1 : 以下、5... - 2017/11/02 18:57:52.430 WGUjhBYZ0 1/46

妹友「一回舐めれば3時間は効果が持続するの」

「へえ……」

妹友「あげるけど、くれぐれも近親相姦には使わないで」

「うん!」

元スレ
妹「耳元で囁くだけでお兄ちゃんを射精させられるようになるアメ??」
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1509616672/

2 : 以下、5... - 2017/11/02 18:59:45.467 WGUjhBYZ0 2/46

「ただいまぁー」

「!」

「お兄ちゃん、おかえりなさい!」

「あ、ああ。なんだよ、元気イイな」

「そう? そうかなー、えへへ」

「……?」

「ねえ。後で部屋遊びに行っていい?」

「いいけど、なんで?」

「それはイってのお楽しみぃ」

5 : 以下、5... - 2017/11/02 19:02:09.183 WGUjhBYZ0 3/46

コンコン

「どうぞ」

「お邪魔しまぁす。お兄ちゃんのとこ来たのって久しぶりだよね」

「そうだな……で何やってんだよ」

「えっちな本とかビデオとか無いかなーって」ゴソゴソ

「ねえよっ」

「あ、そっか! 今時のえっちなのはパソコンとかスマホにしか入ってないんだね!」

「……ガキが何言ってんだ」

「もう年齢二ケタになったもーん。ね、だっこ」

「だっこはガキがされるもんだぞ」

「じゃあガキでいいからだっこ、だっこぉ!」

「はいはい」

「ん~~~♡」ギュッ

8 : 以下、5... - 2017/11/02 19:03:26.345 WGUjhBYZ0 4/46

「今日はホントどうしたんだよ。随分甘えんぼだけど」

「そういう日なの。お兄ちゃん、私ってカワイイ?」

「はいはい。可愛い可愛い」ナデナデ

「そーいうのじゃなくてー、顔とかちゃんとカワイイかってこと」

「お前、学校でモテるっていつも自慢してるじゃねえか」

「それは学校の男子の話だもん。お兄ちゃんから見てもカワイイ?」

「知らねえよ毎日見てるし」

「ブブー! 不正解。罰としてお兄ちゃんには今から恥ずかしい目にあってもらいます」

「は?」

9 : 以下、5... - 2017/11/02 19:04:35.484 WGUjhBYZ0 5/46

「耳貸して―――お・に・い・ちゃん♡」

「!!」ゾクゾクッ

「……イっちゃって♡」

「んひっ!?」ビクッ

ドプッドプププッ…

「あはっ。ホントにどくどくしてるぅ……♡」

10 : 以下、5... - 2017/11/02 19:05:12.668 WGUjhBYZ0 6/46

「な……ぁ、なんで……ッ!?」

「えへへ。キモチよかった? お兄ちゃん」ギュッ

「ちょっと待て! と、とりあえず一回降りてくれ!」

「ダぁメ。ほら、もっと―――」

「キモチよくなっちゃお……♡」ボソボソ

「イひゃ!?」ビクッビクッ

「いっぱいいっぱいしゃせーしてね?♡ お兄ちゃん……♡」ボソボソ

「あ゛ぅぅ!? はひぃぅ!?」ビクッビクッ

「すごーい。どんどん出ちゃってるね」

13 : 以下、5... - 2017/11/02 19:07:14.481 WGUjhBYZ0 7/46

「見て。ズボン、もうせーしで染みができてる……♡」

<タダイマー

「あっ。ママ帰ってきちゃった」

「ハァ…ハァ…」

「うーん。しょうがないから私、自分の部屋戻るね」

バタン

(……なんだったんだ……!? どうして、俺……)

バタン

「お兄ちゃん!」

「!?」ビクッ

「また後で、いーっぱいキモチよぉくしてあげるから、楽しみにしててね……♡ えへへ」

15 : 以下、5... - 2017/11/02 19:09:42.425 WGUjhBYZ0 8/46

夜。

「……」

(結局、あれから来なかったな……)

(いやいや。今日来るって行ってたわけじゃねえし、妹にイカされるの期待してるとかじゃないし!)

