行こか。ウチらの思い出再発見ツアー?」

ナビ「しっかり掴まっとき。」

ブォン!ブワァァァァ…!


118 : 以下、名... - 2018/04/27 11:24:49.19 nRtd3ZTwO 117/754

ブワァァァァ…

ナビ「男ちゃん、ちっちゃい頃の事覚えとぉ?」

「里にいた頃か?親父に剣術を叩きこまれたり…」

ナビ「他には?友達の事とかは?」

「友達?…いたはずだな、よく思い出せないが」

ナビ「…ほんならその前は?」

「その前?」

ナビ「里に来る前の事。」

「里に来る前?いやいや俺は里が地元で…」

ナビ「ちゃうで。」フルフル


119 : 以下、名... - 2018/04/27 11:25:34.87 nRtd3ZTwO 118/754

ナビ「男ちゃんの…ウチらの産まれた場所は里やない。」

ナビ「ついでに、男ちゃんが親父って呼んどぉ人も」

ナビ「男ちゃんの本当の父親やない。」

「っ!…おいおい何を言い出すんだ!俺は里の生まれで…」

ナビ「まぁまぁ。まずはそっからやな。」

ナビ「これからウチらの本当の生まれ故郷に行くで。」

ナビ「その場所が失われるその時へな。」

「俺の本当の生まれ故郷…」

ナビ「そ。今から20年前の」カチッ

ガタンッブロロロ…

ナビ「北西の小さな村。」

ブロロロ…キキッ

ナビ「よぉ見とって。」

カッ…バヒューーーーーン…


120 : 以下、名... - 2018/04/27 11:29:02.83 nRtd3ZTwO 119/754



ゴォォォォ…パチッパチッ


<おい!はよ逃げぇ!!

<がはっ!煙の勢いが…!

<誰か!まだ子供がおる!!


ブワァァァァ…!


「ここは…」

ナビ「20年前、この北西の小さな村は焼失した。」

ナビ「この前の里ん時と同じ、勇者と魔王の戦闘の巻き添え食ぅてな。」

ナビ「殆どの村人が亡くなったんやけど、ウチらは奇跡的に助かった。」

ナビ「気ぃ失っとったおかげで煙をあんまり吸い込まんで済んだんや。」

ナビ「ほら、あれ見て。」


121 : 以下、名... - 2018/04/27 11:30:39.89 nRtd3ZTwO 120/754



<いややー!おとん!おかん!

<来い!とりあえず安全な場所まで逃げるで!



「おじさんが小さな子供を…!」

「おい!あれが俺なのか!?」

ナビ「ちゃうで。よぉ聞いてて。」



<うぅ…おとん…おかん…

<お…とこくん…



「っ!!!…今俺の名前を…」

ナビ「今燃えとぉあの家が、ウチらの本当の生家。」

ナビ「今おっちゃんに助け出されたあのちびっ子はな、女さん。」

「女!?女だって!??」

ナビ「今ウチらはまだあの家ん中におんねん。」

ナビ「炎に巻かれて、逃げようにもどっちがどっちかも分からんよぉになって」

ナビ「ウチらの両親は亡くなった。」

「そ、そんな…」ガクガク

ナビ「隣に住んでた女さんは、ウチら家族がまだ家の中におるのに気がついて」

ナビ「助け出そうとしたんや。」


122 : 以下、名... - 2018/04/27 11:34:39.27 nRtd3ZTwO 121/754

「女が…」

ナビ「でも無理やった。そらそうやろ?ちびっ子一人でどうにかなる訳ないやん」

ナビ「アホな女さん。」クスクス

「な、お前、笑って…?」ゾクッ

ナビ「なぁ男ちゃん、こっから見てても始まらんわ。」

ナビ「話聞いとぉだけじゃ実感できひんやろ?今あん中におる男ちゃんの意識に繋げるから。見てきて。」

「あ、あの中に!?」ガクガク

ナビ「だいじょーぶやて。これは記憶の世界やねんから」ケラケラ

ナビ「ほな行ってきて。」スッ

「おい待てっ!」グワン…グワングワン


123 : 以下、名... - 2018/04/27 11:36:55.11 nRtd3ZTwO 122/754



ゴォォォォ…ブワァァァァ…!

