1 : 以下、名... - 2018/02/16 23:51:58.70 SRkPEB1rO 1/41

※最終章微ネタバレ注意
※キャラ崩壊注意
※その他の注意
※本当に注意

※本当に注意

元スレ
【ガルパン】まほ『みほエナジーが足りないんだ』エリカ「えっ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1518792718/

2 : 以下、名... - 2018/02/16 23:52:57.53 SRkPEB1rO 2/41

~黒森峰学園艦~
エリカ「・・・隊長? すみません、もう一回お願いします」

まほ『おいおい、もうエリカが隊長だろう?』

エリカ「す、すみません。でも、そんな事問題じゃない発言が今きこえたような・・・」

まほ『はあ・・・。いいか? もう一回言うぞ』

エリカ「は、はい」

まほ『みほエナジーが足りないんだ』

エリカ「」

まほ『それもかなりの度合いでだ』

エリカ「」

まほ『そのせいでおちおち夜も眠れやしない』

エリカ「」

まほ『全く、一体どうすれば・・・、って、エリカ?』

エリカ「」

エリカ「あ、はい」

3 : 以下、名... - 2018/02/16 23:53:39.37 SRkPEB1rO 3/41

まほ『聞いているのか?』

エリカ「き、聞こえてます。聞いてます、一応・・・」

まほ『なら、どうすればいいか助言をしてくれ』

エリカ「・・・ちょっと待ってください」

まほ『ああ、いくらでも待つぞ』

エリカ「」スーハー

まほ『・・・』

4 : 以下、名... - 2018/02/16 23:54:31.47 SRkPEB1rO 4/41

エリカ「OK、落ち着いた。自分を忘れないようにしよう。落ち着け落ち着け、動揺見せんな・・・」ブツブツ

まほ『エリカ? 大丈夫か?』

エリカ「え、ええ。まあ、なんとか」

まほ『体調がすぐれないようなら、早めに休むんだぞ。無限軌道杯も近いんだからな』

エリカ「お気違いありがとうございます」

エリカ「あ、間違えた。お気遣いありがとうございます」

まほ『今、とんでもないワードが聞こえた気がしたが・・・』

エリカ「気のせいです。それよりもたいch・・・、まほさん」

まほ『なんだ?』

エリカ「その、みほエナジーとやらについて、もっと詳しく聞かせていただいてもよろしいですか?」

まほ『ああ。・・・あれは、わたしがドイツに来たばかりのことだった・・・』

~~~~~~

5 : 以下、名... - 2018/02/16 23:55:29.60 SRkPEB1rO 5/41

~ドイツ・なんとか大学~
まほ「よし、ついにこのなんとか大学にやってきた。・・・ここで戦車道を修め、西住流をさらに強固なものにしてみせるぞ」

まほ「それにしても、長旅で疲れたな・・・。そんなときはこれに限る」ゴソゴソ

写真『おいらミホだぜ!』

まほ「ああ、みほ。会いたいよみほ・・・」スリスリ

まほ「みほ・・・」クンカクンカ ペロペロ

