姫神「はい。はっぴー。ばれんたいん。」上条「カカオ100%超苦ェエ!!」【前編】

241 : 以下、名... - 2017/03/25 21:34:29.41 j1DC2tiV0 197/633



~翌朝~



上条「んあ?」パチッ

上条「…」クンクン

上条「味噌汁のいい匂いがする…」ムニャムニャ

上条「…」ボヘー...

上条(あれ、インデックス…は、ああそっか、昨日は、)チラッ



姫神「♪」トントントン...


上条(台所に立つポニテにエプロンな姫神さんが朝ごはんとお弁当を作ってる…!)





242 : 以下、名... - 2017/03/25 21:37:31.16 j1DC2tiV0 198/633


姫神「…ん。美味しい。」グッ

姫神「タコさんウインナーと…卵焼き…」



上条(しかも俺の分もあるね!美味しそうだね!)





姫神「ん?あ。おはよう。」ニコッ...

上条「お、おはよう…///」




243 : 以下、名... - 2017/03/25 21:43:10.06 j1DC2tiV0 199/633


姫神「朝ごはんできてるよ。顔と歯。洗ってきてね。」

上条「あっ、ハーイ」

上条「…」

姫神「昨日洗濯した制服。あそこに掛けといたから。」

上条「あ、ありがとう」

姫神「それと。寝癖はちゃんと直してね」

上条「あ、ああ…」

上条「…」

上条(あれっ…?俺って姫神と結婚してたっけ?)

姫神「~♪」




244 : 以下、名... - 2017/03/25 21:51:07.77 j1DC2tiV0 200/633




・・・・・。


姫神「…よし。鍵閉めた。」

上条「ん!さ、行くか」

姫神「あ。待って」

上条「ん?」

姫神「手。繋いでいかないと。」テギュ

上条「え?///」

姫神「だ。だって…ほら…。ここ。女子寮だから。」

姫神「女の子の部屋から出てきた男の子が出てきた女の子と仲良さそうじゃなかったら」

姫神「暴漢とか。2人組の泥棒とか。実は脅されてるんじゃないかとか。色々疑われるから。」

上条「そうなのか!?それほんとにそうなのか?!」

姫神「うん。だから。手を繋いでいかないと」

上条「…//」



上条「…な、なら…仕方ない…よな?///」キュ

姫神「うん…仕方ない。///」キュ



248 : ◆3rfPz4lVbmKs - 2017/03/26 23:22:42.23 AtzW2U+h0 201/633




上条「…///」テクテク

姫神「…///」テクテク



白カチューシャ「ふー…ん?」

白カチューシャ「」



249 : 以下、名... - 2017/03/26 23:25:04.70 AtzW2U+h0 202/633


上条(あー…恥ずかしっ!なんか恥ずかしっ!///)

上条(絶対手を繋ぐなんて要らないと思うけど!)

姫神「…♪」

姫神「ふふ…。」ニコニコ

上条(姫神、すげー嬉しそうにしてるし…それに姫神の手が柔っこくて!)

上条(ああ…これが女の子と手を繋ぐ感触ですかさうですか)

上条(なんか手を繋いでるだけなのにすごい幸福感!!なんだこれ!)

上条(ちょっと緊張もして…)ハッ

上条(俺の手、汗ばんでないよな?)









白カチューシャ「…」つスマホ

白カチューシャ「 Σp[【◎】]ω・´) 」パシャーッ!パシャパシャパシャパシャパシャパシャ



250 : 以下、名... - 2017/03/26 23:28:23.09 AtzW2U+h0 203/633


姫神「そういえば上条くん。」テクテク

上条「んー?」テクテク

姫神「その…私。今日上条くんの分もお弁当作ってみたんだけど」

上条「ああ…ありがとな。うん見た見た。美味しそうだったよな」

姫神「うん。けっこう自信作。だから。…良かったら。食べて欲しい」

上条「ありがとな。もちろんもらうよ」

姫神「よかった。…あ。でも誰かに同じ内容のお弁当見られるのは恥ずかしいから」

姫神「今日。お昼は私と2人だけで食べてね?」

上条「お安い御用だぜ!」ビシッ

姫神(やった。今日は2人っきりでお昼ごはん!!!)ガッツ


251 : 以下、名... - 2017/03/26 23:30:08.59 AtzW2U+h0 204/633


上条「いやー幸せすぎてこのまま上条さん死ぬんじゃないかとすら思えてきましたよ」

姫神「だめ。上条くんが死んじゃったら私。泣き止む自信ない…。」フルフル...

上条「重いよ!?冗談だから!冗談だから!」

姫神「うん。わかってた。」ケロッ

上条「ちくしょう騙された!!」

姫神「やーい。」ツンツン

上条「ほっぺをつっつくんじゃありません!」





白カチューシャ「…」スチャッ

白カチューシャ「…」●REC

252 : 以下、名... - 2017/03/26 23:37:09.22 AtzW2U+h0 205/633


上条「…さ、そろそろ大丈夫だよな」

姫神「?」キョトン

上条「…いや何『え?何が?』な顔してるんだよ」

上条「ほら、もう女子寮出てからしばらく歩いたし」

上条「もうこの辺まで来たら手を繋がなくても大丈夫だろ?」

姫神「…」ガーン

上条「…っていうか、そろそろ離さないと誰かに見られたり勝手に写真撮られたりするとかわかったもんじゃないしさ」

姫神「…」シュー…ン

上条「そんなに哀しそうな表情しなくてもいいだろ」ハハ









白カチューシャ「…」つスマホパシャーッ!パシャパシャパシャパシャパシャパシャパシャパシャパシャパシャ

白カチューシャ「…」●REC×3

253 : 以下、名... - 2017/03/26 23:39:10.01 AtzW2U+h0 206/633


姫神「…どうせだし。このままでも私はかまわないよ?」

姫神「ほら。見られても…話のネタになるし。」

上条「ゴメンな?俺がかまうんだよ青髪ピアスとかに見られでもしたら面倒くさいだろ?」

姫神「…ん…。そうだね。」パッ

上条「う…」

姫神「…」ジー

上条(うあー!そんなに名残惜しそうに見んなよぉ!)

上条(『あっれー?ひょっとして俺の事好きなんじゃね?!』とか勘違いするぞコノヤローウ!?)

上条(そういうのには縁がない上条さんには免疫ないんだからな!やめろよな!)




254 : 以下、名... - 2017/03/26 23:46:24.23 AtzW2U+h0 207/633


~とある高校(ちなみに言い忘れてたけど最新巻では”魔神”の”僧正”に校舎ブッ壊されて違う学校の教室を間借りしてるよ)~



上条「はよーッス」ガラッ

姫神「…」トコトコ

土御門「お、おっはようっだぜぃ~?カミや~ん!」ゼェゼェ

青髪「おはよーさんやで~」クネクネクネクネ

上条「おう…って、あれ?土御門そのケガどうしたんだ?」

土御門「へへ…ちょっと、ドジっちまったんだぜぃ…!」ハァ…ッハァ…ッ!

上条「どこのミスったエージェントだよ」ハハ

青髪「あ、なんかな?能力者同士のケンカに巻き込まれたらしいでー」

土御門「そ、そうなんだぜぃ…っ!」ハァ…!ハァ…!




255 : 以下、名... - 2017/03/26 23:48:00.51 AtzW2U+h0 208/633


青髪「土御門くん?そろそろくどいでー」バシバシ

土御門「ぐぎっ…!!!」

上条「おいおいやめてやれよ。痛そうじゃん」

青髪「せやね。ごめんなー」

土御門「な、なーに…大したことないからな」



土御門(この野郎…!体に風穴空いてる箇所をバシバシ叩きやがって…!)


256 : 以下、名... - 2017/03/26 23:51:13.13 AtzW2U+h0 209/633



土御門「と、ところでカミやん。姫神と一緒に登校してくるなんて珍しいにゃー?」ニヤニヤ

土御門「なんだ?姫神の家にお泊まりでもしてきたか?うん?このこの!」ツンツン

上条「そ、そんなわけないだろ!べっ、別に途中で一緒になっただけだって!」

土御門「ほぉ~?でもオレも今学校に来たとこだけど、最初から最後までカミやんを見なかったぜぃ?」

土御門「それってつまり、カミやんは男子寮からずっとオレの後ろ姿は見えてたはずなのに声をかけず、」

土御門「途中で滅多に話さない姫神には声かけてここまで一緒に来たって事になるが」

土御門「ちょーっと不自然すぎねーか?カミや~ん?」ニヤニヤ

上条(鋭いなコイツ!!)


257 : 以下、名... - 2017/03/26 23:53:51.50 AtzW2U+h0 210/633



上条「今日はそんな気分だったってだけだって」

青髪「けど途中だろうがなんだろうが、姫神さんと登校はしたんやろ!?」

上条「まぁ…一応は」

青髪「くぅ!!なんて羨ましぃ!!ちくしょう!ボクなんて生まれてから1度も女の子と登校した事あらへんのに!!」

青髪「なぁカミやん!なんでボクはモテへんの?何でボクは女の子と登校できへんの?!」

上条「知らねーよ!」

青髪「じゃあカミやんはなんで出来るん?!」

上条「知らねぇよ」プイッ




258 : 以下、名... - 2017/03/26 23:55:27.29 AtzW2U+h0 211/633


青髪「ほならどうやったら色んな女の子とお近づきになれるん?!」

上条「え?えー…」ウーン

土御門「確かにそれはちょっと興味あるぜよ」ジー

青髪「はよはよ」バンバン

上条「…」チラッ





吹寄「あっおはよう姫神さん。今日はちょっと遅かったのね」

姫神「うん。今日は。少しだけ寝坊しちゃって。」



259 : 以下、名... - 2017/03/26 23:58:52.56 AtzW2U+h0 212/633




上条「…女の子が監禁されてる建物に丸腰で殴り込んで、その女の子が即死魔術で殺されたらそれを無効にして蘇生して」

上条「命懸けで『頭の中で考えた通りに現実を歪める』錬金術師と正面からケンカして殴り倒すとかすれば…」

青髪「カミやんおもろない嘘はやめてや?」



260 : 以下、名... - 2017/03/26 23:59:55.92 AtzW2U+h0 213/633


青髪「魔術師なんておらんやろ…なんなの!?カミやんそんなんやったん?嘘やろ?」

上条「え?あー…うん。冗談冗談。嘘に決まってるだろ?」

青髪「ぬあああ!!ほんまの事教えてーや!!」

土御門(冗談にしか聞こえないのに全部本当だから笑えねぇぜぃ)





白カチューシャ「あ、大将。例のブツです」つスマホ

土御門「ん」



261 : 以下、名... - 2017/03/27 00:02:39.66 Sp58jH/L0 214/633



小萌「はいはーい!先生の楽しい楽しい授業の時間なのですよー」ガラッ

青髪「あっ小萌センセー!どうやったらボクはモテますか!?」ガタッ

小萌「青髪ちゃんが周りの人を思いやれる、甲斐性がある素敵な男の人になれれば自然とモテるのです!」ニコッ

青髪「ほんまですか?!」

小萌「はい。なので素敵な男の人になるためにですね、さぁ席について今日もお勉強なのです!」

青髪「ハーイ!わっかりましたぁ!!」

上条(素直なヤツ…)



262 : 以下、名... - 2017/03/27 00:03:35.59 Sp58jH/L0 215/633


~授業ちう~


小萌「~で、あるからしてですね、」

上条「…」ボヘー

上条(『周りの人を思いやれる、甲斐性がある素敵な男の人』…ね)

上条「…」チラッ


姫神「…?」

姫神「…」ヒラヒラ



上条(手振ってくれた)


上条(とりあえず振り返しとこ)ヒラヒラッ。



263 : 以下、名... - 2017/03/27 00:14:19.71 Sp58jH/L0 216/633


上条「…」

上条(…やっぱ姫神もそういう男がいいのか?)

上条(周りを思いやれる…はたぶん良しとして、甲斐性…甲斐性なぁ)

上条(無いよなぁ…ただでさえ、…って、なんで姫神基準で考えてんだか)

上条(まぁ昨日すごいお世話になったしな)





264 : 以下、名... - 2017/03/27 00:24:16.76 Sp58jH/L0 217/633



キーンコーンカーンコーン♪


小萌「あっチャイム鳴っちゃったのです」

青髪「きりーつ」


ガタッ。ガタガタ…


小萌「あっ!みんなちょっと待ってくださいなのです!」ワタワタ

青髪「ボク小萌センセのためなら100年待てます!」キリッ

小萌「実は情操教育の一貫としてですね、『学校全体でちょっとした企画をやりましょう』って事になったのですが、」スルー



265 : 以下、名... - 2017/03/27 00:25:27.66 Sp58jH/L0 218/633




小萌「ここに封筒と便箋があります。」



小萌「これを使って『自分にとって一番大事な人』宛にお手紙を書いて欲しいのです!」




上条(…『自分にとって、)


姫神(一番大事な人』に?)





266 : 以下、名... - 2017/03/27 00:32:10.39 Sp58jH/L0 219/633



小萌「御両親、友達、先生、先輩、後輩…恋人さんでもかまいません」


小萌「普段言えないような事をこっそりしたためちゃってくださいです!」



小萌「あっ、提出はしなくて大丈夫です。誰に出したか、内容なども先生に伝えなくて結構ですので…。」

小萌「仲の良い人との間で楽しんでくださいなのです」ニコッ

小萌「それじゃ先生からは以上なのです!青髪ちゃーん号令お願いしまーす!」

青髪「ハイハイ。きりーつ!」




・・・・・・。



267 : 以下、名... - 2017/03/27 00:39:01.96 Sp58jH/L0 220/633




土御門「しっかし、古風で物好きだにゃー?今どき手紙って。」

上条「まーな。この科学の街で、メールやLINEだのなんだのでしか人とのやりとりなんてしないようなこの御時世で」

青髪「あはーん!ボクはモチ小萌センセに出すでー!」

上条「ああ…うん。そうだな。お前はそうだな」

土御門「しかし参ったぜぃ。」

上条「? お前には舞夏がいるだろ?」

土御門「はぁ?『誰に送るか?』で悩んでないぜい。」

土御門「舞夏への想いなんてなぁ、毎日どれほど口にしても、伝えても…言い切ることなんて出来やしないんだよ!!」

土御門「あんな便箋1枚っきりじゃ、オレの気持ちの五億分の一だって言い表せやしねぇ…!」

上条「あーハイハイ」



268 : 以下、名... - 2017/03/27 00:43:38.64 Sp58jH/L0 221/633



土御門「それで?」ニヤニヤ

上条「…なんだよ?ニヤニヤして」

青髪「まーたまたー」ニヤニヤ

上条「だからなんだよ!?」

土御門「カミやんは」

青髪「誰に宛て」

土御門青髪「「書くんや(ぜい)?」」


上条「え…?そうだなぁ、」



269 : 以下、名... - 2017/03/27 00:51:59.86 Sp58jH/L0 222/633


上条(そりゃあ…まぁ、)

上条(インデックスか、オティヌスか…父さんや母さんかな?)