「…っく!」パチ

「熱っ!ここは…暖炉の中か…!」

ゴォォォォ…パチッ!パチッ!!

「煙がひど…えほっげほっ!」

「何とかここから逃げなきゃ…通れそうな場所h ガシャーン!

「!!っくそ!閉じ込められたっ」ガンガンッ

「ダメだ、頭がぼーっとしてくる…煙を吸ったせいか…」クラクラ

「誰か気付いてくれ…俺はまだここに…あっ!」

「瓦礫の隙間から人影が見える…あれが女か…!」

「…げほっげほっ!声を出そうにもこの煙じゃ…!」ハァハァ

「頼む…気付いてくれ…」ギュッ

ブワァァァァ…!


124 : 以下、名... - 2018/04/27 11:38:11.83 nRtd3ZTwO 123/754



「このままじゃ死ぬ…助からない」クラクラ

「あ、おじさんが女の手を」

「行かないでくれ…俺を」

「俺を置いて行かんとってくれ…」

「お願いや…誰か…!!」



<くん…! おとこくん…!



ゴォォォォ…!!

「うぅ…もう…あかんか」パタッ

「頼む…一人に…せんと…って」ポロポロ



キラッ …パァァァァ


「光が…なんや、へへ、お迎え、か…」ポロポロ


ブワァァァァ…!!



