1 : ◆9nQFebwi.A - 2018/02/04 03:27:17.15 Ce5sR8mN0 1/24

「司令官、仕事の調子はどう?」

提督「あぁ、もうすぐ終わりそうだよ。一応チェック頼んでいいか?」スッ

「...流石ね。仕事の早さもさることながら、内容も完璧だわ」パラパラ

提督「よし、これで最後だ」

「ヒトニイサンマル...お昼にしましょうか」

提督「そうだな」

「持ってる来るわ。ここで一緒に食べましょ?」

提督「悪いな。俺は今日のオススメで頼む。お茶汲んでくるよ」

「分かったわ。ありがとう」ニコッ

ーーーーーーーー

元スレ
【艦これ】デレデレ霞ちゃん
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1517682436/

2 : ◆9nQFebwi.A - 2018/02/04 03:28:19.93 Ce5sR8mN0 2/24

「ご馳走様でした」

提督「でした」

「それじゃあ器を返してくるわね」スッ

提督「何から何まで悪いな...なんかやっとくことあるか?」

「そ、それなら...その...///」

提督「今日もか?」

「え、えぇ。仕事も終わってるしお昼寝しましょ///」

提督「了解。ベッドで待ってるよ」

「はーい///」

ーーーーーーーー

3 : ◆9nQFebwi.A - 2018/02/04 03:29:03.88 Ce5sR8mN0 3/24

提督私室

「失礼するわ」ガチャッ

提督「おう、おいで」

「///」スッ

提督「ふぁ~~ぁ...なんだかんだ眠いな...」

「毎朝早すぎなのよ。今のうちに少し寝なさいな」ギュッ

提督「うん。そうする」ギュゥゥ

「///」スゥゥゥゥゥ

「はぁぁぁぁ~~///」

提督「どうした深呼吸なんかして」

「あんたの匂い嗅いでんのよ///」

提督「おいおい...」

「///」スゥゥゥゥゥ

ーーーーーーーー

4 : ◆9nQFebwi.A - 2018/02/04 03:29:47.49 Ce5sR8mN0 4/24

提督「ん...」

提督「やべ、もう四時か...まぁ仕事は終わってるからいいんだけど」

「zzz...」

提督「綺麗な寝顔...」ナデナデ

「ん...」

提督「お目覚めか?」

「おはよう...今何時...?」

提督「4時だよ。でも仕事もないから大丈夫」

「なら見回りにでも行く?士気高揚にもなるし」ノビーッ

提督「そだな。顔洗ってから行こうか」

「うんっ」

ーーーーーーーー

5 : ◆9nQFebwi.A - 2018/02/04 03:30:22.58 Ce5sR8mN0 5/24



「ッ!」ダダダ

ボフッ

提督「おいおい、ベッドにダイブするんじゃない。埃立っちゃうぞ」

「うるさいわね!早く隣に来なさいよ!」ポフポフ

提督「はいはい」スッ

「えへへ♪もっとこっち来なさいな♪」

提督「あいよ」ギュッ

「はぁぁぁぁ...幸せ...」トローン

提督「ハハ、本当に幸せそうな顔してる」ホッペツンツン

「当たり前じゃない。毎日この時間を楽しみに生きてるくらいよ?」

提督「ほーん...じゃあ他の時間はあんまり楽しみじゃないのか...」

「そ、そんなわけないじゃない!あんたといる時はいつだって幸せよ!!!」ギュゥゥ

「こうやってずっとくっつける夜が特に幸せってだけよ...」

提督「ふふ、俺も幸せだよ。おやすみ、霞」ナデナデ

「おやすみなさい...zzz」

ーーーーーーーー


「ん...」ゴソッ

提督「zzz...」

「可愛い寝顔ね...」スッ

「ん...」チュッ

「はぁ...好き...」

提督「俺もだぞ」

「ふぇっ!?」

提督「おはよう霞」ギュッ

「お、起きてたなら言ってよ!」

提督「いや丁度今目が覚めたんだよ」

「そ、そう///」

提督「なぁ霞...」

「な、なに?」

提督「愛してる」

「ッ」パクパク

提督「...」ニコニコ

「わ、私も...愛してるわ...」

提督「可愛いなぁもう」ギュゥゥ

「ん///」

6 : ◆9nQFebwi.A - 2018/02/04 03:33:43.98 Ce5sR8mN0 6/24

提督「とまぁこれが普段の霞との日常なんだが、他に聞きたい話はあるか?」

青葉「二人についてインタビューしようとした私がバカでした...ここまで激甘だったとは...」

青葉「けど、↓1について聞きたいですね」

ーーーーーーーー
安価は霞との日常生活関係ならなんでもokです

7 : 以下、名... - 2018/02/04 04:01:59.36 FSnNe3hn0 7/24

どうやってご飯を食べさせている?

