【艦これ安価】提督「艦娘が妊娠した」
【艦これ安価】提督「艦娘が妊娠した」(後半)
の続き
【艦これ安価】提督「艦娘が妊娠した」 その2
【艦これ安価】提督「艦娘が妊娠した」 その2(後半)
【艦これ安価】提督「艦娘が妊娠した」 その2.5
【艦これ安価】提督「艦娘が妊娠した」 その2.5(後半)
【艦これ安価】提督「艦娘が妊娠した」 その3.5


451 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/03 21:07:06.88 OMPpir8q0 1578/2807

ーーーーーー

ゴーヤ「ん……今何時でちか…」

ゴーヤ「……やっぱり夜中になってるでち」

ゴーヤ「……全くスッキリしてないでち」

ゴーヤ「あんなに寝たのに……」

ゴーヤ「気晴らしにちょっと、ブラブラするでち…」

下3 ゴーヤが辿りついた場所を

454 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/03 21:11:48.64 dfCgCzGg0 1579/2807

コンビニ

457 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/03 21:18:01.25 OMPpir8q0 1580/2807

ゴーヤ「あ……コンビニ…」

ゴーヤ「お金持ってきてないけど…入るでち」

ーーーーーー鎮守府ローソン

ゴーヤ「……」

戦艦棲姫「いらっしゃいませ…おい、裸はやめてくれ」

ゴーヤ「気にするなでち…」

戦艦棲姫「まぁ他に客はいないから問題はないが…こんな時間に珍しいな」

ゴーヤ「ちょっと…色々あったでち」

戦艦棲姫「下3」

下3 戦艦棲姫の台詞を

459 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/03 21:23:20.14 eaPLPYAI0 1581/2807

…そうか、まぁゆっくり見ていってくれ

462 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/03 22:02:21.09 OMPpir8q0 1582/2807

戦艦棲姫「…そうか、まぁゆっくり見ていってくれ」

ゴーヤ「財布がないから冷やかしでちけどね」

戦艦棲姫「ならイートインの机が空いてるからそこでゆっくりしたらどうだ?」

ゴーヤ「…お言葉に甘えるでち」

戦艦棲姫「……」

ゴーヤ「……」

戦艦棲姫「……」

ゴーヤ「…暇なんでちか?」

戦艦棲姫「この時間は暇だな」

ゴーヤ「そうでちか…」

戦艦棲姫「下3」

下3 戦艦棲姫の台詞を

465 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/03 22:06:45.71 8R7ZgL6bO 1583/2807

大丈夫か?顔が真っ青だぞ

466 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/03 22:13:00.92 RTa3vAY7O 1584/2807

戦艦棲姫「大丈夫か?顔が真っ青だぞ」

ゴーヤ「あー…気にするなでち、薬飲んで寝るとこうなるんでち」

戦艦棲姫「薬…?どんな薬なんだ?」

ゴーヤ「睡眠薬でち」

戦艦棲姫「なに?お前……大丈夫なのか?」

ゴーヤ「出撃も遠征も問題ないでち。ただ寝れない時とかに飲んでるだけでち」

戦艦棲姫「下3」

下3 戦艦棲姫の台詞を

469 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/03 22:15:58.69 1Ta+wmMk0 1585/2807

余計なお世話かもしれんが、あまり薬に頼るのは良くないぞ?

471 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/03 22:22:37.46 RTa3vAY7O 1586/2807

戦艦棲姫「余計なお世話かもしれんが、あまり薬に頼るのは良くないぞ?」

ゴーヤ「そんなのはわかってるでち」

戦艦棲姫「……そうか」

ゴーヤ「…気晴らしなったからもう行くでち」スタスタ

戦艦棲姫「あ、おい……」

ゴーヤ「せんちゃんは暇そうでいいでちね…きっと悩みなんてないんでち…」

ーーーーーー

ゴーヤ「あれ……ここは…」

下3 ゴーヤが辿りついた場所を

474 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/03 22:29:16.77 AfbeL4uH0 1587/2807

>>455

455 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/03 21:12:53.60 AfbeL4uH0 1588/2807

カウンターバー

477 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/03 22:43:29.01 RTa3vAY7O 1589/2807

ゴーヤ「鎮守府のカウンターバーに来ちゃったでち…」

ゴーヤ「……この時間だと誰も居ないでち」

キィッ

ゴーヤ「よくここに座って…ゆーと飲んでたんでちよね」

ゴーヤ「ゆーはいっつもビールばっかり飲んで…よく飽きないもんでち」

ゴーヤ「でも今は……ほとんど飲まないでち」

ゴーヤ「ゆーはリエータと…飲んでるし…」

ゴーヤ「はぁ…………」

ゴーヤ「下3」

下3 ゴーヤの台詞を

480 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/03 22:46:22.31 jMEBaZvEo 1590/2807

どうしてこうなったんだろう

481 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/03 22:55:53.55 HGlD//WR0 1591/2807

ゴーヤ「どうしてこうなったんだろう…」

ゴーヤ「あとほんの少し勇気があれば…ゆーの隣にいるのはゴーヤだったのに…」

ゴーヤ「あと少し頑張れば、ゆーは振り向いてくれたかもしれないのに…」

ゴーヤ「あと……少し……」

ゴーヤ「…………」

ゴーヤ「もう…ゴーヤが生きてる間には、ゆーとは結ばれない運命なんでちね」

ゴーヤ「せめてゆーが妊娠してなかったら…………いや、こんなことを考えるのはよくないでち」

ゴーヤ「………そういえば、確か姫ちゃんとリエータが…」

ゴーヤ「……試す価値は…あるでち」

482 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/03 23:07:53.68 HGlD//WR0 1592/2807

ーーーーーー屋上

ゴーヤ「……姫ちゃんは言ってたでち、深海棲艦との子どもは、生まれた瞬間に片方の魂が宿るって」

ゴーヤ「ゴーヤはゆーともリエータとも関係はないけど…これしかないでち」

ゴーヤ「この世界ではもう……ゆーとは…」

ゴーヤ「……そういえば、イムヤから借りた漫画にこんなシーンがあったでち」

ゴーヤ「落ちこぼれの主人公に、ライバルが…」

ゴーヤ「来世に期待してワンチャンダイブ…」

ゴーヤ「……これしかないでち」

ゴーヤ「神様…もしいるならゴーヤの最後の願いを叶えて欲しいでち」

ゴーヤ「どうか生まれ変わったら……ゆーの近くに…」

ゴーヤ「……お願いします」バッ

下4 ゴーヤはどうなった?現実は非常、でも可

484 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/03 23:13:34.37 dfCgCzGg0 1593/2807

怒りの提督降臨

486 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/03 23:16:19.36 tMKjJg9/O 1594/2807

>>484+様子がおかしいと報告の後から偵察機でゴーヤを監視してたポーラが寸前で阻止

487 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/03 23:35:55.21 HGlD//WR0 1595/2807

ポーラ「わあぁぁぁぁぁぁ!」

ガシィ

ゴーヤ「…………」

ゴーヤ「………あれ…?」

ポーラ「危ない……間一髪セーフです…」

ゴーヤ「ポーラさん…?どうして…」

ポーラ「提督がゴーヤの様子がおかしいから偵察機で見張ってくれって言われて…それで…」

ゴーヤ「提督が……」

ポーラ「ぐぐぐ…」

ゴーヤ「…!ポーラさん、手を離すでち!お腹の子に負担が…」

ポーラ「あっ、そうですか?じゃあ…」

パッ

ゴーヤ「えっ?」

488 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/03 23:39:11.08 HGlD//WR0 1596/2807

ゴーヤ「えええええぇ!」ヒュー

ポーラ「わー本当に落ちてます~」

ゴーヤ「ここは助けるところじゃないんでちかーーー!!」ヒューーー

ボフン!

ゴーヤ「…あれ?」

北方棲姫「これでよかったのか?」

提督「あぁ、わざわざすまない」

北方棲姫「これくらいのマットならいくらでもあるからな」

ゴーヤ「え……?えぇ……?」

提督「さてゴーヤ…俺はどんな気持ちだと思う?」ゴゴゴ

ゴーヤ「……凄く怒ってるでち」

提督「そうだな」ゴゴゴゴゴゴ

ゴーヤ「……ごめんなさいでち!!」

提督「下3」

下3 提督の台詞を

491 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/03 23:49:39.94 cfPWOaU0o 1597/2807

これからしばらく長袖長ズボンの刑だ

492 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/03 23:54:06.92 HGlD//WR0 1598/2807

提督「これからしばらく長袖長ズボンの刑だ」

ゴーヤ「あ”あ”あ”ぁぁぁぁ!!ごめんなさいでちぃぃぃ!!」

提督「いーーや許さん」

北方棲姫「そんなに嫌なのか?」

ポーラ「裸族には辛いと思います~」

ゴーヤ「もうしませんからぁぁぁ!!」

提督「何をだ?」

ゴーヤ「えっ……あの…」

提督「何をだ?」

ゴーヤ「その…………自殺とか…は…二度と……やりません…でち」

提督「下2」

下2 提督の台詞を

494 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/03 23:57:40.01 uFNdHBjsO 1599/2807

よろしい
体操服にブルマで許してやる

495 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/04 00:02:20.90 bIsbNuYI0 1600/2807

提督「よろしい、体操服にブルマで許してやる」

北方棲姫「ここはふざけるところじゃないだろう」バキッ

提督「ぐえっ!」

北方棲姫「…これでいいんだよな?」

ポーラ「そうです~この鎮守府に馴染みましたね~」

北方棲姫「馴染みたくはなかったがな…」

ゴーヤ「あの…北方棲姫……」

北方棲姫「すまなかった」

ゴーヤ「え?」

北方棲姫「お前の様子がおかしいのに、私は何もできなかった。申し訳ない」

ゴーヤ「そんな…謝る必要なんて…」

北方棲姫「お前達を診る立場としてケジメをつけたいだけだ」

ゴーヤ「下2」

下2 ゴーヤの台詞を

497 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/04 00:05:36.62 yxoTCf0w0 1601/2807

ごーやが提督やみんなを頼ればよかったんでち

498 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/04 00:10:51.88 bIsbNuYI0 1602/2807

ゴーヤ「ゴーヤが提督やみんなを頼ればよかったんでち」

北方棲姫「できるのか?」

ゴーヤ「もう…大丈夫でち。心配かけてごめんでち」

ポーラ「本当に大丈夫なんですか~?」

ゴーヤ「……なんだか、頭がスッキリしたんでち」

ポーラ「??」

ゴーヤ「さっきまで…飛び降りるまでは、ずっと頭の中でモヤモヤが暴れてたんでち。でも今は…それがなくなったんでち」

北方棲姫「なら心配いらないな。お前は死んだんだ」

ゴーヤ「…死んだ?」

499 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/04 00:14:52.64 bIsbNuYI0 1603/2807