125 : 以下、名... - 2018/04/27 11:43:06.34 nRtd3ZTwO 124/754

パチンッ

「!!!」ビクッ

ナビ「はーいおかえりちゃーん♪」

ナビ「どうやった?って聞くまでもないか」ケラケラ

「…うぅ」ポロポロ

ナビ「怖かったやろー?しんどかったやろー??」ニヤニヤ

「…っ」グシグシ

ナビ「ウチらはあのまま気ぃ失って、あのすぐ後軍の救助隊に助け出された。」

ナビ「両親が亡くなって、天涯孤独の身になってもうたんやけど」

ナビ「そんなウチらを女さん共々引き取ってくれたんが、里の親父さん達やったっけワケ。」

「…なんで、お前…ずっと…」ポロポロ

ナビ「言わんかったかって?せやからウチも忘れててんもん」アハハ

ナビ「ホンマに思い出してたくなんてなかった。」

ナビ「でもあの時、里の炉が燃え上がったのを見て」

ナビ「ぜーんぶ思い出してもた。」


126 : 以下、名... - 2018/04/27 11:43:44.06 nRtd3ZTwO 125/754

ナビ「燃え盛る炎の熱」

ナビ「煙で喉が焼かれる痛み」

ナビ「暖炉の中に閉じ込められて」

ナビ「誰も助けてくれへんかって」

ナビ「女さんの姿が見えたけど」

ナビ「呼んどぉ声も聞こえたけど」

ナビ「こっちの声なんか届くはずもなくて」

ナビ「そのうちに連れて行かれてもぉて」

ナビ「また一人取り残されて」

ナビ「痛くて」

ナビ「熱くて」

ナビ「怖くて」

ナビ「悲しくて」

ナビ「寂しくて」

ナビ「…。」キュッ


127 : 以下、名... - 2018/04/27 11:44:18.79 nRtd3ZTwO 126/754

ナビ「分かったかいな?これがウチらの本当n」「すまなかった!」ダキッ

ナビ「ちょ!ちょっと男ちゃん!こんなとこでアカンよぉ…///」カァァッ

「お前一人に苦しい記憶を押し付けてしまって…俺…」ポロポロ

ナビ「…えぇんやで。」ナデナデ

ナビ「ウチこそ怖い思いさせてごめんな。」ナデナデ

ナビ「でもな?ほんまは知ってもらえて嬉しいねん。」ナデナデ

ナビ「知ってもらいたかってん。」

ナビ「ウチずっと…独りぼっちやったからぁ…うぅ」グスッ

「…。」ポロポロ

ナビ「男ちゃぁん…ウチ…怖かった…」ポロポロ

ナビ「さびしかったよぉぉぉ」ポロポロ

「…。」ギュッ

ナビ「うわぁぁぁあん…!!」ポロポロ


128 : 以下、名... - 2018/04/27 11:45:09.36 nRtd3ZTwO 127/754

ナビ「ぐすっ。ごめんな。」グシグシ

「いいんだ、好きなだけ吐き出してくれて」

ナビ「…うん、もう大丈夫。」ニコ

ナビ「さて男ちゃん、しゃんとしよか。」トントンッ

「…あぁ」スッ

ナビ「たぶんな、女さんはこの時の事を今も引きずってると思う。」

「女が?」

ナビ「ウチらを助けられへんかった、それどころか置いてってしもた」

ナビ「その思いにずぅーっと縛られとぉと思うねん。」

ナビ「赦してあげられるのは男ちゃんだけや。」

「赦すも何も俺は…」

ナビ「ウチらはそうかも知れんけど、女さんにとってはそうじゃないねん。」フルフル

ナビ「だから戻ったら言うてあげて?もう自分を責めんといてって。」

ナビ「もう自分を赦してあげてって。」

ナビ「そう言うてあげて?いや、ちゃうな。」

ナビ「そう言うてあげよ?一緒に。」ニコ

「…あぁ、分かった」


129 : 以下、名... - 2018/04/27 11:52:01.98 nRtd3ZTwO 128/754

-王立アカデミー 研究室-



パァァァァ…

修道女「…っく…!」ビリビリ

「(リンクが始まってかれこれ30分)」

「(転移魔法…それも人間の精神を実質二人分扱うという情報量)」

「(それに高度な幻惑魔法を複合した詠唱で、魔法石とのリンク状態を保ち続けている…)」

「(伊達に修道院の選り抜きじゃない…この人、只者ではないわ)」

「(でも、さすがに)」

修道女「…っ!はぁ…はぁ」ビリビリ

パァァァァ…

「加勢するわ」スッ…パァァァァ

修道女「!?お、女さん転移魔法を!?」

「あなたのような高度で大出力の詠唱は到底出来ないわ」

「せいぜいあなたの魔力を補ってあげる位かしら…っく!」ビリビリ

「すごい魔力消費ね…私一人じゃ5分と保たないわ」ビリビリ

「でも、少しは足しになるかしら?」

修道女「大助かりです!ありがとうございます!!」ビリビリ

「それにしてもその底無しの魔力…あなた一体何者なの?」

修道女「…じ、自分でもよく分からないんですよね」ヘラッ

「どういう事?」

修道女「…。」ニコッ


130 : 以下、名... - 2018/04/27 11:52:43.63 nRtd3ZTwO 129/754

修道女「ある日の朝、礼拝堂の入り口に揺り籠が置かれていて」

修道女「私はその中で寝息を立てていました」

修道女「そのまま修道院に引き取られた私は、シスター長さんの実の娘として育てて頂いたのです」

「…辛い話をさせたわね、許して頂戴」

修道女「い、いえいえ!」ブンブン

修道女「…今のは、私が親に捨てられた話ではなく」

修道女「愛のある方に見つけて頂き、育てて頂いたという話」

修道女「私が、この世界から確かな愛をもらったという話なのです」

「…!」

「…愛、ね」

修道女「す、すみません!一応宗教家の端くれなものでこんな口調になってしまうのです」アセアセ

「いいのよ。素敵なお話だったわ」

「聞かせてくれてありがとう」

パァァァァ…


131 : 以下、名... - 2018/04/27 11:54:18.14 nRtd3ZTwO 130/754

パァァァァ…

修道女「…女さんも一緒ですよ」ビリビリ

「?どういう事かしら」ビリビリ

修道女「なんとなく分かります、目を見れば」

修道女「女さんにもきっと誰かの愛が注がれているはずです」

修道女「誰だって同じです、気付いていないかも知れませんが…」

「…私に愛される資格なんてあるのかしら」ボソッ

修道女「?」

「何でもないわ、それより中の様子はどうなのかしら」ビリビリ

「だんだんキツくなってきたわ…」フゥ

修道女「ですね…上手くいってると良いのですが…っく!」ギリッ

パァァァァ…


132 : 以下、名... - 2018/04/27 11:55:00.09 nRtd3ZTwO 131/754

…さん…なさん…!