8 : ◆9nQFebwi.A - 2018/02/04 04:11:44.48 Ce5sR8mN0 8/24

提督「どうやって飯を食ってるか?」

青葉「はいっ!ほら、そんなにアツアツなら、あーんとか...」

提督「あぁ、それなら...」

ーーーーーーーー

「いただきます」

提督「いただきます」

「司令官、魚の骨取ってあげる」スッ

提督「いやいや悪いよ」

「いいのいいの!冷めちゃうから早く食べちゃいなさいよ」

提督「うーむ...じゃあ霞の魚の骨は俺が取ろう」スッ

「それじゃあ意味ないじゃないの!」ブフッ

提督「ほんとだな」ケラケラ

「はいどうぞ。結構綺麗に取れたと思わない?」

提督「流石は霞だなぁ。こっちも終わったよ」スッ

「ありがとう」ニコッ

提督「それじゃ改めて」

「いただきます」

ーーーーーーーー

提督「昨日の昼はこんな感じだったな」

青葉「...」

提督「青葉?」

青葉「次は↓1の話でも...」

提督「なんで露骨にテンション下がってんだよ...」

9 : 以下、名... - 2018/02/04 04:36:10.42 6whU7fS+O 9/24

もしかして一緒にお風呂入ってます?

10 : ◆9nQFebwi.A - 2018/02/04 04:53:47.86 Ce5sR8mN0 10/24

提督「風呂?」

青葉「はい。なんかそんなに仲良いなら入ってるのかなって...」

提督「実はな...」

ーーーーーーーー

「司令官!お風呂入りましょ!」

提督「え?もしかして一緒に?」

「嫌...?」ウルウル

提督「いやいやいや全然嫌じゃないけどやっぱりそういうのは良くないかなぁって...」

「私と司令官の仲なのに...?」

提督「タオル着なら...」

「はぁ...まぁ今日のところはそれでいいわ」

ーーーーーーーー
男湯

「かゆいところはない?」コシュコシュ

提督「大丈夫だよ」

「流すわよ。目つぶってね」シャァァァァ

提督「ん...」

「はい、それじゃ体洗うわよ」

提督「いやいや流石に体はいいよほんとに」

「遠慮しないでいいのよ!」ゴシゴシ

提督「...後ろだけな」

「はいはい」ゴシゴシ

「流すわよ」シャァァァァ

提督「ありがとう。後は自分で洗うよ」

「そっちさえ良ければいつでも前も洗ってあげるわよ?」ニッ

提督「結構です」ゴシゴシ

シャァァァァ

「むぅ...」

提督「さ、湯船に浸かろうか」

「うん」

チャプッ

提督「ふぅ...」

「司令官、もっとそっちいっていい?」

提督「あぁいいぞ」

「ふふ...」ピトッ

提督「...」

「司令官、ギュってして?」

提督「うん」ギュッ

「はぁ~...幸せ...」

提督「俺もだよ...」

ーーーーーーーー

提督「って感じでな。最初は仕方なく入ってたんだけど今じゃ霞がいないと落ち着かなくて」ハハハ

青葉「チッ次はチッ↓1のチッ話でもチッ」

提督「お、おう...」

11 : 以下、名... - 2018/02/04 05:09:37.75 J6r5VPaw0 11/24

提督の行動からしてやっぱり一線は引いてるの?

