【艦これ安価】提督「艦娘が妊娠した」
【艦これ安価】提督「艦娘が妊娠した」(後半)
の続き
【艦これ安価】提督「艦娘が妊娠した」 その2
【艦これ安価】提督「艦娘が妊娠した」 その2(後半)
【艦これ安価】提督「艦娘が妊娠した」 その2.5
【艦これ安価】提督「艦娘が妊娠した」 その2.5(後半)
【艦これ安価】提督「艦娘が妊娠した」 その3.5
【艦これ安価】提督「艦娘が妊娠した」 その3.5(後半)
【艦これ安価】提督「艦娘が妊娠した」 その4.5


453 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/15 19:39:03.80 IrMgSucL0 2040/2807

ーーーーーー病院

提督「今日は春風のところからお見舞いをしてやろう」

提督「姫ちゃんとは結局あまり会えなくなったらしいからな…」

提督「落ち込んでいるのなら、少しでも元気付けてやろう」

コンコン

提督「春風、入るぞ」

下3 部屋の様子を

456 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/15 19:48:08.60 dqDOA/Gm0 2041/2807

電ちゃんが入院中に書いた創作ノートを読み漁る春風と霞がいる

457 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/15 19:57:43.25 IrMgSucL0 2042/2807

春風「司令官様、こんにちは」

「あら、司令官じゃない」

提督「霞も居たのか。何をしてたんだ?」

春風「これを読んでたんです」スッ

「電の書いた創作ノートよ」

提督「いつか見たあれか…面白いのか?」

春風「私は面白いと思います」

「司令官も読んでみたらいいじゃない。ちゃんと読んだことはないんでしょ?」

提督「そうだな、なら読んでみるか。どれどれ……」

下3 創作ノートの内容を

458 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/15 20:00:30.93 oTMB2LgE0 2043/2807

電と提督の愛と涙のラブストーリー

461 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/15 20:19:26.79 IrMgSucL0 2044/2807

「提督と電のラブストーリーよ」

春風「愛と涙の……感動ものです」

提督「そのようだな……」

「主人公の提督のことをお父さんって呼んでるのは多分私ね」

春風「友達の同性愛者は多分私です」

提督「主人公の元彼女が龍驤で、ヒロインが電…か」

「素人が書いた創作ものとしては面白いわよ。それに…ところどころノンフィクションが混ざってるから、そういう意味でも面白いわ」

提督「どのことを言っているんだ…?」

下3 実際にあったとされる場面を

464 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/15 20:31:35.85 cycl9LMB0 2045/2807

主人公が妙な機械を使って人々の懺悔を聞き問題解決に奔走している

465 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/15 20:39:23.30 IrMgSucL0 2046/2807

「主人公が妙な機械を使って人々の懺悔を聞き問題解決に奔走している…なんて、あれに決まってるじゃない」

提督「懺悔ライトのことか…」

春風「思えば、あのライトのおかげで姫ちゃんとこうなれたんですよね…司令官様、ありがとうございます」

提督「俺は礼を言われる筋合いはない。春風と姫ちゃんが頑張ったからだ」

春風「……はい!」

「私は確か、司令官の下着を穿いてるのがバレたのよね?」

春風「霞さんがですか!?」

「あの頃は司令官のことが異性として好きだったのよ。今は違うけど……ねぇ司令官、あれから懺悔ライトは持ち歩いてるんでしょ?」

提督「あぁそうだ」

「なら今春風に使ってみてくれない?少し気になるのよ」

春風「ええっ!?」

提督「まぁ春風のことだから大したことはないだろうが…」ペカー

春風「下3」

下3 春風の台詞を

468 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/15 20:41:38.79 1rjfUgdzo 2047/2807

姫ちゃんとラブラブすぎてごめんなさい

470 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/15 21:03:13.12 IrMgSucL0 2048/2807

春風「姫ちゃんとラブラブすぎてごめんなさい…」

「やっぱり姫ちゃん関連だったわね」

提督「二人のラブラブ度は色々吹っ切れてるんだよなぁ…」

春風「お風呂で抱き合って洗うのはもう止めたした…」

「はっきり言うけどあれは異常だったわよ?抱き合いながら二チャ二チャペチャペチャ……洗う時間より抱き合ってる時間の方が長かったじゃない」

春風「お風呂だと…汚れてもよかったので…」

提督「それ以外にも、こんな報告ももらっていたな」

「それってどんなの?」

提督「下3」

下3 春風と姫ちゃんがやらかしたことを

473 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/15 21:19:50.11 cycl9LMB0 2049/2807

今まで行った様々な種類の相性占いの全てで最高の相性であるという結果が出た

474 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/15 21:32:38.24 IrMgSucL0 2050/2807

提督「今まで行った様々な種類の相性占いの全てで最高の相性であるという結果が出たらしいな」

「あら、それは凄いじゃない」

提督「聞いて俺もびっくりだったよ。余程二人の相性はいいらしいな」

「まぁ元は一人の同じ存在だから当然かもね」

春風「…………」

「…で、なんで春風はあんな表情をしてるの?」

提督「それはな、占いの結果を喜んだ二人がだな…」

「……何かしたっていうのね」

下3 春風と霞の行動を

476 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/15 21:39:59.52 IrMgSucL0 2051/2807

すいません春風と姫ちゃんの二人です
安価はここから下2でお願いします

478 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/15 21:47:04.40 dqDOA/Gm0 2052/2807

鎮守府のつけで数多の艦娘たちを呼んで飲めや歌えの大宴会を開いた

479 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/15 21:55:17.91 IrMgSucL0 2053/2807

提督「鎮守府のつけで数多の艦娘たちを呼んで飲めや歌えの大宴会を開いたんだ」

春風「その節は…大変申し訳なく……」

「まだ実費ならわかるけど、鎮守府のツケでなんて…」

提督「ちなみにあの費用は俺が払っておいた。流石に鎮守府のツケでは無理だったようだからな」

春風「えっ!そんな……」

「どうせ飲兵衛の連中も混ざってきて、とんでもない値段だったんじゃないの?」

提督「それなりに、な。だが普段二人には世話になっているからな」

春風「そんな……私、知らなかったんです…」

「鎮守府のツケ払いしてたんだから、提督が払うのも意味は一緒じゃないの?」

春風「違うんです!鎮守府のツケにしておけば、月々のお給料から引かれるって…」

提督「あぁ、それも俺が断っておいた。春風は何も心配しなくていいぞ」

春風「そんな……司令官様にはお礼をしなければ…」

「別にいいんじゃない?司令官がいいって言ってるんだから」

春風「いえ、私の気が済みません!こうなれば姫ちゃんと……」

下3 春風の台詞を

482 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/15 22:03:58.14 oTMB2LgE0 2054/2807

身体を使って返します!(健全)

483 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/15 22:09:16.24 IrMgSucL0 2055/2807

春風「身体を使って返します!!」

提督「おいおい、俺には電が…」

春風「そういう意味ではありません!姫ちゃんとローソンで頑張って働きます!」

「健全な意味な方で身体で返すってことね」

春風「はい、今ローソンの夜勤はずっとせんちゃんが頑張ってくれています。でも、私も姫ちゃんも頑張って夜勤をやります!」

提督「無理はしなくていいんだぞ?二人の子どものこともあるだろう?」

春風「いえ、できる範囲でやらせてもらいます!」

「でも本当にできるの?せんちゃんによると夜勤ってほとんど人が来ないのよ?夜中店で二人っ切り…我慢できる?」

春風「下2」

下2 春風の台詞を

485 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/15 22:13:22.87 VjFpXAcYO 2056/2807

色々やり方はあるのでぇ…

486 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/15 22:29:12.41 IrMgSucL0 2057/2807

春風「色々やり方はあるのでぇ…」

「やらないって選択肢はないのね…」

提督「ある意味逞しいな…」

春風「だって……」

提督「そういえば今の時点でも五月雨と江風から苦情というか…意見が来ていたな」

「二人のいちゃつく音がうるさいってやつね」

春風「だって……」

提督「まぁ…仲が悪いよりはいいだろう」

コンコン

看護師「失礼します、春風さんに手紙を持ってきました」

春風「ありがとうございます!」

提督「姫ちゃんからか。どんな手紙が来てるんだ?」

下2 姫ちゃんからの手紙の内容を

488 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/15 22:34:41.79 cycl9LMB0 2058/2807

子供の名前の相談

489 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/15 22:42:14.14 IrMgSucL0 2059/2807

春風「子供の名前の相談…ですね」

提督「二人で相談して決めているのか」

「私も色々と考えなきゃなぁ…」

春風「今の時点でお互いに候補はあるんですけど、まだ確定はしてなくて…」

提督「どんな名前なんだ?何かいいアドバイスができるかもしれん」

春風「下1、3」

下1 春風がつけようとしている名前
下3 姫ちゃんがつけようとしている名前を

490 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/15 22:44:53.03 j8spJJRHO 2060/2807

春姫

492 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/15 22:47:38.36 VjFpXAcYO 2061/2807

風花

493 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/15 22:54:49.30 IrMgSucL0 2062/2807

春風「私は…春姫です」

提督「春風と姫ちゃんの子どもだから春姫か。悪くないんじゃないか?」

「ええ、良いと思うわ」

春風「ありがとうございます。姫ちゃんは風花…という名前を付けたいみたいなんです」

「名前事態悪くないけど、どうしてその名前なのかしら?」

提督「確かに、何か理由があるんだろうか?」

春風「あっ、丁度理由も書いてました。えっと……」

下2 姫ちゃんの理由を

495 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/15 23:00:26.88 oTMB2LgE0 2063/2807

春風の花のようにいい匂い

496 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/15 23:18:20.86 IrMgSucL0 2064/2807

春風「春風の花のようにいい匂い…だかららしいわ」

提督「なるほど、そこから風花か」

「素敵な名前ね…二人とも」

春風「そういえば霞さんはまだ何も考えていないんですか?」

「一応…考えてはいるけど…」

春風「よければ聞かせてくれませんか?」

「下2」

下2 霞の台詞を

498 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/15 23:28:34.07 HmR4bgLDO 2065/2807

瑞雲(みつくも)

499 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/15 23:40:20.62 IrMgSucL0 2066/2807

「瑞雲って書いてみつくも…とか」

春風「やはり瑞雲なんですね…」

「しょうがないじゃない!それしか思い付かなかったんだから!」

提督「読みは悪くないんだがな…」

「……本当はね、お父さんとお母さんに付けてもらおうと思ってたの」

提督「俺…?」

「うん……」

提督「俺でいいのか?」

「お父さんとお母さんしか考えられないから」

提督「…わかった、電と考えておく」

春風「…そろそろ姫ちゃんに返事を書かないと」

「…なんて書くの?」

春風「そうですね…」

下2 姫ちゃんへの手紙の内容を

500 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/15 23:45:24.33 oTMB2LgE0 2067/2807

近くて遠い貴女へ
早く貴女の温もりを感じたい

502 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/16 00:05:49.99 bJDu+KYA0 2068/2807

春風「近くて遠い貴女へ…早く貴女の温もりを感じたい……と」

「考えてみたら、二人は辛いわよね…」

提督「まだ素直に遠距離な方がまだ我慢できるな」

春風「……姫ちゃんはあそこにいるんです。入院する前は毎日会えてたのに…」

「頑張りなさいよ、会えないのは今だけなんだから」

春風「はい…」

提督「姫ちゃんの代わりにはなれないかもしれないが、似たようなことはできるかもしれん。遠慮なく頼ってくれよ?」

春風「じゃあ……一つだけいいですか?」

「ええ、大丈夫よ」

春風「下2」

下2 春風の台詞を

504 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/16 00:38:26.29 Nnw6ElJ8o 2069/2807

時々話し相手になってください

505 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/16 00:44:19.07 bJDu+KYA0 2070/2807

春風「時々話し相手になってください」

「なんだ、それくらいいつでも相手になってあげるわよ」

提督「あぁ、俺達でよければな」

春風「ありがとうございます、これで少しでも気晴らしになります」

「そりゃあ一番いいのは姫ちゃんと会うことなんでしょうけど…」

提督「今は耐えてもらうしかない」

春風「わかってます……はぁ…」

「考え方次第よ、何事も」

511 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/16 20:26:24.22 bJDu+KYA0 2071/2807

ーーーーーー

提督「今日は姫ちゃんのところへ行ってみるか。一般病棟はあまりウロウロしない方がいいんだがな…」

提督「春風はなんだかんだ言って姫ちゃんと文通しているだけでもなんとかなっているようだが、果たして姫ちゃんはどうだろうな」

コンコン

提督「姫ちゃん、入るぞ?」

下3 部屋の様子を

514 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/16 20:29:55.49 Bgu7iZQLo 2072/2807

せんちゃんが来てた

516 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/16 20:50:58.47 bJDu+KYA0 2073/2807

戦艦棲姫「提督か、こんにちは」

駆逐古姫「電の部屋じゃなくて、こっちに来たのか?珍しいな」

提督「戦艦棲姫も来てたのか。いや、姫ちゃんの様子が気になったから、見にきたんだよ」

駆逐古姫「私はまあ、それなりに元気だ」

提督「そのようだな。春風のことで落ち込んでいるかと思ったんだ」

戦艦棲姫「私もそう思ったから、姫ちゃんの悩みを解消してやろうとやって来たんだ」

提督「ほう、どんな方法で解決するんだ?」

戦艦棲姫「下3」

下3 戦艦棲姫の台詞を

519 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/16 21:04:23.95 yJvz5c6yO 2074/2807

秋雲に古姫×春風の本をたくさん描いてもらった

520 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/16 21:10:39.79 bJDu+KYA0 2075/2807

戦艦棲姫「秋雲に古姫×春風の本をたくさん描いてもらったんだ」

駆逐古姫「早く!早く見せてくれ!」

提督「凄い食いつきだな」

駆逐古姫「秋雲の描く本は素晴らしいんだ。それに私と春風のを描いてくれたとなれば…!」

戦艦棲姫「慌てるな、今渡してやるから」

下3 秋雲が描いた本の内容を

523 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/16 21:13:40.63 KcMvW+bT0 2076/2807

春風と姫ちゃんが日々ラブラブな生活を送っている内容
だが最後の方のページで春風が提督に寝取られてることを示唆するシーンがある

525 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/16 21:38:08.80 bJDu+KYA0 2077/2807