「……」モゾモゾ

(ただ聞きたいことあるし、口止めとかしとかないとマズい気もするし……)

コンコン

「!」

『お兄ちゃん……まだ起きてる……?』

「……起きてるよ」

16 : 以下、5... - 2017/11/02 19:11:59.768 WGUjhBYZ0 9/46

バタン

「ど、どうした?」

「んーとね……また甘えんぼしていい?」

「……」

「一緒に寝たらダメ?」

「……ダメってことはないけど。お前、その……さっきの」

「わーい!」ゴソゴソ

「あっコラ。話させろよっ」

「お布団入ってからでいーじゃん! ほらもう入っちゃった」

17 : 以下、5... - 2017/11/02 19:14:08.519 WGUjhBYZ0 10/46

「ぎゅーってして、ぎゅーっ」ギュゥ

「ハァ……はいはい」ギュッ

「えへへ。お兄ちゃんだーい好き」スリスリ

「そっか、ありがとなー」ナデナデ

「大好きだからぁ……お兄ちゃんが期待してるコト、したげるね……♡」

「……!」

18 : 以下、5... - 2017/11/02 19:14:26.162 WGUjhBYZ0 11/46

「……」ドキドキ

「上に乗るから。もっとちゃんと、ぎゅうって……」

「……」ギュッ

「あ……あのさ、俺は、別に」

「イっ、ちゃ、え♡」

「ふぁぁッ!」ビククッ

「別に―――な・あに?♡」

「ひうぅ!」ビクビクッ

19 : 以下、5... - 2017/11/02 19:14:59.675 WGUjhBYZ0 12/46

「ハひ、ひっ、ハァ……」

「えへへ。お兄ちゃん、キモチよさそーなお顔になってるぅ。期待してたでしょ?これ」

「ハァ、おッ、お前、どうやって……!?」

「んー、分かってるくせにぃ」

「私に囁かれるとね―――お兄ちゃんはそれだけでイケちゃうの♡」

「んな……バカな」

(ホントはアメのおかけだけど)

