【艦これ安価】提督「艦娘が妊娠した」
【艦これ安価】提督「艦娘が妊娠した」(後半)
の続き
【艦これ安価】提督「艦娘が妊娠した」 その2
【艦これ安価】提督「艦娘が妊娠した」 その2(後半)
【艦これ安価】提督「艦娘が妊娠した」 その2.5


463 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/24 19:52:26.65 aYAyHqjl0 1118/2807

提督「ろーちゃんまで妊娠してしまうとは…予想外だったな」

提督「やはり深海棲艦と艦娘との間では子どもができるようだ…」

提督「艦娘同士では妊娠しない…ということは、深海棲艦には何か特殊な力があるのだろうか?」

提督「それとも、姫ちゃんが言うように魂が剥がれやすいだけなのか…」

提督「…とりあえず執務室へ戻ろう」

下3 執務室はどうなっていた?~誰がいた等

466 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/24 19:56:53.34 Mk6Vb5WN0 1119/2807

飛鷹が待ってた

467 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/24 20:09:05.38 aYAyHqjl0 1120/2807

飛鷹「遅かったわね提督、どこへ行っていたの?」

提督「飛鷹か、すまん少し潜水艦達の所へ行ってたんだ」

飛鷹「ローソンの方から来た気がするんだけど?」

提督「ローソンで色々あってな…」

飛鷹「…そう、嘘じゃないならいいんだけど」

提督「俺に何か用か?」

飛鷹「下3」

下3 飛鷹の台詞を

469 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/24 20:10:41.68 bgUMIKPo0 1121/2807

隼鷹の様子が、何やらおかしい

471 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/24 20:16:53.44 aYAyHqjl0 1122/2807

飛鷹「隼鷹の様子が、何やらおかしいの」

提督「いつもの二日酔いじゃないのか?」

飛鷹「そうじゃないみたいなの…一度一緒に来てくれない?」

提督「わかった、様子を見に行こう」

ーーーーーー隼鷹の部屋

飛鷹「隼鷹?提督を連れてきたんだけど…」

下3 隼鷹の部屋の様子を

474 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/24 20:21:42.30 bZEJMN7tO 1123/2807

すごくしおらしくなってた

475 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/24 20:27:38.56 aYAyHqjl0 1124/2807

隼鷹「あっ……飛鷹に提督…」

提督「本当に隼鷹か?随分としおらしいじゃないか」

飛鷹「ね?いつもの調子じゃないでしょ?」

提督「二日酔い…とかではなさそうだな」

隼鷹「うん……なんでも、ないって…」

飛鷹「ねぇ何があったの?私に教えてくれないかしら?」

隼鷹「下3」

下3 隼鷹の台詞を

478 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/24 20:32:16.28 gswuIuYQ0 1125/2807

一緒にお酒を飲んでくれる人が少なくなった

479 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/24 20:40:53.27 aYAyHqjl0 1126/2807

隼鷹「一緒にお酒を飲んでくれる人が少なくなったんだ…」

提督「だからそんなにしおれてたのか?」

隼鷹「お酒って一人で飲んでも美味くないんだよ…」

飛鷹「結果的に禁酒になってたから、あんなに様子がおかしかったのね」

隼鷹「特にポーラなんて毎日飲んでたのに…今は全く飲まないようになったんだ」

飛鷹「あのポーラさんが!?」

隼鷹「提督、何か知らない?」

提督「……実は…」

ーーーーーー

提督「…ということなんだ」

隼鷹「下3」

下3 隼鷹の台詞を

482 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/24 20:46:19.18 Kga/mQy+O 1127/2807

うらやましいなぁ…

485 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/24 20:55:37.75 aYAyHqjl0 1128/2807

隼鷹「うらやましいなぁ…」

飛鷹「隼鷹!?アンタまさか…!」

隼鷹「……正直さ、命預ける上司が嫌いだったら、出撃できないよ」

飛鷹「それはまぁ…そうだけど…」

隼鷹「あー酒飲ませて襲えばよかったのか…悔しいなぁ…」

提督「俺としては電以外を妊娠させるのは不本意なんだがな…」

隼鷹「でもさー…はぁ…」

飛鷹「隼鷹が…ねぇ……」

隼鷹「そうは言ってもさ、飛鷹も提督のこと好きだろ?」

飛鷹「下3」

下3 飛鷹の台詞を

489 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/24 21:00:45.53 bgUMIKPo0 1129/2807

だからって寝取りみたいな真似はしないわよ!?

491 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/24 21:10:22.65 aYAyHqjl0 1130/2807

飛鷹「だからって寝取りみたいな真似はしないわよ!?」

隼鷹「まぁ…それが普通だけどさぁ」

飛鷹「ポーラさんがそんなことをしてたなんて…そっちの方がショックだわ」

提督「ポーラは一人で育てると言っていたが…」

飛鷹「そもそも、提督が隙だらけなのがダメなのよ」

隼鷹「あー…それは私も思う」

提督「そんなに…か?」

飛鷹「だって…下3」

下3 飛鷹の台詞を

494 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/24 21:15:44.23 D47p+Aj90 1131/2807

スキンシップ多いし

495 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/24 21:21:59.17 aYAyHqjl0 1132/2807

飛鷹「スキンシップ多いし」

提督「そんなに多いか?」

隼鷹「多いね、あたしみたいに勘違いする奴が出てくると思うよ」

提督「そんなつもりはないんだがな…」

飛鷹「逆レイ○されてる癖に、よく言うわね」

提督「……それより、飛鷹はこれでいいのか?隼鷹がこのままで」

飛鷹「下3」

下3 飛鷹の台詞を

498 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/24 21:24:49.41 Mk6Vb5WN0 1133/2807

むしろ水ソムリエになった那智に弟子入りでもさせて徹底的に禁酒させたい

499 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/24 21:30:37.16 aYAyHqjl0 1134/2807

飛鷹「むしろ水ソムリエになった那智に弟子入りでもさせて徹底的に禁酒させたいわ」

提督「…だそうだが?」

隼鷹「…しゃーない、これを機に禁酒してみるよ」

飛鷹「えっ、ほんとに!?」

隼鷹「そのかわり…飲む時は飛鷹と一緒に飲みたいな」

飛鷹「えぇ、飲む時は楽しく飲みましょうね」

ーーーーーー

提督「まさか隼鷹が禁酒するとは…明日は嵐にでもなるんじゃないだろうか?」

下3「提督!」

下3 遭遇した人物を

502 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/24 21:33:44.17 bZEJMN7tO 1135/2807

龍驤

504 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/24 21:37:51.34 aYAyHqjl0 1136/2807

龍驤「なんや司令官、変な顔してどうしたん?」

提督「いや、隼鷹が禁酒すると聞いてな…」

龍驤「なんやて!?」

提督「…な?変な顔にもなるだろ?」

龍驤「ほんまやね…」

提督「ところで龍驤はどうしたんだ?」

龍驤「下3」

下3 龍驤の台詞を

507 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/24 21:47:39.95 d/AHdsXtO 1137/2807

艦隊がチョコ菓子で内紛状態

508 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/24 21:54:16.10 aYAyHqjl0 1138/2807

龍驤「艦隊がチョコ菓子で内紛状態なんや」

提督「チョコ菓子というと、この前のキノコの山とかか?」

龍驤「せや、今食堂の方でもめてるねん」

提督「力になれるかはわからんが…とにかく俺も行こう」

ーーーーーー食堂

ギャーギャー

提督「騒いでるようだな…」

下1~3 言い争っていた艦娘達は?人物名を

509 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/24 21:55:06.59 d/AHdsXtO 1139/2807

千歳

510 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/24 21:55:23.28 Mk6Vb5WN0 1140/2807

秋雲

511 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/24 21:55:32.72 7PH3s1ob0 1141/2807

むつき

512 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/24 22:05:55.52 aYAyHqjl0 1142/2807

睦月「だーかーらー!チョコといえばキノコの山にゃしい!」

秋雲「いーやタケノコだね、これが一番売れてるんだし」

千歳「二人共落ち着いて、一旦コアラのマーチを食べませんか?」

睦月「コアラはこの戦争に入ってくるなにゃし!」

秋雲「そうだよ千歳さん、秋雲さんは遊んでるんじゃないんだから!」

千歳「聞き捨てならないわね…」

提督「一触即発じゃないか…」

龍驤「司令官どうするんや?誰かの味方をするんか、それとも別の何かを…?」

提督「下3」

下3 提督の台詞を

515 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/24 22:08:53.44 E15on6cBO 1143/2807

その点トッポってすげぇよな、最後までチョコたっぷりだもん

516 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/24 22:16:35.56 aYAyHqjl0 1144/2807

提督「その点トッポってすげぇよな、最後までチョコたっぷりだもん」

睦月「提督も敵だったにゃし…」

秋雲「よりによってトッポなんかを…」

千歳「私ちょっとわかります。けどコアラのマーチには遠く及びませんね」

提督「何を!最後までチョコタップリなのはトッポだけなんだぞ?」

ギャーギャーギャー

龍驤「あかん…事態が余計ややこしくなってもうた…」

下3 「ちょっと待った!」

下3 颯爽と現れた人物は?

519 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/24 22:21:11.75 d+trQnN5O 1145/2807

加賀

520 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/24 22:24:28.09 aYAyHqjl0 1146/2807

加賀「お待ちなさい」

龍驤「加賀!」

加賀「龍驤、ここは私に任せなさい」

龍驤「食い物に異常な執念を燃やす加賀なら、この状況を打ち破れる…!」

提督「なんだ加賀?何か意見があるのか?」

睦月「加賀さんもキノコの山が好きなんですよね!?」

秋雲「いやいや、タケノコでしょ?」

千歳「やっぱりコアラですよね?」

加賀「下2」

下2 加賀の台詞を

522 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/24 22:26:00.95 8F8J49qLo 1147/2807

チョコはチョコ
それ以上でもそれ以下でもないわ

524 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/24 22:38:53.44 aYAyHqjl0 1148/2807

加賀「チョコはチョコ、それ以上でもそれ以下でもないわ」

睦月「にゃしい!?」

加賀「チョコなんかにこだわるなら、私は毎食の食事をこだわりたいです」

千歳「そうか…所詮はチョコなのよね…」

加賀「そんなつまらないことで言い合いなんかしないで下さい。提督も、何参加しているんですか?」

提督「すまん…トッポは最後までチョコタップリだったから…」

加賀「意味がわかりません」

525 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/24 22:43:04.46 aYAyHqjl0 1149/2807

加賀「さぁ、もう無駄なことはやめてそれぞれ持ち場に戻って下さい」

睦月「わかったにゃし…」

秋雲「秋雲さんは…遠征の準備しなきゃなぁ…」

千歳「加賀さん、すいませんでした、私も戻ります」

提督「助かったよ加賀、流石は一航戦だな」

加賀「やりました」ドヤ顔

龍驤「その癖がなかったら完璧なんやけどなぁ…」

加賀「それより私は龍驤に用事があったんです」

龍驤「ウチに?なんの用なん?」

加賀「下2」

下2 加賀の台詞を

527 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/24 22:44:25.88 D47p+Aj90 1150/2807

キノコたけのこ戦争聴いていた浦風が毒キノコのトラウマを思い出し引きこもってしまったのだけど、どうすれば?

