関連
提督「安価で艦娘にエロい事する」【1】
提督「安価で艦娘にエロい事する」【2】

488 : 以下、名... - 2017/10/26 22:36:36.76 B7qkFjGk0 300/573

提督「さぁて、次は誰にしようか」

気の向くままに歩きすぎているから、今回は珍しく目的地を決めている。

とりあえず酒保に行けば、誰かしらいるだろう。道中誰かとすれ違うかもしれないし。



1、新しい艦娘に催眠をかける。
2、催眠をかけたことのある艦娘に再び催眠をかける。(同じ艦娘の連取は無しです)
3、その他(好感度の上げ下げなど)

↓2番号で選んでください。

490 : 以下、名... - 2017/10/26 22:36:55.46 6ovAylTDO 301/573

1

493 : 以下、名... - 2017/10/26 22:42:21.92 B7qkFjGk0 302/573

提督「お、あそこにいるのは↓2~4じゃないか」

↓2~4艦娘。コンマ二桁が好感度。コンマが真ん中の一人を採用。ゾロ目だった場合……

↓5かける催眠。コンマ二桁分催眠進行度増加

495 : 以下、名... - 2017/10/26 22:44:25.00 +FFOD1C3o 303/573

夕張

496 : 以下、名... - 2017/10/26 22:44:25.74 Viq/U+eOo 304/573

飛鷹

497 : 以下、名... - 2017/10/26 22:44:26.08 UpgvCRPWo 305/573

旗風

504 : 以下、名... - 2017/10/26 22:44:51.44 fIVSUdsG0 306/573

提督が可愛くてたまらなくなる

508 : 以下、名... - 2017/10/26 22:49:23.00 B7qkFjGk0 307/573

好感度は>>241準拠なので、旗風でいかせてもらいます。

催眠安価は>>504でいかせてもらいます。

511 : 以下、名... - 2017/10/26 22:58:47.69 B7qkFjGk0 308/573

旗風「あっ、司令……お疲れ様です……」

提督「やぁ、旗風。どうだ、鎮守府にはもう慣れたか?」

旗風「はい、お気遣い恐れ入ります。大事ない、です」

旗風か……先日の大規模作戦で艦隊に配属された仲間だが……ぶっちゃけよく知らん。

とはいえ、そんな関わりを避けていたわけでもないのだが、振り返れば驚くほどの彼女との思い出がない。

旗風「あ、あの……司令、先を行っても、よろしいでしょうか……?」ソソクサ

提督「ん? 何か急ぎのようでもあるのか?」

旗風「いえ、特には……」ソソクサ

提督「……」

こっ、こいつ……物腰こそ丁寧だが、目を合わせようとしないぞ……!

提督(千代田よりはマシ……マシか? これ)

515 : 以下、名... - 2017/10/26 23:08:07.07 B7qkFjGk0 309/573

提督「……ま、まぁまぁ、思えばそんなに話したこともないだろう。どうだ、この機に少し」

旗風「いえ、そんな……旗風に、そんなお気遣いを、していただかなくても、結構ですから……本当に」

提督(くっ……こうなったら多少は強引に)

提督「おいおい、そんな避けなくてもいいだろう」グイッ

旗風「きゃっ、い、いやっ! やめてくださいっ!!」

提督「お、お……おう」←思った以上に拒絶されてショックを受けている

516 : 以下、名... - 2017/10/26 23:11:48.98 B7qkFjGk0 310/573

旗風「はっ……し、失礼、いたしました。で、ですが、提督? 妄りに女性へ触れるのは、上官の行いとして、不適切かと……」ソソクサ

旗風「何卒……ご理解を、いただけないでしょうか?」

提督「あ、あぁ……すまな……えぇい、もうメンドくさい!」パチン

旗風「……あ、ぁ……」ポケー

何分警戒心が高すぎて、こっちとしても手を焼いたが最初からこうすればよかった。

旗風「ん……ぁ、は……」ポケー

提督「ちょっと、これは由々しき事態だな……おっ、いいこと閃いたぞ」

旗風の本心を聞きながら、同時に俺の劣情もおさめる方法。

提督「人の多いところ……間宮にでも行ってみるか、ついてこい旗風」

旗風「はい……」ポケー

518 : 当SSは間宮は甘味所ではなく、甘味所兼食堂という事にしておいてください。 - 2017/10/26 23:25:07.75 B7qkFjGk0 311/573

たどり着いた間宮も閑散とした雰囲気を漂わせている。普段は大賑わいのここも、演習や出撃で出払っているとなれば仕方ないだろう。

軽く間宮に挨拶をして、適当な席に二人並んで腰をかける。

提督「この時間じゃ流石に人は少ないか……さて、旗風。「今からお前は俺の事が可愛くて可愛くてたまらなくなる」」

旗風「しれ……かわ、いい……」トローン

提督「「俺の事が可愛くて、どんなことをされても受け入れる。どんな質問も素直に答えるし、何をされても嫌ではない、むしろ嬉しい。そんな風に変わってしまう」さぁ、目を覚ませばたちまち俺の言った通りになる」パチン

520 : 当SSは間宮は甘味所ではなく、甘味所兼食堂という事にしておいてください。 - 2017/10/26 23:26:49.95 B7qkFjGk0 312/573

旗風「ふぁ……っ? んっ、司令……? しれ、い……」キュンッ

提督「ん、どうした? 旗風? まだ、寝ぼけているのか?」

旗風「えっ、あっ……し、失礼いたしましたっ、申し訳ございません、こんな、はしたない姿を……っ」

提督「ははっ、別にかまわないよ。それはそうと、旗風。一つ頼まれてくれないか?」

旗風「はい……なんでしょうか? 何なりと、お申し付けくださいませ」

提督「じゃ、膝枕してくれないかな? ほら、さっきまでは俺の肩に寄りかかって寝ていただろう。そのお返しってわけではないが」

旗風「は、はいっ……えぇ、旗風の膝でよろしければ、いくらでもお寛ぎください。さぁ」

532 : 遅くなりましたが更新を続けます - 2017/10/28 00:37:20.74 kYnqY7w50 313/573

ポンポンと自らの膝を叩いて、身を差し出す。

提督「それじゃ、遠慮なく……おお、これは……」

ふわふわな袴型のスカートとやわらかい太腿の感触が何とも言い難い心地よさを演出する。

同時に、清らかでフローラルな匂いも尾行をくすぐる。普段から清潔にしているという事だろう。

提督「いや、随分と気持ちいい膝枕だ……」

旗風「ふふっ、ありがとう存じます、おほめに預かり光栄でひゃうっ!」

提督「うーむ、この仄かな膨らみがまたいい」モミモミ

旗風「も、もぅっ……いけない人……んっ……ぁんっ」

唐突に胸を触られ揉まれても、彼女は嫌がる素振りすらしない。

533 : 以下、名... - 2017/10/28 01:01:12.55 kYnqY7w50 314/573

提督「じゃあ、行儀悪いかもしれないが、このままお話ししようか?」

旗風「ぅっ、は、はい……ど、どうぞっ、なんでも、お話し、あっ、くださ、いっ」

提督「悪いな、まず聞いておきたいんだが、俺の事けっこう嫌い?」モミモミ

旗風「えっ? いえっ、そんなこと、んっ、ありませっ、けどっ……んふっ、あっ」

提督「ん? でもさっきやたらめったら、避けていたような……」

旗風「はっ、あ、んっ、ち、違うんです、んっ♡ あっ♡ さきほどはっ、ちがっ、んあっ♡」

534 : 以下、名... - 2017/10/28 01:04:12.91 kYnqY7w50 315/573

提督「ほらほら、怒らないから言ってごらん?」

旗風「くっ、ふぁ……はひっ♡ そ、の……わたくし、だけかもしれないのですが……か、神姉さんが……んっ」

提督「神風が?」ピタッ

思わぬ人物の登場で思わず愛撫の手が止まる。

旗風「あの神姉さんが、毎夜毎夜の度に、司令の良い所100選を熱弁されるので……その、司令って……そんなにも偉いお方と思い……」

提督「……」

なんてこった、神風の熱狂的な布教(?)により、なんか旗風にあらぬイメージをもたれてるのか。

っていうか、神風。お前はいったい、何を妹に吹き込んでいるんだ……。

旗風「で、ですが……今はそんなこと、思っておりません。だって、司令は、こんなにも可愛らしくて、愛おしくて……」キュン

535 : 以下、名... - 2017/10/28 01:13:43.91 kYnqY7w50 316/573

提督「そ、そうか……それはよかった」

旗風「この、旗風でよろしければ、司令、わたくしに甘えてくださいませ。どんな、ことでも、受け入れますから」キュンキュン

衝撃の告白のせいで、若干ムードが崩れかかったが、旗風は依然変わりなく情愛の視線を向ける。むしろその熱は強まっている節すらある。

提督「はは、純粋な娘だ」

旗風「あっ、あぁぁっ♡ だ、だからっ、といって、ぇ♡ い、いきなり、そのような……つままれては、ひゃあんっ♡」

提督「あまり、大きな声を出すなよ? ほら、大の大人が甘えてる所なんて、あまり見られたくないし」クニクニ

旗風「は、はいぃ……♡ う、うけたまわ、り♡ まひたぁ……♡」

旗風「んふっ、あ♡ く……ひっ、ふ……はっ♡ はふっ……んっ、あ……♡」

ボリュームで言えば、流石に巨乳とはとても言えるほどではないが、服の上からでも確かに膨らんでいるのがわかる。

くにくに♡ くにゅ♡ むにむに♡ むにっ♡

536 : 以下、名... - 2017/10/28 01:36:49.31 kYnqY7w50 317/573

旗風「あう……んっ♡ ふぁぁ……あっ、んっ♡ はっ、はぁ……はぅ……んっ、くっ♡ へぇあ♡」

旗風「お♡ それ……すい、ませっ、あっ♡ おしょれっ、いりましゅ♡ はぁ♡ あひゃっ、ふ♡ へん、なこえ、でちゃ、はぁん♡」

提督「今俺に、どんなことされてる?」

旗風「んっ、は♡ えっ、はんっ♡ し、しれい、に♡ んぁ……ふ、む、むねを……むねを、さわ、られて、います……うぁ♡」

旗風「はぁ、ふ♡ ぅん……いっ、あ♡ し、しつよう、に……むねの、まんなか……つっ、ままれて……あはぁ、はぁっ♡」

提督「旗風のその上品な言い回し。嫌いじゃないけど、今この場には合わないと思うなぁ」

ぎゅぅうと乳首を強くひねる。

旗風「あくっ、ぁあっ♡ はっ、あぁあ♡ も、もうし、わけ……へあ♡ ち、ちくびですっ♡ ちくびっ♡ しれいに、ぎゅって、あぁんっ♡ つよく……つままれて、ます……ぅう♡」

537 : 今日はここまで。質問事項には明日まとめてお答えします。 - 2017/10/28 01:45:19.69 kYnqY7w50 318/573

提督「はい、よく言えました」

旗風「はっ♡ はぁあ……♡ ま、だ……ちくび、びんびん……しま、す……ぅ♡」

蕩けた眼と呆けた表情で快楽にあえぐ旗風。手をはなしても、いまだに余韻が体中を駆け巡っているようだ。

旗風「はぁ、はぁ……はぁ♡ い、いか、が……でした、でしょ、かぁ……♡ はたかぜでも、まんぞく、していただけましたか……?」

提督「ああ、こんなに甘えさせてくれるなって思わなかったよ。でもまだ足りないな」

旗風「は、はいっ……♡ でしたら、ごぞんぶんに、はたかぜを……ごたんのう、くださいませ……ぇ♡ それとも、わたくしがっ、ごほうし、いたしましょうか……?」

提督「↓2」

↓2 行動選択
1、なら甘えちゃおうかな。(旗風に更に愛撫)
2、じゃあ、奉仕してくれ。(旗風がご奉仕)

539 : 以下、名... - 2017/10/28 01:46:14.94 R7F5B9oIO 319/573

1

543 : ↑誤字訂正 - 2017/10/29 01:48:24.88 0SpGxHD50 320/573

提督「じゃあ甘えちゃおうかな」モゾモゾ

太腿から頭を浮かせ、彼女のスカートを捲りあげその中に顔を突っ込む。

旗風「ひゃうっ! あっ、やぁっ、だ、だめっ♡ ですっ♡ そんなところに、おかおをいれられては、ぁ♡ はぁあ……っ♡」

提督「すべすべでやわらかい……」

危うくトリップしかける夢見心地。

提督「暗いから見づらいが、随分とかわいい下着をつけているな?」

旗風「はっ、んっ♡ い、いけません……そ、そのような、んっ♡ あぁっ、ん……いきが、あた、ってぇ♡」

提督「んっしょ……このままじゃ舐めづらいから、ちょっと足を開いてくれ」

旗風「なっ!? ななななめっ!? お、おたわむれをっ、このような、きたないっ♡ んふ、ところぉ♡ なめ、るなんて♡」

提督「ん? 何でも受け入れてくれるんじゃなかったのか?」

旗風「はっ、んはぁっ♡ ふぅぅ……っ♡ っ♡ い、いえっ♡ も、もうしわへ♡ ございませ、んっ♡ ど、どうぞ、しれいのっ♡ おすきに、なさって、くだっ♡ あひっ♡ あっだめっ♡ あぁぁ……♡」

544 : 以下、名... - 2017/10/29 01:58:00.72 0SpGxHD50 321/573

ぢゅぞっ♡ ぢゅぞぞぞぞっ♡ じゅ、ちゅぅう♡

性経験がほとんどない彼女には、刺激が強いかもしれないが、構わずに下着の上から秘部を強く吸う。

旗風「ふぅうっ♡♡ ほ、ああっ♡ す、われぇえ♡ あっ、あんっ、あ♡ だめっ、だめぇ♡ だ、めっ♡ へんなっ、ああぁ、こえがぁあ♡♡」ヒクヒク

旗風「はぁあっ、ふぁあっ♡ ふ、んっ♡ くあ、はんっ……はひっ、い♡ ……っ♡♡ う、ふっ……くっ、あっ、やああぁ♡♡」

旗風「ああは、ひっ♡ ふぅ、ふ、ひっ♡ あ、ああ、あっ♡ だめっ、だめぇえ♡ あっ、ひゃめっ、れすぅ♡」

旗風「あ、な、なんか……きもち、よくなって、しまいます、……くふぅ、うんっ♡ からだがっ、じぶんの、おぉ♡ も、もぉん♡ う、うぅう……っ♡ もの、じゃ、なくなった……みたい、で……♡」

旗風「はっ、はっ♡ はっ♡ んはぁ♡ はひっ、ふ……ふやぁっ♡ こ、これでっ、んっ♡ ほんとにっ、おくちゅろぎっ♡ なしゃっ、れてるの、れすか、ぁあ♡」ビクビク

545 : 以下、名... - 2017/10/29 02:06:37.92 0SpGxHD50 322/573

提督「っぷ……ん、ああ、随分といい声を出してくれる。太腿も匂いも心地よくて、実に癒されるよ」

もはや俺の唾棄か、彼女の愛液かよく分からぬほどに濃い染みを作った下着から口を離す。

提督「それと旗風、声を抑えるなとは言わないが、そんなに大きな声を出すと、皆に見られてしまうぞ」

旗風「んっ♡ み、みんな……?」

提督「そうだ、疾しいことをしているわけじゃないが、こんな所見られたら恥ずかしいだろ?」

何でも受け入れることに納得をしていても、先ほどから見るにやはり羞恥心は残っている様子の旗風。

俺の指摘で今更自身の痴態に気づいたのか周りをきょろきょろと見渡すしぐさをする。

旗風「も、もうしわけ、ありませんっ……はたかぜ、な、なんてはしたない、まねを……あっ♡」

提督「別にいいが、気になるなら声は極力抑えなさい」

旗風「あっ、は、はいぃ……♡ うけ、たまわり、ましふぁああっ♡♡ いっ♡ いきなっ、りぃい♡♡」

546 : 以下、名... - 2017/10/29 02:19:30.32 0SpGxHD50 323/573

下着をずらし、直接舌で彼女の恥丘を愛撫する。酸っぱいような、臭いような、如何にも人の体液といった感じの味だが、不快感を感じはしない。

ぢゅぱっ♡ ぢゅっ♡ ぢゅるるぅ♡ ずぞぞぞっ♡♡

旗風「は、ひぐっ♡ く、ぅうんっ♡ ほ、あ、へっ♡ だめっ、だめっ♡ だめだめっ♡ じ、じかは、だめですっ♡ ひゃ、あぁあ♡ しっ、しれぇえ♡」

旗風「あ、あはぁ♡ だめっ、そ、そん、なぁあ♡ そんあっ、す、すうぅ♡ すっへ、ひま、われへ、ふぁああ♡ ふぁっ、ああぁ♡」ビクビク

旗風は机に突っ伏して、くぐもった嬌声を漏らしてしまう。心なしか、スカートの方にも染みの浸食は広がっている。

旗風「ほ、ふ、はへっ♡ はぉおっ♡ く、うぅんっ♡ ひ、し、した、したぁん♡ なっ、なかっ♡ なかっ、あばっ、あばれっ♡ あぁ、んっ♡」

548 : ↑修正。深夜は注意力が落ちてしまい、申し訳ないです。元々注意力ないけど - 2017/10/29 02:26:27.20 0SpGxHD50 324/573

旗風「く……♡ ひっ、んっ……♡ こ、こぇ、お、おしゃ、え……ないとぉ……こえっ、こっ♡ こひっく♡♡ ひぃああ♡」

俺の頭をどうにか秘部から遠ざけようとなけなしの力を振り絞って、頭を押す旗風。しかし、それでやめてやる義理はない。

旗風「はぁあーっ♡ あはぁー♡ あはっ、うんっ♡♡ んあぁあっ♡ む、むりっ……こ、んなの、こえ……なんてっ、あぁあ♡ おさえ、れなひっ♡」

ぐちゅぐちゅ♡ どゅぷどゅぷ♡ れろれろっ♡

こうしていじめ続けると、責め毎にあえぎ声の出し方に特徴があるらしい。例えば強く吸うと甲高い声をあげて。

旗風「あぁっ♡ す、すっ♡ くっ、ぅううん♡ ひゅっご、すご、いいぃ♡ だめ、なのにっ♡ こえがっ、こえがぁあ♡♡ あひっ、あふぁっ♡」

逆に舌で膣内をほじくると気の抜けた声を上げる。

旗風「ほぉあ……♡ あ、あぁ……♡ っ……♡ うっ、ふ……あっ♡ あっ♡ はへっ、く……し、した……じゃら、ざら、して、うぅう……♡」

549 : 以下、名... - 2017/10/29 02:35:42.66 0SpGxHD50 325/573

では、こうして舌を膣内に入れながら、強く吸うとどうなるだろうか。

ぢゅろぢゅろっ♡ ぢゅるるる♡♡ れぢゅれぢゅる♡

旗風「おぉ♡ おあひっ、んぐぅ♡ あぁ、だめっ……♡ ふ、あ……♡ イ、っく……♡ あっ、イく♡ イく……♡ っ♡♡♡」ガクガクッ

ぶるぶると震え、なんと達してしまった。なるほど、これが旗風の弱点か。

提督(なら、そこを狙わないわけにはいかないな)