21 : 以下、5... - 2017/11/02 19:18:18.730 WGUjhBYZ0 13/46

「信じてくれなくてもいーよ。結果はいっしょだもんね」

「それにお兄ちゃんだってさっきから……私のコト離そうとしないしぃ♡」

「う……っ」

「またイクよ―――お兄ちゃん♡」ボソボソ

「イひぃぃッ」ビクビクッ

「だーい好き♡」ボソボソ

「あふっほひ!」ビクビクッ

「だからもっと良くなってね……はい、せーしびゅぅぅ♡」

「ひゃひぃぃ!」ビククッ

「びゅー♡ びゅー♡ びゅーびゅーびゅ♡」

「ンぎっ! おひぃぅ!? んああぁぁ゛ッ!!?」ビクビクビクビクッ

23 : 以下、5... - 2017/11/02 19:19:55.913 WGUjhBYZ0 14/46

「あ~らら。お兄ちゃんたらお漏らしいっぱい。もうパンツもお布団の中もグッショグショだよぉ?」

「……ォ、ほひ……ぁ、ぅぅ……」

「えへへ、幸せそ♡ でももうせーし無くなっちゃったみたいだね」

「けどね。びゅーってできなくてもイクのはできるから……まだまだ続けてあげるね? お兄ちゃん♡」

「ぁ、ぁぁ、うぅぅ」

「好・き♡」ボソッ

「!!?」ビクンッ

「好き。好き。好き。好き好き、好き、好き好きぃ♡ 好き好き好き好き好き好き好き好きっお兄ちゃん、だぁい好き♡♡」

「ア゛、ア、ァァァァァァァァァァァァァァァァァ……っっっ」ビクビクビクビクビクビク…

25 : 以下、5... - 2017/11/02 19:23:19.423 WGUjhBYZ0 15/46

翌日。

妹友「あれ、使った?」

「うん! もうね、すっごい効き目だったの! ありがとう友ちゃんっ」

妹友「そう……良かった」

「でもね。問題もあって」

妹友「なに?」

「え、えっとね。男の人のアレって、出せる量あんまり多くないでしょ?」

「だからお兄ちゃんも、たくさんイったけど途中からはびゅううってできなくて。ちょっとツラそうだったかなって」

妹友「……そう言うと思って、今日はこれも持ってきた」コトッ

「なにこれ? 筒……?」

28 : 以下、5... - 2017/11/02 19:25:06.156 WGUjhBYZ0 16/46

妹友「そう。筒のこちら側にお兄さんの顔写真―――小さいのでいいから―――入れれば完成」

妹友「これを牛乳に浸しておけば、牛乳を精液に変換してお兄さんのほうに補充してくれるの」

「ふえー……不思議だね」

妹友「でも、決して近親相姦には使わないで」

「うん! ありがとう友ちゃん!」

36 : 以下、5... - 2017/11/02 19:30:41.242 WGUjhBYZ0 17/46

「ただいまぁー」

「!」

「お兄ちゃんおかえりなさい!!」ガバッ

「おわ!?」

「はい。ただいまのチュー」

「……いや、それはさすがに。な?」

「えー。昨日の夜だって、仲良しこよしであんなにチュウしたじゃん」

「ぐ……」

「ン~♡」

「……」

チュッ

「ふぁ……♡」トロン

「えへへ。おにいちゃぁん」スリスリ

38 : 以下、5... - 2017/11/02 19:31:39.136 WGUjhBYZ0 18/46

「そ、それであれだ。言われた通り買ってきたぞ牛乳。1.5㍑のデカいやつ」

「わぁい、ありがと!」

「なんで急に牛乳なんだ? 背でも伸ばしたいとかか?」

「んーとねえ。それは教えてあげない」

「でもちゃあんとお礼するから。楽しみにしててね♡ お兄ちゃん」

「……ゴクッ」

39 : 以下、5... - 2017/11/02 19:33:30.569 WGUjhBYZ0 19/46

「―――あ。ねえママ、お兄ちゃん今お風呂?」

「そうよ」

「私も一緒に入ってきていい?」

「いいけど……どうして?」

「やったぁ! 最近ねぇ、お兄ちゃんが私の相手してくれる方法考えたの」

「ふぅん。いいけど、あんたもいい加減お兄ちゃんから卒業しなさいよ?」

「やだー。じゃ、お風呂行ってくるねっ」トテテッ

42 : 以下、5... - 2017/11/02 19:36:33.405 WGUjhBYZ0 20/46

(牛乳のパックに筒入れて、と)

