【艦これ安価】提督「艦娘が妊娠した」
の続き


472 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/04 20:05:50.61 +2/N6Hf00 235/2807

ーーーーーー

提督「さて、またあれから時間が経って今日は定期健診日だ」

提督「姫ちゃんと春風春風4ヶ月目に入るからな…5ヶ月を過ぎると安定期らしいし、もう少しだな」

ガチャ

提督「おっ、誰か出てきたな…」

下3 電、霞、龍驤、春風、駆逐古姫、祥鳳の中から人物名と台詞を

475 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/04 20:10:44.46 AVBZQ2HvO 236/2807

祥鳳

477 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/04 20:30:53.27 +2/N6Hf00 237/2807

祥鳳「お待たせしました」

提督「祥鳳か、早かったな。お前も電たちと同じで3ヶ月目だったな」

祥鳳「はい、正確に言えば私の方が数週間後ですが」

提督「それで、みんなの経過はどうだった?」

祥鳳「下3」

下3 祥鳳の台詞を

480 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/04 20:35:47.44 8hr39JsI0 238/2807

みんな順調ですよ。他の方は出産や育児についての話をお医者様から聞いているところです
父親としての自覚を育てるために、提督も一緒に話を聴いたほうがいいとお医者様が言うので呼びにきました

483 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/04 20:44:40.38 +2/N6Hf00 239/2807

祥鳳「みんな順調ですよ。他の方は出産や育児についての話をお医者様から聞いているところです」

提督「ふう…安心したよ」

祥鳳「それと、父親としての自覚を育てるために、提督も一緒に話を聴いたほうがいいとお医者様が言うので呼びにきました」

提督「わかった、直ぐに行こう」

ーーーーーー

医者「提督さんですね、そこにお座りください」

提督「はい、わかりました」

医者「さて、今日はですね…」

下3 医者の話の内容は?

486 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/04 20:48:02.50 0WE2jjZ40 240/2807

妊娠中の性生活の話

490 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/04 20:59:20.71 +2/N6Hf00 241/2807

医者「今日は妊娠中の性生活について話そうと思います」

提督「ぶっ!」

医者「提督さん、これは真面目な話なんですよ?妊娠中に性行為を全くしないと、夫婦仲に影響が出てしまうことがあります」

提督「はあ…」

医者「かといってむやみに性行為を行うと、お腹の赤ちゃんに影響が出てしまうかもしれません」

「なら、どうすればいいんですか?」

医者「下3」

下3 医者の台詞を

493 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/04 21:02:03.00 PUg/Iw+P0 242/2807

69をするのです

496 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/04 21:09:11.00 +2/N6Hf00 243/2807

医者「69をするのです」

提督「そんな具体的に決まってるんですか?」

医者「これが一番負担が少なく、スキンシップをとれるんです」

「なるほど…」

提督「電!?」

龍驤「69か…先生、お尻とかはどうなん?」

医者「下3」

下3 医者の台詞を

499 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/04 21:11:12.44 qkOs9SpNo 244/2807

子宮を揺らさない浅い部分でなら赤ちゃんに影響はあまりないかと思いますが…

500 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/04 21:22:36.96 +2/N6Hf00 245/2807

医者「子宮を揺らさない浅い部分でなら赤ちゃんに影響はあまりないかと思いますが…」

龍驤「なるほど…なら大人しく69しとこか」

「龍驤さん?司令官さんとの結婚は認めましたが、それはまた別の話ですよ?」

龍驤「ん~?ウチはなにも司令官と二人で、なんて言うてないで?」ニヤニヤ

「もう…」

駆逐古姫「さっきから言ってる69ってなんだ?」

春風「それはね、お互いのをその…舐めたり……」

駆逐古姫「なんだ、いつも春風とやってるやつじゃないか」

春風「姫ちゃん!!」

「……」

提督「うん?霞、どうしたんだ?」

「下3」

下3 霞の台詞を

503 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/04 21:24:16.47 tt+1YiHq0 246/2807

アンタらねぇ………

怒りと呆れと羞恥が混ざったような顔してる

505 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/04 21:33:57.84 +2/N6Hf00 247/2807

「あんたらねぇ…」

龍驤「うっ、霞が呆れた顔しとる」

「怒ってるようにも見えるのです」

駆逐古姫「私には羞恥している様にも見える」

「なっ…!」

春風「そんな難しい言葉知ってるの?」

駆逐古姫「秋雲に借りた本に出てきたから。でも霞、実際お前も溜まってるだろ?だから正しい知識を身につけることは間違っていない」

「……」

駆逐古姫「もし我慢できないなら提督もいるんだし、何も恥ずかしがることはない」

「下3」

下3 霞の台詞を

508 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/04 21:37:45.49 qkOs9SpNo 248/2807

電ごめん 後で提督を借りるわね…正直もう限界で頭がおかしくなりそうなのよ

509 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/04 21:47:32.55 +2/N6Hf00 249/2807

「電ごめん、後で提督を借りるわね…正直もう限界で頭がおかしくなりそうなのよ」

「霞ちゃん、そんなに…」

「一人でするのが子どもに悪いのかどうかわからなかったし、もう本当に……限界なの…」ガクガク

駆逐古姫「おい、下半身が震えてるぞ」

「…司令官さん、霞ちゃんをお願いします」

提督「いいのか?その…」

「こんな状態の霞ちゃんを見たら放っておけないのです。今回は特例なのです」

提督「そ、そうか。よし霞、急いで帰ろう…」

医者「お待ち下さい提督さん。よければここでしていきませんか?」

提督「先生!?何を言うんですか!!」

医者「丁度実践になるからいいのではないかと思いましてね。男性器の模型はありますが、今ここに男はあなたしかいません。それに半数以上は提督さんの子ども…なんですよね?」

提督「それは…ええっと、事情がありまして…」

駆逐古姫「下2」

下2 駆逐古姫の台詞を

511 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/04 21:49:20.19 0WE2jjZ40 250/2807

なら私と春風も別室でやろう

512 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/04 21:56:47.90 +2/N6Hf00 251/2807

駆逐古姫「なら私と春風も別室でやろう」

春風「姫ちゃん!?」

医者「いえ、それは帰ってからお願いします」

駆逐古姫「ちぇっ…」

医者「それより提督さん、早くして下さい。私はこの後診察を控えているんです」

提督「なら診察を優先して下さい…」

医者「いえいえ、大丈夫です。さあ、どうぞこちらのベッドで…」

下2 提督は観念した?それ以外なら何か行動を

514 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/04 22:01:44.46 YbcBaziQO 252/2807

俺もご無沙汰だからおまえか満足しても止められるとは思えんと言いながら霞を抱きかかえてベッドへ

516 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/04 22:11:36.82 +2/N6Hf00 253/2807

提督「俺もご無沙汰だからお前が満足しても止められるとは思えん」

「それなら大丈夫よ…電達がいるじゃない…」

「えっ?…まあ、司令官さんの相手ならいくらでもしますが」

「なら決まりね…ほら、早くベッドに…」

提督「わかったよ。よっ……と」

「ん……」

提督「先生、私は普通にすればいいんですね?」

医者「はい、その都度こちらで解説していきますので、提督さんは霞さんとやっちゃって下さい」

提督「…だ、そうだ霞」

517 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/04 22:17:23.00 +2/N6Hf00 254/2807

提督「霞、悪いが手加減できないぞ?」グイッ

「あっ………いいよ、滅茶苦茶にして」

提督「……脱がすからな」


あっ、霞穿いてないのか

仕方ないでしょ、普通にしてるだけでも……濡れちゃうし

じー……

姫ちゃん、そんなガン見しなくても…

霞のは天然ものか…これはええもん見れたわ

本当…私もこんなに無垢な時があったのね…

ーーーーーー

ーーーー

ーー

518 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/04 22:22:43.57 +2/N6Hf00 255/2807

ーーーーーー鎮守府

「あぁぁぁぁあぁぁ!」

駆逐古姫「突然頭を抱えてどうしたんだ霞は」

春風「きっと冷静になった途端…自分がどういうことをしたのかを意識してしまったんじゃないでしょうか」

「電は満足できたのでこれでいいのです」

龍驤「ウチもやね」

「うぅ???ぅぅ…」

提督「あのー霞…?」

「下2」

下2 霞の台詞を

520 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/04 22:23:38.90 PUg/Iw+P0 256/2807

うっさいクズ提督!
もう!部屋で休んでくるわ!

521 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/04 22:30:47.93 +2/N6Hf00 257/2807

「うっさいクズ提督!もう!部屋で休んでくるわ!」スタスタ

提督「…怒らせてしまったか」

駆逐古姫「いや、あれは違うな。あれは女の目だ」

龍驤「違いないね…電、霞もひょっとしたらひょっとするかもしれんで」

「なのです…」

提督「霞が俺のことを?あり得ないだろう」

龍驤「いや、さっきの反応を見る限り、意識してるのは間違いないで」

提督「……」

龍驤「電はどうする?もし霞も司令官と結婚して欲しい…って言いだしたら」

「下2」

下2 電の台詞を

523 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/04 22:32:03.41 EgePqsdko 258/2807

申し訳ないけど無理なのです

525 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/04 22:44:41.52 +2/N6Hf00 259/2807

「申し訳ないけど無理なのです。龍驤さんはあくまで江風ちゃんの為というのもあります。それ以外の例外は一切認める気はないのです……」チラッ

祥鳳「うっ……いいじゃない、私はもう諦めたわよ!」

「なのです…」

龍驤「霞、これからどうするんやろなぁ…」

ーーーーーー

「ほんっとにクズ司令官は!!あのクズ!!」

古鷹「霞ちゃん、どうしたの?」

「あっ、古鷹さん…」

古鷹「すごく機嫌が悪そうだけど、何かあったの?」

「下2」

下2 霞の台詞を

526 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/04 22:48:35.48 AVBZQ2HvO 260/2807

ぶる"だがざあああぁぁああん

529 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/04 23:03:05.01 +2/N6Hf00 261/2807

「ぶる"だがざあああぁぁああん!」

古鷹「えっ、えぇっ?どうしたの霞ちゃん?」

「あのね"……」

ーーーーーー

古鷹「そっか、提督のこと……」

「うん、今までなんとも思ったことなかったのに…お腹が大きくなるにつれて、司令官のことが気になってきてるの…」

古鷹「でも、電ちゃんが許すとは思えないね……」

「うん…」

古鷹「……霞ちゃんは私のこと、まだ好き?」

「下2」

下2 霞の台詞を

531 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/04 23:05:31.82 AVBZQ2HvO 262/2807

大好き…世界で一番好きなの…。でも提督も気になって…それで、それで…

533 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/04 23:17:53.77 +2/N6Hf00 263/2807

「大好き…世界で一番好きなの…でも提督も気になって…それで、それで…」

古鷹「……そっか」

「女なら男の人をことを好きになるのが普通のはずなのに…でも私は…どうしたら…」

古鷹「ごめんね霞ちゃん、言いにくいこと聞いちゃって」ギュッ

「あっ……古鷹さん…」

古鷹「霞ちゃん…下2」

下2 古鷹の台詞を

535 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/04 23:20:33.28 0WE2jjZ40 264/2807

提督を諦めちゃダメ
それに私は加古とそういう関係になりたいのごめんなさい

537 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/04 23:32:29.08 +2/N6Hf00 265/2807

古鷹「提督を諦めちゃダメ。それに私は加古とそういう関係になりたいのごめんなさい」

「う…うぅぅ……」

古鷹「ごめん、ごめんね霞ちゃん。加古のことは私が見てないとダメなの」

「…なんでそんな言い方するんですか。普通に好きなら好きって言ってくれた方が…」

古鷹「あっ……」

「う…ぐす……」

古鷹「…下2」

下2 古鷹は霞に加古のことを伝えた?