舐める。吸う。同時並行して彼女の秘所を弄ぶ。

旗風「あぁあ~♡ あぁやっ♡ やひっ、あへぁ♡♡ だめっ、あぇ♡ ああっ♡ はえあ、ほっ♡ はあはっ♡ ヒくっ♡ またイっちゃ……はぁああんっ♡♡♡」

旗風「だめ、だめで、すっ♡ あっ……♡♡ あああ、はぁ~♡♡ イった……っばか、い、れっ♡ びん、かんっ、なんで、すっ、す♡ すうう♡ すっ、うぅうん♡」ガクガクガクッ

旗風「イくっ、イくっ♡ イくぅうう♡♡ あっ、これっ、あぁ♡ すごいっ♡ れんぞくで、きちゃ、くるっ♡♡ あっ、とめっ、とめっ♡ だめっ、だめぇで♡ これ、はっ♡ はつ、はあ♡ ほんと、ほんっ♡ あぁ♡ へああ♡」

550 : 以下、名... - 2017/10/29 02:44:36.39 0SpGxHD50 326/573

提督「れる……ほら、イけ、旗風。皆に見られて……イってしまえっ」

ぢゅうるるるるっ♡♡ ぢゅぼっ♡ ぢゅぶる、ぢゅぞぞぞぞぞ♡♡

旗風「あぁ♡ ……っか、くっ……がっ、だ、めっ……も、む……りぃ、ひぃい♡♡」

旗風「はぁあああ~~っ♡♡ あああぁあ~~っ♡ イくううぅ♡ イっちゃうぅ♡♡ あっ、やぁあ~~っ♡」ガクガクガクガクッ

体を大きく跳ねさせる。ピンと張りつめた弦が、思い切り弾かれた様に、旗風も体を震わせる。

旗風「うああっ♡ はひっ、ああぁ♡ みられちゃ♡ みられちゃうのにぃ♡ こえがっ、こえが、ああ♡ おさ、えられなっ、ああぁ♡ ひゃああ♡」

旗風「あ、ああ、あぁ~……っ♡ こ、んな……おおき、な♡ ……こえ、ぜったい、きかれ……て、しま、い……ます♡」

恐怖と悦楽と羞恥に包まれた声音でそう茫然脂質につぶやく。

提督「ははっ、それなんだが……どこにその皆がいるんだ?」

旗風「はぁ、へぇ……?」

551 : 以下、名... - 2017/10/29 02:53:10.52 0SpGxHD50 327/573

いい加減スカートから顔をだし、辺りと彼女の顔を見る。

確かに無人ではないだが最初にも言った通り、この時間じゃほとんど人影はいない。

ぽつりぽつりと遅めの昼食をとっている下士官や艦娘がいるだけだ。

確かに怪しげな視線を送ってはいるが、こちらのしていることにまで感づいてはなさそうだ。多分。

旗風「は、れ……? で、でもっ、さきほど、まで……あんな、あんな……たくさん、ひとが……」

提督「……幻覚でも見たか? それともなんだ、衆人環視の中でああいうことをされる方が望みか? ん?」

旗風「ええっ!? そ、そんなことありません! そ、そのような、疾しい白昼夢なんて、みるわけが……っ」

552 : 以下、名... - 2017/10/29 02:57:31.51 0SpGxHD50 328/573

提督「そうか? どう見ても、いやこの場合は聞いていても、大勢の前で喜んで地帯をさらけ出しているように思えたが」

旗風「で、ですからっ、た、たしかに……声は、抑えられず、しゅ、醜態をお見せしてしまいましたが、それは……その、あっ、あせってしまい、そう、焦ってしまって、周囲への配慮を欠かしてしまっただけです!」

提督「まぁ、どう言いつくろってもらっても構わないが……」

彼女の耳元へと口を近づけ、ささやく。

提督「今度はもっと、大勢の前で恥ずかしいことをしてみようか?」

旗風「あっ♡ はっ♡ はいぃ……♡」キュンキュン

そんなセリフひとつで彼女はまた声音をとろけさせる。よほど気持ちよかったらしい。

旗風「……はっ、ちっ、違います! 違うんです! い、今のはっ、そういう事ではっ!」アタフタ

顔を真っ赤にして反論する旗風。このまま眺めていても十分面白いが、流石に潮時だろう。

提督「分かった分かった、じゃあ全部忘れてくれ」パチン

旗風「はっ、ぁあ……」トローン

553 : 以下、名... - 2017/10/29 03:02:27.26 0SpGxHD50 329/573

提督「じゃあまたな、旗風」

旗風「はい、司令。私のためにお時間を割いていただき、ありがとう存じます」ペコリ

提督「いいよいいよ。じゃあね」

手をひらひらと振る司令を見送り、私も自らの部屋へと戻ります。

緊張のせいであまり記憶にはありませんが、どうやら私は長い時間指令とお話しする機会を頂いたようです。

思ったよりも、優しく便りが糸のある方でした。なぜ、あのような方を私は苦手に思っていたのでしょうか。不思議です。

ゾワッ!!!!!!!

旗風「っ!!?」

い、今の寒気はいったい……!?

神風「……ふふふ、随分と楽しそうね、は・た・か・ぜ?」

555 : 以下、名... - 2017/10/29 03:15:03.52 0SpGxHD50 330/573

旗風「か、かみ、神姉さん……」ガタガタ

神風「ふふ、旗風。随分と長い間司令官と仲良くしていたみたいね? よかったわね?」ニッコリ

旗風「ひっ、ひぃいいい!」ガタガタ

なっ、なぜ!? なぜ神姉さんが司令の事を話すと、こんなにも震えが、震えが止まらないのですか!?

神風「でも、私、前にも言わなかったかしら? 司令官は私のも、げふんげふん、司令官はとっても怖~い人だから、私の許可を取ってから関わりなさいって。じゃないと、危ないものね?」

旗風「っ! っ!」コクコク

全然怖い人じゃありませんでした、なんて言えません。無理です、脆弱な旗風をお許しください。

神風「あれぇ? おかしいわねぇ? 旗風からそんな話、聞いてもないんだけど?」

神風「これはちょっと、再教育が必要みたいね?」ニッコリ

旗風「お、おゆるしを……こ、このようなこと、もう二度といたしませんから……お、お慈悲を……っ」

神風「ふふっ、だぁ~めっ」

旗風「」

あっ、駄目みたいです。

556 : 以下、名... - 2017/10/29 03:25:28.50 0SpGxHD50 331/573

旗風「シレイハコワイヒト、シレイハコワイヒト、シレイトカカワッチャイケマセン。シレイハコワイヒト、シレイハコワイヒト、シレイトカカワッチャイケマセン」

旗風「アッデモ、カミネエサンダケハ、シレイトカカワッテモダイジョウブデス。カミネエサンガシレイトムスバレルベキデス」

神風「はい、もう一回復唱」

旗風「シレイハコワイヒト、シレイハコワイヒト、シレイトカカワッチャイケマセン。シレイハコワイヒト、シレイハコワイヒト、シレイトカカワッチャイケマセン」

旗風「アッデモ、カミネエサンダケハ、シレイトカカワッテモダイジョウブデス。カミネエサンガシレイトムスバレルベキデス」

神風「はい、えらいわね旗風。物覚えのいい妹は姉さん大好きよ」

旗風「アリガトウゾンジマス」

神風「もう私の許可なしに司令官と話しちゃだめよ?」

旗風「ハイ、ウケタマワリマシタ」

神風「はい、じゃあいっていいわよ」

旗風「オソレイリマス」

神風「……」

神風(危なかった……妹に司令官を取られるところだった。定期的に妹たちのせんの……げふんげふん、教育をしないといけないわね)



こうして旗風の提督に対する好感度は元に戻った。

561 : 以下、名... - 2017/10/29 23:00:44.38 0SpGxHD50 332/573

由良 好感度58 催眠進行度58

大鳳 好感度50 催眠進行度121(催眠堕ち)

千代田 好感度6 催眠進行度71

舞風 好感度97 催眠堕ち済み

阿武隈 好感度78 催眠進行度88

霞 好感度89 催眠進行度188

神風 好感度96 催眠進行度114

電 好感度57 催眠進行度87

旗風 好感度8 催眠進行度8+44=52

562 : 以下、名... - 2017/10/29 23:03:04.44 0SpGxHD50 333/573

提督「ん……?」

今旗風の悲鳴のような断末魔のような声が聞こえたような……なんだ今のは?

催眠がバレたといった感じではなさそうだが。

提督「まぁ、いいか、さぁて、次は誰に催眠をかけようか?」

そこらへんは次逢った時にでも確かめればいいだろう。俺は執務室に戻ることにした。


1、新しい艦娘に催眠をかける。
2、催眠をかけたことのある艦娘に再び催眠をかける。(同じ艦娘の連取は無しです)
3、その他(好感度の上げ下げなど)

↓2番号で選んでください。

564 : 以下、名... - 2017/10/29 23:03:15.04 syPamrDkO 334/573

1

566 : 以下、名... - 2017/10/29 23:08:38.60 0SpGxHD50 335/573

提督「よしよし……これはこれでいいものだ」

帰りがけによってきた明石の酒保で買ったハンドベルを机に置く。

今更だが、ずっと指パッチンで催眠をかけるのもワンパターンでつまらないと思ったところだ。

そこで何か他のもので催眠をかけられないか逡巡していたが、これならインテリアとしてもカモフラージュが出来そうだ。

チリン♪

提督「いい音だ」

↓2「失礼します」

↓2艦娘指定。コンマ二桁が好感度。ゾロ目だった場合……。

↓4かける催眠。コンマ二桁分催眠進行度増加 。

568 : 以下、名... - 2017/10/29 23:08:50.30 wYRXdcKpO 336/573

衣笠

571 : 以下、名... - 2017/10/29 23:09:05.56 A4xfNB/Xo 337/573

大本営からの極秘任務として提督の子供を孕まないといけない
なお、この事は提督に知られてはならないし断ったり知られたら姉妹艦が実験施設に送られる

575 : 以下、名... - 2017/10/29 23:18:40.12 0SpGxHD50 338/573

衣笠:好感度30:最低限の信頼は得ている。良くも悪くも互いに無関心。嫌われてはいない。

衣笠「提督! 失礼しますね。うんしょっと」コンコン

大量の書類を抱えて、衣笠が執務室へと入ってくる。

提督「おっと、大丈夫か?」

衣笠「平気平気! 各艦娘寮の要望書を届けに来ました、よっと……ふぅ、重かった」

提督「だいぶ多いな……」

衣笠「軽く目を通したんだけど、一部の設備が古かったり壊れていたりっていう物から、床暖房を設置しろとかルンバが欲しいとかSw○tchが欲しいとか、色々な要望が書かれているみたいね」

提督「好き勝手言ってくれるものだ、仮にも軍属なのに」

衣笠「あはは……」

576 : 以下、名... - 2017/10/29 23:29:17.59 0SpGxHD50 339/573

衣笠「じゃあ、私は戻りますね、何かあったら読んでください……あれ?」

そう言って衣笠が部屋から戻ろうとしたとき、俺の机のハンドベルに気が付いたようだ。

衣笠「わぁー、きれいなハンドベル……提督もなかなかに趣味がいいのねっ、どこで手に入れたの?」

提督「あぁ、明石の所でちょっとな。やっぱり女の子の方がそういうところは敏感だな」チリンチリン

ベルを手に持ち、軽く鳴らす。さて、効果は如何だろうか

衣笠「ん、ふ、にゃ……」トローン

提督「……これでもかかるのか」

どうやら催眠をかける意志さえあれば、指を鳴らそうがベルだろうが関係はないらしい。そのうち瞬きだけで催眠を翔れそうだ。写○眼かな?

提督「さて暗示の方だが、よし、衣笠。「お前は大本営からの極秘の勅令を得ている。内容は提督の子を孕むことだ。これは誰にもバレずに遂行しなければならない。」」

提督「「無論、俺自身にも悟られてはいけない。だからお前は俺に気づかれないように、俺をその気にさせて性行させなければならない」」チリンチリン

こんなとこかな、もう一度ベルを鳴らして彼女を覚醒させる。

577 : 以下、名... - 2017/10/29 23:37:35.33 0SpGxHD50 340/573

衣笠「ん、ふぇ……っ」パチクリ

提督「どうした衣笠、急にボーっとして」

衣笠「えっ、う、ううんっ、なんでもないよ、なんでもないってば……あはは」

心なしか、頬を赤らめ体を悩ましげに揺らしている。さて、どんなふうに誘惑をしてくるのか。

衣笠「ん、んーっ……な、なんだか熱いね」

胸元を少し開けて、服の裾でパタパタとあおぐ衣笠。

提督「……もうじき冬だぞ?」

衣笠「えっ? え、いや、そうだけど、な、なんか熱いかなーって」パタパタ

今度は下着が見えそうで見えない絶妙なラインで、服を肌蹴させかなり大げさにあおぐが……。

提督(衣笠の中では、これが誘惑になるんだな……初心というか、純粋というか)

なんにしろ可愛い事にはくぁりないが、これではまだまだ劣情を抱きはしない。

578 : 以下、名... - 2017/10/29 23:42:25.74 0SpGxHD50 341/573

衣笠(う、うぅ~っ、ゆ、誘惑してその気にさせろって言われても、どうすればいいのかなんてわかんないよ。ていうか、もはや提督こっちのこと気にしてないし)

衣笠(大本営からの勅令、守れなかったどうなるか……ぶるる、あっそうだ)

衣笠「ねぇねぇ、提督。疲れていないですか?」

提督「んん? まぁ、書類仕事ばかりで疲れることもあるが、それがどうかした?」

衣笠「じゃあじゃあ、衣笠さんが肩をもんであげますっ」

提督「いや、そんな気を利かすくらいなら仕事手伝ってほしんだけど……」

衣笠「いいからいいから!」


579 : 今日はここまで。お付き合いしていただき、ありがとうございました。 - 2017/10/29 23:49:57.43 0SpGxHD50 342/573

ささーっと俺の後ろへと回り込む衣笠。

衣笠「おお、お客さん。こってますね、うんしょ、うんしょっと」

提督「……まあいいや、じゃあそのままお願いして、んおっ」

後頭部に柔らかな刺激が伝わる。おそらくこれは……衣笠が胸を押し付けているといったところか?

衣笠「だっ、駄目ですよー、お客さん。おひとりの、んしょ、体じゃ、ないんですから、んっしょ……んんっ」ムニュウ

なるほど、先ほどよりかはちゃんと誘惑をしている。この胸の感触というのはやはり、どれだけ体験してもなれる事のない蠱惑的な感触だ。

衣笠(うぅ……っ/// はずかしいぃ/// で、でも、これでも提督、全然気にしてなさそうだし……)

衣笠(こっちの事、見てないし……ば、バレないよね///、じ、じかで、あてても……/// いっ、いやっ、やっぱり念のため下着までにしておこう……///)

582 : 以下、名... - 2017/10/30 22:11:51.02 ZM9XDFmS0 343/573

先ほどよりもより直接的な柔らかさと温かさが後頭部を包む。それをむにゅむにゅと遠慮なく押し付けてくるものだから妙な気分になってくる。

提督「……っ」

衣笠(あっ、ちょっとだけ提督も反応してる……よ、よーし///)

衣笠「んっ……しょっ、よいしょっ/// ……ど、どう? 気持ちいい?」

むにゅり、むにゅむにゅ♡ ぎゅぅ♡

提督「あ、ああ……随分と、っ、うまいじゃないか、気持ちいいよ」

衣笠「そ、そう? な、なら衣笠さん、もうちょっと頑張っちゃおうかなぁ///」

衣笠(こ、こここ、こうなったら、最後の一押し/// ナ、ナマで……/// えぇい、ままよ!)

ぷち、ぷち、ぷち……ぱさり……♡

583 : 以下、名... - 2017/10/30 22:27:09.35 ZM9XDFmS0 344/573

提督(おおおっ、これは……乳圧が……)

衣笠は決して巨乳というわけでもないのだが、その感触は、もう、なんていうか、ヤバイの一言に尽きる。

衣笠「んっ/// っ、うんしょっ/// んんっ……んしょっ///」

衣笠(あっ……提督の手が止まってる……興奮、してくれてるんだ///)

衣笠「んっ……う、んっ/// よ、っしょ……ん、うぅ♡」

むにゅぅ、すりすり♡ むにむに、こりっ♡

衣笠(な、なんか、これ……/// 乳首が擦れて……勃ってきちゃってる……/// きもち、いい……かも///)

衣笠「んっ、ぁ♡ ん、っふ……っしょ、よい、っしょ/// んっ♡ は、ぁんっ♡」

衣笠「ん、ふ♡ や……んしょっ、んん、しょ……/// あっ、ん♡ よい、っしょ……あんっ♡」

肩を揉まれているのか、俺の頭で自慰をしているのか、よく分からなくなってきた。

が、なんにしろここまで据え膳にされると、頂かないわけにもいかない。

提督「……なんか、随分と悩ましげな声が聞こえるんだが?」クルリ

584 : ちょっと体調が優れないので今日はここまで。寒いので皆様も体調管理には気を付けて - 2017/10/30 22:38:22.24 ZM9XDFmS0 345/573

