1 : 艦これSSです - 2014/11/14 02:06:17.20 NMFD/1B8o 1/36

――


提督「温度はちょうど良さそうだな」

綾波「はい、とっても美味しいです」

提督「そうか、それはなにより」

綾波「綾波が淹れるお茶よりも、心が癒されます」

提督「いやいや、まだ綾波のお茶には敵ないよ」

綾波「いえいえ、そんなことないです」

提督「いやいや」

綾波「いえいえ」







提督「……」ズズッ

綾波「……」コクッ







綾波「……夜風が気持ち良いですねぇ」ハフゥ

提督「……だなぁ」ホゥ


――

元スレ
綾波「んっ、司令官の……あったかいです」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1415898367/

2 : VIPに... - 2014/11/14 02:08:12.13 NMFD/1B8o 2/36

――


提督「なぁ綾波」

綾波「はい、何でしょう?」

提督「……」

綾波「……」







提督「……?」

綾波「……?」







綾波「あっ、今日のお昼の献立は綾波特製肉じゃが定食ですよ」

提督「ごめん、何言おうか忘れただけなんだ」


――

3 : VIPに... - 2014/11/14 02:09:01.24 NMFD/1B8o 3/36

――


提督「なあ綾波」

綾波「はい」

提督「俺達はこんな夜更けに、縁側で海を眺めながらお茶を飲んでいても良いのかな」

綾波「遠征隊が帰って来るまでの間ですから、良いのではないでしょうか」

提督「でもさぁ……」

綾波「……司令官は綾波とお茶をするのはお嫌ですか?」

提督「いやいや。このひとときのために生きていると言っても過言じゃない」







提督「……」ズズッ

綾波「……」コクッ







綾波「……そこまで言われてしまうと綾波、少し恥ずかしいです」ハフゥ

提督「俺も恥ずかしいよ」ホゥ


――

4 : VIPに... - 2014/11/14 02:09:58.01 NMFD/1B8o 4/36

――


提督「綾波の司令官の発音って"しれーかん"に近いよな」

綾波「そうでしょうか?」


提督「試しに言ってみ?」

綾波「しれーかん」


提督「司令官」

綾波「しれーかん」


提督「し・れ・い・か・ん」

綾波「し・れ・い・か・ん」


提督「司令官」

綾波「しれーかん」


提督「……」

綾波「……?」









提督「……まぁ可愛いからいいか」

綾波「しれーかん、しれー……んぅ?」


――

5 : VIPに... - 2014/11/14 02:10:31.02 NMFD/1B8o 5/36

――


提督「あーやなみー」

綾波「なーんでーすかー」

提督「よーんだーだけー」







綾波「……」

提督「……」







綾波「ふふっ」

提督「ははっ」


――

6 : VIPに... - 2014/11/14 02:11:54.57 NMFD/1B8o 6/36

――


提督「話は戻るけど」

綾波「はい」

提督「本当にこのままお茶を飲んでいても良いのかな」

綾波「……綾波はいいと思います」

提督「皆が危険に晒されているかもしれない状況なのに?」

綾波「……」

提督「時折、無力な自分がもどかしくてたまらなくなるんだ。ここぞという時に何もしてやれない自分がさ」

綾波「……」

提督「そう考えたらさ、こんな所で本当にお茶を飲んでいてもいいのか、本当は俺なんて必要ないんじゃないかってさ」

綾波「……司令官は司令官、適材適所ですから」

提督「そう、かな」


――

7 : VIPに... - 2014/11/14 02:12:28.92 NMFD/1B8o 7/36

――


綾波「そうです」

提督「そうかなあ」

綾波「そうなんですっ」

提督「綾波は変な所で強情だな」

綾波「綾波にだって譲れないものくらいあります」

提督「だろうけど」









綾波「……」

提督「……」









綾波「……司令官は自己評価が低すぎます」

提督「んー?」


――

8 : VIPに... - 2014/11/14 02:13:09.50 NMFD/1B8o 8/36

――


綾波「司令官は知っていますか?」

綾波「"ただいま"と言える人がいる安心さを」

綾波「"おかえり"と迎えてくれる人がいる温かさを」

綾波「"お疲れ様"と笑顔で労ってくれる人がいる嬉しさを」


――

9 : VIPに... - 2014/11/14 02:14:20.68 NMFD/1B8o 9/36

