続き
【艦これ】川内「やっぱ夜はいいよね~」【安価・コンマ】(前編)

318 : ◆DbtGHHDsis - 2017/09/22 04:07:26.13 U08Kvk2DO 217/596

ぎっしぎっしぎっしぎっしぎっしぎっし!


川内「ふぁっあっイクっ♥イクイクイクぅっ♥」

鈴谷「……」

提督「おほぉうっ!締まってるっ…!」

川内「やぁぁんっ♥きてぇっ!しゃせー♥しゃせーっ♥」

提督「あぁおおぅッ!」


びくんっ!びくんっ!


鈴谷「……ッ!」

川内「はあぁぁッ!あぁんっ♥あはぁっ、あぁー♥」


がくがくっ、がくっ…


川内「あはぁ…あん…♥」

提督「ふふぅ…きもちい~」

鈴谷「あ…う…」

319 : ◆DbtGHHDsis - 2017/09/22 04:16:02.68 U08Kvk2DO 218/596

川内「はぁ、はぁ…♥」

提督「はぁ、はぁ…川内ちゃん、今日も激しかったねぇ」

川内「えへへ…♥おじさんも凄かったぁ♥」

鈴谷「……」

鈴谷(こ、この二人…いつもこんな…?)

鈴谷(話には聞いてたけど、こんな…やらしい…)


川内「へへ…次は鈴谷だね…♥」

鈴谷「え…えぇぇッ!?」

鈴谷「す、鈴谷はいいよ、うん…」


川内「……」

川内「うん、そうだね…」

鈴谷「えっ…」

320 : ◆DbtGHHDsis - 2017/09/22 04:24:12.03 U08Kvk2DO 219/596

川内「見てて思ったけど…鈴谷って経験ないでしょ?」

鈴谷「ぎくっ…」

川内「嫌がってるのを無理矢理ってのもアレだし」

川内「ゴメンね、私のアリバイ作りに付き合わせちゃって」

鈴谷「い、いや、別にいいけど…」


提督「……」

提督「興味はある…って感じなのかな?」

提督「かなり前のめりで見てた様子だったけど」

鈴谷「ふえぇっ!?」

321 : ◆DbtGHHDsis - 2017/09/22 04:44:53.06 U08Kvk2DO 220/596

提督「まあ、せっかく来てくれたんだし」

提督「最後まで…とは行かないでも、とっかかりぐらいはやってみてもいいかもよ?」

鈴谷「え…えっと…」

川内(とっかかりって何だろう?)

提督「あ、こんな汗と汁まみれじゃヤだよね、ちょっと待っててね」

提督「あの部屋の隅に、人ひとり入れるカプセルみたいの…あるでしょ?」

提督「あの中で…」


がちゃ、ぱたん


鈴谷「……?」


がちゃっ


提督「ふースッキリー」

鈴谷「わぁお!提督、ピッカピカじゃん!」

提督「明石ちゃん特製のシャワーカプセルだよ。どんな汚れも3秒でキレイに落とせる」

鈴谷「っへ~!おっもしろ~い!」

322 : ◆DbtGHHDsis - 2017/09/22 05:19:54.09 U08Kvk2DO 221/596

鈴谷「ねっねっ、鈴谷もシャワーカプセル使ってみていい?」

提督「いいよぉ」

提督「あ、カプセルに入るときは、服脱がなきゃだよ」

鈴谷「えっマジ!?」

提督「おじさん向こう向いてるから。バスタオルは中にあるよ」

鈴谷「う、うん…」


しゅる、ぱさ…
がちゃ…


提督「……」


がちゃっ!


鈴谷「ふうぅ~!変なミストの後にすごい風!」

鈴谷「でもスッキリ!マジすご~い!」

323 : ◆DbtGHHDsis - 2017/09/22 05:33:46.24 U08Kvk2DO 222/596

鈴谷「いや~サッパリ~えっへへ~」


どさっ、ぎしっ!


鈴谷「あ…」

鈴谷(し、しまった…)

鈴谷(つい楽しくなって、裸の提督の隣に座ってしまったぁ!)

鈴谷(や、提督、腰にバスタオル巻いてくれてるけど!)

川内「あ、私もシャワー浴びよっと」


すたすた、がちゃ
ぱたん…


鈴谷「……」


がちゃ


川内「ふい~!私もサッパリ~っと」

鈴谷「あ、ゴメン、鈴谷が先にシャワー浴びちゃって…って!?」

324 : ◆DbtGHHDsis - 2017/09/22 06:31:06.83 U08Kvk2DO 223/596

鈴谷「……」

鈴谷(て、提督の…こ、股間が…)

川内「おお~う、おじさんもっこり~♥」

提督「へっへへ…女の子二人が、お風呂上がりでいーい匂いさせてるからねぇ」

川内「せっかくシャワー浴びたのにぃ…ま~た汗だくになっちゃう~♥」

提督「ま、焦らずにだね」

提督「鈴谷ちゃん…タオルの上からなら大丈夫だろ?おじさんのに触ってごらんよ」

鈴谷「え…う…」


さわ…


提督「むっ…」


ぴくんっ!


鈴谷「ひゃわあぁっ!」

325 : ◆DbtGHHDsis - 2017/09/22 07:43:01.10 U08Kvk2DO 224/596

鈴谷「ちょっ、いきなり動き過ぎッ!」


むくむく…


鈴谷「うえぇ…しかも、おっきくなって…」

提督「包み隠さず言うとだね…」

鈴谷「な、なに…?」

提督「また精液チャージされてきたんだよね」

鈴谷「はあぁ!?」

川内「あっはははは!」


提督「まぁまぁ…今度は動かさないようにするから、上からサスサスしてよ?」

鈴谷「うぅ…わかった…」

326 : ◆DbtGHHDsis - 2017/09/22 08:02:37.25 U08Kvk2DO 225/596

さすさす…


鈴谷「うぅ…タオルの上からでも熱い…」

鈴谷「しかも、まだおっきくなってるぅ…」

鈴谷「つか、どんどん硬くなって…」


川内「う~ん…」

川内「えい」


ぐいっばさっ!

ぐにゅ


提督「おっふ」

鈴谷「あ」



川内「いったぁ~…鈴谷、今グーで殴ったよね?」

鈴谷「頭をゲンコツでね!」

鈴谷「うあぁ~、手に、なんかネットリしたの付いたぁ…」

327 : ◆DbtGHHDsis - 2017/09/22 08:18:52.05 U08Kvk2DO 226/596

川内「なんだよー、ちんちん直に触ったぐらいでぇ…」

川内「つーかさぁ」

川内「ちんちんって、手でしこしこしてナンボなんだしぃ…ねーおじさんー?」

提督「いやまぁ、最初からはキツいかなぁ~と」

川内「そりゃそうか。じゃ、後は私が…」


きゅっ…

にちゅっにちゅっにちゅっにちゅっにちゅっ…


提督「おぉッ!おっあっあっあっ」

川内「あぁ…♥先っぽからニュルニュル~♥」

鈴谷「わわ…川内の手がネトネトしてきた…」

328 : ◆DbtGHHDsis - 2017/09/22 08:41:17.78 U08Kvk2DO 227/596

提督「はぁっはぁっはぁっはぁっ」

提督「あっちょっ、出そう…」

川内「おっとぉ!ここでストップ!」


提督「ううぅ!ぐぅ…!…あぁ、ヤバかった…」

鈴谷「ちんちん、ピクピクしてる…」

川内「わぁ…手がヌルヌル…♥」

川内「ぺろっぺろっ…」

川内「んん…しょっぱい、匂いイカくさぁい♥」

鈴谷「な、舐めていいものなの…?」

川内「やだなぁ、毒じゃないんだし…」

川内「それよりさ、鈴谷」

川内「おじさん、もう少しでイッちゃうよ?」

鈴谷「え…あ、あぁ…」

川内「後は、鈴谷がしこしこして、おじさん射精させてあげなよ~♥」

鈴谷「えっ!鈴谷が?マジで!?」

329 : ◆DbtGHHDsis - 2017/09/22 08:51:19.67 U08Kvk2DO 228/596

提督「そうだね、おじさん、ここまできたら射精したいし」

提督「いっちょ、鈴谷ちゃんにお願いしようかなぁ」

鈴谷「え、あぅ…」

川内「ほれほれ!ヤッちゃえヤッちゃえ~♥」

鈴谷「も~…」


きゅっ…
ぬちゃあ…


鈴谷「うあぁ、あっついよぉ…」

鈴谷(熱くて、ヌルヌルでぇ、なんか匂いが強くなってるぅぅ…)

鈴谷(え、えっと、握ったまま上下に…?)


にちゅっにちゅっにちゅっにちゅっにちゅっ…


提督「あぁ~いい~」

鈴谷「やぁん…腰までカクカクしてるぅ…」

330 : ◆DbtGHHDsis - 2017/09/22 09:04:58.30 U08Kvk2DO 229/596

鈴谷(あ…でもすっごい…)

鈴谷(シャワーでキレイにしたっていっても、これで…)

鈴谷(川内と、せ、せ、せっ…してたんだよね)

鈴谷(川内、ずっと、気持ちいいって言ってたし…)

鈴谷(この硬くて熱いのをヌルヌルにして、鈴谷を…)


かあぁ…っ


提督「あっあっヤバっでるでるでるッ!」


びゅるびゅるびゅるっ!


鈴谷「うえっ!わあぁっ!」

提督「くあぁっ!止まらないぃぃっっ!」


どくっどくどくどくっ!


鈴谷「はわわ…」

鈴谷「鈴谷の手…白くて、ドロドロ…あつぅい…」

339 : ◆DbtGHHDsis - 2017/09/23 04:06:23.22 cWL/jTrDO 230/596

鈴谷「あ~びっくりしたぁ…いきなりなんだもん」

鈴谷「クンクン…う、タオルで拭いたのにぃ、匂う~」

川内「まぁまぁ、シャワー浴びればキレイになるんだからさ」

川内「とりあえず、男の人の射精のさせ方は分かったよね?」

鈴谷「ま、まぁ一応…分かりたくなかったけど」


川内「じゃあ次!男の人に気持ち良くしてもらう方法いってみよう!」

鈴谷「ええぇぇぇッ!?」


鈴谷「や、あの、さすがに…」

川内「あー、いーのいーの!見てるだけでさ!」

川内「へっへー!じゃあ、おじさん…♥」

提督「くふふ、川内ちゃん…自分が盛ってきただけじゃないの?」

川内「う。…ま、まぁいいじゃん!ほら、キス…♥」

340 : ◆DbtGHHDsis - 2017/09/23 05:28:10.56 cWL/jTrDO 231/596

川内「ん~♥ちゅむん、ふぅんっ♥むぽぉ、はむぅ、れろぉ♥」

川内「ちゅぱっ…バスタオルとっちゃお…♥」

鈴谷「わわっ、ハダカ…」


ちゅちゅ、ふもぉ♥れろぉれろぉ…ぷちゅ


川内「ぷは…ね、おじさん…ここぉ♥」


にちゅっちゅぷ、くちゅくちゅくちゅ…


川内「んふ~、おま○こいじってぇ♥」

341 : ◆DbtGHHDsis - 2017/09/23 06:11:57.04 cWL/jTrDO 232/596

提督「キスしながら自分で弄っちゃって、川内ちゃんはエッチだなぁ」

川内「へへ~♥でぇ、エッチなお汁でヌルヌルの手でぇ…♥」


にっちゅにっちゅにっちゅにっちゅにっちゅ!


提督「おっおっおっ!ヌルヌル気持ちいいっ!よ~し、おじさんも…」


ぬちゅくちゅくちゅ、ちゅぷちゅぷちゅぷっ!


川内「あっあっあっ♥らめっもっとぉ♥」


鈴谷「あ…あ…」


川内「あぁぁッ!も、もぉイクぅ!イクイクイクイクっっっ♥」


びくびくっびくん!びくんびくんっ!


川内「あー♥あー♥」

川内「はぁんっ♥イッちゃったぁ♥」

川内「おじさんキスしてぇ♥んんー♥んむぅ♥ちゅ…ちゅうぅ…♥」

342 : ◆DbtGHHDsis - 2017/09/23 06:35:50.41 cWL/jTrDO 233/596

鈴谷(川内、すごい…)

鈴谷(目が完全にトロけて、提督と…キ、キスして…よだれダラダラだよぉ…)

鈴谷(ハダカの川内、全身が紅潮しちゃってるし…)

鈴谷(あ…あぁ…)

提督「どう?鈴谷ちゃん」

鈴谷「ひゃいっ!?」

川内「あはぁ…鈴谷、顔まっ赤だぁ…♥」

鈴谷「や、あの…!」

提督「ふふ…鈴谷ちゃんもやってみる?」

提督「やってみてダメなら、やめればいいんだし」

鈴谷「あ…う…」


鈴谷「じゃ、じゃあ…ちょっとだけ…」

343 : ◆DbtGHHDsis - 2017/09/23 06:58:01.12 cWL/jTrDO 234/596

提督「バスタオルは巻いたままでいいからさぁ」

提督「背中から、おじさんにもたれ掛かって…」

鈴谷「う、うん…」


ぎし…


提督「そうそう」

提督「無理かもだけど、力抜いてリラックスしてね」

鈴谷(いや~ムリっしょ…)

鈴谷(提督…汗かいて、ホコホコしてモワモワしてるしぃ…)

鈴谷(こっちまであっつくなってきちゃうしぃ…)

鈴谷(ってか、お尻に硬いの当たってるしぃ…わわ…)

提督「お尻にナニが当たってるのはガマンしてね」

鈴谷「ふいぃッ!?」

鈴谷(か、考え読まれた…)

344 : ◆DbtGHHDsis - 2017/09/23 07:13:11.41 cWL/jTrDO 235/596

さわさわ…


鈴谷「ひゃうッ…」

提督「まずは肩あたりから…」

鈴谷「う…うん…」

提督「太ももあたりもね」

提督「お腹とかもね」

鈴谷「ふうっ…うぅん…」

鈴谷(ヤバ…くすぐったいよーな、ヘンな感じぃ…)

鈴谷(っていうか、提督の息が…耳に…)


提督「ん…そろそろ、胸いっていい?」

鈴谷「え…えっと…」

提督「バスタオルの上からだけどね」

鈴谷「ちょ、ちょっとだけだよ…」

345 : ◆DbtGHHDsis - 2017/09/23 07:26:28.53 cWL/jTrDO 236/596

ふわ…やわやわ…


鈴谷「あぅっん♥」

鈴谷(やだッ…この触り方…)

鈴谷(ヘン、ヘンだよぉッ!)