ガララッ

「……ッ!?」

「お兄ちゃん。私も一緒に入る!」

「なに言……って、なんで水着着てんだ」

「わぁお兄ちゃんのドすけべー。〇学生の妹の裸なんて見たいんだ?」

「小〇生で実の妹だからだろ……わざわざ隠すようなもんかよ」

「ふーんだ。その妹だっこしたまま、いっぱいいっぱいしゃせーしちゃったくせにぃ♡」

46 : 以下、5... - 2017/11/02 19:39:52.949 WGUjhBYZ0 21/46

「あ……ッ、あれは! どういう仕掛けか分からんが、なにかヘンな事したんだろ!?」

「ヘンなことしたのはお兄ちゃんだよ」

「痛いくらい私のことぎゅってしながら、あーあー言いながら、たっくさんお漏らししたよね……?♡」

「だからっそれが―――」

「なんで前隠してるの?」

「!」

「えへへ。当ててあげよっか? もうボッキしてかたぁくしちゃってるんでしょ。お兄ちゃんのぉ、お、ち、ん、ち、ん♡」

「またキモチーことしてもらえるって喜んでるんだよね?」

「う……違……」

「じゃあ私の水着でコーフンしたの? やぁん、変態ぃ」

「な、なわけないだろ!」

「じゃあどうしてもうおっきくしてるのかなー? してないって言うなら見せて」

48 : 以下、5... - 2017/11/02 19:42:03.720 WGUjhBYZ0 22/46

「ぅ……」

「……もっと素直になって欲しいなぁ……」

「お兄ちゃん。だっこ……♡」

「……ゴクッ」

「はやくぅ」

「……」ギュッ

「ン♡ ほら、やっぱりぃ♡ お兄ちゃんの、すっごくかたーくって……グリグリ当たってる……♡」

51 : 以下、5... - 2017/11/02 19:44:04.939 WGUjhBYZ0 23/46

「えいっえいっ」グリグリ

「ぁ……くぅっ!?」

「くぅ、だって。えへへ。可愛いお兄ちゃん、今日もたくさん幸せにしてあげる」

「ハァ……ハァ……」

「ありゃ。もう我慢できなくなってきちゃったの……? じゃあお耳、貸して」

「お風呂出るころには……スクール水着見るたびにしゃせーで頭いっぱいになるクセがつくくらい、びゅーびゅーさせちゃうね♡」

「まず一回目―――イっちゃって♡」ボソッ

「ふあっあぁ!」ビクンッ

ビクッビュルルルルルルッ

「二回目。はい、びゅ~~~ぅ♡」

「ンひぅぅっ」ビクビクッ

ドプププププププッ

「三回目ぇ。今度はながぁくイこうね♡」

「ああ゛あ゛あ゛ァァァァァ!!」ビクビクッ

ドビュルルルルルルルウルルル……ッッ

「もっと♡ もっと♡ もっと♡ もっとイってイってイって♡ お兄ちゃん♡♡」

54 : 以下、5... - 2017/11/02 19:46:35.279 WGUjhBYZ0 24/46

「あひぅッ! ンああ!! ふぁっヒャああっァァ!!」ビクッビクッビウッ

「すっごぉい♡ ホントにどんどんせーし出てくる……♡」

「お兄ちゃん、キモチいい? ねえキモチいい?」

「お、おひ……きもひ、ぃぃ……アアあッ!」ビククッ

「えへへ。喜んでくれてうれしー♡」

「さっき準備しといたからまだまだしゃせーできるハズだよ! ね、お礼のちゅーは?」

「ぁ……ンぁ、ハァ、んむ」チュッ

「ん~~~ちゅっ♡ はぁぁ、おにいちゃぁん……♡」ポ~

「だーい好き、お兄ちゃん……♡ お兄ちゃん♡ お兄ちゃん♡ イって♡ イって♡ びゅーってびゅーってして♡ おにいちゃぁん♡」

「ンひっあひっひぅっンぉほっあっイぎひぃぃっアアああっあ―――!!」ビクビクビク

56 : 以下、5... - 2017/11/02 19:53:03.679 WGUjhBYZ0 25/46

「―――……ァ……ぅぅ……」

「ハァ、ん……せーしの匂い、すごぉい……♡」トロン

「……見てお兄ちゃん、私の水着も、タイルもどろっどろだよ♡」

「……ァう……ぁっ」

「えへへ。すけべお兄ちゃんったら、何回しゃせーしたんだろ。100回は絶対超えたと思うんだけど」

「たっくさん出せるのはお兄ちゃんが買ってきてくれた牛乳のおかげなんだよ。それで私ね、がんばって計算したの」

「そしたら1.5㍑あれば300回くらいイけそうって……だからきっとまだお漏らしできるはずだよね♡」

「……!」

「でも、そろそろお片付けして出ないとママにバレて怒られちゃいそうだから、残りは寝る時、ね?」