上条(あとはある意味でって事で一番お世話になってるカエル顔の医者とか…御坂とか?)

上条(それか…コイツらとかか?)

上条(やっぱ友達は大事だしな…)

土御門「さぁああ!盛り上がって参りました!」

青髪「カミやんにお手紙で告白されて彼女になるんは一体誰なんやーッ!?」


上条(いや…コイツらだけはねーな!うん!)





270 : 以下、名... - 2017/03/27 01:01:56.01 Sp58jH/L0 223/633



青髪「誰や?♪誰や♪誰や~♪白い手紙に書く名前~♪」

土御門「んばば♪んばんば♪めらっさ♪めらっさ♪」


上条「ええい!ガッチャ〇ンの替え歌と室戸市名物シットロト踊りをやめろ!」


上条(ん?待てよ?別に提出したりとかしなくたっていいんだよな?)

上条(じゃあ…いいか?別に誰にも出さなくて。…面倒くさいしな)

上条(よし、さっさと忘れちまおっと)

上条「俺、誰にも出さない事にするよ。面倒くさいし」ハハ


土御門青髪「「何ィィイイイイ!!!!?」」




土御門「オイ…!オイオイオイオイ!?いいのかカミやんひめっ…誰かに出さなくて!!」ガシィッ!

上条「だって面倒くさいし」ハハハ



272 : 以下、名... - 2017/03/27 02:07:06.89 T4o6l/8S0 224/633



わいのわいの。









姫神「…」



姫神(…『一番大事な人』。)

姫神(そもそも。私と関わる人間関係の数は。とても少ない。)



273 : 以下、名... - 2017/03/27 02:08:28.85 T4o6l/8S0 225/633



姫神(私のおかあさんとおとうさん…村の皆は。もう居ないし。)

姫神(私を救い出してくれたアウレオルスは…私の知っている彼は。もうこの世には居ない。)


姫神(現存する私の交友関係は。)


姫神(私を一時的に預かってくれた小萌先生と。転向してきてからよく話す吹寄さん。)


姫神(それから…少し話した事がある舞夏さんとクラスメイトの青髪ピアスくんと土御門くんぐらい。)



274 : 以下、名... - 2017/03/27 02:10:32.57 T4o6l/8S0 226/633


姫神(それから…)チラッ



土御門「よし!じゃあもう踊ろうぜぃ!大事なヤツが居ない寂しいカミやんを慰めるためにな!!」

上条「ウェーイ!!んばば♪んばんば♪」

青髪「めらっさ♪めらっさ♪」

吹寄「…」イライライライラ

吹寄「ええい!」ガタッ


吹寄「私の!!」ガンッ

上条「へぶぁ!?」


吹寄「机の前で!!」ドゴムッ

青髪「おぶぇっ!?」


吹寄「室戸市名物シットロト踊りを踊んなぁあああーッ!!」ドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴ

土御門「待ってオレ重傷ごぱぁっ!!!?」





姫神「…」クス


275 : 以下、名... - 2017/03/27 02:14:58.03 T4o6l/8S0 227/633



姫神(そう。上条くん。)


上条「大変だーッ!吹寄の拳で土御門の体に風穴あいたぞ!?」

土御門(いやこのケガは吹寄じゃないけどにゃー)ゴフッ

青髪「大変やー!!つっちー血まみれやーッ!!!」

吹寄「」




姫神(そう。私の交友関係は。たったこれだけ。)



276 : 以下、名... - 2017/03/27 02:18:50.15 T4o6l/8S0 228/633






姫神(私の…一番大事な人。)




姫神(きっと…私には。上条くんしか居ないんだろうな。)

姫神(でも…私は寂しくない。)

姫神(そう思わせてくれるくらい。私は上条くんがーーーーーーーー)



姫神「…」


姫神「…////」



277 : 以下、名... - 2017/03/27 02:19:28.46 T4o6l/8S0 229/633



姫神(書くのは。普段言えないような事…か。)

姫神「…」ウーン




姫神(困った。昨日ベッドの中で上条くんに全部言ってしまった。)



278 : 以下、名... - 2017/03/27 02:21:10.46 T4o6l/8S0 230/633



姫神(他に何かあったかな…)


姫神「…」

姫神「…」

姫神「…あ。」




姫神(ふふっ。…そっか。私。一番大事な事を言ってなかった。)




姫神(言えるはずないけど。今はまだちょっと。言えないけど。)





279 : 以下、名... - 2017/03/27 02:21:37.01 T4o6l/8S0 231/633




姫神「…」

姫神「…」カキカキ




姫神(『私は。あなたがーーーーーーーー)







280 : 以下、名... - 2017/03/27 02:22:10.41 T4o6l/8S0 232/633








            す
            き
            で
            す
             。





281 : 以下、名... - 2017/03/27 02:22:38.75 T4o6l/8S0 233/633












姫神「…」

姫神「…////」



282 : 以下、名... - 2017/03/27 02:25:54.05 T4o6l/8S0 234/633



姫神(誰にも見られないように。隠しておこう。私の気持ちと一緒に鞄の奥深くに。)

姫神(今はまだ。とりあえずお昼ごはんを一緒に食べるだけでいい。)



姫神「…」クキュゥウ。



姫神(…お腹も。空いてきたな。)






姫神(お昼ごはん。まだかなぁ…)







283 : 以下、名... - 2017/03/27 02:32:36.75 T4o6l/8S0 235/633







上条「オイ!上里にTELって暮亞呼んできてもらったぞ!!」

上里「きみ、ぼくを便利屋とでも思ってないだろうな?」

暮亞「私の植物でパトリシアさんの時みたいにって事ですね?」

上里「ああ。頼むよ暮亞」

上条「なんだかんだ言って助けてはくれるんだな。」

上里「…好きでやってるわけじゃないよ」

上条暮亞「「またまたぁ」」


291 : ◆3rfPz4lVbmKs - 2017/04/15 22:17:14.52 Tnka4r9B0 236/633




・・・・。


キーンコーンカーンコーン。

素甘「ハイ、それじゃあ今の所今度のテストに出しますから。…号令!」

「きりーつ」



292 : 以下、名... - 2017/04/15 22:18:33.58 Tnka4r9B0 237/633


上条「うげぇー…マジかよ…」

上条「なあお前らはわかった?いや三バカトリオな俺達が、」

青髪「小萌センセの授業やないし補習出る意味あんま無いからすぐ理解しました」キリッ

土御門「むしろ今のわかんねー奴いるのかにゃー?簡単過ぎて欠伸が出ますたい」キリッ

上条「こぉんの裏切り者どもがぁああ!!」



姫神「…」


293 : 以下、名... - 2017/04/15 22:24:07.80 Tnka4r9B0 238/633



姫神(私。問題なくわかった。)

姫神(ノートも。わかりやすくまとめた。)

姫神(良かったら。教える。)

姫神(…って。)

姫神(言えたらいいのに。)

姫神(なんとなく話しかけに行きづらい…)

姫神(むぅ。頑張るって決めたのに…。)

姫神(…よし。後でお昼食べる時に言う!絶対。言う!)

姫神(がんばれ。私!)グッ



294 : 以下、名... - 2017/04/15 22:26:00.82 Tnka4r9B0 239/633



上条「そーいえばそうだったね!お前ら本当はバカじゃないのに普段の言動でバカ扱いされてるってだけだもんな!」

土御門「おう。ぶっちゃけデルタフォースで真のヴァカはカミやんだけだぜぃ?」ヘッ

上条「うがぁああああ!!!」ガシガシガシ

青髪「安心しぃや。カミやんが補習する時はボク付き合うたるから」ポンッ

土御門「ヴァカって言って悪かったぜよ。カミやんもカミやんなりに頑張ってるんだもんな?」ポンッ

上条「やめろォオ!!お前らのその優しさで胸が痛いッッ!!」


295 : 以下、名... - 2017/04/15 22:27:48.60 Tnka4r9B0 240/633



土御門「え?じゃあ厳しい方がいいか?」

上条「それもイヤッ!!」

青髪「んもー難しい年頃やねぇカミやんは」プヒー

上条「やめろそれ!」



姫神「…」ソワソワ

姫神(…もうすぐお昼…)


296 : 以下、名... - 2017/04/15 22:32:26.36 Tnka4r9B0 241/633



上条「な、なぁ…俺に勉強教えてくれないか?どっちでもいいからさ」

青髪「えーそれはメンドイわー今日学校終わった後はボク下宿先のバイトあるし」

土御門「オレは昼飯奢りでなら手を打ってやってもいいぜぃ」

上条「おっ、マジで?!」

土御門「おう。1番高いヤツな」

上条「Oh...」

土御門「さ、そんじゃランチルーム行こーぜぃ」

青髪「せやね。はよ行かんと3人で座れへんし」

上条「だなー…あっ、」

青髪「ん?どないしたん?」

上条「…あー、いや、ゴメン俺ちょっと用事あるから今日はお前らだけで食ってくれ!」




297 : 以下、名... - 2017/04/15 22:33:49.78 Tnka4r9B0 242/633


青髪「へぁ?何があるん?」

土御門「そうか。まぁ勉強の対価の件はまた今度でいいぞ」

上条「悪いな」

土御門「姫神と上手くやれよ、カミやん」ボソッ

上条「!?」

上条「お、オイ!何で知ってるんだ!?」

青髪「え?なんなん?」

土御門「にゃっはっはっ」

青髪「姫神さんと何するん!?」

土御門「聞こえてたのか…」

上条「あー、その、実は今日姫神と昼飯食う約束してて」

青髪「なんやて!?」


298 : 以下、名... - 2017/04/15 22:46:35.86 Tnka4r9B0 243/633



青髪(あかん…あかんで!止めなあかん…!姫神さんとカミやんが一緒にお弁TOやなんて!)

青髪(ズルイやん!ずっちぃやん!カミやんばっか!)

上条「まぁそういう事だから…」

青髪「イヤイヤイヤイヤ…やめた方がええて!あの…アレやから!」ガシッ

青髪「今日の姫神さんの弁当、たぶん中身は食用コウモリやから!!生きたコバナフルーツコウモリやから!」

上条「ンなわけねーだろ!?大体俺中身見たし!」

青髪「わざと見せた後にすり替えられたかもしれへんやん!」

青髪「あかんで!?トラウマ必至やで?!きゃわわ~なコバナフルーツコウモリちゃんを生で頭から美味しく頂いて『まだ足りぬわ…』って笑う姫神さん見たないやろ!?」

上条「姫神がそんな事するわけねーだろ!?姫神何者だよ!?」



299 : 以下、名... - 2017/04/15 22:56:54.04 Tnka4r9B0 244/633



土御門「あーもういいからいくぜよー」グイッ

青髪「ややー!カミやんがまたええ思いするんイヤやー!」ズルズル

土御門「にゃっはっはっはっ。いいから行くぜぃ。座れなくなっちまう前にな」

上条「ほっ」



姫神「上条くん。」

上条「お、じゃあ行くかー」

姫神「うん。」ニコ...



300 : 以下、名... - 2017/04/15 23:03:52.83 Tnka4r9B0 245/633






青髪「にしてもいつの間に姫神さんと仲良うなったんや?カミやん」ズルズル

土御門「さぁにゃー」

青髪「…土御門くん、なんか知っとるやろ?」

土御門「ノーコメントですたい」~♪

青髪「なーなーなんでボクには教えてくれへんの?そりゃちょっと寂しいんやけどー?」

土御門「はっはっはっ。オレが言わなくてもたぶんその内わかるぜぃ?」





土御門「…もっとも、オレも最終的に上手くいくかどうかまでは知らないけどな」ニヤァ…

青髪「ややわー土御門くんがそんなドギツイ笑い方してると不安になるわー」


301 : 以下、名... - 2017/04/15 23:13:16.41 Tnka4r9B0 246/633



上条「くっそ…なんで知ってるんだよアイツ…」

上条「はっ!まさか今朝のことも本当は!?」

姫神「上条くん。そっちは他校のとこだよ」

上条「おっと、悪い。ありがとな」

姫神「うん。」ニコッ



302 : 以下、名... - 2017/04/15 23:14:51.67 Tnka4r9B0 247/633



上条「どこで食うかなぁ」

姫神「大丈夫。私。いい場所知ってる。」

上条「おっ、マジで?」

姫神「うん。」

姫神「…」

上条「…」

姫神「あの。」

上条「ん?」

姫神「さっきの授業。わからなかったの?」

上条「ぅえ!?あー…ああ。」


303 : 以下、名... - 2017/04/15 23:27:42.36 Tnka4r9B0 248/633


上条「お恥ずかしながら不肖上条、サッパリでした」<ハァ~サッパリサッパリ♪

姫神「そう。良かったらさっきのとこ。私が教えようか。」

上条「えっ?」

姫神「私。問題なくわかった。」

姫神「ノートも。わかりやすくまとめたから。」

上条「えーいやいいよわざわざ悪いし面倒くさいし。」ハハ

姫神「…そう。」シュン...

上条「あっ、いや!やっぱお願いしよっかな!」

上条「ちゃんと進級したいしな!ウン!」

姫神(どうしよう。迷惑って思われたかな…)

上条「どうか俺に勉強教えてください姫神さん!!姫神さんに教えてもらいたいですハイ!」手ギュ

姫神「!」

姫神「…うん。わかった」ニコッ


309 : 以下、名... - 2017/04/19 01:08:01.26 Gge0i70N0 249/633



上条(俺結構頭悪いから絶対迷惑と時間かけるし…)

上条(他の誰かに頼むのもなんとなく申し訳ないし気安くできそうだから土御門辺りにでも頼もうと思ってたんだけど)

姫神「…」~♪

上条(…がんばろ)



・・・・・。



311 : 以下、名... - 2017/04/19 01:11:36.72 Gge0i70N0 250/633



上条「で、どこで食うんだ?」

姫神「うん。この前見つけたいい感じの所。」













姫神「ここ。この空き教室。」ガラッ

上条「?」


312 : 以下、名... - 2017/04/19 01:13:16.73 Gge0i70N0 251/633


上条「鍵空いてたけど…大丈夫なのか?使っても」

姫神「うん。元々この学校は私達がいた高校と違って中高一貫。」

姫神「けど。ここの中学生はそのまま上の高校に進学せずに別の学校へ行くから空き教室が多い。」

姫神「私達もそれにあやかって間借りしてる。」

上条「ああ…そういえば」

姫神「向こうの学校の生徒会のご厚意で。空いてる教室は使わないから私的公的問わず自由に使ってくれていいって言われてるから…」

上条「へー…そんなに融通利かしてくれてたんだな」

上条「今度ビクビクウサギとかメガネ君に会ったらお礼でも言った方がいいかな」

姫神「うん。」コクン


313 : 以下、名... - 2017/04/19 01:16:40.94 Gge0i70N0 252/633



上条(でも私的っつったって、それたぶん『部活で』『着替え』『生徒会会議』とかぐらいだよな?)