衣笠「あっ、やっ/// あのっ、そのっ/// こ、これは……///」

分かり切っていたことだが、振り向いた先には半裸の衣笠が立っていた。

提督「ふぅ~ん、なるほど。疲れを労うと言っておきながら、随分とお盛んじゃないか?」

衣笠「い、いやっ、だからねっ?/// ち、ちがうの、これはっ///」

提督「この、変態」

衣笠「あっ、あぅぅうっ♡」ピクンピクン

下腹部を抑えて、モジモジとする衣笠。

提督「うん? もしかして、今罵られて感じたのか?」

衣笠「そっ、そなわけっ/// そんなわけっ、な、ないよぉ♡」

提督「……まぁ、何でもいいが。そんなにたまっているなら、付き合ってやるよ」

衣笠「えっ、やっ、ちょっ提督! まっ、ひゃあんっ! やっ、縛らないでぇ♡♡」

586 : 以下、名... - 2017/10/31 21:14:44.16 Sj5zcyi90 346/573

提督「よし、と」

衣笠の服を適当に剥ぎ取って彼女を椅子へと縛り付ける。両手を上に、足はM字に広げさせ、目隠しまでさせた。

衣笠「う、ぅうぅ~~っ……///」

結果衣笠がまとっているのはミント色のパンツだけ。しかも微妙にクロッチの部分が濡れているような……。

衣笠「ね、ねぇ……/// さ、流石にこれは、は、はずかしいんだけど……///」

提督「ほう? それじゃあ上官の頭に乳房を押し付けながら、自慰もどきをするのは恥ずかしくないのか?」

衣笠「そ、それは……っ、その……///」

提督「……そんなに不安がらずとも、きちんと気持ちよくしてやるさ」ムニ

衣笠「やんっ♡ きゅ、急に、さわんないでよぉ……/// ひゃあっ♡」

587 : 以下、名... - 2017/10/31 21:23:48.00 Sj5zcyi90 347/573

衣笠「あっ、あ、やぁ♡ あ、あっ、くっ♡ はぁ、ちょっ/// まぁっ♡ んんっ♡」

衣笠「こ、こんな、あっ、んっ、しばっ、たぁ……まま、するなんて、っ/// ひ、ひきょうよぉ♡」

提督「だから、衣笠に言われたくないって」

ギュッと乳首をつねって衣笠を黙らせる。

衣笠「んあぁっ♡ だ、だかっ、らぁ♡ きゅうに、するのは……ん、はっ、だめ、だって……♡」

むゅ、むにゅ、もにもに……♡ きゅぅぅうう♡

衣笠「あっ、はぁ♡ んっ、ふ……っ♡ くっ、ぁあ♡ はっ、ん……んっ、んぁ♡」

588 : 以下、名... - 2017/10/31 21:30:51.41 Sj5zcyi90 348/573

提督「……ふー」

衣笠「ひゃぁぁああっ!!? なっなに、いまの!?」

衣笠の耳へと息を吹きかけると面白いほど大げさな反応が返ってきた。

提督「こうやって目隠しされれば、いつもよりも余計に敏感だろう? 肌も、耳も……ふー」

衣笠「ひゃあぁぁっ♡ だ、だめっ♡ そ、それっ、いきっ♡ いきがっ、ぞわぞわってぇえええ♡」

衣笠「だっ、だからっ、だめっていってぇええ♡ あっ、やぁあ♡ みみにっ、しながらはっ、あっむねっ♡ あぁんっ♡ やあぁ♡」

衣笠「んっ、んんぅっ……っ♡」←今度こそ声出さないぞって顔

衣笠「っ……ふっ、あっ……く、んっ、ふぁぁ♡ やっ、ん♡」←いつ息が来るのかびくびくしてる顔

衣笠「あっ、ひゃっ……♡ むねっ、あぁ♡ やっ、もっ、いいかげんにぃいいいいんっ♡♡」←結局声が出てしまい恥ずかしがる顔

589 : 以下、名... - 2017/10/31 21:40:38.70 Sj5zcyi90 349/573

衣笠「やっ、やだっ♡ いきはっ、いやなのー! やあぁっ♡ 息以外なら、なにしても、あぁんっ、いいから……ちょっ、も、やめぇ♡」ジタバタ

提督「そんなに耳に息は嫌?」

衣笠「……いやです」

ぷいっと顔をそむける衣笠。

提督「ったく、わざわざお前に合わせて仕置きをしてやってるのにわがままなお姫様だ」

衣笠「だっ、だからっ……あれは仕方なくて……」

モジモジと言い訳ばかりを募る衣笠の事などお構いなしに俺は次の攻勢に打って出る。

提督(ふふふ、息以外ならといったのは失敗だったな)

提督「じゅるる」

耳を口に含み、舌を絡めて吸い上げる。

衣笠「ひあっ!!? あひっ、あぁああああっ♡♡」

衣笠「あっ!? ふぁああっ♡ こ、こんどはっ、なにぃぃいいいひぃい♡♡ あっ、あぁ♡ う……す、すってるの、これぇ!?」

590 : 以下、名... - 2017/10/31 21:51:24.92 Sj5zcyi90 350/573

衣笠「はあぁっ♡ はぁっ!? はひっ、いんっ♡ あっ、なにこ、れぇ♡ ちがっ、さ、きまでとっ♡ ぜんぜんっ、ちがぁ♡ あぁあ♡ やああ♡」

衣笠「うぁ♡ ひゃああ♡ わひぅ、へっ♡ はぁ、んっ♡ んんんっ♡ ちょぉ、ていとっ♡ くぅ♡ す、すいす……ぎぃいっ♡」

衣笠「あっ、あぁはっ♡ うぁあ♡ ふあぅ♡ はへぅ、う♡ うぅ……うんっ♡ う、ぅう♡ なっ、なんで、なんにも♡ はぁんっ、いって……あひゃっ、へ、くれないのぉ♡」

答える必要はない。そうといわんばかりに俺は衣笠の耳を凌辱する。

舐める、吸う、音を立てる、唾液を絡める、舌で突く。

衣笠「ひっ、ひぃいんっ♡ だめっ、それ♡ あぁあ♡ だめぇっ♡ おとでっ、あぁ♡ おとでぇ♡ おとが、なんか、おかしっ♡ ああうっ♡」

衣笠「わひっ♡ やああ♡ む、むねっ、あっ、ああぁっ♡ むねもいっしょは、はぁんっ♡ だめだっ、てぇえ♡ ひゃっ、あひっ、く、ぉ♡ おふっ、ああいっ♡ ああっ♡」

衣笠「あ、あたまっ、と……おおっああっ♡ あたま、なかぁ♡ ちょく、せっ、なめられて♡ うあぁっ、ひっ……いいんっ♡ むねもぉ♡ あ、へぅ♡」

衣笠「あぁーっ、だめぇ、だめっ♡ だめなのぉ♡ くあっ、ど、じはむりっ♡ どうじはむりだからっ♡ むっ、ひっいい……いっ♡ うぁあ♡ えああ♡」

591 : 以下、名... - 2017/10/31 22:09:54.06 Sj5zcyi90 351/573

じゅろろっ、れ゛ろるっ……べろっ、べろっ、じゅるるるっ

衣笠「あぁいっ、ひいい♡ はっ、はえっ♡ ふぁっ、あっ♡ やっああ♡ ああ、あっ♡ はぁ♡ うあ♡」

衣笠「み、みみがっ♡ あああっ♡ おかし、おおかしっ♡ は、ひぐっ……むねっ、あっだめっ♡ むねぁ、あえっ、あわああ♡」ピクッ

提督「っぷ、ち……耳と胸どっちのが気持ちいい?」

衣笠「えっ、はぇ? あえっ、は♡ ど、っち、ってぇ♡ わかんなっ、ああ♡ はぁあ♡ へ、うぐっ♡ どっちかなんてっ、わかんないっ♡ ひゃあ♡ わかんなぁ♡」

衣笠「あえぐっ、はへっ、ほぉお♡ ひぃい♡ あっ、うぁあ♡ どっちもっ、どっちも♡ どっちも、きもっち、いいぃ♡ こんな、ひとりで、するよりっ♡ 腐ああ♡ へっく、いつもより、ああぁ♡ きもちぃいいっ♡」

衣笠「ああっ♡ だめっ、あ、これっ♡ あぁこれくるっ♡ ……っ♡♡ イくっ、イっちゃ、ああ♡ も……これぇっ♡ うぁあ♡ もっ、これ、くるぅう♡」ビクビク

衣笠「ひぅ、はぁ♡ ちく、びぃ♡ つよっ、ああ♡ みみが、あはぅ、みみぃ♡ へああっ……はぁっ、なんか、もっ、わかんないっ♡ なにで、イくのか、あぁっ♡ わかんなっ♡ でもっ、くるっ♡ イくぅっ♡♡」

衣笠「へぁああ~~っ♡♡ はあああ~~っ♡♡♡ あぁうっ、いぃいんっ♡♡」ガクガクガクッ

592 : 以下、名... - 2017/10/31 22:23:23.77 Sj5zcyi90 352/573

衣笠「あえはっ、あっ♡ あ゛うっ……はふっ、ふぐっ……あっ、ふ、はぁ……はぁ、あ、はぁぁ……♡」

自由にならないその足のつま先をピンと伸ばし、ひとしきり体を痙攣させた後、くったりと力が抜ける。

目隠しをしているからわからないが、きっとその眼の中を蕩けきって、まともに焦点が合ってないだろう。

衣笠「しゅごっ、ひぃい……はぁっ、はっ……♡ す、っごいぃ……みみって……はぁっ、はっ、はぁ……はぁ、こんな、きもち、いいんだ……ぁ♡」

衣笠「う、んっ……はぁ、はぁ……はぁあ♡ あっ、へんなっ、くせ……ついちゃい、そ……はぁ……♡」

提督「淫らによがって……そんなに気持ちよかったのか?」

衣笠の髪の毛で耳をくすぐりながらそう問う。

衣笠「やぁんっ♡ はっ、んっ♡ だめぇ……みみっ、いまぁ……びんかんだからぁ……くすぐっちゃ、やぁあ……♡」

593 : 以下、名... - 2017/10/31 22:28:15.75 Sj5zcyi90 353/573

提督「ふふ……それでこんなに濡らしてるのか」

立派に大きくなったクロッチの染みを、膝でぐいぐいと押す。

衣笠「あぁは……はぁあ♡ うああ♡ あっ、くっ……そんあっ、らんぼっ……♡」

提督「こうやって膝で押してるだけなのに、余計に濡れてきているように感じるんだが? 衣笠は膝なんかで感じるのか?」

衣笠「ひがっ、ちがうぅう……♡ ちがうのっ、いまっ♡ からだがっ、へあっ♡ びんかんでっ、それっ♡ ちがっ、ああ♡」

提督「……この淫乱め」ボソッ

わざと息を多く含めて、耳元でささやいた。

衣笠「へぁが……っく、イぐっ……うぅっ」ガクガク

今の囁くような罵りでまた果てた、どうやら随分と出来上がったようだ。

このまま焦らすのも面白いが、その前に俺がそろそろ限界だ。

594 : 以下、名... - 2017/10/31 22:34:34.62 Sj5zcyi90 354/573

提督「ほら、衣笠……今股にあてられてるのが何かわかるか?」

そそり立ったイチモツをズボンから曝け出し、衣笠の蜜壺の入口へ添える。

衣笠「はっ、はぁ……♡ あっ、あつくて、かたいの……っ、も、もしか、して……はっ、んぐっ……♡」

提督「そうだ、言ってみろ」

衣笠「あ、はっ、んっ……お、おち、んちん……です……///」

提督「声が小さい、もう一度」

衣笠「うっ、うぅうう……/// ていとくって……ほんと、いいシュミしてる……///」

提督「ん? ならやめようか?」

衣笠「……お、おち○ちんっ……ていとくのっ、おち○ちん! おち○ちんが、アソコにっ、あてられて、います……///」

提督「そうだ、じゃあこれをどうして欲しい?」

衣笠「へっ、え……/// ぅ、そ、それも、いわせるのぉ……///?」

提督「早く」

595 : 今日はここまで。本日もお付き合いしていただきありがとうございました。 - 2017/10/31 22:43:36.17 Sj5zcyi90 355/573

衣笠「くっ……うううぅ~~っ/// あとでおぼえて、おきなさいよ……っ/// わ、わたしの……きぬがさの、アソコに……ていとくの、おち○ちん……おち○ちんで、きもちよく、して……ほしいですぅ!! ぐぅううう~~っ///」

衣笠(がまんっ、がまんしなさい衣笠!! これは任務! これは任務だから仕方ないの……/// 恥ずかしいけどっ///)

顔を茹蛸のように真っ赤にして、憎まれ口を叩きながらもおねだりをする。

提督「ま、及第点にしておいてやろう」

ぐぬ゛ぬ゛……ぬぶ、ずぶぶぶっ……♡

衣笠「あっ♡ あっ♡ あぁっ♡ ちょおっ……まぁっ♡♡ だか、らっ、わた、しぃい♡ いつ、され、るのか……わかんないらからぁっ♡♡ もっと、ゆっく、ひゃひい♡♡」

ぐちょぐちょのパンツをずらし、肉棒を膣内の奥深くへ挿入する。

衣笠「あっだぁめっ♡ おく、おくまでっ♡ やっ、す、ご♡ おく、おっき……ひぃああ♡♡」

衣笠「はぁ、だめ、だめっ♡ だめっ♡ そんな、おくまで、ぐんぐんきちゃっ♡♡ あぁ♡ あぁっ♡ う、ぁあ♡ ……っ、ぅ♡ はぁ……はぁ♡ お、っきいぃ♡♡」

598 : 以下、名... - 2017/11/01 22:21:15.39 RgRJp4+r0 356/573

衣笠「あ、あぉお……っ、す、ご、すごぉ♡ すご、いぃ♡ めかくし、されて……っ♡ びんかんだからっ、あっ、あぁっ♡ かたちとか、すご、わかるぅ♡ ひやぁあ♡♡」

衣笠「あひっ、はっ♡ はぁんっ♡ やっ、あっ♡ あぁ♡ あっ、あ♡ ああ♡ うあぁ♡ はひっ、いいん♡」

経験なんてないであろう、ぴっちりととじた膣内を無理やりこじ開け蹂躙していく。ある程度乱暴にしているはずなのに、それでも喘ぎ声が止まらない。

衣笠「ひ、あ♡ あああお゛ぉ♡♡ そ、それっ、あぐっ♡ ふああっ、あっ、あぁあ♡ お゛お゛ぉ♡♡ な、か、が……ひき、づられへぇ……♡」

提督「ほー、衣笠は突くより抜くときの方がかんじるのか、そうかそうか」

衣笠「そんっなっ♡ しらなっ、ああ♡ いぃい♡ ひぃいいい♡ はぁ、はっ♡ はぁあ、はあ♡ おっ、あ゛あ゛♡♡」

ぐっ、ぐぬっ♡ ぐぬ、ぐちゅっ、ぐちゅ、ぐちゅっ♡ ぐぶっ……ぬる゛る゛る゛る゛ぅうっ♡♡

何度か優しく突いて、膣内がきゅうきゅうに締め付けたところで一気に引き抜く。

599 : 以下、名... - 2017/11/01 22:35:44.70 RgRJp4+r0 357/573

衣笠「は、ひっ……♡♡ うっ、ぅう……はぁあっ♡ あぁっ、あーっ♡ やひっ、へっ♡ はぉお゛♡♡ や、やだっ、こんなっ、えああっ♡」

衣笠「こ、こんなっ……こえっ、ださせないでっ♡ はあ♡ はひっ、いっ……あっ♡ だめぇ、い、いまっ♡ ぬ、いっちゃ……いひぃいい♡♡♡」

提督「自分の声で発情してるのか、こりゃもう救いようがないな」

衣笠「ちがっ、ちがっ、あぁ♡ だ、だって、こんんっ♡ こんなぁっ……ことっ、されたの……はじめて、えひっ♡ なのにぃぅ♡ こんな、されひゃら……おっ♡ おおっ♡ おかしくっ、なるにっ、きまってるもん、んんっ♡」

衣笠「うあぁ♡ あひ、っひい♡ ふぁ♡ は、はぁ……あぁっ♡ だ、めっ……ぬくのがっ、すご♡ いひっ、へ♡ ほぉお゛お゛お゛♡♡ おっ、ああ♡ もっ、やっ、やらぁっ♡」

衣笠「んおっ♡ おっ……ひっぐ……いっ♡ ひっ♡ うっ、ぐ……ふ、ぉおっ!? あぉあ゛♡♡」

声を抑えようと努力し、衣笠は歯を食いしばるが、そんな姿を見せられたら余計に嗜虐心がそそられる。

600 : 以下、名... - 2017/11/01 22:45:56.06 RgRJp4+r0 358/573

衣笠「はっ……あぁ♡ う、ぎっ……ぐぅう♡ あっ、へ……へ、はぁ、あぁっ♡ うっあぁあっ♡♡ やひっ、いい♡」

ぐぼっ、ぐびゅ♡ ぐぢゅっ、ぐ、ばちゅ♡ ぱんっ♡ ぱんっ♡ ぱちゅっ♡ ぱちゅっ♡

衣笠「くあっ♡ ひ、いい♡ きゅ、にはげしっ、やっ、は♡ ああ♡ やっ、だっめ♡ だめっ♡ くへっ、これっ♡ あぁ、あっ♡ あぁあ♡ やぁああ♡」

衣笠「はやっ、はやいっ♡ もっと、ゆ、ゆっくりぃ……♡ もっ、て、とく……いじわるっ、いじわるぅ♡♡」

提督「ふっ、はっ……そんなこと言って、最初に誘ったのは、お前の方だろ、衣笠っ!」

衣笠「で、もっ♡ こ、こんな♡ こっ、んなぁっ♡ ふっ、うぅ♡ され、るとか、うぁあ♡ ふつぅ、おもわ♡ なぁあ♡」

衣笠「ああっ♡ お、おくから♡ すごっ、ぬかれるのっ♡ やっ、はぅ♡ きもっち、いっいぃ♡ うぁあ゛あ゛♡♡」

もっと、もっと、と欲しがるようにキュンキュン締め付ける衣笠の膣。それに合わせて注挿もはやめる。

衣笠「あっ、あっ♡ あ゛あ゛♡♡ イぐっ♡ イくっ……もっ、これっ、あっ♡ くるっ、くるぅう♡ さ、さっき、より♡ すごいのきちゃっ、すごいのくるっ♡♡」

601 : 以下、名... - 2017/11/01 22:53:14.48 RgRJp4+r0 359/573

衣笠「イくっ、イっちゃ、いくのっ♡♡ うああっ♡ だめっ、こんなっ、ひあっ♡ ああ♡ はずか、しっ、の、にぃい♡」

提督「うっ、はぁっ、はぁっ……こっちもそろそろだ……抜かれるのがいいんだったな? なら、抜いて全身にかけてやるぞ……!!」

衣笠「っ、やっ、ああ♡ やっ、だめっ、だめぁっ♡ えあ♡ なかっ、なかだしてっ♡ なかがいいっ♡ わたしの、なかっ♡ おなかんなかっ♡ なかだししてっ♡ してぇえ♡」

衣笠「ていとくの、ふぉ♡ こ、こどもぉっ♡ うみたいのっ♡ ひゃっ、はらませてっ♡ あひっ♡ ふっ、うああ♡ たねづつけしてっ♡ おっ、おねがっ♡ おねがいだからぁあ♡」

豹変したかのように膣内出しを懇願する衣笠。そういえばそんな催眠をかけていたんだった。

が、そんなことどうでもよくなる位この豹変っぷりは心を昂ぶらせる。

提督「ははっそうか、それなら、出してやるよ、っ!」

ぞわぞわと背中が湧き立つ。射精へ向けて、体中の熱が剛直へと集まってくる。

602 : 以下、名... - 2017/11/01 23:09:07.85 RgRJp4+r0 360/573

衣笠「あぁひっ、ぐ、ぅうん♡ あ、ありが、ありがとっ♡ ござ、ますっうう♡ てい、とくのっ♡ せーしっ♡ ほしっ、ほしいのっ♡ うあぁ♡ おなかの、なか、あぁあ♡ しきゅ、でぇえ♡」

衣笠「ひゃあぁ♡ うぁ、はぁあ♡ はぁあ、ぐっ♡ あっ♡ イくっ♡ イくっ♡ イっく、イくっ♡♡ んっ、イくっ……あっ、これっ、きもちぃ、きもちいいっ
♡」

衣笠「うぁあ♡ あひぃい♡ くるっ、わた、しもっ♡ おお♡ イくっ♡ あっ、ほんとにイく、イっちゃ♡ イくぅう♡ からだ、はじけっっ♡♡ うあぁあ♡ せーしなかにだしてっ♡♡ なか、だしてっ、あっ♡ ああ♡ はぁああ♡♡」

提督「ぐっ、うぅうう!」

どぽっ♡ ぶっ、びゅるるっ♡ びゅびゅっ♡

衣笠「あぁあ~~っ♡ イくっ、いくぅう~~っ♡♡ はぁあ、はっ、あああ♡ うっ、あぁあはっ♡ ひんん~~っ♡♡」

ごぽり、ごぽりと白い汚濁が、衣笠の蜜壺に注がれる。

衣笠「あぁあんっ♡ うっ、おっ……うっ、あ♡ ダメ……ダメっ、だへ、だめぇ……い、まっ、ぬいたらっ、また、またイくっ♡ イっ……おぉおほぉお♡♡」

衣笠「あぉお゛……お゛うっ♡♡ ぐ、ふ……♡ えひ……い♡」




603 : 以下、名... - 2017/11/01 23:20:28.33 RgRJp4+r0 361/573

剛直を強く引き抜くと白く粘り強い糸が引く。ひくひくと痙攣を続ける衣笠の膣をつなぐ穢された証。

衣笠「ふあぁ……あひっ♡ あっ、お、ぉんっ……せーし、でちゃ、ってる……ぁんっ、もったい、な……やんっ♡♡」ヒクヒク

提督「どうだ? これで満足したか?」

衣笠「は、はひぃ……♡ おちんち、ん……きもち、よかった、で、すぅ……♡♡」

衣笠「て、とくの……あかちゃん、は、はあ、あ♡ できた、かな……♡ あぁ……♡」

目隠しを取り去り、衣笠の蕩けきった間抜けな表情を見る。肉欲に溺れたこれ以上ない滑稽な表情。

提督「じゃあ、そろそろ夢からさめようか。このベルの音を聞くとお前は――」

その表情はチリンチリンというベルの音と共に、穏やかになり、やがてすべてを忘れていった。

604 : 以下、名... - 2017/11/01 23:30:29.65 RgRJp4+r0 362/573

衣笠「――はっ!?」

衣笠「あれっ……んっ、あれ? んん?」

衣笠「えっ、あれ……私、今、あれ、なにして……?」

提督「どうしたんだ衣笠?」

衣笠「あっ、て、提督……///」

衣笠(あれ? なんで私、提督を見てると、体が熱く……)

衣笠「あのぉ……衣笠さん、なんでここにいるのか、覚えてないんだけど……てへへ」

提督「各寮の要望書を届けて来てくれたあとに、今まで肩を揉んでくれただろう? まぁ、だいぶ気持ちよかったけど、それならそれで仕事の方を手伝ってほしかったが」

衣笠「あ、あははー、そうだったっけー、そうだったかなー、あははー」

衣笠(マズい、全然そんな記憶がないんだけど……だ、大丈夫だよね? 変なこと、してないよね?)