14 : ◆9nQFebwi.A - 2018/02/04 14:22:26.79 Ce5sR8mN0 12/24

青葉「当然一線は引いてるんですよね?」ギロッ

提督「あ、あぁ。俺はな」

青葉「は?俺は?」

提督「実は霞の方が結構グイグイ来ててな...」

ーーーーーーーー

提督私室 夜

「司令官、起きてる?」ボソッ

提督「...」

「ん...」ゴソゴソ

提督「(また始まった...)」

「司令官、しゅきぃ...」クンクン

「ん...はぁ...」クチュ

「ギュってしてぇ...」

提督「...」ギュッ

「ッ!?お、起きてるの!?」

提督「...」

「た、たまたま?」

提督「...」

「寝たふりしてないわよね?もし起きてるなら素直に謝らないと、ちゅ、ちゅーするわよ...」ソーッ

提督「(今起きればもっとややこしい事になるのは目に見えてるからな。寝たふり決め込むぞ)」

「ん...」チュッ

「しゅきぃ...司令官だいしゅき...」レロッ

提督「(!?無理矢理舌を入れてきただと!?)」

「ほ、ほんとに寝てるの?」

提督「...」

「司令官の歯も、歯茎もおいひぃ...」ペロッ

提督「ん...」ゴロッ

「ぁ...」

「(もっと司令官の口の中味わいたかったわ...)」シュン

ーーーーーーーー

提督「なんてことがあってな...せいぜい軽くキスされる程度かと思ったら口の中まで舌を突っ込んできたからビックリしたよ」

青葉「...チッ」

提督「なんでインタビューに答えて舌打ちされなきゃならんのだ...」

青葉「これは流石に憲兵さんに通報かなぁ...」

提督「まてまて!俺は法と霞は犯さないと心に決めてるんだ!冤罪だ!」

青葉「上手いこと言ったつもりですかキモいので死んでください」

提督「辛辣ぅ...」

青葉「はぁぁぁぁ...それじゃあ最後に鎮守府の皆さんから寄せられた提督と霞ちゃんについての質問のリストを渡すので、好きなの答えてください。回答は何個してもいいので」

提督「どれどれ...」

↓1~10くらいまで
そんなに埋まらなかったら様子見て打ち切ります

15 : 以下、名... - 2018/02/04 14:24:52.63 HmFAbB+IO 13/24

もし可能なら霞の修羅場が見たい
提督をクソ呼ばわりする曙と霞のバチバチとかさ

16 : 以下、名... - 2018/02/04 14:27:15.54 HQClTMeUO 14/24

馴れ初めなど

17 : 以下、名... - 2018/02/04 14:41:46.55 hp0sDDi4O 15/24

姉妹艦同士だと司令官の取り合いでバチバチになってるってホントですか?

18 : 俯瞰者 ◆e/6HR7WSTU - 2018/02/04 14:44:49.58 KY3x57VZO 16/24

秘書艦みたいだけど、実際は?(第一艦隊旗艦は誰?)