539 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/04 23:34:44.55 AVBZQ2HvO 266/2807

危なっかしいから誰かが見てなきゃいけないの と伝えた

541 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/04 23:43:07.93 +2/N6Hf00 267/2807

古鷹「加古はね危なかっしいから誰かが見てなきゃいけないの」

「……そんなのなら司令官にでも頼んだらいいじゃない!わあぁぁぁぁん!」ダダッ

古鷹「あっ、霞ちゃん!……ごめんね霞ちゃん。加古にこれ以上罪を犯して欲しくないの……その為には私が……」

ーーーーーー海

「うぅ…ぐすっ……」

「古鷹さん……司令官……」

「私、私はどうしたら……」

下2「あれは、霞?」

下2 遭遇した人物を


543 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/04 23:45:51.24 mqaP73Pf0 268/2807

日向

546 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/04 23:52:10.51 +2/N6Hf00 269/2807

日向「どうしたんだ霞、身重に海風は良くないだろう?」

「日向さん…」

日向「…泣いていたのか、すまん」

「ううん……」

日向「霞、私が力になれるかわからんがよかったら話してみないか?」

「……つまらない話よ?」

ーーーーーー

日向「成る程な、霞が何を迷っているのかは理解した」

「私自分がわからなくなって…この体で今喋っているのも私なのか分からなくなってきてるの」

日向「おい、それは…」

「挙げ句に古鷹さんには振られるし…もうわけがわからないの」

日向「下2」

下2 日向の台詞を

548 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/04 23:54:32.61 qkOs9SpNo 270/2807

時間をかけてゆっくり考えればいいさ 焦ることはない

551 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/05 00:07:10.62 2AR005qx0 271/2807

日向「時間をかけてゆっくり考えればいいさ、焦ることはない」

「……」

日向「霞のその悩みはお前の人生に関わってくるものだ。そんな大きなものを今日明日で解決しようとしているのが間違っている」

「…うん」

日向「この海のように、ゆっくり、ゆっくりと決めていけばいい。何も焦る必要はないんだ」

「…ありがとう日向さん」

日向「…すまん、私はこういう役割は苦手なんだ。もっといい言葉があっただろうが…」

「ううん……お陰で元気が出ました」

日向「下2」


下2 日向の台詞を

552 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/05 00:07:57.51 2S3b7InO0 272/2807

よし、ではこの瑞雲をあげよう

554 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/05 00:18:21.14 2AR005qx0 273/2807

日向「よし、ではこの瑞雲をあげよう」スッ

「この瑞雲は?」

日向「寂しい時に話相手になってくれるんだ、ほら」ツー、ツツー、ツー

「……なんて言ってるの?」

日向「クヨクヨするな、だ」

「日向さんは……やっぱり日向さんね」

日向「これでも元気が出ないというのなら特別な場所がある。瑞雲ランドというんだがな……」

561 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/05 19:57:14.59 8DRkgGx3O 274/2807

ーーーーーー執務室

提督「……これは?」

龍驤「そっちはチェック済みやから、後はサインだけやね」

提督「よしわかった。えーとタッチペンは…」

龍驤「ペーパーレスもええけど、結局目が疲れるのはかわらんね…」

コンコンガチャ

「司令官さん!」

提督「うん?どうした電。今日の秘書艦は龍驤だろう?」

龍驤「何か緊急の用事か?」

「下3」

下3 電の台詞を

564 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/05 20:02:20.84 Br9pGPzBO 275/2807

卯月にいらずらされた

565 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/05 20:11:36.74 X55gzAD70 276/2807

「卯月にいらずらされたのです!」

龍驤「あいつはほんま…」

提督「どんな内容なんだ?場合によっては俺がどうにかしてやるが…」

「下3」

下3 卯月のイタズラの内容は?

566 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/05 20:12:36.04 ANQo23J/0 277/2807

ミイラの格好で登場して驚かして、ネタばらしと言いながら包帯取ったら透明で……という二重に仕込んだ悪戯
もちろん以前の深海の薬を使ったドッキリなのです

569 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/05 20:18:35.50 X55gzAD70 278/2807

「ミイラの格好で登場して驚かして、ネタばらしと言いながら包帯取ったら透明で……という二重に仕込んだ悪戯なのです。以前の深海の薬を使ったドッキリなのです」

龍驤「あー…あの薬やね」

提督「うまい活用方法を見つけてしまったのか…大事にされても困る、卯月に止めさせるように言うしかないな」

ーーーーーー

提督「この辺りなのか?」

「電が引っかかったのがこの辺りなので…あっ、居たのです!」

卯月「ふっふっふっ…」


下2 卯月がドッキリをしかけようとしていた相手とは?

571 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/05 20:20:18.56 Br9pGPzBO 279/2807

浦風

573 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/05 20:31:14.03 X55gzAD70 280/2807

提督「卯月はどこへ行くんだ?」

「多分ターゲットを見つけて、その子の後をつけているのです」

卯月「……ばぁー!」

浦風「…ひいぃぃぃ!」

卯月「なぁ~んちゃって、嘘ぴょぉ~ん!びっくりしたっぴょん?」

浦風「あ……なんじゃ、卯月か…」

卯月「大正解ぴょーん!」

浦風「その格好、ミイラのつもりけ?」

卯月「そうっぴょんよ~。ネタバラシも終わったから脱ぐっぴょん」スルスル

浦風「あ……え…?」

卯月「……」透明

浦風「下3」

下3 浦風の台詞orリアクションを

576 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/05 20:33:22.67 mriQJdmq0 281/2807

泡吹いて白目向いて引き付けを起こす

578 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/05 20:48:13.81 X55gzAD70 282/2807

浦風「あば……ぁ…」バタリ

卯月「びっくりしたっぴょ~~ん!!って……あれ…?」

浦風「」ガクガクガクガク

卯月「あれれ?浦風どうしたっぴょん?」

提督「マズイぞ!」

「浦風ちゃんが泡を吹いて、白目向いて引き付けを起こしてるのです!」

提督「おい卯月!とりあえず服を着ろ!急いで明石のところへ運ぶ!」

卯月「わ、わかったっぴょん!」

579 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/05 20:51:59.41 X55gzAD70 283/2807

ーーーーーー医務室

明石「早くベッドへ!」

提督「あぁ、よいしょ…っと」

浦風「」ガクガク

「浦風ちゃん、しっかりするのです!」

卯月「なんでこんなことに…卯月はただドッキリを…」

明石「一人一人全員の症状を覚えているわけではありませんが、もしかしたら浦風ちゃんは心臓の調子が悪かったんじゃ…」

提督「本当なのか!?」

明石「とにかく心電図を取ってみます。不正脈が出てなければいいんですが…」

下3コンマ判定 数値が高い程マズイ

582 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/05 20:52:49.50 iz7j/ie7o 284/2807

さすがに低めで

585 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/05 21:03:26.57 X55gzAD70 285/2807

コンマ50 今回はそれ程でもないが、病気を抱えているようだ

明石「…そこまで重症ではないみたいですね」

提督「よかった、安心したよ」

明石「ですがやはり浦風さんは心臓に不安を抱えているようです。泡を吹いていたのはその影響でしょう」

「……まさか、浦風ちゃんが最近ローソンで働いていたのって」

明石「多分出撃を控えたかったんでしょうね」

提督「何故言ってくれなかったんだ浦風は!?」

明石「先ほども言いましたが、まだ不安を抱えているというだけです。病院に行っても正確な病名は貰えないと思いますね」

586 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/05 21:05:53.54 X55gzAD70 286/2807

提督「だとしてもだ!」

明石「こればっかりは浦風さんに聞いてみないとわかりません。今は安静にしてあげましょう」

提督「……そうだな」

卯月「……」

「あのー…卯月ちゃん?」

卯月「下3」

下3 卯月の台詞を

589 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/05 21:07:10.68 q88fyc2Ao 287/2807

ごべんなざいいいい

592 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/05 21:14:14.05 X55gzAD70 288/2807

卯月「ごべんなざいいいい!」

明石「あのー、そこにいるのは卯月ちゃんなんですよね?さっきから服だけ浮いてるので…」

提督「ちょっと色々あって透明なんだ」

卯月「うづぎごんなごどになるなんで思わながっだぁぁ!」

提督「お、おう…少し落ち着け、な?」

「なのです、浦風ちゃんが寝てるのです」

卯月「はっ!浦風、じっがりずるつぁぴゃあ!」ユサユサ

「卯月ちゃん!浦風ちゃんを安静にしてあげるのです!」

浦風「下3」

下3 浦風の反応or浦風に起こったことを

595 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/05 21:17:35.38 iz7j/ie7o 289/2807

ヒグゥ アッ カハァッ!と心臓を抑えて泣きながら苦しみ出す

597 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/05 21:22:05.77 X55gzAD70 290/2807

浦風「ヒグゥ、アッ…カハァ!」

提督「浦風!」

「心臓を抑えて苦しそうなのです!」

明石「卯月ちゃん?ごめんどいて!」

卯月「えっ……うぞ…」

浦風「ァッ………」ジタバタ

「ベッドで暴れてるのです!物凄く苦しそうなのです!」

明石「提督と電達は浦風を抑えて下さい!早く!」

599 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/05 21:27:55.54 X55gzAD70 291/2807

「抑えてどうするのです!?」

明石「強心薬を打ちます!暴れてると処置できません!」

提督「よしわかった!ほら、卯月も手伝うんだ!」

卯月「うぞ……うぞだ…」

提督「卯月!!」

ピー……

卯月「!!」

浦風「……」

提督「明石!浦風の…!」

明石「わかってます!!AEDでの処置に切り替えます!」

提督「浦風、しっかりしろ浦風!!」

「浦風ちゃん!」

明石「……よし!二人共どいて下さい!近いと感電します!」

ピピピ…電気ショックを開始します

下3 AEDを受けた浦風の様子は?