衣笠「じゃ、じゃあ私、戻るからっ/// 提督も頑張ってね!」

605 : 以下、名... - 2017/11/01 23:36:10.99 RgRJp4+r0 363/573

バタンとドアの閉まる音がする。

提督「ふぅむ……毎回この件も飽きてきたな」

催眠から覚醒する女性もまた乙なものなんだが……如何せんこうも毎回同じ件をするのもそろそろ食傷じみてきたし、何より「提督と話しているといつの間にか記憶が飛んでる」なんて噂を流されたらそれこそ面倒だ。今後に支障が出る。

提督「次善策を考えておくか……あっ、そういえば」

脱ぎ散らかした衣笠の下着(ブラジャー)を着せるのを忘れてた……どうしよう。

提督「まぁ、次の機会に催眠をかけて済し崩しにすればいいか」

実はかなり危ない橋を渡っていることに気づいてはいるが、まぁそのスリルも楽しみの一つという事にしておこう。

611 : 以下、名... - 2017/11/03 00:38:47.88 E6kJRTYw0 364/573

由良 好感度58 催眠進行度58

大鳳 好感度50 催眠進行度121(催眠堕ち)

千代田 好感度6 催眠進行度71

舞風 好感度97 催眠堕ち済み

阿武隈 好感度78 催眠進行度88

霞 好感度89 催眠進行度188

神風 好感度96 催眠進行度114

電 好感度57 催眠進行度87

旗風 好感度8 催眠進行度52

衣笠 好感度30 催眠進行度30+56=86

612 : 以下、名... - 2017/11/03 00:45:18.98 E6kJRTYw0 365/573

提督「さて次は誰にしようか」

なんか体力も有り余ってるし、今なら複数人プレイも出来そうな気がする。何の根拠もないが。

1、新しい艦娘に催眠をかける。
2、催眠をかけたことのある艦娘に再び催眠をかける。(同じ艦娘の連取は無しです)
3、その他(好感度の上げ下げなど)

↓1番号で選んでください。

613 : 以下、名... - 2017/11/03 00:45:27.82 zn8VsR+qO 366/573


614 : 以下、名... - 2017/11/03 00:59:33.20 E6kJRTYw0 367/573

提督「お、あそこにいるのは>>↓3じゃないか、よし」

頭に彼女たちにかける催眠の事を浮かばせながら近づくことにした。


>>↓3艦娘指定。コンマ二桁が好感度。ゾロ目だった場合……。
関わりの深い艦娘なら同時に二人まで指定可(この場合好感度は↓3、↓4のコンマを参照)
片方が未登場なら、もう片方は既出の艦娘でも可。

>>↓5~7 >>↓3にかける催眠。>>↓5~7の中から組み合わせて、内容を決めます。催眠進行度は>>↓5のコンマ参照

617 : 以下、名... - 2017/11/03 01:01:39.49 yggypvxro 368/573

清霜

623 : 以下、名... - 2017/11/03 01:02:10.50 xVmA9BvdO 369/573

モブに輪姦させる

624 : 以下、名... - 2017/11/03 01:02:21.09 H+Mwie2io 370/573

大人数の異性に組み敷かれて犯されるためならどんな事でもすると言う欲望を催眠で強く植え付けた後

毎日整備班の性処理を打診し承諾させる

625 : 以下、名... - 2017/11/03 01:02:31.54 vskVjHT/o 371/573

妊娠したら大人の女になって戦艦になれる

626 : 以下、名... - 2017/11/03 01:18:26.29 E6kJRTYw0 372/573

清霜:好感度49:信頼を得ている。艦娘によっては親愛なのか恋心なのか分からなくなるものもいる。たまたま予定が合えば遊ぶ程度の仲。


清霜「あっ、司令官だ! こんばんわ、何してんの?」

こっちが声をかけるより先に清霜が俺の事を見つける。

提督「おっ、清霜。まぁ、なんだ。散歩ついでに工廠にな」

清霜「へー、あっ! もしかして、大型建造!? 戦艦クラスのにおいがする!」

提督「そんな無駄にできる資材、うちにはない」

清霜「えー、戦艦がどうやってできるか位、たまには見せてくれてもいいじゃない!」

提督「また今度な」

627 : 以下、名... - 2017/11/03 01:20:31.27 E6kJRTYw0 373/573

清霜「ぶーぶー……でも、清霜もついて行っていーい?」

提督「別にかまわないが……そうだな、よし」パチン

清霜「は、ぅ……?」ポー

彼女に向けて指を鳴らし、催眠をかけられる状態にする。

提督「よし、とりあえずついてこい」

清霜「はぁ……い」フラフラ

清霜を引き連れ、工廠へと向かう。この時間なら、まだ整備士たちが残ってるはずだ。

それなら、少し面白いことが出来そうだ。

628 : 以下、名... - 2017/11/03 01:35:25.22 E6kJRTYw0 374/573

提督「いやはや、精が出ること」

こんな夜遅くになっても工廠で働く整備員達には、足を向けて寝られない。流石に人数は少ないが、それほどに彼らは働き者だ。

が、今夜ばかりはその実直さは枷にしかならない。今夜は彼らの醜い部分を使わせてもらおう。

提督「あぁ、君。残ってる整備員達を集めてくれないだろうか?」パチン

整備員「あ……は、い……」

本来男に催眠をかけるというのは、あまり好みじゃないが、これから行う催眠に彼らの協力は必要不可欠だ。

それに、無駄な騒ぎややり取りを収める意味合いもある。

ともかく、催眠をかけた整備員が集合をかけるまでの間に、清霜への催眠をかけておこう。

629 : 以下、名... - 2017/11/03 01:40:47.38 E6kJRTYw0 375/573

提督「さて清霜。お前は戦艦になりたいんだったな?」

清霜「はぃ……なりたい、です……」

提督「では、以下の命令を順守すればお前は戦艦になることが出来る。そう信じ込むぞ」

提督「一つ目"お前は大人数の男に犯されたくて仕方なくなる。体が疼いてどうしようもなくなるほどにだ"」

提督「"臭い精液、群がる男たち、熱い肉棒。そのどれもがたまらなく欲しい。体がどんどん熱くなりエッチがしたくてしたくてたまらない"」

清霜「あっ……う、ぁ……」モジモジ

言葉を彼女の精神へと、じっくり染み渡らせるように、深く深く浸透させる。

提督「"だからお前は男から性処理を頼まれたら断れない。それどころから喜んで応じてしまう。これが一つ目の条件"」

提督「二つ目"そうやって犯されて、妊娠することが出来れば、お前は立派な大人の女性、つまり戦艦になることが出来る。これが二つ目だ"」

清霜「あぁ……はっ、はぁ……せ、せん、かんに……♡」キュンキュン

清霜はやや前かがみになりながら、赤く呆けた表情……発情していくそれになる。

提督「"以上二つの条件を守れば、お前は戦艦になれるぞ"」

630 : 以下、名... - 2017/11/03 01:56:43.94 E6kJRTYw0 376/573

清霜に催眠をかけ終わると同時に、10人に満たない位の男たちがぞろぞろとやってきた。

整備員長「何のご用でしょうか、提督殿」

提督「いやなに、この指にちょっと注目してほしいんだが」パッチン

指先へ注目を集めたからかに指を鳴らす。

ふっと整備員達の目から正気が失せ、茫然自失となる。

整備員「「「「……」」」」

提督(やはり艦娘と違い、普通の人間は意志が薄弱だな)

そもそも文字通り鉄の意志を持つ艦娘と、普通の人間を比べるのがナンセンスなのだが……まぁ、そうでもなければこんな無茶はできない。

631 : 今日はここまで。お付き合いしていただき、ありがとうございました。 - 2017/11/03 01:59:05.43 E6kJRTYw0 377/573

提督「さて諸君"毎日お仕事ご苦労様。君たちの苦労をねぎらい、褒美を与えることにした。こちらの彼女は男の誘いを断らない、発情しきった売女だ。ぜひ君たちが満足するまでめちゃくちゃに犯してやって欲しい"」

整備員達の殺気というか熱意というか、そういうのが目には見えずともぐっと上がったことを実感する。

清霜は見た目こそ幼いが、絶世の美少女。一般人からすれば高嶺中の高嶺の花。それを好き勝手にしていいというのだから、無理もないだろう。

それに伴い隣にいる清霜も、フェロモンというかメスのにおいというか、そういう誘惑の濃さが濃密になった気がする。発情しろと一言で済む暗示を何度も繰り返して言うことで、想定していた以上の効果が表れているらしい。

提督「そして……そうだな、君。"君はその中に混ざらないで、ビデオカメラでもスマホのカメラでもなんでもいいから情事の映像を記録しておきなさい。事が終わり次第そのデータを私に渡して、データも全部消去しろ"」

提督「おっとそうだそうだ。"好きに犯していいが、後始末は忘れるな。互いに満足しきって、一連の後始末も終わったら……この命令も情事についてもすべての出来事についてお前たちは忘れる"」

さて、こんな所か。多分見落としはないと思う。

提督「"では……あとはお好きにどうぞ"」

さぁて、寝よ寝よ。後ろが騒がしいが、それは明日のお楽しみだ。

634 : 更新再開。長い間お休みして申し訳ありませんでした。 - 2017/11/06 21:38:15.47 NXGMsMyK0 378/573

提督がその場から離れると同時に、各々剛直をさらけ出し、清霜へと突きつける。

清霜「はぁぁ……♡ おち○ちん……いっぱぁい……っ♡」ゾクゾクッ

整備員「清霜ちゃん……っ、きっ、清霜ちゃん……!!」

清霜「やんっ♡ あ、もぉっ、あわて、なくても……きよひもに、んむっ、まかへへぇ……♡」

整備員「んぉお、き、清霜ちゃんが……っ」

整備員「俺たちのちんこに……あぁ、しゃぶって……ぇ」

清霜「んるるぅ……♡ は、ぶっ♡ んちゅっ、むちゅ……♡ ちゅっ、ちゅちゅっ♡」

清霜「れるっ、れろれろ……♡ ちゅるるっ、んぢゅ♡ んっぶ、ひゃ、しゃぶれない、おち○ちんはぁ……きよしもが、しこしこ、してあげるね……♡ んろっ、ぴちゃぁ♡ ひこ、ひこ……ひぃこ、しこ……♡ ふふっ」

清霜(おち○ちん……♡ しゃぶると、すごい、よぉぉ……♡ きもちいいっ……♡ こんなっ、はじめてぇ♡)

まるで経験豊富な娼婦の様に両手で肉棒を扱きながら、何本もの肉棒を交互に口淫していく清霜。

清霜「んごりゅっ♡ んぽっ、ぢゅ♡ ぢゅぷ、ぢゅぽぢゅぽ……んぐ♡ れぢゅ、れろれろ、ぢゅろろ♡ は、ぶ……ちゅるるぅ♡」

635 : 以下、名... - 2017/11/06 21:50:35.84 NXGMsMyK0 379/573

清霜「んぼっ、んぼっ♡ んぢゅるっ、んごっ♡ あ、っぶ、れろぉ……ちゅぱちゅぱ♡ んぐ、る、んる♡ んぽっ、んぢゅ♡ んぢゅぅうっ♡」

清霜「はぁ、むっ……ちゅっ、ちゅ♡ れぷ、ふぁむ♡ れろれろ、れるるっ♡ おち○ちんんぅ♡ ふぅ、ふぅう♡」

清霜「あもっ♡ れちゅっ、あむ、ちゅっ♡ んっ、ちゅ♡ ちゅぱっ♡ ちゅぱっ♡ たく、さん……ひゅごひっ♡ いっぱひ♡ びくびくしてぇ♡♡ あぁむっ♡」

整備員「あぁあっ……! きっ、きよしも、っちゃん……っ、こんな、ちっちゃな、おくちで……っ」

整備員「お、おれ、もう……っ」グイッ

清霜「んごっ!? んぶ、んぶふっ♡ んぉお♡ げぅ、っご♡ ごぅ♡ のど♡ おぐぅう♡ ごぇ、ごぢゅ♡」

清霜「ぎゅ、ぎゅぅにぃ♡ ごぶっ、ごっ♡ げお、ごほっ♡ んぢゅ、んぼっ♡ ぢゅぼご♡ ぼぢゅ♡ ぼちゅっ、ぼちゅ♡ のどっ、めぢゃぐぢゃ、ざれべ♡ おぶぶっ♡」

整備員達は我慢できず、清霜の喉奥へ欲望のままに肉棒をガンガン突き立てる。

整備員「やべぇえっ、のどっ、イラマっ……っああっ!」

整備員「ちいっ、さいのに……こんな、みだれて……おぉっ! こし、っがぁ!」

636 : 以下、名... - 2017/11/06 22:02:04.56 NXGMsMyK0 380/573

清霜「ごぶるっ、れぶ♡ んぼっ、んぢゅっ♡ ……っご、こ♡ えぶ♡ ぐぶる♡ ぐぼぉっ♡ ぐぽぉ♡ ごぼぽっ♡」

整備員「ほら、しゃぶってばっかりじゃなく、手も、動かさなきゃ……」

清霜「んごっ、ごぶ♡ え、っぶ♡」コクコク

清霜「ぐっぢゅ、ぢゅるぶ♡ ぢゅっ、ぢゅうぅ♡ ぢゅぼ♡ ぢゅぼぼっ♡ んげるっ、れごぉ……♡ っれぼ、べちゅう、んぢゅ♡ んぼ、っぽ♡」

しこしこ♡ ちゅこちゅこ、ぐちゅ♡

清霜「ぐっちゅ♡ んっぽ♡ んぢゅるっ、っごちゅぅ♡ ううぶっ、んる♡ れぇろ♡ れろっ♡ へぇ、はぁあ……♡」

整備員「どうだい清霜ちゃん? 俺たちのチンコはおいしいかい?」

清霜「はぅ、はぁ……あぇ、すきぃ……おじさんたちの、おち○ちんっ……♡ おいしい、すきっ……すきぃ……♡ もっと、なめたいよぉ……♡」

637 : 以下、名... - 2017/11/06 22:16:53.30 NXGMsMyK0 381/573

整備員「そうかそうか、でも……俺達ばっかり、なぁ?」

整備員「あぁ、清霜ちゃんの事も、気持ちよくしてあげなきゃ、不公平だよなぁ?」

整備員「じゃあ、清霜ちゃんも、ぬぎぬぎしようねぇ?」

清霜「んぁ、やっ、ぁんっ♡ じ、じぶんで、ぬげ♡ ひゃぁんっ♡ へ、へんなとこ、さわんないでぇ♡」

あっという間に、清霜は身ぐるみをはがされ一糸まとわぬ姿となる。

ごつごつとして整備員たちの大きな手が、名前の通り清らかな肌の上を這いまわる。

清霜「はっ♡ ふっ♡ ふ、あっ♡ やっ、あぁ♡ だめっ♡ こんな、されちゃ……おちんちっ♡ なめれなぁ♡ あひゃぁん♡♡」

清霜「ふぁ、へぇああ♡ やっ、だめぇっ、だめっ♡ こんなっ、からだっ、びんかんでぇえ♡ うぁあ♡ はああ♡」

清霜「あっ、あひっ♡ あはぁ、むぅっ♡ れっろ♡ れろぉ、ちゅっ♡ ちゅぽっ、ちゅぅ♡ ちゅ、んほっ♡ ひあぁ♡ りゃめっ、さわっちゃぁ♡ みんなひっ、へぁあっ♡ んぁ♡ ごほ、しっ、できにゃあっ♡」