528 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/24 22:54:35.39 aYAyHqjl0 1151/2807

加賀「キノコたけのこ戦争聴いていた浦風が毒キノコのトラウマを思い出し引きこもってしまったのだけど、どうすればいいのかしら?」

龍驤「そういえば浦風はキノコで入院してたんやったでなぁ…」

加賀「提督に言うより龍驤に言った方がいいと思ったのだけど、この際だから提督も手伝ってくれないかしら?」

提督「そういうことなら俺も手伝おう」

ーーーーーー浦風の部屋

龍驤「部屋には浦風以外に誰かおるん?」

加賀「さぁ、そこまでは知らないわ。私が知っているのは浦風が引きこもったという事実だけよ」

提督「どんな状況なんだ…?」ガチャ

下2 部屋の様子を

530 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/24 22:58:06.91 Mk6Vb5WN0 1152/2807

うーちゃんが浦風に色々といやらしい格好をさせていた

531 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/24 23:04:21.23 aYAyHqjl0 1153/2807

卯月「ほらほら、次はこれを着てみるっぴょん」

浦風「これ…ほとんど紐じゃけ…」

提督「浦風!?なんて格好してるんだ!?」

加賀「俗に言うマイクロビキニというやつね」

龍驤「何をしとるんや!?」

浦風「ひゃあ!?み、見やんといて!」

卯月「司令官~この浦風いやらしいっぴょん?」

提督「ああ…じゃなくて、なんで浦風にこんな格好をさせてるんだ!?」

卯月「下2」

下2 卯月の台詞を

533 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/24 23:05:07.84 6DORPhmdO 1154/2807

浦風のことが好きだと気づいた

534 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/24 23:13:43.67 aYAyHqjl0 1155/2807

卯月「浦風のことが好きだと気づいたんだっぴょん」

龍驤「へぇっ!?」

卯月「卯月はこの前のことを許してもらおうと浦風の所に何回もお見舞いに行ったっぴょん。その内に浦風の良さに気付いたんだっぴょん」

加賀「二人は似合いそうには見えないわね」

提督「浦風は卯月のことをどう思ってるんだ?」

浦風「下2」

下2 浦風の台詞を

535 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/24 23:16:36.57 bgUMIKPo0 1156/2807

手の掛かる妹

538 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/24 23:23:05.21 aYAyHqjl0 1157/2807

浦風「手のかかる妹…やね」

卯月「なんでぴょ~ん、こんなに卯月の気持ちをストレートに伝えてるのに~」

浦風「はいはい」

加賀「卯月はうまくあしらわれているのね」

龍驤「でもそんな格好をしてるってことは、全く嫌っちゅうことではないんやな?」

浦風「う…それは…」

卯月「ん~~?うーちゃんのことが好きだって認めちゃうっぴょん?」

浦風「それはない…けど……嬉しいのは事実じゃ」

提督「ほう…?」

539 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/24 23:28:39.35 aYAyHqjl0 1158/2807

浦風「うちが入院してる時も、卯月の方が辛いはずやのに毎日欠かさず会いに来てくれたんや」

加賀「あの状態で歩けたの?」

卯月「車椅子を使ったっぴょん。自分で動かせない時は看護師さんに無理言って頼んだっぴょん」

浦風「それに今もうちが引きこもった時に真っ先に来てくれたのが卯月やったし…」

龍驤「なんや、卯月のこと好きやないか」

浦風「それはないっ!ただの妹じゃ!」

卯月「ええ~?正直に言うっぴょん、卯月のこの魅力タップリの体を好きにしたいって」

浦風「ない!絶対ないっ!」

卯月「……もしこの服の下に浦風と同じマイクロビキニ着てるって言ったら…どうするっぴょん?」

浦風「下2」

下2 浦風の台詞or行動を

541 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/24 23:30:27.11 ZNhoO/OCO 1159/2807

破廉恥じゃ!今すぐ普通の下着を着けてこい!と部屋から追い出す

543 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/24 23:38:26.80 aYAyHqjl0 1160/2807

浦風「破廉恥じゃ!今すぐ普通の下着を着けてこい!」ポーン

卯月「追い出すなんて酷いっぴょん!!」ガチャ

浦風「ふぅ…これで静かになったわ」

加賀「追い出すのはやり過ぎなんじゃなくて?」

浦風「ええの、卯月はフザケ過ぎなんじゃ!」

龍驤「でもあんまり突き放し過ぎるとよくないで?卯月に悪気はないんやし」

浦風「それは…そうじゃけど……」

提督「まあ上手く付き合ってやってくれ。卯月はああ見えても繊細な所があるからな」

浦風「そんなん…ようわかってるけぇ…」

加賀「……それにしても静かね。卯月は外で何をしてるのかしら?」ガチャ

下2 部屋の外はどうなっていた?

544 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/24 23:40:19.60 ZNhoO/OCO 1161/2807

マイクロビキニでお色気ポーズ、但し全然ムラムラしない。むしろむかつく

546 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/24 23:51:28.27 aYAyHqjl0 1162/2807

卯月「うっふ~ん。どうっぴょん?卯月のマイクロビキニすが…」バタン

加賀「……」

龍驤「どうやった?」

加賀「……腹が立ってきたわ」

提督「そ、そうか…」

加賀「提督は見ない方がいいかもしれないわね。ロリコンが喜びそうな格好をしてたし」

提督「俺はロリコンじゃないと言っている!」

龍驤「司令官、説得力ないで…」

浦風「ほんまに…卯月はぁ…!」

加賀「そういえばキノコの件は大丈夫なの?もう部屋からは出てこれそう?」

浦風「下2」

下2 浦風の台詞を

548 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/24 23:53:12.30 Mk6Vb5WN0 1163/2807

わすれてた

550 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/25 00:01:34.96 8l1Dw7+d0 1164/2807

浦風「忘れてたわ…」

龍驤「忘れるくらい卯月が強烈やったんやな」

浦風「ほんまにうちを困らせるだけ困らせよってぇ…!」

加賀「そんな格好してる時点で、説得力はないのだけれどもね」

浦風「うっ……それは…」

提督「浦風、無理はしなくてもいいが、出撃かローソンを手伝ってくれると助かる。また一人出撃できるやつが減ったんでな」

浦風「うん……もう大丈夫やと思うけぇ」

ガチャ

卯月「ついにうーちゃんの愛が通じたっぴょんね!」

浦風「卯月はその破廉恥な格好をどないかせぇ!!」

554 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/25 19:54:30.89 8l1Dw7+d0 1165/2807

提督「用事も済んだし執務室へ戻るか…」

提督「そういえばこのルートだと駆逐艦達の部屋の前を通るな…」

提督「巻雲が迷惑していると言っていたし…曙に注意しておくか」

ーーーーーー

提督「しかし自慰がうるさいとストレートに言えば傷付くだろうし、言い方はよく考えなければいけないな」

提督「さて…曙、入るぞ?」

シーン

提督「…おかしいな、返事がない。部屋にいる気配はするんだが…曙、どうかしたのか?」ガチャ

下3 部屋の様子を

555 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/25 19:56:06.79 I0lby24LO 1166/2807

自慰し過ぎて裸のまま失神してた

557 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/25 20:01:37.18 oQoZnpvyo 1167/2807

>>555
+太いディルドを突っ込んでお腹がぽっこり膨れたまま

559 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/25 20:10:23.86 8l1Dw7+d0 1168/2807

「」

提督「おい曙!?……気絶してるのか…」

提督「しかしこの格好は強烈だな…どれだけ太いバイブなんだ?お腹が膨らんでるじゃないか…」

「」

提督「オカズは多分俺の下着だろうな…変な液体まみれで落ちてるし…」

「」


提督「……」

下3 提督の行動を

562 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/25 20:16:15.68 l6gvUcOs0 1169/2807

バイブを引っこ抜いて観察

564 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/25 20:22:58.96 8l1Dw7+d0 1170/2807

提督「この太いバイブを抜いたらどうなるんだろうか?」

提督「男で言えばオナホに突っ込んだまま気絶したとして、それを急に引き抜く…」

提督「……ダメだ、想像ができない。気絶から覚めるのだろうか?」

提督「そうだ、この光景は目に毒だ。だから俺はその光景を無くすためにバイブを引き抜くんであって、決してやましい気持ちはないんだ」

提督「……よし、抜くからな」

ズブブブ……ブブ…ヌポッ

提督「さあ、どんな反応が見れる?」

下3 曙の反応を

567 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/25 20:26:46.64 xpySOAGYO 1171/2807

愛液をドバドバ出しながら痙攣

568 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/25 20:31:37.34 8l1Dw7+d0 1172/2807

「」ビクンビクン

提督「うお、痙攣してる…イッたのか?」

提督「あ…イッてるな、愛液が凄い垂れてきてるぞ」

「」ピク…ピク…

提督「しかし電のもこんなにマジマジと見たことがないぞ。あいつは恥ずかしがるからな」

「」トロトロ……

提督「まだ垂れてくるのか…」

下3 提督の行動を

571 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/25 20:34:37.60 I0lby24LO 1173/2807

苦情の手紙を置きつつバイブを全開にして戻して部屋を出る

572 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/25 20:42:20.85 8l1Dw7+d0 1174/2807

提督「こんなに感じるんだ、自慰の声が大きいというのも本当なんだろう」

提督「苦情の手紙を置いて帰ろう…」

「」ピクピク

提督「自慰の声が大きいらしいので、もっと周りのことを考えて楽しむように…と」

提督「手紙はこれでいいとして、バイブは…全開にして曙の中に戻しておこう」

ウィンウィンウィンウィン

提督「凄く激しいな…これを普段使っているのか…」

「」

提督「さて……戻すか」

ズブブ…

下3 曙の反応を。起きなかった、も可

575 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/25 20:47:42.08 RRuonzZAO 1175/2807

凄まじい勢いで潮を吹き上げつつ悲鳴を上げながら飛び起きる

576 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/25 20:52:45.00 8l1Dw7+d0 1176/2807

「ひっぎいぃぃいいい!」プシャアアァ

提督「凄い潮吹きだな…スプリンクラーを思い出すぞ…」

「はあっ!はあっ……」

提督「起きたか曙」

「クソ…提督…?」

提督「部屋に入ったらお前がその格好で気絶してたんだ。メモを机の上に置いておいたからあとで見ておいてくれ」

「…下3」

下3 曙の台詞を

579 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/25 20:54:49.50 mGHRKUXWO 1177/2807

クソ提督!今すぐに私を抱きなさい!

581 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/25 21:02:04.71 8l1Dw7+d0 1178/2807

「クソ提督!今すぐに私を抱きなさい!」

提督「いやいや、何を言っているんだ。俺には電がいる」

「……その割にはクソ提督の股間が盛り上がってるみたいだけど?」

提督「!!いや、これはだな…」

「どうせ私の裸みて興奮してたんでしょ!!」

提督「ぐっ……とにかく、お前を抱くことはできない!」

「下3」

下3 曙の台詞を

584 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/25 21:09:18.13 oQoZnpvyo 1179/2807

まだ来てないからどれだけ出しても大丈夫よ
溜まってるんでしょ?

585 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/25 21:15:17.09 8l1Dw7+d0 1180/2807

「まだ来てないからどれだけ出しても大丈夫よ。溜まってるんでしょ?」

提督「……」

「嘘じゃないわよ、生理来てたらこんな太いバイブなんか使えないもの」

提督「だが……」

「もーじれったいわね。目の前で女の子がこんな格好してるのよ?さっさと犯しなさいよ!」

提督「下3」

下3 提督の行動を

588 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/25 21:17:57.51 l6gvUcOs0 1181/2807

実は俺も我慢できなかったんだ
(>>563)

563 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/25 20:16:25.68 mGHRKUXWO 1182/2807

性欲が暴走してエッチする

589 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/25 21:22:55.32 8l1Dw7+d0 1183/2807

提督「実は俺も我慢できなかったんだ…」

「ならいいじゃない。私は準備万端だから好きなだけ犯すといいわ」

提督「性欲が暴走しそうだ…本当にどうなっても知らんぞ?」

「クソ提督になら…何されてもいいから」

提督「後悔するなよ……」カチャカチャ

下3 第六駆逐隊の見張りはあった?ある場合はその行動も

592 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/25 21:26:05.44 Va84zQ4nO 1184/2807

響だよ
ワンパンで二人共鎮めるすごい駆逐艦だよ

598 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/25 21:32:59.31 8l1Dw7+d0 1185/2807

「響だよ」

提督「え?」

グラッ

ーーーーーー


提督「……ん…ここは…」

「司令官、起きたかい?」

提督「響…か?」

「そうだよ、ワンパンで二人を鎮めた響だよ…」

提督「そうか……俺は…」

「私の見張りがなければ、また過ちを犯すところだったね」

提督「……それより、ここは…?」

下3 提督の居る周りの様子は?

