1 : 以下、名... - 2018/05/05 19:24:39.48 zjqAvrC50 1/16

女上司「ちょっとあなた! こっちに来なさい!」

部下A「は、はい……」

女上司「これはどういうこと? 私に相談しないで進めて、こんなにこじれさせちゃって……」



同僚「……お、始まったぞ」

「……」

元スレ
男「上司の飲みの誘いを断る方法を教えて下さい」女上司「それ私に聞いちゃうんだ?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1525515879/

2 : 以下、名... - 2018/05/05 19:25:28.76 zjqAvrC50 2/16

女上司「分からないなら、ちゃんと聞けっていったでしょ!?」

女上司「あなたの独断なんか誰も求めてない! 勝手に動くなんて五年早いわ!」

部下A「申し訳ありません……!」



女上司「あなた、顧客のニーズを全然掴めてないじゃない! なんのためにいつも訪問してるの!」

部下B「ですが、聞いてもなかなか教えてくれなくて……」

女上司「バカ正直に尋ねたって教えてくれるわけないでしょ!? もっと工夫しなさい!」



部下C「この件は、競合他社も手強いですし……」

女上司「なに弱気なこといってるの! あなたには執念が足りないのよ!」

女上司「狙った獲物は逃さないって……執念がね!」

3 : 以下、名... - 2018/05/05 19:27:30.92 zjqAvrC50 3/16

女上司「まぁったく! 指示待ちどころか、どいつもこいつも指示すらこなせてない!」

女上司「私の部下は揃いも揃って無能揃いだわ!」



同僚「こえ~……」

同僚「あの人、美人で有能だけど、あれじゃ絶対結婚はできないよな。旦那は地獄見るぜ」

同僚「って、こんなこといったら、今じゃセクハラで訴えられちまう」

「……」

4 : 以下、名... - 2018/05/05 19:28:45.72 zjqAvrC50 4/16

――

女上司「ふぅ、今日はこんなところかな」

「あのー」

女上司「あら男君、なに?」

「質問があるのですが」

「上司からの飲みの誘いを断る方法を教えて下さい」

女上司「それ私に聞いちゃうんだ?」

「はい」

5 : 以下、名... - 2018/05/05 19:29:56.32 zjqAvrC50 5/16

女上司「うーん……そうねえ」

女上司「上司だって人の子、きっぱり断られたらそうそう無理に誘えるもんじゃないわ」

「なるほど」

女上司「しかも“見たいテレビ番組がある”みたいなしょうもない理由で断られたら」

女上司「こいつは付き合い悪いキャラなんだなって認識されて、もう誘われなくなるんじゃない?」

「ありがとうございます」

6 : 以下、名... - 2018/05/05 19:30:57.66 zjqAvrC50 6/16

――

「あのー」

女上司「どうしたの?」

「上司から家に誘われた時の断り方を教えて下さい」

女上司「またこの手の質問? まぁいいけど……」

7 : 以下、名... - 2018/05/05 19:32:18.89 zjqAvrC50 7/16

女上司「きっぱり断ること、という点では前と同じだけど……」

女上司「“門限があります”とでもいってやったら?」

「しかし、それだと泊まっていけという話になるのでは?」

女上司「そこで、“ママに怒られちゃうんです”っていってやるのよ」

女上司「そしたら、上司もこいつマザコンかよ……ってドン引きよ」

「よく分かりました、ありがとうございます」

8 : 以下、名... - 2018/05/05 19:34:14.15 zjqAvrC50 8/16

――

「聞きたいことがあるんですが」

女上司「話してみなさい」

「上司からホテルに誘われた時は、どう断ればいいでしょうか?」

女上司「どういう状況なのよ、それ……まぁ、答えてあげるけど」

9 : 以下、名... - 2018/05/05 19:36:13.67 zjqAvrC50 9/16

女上司「ホテルってことは、ようするにその上司はそういうことをしたいのよね?」

「そうなりますね。肉体関係を築きたいのでしょう」

女上司「だったらこういってやりなさい」

女上司「あなたの体には欲情しないので無理です、って」

女上司「こんだけはっきりいわれたら、さすがにホテル行く気なんて失せるわよ」

「参考にさせて頂きます」

10 : 以下、名... - 2018/05/05 19:37:41.03 zjqAvrC50 10/16

――

「あのー」

女上司「なにかしら?」

「もし上司から求婚されたら、どのように断ればよろしいでしょうか?」

女上司「……」

11 : 以下、名... - 2018/05/05 19:39:38.59 zjqAvrC50 11/16

女上司「上司ってことは、あなたより年上でしょ?」

「年下のケースもありますが、一般的にはそうなりますね。私の想定も年上です」

女上司「だったら、こういってやることね」

女上司「年上に興味はない、ってね」

「承知しました。お時間を取らせてすみませんでした」

女上司「……」

12 : 以下、名... - 2018/05/05 19:42:01.32 zjqAvrC50 12/16

――

「あのー」

女上司「またあなた?」

女上司「今度はなにを聞くつもり?」

「いえ、今日は質問はしません」

女上司「あらそうなの。だったらなんの用?」

13 : 以下、名... - 2018/05/05 19:44:03.00 zjqAvrC50 13/16

「今日はなんの用事もないですし、僕はテレビも見ませんし、二人で飲みに行きましょう」

女上司「え……!」

「その後は、僕の部屋に来て下さい。一人暮らしですし、両親からは完全に自立してます」

女上司「なに、なんなの?」

「ホテルにも行きましょう。僕はあなたの体にいつも欲情してるんです」

女上司「……っ!」

「そして、結婚しましょう。僕は年上が大好きなんです」

女上司「!!!」ドッキーン

14 : 以下、名... - 2018/05/05 19:46:14.13 zjqAvrC50 14/16

女上司「はうぅ……!? なぜ、あなた、私もこうも的確に口説けるの……!?」

女上司「ドキドキが止まらないわ……!」

「僕はあなたの指示を忠実に守ったまでです」

「あなたをどう口説けばいいのか分からないから、あなたにちゃんと聞きましたし」

「バカ正直に質問してもあなたが答えてくれるわけないので」

「“もし僕が誘われたらどう断るべきか”という体で、あなたからあなたの考えを引き出し」

「“その逆をやる”という戦略を取りました。工夫したわけです」

女上司「うぐぐっ、いつも私が教えてることだわ……」

「加えて――」

15 : 以下、名... - 2018/05/05 19:46:49.68 zjqAvrC50 15/16

「僕は、狙った獲物は逃さない」

女上司「……!」ドキドッキーン

「この執念は、誰にも負けません」

女上司「ううっ……」ドッキンキーン

「結婚しましょう」

女上司「……はい」

16 : 以下、名... - 2018/05/05 19:48:06.15 zjqAvrC50 16/16

女上司「やられたわね。私としたことが、みごとに落とされたわ」

「あなたの指示が的確だったからですよ」

女上司「……優秀すぎる部下も困りものね」










~END~

記事をツイートする 記事をはてブする