602 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/05 21:29:31.69 rue2HedrO 292/2807

なんとか持ち直した

607 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/05 21:53:47.99 X55gzAD70 293/2807

……ピッ……ピッ……

浦風「……ぁ…」

明石「よし!!なんとか持ち直しました!」

提督「よくやった!」

明石「いえ、まだ安心できません。急いで救急で搬送しましょう!」

提督「なら電達の病院にしよう」

明石「えっ!?あそこは産婦人科じゃないんですか?」

提督「いや、あそこは元々艦娘を詳しく見てくれる病院なんだ。あそこなら信頼できる」

明石「わかりました、救急車を呼んできますね!」

ーーーーーー

ーーーー

ーー

608 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/05 22:16:38.63 X55gzAD70 294/2807

ガチャ

浜風「提督、浦風は!?」

提督「なんとか落ち着いたよ。一時は危なかったから冷や冷やしたがな」

浜風「よかった…」

谷風「全く、心配かけやがって…」

磯風「一体何が原因だったんだ?」

卯月「卯月が…悪いんです」

浜風「卯月が?」

卯月「卯月がドッキリを仕掛けたからこうなったの…ごめんなさい…」

磯風 or 浜風 or 谷風「下3」

下3 誰かの台詞を

609 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/05 22:20:13.01 iZhxWRRlO 295/2807

全員無言

むしろこういうパターンが一番辛いと思う(ゲス顔)

614 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/05 22:37:04.26 8DRkgGx3O 296/2807

谷風「……」

卯月「ごめん…ごめんなさい…」

浜風「……」

卯月「何か言って欲しい…です…」

磯風「……」

卯月「……ぅわあぁぁん!」ダッ

提督「おい卯月!……もう少し反応してやってもいいんじゃないか?」

浜風「ふざけないで下さい、浦風はイタズラで命を落としかけたんです」

磯風「司令がここに居なければぶちのめしていた所だ」

谷風「悪いけど、卯月とはもう一緒に戦えないね」

提督「……電、卯月の様子を見てやってきてくれ」

「わかったのです」


ーーーーーー

卯月「……」

下3 卯月はどこで何をしていた?

617 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/05 22:42:10.54 zIBB7aQn0 297/2807

うーちゃん深海棲艦に転職するぴょん
海に潜っていた

619 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/05 22:47:09.00 8DRkgGx3O 298/2807

卯月「きっと卯月はもう許して貰えないっぴょん。うーちゃん、深海棲艦に転職するぴょん」

ザザー

卯月「…夜の海は冷たいっぴょん」

ザザー…ザザー…

卯月「……さようならみんな。こんなバカな卯月を許して欲しいっぴょん」

ザザー…ザザー…ザザー…



「卯月ちゃーん!どこなのですかー!」

ザザー…

「卯月ちゃーん!!」

下2 電、もしくは別の人物が卯月を見つけることができた?別の人物の場合は人物名も

621 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/05 22:48:19.30 iz7j/ie7o 299/2807

清霜

624 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/05 22:56:53.87 8DRkgGx3O 300/2807

ーーーーーー

卯月「……あれ?うーちゃんは…」

清霜「気がついた?」

卯月「清霜?なんでここに……って、ここはどこっぴょん?」

清霜「ここは病院から離れた…深海の直ぐ近くの島だよ」

卯月「深海……そう、うーちゃんは深海棲艦になろうと…」

清霜「うん、沈んでいくところを私が助けたの」

卯月「なんで助けたっぴょん!!卯月はあのまま…」

清霜「本当に深海棲艦になりたかったの?」

卯月「だから海に沈んでたんだっぴょん!」

清霜「……本当に?」

625 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/05 23:00:04.80 8DRkgGx3O 301/2807

卯月「本当に決まってるっぴょん!」

清霜「深海棲艦になるってことは…こういうことなんだよ?」ベリベリ

卯月「えっ……」

レ級「……」

卯月「あっ……あぁ…!」

レ級「卯月はこんな姿になりたいの?」

卯月「えっ、清霜がレ級で……あれ、えぇ?」

レ級「深海棲艦になりたいっていうんだったら、今直ぐにでもしてあげるよ?」ガチャ

卯月「ひっ…」

レ級「どうなの、卯月?」

卯月「下2」

下2 卯月の台詞を

626 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/05 23:01:12.07 mriQJdmq0 302/2807

嫌だよぉ、皆と一緒にいたいよぅ

631 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/05 23:07:46.13 8DRkgGx3O 303/2807

卯月「嫌だよぉ、皆と一緒にいたいよぅ…」

レ級「だったらなんであんなことしたのさ?」

卯月「だって、許してもらうには卯月が死ぬしか…」

レ級「バカ!」バシィッ!

卯月「ぅげっ!」

レ級「簡単に死ぬとか言わないでよ!ただでさえ浦風が死にかけたって言うのにさ!」

卯月「……」

レ級「卯月が死んだらみんな悲しむんだよ?なんでそこまで想像できないのさ!」

卯月「……」

レ級「助けるのだって、もう少し遅れたら間に合わなかったんだよ!?」

卯月「……」

632 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/05 23:11:52.10 8DRkgGx3O 304/2807

レ級「さっきから黙ってばかりで…なんとか反論してみなよ!」

卯月「……」

レ級「もう…!卯月、聞いてるの!?」

卯月「……」

レ級「…卯月?」

卯月「……」

レ級「あれ、気絶してる……そういえば、さっき叩いた時手加減したっけ…?」

卯月「……」

レ級「……急いで病院に連れて行かなきゃ!!」

ーーーーーー

卯月「ん……あれ…」

下2「目が覚めた?」

下2 人物名を

634 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/05 23:13:50.38 Mn45W/+cO 305/2807

望月

635 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/05 23:25:33.57 2AR005qx0 306/2807

望月「目が覚めたんだね」

卯月「……もっちー?ここは…」

望月「ここは病院だよ。電達が通ってるあの病院」

卯月「なんで…うーちゃんがここで寝てるっぴょん…?」

望月「うーん…記憶が混同してるっぽいなぁ」

ガチャ

医者「卯月さんの目が覚めたんですね」

望月「あっ、先生。ちょうどよかった、今卯月の状態を説明してあげてよ」

医者「わかりました。卯月さん、よく聞いて欲しいの…」

下2 卯月の現在の状況は?~を怪我している、等

637 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/05 23:30:01.01 /UR5M1urO 307/2807

内臓がいくつかやられてるッス

641 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/05 23:38:15.30 2AR005qx0 308/2807

医者「内臓がいくつかやられてるの」

卯月「内臓が?一体なにが…っ……」

医者「動こうとしちゃダメよ、貴女は絶対安静なの」

望月「まぁーそういうことだってさ。あと、これから経過次第によっては内臓移植もあるかもだって」

卯月「……」

医者「それは最悪の場合です。手術を行うのかもまだ未定です。とにかく今は安静にしていて下さい」

望月「だってさ。いやー戦艦レ級の一撃ってやっぱ凄いんだね」

卯月「下2」

下2 卯月の台詞を

643 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/05 23:40:11.24 b21m+XLD0 309/2807

なぜレ級にやられたって知ってるぴょん?

644 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/05 23:56:07.79 2AR005qx0 310/2807

卯月「なんでレ級にやられたって知ってるっぴょん?」

望月「あーそれは清霜がみんなの前でカミングアウトしたからね、自分は深海棲艦だって」

卯月「えっ?」

望月「まぁ他にも色々あったんだけど、詳しくはまた説明するよ」

卯月「じゃあ、清霜は…」

望月「ならそこだけ言っとこうか?清霜は姫ちゃん達と一緒で、うちの鎮守府に居ることになったから」

卯月「…そうっぴょんか」

望月「でも本人の希望で、レ級じゃなくてあくまで清霜としてだけどね」

645 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/06 00:07:53.34 ezL3hKBi0 311/2807

望月「大変だったんだよ?卯月を傷付けたーって清霜が大騒ぎしてさ」

卯月「清霜は悪くないっぴょん…悪いのは卯月っぴょん…」

望月「うん、清霜はお咎め無しになったよ」

卯月「よかったぴょん…」

望月「……まぁその代わりに卯月が苦しむことになるけどね」

ーーーーーー1時間後

卯月「……あ…」

望月「ん…そろそろか」

卯月「……痛い………」

646 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/06 00:10:41.72 ezL3hKBi0 312/2807

卯月「痛い痛い……」

望月「痛み止めが切れたんだね。はいナースコールっと」ポチ

卯月「痛い痛い痛い痛い」

望月「卯月、これは卯月への罰なんだ」

卯月「痛い痛い痛い痛い痛い痛い」

望月「正直苦しんでる卯月を見るのは辛いよ。でも浦風達の方がもっと辛かったはずだよ」

卯月「痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い!」

647 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/06 00:16:14.81 ezL3hKBi0 313/2807

望月「死ぬ程痛いでしょ?でも大丈夫、死ぬことはないから」

卯月「もぢづぎいいぃぃぃ!痛い痛い痛い痛い!!」

望月「…ホントはさ、姫ちゃんの薬を使えば卯月の怪我なんて直ぐ治るんだよ。でもね、それはしないって睦月達と決めたんだ」

卯月「ああああああああああ!!」

望月「……ま、ちょっと刺激的な薬だと思って我慢しなよ。元は自分の蒔いた種なんだからさ」

卯月「じぬぅぅぅぅぅ!!た、たすけ……ぁ…」ガクッ

望月「はぁ……」

653 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/06 01:02:00.68 ezL3hKBi0 314/2807

少しやり過ぎましたかね?
内臓がいくつかやられてるとのことだったので、これくらいで丁度いいかなと思ったんです

本当は卯月がナースコールを押そうとするのを望月が止めて、卯月が散々苦しんだ後、望月がナースコールを押す内容にしようとしてました

卯月嫁と浦風嫁の人には申し訳なかったです…

656 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/06 19:53:22.15 S/Aj48I40 315/2807

ーーーーーー

提督「今日は電達の定期検査には早いが、浦風達の様子も気になるから病院へ来ている」

提督「浦風はここに運ばれた時がピークだったから、良くなってくれているといいんだが…」

提督「卯月は悪気は無いとはいえレ級の一撃をくらってしまっからな…」

提督「ん?あれは…」

下3 遭遇した人物は?