清霜「うぁ♡ は、ひぃいん♡  えぁ、あもっ、えぶ♡ んぽ、ご♡ へぁ、むぶ♡ っむごっ♡ ほぼご♡」

整備員「ほらほら、全然なめれていないよ?」

整備員「よし、こっちから手伝ってやろうか」

638 : 以下、名... - 2017/11/06 22:34:30.19 NXGMsMyK0 382/573

清霜「んごろぉ♡ んごごぉは!? えぇごっ! げごっ、ごぇぐっ んぼろ♡ ごるる♡ ごぶちゅ♡ ま゛ まだっ♡ のっど、ぉご♡ お゛っぐぅ……♡♡」

清霜「んぐ、ぶぅ……♡ んぶっ、ぶぐ……♡ っご……ぉ、ぉぇ……っ♡♡ おごげっ、げぎゅ♡ お゛ごっ、ごっ♡」

整備員「はははっ! 清霜ちゃん、白目むいてるよ!」

整備員「喉の奥が、チンコでふさがってちゃ窒息しちまうのに、こんな悦んでるぞ!」

清霜「え゛ っごっほ♡ へぇぇえ……えっご、げほっ、ごほっごほっ! ごふっ、げほっ♡ はぁ……はぁ……あもぢゅ♡」

清霜「げっぷ、っぢゅ♡ ぢゅご、ごぶちゅ♡ えぉ、ご、ごろ♡ げぅ……お゛ちゅ♡ げちゅっ、ぐ、っちゅう♡」

清霜「ぢゅごっ♡ んも゛♡ ぼぢゅ、っぐ♡ んぢゅ、ぢゅぽっ♡ んご、っごぶ♡ んば、ぁあ♡ あっぼ、っちゅ♡ えぁあ♡」

清霜「りゃめっ♡ あ゛ぁ♡ むねっ、あっ♡ おしりっ♡ いろんなとこっ♡ ああぇ♡ さわっちゃ、ひゃへ……ぁあ♡」

あばらが浮き出るほどに肉付きの悪い、愛撫される程に未成熟な体にも快楽が満ちていく。

639 : 以下、名... - 2017/11/06 22:46:34.38 NXGMsMyK0 383/573

清霜「あひゃぅ♡ はっ、やぁ♡ あぁ……っ♡ うあぁ、ひっ♡ ふぁあ♡ あたま……ぼぉ、って、してぇ……♡♡」

清霜「あんっ♡ はぁ、ふ♡ イきそ……あぁ、イくっ……イっひゃ♡ はひ、ひっ♡ ひんっ♡」

清霜「やんぼっ♡ んぼぽ♡ えぇろ♡ れっぷ♡♡ んぶ、ちゅぼ♡ ごぽ♡ れろっ……ごりゅ、るぶ……んぶ、ぐ♡」

整備員「清霜ちゃんもイきそうなの?」

整備員「実は、俺達もなんだよね……」

整備員「じゃあ、一緒にイこうか? いっぱい精液かけてあげるよ」

整備員「清霜ちゃんの敏感なところ、触ってあげるから、俺たちの事も気持ちよくしろよ?」

清霜「あぼっ、へあ♡ あっむ、ぶぢゅ♡ みんな、イく……? イっちゃう……わた、ひも……おっ、おぉほ♡ っはひゃ♡」

清霜の体を弄び、男たちが淫欲を思い思いにぶちまけ、穢していく。

640 : 以下、名... - 2017/11/06 23:18:01.91 NXGMsMyK0 384/573

清霜「んぢゅ♡ れぢゅ♡ れるっ、れろ♡ れぶる♡ んぶふ♡ ふぅん♡ ふむっ、ふぉまぁ♡ へぇ、む……ひぇむ♡ れぷ、ぢゅぷ♡」

清霜「ん、っご……ぇ、がっ♡んっ、ぐっ、ぢゅっ♡ ぢゅぷるっ♡ んぼっ、んぶっ、ぢゅぷっ、ぢゅううっ♡♡」 ビクビク

整備員「おぉっ!? きゅ、きゅうに、のどのおくが……しまって……ぐぅ!」

整備員「でる……でちゃうよ、清霜ちゃん!」

清霜「ひお゛っ♡ おぶ、ふっ♡ ぐっ、ごぐ♡ おぼちゅ♡ れぶ♡ おおぼ♡ ひぐっ♡ イぎ♡ イぐっくぅ♡ か、かあだ、がぁぁ……♡」ガクガク

整備員「清霜ちゃんもいきそうかい? 気持ちいい所たくさん触ってあげるから、俺たちのおち○ちんもいっぱいきもちよくするんだよ?」

整備員「ガクガク震えて、かわいいなぁ、清霜ちゃん……」

清霜(イ、イく……ぅ♡♡ のど、あたま……ぜんぶ♡ きよしものっ、からだぜんぶ……おち○ちんで、イかされ、イくっ♡ イくぅうう♡)

どぷっ♡ どぴゅどぴゅどぴゅ♡ ぶっ、びゅるるるるる♡♡

清霜「んぶ、ふ、むぅうう~~っ♡ ふみゅ、んぐ、ぷ♡ ごぷ、る♡ えぼ、ごっ、ぢゅる♡ ぢゅるる♡ ぢゅぼぼぼ♡」

641 : 以下、名... - 2017/11/06 23:26:35.55 NXGMsMyK0 385/573

整備員「おっと、出した精液、まだ飲むんじゃないぞ……ほら、口開けろ」

整備員「俺たち全員の静止、全部口の中に入れてあげるからね」

びゅっ、びゅるるっ♡

びゅーっ♡ びゅく、びゅ、っぶ♡

どびゅ♡ びゅ、びゅ♡

清霜「あ゛♡ げるっ♡ えぇぶ♡ ……んんぅ♡ んぶ、ん♡ ふぅ、ん♡ ……げぶ、るる♡」ビクビク

口淫されたいたもの、手淫されていたもの、清霜を愛撫していたもの、その場にいた全員が清霜の口へ射精していく。

一人一人が射精するたび、清霜の口内は白い汚濁の精液だまりとなっていく。

清霜「げぼ、ぷ、ちゅ♡ ががら……♡ ふ、ぶ……ふぅううっ♡♡ げぽっ、んぶ♡ んぐるる♡」

口で息をしようとするたびに、口内の精液だまりに粘った気泡が浮かぶ。それがはじけ飛ぶたびに、清霜の顔は白く穢され、また一つ快楽の色を帯びていく。

642 : 今日はここまで、途中で書いていた分の文章が消えて無駄に時間がかかってしまいました。すいません。 - 2017/11/06 23:34:50.53 NXGMsMyK0 386/573

整備員「よし、全員出したな? 飲んでもいいぞ、清霜ちゃん」

清霜「んごっ、ごぐ♡ げぼっ♡ ぢゅ、っごろ♡ ごぶ♡ ご、っぐ♡ ごぉ♡ ごぷっ♡」

清霜「えぼ、あばっ……ごくっ♡ ぁ、は……はぁあ♡」キュンキュン

清霜「あっ、ひ……んんぅ~っ♡♡」ガクガク、ガクッ

清霜(あっ、あぁ♡ せーし……のんで、また……わたひっ♡ イ、っちゃ、た……かもぉ♡♡)

清霜が口内の精液を飲み干したあたりで、二、三度下腹部が細かく痙攣する。

清霜「へぇーっ……はぇーっ♡ ひ、イひ……ふぅ、ううーっ……♡」ビクビクッ

口に残った精液の残り香を楽しむように、反芻させるような深呼吸を繰り返す清霜。

整備員「清霜ちゃん、俺たちのチンコ美味しかった?」

清霜「は、はひ……おい、し……かったぁ……♡」トローン

年端もいかぬ、少女の見た目から発される淫靡な言葉、それがまた彼らの劣情を加速していく。

645 : 以下、名... - 2017/11/07 22:44:28.51 XMWHW+B20 387/573

清霜「ほし……ほし、ぃい……♡ おち○ちん……っ♡ おち○ちん、いれて♡ いれてぇ♡ いれてよぉ……♡」

臀部をフリフリと揺らし、男たちを誘惑する清霜。秘所はてらてらと濡れそぼり、光を反射している

整備員「……もうガマンできない、いいよな、これ? ヤっちゃっても?」

整備員「ああ、こんな物欲しそうなんだし、いいよな……?」

清霜「あぅ……♡ はぁ、ひっ……♡ あ、おちんち、んぅ……♡ いれてっ、いれてぇえ♡」

整備員「そんなに急かさないでも、いれてあげるよ……っほら!」

ぐぢゅり♡ ぐっ、ぬぷぷぷ……♡

清霜「あぁ♡ えぁあ♡ はひっ、はいいってぇえ♡ うあっ♡ あっ、あっ♡ あ゛あ゛っ♡」


646 : 以下、名... - 2017/11/07 22:54:36.38 XMWHW+B20 388/573

清霜「あっ♡ あっ♡ あづい♡ おおぎっひぃい♡ ふやぁ♡ あひっ……ひぁあっ♡ うあ♡」

清霜「ぐ、ぐいぐいぃ♡ ってぇ♡ おぐ、おしひろげ♡ られへる、ぅうっ♡ う、あぁ……♡ あひゃっ♡」

整備員「なっ、なんだっ、この……やばいぃっ」

清霜「もっとぉ♡ もっとっ♡ やっ、そんなんじゃ、たりなぃ♡ たりないのっ♡ ひゃっ、ふう♡ ふああ♡ んああ♡」

清霜の小さな小さな蜜壺が男の竿を貪欲に扱きあげる。男以上に激しく腰をグラインドさせ、これではどちらが責めているのかあべこべだ。

ぐっ♡ ぐぼぽっ♡ ぐぱ♡ ぱぢゅっ♡ ぱちゅっ♡ ぐぢゅ♡

清霜「ひ、んっ♡ はへっ、あっ、うぁ♡ へぁ♡ ひゃっ、はげ、しくっ♡ もっと、ぐちゅぐちゅって♡ はぁあ♡ してっ、して? してぇ♡ ああ♡」

整備員「ぐっ、し、しぼりとられぅ、これじゃっ……いぃっ!」

整備員「おいおい、だらしないな」

647 : 以下、名... - 2017/11/07 23:07:12.40 XMWHW+B20 389/573

整備員「仕方ない、助け舟でも出してやるか……俺はこっち派なんでね」

清霜「やひっう♡ ふぁ♡ なっ、ひ♡ そ、こ♡ おしっ、おしりのっ♡ ちがっ、そこちがうっ♡ ちがぁ……っ♡」

整備員の一人が、清霜のアナルに指をあてがいひっかくように愛撫を始める。ぱくぱくとアナルは締緩を始め、男の指を受け入れ始める。

清霜「うっ、おぉおっ♡ おひっ、んっ♡ おしりっ、おしっ、おしっ……ひっ、うっう♡ うふっ♡ な、なかにっ♡ ゆっ、ゆ、ゆびっ♡ はいって、ひゃおおぅ♡」

整備員「そうそう、慣れないうちにここを責められるとどんな娘でも、力が抜けちゃうもんなんだよねぇ? 清霜ちゃんもガクガクしていてかわいいよ」

清霜「だめっ、だめっひっ♡ おぉんっ♡ あおっ♡ おっ……お゛おっ!? こ、んなっ♡ なに、これぇえ♡ しらにゃ、しらないぃい♡♡」ピクピク

整備員「ふぅ、こっちの締め付けも少し楽になったぜ、ほらっ! ほらっほらっほらっ!」

清霜「ああひっ♡ いぎっ、ひおおっ♡ やひっ、くっ♡ うんん♡ イ、いまぁ♡ はげひっ、はげしっ♡ あっ、あ゛ぁあ♡ お”ああ♡ 激しくっ、されひゃらっ♡ ひゃあんっ♡」

整備員「激しくされたかったんじゃなかったのか?!」

清霜「あぁやっ、ん♡ んおっ、おお♡ おしぃいい♡ おしりっ、とろけへぇ♡ ふっ、ひはああ♡ へおっ♡ おぉふ♡ おっほぉ♡ ひょふっ、ひっ、あへっ、ひへ♡ おっ、おなかが、ぁあ♡」

648 : 以下、名... - 2017/11/07 23:17:39.05 XMWHW+B20 390/573

腸汁、とでもいうべきか。清霜のアナルから愛液ともいえぬ、快楽の汁が漏れ出す。

汚い穢れた汁を垂れ流し、男たちは乱れるその姿により一層歓喜する。

整備員「ふふっ、清霜ちゃんは素質があるねぇ……もうちんこ位すんなりと入ってしまいそうだよ」

清霜「いいぎっ♡ はおぉ♡ えあっ、ひ♡ うぁあ♡ そっちだめぇえ♡ だめっ、だめなのっ♡ そっち、いれるとこじゃ、なひっ♡ ないよぉお♡ おっ、おっ、おぉ♡」

清霜「ちゃ、ちゃんと、ひゅぐっ♡ ほへっ、ひゃっ、ああぁ♡ あんっ♡ いあっ♡ ひゃんとぉ……せっくしゅ、しなきゃ……せんかんに、なれなひ、のにぃ♡♡ あっ、だっめっ、らめぇ♡ おし、りで♡ かんじう♡ かんじるぅう♡」

清霜「あにゃっ、あなるで♡ きもちよくっ、なる、なっへぇ♡ へぉ、ひっ♡ んぉ……おんんっ♡ おっほ♡ あぁん、やあ♡」

整備員「ん? そういえば、清霜ちゃんは戦艦になりたいんだったね」

整備員「そうかそうか、ちゃんとセッ○スができる大人の女の人なら、戦艦みたいになれるかもねぇ」

整備員(知らんけど)

649 : 以下、名... - 2017/11/07 23:26:25.17 XMWHW+B20 391/573

清霜「そっ、そうなのっ♡ せっ、せんかんにっ、なりたひ♡ なりたいのっ♡ だかっ、だからぁっ♡ おしり、おしり……いじめちゃ、だめ、だめっ♡」

整備員「なんでダメなの?」

清霜「ひっ、き、きもち、よしゅぎるのが♡ だめなのっ♡ だめなのぉ♡」

整備員「そうなんだ、でもねぇ清霜ちゃん。男の側からすればどんなことされても気持ちよくて悦んじゃうような、淫乱な娘の方が喜ばれるんだよ?」

清霜「えっ……? えへぇ……? で、でもぉ……おっ、う♡」

整備員「ほら、見て。俺たちの目を。皆血走って清霜ちゃんを見てるでしょ?」

整備員「皆清霜ちゃんの事、エッチで淫乱な女の子だって思ってるよ。だから気持ちよくなっても大丈夫だよ?」

清霜「ほっ、ほんとぉ……? えっちでも、せんかんに……なれるぅ……?」

整備員「俺達を満足させてくれるなら、なぁ?」

650 : 以下、名... - 2017/11/07 23:36:18.89 XMWHW+B20 392/573

清霜「あっ……ああっ♡ わかった、わかりましたっ♡ きよしも、のことっ♡ すきにしてっ♡ いっぱい、きもちよくしてっ♡ おじさんたちのことっ♡ いっぱいきもちよくするからぁ♡」

整備員「ふふ……いいこだ」

ぐずぐずになった清霜のアナルに整備員の一人が剛直を突き入れる。

み゛りっ♡ み”りみ゛りみ゛りっ♡ ぶ、ぢゅり……♡

清霜「あ゛ぎっ♡ い゛い゛ぃ♡ おっ、お゛お゛? あああ♡ さけっ、さけるっ♡ おしっ、おしりぃい♡ さけぢゃああ♡」

清霜「さけるのにっ♡ おしりっ、うあ゛あ♡ おおぅっ♡ な、んでっ……ぎもぢい♡ あおぉおっ♡」

整備員「ほら、っ、清霜ちゃんっ、わかるかい? おしりとマンコの両方からっ、ぐちゃぐちゃに突かれてるのがっ」

清霜「わかうっ♡ わかりましゅっ♡ おおおっ♡ ほぉお♡ ほひっ、へっ、ふあああ♡ おしりと、あそこっ♡ いたいっ♡ あついぃ♡ ふがっ、へ♡ でっも、きもちぃ♡ きもちぃのぉ♡」

651 : 以下、名... - 2017/11/07 23:46:24.13 XMWHW+B20 393/573

整備員「お楽しみのところ悪いけど、俺達のことも楽しませてくれるかな? ほら、口開けて」

清霜「おぼごっ♡ えおぉ♡ おも、ぐっ♡ ほぉお♡ おひっ、ぶっ♡ ぶぢゅぢゅ♡ ぢゅっ、ぼ♡ ぢゅぷぢゅぷっ♡ ぢゅるるっ♡ んもぉ♡ もっほ♡」

整備員「ははっ、三穴ともふさがっちまったよ」

整備員「じゃあ、俺は手で扱いてもらおう」

整備員「清霜ちゃん、勝手に使うよ?」

清霜「えぶるっ、おぼっ♡ んんぶっ♡ ぢゅぢゅっ♡ ほっ、んううっ♡ おっ、おお♡ おぼぶっ、ぼぢゅ♡ ぢゅぼっ♡ ぢゅぼっ♡ っごぷ♡ んべ、ぴっ♡ ほっ、おぉおっ♡」

清霜「ほもぶ♡ れるっ、れるる゛♡ ろぉ♡ れぼぅ、んぶる、ぐっ、ふぉ♡ ほふ、ひっ、おおこっ♡ こ、っく、ごくっ♡ んお゛っ、えお♡ ほぉんっ♡ んおおおお♡」

膣穴、尻穴、口、両手、髪の毛、至る所に強直を擦り付け、小さな清霜に群がり、穢していく男たち。

それでも、清霜は決して嫌がらず、それどころか、自分を気持ちよくしてくれる男たちに陶酔するばかり。

清霜「ひっ、ふ、ふんっ♡ んっぷる♡ ぺぉ♡ ぺろぺろ……んぢゅっ、ちゅ♡ んぴゅっ、ぷ♡ んこっ、んひっ……ぐくっ♡ おぶっ、ほぉぶ♡ お゛お゛♡ おぐぅう♡ んぉおお♡ おひぃ♡」

652 : 以下、名... - 2017/11/07 23:58:06.91 XMWHW+B20 394/573

清霜(おち○ちん♡♡ いっぱい、いっぱぁい♡ しわあへ……ひあわへぇ♡ いっぱい、いっぱぃい♡ きもちぃの、これぇ……♡)

清霜「んみゅ、ぶる♡ れぷ、れぢゅる……ぢゅるぢゅるっ♡ んお、お♡ おっほ、ふうん♡ ほひっ、えろ♡ ぢゅぷ、ぢゅぷぷぷ♡♡ んっぶぅ♡ うんっ、おぁ♡ あぎひっ♡ ひあぁん♡」

清霜「ほぐっ、ぐ♡ ひぐっ、ひよひも゛♡ イぐぐっ♡ うぐぅ♡ えへあぁ♡ えろぷ、んちゅ♡ ……っちゅ、ぢゅぢゅ♡ おち、んちん♡ いっぱい、イくっ、イきたい♡ おち○ちんで、えああ♡ イぎたいぃい♡」

整備員「イきたい? ならもっと大声で!」

清霜「イぎたいっ♡♡ イきたいのっ♡ イかせてっ、イかせてええ♡ きよしものおま○こっ♡ おしりっ♡ からだっ、みんなっ♡ ぜんぶっ♡ イかせてくださいっ♡ イきたいよぉ♡♡」