20 : ◆9nQFebwi.A - 2018/02/04 14:52:59.34 Ce5sR8mN0 17/24

提督「あぁ、前の霞と曙の喧嘩か...そんなこともあったなぁ」

青葉「あの喧嘩自体は結構有名ですけど、なにがどうなったのか私もよく分かってないんですよね」

提督「んー、まぁぶっちゃけ曙って俺のこと好きじゃん?」

青葉「ま、まぁ...」

提督「それで普段から曙なりに俺に一生懸命コミュニケーション取ろうとしてたんだけど、ある日な...」

ーーーーーーーー
食堂

提督「霞、席取ってて貰っていいかな?食事は俺が取ってくるよ」

「あらありがとう。落とさないように気をつけてね?」

提督「うん」

「あらクソ提督じゃない」

「...」イラッ

提督「おぉ曙...に七駆の皆、おはよう」

「おはようございます!ご主人様!」

「おはようございます」

「おはようございます」ペコリ

「さ、行きましょ。邪魔よ邪魔」シッシッ

「...」イライラ

「またまたぁ~ご主人様と話すためにわざわざこっちに来たくせにぃ~」ケラケラ

「は、はぁ!?わ、私がクソ提督の為にここまで来るわけないじゃない!」

「だ、大体こんなクソみたいな奴が~」ペラペラ

「黙りなさいよ...」ボソッ

「え?」

「黙れって言ってるのよ!提督をクソ呼ばわりしたのも訂正しなさい!!!」

提督「か、霞!落ち着け!」

「な、何よ!コイツがクソ野郎なのは事実じゃない!」

「はぁぁぁぁ!?!?司令官がクソ野郎なわけないしそれが事実とか頭沸いてんじゃないの!?」

「なっ!」

提督「霞、落ち着けって。曙だって本気で言ってるわけじゃないんだからさ。な?曙?」

「え...う...まぁ...」

「なら訂正しなさいよ...!」

「...提督の事クソ呼ばわりしてごめんなさい...」

「フンッ!『貴方は司令官の鑑です』も付け加えなさい!」

「う...ちょ、調子に乗るな!フンッ!」スタスタ

「あちゃー。ごめんねー霞ちゃん。ご主人様の言う通り曙ちゃんも本気で言ってるわけじゃないからさ」

「いい機会だよ。これで素直になれればさ」

「そうだね」

提督「皆...ありがとうな」

ーーーーーーーー

21 : ◆9nQFebwi.A - 2018/02/04 14:54:03.57 Ce5sR8mN0 18/24

司令室

「...」ムスッ

提督「霞、俺の為に怒ってくれてありがとうな?」

「あんたはクソなんかじゃないわ...」

提督「霞...」

「...」グスッ

提督「だ、大丈夫か?」

「好きな人があれだけ言われて、悔しいの...」

提督「ありがとう...霞は優しいな...」

「あんたは優しすぎなのよ...」

ーーーーーーーー

提督「って事があってさ。曙としてはツンケンしながらも勇気を出して話しかけてくれたわけなんだけどさ、霞が気に入らなかったみたいで」

青葉「それはちょっと霞ちゃんに同情するかなぁ」

提督「うん。俺としても気持ちは分かるんだ。ただ俺のことになると視野が狭くなっちゃう事があるからさ」

青葉「あの時の空気は完全に凍りついてましたもんね...」

ーーーーーーーー

23 : ◆9nQFebwi.A - 2018/02/04 15:38:42.32 Ce5sR8mN0 19/24

提督「次は...馴れ初めか」

青葉「はい。なんだかんだ霞ちゃんって結構古参じゃないですか?最初の頃の司令官と霞ちゃんを知らないって子が多くて」

提督「最初の頃か...確か...」

ーーーーーーーー
司令室

「霞よ。ガンガン行くわよ。ついてらっしゃい」

提督「おぉ、初めまして。よろしくな」スッ

「フッ、部下に握手を求めるなんてまだまだアマちゃんね」パシッ

提督「ありゃ。俺はあんまり部下とか上司とか気にしてないからなぁ」ポリポリ

「はぁ...こんな頼りない奴が司令官だなんて、先が思いやられるわね...」

提督「我ながらいい仕事してると思うんだけどなぁ」

「自分で言うなんてよっぽど自信があるのね?私がチェックしてあげてもいいわよ?」

提督「望むところだ。霞、君を今日より秘書艦に任命する」

ーーーーーーーー

「か、完璧だわ...」

提督「だろ?」

「け、けど!まだ書類仕事しか見てないもの!評価するにはまだ早いわ」

提督「もうこんな時間か...マイクテスト、マイクテスト。これより作戦通りサーモン海域の制圧にかかる。各員心して掛かるように」

「サーモン海域...並大抵の艦隊では攻略不可能よ?大丈夫なの?」

提督「彼女達なら大丈夫だ。作戦も抜かりはない」

「...」

提督「(信じてるぞ...)」

ーーーーーーーー

24 : ◆9nQFebwi.A - 2018/02/04 15:39:45.29 Ce5sR8mN0 20/24

「う...そ...」

提督「素晴らしい戦果だ...」

「大破どころか中破、小破もなし...ありえないわ。どうなってるの!?」

提督「彼女達にはサーモン海域を模した演習を幾度となくしてもらった。通常時から不測の事態にいたるまで、連携は完璧だ。全く、素晴らしい子達だよ」