「……」コクコク

「素直なお兄ちゃん、よくできました♡」ナデナデ

57 : 以下、5... - 2017/11/02 19:53:48.818 WGUjhBYZ0 26/46

翌日。

「はふぅ……」

妹友「なにため息ついてるの」

「思い出しー。昨日ね、すっごかったのぉ……はふぅ」

妹友「その様子だと筒、使ったのね」

「もっちろん! 1.5㍑牛乳2パックも使っちゃった!」

「でもね……ちょっと気になることがあるの」

妹友「確かに色々気にしたほうがいいとは思うけど、なに?」

59 : 以下、5... - 2017/11/02 19:59:35.811 WGUjhBYZ0 27/46

「お兄ちゃんってば、私の声でばっかりイくでしょ?」

「キモチ良くなってくれるのは嬉しーけど、声でだけってのもちょびっと寂しいかな……って。だっこはしてくれるけど……」

妹友「つまり。例えばもっと肌の触れあうようなことをしたいの? それで夢中にさせてみたい?」

「う、うん。そんな感じ。ねえ、私ってワガママなのかな?」

妹友「我儘だとは思うけど―――いいものがあるわ」

「え!? なになに!?」

妹友「このボディソープとシャンプー。容器の表面にお兄さんの名前を書いて使ってみて」

「……そしたらどうなるの?」

妹友「三日もすれば、手触りだけでお兄さんをメロメロにできる髪と肌になれるわ。ただし間違っても近親相姦に利用しないでね」

「分かってる! いっつもありがと!」

62 : 以下、5... - 2017/11/02 20:03:14.456 WGUjhBYZ0 28/46

「……」テクテク

(『また牛乳買ってきてねお兄ちゃん』か。てことは今夜も)

「……ゴクッ」

(あ、マズい、勃ってきちまった)

妹友「―――こんにちは」

「ん? あ、こんにちは。えっと……妹の友達の」

妹友「はい。それです。お兄さん、少しお時間いいですか?」

「え。いいけど、何?」

妹友「お話があるんです。どこかお店に案内するのと、小学〇見て道端で勃起してると叫ばれるの、どっちにします?」

「なんで脅すの……? いや、まあ、そこのカフェでも入るか」

63 : 以下、5... - 2017/11/02 20:03:55.474 WGUjhBYZ0 29/46

店員「いらっしゃいませ!」

妹友「こっそりお話したいので、あそこの端の席がいいです。ボタンで呼ばなければ店員さんからも死角になりますし」

「小〇生なのにしっかりしてるなー」



「好きに注文していいよ。当たり前だけどおごるから」

妹友「それでは二人ともミルクティーで」

「俺のも決めるのか……」

66 : 以下、5... - 2017/11/02 20:05:53.990 WGUjhBYZ0 30/46

コトッ

店員「ご注文以上でお揃いでしょうか? それではごゆっくりお過ごしください」ペコリ

「―――で。話って?」

妹友「はい。大体気づいてるとは思いますが、妹ちゃんのことです」

「……」

妹友「最近、ひょっとして、万一を考えて聞きますけどお兄さんに対しておかしな行動をしてませんか?」

「え。べ、別に。うん。なにも」

妹友「ホントですか?」

「無い、無いって。友ちゃんはなにか思い当たるの?」

妹友「例えば、耳元で囁いて毎晩お兄さんをイカせまくったりはしてませんか?」

「ブボッ!!?」

67 : 以下、5... - 2017/11/02 20:08:57.962 WGUjhBYZ0 31/46

妹友「やっぱり。してるんですね」

「げほっ、ごほっ!」

「と……友ちゃん、なっなんでそんなこと思うの!?」

妹友「妹ちゃんにアメなどをプレゼントしたのは私だからです」

「アメ……?」

妹友「はい。舐めてから3時間、耳元で囁くだけでお兄さんをイかせることができるようになるアメです」

「ええー……」

妹友「使い方には気をつけるように伝えておいたのに……」

68 : 以下、5... - 2017/11/02 20:10:42.189 WGUjhBYZ0 32/46

(ど……どこまでホントの話なんだ……? 確かに妹のアレやソレは不思議だったし、友ちゃんがある程度知ってるのは間違いないみたいだけど)

(アメでそんなことになるってのはマジなのか? いやそれより、さすがに認めるわけには……どうにか誤魔化さないと!)