601 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/25 21:35:30.67 EtTGq4Gl0 1186/2807

左足に鎖を付けられてベッドに固定されている

603 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/25 21:42:15.30 8l1Dw7+d0 1187/2807

提督「ここは…とにかく移動を…」ジャラ

「無駄だよ、司令官は今左足を鎖で繋いであるんだ」

提督「何故こんなことを…」

「説明しなきゃわからない?司令官は何をしようとしていたのかな?」

提督「……」

「ここはお仕置きでもしておこうと思ってね、ここに運んできたんだ」

提督「それより…曙はどうしたんだ?」

「下2.4」

下2 曙はどこにいるか
下4 提督へのお仕置き内容を

605 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/25 21:43:22.21 Qth0uRcxo 1188/2807

六駆の部屋で反省してもらってる

607 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/25 21:44:14.53 l6gvUcOs0 1189/2807

響が提督の性欲処理をするから耐えてみてくれ

608 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/25 21:48:15.73 8l1Dw7+d0 1190/2807

「私達の六駆の部屋で反省してもらってるよ」

提督「…それは反省できそうだ」

「電がしっかりと見てるだろうからね。さあ、司令官へのお仕置きを開始しよう」

提督「俺への…お仕置き…?」

「私が司令官の性欲処理をするから、それに耐えてみせてね」

提督「!!」

「じゃあまずは…」

下3 提督へ何をした?

611 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/25 21:51:39.96 oQoZnpvyo 1191/2807

玉を揉みながら丁寧に手コキ

613 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/25 21:58:54.40 8l1Dw7+d0 1192/2807

「手でするから、我慢してね」

提督「お、おい…」

「さて…やりますか」

シュッシュッ

提督「……んっ…」

「流石に大丈夫そうだね、ならこれならどうかな?」

むにゅんむにゅん…むにゅっ

提督「ぐっ…う……」

「玉を揉まれるのは気持ちいいみたいだね、じゃあ両方はどうかな?」

むにゅ…むにゅ…シコシコ

提督「…………くっ…」

「かなり辛いみたいだね。でもまさか、もう出るなんて言わないよね?」

提督「あぁ……」


「じゃあ次はこれだよ」

下3 お仕置き内容を

616 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/25 22:03:20.37 mGHRKUXWO 1193/2807

生ハメ

620 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/25 22:10:44.40 8l1Dw7+d0 1194/2807

「よっと……」シュルシュル

提督「裸になって…何をするつもりだ?」

「生ハメだよ」

提督「なんだと!?それじゃあ浮気に…」

「電のことが好きなら私になんか出さないよね?それにこれは電から許可をもらっているから」

提督「電が!?」

「そう、その電から伝言だよ。『司令官さん、私のことが本当に好きなら響ちゃんに中○しなんてしないはずなのです。信じてるのですよ』…だって」

提督「しかし……」

「もう…入れるからね」

ニュブ……

「ん……これで半分か…」

ズブブ……

「はぁっ……全部入ったよ」

提督「…………」ギリギリ

「どうしたんだいそんなに歯をくいしばって?まさか気持ちいいのかい?」

提督「そんな…わけ…」

「そうだよね、お仕置きなんだから気持ちよくなんかなっちゃダメなんだよ?」

621 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/25 22:17:25.56 8l1Dw7+d0 1195/2807

「こうやって腰を前後に動かしても…」グニ

提督「ぐっ!」

「ゆっくり上下しても…全く気持ちよくないんだよね?」ズニュ……グニュ……

提督「当たり……前に……決まってる…」

「じゃあ…これはどうかな?」クルッ

提督「…後ろを向いて…?」

「阿武隈お姉様と鍛えたこの腰使いにも…耐えれるよね?」パンパンパンパンパン

提督「!!が……あぁっ!」

「ちなみ今日私は危険日だから…出したらとんでもないことになるよ」パンパンパンパンパンパン

提督「ふっ……ぐっ…!!」

「どうかな司令官?」パンパンパンパンパン

提督「下3」

下3 提督は耐えることはできた?

624 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/25 22:19:46.46 2FFLugbEO 1196/2807

とんでもない量がドバドバでた

631 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/25 22:26:45.25 8l1Dw7+d0 1197/2807

提督「……!どけ、響!」

「ダメだよ」パンパンパンパンパン

提督「あ…………出る!!」

ビュルビュルビュルビュル…

「あ~あ…出しちゃったね」

提督「……」

ビュク…ビュク…

「凄いまだ出てるや。電に出すより多いんじゃないかな?」

提督「……」

ビュ……ビュ……

「やっとおさまったみたいだね、もう中がパンパンだよ。…これで私も妊娠か…」

提督「下3」

下3 提督の台詞を

634 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/25 22:29:54.29 l6gvUcOs0 1198/2807

電から許可をもらったというのは本当か?
本当は俺との子供を阿武隈と育てるのが目的じゃないのか?

638 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/25 22:33:48.54 8l1Dw7+d0 1199/2807

提督「電から許可をもらったというのは本当か?本当は俺との子供を阿武隈と育てるのが目的じゃないのか?」

「…そこで電に謝るのが理想だったんだけどね」

提督「なに…?」

「私が今日危険日というのは嘘だよ。まだ初潮すら来てないんだ」

提督「な、なんでそんな嘘を…」

「ついたと思う?……あとは電に任せるよ」

ガチャ

「……」

提督「い、電…」

「下3」

下3 電の台詞or行動を

644 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/25 22:37:51.99 noG0wSl+o 1200/2807

何も言わずその場にうずくまって只々泣き続ける

650 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/25 22:44:51.95 8l1Dw7+d0 1201/2807

「……」ペタン

「座り込んでしまったよ」

「……」ポロポロ

提督「…すまなかった電」

「……」グスグス

提督「なんと謝ればいいかわからないが…」

「……」グスグス

「ん……っと。電、ハンカチだよ」

「……」コクリ

提督「……電…」

「……」グスグス

提督「……どうすれば…許してくれる?」

「下3」

下3 電の台詞or行動を

653 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/25 22:47:52.00 PQmd78W30 1202/2807

節度ある行動を

655 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/25 22:52:28.88 8l1Dw7+d0 1203/2807

「……節度ある行動をして欲しいのです」

提督「あぁ…わかったよ…」

「……もう…その返事は聞き飽きたのです……さようなら」ダダダッ

提督「……電?」

「…!司令官、早く追いかけるんだ!」

提督「えっ…あぁ…」

「ほら!早く服を来て!!」

ーーーーーー

提督「電、どこに行ったんだ、電ー!」

下2 遭遇した人物を。電でも可

657 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/25 22:53:46.24 EtTGq4Gl0 1204/2807

ザラ

659 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/25 22:56:22.93 8l1Dw7+d0 1205/2807

ザラ「提督、そんなに急いでどうしたんですか?」

提督「電を見なかったか!?」

ザラ「何か重要なことがあるんですか?」

提督「見たのか!?電を!」

ザラ「え、えぇ…それならあっちで…」

提督「よしわかった!」

ザラ「……なんだったのかしら?」

ーーーーーー?

提督「電!」


下2 電の居た場所は?

661 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/25 22:57:37.92 EtTGq4Gl0 1206/2807

鎮守府の屋上の柵を越えた隙間

662 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/25 23:04:15.92 8l1Dw7+d0 1207/2807

ーーーーーー鎮守府屋上

「……」

提督「電!やめてくれ!それだけはやめてくれ!」

「……」ススッ

提督「電!!頼む!!」

「…今私がこの手を離せば、あっという間にあの世なのです」

提督「電、本当にすまなかった!!」

「…司令官さんの、すまないはもう聞き飽きたのです」

提督「電!!」

「……本当は電もなんでこんなことをしてるのかわからないのです。浮気されても許すつもりでいましたが…気付いたらここまで走ってきたのです」

提督「なら電、こっちへ帰ってきてくれ!」

663 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/25 23:06:18.10 8l1Dw7+d0 1208/2807

「それはできないのです」

提督「何故なんだ!電!」

「…司令官さん、大好きなのですよ」

提督「俺もだ!電、頼む!!」

「…………」ススススッ

提督「下2」

下2 提督の台詞を

665 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/25 23:09:28.31 y/cxOSPT0 1209/2807

電が逝く必要は無い、今回の責任も俺にある、俺が逝く。

666 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/25 23:16:29.84 8l1Dw7+d0 1210/2807

提督「……」グイッ

「あぅ……」ポスッ

提督「電が逝く必要は無い、今回の責任も俺にある、俺が逝く」ガシャン

「えっ…………?」

提督「…俺の子を頼む。世界一愛してるぞ、電」

「司令官さん……?司令官さん!!」

提督「……」パッ

「司令官さぁん!!!!」




「させないわよー!!!!!!」

ガシィィィン!

「ま、間に合ったみたいだね……」

667 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/25 23:19:20.10 8l1Dw7+d0 1211/2807

「響ちゃんに……霞ちゃんと瑞雲ロボ…なのです?」

「二人が……屋上に行ったって聞いて……最悪の事態を……想像したから……」

「響ちゃん、落ち着いて欲しいのです」

「はぁ……はぁ……すまない、もう大丈夫だ」

「はっ、司令官さんは!?」

「無事よ、気絶しちゃったけど…」ガション

「よかった……よかったのです…」

「……下2」

下2 霞の台詞を

669 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/25 23:20:29.12 Q+q1TdFCO 1212/2807

なんであんなことしたのよ

672 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/25 23:28:32.95 8l1Dw7+d0 1213/2807

「……なんであんなことしたのよ」

「それは…」

「考えてみなさいよ、あんたがもし死んだら……私が司令官と結婚するに決まってるじゃない」

「そこは龍驤さんじゃないのかい?」

「…どんな手を使ってでも私のものにするわ。だって電がいないんだもの、簡単に落とせる自信はあるわ」

「…なんであんなことをしたのかは電にもわからないのです」

「衝動的に……ってやつかい?」

「はい……ふっと、電がこの世から消えちゃえばいいのかな……って…」

「下2」

下2 霞の台詞を

674 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/25 23:29:58.92 PQmd78W30 1214/2807

あなたはお母さんになるのよ、一人じゃなくなるの

675 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/25 23:36:26.73 8l1Dw7+d0 1215/2807

「あなたはお母さんになるのよ、一人じゃなくなるの」

「……はい」

「…こいつに頼れない時は六駆の連中にでも頼ればいいんじゃない?色々と辛いのは私もだし」

「……じゃあ霞ちゃんに頼ってもいいのですか?」

「私!?あんた何考えてんの?」

「……霞ちゃんになら、色々と…全部吐き出せる気がするのです」

「はぁ……しょうがないわね、いつでも頼るといいわ」

「ありがとう、なのです」

676 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/25 23:39:38.11 8l1Dw7+d0 1216/2807

「あっ、でも私も不安定な時多いわよ?この前司令官に抱き締めてもらってマシになったけど…」

「ちょっと、電の前で言うことじゃ…」

「大丈夫なのですよ響ちゃん、それは私が司令官さんに頼んだことなのです」

「そうだったのかい…」

「全くこのクズは……どこまでもクズなんだから」

「本当なのです…なんでこんな人を好きになってしまったのでしょうか…」

「ほんとよね、まさかこの私まで好きになるなんて…」

677 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/25 23:41:25.96 8l1Dw7+d0 1217/2807

「ところで司令官はこのままにしておいて大丈夫なのかい?」

「えぇ……そうだ、この際だから懲らしめてやりましょう」

「懲らしめる…のです?」

「ちょっとしたイタズラよ」

ーーーーーー?