北方棲姫「さっきまでの、誰にも頼れないお前は死んだんだ。これから生まれ変わったと思って、前向きに生きていくといい」

ゴーヤ「…そっか、あのゴーヤはさっき死んだんでちね」

ポーラ「あの~それだと殺したのはポーラになりません?」

北方棲姫「そうだな、ポーラが殺したんだ」

ゴーヤ「ポーラさん、ゴーヤを殺してくれてありがとうでち!」

ポーラ「その言い方はやめて下さい~!」

ゴーヤ「あはははっ」

北方棲姫「…やっと笑ったな」

ゴーヤ「えっ?」

北方棲姫「笑えるようになったら、もう大丈夫だ」

ゴーヤ「……そうでちか」

北方棲姫「下2」

下2 北方棲姫の台詞を

500 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/04 00:22:43.04 r4GKTzpMO 1604/2807

後はもう少しだけ自分の気持ちに素直に慣れれば100点なんだがな(笑いながら)

502 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/04 00:39:14.15 bIsbNuYI0 1605/2807

北方棲姫「はははっ、後はもう少しだけ自分の気持ちに素直に慣れれば100点なんだがな」

ゴーヤ「笑いながら言うなでち」

ポーラ「ゆーちゃんの件は解決しそうですか~?」

ゴーヤ「うん……決着、つけるでち」

北方棲姫「無理はするなよ?安定剤くらいなら出してやるからな」

ポーラ「ポーラ達も~頼って下さいね?」

ゴーヤ「ありがとう、でち」

提督「お前ら……俺を無視するなよ……」ピクピク

506 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/04 19:31:30.98 L42MUFOK0 1606/2807

ーーーーーー

ゴーヤ「いよいよゆーのことで決着をつける日がきたでち」

ゴーヤ「結果はわかってるかもしれない…けど、はっきりとした答えをもらわないと、前に進めないでち」

ゴーヤ「……うん、やるしかないでち」

ゴーヤ「そうなるとゆーを呼び出さないといけないでち…古典的だけど、ここは手紙でいくでち」

ゴーヤ「なんて書こうか…迷うでち…」

下3 ゆーに宛てた手紙の内容を

509 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/04 19:38:29.04 oaydhiui0 1607/2807

果たし状

510 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/04 19:44:35.31 L42MUFOK0 1608/2807

ゴーヤ「果たし状…貴殿との決闘を申し込む」

ゴーヤ「指定された時間に工廠へ来ること…と」

ゴーヤ「ちゃんと筆で書いて、完璧な果たし状が書けたでち。あとはこれをゆーの部屋のドアの隙間にでも挟んでおけば、オーケーでち」

ーーーーーー

ゴーヤ「さて、そろそろ指定した時間でち」

ゴーヤ「服装は…裸がゴーヤの正装だから、このままいくでち」

ーーーーーー工廠

ゴーヤ「あとはゆーを待つだけ…」

ゴーヤ「緊張するでち……」

下3 ゆーはどのような感じで現れた?

513 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/04 19:58:54.32 Cs3COCby0 1609/2807

バンカラスタイル

516 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/04 20:05:08.16 L42MUFOK0 1610/2807

ゆー「でっち、来たよ」バンカラスタイル

ゴーヤ「……なんでちかその格好?男ものの学生服に…」

ゆー「決闘と言えばこれですって。ゆー、本で見ました」

ゴーヤ「…そうでちか。ゆー、今からゴーヤの言うことを覚悟して聞いて欲しいでち」

ゆー「わかった、ですって」

ゴーヤ「すぅ~……はぁ~……」

ゴーヤ「……よし!」

下3 ゴーヤの台詞を

519 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/04 20:14:00.04 1bIMGbld0 1611/2807

この間は突然酷いこと言ってごめんなさいでち!!

520 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/04 20:22:42.15 L42MUFOK0 1612/2807

ゴーヤ「この間は突然酷いこと言ってごめんなさいでち!!」

ゆー「…………え?」

ゴーヤ「あの時のゴーヤはどうかしてて…本当にごめんなさいでち!」

ゆー「……決闘するんじゃないんですか?」

ゴーヤ「いや、あの…ある意味決闘はこれからでち。その前にどうしても謝りたかったんでち」

ゆー「そうなんですか、そのことは気にしてないですって!」

ゴーヤ「ならよかったでち。じゃあゆー、これから本題に入るでちよ?」

ゆー「…ゴクリ」

ゴーヤ「下3!」

下3 ゴーヤの台詞を

523 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/04 20:28:52.88 wqXV81WUO 1613/2807

ゆー!ゴーヤのモノになれーーー!

524 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/04 20:32:11.07 L42MUFOK0 1614/2807

ゴーヤ「ゆー!ゴーヤのモノになれーーー!」

ゆー「えっ…」

ゴーヤ「ずっと、ずーーーっとゆーのことが好きでした!!」

ゆー「でっち……」

ゴーヤ「ゴーヤはゆーのことが…大好きでちーーー!!」

ゆー「……それがでっちの気持ちなんだね」

ゴーヤ「はぁ、はぁ……そうでち、これがゴーヤの決闘でち。さぁゆー、答えを聞かせてくだち!」

ゆー「下3」

下3 ゆーの台詞を

527 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/04 20:47:01.38 FrZfbDSb0 1615/2807

いやですって

529 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/04 20:55:40.30 L42MUFOK0 1616/2807

ゆー「いやですって」

ゴーヤ「あっ……」

ゆー「もうゆーはリエータの子どもを妊娠してますって」

ゴーヤ「そう……でちよね」

ゆー「今更言われても……遅いですって」

ゴーヤ「うん……」

ゆー「だから、でっちのものにはなれませんって」

ゴーヤ「……突然こんなこと言ってごめんでち」

ゆー「下3」

下3 ゆーの台詞を

532 : 以下、名無しに変わりましてSS速... - 2017/08/04 21:07:29.72 +PGYa0/cO 1617/2807

でも、嬉しかった

533 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/04 21:20:52.92 L42MUFOK0 1618/2807

ゆー「でも、嬉しかった」

ゴーヤ「ゆー…?」

ゆー「こうやって正直に気持ちを伝えてくれて、凄く嬉しかったです」

ゴーヤ「これは…ゴーヤのケジメでち。もうゆーのことは諦めたから、安心してくだち」

ゆー「…じゃあね、ゆーも思ってたこと、でっちに伝えるね」

ゴーヤ「ゆーが思ってたこと?」

ゆー「下3」

下3 ゆーの台詞を

536 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/04 21:32:25.02 Cs3COCby0 1619/2807

でっちがろーちゃんのものになって

538 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/04 21:43:26.60 L42MUFOK0 1620/2807

今気付きました、途中からゆーちゃんとろーちゃんの名前がごっちゃになってました。
ずっと喋っていたのはろーちゃんなので、よろしくお願いします



ろー「でっちがろーちゃんのものになって」

ゴーヤ「ゴーヤが…ろーちゃんの?」

ろー「そうですって」

ゴーヤ「ゴーヤのものになるのとは違うんでち…?」

ろー「ろーはもうリエータのものですって。でも、ろーはまだ誰も自分のものにしてないから、でっちをろーちゃんのものにしたいですって」

ゴーヤ「ゴーヤが……」

ろー「ダメですか?」

ゴーヤ「下3」

下3 ゴーヤの台詞を

541 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/04 21:52:18.81 THWU1/P+0 1621/2807

>>539

539 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/04 21:46:04.84 1bIMGbld0 1622/2807

ろーちゃんとろーちゃんの子供のことを考えるとやっぱりそれは問題が多くてできないでち……
でも真正面から告白してちゃんと返事を貰えて……結果は残念だったけど、これで前に進めそう、ありがとでち!

542 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/04 22:05:05.71 y4HqG/9RO 1623/2807

ゴーヤ「ろーちゃんとろーちゃんの子供のことを考えるとやっぱりそれは問題が多くてできないでち……
でも真正面から告白してちゃんと返事を貰えて……結果は残念だったけど、これで前に進めそう、ありがとでち!」

ろー「でっち、でも……!」

ゴーヤ「じゃあゴーヤは行くところがあるから、これで失礼するでち!」タタタッ

ろー「あっ……!待ってでっち!!」

ーーーーーー?

ゴーヤ「ふぅ…うまくまけたみたいでち」

ゴーヤ「これでよかったんでちよ、うんうん」

下3 ゴーヤがいる(向かった)場所を

545 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/04 22:09:18.55 0mpQc0F9O 1624/2807

食堂

546 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/04 22:25:56.81 y4HqG/9RO 1625/2807

ーーーーーー食堂

ゴーヤ「こんな時は食堂でやけカレーでち!」

ゴーヤ「いただきます、でち!!」

ゴーヤ「ん~やっぱり間宮さんのカレーは美味しいでち!」

ゴーヤ「こんなに美味しいカレーは滅多にないでち」

ゴーヤ「美味しい、美味しいでち」

ゴーヤ「…………」ポロッ

ゴーヤ「おいじぃ……おいじぃ…でち」ポロポロポロ

下3 「どうしたの?」

下3 訪れた人物を

549 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/04 22:28:11.63 elWPatMZo 1626/2807

伊13

550 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/04 22:45:20.10 y4HqG/9RO 1627/2807

伊13「ねぇ……どうしたの?」

ゴーヤ「ヒトミ…なんでもないでち」ポロポロ

伊13「なんでそんなに…泣いてるの…?」

ゴーヤ「ヒトミには関係ないでち」ポロポロ

伊13「でも……」

ゴーヤ「ほっといてくれ…でち」

伊13「下3」

下3 ヒトミの台詞を

553 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/04 22:52:13.74 KeIULORCO 1628/2807

好きな人のことをほっとけないよ

555 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/04 22:57:06.47 y4HqG/9RO 1629/2807

伊13「好きな人のことを…ほっとけないよ 」

ゴーヤ「………それって、ゴーヤのことでちか?」

伊13「そう…ゴーヤちゃんのこと、好き…だよ?」

ゴーヤ「……」

伊13「ヒトミじゃダメ…かな?」

ゴーヤ「下3」

下3 ゴーヤの台詞を

558 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/04 23:04:33.56 Cs3COCby0 1630/2807

共に全裸の道を究めるなら考えてやらんこともないでち

559 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/04 23:11:05.39 y4HqG/9RO 1631/2807

ゴーヤ「共に全裸の道を究めるなら考えてやらんこともないでち」

伊13「全裸の…道…?」

ゴーヤ「常に全裸がデフォで、尚且つ照れや変な感情を持たないのが条件でち」

伊13「恥ずかし…がらずに…」

ゴーヤ「それが恥ずかしがりやのヒトミにできるでちか?」

伊13「下2」

下2 ヒトミの台詞を

561 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/04 23:14:33.94 1bIMGbld0 1632/2807

あの……提督が怖い顔で後ろに立ってますけど……

563 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/04 23:20:36.24 y4HqG/9RO 1633/2807

伊13「あの……提督が怖い顔で後ろに立ってますけど……」

ゴーヤ「ゲッ……」

提督「ゴーヤぁ!お前というやつは!!」

ゴーヤ「ち、違うんでち……」

提督「何が違……お前、泣いてたのか…」

ゴーヤ「これは、その…………ゆーにフラれたんでち」

提督「そうだったのか…」

伊13「だからあんなに…泣いてたんだ…」

ゴーヤ「でももう吹っ切れたから大丈夫でち」

提督「下2」

下2 提督の台詞を

565 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/04 23:23:25.62 0mpQc0F9O 1634/2807