戦艦棲姫「パッと見ただけだが、春風と姫ちゃんが日々ラブラブな生活を送っている内容だ」

駆逐古姫「おぉ……これは凄く濃厚な…」

提督「せんちゃんも姫ちゃんのことを考えてくれていたんだな」

戦艦棲姫「あれだけ毎日一緒だったのに、急に離ればなれになったんだ。不安もあると思ったんだ」

駆逐古姫「…………」

提督「どうだ、その本はよかったか?」

駆逐古姫「…このページを見てくれないか?」

提督「なになに……」

戦艦棲姫「……最後のページ、なんで無意味にゴミ箱が映ってるんだ?」

提督「いや、これは…ゴミ箱に使用済みのコンドームが…」

戦艦棲姫「ちょっと待て、状況的に考えると……」ペラペラ

提督「……俺が…春風を寝取った……?」

駆逐古姫「…………」

提督「ま、待て姫ちゃん。これは本の中の内容でな…」

駆逐古姫「下3」

下3 駆逐古姫の台詞を

528 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/16 21:42:13.12 F51rk7TVO 2078/2807

いやこれは私のふたなりものだな

530 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/16 21:59:29.68 gVo2CEumO 2079/2807

駆逐古姫「いやこれは私のふたなりものだな」

提督「え?」

駆逐古姫「これは……私のものなんだ…」

戦艦棲姫「現実逃避を始めたようだな」

提督「おいおい!他に姫ちゃんが喜びそうな本はないのか?」

戦艦棲姫「ならこれはどうだ?」

下3 本の内容を

533 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/16 22:04:28.20 LCjx9mbf0 2080/2807

ビッグマグナム三郎(2㍑ペットボトル程の大きさ)を手に入れたふたなり春風が古姫をぐっちゃぐちゃに犯す本

534 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/16 22:18:34.49 bJDu+KYA0 2081/2807

戦艦棲姫「ビッグマグナム三郎を手に入れたふたなり春風が古姫をぐっちゃぐちゃに犯す本だ」

提督「えらくハードだな…春風についてるの、2メートルはあるぞ?」

駆逐古姫「そんな…春風……そんなのは私の中に入らない…」

戦艦棲姫「だが姫ちゃんは喜んでいるようだな」

提督「…そのようだ」

駆逐古姫「ダメ……そんなの…」もじもじ

戦艦棲姫「……少し刺激が強かったか?」

提督「……姫ちゃん?」

駆逐古姫「下3」

下3 駆逐古姫の台詞を

537 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/16 22:23:22.50 COVCjElNo 2082/2807

ちょっと一時間ほどトイレに行ってくる…

538 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/16 22:36:39.80 bJDu+KYA0 2083/2807

駆逐古姫「ちょっと一時間ほどトイレに行ってくる…」

提督「お、おい……」

戦艦棲姫「大丈夫なのか?」

駆逐古姫「一人でするくらい大丈夫……」ガチャ

提督「ちゃっかりと本も持っていったな」

戦艦棲姫「そもそも一時間もかかるものなのか?」

提督「さぁ……」

戦艦棲姫「私は一人ではしないし……」

提督「……そうなのか…」

戦艦棲姫「…………やっぱり姫ちゃんの様子を見てくる」

提督「あぁ…」

ーーーーーートイレ

戦艦棲姫「…ここか?姫ちゃん、大丈夫か?」

駆逐古姫「下3」

下3 駆逐古姫の台詞or行動を

541 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/16 22:41:54.48 KcMvW+bT0 2084/2807

だ…大丈夫だ!決して本を丸めて突っ込んでたりなんかしないぞ!

542 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/16 22:46:48.42 bJDu+KYA0 2085/2807

駆逐古姫「だ…大丈夫だ!決して本を丸めて突っ込んでたりなんかしないぞ!」

戦艦棲姫「…本を丸めて突っ込むとは中々ハードだな」

駆逐古姫「な…なんでそれを…?」

戦艦棲姫「相変わらず嘘が下手だな…」

駆逐古姫「ぐっ…………いつまでもそこに居ないでくれ、続きができない!」

戦艦棲姫「…随分と辛いようだな」

駆逐古姫「当たり前だ!春風に会えないのがどんなに辛いか…!」

戦艦棲姫「なら…今だけ、私を春風だと思ってみないか?」

駆逐古姫「なに?」

戦艦棲姫「無理に、とは言わない。ただ姫ちゃんが辛そうなのは見たくないんだ」

駆逐古姫「下3」

下3 駆逐古姫の台詞or行動を

545 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/16 22:51:08.83 w5Tmf791O 2086/2807

春風を裏切ることはできない

547 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/16 23:04:48.30 bJDu+KYA0 2087/2807

駆逐古姫「春風を裏切ることはできない」

戦艦棲姫「そうか、ならこの話は忘れてくれ」

駆逐古姫「あぁ……私のことが心配なら、外でまっていてくれるか?」

戦艦棲姫「…そうさせてもらう」

ーーーーーー

駆逐古姫「……」トコトコ

戦艦棲姫「…もういいのか?」

駆逐古姫「下2」

下2 駆逐古姫の台詞or行動を

549 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/16 23:10:27.78 yJvz5c6yO 2088/2807

抱きついてきた

551 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/16 23:46:32.96 bJDu+KYA0 2089/2807

駆逐古姫「……」抱き

戦艦棲姫「どうしたんだ?」

駆逐古姫「こうしたかったんだ……」

戦艦棲姫「……そうか、ここなら誰も見ないだろう」

駆逐古姫「……私は春風を裏切れない」

戦艦棲姫「さっきも言っていたな」

駆逐古姫「だが……せんちゃん…お前なら……」

戦艦棲姫「私がお前達の仲を壊せというのか?」

駆逐古姫「……」

戦艦棲姫「…下2」

下2 戦艦棲姫の台詞or行動を

553 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/16 23:49:51.42 GJ/Z5FDy0 2090/2807

流石にこれ以上の修羅場は、色々な意味で御免だ

555 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/17 00:08:56.82 c3Xh2cDa0 2091/2807

戦艦棲姫「流石にこれ以上の修羅場は、色々な意味で御免だ」

駆逐古姫「お前、そんなに修羅場を抱えているのか?」

戦艦棲姫「いや、提督を見ていたらわかるだろう?」

駆逐古姫「確かにそうだな」

戦艦棲姫「しかしお前が春風以外にも靡こうとするとは…」

駆逐古姫「も、元はと言えばお前が言い出したんだろ!?」

戦艦棲姫「下2」

下2 戦艦棲姫の台詞を

557 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/17 00:12:45.08 HPaIpPw3o 2092/2807

あの状況で見捨てるような事は言わないさ

558 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/17 00:42:55.31 c3Xh2cDa0 2093/2807

戦艦棲姫「あの状況で見捨てるような事は言わないさ」

駆逐古姫「……ありがとう」

戦艦棲姫「人間の世界というのは、よくわからない。ここで私がお前を襲えば、私は悪者になり、お前は被害者だ」

駆逐古姫「逆に、私がお前と関係を持てば、私が裏切り者で、お前は被害者だ」

戦艦棲姫「することは同じなのに……な」

駆逐古姫「これが人の心や感情というものなのだろうか?」

戦艦棲姫「いや…それとは違う、私達には難しい問題だ」

駆逐古姫「春風と幸せになるには、これを考えなければいけないのか」

戦艦棲姫「これくらいなんとかなるだろう?あの深海の総攻撃に比べたら…」

駆逐古姫「…すまん、私はせんちゃんを盾にしてたから、そんなに修羅場じゃないんだ」

戦艦棲姫「……あれは死を覚悟したぞ」

駆逐古姫「本当にすまない……」

562 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/17 19:29:59.91 AOo7lmotO 2094/2807

提督「……いくらなんでも少し遅いな」

提督「姫ちゃんは一時間と言っていたが、せんちゃんが見にいったからすぐに帰ってきてもおかしくない」

提督「二人で話し込んでいるのか、それとも何かあったのか…」

提督「……様子を見てこよう」

ーーーーーー

提督「多分このトイレに向かったと思うんだが…ん?」

下3 提督が見たものを

563 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/17 19:33:44.81 PdVmO1wdO 2095/2807

春風の魅力を熱弁する姫ちゃんと段々春風にお熱になってくる戦ちゃん

566 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/17 19:44:55.89 c3Xh2cDa0 2096/2807

駆逐古姫「だからな、春風は存在そのものが尊いんだ」

戦艦棲姫「ふむふむ」

駆逐古姫「息をするだけでも愛しいし、春風が私を見るだけで今だにドキドキするんだ」

戦艦棲姫「そんなに…なのか?」

駆逐古姫「そうだ、春風と一緒の部屋にいるだけで、一緒の空気を吸っているという事実。春風の体内から出た空気が…私の中に……」

戦艦棲姫「…」ゴクリ

提督「二人とも、こんなところで何をしてるんだ?」

駆逐古姫「提督か。いや、ちょっと色々あってせんちゃんに春風の良さを語っていたんだ」

提督「そうなのか……うん?せんちゃんどうした?」

戦艦棲姫「下3」

下3 戦艦棲姫の台詞を

569 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/17 19:57:13.66 CySwEHJD0 2097/2807

他の鎮守府の春風を紹介してくれ

570 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/17 20:16:09.89 c3Xh2cDa0 2098/2807

戦艦棲姫「提督、他の鎮守府の春風を紹介してくれ」

提督「他の鎮守府の!?」

戦艦棲姫「提督の鎮守府の春風はもう姫ちゃんのものだ。だから他のところの春風を紹介して欲しい」

提督「うーん…六提督に頼めばできないこともないが…」

戦艦棲姫「なら是非頼む!」

提督「しかし…お前のことをどうすればいい?まさか深海棲艦が会いたがってるとは言えないだろう?」

駆逐古姫「それは私にいい考えがある」

戦艦棲姫「なんだ?是非教えてくれ」

駆逐古姫「下3」

下3 駆逐古姫の台詞を

573 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/17 20:27:22.61 W8W6WbvFO 2099/2807

かっさらってしまえばいい

574 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/17 20:40:26.80 c3Xh2cDa0 2100/2807

駆逐古姫「かっさらってしまえばいいんだ」

戦艦棲姫「……なるほど」

提督「なるほどじゃない!そんなことをしたらどうなるか…!」

駆逐古姫「なに、本当にかっさらうわけじゃない」

戦艦棲姫「どういうことだ?」

駆逐古姫「……心を奪ってしまえばいいのさ」ドヤァ

提督「カッコつけてるかもしれんが、全然カッコよくないぞ」

駆逐古姫「一度言ってみたかったんだ」

戦艦棲姫「……わかった、試してみよう」スタスタ

提督「おい……」

駆逐古姫「せんちゃんは大丈夫だ、うまくやるだろう」

提督「そうなのか…?」

575 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/17 20:45:03.37 c3Xh2cDa0 2101/2807

ーーーーーー数日後、執務室

ポーラ「今日はお見舞いには行かれないんですね~」

提督「あぁ、イベントも進めておきたいからな」

ポーラ「今回は難しそうです~」

提督「イベントは難しいものさ」

ーーーーーー

提督「……ふぅ、少し休憩するか」

ポーラ「お疲れ様です~お茶でも入れますか?」

提督「あぁ頼む。俺はLチキでも買ってくるよ」

ーーーーーー鎮守府ローソン

五月雨「いらっしゃいませ~」

提督「おう五月雨、Lチキをくれないか?」

五月雨「はい、かしこまりました!」

提督「……そういえばせんちゃんはどうしたんだろう?少し覗いてみるか…」チラッ

下3 戦艦棲姫の様子を

578 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/17 20:48:20.84 Y4b7Ncfh0 2102/2807

ブラ鎮から遠征帰りの所の艦隊を襲撃・殲滅して攫った春風を説得中

585 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/17 21:04:29.04 c3Xh2cDa0 2103/2807

戦艦棲姫「~~~~」

春風「~~~~」

提督「あれは春風?まさか…!」

五月雨「そうなんです…せんちゃんが突然どこからか春風ちゃんをお持ち帰りしてきて…」

提督「なにをやってるんだあいつは!」

提督「おいせんちゃん!」

戦艦棲姫「あ、提督……」

提督「その春風を……?」

下3 春風の様子を

588 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/17 21:08:43.97 9JL2q9pCO 2104/2807

せんちゃんに心酔している

592 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/17 21:19:39.58 c3Xh2cDa0 2105/2807

春風「せんちゃんさぁん…」トロォン

戦艦棲姫「よしよし…」

提督「…随分とせんちゃんに懐いているようだな?」

戦艦棲姫「そうなんだ…実はな…」

春風「あなたがこちらの司令官様?これからお世話になります」

提督「おいおい…」

戦艦棲姫「どうも前に居た鎮守府がとんでもないところだったらしくてな。遠征部隊が殲滅してしまったんだ」

春風「そんな時にせんちゃんさんに声を掛けてもらって…私、せんちゃんに一目惚れだったんです!」

戦艦棲姫「だから持ち帰ってきたんだが…」

提督「ダメに決まってるだろう!」

戦艦棲姫「でもなぁ…遠征部隊を殲滅させたのは春風だし…」

提督「えええぇ!?」

春風「……」

戦艦棲姫「艦娘同士だから轟沈はしてなかったが…」

提督「ど、どういうことだ…?」

春風「下3」

下3 春風の台詞を

595 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/17 21:21:55.24 CySwEHJD0 2106/2807

ちょうど失恋してむしゃくしゃしてまして

597 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/17 21:34:08.73 c3Xh2cDa0 2107/2807

春風「ちょうど失恋してむしゃくしゃしてまして…」

提督「えぇー……」

春風「でも、あの失恋はせんちゃんと出会う為に必要なことだったんです!今はもう大丈夫です」

戦艦棲姫「そうだ、私が可愛いがってやるからな」

春風「はい……」抱き

提督「色々と突っ込みたいところはあるが…春風、せんちゃんの正体は知っているのか?」

春風「なんのことですか?」

提督「せんちゃんはその…深海棲姫…なんだぞ?」

春風「下3」

下3 春風の台詞を

600 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/17 21:36:53.59 PLVTqBrNO 2108/2807

問題なイですよ?