整備員「ほらっイけっ! 淫乱艦娘! イけっ!」

整備員「おぉおっ! で、でるっ……ぐうう!」

どぴゅ、びゅるるるるる♡ びゅぶっ、びゅーっ♡ びゅくびゅくっ♡ どびゅ♡ どびゅる♡

清霜「イッ、イくっ♡ ふぁあ♡ あいっ、っく……っ♡ おおんっ♡ おひぃ♡ イッ、いあああぁぁあ~~~っ♡♡」

清霜「はへっ、へああ♡ おあっ、おぉおお♡ んぉおお~~っ♡ おぇああああ♡♡」

ぷしっ、ぴちゃぴちゃっ♡ ぴゅるる♡ ぶ、ぴっ♡ ぶぷっ♡

精液と愛液が清霜の体の上で交じり合い、清霜の体がスパークする。尻穴すら緩み切り、間抜けで無様な音を鳴らす。

法悦の表情を浮かばせながらも、体は激しく前後し、痙攣する。

653 : 以下、名... - 2017/11/08 00:03:42.64 G7+mV5Jk0 395/573

清霜「へっ……えひっ、ほ♡ ほぉお……っ♡ おんっ、あっ♡ あぁあ……♡」ガクガクッ

整備員「おっと、まだ寝るには早いぞ」

事切れたかのように倒れかける清霜を男たちは無理やり起こす。

整備員「ほら、まだ二人しか中に入れてないし、まだまだ俺たち元気なんだ」

整備員「だからさ、まだまだ付き合ってもらうよ? 清霜ちゃん?」

男たちは焦点のあわない瞳にそう一方的に告げる。

だが、清霜は。

清霜「えっひ……いひひっ、えへへっ♡ は、はぁ……いぃ♡」

清霜「はむっ、れろっ、んぢゅっ、ちゅ♡ っもっと、おち○ちん、くださいぃ♡」

清霜「それで、きよしも……はやく、はやくぅ♡ ……せんかんに、ごくっ、なるのぉ♡ あむ、ちゅ♡」

人知れず行われる夜の宴は、まだ始まったばかりである。

654 : 以下、名... - 2017/11/08 00:11:02.57 G7+mV5Jk0 396/573

提督「いやぁ、すごいな、こりゃあ」

PC上で清霜と整備員の夜通し行われた、乱交動画を目に通す。

理性の枷を外した欲望のみで動く人の底知れ無さを、垣間見た気がする。

時はすでに日が昇り、誰もが働く頃。清霜も整備員達も昨夜のことはきれいさっぱり忘れているようだ。

念のため工廠に確認しに行ったが、痕跡はほとんど残ってなかった。若干臭いような気もしたが、まぁあそこは年中そんなもんだ。

清霜『……♡♡ お゛ぎっ♡ お、ぉお゛♡ あ゛へっ……♡ うぅん……♡♡ ……っ♡♡』ガクガクガクッ

画面の向こう側では、清霜の珠の肌全てを覆い尽くすが如く、精液と愛液でパッケージされている、彼女の姿が映し出されている。

提督「ふふ、これ単体でも十分そそられるが、いろいろ使い道がありそうだ……」

秘蔵の映像コレクションとして、俺は大事にこのデータを奥底にしまう。

提督(清霜本人に脅すのもよし、姉妹艦や仲の良い艦に見せて脅すもよし……いっそのこと世間にリークして大本営を揺らがすというのも、面白いな)

妄想を膨らませ、俺は執務に戻ることにした。

655 : 今日はここまで。そろそろ10人の大台なので、再催眠の方向で話を進めていきたいと思います。 - 2017/11/08 00:13:44.91 G7+mV5Jk0 397/573

由良 好感度58 催眠進行度58

大鳳 好感度50 催眠進行度121(催眠堕ち)

千代田 好感度6 催眠進行度71

舞風 好感度97 催眠堕ち済み

阿武隈 好感度78 催眠進行度88

霞 好感度89 催眠進行度188

神風 好感度96 催眠進行度114

電 好感度57 催眠進行度87

旗風 好感度8 催眠進行度52

衣笠 好感度30 催眠進行度86

清霜 好感度49 催眠進行度49+50=99

659 : 以下、名... - 2017/11/08 19:40:23.20 2WpWg6CyO 398/573

提督「ふむ、10人か……」

催眠をかけてそのまま放置した艦娘を心に浮かべる。
由良、大鳳、千代田、阿武隈、霞、神風、電、旗風、衣笠、清霜。

まあ正直こっちの都合としては適当に艦娘相手に催眠をのべつまくなしにかけられれば十分だ。

……が、催眠で堕とすよう言われてる身としてはそろそろ堕としにいく方向で行動を固めた方がいいかもしれない。

提督「まあ次あった艦娘を見て考えよう」

1、新しい艦娘に催眠をかける。
2、催眠をかけたことのある艦娘に再び催眠をかける。(同じ艦娘の連取は無しです)
3、その他(好感度の上げ下げなど)

↓1次の行動。番号で選んでください。コンマ50以上で強制的に2で進行

660 : 以下、名... - 2017/11/08 19:40:36.33 dxsvwMWi0 399/573

1

661 : 以下、名... - 2017/11/08 19:46:36.92 2WpWg6CyO 400/573

提督「調教とかいいのよ、自分のやりたいようにやれば!」

探しもとめるはまだ見ぬ艦娘。

提督(お、喋ってる声が聞こえるな、誰かそこの曲がり角にいそうだぞ。その娘らにしようかな)

>>↓3艦娘指定。コンマ二桁が好感度。ゾロ目だった場合……。
関わりの深い艦娘なら同時に二人まで指定可(この場合好感度は↓3、↓4のコンマを参照)

>>↓5~7 >>↓3にかける催眠。>>↓5~7の中から組み合わせて、内容を決めます。催眠進行度は>>↓5のコンマ参照

664 : 以下、名... - 2017/11/08 19:47:56.58 mKJRqtyvO 401/573

白露、時雨

665 : 以下、名... - 2017/11/08 20:02:12.46 2E04tz/S0 402/573

一水戦の駆逐艦として、二人の連携を深めるため提督を轟沈(性的な意味で)させる夜戦演習(意味深)をこれから行う

667 : 以下、名... - 2017/11/08 20:07:46.26 euA+ZHMjO 403/573

売春させてお金稼ぎさせる

668 : 以下、名... - 2017/11/08 20:09:07.47 txbn+mBQo 404/573

正気を保たせたまま身体を操り陵辱

669 : 以下、名... - 2017/11/08 20:11:36.20 ObuQfzITO 405/573

男達の命令にどんなに嫌でも逆らえない催眠を掛けてモブ達の中に放り込む

671 : 以下、名... - 2017/11/08 21:12:30.07 G7+mV5Jk0 406/573

白露:好感度58:ほのかな好意を抱いている。かけがえのない存在の一人であるが唯一無二とまではいかない。

時雨:好感度46:信頼を得ている。艦娘によっては親愛なのか恋心なのか分からなくなるものもいる。たまたま予定が合えば遊ぶ程度の仲。

白露「ねぇねぇ時雨、この前出撃してた時の話なんだけど」

時雨「姉さん、ちゃんと前を見て歩かないと危ないよ?」

提督(お、この声は白露と時雨か、よしよし、じゃああいつらに)

白露「分かってるって! でねっ、雷激戦の時魚雷が」ピョイン

提督「え?」

白露「へ?」

白露が勢いよく飛び出てくる。誰でも急には止まれない、白露の後頭部が俺の顎めがけて一直線に飛んでくる。

ゴガヂンッ!!

提督「お゛ごっ!?」

白露「ふぉおっ!?」

673 : 以下、名... - 2017/11/08 21:25:10.50 G7+mV5Jk0 407/573

提督「お、お゛ぉお……おぐぅ……!」ジタバタ

白露「いだっ、いだぃ……いだいい……」ジタバタ

廊下のど真ん中で身悶える成人男性と艦娘。旗から見ればさぞみじめだろう。

時雨「ああもう、二人とも大丈夫かい?」

提督「は、はが……歯が、ゆがむ……がぐっ」

白露「あ、あたまが……われるぅ、いたいぃ……」

時雨「はぁ……だから言ったじゃないか、前を見て歩かないとって」

674 : 以下、名... - 2017/11/08 21:41:56.37 G7+mV5Jk0 408/573

提督「あがが、なんかまだ顎に違和感が……くっそ、病院行った方がいいかこれは……?」

だいぶ時間が経って、痛みもひいた頃、ようやく話せる程度には回復した。

時雨「提督、大丈夫かい?」

いつの間にか濡らして冷やしてきたハンカチで、時雨は俺の痛めた顎を冷やしながらそう問い掛ける。

提督「ああ、ありがとう、時雨。まぁ、だがな……白露!」

白露「うっ……あ、あはは……ご、ごめんね? 提督?」

提督「元気があるのは結構だがな……そんな不注意をさらすようじゃ、こっちは体がいくつあろうともたないぞ」

時雨「ごめんなさい、提督。僕が姉さんにちゃんと言い聞かせておけば、こんなことにはならなかったのに」

白露「ごめんなさい……その、あたし……」シュン

提督「……本当に悪いと思ってるなら、態度で示せるはずだ」

時雨「……え?」

白露「な、何を、すれば……その、許してくれるの?」

675 : 以下、名... - 2017/11/08 21:57:55.39 G7+mV5Jk0 409/573

提督「なに、簡単なことだ」パチン

白露「ん、あ……?」トローン

時雨「へ……う……」トローン

提督「白露、時雨。”お前たちは俺に怪我をさせた、だからその治療費を払わなければいけない。その為の金を稼いでくるんだ。わかるな?”」

時雨「……はぁ、い……っ」ポケー

提督「”ただし、その金は体を売って稼げ。それ以外の金は一切認めない”」

白露「うぁ……う、ん」ボー

口を半開きにし、焦点のあわない虚ろな瞳を浮かべた彼女たちに命令をする。

提督「”売春をしている間、お前たちは正気のままだ。しかし、金を稼ぐまで決して売春を止めることはできない。誰かに体を売って、俺に金を渡して、それでようやく催眠が解ける。いいな? お前たちは正気を保っていても、決して体を売ることを止めることはできない”」

白露「えっち……で……おかね、かせ、ぐ……」ポー

時雨「わか、った……よ……」トローン

提督「よし、”なら早く繁華街でもどこへでも行って、売ってくるんだな”」

その言葉を皮切りに白露と時雨は、どことなく頬を赤らめ、フラフラとおぼつかない足取りで歩きだし外へと向かっていく。

提督「……あ、これじゃあ二人が売春してるところ、俺が見れないじゃん……どうしよ」

677 : 以下、名... - 2017/11/08 22:06:46.63 G7+mV5Jk0 410/573

白露「う……ん……あ、あれ? ここ、どこ?」

時雨「んっ……んん、姉、さん? なんで、こんなところに」

白露と時雨は記憶も不確かなまま、正気を取り戻す。決して催眠が解けたわけではなく、むしろこれからが本番。

ただ虚ろなままでは行動に弊害が出ると、暗示をかけられてる彼女たち自身が判断し、正気になったかのように見えているだけだ。

白露「ねぇねぇ、時雨。あたしたち、今日外出するなんて約束してたっけ?」

時雨「……妙、だね……? 僕たち、さっきまで鎮守府にいたのに。それに外に行くなんて、そんな覚えはないはずなんだけど」

白露「でも、なんか……やらなきゃいけないようなことが、あったような気がして……」

時雨「姉さんも? 実は僕もなんだ……なんだろう、すごくもやもやして」

人々が行きかう中、少女たち二人は戸惑いを隠せないといった風だ。

そんな彼女たちは、何の気もなしにたまたまとベンチに座っていた男を目にする。それがきっかけだった。

678 : 以下、名... - 2017/11/08 22:17:39.79 G7+mV5Jk0 411/573

白露「あっ……///」キュゥンッ

時雨「はっ、はぁっ///」キュンキュンッ

二人ともほぼ同時に、体に熱がともる。体の髄を蕩かすような、甘い熱がじわりじわりと体に染み渡る。

白露「あ、あのっ……おにーさぁん……///」キュンキュン

気づけば白露は一歩踏み出し、男に声をかけていた。

???「え? 俺?」

白露「うんっ、そう、あなた……/// ねぇ、おにぃさん……あたし達のこと、買わない?///」

白露(えっ……? い、いま、なにして……なに、言って……?!)

時雨(ねっ、姉さん!? 何バカなこと言っているんだ!?)

時雨「うん……そうなんだ……/// 僕たち、見ての通り……えっち、したくて、堪らないんだ/// 恵んでくれないかな……?///」

時雨(は? え!? ぼ、僕、なに、して……!)

頭の中は二人ともいたって冷静。こんな男に性交渉を持ちかけていることが信じられないといった心象。

だが、端から見れば誰もそんな風には思わないだろう。

白露は服の裾を緩め、駆逐艦らしからぬボリューミィな胸部を下着を見せびらかす。

時雨はスカートを捲りあげ、ギリギリのところまでショーツを陰部へ食い込ませ挑発する。

本意でなくとも娼婦の様に二人ともが相手を誘惑する。

679 : 今日はここまで。流石に四回連続で新艦娘だったので、次回は確定で再催眠にします。 - 2017/11/08 22:26:16.01 G7+mV5Jk0 412/573

白露「はぁ……/// はぁっ、ん……/// ねーぇ……どぉ? シない?///」キュゥンッ

白露(なっ!? なんでっ!? なんで体が言う事っ、きかないのっ!? なんでっ!?)

時雨「ふぅーっ/// ふぅうーっ/// 僕たち、二人で……安く、するから/// ね?///」キュンッキュンッ

時雨(な、なんてこと……してるんだ、僕たち……!/// こ、こんな淫売、みたいな真似、したくないのにっ……体が、勝手に!)

日暮れとはいえ、まだ日も出ているさなか、二人の少女が男を誘惑する。

白露「なんだったらぁ……ここでシちゃう?/// ホテルのが、あったかい、けどぉ……いーよ、あたしも、んっ♡ まちきれない、っからぁ……///」

時雨「こんなとこで……したら、風邪ひいちゃうよ? でも僕たち……エッチで頭いっぱいの、お馬鹿さんだから、それでもいいんだ……あはっ///」

白露時雨「「どうする?」」

男の正体>>↓2
1、さえないオッサン
2、チャラ男
3、変装した提督

681 : 以下、名... - 2017/11/08 22:27:38.29 DcbJivwQO 413/573

1

688 : 以下、名... - 2017/11/09 22:03:44.26 Hvb2JxIS0 414/573

さえないオッサン(以下、男)(な、なんだ? 一体なんだ? 新手の美人局か!?)

白露「ねーぇ? どうするの? あたしたちと、えっち♡ シたくないのぉ?」スリスリ

時雨「んっ、我慢はいけないよ……? ほら、ここもこんなパンパンに張ってる……///」スリスリ

(ああ! でも、でもこんなカワイイ娘になら……騙されてもいい! どうせ出会いなんてないんだ……ならいっそ……)

「わ、わかった……じゃ、じゃあホテルに行こうか……?」

白露「えへへ、やったぁ……じゃ、いこ?」

時雨「ふふっ、ちゃんとエスコートしてね?」

二人が男の両手に抱きつく。まさに両手に花といった風だ。これから散らされるといった意味合いでも。

689 : 以下、名... - 2017/11/09 22:15:33.62 Hvb2JxIS0 415/573

白露(あぁ……なっ、なんであたし、こんなこと……ホ、ホテルなんか、来たくないのにぃ……)

時雨(ま、まさか……ほんとに、こんなおじさんと……せっくす、するんじゃ……)

「そ、それにしても、こんな売春まがいのことするなんて……ふたりは、その、お金にでも困ってるの?」

時雨「うん? うふふ、気になるのかい? そんなこと気にしなくても、ちょっとお金をくれれば、たくさん気持ちよくしてあげるからね♡」

白露(しっ、時雨!? なに言ってるの!? 本気!?)

白露「うんっ♡ ちょっと、お金が欲しくて……これくらいで、どうかな?///」

時雨(そ、そんな……姉さん……失望したよ、そんな、真似をするなんて……)

「そ、そんな安くていいのかい?」

白露「うんっ、言ったでしょ? お金は確かに欲しいけどぉ♡」

時雨「僕たち、エッチしたいだけの、頭スカスカの女の子だから……♡」

690 : 以下、名... - 2017/11/09 22:26:41.20 Hvb2JxIS0 416/573

ホテル――

時雨「へぇ……ホテルって中はこんな風になってるんだ……さて、と」シュルシュル

白露「さっそくだけど、シちゃおっか? はい、おにぃさんも脱いで脱いでー」シュルシュル

白露も時雨も、他の駆逐艦と比較すれば肉付きは良い方だ。豊満な胸元、くびれた腹部、丸みと角張りが混在する臀部。まさに思春期真っ盛りの少女の肢体。

シミも汚れも一切ない、純潔の肌の上には下着のみが残り、それすらも見せつける様に徐々に肌蹴させていく。

「おぉっ……!? そ、そうだ、そんな無理してお兄さんなんて言わなくてもいいよ、もうそんな年じゃないんだし」

白露「そぉ? お兄さん、若くてかっこいいのにぃ……♡」

時雨「でも、もし気になるなら他の呼び方にしようか……そうだね、おじさま、とか?」

白露「おっ、それいい! おじさまでけって~い!」

691 : 以下、名... - 2017/11/09 22:41:45.04 Hvb2JxIS0 417/573

白露「おじさまのここも随分期待してるみたい……つんつんっ」

白露(うっげぇ……なに、この……なにこの、グロいの、触りたくないし、変な臭いするんだけど……)

「ふぉお!? し、白露ちゃん、そんなふうに突かれると、敏感だから……っ」

時雨「ふふっ、かわいいね、つんつんっ、ふぅーっ……ふぅーっ♡」

時雨(うぅ……っ、お、男の人のここって、こんな気持ち悪いんだ……っ? い、いやっ、な、なんで僕、顔近づけて、口なんかあけて……ま、まさかっ!?)

時雨「じゃあおじ様? あなたのおち○ちん、舐めちゃうね、ちゅっ♡ れろっ」

時雨(やっ、やだっ! いやだっ! こんなのなめたくない! 助けてっ! 助けて姉さん! 白露姉さん!)

白露「あっ、時雨! ずっる~い! あたしも、舐めちゃうんだから……ぺろぺろ、はむっ♡」

白露(いやあああああああっ!! なんで、からだっ! いうこと聞かないのっ!!? いやっ、やめて!! こんなっ、こんなあ!)