「!この声は!」

<女さん!ウチやで!

「ナビちゃん!」

<心配かけてごめんなさい!ウチはもう大丈夫やでー!

「そう…良かったわ」ホッ

<これから男ちゃんがそっちに戻るで!

<受け止めたってー!

修道女「す、すごい…!本当に魔法石の中に人の心が…!」

<んー?おねーさんだれー?

<まぁええか!ほなよろしくー!


133 : 以下、名... - 2018/04/27 11:57:21.63 nRtd3ZTwO 132/754

パァァァァ…バシュンッッ!!

修道女「…っく!はぁぁぁぁ…」パタッ

「ちょっと!大丈夫!?」ダキッ

修道女「さ、さすがに疲れましたぁ…」グッタリ

「見事にやり遂げたわね、大したものだわ」

「お疲れ様、ありがとう」ニコッ

修道女「え、えへへ…やったぁ」ニヘラ

「…ん」パチ

「男くん!」


134 : 以下、名... - 2018/04/27 11:57:57.00 nRtd3ZTwO 133/754

「やぁ、どうにか帰って来たよ」フラ

「一時は焼け死ぬかと思ったけどな」ハハッ

「…っ!!」

「その話はあいつが戻ってから、な」

「それよりその人大丈夫か?」

「…かなり消耗しているわ、常人じゃそれこそ干からびる程の魔力を使い続けたのだから」

修道女「zzzz」スゥ…スゥ

スッ

「初めて会ったけど、感謝しています」

「あなたの力が無かったら、俺達は自分を取り戻せなかった」

「本当にありがとう」ペコッ

修道女「zzzz」スゥ…スゥ…ニコッ


135 : 以下、名... - 2018/04/27 12:11:53.83 nRtd3ZTwO 134/754

-夕刻 王都 市街地-


ブロロロ…

同僚「…なげーーーよwwwwwww」

同僚ナビ『あらそうですか?今日の配送はもう終わりでしてよ?』

同僚「つかスレタイ詐欺じゃねww魔法はともかく運送業どこいったwwww」

同僚ナビ『またわけの分からない事を…おや?事務所からですわ』ピピッピピッ

カチャ

同僚「おつかれサマンサwww」

配車係「…またわけの分からない事を」

同僚「んだよノリわりぃなwwどったの無線なんてwww」

配車係「ノリって…実は一件飛び込みで集荷の依頼がありまして」

同僚「でたでたww早く帰れると思った時に限ってこれだwww」

配車係「まぁそう言わないで下さいよ、なにしろ同僚さんご指名の依頼で」


136 : 以下、名... - 2018/04/27 12:12:46.77 nRtd3ZTwO 135/754

同僚「俺指名ってマジかwww指名料取っていーのww?」

配車係「その辺はご本人と話して下さい、協会は関知しませんので」フフッ

同僚「ご本人?あぁ荷主って事かww」

配車係「荷主というか…まぁとにかく向かって下さい、積み地は王立アカデミーですので」

同僚「了解しまくりですwww」カチャ

同僚ナビ『珍しいですわね、同僚さんご指名の集荷依頼なんて』

同僚「つーか初めてじゃねww時代がようやく俺に追いついたかwww」

同僚ナビ『…まぁキャラはともかく、ドライバーとしてのスキルは私も認めておりますわ』

同僚ナビ『私としても誇らしいですわね』ニコ

同僚「だろwwwんじゃまー行きますかwwww」

ブォン!ブロロロ…


137 : 以下、名... - 2018/04/27 12:14:25.00 nRtd3ZTwO 136/754

-1時間後 王立アカデミー正門-


修道女「…。」

同僚「…。」

修道女「ど、どーも」

同僚「まwたwお前wかwww」

同僚「しかし集荷なんてどったのwwしかもこんな所でwww」