602 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/17 21:44:59.79 c3Xh2cDa0 2109/2807

春風「問題なイですよ?」

提督「そんなものなのか?………ん?」

春風「どうシました、司令官様?」

提督「お前……そんな喋り方だったか?」

春風「私はずっトこうですよ?」

提督「…少し待っていてくれ」

ーーーーーー

清霜「司令官、どうしたの?ローソンに何かあるの?」

提督「お前に見て欲しい奴がいる。清霜としてでは無く…な」

清霜「……なるほど、大体わかったよ」

提督「せんちゃんは春風のことに夢中で周りが見えていない。お前…レ級なら判断できるだろう?」

清霜「そういうことなら任せておいて」

提督「この部屋なんだが…」

下3 再び部屋の様子を

603 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/17 21:47:14.74 UTrVbdpZ0 2110/2807

全体的に白くなり始めた春風とせんちゃんが熱烈なキスをしていた

608 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/17 21:58:37.42 c3Xh2cDa0 2111/2807

春風「せんちゃん……」二チャ…

戦艦棲姫「春風……」ペチャペチャ……

提督「…熱いキスシーンだな。唾液がダラダラと垂れてるぞ」

清霜「あれって春風…?」

提督「そうだ、春風だ。なぜ疑問形なんだ?」

清霜「だって、肌が真っ白だよ……?」

春風「せんチャン……」スウゥゥ

提督「あっ……!清霜、春風はどうなっているんだ!?」

清霜「下3」

下3 清霜の台詞を

611 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/17 22:02:10.91 W8W6WbvFO 2112/2807

負の感情で深海化しかけている

613 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/17 22:13:34.73 c3Xh2cDa0 2113/2807

清霜「負の感情で深海化しかけているね」

提督「轟沈もしないのに深海棲艦になるのか?」

清霜「私も見たことはないよ。でも聞いたことはあるから」

提督「どうすればいいんだ?どうすれば深海化を止められる?」

清霜「……無理に止める必要があるかな?」

提督「なんだって!?」

清霜「あの春風は負の感情が溜まってああなってしまったんだ。それに見てみよ、あの春風の幸せそうな顔を…」

春風「あァ…気持チいィよぉ…」トロ~ン

提督「……」

清霜「それでも深海化を止めたい?それなら方法を教えるけど」

提督「……どうすれば止められる?」

清霜「下3」

下3 清霜の台詞を

616 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/17 22:18:42.58 Wn0aH/IWo 2114/2807

まあバケツぶっかければ戻るよ

618 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/17 22:29:55.97 c3Xh2cDa0 2115/2807

清霜「まあバケツぶっかければ戻るけど」

提督「……そういえば霞もそれで治ってたな」

清霜「轟沈しない深海化は、一種の発作みたいなものだよ。ほら、春風も満足したみたいだよ?」

春風「あっ……んんっ……」ビクンビクン

春風「……はぁ…」スーッ

提督「肌の色が…戻った…」

清霜「提督も知ってるでしょ?エッチになると姫ちゃんの言葉使いが変わって、肌も白くなってたの。あれと同類なんじゃないかな」

提督「それが艦娘の春風にも起こったと…」

清霜「だから結論だけ言うなら、全く問題はないよ。他に問題があるようだけど…」

提督「……そうだ!春風をどうするかだ!」

提督「春風、お楽しみ中すまん。お前は前の鎮守府を抜け出してきた形になるんだろ?その辺はどうするつもりなんだ?」

春風「下3」

下3 春風の台詞を

621 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/17 22:36:08.68 CySwEHJD0 2116/2807

戦ちゃん以外にもう興味はありません。あなたがどうにかして下さい

622 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/17 22:45:07.68 c3Xh2cDa0 2117/2807

春風「戦ちゃん以外にもう興味はありません。あなたがどうにかして下さい」プイッ

提督「お、おい…」

戦艦棲姫「提督、私からも頼む。この春風は手放したくない…」ベタベタ

提督「俺にどうしろって言うんだ……」

清霜「…その鎮守府潰してこようか?」

提督「おいおい、物騒な話はやめてくれ」

清霜「でも春風の居たところって、酷いところだったんでしょ?それくらいされても仕方ないんじゃないかな?」

提督「…………」

提督「……春風、一つだけ質問させて欲しい。お前が居た鎮守府はどんなところだったんだ?」

春風「下3」

下3 春風の台詞を

625 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/17 22:47:54.05 mA9Qkg5i0 2118/2807

艦娘が轟沈したと報告して奴隷として売りに出したり、艦娘は調べられないことをいいことに麻薬密輸に利用したり、そこの提督が悪事の限りを尽くしていた

632 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/17 23:02:23.64 c3Xh2cDa0 2119/2807

春風「艦娘が轟沈したと報告して奴隷として売りに出したり、艦娘は調べられないことをいいことに麻薬密輸に利用したり…悪事の限りを尽くしているんです」

清霜「酷いなそれは…司令官、やっぱり潰さない?」

提督「…………」

清霜「司令官?」

提督「いや、そんな鎮守府聞いたこと無いんだ…」

清霜「だってこれが明るみに出たら大問題なんだよ?表に出るはずがないよ」

提督「いやそうじゃないんだ。俺達の味方を探すために六提督に頼んで近くの鎮守府を調べてもらったことがあるんだ。その時は何も問題はなかった…」

清霜「どういうこと!?」

提督「なぁ春風、それはお前の鎮守府の話で間違いないんだよな?」

春風「下3」

下3 春風の台詞を

635 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/17 23:07:13.73 4L/INtUVO 2120/2807

チッ、さすがにこの程度じゃダメか…

637 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/17 23:20:45.09 c3Xh2cDa0 2121/2807

春風「チッ、さすがにこの程度じゃダメか…」

戦艦棲姫「は、春風…?」

提督「そうだ、提督ってのは無能じゃないんだ。怪しい奴とは付き合おうとは思わないからな」

春風「もう少しでうまくいきそうだったのに…」

提督「遠征仲間を全員倒してまでその鎮守府を抜け出したかったのか?」

春風「ふんっ」プイッ

提督「……春風、こっちを見てくれないか?」ゴソゴソ

春風「…………?」クルッ

提督「春風、お前の目的はなんだ?」ペカー

春風「あぁっ!……下2」

下2 春風の台詞を

639 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/17 23:23:27.34 CySwEHJD0 2122/2807

ごめんなさい本当は提督が女と見るや駆逐艦娘にすら卑猥な事をする変態野郎だったから大袈裟に言って復讐したかったんです

641 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/17 23:35:53.10 c3Xh2cDa0 2123/2807

春風「ごめんなさい…本当は提督が女と見るや駆逐艦娘にすら卑猥な事をする変態野郎だったから大袈裟に言って復讐したかったんです…」

提督「…………」アタマカカエ

戦艦棲姫「どうしたんだ提督?」

提督「その提督なら……覚えがある……」

清霜「本当に!?」

提督「あぁ、あいつは本当に女好きで…それ以外は何も問題はないんだ」

春風「私の、私の神風お姉様をあの提督はぁ!!」

清霜「それって大問題じゃないの!?」

提督「いやそれがな、手を出す女には避妊を欠かさず、甲勲章もいくつも持っている。問題児だが、それ以上に戦果をあげてるからな…」

春風「私はあの鎮守府には帰りません!!せんちゃんと一緒になるんです!!」

戦艦棲姫「なぁ提督、その提督に相談だけでもしてくれないか?頼む…」

提督「せんちゃんに言われると弱いな…わかった、取り敢えず電話をしてみよう」

ーーーーーー

提督「えーっと、番号は……」

下1 コンマ
下2 電話での向こうの反応を

642 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/17 23:37:04.19 5UTR9kaBO 2124/2807


643 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/17 23:37:11.53 UTrVbdpZ0 2125/2807

もーん

647 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/17 23:52:52.18 c3Xh2cDa0 2126/2807

コンマ19 郁提督

「あぁ……そのことなら別にどうでもいいかなぁ」

提督「なんでですか?大事な艦娘なんでしょう?」

「もちろん、でも本人がここに帰りたくないって言うなら、それでいいですよぉ」

提督「……本当にいいんですね?」

「ええ、数日中に書類を送っておきますねぇ。それでは失礼しますぅ」

提督「……はぁ、郁提督は何を考えているかわからない…」

「…………」

提督「……ん?まだ電話が切れてない?……郁提督はそれに気付いていないのか?」

「……」ボソボソ

提督「何か言ってるようだが…」

下2 電話から聞こえてきた会話ん

649 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/17 23:56:24.82 4L/INtUVO 2127/2807

ごめんなみんな、春風はあの提督のとこがいいんだって…うん、多分あの提督ってことは赤ちゃんが欲しかったんだと思うんだ

653 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/18 00:02:50.39 WicghBkY0 2128/2807

「ごめんなみんなぁ、春風はあの提督のとこがいいんだって…うん、多分あの提督ってことは赤ちゃんが欲しかったんだと思うんだぁ…」

提督「ちょっとちょっと!何を言ってるんですか!」

「あらぁ、まだ切れてなかったんですねぇ…」

提督「誤解があるようですから言っておきますけど、春風は私以外に好きな人ができたようなんです!」

「それって誰なんですかぁ?」

提督「それは……!」

提督(しまった、せんちゃんのことは迂闊に口に出せない。だが嘘をつくわけには…)

「どうしたんですかねぇ?」

提督「……下2」

下2 提督の台詞を

655 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/18 00:07:13.19 MJHjbQma0 2129/2807

これから言う事は、他言無用でお願いします

656 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/18 00:16:41.49 WicghBkY0 2130/2807

提督「…これから言う事は、他言無用でお願いします」

「……訳ありですねぇ、わかりました。皆んな、少し部屋を出ていってくれるかい?」

提督「わざわざすいません、実は……」

ーーーーーー

「なるほどねぇ…」

提督「はい、その深海棲艦…ここではせんちゃんという名前なんですが、かなり気に入ったようで…」

「うーん…」

提督「こちらの情報は全て話しました。嘘はありません」

「下2」

下2 郁提督の台詞を

658 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/18 00:21:09.43 R4w7fmZy0 2131/2807

わかりました誰にも言いませんよ(多分ね)

659 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/18 00:33:04.12 WicghBkY0 2132/2807

「わかりました誰にも言いませんよ…多分ねぇ」

提督「他言無用と言ったではないですか!」

「なら、深海棲艦でも紹介してくれませんかぁ?ちょっとそっち方面にも興味があるんですぅ」

提督「そんなこと言われても……いえ、わかりました」

「おぉっ、紹介してくれるんですかぁ?」

提督「えぇ…その人物に書類をそちらへ取りに行ってもらおうと思います」

「それは歓迎ですよぉ!それってどんな娘なんですかぁ?」

提督「そうですね……かなり強いですよ」

「おおぉ~ということはドS?いや、そういう娘に限ってM……」

提督「こちらも約束は守ります。だから郁提督も…お願いしますよ?」

「もちろん!女の子が絡む約束は必ず守りますぅ!それでは楽しみにしてますねぇ~」ガチャ

提督「……あとはあいつに頼むしかないな…」

663 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/18 19:31:00.81 KMH+kHsTO 2133/2807

提督「…というわけで、郁提督のところへ書類を取りに行ってきてくれないか?」

清霜「よりによって私とはね…」

提督「こんなことを頼めるのはお前しかいないんだ。リエータは人間になってしまったし、北方棲姫はもう…見た目がアウトだろう?」

清霜「……まぁ提督にはレ級じゃなくて、清霜として扱ってくれてることに感謝はしてるし。わかった、行ってくるよ」

提督「ありがとう!本当に助かる!」

清霜「でも郁提督のところへ行くからには、100%口説かれるだろうなぁ…」

提督「そこは……うまくかわしてきてくれ。なんなら一回くらいなら…」

清霜「冗談、私はそういうのに興味ないから。じゃあ行ってくるね~」

提督「……何もなければいいんだが」

ーーーーーー

コンコン

清霜「……」ガチャ

提督「おお清霜帰ってきたのか!どうだった?」

清霜「下3」

下3 清霜(レ級)の台詞を

666 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/18 19:44:46.84 UR1JwEelo 2134/2807

あそこの子達は幸せそうだったよ…(遠い目)

667 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/18 20:04:09.64 WicghBkY0 2135/2807

清霜「あそこの子達は幸せそうだったよ…」トオイメ

提督「おぉ?」

清霜「あっ、これ……春風の書類ね…」パサッ

提督「あぁ助かる…」

清霜「じゃあ清霜はこれで…失礼します…」

提督「待ってくれ清霜、お前は向こうで何を見たんだ?」

清霜「下3」

下3 清霜の台詞を

670 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/18 20:15:58.89 x1op7a5H0 2136/2807

いやっ、何股もかけられているのに電のように泣いてる艦娘がいなかっただけでも幸せなのかなぁーと、ギスギスしてたけど

672 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/18 20:20:13.32 WicghBkY0 2137/2807

清霜「いやっ、何股もかけられているのに電のように泣いてる艦娘がいなかっただけでも幸せなのかなぁーと」

提督「……そうか」

清霜「きっとみんなハームレを公認なんだろうね。ちょっとギスギスしてたけど…」

提督「…お前は大丈夫だったのか?」

清霜「えっ、私?」

提督「郁提督のことだ、お前が深海棲艦としって声をかけてきただろう?それはどうしたんだ?」

清霜「それなら…下3」

下3 清霜の台詞を

675 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/18 20:24:36.03 ehob4cc+O 2138/2807

あんまりにもしつこかったから一発ひっぱたいてきた

678 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/18 20:33:42.44 WicghBkY0 2139/2807

清霜「あんまりにもしつこかったから一発ひっぱたいてきたよ」

提督「お前の力で人間をひっぱたいたのか!?」

清霜「大丈夫、今度は手加減したから。もう卯月みたいなことは二度としないよ」

提督「ならいいが…」

清霜「じゃあ私は間宮さんのところで甘い物でも食べてこようかな。提督、ご馳走様~」

提督「あっ、おい……ちゃっかりしてるなあいつは」

プルプルプルプル

提督「んっ、電話か?……もしかして郁提督からか?」

ガチャ

提督「もしもし?」

「提督さんですかぁ?」

提督「やはり郁提督でしたか。清霜いえ……レ級はどうでしたか?」

「下3」

下3 台詞を

681 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/18 20:36:24.43 UR1JwEelo 2140/2807

こわい

683 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/18 20:42:25.41 WicghBkY0 2141/2807

「こわい」

提督「え?」

「深海棲艦怖い…」ガタガタ

提督「そりゃあまぁ…深海棲艦ですから…」

「提督さんはどうやって彼女を手懐けたんですかぁ!?」

提督「手懐けというか…勝手に来たというか…」

「…じゃあこれだけ教えて下さい。提督さんは深海棲艦と関係を持っているかは知れませんが、もし経験があるならぁ…深海棲艦とヤるのってどうなんですかぁ!?艦娘よりイイんですかぁ?」

提督「下3」

下3 提督の台詞を

686 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/18 20:47:53.70 R4w7fmZy0 2142/2807

抜かずに何回も出しました

689 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/18 20:59:08.24 WicghBkY0 2143/2807

提督「抜かずに何回も出しました」

「抜かずに……何回も……?」

提督「その時のことは覚えていないんですが、何回出しても私のモノは萎えることはなかったそうです」

「ぐぅ……羨ましいぃぃ……」

提督「あとこれは別の深海棲艦から聞いたんですが、艦娘のナカより、深海棲艦のナカの方が抜群に良かったとも言っていました」

「ぐおおぉぉ……」

提督「今日はありがとうございました。書類は間違いなく受け取りましたので」

「ま、待って下さい!!」

提督「どうしました?」

「……下3」

下3 台詞を

691 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/18 21:10:15.74 wVloJ8toO 2144/2807

うちの艦娘の具合の方が素晴らしい

694 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/18 21:22:26.26 WicghBkY0 2145/2807

「うちの艦娘の具合の方が素晴らしいですからねぇ!」ガチャン!