~~~~~~~

6 : 以下、名... - 2018/02/16 23:55:57.90 SRkPEB1rO 6/41

まほ「なんてことだ・・・。写真を毎日20枚しゃぶっていたらついにすべて真っ白になってしまった」

写真『』ネトー

まほ「仕方ない、次はこれだ。よ・・・っと」ゴソゴソ

タオル『おいらミホのだぜ!』

まほ「ああ、みほ。みほの匂いがするよ・・・」スリスリ

まほ「心にも 袖にもとまる 移り香よ タオルにのみか 契りおくべき(現代語訳:わたしの心にも、袖にも、あなたの移り香が残っています。それをどうしてタオルにのみ残しておくなどということがありましょうか。いや、そのようなことはありません)」クンカクンカ

~~~~~~~

7 : 以下、名... - 2018/02/16 23:56:50.20 SRkPEB1rO 7/41

まほ「しまったぞ、みほのタオルを毎日三枚ずつ顔に巻き付けて街を歩いていたらついにすべてがわたしのあらゆる分泌液の匂いになってしまった」

タオル『』ヌトー

まほ「か、かくなるうえは・・・」ゴソゴソ

パンツ『おいらミホのだぜ!』

まほ「もはやこのみほパンでこの場をしのぐしかないだろう」

まほ「なんせみほパンと言ったら」

まほ「嗅げば極楽 舐めれば天国 疲労がポンと飛んでいく」

まほ「味の女王 香の国宝」

まほ「それが みほパン」

まほ「・・・というキャッチコピーが存在するほどのすごいやつだからな」

8 : 以下、名... - 2018/02/16 23:57:31.69 SRkPEB1rO 8/41

まほ「・・・どれ」クンカクンカ

まほ「ああ~」

まほ「・・・」クンカクンカ

まほ「あああ~~」

まほ「・・・」ペロペロ

まほ「ああああああああああ~~~~ああああああああああああ~~~~」

~~~~~~~~
~~~~~~~~

9 : 以下、名... - 2018/02/16 23:58:18.32 SRkPEB1rO 9/41

~黒森峰学園艦~
まほ『といった具合にみほエナジーを補給していたんだが、ついに切れてしまってな』

エリカ「」

まほ『だから一番エネルギー効率のいいみほパンを・・・、って、エリカ? おい、エリカー?』

エリカ「」

まほ『おーい』

10 : 以下、名... - 2018/02/16 23:58:45.42 SRkPEB1rO 10/41

エリカ「はっ・・・!」

まほ『おお、気が付いたか。やはり体調が悪いようだな。隊長だけに』

エリカ「・・・」

まほ『・・・』

まほ『・・・コホン、とにかくだ。大至急みほパンをわたしのもとへ送ってくれ』

エリカ「ええ・・・」

まほ『なんだ、返事が聞こえないぞ。返事は?』

エリカ「・・・ハイ」

まほ『よし。じゃあわたしはネットにみほパンが出品されていないか探してみるから、エリカはみほパンを入手でき次第こちらへ送ること。じゃあ、切るぞ』

エリカ「ハイ」

ブツッ

エリカ「ハイ」

エリカ「ハイ」

11 : 以下、名... - 2018/02/16 23:59:24.20 SRkPEB1rO 11/41

~~~~~~~~~~
エリカ「・・・ようやく整理ができてきたわ」

エリカ「つまるところ、みほパンとやらを送ればいいのよね・・・」

エリカ「・・・」

エリカ「・・・本当にみほパンじゃなきゃダメなのかしら」

エリカ「・・・」

エリカ「エリパンでも・・・」

12 : 以下、名... - 2018/02/16 23:59:51.77 SRkPEB1rO 12/41

~~~ホワンホワンホワンホワン
まほ『エリカ。お前が送ってくれたこのみほパンだが、いつもよりすごいぞ。一体どういうことだ』

エリカ『実は、それはみほパンじゃなくてエリパンなんです!』

まほ『なんと・・・、エリパンがこんなに素晴らしいものだったとは!』

エリカ『隊長・・・』

まほ『隊長じゃない、まほ、と呼んでくれ。エリカ』

エリカ『まほさん・・・!!』

まほ『エリカ!!』

エリカ『まほさん・・・まほ!!』

まほ『一生大切にするよ・・・』チュッ

エリカ『はい、まほ・・・///』チュッ
※モニター越しです

ホワンホワンホワンホワン~~~

13 : 以下、名... - 2018/02/17 00:00:30.25 zSvMw6ZgO 13/41

エリカ「んふふふふうふふふふふ/////」ゴロゴロ

エリカ「ちょっといいじゃない///いいじゃない///」壁バンバン

エリカ「ま、きっかけがパンツなのはちょっとアレだけどね」

エリカ「そうと決まれば善は急げ! パンツァーフォーよ!!」ヌギヌギ