同僚「あ、あれかwwさてはイケないおクスリでも製造して運ばせようってかwww」

修道女「…。」チョイチョイ

同僚「あん?で、荷物ってどれよww」

修道女「わ、私です…荷物」アハ

同僚「」

修道女「ダメ…ですかね?」ジッ

同僚「」


138 : 以下、名... - 2018/04/27 12:15:24.27 nRtd3ZTwO 137/754

-王都 街道-


ブロロロ…

修道女「先日は誠に申し訳…」フカブカ

同僚ナビ『…顔を上げてくださいまし』ハァ

同僚ナビ『まぁお酒が入ってらしたのなら仕方ない…といえる範疇を超えてましたが』ジトッ

修道女「うぅ…」ビクビク

同僚ナビ『男さんとナビちゃんの一件、大変ご尽力いただいたとか』

同僚ナビ『ナビ(あの子)の友人としてお礼申し上げますわ』

同僚「俺からも言わせてくれ」

同僚「あいつらの為に頑張ってくれて、ありがとな」ニカッ

修道女「い、いえいえ」ニコッ

同僚ナビ『まーこれで前回の暴言についてはチャラにして差し上げますわ』

修道女「よ、良かったです…」ホッ


139 : 以下、名... - 2018/04/27 12:16:04.85 nRtd3ZTwO 138/754

同僚「それにしても集荷依頼って何だよwww」ケラケラ

修道女「あ、あのその…」モジモジ

修道女「男さんとナビさんの事、同僚さんには一番先に伝えたくて…」

同僚「そーゆー事ねwwそういや連絡先とか知らんもんなwww」

修道女「それに…真っ先に会いたかったし」ボソッ


140 : 以下、名... - 2018/04/27 12:16:39.69 nRtd3ZTwO 139/754

同僚ナビ『!』ピコーン

ササッ

同僚ナビ『(そういう事ですの?あなたも変わったご趣味を…)』ごにょごにょ

修道女「(そ、そうですかぁ?や、優しい所もあるんですよ?)」ごにょごにょ

同僚ナビ『(そこはまぁ分かりますが…とにかくそういう事なんですのね?)』ごにょごにょ

修道女「(どうやらそういう事みたいです…何しろこんな気持ち初めてで)」ごにょごにょ

ごにょごにょごにょごにょ


141 : 以下、名... - 2018/04/27 12:18:06.98 nRtd3ZTwO 140/754

同僚ナビ『何でもありませんわ』シレッ

同僚ナビ『それより同僚さん、今回の件では修道女さんに大きなご恩があるのですから』

同僚ナビ『ここはひとつお礼の席でも設けて差し上げては如何でしょう?』

同僚「名案キタwwww素敵じゃないのwww」

同僚ナビ『男さん達の復帰祝いもありますしね』

同僚「お前さん頑張ってくれたしなwwみんなでぱーっとやるべwww」ポンポンッ

修道女「///」カァァッ

修道女「は、はい!ぜひ!」


142 : 以下、名... - 2018/04/27 12:18:34.69 nRtd3ZTwO 141/754

同僚「協会(うち)の連中には俺から声掛けておくからよww」

修道女「お、お願いしちゃっていいんですか?」

同僚「まwかwせwろwww」ビシッ

修道女「じ、じゃあお願いしますね!」

同僚「おうよwwあ、そしたらお前さんの連絡先も聞いとくかww」

修道女「は、はい!」カキカキ

同僚ナビ『(まずは連絡先交換、次は大人数で…そこから徐々に距離を縮めて…)』

同僚ナビ『(いける…黄金パターンですわ)』ニヤリ


143 : 以下、名... - 2018/04/27 12:25:14.62 nRtd3ZTwO 142/754

-後日 王都酒場街-


[BAR REQUIEM]