提督「…切れてしまった。よほど自分のものにならなかったのがショックだったようだな」

提督「だがこれで晴れて春風はうちの鎮守府に加わることになった。早速報告しに行ってやろう」

ーーーーーー鎮守府ローソン

提督「ここにいるんだよな?せんちゃん、春風?」

提督「おーい二人共……?」

下3 部屋の様子を

696 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/18 21:28:24.07 ehob4cc+O 2146/2807

スタッフルームで濃厚なレズセッ○ス中だった

697 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/18 21:35:16.16 wVloJ8toO 2147/2807

上+春風深海化が進行してた

698 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/18 21:46:43.78 WicghBkY0 2148/2807

戦艦棲姫「んむ……春風ぇ…」

春風「アっ!ソコォ……せンチャん…」グチョグチョ…

提督「またお楽しみ中だったか。春風は前より深海化が進んでいるみたいだな…」

戦艦棲姫「もっと、色んな声を聞かせて……」ピチャピチャ

春風「ヒィいィッ!舌ガッ、ナカにィ……」ピクピク

提督「これは……濃厚な…」

戦艦棲姫「れる……ん、提督か…?」

春風「シレイカン…様?」

提督「あぁ少しお邪魔してるぞ」

戦艦棲姫 or 春風「下3」

下3 どちらかの台詞を

701 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/18 21:57:20.46 RTnhgGRE0 2149/2807

せんちゃん
みろ、春風はこんなにも可愛いぞ

702 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/18 22:04:35.47 WicghBkY0 2150/2807

戦艦棲姫「みろ、春風はこんなにも可愛いぞ」

春風「いヤァ…恥ズかシイ……」

戦艦棲姫「姫ちゃんが春風に夢中になるのもわかるな。これは愛し過ぎる」

春風「そノ姫チャんにハ感謝シないと……そレがなかッたラ私ハせんチャんとは出アッてなかッたカラ…」

提督「そうだ、春風に用事があったんだ。今日郁提督から書類をもらってきた。これで春風はうちの鎮守府所属になるぞ」

戦艦棲姫「本当か!提督、感謝する!」

提督「春風もあとで書類を書きに来てくれよ?」

春風「下3」

下3 春風の台詞を

705 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/18 22:11:27.84 ehob4cc+O 2151/2807

コれでセンちゃんとずっとイッしょ…
おっと人前にいくなら戻らないと

706 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/18 22:36:37.97 WicghBkY0 2152/2807

春風「コれでセンちゃんとずっとイッしょ…おっと人前にいくなら戻らないと…」

提督「自分でコントロールできるのか?」

春風「はい、なんだか慣れてしまいまして…」

提督「じゃあせんちゃん、春風は借りていくからな」

戦艦棲姫「早く戻ってきてくれよ…?」

春風「わかってるわせんちゃん…」

提督「さぁ、執務室へ行こう」

ーーーーーー執務室

提督「ふぅ、帰ってきたぞ…と」ガチャ

「司令官さん、待っていたのです」

提督「おぉ……電か」

「はい、また雷ちゃんの体を借りているのです」

提督「俺に急ぎの用事か?」

「違うのです、別の春風ちゃんが着任してくると聞いて、詳細が気になったのです」

提督「そのことか。この春風が新しくここに所属するとこになった」

春風「はい、えっとあの……?」

提督「気になるところは多いかもしれんが、また後日詳しく説明する」

春風「はい…」

「なら春風ちゃんに質問なのです。下3」

下3 電の台詞を

711 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/18 22:44:59.33 R4w7fmZy0 2153/2807

あなたはこの司令官さんの命令に従い命をかける事ができますか?

712 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/18 22:55:16.78 WicghBkY0 2154/2807

「あなたはこの司令官さんの命令に従い命をかける事ができますか?」

春風「……」

「あなたがここに来た理由は詳しくは知らないのです。でも、ここに来るということは司令官さんが絶対的な上司になるのです」

提督「それはもちろんだ」

「春風ちゃん、それは大丈夫ですか?司令官さんの為に命をかけて戦えますか?」

春風「下3」

下3 春風の台詞を

714 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/18 22:58:02.93 A+glOWGA0 2155/2807

恩人ですから当たり前です

716 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/18 23:19:56.73 WicghBkY0 2156/2807

春風「恩人ですから当たり前です」

「……なのですか」

春風「それくらいの覚悟はしてきています。どんなに辛い任務でも、私にはせんちゃんがいるから…」

「それは大丈夫なのです。司令官さんは遠征ばっかりなので、どちらかというと物足りないかもしれないのです」

提督「電の質問はこれで終わりか?」

「はい……ちょっと待って欲しいのです……」

「春風ちゃん、先に来ていた春風ちゃんから質問だそうなのです」

春風「えっ?どこにいらっしゃるんですか…?」

「細かいことは置いといて質問なのです、下2」

下2 妊娠してる春風からの質問を

718 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/18 23:33:20.75 wVloJ8toO 2157/2807

せんちゃんの子どもほしいですか?

719 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/18 23:37:32.89 WicghBkY0 2158/2807

「せんちゃんの子どもほしいですか?…という質問なのです」

春風「でも、私とせんちゃんは女の子同士なんですよ?」

「その事は置いておいて、欲しいか欲しくないかを聞いているのです」

春風「せんちゃんの…子ども…」

「もし何かかが起こって妊娠したとして…あなたにはその覚悟はあるのですか?」

春風「下2」

下2 春風の台詞を

722 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/18 23:45:18.59 Gu0hWfLmO 2159/2807

みんなを傷つけてまでここに来たんだ、覚悟がどうとかじゃなくどんなことでも受け入れないなんて選択肢はない

724 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/19 00:01:54.66 HmDJG1Yr0 2160/2807

春風「みんなを傷つけてまでここに来たんです、覚悟がどうとかじゃなくどんなことでも受け入れないなんて選択肢はありません」

「…あなたの覚悟、受け取ったのです」

春風「ありがとうございます」

「司令官さん、秘書艦のサインのところは電が書くので書類をここまで持って来て欲しいのです」

提督「わかった、ならその時に春風も連れて行くことにしよう」

「了解なのです。それでは司令官さん、また明日なのです…………」

「まさか春風がそこまでの覚悟を持ってここまで来てたなんて…びっくりしたわ」

春風「えっ……えぇ?人格というか…人が違うような…?」

提督「あぁ春風、これはだな…」

春風「まさか…下2」

下2 春風の台詞を

726 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/19 00:06:51.52 dMPzY3HWo 2161/2807

二重人格?

727 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/19 00:32:01.32 HmDJG1Yr0 2162/2807

春風「二重人格ですか?」

提督「いや、そうじゃないんだ」

「そうね……司令官、いきなりスタンドって言っても信じるかしら?」ヒソヒソ

提督「信じられないだろうな…なら直接見てもらおう。霞の瑞雲も見てもらうのが一番早いだろう」ヒソヒソ

「わかったわ……そういうことだから春風、全ては明日明らかになるわ!」ビシッ

春風「は、はぁ…」

提督「…すまん、言葉では説明しにくいんだ」

春風「じゃあもういいんですね?早くせんちゃんのところへ戻らないと…」テクテク

「司令官、あの春風も一途なのね」

提督「春風という艦娘はそういう性格なのか?」

731 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/19 20:36:53.26 IoJ9Wlc0O 2163/2807

ーーーーーー病院

提督「さて、春風には色々と会って欲しい人物がいるんだが、まずは電からだ」

春風「はい、司令官様」

提督「電はある事情で入院してるんだが…まぁ見てもらえばわかるな」

春風「正式な秘書艦さんなんですよね?会うのが楽しみです」

提督「……っと、ここだ。電、入るぞ?」

下3 部屋の様子を

734 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/19 20:46:55.93 JisAj2p/0 2164/2807

部屋は暗くおどろおどろしいBGMが流れている

735 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/19 20:57:30.53 IoJ9Wlc0O 2165/2807

ドロドロドロドロ……

提督「なんだこの部屋は?」

春風「とても暗い部屋ですね…」

提督「前に来た時はこんな音楽は流れていなかったぞ!?」

春風「それより電さんの様子は…」

提督「はっ!そうだ、電は一体どうしてるんだ?」

下3 電の様子を

738 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/19 21:05:45.61 4LFW3LbI0 2166/2807

電が暁を椅子にしてた

739 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/19 21:12:54.02 IoJ9Wlc0O 2167/2807

「司令官さんに新しい春風ちゃん、こんにちはなのです」

「……」

春風「司令官様…この状況はなんなのでしょう……」

提督「お、俺だってわからん…なんで暁が電の椅子になってるんだ?」

「この椅子は座りごこちが悪いのです」ズリズリ

「……」

提督「電、これはどういうことなんだ…?」

「下3」

下3 電の台詞を

742 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/19 21:16:45.12 sl9CXSU9o 2168/2807

勝者の特権なのです!

743 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/19 21:29:39.34 IoJ9Wlc0O 2169/2807

「勝者の特権なのです!」

提督「何か勝負をした結果そうなった…と」

「なのです!負け犬は椅子なのです!」

「…」

提督「じゃあ暁のことはそれでいいだろう。じゃあこの部屋はなんなんだ?」ドロドロドロドロ

「下3」

下3 電の台詞を

746 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/19 21:40:57.05 ytYbKmCzO 2170/2807

こわい部屋でホラー見て先に泣いたら負けゲームの名残なのです

747 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/19 21:45:46.47 IoJ9Wlc0O 2171/2807

「こわい部屋でホラー見て先に泣いたら負けゲームの名残なのです」

春風「ということは暁さんは…」

「……」

「暁ちゃんは怖がりなのです。勝ちは決まってたものなのです」

提督「…そうだ電、春風を連れてきたんだ」

「そうみたいなのですね」

春風「初めまして、春風と申します。これからよろしくお願いしますね電さん」

「下3」

下3 電の台詞を

750 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/19 21:56:24.30 4LFW3LbI0 2172/2807

こちらこそよろしくなのです

751 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/19 22:10:19.75 IoJ9Wlc0O 2173/2807

「こちらこそよろしくなのです」

春風「あの、電さんの体はもしかして…」

「電のことを言う前に見てほしいものがあるのです」

ーーーーーー春風の部屋

駆逐古姫「コソコソここまで来たが、どういうことだ?」

春風「電さんが私達に会わせたい人がいる…と言っていましたが、もしかして…彼女が?」

「そうなのです、彼女が新しく着任する春風ちゃんなのです」

新春風「え、えぇ…?春風さんと、深海棲艦まで妊娠を…?」

「私は司令官さんの子どもを身ごもったのですが、二人はそれぞれの子どもを妊娠したのです」

駆逐古姫「そうだ、この子は間違いなく春風の子どもだ」

春風「そして、この子は…姫ちゃんの子どもなんです」

新春風「下3」

下3 新春風の台詞を

754 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/19 22:17:34.80 JisAj2p/0 2174/2807

なるほど皆さん想像妊娠ですね!

755 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/19 22:24:15.38 IoJ9Wlc0O 2175/2807

新春風「なるほど皆さん想像妊娠ですね!」

春風「え?」

新春風「だってそれしか考えられません。女の子同士で妊娠なんてありえません」

駆逐古姫「このお腹を見ても想像だといえるか?」ペロン

春風「この中には、ちゃんと新しい命があるんです」ボテ腹

「ここにいる三人以外にも、龍驤さんや霞ちゃん。祥鳳も妊娠しているのです」

駆逐古姫「鎮守府にいる連中もまだ何人か妊娠しているのがいるな」

新春風「下3」

下3 新春風の台詞を

758 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/19 22:34:39.06 Nfc06cuiO 2176/2807

つまり…私もせんちゃんの子どもを……
帰らせていただきます!

759 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/19 22:41:27.56 IoJ9Wlc0O 2177/2807

新春風「つまり…私もせんちゃんの子どもを……帰らせていただきます! 」

駆逐古姫「まぁ少し待ってくれ」

新春風「なんですか!こうしてはいられないんです!」

駆逐古姫「春風と違いはあるのかを見ておこうと思ってな」

新春風「どちらも春風なんですから、違いはないと思いますよ?」

春風「どうなの、姫ちゃん?」

駆逐古姫「下3」

下3 駆逐古姫の台詞を

762 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/19 22:46:57.59 ZNJKrE6dO 2178/2807

惚れたぜ…

763 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/19 23:04:00.33 IoJ9Wlc0O 2179/2807

駆逐古姫「惚れたぜ…」

春風「姫ちゃん?」ゴゴゴ

駆逐古姫「はっ!!待ってくれ春風!」

春風「ふんっ、姫ちゃんは春風なら誰でもいいんですね!」

駆逐古姫「それは違う!私が好きなのはお前だ!」

春風「たった今浮気したじゃないですか…」

駆逐古姫「お前もよく見たらわかる!その春風をよく見てみてくれ!」

春風「……」チラッ

新春風「あの……?」

春風「下2」

下2 春風の台詞を

765 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/19 23:09:41.77 uzCsOL8po 2180/2807

まあ同じ春風なんで外見は一緒ですけども

768 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/19 23:25:16.86 HmDJG1Yr0 2181/2807

春風「まあ同じ春風なんで外見は一緒ですけども」

駆逐古姫「外見は一緒だが雰囲気と匂いが違うんだ!」

新春風「匂い…ですか?」

駆逐古姫「春風のは安心するような、ずっと嗅いでいたい匂いなんだがなお前は違う。あえて言うなら淫らな香りというか…」

春風「姫ちゃん、それは失礼じゃ…」

駆逐古姫「なら春風も嗅いでみろ!私の言っていることがわかるはずだ!」

春風「…少し、失礼しますね」クンクン

下2 春風の感想を

770 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/19 23:26:43.16 ZNJKrE6dO 2182/2807

惚れたぜ…

771 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/19 23:36:40.57 HmDJG1Yr0 2183/2807

春風「惚れたぜ…」

駆逐古姫「な?そういう感想になるだろう?」

春風「はっ!……本当ですね…」

駆逐古姫「お前は前の鎮守府では恋人はいなかったのか?」

新春風「はい全く。失恋したくらいですから…」

駆逐古姫「なら考えられるのは深海化か…お前、ここに来るまでにせんちゃんとヤってきたか?」

新春風「うっ……実は、一回だけ…」

駆逐古姫「なるほどな。だったら説明がつく」

提督「深海化するとそうなるのか?」

駆逐古姫「個人差はあるがな。提督はその春風と一緒に来たんだよな?よくも理性を保てたな」

提督「下2」

下2 提督の台詞を

773 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/19 23:44:34.92 sl9CXSU9o 2184/2807

俺をなんだと思ってるんだ

775 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/19 23:49:36.92 IoJ9Wlc0O 2185/2807