提督「ん……?俺は……死んだんじゃ……」

下2 提督の周りの様子は?

679 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/25 23:43:22.19 y4l8BRjrO 1218/2807

イカダで海の上

683 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/25 23:47:07.86 8l1Dw7+d0 1219/2807

ーーーーーー海上

提督「……何故俺はイカダで海の上にいるんだ?」

提督「あの世にしては随分と変わった光景だな…」

提督「俺は今三途の川を渡っているということなのだろうか…?」

カサッ

提督「ん…?手紙があるぞ…」

下2 手紙の内容を

685 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/25 23:48:36.48 Q+q1TdFCO 1220/2807

孤島の鎮守府への出向辞令(電製のニセモノ)

687 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/25 23:56:00.03 8l1Dw7+d0 1221/2807

提督「孤島の鎮守府への出向辞令…だと?」

提督「……俺は死んでいなかったのか?だがイカダで向かう意味がわからん!」

提督「……だが出向辞令なら従うしかないな、オールはあるようだし…」

ギイッ…ギイッ…

提督「……その孤島とやらはどこにあるんだろうか?」

ギイッ…ギイッ…

提督「……辛い……」


伊58「こちらゴーヤ、提督は南に向かってイカダを漕ぎ始めたでち」

「了解、そのまま見張っててちょうだい」

伊58「了解なのでち!」

「しかし…イタズラとはいえ酷いことを思いつくものだね」

「ふんっ、これで少しは懲りたらいいのよ!」

「全くなのです!」

688 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/26 00:01:40.70 CO4flkl90 1222/2807

伊168「こちらイムヤ、ターゲットが目覚めたようよ」

「了解、監視をお願いするのです」

「あれ?そっちの無線はなんだい?」

「ついでに曙ちゃんにも同じことをしたのです。司令官さんを誘惑した罰なのです」

「そっちの方がエグいわね」

「ゴーヤさん、司令官さんはよき所で回収してきて欲しいのです」

伊58「わかったでち!提督にはもう少し頑張ってもらうでち!」

「曙ちゃんは……死ぬ一歩前まで放っておいて構わないのです」

伊168「それはマズイでしょ!こっちもいい所で回収しとくわね~」

「……電だけは敵に回してはいけないね」


提督「……辛い…凄く辛いぞ…」

「ギャーーー!!ここはどこなのよーーー!!」

694 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/26 19:02:09.40 MCNWHX7K0 1223/2807

ーーーーーー

「…起きてますか?」コンコン

ガチャ

「起きてるわよ。とりあえず中に入りなさい」

「ありがとう、なのです」

「まさか本当に私の所に来るなんて…」

「…霞ちゃんにしか話せないこともあるのです」

「それって司令官のことだから?それとも、単純に私に相談でもあるの?」

「下3」

下3 電の目的を

696 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/26 19:27:57.92 A8K9Tgg70 1224/2807

霞ちゃんは司令官さんと私と龍驤さんと、この先どんな関係を望みますか?それを二人きりで話してみたかったのです

698 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/26 19:38:40.92 MCNWHX7K0 1225/2807

「霞ちゃんは、司令官さんと私と龍驤さんと、この先どんな関係を望みますか?それを二人きりで話してみたかったのです」

「どんな関係って……」

「私が聞きたいのは霞ちゃんの望みなのです。私が認めるとかどうとかの話ではないのです」

「……」

「ちなみに、龍驤さんは司令官さんと戸籍が変わるのに満足しているので、今のままでもいいと言っていました。それと、江風ちゃんの母親になる準備もしているそうです」

「……あくまで、私の望みなのよね?」

「そうです、教えて欲しいのです」

「下3」

下3 霞の台詞を

700 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/26 19:47:20.79 Jt+7yO7ho 1226/2807

電と司令官の家族になりたい

703 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/26 19:51:33.31 MCNWHX7K0 1227/2807

「……電と司令官の家族になりたいの」

「私と、司令官さんのですか?」

「そう……司令官の側にいると安心するし」

「それは確かに認めるのです。でも、それだと電はいらないんじゃないですか?」

「ううん、電も必要よ。あなたがいないと意味がないの」

「どうして…なのですか?」

「下2」

下2 霞の台詞を

705 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/26 19:58:14.63 70uk//H60 1228/2807

司令官も好きだけど電も好きだから

707 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/26 20:03:21.77 MCNWHX7K0 1229/2807

「司令官も好きだけど…電も好きだから…」

「……え?」

「…………なによ」

「その、ライク的な好きではなくて、ラブ的な好き…なのですか?」

「司令官の好きと一緒の意味の好き、よ。言葉では上手く表せないわ」

「……なのです」

「…だから、あなた達の家族になりたいって言ったの」

「あの…電のどこがいいのですか?もし電がいなくなったら司令官と結婚するとまで言ってたので、てっきり司令官さんだけが好きなのだと…」

「下2」

下2 霞の台詞を

709 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/26 20:05:41.04 kTWbGbWW0 1230/2807

好きになるのに、理由なんているの?

710 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/26 20:14:47.42 MCNWHX7K0 1231/2807

「好きになるのに、理由なんているの?」

「……これは予想できなかったのです」

「どうせ司令官のことで決着をつけたかったんでしょ?好きなんだから、見てればわかるわよ」

「流石なのですね…」

「……で、どうなの?私を受け入れてくれるの?」

「受け入れるというのは…」

「二人は私を愛してくれるの?っていうことよ。まぁこの場に司令官はいないから、電、あなたの答えを聞かせてちょうだい」

「下2」

下2 電の台詞を

712 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/26 20:16:48.75 HbopyXDOO 1232/2807

霞ちゃんのことはすきです
でも提督への愛とは違うのです

713 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/26 20:35:16.54 MCNWHX7K0 1233/2807

「霞ちゃんのことはすきです。でも司令官さんへの愛とは違うのです」

「ええ、それで十分よ。私は家族として愛して欲しいんだから」

「わかったのです」

「……ねぇ、電。よかったら今夜は私の部屋電寝ていかない?」

「ええっ!そ、それはその…電には司令官さんが…」

「バカ!そういう意味じゃないわよ!普通に寝ていかない?ってことよ!」

「あ……ならよかったのです」

「ほら、予備の枕はあるから、早速寝ましょう」

ーーーーーー

「すぅー……はぁ……」

「うう…そんなに匂いを嗅がれると照れるのです…」

「これ…かなりイイ……むしろ司令官より…好きかも…」スンスン

「……ちなみに、電のはどんな感じなのですか?」

「下3」

下3 霞の台詞を

715 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/26 20:37:01.20 +rDadqEIo 1234/2807

甘くて優しい香り

717 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/26 20:43:44.98 MCNWHX7K0 1235/2807

「甘くて…優しい香りよ」

「そんなの自分ではわからないのです…」

「ふふっ、司令官も同じようなこと言ってたわよ」

「ううぅぅ……」

「…ま、困らせるのはこれくらいにしておきましょう。じゃあ電、お休みなさい」

「お休みなさい…なのです」

下2 就寝中に何か起こった?起こらなかった、も可

719 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/26 20:45:52.98 b/NOxg3l0 1236/2807

深海棲艦が鎮守府に奇襲攻撃

721 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/26 20:57:29.08 MCNWHX7K0 1237/2807

ーーーーーー鎮守府

「ここの連中は生意気にも夜間巡回をしてやがるが、隙を突けばこうも簡単にここまで来れる」

「フフフ…まんまと近付くことができたじゃないか」

「このまま鎮守府に奇襲攻撃を仕掛けて…ここの奴らを全員…」

下4「誰ですか?」

「!!」

下2 忍び込んだ深海棲艦を
下4 遭遇した人物を

723 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/26 20:58:58.40 +rDadqEIo 1238/2807

ほっぽ

725 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/26 20:59:38.96 oriwwFBtO 1239/2807

神通

731 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/26 21:09:38.45 MCNWHX7K0 1240/2807

神通「見かけない顔ですけど…」

北方棲姫(マズイ、ここで騒ぎを起こすとせっかく忍び込んだ意味がなくなる…ここは穏便に済ませたいが…)

神通「あのー…聞こえていますか?」

北方棲姫「あぁ…聞こえている…」

神通「流暢な日本語を話せるということは、敵…ということではないんですね?」

北方棲姫「も、もちろんだ」

神通「よかった…そうでなければ……沈めなければいけない所でした」ゾワワ

北方棲姫(なんだこいつのプレッシャーは!?)ゾクッ

神通「あっ……あなたの知り合いかもしれない人がいるので、そこに連れていってあげますね」ニコッ

北方棲姫「助かる…」

ーーーーーー鎮守府ローソン

戦艦棲姫「いらっしゃいませ」

神通「ねぇせんちゃんさん、この子が鎮守府に来てたんだけど…知り合いとかじゃない?」

戦艦棲姫「下2」

下2 戦艦棲姫の台詞を

733 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/26 21:12:03.86 IIQs6vii0 1241/2807

誰だその深海棲艦は

736 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/26 21:16:58.92 MCNWHX7K0 1242/2807

戦艦棲姫「誰だその深海棲艦は」

神通「せんちゃんさんの知り合いではなかったのですね…」

北方棲姫(なんだこの状況は!?何故戦艦棲姫がローソンの店員をしているんだ?全く理解できない!!)

戦艦棲姫「お前は本当に非戦闘派の深海棲艦なのか?」

北方棲姫「あ、あぁ、当たり前だろう」

戦艦棲姫「ならこの鎮守府に何の目的でやってきたんだ?」

北方棲姫「下2」

下2 北方棲姫の台詞を

738 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/26 21:19:08.39 b/NOxg3l0 1243/2807

牛丼という食べ物を探しに来た

741 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/26 21:39:12.01 +FAX6gGzO 1244/2807

北方棲姫「牛丼という食べ物を探しに来たんだ」

神通「あら…あなたも食べ物が目的なんですね」

北方棲姫「あなた…も?」

戦艦棲姫「そうだ、レ級flagもご飯が目的でここに住みついたからな」

北方棲姫(レ級までいるだと!?こんなのまともに闘っても勝てるわけがない!!……まぁ牛丼を食べてみたいのは本当だから、さっさと食べて今日は帰ってしまおう)

神通「せんちゃんさん、牛丼ってありますか?」

戦艦棲姫「あるぞ、ローソンにはなんでもある」

神通「じゃあこの深海棲艦さんに食べてもらいましょう。お金は私が払います」

ーーーーーー

神通「さぁ、これが牛丼というものですよ」

北方棲姫「ありがとう、じゃあ早速…」パクッ

下2 北方棲姫のリアクションを

743 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/26 21:42:30.38 HbopyXDOO 1245/2807

無言で食べておかわり

746 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/26 22:00:33.86 MCNWHX7K0 1246/2807

北方棲姫「……」ガツガツ

神通「もう少しゆっくり食べてもいいんですよ?」

戦艦棲姫「牛丼は逃げないからな」

北方棲姫「……おかわり」

神通「ありますか?」

戦艦棲姫「おかわりもある。ここはローソンだから」

ーーーーーー

北方棲姫「……」ガツガツガツガツ

神通「凄い食べっぷりですね…」

戦艦棲姫「本当だ」

北方棲姫「……ごちそうさま」カラン

神通「どうでしたか?」

北方棲姫「下2」

下2 北方棲姫の台詞を

748 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/26 22:01:38.40 N2sLLlivo 1247/2807

私ここに住むわ・・・

751 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/26 22:17:21.03 +FAX6gGzO 1248/2807

北方棲姫「私ここに住むわ…」

戦艦棲姫「まぁそうなるだろうな」

神通「鎮守府に奇襲は行わなくていいんですか?」

北方棲姫「あぁそんな気はもう……って、なんで知ってるんだ!?」

神通「あなたは、夜間巡回の隙を突いてここまでやってきましたね?」

北方棲姫「そうだ」

神通「あれはワザとなんです。あの海域を抜けて鎮守府に来るルートは一つしかありませんから」ニコッ

北方棲姫「…もし私が来てすぐに暴れていたらどうした?あの時お前は艤装は背負っていなかっただろう?」

神通「いえ…これがありましたから」スッ

北方棲姫「それは連装砲の弾丸か?」

神通「外に来て頂けますか?」

752 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/26 22:21:18.54 +FAX6gGzO 1249/2807

ーーーーーー

北方棲姫「その弾丸で何を見せてくれるんだ?」

神通「…こういうことです」グググッ

ビシュン!