きゅっ…


鈴谷「ふっ、ふえぇ…」

鈴谷(な、なんか抱きしめ方が強くなってるぅ…)

鈴谷(あっあっ!胸だけじゃなくって、あちこち…)

鈴谷「はぁッ、はぁッ…♥」


提督「ねぇ、鈴谷ちゃん」

提督「バスタオル、取っていい?」

鈴谷「え、でもぉ…」

提督「ほら、雰囲気って大事じゃない?」

提督「モノは試しだよ、ほらぁ~」


ぱさ…

346 : ◆DbtGHHDsis - 2017/09/23 07:46:45.70 cWL/jTrDO 237/596

鈴谷「あぁんッ!やだぁ…♥」

提督「ふっふふ…」

提督「鈴谷ちゃんの身体、一気に熱くなったねぇ」

提督「足もモジモジしちゃってるし」

鈴谷「そ、そんな…やぁぁんっ!」


やわやわ…つつ…


鈴谷「あっあっ!んんっ♥」

鈴谷(じ、直に胸とか触られてッ!あ、あ…)

鈴谷(ダメぇっ!身体ピクピクしちゃうッ…)


するっ、にちゅっ…


提督「あっ、ゴメン」

鈴谷「ひゃあぁ!どこ触って…」

提督「まぁまぁ…川内ちゃんにもやってたことだし」

鈴谷「あ、そっか…で、でもぉ…」

提督「さすがに、あんなハードなことはダメだけどね」

提督「ゆ~っくりやるから…ね?」

鈴谷「う…や、優しく…して…」

356 : ◆DbtGHHDsis - 2017/09/24 04:15:33.01 H/8c95DDO 238/596

さわさわ…


鈴谷「ふぅっうっ…」


ちゅう…


鈴谷「ふあぁっ!」

提督「おっと…鈴谷ちゃん、うなじ敏感だね」


れろぉ~…


鈴谷「ひうっ!うぁっ!」

提督「う~む、鈴谷ちゃんの肌がじっとりしてきたねぇ」

鈴谷「や、やだぁ…」

提督「おっぱいさわさわしながら、うなじペロペロ…気に入った?」

鈴谷「ば、ばかぁ…♥」

鈴谷(み、耳元に…提督の息が…うぅ~)

357 : ◆DbtGHHDsis - 2017/09/24 04:42:08.92 H/8c95DDO 239/596

提督「ふふ、鈴谷ちゃんの乳首、すごく尖ってきたねぇ…つついちゃお」


つんつんっ!


鈴谷「あっ!あぅっ♥」

提督「悪くないみたいだね…乳首の先っちょ、指でさわさわ~」

鈴谷「ダメっ、ダメだったらぁ…♥」


提督「うーん鈴谷ちゃん、身体ピクピクさせて、声が色っぽくなってきたねぇ…おじさん嬉しいなぁ」

提督「そろそろいいかな」


するっ、ぬちゅっ…


鈴谷「やぁぁッ!そこっダメぇっ♥」

提督「おじさんにあちこち触られて、気持ち良かったかな?ちょっと足が開いてたよ…むふふ」

358 : ◆DbtGHHDsis - 2017/09/24 05:03:31.20 H/8c95DDO 240/596

提督「いやぁ、お股アッツアツ、予想以上にヌレヌレだったねぇ」


くちゅっ、くちゅっ…


鈴谷「あぅぅ…だって、だってぇ…」

提督「あ~鈴谷ちゃんってさぁ、自分でするとき、どの辺弄るのかな?」

鈴谷「えぇぇッ!?そ、そんなの…」

提督「この際だしさぁ、教えて欲しいなぁ」

提督「全くしないって訳じゃなさそうだし」

鈴谷「や、あの…するけど…」

鈴谷「む、む、胸、とか…」

提督「胸だけ?」


ぬちゅっにちゅっ…


鈴谷「んあっ♥あぅっん…!」

提督「こっちの方は?」

鈴谷「はぁはぁ…そ、そっちは、あんまり…」

359 : ◆DbtGHHDsis - 2017/09/24 05:20:37.34 H/8c95DDO 241/596

提督「あんまり…か」

提督「ってことは…」

提督「さっきの川内ちゃんみたいにイクまで弄ることも」

鈴谷「しないよぉ…怖いし…」


提督「う~む…もったいない!」

鈴谷「へ…もったいない…?」

提督「そりゃもう。人生の半分は損しちゃってる」

提督「こうなりゃ、今夜は是非ともイッて帰ってもらわなくっちゃ!」

鈴谷「や、あの…あっあっあっ!?」


ぬちゅぬちゅぬちゅっ!

360 : ◆DbtGHHDsis - 2017/09/24 06:07:38.98 H/8c95DDO 242/596

鈴谷「ちょっ!ストップストップ!くうっうんっ♥」

提督「アソコ全体に溢れた汁を広げながら…」

提督「なおかつ、アソコ全体をモミモミ!」


ぬちゅっぬちゅっぬちゅっぬちゅっぬちゅっ!


鈴谷「やっダメっ♥んっふぅっ!」

提督「アソコがどんどん熱くなってきてる…」

提督「やらしい汁も溢れてきて、おじさんの指に染み込んで…ひひっ」

鈴谷(ヘンっ!何かヘンだよぉッ!)

鈴谷(アソコがどんどんッ!やんっ!なんかクルっクルぅっ!)

提督「空いた手で乳首もコリコリ…!」

鈴谷「あぁぁぁ~っ♥」


びくんっ!びくんっ!

364 : ◆DbtGHHDsis - 2017/09/24 07:23:41.74 H/8c95DDO 243/596

提督「びくんびくんしてきたね!頑張れ頑張れ!」

鈴谷「ダメぇっ!ホントっダメ!ダメ、ダメっ!」


にちゅっにちゅっぬちゅぬちゅぬちゅっ!


鈴谷「あー♥あー♥」


がくがくっがくっ!


鈴谷「も…ダメぇっ♥あっあっ♥あぁぁ~♥」

鈴谷(ヤバ…足ピクピクしてぇ…力入らない…♥)

提督「ほ~らイッちゃえイッちゃえ~」

鈴谷「あぅんっ!あはぁっ♥」


ぷしっ!ぷしゅうっ!


鈴谷「らめぇぇぇ…♥」


びくんっ!びくんっ!

366 : ◆DbtGHHDsis - 2017/09/24 07:47:52.38 H/8c95DDO 244/596

鈴谷「はぅんっ!あんっ♥あっあっ♥」

がくがくっ…びくんっ…


鈴谷「はぁー、はぁー♥あぁん…♥」

提督「おぉう…おじさんの手、潮まみれ」

鈴谷「ふぇ…?やぁん…♥」


提督「いやぁ、すごいイキっぷりだったけど…気分はどう?」

提督「イッたら世界が変わるっていうけど」

鈴谷「えー?う~ん…」

鈴谷「あはは…わかんない」

鈴谷(頭がぼーっとしてる…)

鈴谷(提督に抱き止められてるんだぁ…いいかも…♥)

367 : ◆DbtGHHDsis - 2017/09/24 07:59:48.12 H/8c95DDO 245/596

提督「ちょっと落ち着いたかな?」

鈴谷「あ…うん」

提督「トロけた感じが残ってるところでぇ…」

提督「キスしてみない?」

どきんっ…


鈴谷「あ…」

鈴谷「うん…いいよ…♥」


すっ…さら…


鈴谷「ひゃうっ♥」

鈴谷(顔に手を添えられて…提督の手おっきい♥)

提督「鈴谷ちゃん、目を閉じて」

鈴谷「うん…♥」

368 : ◆DbtGHHDsis - 2017/09/24 08:09:43.89 H/8c95DDO 246/596

鈴谷「……♥」

鈴谷(提督の顔が近づいてくるのわかるぅ…)


ちゅ…


鈴谷「ん…」


ちゅ…ちゅう…


鈴谷(唇で…唇なぞられてる…)

鈴谷(うっわぁ…ドキドキしちゃう…♥)


れろ…つつ…


鈴谷「……っ♥」

鈴谷(鈴谷のくちびるっ舌でツンツンされてるっ♥)


ぞくぞく…

369 : ◆DbtGHHDsis - 2017/09/24 08:30:46.75 H/8c95DDO 247/596

鈴谷(す、鈴谷もここで、舌を出したりして…)


ちろ…

れろぉ、れろぉ…


鈴谷「んんっ…♥」

鈴谷(ふわぁっ!舌をレロってされたぁ♥これっすごいっ♥)

提督「んふふ、いいねぇ」

提督「もうちょっと強くいってみよっか」

鈴谷「え…んんんっ!」


むぽぉ…ちゅむ、ちゅちゅぅ、ちゅぷ、れろれろ…


鈴谷「んんんっ!んふー!んー♥んー♥」


ちゅぽん…


鈴谷「ふぁっ、はぁ、はぁ…♥」

提督「むふ、鈴谷ちゃん、目がトロけてる」

鈴谷「あ…あはは…♥」

370 : ◆DbtGHHDsis - 2017/09/24 08:45:30.13 H/8c95DDO 248/596

提督「キスで、また身体が熱くなってきたんじゃない?」

提督「例えば、鈴谷ちゃんの首筋ぺろぺろ~」


ちゅま、ちゅばぁ、れろれろれろぉ~


鈴谷「わっわっ!ひゃあぁぁんっ♥」

提督「おっぱいも弄らないとね、ちゅうぅ、れろれろれろ~」

鈴谷「あぁん!あっあっあっあっ♥」


びくんっ!びくんっ!


鈴谷「あぁ…♥あふ…♥」


ぬちゃっ


鈴谷「やぁっ!あんっ♥」

提督「ふふ…またおま○こトロトロしてきちゃったね」

371 : ◆DbtGHHDsis - 2017/09/24 08:59:30.36 H/8c95DDO 249/596

提督「んん?なんか手応えがあったねぇ」

提督「かなり、クリトリスが勃起しちゃってきたね」

鈴谷「やだぁ…恥ずかしいよぉ…♥」

提督「…ねぇ鈴谷ちゃん、クリトリスの気持ちいい弄り方って知ってる?」

鈴谷「弄り方…?」

提督「これを使うんだ」


びんびん…


鈴谷「え…ちんちん…?」

提督「先っちょがヌルヌルしてるでしょ?」

提督「このヌルヌルで、クリトリスをぬちょぬちょするんだよ」

鈴谷「あ…う…♥」

どきっ、どきっ…


鈴谷「や…やってみよっかな…♥」

375 : ◆DbtGHHDsis - 2017/09/25 18:41:29.61 5fozsRMDO 250/596

提督「そうそう、仰向けに寝てもらって…」

提督「両膝を立てて…」

鈴谷「う…うん」

提督「じゃ行くよ」


ぐいっ
ちょぷん!


鈴谷「はうっ♥」

提督「指でクリトリス弄ると痛い場合もあるけど」

提督「チンポなら、先っちょプリプリのヌルヌルだからねぇ」

鈴谷「う…うん…けど、あっついぃ…♥」

提督「血が集まってるからねぇ…ふへへ」

376 : ◆DbtGHHDsis - 2017/09/25 19:06:24.31 5fozsRMDO 251/596

提督「さて…まずはクリトリスに、おじさんの汁を塗りつけて…」


くりゅくりゅ、ちゅぷん、ぬちょぬちょ…


鈴谷「ふぅんっ♥ふぅっ!あんっ!あぁんっ♥」

提督「プラスで、アソコ全体にも塗っとこう。筋をなぞるように…」


ぬちゅっぬちゅっ、ちゅぷ、ちゅぷ、ぬりゅう…


鈴谷「ふにゃあっ♥やだぁ、あっついのがくにゅくにゅされてるぅ♥あはっ…♥」

提督「んふふ、鈴谷ちゃん、身体くねらせちゃって…悪くないみたいだね」

鈴谷「やんっ♥提督、目がやらしいよぉ♥」

377 : ◆DbtGHHDsis - 2017/09/25 19:34:49.40 5fozsRMDO 252/596

提督「んん~、鈴谷ちゃんの汁がチンポの先っちょに染み込む~」

提督「わかる?おじさんのチンポがピクピクしてるの」

鈴谷「あ、ホントだぁ♥えっちぃ…♥」


提督「ふへへ…じゃあクリトリスをさらにくりくり~」


にゅるにゅる、ちゅぷ、ぴちゃぴちゃ…


鈴谷「あっあっあっ!ちょっダメっ♥んんぅっ♥」

提督「うひひ、だんだん鈴谷ちゃんの足が開いてきちゃったねぇ」

鈴谷「だってぇ!ちんちんクリクリされてるからぁっ♥」

提督「身体をくねらせてるから、鈴谷ちゃんのおっぱいがプルンプルンしてるねぇ、いいよ~!」

鈴谷「やだやだっ!ジロジロ見ないでぇ♥」

378 : ◆DbtGHHDsis - 2017/09/25 22:15:13.41 5fozsRMDO 253/596

くちゅくちゅくちゅ!
にゅるん!くにゅ!


鈴谷「くうぅっ!ひぁっ!あっあっあぁーっ♥」

鈴谷(ヤバいよぉ!クリトリスきゅんきゅんくるぅ!アソコぜんぶあっつくなってるぅぅっ♥)


ぷちゅっちゅぷっ


提督「ほぉうっ、鈴谷ちゃんのアソコから汁が吹き出してきてるねぇ」

提督「割れ目の内側もチンポでくにゅくにゅ~」


ちゅぷちゅぷちゅぷ!


提督「入り口もだいぶほぐれてきたねぇ、チンポクリクリ~」


にゅるにゅるにゅる!
ぴちゃぴちゃ、ちょぷっ!


鈴谷「そっそこダメっ♥いやんっ!あついよぉっ♥」

提督「クリトリスもピンピンになっちゃって…それっ!」


にゅぷにゅぷにゅぷにゅぷちゅぷちゅぷちゅぷっ!


鈴谷「やっダメっ!ダメダメダメっ♥あぁ!あぁぁぁ~っ♥」


びくんっびくんっ!
ぷしゅっ!ぷしゃあぁっ!

379 : ◆DbtGHHDsis - 2017/09/25 22:47:48.46 5fozsRMDO 254/596

鈴谷「ふあぁっ!はぁんっ!あっあっ!」


がくがくがくっ!


鈴谷「はぁっはぁっ…あぁ…あん…♥」

鈴谷(やぁん…身体ピクピクして…力入んない…とけそう…♥)

鈴谷(アソコあついよぉ…ヒクヒクしてるぅ…♥)

提督「いやぁ、イッてる鈴谷ちゃんサイコーだね」

鈴谷「ばかぁ…♥」

提督「だからホラ、おじさんこんなになっちゃった」


びんびん、ぴくぴく


鈴谷「うわぁ…♥」

提督「覚えてる?川内ちゃんがこれ突っ込まれてイッてたの」

鈴谷「あ…あう…♥」

提督「ここまで来たんだから…鈴谷ちゃんもやってみない?」

鈴谷「え…えっと…」

鈴谷「…う、うん♥」

380 : ◆DbtGHHDsis - 2017/09/25 23:02:52.61 5fozsRMDO 255/596

提督「よぉし、よく言った!ではまず…」


ぬろんっ


鈴谷「ひゃあうっ♥」

提督「鈴谷ちゃんのマン汁掬って、チンポに塗りつけて…」

提督「チンポ全体をヌルヌルにしとかないとね」

鈴谷「も、もう…♥」

提督「そして…」


ちゅぷ…

鈴谷「んくっ…♥」

提督「今、チンポの先っちょ、鈴谷ちゃんの入り口に当てたよ」

鈴谷「い、いちいち言わなくたってぇ…」

提督「いやいや、安心させながらだよ」

提督「おぉ~、鈴谷ちゃんの入り口、もうチンポに吸いついてるねぇ」

鈴谷「う、ウソだぁ…♥」

鈴谷(あ、アソコに…なんかちゅぷちゅぷされてる感じぃ…ヒクヒクしちゃうよぉ…♥)

381 : ◆DbtGHHDsis - 2017/09/25 23:19:06.25 5fozsRMDO 256/596

提督「じゃあ、ちょっと進めるからね…」


ぐっ…


鈴谷「んんんっ…」

鈴谷(うあ…あついのが押し込まれてるぅ…)

提督「う…」

提督「あと一押しで亀頭が入る…」

提督「辛抱してね…よっ」


むぽん…


鈴谷「ひうっ…♥」

鈴谷(あっついのがっ!アソコにはいったぁ!)