まあほどほどにな

566 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/04 23:55:12.08 bIsbNuYI0 1635/2807

提督「まあほどほどにな」

ゴーヤ「ほどほどって…なにをでちか?」

提督「とりあえずヒトミをおちょくるのはやめてやれ」

伊13「私…おちょくられてたの…?」

ゴーヤ「…おちょくってないでち」

提督「まぁ、この前みたいなことだけはやめてくれよ?」

ゴーヤ「それはわかってるでち」

伊13「前に何か…あったの?」

提督「こいつ、飛び降りようとしたんだよ」

ゴーヤ「あっ、提督……」

伊13「下2」

下2 ヒトミの台詞を

568 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/04 23:56:16.15 FrZfbDSb0 1636/2807

二度としないように首輪でつないどかないと(ハイライトオフ

569 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/05 00:13:01.31 N+ey9Wqo0 1637/2807

伊13「二度としないように首輪でつないどかないと…」ハイライトオフ

提督ゴーヤ「え?」

伊13「ゴーヤちゃんは…私が守るからね…」

提督「もしかしてヒトミって…そっち系か?」

ゴーヤ「提督が余計なことを言うからでちよ!」

伊13「ね、ゴーヤちゃん……」ゾゾゾ

ゴーヤ「下2」

下2 ゴーヤの台詞を

572 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/05 00:14:59.68 omYXBOLYo 1638/2807

お断わりでちー!(逃走)

573 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/05 00:23:50.62 N+ey9Wqo0 1639/2807

ゴーヤ「お断わりでちー!」ダッシュ

伊13「あっ……待って……」タタタッ

提督「……俺は悪くないぞ」

ーーーーーー

ゴーヤ「ひぃっ、ひぃっ…」

伊13「待って……」ヒュンヒュン

ゴーヤ「首輪を回しながら追ってくるなでちーー!」

下2 ゴーヤは逃げ切れた?

575 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/05 00:26:05.53 7DD563M3O 1640/2807

答え3

577 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/05 00:35:25.54 N+ey9Wqo0 1641/2807

答え③→現実は非情である

伊13「うふふふふ…捕まえた……」

ゴーヤ「で、でちぃ……」首輪装備

伊13「もう逃さない…から…」

ゴーヤ「ご、ゴーヤを…どうするつもりでち?」

伊13「うふふふふ…」

ゴーヤ「笑ってるだけじゃなくて、何か言って…くだち…」

伊13「下2」

下2 ヒトミの台詞を

579 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/05 00:44:13.42 MKqdQl2p0 1642/2807

秘密の地下室に閉じこめているイヨちゃん共々たっぷりと可愛がってあげます

581 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/05 00:49:54.50 N+ey9Wqo0 1643/2807

伊13「秘密の地下室に閉じこめているイヨちゃん共々…たっぷりと可愛がってあげます…」

ゴーヤ「ひぃぃぃぃ!」

伊13「さあ……早く行こう…」ズルズル

ゴーヤ「ぎぎぎ…なんて力でち…」

伊13「大丈夫…すぐに余計なことは考えられなくなるからね…」

ゴーヤ「誰かーー!助けてでちーー!」



ゆーとろーを間違えた件は本当にすいません。好きなのはゆーなんですが、書きやすいのはろーなのでごっちゃごちゃになりました

589 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/05 19:37:50.36 VMfTIfBe0 1644/2807

ーーーーーー地下室

伊13「ここはね…外からしか開けられない鍵のある部屋なの…」

ゴーヤ「嫌でち!こんなところに入れられたくないでち!」

伊13「どうして…?」

ゴーヤ「だって提督や他の潜水艦達と会えなく…」

伊13「どうして…私以外の名前が出てくるの?」

ゴーヤ「え?………ぐっ!?」

伊13「ゴーヤちゃんには…私だけ見てて欲しいの…」グググッ

ゴーヤ「首がっ……!苦し……」

伊13「うふふふふ…それでいいよ。今ゴーヤちゃんの瞳には…私しか映ってないね…」ギュウゥゥ

ゴーヤ「ぎっ…………ぐぅ……」

伊13「ここで…大人しくしててね?」パッ

ゴーヤ「ゲホッ、ゴホッ!……はぁ、はぁ…」

伊13「また…あとでね…」ガチャン

ゴーヤ「ゲホッ…とんでもないことになったでち…」

ゴーヤ「そういえば…ここにイヨもいるんでちよね?あっ、あそこにいるのは…」


下3 伊14の様子を

590 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/05 19:48:23.94 HhjLCkz80 1645/2807

ダミーで14の等身大人形があるだけで本物は逃亡済みだった

593 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/05 19:57:19.82 VMfTIfBe0 1646/2807

ゴーヤ「イヨ、大丈夫でちか?」

伊14「」

ゴーヤ「イヨ…?もしかして死ん…!!」

伊14「」ゴロン

ゴーヤ「あっ……なんだ、人形でちか…」

ゴーヤ「本物がいないということは、ここから逃げ出したということでち。ならどこかに出口があるはず…」

ゴーヤ「どこかに、何かはないでち?」

下3 部屋を探索した結果を

596 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/05 20:03:49.92 MKqdQl2p0 1647/2807

イヨは頂いたという怪盗セイラン(401)からの挑戦状

599 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/05 20:07:43.97 VMfTIfBe0 1648/2807

ゴーヤ「これは…メッセージカードでち?」

ゴーヤ「なになに……イヨは頂いた、怪盗セイランより……」

ゴーヤ「これはどうみてもシオイの字でち、あいつは何をやってるんでちか…」

ゴーヤ「でも…シオイがイヨを頂いたということは、やはり外からしかこの部屋は開かないみたいでち」

ゴーヤ「どうすればいいんでちか…」

下3 この後起こったことを

602 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/05 20:12:35.85 omYXBOLYo 1649/2807

提督が助けに来た

604 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/05 20:45:14.87 F+POouBpO 1650/2807

ガチャ

提督「大丈夫かゴーヤ!?」

ゴーヤ「提督!どうしてここが?」

提督「ここは俺が電と…子作りをした部屋だからな」

ゴーヤ「あっ……そうなんでち」

提督「待ってろ、今首輪を外してやる」カチャカチャ

ゴーヤ「下3」

下3 ゴーヤの台詞を

607 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/05 20:51:36.17 i5UK80mvO 1651/2807

あ!後ろ見るでち!

608 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/05 21:12:44.03 VMfTIfBe0 1652/2807

ゴーヤ「あ!後ろ見るでち!」

提督「え!?」

伊14「提督…なにしてるの…?」

提督「ゴーヤを助けにきたんだ」

伊14「ゴーヤちゃんはね…私のものなんだよ?」

ゴーヤ「勝手なこと言うなでち!」

伊14「でも…ろーちゃんに振られたんでしょ?大丈夫、私が愛してあげるから…」

提督「下3」

下3 提督の台詞を

611 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/05 21:20:51.94 MKqdQl2p0 1653/2807

ゴーヤは俺のものだ!

612 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/05 21:27:11.67 VMfTIfBe0 1654/2807

提督「ゴーヤは俺のものだ!」

ゴーヤ「えっ?」

提督「俺のものだから、イヨには渡すことはできない!」

ゴーヤ「てい…とく?」

伊14「そっか…ゴーヤちゃんは提督のものだったんですね…」

提督「あぁそうだ!」

伊14「ならここで…私の目の前でエッチして下さい…」

提督ゴーヤ「ええっ!!」

伊14「提督の言うことが本当なら…できますよね?」

ゴーヤ「ど、どうするんでちか?」

提督「下3」

下3 提督の台詞or行動を

615 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/05 21:30:43.41 Asc4oTaD0 1655/2807

ゴーヤに>>591

591 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/05 19:52:11.17 S1ZR2DFU0 1656/2807

手足(手は後ろ手)を拘束され、目隠しと猿轡をされてローターを栗と乳首につけ、お尻に極太バイヴをいれられている。

617 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/05 21:32:23.15 V5URg82hO 1657/2807

伊13じゃないのか?伊14にすり替わってない?安価なら↑

618 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/05 21:38:38.07 VMfTIfBe0 1658/2807

すいません、伊13と14が入れ替わってました、正しくは13です


あと安価内容なんですが、提督がいきなり>>591の内容をゴーヤにする

ということでしょうか?

619 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/05 21:56:22.24 Asc4oTaD0 1659/2807

>>618
はい

620 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/05 21:56:25.85 i5UK80mvO 1660/2807

この安価はあんまりじゃね?

621 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/05 22:00:48.31 HhjLCkz80 1661/2807

>>615 の安価を言葉どおりに捉えると、提督がごーやに>>591の行為をされていることになるな……
どちらにせよ話として凄く不自然な状態だが

622 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/05 22:09:12.44 F+POouBpO 1662/2807

提督「そんなことより、もっと凄いものを見せてやるよ」

伊13「それって…?」

提督「ここには色々な道具があるんだ。まずはゴーヤに目隠しをして…」

ゴーヤ「えっ、えっ…何が起こるんでちか?」

提督「次に猿ぐつわを装着する」カチャ

ゴーヤ「むぐーー!」

提督「そして次は…このローターを胸とあそこに…」ブブブ

ゴーヤ「ぐぅっ!むうぅぅぁ!!」ビクンビクン

提督「最後にこの太いバイブを尻穴に入れてやれば…」ズブブブブ…

ゴーヤ「あががが……ぎぃぃぃぃ!」ビクビクビクビク

提督「どうだ、これで納得してもらえたか?」


伊13「下3」

下3 ヒトミの台詞を

625 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/05 22:11:23.23 RuN2cSBlO 1663/2807

電さん、やっぱこいつアカンわ

630 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/05 22:25:52.00 F+POouBpO 1664/2807

伊13「電さん、やっぱこいつアカンわ」

提督「え!?」

伊13「実はね…この様子は電が見てるの…」

提督「ど、どこからだ!?」

伊13「携帯で…撮影してたの。電と繋がってるけど…はい」

提督「も、もしもし…?」

「下3」

下3 電の台詞を

633 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/05 22:28:05.45 MrsGU0tC0 1665/2807

直接してないから、ギリギリセーフなのです。良かったですね

638 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/05 22:42:21.39 F+POouBpO 1666/2807

「直接してないから、ギリギリセーフなのです。良かったですね」

提督「あぁ……そうか…」

「ちなみに、あそこでもしゴーヤちゃんと関係を持ってたら、その時点でリコンなのです」

提督「そんなこと…するはずないだろう」

「ええ、信じているのですよ。浮気症の司令官さん」

提督「……」

「それでは電はこれで失礼するのです。またこういうことがあるかもしれませんが…その時も期待するのです」ガチャ

伊13「電話…終わった?」

提督「……終わったよ」

伊13「そう…電、怒ってた?」

提督「ギリギリセーフ…らしい」

伊13「よかったね…そういえばゴーヤちゃんは?」

提督「あっ!」

下3 ゴーヤの様子を

641 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/05 22:45:00.50 MKqdQl2p0 1667/2807

こういうのは興味ないでち
(すでに復活して平然としていた)