北方棲姫「」チュイーン

神通「弾丸さえあれば…こんなことができます」

北方棲姫(艦娘怖い)

神通「なのでもしあなたが暴れていたら…風穴が空いていたでしょうね」ニコッ

北方棲姫「……だが今の私はそんな気はない!ここに置いてくれないか!?」

神通「私にその権限はありません。朝一緒に提督の所へ行きましょう」

753 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/26 22:23:07.40 +FAX6gGzO 1250/2807

ーーーーーー翌朝

提督「……で、北方棲姫はここに住みたい、と」

北方棲姫「陸の飯がこんなに美味いとは思わなかった。あんなのを味わったらもう深海になんか戻れない!」

神通「どうしますか?」

提督「…なら北方棲姫に質問をしよう。ちゃんと答えてくれるか?」

北方棲姫「もちろんだ!」

提督「下2」

下2 提督の質問を

755 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/26 22:26:07.47 A8K9Tgg70 1251/2807

艦娘のことをどう考えているのか、戦争をどのように感じているのか、素直な意見を聞きたい

756 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/26 22:31:55.58 +FAX6gGzO 1252/2807

提督「艦娘のことをどう考えているのか、戦争をどのように感じているのか、素直な意見を聞きたい」

北方棲姫「それは、私の意見ということだな」

神通「そうなんですよね提督?」

提督「あぁ、深海棲艦がどうとか、深海ではこうとかではない。あくまで北方棲姫、お前の意見を聞かせてくれ」

北方棲姫「下2」

下2 北方棲姫の意見を

758 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/26 22:33:25.68 U6vY3QA0O 1253/2807

特に考えたことはなかった

759 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/26 22:42:41.65 +FAX6gGzO 1254/2807

北方棲姫「特に考えたことはなかったな」

提督「本当なのか?」

北方棲姫「素直な意見でいいんだろう?それが私の答えだ」

神通「言い換えると特に何も考えずに、私達艦娘を沈めていた…ということですね?」

北方棲姫「……」

提督「神通、その言い方は…」

神通「提督、姫ちゃん達とは事情は違います。万が一にも不安要素があってはいけないんです」

提督「……神通のこの質問にはどう答える、北方棲姫?」

北方棲姫「下2」

下2 北方棲姫の台詞を

761 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/26 22:47:18.07 MR8+i4UzO 1255/2807

それしか知らなかったしそれが当たり前だっただけだから

765 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/26 22:53:18.09 +FAX6gGzO 1256/2807

北方棲姫「それしか知らなかったし、それが当たり前だっただけだからだ」

神通「私達を沈めることしか知らなかったんですね…」

北方棲姫「だから食事も私達は食べられるならなんでもよかった。それが当たり前だったからな」

提督「ここに住むということは、場合によっては深海棲艦、仲間を沈めることになるが、それでも大丈夫だというんだな?」

北方棲姫「下2」

下2 北方棲姫の台詞を

767 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/26 22:57:35.62 oriwwFBtO 1257/2807

やってみないとわからない

768 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/26 23:02:09.46 +FAX6gGzO 1258/2807

北方棲姫「やってみないとわからないな」

提督「ふむ……どうするか…」

神通「提督、先ほども言いましたが、不安要素が少しでもあれば…」

提督「わかっている。北方棲姫、確認するがお前に敵対の意思はないんだな?」

北方棲姫「あんな美味い飯があるなら、攻撃なんてする気がおきない」

提督「なら…下2」

下2 北方棲姫をどうする?~に配属等でも可

770 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/26 23:04:49.22 kTWbGbWW0 1259/2807

案内役を付けて、鎮守府案内

771 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/26 23:12:20.71 +FAX6gGzO 1260/2807

提督「案内役を付けて、鎮守府案内をしよう」

神通「いいのですか?もしその情報が深海に回ったらとんでもないことになりますよ?」

提督「だがこっちのことを知ってもらわければ、北方棲姫も困るだろう」

北方棲姫「私はなんでもいいぞ」

提督「しかし案内役がいるな、誰にするか?」

神通「なら同じ理由でこちらに来た人に案内してもらいましょう」

ーーーーーー

清霜「司令官、お呼びに…って深海棲艦!?」

北方棲姫「ん?こいつのどこがレ級なんだ?」

清霜「あぁ……そういうことか。私は間違いなくレ級だよ」ベリベリ

北方棲姫「あ…!」

レ級「ね?」

提督「清霜、この北方棲姫にこの鎮守府を案内してやってくれ」

レ級「わかった、じゃあまずは…」

下2 案内する場所を

773 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/26 23:15:35.40 b/NOxg3l0 1261/2807

秋雲の部屋

774 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/26 23:26:48.39 CO4flkl90 1262/2807

ーーーーーー秋雲の部屋

北方棲姫「ここには何があるっていうんだ?」

清霜「この鎮守府の闇というか、文化というか…」

秋雲「それが噂の深海棲艦?あとでスケッチさせてね~」

北方棲姫「かわった奴だ…」

秋雲「せっかくここに来たんだし、これ読んでいってよ!」

北方棲姫「これは…漫画というやつか?」

秋雲「それは秋雲さんが描いたんだよ~」

下2 秋雲が見せた本の内容orタイトルを

777 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/26 23:28:48.29 MR8+i4UzO 1263/2807

背中で堕ちた男

779 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/26 23:38:14.59 CO4flkl90 1264/2807

北方棲姫「背中で堕ちた男…?なんだこれは?」

秋雲「それはね~ある男の人が……まぁ見てみなよ」

ーーーーーー

清霜「これ…本番はないのに、凄くえっちだね」

秋雲「でしょ~?秋雲さんの新境地だよ!」

清霜「で北方棲姫、感想はどう?」

北方棲姫「下2」

下2 北方棲姫の感想を

781 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/26 23:40:01.39 oriwwFBtO 1265/2807

こ、股間にキノコが生えてるぞ!?

782 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/26 23:48:58.56 CO4flkl90 1266/2807

北方棲姫「こ、股間にキノコが生えてるぞ!?」

秋雲「えっ、そこから?」

清霜「だって深海には男の人なんて居ないもん」

北方棲姫「……ダメだ、股間にキノコがある意味がわからない?」

秋雲「どうする?実物を見てもらった方が早いと思うけど、提督に頼むわけにはいかないし…」

清霜「じゃあ…あの人に頼ろうか」

ーーーーーー

潜水夏姫「そんな理由で私が呼ばれたのか…」

北方棲姫「まさか潜水棲姫までいるとはな…」

清霜「こっちではリエータって名前で最近仲間になったんだ。リエータ、北方棲姫に見せてあげてよ」

潜水夏姫「うぅ…恥ずかしい…」ボロン

下2 北方棲姫の行動orリアクションを

784 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/26 23:51:06.84 +rDadqEIo 1267/2807

不思議そうにぐにぐに触る

785 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/27 00:01:34.35 qWS0QZfM0 1268/2807

北方棲姫「見れば見るほどキノコにしか見えないぞ」ぐにぐに

潜水夏姫「あっ……」ムクムク

北方棲姫「なんだ!?成長したぞ!」

秋雲「あー……どうしようか、清霜?」

清霜「ここは…下2」

下2 清霜の台詞を

788 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/27 00:03:31.62 hXGBVsQsO 1269/2807

じっくり見させてもらう

790 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/27 00:07:19.87 qWS0QZfM0 1270/2807

清霜「じっくり見させてもらおう」

秋雲「じゃあ秋雲さんはスケッチの準備でもしとこう…」

北方棲姫「成長しきるとこんな形になるのか」ニギニギ

潜水夏姫「もう……やめ…」ビンビン

北方棲姫「今度はビクビクしてきたぞ」ぐにぐにぐにぐに

潜水夏姫「………出る…!」

ビュルビュル

潜水夏姫「あっ……北方棲姫に……かかっちゃった……」

北方棲姫「下2」

下2 北方棲姫の台詞orリアクションを

792 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/27 00:08:50.23 dTMxKhA30 1271/2807

さっきのご飯よりおいしい

794 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/27 00:13:23.77 qWS0QZfM0 1272/2807

北方棲姫「さっきのご飯よりおいしい…」

秋雲「ひょっとして北方棲姫…」

清霜「発情してる…かも」

北方棲姫「ここから出てきたってことは、これを口に含めばいいんだな」パクッ

潜水夏姫「ひゃあっ!北方棲姫、ナニやって…」

北方棲姫「ん、んぐ…れる……」

潜水夏姫「ダ、ダメ!私それ弱いんだ!」

795 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/27 00:21:50.04 qWS0QZfM0 1273/2807

北方棲姫「んぐっ、ぐっ、ぐっ」グポッグポッグポッ

潜水夏姫「あっ!き、気持ちい、いい!」

北方棲姫「まられない、のら」モゴモゴ

潜水夏姫「口に含みながら喋るの…らめ…」

北方棲姫「ひょうか……吸えばいいろか…」ヂュルヂュルヂュル

潜水夏姫「ひぃぃっ、出、出るぅぅ!」ドピュドピュ

北方棲姫「んぐ、んぐ、んぐ………ぷぁっ」

潜水夏姫「ひぃ……ひぃ…」

清霜「…北方棲姫、どうだった?」

北方棲姫「下2」

下2 北方棲姫の台詞を

797 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/27 00:22:50.69 I5hbwM/CO 1274/2807

まだある?