「...あなた自身の指示は評価しないの?悔しいけど、その不測の事態を完璧にカバーしたのはあなたの的確な指示よ」

提督「俺は椅子に座ってアドバイスをしてるだけだ。いないよりはマシ程度の存在にすぎないさ」

「...あんた、気に入ったわ」

提督「ん?」

「さっきは生意気な事言ってごめんなさい。これからもよろしくね」スッ

提督「あぁ。こちらこそよろしく」スッ

ギュッ

ーーーーーーーー

提督「最初こそ霞もツンケンしてたけど、ほんの数時間程度の話だったな」

青葉「そして司令官の能力に圧倒されてあの姿に...」

提督「いやいや、すぐにあぁなったわけじゃないぞ?最初の頃はお互いを認め合うライバルみたいな存在だったな」

青葉「ライバル?」

提督「うん。別に競い合ってた訳でもないんだけど、お互いに良いとこ見せ合う為に努力しまくってたなぁ」ケラケラ

青葉「なるほど...」

ーーーーーーーー

27 : ◆9nQFebwi.A - 2018/02/05 02:10:02.60 8+dc6Uh+0 21/24

提督「んで次は...姉妹艦同士の関係か」

青葉「はい。司令官を巡って争いが...なんて噂もありますし」

提督「いやーないない。皆俺と霞の関係を応援してくれてるし、仲良くやってるよ」

青葉「なーんだ。ツマンナイですね」

提督「おいおい...争ってて欲しかったのか?」

青葉「記事にするにはそっちの方が美味しいので」

提督「お前なぁ...」

青葉「さて、次の質問が最後です。司令官や霞ちゃんと親しい人は二人の関係をどう思ってるのか?という質問ですね」

提督「それを知ってどうするんだ?」

青葉「多分このアンケートに答えてくれたのは新人の子だと思うんですよね。この機会に周りの意見を聞いて見たいと思ったんじゃないですか?」

提督「そうだなぁ...そう言えばこんなことはあったぞ」

ーーーーーーーー

29 : ◆9nQFebwi.A - 2018/02/06 19:26:38.48 7L97v9QA0 22/24

礼号大人組の飲み会

足柄「提督ぅ~、あなた霞ちゃんと付き合ってるんですってぇ~?」ヒック

提督「おいおい酔いすぎだぞ...」

大淀「これは憲兵さんに通報ですかねぇ~」ヒック

提督「大淀までそんなに酔っ払って...」

足柄「犯罪よ犯罪!」

提督「いやいや、本当に手も出してないしそんな関係じゃないよ」

大淀「どうだか...」ケッ

提督「そんなに目の敵にしなくても...」ショボン

足柄「...まぁ冗談よ、冗談。ただ、絶対霞ちゃんを泣かせるようなことはするんじゃないわよ」ジッ

提督「も、もちろんだ!」

大淀「はぁー、ちょっとからかい過ぎましたね。私達は二人の関係を応援してますから。絶対霞ちゃんを幸せにしてあげてくださいね?」

提督「二人とも...もちろんだ!ありがとう!」

足柄「あーあ、どっかにいい男居ないかなぁ...」

大淀「今夜はとことん飲みましょう...」スッ

提督「お、おい!俺は明日も仕事が...ムグ!」

大淀「さささ、グイッと」ゴポゴポ

提督「~~~!」パタッ

ーーーーーーーー

提督「てな感じで、半ば八つ当たり気味に飲まされたが応援してくれたぞ」

青葉「チッ周囲の反応は良好か...」

提督「もうお前の反応には突っ込まないぞ...」

30 : ◆9nQFebwi.A - 2018/02/06 19:28:53.44 7L97v9QA0 23/24

提督「インタビューはこんなもんでいいか?そろそろ行くぞ?」スッ

青葉「あっ!最後に一つ!」

提督「なんだ?まだあるのか」

青葉「これは私の個人的な質問なんですけど、その...」

青葉「よ、欲情とかしないんですか?///」

提督「青葉...お前なぁ...」

32 : ◆9nQFebwi.A - 2018/02/06 19:42:07.44 7L97v9QA0 24/24

提督「しない訳ねぇだろ!!!!毎日毎日抱き着いてきて!?匂いを嗅いで!?夜にはあのプニプニの身体を抱いて就寝ときた!おまけに霞は俺に足を絡めて匂いを嗅ぎながら自慰ときたもんだ!俺が寝不足なのは朝早いからじゃなくてお前のせいなんだぞ霞!!!!」

青葉「...」ドンビキ

提督「大体考えても見ろよ?普段は厳しい顔つきで仕事に臨む霞が、二人きりになった途端笑顔で甘えてくるんだぞ!?その場で犯したいに決まってるだろ!!!なぁ!!!」

青葉「え...いや...」

提督「なぁ!!!!」

青葉「は、はい...」

提督「ダメだ、お前に話したら我慢できなくなってきたぞ」

青葉「え...それって私が代わりに...///」

提督「霞ぃぃぃ!!」ダダダ

青葉「あっ!提督!ど、どこに行くんですか!!」

カスミィィィ
キャッ!?
カスミ!アイシテル!コッチコイ!
ナ、ナニヨ!
アッソコハダメェ///

青葉「...」ガチャッ

青葉「もしもし、憲兵さんですか。鎮守府内に性犯罪者が」

おわり

記事をツイートする 記事をはてブする