上条(『昼飯食うだけ』で俺達2人だけが使うってのも大丈夫なのか?)

上条(…まぁ、大丈夫か。汚さなきゃ誰にも迷惑かけないんだし!)

上条(けど姫神も変わってるよなぁ…『同じ内容の弁当見られたくないから』ってわざわざこんな所で食べなくても)

上条(別にランチルームとか教室とかでも良かったんじゃ)

上条(いや、ここはもう余計なこと考えずに女の子と2人きりで弁当というシチュエーションを楽しむべきだな!)


314 : 以下、名... - 2017/04/19 01:20:59.54 Gge0i70N0 253/633



姫神「じゃ。並べてく。」

上条「ん、そうだな」

姫神「よいしょ。」ゴソゴソ


コト。コト、コトコト。


姫神「そして。」ヨイショ

姫神「ぱんぱかぱーん。ぱーぱーぱーぱーっぱっぱぱー♪」

上条「ぷっ、ファンファーレ鳴るんだな」

姫神「ふふ…うん。”自信作”だから。」



315 : 以下、名... - 2017/04/19 01:24:20.47 Gge0i70N0 254/633



姫神「今日のお弁当は。卵焼きと。タコさんウインナー。きんぴら。生姜焼き。プチトマトとブロッコリー。お味噌汁。」

姫神「ご飯には梅干し。あと…温かいお茶を用意してみた。」

上条「うぉー…!すげー美味そう…!!」ゴクリ

上条(朝にチラッとは見たけどこんなに作ってくれてたんだな…)

上条「…なぁ、」

姫神「何?」

上条「ありがとな。こんなに手の込んだのを朝に作るの大変だったろ」

姫神「…慣れれば。わりとできる。」テレテレ


316 : 以下、名... - 2017/04/19 01:28:17.47 Gge0i70N0 255/633


上条「ンなことないって。俺も自分が飯作る立場だからわかるけどさ…毎日っつーか、そもそも『朝飯を作る』ってだけでもダルいのに、」

上条「なんか…俺、すげー嬉しい…」

姫神「そう。良かった。君が喜んでくれたなら。」ニコッ...

上条(あー…なんか今ので俺の中の姫神への好感度めちゃくちゃ上がったなぁ)

上条(あー上条さんもこんな子に嫁に来て欲しい!)


317 : 以下、名... - 2017/04/19 01:31:23.16 Gge0i70N0 256/633


姫神「はい。おはし。」

上条「さんきゅな」

姫神「それじゃ。」

上条「ん。」


上条姫神「「いただきます。」」


上条「むぐむぐ。美味ッ!!やっぱ姫神料理上手いな!」

姫神「ありがとう。たんとお食べ。」

上条「…生姜焼き美味ッ!?…後でレシピ教えてもらえないか?」

姫神「いいよ。」クスクス




318 : 以下、名... - 2017/04/19 01:35:22.53 Gge0i70N0 257/633


上条「むぐむぐ!むぐむぐむぐむぐ!」

姫神「…」ズズ...

姫神(お味噌汁。少し辛かったかもしれない。)チラッ

上条「合わせ味噌…か?ウチは普段赤だし派だから新鮮だな」ズズズズズズズ

姫神(良かった。問題無さそう。)

姫神(そして上条くんは赤だし派か。今後は赤だしにしよう。)

姫神「…静か。」

上条「まぁ2人だしなー」モグモグモグモグ

姫神(…2人きり。)


姫神(2人きり。か。そう。2人きり。なんとか。距離を縮めたい。)

姫神「…」

姫神(こういう時。どうしたらいいんだろう。)

姫神(やっぱり普通に会話して食べるだけでいいのかな。)




319 : 以下、名... - 2017/04/19 01:41:17.19 Gge0i70N0 258/633


姫神「そういえば。今度席替えするって。」

上条「へぇーそうなのか?」

姫神「うん。上条くんはその時居なかったから知らないと思うけど。」

上条「あー…俺もずっと忙しかったからなぁ」モグモグ

姫神「…」

上条「次の席は窓側の1番後ろがいいなぁ」

姫神「そう?」

上条「サボれるだろ。前の席の奴が体デカけりゃ隠れるしな」

姫神「でも教卓からだと後ろの席ほど良く見えるらしいよ。」

上条「え、…じゃあ逆に1番前…とか?」

姫神「それは。普通によく見えると思う。」

上条「ですよねー」

姫神「これからも。忙しくなるの?」

上条「さあなぁ」モグモグ

姫神「…無理。しないでね。」

上条「上条さんもしたくはないんですけどね…」ムッチャムッチャ

姫神「何があるの?」

上条「いろいろ。」

姫神「…そう。」



320 : 以下、名... - 2017/04/19 01:43:56.94 Gge0i70N0 259/633



姫神「…あ。上条くん明日掃除当番。忘れないでね」

上条「なんかその単語を聞くのめちゃくちゃ久しぶりな気がする…」

姫神「君。ほとんどしたことないもんね。」

上条「学校…ちゃんと行かなきゃなぁ」

姫神「うん。学校は行かなきゃだめだよ。」

姫神「せっかく。行けるんだから。」

上条「だよなぁ…」


321 : 以下、名... - 2017/04/19 01:46:04.33 Gge0i70N0 260/633


姫神「あ…ごはんつぶ。ここに付いてるよ」ツンツン

上条「え?どこだ?」

姫神「ん。ここ。」ヒョイ

上条「お、ありがと」

姫神「…」つ。

姫神「てい。」つ

上条「むぐ?」

姫神「はい。上条くんの口に返す。」

姫神「一生懸命作ったから。ちゃんと残さず食べて欲しい。」

上条「んぐ。」

上条「…」



上条(ちょっと姫神の指をしゃぶっちまった///)



322 : 以下、名... - 2017/04/19 01:47:09.87 Gge0i70N0 261/633


姫神「…お茶。いる?」

上条「ん。ああ…ありがと」

姫神「はい。熱いかもしれないから気をつけて。」

上条「ああ…あちちっ!?」

姫神「もう。今言ったばかり。」

上条「わ、悪い…」

姫神「濡れた?おしぼりならあるけど…」

上条「いや大丈夫大丈夫。おしぼりは要らない」

姫神「そう?」

姫神(…私もお茶飲もう)



上条姫神「「ふーっ…」」



          まったり。




323 : 以下、名... - 2017/04/19 01:51:20.83 Gge0i70N0 262/633



姫神(こういうシチュエーションに憧れていたけど…なんだか。普通。)

姫神(全くドキドキしてないわけでもないのだけど。)

姫神(まぁ。普通にごはん食べて会話してるだし。)

姫神「…」チルチル

姫神(こういう時。本当はどうしたら良かったのかな。)

姫神(勢いだけ。ノープランで来たけど。)

姫神「…」

姫神(まぁ。いいか。)ズズ

姫神(のどか。それに…”気持ち”は良いかもしれない。)

姫神(それから…)



姫神「…なんだか。とても暖かい。」

上条「?」



324 : 以下、名... - 2017/04/19 01:53:11.16 Gge0i70N0 263/633



姫神「私にもこの気持ちがよく。わからないけど。」

姫神「けど…君が私の作ったお弁当を『美味しい美味しい』って食べてくれて。」

姫神「少し話して。一緒に居るだけで。なんだか心が…ぽかぽかする。」

上条「…」

姫神「ずっと昔に。小さい頃に…あの山村で暮らしてた時に。こんな感じの気持ちになった事がある気がする。」

姫神「あまり…思い出せないけど。」

上条「…」


325 : 以下、名... - 2017/04/19 01:55:20.44 Gge0i70N0 264/633



姫神「…上条くんは。不思議な人だね。」

上条「?」

姫神「私が望むモノを。私が忘れてしまったモノを。」

姫神「私が諦めてしまったモノを。私にくれるから。」

上条「俺何もしてないって。大袈裟だろ」ハハ

姫神「ううん。そんなことはない。私は…君に。現に今も救われている。」

姫神「…私。もうあなたがそばにいてくれるだけでいい。」

姫神「君のその無自覚な暖かさが。…心地が。いい。」



姫神「…すき…。」

上条「えっ」


326 : 以下、名... - 2017/04/19 01:56:24.35 Gge0i70N0 265/633




姫神「きっと。君には私のこの感情はわからなくて。伝わらないのだろうとは思う。」

姫神「うん…好き。」



姫神「私。君といるこの時間が。好き…って。思う。」ニコッ...

上条「」


327 : 以下、名... - 2017/04/19 01:57:38.85 Gge0i70N0 266/633



姫神「…。」

姫神「あっ…!?////」カァ…!

姫神(しまった。つい安らぎ過ぎて思った事全部吐露してしまった。)

姫神(やらかした…まだ早い。たぶん上条くん『お、おう…』になってる。)

姫神(い。いや。まだ。今のならまだ誤魔化せる!)

姫神(それより。上条くんの反応を冷静に見なきゃ。)

姫神(もし『へーそう?』ホジホジとかなら『じょーだぁーん。』で済む。)

姫神(『ないわーうわー』とかなら…それは…元より脈が。無かったって事…)

姫神(その時は…諦めようと。思う。)

姫神(いくら私だって。ここまでがんばってその結果なら。心が折れる。)

姫神(よし…上条くんの反応を…見る!)

姫神(カミサマ。どうか。せめて。)

姫神(『へーそう?』ぐらいで!)バッ!



328 : 以下、名... - 2017/04/19 01:58:10.51 Gge0i70N0 267/633























上条 //「/(//°///ω//°//)//」//

姫神「」ビクッ



329 : 以下、名... - 2017/04/19 01:59:52.92 Gge0i70N0 268/633


上条「え、えと…////」

上条「そ、そう…か///」

上条「俺も…その、姫神にそう思われて、嬉しいっていうか…」

姫神「」

上条「あ、あはは…//////」

上条「…その、俺も姫神と一緒…だな、うん///」

上条「俺も…姫神とのこういう時間は、好きだな…///」

姫神「」

上条「つーか、さっきの笑った顔がすげー綺麗で、って、」

上条「ぁ?はは…あ、あっれー!!俺、何言ってんだろうな?!うわっ!なんか恥ずかしっ///」

姫神「」

上条「…忘れてくれ!!///」

姫神「」



姫神(よ。予想以上ッ!!!!)




330 : 以下、名... - 2017/04/19 02:01:58.56 Gge0i70N0 269/633


姫神(ど。どうしよう!こ。このまま…何か。)



キーンコーンカーンコーン…




上条「あ…」

姫神「あ。鐘。鳴った…。」

上条「…」

姫神「…」

上条「やっべっ!?これもう授業開始の時間の知らせじゃん!」ガタッ

姫神「…」



331 : 以下、名... - 2017/04/19 02:02:24.36 Gge0i70N0 270/633


姫神「ねぇ。上条くん。」

上条「どうした?早く行かねぇと!」




姫神「このまま。…サボらない?」

上条「…え?」


335 : ◆3rfPz4lVbmKs - 2017/04/25 22:59:25.13 ik/qM1Bc0 271/633



姫神「その。なんとなく。…もう少しだけ。上条くんと2人で居たい。」モジ

上条「えっと、」

姫神「…ごめん。わがままだった。忘れて。」

上条「…」

姫神「遅れた言い訳。考えた方がいい。何にしようか。」



上条「いや、いいよ。2人でサボっちまおうぜ」

姫神「!」



336 : 以下、名... - 2017/04/25 23:01:00.32 ik/qM1Bc0 272/633


姫神「でも」

上条「いいって。」

姫神「私が言い出しておいて。なんだけど。」

姫神「上条くんはただでさえ単位危ないのに」

上条「なーに、1回くらい大丈夫大丈夫。それにさ、」

姫神「?」

上条「俺も…」

姫神「…俺も?」



上条「俺も、もう少し姫神と一緒に居たいし…」フイッ

姫神「!」

姫神「…///」




姫神「…ありがとう。///」ニコッ


337 : 以下、名... - 2017/04/25 23:01:46.82 ik/qM1Bc0 273/633


・・・・・。



上条「…土御門にFUKIDASIで『俺たちサボるから先生に何とか説明しといて』って頼んだらさ、」テクテク

姫神「うん。」テクテク

上条「何か妙に自信満々に『任せるぜよ!!安心してサボれ!!』って返ってきた」

姫神「…逆に。不安。」




上条「で、どこでサボタージュするんだ?」

姫神「それはもちろん。定番のところ。」




338 : 以下、名... - 2017/04/25 23:03:51.32 ik/qM1Bc0 274/633



~その頃の教室~



小萌「あれ?姫神ちゃんと上条ちゃんがいないのです」

土御門「先生ーカミやん達なら保健室に行ってるぜい」

小萌「え?お腹でも壊したですかー?誰か理由とか聞いてないですか?」

土御門「あ、先生。オレ二人から理由聞いてるぜよ!」

小萌「え?ホントです?教えてもらえますか?」

土御門「ええと、ちょっと耳貸して貰いたいぜよ」

小萌「はいはい」

土御門「その…内密にお願いしたいんですが、」ヒソヒソ

土御門「『土御門…腹痛いから保健室行くって事にしておいてくれないか…?今日は俺、教室に居たくないんだ…』」

土御門「『姫神も腹痛いって事にしといてくれないか?…俺のせいで姫神も何かされる標的になっちゃうかもしれないし』」



土御門「…って、カミやんが言ってたんだぜい…」

小萌「」




339 : 以下、名... - 2017/04/25 23:05:35.96 ik/qM1Bc0 275/633



小萌「あわ、あわわわわ…!まさか先生のクラスにイジメが?!そんな、」

土御門「先生…、どうか、今日だけはカミやん達をそっとしておいてやって欲しい」

土御門「下手に事を荒立てるのも良くない時ってあるし、オレからも頼みたいんだ」

小萌「…土御門ちゃんは何か事情を知ってるのですね?」

土御門「…」コクン…!

小萌「…わかりました。今回はそっとしておきます。」

小萌「でも、もし耐えられなくなったら…その時は遠慮なく先生を頼って欲しいのです」

小萌「上条ちゃんにもそう伝えてもらえますか?土御門ちゃん」

土御門「了解ですたい」



340 : 以下、名... - 2017/04/25 23:09:19.19 ik/qM1Bc0 276/633





土御門(ごめんなさいにゃー小萌先生。オレって嘘つきなんだぜい?)

土御門(安心しろカミやん。本気で心配してくれる人に嘘をつく罪悪感はオレが背負ってやる)

土御門(さぁ気兼ねなくサボタージュするがいいぜぃ!)




青髪「なーなー土御門くん、カミやんはどうしたん?」

土御門「なーにちょっとした野暮用だぜぃ」

青髪「そーなん?まぁ何もないならええんやけど」

吹寄「姫神さんは?」

土御門「体調崩して保健室だ。そっとしといてあげた方がいいですたい」

吹寄「そう?」

吹寄(後でお見舞い行こうかしら?)