798 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/27 00:30:09.21 qWS0QZfM0 1275/2807

北方棲姫「まだある?」

潜水夏姫「も、もう…出ない…」

北方棲姫「なんだ…つまらん」

秋雲「今北方棲姫がやったのは、フェラっていうんだよ」

北方棲姫「そんな名前なのか」

清霜「他にも色々とあるんだけどね、とりあえず感想はどうだった?」

北方棲姫「下2」

下2 北方棲姫の台詞を

800 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/27 00:31:28.37 I5hbwM/CO 1276/2807

おいしいからまた飲みたい

802 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/27 00:37:29.53 qWS0QZfM0 1277/2807

北方棲姫「おいしいからまた飲みたいな」

秋雲「あ~~それなんだけどね、おいしいと思ってるのは今だけだと思うよ」

北方棲姫「どういうことだ?」

清霜「北方棲姫さ、今体で変なとこはない?」

北方棲姫「いや、無いと思うが…」

清霜「じゃあ……ここ、触ってみるね」

北方棲姫「私の股間をか?」

清霜「うん……」

下2 北方棲姫の触られたリアクションを

809 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/27 00:43:20.47 oiwfrKv9o 1278/2807

ふあああ?!(ビクンッ

810 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/27 00:51:13.77 qWS0QZfM0 1279/2807

北方棲姫「ふあああ?!」ビクンッ

清霜「ね?今北方棲姫は特殊な状態なんだよ」

北方棲姫「な、何をしたんだ私に……?」

秋雲「むしろしたのは北方棲姫なんだよなぁ…ねぇ、リエータ、もう一回くらいできない?」

潜水夏姫「頑張れば……」

秋雲「なら本番やってもらおうよ!」

清霜「いいの?もしできたりなんかしたら…」

秋雲「大丈夫大丈夫、リエータのは精子がないから妊娠しないって」

清霜「じゃあ北方棲姫はそこに横になって」

北方棲姫「こ、こうか…?」ゴロン

秋雲「リエータ、準備はできてるみたいだからいきなり入れてみてよ」

潜水夏姫「どうなっても知らないぞ…?」ズブブ…

下2 入れられた北方棲姫のリアクションを

812 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/27 00:54:41.50 o4FTL02mo 1280/2807

いきなり白目を向いてイキまくる

813 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/27 01:03:01.11 qWS0QZfM0 1281/2807

北方棲姫「ひ、いいいいい!!」ビクンビクン

秋雲「あっ、すぐイッた」

清霜「まだちょっとしか入れてないのに?」

潜水夏姫「あっ……締めつけが…」ズチュズチュ

北方棲姫「ナニ……ナニこれぇぇ……」ビクッビクッ

秋雲「お~まだイクんだ…」

潜水夏姫「ぐっ……出る…」ビュルビュル

北方棲姫「ああああっ!!あっ……ぁぁぁ………」

清霜「…北方棲姫?」

北方棲姫「あ……あへぇ…」

秋雲「白目向いて完全にイッちゃったね。いやーまさかこんなに感じやすいとは」

清霜「リエータもお疲れ様、どうだった?」

潜水夏姫「正直ろーちゃんより凄くよかった…中で吸盤が動いてるみたいだった…」

秋雲「それは所謂名器ってやつだね。いやー捗るよ!」

清霜「北方棲姫は…どうしよう…」

潜水夏姫「とりあえずここに寝かせるしかないな」

北方棲姫「陸って……陸ってしゅごい…」

817 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/27 19:48:43.58 GVCAyqxa0 1282/2807

清霜「北方棲姫、もう大丈夫?」

北方棲姫「まだ股間に違和感があるが…問題はない」

清霜「次は提督の婚約者であり秘書艦の電に会ってもらうおと思うんだ」

北方棲姫「そいつは強いのか?」

清霜「強いし、頼りになる存在だよ」

北方棲姫「わかった、なら私も真面目に会おう」

清霜「電?入るよ~」ガチャ

下3 部屋の様子を

818 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/27 19:57:00.24 ZZsdIioc0 1283/2807

うずくまって苦しそうにしていた

822 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/27 20:08:47.03 GVCAyqxa0 1284/2807

「う…………」

清霜「電!?どうしたの?」

北方棲姫「うずくまってどうしたんだ?眠いのか?」

「はぁ………はぁ………なんでも………ない……のです……」

清霜「そんなわけないでしょ!早く病院に連れていかないと…」

北方棲姫「こいつは体調が悪いのか?なら私がみてやろう」

清霜「できるの!?」

北方棲姫「周りでそんなことができるのは私しか居なかったから」

清霜「なら早く電をみてあげて!!」

北方棲姫「わかった」

下3 北方棲姫の診断結果を

825 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/27 20:13:27.35 k4MR6FFJo 1285/2807

このままだと流産してしまうかも…

828 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/27 20:19:12.95 GVCAyqxa0 1286/2807

北方棲姫「このままだと子どもはダメだろうな」

清霜「ダメって……流産ってこと!?」

北方棲姫「その言葉は知らんが、子どもは死ぬだろう」

「っ………そん……な……」

北方棲姫「無理に動くな、余計悪化する」

清霜「ねぇ、なんとかならないの?北方棲姫は医者みたいなことしてたんでしょ!?」

北方棲姫「下3」

下3 北方棲姫の台詞を

831 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/27 20:20:28.01 YYNTDvD80 1287/2807

このまま放置していれば……という意味だ。普通に医者に連れて行けば何の問題もない

832 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/27 20:28:32.67 GVCAyqxa0 1288/2807

北方棲姫「このまま放置していれば……という意味だ。普通に医者に連れて行けば何の問題もない」

清霜「じゃあ大丈夫なんだね!?」

北方棲姫「だが急いだ方がいい、母体にも影響が出る可能性がある」

清霜「わかった!私は司令官知らせてくるからその間電をみてて!」バタン!

北方棲姫「おいお前、意識はあるか?」

「電………なのです……」

北方棲姫「電、意識があるなら大丈夫だ。少し待ってろ」

「はい…………」

北方棲姫「下3」

下3 北方棲姫の台詞を

834 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/27 20:34:19.65 ZZsdIioc0 1289/2807

一応回復体位になっておこうか

836 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/27 20:40:36.14 GVCAyqxa0 1290/2807

北方棲姫「一応回復体位になっておこうか」

「…………?…」

北方棲姫「その体勢じゃ喋るのも辛いだろう、ほらこうやって横になって……」

「あ……少し楽になったのです……」

北方棲姫「あとは提督が来るのを待っていればいい」

「ありがとう……なのです…」

北方棲姫「最近無理はしていなかったか?」

「下3」

下3 電の台詞を

839 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/27 20:41:50.69 nG0IBfXZ0 1291/2807

無理をしない日なんてなかったのです

840 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/27 20:50:53.73 GVCAyqxa0 1292/2807

「無理をしない日なんて…なかったのです…」

北方棲姫「それじゃ今日は大丈夫でも、明日どうなるかわからんぞ」

「でも…電がしっかりしないと…」

北方棲姫「なら子どもを諦めるしかないな」

「…………」

北方棲姫「電は母になるんだろう、何が大事かわかっているはずだ」

「………はい…」

清霜「電!!司令官連れてきたよ!!」

ーーーーーー病院

医者「電さんは安静にしていれば大丈夫です。見つけるのが早くてよかったですね」

提督「電……よかった…」

医者「そちらにいる方が色々と手当をした…ということですか?」

北方棲姫「そんなに大袈裟なことはしてないぞ」

医者「下3」

下3 医者の台詞を

841 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/27 20:53:58.11 YYNTDvD80 1293/2807

良い判断でした。電さんの主治医としてお礼を言わせてください

845 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/27 21:01:52.91 GVCAyqxa0 1294/2807

医者「良い判断でした。電さんの主治医としてお礼を言わせてください」

北方棲姫「そうか、なら私の判断はよかったんだな」

提督「北方棲姫、俺からも礼を言わせてくれ、本当にありがとう」

「私からも…なのです。ありがとうなのです」

北方棲姫「下3」

下3 北方棲姫の台詞を

847 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/27 21:07:00.53 WzQed/zqO 1295/2807

ありがとうか……。はじめて言われたな

849 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/27 21:19:24.00 orME9R/VO 1296/2807

北方棲姫「ありがとうか……はじめて言われたな」

提督「お前が治すのが、当たり前だったからか?」

北方棲姫「そうだ、出撃以外に私はそういう役割もあったから」

医者「どこかで医療を習った…ということはないんですよね?」

北方棲姫「全くない、全部自分でやってきた」

医者「それであの対応ができるとは…凄いですね」

提督「……北方棲姫、よかったら鎮守府に来てくれないか?」

北方棲姫「いいのか?」

提督「お前みたいなのがいると安心できる。電も問題ないよな?」

「下3」

下3 電の台詞を

852 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/27 21:23:31.18 lNNgL2CZo 1297/2807

もちろんなのです

853 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/27 21:44:42.48 orME9R/VO 1298/2807

「もちろんなのです」

提督「これからよろしく頼む、北方棲姫」

北方棲姫「こちらも置かせてもらう以上は、ちゃんと働くぞ」

「でも司令官さん、住むところはどうするのですか?」

提督「む……そうか、姫ちゃん達とは違って住み込みではないしな…」

北方棲姫「使ってない部屋とかはないのか?」

「ありますが、使っていない部屋の数を上層部に報告しているので、いざという時に困るのです」

北方棲姫「提督、何かいい考えはないか?」

提督「下3」

下3 提督の台詞を

856 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/27 21:52:49.32 aUvA9+lKO 1299/2807

ちびっ子ナース
これはいける

857 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/27 22:06:44.47 orME9R/VO 1300/2807

提督「ちびっ子ナース…これはいける」

「…司令官さん、話聞いてましたか?」

提督「え?あー…なんというかだな…」

「全くこの人は…」

北方棲姫「なら電の部屋はどうだ?」

「電の部屋は広くないのですよ?」

北方棲姫「違う、これを機会に電はここに居た方がいいと思うぞ。もう七ヶ月を過ぎてるだろう?」

「まだ早いと思いますが…」

北方棲姫「電は鎮守府に居ても無理するだけだ」

「う……司令官はどう思いますか?」

提督「下2」

下2 提督の台詞を

859 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/27 22:13:11.24 V181nJihO 1301/2807

同意だ、なるだけ毎日通うから入院しておくべきだ

862 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/27 22:21:02.97 orME9R/VO 1302/2807

提督「同意だ、なるだけ毎日通うから入院しておくべきだ」

「わかったのです、提督が言うならそうするのです」

医者「電さんは入院ということでよろしいですね?」

提督「はい、電をよろしくお願いします」

北方棲姫「提督、他にも妊娠してる奴はいるのか?」

提督「まだいるが、それがどうした?」

北方棲姫「電と同じくらいなら、入院しておいた方がいいと思う」

提督「あぁそうか…なら北方棲姫が判断してくれないか?」

北方棲姫「私がか?」

医者「ええ、あなたの判断なら大丈夫だと思います」

北方棲姫「わかった、なら判断しよう」

提督「俺も電の荷物を取りに帰る、ちょうどいいじゃないか」

863 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/27 22:24:19.72 orME9R/VO 1303/2807

ーーーーーー鎮守府

提督「霞、龍驤、祥鳳、春風、駆逐古姫、ポーラが現在妊娠している奴らだ」

北方棲姫「まさか駆逐古姫までいるとは…」

駆逐古姫「しかも妊娠してるぞ」

「しかしまた深海棲艦が来るなんて…」

龍驤「まあまあ、敵意がないならええやないか」

提督「誰か入院しておいた方がいい奴はいるか?」

北方棲姫「下2」

下2 北方棲姫の判断を

865 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/27 22:27:23.42 YYNTDvD80 1304/2807

龍驤はまわりに比べて負担が大きいように感じる。念のため入院したほうが良さそうだ

866 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/27 22:33:59.36 orME9R/VO 1305/2807

北方棲姫「龍驤はまわりに比べて負担が大きいように感じる。念のため入院したほうが良さそうだ」

龍驤「司令官、北方棲姫はウチが双子妊娠してるの知ってたん?」

提督「いいや、知らないはずだ」

北方棲姫「中に二人居たのか、それが違和感の正体だったんだな」

龍驤「うん…北方棲姫は信頼してええね」

提督「今回電を助けてもらったのも北方棲姫だしな。龍驤、荷物をまとめてこい」

龍驤「りょーかいやで~」

北方棲姫「私はこのあとどうすればいい?」

提督「一緒に電の部屋に来てくれ、何か持っていくもののアドバイスがあれ知りたい」

ーーーーーー電の部屋

提督「とりあえず着替え類はかなりいるな…」

北方棲姫「ん?これは…」

下2 北方棲姫が見つけたものを

868 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/27 22:36:32.44 nG0IBfXZ0 1306/2807

秋雲のエロ同人多数(ノンフィクションシリーズ)

870 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/27 22:40:22.04 orME9R/VO 1307/2807