鈴谷「あ…あう…♥」

鈴谷「な、なんかっ…あつくてっ、ムズムズするぅ…♥」

提督「よしよし、一番デカイのが入ったから、ゆっくり進めていくね」

提督「おふぅ、亀頭がにゅるにゅるされてきもちい~」

382 : ◆DbtGHHDsis - 2017/09/25 23:53:56.69 5fozsRMDO 257/596

提督「むう…」


ずぷぷぷぅ…


鈴谷「ふうぅ…うぅ~」

鈴谷(あぁぁ~ヤバいぃ…あついのくるっ、きてるぅ…♥)

提督「鈴谷ちゃん、奥までビッショリ…」

鈴谷「やだぁ…♥あうぅ~」


ずちゅん…


鈴谷「ふうぅんっ♥」

提督「よし…チンポ全部入ったよ。頑張ったね鈴谷ちゃん」

鈴谷「あ…あはは…♥よかったぁ…♥」

鈴谷(提督にぃ…初めて…あげちゃったぁ…♥)

鈴谷「んんぅ…♥」

鈴谷(アソコだけじゃなくてっ…お腹の奥があっついよぉ…♥)

鈴谷(ってか…なんか奥にツンツン当たってるぅ…♥)

388 : ◆DbtGHHDsis - 2017/09/26 23:44:46.48 ueWnAh3DO 258/596

鈴谷「ん…んん…」

提督「おや…鈴谷ちゃん、なんか落ち着かないみたいな…」

鈴谷「え、うん…」

鈴谷「お、奥にツンツン当たって…」

提督「痛む?」

鈴谷「い、痛くはないけど」

提督「ま、初めてだからね…」


ちゅぅ…


鈴谷「ん…♥」

提督「軽くチュッチュしながら、気分を落ち着けようね」

鈴谷「うん♥へへ…ちゅっ、ちゅっ…♥」

389 : ◆DbtGHHDsis - 2017/09/27 00:07:29.61 SovJvqODO 259/596

鈴谷「ちゅっ、んちゅ、ちゅむ…んー♥」

提督「んふぅ、ちゅむ…鈴谷ちゃん、顔がトロけてきたねぇ…ちゅっ」

鈴谷「もぉ~♥ちゅうぅ、提督も目がやらしいよぉー♥」

提督「そりゃもう、おじさんだからねぇ…もみもみもみ~」


ぷにゅ、ぷにゅん、もみゅもみゅもみゅ…


鈴谷「ふにゅうっ♥ちょっ、いきなり胸揉んじゃダメだよぉ♥」

提督「なんか、おっぱい柔らかくなったみたいだなぁ…いいねぇ~ちゅっちゅっ」

鈴谷「やぁん♥ふむんっ、んちゅ、ちゅる…♥」

390 : ◆DbtGHHDsis - 2017/09/27 00:20:22.30 SovJvqODO 260/596

提督「ちゅむ…おふぅ」

提督「あー、さっきより、チンポが優しく包まれてる感じだね」

提督「鈴谷ちゃん、結構落ち着いてきた?」

鈴谷「あ…そうだね」

鈴谷「でもぉ…まだ奥ツンツンされると…」

提督「ヒクヒクきちゃう?」

鈴谷「な、なんか提督、聞き方えっちぃ…♥」

提督「はっはは、やらしいおじさんだもん」


提督「そろそろ、チンポ動かしてみていいかな?」

提督「最初はゆっくり引き抜いて…さ」

鈴谷「う、うん…激しくしちゃダメだよ…♥」

391 : ◆DbtGHHDsis - 2017/09/27 00:36:45.20 SovJvqODO 261/596

提督「よぉし…じゃあ抜くよぉ…」


じゅぷ、ぷ、ぷじゅ~


鈴谷「やあぁぁッ!めくれッ、めくれちゃうぅッ!」

提督「うおっと…痛い?」

鈴谷「はぁっ、はぁっ…」

鈴谷「あぅ、い、痛くはないけど…」

提督「あー、びっくりしちゃった?」

鈴谷「あ、う、うん…」

鈴谷(あ、あっついのがゴリゴリ…)

提督「ふぅむ、とりあえず『慣れ』だよねぇ」

提督「まだ半分だから、もうちょっと抜いていくね」


じゅぷぷ…ぷ…


鈴谷「ふうぅぅ~っ…」

392 : ◆DbtGHHDsis - 2017/09/27 00:50:19.50 SovJvqODO 262/596

提督「っと…入り口にカリが引っ掛かったな」

鈴谷「あぅ…先っぽあつい…」

提督「では、また押し込んでぇ~」


ずぷぷぷぅぅ…


鈴谷「んふうぅぅ~っ」

鈴谷「まっまたあついのっ…」

鈴谷「まきこんでるぅ…」


ずちゅん…


鈴谷「んん~っ!」


提督「これで一回…」

鈴谷「ふぅ~、ふぅ~」


提督「鈴谷ちゃん…どう?」

鈴谷「あうぅ…」

鈴谷「あついのゴリゴリぃ…へんなかんじぃ…」

393 : ◆DbtGHHDsis - 2017/09/27 01:05:11.09 SovJvqODO 263/596

提督「もう何回か抜き差ししてみていい?」

提督「キツいようなら、そこで終わろう」

鈴谷「う、うん」


じゅぷぷぷぅ…


鈴谷「うぅぅぅ~」


ずぷぷぷぅ…


鈴谷「うあぁぁ~」

提督「くあぁ~、吸いついてくる~」

鈴谷「あぁ…あはぁ…」


じゅぷぷぷぅ…


鈴谷「やあぁ~でちゃう、なんかでちゃうぅ…」


ずぷぷぷぅ…


鈴谷「ふうぅぅ~またあついよぉぉ~」

394 : ◆DbtGHHDsis - 2017/09/27 01:17:24.78 SovJvqODO 264/596

鈴谷「はぁー、はぁー」

提督「ちょっと休もう」


鈴谷(うぅ…ちんちん入ったまま…)

鈴谷(な、なんか…お腹の奥ザワザワして…)

鈴谷(やん…ちんちんが吸いついてきてるような…♥)


提督「よし…また動くよ」


じゅぷぷぷぅ…


鈴谷「ふぅんっ♥」

提督「おぅっ、引き抜きが厳しくなってきた」

鈴谷「うぅぅっ、ゴリゴリがすごいよぉ♥」

提督「うぅっ、また押し込んで」


ずぷぷぷぅ…


鈴谷「あー♥あー♥」

鈴谷(押し込まれるときもっ…なんかヘン…♥)

395 : ◆DbtGHHDsis - 2017/09/27 01:31:31.21 SovJvqODO 265/596

提督「押し込んだところで止めて…」

提督「むう、締め付けが強くなってきた」

鈴谷「ひうぅ~♥」

鈴谷(な、なんかヤバ…)

鈴谷(あ、アソコぜんぶ…なんかキュンキュンするっていうか…♥)


提督「ちょっと連続でズボズボしてみるか」

鈴谷「え、ちょっ…」


ずぷぷ、ずぷ、ずぷぷ、ずぷ、ずぷぷ、ずぷ…


鈴谷「やあぁっ!あっあっあっ♥」

鈴谷(ヤバいヤバいっ!ゴリゴリされてぇっ!なんか溶けてるかんじぃっ♥)

提督「ふぅっ…鈴谷ちゃん、大丈夫?」

鈴谷「うぅー…奥で止めないでぇ…♥」

鈴谷(あっついちんちんが…しみてるぅ…♥)

396 : ◆DbtGHHDsis - 2017/09/27 01:46:11.92 SovJvqODO 266/596

提督「締め付けが強くなって、ニュルニュルしてきたなぁ」

鈴谷「いやん…ウソだぁ…♥」

提督「ふうぅっ、たぎってきたぁ…」

提督「今度は休み無しでいってみよう!」

鈴谷「ま、待っ…あぁぁーッ!」


ずちゅずちゅずちゅずちゅずちゅずちゅっ!


鈴谷「ダメっダメっ!とけちゃうとけちゃうっ♥」


がくがくがくがくっ!


鈴谷「あ、あ、あぁぁ~♥」

鈴谷(アソコっ♥溶けてっ♥なんか背中もきてるぅっ♥)

鈴谷「ひうっひうぅっ!ふぅぅんっ♥あっあっあっあっ♥」

397 : ◆DbtGHHDsis - 2017/09/27 02:00:00.99 SovJvqODO 267/596

ぱんぱんぱんぱんぱんっ!

ぎしぎしぎしぎしぎしっ!


鈴谷「やっダメっでちゃうっ!なんかでちゃうぅっ♥」

鈴谷(アソコあついよぉっ♥とけちゃうっ!とけてっでちゃうっ♥)

提督「ガマンしちゃダメだッ!出しちゃえッ!」


ずちゅずちゅずちゅずちゅずちゅずちゅっ!


鈴谷「あ、あ…あっあっあっあっ…♥」

鈴谷「もうダメ、ダメ…あっあっあっ♥」


がくがくがくがくっ!


鈴谷「あぁぁぁーッ♥」


びくんっ!びくんっ!


鈴谷「あぅんっ!あはっ!あぁぁ!あ~♥」

鈴谷「あぅん…あっ…あんっ…♥」

鈴谷「あはっ…はぁっ、はぁっ…はぁぁ…♥」
鈴谷「はぁん…あはぁ…とけてるぅ…♥」

403 : ◆DbtGHHDsis - 2017/09/27 23:23:32.75 SovJvqODO 268/596

鈴谷「んふぅ…♥はぁ…♥ん…♥」

提督「んふふ…鈴谷ちゃん、目も顔もトロけてる」

鈴谷「ん…?あはは…♥」

鈴谷「川内もみんなも…こんなことしてたんだぁ…♥ズルいなぁ…」

提督「鈴谷ちゃんも仲間入りだねぇ」

鈴谷「う、うん…♥」


提督「そんな鈴谷ちゃんにお知らせだけど…」

鈴谷「ん…なに?」

提督「おじさん、まだイッてないんだよね」

鈴谷「あ。そっか…」

提督「このまま、鈴谷ちゃんでイキたいなぁ」

鈴谷「ん…ふふ♥いいよ、提督にもイッて欲しい…♥」

404 : ◆DbtGHHDsis - 2017/09/27 23:43:42.42 SovJvqODO 269/596

提督「じゃあ…またゆっくり抜き差しだ。抜くよ~」


じゅぷぷぷぅ…


鈴谷「あぁ~♥ひっかかってるぅ~♥」

提督「おぉ~、さっきより吸いつき強いね…そして奥まで~」


ずぷぷぷぅ…


鈴谷「あぁぁ~♥」


ずちゅ…


鈴谷「あんっ♥」

提督「あぁ~奥きもち~、締め付けも強い…」

提督「こう、押し付けたままグチュグチュと」


くいっくいっ!
ぐちゅぐちゅぐちゅっ!


鈴谷「あっあぅっ!おくっダメっ♥」

提督「さっき、おじさんと鈴谷ちゃんでキスしただろう?」

提督「これ、チンポでキスしてるんだよ」

鈴谷「そっそんなのっ♥やっあっあっ♥」

405 : ◆DbtGHHDsis - 2017/09/27 23:59:50.29 SovJvqODO 270/596

鈴谷「あぅんっ!ゆさゆさダメっ♥あっあっあっあっ!」

鈴谷(ゆさゆさしてっ♥ちゅんちゅんあたってるぅっ♥)

提督「おま○こでっ、チンポしごいてっ…」


じゅぷぷっぱん!
じゅぷぷっぱん!


鈴谷「ふあぁっ!またっまたとけるぅっ♥とけちゃっ…」

提督「くおぉっ締まる!じゅぷじゅぷ締まってるっ!」

提督「まだまだ!はぁっはぁっはぁっ!」


じゅぷじゅぷじゅぷ!
ぱんぱんぱんぱんっ!


鈴谷「やっくるっくるっ!あっあっあぁ~♥」

提督「おぅっ…鈴谷ちゃんのけぞって…」

鈴谷「あぁぁぁーっ!」


どさっ!
びくんっびくんっ!


鈴谷「はぁっ!はぁぁっ、あぁんっ!あぁ…あ…♥」

406 : ◆DbtGHHDsis - 2017/09/28 00:16:23.39 IEF+sO2DO 271/596

提督「んんっ、鈴谷ちゃん、またイッちゃったねぇ」

鈴谷「んうぅ…♥え…あ…♥」

鈴谷「わかんないけどぉ…あぁん…♥」

提督「鈴谷ちゃんのぐちゅぐちゅマンコ、おじさんのを締め付けてドロドロ…」

提督「もうすぐ、ドロドロのおま○こに…おじさんの精液まぜまぜしてあげるね」

鈴谷「あ…はぁ、はぁっ…♥」

鈴谷(あぁぁ…せーえきだされちゃうんだぁ…♥)

提督「んふふ、楽しみだね…ふんっ!」


じゅぷじゅぷじゅぷじゅぷじゅぷじゅぷっ!

ぎしっぎしっぎしっぎしっぎしっぎしっ!

ぱんぱんぱんぱんぱんっ!

407 : ◆DbtGHHDsis - 2017/09/28 00:26:53.57 IEF+sO2DO 272/596

鈴谷「やっまたダメっ!あっあっ!イクっ♥イクイクイクイクぅっ!」


提督「ふぅぅっ締まるっ!あっでそうっ!」


ぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅっ!


提督「うおぉ!でるっ!でるっでるっでるっ!」


がくがくがくがくっ!


提督「おぉあぁぁっ!!」


びゅるっびゅるっ!
どくっどくっどくっ!


鈴谷「あぁぁ!でてるっ!やぁんっ♥あぁぁぁぁ~っ!!」


びくんっびくんっ!
がくがくがくがくっ!


鈴谷「あぁ~っ!はあっ!やっまたイクっ♥あぅんっ!あはぁ~っ!」

提督「うぉっ締まるっ!おぉぉ~っ…」


かくかくかくっ…

408 : ◆DbtGHHDsis - 2017/09/28 00:39:04.41 IEF+sO2DO 273/596

鈴谷「はぁんっ…あん…あ…んん…♥」

鈴谷「ふぁ…しみてるぅ…あついの…♥」

提督「はあっ…はあっ…」


提督「おほぉ…いっぱいでたぁ…」

鈴谷「やぁん…♥」

提督「あ~、鈴谷ちゃん、最高…」

鈴谷「え…あはは…サイコーなんだぁ…♥」

鈴谷「でも、すごぉい…♥おなか、たぷんたぷんしてるぅ…♥」

鈴谷「あたま、ぼ~っとしてるぅ…♥」


提督「鈴谷ちゃんも、いっぱいイッちゃったねぇ…ちゅっ、ちゅっ」

鈴谷「んふふ…てーとくありがと…♥ちゅ、ちゅむ…♥」

414 : ◆DbtGHHDsis - 2017/09/28 20:02:27.36 IEF+sO2DO 274/596

川内「やったね鈴谷!バッチリ中出しまでキメられちゃって!」

鈴谷「あ…川内、いたんだ…」

川内「うぉいっ!ひどいなぁ、せっかく鈴谷が集中できるように見守ってたのにさぁ…」


川内「ま、それはともかく…次は私の番だからね♥」

川内「はぁ、はぁ…んっ♥」


ぬちゅぬちゅ、ぐちゅ…


提督「見てごらん鈴谷ちゃん、川内ちゃん待ちきれなくて、自分で弄っちゃってるよ」

鈴谷「うぁ…川内の太もも…内側がヌラヌラしてる…」

415 : ◆DbtGHHDsis - 2017/09/28 20:39:09.48 IEF+sO2DO 275/596

提督「よし、選手交代だ」

提督「鈴谷ちゃん…一旦抜くからね」


ぬぷ、もぽぉ…


鈴谷「ふぁっ!あん…ちんちんぬけちゃったぁ…」


どぷっ、どろぉ…


鈴谷「やだぁ…せーしこぼれちゃう…」

提督「鈴谷ちゃん、本気で切なそうだね」

提督「でも大丈夫!後で新しいザーメン流し込んであげるから!」

鈴谷「うん…わかった…ガマンする…」

416 : ◆DbtGHHDsis - 2017/09/28 21:19:47.19 IEF+sO2DO 276/596

川内「鈴谷も中出しアクメ覚えたことだしぃ…最後のレッスンだね…♥」

川内「最後はぁ…ズバリ!」

川内「頭空っぽにして、おじさんとヤる!だよぉ♥」

鈴谷「え、えぇ…?」

提督「いいねぇ!おじさんも頭空っぽになっちゃお!」

川内「あんっ♥おじさんのちんちんムクッてしたぁ♥」

川内「おじさんっ♥ぎゅってしてぇ♥」

提督「おいで川内ちゃん…はい、ぎゅ~っ」


にちゅっぬちゃあ…


川内「あぁ~♥鈴谷とのせっくすでっ♥おじさん汗だくぅ~♥」

川内「ふぁ~♥あたま、ぼ~っとしてきたぁ♥」

417 : ◆DbtGHHDsis - 2017/09/28 22:42:16.37 IEF+sO2DO 277/596

提督「おほぉ~おじさんチンポきゅんきゅんしてきたぁ~」

川内「しゅごいっ♥ちんちん、お腹でグリグリされてるぅ♥汁塗られてるぅっ♥」

川内「はぁっ!はぁんっ!ふむぉ♥ちゅも、ちゅうぅ~♥」

提督「ほむぅっ!じゅぱぁ、ちゅうぅ…」

提督「ぷぁっ、すっごいキスだねぇ、ちゅむぅ!れぷんっ」

提督「おっ!川内ちゃん、腰ユサユサしてぇ…欲しくなっちゃった?」

川内「ふぅんっ♥ちんちんほしいっ!ほしいよぉっ♥」

提督「おほっ!川内ちゃんとピンピン乳首、おじさんの胸でコリコリだぁ!」

川内「あはっ!もうガマンできないよぉ!ちんちんいれるぅ~♥」


ぐっ、ぬぽぉっ!