カランカランッ…

先輩「全員揃ったな」

同僚「おっけwそれじゃ始めますかww」

<乾杯!カチンッ…

同僚「ぷはwやっぱ一杯目はこれよねww」ぐび

「そういえば今日は全員エールなんだな」

「今回の功労者である修道女さんに敬意を表して、ね」ごく

修道女「な、なんだかすみません」アセ

同僚「でもこれ普通に美味いからなww」

先輩「修道女ちゃん達が製造したエールを、俺達運送屋が各地に運んで」

「こうして色々な人の手に渡るわけか」

「なんだか感慨深いな」グビ


144 : 以下、名... - 2018/04/27 12:26:00.23 nRtd3ZTwO 143/754

「あ!いけない忘れる所だったわ」

「修道女さん」チラッ

修道女「は、はい!」ごそごそ

コトリッ…

同僚「んー?何だそのデカい魔法石はww易でも立てようってかwww」

「修道女さんに情報転移魔法のコツを教えて頂いたの」パァァァァ

修道女「今日の主役の登場です!」パァァァァ

ナビ『やっほーみんな?』ピョンッ

「おぉ!」

同僚ナビ『私もおりましてよ』スッ

同僚「お前もかwww」


145 : 以下、名... - 2018/04/27 12:26:43.49 nRtd3ZTwO 144/754

「ナビちゃん達のインストールされている本物の魔法石は協会の備品だから」

修道女「彼女達のデータだけを情報転移魔法で連れて来たんです」

先輩「また規則ギリギリな事を…」

「まぁいいじゃないですか、始末書なら私が」

先輩「配車係の奴には黙っておくよ、ともかくこれで本当に全員揃ったわけだな」

同僚「それでは改めましてww」コホン

<乾杯!カチンッ…


146 : 以下、名... - 2018/04/27 12:29:45.12 nRtd3ZTwO 145/754

修道女「本当に良かったです、男さんとナビちゃん…」シミジミ

同僚「過去との再会ねーw」

先輩「辛い記憶だとしても、今になって取り戻せたのならそれは何か意味のある事なんだと思う」

先輩「これからのあいつらの人生において、な」

修道女「む、無駄なものなんかないですよね!」ダンッ

先輩「だな、親父さんも喜ぶだろうよ」

同僚「あれ?先輩あいつの親父さんと知り合いなんすか?www」

先輩「直接面識はないけど、俺は元々軍出身だから」カランッ

先輩「親父さんの噂…伝説に近いな、そんな話はよく聞いたよ」


147 : 以下、名... - 2018/04/27 12:30:39.43 nRtd3ZTwO 146/754

同僚「伝説wwwやっぱ只者じゃなかったかwwwあ、俺マッカランをロックでwww」

先輩「俺も同じのを。そうだな…何てったって先代勇者一行の一人だからな」グイッ

修道女「せせせ先代勇者一行!!?」

同僚「話がインフレし過ぎて一般庶民の俺にはついていけねぇwwwww」

先輩「俺だって同じさ、軍を抜けて今はただの運送屋」

先輩「世界の命運なんざ雲の上の話だ」

先輩「でも、修道女ちゃん程の能力があれば軍からも声が掛かりそうなもんだが…あ、何飲む?」

修道女「わ、私なんて全然っ!あ、アマレットジンジャーをお願いします」


148 : 以下、名... - 2018/04/27 12:32:18.74 nRtd3ZTwO 147/754

同僚「ホントかなーwww女ちゃんが大絶賛してたぜ?お前さんの事www」

修道女「…な、ない訳でもなかったんですけど」アセ

同僚「やっぱなwww」

同僚「で?断っちまったのかwwwまぁシスターが軍の仕事出来ねぇわなwww」

修道女「ぎ、逆です」

先輩「逆?」

修道女「わ、私元々が孤児ですからね」ヘラッ

修道女「今はシスター長さんの娘という事になっていますけど」

修道女「軍の偉い方にそういうの気にされる人がいたんじゃないですかね…なんて」ハハ

先輩「…お役所って感じだな、出自なんざどうだっていい事だろうに」ハァ