644 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/05 22:53:16.59 F+POouBpO 1668/2807

ゴーヤ「こういうのは興味ないでち」

提督「おぉ……もう復活してたのか」

ゴーヤ「このローターもただ震えるだけで…バイブもよくわかんなかったでち」

伊13「ほんとに…興味ないんだね…」

ゴーヤ「興味があったら年中裸でいないでち」

提督「それもそうだな…」

ゴーヤ「それより提督、このままでいいんでちか?今みたいに電の気分でこんなことをされたら、たまったもんじゃないでち」

提督「下3」

下3 提督の台詞を

647 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/05 22:55:23.94 XjsyeiayO 1669/2807

電に会いに行く

648 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/05 23:00:07.62 F+POouBpO 1670/2807

提督「これから電に会いに行ってくる」

ゴーヤ「それがいいでちね。しっかりと話し合うでち」

ーーーーーー病院

提督「電、来たぞ」

「司令官さん、わざわざありがとうなのです」

提督「どういう要件か…わかるか?」

「さぁ?電のお見舞いではないのですか?」

提督「……下3」

下3 提督の台詞or行動を

651 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/05 23:05:47.41 i5UK80mvO 1671/2807

ごめんなさい

652 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/05 23:15:31.52 N+ey9Wqo0 1672/2807

提督「…ごめんなさい」

「それは何に対する謝罪なのですか?」

提督「それは……」

「浮気を繰り返す自分の不甲斐なさですか?」

提督「……」

「電というものがありながら、新しい秘書艦に毎日ヌいてもらってアヘアヘいってることですか?」

提督「いや、それはだな…」

「下3」

下3 電の台詞を

655 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/05 23:20:22.10 hJplD7yfO 1673/2807

男性なので性欲が溜まるとお猿さんになるのは分かるのですが節度は持ってほしいのです

656 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/05 23:29:09.14 N+ey9Wqo0 1674/2807

「男性なので性欲が溜まるとお猿さんになるのは分かるのですが、節度は持ってほしいのです」

提督「…すまん」

「だから、電が安心するまでこれを預かっていて欲しいのです」

提督「この箱に入っているのは…?」

「婚約指輪、なのです」

提督「ちょっと待てさっきリコンはしないと!」

「だからそれはリコンカッコカリ、なのです。信用できるようになったら、その指輪を受け取ってあげるのです」

提督「そんな……」

「下2」

下2 電の台詞を


658 : 以下、名無しに変わりましてSS速... - 2017/08/05 23:32:11.96 VEL5zBK4O 1675/2807

本来なら三行半を突きつけられてもおかしくないということを忘れないでほしいのです

659 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/05 23:40:13.92 N+ey9Wqo0 1676/2807

「本来なら三行半を突きつけられてもおかしくないということを忘れないでほしいのです」

提督「……そう、だな」

「これでもう電とは夫婦ではなくなるので、お猿さんみたいに誰とでもエッチしても問題ないのですよ?」

提督「……」

「それに、毎日毎日ここにお見舞いにくる必要がなくなるのです。司令官さんはどうぞ子作りに励んでほしいのです」

提督「下2」

下2 提督の台詞or行動を

661 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/05 23:45:06.61 i5UK80mvO 1677/2807

お前と一緒じゃなければダメなんだよといいつつ抱き締める

663 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/05 23:54:02.08 N+ey9Wqo0 1678/2807

提督「お前と一緒じゃなければダメなんだよ…」ぎゅっ

「司令官さん…」

提督「頼む…お前と心が繋がってないと、俺はどうにかなってしまいそうなんだ」

「……」

提督「お前の出す条件なら全て飲む。だからそれだけはやめてくれないか?」

「下2」

下2 電の台詞を

665 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/05 23:56:08.55 MKqdQl2p0 1679/2807

そんな言葉は聞き飽きたのです

669 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/06 00:08:31.08 XK+CFnTq0 1680/2807

「そんな言葉は聞き飽きたのです」

提督「でも…!」

「でも、だってばっかり…言い訳はもういいのです!」

提督「電!」

「うるさいのです!!」

パシーン!

提督「あっ……えっ……?」ジンジン

「もうその顔は見たくないのです!とっとと部屋から出て行くのです!!」

提督「下2」

下2 提督の台詞or行動を

671 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/06 00:12:08.30 okO+tu1uo 1681/2807

無言でとぼとぼと出ていく

672 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/06 00:18:10.11 XK+CFnTq0 1682/2807

提督「……………………」トボトボ

バタン

「…電だって本当はこんなことはしたくないのです。でも、司令官さんとの将来を考えると…」

「…司令官さんは電を選んでくれると信じているのです」

「でも……もし捨てられたら……」

「う……うぅ……」

「嫌だよぉ……司令官さん…」

「電の側から離れないで……」

「うぁぁああぁぁぁん……」

684 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/06 19:55:53.46 XK+CFnTq0 1683/2807

ーーーーーー

「電から連絡がきて、おおよその事態はわかったけど…とても司令官に同情はできないね」

「私はリコンカッコカリではなく、本当にリコンして欲しいと思っているけど、電はそれを望んでいないみたいだ」

「とりあえず執務室にいきなり入ってみて、司令官とポーラさんの反応を見てみよう」

「普通にしていればいいけど、もし変なことをしてたら…その時点で司令官には痛い目にあってもらわないといけないね」

「さぁ、中はどうなっているかな?」ガチャ


下3 執務室の様子を

687 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/06 20:00:17.65 w/mcAD2I0 1684/2807

リコンカッコカリでHが解禁になったとの噂を聞いた一部の艦娘たちが殺到していた

689 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/06 20:06:39.12 XK+CFnTq0 1685/2807

提督!提督!
司令官~

「…なんだろうこの状況は」

ポーラ「これはですね~提督がリコンカッコカリしたと聞いて、色んな人が駆けつけてきたんです~」

「なるほど、あまり良い光景ではないね」

ポーラ「朝から仕事にならなくて大変なんです~」

「どんな人達が来てるんだい?」

ポーラ「ええっとですね~」

下1~3 駆けつけてきた艦娘の名前を

690 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/06 20:07:09.87 xP2veEU50 1686/2807

水無月

691 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/06 20:07:23.32 okO+tu1uo 1687/2807

比叡

692 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/06 20:07:48.87 54Y6/PIso 1688/2807

加賀

693 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/06 20:18:33.07 XK+CFnTq0 1689/2807

水無月「司令官、電とはリコンしたんだよね?水無月…司令官の子どもが欲しいなぁ…」

比叡「司令、比叡と結婚しましょう!やはり司令は人間と結婚すべきです!子どもは…三人くらい欲しいです…」テレテレ

加賀「私なら提督を受け入れられるわ。何人でも浮気してちょうだい。私はどこかの駆逐艦のように心は狭くないわ」

ギャーギャー

ポーラ「あの三人が~騒いでます~」

「水無月と比叡さんはわかるけど、まさか加賀さんまでとはね」

ポーラ「加賀さんは~どちらかというと提督にどんどん子作りして欲しいみたいですね~」

「やれやれ…それで、肝心の司令官はどうしてるんだい?」

下3 提督の様子を

696 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/06 20:22:03.99 I1IfXHPDO 1690/2807

人が近寄るのを怯えてる

697 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/06 20:29:09.40 XK+CFnTq0 1691/2807

提督「……」

「司令官はどうしてあんなに離れた所にいるんだい?」

ポーラ「人が近づくのを怯えてるんです~」

「怯えてる?どうしてだい?」

ポーラ「さぁ…理由を聞こうにも、近付けないんです~」

「なら私が聞こう。ちょっと失礼するよ」

水無月「なんだい響、抜け駆けは許さないよ!」

比叡「そうです!怯えてしまっている司令の心を開かせるのも勝負です!」

加賀「そういうことだから、貴女は下がっていなさい」

「断るね、私は司令官には全く興味がないんだから。さて…司令官、何をそんなに怯えてるんだい?」

提督「下3」

下3 提督の台詞を

700 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/06 20:31:44.32 DxsNWCElO 1692/2807

誰かと喋ってたら気づいたらなぜかHしてしてしまう…そうなったら今度こそ終わりだ

703 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/06 20:41:08.56 XK+CFnTq0 1693/2807

提督「誰かと喋ってたら気づいたらなぜかHしてしてしまう…そうなったら今度こそ終わりだ…」

「一応危機感はあるみたいだね」

提督「当たり前だ!そうなったら俺は…」

「勘違いしないで欲しいんだけど、司令官はとっくに終わっていてもおかしくないんだよ?既に何度も浮気しているんだから」

提督「わかってる……わかってるんだ!」

「はっきり言って私は司令官と電にはリコンして欲しいんだ。電の悲しむ姿はこれ以上見たくない」

加賀「私もリコンには賛成よ。提督の子どもを欲しがっている艦娘は私を含め何人もいます」

水無月「特定の人にこだわるんじゃなくて、もっとみんなとエッチしたいでしょ?」

比叡「司令も悪い話しではないと思います!」

提督「下3」

下3 提督の台詞or行動を

705 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/06 20:44:37.06 54Y6/PIso 1694/2807

支離滅裂に叫びながら逃走

709 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/06 20:52:26.70 XK+CFnTq0 1695/2807

提督「俺は電でせないつらんぞぉ!!」ダダダダダッ

水無月「司令官!?」

比叡「司令、どこへ行くんですか!?」

「これは……」

ポーラ「あら~逃げちゃいましたね…」

「何か様子がおかしかったな……司令官を追いかけよう」

ーーーーーー

「どこへ行ってしまったんだろうか…逃げ出す直前の司令官は目の焦点が合っていないようにも見えた」

「よっぽど電の件がこたえていたのかな?」

「自業自得だと思うけど……こんなところにいたんだね司令官」

下3 提督のいた場所を

712 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/06 20:54:06.30 yfIR882Wo 1696/2807

屋根の上

713 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/06 21:02:32.35 XK+CFnTq0 1697/2807

「屋根の上だなんて危ないよ」

提督「……」

「そんなことをしても何もならないよ」

提督「……」

「……と普通ならこんな優しい言葉をかけるんだろうね。でも私はそうじゃないよ」

提督「……」

「電の将来を考えると、確かに司令官がいないと電は幸せではないと思う。でも、司令官がこのままならどっちにしろ電は幸せにはなれないんだ」

提督「……」

「電を幸せにする気がないなら……さっさとそこから飛び降りるんだ」

提督「……」

「今ならまだ間に合うんだ。司令官がいなくても、私達で電を幸せにできる」

提督「……」

「だから……………司令官、死んでくれ」

提督「下3」

下3 提督の台詞or行動を

716 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/06 21:06:10.84 uyBBiSHQo 1698/2807

……ぃやだ

俺が電を幸せにするんだ!