――


綾波「綾波は知っています」

綾波「いつも綾波たちを一番に迎えて下さるのが誰なのか」

綾波「いつも全員が帰還し、就寝するまで必ず起きて待っているのが……誰、なのか」

綾波「少ない資材と資金を叩いて、綾波たちのために最善の設備と装備を……グスッ、揃えて、下さっているのがっ……誰っ、なのかっ」ポロポロ

提督「……」


――

10 : VIPに... - 2014/11/14 02:15:12.82 NMFD/1B8o 10/36

――


綾波「司令官はっ、綾波たちの大切な司令官です!!」

提督「っ!」ビクッ

綾波「だから、だから必要ないだなんてっ……言わないで、くださいっ」ポロポロ

提督「……ん、ハンカチ」スッ

綾波「ありがとっ……グスッ……ございます」ゴシゴシ


――

11 : VIPに... - 2014/11/14 02:15:45.88 NMFD/1B8o 11/36

――


提督「ごめんな、そんなつもりで言ったんじゃないんだ」

綾波「……なら……グスッ、もう言わないでください」グシグシ 

提督「ごめん」

綾波「謝るのも禁止です」

提督「すま――」

綾波「次謝ったら怒りますっ」








綾波「……」

提督「……」








提督「……お茶、冷めちゃったな」

綾波「次は綾波がお淹れしましょう」


――

12 : VIPに... - 2014/11/14 02:16:29.55 NMFD/1B8o 12/36

――

提督「はぁ、トップの俺が弱気になっちゃダメだよなぁ。挙句、部下に弱音吐いて泣かせる始末」

綾波「そんな、綾波は嬉しいです」コポコポ

提督「そうか?」

綾波「はい、司令官はもっと誰かに甘えてもいいと思います」

提督「そっか」








綾波「……あっ、訂正してもよろしいでしょうか?」コトッ

提督「んー?」スッ








綾波「司令官はもっと、綾波に甘えてもいいと思います」

提督「……」


――

13 : VIPに... - 2014/11/14 02:17:05.76 NMFD/1B8o 13/36

――


提督「これでも目一杯甘えてるつもりなんだけどな、みんなに」

綾波「もっとです、もっと」

提督「ふーむ、例えば?」

綾波「……金剛さんや酒匂さんが司令官にするみたいに」

提督「……」








提督「……」

綾波「……」








提督「そいつはキツイな、色々と」

綾波「綾波は、可愛いと思いますよ」コクッ


――

14 : VIPに... - 2014/11/14 02:17:54.11 NMFD/1B8o 14/36

――


提督「あの二人の言動には困ることばかりだからな……」

綾波「そんなふうに言わなくても」

提督「好意持たれるのは嬉しい。が、処構わず抱きつかれたりすると驚くし、周りの目も気になる」

綾波「……」

提督「その二人意外にも鈴谷とか如月とか……な。俺だって上司である前に、一人の男なわけだからあんまりさ」

綾波「……」



ススッ



キュッ



提督「……突然袖を摘まれたらお茶こぼしちゃうだろー」

綾波「……」キュゥ


――

15 : VIPに... - 2014/11/14 02:18:46.90 NMFD/1B8o 15/36

――


提督「なぁ綾波」

綾波「はい」

提督「綾波が出撃しなくなってどのくらい経つかな」

綾波「前回の大作戦以来ですから……2ヶ月ほどでしょうか」

提督「そっかぁ」

綾波「はい」

提督「……」

綾波「……」








提督「すまな――」

綾波「えいっ」ペチッ


――

16 : VIPに... - 2014/11/14 02:19:58.78 NMFD/1B8o 16/36

――


綾波「謝ったら怒るって言ったじゃないですか」

提督「怒っている綾波も見てみたくて」

綾波「もう」

提督「……」

綾波「……」









提督「……綾波はさ」

綾波「はい」

提督「海に出られなくて退屈じゃなかったか?」

綾波「? 特には」


――

17 : VIPに... - 2014/11/14 02:21:34.02 NMFD/1B8o 17/36

――


提督「意外な回答だ」

綾波「そうでしょうか」

提督「ああ、前の綾波からは想像もつかないな。意外と好戦的だったし」

綾波「む、昔の話はいいじゃないですか」

提督「これ以上の練度向上は軍規違反になるし、仕方ないと言えば仕方ないんだが」

綾波「そんなことより」

提督「……そんなことすか」

綾波「綾波は、こうして司令官と二人の時間を独り占めできるんです」