659 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/06 20:05:18.99 Jcm8122VO 316/2807

山風

660 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/06 20:12:42.17 S/Aj48I40 317/2807

提督「山風じゃないか、どうしたんだ?」

山風「あっ…提督……」

提督「電達の誰かが気になったのか?それとも浦風達のお見舞いか?それとも別の…」

山風「提督…そんないっぺんに喋られたら…」

提督「む、すまん……じゃあ、山風はここへ何しにきたんだ?」

山風「下3」

下3 山風の台詞を

663 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/06 20:19:30.60 cb3lAMEV0 318/2807

パパ(提督)を迎えに来た

664 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/06 20:27:26.53 S/Aj48I40 319/2807

山風「パパを…迎えに来た…の」

提督「…そうか、ありがとうな山風」

山風「…うん」

提督「でもな、もう少し待って欲しいんだ。電達の検査もまだ終わってないし」

山風「うん…」

提督「ここで待ってるだけなのも退屈だろう?誰かのお見舞いに行くか?」

山風「下3」

下3 山風の台詞を

667 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/06 20:32:17.87 I3pmxkAd0 320/2807

実は浦風から提督と卯月への伝言を預かってるのでそれを伝えに行きたい
昨日の検査で浦風が間違って取ってきた毒キノコを食べたことが原因で泡吹いて痙攣をおこした食中毒だったことがわかったらしい
提督達の証言から驚きによる心臓発作と思い込んでいたため、詳しく検査するまでそのことに気づけなかったみたい

668 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/06 20:44:15.20 S/Aj48I40 321/2807

山風「あのね…実は、浦風から伝言を…預かってるの」

提督「そうなのか、どんな内容だ?」

山風「卯月に…伝えて欲しいんだけど…昨日の検査で…浦風が倒れた原因が…わかったの」

山風「卯月のドッキリが…原因じゃなくて、浦風が…間違って食べた…毒キノコが原因…なんだって…」

山風「パパ…提督達が心臓発作だっていうから…昨日まで気付かなかった…みたい」

提督「……」

山風「パパ…聞いてた?」

提督「あぁ…聞いてたよ。俺はとんでもないことをしてしまったのかもしれん…」

670 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/06 20:46:58.75 S/Aj48I40 322/2807

山風「パパは悪くない…よ?」

提督「浦風の件は確かに俺だけが悪いとは言えん。だが卯月が…」

山風「あっ……」

提督「とにかく卯月の部屋へ急ごう!」

山風「うん…」

ーーーーーー

提督「この部屋か…」

下3 卯月の病室の様子はどうなっている?

671 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/06 20:48:08.25 hY/WrGJLO 323/2807

もぬけの殻

672 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/06 20:49:58.69 swqHGN1cO 324/2807

>>671+旅に出ますと書かれた手紙が置いてある

673 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/06 20:50:21.37 XU7vODJ9O 325/2807

>>672

676 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/06 20:56:06.42 S/Aj48I40 326/2807

提督「…あれ?誰も居ないな」

山風「もう退院した…とか?」

提督「いやそれはないだろう。あっ、丁度いいところに。すいません、この部屋にいた卯月は…」

看護師「はい、今も絶対安静です」

提督「でも姿が見えないんですが…」

山風「提督、これ…」

提督「うん?……旅に出ます?」

看護師「そんな!卯月さんは絶対安静で、下手に動くと命に関わるんですよ!?」

677 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/06 20:59:01.95 S/Aj48I40 327/2807

提督「卯月はどこへ行ったんだ!?」

看護師「状況から考えて誰が連れ出したとしか…自力で動ける筈はありません!」

提督「わかりました、こっちでも探してみます。行くぞ山風!」

山風「うん…!」

ーーーーーー

卯月「……」

下3「……」

下3 卯月を誰が連れ出してどこにいた?複数人も可

680 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/06 21:03:47.23 L4zWoBHSo 328/2807

山雲。夜中の弾薬庫

684 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/06 21:49:36.17 S/Aj48I40 329/2807

山雲「うふふーもう夜中になっちゃったわね…」

卯月「ぁ……」

山雲「このまま朝まで放っておいたらー卯月ちゃんしんじゃうわね?」

卯月「やまぐ…も…」

山雲「苦労したのよー車椅子でここまで卯月ちゃんを運ぶのも」

卯月「た…助け…」

山雲「そろそろ痛め止めも切れるわね~」

685 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/06 21:56:06.30 S/Aj48I40 330/2807

山雲「でもねー卯月ちゃんは許されないことをしたの。よりによって浦風ちゃんを…」

卯月「お願い……助け…」

山雲「助けるわけないでしょう!?自分がしたことがわかってるの!?」

卯月「…ぅ…あ…」

山雲「…直接あなたを殺らないのは苦しめるためよ。知ってるのよ?痛め止めが切れるとどうなるか…」

卯月「お願い…お願い…」

山雲「……せいぜい苦しみなさい」

687 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/06 21:59:01.17 S/Aj48I40 331/2807

ドクン

卯月「……あ…」

山雲「うふふふふ…そろそろかしら?」

卯月「…痛い…痛い……」

山雲「さようなら、卯月ちゃん」

卯月「あぁ……ああああああ!」

下3「ん?この声は…」

下3 卯月達は誰かに見つけられた?見つけられなかった、も可

690 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/06 21:59:33.92 ZPcIHIOKo 332/2807

長門

693 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/06 22:11:12.34 DD6l+QAdO 333/2807

長門「お前達こんなところで何を……そこにいるのは卯月か!?」

卯月「ぎいぃいぃぃぃぃ!」

山雲「あらぁ…見つかっちゃいましたー」

長門「山雲!何をしているんだ!卯月は今…」

山雲「ええ、動かすとダメなんですよね~」

長門「…わかっててやっているということは、確信犯なんだな」

山雲「はい~これは卯月ちゃんへの罰なんです」

694 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/06 22:15:24.86 DD6l+QAdO 334/2807

山雲「卯月ちゃんは~浦風ちゃんをあんな目に合わせてるんだから、これくらい当然よ~」

長門「激痛で泣き喚くのが罰…だと?」

山雲「これでもまだ足りないくらいだわ~」

卯月「いだいいだいいだいぃぃぃぃぃ!」

山雲「…少し静かにしてくれないかしら~」グッ

卯月「…!ぐっ…がっ………ああああああああああああ!」

長門「おいやめろ!」

山雲「うふふーこの状況で、長門さんに何ができるっていうの?」

長門(何か…何か手があるはずだ!)

下3 長門のとった行動とは?

697 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/06 22:19:28.44 dMqEF5AHo 335/2807

浦風の事実を言う

699 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/06 22:30:26.65 DD6l+QAdO 336/2807

長門「そもそも山雲は浦風がどうなったか知っているのか?」

山雲「ええ…こいつが余計なことをしたせいで、浦風が心臓発作を起こしたのよ」

卯月「あ……が……あ…」

長門「ふぅ…実はな、それが原因じゃないらしいんだ」

山雲「そんな嘘に騙されないわよ~」

長門「嘘じゃない。浦風が倒れた本当の原因はキノコだ」

山雲「……え?」

長門「浦風は適切な処置を受けて、明日にでも帰ってこれるそうだ。卯月は悪くなかったんだよ」

山雲「嘘……」

長門「何度でも言う。嘘じゃない」

山雲「下3」

下3 山雲の台詞orリアクションを

702 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/06 22:32:01.73 0YyBnpmzO 337/2807

嘘だっ!!!

706 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/06 22:41:34.40 DD6l+QAdO 338/2807

山雲「嘘だっ!!!」

長門「な…!」

山雲「嘘だ嘘だ嘘だ!!私は信じない!」

長門「信じるも何もこれが事実だ!」

山雲「嘘だっ!!!」

長門「くっ…埒があかない。このままじゃ卯月も危ない…!」

下3 「卯月!or山雲!」

下3 現れた人物名を

709 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/06 22:42:36.71 poecrxEWo 339/2807

颯爽と痛み止めを持った提督参上

712 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/06 22:52:31.10 DD6l+QAdO 340/2807

提督「卯月!!」

卯月「ぅ……あ……」

山雲「どうしてここが!?」

長門「フッ、あんな大声を出していれば嫌でもわかるさ」

山雲「…最初からこれを狙っていたの?」

長門「戦艦長門を舐めるなよ?」

提督「大丈夫か卯月!今痛め止めを投与してやる!」

卯月「……ありが……しれ…」

713 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/06 22:58:48.12 DD6l+QAdO 341/2807

長門「山雲、そこまで浦風のことを…」

山雲「浦風は知らないでしょうね…私が浦風のことが好きだってことは」

長門「こんなことをしなくても、もっといい方法があったはずだ!」

山雲「…これ以外思いつかなかったのよ」

長門「お前は……」

提督「長門、山雲、話はあとだ。今は卯月を優先する。夜中だがこのまま病院へ戻るぞ」

長門「卯月は?」

提督「安心したのか限界だったのか…気絶してるよ」

長門「わかった。山雲、お前も付いて来るんだ」

山雲「わかったわ…」

714 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/06 23:02:04.07 DD6l+QAdO 342/2807

ーーーーーー深夜、病院

「司令官さん!卯月ちゃんは…!」

提督「精密検査がまだ終わっていないが、とりあえず命に別状はなさそうだ」

「よかったのです…」

山雲「……」

龍驤「…さて、問題は山雲やな」

駆逐古姫「本気で卯月をころそうとしてたのか?」

春風「信じられません…」

長門「提督、山雲はどうするつもりだ?」

提督「下3」

下3 提督の台詞を

715 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/06 23:03:37.20 dMqEF5AHo 343/2807

山雲、お前は浦風の仇を取りたかったのか
それとも仇を取るという名分の下に誰かを傷つけたかったのか?

717 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/06 23:06:00.69 poecrxEWo 344/2807

>>715+お前が好きな浦風と言う子は 誰かを自分のためとは言え傷つけることを喜ぶような子なのか?