「あのさ、友ちゃん」

妹友「信じてませんね? お兄さん」

「え?」

妹友「私の話、半信半疑に聞いてますよね」

「ま、まあそれはだって。妹が俺とおかしなことしてるなんて言うから―――」

妹友「……そっちの席に行ってもいいですか?」

69 : 以下、5... - 2017/11/02 20:13:50.968 WGUjhBYZ0 33/46

妹友「失礼します」ストン

「……どしたの?」

妹友「論より証拠と思って。これ、見てください」

「リップ? 今時は子供でもこーいうの持ってるのか……」

妹友「これは特別製です。塗ると唇がつるつるぷるぷるになって」

「宣伝文句みたいだな」

妹友「これを塗った唇をお兄さんが見ると、どうしようもなく惹きつけられてキスしたくてたまらなくなるんです」

「……は?」

妹友「実証しますね」ヌリヌリ

「しなくていい! ちょっと、待って待って友ちゃん!?」

妹友「ン……さあ、どうですか……? お兄さん」

71 : 以下、5... - 2017/11/02 20:22:59.494 WGUjhBYZ0 34/46

「ど……っ、どうって」

妹友「……」

「……う……! ぁぁっ」ギュッ

妹友「あっ」

チュッ

「!」ゾクゾクッ

妹友「ハァ……ん♡ 一回でいいんですか?」

チュッ
チュゥッ

妹友「んっン……ぁっ、んぅ……♡」

74 : 以下、5... - 2017/11/02 20:30:10.045 WGUjhBYZ0 35/46

チュッ
チュパッ、チュプッ、チュッ

(ヤバいヤバいヤバいっ俺、なにやってんだ!?)

妹友「ハァん、チュ、んぁ♡ ハァ、ちゅっ、んんぅ……っ♡ ン、ちゅぅぅ……♡」

(妹の友達の、〇学生相手に―――ヤバい、けど止まんな―――)

チュッ、ムチュ、チュプゥ

(キモチイイ、ぼーっとする……これ、キスだけで、俺……)