718 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/06 21:16:32.85 XK+CFnTq0 1699/2807

提督「……ぃやだ、俺が電を幸せにするんだ!」

「無理だね、浮気者の司令官には絶対に無理だ」

提督「あいつを幸せにできるのは俺だけだ!」

「無理だね」

提督「できる!」

「はぁ……司令官も諦めが悪いね」

提督「電のことを易々諦められるか!」

「なら……なんで何度も何度も浮気したのさ!その度に電は悲しんで…もう泣く姿は二度と見たくないんだ!!」

提督「下3」

下3 提督の台詞を

721 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/06 21:20:10.85 Z/w9gIRh0 1700/2807

それは提督となった者の宿命(サガ)なんだよ。艦娘である響には理解できないさ
もっとも聞いた所で理解する気もないだろうけどな

725 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/06 21:30:59.27 XK+CFnTq0 1701/2807

提督「それは提督となった者の宿命(サガ)なんだよ。艦娘である響には理解できないさ。もっとも聞いた所で理解する気もないだろうけどな」

「そうだね、都合のいい言い訳にしか聞こえないよ」

提督「ならちょうどいい、俺の言い訳として聞いてくれ。多くの艦娘は提督に無条件に欲情するようにできているんだ」

「……なに?」

提督「もちろん響のように例外も居るが…」

「そんなの……」

提督「そして、俺達提督も無条件で艦娘に欲情するようにできている」

「……言い訳にしては随分リアルだね」

提督「そう捉えてくれても構わない。だが、俺はもう電を悲しませることはないだろう」

「下3」


下3 響の台詞を

728 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/06 21:33:24.48 lBqC0mdjO 1702/2807

艦娘が提督に欲情するのは本当かい?証拠はあるのかい?

731 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/06 21:41:22.00 XK+CFnTq0 1703/2807

「艦娘が提督に欲情するのは本当かい?証拠はあるのかい?」

提督「…俺のパンツがよく無くなっているのは知っているか?」

「!!」

提督「一部の奴らは俺の服や使用済みの割り箸なんかで興奮しているようだしな」

「そんな…」

提督「もっと言うなら…響は阿武隈のことが好きだろう?」

「もちろんさ」

提督「それはバグなんだよ。俺に向けられるはずだった好意のベクトルが、阿武隈に向いているに過ぎないんだ」

「嘘だろう!?」

提督「残念ながら…事実なんだ」

「下3」

下3 響の台詞を

734 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/06 21:44:00.20 8CRV05kN0 1704/2807

この気持ちは操作されているものだっていうのかい?

735 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/06 21:51:03.51 XK+CFnTq0 1705/2807

「この気持ちは操作されているものだっていうのかい?」

提督「そうだ、その操作がなければ響は阿武隈のことなんて見向きもしなかっただろう」

「嘘…そんなの…嘘…」

提督「考えてもみろ、鎮守府の艦娘というのは上司を楽々と殺せる集団なんだぞ?もし上司が嫌いな人間なら…」

「……」

提督「これが提督の宿命さ。いや…提督と艦娘の宿命だな」

「下3」

下3 響の台詞を

738 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/06 21:54:07.01 w/mcAD2I0 1706/2807

なら電の気持ちも偽りという事だね
良かったじゃないか司令官これでますます電のことを気にする必要はなくなった

742 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/06 22:13:18.51 XK+CFnTq0 1707/2807

「なら電の気持ちも偽りという事だね。良かったじゃないか司令官、これでますます電のことを気にする必要はなくなったよ」

提督「確かに、電の気持ちは操作によるものかどうかはわからない。だが、俺が電を想う気持ちは本物だ」

「違う、それも操作された気持ちだよ」

提督「ああ、性欲に関しては100%操作されている。だが、この電に抱いている感情は本物なんだ」

「それはなぜだい?」

提督「提督になるときに俺達はある薬を投与される」

「それが感情を操作するんだね?」

提督「そして、さらに別の薬を注射されるんだ。これは鎮守府に配属になってから艦娘に注射してもらうことになっている」

「…それがどうしたんだい?」

提督「俺はその注射を受けていないんだ」

「えっ!?」

743 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/06 22:19:42.53 XK+CFnTq0 1708/2807

「まさか、その薬と注射が感情を操作するのを知っていたのかい!?」

提督「いや…」

「じゃあなぜ注射だけ受けていないんだい!?いったいなぜ!?」

提督「実はな、書類の上では注射を受けていることになっている」

「ますます…わけがわからないよ…」

提督「俺はな……」

「……」ゴクリ

提督「俺は…注射が死ぬほど嫌いなんだよ!!」

「」

提督「薬と注射が感情を操作すると教えてくれたのは六提督だったよ。中でも注射は感情を操作するものだと教えてもらった。だから、この気持ちに嘘はない!!」

「下3」

下3 響の台詞を

746 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/06 22:22:13.21 /VuT9RH/O 1709/2807

そんな…ずるいじゃないか!

753 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/06 22:44:00.83 XK+CFnTq0 1710/2807

「そんな…ずるいじゃないか!」

提督「上層部は艦娘は兵器、提督は駒としか思っていないんだろう」

「だからって…」

提督「……なら着いてきてくれ。そんな響に見せたいものがある」

ーーーーーー医務室

「ここに何かあるのかい?」

提督「あぁ…北方棲姫、いるか?」

北方棲姫「どうした提督?なんの用なんだ?」

提督「あの薬…できてるか?」

北方棲姫「…試作品でよければあるぞ。効果は数時間だ」

提督「それでいい。さぁ響、この薬を飲む勇気はあるか?」

「これは…?」

提督「感情の操作を打ち消す薬だ」

「……」

北方棲姫「どんな結果になろうとも、効果は数時間で消える。飲むも飲まないもお前の自由だ」

「……わかった、飲むよ」ゴクリ

提督「……気分はどうだ?」

「下3」

下3 響の台詞を

756 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/06 22:47:21.74 okO+tu1uo 1711/2807

何も変わらない気がする…けど何か変だ

759 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/06 22:51:44.05 XK+CFnTq0 1712/2807

「何も変わらない気がする…けど何か変だ」

提督「…よし、阿武隈をここに呼んでこよう」

北方棲姫「それなら違和感の原因が直ぐにわかるな…」

ーーーーーー

阿武隈「お呼びになりましたか……って響ちゃん!どうしたの?」

北方棲姫「さぁ響、阿武隈を見て何か思うところはあるか?」

「下3」

下3 響の台詞を

762 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/06 22:53:21.19 w/mcAD2I0 1713/2807

愛してます阿武隈お姉さま! 今夜も可愛がってください!!

766 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/06 23:04:11.68 XK+CFnTq0 1714/2807

「愛してます阿武隈お姉さま!今夜も可愛がってください!!」

北方棲姫提督「あれ?」

阿武隈「もう響ちゃんったら……そんなことわざわざ言わなくても、夜にたっぷり愛してあげるからね?」

「あぁ……お姉様…お姉様……」スリスリ

阿武隈「もう……そんなことなれたらあたしが我慢できないよ…」

「好き…大好き……」

提督「これはどういうことだ北方棲姫?」

北方棲姫「…………てへっ」

提督「おい!!」

北方棲姫「いやー見事に間違ったようだな。多分真逆の効果が出てるぞ」

提督「なんてものを作ってるんだ!」

北方棲姫「そんなこといわれても仕方ないだろう!!薬なんて作ったことがないんだから!!」

767 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/06 23:07:04.45 XK+CFnTq0 1715/2807

阿武隈「あのー…さっきから薬ってなんのことですかぁ?」

提督「実はな…」

ーーーーーー

提督「…というわけで、その操作された感情を無くす薬を試していたんだ」

北方棲姫「見事に失敗したがな」

「お姉様……お姉様……」ズリズリ

阿武隈「この感情が…操作されてる?」

提督「バグを除いて、艦娘全員が操作されているそうだ」

阿武隈「下2」

下2 阿武隈の台詞を

769 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/06 23:09:07.61 8CRV05kN0 1716/2807

あっ、そういえば私も注射受けたふりして素通りしたけど……

771 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/06 23:17:37.76 XK+CFnTq0 1717/2807

阿武隈「あっ、そういえばあたしも注射受けたふりして素通りしたけど……」

提督「な……に……?」

北方棲姫「ならお前はそれが素なのか…?」

阿武隈「はい!艦娘に志願した理由は、銀髪ハーレムを作りたかったからなんですぅ」

提督「空いた口がふさがらないとはこのことだな…」

北方棲姫「下2」

下2 北方棲姫の台詞を

773 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/06 23:21:38.03 DxsNWCElO 1718/2807

このド変態な思いが提督に向かなくてよかったな

774 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/06 23:29:50.94 XK+CFnTq0 1719/2807

北方棲姫「このド変態な思いが提督に向かなくてよかったな」

提督「全くだ…」

阿武隈「提督、そういえばあの注射ってめちゃくちゃ痛いらしくて、あたし以外にも何人も受けてない人はいますよ?」

提督「本当か!?」

阿武隈「全員知ってるわけではないですけど…少なくとも、野分ちゃんと天津風ちゃんは受けてませんよぉ」

北方棲姫「ならお前らは…本気で女同士愛し合っているのか?」

阿武隈「当たり前じゃないですかぁ」

北方棲姫「とんだ変態だな…」

阿武隈「でも響ちゃんがあの注射をしてたなんて…」

提督「阿武隈、ショックかもしれないが、それは…」

阿武隈「なら本気で愛してくれるまで、愛してあげます!!」

提督「へぇ!?」

阿武隈「おいで響ちゃん!薬の影響なんか関係なしに、あたしにメロメロにさせてあげるんだから!!」

「あぁ…お姉様…しゅきぃ……」

775 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/06 23:34:35.53 XK+CFnTq0 1720/2807

阿武隈「それでは提督、響ちゃんを愛してあげるので、あたしはこれで失礼します!」バタン

提督「……」

北方棲姫「なるほど…自力で薬を超えるというのか…」

提督「できるのか、そんなことが?」

北方棲姫「さぁ、やってみなくちゃわからないな。提督も、阿武隈と同じことをしてみればいいんだ」

提督「薬抜きで…愛してもらう……」

提督「……北方棲姫、少し出てくるぞ」

北方棲姫「あぁ、遅くならないようにな」

776 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/06 23:40:40.18 XK+CFnTq0 1721/2807

ーーーーーー病院

「なんなのですか?リコンしたから司令官さんがここに来る理由はないんですよ?」


提督「……お前はあの注射を受けたのか?」

「……なんのことだかわからないのです」

提督「…俺はあの注射は受けていないんだ」

「……!」

提督「今北方棲姫に艦娘への欲情を抑える薬を作ってもらっている。これが完成すれば俺はもう大丈夫だ」

「……」

提督「それと同時に、あの注射の効果を打ち消す薬も作ってもらっている」

「……そうなのですか」

提督「だからもし電があの注射を受けていたら、その薬を飲んだ途端俺のことは好きではなくなるだろう」

「……そうなのですね」

提督「だか俺はそれでも構わない!もう一度俺を好きになってもらえるようにお前にアプローチする!」

「!!」

提督「電、これを今お前に伝えたかったんだ」

「下2」

下2 電の台詞を

778 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/06 23:43:37.43 IncvKX4o0 1722/2807

わかったのです。また一から関係を築いていきましょう

780 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/06 23:51:42.08 XK+CFnTq0 1723/2807