提督「俺をなんだと思ってるんだ」

駆逐古姫「浮気を繰り返して電を泣かせるダメ男」

提督「もう浮気はしない!」

「もう……ということは、あれは浮気だと認識していたんですね…」

提督「あっ!ち、違うそうじゃない!」

駆逐古姫「ほらまた泣かせた」

提督「姫ちゃんは少し黙っていてくれ!すまん、少し三人で話していてくれ…」

「う、うぅぅぅ……」ガチャ

駆逐古姫「…三人だけになってしまったな」

新春風「そうですね…私は早く帰りたいんですが…」

駆逐古姫「なら新しい方の春風、一つ質問がある。せんちゃんとヤった感想はどうだった?」

新春風「下2」

下2 新春風の台詞を

777 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/19 23:52:28.12 JisAj2p/0 2186/2807

新世界への扉が開いたようです

778 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/20 00:04:43.48 cGA080os0 2187/2807

新春風「新世界への扉が開いたようです」

春風「具体的にはどんな……?」

新春風「そうですね…あれって貝合わせ?って言うんですよね。せんちゃんさんの全体重が私にかかって…苦しくて…でも、あそこは気持ちよくて……」

駆逐古姫「おぉ……」

新春風「それにキスも凄く気持ちいいんです。初めてした時なんて、キスだけで……」

春風「女の子同士の方が、貴女にとって相性よかったんですね」

新春風「あれは…まさに新世界へ入ったようでした」

駆逐古姫「私と春風はその世界に先に来ている。何か質問があれば受け付けるぞ?」

新春風「なら…下2」

下2 新春風の台詞を

780 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/20 00:14:28.75 K+RZ3XOPO 2188/2807

どうやったら相手を気持ち良くできるのでしょうか

781 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/20 00:21:34.53 cGA080os0 2189/2807

新春風「どうやったら相手を気持ち良くできるのでしょうか」

駆逐古姫「お前がされてばかりなのか?」

新春風「はい、せんちゃんは私の声が聞きたい、感じてる顔が見たいと、ひたすら攻めてくるんです」

春風「ならそれでいいんじゃないですか?」

新春風「いえ、せんちゃんにも気持ちよくなってもらいたいんです!」

駆逐古姫「なら春風、ビシっとアドバイスをしてやってくれ」

春風「私がですか?」

駆逐古姫「だって春風上手だし」

春風「…わかりました、なら…下2」

下2 春風の台詞を

783 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/20 00:31:12.52 t2hK8eJi0 2190/2807

せんちゃんに奉仕するように攻める

784 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/20 00:38:12.04 cGA080os0 2191/2807

春風「せんちゃんに奉仕するように攻めるんです」

新春風「ご奉仕…?」

春風「そういう漫画って見たことないですか?女の子が男の子にご奉仕するような」

新春風「ありますけど、それをせんちゃんにするんですか?」

春風「そうです、せんちゃんには男の人のモノはついていません。でも、似たようなものならついてますよね?」

新春風「……!はい、イメージできました!」

駆逐古姫「一度やってみるといい、きっとせんちゃんも喜ぶ」

新春風「ありがとうございます!……あの、最後に一つだけいいですか?」

駆逐古姫「ん、なんだ?」

新春風「そちらの春風さんのご奉仕は……どんな感じなんですか?」

駆逐古姫「下2」

下2 駆逐古姫の台詞を

786 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/20 00:58:17.83 WAfQnY8jo 2192/2807

どこまでもねちねちと責め立ててくるんだ

787 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/20 01:07:34.71 cGA080os0 2193/2807

駆逐古姫「どこまでもねちねちと責め立ててくるんだ」

新春風「春風さんはねちっこいんですね」

駆逐古姫「そうだ、せんちゃんのペースが早いなら、お前はゆっくりと攻めてやればいい」

新春風「せんちゃんの性感帯をねちねちと……はい!早速試してみようと思います!それでは先に帰りますね!」ガチャ

駆逐古姫「提督を置いて帰ってしまった」

春風「よほどせんちゃんのことが好きなんですね」

駆逐古姫「私も春風のことは好きだ。なぁ春風、せっかく会えたんだし……」

春風「もう……ちょっとだけですよ?」

792 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/20 19:31:46.72 r8MSgKdCO 2194/2807

ーーーーーー医務室

新春風「まさか北方棲姫までいただなんて…」

北方棲姫「しかもやってることが医者紛いのことだからな。あの提督は変わってるよ」

新春風「司令官様が貴女を医療班に任命したんですか?」

北方棲姫「志願したのは私だ。だが普通認めるか?私は敵側だったというのに…」

新春風「司令官様は人の意思を見てるんだと思います。危険がないと判断したなら、それは正しいと思うんです」

北方棲姫「……ま、さっさとお前の診察を終わらせよう。結果は何も問題はなかった。ただ一つだけ気になることがあってな…」

新春風「それって、どんなことですか?」

北方棲姫「下3」

下3 北方棲姫の台詞を

795 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/20 19:44:05.76 JnZmg+o5O 2195/2807

艦娘と深海を自由に調整できるのは興味がある

796 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/20 19:52:42.25 cGA080os0 2196/2807

北方棲姫「艦娘と深海を自由に調整できるのは興味がある」

新春風「それって珍しいんですか?」

北方棲姫「深海化や艦娘化が珍しいんじゃない。それがコントロールできるのが珍しいんだ」

新春風「そう言われましても、気付いたらできてましたので…」

北方棲姫「うーん…これはかなり興味深いな。もう少し調べてもいいか?」

新春風「はい、私でよければ…」

ーーーーーー

新春風「北方棲姫さん、何かわかりましたか?」

北方棲姫「ちょっと待ってくれ、そんなに直ぐにはわからない」

新春風「すいません、早くせんちゃんの所に行きたくて…」

北方棲姫「ん……?戦艦棲姫……?おいお前、これがコントロールできるようになったのは、せんちゃんと会ってからだな?」

新春風「はい、それが何か…?」

北方棲姫「下3」

下3 北方棲姫の台詞を

799 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/20 20:14:24.48 vvDoC6dFo 2197/2807

やはりヤると影響がでるのか…戦艦棲姫にはなにか変わったことはないのか?

800 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/20 20:29:45.10 cGA080os0 2198/2807

北方棲姫「やはりヤると影響がでるのか…戦艦棲姫にはなにか変わったことはないのか?」

新春風「そう言われましても、せんちゃんとは出会って間も無いですし…」

北方棲姫「ほんの些細なことでもいいんだ。何かないか?」

新春風「うーん……」

北方棲姫「下手をするとお前の命に関わる問題なんだぞ?」

新春風「命に!?」

北方棲姫「あぁ、身に覚えはないか?せんちゃんとお前は体格差がありすぎる。どうせヤるのもお前が受けなんだろう?」

新春風「……」

北方棲姫「最悪お前らはヤのを禁止するからな?その為にも何かせんちゃんに変わったことがあったら教えて欲しい」

新春風「下3」

下3 春風の台詞を

803 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/20 20:49:45.92 sY8q4RONO 2199/2807

イカされ過ぎて覚えてない

804 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/20 20:55:45.65 cGA080os0 2200/2807

新春風「イカされ過ぎて覚えてないんです…」

北方棲姫「……なら戦艦棲姫を呼んできてくれ」

新春風「わかりました、ちょっと待っていて下さい」

ーーーーーー

戦艦棲姫「北方棲姫、私になんの用だ?」

北方棲姫「そこの春風の命に関わることだ」

戦艦棲姫「なに!?春風は死ぬのか!おい!」ガクガク

北方棲姫「揺らすんじゃない!このままだとって話だ」

戦艦棲姫「なんだ……」

北方棲姫「だが安心はできない。深海化を自由にコントロールできる理由がわからないんだ。春風はお前とヤるようになってからできるようになったと言っている。お前に何かかわったことはないか?」

戦艦棲姫「下2」

下2 戦艦棲姫の台詞を

805 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/20 21:00:28.73 mQydOYSJ0 2201/2807

私には特に何も無いな、私にわかるのは新春風が深海化開始→バケツ→深海化開始→バケツを延々と繰り返していたらコントロールできるようになったくらいしか……

807 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/20 21:11:17.04 cGA080os0 2202/2807

戦艦棲姫「私には特に何も無いな、私にわかるのは春風が深海化開始→バケツ→深海化開始→バケツを延々と繰り返していたらコントロールできるようになったくらいしか……」

北方棲姫「それが原因だろう!」

新春風「そうだったんですね…いつもイかされて気絶してたので覚えてないんです…」

北方棲姫「そういうことなら修復バケツの使い過ぎで説明がつく」

戦艦棲姫「よかったな春風…」ナデナデ

新春風「あっ、せんちゃん…」

北方棲姫「そうでもないぞ。戦艦棲姫、お前春風を攻めてばかりだろう?」

戦艦棲姫「そうだが、それがどうした?」

北方棲姫「春風との体格差を考えろ。このままだと内臓を傷付けるぞ」

戦艦棲姫「なに!?」

北方棲姫「もちろん今は何も問題はない。だがこれからずっとこの関係が続くなら、考えなければいけないぞ?」

戦艦棲姫「下2」

下2 戦艦棲姫の台詞を

809 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/20 21:17:33.48 T43U7fDp0 2203/2807

つまり私が受けになればいいのか…心が躍るな!

811 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/20 21:33:38.25 cGA080os0 2204/2807

戦艦棲姫「つまり私が受けになればいいのか…心が躍るな!」

北方棲姫「それは知らんが、春風の体は労ってやれよ」

戦艦棲姫「あぁ任せろ。春風部屋に行くぞ!」抱き

新春風「え?きゃぁあぁぁぁ~!」

北方棲姫「……あいつってあんなキャラだったか?」

ーーーーーー鎮守府ローソン、戦艦棲姫の部屋

戦艦棲姫「さぁ春風、私を好きにしてくれ!」

新春風「待って下さい、お店には浦風さんや江風さんがいるんですよ?」

戦艦棲姫「あの二人は姫ちゃん達の声を散々聞いてきている。今更どうということはない」

新春風「でも、私が恥ずかしいんですよ……んむ!?」

戦艦棲姫「んっ……ふぅ……」

新春風「ふぁ……いきなり、キスなんて……」

戦艦棲姫「……あとは春風に任せる。私を好きにしてくれ」

新春風「えっ、じゃあ…」

下3 新春風の行動を

812 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/20 21:37:24.86 WAfQnY8jo 2205/2807

泣きながらイカせてと懇願するまでねちねちと焦らし続ける

815 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/20 21:52:52.59 cGA080os0 2206/2807

ーーーーーー

北方棲姫「しまった、春風に診断結果を渡すのを忘れていた……直接届けるか、ついでに牛丼でも食べよう」

北方棲姫「今日は浦風がレジか、いつもの牛丼を買いにきたぞ」

浦風「うん……」

北方棲姫「どうした?元気が無いようだが……」

江風「せんちゃんの部屋から…さ」

北方棲姫「そうだ、春風に用事があるんだ。戦艦棲姫の部屋にいるのか?」

浦風「おるのはおるけど……」

北方棲姫「じゃあお邪魔していこう」

816 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/20 21:59:39.50 cGA080os0 2207/2807

北方棲姫「この部屋か……?」ガラッ

戦艦棲姫「ア”ァァァアァァ!春風、イカせてぐれえぇぇ!」

新春風「まだまだ…です」クニクニ

戦艦棲姫「ヒィィィイィィイ!」ガクガク

新春風「これが…ねちっこく攻める……ということですね…」ペチャペチャ

戦艦棲姫「イかせて!お願いだからイかせて下さいぃぃ!」

新春風「じゃあイかせてあげるから、なんでもいうこと聞いてくれますか?」

戦艦棲姫「ぎぐ!なんでもぎぐがらぁぁぁ!」

新春風「じゃあ…下3」

下3 新春風の台詞を

819 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/20 22:10:29.42 zRwXkt+Xo 2208/2807

私の可愛いお嫁さんになってくださいね

822 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/20 22:23:50.53 cGA080os0 2209/2807

新春風「私の可愛いお嫁さんになってくださいね」

戦艦棲姫「なるっ、なりますぅぅぅ!だからはやぐぅぅぅ!」

新春風「わかりました、可愛いお嫁さんになって下さい…ね」グチャッ

戦艦棲姫「…!!イイィィィッ……く……」プシャッ

新春風「わっ……これって潮噴きですか?凄い…あれ、せんちゃん?」

戦艦棲姫「あへ…」

新春風「変な顔して気絶しちゃいました…そんなに気持ちよかったんですね」

北方棲姫「お前らな…部屋は掃除しとけよ?」

新春風「あ、北方棲姫さん、来てたんですね」

北方棲姫「割と前から居たがお前らが気付かなかったんだ。それより春風、診断結果だ」

新春風「わざわざありがとうございます、結果は…」ペラッ

下3 新春風の診断結果を

825 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/20 22:35:06.60 fJbibXVWo 2210/2807

陽性

827 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/20 22:40:48.59 cGA080os0 2211/2807

北方棲姫「陽性だ」

新春風「何が…ですか?」

北方棲姫「なんだと思う?」

新春風「もしかして何か重大な病気が…?それとも赤ちゃんが…?」

北方棲姫「ちなみに病院に行っても結果は同じだと思うぞ。多分誤診はない」

新春風「何が陽性……なんでしょうか…」

北方棲姫「覚悟ができたらその紙を見るといい。わかりやすく書いてあるからな」

新春風「……」ゴクリ

下3 何が陽性だった?

830 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/20 22:57:21.79 ptJSVBuw0 2212/2807

胸を刺激する夏

まさに生足魅惑のマーメイドだな

832 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/20 23:05:05.05 cGA080os0 2213/2807

新春風「あの……YO! SAY夏が胸を刺激する…っていうのは…?」

北方棲姫「まさに生足魅惑のマーメイドだな、うん」

新春風「…どういう意味なんでしょうか?」

北方棲姫「まさか知らないのか?TMなrevolutionだぞ?」

新春風「……?」

北方棲姫「くっ……その紙は忘れてくれ、何も異常はなかったんだ」

新春風「そうなんですか、よかったです!」

北方棲姫「この状況なら戦艦棲姫の方が異常がありそうなんだけどな…」

戦艦棲姫「は、春風ぇぇ……」ピクピク

834 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/20 23:11:07.38 cGA080os0 2214/2807

提督「なんだ、随分賑やかそうだな?」

北方棲姫「なんだ提督か、今春風達と話してたんだ」

提督「そうなのか…っておい!せんちゃんが裸で…!」

戦艦棲姫「あへぇ……」

北方棲姫「それは気にしてやるな、うん」

新春風「司令官様はどうしたんですか?」

提督「Lチキを買いにきたんだよ。そしたら声が聞こえてきてな」

新春風「司令官様、それ好きですよね。そういえば司令官様、一つ質問があるんですが」

提督「俺にか?どんな質問だ?」

新春風「下2」

下2 新春風の台詞を

836 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/20 23:15:41.98 pM/NyQWRO 2215/2807

せんちゃんをお嫁さんにしたいんですがどうすればいいんですか?