時雨(あ、ああ……ね、えさん、まで……)

692 : 以下、名... - 2017/11/09 22:52:35.13 Hvb2JxIS0 418/573

「うああ……っ! な、なんだこれ……おおっ! あったかくて、ぬるぬる、してる……!」

二人の絶望など露程も知らず、二人の口淫に善がる男。男なら誰であろうと反り返ったイチモツを一心不乱に舐められればこうなるのも仕方ないが。

白露「ちゅぅ……ちゅぽっ♡ ちゅぽっ♡ ちゅっぽっ♡ んちゅっ、ちゅぱっ♡ ちゅちゅっ……ちゅぷっ♡」

時雨「れろれろ……っ♡ れろぉ、れる♡ ぢゅる、あぁむっ……ぺろぺろ、れろぉ♡ えろ、えろっ♡ こ、くっ、れるぅ……♡」

白露「ちゅるっ、ちゅるるっ♡ ちゅぱっ、ちゅう♡ ちゅぽ、ちゅぽちゅぽっ♡ ちゅぷ、ん、ろぉ、ひもひいい? あたひの、きしゅ、きもひいい?」

時雨「れろ♡ れるるっ、れろぉ~っ♡ んぷ、ちゅ……ん、む、ふ♡ んぱっ、ぷっ♡ おち○ちんっ、ずいぶんと、れろっ♡ びんかんに、はんのうしてるね……♡」

二人の攻め方は対照的で、白露は唇でついばむように剛直を愛撫する。吸われるようなピンポイントな性感を刺激する。

対して時雨は舌全体を剛直に這わせて、舐めとる。ゆっくりと面にひろがる快感が脳髄を焦がす。

693 : 今日はここまで。グ○ブルからは逃げられない。 - 2017/11/09 23:13:47.36 Hvb2JxIS0 419/573

「はっ、はあ……いっ、いいよふたりとも……っ、こんなのっ、はじめてだぁ……!」

白露「ふふっ♡ ちゅぷっ、こしひけへるぅ……おじひゃま、ぢゅ♡ なっさけなぁ~い♡ ちゅっ、ぢゅぢゅっ♡ ちゅるぅ♡」

時雨「れぷ、ごくっ……ふぇろ、ぺろっ♡ でも、そんななさけないかおも、とっても、んるっ♡ かわいいよ、おじさま……♡」

白露「ちゅろっ、あむっ……ちゅっ、ちゅぱっちゅぱっ♡♡ びくびくっ、ふるえへるぅ……ちゅぅう♡ ぢゅっぷ、ぢゅぽっ♡ ぢゅっぽ♡」

時雨「はぁっ♡ すてきぃ♡ はぁむ、れろ……♡ んもっ、れるれるれるっ♡ ん、こ♡ おっきくへ、ぺろっ♡ ぺろっ♡ あつぅ……♡」

白露「んちゅっ、ぢゅ♡ おじひゃま、イっひゃう? ちゅるぅ、ちゅぷっ♡ イっひゃうのぉ? ぢゅぞぞぞっ♡」ピチャピチャ

時雨「んるるっ、ひぃよぉ♡ らひてぇ……せーえき、ぺろぉ、ぺろぺろっ♡ なまさせへぇ、ぴちゃぴちゃ♡」ペロペロ

「あぁっ! でっ、でるぅ……! うぐっ、おぉっ!!」

びゅ、びゅうっ♡ びゅっ♡

白露「ちゅっ♡ こくこくっ、ぢゅるるっ♡ のど、はりついてぇ♡」フルフル

時雨「いっぱひ、でてる……あつくて、こいのぉ……ぺろっ、はぁあ……っ♡」ビクビク

白露(くさいぃ……げぇ、ぎぼぢわるい……おぇっ、はきそう、さい、あくっ)

時雨(あっ……ぼく、しゃせい、させて……うぅ……にがい、の……)

696 : 遅れて申し訳ございません。グ○ブルから逃げれた - 2017/11/11 01:09:28.48 aO2KAz3D0 420/573

白露「あむっ、ちゅっ♡ あんっ、もぅ、もったい、なぁい♡ れりゅりゅっ、れるっ♡」

時雨「ぢゅっ、ずずっ♡ んぷっ、だめらよ、おじさま♡ こんなに、せいえき、まきちらしちゃ♡」

彼女たちの口に収まりきらなかった精液を、二人で丹念に舐めとる。陰毛、シーツ、果ては尿道の奥など、貪りつくすが如くだ。

時雨「ちゅ、づむっ♡ ふふ、白露姉さんの、肌にも、沢山おじさまの精液がついてるね……れるれる♡」

白露「ひゃんっ♡ やっ、もう♡ 時雨ったら、んんっ♡ くすぐったいよぉ♡ ふあっ、ひゃあんっ♡」

時雨「んちゅ、つぷ……ぺろぺろ♡ ふぁい、きれいに……なったよ……♡」

白露「あれあれぇ? ふふっ、でもおじさまのおち○ちんは、全然満足していない、みたいだけど……?」

時雨「ふふっ、期待、してるんだ……もっと、エッチなこと♡」

697 : 以下、名... - 2017/11/11 01:18:00.09 aO2KAz3D0 421/573

二人が耳元へ囁きかけるように、そう言う。耳元へかかる息が随分と艶めかしく、心地いい。

白露「んふふ、みみまで、真っ赤……♪ はぁ、む……ちゅっ、れりゅ♡ れろれぉ♡」

時雨「んぷ、あむっ♡ ぼくもぉ……んる♡ じゅるるる♡ ぢゅっ、ちゅぅう♡ ずぞぞっ♡」

「うああっ! だ、だめだふたりとも、そんな……みみ、なんてっ……!」

右から白露が、左からは時雨が、男の耳を舐める。耳たぶを甘く咀嚼し、耳輪に舌を這わせ、くぼんでいる耳珠の裏側を強く吸う。

びくんびくんと身悶える男と、それに合わせてだらしなく震える剛直。二人はそれを見てより一層の興奮を高める。

時雨「んぢゅ、ちゅっ♡ ちゅむっ、ぢゅるる♡ んっぷ、ぺろぺろ♡ おじひゃま、またイキたがってふ……♡」

白露「れぇろ、れろ♡ れろ♡ また、おち○ちん♡ がちがちにぼっきさせへ♡ ぢゅぅ、ぢゅぷ、ぴちゃぴちゃ♡ きもひよさほう♡」

698 : 以下、名... - 2017/11/11 01:29:02.76 aO2KAz3D0 422/573

白露「んぢゅる、んぢゅ、りゅ♡ れるる、れるるぅ♡ んぷ、おち○ちんになんか、さわっへもないのひ♡ おみみ、なめられはらけれ♡ んちゅっ、イっひゃいそうにっ、なるなんひぇ♡ んぢゅ♡ ぢゅぷっ♡ おじひゃま、ぢゅるぅ、ちゅっぷ♡ なさけなぁい…♡ ふふっ♡」

時雨「んろっ、れろ♡ ちゅぱっ♡ んぁ、いいん、らよぉ……♡ んるっ、んぽっ♡ きもひ、いいなら♡ いっぱいかんじへぇ♡ んまっ、おじひゃまが、かんじるとこりょ♡ ぼく、もっと、ちゅぷっ、ちゅうう♡ みひゃい、からぁ♡ んちゅっ、じゅぅるるっ♡ じゅぞぞぞっ♡」

「あぁ、だめっ……そんな、ささやきながらっ……みみ、なめられちゃ、あっ、ぐぅう……!」

白露「はぷっ♡ んちゅ♡ ちゅっ、ちゅうう♡ ちゅっ♡ ぢゅっ♡ ぢゅぱっ、ぢゅぽぢゅぽっ♡」

時雨「れりゅりゅ♡ れろっ、れろれろぉ♡ んこ、れる♡ んちゅっ、ちゅろっ♡」

白露「ぢゅぅ、れるる♡ れろっ、ぢゅるる♡ ぢゅぅ、れぽっ♡」

時雨「ちゅるる、ちゅぅ……んふっ、はぁむ♡ ちゅっ、ふぅーっ、ふぅーっ♡」

「あっ……はぁ、がっ……だ、っだめっ、だぁ……き、きもち、いいのに……しゃせい、できなっ、あがっ……!」

白露「んん? あれ、ちゅっ♡ なんでだろ? こんなにおち○ちんから、我慢汁、でてるのに……?」

時雨「耳じゃ気持ちよくはなれても、刺激が足りないのかな……? ん、それじゃあ、こうしちゃおっかな……んっしょ」モゾモゾ

699 : 以下、名... - 2017/11/11 01:39:51.95 aO2KAz3D0 423/573

時雨が彼の下腹部へとまたがり、天を突かんとばかりの剛直を股にあてがう。

白露「あっ!? ずるいっ! しらつゆも、するぅ……そうだっ! ふふっ、あたしは、こっちを占領しちゃうもぉん♡」

白露は逆に、男の頭へとまたがり幾分か濡れているヴァギナを男の目の前にさらす。

「もごっ!? し、しらつゆちゃっ、なにを、もがっ!?」

白露「んっ、ふぅう……♡ おじさまぁ♡ ちゃんと、あたしのこと……いちばん、きもちよくしてねっ♡」

白露が男の顔へと股を擦り付け、腰を前後にグラインドさせる。まるで男の頭でオ○ニーをするように、自分本位な愛撫を始める。

白露「はぁあ……♡ おじ、さまのっ♡ はなと、おくちが……しら、つゆの、あそこ、こりこりって、んぁ♡ こすれて♡ ふぁ……んぃ♡ いぃ……これっ、いもちぃ♡」スリスリ

時雨「んっ、じゃあ、僕もっ♡ はじめよっ、かな……んっ♡」

時雨はそそり立つ剛直に腰を下ろし、そのまま蜜壺に咥えこむかと思ったら、そうはせず、俗にいう素股の様に秘所と剛直をすり合わせる。

時雨「ん♡ あつ♡ いっ♡ んぁ……ふふっ、いれられるって思った? 残念だったね? おじさま?」

時雨「おち○ちんをおま○こに入れるのは、もっと後♡ んっ……はんっ♡ おじさまのっ、おち○ちんが、もっとびんかんになって……っ♡ もっときもちよく、なれるじゅんびが、できたらっ♡ あっ、かたぁい……♡ そのときに、いれてあげるから、ね?」スリスリ

701 : 以下、名... - 2017/11/11 02:06:31.63 aO2KAz3D0 424/573

すりっ♡ すりっ♡ すりすりっ♡ しゅこっ、しゅっ♡ しゅっしゅっ♡

ぬちょっ、ちゅ♡ ぬちゅっ♡ ぬちっ♡ ぬちゅっ♡ ぬちっ♡ ぬりゅるぅ……♡♡

二人の少女が一人の男にまたがり陰部を擦りつける。一番敏感なところを、互いに擦りつけあう。

時雨「あぁっ♡ あついぃ♡ かたいよぉ♡ ん、ふ♡ あんっ♡ あ♡ ひんっ♡ おじさまのっ♡ おち○ちんっ♡ ごつごつっ♡ ってぇ♡ かたちっ、あっはぁ♡ わかるのっ♡ すごいっ♡ ひあ♡ はああ♡」

時雨(いやだっ、いやだぁ!! こんなはずかしいことなんかっ! したくない! したくないのにっ! やめてっ! とまってよ! おねがい! やめてよぉ!!)

白露「あっ、ん……♡ ひあ……あそこと、おしり♡ こすれて、はぁあ♡ あは、んっ♡ んぅ♡ おじさまのっ、おかお♡ でこぼこして♡ あぁあ♡ きもちいい♡ しあわへぇ……♡」

白露(もういやぁ! なんでっ!? なんでこんなことしなきゃいけないの!? むりっ、もうこんなまねっ、したくない! いうこときいて! おねがい! あたしのからだ、いうこと聞いてえ!)

「んご、もがっ! ぐっ、しらつゆちゃ、はげし……べろっ、べろべろ!」

男としては、息をするためにもがいたに過ぎない。舌でもなんでも使って、この臀部をどうにか退かしたかっただけだった。

白露「ひゃぁあ♡ あ、っひ♡ あんっ、あ♡ おじさまっ、ああ♡ したぁっ♡ ひんっ、へあ♡ ふぅあ♡ した、だめっ♡ はげしっ、なめちゃ♡ ああんっ♡ 感じちゃうぅっ♡」

702 : >>700 忘れてないですよ、安心してください - 2017/11/11 02:22:51.25 aO2KAz3D0 425/573

時雨「んぁ、はんっ♡ うぁあ♡ こ、こしがっ♡ あぁ♡ ひけてっ、んう♡ こすってる、だけっ♡ なのにっ、すごひっ♡ おち○ちんっ♡ すごいぃっ♡♡」

白露「ひゃっ、ああ♡ あっ……ふああっ♡♡ だめっ、そこだめっ♡ びんかんなのっ♡ おまめっ、びんかんっ♡ だからぁっ♡ ひゃっ、ああんっ♡」

時雨「すごぃ……すごいぃ……♡ こしがっ、こしっ♡ とまらないっ♡ ひへっ、さっき、までぇ♡ おじっ、さまも、こんな、きもち♡ だったんだぁ……ふぁあ♡」

白露「う、くぅうん♡ あっ、ひ♡ ひゃ、ひゃっき、ばかにしへ♡ ごめんなさっ♡ ひいい♡ こんなの、たえられなっ♡ たえられな、いよね♡ こんな、きもちぃ♡ むりだっ、むりだよぉっ♡♡」

三人とも、汗とも愛液とももはや判断がつかないほどに、濡れて、蜜にまみれてる。

擦りつけるのが気持ちいい、舐められるのが気持ちいい。それが本意でなくても、体は敏感に反応してしまう。

703 : 以下、名... - 2017/11/11 02:30:52.84 aO2KAz3D0 426/573

白露(だめぇっ……とまって、とまってぇえ! あたまが、おかしく、なるっ! あたまの、なかが……きもちいいので、いっぱいになっちゃう、からぁ!)

時雨(これいじょう、きもちよくなっちゃ、だめっ、なのに……とまらないっ、とめられないっ……ひきずり、こまれるぅ……!)

「もごごっ、もが、ふがっ! ぷふっ、あっ! だめっ、だぁ……! でるっ、さっきより、こいのがっ、あついのがっ……ぐ、ああっ、でるぅ……!」

時雨「びくんっ、びくっ♡ びくっ♡ って、ぇえ♡ みゃく、うってる、ぅうん♡ おじさま、また、イくの? イっちゃ、ぁ♡ うんっ、だね? うぁあっ♡」

白露「ひっ、きゃうんっ♡ ああんっ♡ したっ、ああ♡ そんなっ、そんなぁあ♡ そんなしちゃ♡ あた、あらひも、イくっ♡ イくよぉ♡ イっひゃううっ♡」

全身が弛緩する、考えられるのは気持ちいい事だけ、出来る事は腰を動かすだけ。

時雨「ぼくも、あぁあ♡ だめだっ、むりぃいっ♡ たえられなっ、おち○ちん、こするだけなのにっ♡ イくっ、ぼくも、あぁ♡ イくぅうう♡♡」ガクガク

白露「あっ! ああ、あひっ♡ やぁああ~~っ♡」ビクンビクン

びゅぅうーっ♡ びゅくっ、びゅくっ♡ びゅっ、びゅるるるる♡

ぷしゃ、ぷしっ♡ しょわわわわぁ……♡ じわっ、ちょろろっ♡♡

三人がそれぞれ違う快楽の蜜を飛ばす。白く汚濁の精液、透明な恥辱の潮吹き。

とても人には見せられない、恥ずかしい印を存分に記しあう。

704 : 以下、名... - 2017/11/11 02:38:14.19 aO2KAz3D0 427/573

白露「ふわ、あ……♡ ひんっ♡ はぁあ♡」カクカク

時雨「……っ♡♡ ひゃ、ひゃめっ……ん♡」ビクビク

二人は男の体から崩れ落ち、ベッドへ横たわる。

「ふぅうーっ、ぐ、んん……ふぅーっ! ふぅーっ!」ギンギンッ

意外にも一番最初に復活したのは男の方だった。最高潮に高まった興奮と、二人の少女が快楽に崩れる瞬間に抱いた劣情が、とうとう彼の理性を砕いた。

「ふ、んっ!」グイッ

時雨「うぁあっ、ひぎぅ……♡」

白露「あぐっ♡ んや、あっ♡」

時雨をつかみあげ、横たわってる白露の上に覆いかぶせる。

「ふふふ……ここまでしたんだ、も、もちろん……さいごまで、して、いいんだよね? ……ひひひ」

705 : 今日はここまで。明日白露時雨編、完結予定です。 - 2017/11/11 02:55:54.53 aO2KAz3D0 428/573

白露「あっ♡♡ ふぁあ……♡ はぁっ♡ はぁっ♡ はっ、ん……♡」ジィ

時雨「んっ……♡♡ ごくっ♡ ふ、ぅう♡ ぅん、ふぅ♡ ふぅ♡」ジーッ

二人とも、男の剛直から目を離せていない。左右に、上下に振れる度、同様に視線が泳ぐ。

白露(あ、ああ……♡ なんで、なんで、あんなっ、知らない人のから、目が、離せないの……?)

時雨(からだが、おかしく、なってる……ほしがってる……いやな、はずなのに……ぼく、もう……♡)

♡を浮かべた瞳の奥では、ただひたすらに拒絶と混乱、ほんの少しの期待が入り混じり、今か今かと待ちわびている。

「ヒヒ、じゃあさっきは優しくしてくれたし……時雨ちゃんの方から、いれてあげようかなぁ?」

時雨「はぁあっ、うれしっ♡ うれしいっ♡ はやっ、はやくっ♡ おじさまっ♡ はやくぅ♡♡」

時雨(なに、言って……いやだ……いやだ! いやだよ! こんなの嫌に決まってるじゃないか! うごいて! なんでもいいから! うごいてよ! にげさせて!)

白露「えっ、えぇえ……!? なんでぇ、おじさまっ♡ あたしだって、シたい! シたいのにぃ……!」

「ふふ、情けない男のちんこなんて、白露ちゃんは欲しくないだろぉ?」

白露「だ、だって、あれは、おじさまのこと、かわいがってただけで、ちがうもん!」

時雨(なんで、なんで……妹の、貞操の危機なのに……なんで、ねえさんは、ぼくに……みむきも、しないの……?)

時雨の中で、白露への義憤と失望が肥大化する。同時に、快楽への期待も。


707 : ちまちま更新していきます。 - 2017/11/11 22:41:35.09 aO2KAz3D0 429/573

「おっとそうだそうだ、ゴムをつけておかないと……」

時雨「いっ、いいからっ♡ そんなのつけなくていいっ♡ はやくっ♡ はやくしてっ♡ おじさまぁっ♡」

「えっ? そ、それじゃ、妊娠しちゃうかもしれないよ?」

時雨「いいっ、いいからっ♡ おじさまのこどもっ、うむからっ♡ なまっ♡ なまがいいのっ♡ なまおち○ちんっ♡ はやくっ、はやくいれてぇ♡」

「ふ、ふっひひ……いやぁ、エッチだなぁ、時雨ちゃん……こんなエッチな娘にはちゃんとおしおきしてあげないと、ねっ!」

じゅっ、ずぷぷぷぷぷぅ……♡

時雨(やだっ! やだやだやだやだっ!! いやいやっ、イヤだいやだやめてやめてたすけて誰かたすけてだれかぁ! ねえさんっ! 夕立っ! 提督! だれでもいいからっ、だれかぁっ!)