~~~~~~~

14 : 以下、名... - 2018/02/17 00:01:29.18 zSvMw6ZgO 14/41

~数日後~
エリカ「あ、隊長との通信の時間ね」カタカタ

まほ『・・・』

エリカ「どうしました?」

まほ『・・・エリカ』

エリカ(あ! これはまさか/////)

エリカ「は、はい。なんですか?////」

まほ『わたしはみほパンを送ってくれといったんだ』

エリカ「はい! 結婚しま・・・え?」

まほ『誰が汚物を送れと言った』

エリカ「」

まほ『おかげでお昼のカレーが全部出てきたじゃないか。どうしてくれる』

エリカ「」

まほ『今度こそみほパンと、あとお昼のカレー代10ユーロを今日の為替レートだから・・・、1324.2円、小数点以下繰り上げで1325円を送れ。いいな』

エリカ「」

まほ『次はないからな』

エリカ「」

まほ『返事は?』

エリカ「ハイ」


~~~~~~

15 : 以下、名... - 2018/02/17 00:02:10.08 zSvMw6ZgO 15/41

エリカ「」

エリカ「」

エリカ「」

コンコン ガチャ

小梅「エリカさん? 入りますよ?」

エリカ「」

小梅「うわっ!? だ、大丈夫ですか?」ユサユサ

エリカ「ウ・・・」

小梅「なにがあったんですか!? しっかりしてください!!」ユサユサ

16 : 以下、名... - 2018/02/17 00:02:38.31 zSvMw6ZgO 16/41

エリカ「・・・ライ・・・・・・・」

小梅「え?」

エリカ「オオアライニ、イッテクルワ」

小梅「え、えっと・・・。練習は」

エリカ「テキトーデイイワ。テキトーデ。マカセタワネ」

小梅「え!? て、適当って・・・、ちょっと、エリカさん!? エリカさーん!!」

エリカ「ミホパン・・・ミホパン・・・」フラフラ

~~~~~~~

17 : 以下、名... - 2018/02/17 00:03:05.75 zSvMw6ZgO 17/41

~大洗女子学園~

エリカ「・・・着いた。そして気持ちに整理もついた」

エリカ「・・・もうやけくそよ。みほのところへ行ってとっととパンツをもらってきましょう」

~~~~~~
~みほの家~

エリカ「・・・ここね」

ピンポーン ピンポンピンポンピンポン ガチャ
みほ「はーい! そ、そんなに鳴らさないで・・・って、エリカさん? どうしてここに」

エリカ「頼みがあってきたの」

みほ「頼み? まあ、とりあえず上がって」

エリカ「失礼するわ」

バタン

18 : 以下、名... - 2018/02/17 00:03:50.35 zSvMw6ZgO 18/41

みほ「エリカさん? 頼みってなに? というか、どうして大洗に・・・」

エリカ「みほ」

みほ「!」ビクッ

みほ「は、はい」





エリカ「パンツを譲ってちょうだい」

みほ「え?」

19 : 以下、名... - 2018/02/17 00:04:33.26 zSvMw6ZgO 19/41


エリカ「いいから。パンツよ」

みほ「えええええ!?」

エリカ(まあ、当然こういう反応よね。吹っ切れてるから、もうどうなってもいいけど・・・)

エリカ「あなたのパンツが欲しいの」

みほ「え? そ、それって・・・///」

エリカ(・・・ん?)

20 : 以下、名... - 2018/02/17 00:05:20.11 zSvMw6ZgO 20/41

みほ「・・・エリカさんになら///」

エリカ「え、いいの?」

みほ「うん・・・」

エリカ「じゃあちょうだい。今すぐちょうだい。あまり時間がないの。為替レートも変わるかもしれないし」

みほ「え? あ、は、はい(・・・為替レート?)」ゴソゴソ

みほ「とりあえず、これだけ・・・」スッ

エリカ「ありがとう、恩に着るわ」サッ

みほ「・・・///」

エリカ「また来るわね。それじゃあ」

みほ「あ・・・! エリカさ・・・、行っちゃった」

みほ「エリカさん、わたしのパンツを欲しがるなんて・・・」

みほ「な、何に使うのかな・・・。というかこれって」

みほ「そういうこと、だよね・・・///」

みほ「エリカさん・・・/////」