北方棲姫「この本達はなんだ?」

提督「それは……秋雲のエロ同人だな…」

北方棲姫「裸のやつが多いな、これはそういう本なんだな」

提督「電…しかもノンフィクションシリーズばっかりじゃないか…」

北方棲姫「提督、これはどういう内容なんだ?」

下2 提督に見せた本のタイトルor内容を

872 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/27 22:42:48.67 SvBM4rNDO 1308/2807

今日の天気は夕時雨
二人の濃厚なレズセッ○ス

873 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/27 22:51:24.30 orME9R/VO 1309/2807

提督「今日の天気は夕時雨……夕立と時雨の濃厚なレズセッ○ス本だな…」

北方棲姫「なるほど、それは興奮するな」

提督「夕立と時雨がそういう関係だったのが驚きだな……」

北方棲姫「ついでだからこの本達も持っていってやろう」ガサッ

提督「そういえば夕立が最近大人しいと思っていたが、まさか……」ブツブツ

北方棲姫「提督?もう荷物はないのか?」

提督「あっ…あぁ、これで全部だと思う、これで大丈夫だ」

北方棲姫「ならあとは龍驤か」

ーーーーーー龍驤の部屋

提督「龍驤、準備はできたか?」ガチャ

下2 部屋の様子を

874 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/27 22:52:56.81 WzQed/zqO 1310/2807

呑兵衛どもからのお祝いという名の酒が山積み

877 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/27 23:00:02.01 orME9R/VO 1311/2807

ゴチャゴチャ

提督「凄い部屋だな…」

龍驤「そうやろ?これ全部飲兵衛の連中からの贈り物なんや」

北方棲姫「これ全部お酒なのか?」

龍驤「せやで、出産後の楽しみなんや~」

提督「今我慢する分、美味しいだろうな。さぁ龍驤、病院へ行こうか」

ーーーーーー病院

「司令官さん、ありがとうなのです」

提督「これくらいどうってことはない。それより荷物を確認してくれ」

「はい……あれ?」

下2 荷物を見た電の反応を

879 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/27 23:02:22.35 SvBM4rNDO 1312/2807

あのー…みました?

880 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/27 23:10:56.02 orME9R/VO 1313/2807

「あのー…みました?」

提督「何をだ……ってこれは!」

北方棲姫「部屋にあったのは全部持ってきたぞ。中々濃い内容だった」

提督「あのな電、読むつもりはなかったんだ。ただ少し気になってだな…」

「下2」

下2 電の台詞を

882 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/27 23:16:46.40 ODbZCfjDO 1314/2807

見られてしまったからにはもうここにはいられません。長い間ありがとうございました(鶴並感)

883 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/27 23:21:16.21 qWS0QZfM0 1315/2807

「見られてしまったからにはもうここにはいられません。長い間ありがとうございました」

提督「おいおいおい!」

北方棲姫「そんなに見られるのが嫌なら隠しておけばいいのに」

「ううぅ…普段は隠しているのですよ」

提督「すまない…あんな目立つ所にあったらこっちも見てしまう」

「いいのです、この件に関しては電が悪いのです…」

北方棲姫「でもベッドの裏側に隠してあった下2は持ってこなかったから安心してくれ」

下2 電が隠していたものを

885 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/27 23:23:16.73 WzQed/zqO 1316/2807

いなずまのかんがえるさいきょうのくちくかん(大学ノート10冊ほど)

886 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/27 23:33:10.50 qWS0QZfM0 1317/2807

北方棲姫「いなずまのかんがえるさいきょうのくちくかんというノートは持ってきていない」

「そこで言ったら意味がないのですよぉお!」

北方棲姫「あっ」

提督「ちなみになんだが…そのノートはどんな内容だった?」

「司令官さん!?」

北方棲姫「下2」

下2 北方棲姫の台詞を

888 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/27 23:36:21.95 o4FTL02mo 1318/2807

どうも言って欲しくないようだ…

いや、ごめんなさい見てないです
見ていません、本当です

890 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/27 23:43:54.05 qWS0QZfM0 1319/2807

北方棲姫「どうも言って欲しくないようだ… いや、ごめんなさい見てないです。見ていません、本当です」

提督「……なあ電、どんなことが書いてあったんだ?」

「…………」

北方棲姫「わ、私は見ていない。絶対見てないからな!」

提督「……教えてくれないか?どんなことが書いてあっても俺は気にしないさ」

「……下2」

下2 電の台詞を

892 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/27 23:44:51.79 WzQed/zqO 1320/2807

本当に知ってしまってもいいのですか?

894 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/27 23:52:47.51 qWS0QZfM0 1321/2807

「本当に知ってしまってもいいのですか?」

提督「……北方棲姫はどう思う?」

北方棲姫「本当に私は見てないです。ごめんなさい、ごめんなさい…」

提督「……」

「……」

提督「……わかった、俺も覚悟を決めたぞ。電、教えてくれ!」

「下2」

下2 電の台詞を

896 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/27 23:58:33.09 nG0IBfXZ0 1322/2807

異世界からこの世界に転生した電という設定で
さまざまな特殊能力やこの世界では未知のアイテムを使い深海棲艦に無双する内容です

898 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/28 00:02:30.32 diyldcLv0 1323/2807

「異世界からこの世界に転生した電という設定で…さまざまな特殊能力やこの世界では未知のアイテムを使い深海棲艦に無双する内容です …」

北方棲姫「うぅぅ……イタイ、イタすぎる!こんな中二病深海にもいなかったぞ!」

提督「それがノートに書かれていた…と」

北方棲姫「ノート十冊もだ!お、恐ろしい…」

「……」

提督「電、俺は別にどうとも思わないぞ?これくらいの妄想なら何も問題ないだろう」

「下2」

下2 電の台詞を

900 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/28 00:05:17.73 oVkuckGuO 1324/2807

電は真面目に考えたのです!

903 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/28 00:13:05.73 diyldcLv0 1325/2807

「電は真面目に考えたのです!妄想なんかじゃないのです!」

提督「そう言われると特殊能力くらいならありえる気がしてきたな…現に霞はロボを出せるようになったし…」

「なのです!きっとできるようになるのです!」

北方棲姫「イタイ……背中がムズムズする…」

「さっきから北方棲姫ちゃんは失礼なのです!」

北方棲姫「だって本当のことだろう」

提督「まぁまぁ、それより入院生活は退屈かもしれないが、安静にするのが仕事だ。ちゃんと大人しくしてろよ?」

「わかったのです」

北方棲姫「そうだ電、お前の部屋をしばらく借りるが、何か気をつけた方がいいことはあるか?」

「下2」

下2 電の台詞を

905 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/28 00:15:01.36 8u5M/bptO 1326/2807

明石さんが定期的に怪しい試供品押し付けて来るのをまとめて入れてる棚があるので注意してください

907 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/28 00:22:15.68 diyldcLv0 1327/2807

「明石さんが定期的に怪しい試供品押し付けて来るのをまとめて入れてる棚があるので注意してください」

北方棲姫「それに触らなければいいんだな?」

「はい、お願いします」

提督「明石は何をしているんだ…?」

「試供品を配りまくっているのです。この前は百合妊娠薬…とかいうのを持ってきていたのです」

提督「名前を聞く限り怪しいな…」

北方棲姫「触るなと言われたものは触らない、安心してくれ」

「ならよかったのです」

北方棲姫「…じゃああれは触っていいってことなのか?」

提督「何か見つけてたのか?」

北方棲姫「下2」

下2 北方棲姫が見つけていたものを

909 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/28 00:24:39.24 qrnA6hdmO 1328/2807

名付けノート(画数での姓名判断のメモとキラキラネーム()候補びっしり)

911 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/28 00:34:59.07 diyldcLv0 1329/2807

北方棲姫「名付けノートというやつだ。画数の他にも色々と香ばしい名前もあったぞ、天々座とか…」

「わあああぁぁぁぁ!それにも触るなのです!」

北方棲姫「わかった」

「なんで電の暴露大会になっているのですか…」

北方棲姫「あんなわかりやすい所に隠してあるのが悪い。もしかしてあれも隠していたつもりなのか?」

提督「それって…なんだ?」

北方棲姫「下2」

下2 北方棲姫の台詞を

912 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/28 00:38:37.72 d5+7+22oo 1330/2807

様々なコラージュ画像が収められた
アルバム

914 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/28 00:46:05.25 diyldcLv0 1331/2807

北方棲姫「顔と体が切り貼りされたアルバムとか…」

「それも…触らないで欲しいのです…」

提督「コラージュアルバムまで持ってたのか…」

「うぅ……せめて一度部屋に戻っておくべきだったのです…」

北方棲姫「諦めるしかないな」

「はぁ……こっちの方がストレスなのです…」

918 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/28 19:12:36.81 nJD0f0CI0 1332/2807

ーーーーーー鎮守府医務室

北方棲姫「よし異常はない、引き続き安静にしていろ」

「ありがとう。でもあんたが来て一週間しか経ってないのに、随分とここに馴染んだわね」

北方棲姫「そうか?」

「そんな格好してる時点で、十分ここに染まってるわよ」

北方棲姫「だって明石が着ろっていうから」ミニスカナース服

「全く、やってることは医者なんだから、白衣でいいでしょうに…」

北方棲姫「私はこの格好で何も問題ない。それより霞、お前に一つ聞きたいことがある」

「なによ?」

北方棲姫「お前友達いないのか?祥鳳やポーラがここに来る時は、必ず誰かと一緒に来るぞ?」

「……うるさいわね」

北方棲姫「同型艦とは仲がよくないのか?」

「…こんな性格なんだから、好かれるわけないでしょ」

北方棲姫「仲のいいやつを作れとは言わないが、緊急時にはどうにかできるようにしておけよ?この前の電みたいに部屋で倒れても、誰も部屋に来なかったら最悪なことが起こる」

「ええ……わかったわ」

ーーーーーー

「……好きでこんな性格してるわけないじゃない…」

「いっつも素直になれないから、私は……」

下3「あれは…?」

下3 遭遇した人物を

921 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/28 19:20:33.90 gQq6znX+O 1333/2807

間宮

922 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/28 19:33:31.69 nJD0f0CI0 1334/2807

間宮「霞ちゃん、どうしたの?」

「あっ……間宮さんこそ、どうしたんですか?」

間宮「食堂も落ち着く時間だし、ちょっと休憩してたの。ねぇ霞ちゃん、せっかくだから食堂寄っていかない?」

「はい、いいですけど…」

ーーーーーー食堂

間宮「新作甘味のクリームソーダ風かき氷よ!一度誰かに食べてもらおうと思っていたの。どう、美味しい?」

「爽やかな感じで…とっても美味しいです」

間宮「そう?ならよかった!……ねぇところで霞ちゃん、さっきあんなに悲しそうな顔してたけど、何かあった?」

「下3」

下3 霞の台詞を。何も言わなかった、も可

925 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/28 19:44:49.06 5FZqt2aMO 1335/2807

なんでもない…

926 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/28 19:52:54.47 nJD0f0CI0 1336/2807

「なんでもない…」

間宮「あんなに暗い顔をしてたのに?大丈夫、誰にも言わないわよ?」

「ほんとになんでもないんです。間宮さん、甘味ありがとうございました」カチャ

間宮「あ、霞ちゃん!……本当に大丈夫なのかしら、心配だわ…提督は電ちゃんの所だし…」

ーーーーーー

「なにやってるんだろ、変に意地張って」

「……でも言えないわよ、友達が…いないなんて」

「はぁ…………司令官……電……私にはあなた達しかいないのに…」

「……寂しいな…」


「…………あれ、気付いたらこんなとこまで来てたのね…」

下3 霞が居た場所は?