提督「うっお…川内ちゃん、自分でチンポ入れちゃったよ」

418 : ◆DbtGHHDsis - 2017/09/28 23:02:30.23 IEF+sO2DO 278/596

川内「あぁぁ~♥ちんちんはいったぁ♥あへっ、あんっ!えへぇ~♥」


きゅうぅぅ…


提督「んほぉっ!おま○こ締まってるぅ!吸いついてるねぇ…!」

川内「ふぅんっ♥ちんちんあついぃ!なかいっぱいぃっ♥」


鈴谷(川内…完全に目がイッちゃってるぅ…)

鈴谷(あんなの見てたら…ぽっかり空いたアソコがきゅんきゅんしちゃう…)


提督「おぉ~、チンポに精液集まって爆発しそう…」

提督「こりゃ保たない!まず一回出しちゃおう!」

川内「らしてぇっ!おじさんっ♥ちんちんシコシコびゅーびゅーしてぇっ♥」


鈴谷(おぉう…川内の瞳にハートマーク浮かんでるぅ)

419 : ◆DbtGHHDsis - 2017/09/28 23:32:59.71 IEF+sO2DO 279/596

ぐっちゅぐっちゅぐっちゅぐっちゅぐっちゅ!


提督「ふおぉっ!先っちょ溶けそうっ!おっおっおっおっおっ!」

川内「あー♥あぁぁー♥イキそっ♥イクっ!イクイクイクイクうぅっっ♥」


がくがくがくがくっ!


提督「おぉぉうっ締まってるっ!くあぁぁぁっ!」


川内「ふあぁぁっ!イクのとまらないぃっ♥またイクっイクっ!」

提督「おじさんもイクよっ!でるでるでるでるっ!」


びゅるびゅるびゅるっ!


川内「あぁぁんっ!でてるぅ!せーしでてるぅぅっ♥」

提督「おぉーッ!おぉぉーッ!」


どくっどくっどくっ!


川内「ふぁぁんっ!しゅごっ!ふぅぅんっ!あふぅぅっ…♥」

420 : ◆DbtGHHDsis - 2017/09/28 23:51:05.94 IEF+sO2DO 280/596

川内「あふんっ♥んんぅ…んっ…♥」

川内「抱きしめられながらぁ…しゃせーされたぁ♥えへ…♥」

提督「ふうぅー…一旦ベッドに降ろすよ」


ぽふ…


川内「あんっ♥んん…ちゅぷ、ちゅぷ…♥」

提督「あれ…なんで川内ちゃん、自分の指ちゅっちゅしてるの?」

川内「えー…んふふ…♥」

提督「ははぁ…川内ちゃん、顔にぶっかけて欲しくなったね?」

川内「えへへ…うん♥」

鈴谷(………!?)

提督「川内ちゃんはやらしいなぁ」

提督「なら、顔だけでなく、お腹とおっぱいも精液だらけにしてあげよう!」

川内「やぁんっ♥おじさんステキぃ…♥」

421 : ◆DbtGHHDsis - 2017/09/29 00:12:11.76 k5juDO+DO 281/596

ずぷんっ!じゅぷじゅぷじゅぷじゅぷっ!


川内「あぁんっ!あっあっあっあっ♥」

提督「精液混じりのおま○こ気持ちいいーっ!」

提督「おほぉ!すげえっ!でるでるでるでるっ!」

川内「ふにゃあぁぁんっ♥」

提督「うおぉっ!まずはお腹だッ!」


ぬぽんっ!
びゅるびゅるびゅるっ!


川内「あっでてるぅ!おなかにぃっ♥」


どろぉ…


提督「まだまだッ!またぶちこむぞぉっ!」


ずぷんっ!
ぱんぱんぱんぱんっ!


川内「あっあっイクっ♥おじさんっ!わたしイッちゃうぅぅっ♥」

びくびくっ!びくんっ!

422 : ◆DbtGHHDsis - 2017/09/29 00:25:39.67 k5juDO+DO 282/596

提督「ふうぅっ!川内ちゃんのおま○こぬちゅぬちゅだッ!またでるでるでるっ!」


ぬぷんっ!
どくっどくっどくっ!


提督「くふぉっ!あぁっあぁっ…」

川内「ひぅんっ!あんっ♥おっぱいざーめんまみれぇ…♥」

提督「はぁっはぁっ…さあ、フィナーレだね…おぉほぉっ!」


どぷんっ!じゅぷうっ!


川内「あぁ~♥またきたぁ♥ちんちんかたぁい…♥」

提督「チンポ溶けっぱなしだ…すぐイッちゃうね」

川内「ふぅぅんっ♥わたしも…わたしもイッちゃうぅ…♥」

423 : ◆DbtGHHDsis - 2017/09/29 00:41:44.58 k5juDO+DO 283/596

提督「いよいよ…川内ちゃんの顔面に精液ぶっかけちゃうぞぉ」

川内「はぁっ…はぁんっ…♥」

提督「ぶっかけた瞬間、頭の中まっ白にしてあげる」

川内「んんっ!あんっ…♥」


すりすり…


提督「川内ちゃん、腰を振っておねだり…スケベだね」

川内「あぁぁ♥しゃせー♥ほしいよぉっ…♥」

提督「おぉう、おじさんイキそう…じゃあいくね」


ぱんぱんぱんぱんっ!
ぎしぎしぎしぎしっ!


川内「あぁぁイクっ!イクっ!イクイクイクイクうぅぅっっ♥」

提督「おぉあぁっ!おじさんもっ!でるでるっ!だすよっ!!」

424 : ◆DbtGHHDsis - 2017/09/29 00:57:44.39 k5juDO+DO 284/596

ずぷずぷずぷずぷっ!


提督「おぉあぁぁっ!おじさんもでるっ!だすよっ!」


ずぽおっ!


川内「はあぁぁぁんっ♥」

提督「はぁっはぁっ!あ、あぁっ!」


びゅるびゅるびゅるっ!

どびゅっ!びゅるぅっ!


川内「あぁぁんっ♥んくぅっ!あぁぁ~♥」

川内「あはぁっ♥あんっ…んっ♥」

川内「あぁ…ん♥」


どろぉ…


提督「うはぁ…ザーメン、川内ちゃんの顔にドロドロ…」

川内「んふ…せーしだらけ…♥まっしろぉ…♥」

提督「川内ちゃん…ほら、ちんちん掃除…できる?」

川内「んふ♥ちんちんおそうじぃ♥んー、れろれろ…ちゅ、ふもぉ♥じゅぷん…ぷぁ♥」

川内「えへ…おじさん、らいしゅきぃ…♥」

428 : ◆DbtGHHDsis - 2017/09/29 18:40:31.13 k5juDO+DO 285/596

川内「んふ…♥はぁ…♥えへ…♥」


ぴくんっ、ぴくんっ


提督「川内ちゃん、最高にやらしいねぇ…身体をぴくんぴくんさせながらクネクネして…」

川内「ん…らってぇ♥からだ、とけちゃったもん…♥」

川内「ぺろ…んふ♥せーしおいひぃ♥」

鈴谷(川内…ニヤニヤしながら、顔に垂れてる精液ぺろぺろしてる…)

鈴谷(まだ身体ピクピクしてる…)

鈴谷「あ…あんっ…♥」

鈴谷(な、なんか鈴谷のアソコがズクンズクンしてきた…♥)

429 : ◆DbtGHHDsis - 2017/09/29 19:12:11.32 k5juDO+DO 286/596

提督「さて…と」

提督「鈴谷ちゃんに、また新しい精液流しこまなきゃねぇ」

鈴谷「えぅっ…あ…」

提督「ん?川内ちゃんのエロさに圧倒されちゃった?」

鈴谷「あはは…そうかも」

川内「え~…でもぉ、鈴谷のおま○こヒクヒクしてるよぉ?」

鈴谷「いっ!?いやあの…」

鈴谷(なんで分かるの!?)

提督「確かに。鈴谷ちゃん、欲しそうな目だもんねぇ」

鈴谷「や、あの…」

提督「なぁに、とりあえず楽しんでくれればいいんでさ」

提督「自然にエロくなってくれればいいんだよ」

鈴谷「そ、そうなんだ…」

提督「よっし、最後はとにかく濃厚にいこう!おいで鈴谷ちゃん」

鈴谷「う…うん♥」

430 : ◆DbtGHHDsis - 2017/09/29 19:54:04.38 k5juDO+DO 287/596

提督「まずはおさらい…軽いキスからだね」

鈴谷「あ、うん…ちゅ、ちゅっ♥んふ…ちゅむ…♥」

提督「ちゅむ、ちゅむ…そして…」


むにゅむにゅむにゅ…


鈴谷「ふぅんっ!やっ、いきなり…胸揉んじゃ…♥」

提督「いいじゃん、おっきくて柔らかいおっぱいだ」

鈴谷「んん♥ちゅっちゅっ…ふぅっんっ♥」

提督「最初にもみもみしたときより気持ちよさそうだ、いっぱいイッたからかな?」

鈴谷「そ、そんなの…わかんないよぉ…んんっ♥」

提督「ふほぉ、乳首もピンピンになっちゃったねぇ…ちょっと弾いちゃお」


ぴんっぴんっ!


鈴谷「ちゅっ、あんっ♥弾いちゃダメぇっ♥」


ぴくんっ!ぴくっ!

431 : ◆DbtGHHDsis - 2017/09/29 23:42:38.83 k5juDO+DO 288/596

提督「鈴谷ちゃん、すっかりイキやすい身体になっちゃったねぇ…ちゅっ!ちゅうぅぅ…」

鈴谷「やっやんっ♥もぉ~♥んちゅっ!ちゅうぅぅ…♥」


提督「見て鈴谷ちゃん、おじさんのチンポ」


びんびんっ!ぴくぴく…


鈴谷「あ…うわぁ…♥」


提督「ゆっくりと…しごいてくれる?」

鈴谷「う…うん♥」


ぬちゅ…


鈴谷「はぁぁ…すっごいあつぅい…♥」

鈴谷「鈴谷の手がヌルヌルだぁ~♥」

434 : ◆DbtGHHDsis - 2017/09/30 14:50:09.61 h8Fxa1VDO 289/596

鈴谷「先っちょぶくってしてるぅ…これで、鈴谷をゴリゴリしてたんだぁ♥」

提督「鈴谷ちゃん、先っちょを手でシコシコしてくれる?」

鈴谷「うん♥しこしこしこ~♥」


にっちゅにっちゅにっちゅにっちゅにっちゅ


提督「ふお~きもちい~」

鈴谷「提督、すっごいハァハァしてるぅ♥」

提督「鈴谷ちゃんの手が気持ちいいからねぇ…おっおっおっ!」

鈴谷「な、なんか…指にコリコリ当たって…なんか変な感じ…♥」

提督「おま○こをチンポでズポズポされたの思い出しちゃう?」

鈴谷「ふぁっ、やぁんっ♥」

435 : ◆DbtGHHDsis - 2017/09/30 15:07:32.09 h8Fxa1VDO 290/596

提督「おじさんばっかり気持ち良くなっちゃダメだな…ほぉら」


くちゅ…


鈴谷「はぁんっ!」

提督「もう鈴谷ちゃんのおま○こ…入り口緩んでヌチャヌチャだ」

提督「いっぱい指でかき回してあげなきゃね」


くちゅくちゅくちゅ
ちゅぷっちゅぷっ!


鈴谷「ふぅっ!んっんっんっんうっ♥」


びくっびくっびくっ!


提督「鈴谷ちゃん、気持ち良さそうだね…ほら、おじさんのチンポも」

鈴谷「ふぁっあっ!うんっ♥あっあっあっ♥」

提督「二人いっしょに気持ち良くなろ?」

鈴谷「あっあぅんっ!なるぅっ!いっしょに、いっしょにぃっ♥」

436 : ◆DbtGHHDsis - 2017/09/30 16:10:59.97 h8Fxa1VDO 291/596

鈴谷「ちんちんあついよぉっ♥やっあっあっ♥」


にちゅにちゅにちゅにちゅにちゅにちゅにちゅっ!


提督「おぉぉ~先っぽ気持ちいい~!鈴谷ちゃんのおま○こもアツアツだぁ~」


ぬちゅぬちゅぬちゅ!
ぐちゅぐちゅぐちゅっ!


鈴谷「ダメダメダメっ!でちゃうっ!なんかでちゃうぅぅっ♥」

提督「おじさんもでるっ!でるでるでるでるっ!」


びゅるびゅるびゅるっ!


鈴谷「ふぁっあついっ!あっあっ♥ダメダメダメっ…あぁぁぁっ♥」


ぷしゅっ!
ぷしゃあぁぁぁっっ!!