837 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/20 23:26:54.36 cGA080os0 2216/2807

新春風「せんちゃんをお嫁さんにしたいんですがどうすればいいんですか?」

提督「どうすればと言われてもな…」

新春風「だって司令官様って電さんにプロポーズしたんですよね?今はリコン中らしいですけど」

提督「誰から聞いたぁ!」

北方棲姫「あっ、私。言う必要はなかったが、言っておいた」

提督「お前ぇぇぇ!」

新春風「それは自分で解決して下さい。私が知りたいのは、どうすればせんちゃんをお嫁さんにできるかということなんです!」

提督「なら…下2」

下2 提督の台詞を

839 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/20 23:33:16.73 q5TppWw8O 2217/2807

占ってあげましょう

840 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/20 23:38:47.05 cGA080os0 2218/2807

提督「占ってあげましょう」

新春風「司令官様できるんですか!?」

提督「その名もLチキ占いだ。まずはこのLチキを食べてみてくれ」

新春風「はい…」モグモグ

北方棲姫「その占いは当たるのか?」

提督「結構当たるぞ?」

新春風「…食べ終わりました」

提督「よし、なら食べ終わった包み紙を見るんだ」

北方棲姫「これで本当にわかるのか?」

提督「ふむふむ……占いの結果は…」

下2 占いの結果を

842 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/20 23:41:24.03 BGBdTTCbo 2219/2807

汝の為したいように為すがよい

843 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/20 23:52:37.99 cGA080os0 2220/2807

提督「汝の為したいように為すがよい…との結果だ」

新春風「私のしたいように?」

提督「お前はせんちゃんをどうしたい?嫁にするといっても色々方法はあるだろう」

新春風「私は…せんちゃんを……」

北方棲姫「結局当たり障りのないことを言っただけじゃないか」

提督「こういう結果なんだから仕方ないだろ」

新春風「せんちゃん、起きて下さい!」

戦艦棲姫「はるかぜぇ…?」

新春風「私、私はせんちゃんを……下2」

下2 新春風の台詞or行動を

845 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/20 23:58:22.58 zRwXkt+Xo 2221/2807

私のものにしますと言ってキス

846 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/21 00:04:01.23 6eZSfQIl0 2222/2807

新春風「せんちゃんは私のものにします!」チュッ

戦艦棲姫「!!」

北方棲姫「おぉ…プロポーズだ」

提督「大胆だな…春風は全員そうなのだろうか?」

新春風「……ふぅ、これは誓いのキスです。せんちゃんは私を受け入れてくれますか?私のお嫁さんになってくれますか?」

戦艦棲姫「下2」

下2 戦艦棲姫の台詞or行動を

848 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/21 00:06:26.69 +d/HasGSO 2223/2807

よろしくお願いします。旦那様。

849 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/21 00:15:41.22 6eZSfQIl0 2224/2807

戦艦棲姫「よろしくお願いします。旦那様ぁ…」

新春風「ウフフ…いっぱい愛してあげますよ」

戦艦棲姫「あぁぁ~…春風ぇ…」トロ~ン

北方棲姫「……堕ちたな」

提督「そのようだな。だが、せんちゃんが声をかけた時に、既に春風はせんちゃんに惚れてたんだろ?」

北方棲姫「それとは違うんだよ提督。春風はあくまで戦艦棲姫を嫁にしたいんだ。恋人より上の段階だな」

提督「うーん…わかるような……」

新春風「今まで沢山愛してくれましたよね?これからは私が……ね?」

戦艦棲姫「はい……姫ちゃんありがとう。私は陸に来てこれほど幸せを感じたことはない……!」

855 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/21 19:34:19.48 fDQYmiocO 2225/2807

ーーーーーー病院

駆逐古姫「で、二人揃ってどうしたんだ?特にせんちゃんなんて出歩くとマズイだろう?」

戦艦棲姫「変装してきたから多分大丈夫だ。今日は姫ちゃんに報告があったんだ」

新春風「私達、結婚しようってことになったんです」

駆逐古姫「私が言えたことではないが、展開が早いな。せんちゃんが夫か?」

戦艦棲姫「いや……実は春風が…夫で…」モジモジ

新春風「私がせんちゃんを娶ったんです!」

駆逐古姫「それは意外だな、まさかせんちゃんが嫁とは」

戦艦棲姫「…それでだな、改めて礼を言っておこうとも思ったんだ。よくあの時私を陸に誘ってくれてありがとう。おかげで私は幸せを手に入れることができた」

駆逐古姫「下3」

下3 駆逐古姫の台詞を

858 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/21 19:48:40.33 viZtAp3I0 2226/2807

もとはBL漫画好きだったことは内緒にしといた方がいいか?(耳元で話す)

859 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/21 19:56:57.22 6eZSfQIl0 2227/2807

駆逐古姫「せんちゃんちょっと…」

戦艦棲姫「ん、どうした?」

駆逐古姫「もとはBL漫画好きだったことは内緒にしといた方がいいか?」ヒソヒソ

戦艦棲姫「!!……できればそうしてくれ」

駆逐古姫「わかった、これはせんちゃんの為に黙っておこう」

新春風「お二人で内緒話ですか?」

駆逐古姫「あぁ…ちょっとな。これは教えられない」

新春風「むぅ……」

駆逐古姫「ならこの話以外でせんちゃんの知りたいことがあったら教えてやろう。いいだろうせんちゃん?」

戦艦棲姫「そうだな」

新春風「じゃあ…下3」

下3 新春風の台詞を

862 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/21 20:05:55.40 gadqqF/70 2228/2807

どう言った経緯でこの鎮守府の人達と知り合ったのか

863 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/21 20:18:23.48 6eZSfQIl0 2229/2807

新春風「どう言った経緯でこの鎮守府の人達と知り合ったんですか?」

駆逐古姫「それは私と春風が文通していたところから始まるんだ。あぁ、春風と言ってもお前じゃなくて、私の春風の方だな」

戦艦棲姫「春風と姫ちゃんは深海と陸の戦いを良く思っていなかったんだ。それで、何回か文通したあと姫ちゃんが突然春風の所に会いに行くから、非戦闘派の私も来ないか…と声をかけてくれたんだ」

駆逐古姫「だから何故あの鎮守府なんだ、と言われると春風が居たから、という回答になるな」

新春風「春風さんの為に陸に来たんですね…」

駆逐古姫「春風に一目会えるなら殺されても良いと思ってたから。実際せんちゃんは死にかけたしな」

戦艦棲姫「あの提督でなければ私は放置されて死んでいただろうな。こうしてあなたとも一緒になれていなかったと思う」

新春風「下3」

下3 新春風の台詞を

864 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/21 20:26:02.64 ebdGUqk10 2230/2807

この鎮守府の方々に心から感謝します

869 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/21 20:43:25.62 6eZSfQIl0 2231/2807

新春風「この鎮守府の方々に心から感謝します」

戦艦棲姫「それは同感だ」

駆逐古姫「春風に会えるだけでも満足だったのに…子どもまで妊娠できて、言うことはない」

新春風「そうだ、姫ちゃんは春風さんの子どもを妊娠しているんですよね!?一体どうやったんですか?」

駆逐古姫「それは、私と春風が特殊だからというのが大きいからな。せんちゃんを妊娠させる方法はあるが、そうしたらせんちゃんは死んでしまうし」

新春風「死ぬ……?せんちゃんが…?」

戦艦棲姫「深海棲艦はそうやって増えていくんだ。新しい命の誕生は古い命の終わり。だから私が子どもを産んだ瞬間に、私は死ぬだろう」

新春風「下3」

下3 新春風の台詞を

871 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/21 20:49:27.95 fBQR9ngOO 2232/2807

何か方法はないんですか?

873 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/21 21:10:08.76 6eZSfQIl0 2233/2807

新春風「何か方法はないんですか?」

駆逐古姫「もし春風が妊娠するんなら、せんちゃんを解体すれば深海の力も失うから大丈夫だ。だが逆となると…」

戦艦棲姫「私を解体した瞬間に、お腹の子どもも死ぬだろう」

新春風「そんな………」

駆逐古姫「そもそも女同士で妊娠できる方がおかしいんだ。お前が夫なら妊娠するのはおかしいし、諦めるしかないんじゃないか?」

新春風「私、せんちゃんとの子どもが欲しいんです…」

戦艦棲姫「私もあなたとの子どもが欲しい…」

駆逐古姫「なら専門家に相談してみたらどうだ?」

ーーーーーー鎮守府

北方棲姫「で、私の元に来たと」

新春風「何か方法はないんですか!?お願いします!」

北方棲姫「下3」

下3 北方棲姫の台詞を

874 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/21 21:19:03.25 yHIzDlfzo 2234/2807

解体して人間になったせんちゃんを深海化した春風の力で受胎させてその後春風は艦娘に戻る
成功する確証は無いがこれくらいしか思いつかない

875 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/21 21:19:42.57 B3LUNzz1O 2235/2807

両方妻ってことで春風が妊娠すれば?

876 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/21 21:37:51.77 mJdiyH32o 2236/2807

>>874
妥協できるなら>>875

877 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/21 21:44:31.63 6eZSfQIl0 2237/2807

北方棲姫「解体して人間になったせんちゃんを深海化した春風の力で受胎させてその後春風は艦娘に戻る。成功する確証は無いがこれくらいしか思いつかない」

新春風「そうですか…」

北方棲姫「もしくは、妥協できるなら両方妻ってことで春風が妊娠すればどうだ?」

新春風「…両方妊娠するにはどうすればいいんですか?」

戦艦棲姫「そっちを選ぶのか」

新春風「成功する確証がないのに、せんちゃんを解体するわけにはいきません。体に万が一があってもダメですし」

北方棲姫「両方妊娠する…か。あれは姫ちゃんと春風の相性があったからなぁ」

戦艦棲姫「姫ちゃんから方法は聞いているが、果たして私達に有効なのか…」

新春風「それってどんな方法なんですか?」

戦艦棲姫「下3」

下3 戦艦棲姫の台詞を

880 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/21 21:58:26.67 FBJN0x3kO 2238/2807

一旦魂を融合させればあるいは……

881 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/21 22:07:06.10 6eZSfQIl0 2239/2807

戦艦棲姫「一旦魂を融合させればあるいは……」

新春風「魂を融合?何を言っているんですか?」

戦艦棲姫「実はな、向こうの春風は姫ちゃんが一度轟沈した時にドロップした艦娘なんだ」

新春風「姫ちゃんは轟沈したのにまだ生きているんですか!?」

戦艦棲姫「轟沈した時は駆逐古鬼で、鬼の加護があったから一度だけなら沈めたんだ。だから二人はある意味同じ存在だと言える」

北方棲姫「だから魂を融合できて、二人共妊娠できた…というわけだ」

新春風「それを私達で再現できれば…」

北方棲姫「艦娘同士ならまず無理だが、お前らは深海棲艦と艦娘だ。いけるかもしれんぞ」

新春風「なら早速やってみましょうせんちゃん!」

戦艦棲姫「上手くいくといいんだが…」

882 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/21 22:14:58.18 6eZSfQIl0 2240/2807

ーーーーーー新春風の部屋

新春風「それで、魂を融合させるにはどうするんですか?」

戦艦棲姫「ひたすらヤるしかないそうだ」

新春風「なら早速……」脱がし

戦艦棲姫「あっ!ちょっと待ってくれ!ただ闇雲にヤればいいという話でもないらしい」

新春風「どうすればいいんですか?」

戦艦棲姫「お互いがドロドロのトロトロになるまで愛し合ってる内に、幽体離脱みたいに魂が抜けるらしい」

新春風「ドロドロのトロトロに……」

戦艦棲姫「魂が抜けた後も不思議と体は動いていれば、それは成功らしい。体から抜け出したのは本物の魂だからだそうだ」

新春風「魂が抜け出した後はどうするんですか?」

戦艦棲姫「……そこからは覚えていないと言っていた。ただ覚えていたのは、今まで感じたことのない快感を得たということだけだそうだ」

新春風「試す価値はあります。せんちゃん、覚悟して下さいね…?」シュルッ

戦艦棲姫「あっ、あなた……初めは優しく……」


下3 この後どうなった?

885 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/21 22:40:44.39 viZtAp3I0 2241/2807

成功せずにただひたすらイチャイチャするだけで終わった

888 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/21 22:56:04.21 6eZSfQIl0 2242/2807

ーーーーーー

新春風「はぁ…はぁ……ねぇせんちゃん、魂が抜ける感覚ってあった?」

戦艦棲姫「ふぅ…ふぅ……いや全く。ただ気持ちいいだけだった」

新春風「普通にイチャイチャしただけになっちゃいましたね…」

戦艦棲姫「私はそれでも構わない。あなたと肌を重ねているだけでも幸せだから」

新春風「…うん、ありがとうせんちゃん。今日はこのまま寝ていく?」

戦艦棲姫「いや、ローソンの夜勤があるから遠慮しておくよ」

新春風「そうでしたね…次に会えるのは明日の夕方くらいですか?」

戦艦棲姫「あなた、遠征は?」

新春風「朝イチと夜なので、夕方には会えますよ」

戦艦棲姫「ならまた明日、だな。そろそろ私は行くか…」

新春風「せんちゃん、行ってらっしゃい」

戦艦棲姫「あぁ、行ってくる」

新春風「ちょっと待って、ん~……」チュッ

戦艦棲姫「ん……行ってきます」

889 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/21 23:18:59.50 6eZSfQIl0 2243/2807

戦艦棲姫「お疲れ、後は任せろ」

五月雨「お疲れ様です!それでは夜勤頑張って下さいね!」

浦風「せんちゃん、頑張りいや~」

戦艦棲姫「あぁ、頑張るよ」

ーーーーーー

戦艦棲姫「…とは言っても夜勤は暇なんだ。はぁ…春風の所に行きたい」

戦艦棲姫「春風の顔が見たい…春風と一緒の空気を吸っていたい…」

戦艦棲姫「はぁ……」

下2 この後の展開を

891 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/21 23:25:50.35 mJdiyH32o 2244/2807

夕方に春風が遠征から帰ってきた時、ぐっしょぐしょに濡らしてだんな様をお出迎えするせんちゃん

892 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/21 23:39:10.74 6eZSfQIl0 2245/2807

戦艦棲姫「…そうだ、あれを試してみるか。どうせ客もこないだろうし」

戦艦棲姫「今からだとかなり時間はあるが……まぁ大丈夫だろう」

戦艦棲姫「よし、下着を脱いで……」スルスル

ーーーーーー次の日、午後

新春風「遠征も無事終了しましたし、せんちゃんに会いに行きましょう」

新春風「せんちゃん、ただいま………?」

戦艦棲姫「ふぅっ、ん……あぁ…」

新春風「ナニをしてるんですか…?」

戦艦棲姫「旦那様を迎える為に…準備を……んんっ!」ビクッ

新春風「お部屋が凄い匂いなんですけど、もしかして…」

戦艦棲姫「……昨日の夜中からずっとイジってたんだ」

893 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/21 23:43:45.19 6eZSfQIl0 2246/2807

新春風「どうしてそんなことを?まさか私とは満足できなくなってしまったんですか?」

戦艦棲姫「そうじゃなくて、ん……旦那様を迎える方法の一つに、ぐちゃぐちゃに濡らして待つ…というのが……あっ……あって…」

新春風「……」

戦艦棲姫「どうぞ、あなたの好きにして下さい……」クパァ

新春風「…せんちゃんんんん!!」ガバッ


下2 この後どうなった?