341 : 以下、名... - 2017/04/25 23:09:58.98 ik/qM1Bc0 277/633



~保健室~


姫神「…保健室の先生。居ない。」

上条「お、メモ置いてあるぜ」

姫神「なんて?」

上条「『ちょっと所用があって出ています。緊急時にはこの番号に掛けてください。』」

姫神「そう。好都合だね。」

上条「だなー」


342 : 以下、名... - 2017/04/25 23:12:02.61 ik/qM1Bc0 278/633


姫神「あ。取り替えたばかりのベッド発見。」

姫神「とう。」ピョイン

ばふー。

上条「お、いいなーベッドにダイブ」

姫神「ふふ。ふかふか。気持ちいい。」バフバフ

姫神「上条くんもやる?」

上条「やるやる!」ピョイン



上条「姫神の隣にダーイブ!」

ばふー!

姫神「ひゃっ?!」




上条「うあー!もふもふ!ふかふか!」

姫神「ふふ。おふとん。最高だね。」

上条「なー」



343 : 以下、名... - 2017/04/25 23:14:05.75 ik/qM1Bc0 279/633


姫神「ふふ。皆が授業を受けてる最中に保健室で優雅にサボる…なんという愉悦。」

上条「いつもと違う理由で授業受けないのも新鮮だなー」ハハ

姫神「…ん。上条くん。お腹見えてる。ヘソチラしてる。」

上条「え?…あ、ホントだ」

姫神「…」ぢー

上条「どうした?」

姫神「上条くん…ホントに男の子かって疑いたくなるぐらいウエスト細いね。」

上条「そうか?別に普通だろ」

姫神「男の子にしては。華奢だと思う。」

上条「そんなもんか?」

姫神「うん。ほら…」


ぎゅ。


上条「おうっ!?///」

姫神「ほら。私が君の腰に抱きついても手の平が肘に着く。」





344 : 以下、名... - 2017/04/25 23:16:43.08 ik/qM1Bc0 280/633



姫神「ん…」スリ

上条「わひゃっ!?そ、そこくすぐったっ!!?///」

姫神「…」ニヤ-

姫神「えい。えいえい。」スリスリスリスリ。

上条「あひっ!?あはははははは!?」

姫神「まいったか。まいったかー。」コスコスコスコス

上条「姫神の鼻の頭がッ…?!うははははは!?」

姫神「まいったと言えー。」シュリシュリシュリシュリ

上条「うひゃひゃひゃひゃひゃ!!」

姫神「ん。おへそぺろぺろ。」ペロペロ

上条「ふひゃうっ!?///」

上条「ぬわー!わかった!まいった!まいったって!こーさん!!」

姫神「やった。勝った。」クスクス

上条「く、くそぅ!卑怯だぞ!」



345 : 以下、名... - 2017/04/25 23:19:35.79 ik/qM1Bc0 281/633


姫神「そう?じゃあ平等に。」

上条「?」

姫神「はい。」マクリ

上条(姫神さんが自ら制服を捲りあげてヘソチラ?!うっわ、やだなんかエッロ!!)

姫神「さぁ。抱きついてフガフガするといい。」

上条「ぐ、」

姫神「遠慮する事ない。どうぞ?」

上条「え、えーと、」

姫神「…」



姫神「えい。」ぎゅ。

上条「ほまっ!?」


346 : 以下、名... - 2017/04/25 23:34:42.21 ik/qM1Bc0 282/633



上条(うぉあああ!?///肌が!肌スッべスベ!!)

上条(姫神の形のいいヘソが上条さんの目の前に?!!///)

姫神「ん…っ」

上条(す、少しくらい…!少しくらいなら舐めても、)

上条(だって俺のも舐められたし!ね!こんな機会も滅多に)


コツコツコツ…

姫神「!」


348 : 以下、名... - 2017/04/25 23:38:17.49 ik/qM1Bc0 283/633



姫神「人が。来る!」ガバッ

上条「わぷっ!?」

姫神「早く私と。毛布の中に。」グイグイ

上条「ちょっ!」

姫神「…だめ。これだと毛布が膨らみすぎててバレる。」

姫神「上条くん。もっと。私に密着して。私を強く抱きしめて。」

上条「いやでも」

姫神「バレちゃうから。」

上条「なぁ、別にバレても問題無、」

姫神「マズイから。」




上条「えっと…こ、こう…か?///」モゾモゾ

姫神「まだだめ。見つかっちゃう。もっと。もっとくっついて。」ニヤ






349 : 以下、名... - 2017/04/25 23:44:47.16 ik/qM1Bc0 284/633



上条(ああああああああああ!!!あったかい!!柔らかい!いい匂い!!!)

姫神「んっ…ふっ…///」ムギュ~

上条(うぁあああ!!けど、けど…!)


上条(ブラが顔に当たって硬くて痛いぃ!!!)

姫神「…///」


上条(ガッガッって!金具!!痛い!金具痛い!!)

上条(ぐあああ!!ちくしょうブラジャーなんてこの世から無くなっちまえ!!不幸だぁあああ!!!)


350 : ◆3rfPz4lVbmKs - 2017/04/26 00:10:03.86 W6HaoDqz0 285/634




ガラッ。


去鳴「あれっ?」

姫神「…」




去鳴「ねぇねぇそこの黒髪さん。上条当麻知らね?」

姫神「知らない。…あなたは?」

去鳴「部外者。ここの生徒の上里翔流の義妹っしょ」

姫神「そう。」

上条(んん!?サロメの声!?なんであいつがここに!?)





351 : 以下、名... - 2017/04/26 00:12:12.33 46OOISEf0 285/633


去鳴「いやー私はちょっとお兄ちゃんの顔見に来ただけなんだけどね?」

去鳴「お兄ちゃんに『保健室に行った上条当麻に何があったか確認してこい』って言われちゃってさー」

姫神「そう。」

去鳴「ンなモン自分で行けって思うっしょ?照れくさいのかなんなのか知らないけど」

姫神「そう。」

去鳴「で?行先とか知らない?」ジロッ

姫神「うん。知らない。」


むぎゅぅうう。


上条(いだだだだだだだだ!!!ちくしょうなんで姫神ブラジャーなんかしてるんだよ!ノーブラでいいだろ!寝る時はノーブラなんだから今だってノーブラで良かっただろ!)

上条(ぐああああああ!!!声出るっっ!声出ちゃうぅうう!!!)




352 : 以下、名... - 2017/04/26 00:13:00.79 46OOISEf0 286/633


去鳴「トイレでも行ってるんかねー」

姫神「…」

姫神(この人。危なそうな目をしてる。)

姫神(…今度は。私が上条くんを守らないと。)ギュッ



上条(おっ、やった!!金具の所から俺の顔がズレて姫神の谷間に収まった!)

上条(ホッ。やっと痛みから解放された…)



上条(あー…やーらかーい…)



353 : 以下、名... - 2017/04/26 00:19:44.47 46OOISEf0 287/633


去鳴「んー…五分くらいここで待たせてもらうわ」ガタッ

姫神「…できれば。部屋から出て欲しい。私も調子悪いから」

姫神「あまり人にいて欲しくない。」

去鳴「えー」

上条(そーだそーだ!かーえーれ!かーえーれ!)

上条「…」

上条(あれ?でもこのままだったら)

姫神「…」


むにゅーんっ。



上条(俺、姫神にパフパフしてもらってる状態で居れるのか?)



354 : 以下、名... - 2017/04/26 00:22:18.40 46OOISEf0 288/633


上条「…」

去鳴「んー」

姫神「…」

去鳴「どうしよっかなー」

上条(かーえーれ!かーえーれ!)



上条(ゆっくりしていってからかーえーれ!)

上条(あと10分くらいしてからかーえーれ!)

上条(姫神の胸の谷間のしっとり感を俺が堪能してからかーえーれ!)


358 : ◆3rfPz4lVbmKs - 2017/04/29 05:49:35.15 pWIuChYG0 289/633


去鳴「…」

姫神「…なに?」

去鳴「んー?」

去鳴「妙にあんたが被ってる毛布もっこりしてるなーって」ニヤニヤ

姫神「そう。」

去鳴「やー普通に寝てたらそんなに膨らまないっしょ?なーに隠してんのかなーって」

姫神「別に。ゲームしてただけ。プレイしてる所や画面を見られるのは。恥ずかしいし。」

去鳴「へー?」ニヤニヤ

去鳴「じゃーさ、顔真っ赤だけどなんで?」

姫神「元々。こういう体質。」

去鳴「ほーん?」ニヤニヤ

上条(あれ…?これなんかひょっとしてバレてる…?)ドキドキ



359 : 以下、名... - 2017/04/29 05:52:30.42 pWIuChYG0 290/633



去鳴「んじゃさ、あんたの胸がありそうな所とは別の位置で毛布が凄い上下してるのはなんで?」

姫神「私の肺が。そこにあるから」

去鳴「凄いね?あんた肺がお腹にあんの?」ケラケラ

上条(姫神さん言い訳苦しい!さすがにそれは苦しい!)


360 : 以下、名... - 2017/04/29 05:53:54.04 pWIuChYG0 291/633




姫神「…なに?何が言いたいの。」

去鳴「やーわかるっしょ?」ニヤニヤ

去鳴「『誰を匿ってんのかなー?』っしょ」ニヤニヤ


上条(バ、バレてるぅう!!)



361 : 以下、名... - 2017/04/29 05:54:32.28 pWIuChYG0 292/633


姫神「…」

去鳴「その毛布。ちょっと捲ってみてよ」

姫神「や」フルフル

去鳴「あそー。んじゃ…」









去鳴「無理矢理そぉおおおおい!!!」バサー!

姫神「らめぇええ!!」

上条(う、うわぁああ!っていうか今姫神が『らめぇえ』って!?『らめぇえ』って言ったぞオイッ!?)



362 : 以下、名... - 2017/04/29 05:56:34.38 pWIuChYG0 293/633



去鳴「…ぷ。やっぱり居たんじゃん」クスクス

姫神「…/////」

上条「あ、あははは…おいっすー…久しぶりー…」ハハ

去鳴「ま、思ったより元気そうで何より」

去鳴「まあ?鎖骨まで上の制服捲り上げた女の子に密着して胸元スハスハぱふぱふまでしてるほど元気とは思わなかったけど」プクク

上条「いや!ち、違うんだ!これは!」

去鳴「えー?何が違うの?」ニシシ

上条「あー…えっと、とりあえず上条さんスハスハはしてないぞ!」ビシッ

去鳴「どうでもいいし弁解ポイントそこじゃなくね?つーかいい加減おっぱいから頭どけて喋れよ」

姫神「(//´∩ω∩`///)」プルプルプル


363 : 以下、名... - 2017/04/29 05:58:11.50 pWIuChYG0 294/633



姫神(うう。見られた。こんな状態を。恥ずかしい。恥ずかしい恥ずかしい恥ずかしい。/////)

去鳴「んじゃ私はお兄ちゃんにこの事伝えてくるんでー」

上条「うぉい!やめて!姫神が可哀想だろ!俺も恥ずかしいし!」バッ

去鳴「えー?でもぉー?私もお兄ちゃんに報告しなきゃだしー?」

上条「つーかそれもおかしな話だろ!あの上里が俺の様子が気になるってどういう風の吹き回しだよ」

上条「大体何で俺達が保健室行ったのも知って、」

去鳴「さあ?なんか『あのグラサンが言っていたイジメというのは本当なのか?心配だな…あいつはぼくのベストフレンドになるかもしれないし…』とかなんとか…」

上条「ベストフレンド!?え待ってひょっとして昨日のアレでそんなに友情感じちゃったのアイツ!?」

上条「つーかグラサン!?わーいすっごい心当たりあるぜあんちきしょう!先生に何を言ったんだあの野郎ォーッ!!?」


去鳴「昨日のアレ?」

上条「…」

364 : 以下、名... - 2017/04/29 06:00:59.04 pWIuChYG0 295/633


去鳴「ねぇー昨日のアレってなによ?」

上条(お兄ちゃんLOVEなコイツに『Dカップおっぱいの揉み心地を実際に確認』云々の話したらめちゃくちゃキレそうだよな…)

上条「…お兄さんに…聞きなさい…?」ニッコリ

去鳴「何そのよくわかんない言い方。控えめに言ってキモいっしょ」

上条「うっせ。いいから帰れよ『上条さんはちょっと風邪気味だっただけ』って報告してくれよ」

去鳴「いやいやいや…『アイツ女の子とイチャラブ保健室デートこきたかったから仮病サボりやったみたいっすわー』って言っとくから」

上条「やめてくださいお願いしますッッ!」

去鳴「いやーさすがお兄ちゃんのライバル。おモテになりますなぁー?」ヒッヒッヒッ

上条「別にモテてるわけじゃねぇよ!」

上条「これだって姫神が気を利かしてくれたってだけで!」

上条「姫神は別に俺の事が好きとかそういうんじゃないからな!?」



姫神「…」

365 : 以下、名... - 2017/04/29 06:03:59.91 pWIuChYG0 296/633


去鳴「…あのさぁ?」

上条「なんだよ」

去鳴「それ本気で言ってっかはわっかんねーけど」

去鳴「フッツーに考えてね?男でも女でもさ、好きでもない人間に体触られるの許すのってありえねーっしょ?」

去鳴「許すとしたらさ、とんでもなくビッチか本当に心を許してる人間か、何らかのサービス受けるためとかのどれかなわけっしょ?」

上条「そりゃあ、まぁ…?」

姫神「…」

去鳴「もうちょいその子の気持ち汲んであげたら?」

姫神「…」

上条「余計なお世話だっての!」


366 : 以下、名... - 2017/04/29 06:05:46.06 pWIuChYG0 297/633



去鳴「あそ。んじゃ私は用済んだから帰るんでー」

去鳴「まっ。お兄ちゃんには『特に問題なし』って言っといてあげるよ」スタスタ…

上条「…さんきゅな」














去鳴「但し『半裸の女の子に組みついてそのカラダ堪能してました』って言葉も付け加えてなぁ(笑)!!」ダッ

上条「まさに外道ぉおお!!!?」



<「アハハハハハハハハハハ!!!」パタタタタタタタタタタ…


上条「クソっ!待っ…ああっ!もう見えねー!!」




367 : 以下、名... - 2017/04/29 06:13:01.58 pWIuChYG0 298/633


姫神「…」

上条「…あー、」

姫神「…」

上条「えっと、助けようとしてくれてありがとな」

姫神「…うん。」

上条「…どうすっかな」

姫神「…」

上条「寝たりとかするか?」

姫神「…うん。そうだね。」

上条「…」


368 : 以下、名... - 2017/04/29 06:23:54.40 pWIuChYG0 299/633





上条「…で、」






上条「なんで俺たち一緒のベッドで寝てるんでせうか」

姫神「…」


369 : 以下、名... - 2017/04/29 06:27:42.25 pWIuChYG0 300/633



姫神「…私の気持ち。わかって欲しいから?」

上条「なんで疑問形なんだ…」

姫神「…」モソモソ

上条「ん?」

姫神「ちょっとあっち向いて。私に背中向けて。」

上条「え?」

姫神「いいから。」

上条(なんか昨日今日と姫神と一緒に寝てるからか、これが当たり前のように感じてきましたよ上条さんは)



370 : 以下、名... - 2017/04/29 06:52:25.52 pWIuChYG0 301/633



姫神「…」ピト

上条(背中にくっつかれた)

姫神「…」スリ

上条「…」

姫神「…」

姫神「えい。」ツン

上条「わひゃっ!?」

姫神「…」

上条「な、なんだよ!」

姫神「…」

姫神「…当ててみて。」

上条「? 何を?」

姫神「今から君の背中に指で字を書くから。」

上条「また唐突だな…わかった」

姫神「…私の気持ち。書くから」

上条「…」

姫神「出来れば。気づいて欲しい。」

上条(…仲良くしたい、とかか…?)