提督「くおぉぉ!あっあっあぁぁ~」

鈴谷「いやんっ!あぅんっ!あ…あぁ…♥」


びくっびくっ!
がくがくがくがくっ…


鈴谷「はぁ~はぁ~♥あぁん…アソコあつぅい…」

鈴谷「あ…あれ…やぁん、ドロドロ…♥」

提督「ふぅぅっ、鈴谷ちゃんのおっぱいとお腹、ザーメンまみれだぁ」

437 : ◆DbtGHHDsis - 2017/09/30 16:53:54.81 h8Fxa1VDO 292/596

鈴谷「はぅん…ドロドロ垂れてるぅ…なんかやらしい…♥」

提督「気持ち良くなってるときにぶっかけられるの、結構エロいだろ?」

鈴谷「う、うん…♥てかさぁ、提督…」

鈴谷「鈴谷の顔にも、せーえきかけようとしてるぅ…♥」

提督「ふはは、察しがいいねぇ…ちゅうぅ」

鈴谷「ふむぅっ!?んん、ちゅぷ、れろれろ…ちゅうぅ…♥」

鈴谷「ぷはぁ…あん…♥」

提督「キスで、また目がとろ~んとしちゃったね」

提督「おじさんのチンポも復活してきたし…」

鈴谷「やだぁ…また先からお汁でてるぅ…ビンビンしてるぅ…♥」

提督「潮吹いてトロトロのおま○こズポズポして…いっぱいイッた鈴谷ちゃんのいやらしい顔、ドロドロにしてあげるよ?」

鈴谷「んんっ…♥」

鈴谷「んもぉ…しょうがないなぁ…おじさん♥」

提督「ふほっ!とうとう鈴谷ちゃんもおじさんって呼んでくれたね!もう遠慮はいらないな!」

鈴谷「もう…♥」

438 : ◆DbtGHHDsis - 2017/09/30 17:16:11.66 h8Fxa1VDO 293/596

ちゅぷ、くちゅ


鈴谷「ひぅんっ♥」

提督「チンポの先っちょ、膣口に当てて…ほぉう、もう粘膜ウネウネだね」

鈴谷「ちょっ、言い方ロコツだよぉ…」

提督「もうこの先は、ずっとこういう路線だよ…ぬはは」

提督「もう先っちょ、鈴谷ちゃんのでヌルヌルだぁ…奥までビッショリだろうなぁ」

提督「ガマンできん、一気に行こう…おぉ…」


ぬぽ、ずぷぷ…


鈴谷「あー♥あぁー♥カチカチだよぉっ♥」

提督「くうぅ…すっげヌメヌメ…はぁぁ…」


ずちゅ…


鈴谷「んんあっ♥ぜんぶはいったぁ♥あぁぁ…♥」

鈴谷「かたくてっあついよぉっ♥きゅんきゅんしてるっ♥」

439 : ◆DbtGHHDsis - 2017/09/30 17:42:41.86 h8Fxa1VDO 294/596

提督「きゅんきゅんしてるとこズポズポしてあげるっ!」


じゅぷじゅぷっぱんっ!
じゅぷじゅぷっぱんっ!


鈴谷「あ!あ!あぁんっ!」

提督「もう鈴谷ちゃんガクガクしてるね!それっ!」


じゅっぷじゅっぷじゅっぷじゅっぷじゅっぷ!


鈴谷「ふぅんっ!あぁんっ!あっあっとけそっ♥とけちゃいそっ♥」

提督「ふおぅっ締まるっ!ヌメヌメ動いて締まってるっ!きもちい~」

鈴谷「なんかっまたちんちんっ♥おっきくなってるぅ!あっあっ♥」

提督「ここで奥をツンツンだっ!ふんっふんっ!」


ぐちゅんぐちゅん!


鈴谷「おくっおくらめぇっ♥やっくるっ!イッちゃうイッちゃうっ♥」


びくっびくっ!
がくがくがくがくっ…


鈴谷「あぁっ!ふぁんっ♥やあぁ…おじさんズポズポとまんないよぉ~♥」


ぱんぱんぱんぱんっ!

440 : ◆DbtGHHDsis - 2017/09/30 18:10:44.97 h8Fxa1VDO 295/596

提督「はぁっはぁっ…あ~おじさん、射精したくなってきちゃった…ちゅうぅ、れろぉ~」

鈴谷「やぁん、ちんちんヒクヒクしてる♥ちゅう~ちゅっ、れろぉ…きすぅ♥」

提督「もうおじさんも限界だな…鈴谷ちゃんのエッチな顔に精子出していい?」

鈴谷「いいよぉ♥すずやも…あたままっしろになりたぁい♥」

提督「よぉし!鈴谷ちゃんの顔も頭もまっしろにしてあげる!おぉぉっ!」


ぐちゅぐちゅぐちゅっ!


鈴谷「あっあっ!またイクっ!イクイクイクっ♥あぁぁぁーっ!」

提督「うぉぉでるっ!でるでるでるでるっ!!」


ずぽんっ!
びゅるっびゅるっ!
どくっどくっどくっ!


鈴谷「ふぁぁっ!あっあんっ♥あぁぁぁーっ!」

提督「くおぉぉっ!すげぇっ!あっあっ…」

441 : ◆DbtGHHDsis - 2017/09/30 18:25:38.90 h8Fxa1VDO 296/596

びちゃ、どろぉ…


鈴谷「あぁ…あっあんっ♥せーえきいっぱいぃ…♥」

鈴谷「んふ…ぺろ…」

提督「はぁはぁ…鈴谷ちゃん、ザーメンの味どう?」

鈴谷「くちのなかで…ぷるぷるしてるぅ…ごくん」

鈴谷「はぁっ♥ざーめんのんじゃったぁ♥」

鈴谷「おじさん♥ちんちんおそうじしてあげるぅ♥れろれろぉ、ちゅ、ぺろん♥」

鈴谷「さきっちょからざーめん…ちゅう、ちゅうぅ~♥」

鈴谷「ちゅぽん、あんっ…ごくん♥」

鈴谷「ふぁ…ほんとに、あたままっしろになっちゃったぁ…♥」


川内「あんっ、鈴谷…ニヤニヤしながら舌なめずりして…すごいエッチぃ…♥」

提督「さっきの川内ちゃんも同じだったけどねぇ、うへへ」

鈴谷「はぁぁ…やぁん、まだからだぴくぴくするぅ…♥」

442 : ◆DbtGHHDsis - 2017/09/30 18:36:30.83 h8Fxa1VDO 297/596

鈴谷「いや~あ、すっごかったなぁ~」

鈴谷「二、三日はフワフワして、なんかムズムズしてたけど…ヤミツキってやつ?」

鈴谷「確かに、ガマン出来るもんじゃない!よし、提督とエッチしよう!」


鈴谷「ちなみに川内、今は主力艦隊援護に出てるんだよね」

鈴谷「すんごいブツブツ言ってたね。でも、あんなでも第一水雷戦隊旗艦なんだよね」

鈴谷「お仕事は、ちゃんとやらなきゃNo!なんだからね~!あっははは!」


鈴谷「よぅし、さっそく相方を探しましょ~う!」



次は誰?
安価下1でお願いします。

443 : 以下、名... - 2017/09/30 18:38:36.78 QamnPO3wo 298/596

矢矧

449 : ◆DbtGHHDsis - 2017/10/01 01:19:30.00 eHA1TL4DO 299/596

鈴谷「今夜もおじさん、絶好調だね~♥」

矢矧「ふふっ、ホントね。おっきしたおち○ちん、お腹にくっつきそう♥」

提督「説明するとだね」

提督「ビキニの鈴谷ちゃんと矢矧ちゃんが、おじさんの両サイドから抱きついているんだねぇ」

鈴谷「誰に説明してんのー?ちなみに、おじさんは全裸だよ…ちゅっ♥」

矢矧「密着状態から、何度もほっぺにキスされてるのよね…ちゅっ♥」

提督「おっぱいムニムニされながらのキスだ、おじさん冥利に尽きる!ぐはは」


提督「さらに、矢矧ちゃんは上下赤の紐ビキニ」

提督「鈴谷ちゃんは水色と白の縞々ビキニだ。二人とも良く似合ってるよ~」

鈴谷「ありがとー、けどおじさん、目がやらし~♥ちゅっ♥」

矢矧「誉めてもらえて嬉しいわ…でも完全にケモノの目よね…ちゅっ♥」

450 : ◆DbtGHHDsis - 2017/10/01 01:38:18.40 eHA1TL4DO 300/596

提督「いやぁ最高!けど人前には出せない光景だね」

鈴谷「えーなんでー?」

提督「こんな水着美女を二人も連れて歩いててごらんよ」

提督「背後からライダーキック食らっちゃうよ」

矢矧「そんなものなのね…あーあ、今年も海行けなかったな~」

提督「しかし、水着は無駄にはならなかったねぇ」

鈴谷「こんな使い方するとは思わなかったけど。まっいいかぁ!…ちゅっちゅっ♥」


提督「おや?二人とも、パッド入れてない…」

矢矧「三人きりだからこその作戦よ」

提督「なるほど~、二人とも乳首が尖ってきてるねぇ」

鈴谷「えへへー♥抱きつきながらちゅーしてるとぉ…コーフンしてきちゃってぇ♥」

451 : ◆DbtGHHDsis - 2017/10/01 01:59:42.26 eHA1TL4DO 301/596

提督「むふふ、おじさんの胸に乳首コリコリされて気持ちいいよ~」

鈴谷「だよね~!ちんちんもピクピクしてるし~♥」

矢矧「先っちょから、もう汁が出てきてるわね…ふふっ♥」


提督「二人とも、おじさんの太ももの上に跨がってみてよ」

提督「そして、ぐっと抱き寄せて…」

鈴谷「えへへ、キスだね…んちゅ、ちゅうぅ♥」

矢矧「あんっ♥太ももで擦れちゃう…ちゅむ、ちゅうぅ♥」

提督「んほぅ!早くもジットリしてるねぇ…もっとグリグリしていいよぉ」

452 : ◆DbtGHHDsis - 2017/10/01 02:27:38.07 eHA1TL4DO 302/596

鈴谷「んっんっ♥こんなしてグリグリするのも気持ちいいんだね♥」

矢矧「ふぅんっ♥やだ、腰が止まらなくなっちゃう♥」


にちゅっにちゅっにちゅっ


提督「くふふ、いやらしい音がし始めたぞぉ」

提督「交互にキスだ、鈴谷ちゃんにちゅ~」

鈴谷「んふっ、ちゅ、ちゅむ♥ふも、れろぉ♥」

提督「ぷはっ、矢矧ちゃんにちゅ~」

矢矧「んんー♥んちゅ、ちゅぷ♥ぱふぅ、れろれろぉ♥」

提督「二人とも、目がとろーんとしてきたね…」

453 : ◆DbtGHHDsis - 2017/10/01 05:18:46.18 eHA1TL4DO 303/596

提督「さて、ここでだね」


しゅるんっ、しゅるんっ


鈴谷「ひゃあんっ!ブラとられちゃった!」

矢矧「やっ、ちょっ…」

提督「脱がしちゃ意味無いだろ!と怒る人もいるけどさぁ」

提督「おじさん、生乳の感触を選ぶタイプなんだよねぇ…ぬふふ」

矢矧「いやらしいおじさん…♥」

鈴谷「納得の理由だね…なら、生乳の感触をたっぷりと…♥」


むにゅん、ぷにゅん


提督「う~む、おっきくて柔らかくて…サイコーだねぇ」

提督「おっぱいも、尖った乳首も気持ちいいよ~!」

458 : ◆DbtGHHDsis - 2017/10/06 21:55:23.42 fhDs6JBDO 304/596

ぬちゃあ、ちゅぷん


鈴谷「わーあ…鈴谷のおっぱい、おじさんの汗まみれ♥」

矢矧「匂いがツンツン来るわね…嫌いじゃないけど♥」

提督「ゴメンねぇ、おじさんもコーフンしちゃってるからねぇ」

提督「押しあてられてるムニムニおっぱいがいやらしいよね、おじさんハァハァだ~」

鈴谷「ちんちんもピクピクしてるねぇ…弄っちゃお♥」

矢矧「鈴谷はサオをシコシコするのね。じゃあ私は先っちょを♥」


しこしこしこしこ
にっちゅにっちゅにっちゅ


提督「ふっおぅ!二人がかりはキツいよ~!」

矢矧「あら。じゃあ止める?」

提督「あ、止めないで」

鈴谷「素直でよろしい♥」

459 : ◆DbtGHHDsis - 2017/10/06 22:28:45.72 fhDs6JBDO 305/596

しこしこしこしこ


鈴谷「おぉう!サオがかたぁい♥アッツアツだしぃ~♥」


にっちゅにっちゅにっちゅ


矢矧「亀頭ぬぽぬぽ♥やぁん、手がヌトヌトだわぁ♥」

提督「おうっおぉうっ」

鈴谷「えへへー♥おじさんちゅーしよー♥」

提督「うむぅっ!ちゅうぅ、んふっ、れろれろ…ぷはっ!」

矢矧「ふふっ♥今度は私よ♥」

提督「はむぅっ!くむぅ、ちゅぷちゅぷ、れろぉ…」

提督「ぷはっあっでるっでるでるでるっ!」


びゅるびゅるびゅるっ!
がくがくがくがくっ!


提督「くあぁっ!あぁっ!あ~…あぁ…」

460 : ◆DbtGHHDsis - 2017/10/06 23:10:12.76 fhDs6JBDO 306/596

鈴谷「うっわぁー♥すっごい精液の量…♥」

矢矧「真上に吹き上がって、私たちの手とちんちんがドロドロ…♥」

提督「ふ~、ふ~」

鈴谷「こっからが本番だよね~♥下脱いじゃおっと♥」

鈴谷「おじさん、仰向けに寝て…鈴谷のおま○こ舐めてぇ♥」


ぺちょん!


提督「ふむぅ!しょうがないコだなぁ…れろぉ」

鈴谷「あっあんっ!おじさんの舌ザラザラしてるぅ♥」

矢矧「あら、ふふっ♥もうおち○ちんおっきしちゃってる♥」

矢矧「じゃあ…別のやり方でシコシコしてあげようかしら…♥」


くぷん…ずぷぷぷ…


矢矧「あぁぁ…♥せーえきまみれだから、すぐにはいっちゃうぅ~♥」

461 : ◆DbtGHHDsis - 2017/10/07 00:56:00.28 1pBPjPTDO 307/596

提督「ふぷぅっ!おほぉっチンポアツアツだぁ」

鈴谷「あちゃー、先越されちゃったよ~」

矢矧「んんぅっ♥ちんちんピクピクしてるっ♥」

鈴谷「まっいーかぁ!おじさん連射できるもんねー♥ほらぁペロペロぉ~♥」

矢矧「うごくわよぉ♥いっぱい出してよね…♥」


ずっちゅずっちゅずっちゅずっちゅずっちゅ!


提督「ふむぅぅ!れろれろ、ちゅっちゅうぅ~っ!」

鈴谷「クリトリスすわれてるぅ!あんっ♥もっと、もっとおぉっ♥」

462 : ◆DbtGHHDsis - 2017/10/07 01:06:58.88 1pBPjPTDO 308/596

矢矧「あっあっあんっ♥ダメっすぐイッちゃいそっ♥」

鈴谷「クリトリスばっか舐めちゃダメぇっ♥やっあっあっ♥」

提督「ふうぅっ!ちゅむ、れろれろれろれろぉ!」


がくがくがくっ!


矢矧「ふぁっちんちんおっきくなってるぅっ♥イクイクイクイクぅっ♥」

鈴谷「もっもうダメっ♥でちゃうでちゃうぅっ♥」


ぷしゃあぁぁぁっ!


提督「んぷぅっ!うおぉっでるでるでるでるっ!」


どくっどくどくどくっ!


矢矧「あっでてるぅっ!あぁぁぁぁっ♥」


びくんっびくびくっ!


鈴谷「はあぁ…しゅごい…みんなでイッちゃったぁ…♥」

463 : ◆DbtGHHDsis - 2017/10/07 01:11:52.72 1pBPjPTDO 309/596

鈴谷「はふ~♥」

鈴谷「やっぱ乱交ってサイコーだね♥」

鈴谷「あの、キリキリした矢矧がイキまくりだもんね~」

鈴谷「もっちろん、鈴谷もお腹タプタプになるまで射精してもらったし~♥」

鈴谷「よっしゃ!もう一発いってみましょー!」



次は誰?
安価下1でお願いします。

464 : 以下、名... - 2017/10/07 01:12:20.70 utEYMugvo 310/596

雲竜

469 : ◆DbtGHHDsis - 2017/10/09 08:14:26.90 WAL0lIwDO 311/596

提督「あぁ~雲龍ちゃん抱っこ最高だぁ~!」

雲龍「ふふ…仕方のないおじさま…♥」

鈴谷(うーん…おじさんデレデレしっぱなしぃ)

鈴谷(雲龍がおじさんの膝の…いや、股間の上に座ってベタベタしてるんだけどさ)

提督「ムニムニ当たるおっぱいやーわらかいし、何よりいい匂いなんだよねぇ」

雲龍「おじさま気持ち良さそう…私のお尻にツンツン当たってるわね♥」

鈴谷(やるなぁ雲龍…ずっとおじさんから視線を外さない)

鈴谷(ふおぉ、おじさんの顔を…ねっとり撫で撫でしてるうぅ)

470 : ◆DbtGHHDsis - 2017/10/09 09:17:13.24 WAL0lIwDO 312/596

提督「でへへ、雲龍ちゃんも体温上がってきたねぇ…ほれ」


むにむにむに…


雲龍「いやん♥もう、すぐに揉み揉みしちゃうのね♥」


かちゃかちゃ
ごそごそ…
びんっ!