894 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/21 23:47:35.96 WmLAhB4q0 2247/2807

翌朝まで愛し合った結果、>>886

886 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/21 22:41:32.91 WmLAhB4q0 2248/2807

二人が気づくと医務室のベッドの、うえだった

897 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/22 00:01:46.26 SrJVf7J40 2249/2807

ーーーーーー

新春風「あ、あれ……ここは…?」

北方棲姫「気が付いたか?」

新春風「北方棲姫さん!?ということは…」

北方棲姫「そうだ、ここは医務室だ。せんちゃんと共にお前は運ばれてきたんだ。覚えてないのか?」

新春風「はい、全く……どういう状況だったんですか?」

北方棲姫「せんちゃんが夜勤の時間になっても現れないから、心配した江風がお前の部屋に入ったところ、二人共全裸で倒れてたんだ」

新春風「全裸で……」

北方棲姫「多分ヤり過ぎで気絶しただけだと思うが、くれぐれも気を付けろよ?腹上死、なんてものがあるんだからな」

新春風「……」

戦艦棲姫「うぅん………?」

新春風「せんちゃん、気が付いた?」

戦艦棲姫「あなた…?あれ、ここは…」

新春風「せんちゃん、ここは医務室なの。私達部屋で倒れてたらしいの。ねぇせんちゃん、倒れる前のことって覚えてない?」

戦艦棲姫「下2」

下2 戦艦棲姫の台詞を

899 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/22 00:11:27.08 711GXMZHO 2250/2807

快感で思考が埋め尽くされていたから覚えていない

900 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/22 00:26:19.50 SrJVf7J40 2251/2807

戦艦棲姫「快感で思考が埋め尽くされていたから覚えていない」

新春風「…そうなのね」

戦艦棲姫「……もしかして、気絶する前に、魂が抜け出したのか?」

新春風「わからない…けど、そんな気がするの」

戦艦棲姫「本当か!?あなたの子どもを妊娠できたのか?」

新春風「私も、もしかしたらせんちゃんの子どもを……ねぇ、北方棲姫さん、妊娠したのがわかるのってどれくらいなんですか?」

北方棲姫「そうだな、大体二週間くらいかな。もしかしてお前ら成功したのか?」

新春風「何も覚えていないので、わからないんですけど…」

戦艦棲姫「もしかしたらって話だ」

北方棲姫「そうか、ならそのまま励むといい。やり過ぎない程度にな~」スタスタ

新春風「…せんちゃん、昨日のは半日くらいずっと一人でしてたんですよね?今度は一日中…しててくれませんか?」

戦艦棲姫「…!あなたの為なら、なんだってしよう」

新春風「今度は、私の名前を呼びながらしてくれると…嬉しいな」

戦艦棲姫「……今度はもっと激しくしてくれるか?」

新春風「もちろん、せんちゃん覚悟してて下さいね?」

戦艦棲姫「~~!」ゾクゾク

北方棲姫「お前ら、ここでおっぱじめようとするんじゃないぞ!」

904 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/22 19:12:50.43 SrJVf7J40 2252/2807

ーーーーーー病院

提督「今日はあいつの所に行ってみるか、一人だけ見舞いに行かないというのもあれだしな」

提督「だが電に知られると機嫌を悪くするから、そーっと、バレないように…」

提督「…よし、祥鳳の部屋に無事着いた。元気にしてるだろうか…」

下3 祥鳳の部屋の様子を

907 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/22 19:17:32.32 k/EmYPheO 2253/2807

羽黒と瑞鳳がいた

908 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/22 19:24:51.69 SrJVf7J40 2254/2807

羽黒「司令官さん、こんにちは」

瑞鳳「提督?珍しいですね」

提督「たまには顔を見せておかないとな」

祥鳳「電は大丈夫ですか?」

提督「あぁ、見つからないように来たよ」

瑞鳳「提督ごめんね?変に気を使わせて…」

提督「構わないさ、電も祥鳳も無視できないしな」

祥鳳「……相変わらずカッコいいですね。結婚できないのは悔しいけど、こうやって会いにきてくれるだけでも嬉しいわ」

羽黒「今司令官さんはリコン中ですから、祥鳳さんにもチャンスがあるんじゃないですか?」

祥鳳「無理よ、提督には電しか見えてないんだから」

瑞鳳「その割には浮気しまくってましたけどね」

提督「ぐ……」

羽黒「下3」

下3 羽黒の台詞を

911 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/22 19:44:51.33 3sXnCZYG0 2255/2807

本心では一途なのになんでそんなことに……性的な欲求がコントロールできないのは以前の私達と同じですね

912 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/22 20:00:14.12 SrJVf7J40 2256/2807

羽黒「本心では一途なのになんでそんなことに……性的な欲求がコントロールできないのは以前の私達と同じですね」

提督「……」

祥鳳「提督、性欲の発散に困っているなら私達の仲間になりませんか?」

提督「いや、俺には電が…」

羽黒「違います、私達はまくまで性的欲求を満たすんです。それぞれが独立してるので、エッチはしません」

瑞鳳「それってどんなことをするの?」

羽黒「例えば…下3」

下3 羽黒の台詞を

915 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/22 20:14:35.80 +2ItRzT/o 2257/2807

薄着で下着を付けずに買い物に行ったり、野外オ○ニーですね

917 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/22 20:25:02.83 SrJVf7J40 2258/2807

羽黒「薄着で下着を付けずに買い物に行ったり、野外オ○ニーですね」

祥鳳「提督の場合は下着無しより野外オ○ニーが刺激はあると思いますよ」

提督「誰がそんなことを…」

羽黒「本当は興味あるんじゃないですか?電ちゃんは入院してますし、秘書艦さんに搾精してもらうわけにもいかないですよね。トイレで一人コソコソするより、とってもいいと思います」

提督「どうして…それを…」

祥鳳「提督は昔の私達みたいって言ったでしょ?わかるのよ」

瑞鳳「私としてはちょっと複雑なんだけどなぁ…」

祥鳳「とにかく、一度試してみるのを勧めるわ。提督さんが仲間になってくれたら一番だけど」

提督「…………」

918 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/22 20:30:13.02 SrJVf7J40 2259/2807

ーーーーーー夜、鎮守府

提督「……もうすぐ遠征部隊が帰ってくる。俺がこうやって出迎えることは少なくない」

提督「あいつらを出迎える場所の後ろ側は、ちょっとした雑木林のようになっている。それ程木は生い茂ってはいないが、遠目だと何をしているかはわからないだろう」

提督「………少し、やってみるか…」

提督「……これは羽黒や祥鳳に乗せられたからなんだ。決して俺が興味があったからとかじゃない」

提督「……オカズはこの前撮った電の睡姦動画にするか」ボロン

提督「誰にも見られないよな…?」キョロキョロ

提督「……」シコシコ

下3 提督は誰かに見つかった?見つからずに無事終えた、も可

921 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/22 20:35:42.55 4ycyZRSw0 2260/2807

蒼龍に見つかった!

923 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/22 20:42:49.67 SrJVf7J40 2261/2807

提督「電……くっ…」シコシコ

蒼龍「ねぇ……提督、何……してる…の…?」

提督「!!!!あ、いや、そ、その、あーっと…」

蒼龍「……提督も男の人だからさ、そういうのは理解できるよ。でも、なんで外でしてるの?」

提督「その…………好奇心というか…」

蒼龍「はぁ…浮気癖が治ったと思ったら今度は変態になっちゃったかぁ…」

提督「……すまん、変なものを見せてしまった」

蒼龍「下3」

下3 蒼龍の台詞を

924 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/22 20:44:55.43 VD+QUDNyo 2262/2807

はぁ…黙っといてあげるからもうやめてね

928 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/22 21:06:58.60 SrJVf7J40 2263/2807

蒼龍「はぁ…黙っといてあげるからもうやめてね」

提督「……そうするよ」

蒼龍「やるなとは言ってないからね?電がまた可哀想なことになっちゃうし」

提督「あぁ……」

蒼龍「もう…ほら、せっかくだから二人で遠征部隊を出迎えてあげましょう。皆んな提督の為に頑張ってるんですよ?」

提督「そうだな……うん、さっきまでの俺はどうかしてたんだ」

蒼龍「そうだといいけどなぁ…」

929 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/22 21:10:13.75 SrJVf7J40 2264/2807

ーーーーーー

提督「遠征部隊も無事帰ってきたし、後はもう寝るだけだ」

提督「……」ムラムラ

提督「いかん、さっき一人でしてたのが中途半端だったから…」ビンビン

提督「……トイレで抜いてくるか。誰にも見つからないように…と」

提督「ふぅ……男というのも、こういう時に辛いものだな」

下3 この後の展開を

931 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/22 21:12:12.85 lxmRE8Lw0 2265/2807

雷(電トランス状態)に見つかる

934 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/22 21:20:30.73 SrJVf7J40 2266/2807

「司令官さん、どうしたのですか?」

提督「雷……?いや電か。少し…な」ビンビン

「……なるほど、用事はわかったのです」

提督「…すまん。これからトイレに抜きにいくんだ」

「……司令官さん、電が抜いてあげましょうか?」

提督「え?でもその体は雷だろう?」

「なにも本番だけがエッチじゃないのです」

935 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/22 21:25:55.69 SrJVf7J40 2267/2807

ーーーーーートイレ

提督「本当にいいのか?」

「いいのです、雷ちゃんは寝てたので気付くことはないのです」

ジーッ

「ん……もう準備万端なのですね」ギンギン

提督「あぁ……」

「じゃあいくのですよ」シュッシュッ

提督「……っ…」

「わ……もう我慢汁が出てきてるのです。気持ちいいのですか?」

提督「凄く……気持ちいい…ぞ…」プルプル

「うふふ…よかったのです」コシュコシュ

提督「くぁっ……亀頭を…そんな……」

936 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/22 21:31:52.78 SrJVf7J40 2268/2807

「もうイキそうなのですね。じゃあこれはサービスなのです」クチュクチュ

「ん…………」レロォ…

提督「あっ、唾が、俺のに…かかって…」ヌリュヌリュ

「イク時は言って下さいね?電が残さず飲んであげるのです」ヌチュヌチュ

提督「電、もぅ…………」

「わかったのです、外さないで下さいね?あーん……」

提督「ぐっ……」ビュルビュル

「んぅ………」

提督「……ぁっ、すまん少し顔に……」

「んっ……んくっ。大丈夫なのですよ、後で拭いておくのです。司令官さん、全部飲んだのですよ。あーっ」

提督「…!!」ムクムク

「えぇ…もう大っきくなったのですか?」

提督「…すまん」

「下3」

下3 雷の台詞を

939 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/22 21:36:32.67 PvQBYyQpO 2269/2807

出なくなるまで後ろから両手で扱いてあげるのです
壁を孕ませちゃ駄目ですよ?

940 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/22 21:51:49.95 SrJVf7J40 2270/2807

「出なくなるまで後ろから両手で扱いてあげるのです。壁を孕ませちゃ駄目ですよ?」

提督「後ろから……?」

「司令官さんの後ろに屈んで…こういうことなのです」シュコシュコ

提督「ぐぉ……それ…ヤバイ…」

「あと二回くらいは出そうなのですね。今度はイッても止めないので、覚悟しておいて下さい」シコシコシコシコ

提督「あっ、それ……!」

「壁に手をついておいた方がいいのですよ。バランスを崩して倒れちゃうのです」

提督「ぐ……うぅ………」

941 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/22 21:56:17.09 SrJVf7J40 2271/2807

ーーーーーー

提督「……出るっ…」ドピュドピュ

「ふぅ…これで三回目なのです。壁に司令官さんのがいっぱいかかってるのです」

提督「ふぅ……ふぅ……」

「これで大人しくなっ…………てないのですね」

提督「すまん……あと二回くらいはいけそうだ」ムクムク

「本当に司令官さんは……」

提督「しばらく一人でもしてなかったから溜まってたんだ。普段なら三回も出せばもう萎えるんだが…」ビンビン

「…下3」

下3 電の台詞を

944 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/22 22:01:09.71 XiKnNC6ko 2272/2807

特別なのです。
出てきてもいいですよポーラさん。

946 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/22 22:11:27.70 SrJVf7J40 2273/2807

「特別なのです。出てきてもいいですよポーラさん」

ポーラ「あらら~バレてたんですね~」

提督「ポーラ!?何故ここに?」

「電達の後をつけてきてたのです。乱入してくるなら容赦無く返り討ちにするつもりでしたが、よく大人しく見ていたのですね」

ポーラ「約束~しましたから。でも気にはなったので盗み見みしてたんです~」

提督「でも……いいのか?」

「今日だけ特別なのです。それにポーラさんならもう妊娠の心配もないのでちょうどいいのです」

ポーラ「あはは~妊娠しててよかったです~」パンツ下げ

「提督さん、ポーラさんはあくまでオナホールか何かだと思って欲しいのです」

提督「そんなこと言われても……んむ!?」

「ん…れる………」

提督「んっ……れろぉ……」

ポーラ「そのまま電とキスしてて下さいね~ポーラは勝手に入れちゃいます~」ぬぷん

947 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/22 22:17:35.73 SrJVf7J40 2274/2807

「ぷぁっ……ポーラさん、背中借りるのですよ?」

ポーラ「はい……どうぞ~…」ヌチュヌチュ

「さぁ司令官さん、キスの続きなのです」

提督「ポーラをバックでハメながら電とキスするとは…凄い光景だな………んがっ!」

「しひぇいかんしゃん、あふまで電とやっひぇるのでふからにぇ?」

提督「わかっは、わかっはから舌をかみゃないでくれっ!」

「わかってるのならいいのです。いつもみたいにトロけるキスをお願いするのです」

提督「任せろ……」

ポーラ「いいなっ……ポーラも……キスしたいです~……」パンパン

「キスはダメなのです。ポーラさんはずっと腰を動かしてるといいのです」

ポーラ「はぁ~い……」パンパンパンパン

948 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/22 22:26:12.22 SrJVf7J40 2275/2807

提督「れる……ん…んむ…」

「しれいかんしゃん……」トローン

提督「んっ……なぁ電、今更なんだがキスはいいのか?」

「れる……雷ちゃんが妊娠しないからいいのです。雷ちゃんに生理が来てなければ本番もしてたのですよ?」

ポーラ「はぅ……んんっ………」ズブ……ズブ…

「ポーラさんペースが落ちてるのです。もうイキそうなのですか?」

ポーラ「は、はい~……」ビク…ビク…

「仕方がないのです。イカせてあげるから、司令官さんのを思う存分締め付けてあげるのです」グイイッ

ポーラ「あっダメ!動かさないでっ……!」

提督「くっ、締め付けが……!」ガクガク

「もう出るのですね?司令官さん、はいちゅー…」

提督「ん……んんっ…!!」ビュルビュル

ポーラ「きゃぁぁっ!……あっ…あぁ……凄い…中で暴れてます~…」

949 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/22 22:31:09.92 SrJVf7J40 2276/2807

ポーラ「はぁぅ……」ヘナヘナ

ヌポッ、ドロォ……

「四回目とは思えない量なのです…」

提督「だが今ので全部出たようだ…ありがとうポーラ」

ポーラ「はい~……私も気持ちよかったです~…」

「ポーラさん、これはあくまで今回だけなのですよ?そこをわかっていて欲しいのです」

ポーラ「大丈夫ですよ~」

「…わかってくれたのならいいのです」

提督「電もわざわざありがとう。おかげで気持ちよかったよ」

「司令官さんの為なのです、これくらいならいくらでもしてあげるので……」

「……私の体でナニをしてるのかしら?」

提督「雷!!これは、その……」

「下3」

下3 雷の台詞を

952 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/22 22:36:10.90 fXty1AINo 2277/2807

了解も得ずにこれは酷いんじゃないかしら?

