1 : 以下、5... - 2017/12/02(土) 11:17:01.29 QC8RVPA40 1/6

勇者「僧侶?」

町娘「女僧侶です。女僧侶は連れて行くと便利ですよ」

町娘「回復系呪文や補助系の呪文に長け、場合によっては攻撃系の呪文の使いこなしますよ」

勇者「なるほど。一考の価値ありだな」

町娘「他にも武器や防具も不自由しない程度のものは扱えますしね」

勇者「ふむふむ。ますますいいな」

町娘「その上、野宿の時には寂しくないように添い寝までしてくれるんですよ」

勇者「へ?」

元スレ
勇者「仲間は誰を連れて行くか」町娘「女僧侶がいいですよ」
http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1512181021/

4 : 以下、5... - 2017/12/02(土) 11:18:26.06 QC8RVPA40 2/6

勇者「そ、それはわからないだろうけど」

町娘「いえ、きっとしてくれますよ」

勇者「まぁいいや。君詳しいね。とても参考になる」

町娘「はい、女僧侶は素晴らしいですよ。終盤まで重宝すること間違いないです」

勇者「良ければ、他の仲間のお勧めも聞いてもいいかな?」

町娘「要りません」

勇者「へ?」

町娘「女僧侶以外の仲間は必要ありません」

勇者「・・・」

7 : 以下、5... - 2017/12/02(土) 11:20:51.55 QC8RVPA40 3/6

町娘「連れて行くのは女僧侶だけで、二人旅をするのが良いですよ」

勇者「そ、そうなんだ」

町娘「はい、そうです」

勇者「・・・」

町娘「・・・」

勇者「じゃ、じゃあ僕はもう行くから。色々ありがとう」

町娘「どちらに?」

勇者「この町の酒場にはたくさんの職業をした人が集っているみたいなんだ」

勇者「ますはそこに行ってみる事にするよ」

町娘「まぁ、偶然ですね。私も丁度そちらの方に用事があったんですよ」

12 : 以下、5... - 2017/12/02(土) 11:25:05.26 QC8RVPA40 4/6

町娘「ご一緒してもよろしいですか?」

勇者「うん、いいよ」

町娘「・・・」スタスタ

勇者「・・・」スタスタ

町娘「今日は暖かいですねー。絶好の旅立ち日和ですねー」

勇者「そうだね。じゃあ、僕はこの辺で」

町娘「あ、待ってください」

勇者「え?この先には例の酒場しかないはずだけど」

町娘「はい、存じております」

17 : 以下、5... - 2017/12/02(土) 11:29:14.40 QC8RVPA40 5/6

勇者「こんにちはー」

女店主「いらっしゃい。王様から話は伺っているよ」

勇者「話が早くて助かります」

女店主「ここには腕に覚えのあるやつが多い。じっくり考えていきな」

勇者「本当にたくさんいる。悩むな」

町娘「勇者様。女僧侶ですよ。女僧侶」ボソボソ

勇者「え?ああ、じゃあ僧侶はどんな人がいますか?」

町娘「はい、ご指名ありがとうございます」

勇者「へ?」

町娘「すぐに旅支度を整えてきます。しばしお待ちを」

勇者「何なんだ一体」

20 : 以下、5... - 2017/12/02(土) 11:33:33.95 QC8RVPA40 6/6

女店主「僧侶はあの子を連れて行くのかい?」

勇者「僧侶だったのか・・・・・・え、いや、それは。どうしようかな・・・」

勇者「とりあえず僧侶は保留で他の職業の仲」

女僧侶「お待たせしました!さぁ、いさ魔王討伐の旅へ参りましょう勇者様!」

勇者「ちょ、ちょっと待って!まだ他の仲間を選んでない!」

女僧侶「何を言っているんですか勇者様」

女僧侶「こうしている間にも魔王軍の侵略は着実に進んでいるのですよ?」

女僧侶「そんなことに時間を割いている余裕はありませんよ!」

勇者「そ、そんなことってこれは魔王討伐の肝心要で。引っ張らないで!」

女僧侶「二人きりの長き旅路の始まりです!」

おしまい

記事をツイートする 記事をはてブする