雲龍「すごいわぁ…先っちょ、おじさまのお腹にくっつきそう♥」

提督「雲龍ちゃんに露出させられてビンビンだよ」

提督「見てごらん、鈴谷ちゃんの目がチンポに釘付け…むはは」

鈴谷「むうう~」

478 : ◆DbtGHHDsis - 2017/10/12 19:43:38.03 xzo9+88DO 313/596

鈴谷「しょーがない…」

鈴谷「こうなったら実力行使だね♥」


ごそごそ…
ぷちん


雲龍「ん…ブラのホックを外して…」

鈴谷「おじさんって…こういうの好きだよね…♥」


すすっ…ぷるんっ


提督「ふぉうっ!鈴谷ちゃんのおっぱい!」

雲龍「わぁ…おっきくて、綺麗なおっぱい…♥」

提督「ぐふふふ!半脱ぎでのおっぱい見せとは…やるねぇ」

鈴谷「ほら、おじさん。ベッドに横になって…♥」


のしっ…ぷにゅん…


雲龍「ふふ…私は反対側から♥」


じじぃ…ぷるんっ


鈴谷「ほら~♥ちんちんサンドイッチだよ~♥」

雲龍「先っちょ、はみ出ちゃってるわね♥」

479 : ◆DbtGHHDsis - 2017/10/12 19:54:45.98 xzo9+88DO 314/596

提督「ほあぁ~あったかくてやーらかいなぁ~」

鈴谷「むふふ~♥おじさん顔がトロけてるぅ♥」

雲龍「じゃあ、もっとトロトロにしてあげなきゃね♥」


ぬっこぬっこぬっこ


提督「ふおっふおっ!こりゃたまらん!」

鈴谷「おぉう!先っちょから汁出てるぅ♥」

雲龍「いやらしい匂いだわ…ふふ♥」

提督「くおぉっ!やばっでるっでるでるでるっ!」


びゅくびゅくびゅくっ!


鈴谷「ひゃあぁぁんっ!もお~ドロドロ~♥」

雲龍「あぁ…すっごくあつい…♥」

提督「ひゃあ~、いっぱい出ちゃったぁ~」

雲龍「私たち…頭からドロドロ…♥」

鈴谷「んふふ…垂れてきちゃった…ぺろ…こくん♥」


鈴谷「ふぁ…♥せーし♥ぷるぷるしておいしー♥」

480 : ◆DbtGHHDsis - 2017/10/12 20:01:23.36 xzo9+88DO 315/596

川内「いや~、私たちが苦労してる最中、お楽しみでしたね~」

川内「てゆーか、結局…敵主力を仕留めきれなかったんだよね…はぁ~」

川内「でも、提督…一人も欠けること無く帰ったことを喜んでくれた。優しいなぁ…♥」


川内「てな訳で!さっそく今夜から提督と遊んじゃうよ~!」



次は誰?
安価下1でお願いします。

481 : 以下、名... - 2017/10/12 20:02:48.73 3RREgmPUo 316/596

不知火

484 : ◆DbtGHHDsis - 2017/10/12 23:23:38.55 xzo9+88DO 317/596

不知火「陽炎型二番艦、不知火です」

提督「あ、どうも」

不知火「本日はお招きいただき、ありがとうございます」

川内「あ、いえ、こちらこそ」

不知火「この不知火…全身全霊、司令との性交と快楽に溺れきる覚悟です!」

提督「はあ…」



提督「川内ちゃん…どう見る?」

川内「どう見るって…」

川内「不知火、最初っから全裸だし」

提督「ほのかに紅潮した肌がエロいけど…目がマジなんだよねぇ」



不知火「不知火に何か問題でも?」

485 : ◆DbtGHHDsis - 2017/10/12 23:45:38.29 xzo9+88DO 318/596

提督「不知火ちゃんに落ち度がって訳じゃなくてね」

不知火「司令…」


ぎしっ…


不知火「陽炎型のみんなから…いろいろ話を聞かされています」


のしっ…


不知火「司令…いえ、おじさんから手と舌でイキ狂わされて」


ぎゅう…


不知火「膣と子宮を精液びたしにされ、トロトロに溶かされる…と」

不知火「ふふ…もう、大きくしてくれているのですね…♥」

提督「ふ…くっくっくっ」

提督「しっとり汗ばんだ不知火の肌が気持ち良いからね」

486 : ◆DbtGHHDsis - 2017/10/13 00:10:00.50 /N9uf5iDO 319/596

提督「なんか、最初から飛ばしたい気分になってきたなぁ…ちゅうぅぅぅ!」

不知火「ふむぅ!?ちゅもっちゅぶっ♥んん~♥れろれろ♥」

不知火「ぷはぁ…あふ…♥」

提督「不知火ちゃんの全身をちゅっちゅしてあげるね~」

不知火「あぁ…ふぁっ♥みみっみみペロペロダメですっ…♥」

不知火「くびすじっ♥あぁっそんなすわれたらぁっ♥」

川内(ひゅ~、ぽっちりキスマークだぁ♥)

提督「ふほぉ~、乳首ピンピンなっちゃったねぇ…れろれろれろ!」

不知火「はぁっはぁっ♥弾かないでっ♥イくっ♥イキまひゅぅっ♥あぁぁぁんっ♥」


びくびくっ!びくんっ!

487 : ◆DbtGHHDsis - 2017/10/13 00:40:13.75 /N9uf5iDO 320/596

不知火「はふっ♥はぁっ!あ…あぁ…♥」


ぬちゅぬちゅぬちゅ…


提督「おやおや…不知火ちゃん、おじさんの太ももに股がって、おま○こスリスリしちゃって…」

不知火「は、はい…♥こうしてると…あっあっあっあっ♥」

川内(げ…おじさんの太ももヌルヌル…)

提督「不知火ちゃん、おじさんにギュッと抱きついて…いっぱいちゅーしようね」

不知火「はい…ふぁっあっ♥んちゅっちゅぷっ♥んんん!ふもっあぷっ♥」

不知火「ぷはっあっあっ!イクっ!またイクっ♥イクイクイクイクぅっ♥」


ぷしゅっ!
ぷしゃあぁぁぁっ…


不知火「あー♥あぁぁ…♥」

488 : ◆DbtGHHDsis - 2017/10/13 00:53:45.20 /N9uf5iDO 321/596

提督「不知火ちゃん、イキまくりだねぇ」

提督「おかげでおじさん、チンポがギンギンだよ」

不知火「あ…あは…♥」

提督「でもおじさん、不知火ちゃんのおま○こペロペロしてないし…」



不知火「はふぅっ!あむ…ちゅぷちゅぷ…♥んふぅっ♥」

提督「れーろれーろ…あぁ~きもち~」

不知火「おじさんのちんちん…♥あっあっダメですっ…♥」

川内(シックスナインかぁ…不知火、身体ビクビクさせながらちんちん舐めてる…♥)

川内(あっあっ…♥どうしても自分で弄っちゃう…♥)

提督「あぁ~チンポがキュンキュンしてきたなぁ」

提督「不知火ちゃん…ザーメン、どっちに欲しい?」

不知火「じゅっぷじゅっぷ…♥し、不知火が選んでいいのですか…?」


不知火「じゃ、じゃあ…このまま後ろから、おま○こに…♥」

489 : ◆DbtGHHDsis - 2017/10/13 01:04:57.12 /N9uf5iDO 322/596

提督「体位までご指定かぁ…よぉし」


くちゅ…ずぷ…


不知火「はぅん…先っちょあつぅい…♥」

提督「一気に…不知火ちゃんにぶちこんであげる…」


ずぷぷぷ…ぬちゅ…


不知火「はぁぁ…あぁ…ん♥」

提督「くぅ…狭い…」

提督「ギンギンチンポでなきゃ挿入できなかったね」

不知火「あぁ…かたくて…あついです…♥」

提督「挿入してしまえば、ぬちゅぬちゅ動いて引き込もうとしてる…いやらしいおま○こだ」

不知火「いやぁぁ…言わないでください…んんっ♥」

490 : ◆DbtGHHDsis - 2017/10/13 01:18:21.49 /N9uf5iDO 323/596

ぬちゅぬちゅぬちゅぬちゅぬちゅぬちゅっ!


不知火「あぁーっ!あぁぁーっ!」


びくっびくっびくっ!


不知火「あぁんっ!あぁーっ♥イッてるっ!イッてましゅうぅっ♥」

提督「すごいねぇ…指一本余ってたチンポが、全部押し込めるようになったよ」

不知火「はいってまひゅうっ♥さきっちょはいってまひゅうぅぅっ♥」

提督「子宮口にめり込んでるんだね、痛くない?」

不知火「いたくないれしゅっ♥あぁぁ~おなかゆれてまひゅうぅっ♥」

提督「じゃあ不知火ちゃんのお腹にっ!精液ドプドプしてあげるっ!」


ぱんぱんぱんぱん!


不知火「うあぁぁっ!なかだしっ♥せーえきなかだしいぃぃっっ♥」


びゅるびゅるびゅるっ!
どくどくどくどくっ!


不知火「おおぉ~っ♥ほおぅっ!おほおぉぉ~っ♥」

川内(すご…完全に白目剥いてる…)

491 : ◆DbtGHHDsis - 2017/10/13 01:22:44.66 /N9uf5iDO 324/596

川内「いやぁ…不知火スッゴいなぁ…絶頂体質ってヤツ?」

川内「あれ、羨ましいんだよね…私も白目剥いてイッてみたいなぁ…」

川内「なら!ガンガン攻めて行かなきゃねっ!」



次は誰?
安価下1でお願いします。

492 : 以下、名... - 2017/10/13 01:26:10.68 UlxXBJUAO 325/596

山風

494 : ◆DbtGHHDsis - 2017/10/13 20:05:06.48 /N9uf5iDO 326/596

川内「お…あれは山風ちゃん…」

川内「うーん、どうかなぁ…えっちいの嫌がりそうだなぁ…」

川内「まあいいや、ダメなら他を当たればいいんだし。お~い山風ちゃ~ん!」



山風「え…今夜?いいよ、別に…」

川内「やめとくって意味だよね…」

川内「まあ…さ!アレだよ、ここは経験だと思ってさぁ?」

山風「だって…」


山風「昨日、いっぱいおじさんに抱かれたし…♥」

川内「…ほへ?」

495 : ◆DbtGHHDsis - 2017/10/13 22:42:40.32 /N9uf5iDO 327/596

山風「ん…んふ…♥」

山風「おじさんのちんちん、中でピクピクしてる…♥」

山風「すっごくあつぅい…ちょっと好き…♥ちゅ…♥」

提督「激しくピストンするのもいいけど…」

提督「入れたまま抱き合うのもいいねぇ」

提督「おじさんのチンポ、山風ちゃんのおま○こにキュッキュされてる…」

山風「はぁ、はぁ…んちゅ…♥」

提督「山風ちゃん…おじさんに乗っかってちゅっちゅするの好きだよね」

山風「うん…♥おじさんの胸おっきくて…♥」


496 : ◆DbtGHHDsis - 2017/10/13 22:54:40.77 /N9uf5iDO 328/596

山風「んっ…んんっ…♥」

提督「山風ちゃん、腰がもぞもぞし出したけど…」

山風「いやぁん…ちんちんキュンキュンするの…♥」

山風「はぁはぁ…♥お股、あっつくなってぇ…♥」

提督「おじさんも…チンポに精液集まってきたよ」

山風「ほん…とう?…ちんちんぴゅっぴゅしたいの?」

提督「うん…したいよ…山風ちゃんのおま○こに精液混ぜ混ぜしたいなぁ」

山風「うん…わかった…♥」


山風「ん…しょ…♥」


ぎしっぎしっぎしっ


提督「あぁ~あぁぁ~」

提督「山風ちゃんがおじさんの上で腰振ってる~」

山風「おじさんっ…きもちよさそうっ…♥」

提督「あぁダメだっ!止まらないっ…!」


びゅるびゅるびゅるっ!

497 : ◆DbtGHHDsis - 2017/10/13 23:07:23.49 /N9uf5iDO 329/596

山風「おじさん…最後は、あたしの腰をわしづかみにして、せーえきぴゅっぴゅしてくれたの♥」

川内「」

山風「でも…ちんちん、ずっとおっきいままで…♥」

山風「あたし押し倒されて…ぱんぱんされちゃうの♥」

川内「」

山風「おじさん…あたしの名前呼びながら、いっぱいちゅっちゅしてぱんぱんしてくれて…♥」

山風「あたし、おじさんに足を絡めて…せーえきびゅーびゅーされちゃった♥」



川内「………はっ!?」

川内「あれ…山風ちゃんは?」

川内「私…悪い夢でも見てたのかな…」



次は誰?
安価下1でお願いします。

498 : 以下、名... - 2017/10/13 23:07:53.54 iSgiPGavo 330/596

蒼龍

502 : ◆DbtGHHDsis - 2017/10/15 20:31:27.59 KL7HhNnDO 331/596

川内「ご指名ありがとうございます♥川内ですっ♥」

蒼龍「そ、蒼龍です…ご指名、あ、ありがとうございます♥」


提督「むうう…泡姫スタイルで来るとは…おじさん意表を突かれたね」

提督「バスローブ姿で三つ指ついてのお出迎え…ありがとう!」


提督「しかし…蒼龍ちゃんを連れてくるとはね」

川内「あ~、私も意外だったけど。乗ってくれたんだよね~♥」

提督「そっかぁ…蒼龍ちゃん、顔真っ赤だけどね」


蒼龍「う…」


蒼龍「は、恥ずかしいけど…頑張ります!」

503 : ◆DbtGHHDsis - 2017/10/15 21:16:00.81 KL7HhNnDO 332/596

川内「さっそくシャワーだねっ!ほらおじさん脱いで脱いで~♥」


ぬがしぬがし…


川内「あっは!さっそく胸板、汗でじっとりしてるぅ♥」

提督「期待して汗かいちゃってるねぇ、むはは」

川内「ズボンの前がもっこりしてる~♥ほらほら蒼龍♥」

蒼龍「えっと…」

蒼龍「ホントだ…っていうか、なんかジリジリ盛り上がって…」

川内「ベルト外してぇ…ズボン脱がしますよぉ…♥」


ずるんっ


川内「んふ…♥なんか生臭ぁい…♥」

提督「川内ちゃん、早くも目つきがうっとりしてる…ぐふふ」

504 : ◆DbtGHHDsis - 2017/10/15 22:58:52.04 KL7HhNnDO 333/596

提督「靴下は自分で脱ごう」

川内「残るはパンツだけだけど…ぷぷっ」

蒼龍「ていと…おじさん、トランクス派なんだね」

川内「ちょっとぉ…おっきしたおち○ちんの先っちょ、ゴムに引っかかってるよ~♥」

川内「ちょっと指かけたら…ぼろんっていっちゃうね」

川内「じゃ蒼龍!いっちゃいなよ~♥」

蒼龍「ええぇぇっ!?」

提督「なぁるほど…蒼龍ちゃん、お願いっ!」

蒼龍「えう…うん…」



蒼龍「じゃ、じゃあ…」

蒼龍「ま、前から…失礼して」


ぐいっ…ぷんっ!