720 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/06 23:14:29.38 DD6l+QAdO 345/2807

提督「山雲、お前は浦風の仇を取りたかったのか、それとも仇を取るという名分の下に誰かを傷つけたかったのか?」

山雲「そんな…ことは…」

提督「お前が好きな浦風と言う子は、誰かを自分のためとは言え傷つけることを喜ぶような子なのか?」

山雲「うぁぁぁん…だって…浦風が卯月のせいで倒れたって聞いて…仇を取らなきゃって…」ボロボロ

提督「お前はもう少しで取り返しのつかないことをしてしまう所だったんだぞ?」

山雲「ごめんなさい…ごめんなさい…」

提督「…謝る相手が違うぞ。それが分かるまで暫く鎮守府へは帰ってくるな」

山雲「……」

提督「返事はどうした!」

山雲「…すいませんでした……」トボトボ

「司令官さん…」

提督「…今鎮守府へ連れて帰っても混乱するだけだ。暫く頭を冷やす時間が必要だ」

721 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/06 23:15:58.74 DD6l+QAdO 346/2807

山雲「冷静になってみれば…私のしたことって犯罪よね…」

山雲「自首しろってことかしら…でもそれだけで許してくれるとは思えないわ…」

山雲「私は…どうしたら…」

下3 「山雲!」

下3 山雲を追いかけてきた人物を

724 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/06 23:22:53.49 cb3lAMEV0 347/2807

日向師匠

(病院にいた面子の中からなら長門)

726 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/06 23:27:21.74 ezL3hKBi0 348/2807

日向「待つんだ山雲!」

山雲「日向さん…?なんでここに?」

日向「瑞雲に導かれたんだ」

山雲「…そうなのね」

日向「それより山雲、お前は何処に向かおうとしていた?」

山雲「そうね…軍警察かしら」

日向「仲間をころしかけたと言って自首するつもりか?」

山雲「…全部知ってるのね」

日向「瑞雲が一部始終を見ていな。教えてくれたんだ」

727 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/06 23:30:19.88 ezL3hKBi0 349/2807

山雲「なら日向さん、私が自首するのは当然…ですよね?」

日向「いや、違うな。そんなことをして浦風や卯月が納得すると思うか?」

山雲「……かと言ってこのまま何もしないと恨まれるわ」

日向「そういうことではないんだよ。提督の言っていことを思い出せ」

山雲「司令さんの…?」

日向「下2」

下2 日向の台詞を

729 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/06 23:32:56.12 ZPcIHIOKo 350/2807

謝る相手だ

731 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/06 23:39:17.05 ezL3hKBi0 351/2807

日向「謝る相手だよ」

山雲「…私、卯月ちゃんに謝らないと」

日向「そうだ、罪を償うどうこうはそれからだ。まだ面会はできんかもしれんが…とりあえず行ってみよう」

ーーーーーー

日向「…すまん、この病室の患者なんだが、容態はどうなっている?」

看護師「下2」

下2 台詞を

733 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/06 23:41:34.15 AIhXkwwMO 352/2807

会うには会えますけれど…

734 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/06 23:52:45.19 ezL3hKBi0 353/2807

看護師「会うには会えますけど…」

日向「けど、なんだ?」

看護師「余り長時間の面会はご遠慮下さい。もう面会時間も過ぎていますし、患者の負担になります。精神面で不安がありますので…」

日向「大丈夫だ、直ぐ終わる」

ーーーーーー

日向「卯月、大丈夫か?」

卯月「ひゅうが…さ…」

日向「無理して喋らくてもいい。おい、来るんだ」

山雲「卯月ちゃん…」

卯月「下3」

下3 卯月の台詞orリアクションを

737 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/06 23:56:00.93 cb3lAMEV0 354/2807

どちらさまぴょん?

738 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/07 00:09:59.48 cZL+KNIo0 355/2807

卯月「どちらさま…ぴょん?」

山雲「!!」

日向「卯月、冗談は…」

卯月「服装から見て…朝潮型ぴょん?」

日向「お前、まさか…」

卯月「初めましてっぴょん…卯月の名前は…ぁ…」

日向「おい?卯月?」

卯月「……」

日向「卯月は一体どうしたんだ?」

739 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/07 00:14:30.69 cZL+KNIo0 356/2807

ガチャ

医者「卯月さんは記憶混同を起こしています」

日向「記憶混同?記憶喪失とは違うのか?」

医者「ええ、記憶混同は記憶が抜け落ちるのではなく、そっくり順番が入れ替わったしまうんです」

日向「そんな、何が原因で…」

医者「…恐らくですが、卯月さんの病状もあったのだと思います。彼女は痛み止めが切れる度に絶叫してましたから…」

日向「精神がすり減ったということか…」

医者「何故かナースコールのボタンが遠くになっていたり等、色んなことが重なったんでしょうね。提督さんの同意が取れれば、卯月さんを移そうと思います」

日向「移すだと?一体どこへ?」

医者「…精神病棟の方へです」

740 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/07 00:16:57.61 cZL+KNIo0 357/2807

山雲「!!」

医者「もちろんまだ決まったことではありません。あくまで可能性の話です」

日向「…君の目から見て卯月はどうだ?精神を病んでいると思うか?」

医者「それは…」

日向「あくまで君の独断でいい。それでも喋れないというなら、独り言でもいいから言ってくれ」

医者「下2」

下2 台詞を

742 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/07 00:20:07.41 hoDSYE0qO 358/2807

分かりません ですがどちらにせよ嘗ての卯月さんには2度と戻らないでしょう

746 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/07 00:27:47.71 cZL+KNIo0 359/2807

医者「分かりません。ですがどちらにせよ嘗ての卯月さんには2度と戻らないでしょう」

日向「……わかった」

医者「もちろん、卯月さんの主治医として最善は尽くします。どうか悲観なさらずに…」

山雲「お願い卯月ちゃんを治して!」

日向「山雲…」

山雲「内臓がダメだっていうなら私のを使っていいから!!お願い!!」

医者「…お気持ちは受け取ります。卯月さんの負担になります、今日はこれで…」

日向「あぁわかった。行くぞ山雲」

山雲「卯月ちゃん!!卯月……!」

747 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/07 00:33:15.33 cZL+KNIo0 360/2807

日向「お前はこれからどうするんだ?」

山雲「謝るわ…謝り続ける」

日向「卯月はお前のことがわかっていないようだったぞ?」

山雲「私の人生にかけても卯月を元通りにしてみせる。絶対に元に戻すわ!」

日向「…それは浦風に申し訳がないからか?」

山雲「いいえ、私がそうしたいの。ちゃんと元の卯月ちゃんに戻して…誠心誠意謝るの。謝るまで鎮守府には戻らないわ」

日向「……提督にはそう言っておく」

山雲「お願いします。私は鎮守府には帰りません…」

日向「……山雲…無茶はするなよ…」

758 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/07 19:51:23.65 zuKF8/loO 361/2807

ーーーーーー鎮守府内某所

陽炎「ただいまより、陽炎型裁判を始めます」

不知火「被告人、前へ」

浜風谷風磯風「……」

陽炎「あなた達3人は、無実の艦娘に対して、執拗な嫌がらせ行為をしたことに間違いありませんね?」

磯風「しかし、あれは…」

不知火「黙りなさい。今貴女達に自由な発言権はありません」

磯風「……はい」

陽炎「まず、磯風は卯月に対してどんなことをしたの?」

不知火「情報によりますと…下3」

下3 磯風は卯月に対してどんなことをした?何もしていない、も可

761 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/07 19:57:56.76 I5VOKKEw0 362/2807

胸囲の格差社会を見せつけ、現実を教えてやった

762 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/07 20:15:02.54 sL7U0L0l0 363/2807

不知火「胸囲の格差社会を見せつけ、現実を教えてやった…とあります」

陽炎「なるほど、その自慢の胸を見せつけてやったってわけね」

不知火「それにより卯月は精神的ダメージを負ったものと考えられます」

陽炎「これは重罪ね。覚悟しておきなさい?」

磯風「……」

不知火「次は浜風です。彼女は…下3」

下3 浜風のしたことを。やってないも可

765 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/07 20:19:29.71 WDy6Rw6B0 364/2807

同じように悪戯で苦しめるため、卯月が寝ている間にナースコールのボタンを見えないように隠し、近くに偽物を置いておいた
痛みで目が覚めて必死に偽ボタンを押している姿を見ながら
「誰も治療に来ないね、提督からも睦月型からも医者にすら見捨てられたんだよ。」と嘘をついた。痛みが酷くなり気絶したのを確認して偽物を回収、本物のボタンを押して帰った

770 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/07 20:43:31.97 sL7U0L0l0 365/2807

不知火「同じように悪戯で苦しめるため、卯月が寝ている間にナースコールのボタンを見えないように隠し、近くに偽物を置いておいたそうです。痛みで目が覚めて必死に偽ボタンを押している姿を見ながら『誰も治療に来ないね、提督からも睦月型からも医者にすら見捨てられたんだよ』と嘘をつき、痛みが酷くなり気絶したのを確認して偽物を回収、本物のボタンを押して帰った…とあります」

陽炎「浜風が原因じゃないの!もうわかっちゃったわよ!」

浜風「……」

磯風「浜風、お前…」

陽炎「まぁでも一応…谷風もやっておきましょう」

不知火「はい…谷風は下3」

下3 谷風のしたことは?無しも可


773 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/07 20:46:59.72 cFD6mWWX0 366/2807

汗ばんだ卯月の体をやさしくタオルで拭いてあげた

776 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/07 20:57:32.09 sL7U0L0l0 367/2807

不知火「汗ばんだ卯月の体をやさしくタオルで拭いてあげたそうです」

陽炎「えっ、いいことじゃない」

谷風「なんだよう…谷風をジロジロ見るんじゃないって…」

陽炎「…とにかく、卯月があんなことになった原因がはっきりしたわね。浜風、前へ来なさい」

浜風「……」

陽炎「浜風、なんであんなことをしたの?」

浜風「下3」

下3 浜風の言い分を

779 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/07 20:59:30.41 aOyqpfmFO 368/2807

卯月が磯風作の毒キノコ入りスープを浦風に無理やり飲ませたから

784 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/07 21:10:52.71 sL7U0L0l0 369/2807

浜風「卯月が磯風の作った毒キノコ入りスープを浦風に無理やり飲ませたからです」

陽炎「ちょっと磯風!あんたが原因じゃないのよ!」

磯風「わ、私が…?そんな…私はただ黒潮に喜んで欲しくてあのスープを作ったのに…」

黒潮「気持ちは嬉しいんやけど、もう少しでウチが浦風みたいになるところやったんか…危な…」

浜風「卯月が無理矢理浦風に飲ませなければ、こんなことは起こらなかったんです…!私は卯月が許せません!」

陽炎「だからって、あんなことをしていいと思ってるの?」

浜風「……」

陽炎「…他に誰か意見はある?」

下2「下4」

下2 陽炎型から人物名を
下4 台詞を

786 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/07 21:12:24.22 SVnUumfxO 370/2807

磯風

788 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/07 21:13:13.99 9370Hh6M0 371/2807

秋雲
セリフ安価は磯風も卯月も両方悪いと思うで

790 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/07 21:25:05.30 sL7U0L0l0 372/2807

磯風「私が発言してもいいか?」

陽炎「許可するわ」

磯風「浦風が倒れたのは私と卯月が悪いと思うんだ」

不知火「つまり両方悪いということですね?」

磯風「…そうだ。だから浜風のした仕打ちを、私も受ける必要があると思う」

浜風「そんな必要はありません!」

不知火「…裁判長、どう思いますか?」

陽炎「下2」

下2 陽炎の台詞を

791 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/07 21:26:27.89 WDy6Rw6B0 373/2807

そのころ卯月はミイラドッキリを仕掛けていたと聞いたけど、ほんとに卯月が飲ませたの?