姫神「…」ツツー

上条「うっひゃぁぅうんっ!?」ビクンッ



371 : 以下、名... - 2017/04/29 06:59:26.93 pWIuChYG0 302/633



姫神「…」ツツー

上条「…っ!…ッ!…」ピクンッ!ピクンッ

姫神(好)

上条「うひっ…くくっ…!?」

姫神(き…)

上条「…っくぁっ、あっふ!」

姫神(。)

上条「ごめんちょっと待って!?くすぐったすぎて何もわかんないから!」

姫神「…そう。」


372 : 以下、名... - 2017/04/29 07:00:44.47 pWIuChYG0 303/633




姫神「…」

姫神「じゃあ…」ギューッ

上条(抱きしめられた)

姫神「これでも。わからない?」ギュ...

姫神「…そろそろ。察して欲しいな。」ポソッ

上条「~っ////」


379 : 以下、名... - 2017/05/05 02:01:12.46 TDnB/gfSO 304/633




上条(姫神の…気持ち…?)

上条(それって…それって…)






上条(『上条くん。私と。えっちな事シよ?///』って事か!?///)ドーン






380 : 以下、名... - 2017/05/05 02:02:36.52 TDnB/gfSO 305/633



上条(あー!だから昨日からやたらと!あーハイハイ!)

上条(姫神は欲求不満だったって事か!)グッ

上条(いやいやいや!ダメダメ!いけまてん!!そんなのダメだからな!)

上条(上条さんそんなの許しませんから!そういうのは付き合ってからだから!)

上条(よし!ここはビシッと説教を…!)クルッ




姫神「////」ウルウル

上条「」



381 : 以下、名... - 2017/05/05 02:04:58.44 TDnB/gfSO 306/633



上条(今の今まで頭にあった下卑た考えが吹き飛んだ。)

上条(…別に姫神は泣いてるわけじゃない。)

上条(よく、『本当に女の子が恋愛感情的好意をもってる相手を見る時は目が潤む』って聞くけど)

上条(…”これ”がそうなのか?)

姫神「…上条くん…。」

上条「姫…神…?」

姫神「…」スッ...

上条(姫神が目を閉じて、軽く唇を突き出した。)





382 : 以下、名... - 2017/05/05 02:06:10.48 TDnB/gfSO 307/633



上条(これって…つまり、その、)ドッドッドッ..

上条(”そういう事”なのか?)ドッドッドッドッ..

上条(俺の思い上がった勘違いじゃない…のか?)ドッドッドッドッ

上条(”これ”がそうなのか?)ドッドッドッドッドッドッ

上条(シて…いいのか?)ドッドッドッドッドッドッドッドッドッ




上条(いや、むしろ『そうしなきゃいけない時』なのか?)





383 : 以下、名... - 2017/05/05 02:07:00.34 TDnB/gfSO 308/633






上条「姫が、」




携帯<『”イケナイ子”とみんな指を指す♪』



上条「…」

姫神「…」




384 : 以下、名... - 2017/05/05 02:07:54.45 TDnB/gfSO 309/633





携帯<『手の鳴る方へ♪ねぇ明日は♪どちらー…?♪』

携帯<『じーかーんが-♪こーどーおーをー止めーるー♪』




上条(…なんか興が削がれたな)

姫神「…」








上条「…出ないのか?」

姫神「うん。」

385 : 以下、名... - 2017/05/05 02:08:26.93 TDnB/gfSO 310/633



携帯<『お願ー…』ブツッ....



姫神「今は。誰との関わりよりも。上条くんの言葉の方が。重いから」

上条「…」

姫神「君が今。私に何を言おうとしたか。…聞かせてほしい。」

上条「…」


386 : 以下、名... - 2017/05/05 02:09:19.30 TDnB/gfSO 311/633



上条「なあ、姫神。」

姫神「うん。」

上条「俺の恥ずかしい勘違いとか、驕りとかなのかもしれないんだけどさ、」

姫神「うん」

上条「ひょっとして、ひょっとして、なんだけどさ、」

上条「俺に…好意を持ってくれてる…のか?」

上条「その…友達、以上の」

姫神「…」

387 : 以下、名... - 2017/05/05 02:20:49.78 TDnB/gfSO 312/633




姫神「…」

上条「…」



姫神(ああ。やってしまった。)



姫神(本当はまだ。隠しておくつもりだったのに。)

姫神(つい。感情的になってしまった。)

姫神(だって。まだ上条くんはきっと私を恋愛対象として。見てくれてない。)

姫神(今告白しても。撃沈する事は見えていたのに。)

姫神(だって。きっと。私ばかりが一方的に盛り上がってしまっていただけなのに。)

姫神(でも。どうしても。今伝えたくなってしまった。)

姫神(わかって欲しくなってしまった。)



姫神(私が。君を好きだという事。)





388 : 以下、名... - 2017/05/05 02:25:08.45 TDnB/gfSO 313/633



上条「その…」ソッ

姫神「え?」

上条「…」ガバッ

姫神(…覆い被さられた。)

上条「その、ごめn」

姫神「ーーーーーーーっ。」














トントントントン。ガラッ。

吹寄「姫神さーん?大丈夫?電話応答なかーって、のんじょこりゅぅぁあああああああああああああああああ上条当麻貴様ぁあああああああああ!!!?」

389 : 以下、名... - 2017/05/05 02:26:19.17 TDnB/gfSO 314/633



上条「う、うわぁああ!?ノックぐらいしろよ!!」

吹寄「したわよ!!この腐れ強姦魔!!!」

上条「濡れ衣だ!!!上条さんまだ何もシてませんのことよ!?!!」

吹寄「まだ!!?まだって言ったか貴様!!?」

上条「あ、やっ、違っ!言葉の綾だよ!!」

吹寄「だー!いいから!貴様は姫神さんの上から!!どきなさいよ!!!」



ギャーギャー


姫神「…」


390 : 以下、名... - 2017/05/05 02:36:19.21 TDnB/gfSO 315/633



姫神「…」

姫神(…やっぱり。か。)シュン...

姫神(きっと。あの後に続く言葉は。『姫神をそういう目で見れない』とか。)

姫神(良くて。『抱かせて』ムラムラ)

姫神(その類いの事だったと。思う。)

姫神「…」プルプル



姫神(…泣きたい。)




391 : 以下、名... - 2017/05/05 02:39:11.74 0fqVt9O+O 316/633



吹寄「大体貴様は!」

上条「だから違うって!」


姫神「…私。もう体調良くなったから。戻るね。」

姫神(本当は。むしろ悪くなったのだけど。)

姫神(…居たくない。今。ここには。)

姫神(逃げたい。消えたい。死にたい。)トボトボ

吹寄「あ、姫神さん。今日はもう授業無いわよ?」

上条「え?なんでだよ」

吹寄「なんか今日最後の授業担当の災誤先生が謎の金髪アロハシャツグラサンに襲撃されたって」

上条「…」

姫神「…」

上条「…アイツだよね?俺のよく知ってるアイツだよね?」


392 : 以下、名... - 2017/05/05 03:12:03.72 YD1ie7rGO 317/633



吹寄「保健室に貴様と姫神さんの様子見に行こうとしてたら『邪魔しちゃダメぜよ!』って言葉が聞こえて次の瞬間に」

上条「いやもうアイツだよね?」

吹寄「ビリビリってスタンガンやられて吹矢で1日動けなくなる痺れ薬撃たれたって」

上条「何してんのシスコン軍曹」

吹寄「何者なのかしらね?謎の金髪アロハシャツグラサン」

上条「いやもう該当者はこの世で1人だろ」

吹寄「言っとくけど土御門なら私達と教室に居たわよ?」

上条「えっ」

姫神「…謎だね。それは。」


393 : 以下、名... - 2017/05/05 03:14:11.42 YD1ie7rGO 318/633



吹寄「けど何故か教室の土御門は『御坂さん御坂さんハァハァ…うっ』ってずっと言ってたのよね」

上条「…たぶんそいつアステカの人じゃないかな」

吹寄「は?何言ってるの貴様は?」

上条「いや…」

吹寄「?」

姫神「?」

上条「なんでもないです…」


397 : 以下、名... - 2017/05/14 01:15:41.45 a3sm+qT70 319/633



姫神「…」

姫神(…今日はもう帰ろう…授業はもう無いのだし。)

姫神(ふふ…帰ったら。おふとんで。泥のように眠る。)

姫神(嫌な事は全部忘れて。静謐な時間の中で心の安寧と平穏を享受する。)

姫神「…」

姫神(あ。しまった。忘れてた。)


姫神(今日。図書室で借りてた本の返却期限だった。)



398 : 以下、名... - 2017/05/14 01:25:27.75 a3sm+qT70 320/633



姫神(うう。面倒くさい。電子書籍やネットからのダウンロードだったら楽なのに。)

姫神(でも。やっぱり本は読むなら紙に限るし。)

姫神(どれだけ便利でも本は紙じゃないと読んだ気がしない。これだけは譲れない。)

姫神(…返した後に他に何か借りようかな…)

姫神(はっ。いけない。レンタルDVD屋さんでも起きる無限ループが。)

姫神(借りる→返す→返したついでにチラ見→見たい→借りる→以下エンドレスというレンタル輪廻が!)


399 : 以下、名... - 2017/05/14 01:26:21.30 a3sm+qT70 321/633



姫神「私。もう行くね。図書室に本返しに行かなきゃいけないから。」

吹寄「えっ?ああ…また明日ね姫神さん」

姫神「うん。」スタスタ…




吹寄「…どうする?」

上条「え?」




吹寄「ほら…私も貴様ももう用事も無いんだし、一緒に帰ろうっていうか」

上条「えっ」

姫神(えっ)ピタッ



400 : 以下、名... - 2017/05/14 01:28:31.75 a3sm+qT70 322/633



吹寄「何よ。別にいいでしょ?貴様は全然学校来ないし。たまにはこーゆうのも」

上条「あー…、ああ。そうだな」

吹寄「帰りに買い食いとかさ…」

上条「いや俺金ないし」

吹寄「はぁ?貴様はいい加減貯金するとか、稼ぐってことを覚えなさいよ」

吹寄「…まぁ、今日ぐらいなら奢ってやっても」


姫神「」



401 : 以下、名... - 2017/05/14 01:34:56.70 a3sm+qT70 323/633


上条「あ、いやでも悪いしさ、」

吹寄「なーにを気をつかってんのよ。あんまり奢られる機会も無いんでしょ?」

上条「あ、いや、そのだな、」


姫神「…」オロオロオロオロ


吹寄「…? 何か隠してるわね?」

上条「イエベツニ」

吹寄「ならなんで片言になってんのよ」

上条「キノセイダヨ!」b

吹寄「ちょっと気になるじゃないのよ!言いなさい!」


姫神「…」ソワソワソワソワ


吹寄「…まさか、姫神さんと昨日何かあったからさっきも」

上条「ッ!?」ドッキーン



姫神「~っ。」

姫神「…!」ダッ




がしっ。



上条「──────へ?」

姫神「…上条くんも。来て。」グイッ



402 : 以下、名... - 2017/05/14 01:40:28.56 a3sm+qT70 324/633


上条「え?あっ?おいっ!?嘘だろアレッ姫神さんチカラつよっ、なんで俺、アッ────」

姫神「ごめん。吹寄さん。」

吹寄「へ?」

姫神「上条くんは。私と用事があるから。」ニッコリ

吹寄「えっ、ああ…うん…」



ずるずるずる…



吹寄「」ポカーン



吹寄「姫神さんってあんな風だったっけ?」







403 : 以下、名... - 2017/05/14 01:41:03.39 a3sm+qT70 325/633



~図書室~



姫神「それじゃ。私は本を返却してくるから。本でも読んでてほしい。」

上条「い、いえっさー!」ビシッ

姫神「ん。」コクン




404 : 以下、名... - 2017/05/14 01:43:46.91 a3sm+qT70 326/633



姫神(…やってしまった。)

姫神(つい。また感情的になってしまった。)

姫神(吹寄さんに上条くんが盗られるんじゃないかと思ったら。思わず。)

姫神(…ううん。盗られるなら盗られるでもいい。)

姫神(でも。)チラッ


上条「はー…なんだなんだよなんですか挿絵無しで文字ばっかの本しか無いのかよ…マンガないかな」キョロキョロ


姫神(…ちゃんと。決着はつけなければ。)ウン

姫神(なあなあにしない。もやもやを抱えたまま今後を生きるのは辛い。)



姫神(怖いけど。辛いけど。…聞こう。ちゃんと。彼の口から。)



上条「おっ…なんだコレ楽しそう」

上条「テキトーに2巻と…あと10巻読むか」ペラッ





405 : 以下、名... - 2017/05/14 01:47:45.04 a3sm+qT70 327/633


メガネ君「あっ返却ですか?」

姫神「? 何故君がここで図書委員を?」

メガネ君「今日は図書委員が風邪でして。それでピンチヒッターとして僕がいるわけです」

姫神「そう。それじゃ。これとこれを…」

メガネ君「はい。承知しました」

姫神「…」チラッ

メガネ君「どうしました?」

姫神「…それ。新刊?」

メガネ君「ええ。なるべく新しいモノも読めるように手配してるんですよ。図書室の存在意義とか需要がなくなっちゃいますし」

姫神「…借りたい。手続きをお願いしたい。」

メガネ君「はは、承知しました。」

姫神(結局このレンタル輪廻からの解脱はできなかった。)


・・・。




406 : 以下、名... - 2017/05/14 01:55:52.69 a3sm+qT70 328/633



姫神(終わった。)