時雨「ほぉっ、おぉおっ♡ は、あっ♡ はいって、んぉ♡ くりゅう……♡♡」

白露「あぁっ!? ……もぅっ、いいなぁ……しぐれぇ……♡」

708 : 以下、名... - 2017/11/11 22:58:00.36 aO2KAz3D0 430/573

時雨「んぎゅっ、はぁぅっ♡ あ゛あ゛っ♡ すごっ、いぃい♡ おっ、ほぉお♡ へぁっ♡ いひぃ……♡」

膣内の肉を剛直が掻き分けて、奥へ奥へと侵入していく。時雨の膣は剛直を搾り取るように締め付けるものの、決して嫌がりはしない

「おぉおっ……! なんだこれっ、時雨ちゃんのっ、膣内……あっ、おおっ!」ヘコッヘコッ

時雨「ひひゃっ、ふっ♡ はぁあ♡ う、んんぅ♡ ……ふぐっ、うぁ♡ おじ、しゃまぁ……♡ おじひゃまっ、もっと♡ もっと、らんぼうに、しへっ♡ しへくりゃひゃいっ♡ いぃんっ♡」

時雨「ああっ♡ はああぁ♡ うぅ、ひんっ♡ あぁっ、んぉ♡ え゛っ、うふっ♡ おっ♡ ほぉお♡」

時雨「あひぃんっ♡♡ ふぁっ、あっ♡ しゅ、すてきっ♡ さいこ、ぉお゛っ♡ おじっ、おじしゃっ♡ まぁあ♡ おじしゃまっ、おち○ちんっ♡ きもちぃい♡ きもちいいよぉ♡」

ぐぽっ、ぐぷっ♡ ぱんっ♡ ぱんっ♡ ぱんっ♡

剛直を膣奥へと叩きつける度に、時雨の尻肉がふるんっと波打つ。

709 : 以下、名... - 2017/11/11 23:29:52.48 aO2KAz3D0 431/573

時雨「はっ、へっ♡ ふへっ、んひっ♡ はぁんっ♡ んう゛ぅ♡ おっ…おんっ♡ おおお♡」

男の抽挿は決して上手いといえない。無我無痛で腰を叩きつけているだけの代物だ。

だが物の様に乱暴に扱われることの方が、時雨の被虐嗜好に火をつけ、昂ぶらせていく。

時雨「あっ、うぁっ♡ すきっ、おじさまっ♡ すきっ、すきだよぉ♡ こん、んぁ♡ あぁあ……ぼくの、おま○こっ♡ よろこんで♡ はぁあっ♡」

時雨(あぁあっ……! おわって、はやくっ、おわってぇ……こんなもう、いやだっ……いやだよぉ……!)

時雨「ひぃ、ひぃいっ♡ こすれるっ、ひっか、かれへ♡ おま○こっ……これっ、うぁあ♡ かんじるっ、かんじすぎちゃ♡ イくっ、ああこれっ♡ イくぅううっ♡」

「うぁ……だめだっ、これ……もたないぃ……っ!」

ぬぼっ、ぶ……ぼたぼた……♡

時雨「う、あ、あっ♡ なんっ、で……ぬい、てぇ……♡」

710 : 以下、名... - 2017/11/11 23:52:26.74 aO2KAz3D0 432/573

「はぁっ……はぁっ、うぐっ……はぁっ」

(危なかった、ヤバイ……こんな、骨の髄まで、搾り取られそうになるなんて……体がもたないぞ)

時雨「やぁあ……っ♡ ぬかないでっ♡ おま○こすかすかなのっ♡ う、んんっ♡ なかっ、たりないっ♡ いれてっ♡ いれてぇ♡」

男からすれば、搾り取られそうになった所から逃れただけなのだが、時雨からすればお預けを喰らった形に等しい。

時雨「うんぁ……んひっ♡ はぁーっ♡ んぁあ♡ おねっ、おねがっ、いぃ♡ おねがいしますぅ♡」ヘコヘコ

白露「ずるっ、ずるいよぉ♡ いっぱい、シてもらったでしょ、つぎっ♡ つぎあたしっ♡ いいこで、まってたんだからっ♡ おじさまっ♡ ねぇ、おねがいぃい♡」

白露(なんでっ、おもってもないっ、こと、いっちゃうのぉ!? いれないで! うごけっ! 動いてよあたしの体っ! うごいてぇえっ!!)

「あっ、あぁ、次はそうだね……白露ちゃんの方で」

白露「いひひっ、やったぁ……♡」

時雨「うぁ……あっ、やだっ、ぼくにっ♡ ぼくにいれてよぉ……♡」

時雨(も、わからなっ……なにが、なにを……ほしがって、して、ほし……のか、わからな、い……)

711 : 以下、名... - 2017/11/12 00:12:07.47 t7ihM0hr0 433/573

ずっ♡ ぐぶぶっ……ずにゅにゅ、ぬぷぷ♡

待ちぼうけをくらって、焦らされていたせいか白露の膣内は時雨のそれよりぐちゅぐちゅに濡れていた。

白露「んぅっ♡ あはっ、おち○ちんっ♡ はいって、きてるっ♡ あぁっ、はやくっ♡ おくまでっ、ズンってぇ♡ はやくぅ♡」

「ぐぅ……わかって、いたけど……白露ちゃんの、中も、おおおぉっ! こしが、ぬける……ぅっ!」

白露「あっ……すごぅ♡ みちみちって、あたしのなかっ♡ つまってるぅ……♡ かたくてっ、あつくてぇ、あっ、これっ♡ すきぃ♡ だいすきぃ♡♡」

白露(うああ……はいってる、しらない、ひとの……はいってる、あは、あはは……なに、して……あた、し……)

白露「いぃ、んっ♡ うごいて、なくてもっ♡ んっ、びくびくっ♡ みゃく、うってるぅ♡ あ、あんっ♡ うんんっ……っ♡」

白露「うゅ、んふっ……♡ きもちぃ? おじ、さまっ♡ しらつゆのぉ、おなかっ、なかっ♡ きもちぃい? おじさまぁ♡」キュンキュンッ

腹部に力を込めて、膣を締める。それに反応して、男があえぐ。

「うぐっ、おぉっ……おっ、おっ、おっ……おおっ!」

712 : 以下、名... - 2017/11/12 00:41:57.13 t7ihM0hr0 434/573

「くそっ、こっちだって、やられっぱなしじゃ……ふんっ!」

白露「ああっ♡ はんっ、ひいあっ♡ んあ゛ぁ……あっ、はひっ♡ すごっ、おくがっ、つかえ、つかれるぅ♡ あたしの、おんなのこっ♡ つぶされちゃうぅ♡♡ うぅんっ♡」

ぐぼっ、ごぼちゅっ♡ ぱんっ、ぱんっ♡ ばちゅっ、ばちゅるっ♡ ぱちゅっ♡

白露「んんっ♡ んうっ、はぁっ♡ ひあ♡ あ゛あ゛あ゛っ♡ おじさまっ、おじさまぁっ♡ もっと、もっとぉ、らんぼうに♡ あっ、ああい゛っ♡ いひぃ♡」

白露「すごいっ、すごいいっ♡ しらないっ、こんなっ、っ♡ こんなっ♡ おち○ちんっ♡ すごっ、なんてぇ♡ あっ、あっ♡ ふぁあ♡ しらないぃ♡ ……っ♡♡」

白露(いやっ、なのにっ……こんなっ、からだっ、さかれてっ! かきわけられてっ、すきにされてっ……! いやっ、なのにっ、どうしてっ、どうしてぇ! だれかっ、だれかっ!)

白露「ふぅう゛♡ うぅんっ♡ ごちゅごちゅっ♡ ってぇえ♡ んぐっ、お゛っ♡ あばれてるのっ♡ うああっ♡ あばれてるのっ、しゅきっ♡ 手記なのっ、これ♡」

時雨(あっ、あぁ……しらつゆ、ねえさん……こんな、えっちな、かお……ぼくにみられてるのに、そんなに、すきなの……?)

白露(いやっ、いやだっ、しぐれっ、みなっ、いでぇ……あたし、みられてっ……あぁやだぁ、やだぁ、たすけて……たすけてぇ……)

二人とも本心では拒絶しているのに、体は男を受け入れていく。

どんどん快楽の泥沼にはまっていき、助けを求めるも、決してかなわず裏切られ続ける。

713 : 以下、名... - 2017/11/12 00:56:27.76 t7ihM0hr0 435/573

白露「んぁっ、あぐっ♡ あっ、あつくっ♡ おっきく、なって♡ でるっ、でちゃうの? おじさまっ、イくっ♡ あたしもっ、ふぁあ♡ イくっ♡ イッ茶、ひぃんっ♡」

「うああ、これ……ああもう、だめだっ……! ぐっ、ううっ!」

びゅっ、びゅぴゅっ♡ びゅるるっ、びゅううーっ♡♡

白露「あお゛お゛っ♡♡ イぐっ、くっ♡ ふ、おっ、おぉお~っ♡ えっへあ~~っ♡♡ あぁ~っ♡♡」ガクガクッ

白露「せっ、せぇしっ♡ うあっ、あひ♡ せーしぃ♡ なかでっ、ああっ、ぴゅぅって、はひっ♡ そそがれ、んふっ……えひぅ、いんっ……っ♡」

白露(だされた……だされ、ちゃった……あははは……あたし、どうして……こんな、こと)

ぬぶっ、ぬっ、ぽぉ……ぼたぅ♡ ぼたっ、ぼたぼたっ♡

時雨「あっ、つぎっ♡ つぎぼくっ、ぼくのばんっ♡ はやくっ、はやくしてっ♡ も、げんかいっ、じらすの、もっ、むりっ♡ むりだからっ♡」

「あ、っう……しぐれ、ちゃんのっ……おま○こ、すいついてきてっ……うぅ!」

息もつく暇もなく、男根を受け入れようと時雨が腰を上げて自らあてがう。

714 : 以下、名... - 2017/11/12 01:11:54.46 t7ihM0hr0 436/573

時雨「いぃ、んんっ♡ あついっ、あついのっ、すきっ♡ おじさまっ、はやくっ、ぼくのおま○こっ♡ ぼくにもっ、はあっ、はぁん♡ ちょうだいっ、ちょうだいぃ♡」

「わかった、わかったっ、からっ……しぐれちゃ、ちょっとまって……あ゛!」

男の体力が、男根の屹立より早く尽きようとしていても、時雨は貪欲に貪ろうと剛直を受け入れる。

時雨「うああっ♡♡ はぁあっ、はあっ♡ すごっ、じらされ、った……っからぁ、さっき、よりも……ひんっ、おじさまの、ことっ、かんじるっ♡ うぅんっ♡」

時雨「ためっ、らめぇ♡ ぼくっ、ああ♡ ぼくむりっ♡ こらえ、らんなっ♡ いよおおっ♡ おぉんっ、ほぉ♡ きもちいいとこっ♡ ぐぐんっ♡ つかれちゃ♡ あたまっ、あぁっ♡ とんじゃうっ、とんじゃっ、はっへ♡」

時雨「おじさまっ♡ おじさまっ、すき♡ おじさますきっ♡ おぐっ、んは♡ ひぃお♡ おじしゃまの、おちんちっ♡ ぼく、しゅきっ♡ お゛お゛んっ♡♡」

白露「あ、っひ、ひ、ひぐ、ひぐれぇ……あむっ、ちゅっ♡ ちゅぅ、じゅるる♡ んぐ、ごきゅ♡ ぢゅぷっ、ぢゅ♡」

時雨「ちゅもっ、もぷ♡ んぽっ、ふぉお♡ ふぉもっ、ほひっ、ひはぁっ♡ ね、ねぇひゃんっ、きしゅ……あむっ、ちゅっ♡ んふぅ、ううっ♡」

「うあっ、ふ、ふたりとも……そんな、えっちな、きすして……!」

715 : 以下、名... - 2017/11/12 01:25:04.04 t7ihM0hr0 437/573

ごちゅっ♡ ばちゅっ♡ ばちゅっ、ぱちゅぱちゅぱちゅっ♡

時雨「おも、ふごっ♡ ほふっ、んきゅ♡ んぢゅるるっ♡ ……っ♡♡ ……っほぉ♡ ひっ、はへっ、んくっ……ああっ♡♡」

白露(え、へへ……も、どうでも、いいやぁ……ゆめ、そう、ゆめだよ、こんなの……ゆめだからぁ……♡)

時雨(いき、できなっ……しまい、どうしで……きすしてっ、いくなんて、いやっ、いやぁ……)

何も考えられないくらい時雨は追い詰められて、脳内は快楽だけで染まっていく。

いやらしくキスをして、誰にも見せた事のない痴態をさらしていく。

白露「はむっ、ちゅっ♡ ちゅう、ちゅうっ♡ ちゅぱっ、ちゅる、ぢゅぢゅっ♡ ぴちゃぴちゃぁ♡」

時雨「ふぎゅっ♡ おふっ、ふぅ、うんっ♡ へひっ、ひ、っく……イっく、ぅう♡ おっ、えひぃ♡♡」

「っ……! ぐっ、ふ……ぅ、おぉ……!!」

ぴゅっ……ぴゅぷっ、びゅ……♡

時雨「はぐっ、ぷっ……へはっ♡ あっ、せえし♡ からうち、してぇ……はぁ、はぁっ♡ んぁ♡ あぁ……っ♡ っ♡♡」ビクビク

自分の膣内に射精された幻想でも見たのか、実際に注がれていなくても時雨は果ててしまう。

716 : 以下、名... - 2017/11/12 01:34:07.35 t7ihM0hr0 438/573

時雨「いひぃーっ♡ ひんっ、うっ、ふぅう……♡」カクカクカクッ

白露「ちゅっ、ちゅっ♡ あっ、しぐれぇ……イっちゃったぁ♡ あはっ……じゃ、つぎ……あたしぃ……♡」

「まっ、ちょっ……まってくれっ、はぁ、はぁ……もっ、限界でっ、でなっ……うぁあ!」

白露「えぇ……♡ で、もぉ、おじさまの、おち○ちんぅ♡ こんな、まだ、んんっ♡ おっき、してぇ……♡」

時雨「ぼくっ、ぼくもぉ……しゃせ、してぇ……しゃせい、してよぉ♡ しゃせいで、イきたいっ♡ おじさまの、せえしで♡ イきたいぃ……♡」

白露「おじさまっ♡ おじさまぁあ……♡ おち○ちんっ♡ おち○ちんっ、ちょうらぁい……っ♡」ヘコヘコ

時雨「ぼく、たちっ……がんばる、からぁ♡♡ えっち、したいのっ♡」キュンキュン

「ひ、ひぃい……っ、わかっ、わかったからっ! 金ならっ、金なら好きなだけ払うからっ、も、やめっ、あ゛あ゛ア゛!」

717 : 以下、名... - 2017/11/12 01:44:44.24 t7ihM0hr0 439/573

白露「ちゅぅ、ちゅぢゅっ♡ ぢゅう、ぢゅるるっ♡ おじひゃまっ……ぢゅむっ、ぢゅ……ちゅぱっ、ちゅぱ♡♡ おきへ……♡ あむ、ちゅるる、ぢゅるうう♡」チュウチュウ

時雨「あぇむっ……ちゅれろっ、ちゅ♡ れろれろっ、れろぉ♡ るるっ、せえひ……おいひっ♡ おいひぃ……♡ んぢゅ、ぢゅぷっ♡ んぐぐ……♡ せえし、もっとぉ……♡」ペロペロ

精液にまみれた全裸の少女が懸命に奉仕を続ける。

「」

完全に果てて、意識のない男の男根を二人して貪る。

屹立するどころか、萎えきってふにゃふにゃのイチモツをまたどうにかして勃たせようとするが……。

白露「んんっ、ちゅぅ……んむっ、ちゅぢゅ……♡ おじさまぁ……ちゅぅ、ちゅぽっ♡」

時雨「んぷっ、んれろっ……おじさま、もう……できないの、かな……れろれろ♡」

「も     ゆる  して……お゛」

白露「もぅ、おじさまのばか……♡」

時雨「んぢゅ、またこんど、たくさんシてね……♡」

719 : 以下、名... - 2017/11/12 01:53:25.22 t7ihM0hr0 440/573

「ぐ……ひ、ひどい目にあった……」

明らかに冴えなさそうな男がラブホテルから出てくる。頬をこけさせ、ひょこひょこと内股で歩いてくるのが滑稽だ。

「夢のようだったが、あそこまで性欲旺盛だと、とてもじゃないが体がもたん、うっ……」

目が覚めたらあの二人はすでに姿を消していた。財布の中身全部抜かれているんじゃないかと思ったが、以外にも約束した分のお金しか取られてなかった。

(まぁまぁ、体には随分と無理をさせてしまったが……いい思いができたと考えよう)

提督「やぁやぁ、そこの御仁。随分とご機嫌そうじゃないか?」

「は? だ、誰です、あんた……?」

思索にふけっていると急に知らない男が気さくそうに声をかけてくる。

提督「ん? いやぁ、随分とお楽しみみたいでしたなぁ、昨夜は。うちの艦娘と」

「……は? か、艦娘? な、なにが?」

提督「していたんでしょう? いやぁ、まいったまいった。一般男性との同衾とは、こんなこと世間にバレたら、大変でしょうなぁお互いに」

(な、何を言っているんだ、この男は……? 艦娘? さっきの、二人が?)

ひやりと変な汗が垂れてくる。

720 : 一応世界観的には艦娘は一般人でも存在は知ってます。余程のオタクか関係者なら個人別の認識もできます - 2017/11/12 01:59:53.39 t7ihM0hr0 441/573

「そ、そんなばかな……艦娘だなんてそんなことあるわけないでしょう! 大体なんだあんたは!」

提督「はい、身分証。昨夜同衾していたのは、この二人でしょう?」

「え? あっ、あぁ……!」

提督「まぁ、この際事実がどうとか関係なくてですね。要は艦娘が同衾を働いたという情報が、世間に漏れればどうなるかわかるでしょう?」

「ど、どうなるかって……ひっ、ひいい……!」

提督「最悪消されますね。嫌でしょう?」

「たっ、たすけてくれ!! わっ、わたしは! 私の意志ではない! たぶらかされたんだ! 私は悪くない!」

提督「えぇ、えぇ。わかっていますとも、なら少々取引をば……」

721 : 以下、名... - 2017/11/12 02:07:31.54 t7ihM0hr0 442/573

個人を特定するのに、だいぶ苦労したが、これでどうでもいい一般人との繋がりも獲れた。艦娘への催眠もより捗りそうだ。

こういう市井の民衆を使って艦娘を堕とすのも、悪くないだろう。足がつくからあんまり使いたくないが、時々なら。

提督「なぁ……二人とも?」

白露「……」ボー

時雨「……」ポケー

提督「おっとそうだそうだ、まだ催眠も解除していないんだった……そうだな」

結局この二人がどんな目に合っていたのか、全くわからないが心残りだが……それはそれだ。次へ向けて動いておこう。

提督「”二人とも、さっきまで怒っていた売春のとこは忘れろ。ただし、抱いた感情については忘れるな。何を感じていたのかは忘れてもいい、どう感じたのかは覚えていなさい”」

白露「は……い」ポー

時雨「ぅん……」ボケー

ふふふ、これで先ほどまでの情事と互いのエロい姿を度々思い出させれば、共堕ちさせるのに一役買うだろう。

提督「楽しみだなー」

722 : 読まれている方が多そうなら、次の安価とります。いないようなら、今日はここまでで - 2017/11/12 02:11:38.76 t7ihM0hr0 443/573

由良 好感度58 催眠進行度58

大鳳 好感度50 催眠進行度121(催眠堕ち)

千代田 好感度6 催眠進行度71

阿武隈 好感度78 催眠進行度88

霞 好感度89 催眠進行度188

神風 好感度96 催眠進行度114

電 好感度57 催眠進行度87

旗風 好感度8 催眠進行度52

衣笠 好感度30 催眠進行度86

清霜 好感度49 催眠進行度99

白露 好感度58 催眠進行度58+20=78

時雨 好感度46 催眠進行度46+20=66

<<催眠堕ち済み>>

舞風 好感度97 催眠堕ち済み


続き
提督「安価で艦娘にエロい事する」【4】

記事をツイートする 記事をはてブする