提督「……」

綾波「こんな素敵な指輪までいただきました」

提督「……」

綾波「……これ以上を望んでは、バチがあたってしまいます」

提督「そうか……」

綾波「はい」









提督「今日からまた、頼むな」

綾波「はい」


――

18 : VIPに... - 2014/11/14 02:22:09.19 NMFD/1B8o 18/36

――

綾波「頼むだなんて、そんな他人行儀じゃなくても……」

提督「危険な処へ送り出すんだから、頼むであってるんだよ」

綾波「心配してくださるんですか」

提督「当たり前じゃないか」

綾波「司令官……」

提督「何となく娘を嫁に出す父親の気持ちが理解できたよ」

綾波「……」ムッ









提督「あと、そろそろ掴んでいる袖を放してくれないかな」

綾波「……絶対にいやです」


――

19 : VIPに... - 2014/11/14 02:23:02.61 NMFD/1B8o 19/36

――


綾波「……」キュゥ

提督「あー、綾波」

綾波「いやです」

提督「まだ何も言ってないよ……」

綾波「司令官には……綾波の隣にいて欲しいです」

提督「大丈夫、ここに居るから」

綾波「……」

提督「大丈夫だから、な? お茶がこぼれちゃうって」









綾波「……司令官は意地悪です」

提督「ごめ――いたっ」ペチッ


――

20 : VIPに... - 2014/11/14 02:24:47.30 NMFD/1B8o 20/36

――


綾波「……そんなに綾波と一緒は嫌ですか?」

提督「そんな訳ないだろ」

綾波「……」

提督「でも、いつもの綾波の距離感とは違うからさ、こっちも困惑してるんだよ」

綾波「……金剛さんたちには許してるくせに」

提督「許可を出した記憶はないんだけどな」









綾波「……なら綾波も勝手にします」キュゥ

提督「……まぁ、いいか」ポンポン


――

21 : VIPに... - 2014/11/14 02:25:24.61 NMFD/1B8o 21/36

――


提督「なぁ」

綾波「?」

提督「……何か、あったのか?」

綾波「……どうしてそう思うのです?」

提督「んー、様子がおかしいから、かな」

綾波「……」

提督「俺のせい?」

綾波「いえ……」

提督「まぁ、話したくないなら聞かないけど」

綾波「……」

提督「頼りにならないかも知れんが、俺で良ければ……な?」

綾波「……」









綾波「……昔の事を思い出してしまっていたんです」

提督「昔の事?」


――

22 : VIPに... - 2014/11/14 02:25:52.72 NMFD/1B8o 22/36

――


綾波「司令官と出会う前の、もっともっと昔のこと」

提督「……」

綾波「まだ綾波が"今の綾波"ではない頃の記憶です」

提督「……」

綾波「……」









提督「……そうか、今日はもう11月14日か」

綾波「……はい」


――

23 : VIPに... - 2014/11/14 02:27:05.25 NMFD/1B8o 23/36

――


提督「時々思い出すのか?」

綾波「……夜の海を見ると、ちょっとだけ」

提督「なら、これからはお茶は昼間にしようか」

綾波「……いえ、今はもう平気です」

提督「そうか」

綾波「はい、司令官がそばに居てくださいますから」

提督「そうか」









提督「……不甲斐なくてごめんな」

綾波「やっ」ペチッ


――

24 : VIPに... - 2014/11/14 02:27:48.01 NMFD/1B8o 24/36

――


提督「そろそろ、おでこを叩くのやめて欲しい」

綾波「司令官が悪いんです」

提督「あー、ちょっと赤くなってきたな」

綾波「……」

提督「何だかヒリヒリするなぁ、あんなに叩かれたもんなぁ」ヒリヒリ

綾波「……ご、ごめんなさ――いたっ」ペチッ

提督「ははっ、ひっかかった」

綾波「もうっ」


――

25 : VIPに... - 2014/11/14 02:28:31.12 NMFD/1B8o 25/36

――


綾波「あっ」

提督「ん、そろそろか」

綾波「はい、遠征隊の帰投予定時刻です」

提督「んじゃ、ちょっくら迎えに行ってくるよ」スクッ

綾波「綾波もお伴します」スクッ

提督「今日は風強いし、一段と寒いからここで待ってていいぞ」

綾波「……」









綾波「……」キュッ

提督「……裾を掴まれると行けないなぁ」


――

26 : VIPに... - 2014/11/14 02:30:40.45 NMFD/1B8o 26/36