姫神「上条く…」



上条「クッソ泣ける…ムスビ…なんでお前、お前そこでさぁ…気づけよ!よく効くビタミン剤の罠に!」グスッグスッ

姫神「…」



上条「つーかゲンのお母さんエr」

姫神「…上条くん。お待たせ。終わった。」

上条「…」ババッ

上条「おう。いやー面白いよなファーブル昆虫記!特に8巻のサソリの飼育されてる所のこのリアルな挿絵がさ?」キリッ




姫神「そう。そうやってマンガをページで挟んで隠すやり方は本を傷めてしまうからやめておいてほしい。」

上条「おうっ!?」


407 : 以下、名... - 2017/05/14 01:58:18.64 a3sm+qT70 329/633



上条「と、ところで姫神は何を借りてたんだ?」アセッアセッ

姫神「…H.Gウェルズの『タイムマシン』とか。東野圭吾の『容疑者Xの献身』とか。」

上条「……タイム、」



上条「ああ、ドラえもんか!」ポンッ

姫神「違う。」



409 : 以下、名... - 2017/05/14 02:01:06.28 a3sm+qT70 330/633


姫神「この本の作者のH.Gウェルズは。この『タイムマシン』という作品によって。世界で初めて『時間を移動する機械』…即ち”タイムマシン”という概念と言葉をSF小説というジャンルで作った」

姫神「ちなみにこの作品は映画化もしてる。」

上条「へー…」

姫神「本屋にはなかったし。久しぶりに読みたくなったから借りた。図書室なら合法的に無料で読めるし。」

上条「へっ、漫画しか読まない上条さんには別世界の話に聞こえてくるぜ!」

姫神「なぜ。誇らしげ。」

上条「どんな内容なんだ?」

姫神「簡単に言うと。タイムトラベラーと呼ばれる主人公が『遥か未来の人類はどうなっているか?』を確認しにいくお話。」

上条「遥か未来…」

姫神「そう。そこではイーロイ人とモーロック人という二種類の人類が存在していて…」

上条「へぇ…」


・・・・。



410 : 以下、名... - 2017/05/14 02:02:42.99 a3sm+qT70 331/633


上条「面白そうだし、映画なら観たいな」

姫神「そう?でも映画は原作とだいぶ違うよ。」

上条「へぇ?そうなのか」

姫神「うん。」

上条「じゃあ今度一緒に家でDVDでも観ないか?」

姫神「えっ。」

上条「いやほら、原作との違いを知ってる姫神さん居たらレクチャーしてもらえるだろ?」

姫神「…うん。」

上条「えっ、ごめんあんまり気が進まなかったか?」

姫神「ううん。違う。」フルフル




411 : 以下、名... - 2017/05/14 02:03:39.65 a3sm+qT70 332/633



姫神(上条くん。さっきのこと。何も無かったみたいに私と話してる。)

姫神(ひょっとして。これは優しい断り方をしてくれてるって事なのかな。)チラッ

上条「?」

姫神(『明言は避けるけど、察して?』みたいな。)

姫神(気になる…。けど。)チラッ チラッ

上条「…」



姫神(うう…このまま。このままの方がいい気がしてきた)



412 : 以下、名... - 2017/05/14 02:05:57.80 a3sm+qT70 333/633



姫神(そう。このまま。友達のまま。)

姫神(誰も傷つかずに。気まずくならない。このまま。友達のままで。)

姫神(別に。バレンタインには普通にチョコあげればいい。)

姫神(今まで通りに接すればいい。)

姫神(たまに話すくらいでいい。)

姫神(遠くから見てればいい。)

姫神(将来。上条くんが。私の知らない誰かと結ばれていくのを見てれば────)



上条『ん』チュー

??『んっ』チュー


姫神「…」





姫神「………ソレハ…イヤ。」ポソッ

上条「?」


413 : 以下、名... - 2017/05/14 02:21:17.02 a3sm+qT70 334/633


上条「今何か言ったか?」

姫神「ううん。…なんでもない。」

上条「…」

メガネ君「あっ、すみません御二方。」

上条「ん?」

姫神「?」

メガネ君「申し訳ないんですが僕今から呼び出しがありまして。」

メガネ君「お願いできそうな人が御二方しかいなくて。図書室の鍵、閉めた後に職員室に返しておいてもらえますか?」

姫神(あ。ホントだ。図書室私たちだけだ。)

姫神「うん。いいよ。」

メガネ君「ホントすみません。緊急だそうで!それじゃ!」


たたたた…。



姫神「…」

上条「…」





414 : 以下、名... - 2017/05/14 02:33:19.58 a3sm+qT70 335/633



姫神「…あ。無理矢理付き合わせてごめんね。もう…帰ろっか。」ガタッ

上条「…」ガタ


姫神(ああ。聞けない。私の意気地無し。)

姫神(私の勇気。いつの間にか実家に帰ってた。)

姫神(けど…もういいよね?私。昨日からずっと頑張った。)

姫神(もう。これで精一杯。)

姫神(感情をコントロールして。人に好意を持ってもらう事がこんなに難しいだなんて知らなかった。)

姫神(逃げたい。超逃げたい。)

姫神(『いろいろと失敗してしまった。これ以上の成果が望めそうもない。』)

姫神(うん。言い訳はこれにしよう─────)



上条「なあ姫神」

姫神「…なに?」






415 : 以下、名... - 2017/05/14 02:44:19.49 a3sm+qT70 336/633





上条「さっきの続きなんだけど」

姫神「…」ビクッ




418 : ◆3rfPz4lVbmKs - 2017/05/20 01:59:11.29 W3wCBLPxO 337/633





上条「ちゃんと姫神の口から聞いてないから聞かせてほしい。」




上条「…聞くタイミング、もうたぶん今しかないと思うからさ…もう1回聞きたい」

姫神「…」




上条「姫神は…俺のこと、好き?」

姫神「…」




419 : 以下、名... - 2017/05/20 02:04:34.67 W3wCBLPxO 338/633




姫神「…」ダッ!

上条「!」



上条「待てって!待ってくれよ姫神!」

姫神「…っ。」タタタ..



420 : 以下、名... - 2017/05/20 02:05:54.20 W3wCBLPxO 339/633


上条「なぁ!ちょっg 痛っ!?本棚にぶつけっ、待ってくれって!」

姫神「…!」


姫神「…」タタタ...



姫神(! しまった。)







上条「そっち、行き止まりだぞ姫神」

姫神「…」


421 : 以下、名... - 2017/05/20 02:07:19.57 W3wCBLPxO 340/633


上条「なぁ」壁ドン

姫神「…」プイ


上条「お願いだって」

姫神「…」ダッ!

上条「おっと」ガシッ



上条「…捕まえた。」ギュッ

姫神「!////」



422 : 以下、名... - 2017/05/20 02:18:39.35 W3wCBLPxO 341/633



姫神「~ッ!!///」ジタバタジタバタジタバタジタバタジタバタ

上条「ちょ、ちょっ!暴れ、暴れんなって!」

姫神「だめ。聞かないで。」

姫神「勝手に言って。やっぱり聞きたくないなんてのは。とんでもなく自分勝手だってわかってる。けど。」

姫神「だめ…怖い。…恐すぎる。」

上条「でも姫g」

姫神「あっ…。」





トサ。




上条
姫神「「…」」



423 : 以下、名... - 2017/05/20 02:22:06.51 W3wCBLPxO 342/633



上条(お、押し倒しちまった)

姫神「…////」カァアッ///

姫神「…どいて。くれる?///」

上条(い、いや!これはむしろチャンスなんじゃないのか?)

上条「…だめ。俺の質問に答えてくれないと」ノシッ

姫神「…///」プイッ

上条「じゃあ言ってくれるまで絶対逃がさないからな?」ガシッ

姫神「…へんたい。///」

上条「うぐ」

姫神「これ以上変な事。する気なら…声。…出しちゃうよ?//」

上条「それはちょっと」




424 : 以下、名... - 2017/05/20 02:40:09.91 LjCW79XJ0 343/633





姫神(変なの。昨日もさっきまでも。何度も密着してたのに。)


姫神(今の今まで。拒絶されたら嫌だって。上条くんとは距離を置きたかったのに。)


姫神(こうして。押し倒されて。覆いかぶさられて。抱きしめられると。)


姫神(幸せ。///)ニヨ



姫神(…普通。嫌いだったり。何とも思ってない子にこんな事しないよね?)

姫神(………少しは。期待してもいいのかな。)

姫神(上条くんも。私を好きでいてくれる可能性を。)




430 : 以下、名... - 2017/05/27 02:44:29.19 YK6wucNu0 344/633





上条「…」

姫神「…」



上条「…わかった」

姫神「?」




431 : 以下、名... - 2017/05/27 02:45:48.80 YK6wucNu0 345/633



上条「俺は姫神が俺の事が好きなのか知りたい。」

上条「でも姫神は答えてくれないんだよな?」

姫神「…うん。…自分勝手で。ごめんね。」

上条「姫神の気持ちに対して、俺が姫神を拒絶する意思を示すかもしれないから…だよな?」

姫神「…うん。」



姫神(でも…そんなの。あたりまえだよ。)

姫神(好きな人に。半分告白したのに対して『ごめん』って。言いかけられて。)

姫神(その上で答えを聞こうなんて。私にはできない。)



姫神(そんな勇気は…私には。ないよ。)



432 : 以下、名... - 2017/05/27 02:47:03.56 YK6wucNu0 346/633


上条「でもそれじゃあ話はずっと平行線だろ?」


上条「だからさ、」

姫神「?」



上条「姫神が俺の事を本当はどう思ってるのかなんて関係無しに。言葉にしないで俺の気持ちを一方的に姫神に伝えようと思う」

姫神「…」



433 : 以下、名... - 2017/05/27 02:47:38.00 YK6wucNu0 347/633



上条「ひょっとしたら姫神を傷つけるかもしれないけど…悪いけど、俺も俺のエゴだけで行動する。」

上条「その後で…もし言ってくれる気になったら…よかったら聞かせて欲しい」

姫神「…」

姫神「…」コクン...


434 : 以下、名... - 2017/05/27 02:48:46.52 YK6wucNu0 348/633



上条「姫神」

上条「これが…さっき言おうとした、俺の答えだから」

姫神「…? 何を。」





上条「ん…」

チュ。

姫神「 」




435 : 以下、名... - 2017/05/27 02:50:50.72 YK6wucNu0 349/633




姫神(…キス。された。)



上条「…」ググッ...

姫神「っ。…ん。ふ…っ?!///」

姫神(しっかりと。隙間なく。私の薄い唇に上条くんの唇が。重ねられている。)



姫神(…あれ?)


姫神(ちっとも。現実味が。ない。)

姫神(夢…?幻…?これは本当に現実なのかな。)



上条「…」クチ..クチュ。レロ..

姫神「は…///あ…。ふ…。///」





436 : 以下、名... - 2017/05/27 02:53:06.48 YK6wucNu0 350/633



姫神(舌が。入ってくる。…///)

姫神(…上条くんの。気持ちが。わかる気がする。)

姫神(『好き。俺も姫神の事好きなんだ』)

姫神(『俺のこの想いを伝えたい。』)

姫神(『俺、こんなに姫神の事好きなんだって!』)

姫神(…そんなふうに。言ってるような。)クス...

上条「…んっ…む…」

姫神「ん…」ギュッ...

姫神(ああ…)

姫神(あったかい。柔らかくて。安心してドキドキして。幸せで。…それから…顔から火が出そう。////////)

姫神(ふふ。今。私すごいことしてる。)

姫神(好きな男の子と。キスしてる…///)


上条「…」チウ

姫神「…っふ…」チム



姫神(私。こんなに幸せな気持ちになったこと。ない。///)






437 : 以下、名... - 2017/05/27 02:53:42.87 YK6wucNu0 351/633


上条「ぷあっ…//」

姫神「ふぁ…///」


上条「…」ハァーッ...ハァーッ...

姫神「///」ハァーッ...ハァーッ...




上条「俺は…こう、思ってるから」

姫神「…あ。ありがとう…///」


438 : 以下、名... - 2017/05/27 02:55:10.79 YK6wucNu0 352/633


姫神「…///」モジモジ

姫神「…じゃあ。さっき。『ごめん』って。言いかけたのは…?」

上条「あれは…『ごめん、俺の勘違いだった?』って聞こうとしてて」

姫神「そうなの?(なんだ。勘違いだったのか。)」

上条「ああ。…で、さ、」

上条「俺、ちゃんと俺が姫神の事どう思ってるか伝えたつもりだから」

姫神(うん…とっても。よく伝わりました…///)カァ


439 : 以下、名... - 2017/05/27 02:58:04.52 YK6wucNu0 353/633


上条「…聞かせてくれないか?」

上条「聞きたいんだ。ちゃんと。」ニコッ...

姫神「…」ポロッ...

姫神(あれ…?なにかよくわからないけど。嬉しさで…涙が出てきた。)グスッ

姫神「…!」ギューッ

上条「ん」ギュッ





姫神「…うん。私も…上条くんの事が…好き…!」グスッ

上条「ありがとう。俺も…姫神の事が好きだ」





440 : 以下、名... - 2017/05/27 03:00:09.36 YK6wucNu0 354/633




上条「…///」

姫神「///」

上条「あー、あのさ、」

姫神「? なぁに?」

上条「…なんか姫神が愛おしくてしょうがないからもっかいキスしたいんだけど…いいか?」エヘ

姫神「ん…でも私。今。泣いてるから。汚れてるよ。」

上条「気にしないから。だから…させてくれよ」

姫神「…うん…じゃあ…いいよ…?///」


ちう。


・・・・・・・・。



448 : 以下、名... - 2017/06/03 03:18:01.45 9C6Kxgw30 355/633





姫神(ああ。私。時間の感覚が狂ってしまった。)



姫神「ん…」チュッチュッ

上条「ん…むっ…はぁ…ぁっ、」

姫神「…もう。上条くんばっかりズルイ。」モゾ

上条「え…何が…?」

姫神「私も…。上条くんみたいに覆いかぶさって。上からキスしたい。」

上条「はは、いいよ。じゃあ交代…な?」ナデ

姫神「うん…こーたい。///」



姫神(告白されてから。どのくらい時間が経ったのか。もうわからなくなってしまった。)





449 : 以下、名... - 2017/06/03 03:20:11.47 9C6Kxgw30 356/633


姫神「ん…む…」

上条「ん…」



姫神(10分くらいしか経ってないのかもしれないし。)

姫神(一時間以上経っている気もする。)

姫神(もうずっと抱き合ってこんなことばかりしてる。)




上条「なぁ…今度はまた俺からぁ…」

姫神「うん…きて?して?もっと…。」



チュー。


姫神(でも。やめ時がわからない。上条くんが愛おしすぎて。やめられない///)





450 : 以下、名... - 2017/06/03 03:23:14.95 9C6Kxgw30 357/633



・・・・。


上条「やば…もう真っ暗になってきたな」

姫神「…ん。」

上条「じゃあ…そろそろ帰ろうか」

姫神「…ん。」

上条「…」

姫神「…」

上条「あー、ちょっと離して、…どいてくれないか?」

姫神「…」



姫神「…やっぱりだめ。離してあげられない。もう今日はずっと抱き合ってたい。」ギュ

姫神「君を離したくない。」スリ

上条「///」



451 : 以下、名... - 2017/06/03 03:24:51.57 9C6Kxgw30 358/633




上条「そ、そうは言ってもさ…俺だってずっと抱き合ってたいけど」

姫神「やだ。もう今日は。離してあげない。今日は上条くんは私から離れちゃダメ法案が私の中で可決された。」

上条「ええー…破ったらどうなるんだ?」

姫神「…きす。」

姫神「離れる度に。キス5回。」

姫神「私を寂しがらせたら更に回数を上乗せする。」

上条「はは…そんなご褒美あるならわざと離れちゃおっかな」

姫神「だめ。やだ。ちゅーするの…。」

上条「しょうがないなぁ姫神は」ナデナデ

姫神「んっ…もっと。それもっとして?それ…好き。」

上条「ああ。いいよ」ナデナデ

姫神「…ちゅーも。でも。ちゅーもしてほしい…」

上条「わかったわかった」ちゅ

姫神「ふふ…幸せ。///」ギュ




452 : 以下、名... - 2017/06/03 03:27:04.10 9C6Kxgw30 359/633




ガラッ。



明日香「んもーメガネ君が図書室の鍵をさっさと返却してくれないから私がわざわzぴゃあ!?」

上条「あっ、」

姫神「あっ。」


453 : 以下、名... - 2017/06/03 03:29:11.51 9C6Kxgw30 360/633


明日香「ふゃああああ?!///」

明日香「ごっ!ごごごごごごごめんなさーい!お邪魔する気はなかったんですぅうう!」ぴゃわぁぁ!