蒼龍「ひゃうっ!わわ…びよんびよんしてる…」

川内「おお~♥おじさんちんちん、今日もガン反りだね~♥」

506 : ◆DbtGHHDsis - 2017/10/16 17:49:48.62 dHZq6NVDO 334/596

川内「よぉ~し、私も脱がなきゃね♥」


しゅる、ぱさ…


蒼龍「………」

川内「あれ、蒼龍脱がないの?」

蒼龍「え…えっと…」

蒼龍「あの…展開が急すぎて…」

川内「ふーむ…やっぱ恥ずかしい?」

蒼龍「そ、そりゃあ…」

川内「まあ、そうだろうね…とりあえず」

川内「おじさんと私で洗いっこして、蒼龍は後でシャワー浴びてきたらいいかな?」

蒼龍「は…はぁ」

提督「んー、三人での洗いっこと思ってたけど…ちょっと寂しいなぁ」

蒼龍「え…」

507 : ◆DbtGHHDsis - 2017/10/16 18:24:02.39 dHZq6NVDO 335/596

提督「っていうか…そのバスローブの下って、何も着てないの?」

提督「蒼龍ちゃんなら、サラシとか巻いてたり…」

蒼龍「あ…う…」

川内「バスローブの下は裸だよ~♥現に私、今全裸だし。あ…なんか私まで恥ずかしくなってきちゃった…♥」

提督「顔を赤くしておっぱい隠しだした川内ちゃん…これまたかわいい!」

川内「おじさんは…おち○ちん隠さないんだね」

提督「今さらねぇ…ま、普段から出しっ放しでも構わないけど」

川内「それじゃ露出狂じゃん!あはははっ!」

蒼龍「は…はは…」


川内「スキありッ!」


ぱぱっ!しゅるんっ!


蒼龍「ひゃああああっ!」

川内「バスローブ奪取成功ッ!…ふぉ~、蒼龍のおっぱいでっけ~…」

蒼龍「ちょっとぉ!…もう」

川内「ほ~ら!シャワーで洗いっこだよ~♥」

提督「良かった、仲間外れはかわいそうだからね」

蒼龍「し、しょうがないなぁ…」

508 : ◆DbtGHHDsis - 2017/10/16 22:56:35.79 dHZq6NVDO 336/596

川内「はーい、おじさん洗ってあげるねー♥ほらほら座って!

提督「ほう、スケベイスってヤツだな、本格的だなぁ」

蒼龍「す、スケベイスって…」

川内「でっへへ~♥まずはシャワーをおじさんに…」


しゃあぁぁぁ…


川内「んで、泡立てたボディーソープをぬりぬり~♥」

川内「あ、前は私がやるから、蒼龍は背中をお願い」

蒼龍「ひぇっ!?は、はい…」


ぬりゅぬりゅ…


提督「おほ~、ソープが泡あわで、なんか変な感じだなぁ」

川内「え~?気持ち良くない?」

提督「実際、他人に洗ってもらうってのはほとんどないからねぇ」

提督「意外に気恥ずかしいものがあるかも」

川内「へえ、なんか意外だなぁ」

509 : ◆DbtGHHDsis - 2017/10/17 00:57:24.77 cS1FfHHDO 337/596

川内「肩から脇、腕もワシャワシャして…」

川内「指も一本ずつキレイにね…」

川内「男の人の指って、やっぱゴツゴツしてるなぁ…」

川内「えへ…えへへ…んっ…♥」

蒼龍「な、なんか川内の目付きが…」

川内「やっぱ想像しちゃうからさ…私の身体、触れられてないとこないなぁ…って♥」

提督「ふひひ、川内ちゃんからいやらしい雰囲気がしだしたねぇ…」

蒼龍(や、やっぱりそうなんだ…)

川内「次は胸…えへ、筋肉ついてカッコいいなぁ…♥」

川内「蒼龍、ちゃんと背中洗ってあげてる?」

蒼龍「えっ!?あぁ、はい…」

川内「お腹も…すごい、腹筋割れてるぅ…♥」

川内「うふ…じゃあおじさん、おち○ちんキレイにしてあげるね…♥」

510 : ◆DbtGHHDsis - 2017/10/17 03:59:45.09 cS1FfHHDO 338/596

川内「いきなり…はアレだから、まず下腹を」

川内「んで、足の付け根と…陰毛もワシャワシャ~」

蒼龍「………」

川内「すっごい視線感じちゃうね♥なんなら代わっても…」

蒼龍「え…いやあの…」

川内「気が変わったら言ってね♥ふふ、カチカチのおち○ちんビヨンビヨンしちゃって…♥」

提督「………」

川内「あはは…おじさん、無言になっちゃってる♥」

提督「いやハハ、なんか見いっちゃって」

川内「照れるなぁ…ってか、アレかな?おち○ちんシコシコしてほしいのかなぁ~?」

提督「ま、まあね」

川内「だ~め♥今は洗ってあげてるんだから…♥」

511 : ◆DbtGHHDsis - 2017/10/17 07:43:53.62 cS1FfHHDO 339/596

川内「おち○ちん洗う前にぃ…タマタマ洗ってあげるね♥」

川内「わぁ…袋がパンパン♥せーえきいっぱい貯まってるぅ…♥」

川内「もみもみしながらワシャワシャ~♥」

提督「うぅむ…」

蒼龍「ごくっ…」

川内「さらに奥の…袋の奥と、お股もね♥ごっしごし~♥」

川内「ここを洗われると、男の人は気持ち良いんだってさ♥ちんちんピクピクしてるもんね~♥」

提督「あっあっ…」

蒼龍「へ、へ~…」

川内「泡をたっぷり付け直してぇ…」

川内「おじさんのお尻も洗っちゃおう♥」

提督「え、そこまでやるの!?」

蒼龍「えぇぇっ!?」

川内「あははっ!おじさんが動揺してる!初めて見たなぁ♥」

512 : ◆DbtGHHDsis - 2017/10/17 09:22:55.58 cS1FfHHDO 340/596

川内「こう、ぐっと身を寄せてね…」

川内「右手でお尻を、左手でタマタマをワシャワシャするんだよ♥」

蒼龍「は…はぁ」

川内「おじさん、ゆっくり行くからね…」

川内「ふふっ、お尻の割れ目全体を洗い洗い~♥」

川内「タマタマもワシャワシャ~♥」

提督「くっ…むう…」


こりこりっ…


提督「ふぉっ!?ぐっ…!」

川内「あっ、お尻の穴にヒットしちゃった。…おじさん、えらく力入ってるね」

提督「あ、あぁ…」

川内「しゃせーしちゃダメだよ~?もったいないしぃ♥」

川内「これから、お尻の穴を洗うから…ガマンしてね~♥」

提督「う、うん…くぅっ!ふうぅっ…!」

川内「穴のふちを洗ってるだけなんだから~♥ガマンガマン♥」


川内「…はいっ!お尻もキレイになりました~♥」

517 : ◆DbtGHHDsis - 2017/10/18 11:57:54.95 4FWqTE1DO 341/596

川内「いったん私の手を洗って…泡を足して…」

川内「じゃお客さん、両足を洗いますね~♥」

提督「えっ…」

川内「むふふー♥おち○ちんシコシコしてもらえると思ったんでしょお?焦ったらダーメ♥」

提督「むむ…」

蒼龍「川内さぁ…そんなの、どこで覚えたの?」

川内「明石に『参考資料』貸してもらった」

蒼龍「はあ…」

川内「では、右の太ももからごっしごし~♥」

川内「左の太ももごっしごし~♥へへっ、目の前でおち○ちんピクピクしてるぅ~♥」

518 : ◆DbtGHHDsis - 2017/10/18 12:29:55.05 4FWqTE1DO 342/596

川内「膝の裏も洗わないとね~にゅるにゅる~♥」

川内「すねとふくらはぎもごっしごし~♥」

川内「お客さん、気持ちいい~?」

提督「う、うん…」

川内「やったぁ♥じゃあ足の先まで洗っちゃうよ~♥」

川内「かかとから足の甲、足の裏…」

提督「うくっくっ…」

川内「くすぐったい?ガマンしてよね~♥」

川内「足の指も一本一本洗っちゃいますね~にゅるにゅる~♥」

提督「ふ~、ふ~」


川内「えへへ♥キレイになったおじさんの足の指でぇ…おっぱいくりゅくりゅ~♥んんっ♥」

提督「おぉう…川内ちゃんのツンツンの乳首…」

蒼龍「おじさんのおち○ちん、ピクピクしっぱなし…」

519 : ◆DbtGHHDsis - 2017/10/18 12:53:07.31 4FWqTE1DO 343/596

川内「また手を洗って…っと。いよいよメインだね♥」

川内「ビンビンのおち○ちんにあわあわ~♥」


わしゃりわしゃり…


提督「はぁ~はぁ~」

川内「あははっ!おじさん、目が必死すぎ~♥」

蒼龍「おじさん、全身がプルプルしてる…ふふっ」

提督「いやぁ、これはしょうがないって…」

川内「ま、ギンギンにしててこそだよね~♥」

川内「じゃ洗って行きまーす♥サオの部分をしこしこしこ~♥」

提督「ぐぐぐ…」

川内「カメさんの首回りもぉ…指でキュッキュして~♥」

川内「裏の筋も念入りにシュッシュしてねっ♥」

提督「う、うぅ…」

520 : ◆DbtGHHDsis - 2017/10/18 13:22:56.80 4FWqTE1DO 344/596

川内「最後は先っちょを洗いまーす♥じゅっぷじゅぷ~…って、なんかネトネトしてるぅ…♥」

蒼龍「おじさん、全身がガタガタし始めたね…」

川内「んも~、これじゃ洗った端から汚れちゃうよ~♥ねぇおじさん、何で先っちょネトネトしてるのかなぁ~?」

提督「い、いやその…」

川内「歯、食いしばってるね~♥なんかガマンしてることでもあるのかな~♥」

提督「うくく…」

川内「教えてくれないなら、シコシコ洗いやめちゃおうかな~♥」

提督「わ、わかった!川内ちゃんの両手で!おじさんのチンポをゴシゴシ洗って射精させてくれぇッ!」

川内「しょーがないなー♥じゃ行くよ?じゅぷじゅぷじゅぷ~♥」

提督「あぁ~あぁぁぁッ!」


がくがくがくがくっ!
びゅるびゅるびゅるぅっ!


川内「ふにゃあぁぁっ!あ…おっぱいとお腹、せーえきでドロドロだぁ…♥」

蒼龍「うわぁ…♥」

521 : ◆DbtGHHDsis - 2017/10/18 13:55:39.13 4FWqTE1DO 345/596

提督「はぁ、はぁ…いやぁ良かったぁ…」

川内「あはは、こっちも達成感あるなぁ…んじゃ、泡をシャワーで流すよ~」


しゃあぁぁ…


川内「よぉっし、完璧だね。私にかけられた精液も流して…と」

川内「それじゃ…おじさん、次は私を洗って?」

提督「ぐふふ、いいとも」

川内「蒼龍は…また背中を洗ってくれる?」

蒼龍「あ、あぁ、うん」


提督「ふっふ…じゃあ川内ちゃんに、このスケベイスに座ってもらってね」

川内「は~い!」

提督「全身を濡らさなきゃねぇ…くっくっくっ」

蒼龍「言い方がねちっこいなぁ…」

522 : ◆DbtGHHDsis - 2017/10/18 15:15:53.62 4FWqTE1DO 346/596

提督「はい川内ちゃん、首上げて」

川内「ん…」


しゃあぁぁ…


提督「肩から腕へ…と」

提督「しっかし、シャワーの水滴が、本当に肌を弾くなぁ」

川内「あはは、おじさんの感想だね」

蒼龍「でも、本当に川内…肌キレイよね…何か秘密があるの?」

川内「うーん…夜更かししないで寝ることかな?」

蒼龍「そんなの川内じゃないよぉ…」

川内「後はやっぱり…『充実した生活』?」

提督「充実って、何が?」

川内「言わせる気ー!?あっははは!」

蒼龍(聞かない方がいいよねぇ…)

523 : ◆DbtGHHDsis - 2017/10/18 15:44:09.53 4FWqTE1DO 347/596

提督「背中も濡らしておかないとね」


しゃあぁぁ…


川内「んっ…」

提督「あれ…熱くはないよね?」

川内「あ、あぁ大丈夫」

提督「なんかピクッとしたみたいだからさ…熱くないなら」

提督「こっちは、もっとピクッとするんだろうなぁ…ちょっと水量弱めて」


しゃあぁぁ…


川内「ふんんっ♥ちょっとぉ!おっぱい狙いすぎぃ…♥」

提督「乳首の周囲から優しく刺激するのがコツだねぇ…ふひひ」

提督「また後で、乳首はアワアワにして洗ってあげるから待っててね」

提督「じゃあお腹と…両足だ」

川内「え…うん」

蒼龍(ここまでは普通だなぁ)

提督「…ところで、おじさんとして聞くんだけど」


提督「シャワーオ○ニーって、したことある?」

524 : ◆DbtGHHDsis - 2017/10/18 18:08:49.16 4FWqTE1DO 348/596

川内「し、しゃわーおなにー!?」

提督「そうそう、シャワーで、アソコにシャーッと」

川内「な、なにそれ!?そんなことしないよぉ!」

蒼龍「………」

提督「蒼龍ちゃん、黙ってるけど…もしかして」

蒼龍「こっちに振るの!?やらないやらない!」

提督「そうかぁ…なら」

提督「この場で体験してみるって流れだねぇ…川内ちゃん」

川内「わ、私ぃ!?」



川内「え…えっと…」

提督「軽く足を広げて…うん、それで充分」

提督「かーるく行くからね…」


しゃあぁぁ…


川内「んううッ!」


びくびくッ!びくんッ!


提督「ほう、いいねぇ…気に入ったみたいじゃない」

川内「うぅ…けっこうクる…♥」

525 : ◆DbtGHHDsis - 2017/10/18 18:26:29.81 4FWqTE1DO 349/596

提督「おじさんを洗って、ちょっと興奮してたんじゃない?アソコがちょっと開いてたんだろうねぇ」

川内「い、いやその…」

提督「どうせ川内ちゃんも、蒼龍ちゃんの目の前で、おじさんに隅々まで洗われちゃうんだし…」

提督「先にいやらしいトコ見せといた方が、後々ノッていけるんじゃない?」

川内「うぅ…どういう理屈なのよ…」



川内「はぁ、はぁ…♥」

提督「タイルの上で、川内ちゃんのM字開脚かぁ…」

川内「やん…恥ずかしいよぉ…♥」

蒼龍「ごくり…」

提督「でも川内ちゃん、目がトロけてるねぇ。見てよ、おじさんのチンポ」

川内「すご…♥もう先っちょ、上向いてる…♥」

提督「ふーむ、川内ちゃんのおま○こもテラテラのヒクヒクだねぇ」

526 : ◆DbtGHHDsis - 2017/10/18 18:47:11.31 4FWqTE1DO 350/596

提督「最初は軽く、おま○こ全体に…」


しゃあぁぁ…


川内「はぁあぁぁんッ♥」

提督「おおっと…強すぎたかな?」

川内「はぁっ、はぁっ…♥」

川内「ちょっ、ちょっと…あの…ジクジクきたっていうか…♥」

提督「悪くはないかな?川内ちゃん、腰フリフリしてるし…くくっ」

提督「もうちょっと長く当ててみよっか」


しゃあぁぁぁぁ…


川内「はッ、はぁッ…ダメっ、これダメぇ…♥」
提督「今度は、大陰唇の内側を狙って…」

川内「んううんんッ!あぁぁぁんっ♥」

川内「ダメだってぇっ!これっこれおかしいっ♥」

提督「なんか、おま○こ開いて当てやすくなってきたなぁ…ひひっ」

528 : ◆DbtGHHDsis - 2017/10/19 12:30:21.13 B/j40xsDO 351/596

提督「もうちょっと強くしてみようか」


しゃあぁぁぁぁ!