――


綾波「……」

提督「……」

綾波「……暗い夜に」

綾波「……独りになるのは」

綾波「……もういや、です」フルフル

提督「……」

綾波「……綾波を置いて行かないでください」フルフル

提督「……」

綾波「……」フルフル









提督「ん、これ羽織な」スッ

綾波「……ごめんなさ――あうっ」ペチッ

提督「謝るのは禁止なんだろ」


――

27 : VIPに... - 2014/11/14 02:31:10.82 NMFD/1B8o 27/36

――


ザザーン


提督「おう長良、おかえり」

綾波「……」キュッ

提督「ん、初雪と白雪もお疲れ様」

綾波「……」

提督「報告は明けたらでいい。今日はもう風呂に入ってゆっくり休んでくれ」

綾波「……」

提督「……ん? ああ、大丈夫。誰だって心細くなる事くらいあるさ」

綾波「……」

提督「ほれほれ、心配しなくて平気だから、五月雨も電も早く戻ってお休み」

綾波「……」


――

28 : VIPに... - 2014/11/14 02:31:54.00 NMFD/1B8o 28/36

――


提督「よしよし、全員いるし問題はなさそうだな」

綾波「……」フルフル

提督「……」チラッ

綾波「……」フルフル










提督「そうでもない……か」

綾波「……」キュッ


――

29 : VIPに... - 2014/11/14 02:32:25.65 NMFD/1B8o 29/36

――


提督「綾波、みんなも部屋に返したし俺たちも戻ろう」

綾波「……」フルフル

提督「……」

綾波「……」

提督「……あー、もう少しここに居るか?」

綾波「……」コクリ

提督「それじゃお茶持ってくる」

綾波「……」キュッ

提督「……」










提督「ん、一緒に取りに行こう」

綾波「……」コクリ


――

30 : VIPに... - 2014/11/14 02:33:07.73 NMFD/1B8o 30/36

――


ザザーン


提督「……」ズズッ

綾波「……」コクッ



提督「……」ホゥ

綾波「……」ハフゥ



提督「あのさ、綾波」

綾波「……?」




提督「呼んでみただけだ」

綾波「……そうですか」




提督「……」

綾波「……」


――

31 : VIPに... - 2014/11/14 02:35:34.85 NMFD/1B8o 31/36

――


綾波「……しれーかん」

提督「んー?」

綾波「ふふっ、呼んでみただけです」

提督「はは、そうか」









綾波「……」

提督「……」









綾波「……何だか、安心します」

提督「そうか」


――

32 : VIPに... - 2014/11/14 02:36:14.08 NMFD/1B8o 32/36

――


綾波「……っ」ブルッ

提督「ほれ、言わんこっちゃない。寒いなら戻ろう」

綾波「へっちゃらですよ」

提督「震えながら言われても説得力ないな」

綾波「まだ、こうしていたい気分なんです」

提督「でも……」

綾波「……でしたら」

提督「?」




ツツツ




ピトッ




綾波「こうして司令官にくっついていれば、寒くないです」スリ

提督「……そうかそうか」ポンポン


――

33 : VIPに... - 2014/11/14 02:36:49.38 NMFD/1B8o 33/36

――


提督「なぁ綾波」ポンポン

綾波「また呼んだだけ、ですか?」チラッ

提督「違うよ」

綾波「?」

提督「また、綾波が不安になることがあったらさ」

綾波「はい」

提督「こうして海辺まで来て、夜空でも眺めながらお茶飲もうな」ナデナデ

綾波「……はい」キュッ


――

34 : VIPに... - 2014/11/14 02:37:37.30 NMFD/1B8o 34/36

――


提督「日に日に寒さが増してきてるな」

綾波「そうですね」

提督「次に備えて、もっとしっかりした防寒具を明石に用意させようかな」

綾波「……綾波には必要ないです」

提督「そうか?」

綾波「はい。だって――」


――

35 : VIPに... - 2014/11/14 02:38:08.06 NMFD/1B8o 35/36

――






綾波「司令官の隣は、こんなにもあったかいですから」






――

36 : VIPに... - 2014/11/14 02:38:42.45 NMFD/1B8o 36/36

――


おわり


――

記事をツイートする 記事をはてブする