796 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/07 21:47:45.70 sL7U0L0l0 374/2807

陽炎「そのころ卯月はミイラドッキリを仕掛けていたと聞いたけど、ほんとに卯月が飲ませたの?」

浜風「!!」

磯風「確かに…私はスープを作ったのは間違いない。その後席を外したから…あの場に居たのは浜風、浦風、卯月だけのはずだ」

陽炎「その卯月が居なかったとすると…」

不知火「浜風、あなたは何を隠しているのですか」

浜風「……」

陽炎「浜風、陽炎型裁判で嘘は許されないわ。正直に話しなさい」

浜風「下3」

下3 浜風の台詞を

797 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/07 21:49:22.01 PNH5o6Ey0 375/2807

ちっ…どいつもこいつも…

799 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/07 21:51:28.16 vVnz3yulo 376/2807

>>797

800 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/07 22:05:20.24 zuKF8/loO 377/2807

浜風「ちっ…どいつもこいつも…」

磯風「は、浜風…?」

雪風「あっ!!そういえば浦風と山で会った時に、浜風からこの辺りに美味しいキノコがあるって教わったって言ってました!!」

秋雲「雪風は山で何してたのさ?」

雪風「ツチノコ探しです!!」

秋雲「…あっそ」

陽炎「どういうことなの浜風?」

浜風「ふ…ふふ……」

谷風「浜風…?」

浜風「アッハッハッハッハッハッハッ!」

不知火「…本性を表しましたね」

801 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/07 22:08:01.25 zuKF8/loO 378/2807

浜風「そうよ、私が浦風にわざと毒キノコを採ってこさせて、そのスープを食べさせたのよ!」

磯風「嘘だろ…?」

浜風「はっ、磯風のクソ料理なら確実に死ぬと思ったのに…役に立たないなお前は!」

磯風「浜風……嘘と言ってくれ…」

陽炎「…ねぇ浜風、なんでこんなことをしたの?」

浜風「下3」

下3 浜風の台詞を

804 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/07 22:13:08.78 o5R8byIao 379/2807

陽炎型1のスケベボディの持ち主の座を確固たるものにするため

809 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/07 22:27:55.94 zuKF8/loO 380/2807

浜風「陽炎型1のスケベボディの持ち主の座を確固たるものにするためよ!!」

陽炎「…………はぁ!?」

浜風「私のスケベボディで世の男共の精液を絞り取るはずだったのに…浦風のやつが現れたせいで!」

不知火「もしかして確実に死ぬ…って、女性として魅力が死ぬってこと?」

浜風「それ以外にないでしょう!?」

秋雲「えぇ~…」

陽炎「ねぇ浜風…女性として魅力がなくなる以外に。もっと大変なことになるって想像はできなかったの?」

浜風「できたらこんな大事になってないですよ!!」

810 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/07 22:30:12.56 zuKF8/loO 381/2807

谷風「だよなぁ…」

黒潮「じゃあ、卯月にあんな仕打ちをしたのはなんでなん?」

浜風「それは……」

不知火「浜風、正直に言いなさい」

浜風「下2」

下2 台詞を

812 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/07 22:31:33.05 wQML/FkWo 382/2807

乳でかと胸を馬鹿にされた

813 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/07 22:50:20.83 zuKF8/loO 383/2807

浜風「卯月に乳でかと胸を馬鹿にされたから…」

陽炎「あんたはそれしか頭の中にないの!?」

浜風「私にとってはこの体…スケベボディは誇りなんですよ!!」

不知火「呆れてものも言えないわね…」

雪風「さっきからスケベボディってなんのことですか?」

秋雲「雪風は知らなくていいよ~」

陽炎「と、に、か、く!浜風には判決を言い渡します」

不知火「スケベボディ浜風には相応の罰をお願いします」

浜風「……」

陽炎「下2」

下2 陽炎の判決を

816 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/07 22:53:19.75 VptBaPILO 384/2807

除隊して泡姫でもしてなさい!

819 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/07 23:00:33.05 zuKF8/loO 385/2807

陽炎「除隊して泡姫でもしてなさい!」

浜風「嫌です!私は艦娘でこのスケベボディに誇りを持っているんです!」

不知火「陽炎姉さん、冷静になって下さい。私達には浜風を除隊できるような権限はありません」

陽炎「…そうだったわね」

磯風「じゃあ…こんなのはどうだろう?」

不知火「何か意見があるのね?」

磯風「下2」

下2 磯風の台詞を

821 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/07 23:01:45.71 o5R8byIao 386/2807

>>817

817 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/07 22:53:21.59 o5R8byIao 387/2807

多国籍マッチョ軍団による72時間耐久セッ○スの刑、思う存分絞ってらっしゃいな

822 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/07 23:07:26.22 zuKF8/loO 388/2807

磯風「多国籍マッチョ軍団による72時間耐久セッ○スの刑はどうだろうか?」

陽炎「…マッチョ軍団に知り合いでもいるの?」

磯風「当てがないことはない」

陽炎「じゃあもうそれにする?」

不知火「裁判長の意見ではないので多数決でいきましょう。この罰に賛成の人は…」

下1、下3 コンマ判定
下1 賛成
下3 反対

コンマの大きい方の勝ち

823 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/07 23:08:40.81 aOyqpfmFO 389/2807


825 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/07 23:09:10.86 VptBaPILO 390/2807


827 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/07 23:19:58.64 cZL+KNIo0 391/2807

不知火「……どうやら反対多数のようです」

陽炎「もー!じゃあどうすればいいのよ!」

不知火「落ち着いて下さい裁判長」

秋雲「もうさー、卯月の看病でもやらせておけば?早く続き描きたいんだよね」

陽炎「もう少し待って!判決出すのやりたいんだから!」

不知火「毎回毎回それがやりたいだけじゃないですか…」

下2「ちょっと待った!」

下2 乱入してきた人物を

829 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/07 23:22:13.53 VptBaPILO 392/2807

間宮

831 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/07 23:43:51.99 cZL+KNIo0 393/2807

間宮「話しは聞かせてもらいましたよ!」

陽炎「間宮さん!?」

間宮「あろうことか料理で人を貶めようとするなんて…許せません!」

谷風「随分と序盤から聞いてたのね…」

不知火「浜風に対してどんな罰を与えようというのですか?」

間宮「下1」

下1 間宮の台詞を

832 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/07 23:44:28.76 wQML/FkWo 394/2807

一ヶ月みっちり料理のなんたるかを教えます

836 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/08 00:04:33.01 uRL4ICDO0 395/2807

間宮「磯風さんと浜風さんには一ヶ月みっちり料理のなんたるかを教えます!」

磯風「私もか!?」

間宮「当たり前です!二人共です!」

陽炎「ならそれで決まりね!はい、結審!!」カンカン

不知火「やっぱりそれをやりたいだけなのでは?」

間宮「本当はその自慢の胸で乳搾りでもやってもらおうかと思いましたが…出るかわからなかったのでやめておきました」

不知火「懸命ですね。母親でもないのに出るわけがありませんから」

浜風「……」

磯風「……」

陽炎「えっ、なんでそこで黙るのよ…」

837 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/08 00:08:20.86 uRL4ICDO0 396/2807

黒潮「…あかん!磯風の母乳はウチのもんや!!」

磯風「黒潮ぉ!」

陽炎「えっ…なに…あんた達そんな特殊なプレイしてんの?」

黒潮「明石さん特製の薬で出るようになったんや。ウチのママは磯風だけなんや!」

磯風「止めろ!もうやめてくれ!!」

不知火「浜風、あなたもその薬を?」

浜風「…スケベボディに母乳はかかせません」

839 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/08 00:16:24.97 uRL4ICDO0 397/2807

間宮「さぁ二人共、食堂へ行きますよ!」

浜風「くっ……」

磯風「納得がいかないが…仕方がない」

陽炎「じゃあ私達は卯月のお見舞いでも行く?」

不知火「不知火も行きます」

雪風「雪風もついて行きます!」


ーーーーーー病院

陽炎「ここが卯月の病室?」

不知火「そのようです」

雪風「卯月!元気にしてますか!」

下2 病室の様子は?

841 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/08 00:21:58.57 p7yG7cRmo 398/2807

もぬけの殻

844 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/08 00:25:10.41 uRL4ICDO0 399/2807

シーン…

陽炎「あれ?誰もいないんだけど?」

不知火「そんなはずは…」

雪風「クンクン…さっきまでここに居たみたいです!」

陽炎「犬かあんたは」

不知火「ならこの近くにいるということですね。探してみましょう」

ーーーーーー

雪風「こっちのような気がします!」

陽炎「こういう時って雪風に頼るに限るわ」

不知火「全くです。ん、あれは…」

下2 卯月の様子は?

846 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/08 00:28:28.24 6idC4y7ao 400/2807

手をハンカチで拭きながら歩いてくる

848 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/08 00:34:06.37 uRL4ICDO0 401/2807

卯月「……」フキフキ

陽炎「ハンカチで手を拭きながら歩いてるわね」

不知火「お花を摘みにでも行ってたんでしょうか?」

雪風「卯月!トイレに行ってたんですか?」

卯月「下2」

下2 卯月の台詞を

850 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/08 00:38:03.15 6idC4y7ao 402/2807

お、お花摘みに決まってますっ(赤面)

852 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/08 00:44:28.38 uRL4ICDO0 403/2807

卯月「お、お花摘みに決まってますっ」

陽炎「……卯月、口調変わった?」

卯月「やっぱり違和感ありますかね…?」

不知火「違和感しかありません」

雪風「まるで別人みたいです!」

陽炎「それってやっぱり…精神的な病気のせい?」

卯月「お医者さんが言うにはそうらしいです」

不知火「口調以外に他に変わったことはありますか?」

卯月「下2」

下2 卯月の台詞を。特にない、も可

854 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/08 00:45:59.19 69BoXk5z0 404/2807

少し歩くだけで疲れます

856 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/08 00:55:00.15 uRL4ICDO0 405/2807

卯月「少し歩くだけて疲れてしまうことですね」

不知火「なら今も疲れているのではないですか?」

卯月「はい、正直…」

陽炎「なら早く部屋に戻りましょ。雪風、抱っこしてあげて」

雪風「はい!お任せ下さい!」

ーーーーーー

卯月「ありがとうございます」

雪風「これくらいどうってことはありません!」

陽炎「ねぇ卯月、あなたがこうなったのは私の姉妹のせいでもあるの。だからね、困ってることがあったら言って欲しいの」

卯月「なら…下2」

下2 卯月の台詞を

858 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/08 00:56:42.28 lnmaLiGoO 406/2807

今からおどろくっぴょん!