~~~~~~~

21 : 以下、名... - 2018/02/17 00:05:46.89 zSvMw6ZgO 21/41

エリカ「あっさりくれたわね。助かるけど・・・」

エリカ「・・・」

エリカ「それなりに付き合いもあったし、それだけ信頼してくれてる、ってことかしら?」

エリカ「かわいいところあるじゃないの」

エリカ「おっと! こうしちゃいられない。えーっと、郵便局は・・・と」キョロキョロ
~~~~~~~

22 : 以下、名... - 2018/02/17 00:06:14.66 zSvMw6ZgO 22/41

~数日後・黒森峰学園艦~
エリカ「・・・隊長との通信の時間ね。憂鬱だけど」カタカタ

まほ『やあ、エリカ』

エリカ「こんにちは」

まほ『ようやくみほエナジーの補給ができたよ。ほら』クンカクンカ

エリカ「」

まほ『エリカのおかげだ』フガフガ

エリカ「」

まほ『ありがとう、エリカ』ペロペロ

エリカ「」

23 : 以下、名... - 2018/02/17 00:06:42.56 zSvMw6ZgO 23/41

エリカ(どうしよう、ありがとうって言われても全然嬉しくない・・・)

まほ『さて・・・、次のみほパンだが。来週の金曜日を目途に送ってくれると助かる』

エリカ「」

まほ『頼んだぞ』

エリカ「」

エリカ「ハイ」

まほ『いい返事だ。それじゃあ』

ブツッ

エリカ「もう、なにも怖くない」

24 : 以下、名... - 2018/02/17 00:07:19.06 zSvMw6ZgO 24/41

~~~~~~~~~
~大洗学園艦~
エリカ「ついにやってきたわに!」←やけくそ

エリカ「もう悩んでも仕方ないわ! みほのところへ行きましょう!」

~~~~~~~
~みほの家~
エリカ「悪いわね、また突然来ちゃって」

みほ「う、ううん! その、エリカさんなら・・・、いつでも///」ゴニョゴニョ

エリカ(うれしいこと言ってくれるじゃないの)

エリカ「それで、例のものなんだけど・・・」

みほ「あ、あの!!」

エリカ「! び、びっくりするじゃない」

25 : 以下、名... - 2018/02/17 00:07:55.44 zSvMw6ZgO 25/41

みほ「あ、ご、ごめんなさい・・・」

エリカ「で、なに?」

みほ「その・・・、わたしのをあげる代わりに・・・」

エリカ(なんだろう、胸騒ぎがする)



みほ「エリカさんのパンツ、欲しいな・・・///」

エリカ「」

みほ「こないだから、ずっとエリカさんのことが頭から離れなくて・・・」

エリカ「」

みほ「それで、パンツを交換すればいいんだ! ・・・って///」

エリカ「」

エリカ(もうやだこの姉妹)

26 : 以下、名... - 2018/02/17 00:08:22.60 zSvMw6ZgO 26/41

エリカ「・・・ん? でも、交換って」

みほ「え?」




エリカ「あなたのパンツ、わたしが使ってるんじゃないわよ」

みほ「・・・は?」

エリカ「いや、その。隊長に頼まれて」

みほ「・・・隊長っていうのはまさか」

エリカ「ええ、まほさんよ」

みほ「」

27 : 以下、名... - 2018/02/17 00:08:50.71 zSvMw6ZgO 27/41

エリカ「・・・」

みほ「」

エリカ「あ、あの・・・」

みほ「」

エリカ「みほ・・・?」

みほ「・・・」




みほ「・・・あの糞姉が・・・・・・」ボソッ

エリカ「!?」

28 : 以下、名... - 2018/02/17 00:09:28.60 zSvMw6ZgO 28/41

みほ「・・・もういいです。エリカさん」

エリカ「あ、あの・・・。ごめん・・・ね?」

みほ「なにを謝っているんですか?」

エリカ「いや、その、あなたのパンツを輸出しちゃったし・・・」

みほ「でも、それはあの糞ボケ姉に頼まれてやったんですよね」

エリカ「」

エリカ「あ、はい」

みほ「ならいいです。いや、全然よくないし、あの姉はいつか必ず殺しますけど。まあ、とりあえずこの場ではあえて言及しません。・・・それよりもエリカさん」

エリカ「」

エリカ「え、え・・・と・・・」ガタガタブルブル

エリカ(こ、殺される・・・)ガタガタガタガタ

みほ「・・・、わたしは・・・・・・」

エリカ(ああ、もっとハンバーグが食べたい人生だった・・・)ブルブルブルブル チョロリ

29 : 以下、名... - 2018/02/17 00:09:55.35 zSvMw6ZgO 29/41








ギュッ

30 : 以下、名... - 2018/02/17 00:10:32.78 zSvMw6ZgO 30/41

エリカ「・・・え?」

みほ「あなたが好きなんです。エリカさん」

エリカ「・・・え?」

エリカ「えええええええええ!?」

みほ「こないだのエリカさんの頼み、全然嫌じゃなかった。・・・ううん、うれしかったの」

エリカ「えええええええええっと」

エリカ(わ、わたし、パンツ寄越せって言ったのよ!?)

みほ「だって、わたしの本当の気持ちに気付けたんだから・・・」ギュウッ

エリカ「」

エリカ「あ、はい」

31 : 以下、名... - 2018/02/17 00:10:59.04 zSvMw6ZgO 31/41

みほ「エリカさん・・・」

エリカ「な、なんでしょう」

みほ「もしよければ、わたしと―――――」

エリカ「」




エリカ(ああ・・・・・・)

エリカ(なんかもう、なんでもいいや・・・・・・・・・)