「わかったのです。また一から関係を築いていきましょう」

提督「…ありがとう電」

「でも、その薬が完成したからといって、司令官さんの浮気癖が治るとは限らないのです。次は一回でも浮気したら即アウトなのですよ?」

提督「重々わかっている。もうお前を悲しませることはしない」

「はあ……信頼がないのです」

提督「それより…電はあの注射を受けているのか?」

「下2」

下2 電の台詞を


782 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/06 23:52:47.93 DxsNWCElO 1724/2807

…実は雷ちゃんが間違って二回打たれたお陰で私は打たれてないのですよ

784 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/07 00:01:03.96 s0iAegJP0 1725/2807

「…実は雷ちゃんが間違って二回打たれたお陰で私は打たれてないのですよ」

提督「雷は大丈夫だったのか…?」

「あまりの痛さにギャン泣きしてましたが、健康面ではなにも問題ないと思うのです」

提督「それもそうか…何かあれば気づいているか」

「ええ、電に変装した雷ちゃんと、間違ってエッチしちゃったくらいしか問題はないのです」

提督「……まだ怒ってるのか?」

「下2」

下2 電の台詞を

786 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/07 00:03:25.38 3u5Zgh7mO 1726/2807

怒っているというよりショックでした
司令官さんならたとえ変装しても私と雷ちゃんの見分けぐらいつくと思っていたので

787 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/07 00:10:37.59 s0iAegJP0 1727/2807

「怒っているというよりショックでした。司令官さんならたとえ変装しても、私と雷ちゃんの見分けぐらいつくと思っていたので」

提督「……すまん。言い訳をさせてもらうなら、声から何まで電そっくりだったんだ」

「確かに見た目はそうかもしれないのです。でも…体に触った瞬間わからないものなのですか?」

提督「それがな……全く一緒だったんだ」

「ほんとなのですか…?」

提督「あぁ…この際だから言うが、アソコの具合も電そっくりだった。あとからあれは雷だと知って、タチの悪い冗談かと思ったよ」

「下2」

下2 電の台詞を

789 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/07 00:18:19.31 FLbx/zoa0 1728/2807

今度もう一回試してみようなんて言わないでくださいね

791 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/07 00:23:19.19 s0iAegJP0 1729/2807

「今度もう一回試してみようなんて言わないでくださいね」

提督「もちろんだ、わかっている」

「はぁ……ここで司令官さんの言葉が信頼できないのが辛いのです」

提督「ならもう一度信頼してもらうように頑張るしかないな」

「期待しているのですよ?……それなりにですが」

提督「それでも構わないさ」

795 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/07 20:00:11.84 s0iAegJP0 1730/2807

ーーーーーー医務室

提督「急いで来いというから来たが…北方棲姫、なんのようだ?」

北方棲姫「例の薬が完成したんだ」

提督「あの…艦娘に欲情しなくなる薬か。出来はどうだ?」

北方棲姫「私としては完璧に作った。だが実際に試してみないとわからないな」

提督「…なら俺が試そう」

北方棲姫「そうしてもらえると助かる。何、失敗していても効果は数時間で切れるんだ」

提督「失敗していないことを祈るぞ…」ゴクリ

北方棲姫「どうだ提督、何か変わった様子はあるか?」


提督「下3」

下3 提督の台詞を

798 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/07 20:06:36.17 5o59+jFtO 1731/2807

提督の提督がぎんぎんで理性を失い暴走

803 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/07 20:22:07.09 s0iAegJP0 1732/2807

提督「ぐっ……」

北方棲姫「提督、大丈夫か?」

提督「だ、だめだ…股間が……」ギンギン

北方棲姫「…失敗か」

提督「……北方棲姫、もう…俺は…」ガバッ

北方棲姫「やれやれ…こうなるかもしれないと思って、短期記憶を失う薬を用意しておいてよかったな」

提督「すぅ…はぁ…ロリナースの股間…」

北方棲姫「人払いも完璧だし…私も愉しませてもらおうか。ほら提督、キスしよう」

提督「んぐ……れっる…」

北方棲姫「んちゅ……」

提督「ん……今何を飲ませたんだ?」

北方棲姫「何も気にしなくていい。さあ続きをやろう」

提督「我慢できん…」脱がし脱がし

北方棲姫「おい…せめてベッドまで我慢してくれ…」


下3 この後どこまで展開を飛ばしますか?行為後や、最中、でも可

806 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/07 20:26:07.54 8X9AV1lmO 1733/2807

ほっぽちゃんに飲まされた薬の効果が無くなるまでカット

807 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/07 20:39:05.71 s0iAegJP0 1734/2807

提督「んん……?」

北方棲姫「起きたか提督」

提督「俺は…どうしたんだ…?」

北方棲姫「私の作った薬を飲んだ瞬間に寝てしまったんだ。どうやら薬は失敗らしい」

提督「そうだったのか…」

北方棲姫「私はまた薬を調整してみよう」

提督「今も机に向かって調整してくれているのか…体は休めてくれよ?」

北方棲姫「わかっている。また呼ぶからその時は頼む」

提督「ああわかった。これ以上北方棲姫の邪魔をしても悪いな…頑張ってくれよ?」バタン

北方棲姫「……行ったか。はぁ…あいつの性欲は底しれん。私が人間なら確実に孕んでいたぞ…」ボテ腹



下3 次の展開を

810 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/07 20:44:11.59 0i6g2ZUV0 1735/2807

明石から「あんな危ない薬とっくに廃棄して中身入れ替えてますよ。馬鹿正直に打っているのは提督たちだけです
艦娘には『インフルエンザ予防接種』『潜在能力を引き出す薬』『普通より10倍痛いだけの注射』の3種をランダムに打ってます」と報告が届く

813 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/07 20:55:37.39 s0iAegJP0 1736/2807

ーーーーーー執務室

ポーラ「提督~どうでしたか?」

提督「それがな、どうやら失敗だったらしい」

ポーラ「そうなんですか~実はですね、明石さんから報告書がきてるんです~」

提督「報告書…?どれ、見せてくれ」ピラッ

ポーラ「…………なんて書いてあったんですか~」

提督「……あの薬は艦娘には注射されていないらしい」

ポーラ「ええ~?」

提督「中身を廃棄して、インフルエンザの予防薬等をかわりに注射している…と」

ポーラ「じゃあ…注射されていたのは提督達だけ…?」

提督「何も知らなかったのは…俺達だけなのか?」

明石「ええ、そうですよ」

ポーラ「明石さん~!」

提督「明石、どういうことなんだ?」

明石「下3」

下3 明石の台詞を


816 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/07 20:59:34.89 Z6j/IQnz0 1737/2807

艦娘研究部を出し抜くためです
あの人達、私達をモルモットかなにかとしか考えてないじゃないですか

819 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/07 21:12:18.12 s0iAegJP0 1738/2807

明石「艦娘研究部を出し抜くためです。あの人達、私達をモルモットかなにかとしか考えてないじゃないですか」

ポーラ「それは…確かにそうかもしれませんけど~」

提督「だからあの注射を廃棄してくれたのか」

明石「まあ一人の艦娘の無駄な反抗だと思ってくれても構いません」

提督「いや、そんなことはない。お前は凄いよ」

ポーラ「だったら~響はなんであんなことになったんでしょう?」

明石「それは…私にもわかりませんね」

提督「なら直接聞いてみるか」

ーーーーーー

「……」

明石「…ということで、響にはあの薬は注射されてないの。何か思い当たることはない?」

「下3」

下3 響の台詞を

822 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/07 21:14:34.97 OzeKLRUw0 1739/2807

私は阿武隈お姉さまの前ではいつもあんな感じだよ?

823 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/07 21:27:24.46 s0iAegJP0 1740/2807

「私は阿武隈お姉様の前ではいつもあんな感じだよ?」

提督「すると何か…あれが響の素なんだな?」

「そうだね、お姉様の前では普段見せない私の姿を見せているからね」

ポーラ「じゃあ本当に薬は関係ないんですね~」

明石「そうだったの…このためにわざわざありがとう」

「いや、気にしてないさ」

提督「なあ明石、少し気になったんだが、俺の私物を持っていってる連中は、薬の効果が関係なしに持っていってるってことなのか?」

明石「下3」

下3 明石の台詞を

826 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/07 21:33:23.49 0i6g2ZUV0 1741/2807

潜在能力を引き出す薬が多少影響しているかも、好きな人の物が欲しいという潜在的な欲求はあるからね。理性で抑えられるはずだけど……

828 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/07 21:39:34.32 s0iAegJP0 1742/2807

明石「潜在能力を引き出す薬が多少影響しているかもしれません。誰にでも好きな人の物が欲しいという潜在的な欲求があります。でも理性で抑えられるはずですけど……」

「なら直接聞いてみたらどうだろうか?何か規則や法則性がみつかるかもしれないよ」

ポーラ「それはいいかもしれません~」

明石「私も話を聞いてみたいですね」

提督「あとは誰に聞くか、か…」

「ならあの子はどうだろう。あの子のエクストリームっぷりは駆逐艦の中でも噂になっているからね」

ーーーーーー曙の部屋

「それで私のところに来るっていうのが納得できないわね…私がクソ提督のことを…」

「そんなことを言ってるけど、この前なんか…」


下3 曙がやらかしたことを

829 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/07 21:41:08.19 OzeKLRUw0 1743/2807

提督の写真に話しかけていた

832 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/07 21:46:20.70 Z6j/IQnz0 1744/2807

洗っていない提督のパンツの股部分を舐めながら>>829

837 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/07 21:57:56.55 s0iAegJP0 1745/2807

「洗っていない司令官のパンツの股部分を舐めながら、司令官の写真に語りかけていたんだろう?」

「ぎゃあああぁぁ!なんで知ってるのよ!!」

「ならドアくらい閉めるべきだと思うよ」

「嘘でしょ……」

明石「まぁそんなことは今いいんです。それより曙ちゃん、そんなことをするようになったのは、注射をした後からなの?」

ポーラ「それとも元々変態さんなんですか~?」

「下3」

下3 曙の台詞を

840 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/07 21:59:51.74 u6D8ihcwO 1746/2807

注射した後かしら

842 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/07 22:09:17.55 s0iAegJP0 1747/2807

「注射した後かしら」

明石「やっぱりそうでしたか…」

提督「ということは曙は今理性を抑えられていない状態なのか?」

「そうなるんじゃないかな」

ポーラ「なら北方棲姫には理性を抑える薬を作ってもらいましょう~」

「そうしてもらえると私も助かるわ。これでもうクソ提督のことで悩む必要がないんだもの」

提督「そうか…今まで済まなかった」

「下2」

下2 曙の台詞を

844 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/07 22:12:42.41 0i6g2ZUV0 1748/2807

でも私が受けた注射は痛み10倍のものだから、まったく関係ないかもね。痛みで感じたストレスを発散しただけで

848 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/07 22:19:36.81 s0iAegJP0 1749/2807

「でも私が受けた注射は痛み10倍のものだから、まったく関係ないかもね。痛みで感じたストレスを発散しただけで」

「じゃあなんで理性を抑える薬が欲しいんだい?」

「…自分でもわかってるのよ、クソ提督のことで色々やらかしてるなって…」

明石「だからその薬が欲しいと…」

ポーラ「色々大変なんですね~」

提督「薬の件は北方棲姫に伝えておく。曙も何かあれば相談すればいい」

「ええ…そうさせてもらうわ」

明石「結局曙ちゃんは潜在意識を高める注射じゃなかったんですね…」

ポーラ「次は誰に聞きにいきますか?」

「下2」

下2 人物名を

850 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/07 22:21:25.60 CU71p7Slo 1750/2807