妹友「ん……っと。そこまでです、お兄さん」スッ

「あ……ぅぅ……ハァ、ハァ」

妹友「ふぅ。初めてのキスはミルクティーの味がしました」

99 : 以下、5... - 2017/11/03 01:18:12.125 wHijEfCQ0 36/46

「ただいまー」

「えへへ、お兄ちゃんお帰りっ・v

「あれ、母さんは?」

「今日は仕事で帰れそうにないって~」

「そ、そうか...」

「...お兄ちゃん、またエッチな事考えてる?昨日みたいにして貰えるとか思ったでしょ?」

「っ......」

102 : 以下、5... - 2017/11/03 01:33:32.051 wHijEfCQ0 37/46

その後。

「お兄ちゃ~ん♡今日もいっぱい出しちゃおうね?」

「...その前に、何で制服のままなんだ?」

「だってぇ、お兄ちゃんもこういうの好きでしょ?ほら、ここももうこんなになってるよ♡」スリスリ

「うっ...こら、触ったら...」

「じゃぁ1発目イってみよっか♡」

「んぁ...っ!くぅ...っ!」ドピュッ

104 : 以下、5... - 2017/11/03 01:41:45.490 wHijEfCQ0 38/46

「あーあ、お兄ちゃんの精子かかっちゃたぁ♡制服姿の妹にかけて興奮してるの?」

「そんな...してるわけ...っ」

「あれぇ♡こんなに大きくなってるのに?」シコシコ

「っぅ...こら、やめろ...っ!」

「今度は妹に手でされてるね♡そろそろ出ちゃいそうかな?」シコシコ

「くぅ...!」

「でもね、まだイっちゃダメだよ?」

「!」

106 : 以下、5... - 2017/11/03 01:50:34.926 wHijEfCQ0 39/46

「イきたいならちゃんとお願いしなくちゃっ♡」

「...」

「言えないの?だったらこのまま焦らすだけだけど♡」

「......せて」

「なぁに?聞こえなーい♡」

「...イかせて...くださいっ!」

「よく言えましたぁ!イってよし♡」シコシコ

「んぁ...っ!きもひ、いぃ...っ!」ビュルルル

107 : 以下、5... - 2017/11/03 01:57:34.089 wHijEfCQ0 40/46

「ハァハァ...少し...休憩させてくれ...」

「えぇ~?だ~~め♡こんなんじゃまだまだ物足りないよ?」

「...じゃあお前が代わってくれよ」ボソ

「ん...っあぁぅ...♡はぁぁぅ...っ!」

「どうした?突然変な声をあげて...」ニヤリ

「うそ...お兄ちゃんに囁かれただけで...!?まさか...あの飴を!」

「もう1回イってみようか」ボソ

「んふぅ...っ...♡はあ゛ぁん!」ビクビク

109 : 以下、5... - 2017/11/03 02:05:29.509 wHijEfCQ0 41/46

「フフッ...随分と下が濡れてるようだな」

「んぁ......脱がしちゃだめぇっ♡恥ずかしいよっ」

「ビチャビチャじゃないか...ほら、制服のボタンも」プチプチ

「ダメだってぇ...胸はまだ小さいからぁ...」

「...」モミモミ

「っひゃぁん♡」

「...」チュパチュパ

「いやぁ...♡吸わないでよぉ...♡」

「うるさい口にはおしゃぶりをあげないとなぁ...」ズボッ

「~~~~!?!?」

110 : 以下、5... - 2017/11/03 02:10:26.744 wHijEfCQ0 42/46

「ひゅるしいひょ...ぬひて...」

「ほら、口を離すな。ちゃんとしゃぶれ!」ガシ

「んぅ~~~!?」

「くぅ......出、そう...っ!」パコパコ

「!?」

「く...っ!喉奥に出すぞっ!」ビュルルルビュル

「っ~~~~!!」

111 : 以下、5... - 2017/11/03 02:18:15.709 wHijEfCQ0 43/46

「ん......」ゴックン

「ハァハァ...」

「お兄ちゃん...キスちょーだい...♡」ポー

「ぁ...ンぁ、んむっ」ンチュ

「ん~~~ちゅっ♡(こういうお兄ちゃんも悪くない...かも)」

158 : 以下、5... - 2017/11/03 20:34:32.074 wHijEfCQ0 44/46

「お兄ちゃん...」トローン

「何だ?」

「私の下、こんなになってるから...」

「ゴクッ...」

「お兄ちゃんのちんぽ入れて欲しいよぉ♡」

「...じゃあ、ゴム買ってくるからーーー」

「だめ!生でせーし注いでくれなきゃいやぁ♡」

「!」

162 : 以下、5... - 2017/11/03 20:54:52.659 wHijEfCQ0 45/46

「ほら、ちゃんと足開け」

「こう?」クパァ

「うっ...入れるぞ......っ!」ズプ

「ぁん♡おにぃちゃんのちんぽぉ...しゅごぃ...♡」

「中、締まって...やばい...っ」パンパン

「ンぁ...ちんぽ、動いて...しゅごいぃ♡もっとグリグリしてぇ...♡」

「ふっ...!くっ...!」パンパン

「んひゃぁん、ンぁ...♡キス、ちょうだいぃ♡」

「ほらよ...んむっ」

チュ チュパ レロレロ

「ハァん...んむっ、チュ、んぁ♡」

164 : 以下、5... - 2017/11/03 21:03:04.754 wHijEfCQ0 46/46

「くそっ...この淫乱マンコが!」パンパン

「んあぁっ、いぃ...!おちんぽ気持ちいぃのぉ♡もっと激しくぅ♡」

「っハァ...そろそろ、出るっ...」パンパン

「いいよ…おにぃちゃんのせーし、おま○こに出してぇ♡子宮にピュッピュしてぇ...♡」

「うっ......くっ......射るっ!」ビュルルル

「はぁうぅ♡せーし、ンぁ...熱いのぉ、出てるうぅぅ♡お兄ちゃんのいっぱい出てるうぅぅ!!」ビクビク

「ハァハァ...」ドクドク

「...お、お兄ちゃん」トローン

「?」

「まだまだせーし欲しいのぉ...♡」

この後滅茶苦茶セッ○スしたとさ
めでたしめでたし

記事をツイートする 記事をはてブする