929 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/28 20:00:40.14 kMG6zKw80 1337/2807

屋上

930 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/28 20:10:38.88 nJD0f0CI0 1338/2807

ーーーーーー屋上

「屋上まで来ちゃうなんて…」

「…いい眺めね……」

「……この子が居なかったら、ここから飛び降りてたかもしれないわね」

「でも…この子は何も悪くない、この子は裏切れないわ」ナデナデ

「私が、私だけが………」

「……そっか、私の存在を…殺せばいいんだ…」

ーーーーーー

「…よし、これで全部ね。入院する用に荷物をまとめておいたのがよかったみたいね」

「司令官と電は心残りだけど……その二人しかいないんだから、諦めがつくと言えばつくわ」

「あとは誰にもバレずに外に出られれば……」

下3 外に出るまでに誰かに見つかった?

933 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/28 20:13:50.24 TAm0g0zBO 1339/2807

古鷹に見つかる

934 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/28 20:27:39.80 nJD0f0CI0 1340/2807

古鷹「霞ちゃん、どうしたの?」

「あっ…!古鷹、さん…」

古鷹「こんな時間にお出掛け?」

「うん、ちょっと……買い物に…」

古鷹「そんな大荷物抱えてなんて、どこまで遠くに行くの?」

「これは、その……買い物中に何かあったら…困るから…」

古鷹「……そうなんだ…」

「……もう行くわね、古鷹さん」

古鷹「下3」

下3 古鷹の台詞を

936 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/28 20:29:11.25 5RGSw8ul0 1341/2807

ウソが下手だね

938 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/28 20:37:33.98 nJD0f0CI0 1342/2807

古鷹「ウソが下手だね」

「嘘なんて…ついてないです。じゃあ古鷹、もう行かないと…」

古鷹「そうだね、もうすぐ駅に向かうバスが出ちゃうね」

「!!!!」

古鷹「バスの時間を知ってたのは偶然だけど…それだけじゃないの、霞ちゃん、凄く思い詰めた顔してるよ?」

「…………」

古鷹「私に…全部話してくれないかな?」

「下3」

下3 霞の台詞or行動を

940 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/28 20:40:11.09 UhAYpNztO 1343/2807

古鷹さんには関係ないんだから!だって…だっでわだじをぶっだんだがらぁ……

943 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/28 20:54:15.18 nJD0f0CI0 1344/2807

「古鷹さんには関係ないんだから!だって…だっでわだじをぶっだんだがらぁ……」

古鷹「霞…ちゃん…」

「わぁぁぁあああん!」

古鷹「そのことは、ごめん。でも霞ちゃんは大切な仲間だから…ね?」

「やざじぐじないで…」

古鷹「え……?」

「わだじのごどなんが、どうでもいいぐぜに!!!」ドンッ

古鷹「きゃっ…」

「わぁぁぁあああぁぁぁぁぁー!!」


下3 誰かがここに遭遇した?来なかった、も可

946 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/28 20:55:36.54 5RGSw8ul0 1345/2807

朝潮と陽炎

947 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/28 21:07:07.80 nJD0f0CI0 1346/2807

陽炎「……あれ、何してんの?」

朝潮「霞と…古鷹さんですね」

陽炎「ちょっと!霞が古鷹さんを突き飛ばしたわよ!?」

朝潮「それに霞が大泣きして……とにかく私達が間に入りましょう!」

ーーーーーー

陽炎「とんだ災難でしたね」

古鷹「ううん…私も悪いから」

陽炎「でも、だからって突き飛ばすのはいけませんよ!」

朝潮「…………そういうことだったのね」

「ひっ……ひぐっ………ひっ……ぅん……」

朝潮「下3」

下3 朝潮の台詞or行動を

950 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/28 21:10:04.97 Tg0Aw8rA0 1347/2807

これは朝潮型会議案件です!

とりあえず何故か持ってた担架で霞を部屋まで運ぶ

951 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/28 21:23:48.72 nJD0f0CI0 1348/2807

朝潮「これは朝潮型会議案件です! さぁ霞、ここに乗りなさい!」

「ぐずっ………」コクリ

朝潮「陽炎、担架を運ぶのを手伝ってもらえますか?」

陽炎「どこから持ってきたのよこの担架…古鷹さん、ほんとに大丈夫ですね?」

古鷹「うん、私は平気だから」

朝潮「それじゃあ行きますよ!」

ーーーーーーとある部屋

朝潮「これより朝潮型会議を始めます!」

大潮「アゲアゲですよー!」

満潮「会議の内容はアゲアゲではないわよ…」

朝潮「それではアゲアゲの大潮から質問します、霞のことはどう思っていますか?」

大潮「下3」

下3 大潮の台詞を

954 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/28 21:30:39.51 O2RIzWdyO 1349/2807

愛すべき妹です こんな事に聞かなくても答えは皆んな同じですっ

955 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/28 21:44:01.90 nJD0f0CI0 1350/2807

大潮「愛すべき妹です!こんな事に聞かなくても答えは皆んな同じですっ!」

朝潮「そうですか?みなさん?」

ウンウン

「じゃあ……」グスッ

朝潮「霞、何か言いたいことがあるんですね!?」

「どうして……誰もついてきて…くれなかったの……」グスグス

朝潮「なるほど…満潮、これにはどう答えますか!?」

満潮「下3」

下3 満潮の台詞を

957 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/28 21:45:33.97 UhAYpNztO 1351/2807

どうしても何も遠征中に鎮守府にいるわけないじゃない

959 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/28 21:51:03.88 nJD0f0CI0 1352/2807

満潮「どうしても何も遠征中に鎮守府にいるわけないじゃない」

朝潮「確かに、私達朝潮型の主な任務は遠征です」

山雲「でも~改二のある朝潮ちゃん、大潮ちゃん、霞ちゃんは遠征には行ってないわよね~」

朝雲「そうよ、なら朝雲姉さんはどうして霞についついってあげなかったの?」

朝潮「下3」

下3 朝潮の台詞を

962 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/28 21:57:36.89 HEbq7DWV0 1353/2807

司令官を夜這いする計画を立ててました!( ー`дー´)キリッ

964 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/28 22:17:23.46 9L/43kuQO 1354/2807

朝潮「司令官を夜這いする計画を立ててました!」ビシィ

荒潮「それって本気~?」

朝潮「いえ、場が和めばと思って…」

満潮「冗談に聞こえないわよ…」

朝潮「本音を言うなら、霞はベタベタされるのは嫌いかと思っていたので、付かず離れずの対応をしていました」

「だって…霞」

「グスッ……ほんとは…寂しかったの……ポーラさんとか……いつも誰かが側にいて……うらやましいなって……」

「下3」

下3 霰の台詞を

967 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/28 22:20:49.95 UhAYpNztO 1355/2807

…………んちゃ

968 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/28 22:26:31.18 9L/43kuQO 1356/2807

「…………んちゃ」

「うん……うん…………ありがとう…」

満潮「え、今のでわかるの?」

山雲「霰ちゃんったら、いいこと言うわね~」

朝雲「さすがだわ」

大潮「はい!」

満潮「……大潮、今霰はなんて言ったの?」

大潮「はい!下2」

下2 大潮の台詞を

970 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/28 22:32:07.47 Tg0Aw8rA0 1357/2807

全然わかりません!

972 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/28 22:41:47.42 9L/43kuQO 1358/2807

大潮「全然わかりません!雰囲気で返事をしました!!」

満潮「あんたねぇ!」

朝潮「ならば私が解説します。(貴方のことは大切に思っている、でも貴方が私の全てがわかるわけでないとの同じように私も貴方の全てがわかるわけではない)ん( です、もし迷ったり悩んだりしたら)ちゃ(んと声に出して貴方の気持ちを教えて欲しい)と霰は言ったのです!」

満潮「そうなの?」

「んちゃ」

大潮「合ってるみたいです!」

朝潮「霰の言葉くらいわからなければ、朝潮型のネームシップは名乗れません!」

満潮「私には無理ね…」

朝潮「満潮は!!霞のことをなんとも思っていないんですか!?」

満潮「下2」

下2 満潮の台詞を

974 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/28 22:50:08.48 O2RIzWdyO 1359/2807

気に入らないわね 何でも一人でやろうとしすぎなのよ…少しは私達に頼りなさいったら(小声)

977 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/28 22:58:33.33 9L/43kuQO 1360/2807

満潮「気に入らないわね 何でも一人でやろうとしすぎなのよ…少しは私達に頼りなさいったら…」ボソボソ

朝雲「満潮がデレたわ」

満潮「うるっさいわね!あんたも似たようなもんでしょ!?」

朝雲「私は満潮ほどじゃないわよ」

山雲「まぁでも~私達を頼って欲しいっていうのは賛成ね~言ってくれなきゃわからないわ~」

朝潮「……わかりました、これで会議も終われそうですね、最後に霞、何か言いたいことはありますか?」

「下2」

下2 霞の台詞を

979 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/28 23:01:51.52 5RGSw8ul0 1361/2807

ごめん、そしてありがとう

980 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/28 23:10:28.73 9L/43kuQO 1362/2807

「ごめん、そしてありがとう…」

「んちゃ……」

「こんなあだじのだめに……色々…かんがえで…ぐれで……」

荒潮「これくらい、当たり前よ~」

大潮「そうです!朝潮型の絆です!」

「うぅ……ありがど……ありがどう……」

朝潮「下2」

下2 朝潮の台詞を

982 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/28 23:15:00.27 Tg0Aw8rA0 1363/2807

じゃあ今日はみんなで一緒に寝ましょう

984 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/28 23:21:37.26 9L/43kuQO 1364/2807

朝潮「じゃあ今日はみんなで一緒に寝ましょう」

大潮「賛成です!!」

「んちゃ…」

満潮「ま…それくらいいいんじゃない?」

朝雲「それじゃあまた夜に集合ね」

荒潮「お部屋は~どうするの?」

朝潮「私の部屋ならつめれば大丈夫です!」

山雲「部屋に何もないもんね~」

985 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/28 23:24:07.51 9L/43kuQO 1365/2807

ーーーーーー夜、朝潮の部屋

朝潮「さぁ!!寝ますよ!」

満潮「こんな時までそんなにキビキビしなくてもいいのに」

「みんな……今日は…ありがと…」

大潮「気にしないで下さい!さぁさぁ、霞ちゃんは中心に来て下さい!」


荒潮「うふふ…どうかしら?」

山雲「こうやって囲まれるのも~悪くないでしょ~?」

「下2」

下2 霞の台詞を

986 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/28 23:25:34.20 spXZZ9TuO 1366/2807

温かいわ……

988 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/28 23:37:26.03 diyldcLv0 1367/2807

「温かいわ……」

「心も…体も…温かい…」

朝潮「霞、何度も言いますが、いつでも私達に頼って下さいね?」

「うん……私ね、みんなの妹でよかった…」

荒潮「あらあら…」

「朝潮…大潮…満潮…荒潮…朝雲…山雲…霰……みんな、大好き…」

満潮「な、なによ、らしくないわね…」

「私……一人じゃ…なかったんだ…………」

朝潮「…霞は私達が一人にさせません。だから今は…ゆっくり寝なさい」

「………うん…」

満潮「はぁ……世話がかかるんだから」

「でも満潮…嬉しそうな顔、してた」

満潮「はぁ!?……そりゃあ、まあ…少しくらい…嬉しい…けど…」

朝雲「今日はレアな所ばっかり見るなぁ」

大潮「こんな日も、アゲアゲです!!」


続く!!!

990 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/28 23:39:04.57 diyldcLv0 1368/2807

ということで、次のスレに続きます

次は3か3.5で悩むところですね


感想等あればよろしくお願いします
それではまた、お願いします



続き
【艦これ安価】提督「艦娘が妊娠した」 その3.5


記事をツイートする 記事をはてブする