同僚「全くふざけた話ですね、今のコイツには何の関係もねぇのに…」チッ

修道女「(あ、草生えてない)」

修道女「ま、まぁ私としては何か皆さんの力になれるならいつでも!って感じですので!」

修道女「困った事があったら言って下さいね?」ニコッ


149 : 以下、名... - 2018/04/27 12:32:59.93 nRtd3ZTwO 148/754

先輩「ありがとな。まぁ詠唱に関する事だと、女あたりがまた世話になるかも知れん」

先輩「その時はよろしくな」ニコッ

修道女「は、はいです!」ビシッ

先輩「さて、んじゃそろそろ行きますか」スクッ

同僚「あれ先輩帰るんすかwww」

先輩「ちょっと他の奴とも話してくるのさ、まぁ…邪魔者は退散すっから」コソッ

先輩「(上手い事やれや、ジェントルマン)」ニヤ

修道女「?」

同僚「かーっwwwみんなそういうの好きねぇwwww」


150 : 以下、名... - 2018/04/27 12:35:53.78 nRtd3ZTwO 149/754

ナビ『どーちゃん久しぶりやんか!』ハイタッチ

同僚ナビ『ふふっ元気そうで安心しましたわ』ハイタッチ

ナビ『心配かけてごめんな?』

同僚ナビ『いいんですのよ、無事に戻ってらっしゃったなら』フルフル

ナビ『色々あって引き篭もってもぉてんけどな』

ナビ『男ちゃんが来てくれてん!』ニコニコ

同僚ナビ『聞きましたわ』

同僚ナビ『元々男さんの中にあった過去の記憶が』

同僚ナビ『コピーされるのではなく、ナビ(あなた)の側にそっくり移動してしまっていた…』

同僚ナビ『そういう解釈でよろしいかしら?』


151 : 以下、名... - 2018/04/27 12:37:02.75 nRtd3ZTwO 150/754

ナビ『そぉなんよー、何でそんな事になったかよぉ分かれへんねんけど』ウーム

ナビ『よっぽど辛かったんやろな、男ちゃん』

同僚ナビ『その時、男さんはまだ2歳位でしたのでしょう?』

同僚ナビ『深い心の傷となるのも頷けますわ』

ナビ『でもな?男ちゃんは来てくれてん』

ナビ『わざわざ見たくもない過去の記憶と向き合ぅて』

ナビ『ウチにだけ押し付けられへんからって』

ナビ『正直ね、嬉しかったんよ』


152 : 以下、名... - 2018/04/27 12:37:41.97 nRtd3ZTwO 151/754

同僚ナビ『優しい人ですね』ニコッ

ナビ『せやろー!?ホンマ大好きやわぁ男ちゃん♪』ピョンッ

同僚ナビ『…あなたって人は』

ナビ『で、どーちゃんは最近どうなん?同僚ちゃんと上手くやっとぉ??』

同僚ナビ『私達は相変わらずですわ』フッ

同僚ナビ『彼と私は良い意味でのビジネスパートナー』

同僚ナビ『彼のドライバーとしての能力を認めこそすれ、特別な感情を抱いたりは致しませんわ…が』


153 : 以下、名... - 2018/04/27 12:38:29.73 nRtd3ZTwO 152/754

ナビ『が?なになに??』グイッ

同僚ナビ『実は最近同僚さんにも…』ひそひそ

ナビ『ほんまかいな!あ、あの修道女さんって人!?』ワクワク

ナビ『同僚ちゃんもたゆんたゆん好きやかんなー』ケラケラ

同僚ナビ『むっ…いえ実は、彼女の方からなのですわ』ひそひそ

ナビ『まーじーでー!?』ノケゾリー

ナビ『やるやん同僚ちゃん!隅に置けへんなー!』ニシシッ

ナビ『で?どーちゃん的にはその辺どぉ思ってるん??』わくわく

同僚ナビ『そうですわねー』ウーム


154 : 以下、名... - 2018/04/27 12:39:26.03 nRtd3ZTwO 153/754

同僚ナビ『彼女は修道女らしく、慈愛に満ちた素敵な方だとお見受けしますわ』

ナビ『ほうほう』

同僚ナビ『詠唱士としての能力も高く、将来的な事を考えても悪くないお相手かと』

ナビ『えーやんべた褒めやん!』キャッキャ

同僚ナビ『ただし…』

ナビ『ただし??』



<バカルディ!店にあるだけ持ってきて!!