村雨

853 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/07 22:27:38.78 s0iAegJP0 1751/2807

「村雨はどうだろう。司令官に襲わせるくらいだしね」

ポーラ「なら早速行きましょ~」

ーーーーーー村雨の部屋

村雨「提督、それにみんなもどうしたの?」

明石「村雨ちゃん、ズバリ聞きますが提督にアプローチするようになったのは、改修の時にした注射の後からですか?」

村雨「下2」

下2 村雨の台詞を

855 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/07 22:28:20.91 OzeKLRUw0 1752/2807

いいえその前に一目ぼれよ

856 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/07 22:37:00.47 s0iAegJP0 1753/2807

村雨「いいえその前に一目ぼれよ」

ポーラ「わかります~提督ってかっこいいですもんね~」

村雨「やっぱりそうよね?いいな~ポーラさんは提督の子どもを妊娠できて」

ポーラ「えへへ~」

提督「本当に俺なんかのどこがいいんだ…」

明石「嫌われるより好かれた方がいいじゃないですか、ほら、こんなのまで村雨ちゃんの部屋にありますよ」

下2 村雨の部屋で見つけたものを

858 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/07 22:41:44.78 3u5Zgh7mO 1754/2807

オータムクラウド先生の提督と電のチョメチョメノンフィクションシリーズ

860 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/07 22:44:50.91 s0iAegJP0 1755/2807

明石「オータムクラウド先生の提督と電のチョメチョメノンフィクションシリーズです」

村雨「それは本当にリアルで凄いの。読んでるだけでもう…」

ポーラ「そんなに…なんですか?」

「私はそんなに興奮しないと思うな」

村雨「特にこれとかオススメよ?」スッ

ポーラ「どれですか~?」

下2 本の内容orタイトルを

862 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/07 22:48:53.38 Z6j/IQnz0 1756/2807

密室での情事

後に霞と龍驤も巻き込んだあの密室での情事

863 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/07 22:55:36.54 s0iAegJP0 1757/2807

「密室での情事…?」

村雨「これはね、丸一日かけて提督と電がひたすらエッチするのよ。本当に獣みたいに…ダメ、想像すると…」ゾクゾク

明石「結局霞ちゃんと龍驤さんも加わって4Pですからね。その辺のエロ本よりもエッチですよこれは」

「なるほど…あの日はこんなことが行われていたんだね」

ポーラ「提督……凄いです…」

提督「下2」

下2 提督の台詞を

865 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/07 22:59:03.86 9cA4w3mvO 1758/2807

思い出したらムラムラしてきた

866 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/07 23:06:59.99 s0iAegJP0 1759/2807

提督「思い出したらムラムラしてきたじゃないか…」

村雨「なら提督!私としましょう!!」

提督「いや、電を悲しませるわけにはいかない。一人で処理しておく」

村雨「残念ね…」

明石「でも村雨ちゃんも注射が関係ないとすると…皆さんただ単に提督のことが好きなんじゃないですか?」

ポーラ「私もそうだと思います~」

「状況的にそれしかないんじゃないかな」

提督「そうか……」

明石「まあまた何かわかりましたら提督にお知らせしますね!」

提督「くれぐれも慎重にな?」

明石「はい!重々承知しています!」

867 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/07 23:11:33.37 s0iAegJP0 1760/2807

ーーーーーー

提督「うっ…………ふぅ…」

提督「こういう時に自分の部屋に籠れないのが辛いな。だが執務室で処理するわけにはいかないし…」

提督「それにしても……少し気になるな」


ーーーーーー医務室

提督「北方棲姫、少しいいか?」コンコン

北方棲姫「提督か!?少し待っててくれ!」

ドタバタ

北方棲姫「…待たせたな、もう大丈夫だ」

提督「着替え中だったのか?忙しいところすまんな、少し聞きたいことがあったんだ」

北方棲姫「……なんだ?」

提督「あの…なんだ、さっきその…一人で…処理をしてたんだが……出る量がかなり少なかったんだ。ひょっとしてあの失敗した薬って、禁欲的な作用があったんじゃないか…?」

北方棲姫「下2」

下2 北方棲姫の台詞を

869 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/07 23:13:42.94 CU71p7Slo 1761/2807

……目逸らし

871 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/07 23:19:33.27 s0iAegJP0 1762/2807

北方棲姫「……」メソラシ

提督「……?なぜ目を合わせないんだ?」

北方棲姫「いや……なんでもない。薬の件は……気にするな」

提督「そうか……?」

北方棲姫「…………」

提督「…北方棲姫、こっちを向いてみてくれないか?」スチャ

北方棲姫「…それはなんだ?」

提督「懺悔ライトというものだ。この光を見てみてくれ」ペカー

北方棲姫「下2」

下2 北方棲姫の台詞を

876 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/07 23:27:46.33 OzeKLRUw0 1763/2807

提督の精子を保管し子供が欲しい艦娘に売りさばこうとした

878 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/07 23:35:17.15 s0iAegJP0 1764/2807

北方棲姫「提督の精子を保管し子供が欲しい艦娘に売りさばこうとしてたんだ…」

提督「何をしようとしているんだ!」

北方棲姫「私だってもっと金が欲しいんだ!そして牛丼をたらふく食べる!」

提督「だからってそんなことはやめてくれ!……もしかして今すぐに出てこなかったのは…」

北方棲姫「…そうだ、精子の保管作業をしていた」

提督「いつ俺から搾精したんだ…」

北方棲姫「採れたてというか…ついさっきというか…」

提督「あっ…!じゃあさっき一人でした時に量が少なかったのは!」

北方棲姫「…あれだけ出せば、そりゃあそうなるな」

879 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/07 23:38:34.21 s0iAegJP0 1765/2807

提督「欲情を抑える薬なら毎日でも飲もうとしたんだが…」

北方棲姫「残念ながらあの薬にそんな効果はなかった」

提督「期待しただけ無駄だったか…」

北方棲姫「すまんな、あの薬はむしろ逆の効果だったようだ」

提督「むしろ逆か……ん…?俺は薬を飲んですぐ寝たんだろ?どうやって精子を…?」

北方棲姫「下2」

下2 北方棲姫の台詞を

881 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/07 23:40:34.54 9cA4w3mvO 1766/2807

薬を飲んだあとに抜かずに7発も中だししてくれたよ

883 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/07 23:48:18.71 s0iAegJP0 1767/2807

北方棲姫「薬を飲んだあとに抜かずに7発も中だししてくれたよ」

提督「なにぃ!?」

北方棲姫「私相手でよかったな、あれが艦娘相手なら妊娠は間違いなかったぞ」

提督「おい、何をしてくれているんだ!」

北方棲姫「そうは言っても薬を飲んだのは提督だ。そして襲ってきたのも提督自身だぞ?」

提督「ぐっ……」

北方棲姫「なら…この薬を飲んでおくか?」

提督「それはなんだ?」

北方棲姫「短期記憶を消してくれる薬だ。この事実を忘れれば、後ろめたい気持ちは消えるぞ?」

提督「下2」

下2 提督の台詞を

885 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/07 23:50:27.34 pISun/o9O 1768/2807

いや必要ないといい切腹の準備を始める

886 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/07 23:58:51.72 s0iAegJP0 1769/2807

提督「いや……必要ない……」

北方棲姫「何をするつもりだ?」

提督「俺はこのまま生きているわけにはいかない…切腹して電にお詫びを…」

北方棲姫「それは困る……な」パクッ

提督「電……すまん…………」

北方棲姫「ひぇいろく、ほっちむあて」

提督「んむ……?んん………」バタリ

北方棲姫「ぷはぁっ、提督に死なれると困るのは私もなんだ。さて、精子の保管作業を終わらせてしまおう」

提督「うーん……」

北方棲姫「辻褄合わせの為に欲情を抑える薬を作っておけば、提督のことは大丈夫だろう。すまないな提督、これも牛丼の為なんだ…」

894 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/08 19:46:10.31 /hjczXiU0 1770/2807

ポーラ「提督~今日はお見舞いに行くんですか?」

提督「あぁ、あれから電とは少しずつ関係も修復できているし、北方棲姫特製の性欲を抑える薬もうまく効いてるようだ」

ポーラ「よかったですね~」

提督「まだ完全には信用されてないから、変なことをしないように注意しなければいけないがな」

ポーラ「ぜひ頑張って下さい~」

下3 失礼します

下3 訪れた人物を

897 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/08 19:53:08.95 HDMzDDrh0 1771/2807

朝潮

898 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/08 20:04:58.06 /hjczXiU0 1772/2807

朝潮「失礼します!」

提督「どうした朝潮?」

朝潮「はい!司令官に御用があったので、執務室まで参りました!」

ポーラ「相変わらず礼儀正しいですね~」

提督「それで、何の用だ?」

朝潮「下3」

下3 朝潮の台詞を

901 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/08 20:12:03.74 RY/JVzdsO 1773/2807

提督の子供を妊娠できるサービスの予約が始まったという怪しい噂を耳にはさんで念のため報告をと思いまして

902 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/08 20:22:01.09 /hjczXiU0 1774/2807

朝潮「提督の子供を妊娠できるサービスの予約が始まったという怪しい噂を耳にはさんで念のため報告をと思いまして」

提督「…朝潮、よく報告してくれた。感謝する」

朝潮「はい!」

ポーラ「その噂はどこで聞いたんですか~?」

朝潮「食堂でヒソヒソ話していたのを聞きました!」

提督「その時話していたのは誰だった?」

朝潮「下3」

下3 人物名を

905 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/08 20:32:12.59 jdNcvryA0 1775/2807


907 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/08 20:36:26.53 /hjczXiU0 1776/2807

朝潮「雷がいたのを覚えています!」

提督「わかった、なら直接確かめてみるか」

ーーーーーー

「司令官、私に何か用なの?」

ポーラ「用事というか~確認したいことがありまして~」

「いいわ、この雷になんでも聞いて!」

提督「なら雷、俺の子どもを妊娠できるサービスについて、何か知らないか?」

「下3」

下3 雷の台詞を

910 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/08 20:44:29.68 +pCp3xqg0 1777/2807

そ、それをどこで知ったの!?(首謀者なのでものすごく動揺しながら)

912 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/08 20:49:01.04 /hjczXiU0 1778/2807

「そ、それをどこで知ったの!?」

ポーラ「もの凄く動揺してます~」

提督「お前が食堂で話しているとの情報があったんだ…」

「そう……残念だけど…私は何も知らない…わ」

提督「本当か…?」

「え、えぇ……」

提督「…ポーラ、雷を抑えてくれ」

ポーラ「了解です~」

「あっ!何をするの!」

提督「雷、本当のことを話すんだ」ペカー

「あぁっ!…………それに関しては私が首謀者なの…」

提督「なんだって!?」

ポーラ「一体なぜそんなことを?」

「下3」

下3 雷の台詞を

915 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/08 20:54:26.72 pOj7OjSs0 1779/2807