859 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/08 01:04:35.78 uRL4ICDO0 407/2807

卯月「なら…」

不知火「なら?」

卯月「あ…ぅ……」ガクッ

陽炎「どうしたの卯月?」

卯月「……ぐっ…」

不知火「まさか…まだ痛みが!?」

卯月「…………」

雪風「わ、私お医者さんを呼んできます!」

陽炎「急いで!!このままじゃ手遅れになるわ!」

卯月「……」プルプル

不知火「大丈夫ですか卯月!しっかりして下さい!」

860 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/08 01:07:09.68 uRL4ICDO0 408/2807

陽炎「卯月!卯月!」

卯月「……ぷっ…」

不知火「…卯月?」

卯月「なぁ~んちゃって、嘘ぴょ~~ん!」

陽炎「……洒落にならない嘘ついてるんじゃないわよ!!」

卯月「引っかかる方が悪いっぴょ~ん!」

雪風「卯月、本当に大丈夫なんですね?」

卯月「この通り、元気ハツラツっぴょん!」

861 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/08 01:15:25.28 uRL4ICDO0 409/2807

卯月「まぁ本音を言うと、記憶混同がまだ治ったかわからないから、暫く入院してないといけないっぴょん」

不知火「…卯月、今回の件はすいませんでした」

卯月「別にいいっぴょん。うーちゃんもかなり懲りたっぴょん」

陽炎「たった今騙されたところだけど!?」

卯月「それはジョークってやつっぴょん」

不知火「浜風にはまた追って謝罪をさせますので」

卯月「う~ん…ならうーちゃんはドッキリで返してやるっぴょん」

陽炎「やめなさいっての!」

卯月「でもお見舞いに来てくれるのは嬉しいっぴょん。いつでも歓迎するっぴょんよ!」

雪風「ならまた来ますね!」

不知火「私も、来させてもらいます」

875 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/08 19:56:38.32 M40eeQJL0 410/2807

ーーーーーー病院

提督「今日は電達の定期健診の日だ。春風達は5ヶ月目に入る」

提督「電達は4ヶ月に入るが…ここまで来るともうお腹が目立ってきている」

提督「電のお腹には俺の子がいるということを、日々実感しているようで嬉しい限りだ」

提督「うん?あれは…」

下3 遭遇した人物を

878 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/08 19:59:36.84 69BoXk5z0 411/2807

夕雲

879 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/08 20:05:04.73 M40eeQJL0 412/2807

夕雲「あら、提督。こんにちは」

提督「夕雲じゃないか、どうしてここへ?」

夕雲「ちょっと…用事があったんです」

提督「誰かのお見舞いか?それとも別の人物か?」

夕雲「下3」

下3 夕雲の台詞を

882 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/08 20:11:23.36 Tg8TSsVT0 413/2807

睦月型が浜風事件の真相を知ってから、それぞれ怒り狂っていたり号泣していたり呆れていたり表情無くなったり無茶な出撃を希望したり
アニメ艦これ3話だけを延々と見続けていたり等を続け、とうとう精神の限界にきたらしく何人か病院に担ぎ込まれたのでそのお見舞いに

884 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/08 20:20:30.76 M40eeQJL0 414/2807

夕雲「睦月型が浜風事件の真相を知ってから、それぞれ怒り狂っていたり、号泣していたり、呆れていたり表情無くなったり~無茶な出撃を希望したりしたの。そしてアニメ艦これ3話だけを延々と見続けてた子もいて、とうとう精神の限界にきたらしく何人か病院に担ぎ込まれたのでそのお見舞いに来たの~」

提督「あれは大惨事だったよなぁ…」

夕雲「遠い目をしないで下さい提督」

提督「うちの鎮守府のメインは遠征だ。低燃費の睦月型が何人も出られないとなると…かなりの痛手なんだ」

夕雲「なら早くよくなるように、提督もお見舞いに行きません?」

提督「あぁ、そうしよう」

ーーーーーー

提督「ここか…下2入るぞ」

下2 睦月型から一人
下4 その人物の様子は?

886 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/08 20:23:06.10 A5B1Z70ko 415/2807

文月

888 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/08 20:24:11.61 N6g+q6QBO 416/2807

またグレた

890 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/08 20:29:50.05 M40eeQJL0 417/2807

文月「あぁん?何か用…かよぉ」

提督「また文月がグレてる」

夕雲「あら~元気そうで何よりだわ」

文月「はっ、いちいち鬱陶しい…だぜぇ」

提督「相変わらずちょっと間違ってるな」

夕雲「でもここに来た時よりかは、随分とよくなってるじゃない」

提督「そうだな…最初は下3だったもんな」

下3 文月はどんな状態で入院することになった?

893 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/08 20:33:51.95 Tg8TSsVT0 418/2807

浜風に呆れ、陽炎型に呆れ、気づけなかった提督に呆れ、世の中すべてに呆れて

898 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/08 20:42:33.28 M40eeQJL0 419/2807

提督「浜風に呆れ、陽炎型に呆れ、気づけなかった俺に呆れ、世の中すべてに呆れて…」

夕雲「あの時は荒んでたわよね~」

文月「私は今でも許して…ないんだぜぇ」

夕雲「はいはい。これ、お見舞いのフルーツよ」

文月「わーい!……はっ!こんなもんいらないんだぜ!」

夕雲「じゃあ持って帰っちゃうわよ?」

文月「う…うぅ…」

提督「夕雲、あんまりイジメてやるな。文月もまた睦月に迷惑をかけない程度にしておけよ?」

文月「……私はまだ司令官のこと許してないんだからね」

提督「…許してもらえるように努力はする」

ーーーーーー

夕雲「さぁ…次は下2ちゃんよ」

下2 睦月型から一人
下4 中の様子を

900 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/08 20:44:04.06 uYRS1OiX0 420/2807

長月

902 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/08 20:45:40.94 g5YJYCJQO 421/2807

ベッドに腰掛けてひたすら窓の外をボーと見ている

904 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/08 20:53:13.59 M40eeQJL0 422/2807

提督「長月、入るぞ」

夕雲「長月ちゃん?」

長月「……」ボーッ

提督「窓の外なんて見てどうしたんだ長月?」

長月「……」

夕雲「…長月ちゃんはまだダメみたいね」

提督「長月は糸が切れたみたいに突然動かなくなって…あの時は本当に最悪の展開を想像したよ」

夕雲「あの時よりは回復してるみたいね…長月ちゃん、これお見舞いよ」

長月「下2」

下2 長月の台詞orリアクションを

906 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/08 20:55:07.27 A5B1Z70ko 423/2807

おー!ありがとう!

908 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/08 21:07:01.50 M40eeQJL0 424/2807

長月「おー!ありがとう!」

提督「うぉっ!いきなり反応するなよ!」

長月「なんだ司令官、来ていたのか」

夕雲「気付いてなかったの?」

長月「……どうも薬のせいでボーっとすることが多いらしいんだ」

夕雲「治療はまだ暫くかかるみたいね。強い薬を飲んでるみたいだし」

長月「だが着実に快方に向かっている様だ。司令官、すまないがもう暫く待っていてくれ」

提督「元を辿れば俺が悪いんだ。気にせずゆっくりしていてくれ」

ーーーーーー

夕雲「次は下2ちゃんね」

下2 睦月型から一人
下4 中の様子を

910 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/08 21:08:02.45 T85P1f6cO 425/2807

望月

912 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/08 21:09:40.58 69BoXk5z0 426/2807

他の入院患者(お年寄り)達からおこずかいを貰って困惑している

915 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/08 21:27:42.02 M40eeQJL0 427/2807

望月「うーん……」

提督「どうしたんだ望月、そんなに考え込んで」

望月「あっ司令官…実はちょっと困ってて…」

夕雲「あら?どうしたのこのお金?」

望月「実はさ、お年寄りの人達からお小遣いもらいまくっちゃって…」

提督「そうか、望月だけ一般病棟なんだよな」

望月「うん、私はあくまで検査入院だし。これどうしよう…」

夕雲「何か変わったことでもしたの?」

望月「いや…下2くらいしか」

下2 望月のした行動とは?

916 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/08 21:29:28.33 6idC4y7ao 428/2807

暇だったから話し相手になっていただけ

919 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/08 21:51:01.48 M40eeQJL0 429/2807

望月「暇だったから話相手になっただけだよ?」

夕雲「それでもお年寄りの方達は嬉しかったんでしょうね」

提督「入院生活は寂しさとの戦いでもあるからな、望月の優しさが伝わったんだよ。そのお小遣いは好きに使うといい」

望月「ん…まぁ大事に取っておくよ」

ーーーーーー

提督「…さて、残りは如月と睦月だな」

夕雲「あの二人は特に…ねぇ。どうなってるか心配だわ」

提督「とにかく如月から行ってみよう」

夕雲「ええ、わかったわ」

下3 如月の様子は?