<なんちってwww



同僚ナビ『…あれさえ無ければ』ハァ

ナビ『あららー絶好調やんなぁ』


155 : 以下、名... - 2018/04/27 12:41:01.31 nRtd3ZTwO 154/754

ガララッ…

「バーにテラス席とは珍しいわね」

「夜風が気持ちいいな」ストンッ

「私はブルームーンを」

「エールおかわり」


<乾杯 カチンッ…


156 : 以下、名... - 2018/04/27 12:41:34.39 nRtd3ZTwO 155/754

「…見てきたのね」

「あぁ、あの村が消えるその日をな」

「…今更私から何も言う事は出来ないわ」フルフル

「あの時の事が、まだ小さかったあなたの心をどれだけ傷つけたか」

「私は生涯自分を赦す事は出来ないと思う」

「何も出来なかった自分を」

「それどころか、あなたを置き去りにしt男「もうさ、やめにしないか?」

「男くん…」


157 : 以下、名... - 2018/04/27 12:42:32.49 nRtd3ZTwO 156/754

「俺さ、あの時の記憶を追体験してきて」

「確かに怖かった」

「誰にも見つけてもらえずに、ただ死ぬのを待つしかないってのは」

「今思い出しても震えるよ」

「…っ」ギュッ

「でもな?そんな状況で、女だけは俺を助けようとしてくれた」

「必死になって俺の名前を呼んでくれた」

「あの時の俺にも、それはちゃんと聞こえてたんだぜ?」

「っ!だけどっ…!私はっ…!」

「あの時は気付けなかった女の優しい心に、今回の一件でやっと気付けた」

「ずっと苦しませてごめん」ペコッ

「それ以上に、助けてくれようとしてありがとうな」ニコッ

「…っっ!!男くん…」ジワッ


158 : 以下、名... - 2018/04/27 12:43:05.33 nRtd3ZTwO 157/754

「女が自分を赦せなくても、俺は女を赦すよ」

「それどころか、今は感謝の気持ちでいっぱいだ」

「だから、な?少しずつでいいから」

「女は女自身のこと、赦したってくれへんかなぁ…?」ポンポン

「うぅ…男くん…」グスッ

「ごめんな…ほんまに…」ポロポロ

「えぇて。もう過ぎた事やんか」ナデナデ

「うぅ…あぁ…」ポロポロ


159 : 以下、名... - 2018/04/27 12:43:41.08 nRtd3ZTwO 158/754

ナビ『どーちゃんとの恋バナに夢中になって出遅れたけど』コソッ

ナビ『男ちゃん、しっかり伝えてくれたみたいやな』ウンウン

ナビ『…でも、あの頭ポンポン』ジトッ

ナビ『やっぱりちびっと妬けるわ…』ムムム


160 : 以下、名... - 2018/04/27 12:44:56.73 nRtd3ZTwO 159/754

-深夜 王都酒場街-


「今日は皆さんありがとうございました」ペコッ

ナビ『ました』ペコッ

同僚「いーって事よwwwパーっとやるいい口実だったわwwww」

同僚ナビ『またそんな憎まれ口を…』

先輩「明日から復帰だろ?気合い入れていけよ」

ナビ『まかしてーな!ウチらは最強のコンビやで♪』フンス

ナビ『な!男ちゃん!』クルッ

「あぁ、これからもよろしく頼むぞ」

先輩「それじゃここらで解散とするか。みんな気をつけてな」フリフリ

同僚「おつかれさんでしたーwww」

「みんなおやすみなさい」


161 : 以下、名... - 2018/04/27 12:46:46.75 nRtd3ZTwO 160/754

「先輩さん」タッタッ

先輩「お、どうだ気分は」

「えぇすっかり、ご心配お掛けしました」

先輩「なぁに、男が付いてたんだから安心してたさ」スッ

シュボッ…

「…先輩さん」

先輩「?」スゥ…

「一本頂いても?」

先輩「あぁ構わねぇよ、ほい」スッ

先輩「えぇと火は」ごそごそ

「ここにあるじゃないですか」グイッギュッ

先輩「お、おいおい」

ジジッ…ポワッ


162 : 以下、名... - 2018/04/27 12:47:30.91 nRtd3ZTwO 161/754

スゥ…フゥゥ

先輩「シガーキスなんざ初めてだ…」ポリポリ

「私もです」

「…お嫌でしたか?」ジッ

先輩「うっ…全く女心ってのは分からんもんだなぁ」ポリポリ

「ふふっ」スパァァ


163 : 以下、名... - 2018/04/27 12:49:00.45 nRtd3ZTwO 162/754

第1部完となります
ありがとうございました



剣と魔法と運送業【第ニ部】

記事をツイートする 記事をはてブする