953 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/22 22:48:29.34 SrJVf7J40 2278/2807

「了解も得ずにこれは酷いんじゃないかしら?」

「だって、雷ちゃんが寝てたから…起こすのも悪いと思ったので…」

「だからって黙ってされる方が嫌に決まってるわ!」

「…申し訳ないのです」

「全くもう!司令官も司令官よ!許可を取ってるかくらい聞いて欲しいわ!」

提督「…すまん、色々と限界でそんなことを考えている余裕はなかったんだ」

「もう……」

ポーラ「あの~どこから起きてたんですか?」

「…ポーラさんがきてからよ。司令官って、キス…上手なのね」モジモジ

「司令官さんは渡さないのです!!」

「そんな気はないってば!」

「じゃあなんで…下3」

下3 電の台詞を

954 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/22 22:50:07.48 XiKnNC6ko 2279/2807

司令官のおち○ちんを愛おしく揉んでいるのですか?

955 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/22 22:51:06.98 9QTHXPaL0 2280/2807

司令官のおち○ちんをしごいてるのですか

956 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/22 22:52:15.00 wLOMO/Ruo 2281/2807

>>954+>955

958 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/22 23:03:15.57 SrJVf7J40 2282/2807

「司令官さんのおち○ちんを愛おしく揉んでいるのですか?」

「こ、これは……」

提督「……」

「どうして司令官のおち○ちんをしごいてるのですか?」

「違うのよ……」

提督「……くっ…」ムクムク

ポーラ「わぁ…また大っきくなりましたよ~?」

「……いいじゃない!私にだって一回くらいやらせなさいよ!」

「ダメなのです、あわよくば妊娠してやろうというのが電にバレバレなのですよ」

「じゃあゴムを付けてもいいから!お願い!」

「下2」

下2 電の台詞を

960 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/22 23:05:41.76 XiKnNC6ko 2283/2807

先の部分に穴が空いてるのです

961 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/22 23:18:58.31 SrJVf7J40 2284/2807

「先の部分に穴が空いてるのです」

「ぐううぅぅぅ……」

「電と雷ちゃんの間で隠し事はできないのですよ?」

「……もおおぉ!!」

ポーラ「あの~私でよかったらゴムならありますけど…使いますか~?」

「本当!?」

「穴は空いていないのですか?」

ポーラ「調べていいですよ~はい、どうぞ」

「…確かに穴は空いてないみたいなのです」

「やった!これで私も司令官とできるのよね?」

「ちょっと待って欲しいのです。なんでポーラさんはゴムなんかを持ち合わせていたのですか?」

ポーラ「下2」

下2 ポーラの台詞を

963 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/22 23:23:00.51 fXty1AINo 2285/2807

爪が多少伸びててもこれつけて自慰すれば痛くないんですよ~

965 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/22 23:33:25.39 SrJVf7J40 2286/2807

ポーラ「爪が多少伸びててもこれつけて自慰すれば痛くないんですよ~」

「……わかったのです、雷ちゃんも特別に許可するのです」

「やったわ!!さぁ司令官、さっそやりましょう!」

提督「さっきからイジられっぱなしだからな…もう準備はできてるが、本当にいいのか?」

「大丈夫なのです、ポーラさんも雷ちゃんも今日だけなのです」

「それでもいいから!早く早く!」脱ぎ脱ぎ

提督「いつの間に脱いでたんだ…体位は何がいい?」

「駅弁ってやつがいいわ!」

提督「よし、じゃあ雷を抱っこして……」

「ゴムもちゃんと着いてるのですね、確認したのです」

966 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/22 23:42:29.97 SrJVf7J40 2287/2807

「あっ、電、一応リンクは切っておいた方がいいと思うけど…」

「ダメなのです、切った瞬間にゴムを外し兼ねないのです」

「やっぱりそういう返事になるわよね…私は警告したからね?」

「……?」

提督「雷、入れるぞ……」ズブブ…

「あぁぁぁぁぁぁ~!!ぎもぢいいいぃぃぃ!」ビクンビクン

ポーラ「えっ……もうイッちゃったんですか?」

「響にぃっ!開発……ざれだがらぁっ!!あぁぁぁっ!!」

「なんなのですかこの快感はぁぁぁぁぁぁ!」ビクンビクン

提督「凄いなこれ…一突きごとにイッてるぞ…」ズチュ…ズチュ…

「司令官さんは腰を止めるのですぅぅ!」

「あぁっ!!お……おぉぉぉっ……」チョロロロ…

提督「うぉっ!この体位で漏らされると…」

ポーラ「一旦引き抜いたらどうですか?」

提督「そうするか……」ヌプッ

「お……おぉぉ……」

「ひぃ……ひぃ……おかしくなるのです…司令官さん、もう雷ちゃんは半分意識はないのでもう止めても……」

提督「……すまん、こんなの見せられたら、止められん」

967 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/22 23:47:53.74 SrJVf7J40 2288/2807

提督「雷、電、もうすぐ終わるから耐えてくれ」ズブン

「あひぃぃぃっ!あっ……あぁぁっ!!おぐ、擦ってるぅぅぅ!」

「早く!早くイくのです!!」

提督「ぐっ……」パンパンパンパン

「ぐるぅっ!おっきいのぎちゃうぅぅぅ!!」

提督「……出るっ!」ビュブビュブ

「ぁっ!!……………」ビクンビクンビクンビクン

提督「……ふぅ…」ヌポッ

ポーラ「五回目なのに…ゴムにこんなに溜まってますね~」タプン

提督「電終わったぞ……電?」

「下2」

下2 電の台詞を

969 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/22 23:49:34.84 kYO4P9txO 2289/2807

お…お腹ぐちゃぐちゃなのです…

971 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/23 00:02:58.81 TelPZLFe0 2290/2807

「お…お腹ぐちゃぐちゃなのです…」

提督「…すまん」

「雷ちゃんは着替えたらそれでおしまいですが、電は今病院なのですよ?看護師さんになんて言えば…」

提督「お茶でも零したことにしたらどうだ?」

「……それでいくのです。あと司令官さん、今度病院に来る時に新しい下着を持ってきて欲しいのです」

提督「そんなに濡れたのか?」

「……とても人に見せられるものではないのです。ぐっちゃぐちゃなのです」

提督「わかった、持っていくからそれまで耐えてくれ」

「着替えが尽きる前に来てくれたら大丈夫なのです」

ポーラ「電、雷はどうしてますか~?」

「気絶しちゃったのです。全くこの姉は……」

ポーラ「下2」

下2 ポーラの台詞を

973 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/23 00:05:42.36 KfYVXv5jo 2291/2807

じゃあキレイにしてお部屋に運びますね~

974 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/23 00:17:27.85 TelPZLFe0 2292/2807

ポーラ「じゃあキレイにしてお部屋に運びますね~」

「お願いするのですポーラさん」

ポーラ「提督を貸してもらったので~そのお礼ですよ~」

「…そうですね、これで貸し借りなしなのです」

ポーラ「はい~」

提督「ふぅ……流石に俺もスッキリしたし、ゆっくり眠れそうだ」

「まだイベントが残っているのです、明日も頑張って下さいなのです」

提督「任せておけ。電は無理はするなよ?安静にするのが仕事みたいなものだからな」

「はい、わかっているのです。それじゃあ司令官さん、お休みなさい…………」

「……あへぇ…」

ポーラ「電が帰った瞬間に~雷の顔がアヘりました~」

提督「その辺も含めて、綺麗にしてやってくれ」

ポーラ「顔はどうしようもないですよぉ~…」




978 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/23 18:52:46.92 0ctfT2k20 2294/2807

前スレでリクエストのあった龍驤とのエロですが、とりあえず書けたところまで投下してみようと思います。

ワンパターンのエロで申し訳ないですが、それでもよければどうぞ…


ーーーーーー執務室

龍驤「司令官、ホンマは期待してたんと違うん?執務室でウチと二人っ切りになれるからって」

提督「そんなこと……」

龍驤「ふーん…その割にはここは既に臨戦体勢みたいやで?」もみゅもみゅ

提督「っ……ズボンの上から…」

龍驤「ほら……こんなにガチガチやん。期待してたんやろ?」撫で撫で

提督「…………あぁ」

龍驤「よくできました。正直者にはご褒美やね」ゴソゴソ

提督「…………」ビンビン

龍驤「うん、凄く逞しくてええなぁ。それに、匂いも悪くないで」スンスン

提督「おい……」ビクッ

979 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/23 18:54:50.57 0ctfT2k20 2295/2807

龍驤「じゃあ……いただきまーす……」

龍驤「んぐ…」ガポッ

提督「おっ……」

龍驤「ん……んん……」ジュポジュポ

提督「ふぅ……おぉ……」

龍驤「んはっ……なぁ司令官、動かんといてな?」

提督「動くつもりはないが…」

龍驤「絶対やで?フリと違うからな?」

980 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/23 18:57:16.86 0ctfT2k20 2296/2807

提督「何をするつもりなんだ…?」

龍驤「すぐにわかるわ…っと」ガポッ

提督「……ぅ」

龍驤「ん……んん…」グポッ

提督「…龍驤……」

龍驤「んぐ…………」グブブ

提督「おい……それ以上は……」

龍驤「ん!………んっ……ぐぅ……」ジュブジュブ

提督「あっ!根元…まで……」

龍驤「ぐっ…………!」グポッ…グポッ…

提督「これ……龍驤の喉か…?……!まだ奥まで入る……のか…?」

龍驤「んっ!!……ぎゅ……うっ!」ブチュ……

981 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/23 18:59:19.91 0ctfT2k20 2297/2807

提督「あっ…………出るぞ龍驤……」

龍驤「ぶっ……ぅん……」

提督「……このまま出してもいいのか?」

龍驤「……」コクコク

提督「………………出る!」ドピュ

龍驤「ぅぐっ!……ぁっ……あ……ぅぇ…」ビュク…ビュク…

提督「…ぁ……ふぅ………」

龍驤「……ぉえっ!ゲホッ!ゴホッ……」

提督「大丈夫か龍驤!?」

龍驤「ん…………司令官、喉に出されたあっつい精液全部飲んだで?」ニィ~

提督「……!龍驤、まだいけるか?」

龍驤「うん、ウチもそのつもりやったし、準備もしてきるから」

982 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/23 19:01:38.11 0ctfT2k20 2298/2807

提督「……この体勢がいいのか?」

龍驤「うん、立ちバックやとキミも動かしやすいやろうし、それに奥まで入るから気持ちええで?」

提督「……準備はできてるんだな?」

龍驤「もちろんや。ほら、早く挿れて~ってヒクついてるやろ?」ヒクヒク

提督「…………」ビンビン

龍驤「さっきあんなにウチの喉に出したのにもうガチガチやん…逞しい人は好きやで?」

提督「…挿れるからな」

龍驤「お尻の穴はな、アソコと違って一気に入れた方がええねんで」

提督「こう……か?」ズンッ

龍驤「あぁっ!……うん、そう…やでぇ…」ピクピク

983 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/23 19:03:02.98 0ctfT2k20 2299/2807

提督「……これ…締め付けが…」キュゥゥゥ

龍驤「はぁ……お尻も…んんっ……ええもんやろ…?」

提督「すまん龍驤……抑えがききそうに無い」

龍驤「ええで、好きに動き…」

提督「はぁっ……はぁっ……」ズルゥ……ズブン!

龍驤「ぁっ………んひぃ!」

提督「…………」ズブ…ズブ…

龍驤「あぁ~~……気持ちえぇよぉ~」ビクンビクン

提督「………龍驤、すまん!」グイッ

龍驤「えっ………?」

984 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/23 19:04:40.01 0ctfT2k20 2300/2807

提督「はぁっ、はぁっ、はぁっ、はぁっ」パンパンパンパン

龍驤「あぁぁぁっ!そんな、ウチ…おっ!壁に……押し付け……て…!」

提督「はぁっ、はぁっ、はぁっ!はぁっ!」ギュゥゥ

龍驤「足がっ!……ウチもの体…浮いて!……るぅ……」

提督「ぐっ……!あっ……!」パンパンパンパン

龍驤「ああっ……司令官と…壁に…押し潰…されるぅぅ…」

985 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/23 19:08:07.78 0ctfT2k20 2301/2807

提督「…出す…ぞ……」

龍驤「う”んっ!……お、おぐに!…出ひて……」

提督「はぁっはぁっはぁっ!」パンパンパンパン

龍驤「お”っ!おおっ………」ビクビク

提督「………………ぐっ…!!」ビュルビュル

龍驤「あぁぁぁ~!出とる……司令官のが……奥に…」

提督「はぁっ……はぁっ……」

龍驤「んっ………お腹……あったかい……」コポポ

提督「これ、ダメだ……癖になりそうだ……」

龍驤「ウチのお尻やったら……いつでも使ってくれてええんやで…?」

986 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/23 19:10:32.94 0ctfT2k20 2302/2807

大変申し訳ありませんが、ここまでしか書けてません

この後は三回戦目にいって終わりなんですが、本当にエロって難しいです

それでは何か意見等ありましたらここに書き込んで下さい

一旦失礼します



続き
【艦これ安価】提督「艦娘が妊娠した」 その5.5


記事をツイートする 記事をはてブする