~~~~~~~~~~

32 : 以下、名... - 2018/02/17 00:11:32.75 zSvMw6ZgO 32/41

~来週の金曜日・ドイツのなんとか大学~
まほ「・・・おかしい」ガチャ バタン

まほ「エリカからの荷物がつかない」ガチャバタン

まほ「何回ポストを見ても」ガチャバタン

まほ「荷物はおろか不在票すらない」ガチャバタン

まほ「・・・エリカに通信してみるか」カタカタ

まほ「・・・」

まほ「おかしい、出ないな」

まほ「しかたない、国際電話は通話料が高いから嫌なんだが・・・」ゴソゴソ

33 : 以下、名... - 2018/02/17 00:12:26.69 zSvMw6ZgO 33/41

携帯『【電話帳】
[あ]
 安斎千代美
>逸見エリカ
[か]
 菊代さん
 黒森峰女学園
[な]
 西住しほ
 西住常夫
 西住みほ    』

まほ「通話・・・っと」

プルルルルル

まほ「・・・」

ガチャ

34 : 以下、名... - 2018/02/17 00:13:14.53 zSvMw6ZgO 34/41

エリカ『はい、逸見です』

まほ「エリカか? あの、荷物なんだが・・・」

エリカ『ああ、隊長・・・。いえ、元、でしたね』

まほ「」

まほ「えっと、エリカ?」

エリカ『気安く呼ばないでください』

まほ「」

まほ「あの、もしかして・・・」

エリカ『・・・』





まほ「せ、生理なのか?」

エリカ『』ブチッ

35 : 以下、名... - 2018/02/17 00:13:42.41 zSvMw6ZgO 35/41

エリカ『元隊長』

まほ「な、なんだ?」ドキドキ

エリカ『二度とかけてこないでください。それから・・・』

まほ「・・・」ドキドキ

エリカ『わたしのみほに二度と近づかないでください。それじゃ』

まほ「え、ちょ、それってどういう」

ブツッ ツーツーツー

まほ「・・・」

36 : 以下、名... - 2018/02/17 00:14:10.64 zSvMw6ZgO 36/41

まほ「一体何なんだ・・・・・・」

まほ「わたしが何をしたっていうんだ」グスン

まほ「しかたない、ネットでみほパンを探すとしよう・・・ん?」

携帯『ミホパンが10万円で出品されてるぜ!』

まほ「!!!!!!」

まほ「そ、即決だ! 即決!!」

まほ「決着は、ここでつけよう」

まほ「買い占めろ!!」

まほ「うおおおおおおおおおおお!!!!!!!」ポチポチポチポチ……

~~~~~~~~~~

37 : 以下、名... - 2018/02/17 00:14:43.41 zSvMw6ZgO 37/41

~みほの家~
みほ「はーい。じゃあね、エリカさん。愛してるよ」

ピッ

みほ「ふう・・・」




優花里「あ、あのう、西住殿。逸見殿とはその、あまり話さないでほしいと言いますか・・・」

みほ「ん? 喋っていいって言ったっけ、優花里さん?」