上条「いやっ、あのっ、俺達の方こそ!なんかごめん!///」バッ

姫神「…///」

明日香「でも図書室でそういう事はシないでぇ!?」

上条「シ!シてないシてない!するつもりもねぇよ!」

姫神「え…そうなの…?」シュン

上条「あ、いや、あの今とかじゃなくてさ、いつかもうちょっとムードあって落ち着いてイチャつける所でっていうか」

姫神「そう?…じゃあ…期待して。待ってるね。」

上条「お、おう///」



明日香「ふぇえーん!こんな仲がいい恋人さん達の邪魔しちゃったよぉ!未絵ちゃん助けてぇ!」ぴぃぃ!

上条「あんたもいつも秋川にばっか助け求めんな!」



454 : 以下、名... - 2017/06/03 03:30:24.64 9C6Kxgw30 361/633




・・・・・。




~帰り道~


上条「…なぁ、」テクテク

姫神「何?」テクテク

上条「俺達…付き合ってるって事でいい…んだよ…な?」

姫神「うん…いいよ。」

上条「姫神が俺の彼女、なんだよな?」

姫神「うん。そうだよ?///」



455 : 以下、名... - 2017/06/03 03:34:13.13 9C6Kxgw30 362/633


上条「なあ、ちょっと思いっきり俺の頬をつねってみてくれるか?」

姫神「えっ。どうして?」

上条「いや…なんか現実味なくてさ」

上条「だって万年不幸でそんなラブイベント皆無な上条さんがさ、」チラッ

姫神「?」

上条「…こんなすげー美人と付き合えるとか、…キス///…したとかさ」

上条「にわかには信じ難いんですよ」

姫神「そう?…ふふ。大丈夫。ちゃんと。現実。」ニコッ

上条「…けど」

姫神「わかった。じゃあ…」

姫神「ほら。手。今日は。ちゃんと恋人繋ぎして帰ろう?」キュ

上条「あっ」

姫神「それとも。こうやって腕組む方がいい?」キュ

上条「あっ、むね当たっ、やわっこいっ!///」




456 : 以下、名... - 2017/06/03 03:35:34.96 9C6Kxgw30 363/633



姫神「まだ信じられない?」

上条「えーと…まぁ、まだ、かな…」

姫神「そう?それじゃあ…」



上条「えっと…むぐっ!?」

姫神「ん。」



上条「…」
姫神「…」



姫神「…ぷあ。ほら。少なくとも。今の私とのキスは。現実。」ニコッ

上条「ひ、姫神ぃ!」ギューッ

姫神「ひゃんっ///」


457 : 以下、名... - 2017/06/03 03:47:04.91 9C6Kxgw30 364/633


~姫神宅前~


姫神「送ってくれて。ありがとう。でも部屋の前までじゃなくても良かったのに」

上条「いやダメだって。学園都市は頭がおかしい奴ばっかだからな」

上条「歩いてたらいきなり拉致されて実験体にされる事だって多々あるしな!」

姫神「そうなの?」

上条「そうなんだよ」コクン

姫神「でも。確かにそういえば。前に吹寄さんとデパート行った時。ブービートラップ仕掛けられてて男の人の足が床にくっついて。」

姫神「踏ん張ったらその人のズボンがビリビリに破けた事もあった。」



上条「…マジで?」プッ

姫神「うん。マジで。」コクン




458 : 以下、名... - 2017/06/03 03:51:07.45 9C6Kxgw30 365/633


上条「あー、まぁいいや。あのさ、」

上条「俺、守るからな。姫神の事全力で守るから」

姫神「うん…ありがとう。上条くん///」ニコッ

上条「…」

姫神「…」

上条「…」

姫神「?」

姫神「どうしたの?」

上条「あ、いや…なぜかなんとなく姫神のこと見つめたくなって。」

姫神「なにそれ。」クスクス



上条「やっぱ姫神可愛いよなーって」

姫神「もう。褒めても。何も出ないよ?」クス



459 : 以下、名... - 2017/06/03 03:54:31.60 9C6Kxgw30 366/633



上条「…あ、あのさ、」

姫神「?」

上条「あとで電話とか、あー姫神ってFukidasiやってる?」

上条「声聞きたいっていうか、…その、よかったらさ、」

姫神「うん。やってる。いいよ。教える。」ニコッ



上条「///」ポチポチ

姫神「///」ツィツィ



460 : 以下、名... - 2017/06/03 04:00:09.32 9C6Kxgw30 367/633


姫神「けっこう前から知り合いだったのに。付き合ってからお互いの電話番号知るのも。変な話だね。」クス

上条「だな。もっと早く交換しとけばよかった」

姫神「それじゃ。おやすみ」ン

上条「ん。おやすみ」チュ


姫神「…」

上条「…」

上条(おい嘘だろ別れ際の挨拶にナチュラルにキスするなんて上条さんのキャラじゃねーぞ!?)

上条(いやさっきいっぱい練習したけども!ああああ!!!)


姫神「そ。それじゃ///おやすみ。」

上条「///」カアッ



468 : 以下、名... - 2017/06/14 00:35:26.17 M1CRzfkt0 368/633




・・・・・・・。



夜。上条宅。



上条「はいはいお前らーごはんですよー」

インオティ「「わーい!!!」」トタタタタタ!

上条「いやーまさかバードウェイがウチに来てて、しかも食材をくれていたとは思わなかったなー!」ホクホク

上条「おかげで晩飯作るのが久しぶりに楽しかった」

オティヌス「フン、せいぜい私に感謝するんだな人間。」チョコチョコチョコ

上条「え、なんだよお前が何かしてくれたのか?」

オティヌス「ああ。」フフン



469 : 以下、名... - 2017/06/14 00:37:24.43 M1CRzfkt0 369/633




オティヌス「私が『この事を黙っておいて欲しければ1週間分の我々の食料と金銭を寄越せ』と脅してなければこれらは手に入らn」

上条「何脅迫してんのお前ぇえええーッ!?」



470 : 以下、名... - 2017/06/14 00:39:13.94 M1CRzfkt0 370/633



上条「えっ、何?つーかあのバードウェイが屈するほどの弱味を握ったってこと?」

オティヌス「ああ」ドヤッ

上条「どんな弱味なんだそれ…」

オティヌス「まぁ一言で言うとだな、」

インデックス「!?」

インデックス「あ、あー!そういえばとうまっ!今日の晩御飯とっても美味しそうだね!」

上条「え?ああ、今日は上条さん頑張っちゃったからなー」

インデックス「とうまのごはんは見た目も味も美味しいから食べるのが楽しみかも!」

上条「え、えー?そそそそうか?」テレテレ


471 : 以下、名... - 2017/06/14 00:46:02.33 M1CRzfkt0 371/633



上条「この生姜焼き、姫神にレシピ教えてもらったやつでさー」デレデレ


オティヌス「…」ジロッ

インデックス「お兄ちゃん属性の件の暴露はさすがに可哀想なんだよ」ヒソヒソ


上条「昼にも食ったんだけどな?これがまた美味くってさぁ、丁度材料もあったし作っちゃおっかなーって」



オティヌス「別にそれくらいいいだろう。大した事じゃない」ヒソ

インデックス「バードウェイにとっても大した事じゃないなら食材とか置いていかなかったんだよ」ヒソヒソ



上条「あ、そういえばさー今日上条さんはスゲーいいこと起きてさー」

インデックスオティヌス「「へー」」






上条「…お前ら俺の話ちゃんと聞いてる?」

オティイン「「うん聞いてる聞いてる(棒)」」






472 : 以下、名... - 2017/06/14 01:04:03.24 M1CRzfkt0 372/633


上条「聞きたい?」

上条「普段不幸な事しか起きない上条さんにどんないい事が起きたか!」

インオティ「「うん、聞きたい聞きたい(棒)」」


オティヌス「しかしだな、あの小生意気な小娘の半泣き顔とか見て愉悦をだな、」ヒソヒソ

インデックス「イジワルはダメなんだよ!」ヒソヒソ


上条「あー、実はだな、」コホン


オティヌス「別に全ては暴露しない。少しだけだ少しだけ」ヒソヒソ

インデックス「だめ!かわいそうかも!」ヒソヒソ


上条「────俺、姫神と付き合う事にしたんだ!」


インデックス「おめでとうなんだよ(棒)」チパチパ

オティヌス「おめでとう(棒)めでたいなぁ(棒)」チパチパ

スフィンクス「にゃにゃにゃーん!」

上条「ありがとう!」


インデックス「もしもとうまが近い内に彼女とか出来そうになったりとかしたら…とうまもバードウェイの事気にする事になっちゃうし」ヒソヒソ

オティヌス「フン、有り得んな。アイツには私という最大の理解者がいるんだぞ?他の女に流れる事などない」ヒソヒソ


上条「あーもう俺幸せ過ぎて今ならどんな奴とでも友達になれる気がする…!」

上条「俺、今ならテッラとも親友になれる気がする!!」



上条「…つーかお前ら本当に俺の話聞いてる?」

インデックス「うん!ちゃんと聞いてるんだよ!(棒)」

オティヌス「ああ、聞いてる(棒)」





474 : 以下、名... - 2017/06/14 01:16:53.60 bz07CITIO 373/633


上条「いやー!ついに上条さんにも春が来ましたよ!」

上条「念願の初彼女!うっしゃぁあああ!!」


インデックス「オティヌスだってとうまに対しての気持ちをバラされたりしたらイヤでしょ?」ヒソヒソ

オティヌス「…」

インデックス「ないしょにしてあげてほしいな」ヒソヒソ

オティヌス「…ちっ」

インデックス「ありがとう」ニコッ



上条「でさぁ、キスした時の姫神の顔がまた可愛く…って、ちゃんと聞いてるのか?お前ら」

オティヌスインデックス「「うん聞いてる聞いてる(棒)」」



475 : 以下、名... - 2017/06/14 01:21:31.11 nERT2j2r0 374/633



~ご飯後~


オティヌス「ふー…久しぶりに本当に美味いものを口にしたな」ケフッ

インデックス「うん。美味しかったね!」

スフィンクス「うにゃー」


上条(さってと…食器洗っとくかな…)ヨッコイショ


上条「…」




上条(姫神、今頃どうしてんのかな)




476 : 以下、名... - 2017/06/14 01:23:09.85 nERT2j2r0 375/633



上条「…」



─────── 姫神『上条くん。』ニコッ


上条「…」ニヘ

インデックス「?」

オティヌス「どうした人間。誰を思い出している?」

インデックス「え?そうなの?」

オティヌス「ふふん。私くらいになればコイツが何を考えてるかなどお見通しよ」ドヤッ



477 : 以下、名... - 2017/06/14 01:24:49.27 nERT2j2r0 376/633



────── 姫神『…うん。私も…上条くんの事が…好き…!』グスッ


上条「うほっ…///」ニヨニヨ

インデックス「うわっ…なんかとうま気持ち悪い顔してるんだよ」ヒキッ

オティヌス「むう…オイ人間。聞いてるのか」クイクイ

上条(…うっわ、何だこれ。さっきまで一緒にいたくせになんかもう今すぐ会いたくなってきた)


オティヌス「おい人間っ!私の話をちゃんと聞いてるのか?」クイクイ

オティヌス「私を無視するな!オイ!理解者だぞ!この世で唯一無二のお互いの理解者だぞ!」クイクイ


478 : 以下、名... - 2017/06/14 01:28:28.17 nERT2j2r0 377/633



───── 姫神『その。なんとなく。…もう少しだけ。上条くんと2人で居たい。』モジ


上条「~っ////」ガシガシガシガシ

オティヌス「わかった!さっきは悪かった!バードウェイにも謝る!」

オティヌス「ああ、それにさっき本当はちゃんと話聞いてなかった!謝る!だから私を無視するな!」クイクイクイクイ

インデックス「ダメなんだよなんだかよくわかんないけどとうま完全にトリップしてるんだよ」


479 : 以下、名... - 2017/06/14 01:29:55.49 nERT2j2r0 378/633




上条(会いてぇなぁー…)



上条(抱きたい。抱きしめてキスしたい。)



上条(んだよ、さっき死ぬほどやったのにまだ足りないって…///)

上条(うわぁー…なんだコレ。けどメチャクチャ会いてーー!)


オティヌス「私゛が悪がっだがら゛ぁあ゛あ゛あ!!!」ビェー!

インデックス「とうま!無視しないであげてよ!」

上条「えっ、なに?」ウヘヘヘヘヘ

インデックス「とうまキモイ」



480 : 以下、名... - 2017/06/14 01:33:06.85 nERT2j2r0 379/633




・・・・・。



オティヌス「…ぐずっ」グスングスン。ヒックヒック

インデックス「オティヌス、拗ねてとうまのおふとんでふて寝しちゃったんだよ」

インデックス「もう!どうしちゃったの?何を考えてたのか教えてほしいんだよ」

上条「え?別にいいだろ?ちょっと気づかなかっただけだって」

インデックス「…」ジー

上条「…わ、わかったよ…後で謝っておくって!」



481 : 以下、名... - 2017/06/14 01:35:42.21 nERT2j2r0 380/633



上条「…」

上条(もう遅いし…電話とかダメだよな?)

上条(Fukidasiで…いやそれもダメか?もう遅いしな…)



上条「せめて…話、したいなぁ…」ポソッ



上条「…」


上条「…~っ!」


上条(ええい!ままよ!送ってみよう!たぶん起きてるし!)

上条(答えたくなきゃ無視するだろ!)ポチポチポチポチ

上条(届けぇえええ!!俺の熱い想いぃいぃ!!!)