司令官の子供が欲しいと思っている艦娘に種だけ配れば浮気しなくても子どもが作れる。ただし認知はしないし種も誰の物か誰にも話さない契約でのみ提供するようになっている

916 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/08 21:09:27.11 /hjczXiU0 1780/2807

「司令官の子供が欲しいと思っている艦娘に種だけ配れば浮気しなくても子どもが作れる。ただし認知はしないし種も誰の物か誰にも話さない契約でのみ提供するようになっているの」

ポーラ「雷…それ本気なんですか?」

「それでもいいから司令官の子どもが欲しいって人が多かったわ」

提督「この状況で妊娠したとして、子種が俺以外にありえないとは考えなかったのか?」

「その辺りも考えてあるわ、ちゃんと鎮守府外に彼氏がいることを仄めかすようにも注意してあるの」

ポーラ「でも……」

提督「……ポーラ、雷と二人きりにしてくれないか?」

ポーラ「…わかりました~」バタン


917 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/08 21:13:05.74 /hjczXiU0 1781/2807

「私と二人っきりになりたいなんて…司令官ったら…」

提督「…前にお前と電を間違えたことは覚えているか?」

「もちろんよ。まさかまた私を…?」

提督「あの時、俺が間違えた理由として、お前と電の体つきや具合まで全部一緒だったんだ」

「もう…恥ずかしいわ」

提督「…そんなことはありえないんだよ」

「??」

提督「…お前は誰だ?」

「下3」

下3 雷の台詞を

920 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/08 21:21:53.71 fU61VlJk0 1782/2807

電のスタンドなのです
雷に憑依している間はほとんど電といっしょになるのです

922 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/08 21:23:32.46 RY/JVzdsO 1783/2807

ええぇ…

925 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/08 21:30:10.31 /hjczXiU0 1784/2807

「電のスタンドなのです。雷に憑依している間はほとんど電といっしょになるのです」

提督「スタンドとは思わなかったが…やはりそういうことだったか」

「いつから気付いていたのですか?」

提督「電は入院しているはずなのに、ここで起こったことを知りすぎてたんだよ」

「…失敗したのです」

提督「雷の許可は取っているのか?」

「もちろんなのです。ねえ雷ちゃん」

「そうよ当たり前じゃない!」

提督「なら俺の子どもを妊娠…というのは電のアイデアなのか?」

「なのです」

926 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/08 21:33:33.74 /hjczXiU0 1785/2807

「雷ちゃんの姿で聞きまわった結果、司令官さんとエッチがしたいというよりは、ただ単に子どもが欲しいという人が多かったのです」

「それで、私もアイデアを出して、この案に落ち着いたの」

「司令官さんは反対なのですか?」

「私はいい考えだと思うんだけど…」

提督「下3」

下3 提督の台詞を

929 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/08 21:36:27.68 HDMzDDrh0 1786/2807

と言うか、そう言う事を相談も無しに勝手に決めるなよ……

931 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/08 21:42:57.64 /hjczXiU0 1787/2807

提督「と言うか、そう言う事を相談も無しに勝手に決めるなよ……」

「これを考えていたときは司令官さんが浮気を繰り返していたときなのです。相談する気にもなれなかったのです」

提督「……」

「ちょっと電…」

「司令官さんは知っているのですか?このサービスのための精子をどうやって手に入れたのかを」

提督「いや…」

「北方棲姫ちゃんに騙されてエッチしたらしいのですよ?」

提督「……」

「まあ今回は仕方ないので見逃してあげるのです。どうです、まだ何かきになることはあるのです?」

提督「下3」

下3 提督の台詞を

934 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/08 21:44:58.12 RY/JVzdsO 1788/2807

ファッ!?

935 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/08 21:52:56.18 /hjczXiU0 1789/2807

提督「ファッ!?」

「…ないのですね」

提督「いやちょっと待て、まだ頭が混乱してて…」

「ねえ電、いきなりこんなこと言っても司令官が混乱するだけだわ」

「…なら司令官さん、質問を今だけ受け付けるのです」

提督「下3」

下3 提督の台詞を

938 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/08 21:57:48.49 fU61VlJk0 1790/2807

いや…浮気を繰り返した俺が言えることはないようだ…だがあまり大っぴらに宣伝はしないでくれよ

939 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/08 22:03:36.28 /hjczXiU0 1791/2807

提督「いや…浮気を繰り返した俺が言えることはないようだ…だがあまり大っぴらに宣伝はしないでくれよ?」

「それくらいわかっているのです」

提督「ならいいんだが…」

「でも司令官も頑張ってるのよね?ここのところトイレに籠っているところをよく見るもの」

提督「……処理しておかないと不安なんだよ」

「下3」

下3 雷or電の台詞を

942 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/08 22:09:34.84 RY/JVzdsO 1792/2807

電に会いに来てくれたときに辛いといってくれればちゃんと処理してあげるのですよ?

943 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/08 22:19:44.20 /hjczXiU0 1793/2807

「電に会いに来てくれたときに辛いといってくれればちゃんと処理してあげるのですよ?」

提督「…いいのか?」

「電もお口で練習したいので、特別に許可するのです」

提督「なら……今日でもいいか?」

「溜まっているのですか?仕方ないですね…」

提督「すまん…」

「…ねえ、生々しい会話を私を通してするの止めてくれない?」

「あっごめんなのです…」

提督「すまん雷…」

「下2」

下2 雷の台詞を

944 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/08 22:20:33.79 +pCp3xqg0 1794/2807

ハァ、まぁ大事な妹だから仕方ないか

946 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/08 22:27:52.55 /hjczXiU0 1795/2807

「ハァ、まぁ大事な妹だから仕方ないか」

「…ありがとうなのです雷ちゃん」

提督「……そういえばその電のスタンド能力は何もデメリットがないのか?」

「デメリットなのです?」

提督「ああ、疲れやすかったりとかだ」

「下2」

下2 電の台詞を

948 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/08 22:34:41.94 YDy1pluxo 1796/2807

デメリットというかこのスタンドは私と雷ちゃんのスタンドなのでお互いに繋がり遭うのです
電にも雷ちゃんが現れるのです

949 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/08 22:44:33.59 /hjczXiU0 1797/2807

「デメリットというかこのスタンドは私と雷ちゃんのスタンドなのでお互いに繋がりあうのです。電にも雷ちゃんが現れるのです」

提督「そうだったのか!?」

「最近は私が体を貸してあげてばっかりだけどね」

提督「全く気付かなかった…」

「だから二人だけの秘密も色々知ってるのよ?」

提督「た、例えば……?」

「下2」

下2 雷の台詞を

951 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/08 22:52:15.94 N52qbPOYO 1798/2807

艦隊を作れるくらい子供が欲しい

952 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/08 23:00:15.17 /hjczXiU0 1799/2807

「ああいうのってピロートークっていうのよね?エッチした後に艦隊を作れるくらい子どもが欲しい…なんて」

提督「ああああああ!」

「雷ちゃん…それは電にもダメージがくるのです…」

「そっか、そのあと電ったら司令官に甘えだして、二回戦目に…」

「いやああああ!黙るのです!」

「わかったわ」

提督「ほんとにお互いに繋がっているんだな…じゃあ、不便なこととか、困っていることはないのか?」

「下2」

下2 雷or電の台詞を

954 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/08 23:06:06.92 pOj7OjSs0 1800/2807

雷 困っていること……妹のダンナが浮気性で、よく妹泣かしていて、その悲しみがそのまま伝わってくることかしらね

955 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/08 23:17:36.06 /hjczXiU0 1801/2807

「妹のダンナが浮気性で、よく妹泣かしていて、その悲しみがそのまま伝わってくることかしらね」

提督「それについては…本当に…」

「まぁ今日はこれくらいにしてあげるわ」

「ちなみに悲しみ以外にも感情を伝えようと思えば伝えられるのですが、普段は抑えているのです」

「そうしないとエッチするたびに、私が大変なことになっちゃうものね」

提督「……お前達の事情はわかった。これからそのつもりで電と雷には話しかけることにしよう」

「ええ、そうしてちょうだい」

「下2」

下2 電の台詞を

956 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/08 23:19:24.75 RY/JVzdsO 1802/2807

ただ本当に怒ってたり気持ちよくて抑えが効かないときは筒抜けらしいのです…

959 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/08 23:33:59.11 /hjczXiU0 1803/2807

「ただ本当に怒ってたり気持ちよくて抑えが効かないときは筒抜けらしいのです…」

提督「それはつまり……」

「……電が妊娠するきっかけの時なんか凄かったわよ?ずーーーーっと気持ちいいのが続いて、頭がおかしくなるかと思ったわ」

「申し訳なかったのです…」

提督「あのときの快感が筒抜けだとすると…よく耐えられたな」

「そうなのです、どうやって乗り切ったのですか?それは電も知らないのです」

「下2」

下2 雷の台詞を

961 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/08 23:42:05.09 VHcI7vhR0 1804/2807

廊下で失禁したわ

962 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/08 23:49:25.06 /hjczXiU0 1805/2807

「廊下で失禁したわ」

提督「せめて部屋まで我慢できなかったのか?」

「無理ね、二人ともずっとしてたんだもの」

「そうだったのですか…」

「二人は知らないでしょうけど、あの日私はみんなに温かい目で見られていたの…」

提督「…知らなかったとはいえ申し訳ないことをした」

「はい…お詫びに何かして欲しいことでもないのです?」

「下2」


下2 雷の台詞を

964 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/08/08 23:53:18.24 +WMpmcPGO 1806/2807

阿武隈お姉様のハーレムに入れるように説得してほしい

967 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/09 00:03:52.22 HA/6Ks6N0 1807/2807

「なら阿武隈お姉様のハーレムに入れるように説得してほしいわ」

提督「雷、お前ってそっちなのか?」

「いや、そうじゃなくて…響が言ってたんだけど、阿武隈お姉様のエッチってめちゃくちゃ気持ちいいらしいの」

提督「だからハーレムに入りたい…と」

「ハーレムって元々そういう意味でしょ?だから協力してほしいの」

「司令官さん、言うだけ言ってみてくれませんか?」

提督「あいつは銀髪にしかハーレムに入れないと言っていたが…一応俺から言ってみよう」

「本当!?」

提督「迷惑をかけたのは事実だからな」

「やったー!ありがとう司令官!」

「妹として喜んでいいのか微妙なところなのです…」



次スレへ続く!!!!


968 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/09 00:06:00.10 HA/6Ks6N0 1808/2807

ということで次スレに続きます、まだ終わりません

残りに感想等あればぜひ書き込んでください

それではまた、お願いします

976 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/08/09 19:14:03.40 iRke8ddE0 1809/2807

【艦これ安価】提督「艦娘が妊娠した」 その4.5
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1502273495/


次スレになります


あと、せっかくここが少し余ったので見てみたいエロシーン等があれば書き込んでみて下さい

でも、書けるかはわかりません


それでもよければどうぞ



続き
【艦これ安価】提督「艦娘が妊娠した」 その4.5


記事をツイートする 記事をはてブする