優花里「あ・・・、わ、わん。わん・・・」

みほ「そうだよね。ワンちゃんが喋るなんておかしいよね」

優花里「わん・・・」

38 : 以下、名... - 2018/02/17 00:15:14.46 zSvMw6ZgO 38/41

みほ「あーあ。それにしても、優花里さんもエリカさんも落としたけど、両方きっかけがパンツなんだよね。なんかちょっとがっかり」

優花里「くぅん・・・」

みほ「優花里さんは下着を盗んでるところを見つかってワンちゃんになっちゃったんだよね」クスクス

優花里「・・・」

みほ「!! 返事は!?」ピシッ

優花里「きゃいん!!」

39 : 以下、名... - 2018/02/17 00:16:33.56 zSvMw6ZgO 39/41

みほ「ったく・・・。それにしても、最近またパンツが盗まれるんだよね。優花里さんの仕業じゃないよね・・・?」ギロッ

優花里「ち、違います!! わたしは」

みほ「喋っていいなんて言ってない」

優花里「わ、わんわん!」

みほ「まったく、出来の悪い犬だなあ・・・。そんなんじゃまた、お仕置きしちゃうよ?」

優花里「きゃいん!」

みほ「さて、容疑者は本命が澤さん、対抗が元会長か小梅さん、大穴でダージリンさんあたりか・・・。まあ、誰でもいいけどね」





みほ「わたしの計画は、戦車道履修者全員のハーレムを築くことだから」

優花里「わおーん!!」

~~~~~~~~~~~~~

40 : 以下、名... - 2018/02/17 00:17:16.65 zSvMw6ZgO 40/41

~継続高校~

ミカ「ふふ・・・」ポロロロン

アキ「ねえミカ、最近どうしたの?」

ミカ「なんのことかな?」ポロロン

ミッコ「なんか羽振りいいよなー、最近のミカ」

ミカ「そんなことないと思うよ?」ポロロン

アキ「そんなことないことないよ。いつの間にかミカったら金のブレスレットに金の指輪に金のネックレスに金の腕時計に金歯なんかしちゃってさ」

ミカ「刹那主義には賛同できないね」ポロロロロン

ミッコ「いや、ミカの服装こそめっちゃ刹那主義に見えるんだけど」

アキ「ていうか成金?」

ミカ「ふふ・・・。風が運んできてくれたのさ」ポロロロン

アキ「またそうやってごまかして!」

ミカ「じゃあ、教えてあげよう」





ミカ「みほパンには、人生の大切なすべての事がつまってるんだよ」


42 : らぐB ◆asJU3gh8ZA - 2018/02/17 00:19:28.49 zSvMw6ZgO 41/41

以上になります。

今日、二回目の最終章を見に行って、帰りに思いつきました。
もっとソフトだったはずなんですが、気付いたらまぽりんが暴走してました。
恐ろしいですね。

風邪を引いたせいか、吐き気がしてきました。
皆さんも風邪には気を付けましょう。
それでは、また

記事をツイートする 記事をはてブする