920 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/08 21:51:39.73 MKPIK3uio 430/2807

ハイテンション

922 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/08 21:52:17.41 ftAf1VucO 431/2807

>>920

923 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/08 22:09:34.53 CuXsj+SlO 432/2807

如月「あらぁ~司令官じゃない!」

提督「お、おう…随分とテンションが高いな」

如月「やだもう、如月はいつも通りで、す、よ!」

夕雲「提督に会えたからこうなってる…というわけではないようですね」

提督「あーその、如月?何か困ってることとかないか?それとも他に問題は…」

如月「えぇ~問題ですかぁ!?それなら…下2」

下2 如月の台詞を

925 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/08 22:12:37.10 Tg8TSsVT0 433/2807

アニメ艦これ3話をみる設備がないので見れる環境にしてほしい

929 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/08 22:25:18.16 CuXsj+SlO 434/2807

如月「アニメ艦これ3話をみる設備がないので、見れる環境にしてほしいの!」

夕雲「そんなのでいいの?」

如月「えぇ、それで、3話をずっと見続けるの!」

提督「ずっと?」

如月「そうよ!如月が沈むところを見るのよ!」

夕雲「…如月?」

如月「ウフ…ウフフ…」

提督「如月、おい…」

如月「アヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャ!」

931 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/08 22:36:13.64 CuXsj+SlO 435/2807

夕雲「ひっ…如月…?」

如月「司令官!私が沈むのよ!!私が!!!アッハッハッハッハッハッハッハッハッ!」

提督「おい夕雲!ナースコールを早く!」

夕雲「あ…あぁ…」

提督「夕雲!」

下3「どうしたんですか!?」

下3 人物名を

934 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/08 22:38:13.49 EbbvZBFDO 436/2807

菊月

936 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/08 22:50:15.32 CuXsj+SlO 437/2807

菊月「如月!」

提督「菊月か!如月が…!か

菊月「わかってる!如月しっかりしろ!」

如月「アッハッハッハッハッハッハッハッハッハッ!」

菊月「くっ…なら奥の手だ!如月、これを見ろ!」

下2 菊月が見せたものは?

939 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/08 22:51:56.05 69BoXk5z0 438/2807

睦月のいやらしい写真

944 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/08 23:08:42.70 CuXsj+SlO 439/2807

菊月「よく見るんだ!睦月のいやらしい写真だぞ!」

如月「アッハッハッ……あれ?睦月ちゃんじゃない。それもこんなにエッチな…」

提督「元に戻った…だと?」

如月「だめよ睦月ちゃん…こんな…」

菊月「睦月の写真はどんな薬よりも効くからな。これは手放せないんだ」

夕雲「如月ちゃん、戻ったの?」

如月「……ごめんなさい、ここ最近、気付いたらずっと笑ってたりするの」

945 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/08 23:12:26.31 CuXsj+SlO 440/2807

提督「経過はどうなんだ?」

如月「これでもね、良くなっている方なの。司令官は知ってるわよね?私が地下の…」

提督「あぁ…あそこから普通の病室に戻ってこれたんだ。お前はきっと治るさ」

夕雲「ねぇ提督、地下って…?」

菊月「暴れる患者を拘束したりする部屋だよ……あそこは人が居ていい場所じゃない」

提督「帰ってくるのを待ってるぞ、如月」

如月「えぇ…必ず帰るわ」

ーーーーーー

提督「最後は睦月か…」

夕雲「……行きましょう、提督」

下2 睦月の部屋での様子を

947 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/08 23:13:07.05 MKPIK3uio 441/2807

魔王化

951 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/08 23:25:15.89 uRL4ICDO0 442/2807

提督「睦月、入るぞ?」

睦月「……」

夕雲「睦月……ちゃん?」

睦月「うむ、苦しゅうない。寛ぐがよいぞ」

提督「どうしたんだ睦月は?」

睦月「口の利き方に気を付けよ、我は魔王であるぞ。提督よ、なぜ我がこのような狭い場所で寝てなくてはならんのだ?」

夕雲「ねぇ提督、睦月ちゃんどうしちゃったのかしら?」ヒソヒソ

提督「多分、多重人格みたいなものじゃないか?」ヒソヒソ

睦月「何をコソコソとしておるのだ!」

夕雲「い、いえ、なんでもない…です…」

睦月「ならばよい」

夕雲「提督、こうなったら如月ちゃんの時みたいに何か見せるしかないんじゃない?」

提督「わかった、ならこれを見せてみよう」

下2 提督が見せたものを

953 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/08 23:26:15.44 A5B1Z70ko 443/2807

睦月の秘密の日記帳

956 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/08 23:34:45.08 uRL4ICDO0 444/2807

提督「睦月の秘密の日記帳だ!」

睦月「!!」

夕雲「効いてるわよ提督!」

提督「ほらほら、早く戻らないと読んじゃうぞ?」

睦月「う…うぅ…」

夕雲「もう一押しよ、提督!」

提督「よし、なら…」ペラペラ

下2 どんな内容を読み上げた?

958 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/08 23:36:40.81 yeHEXqYc0 445/2807

好き好き提督

962 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/08 23:53:17.70 uRL4ICDO0 446/2807

提督「じゃあこのページにしよう。好き好き提督?提督のことを思うと私…」

睦月「にゃに人の日記読んでるにゃしいいいい!」

夕雲「やった、戻ったわ!」

提督「正気を取り戻したか睦月!」

睦月「はあ…はあ…お陰様で……」

提督「さっきのは睦月の別の人格か?」

睦月「うん…突然入れ替わったりするにゃしぃ…」

夕雲「でもこの日記がある限り大丈夫じゃないかしら?こんなこととかも書いてるし…」ペラ

下2 日記の内容を

963 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/08 23:54:42.63 MKPIK3uio 447/2807

好き好き如月

970 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/09 00:13:58.83 fhiKb74d0 448/2807

夕雲「好き好き如月ちゃん(ハート)なんで如月ちゃんってあんなに可愛いんだろう?姉妹艦なのに…今日も如月ちゃんでイケナイ妄想しちゃった。でも睦月は悪くないの、悪いのはあんなに可愛い如月ちゃん…」

睦月「本気でやめるにゃしい!!!」

提督「お前らはお互いが大好きなんだな」

睦月「え…お互いに?」

夕雲「如月ちゃんに睦月ちゃんのエッチな写真を見せたら正気に戻ったのよ」

睦月「如月ちゃん、睦月も、如月ちゃんのこと…」

提督「なら早く治して仲良くすればいいじゃないか、な?」

睦月「……わかった、頑張るにゃし」

提督「よし、その意気だ」

睦月「あと、もちろん提督のことも好きにゃしよ?」

提督「…ありがとう」

971 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/09 00:16:51.00 fhiKb74d0 449/2807

ーーーーーーー

「司令官さーん!」

提督「電、どうだった?」

「はい、問題なかったのです!」

提督「ふぅ……よかった」

「龍驤さんと春風と姫ちゃんも問題なかったのです」

提督「みんな順調な様でよかったよ」

「あと、お医者さんが司令官さんのことを呼んでたのです」

提督「俺を?……わかった、行ってくるよ」

「電達は待ってるのです!」

972 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/09 00:19:11.94 fhiKb74d0 450/2807

医者「提督さん、わざわざすいません」

提督「いえいえ。それより私に用事があると言うことですが?」

医者「ええ…実は、貴方の鎮守府の艦娘で…その…」

提督「…霞ですね?」

医者「…はい。霞さんのことです」

提督「何かあったんですか?それともまた別の話ですか?」

医者「下3」

下3 台詞を

975 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/09 00:21:40.15 3FkeWELY0 451/2807

胎児の横に小さな瑞雲らしき物体を確認しました

982 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/09 00:26:14.86 fhiKb74d0 452/2807

医者「胎児の横に小さな瑞雲らしき物体を確認しました」

提督「…………え?」

医者「ですから、瑞雲が…」

提督「いえ、聞こえなかったわけではないんです。それってどういうことなんですか?」

医者「双子の片割れが、もう一人の胎児に寄生するという例はあります。ですが、霞さんの場合は胎児が手に持っているので…」

提督「瑞雲をですか!?」

医者「瑞雲をです」

983 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/09 00:31:18.89 fhiKb74d0 453/2807

提督「…私もさっぱりわかりません。霞は今どこに?」

医者「この裏に呼んでいます。今来てもらいますね」

ーーーーーー

提督「…というわけなんだ」

医者「こちらが胎児の写真です。どこからどう見ても瑞雲にしか見えないのですが…何か心当たりは?」

「下3」

下3 霞の台詞を

986 : 以下、名無しにかわりましてSS速... - 2017/07/09 00:33:41.03 iZo/oHC2o 454/2807

瑞雲

987 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/09 00:48:02.73 fhiKb74d0 455/2807

「瑞雲」

提督「え?」

「瑞雲瑞雲」

医者「霞さん?どうされたんですか?」

「瑞雲瑞雲瑞雲」

提督「一体どうしたんだ霞は?」

医者「これはひょっとすると…」

提督「何か思い当たるものがあるんですか!?」

医者「とにかく、血液検査を行います」

990 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/09 00:52:50.85 fhiKb74d0 456/2807

ーーーーーーー

医者「提督さん、こちらをご覧ください」

提督「これは…霞の血液ですか?」

医者「はい、電子顕微鏡で拡大しています。この動いているのが白血球ですね」

シュッ

提督「…!今何か横切りませんでしたか!?」

医者「…瑞雲です」

提督「な、なんだって!?」

医者「私も初めて見ましたが…これはかなり稀な例です」

提督「先生、霞はどんな病気なんですか!?」

992 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/09 01:01:19.37 fhiKb74d0 457/2807

医者「霞さんは病気ではありません。霞さんは瑞雲の境地に達したんです」

提督「瑞雲の…境地?」

日向「私が説明しよう」

提督「日向!?どこから入ってきたんだ?」

日向「瑞雲がここまで導いてくれたんだ。瑞雲の境地とは、謂わば、スタンドのようなものだ」

提督「スタンドだと!?」

日向「君も聞いたことがあるだろう?超能力が具現化した能力…幽波紋(スタンド)を」

提督「あれは都市伝説か何かじゃないのか?」

日向「都市伝説なんかじゃない。スタンドは確実に存在するんだ」

993 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/09 01:08:05.36 fhiKb74d0 458/2807

提督「霞がそのスタンドを手に入れるとどうなるんだ?」

日向「そこまではわからん。だが、胎児が瑞雲を持っていることから…何か特殊な能力があるのは間違いないだろう」

「私が…スタンドを?」

提督「霞、元に戻ったのか?」

「この前夜中に一人で海を見ている時に、黄金に光る瑞雲に特攻されたの。でも私の体はなんともなってなかったからあれは夢か何かだと思ってたんだけど…」

日向「それが原因だな。霞、それは誇るべきことだ」

「まさか…私が……」

医者「……信じられません」

提督「……これからどうなってしまうんだ?」


続く!!

994 : ◆ZxOTJs0THw - 2017/07/09 01:09:22.82 fhiKb74d0 459/2807

唐突な瑞雲スタンド落ちですいません、これしか思いつきませんでした。

ジョジョはあまり知らないのに無謀かもしれませんが、引き続きよろしくお願いします



続き
【艦これ安価】提督「艦娘が妊娠した」 その2


記事をツイートする 記事をはてブする