川内「あぁぁぁぁッ!」


がくがくがくがくっ!


提督「ピンピンのクリトリスにも当てちゃおっと」

川内「そこダメッ!ダメぇぇっっ♥」

提督「身体がビクビクしてるけど…逃げに入ってるな、蒼龍ちゃん、川内ちゃんを押さえて!」

蒼龍「はっはいっ!」


がしっ!


川内「ばかぁぁぁッ!あぁぁっあっあっ!あぁぁぁぁんっっ♥」

川内「もっイクっ!イクイクイクうぅっ♥らめえぇぇっ♥」


びくんびくんびくんっ!
ぷしゃあぁぁぁ…


川内「はぁッ!はぁッ…あー、あー…♥」

川内「もー…ダメっていったのにぃ…♥」

提督「ゴメンゴメン!…で、初めてのシャワーはどうだった?」

川内「う、うん…」

川内「き、気持ちいいところに…刺激が止まらないっていうか…♥」

川内「うぅー、こんなこと言わせるなんてぇ…♥」

529 : ◆DbtGHHDsis - 2017/10/19 13:05:20.87 B/j40xsDO 352/596

提督「それじゃ、気分がほぐれたところで…」

提督「川内ちゃんをごしごししちゃおう!さ、座って座って!」

川内「んふっ…足がガクガクするぅ…」

提督「まずは首もとから…泡まみれにして…」

川内「くふっ…やん、おじさんのゆびぃ…♥」

提督「肩から腕も泡つけて…」

提督「肌がツヤツヤだから、撫でるだけでキレイになるだろうね」

蒼龍「強く擦ったら逆効果だろうね」

提督「蒼龍ちゃんは背中よろしくね」

提督「おじさんはおっぱい洗っちゃうぞ~うへへ」

蒼龍「おじさん、すっごく嬉しそう…」

川内「はぁ、はぁ…♥」

提督「川内ちゃん、ぽ~っとしちゃってるねぇ」

川内「あん…洗われるのっていいなぁ…って…♥」

530 : ◆DbtGHHDsis - 2017/10/19 13:58:38.29 B/j40xsDO 353/596

提督「おっぱいと言ったけど…まずは綺麗な鎖骨から泡を…」


ぺちょり…


川内「ふぅっんっ…♥」

提督「ほぅっ、垂れ落ちる泡が、おっぱいまで流れちゃうねぇ」

提督「鎖骨ら辺は軽く撫でるぐらいでいいだろうね」

川内「はぁっはぁっ♥」

提督「泡を足していくか…おっぱいの下辺りから」


わしゃり…


提督「あれぇ、川内ちゃんの腰がカクカクしてきた?」

川内「だってだってぇ…じ、焦らされて…♥」

提督「んんー?何の話?」

提督「今は川内ちゃんの身体を洗ってるんだからさぁ…ぐふふ」

川内「やぁん…♥」

531 : ◆DbtGHHDsis - 2017/10/19 15:35:51.79 B/j40xsDO 354/596

提督「先に、脇腹と脇を洗っとこうか」


わしゃわしゃわしゃ


川内「うあぁっ!はぁッはぁッ…♥」

提督「くすぐったいかな?次アバラだけど」

川内「やっ、あの、へんなかんじぃ…♥」

提督「ふむ。うっすら浮いたアバラをゆっくり」

川内「ふ~、ふぅっんっ♥」

蒼龍(川内…ガタガタ震えながら…目が飛んでる…)

提督「よぉし…おっぱいの付け根辺りからからやわやわ~」

川内「んん♥はぅんっ♥」

提督「…何か川内ちゃん、足が開いてきたけど」

提督「ダメだよ~、今上半身を洗ってるんだから」

川内「やっ、やっあん♥」


532 : ◆DbtGHHDsis - 2017/10/19 16:36:46.42 B/j40xsDO 355/596

提督「にしても…川内ちゃん、本当におっぱい大きくなってるねぇ。ほ~ら横から、たぷたぷたぷ~」


ぱちゅぱちゅぱちゅ!


川内「あっあっ♥おっぱい揺らしちゃダメぇっ♥」

提督「乳首は触らないように…おっぱい洗ってあげようね~」

提督「胸の谷間もキレイキレイに…」

川内「な、なんで乳首触ってくれないのぉ…?」

提督「いや、最後に洗ってあげようかなーっと」

川内「あ、あぁぁ…」


がくがくがく…


川内「も、もうダメっ♥おじさんのゴツゴツのゆびでぇ♥いっぱいいじってほしいよぉ…♥」

提督「ふひひ…ウルウルの目で見上げられてはねぇ」

533 : ◆DbtGHHDsis - 2017/10/19 17:14:25.67 B/j40xsDO 356/596

提督「指をご所望とのことでぇ…」

提督「えーと、人差し指?親指がいいかな?」

川内「あぁぁ!はやくぅ、はやくぅぅっ!」

提督「答えは…両方でコシコシだッ!」


くちゅくちゅくちゅっ!


川内「あぁぁぁんっ♥もっとぉ!もっとぉぉっ♥」


ぷしっ!ぷしゃあぁっ!


提督「おいおい川内ちゃん、腰振りたくりじゃないか…潮まで吹いちゃって」

提督「人差し指で乳首ぴろぴろぴろ~」

川内「んぐぅ!んあぁぁっ!」

提督「最後に、強めにギュッと…」

川内「らめえぇぇっ!イクっ♥イッちゃううぅぅ~ッ♥」


がくがくがくがくっ!


川内「はぁッ!はぁぁッ!あぁ~…あぁ…♥」

川内「イッちゃったぁ♥おっぱいでイッちゃったぁ…♥」

蒼龍(スゴい、川内…おっぱい弄られてイッてる…)

541 : ◆DbtGHHDsis - 2017/10/20 12:28:07.21 NEvImOvDO 357/596

提督「よーし続きだ」

提督「お腹と腰周りを洗うからね」


わしゃわしゃ…


提督「ふむぅ、かわいいおへそだな…かるーく周りを洗っとくね」

川内「あっあぅ…♥」

提督「腰周りも軽く…だな」

川内「な、なんでぇ…?」

提督「モゾモゾしすぎだよ川内ちゃん。後で重点的に洗うからさ」

川内「や、約束だよ?」

提督「もっちろん!」

提督「んじゃ、川内ちゃんのマネで、足を洗っていくかな…」

提督「泡をつける前に太ももなでなで~…」

提督「ほぉうッ!ツヤッツヤでありながらねっとり吸い付く感触!」

提督「締まってるのにむっちり感がある…不思議な肌触りだぁ…」

川内「おじさんのスケベ…♥」

542 : ◆DbtGHHDsis - 2017/10/20 13:08:44.24 NEvImOvDO 358/596

提督「じゃあ泡をたっぷりつけて~」

提督「撫でるように洗うんだったね、蒼龍ちゃん?」

蒼龍「いやあの、擦ったら逆効果ってだけで…」

提督「うひひひ!蒼龍ちゃんのアドバイスに従って…なーでなで~」

川内「ふあっ!洗い方やらしいよぉ…」

提督「内側もなでなで~…川内ちゃん、足閉じちゃダメじゃないか…付け根まで洗えないよ」

川内「は、恥ずかしいし…♥」

提督「そうだろうね、ピクピクしてるとこ見られるのはねぇ」

川内「あ、あ…♥」

提督「いやっはっは!女の子を洗うのって楽しいんだな!新たな発見だったね~!」

蒼龍「こんなご機嫌な提督…初めて見たなぁ…」

543 : ◆DbtGHHDsis - 2017/10/20 16:35:02.37 NEvImOvDO 359/596

提督「では足を洗っていくかな」

提督「すべすべの太ももから改めて…」

わしゃりわしゃり…

川内「うあぁ…♥」

提督「膝と、膝の裏もつるつると~」

提督「すねとふくらはぎもスリスリ…キレイな足だ」

川内「やっ、やん…♥」

提督「くるぶしからかかとに行くよ…川内ちゃん、足あげて」

川内「う…うん」

提督「足の甲と足の裏もきちんと洗わないとね」

提督「おや…くすぐったい?身体がピクピクしてるけど…」

川内「くすぐったいし…変なかんじだよぉ…♥」

提督「続けて構わないよね?さぁて…足の指の股もコシコシして行くよ」

545 : ◆DbtGHHDsis - 2017/10/20 16:54:59.86 NEvImOvDO 360/596

ぬちゃり、ぬちゃり…


蒼龍(な、なんか…洗い方がねっとりしてきた…)

川内「うぅ…うあぁん…♥」

提督「うーむ、プニプニしてるなぁ…当たり前だけど、おじさんの足とは違うねぇ」

川内「にゅるにゅるダメぇ…はぁーはぁー♥」


提督「ひひっ、洗うのも楽しいけど、ただ…」

川内「………?」

提督「川内ちゃん、足あげてるからさぁ…」

提督「川内ちゃんのアソコがチラチラ見えてるんだよねぇ…ぐふふ」

川内「おじさん、ヘンタイだぁ…」

蒼龍「ヘンタイだよねぇ…」

546 : ◆DbtGHHDsis - 2017/10/20 17:13:51.75 NEvImOvDO 361/596

提督「足、洗い終わったよ…いったん手を洗おう」

提督「よし、さて…川内ちゃん、既にフラフラだけど」

川内「だ…だって…♥」

提督「ふむ…」


ぬちゃあ…


川内「やあぁんッ!いきなり触るのダメっ♥」

提督「ありゃ、もうおま○こビチャビチャだったか…見てみて、糸ひいてる」

川内「あぁ…やだぁ♥」

蒼龍(うわぁ…)

提督「なるほど、こりゃ念入りに洗ってあげないとね」

提督「川内ちゃん、観念して足を開きなさい…ひへへ」

川内「ふうぅ…は、はい…♥」


ぷちゅっ、にちゅ


提督「ほぉうッ!スケベイスのへこみに、川内ちゃんのいやらしい汁が垂れてる」

提督「おま○こもウネウネしてヒクヒク…音が鳴ってるねぇ」

550 : ◆DbtGHHDsis - 2017/10/23 02:18:31.54 JqVzqETDO 362/596

提督「川内ちゃんのお股に、たっぷり泡をつけて…」


わしゃあ…


川内「あうぅん…♥」

提督「もう身体がぎくんぎくんしてるけど…」

提督「お尻の割れ目にも泡をつけなきゃ…」

川内「はぁっはぁっ♥そ、そっちも…?」

提督「もちろんだよぉ。あんまり身体動かさないでね」

提督「まずは外側から…」

わしゅわしゅ…


川内「はぁっはぁっ」

蒼龍(川内、足がガクガクしてる…)

提督「割れ目は、指でさするように…」

川内「ひうっひうぅっ♥」

551 : ◆DbtGHHDsis - 2017/10/23 02:38:17.84 JqVzqETDO 363/596

提督「大陰唇を、左手で開きながら、右手でシュコシュコ~」

川内「あっあっあっ♥」

提督「うーん、後から後からヌルヌルが出てきて泡と混じっちゃうなぁ」

提督「ま、仕方ない。気にせず行こう」

川内「い、イキそ、イキそう…♥」

蒼龍(うわ…開いた足が爪先立ちしてる…)

提督「えぇ…ちょっとガマンしてくれないかな?」

川内「だって、だってぇ…♥」

提督「しゃべるとガマン出来なくなるからね、歯ぁ食いしばってさ」

川内「う、うぐぅ…!」


提督「よしよし。じゃあ続きだな」

提督「膣の中まで洗う必要は無いそうだね、膣分泌液が常に膣道を清浄にしてくれるんだそうでさ」

提督「しかし、外部は別だ…大陰唇と小陰唇、クリトリスはきちんと洗わないとね」

提督「川内ちゃんも気になるだろ?マンカスがさ、うははっ」

川内「んんん!んんー!」

蒼龍(川内、涙目で首振ってる…)

552 : ◆DbtGHHDsis - 2017/10/23 02:59:21.58 JqVzqETDO 364/596

提督「大陰唇をつまんでこする感じでキュッキュして…」

川内「ふー!ふうぅぅっ!」

提督「小陰唇は上下にこする程度だ」

川内「お、おじさん…イキたい、イキたいよぉ…♥」

提督「ダメダメ…イッたらいやらしい汁がドバッと出て、泡が流れちゃうだろ?」

川内「いうぅ…んぐ…♥」

提督「おっ?川内ちゃんの乳首、ピンピンに尖ってるね…」

提督「指で弾いて遊びたいが…しかし、おま○こ洗うのが先だ」

提督「さて川内ちゃん、気をつけてね。今からクリトリス洗うから」

川内「………ッ!」

提督「まず…クリトリスの根元を親指と人差し指で軽くつまんで…」


ぬちゅ…


川内「あ、あ…♥」

川内「ダメっイクっ♥あっあっあっ♥」

川内「んくっ!イクっイクイクイクイクぅっ♥」


がくがくがくがくっ!
ぷしゃあぁぁぁ…!


川内「あ~♥あはっ♥でちゃったぁ…♥」

553 : ◆DbtGHHDsis - 2017/10/23 03:21:03.76 JqVzqETDO 365/596

提督「ありゃ…川内ちゃんの潮で、おじさんの手と腕がビチャビチャだな」

川内「ごめ、ゴメン…♥」

提督「別にいいんだけど、クリトリス洗いは続けるよ?」

提督「指でくにゅくにゅしながら、根元から念入りに…」

川内「あぁッ!あぁ~ッ!」

提督「全体をきっちり洗って…」

川内「イクぅっ♥またっまたイッちゃうよぉっ♥」


ぽたっ、ぽたたっ…


蒼龍(わわ…お汁が、イスのへこみにポタポタ落ちてる…)



川内「はっ…はっ…あぁ…んはぁ…♥」

提督「クリ洗い、頑張ったね川内ちゃん…口からよだれ垂れてるけど」

川内「はぁ~はぁ~♥あは、あははぁ…♥」

蒼龍(川内の目…完全にイッちゃってる…)

554 : ◆DbtGHHDsis - 2017/10/23 04:59:45.97 JqVzqETDO 366/596

提督「さあ、最後だ。気合い入れて行くからねぇ」

川内「さ、最後って…?」

提督「川内ちゃんのお尻だよ」

川内「い、いいよ、そんな…」

提督「川内ちゃん、おじさんのお尻洗ってくれたじやない。お礼にさ」

川内「お礼って…きゃあぁぁッ!?」

提督「ほぉ~ら、前と後ろからワシャワシャ~」

提督「スケベイスって便利だよねぇ、手ぇ突っ込み易くてさ」

川内「やだ、やだぁ…んひぃッ!」

提督「川内ちゃんのお尻の穴をくりゅくりゅ~ぐへへ」

川内「もっ!もういいからぁ!きたないからぁッ!」

提督「だーいじょーぶ!ふちを洗うだけだって!くりゅくりゅくりゅ~」

蒼龍「あ、あわわ…」

川内「ダメぇ…あぁ~ダメぇぇ~♥」

提督「川内ちゃん、力抜けてきたねぇ…うひひ」



提督「いよし!全部洗ったよ川内ちゃん!シャワーで流すよ~」


しゃあぁぁぁ…


川内「あはは…♥あんっ♥おしりまでぇ…おじさんにあらわれたぁ…♥」


続き
【艦これ】川内「やっぱ夜はいいよね~」【安価・コンマ】(後編)

記事をツイートする 記事をはてブする