上条(送☆信!!!)ポチィィイイイ!!!



482 : 以下、名... - 2017/06/14 01:44:57.54 nERT2j2r0 381/633



~姫神宅~


ティロン♪


姫神「?」

姫神「!」

姫神「…!…!」ツィツィ


┌──────┐
|起きてる?  |
└───v───



姫神「…」

姫神「…」ツィツィ



┌────────────┐
|起きてるよ。だーりん。  |
└───v─────────




483 : 以下、名... - 2017/06/14 01:49:17.48 nERT2j2r0 382/633




┌────────────────┐
|声聞きたい。電話してもいいか…? |
└───v─────────────


姫神「…」クス

姫神「…」ツィツィ




┌──────────┐
|いいよ。かけるね。 |
└───v───────


姫神「…♪」ツィツィ



とぅるる。



上条『はい!俺です!!』

姫神「はや。」クスクス



484 : 以下、名... - 2017/06/14 02:06:58.70 nERT2j2r0 383/633



上条『夜遅くにごめんな?』

姫神「ううん。いいよ」

姫神「でもどうしたの?何かあった?」

上条『あー…いや、その、さ、』

上条『…なんか急に姫神の声聞きたくなっちゃって//』

姫神「そう。」クス

上条『寝てたか?』

姫神「ううん。上条くんの事考えてた。」

上条『え?』

姫神「明日から上条くんとどうやっていちゃいちゃしてようかなって。」

上条『~っ、…っとに、俺を悶えさせるのが得意ですね姫神さんは』

姫神「そう?」



485 : 以下、名... - 2017/06/14 02:10:30.80 nERT2j2r0 384/633


上条『…』

上条『あのさ、』

上条『…今から会えたりとか、』

姫神「え?」

上条『い!いやいや!なんでも!何でもない!』

姫神「いいよ。言って?」

上条『…』

姫神「電話した本当の理由。聞きたい。」

上条『…その、本当は…なんか急に今すぐ姫神に会いたくなっちゃって』

姫神「…」

上条『いや夜遅くだし、明日学校で会えるし、さっきあんなにくっついて何度もキスしてたのに何言ってんだって自分でも思うんだけど』

姫神「…」

上条『やっぱ悪いからさ、姫神の声だけでいいから聞きたいなって思って電話したんだ』

姫神「…」



姫神「いいよ。今から会おう?」

上条『え?』



486 : 以下、名... - 2017/06/14 02:12:20.81 nERT2j2r0 385/633


姫神「うん。私も。なんだか君と会いたくなってきたから」

姫神「待ってて。すぐ会いに行ってあげるね。」

上条『い、いいって、夜道危ないし!俺のワガママだし!』

姫神「ううん。それに。今日図書室でも言ったでしょう?」



姫神「今日は離してあげないって。離れたらキス5回。私を寂しがらせたら上乗せするって」

上条『////』



姫神「大丈夫。気にしないで。上条くんの寂しさを埋めに行ってあげる。待ってて。」ニコッ



495 : 以下、名... - 2017/06/23 03:21:58.48 H4bz8jQe0 386/633



~上条宅~


上条「ありがとな。…あのさ、早く会いたいからさ、俺も姫神に会いに行くから。」

上条「近くの…そう、俺んちと姫神んちの中間のさ、…そうそう、Joseph'sって名前の、そうファミレスあるとこの」

上条「そこで…その、」

上条「いっぱいチュッチュしよ…///」ポソッ

上条「…」

上条「うぐぁあああ!!つい勢いで言ったけど今俺凄いキモイ!ぐがぁぁあ!!///」

上条「いや、え?『うん…///いっぱい。ちゅっちゅしよ。///』って!!?ぐぁああ!!!///」

上条「やめよう!恥ずかしい!すげぇ恥ずかしい!//」

上条「忘れて!お願い忘れてくださいお願いします!」

上条「じゃあ!後でな!気をつけてな!」

上条「…よし」ピッ



上条「~♪」ゴソゴソ

オティヌス「ん…?」ムク



496 : 以下、名... - 2017/06/23 03:23:41.30 H4bz8jQe0 387/633



オティヌス「おい人間。こんな時間に何しに行くんだ」

上条「ん~ちょっとそこまで」

オティヌス「…誰かに会うのか?」

上条「え?」ニヘラ

オティヌス「…っ」

オティヌス「…」

オティヌス(別に電話の話の内容なんて聞いていない)

オティヌス(コイツの近況も特に聞いてない。)

オティヌス(今から具体的に誰に会いに行くかなど知らん。)

オティヌス(だが、なんとなくわかってしまった。)


オティヌス(理解者故に。長く、永くアイツを見てきた私だから)


オティヌス「…そうか。”彼女”によろしくな」

上条「おう!」ニコッ!




オティヌス(────ああ、今から恋人に会いに行くのだな、と)





497 : 以下、名... - 2017/06/23 03:24:21.81 H4bz8jQe0 388/633



上条「じゃ、行ってくる!」

オティヌス「…ああ。気をつけて行け。」フリフリ

上条「ん。ありがとな」


ガチャ……


バタン。



オティヌス「…」




498 : 以下、名... - 2017/06/23 03:26:38.46 H4bz8jQe0 389/633



オティヌス「…禁書目録。」トテトテ

インデックス「ん?あれ?とうまはどこ行ったの?」

オティヌス「今宵は飲むぞ。残ってる酒とアイツが残しておいた明日の朝飯用のおかずを出せ」

インデックス「ええ?また飲むの?それにとうまが怒るよ?」

オティヌス「…辛い事を忘れるために酒を飲むというのは精神医学的にもあまり良くない事だが」


オティヌス「それでも。人には飲まずにはいられん時ってのがある…」

インデックス「?…何か辛い事があったの?」

オティヌス「…ああ」

インデックス「そう。…いいよ。私は子供だし宗教上の理由でお酒は付き合えないけど」

インデックス「私もシスターさんだから。告解という名の愚痴ならいくらでも付き合うんだよ」ニコッ

オティヌス「そうか…すまんな」フッ



・・・・。




499 : 以下、名... - 2017/06/23 03:27:29.06 H4bz8jQe0 390/633




トクトクトク…。



オティヌス「…」つ

オティヌス「…」クピ

オティヌス「…」

オティヌス「…」フルフル...

インデックス「…」



オティヌス「ちくしょう、この酒は甘いヤツだったはずなんだがな」フルフル

インデックス「…」





オティヌス「辛い。辛すぎて涙が出てきやがった。」フルフル

インデックス「…よしよし」ナデナデ





500 : 以下、名... - 2017/06/23 03:29:08.55 H4bz8jQe0 391/633





~本来ならば上条当麻が立ち向かうはずだった科学兵器達が闊歩するとある実験施設内の1室~




501 : 以下、名... - 2017/06/23 03:29:43.05 H4bz8jQe0 392/633




一方「…ンでェ?」ジロリ



一方「あまりにも暇で暇すぎて死にそォだったからオマエのラブコールに応えてやったが」

一方「どォいう風の吹き回しだ?『報酬は払う。ヒーロー代理を頼みたい』っつゥ愉快すぎる文言はよォ」

土御門「…」



502 : 以下、名... - 2017/06/23 03:34:15.29 H4bz8jQe0 393/633


結標「そうね、それは私も聞きたいわ」ヒュンッ

海原「おや、結標さん。下のロボット兵器はどうでした?」

結標「どうもこうも。推測通り敵は4体。各々で私達侵入者を探してるわ」

海原「そうですか。なら…ここもあまり持ちませんね」

結標「ええ。…話を戻すわ。私も報酬分の働きはするつもりだけど、」

結標「何故私達を?この案件って完全に私達、及び私達の大事な人達にはカンケーない事案じゃない」

結標「傭兵ならもっと優秀なのがいるでしょうに」

結標「…まさかとは思うけど、正義の”グループ”ごっこがしたくなった、という訳じゃないわよね?」

土御門「…」



503 : 以下、名... - 2017/06/23 03:37:26.57 H4bz8jQe0 394/633


土御門「ああ」

土御門「実はあながち間違ってはいない」

一方「ハァ?…なら俺は降りる。ヒーローごっこしたけりゃ公園で一人でやってろ」カツッカツッ

結標「同感ね。できれば私も今すぐ帰りたいわ」フゥ

結標「土御門、私達もあなたと同じよ?」

結標「自分の目的と大事な人達の為なら手段は選ばないし、隙あらば自分の目的に利用する」

結標「足を引っ張られたら容赦なく切るし、助けを求められても利害が存在しない限りは行動しない」

結標「…海原も何故こんなよくわからない遊びに付き合ってるのか理解に苦しむわ」ジロリ

海原「いえ自分も少々の纏まったお金が入用なだけですから」ニコッ..

海原「本格的に付き合うつもりもありません」

結標「あらそう。」


土御門「心配するな。ちゃんとお前達を納得させられる理由は用意してある」


結標「ふぅん?」

一方「ほォ。一応聞いてやる」

海原「…」




504 : 以下、名... - 2017/06/23 03:39:42.04 H4bz8jQe0 395/633



土御門「まず一つ。例えばそもそもの前提として、一人のスーパーヒーローが活躍するためだけに作られた街があるとする。」

土御門「そして問う。『そのスーパーヒーローが活躍できる街とはどんな街だろうか?』」

一方「はっ、そりゃイカレた悪党蔓延る世紀末な街なのにも関わらず、ロクな警察機構もねェ、平和ボケした一般人もたくさんいるよォな、」

結標「あら?どこかで聞いたような特徴の街ね。ひょっとして学園都市って名前なんじゃないかしら?」クスクス

土御門「その通りだ」


「「「…」」」


土御門「そうだ。正真正銘、本当に本気で真実冗談抜きでまさしくこの街だ。そして…」

土御門「そのヒーローがもうすぐ引退してしまうとしたら?」


「「「…」」」


土御門「ああ、鞭で叩いて無理矢理ヒーローを続行させる事はできる」

土御門「だがいつまでも続けられないし、根本的解決にはならない。」

土御門「『とあるヒーローのために造られた街』」

土御門「言い換えれば『元々は悲劇しかない街』だ。」

土御門「お前達にも覚えがあるんじゃないのか?」


「「「…」」」



505 : 以下、名... - 2017/06/23 03:40:47.42 H4bz8jQe0 396/633



一方「…」


─────『絶対能力者に興味はないか?』


───『ミサカは所詮単価18万円ですから』


──────────『何が一流の悪党だ!?』


─────『ギャハハハハハ!!いつまで最強気取ってんだ糞ガキ!』



────────『暗闇の五月計画。皆が皆、仲良しこよしになりたいとか考えてるって思ってンじゃねェぞ』


一方「…」



506 : 以下、名... - 2017/06/23 03:42:48.26 H4bz8jQe0 397/633



海原「…」


────『上条勢力を排除せよ』

─────────『御坂美琴を殺せ』

────────『悪いけどそれは約束できない。』


──────『体を破壊する術式だ。』




──── 黒子『ハスハスハスあはぁあああ!!!』

海原『くっ…なんという悲劇…!御坂さんのお気に入りゲコ太パンツが自分以外の人間に盗まれただと…!?』ギリッ

海原『くっ、しかも何か染みが付着…!?なんだ!?アレは御坂さんの何が付着したんだ!?』

海原『ぐぅあああああ興奮しまするぅうぅ!!!』フンスフンス






507 : 以下、名... - 2017/06/23 03:43:20.59 H4bz8jQe0 398/633


結標「…」



─────『レムナントがあれば学園都市にもうでかい顔をさせない』

────『お前の大事な仲間は俺達が預かっている。下手な真似はしない事だ』





───『うわぁあん!!やめてよぉ!おねぇちゃん!たすけて!やだぁ!!!』

結標『大丈夫よ天井の染み数えてたらすぐ終わるからねちょっとてぃくびprprするだけだからね』ペロペロペロ



508 : 以下、名... - 2017/06/23 03:44:03.39 H4bz8jQe0 399/633



海原「…」ニヤニヤ

結標「…」ニヤニヤ


土御門「悲劇っつっただろお前ら何ニヤニヤしてるんだ」


509 : 以下、名... - 2017/06/23 03:48:58.65 H4bz8jQe0 400/633


土御門「ともかく。ヒーローが居なくなった時の代理を用意するにもヒーローが必要ない街にするにも時間も金も学園都市の人間の意識や常識を変える力も足りん」

土御門「ある意味では利害で行動する分、思考回路がある程度わかっている分お前達が1番信用できて腕も立つ」

土御門「まぁ『そんなもん知るか他所で暮らすわ』と言って大事な人達と街を出て何処かで生きるのもいいが…」

土御門「オレや海原はともかく一方通行や結標、お前達はここを動くわけにはいかないだろ?」


一方「…」

結標「…」

海原「…」


510 : 以下、名... - 2017/06/23 03:50:44.55 H4bz8jQe0 401/633



一方(チッ、確かに打ち止めや番外個体、学園都市に残る妹達の調整にはここの機関のがイイ。)


一方(他国の下手な研究機関じゃ信用できねェ)

一方(それに黄泉川は教師だ。俺のエゴで辞めさせるのは…)

一方(ついでに芳川。アイツも優秀な研究員だから日本の他の研究機関へでも行けば生きてはいけるだろォが)

一方(学園都市がそれを許すか?技術漏洩もそォだが泥は幾ら落としても落ちねェもンだしな)

一方(俺自身学園都市から出たら生きていけるのかもわからねェ)

一方 (…クソ。変えるしかねェのか。俺が)チッ


511 : 以下、名... - 2017/06/23 03:51:54.59 H4bz8jQe0 402/633



結標(確かに…この街の少年達はかなりレベルが高い…)

結標(おまけにゲテモノ科学の力でファンタジーなあーーんな事やこーんな事もできるかもしれないという夢が実現する可能性もこの街は秘めてる)

結標(それに私自身。今更学園都市より技術がない所で暮らすのもちょっとね…)



512 : 以下、名... - 2017/06/23 03:56:23.82 H4bz8jQe0 403/633


海原(土御門さんは自分もいざとなれば国へ帰れるだろうと暗に言いましたが)

海原(自分は御坂さんを強行してでも連れて から 祖国に帰りたいです。)キリッ

海原(両親に紹介して結婚式挙げたいです)

海原(しかし彼女はこの街が好きなようですし、彼に首ったけ…)

海原(それに彼女は自分の事など…)

海原(自分に惚れてもらうにはまだまだ時間が必要…)

海原(よくよく考えればまだまだこの街に居なければならないんですよね…)

海原(ショチトルやトチトリ?さぁ?彼女達はもう自由ですし。帰りたくなれば自分で帰るでしょう。何故さっさと本国に帰らないのか不思議ですね)



513 : 以下、名... - 2017/06/23 03:57:34.20 H4bz8jQe0 404/633


土御門「…それに。お前らも金に困ってるんじゃないのか?」

結標「…」ピクッ

一方「チッ」

海原「…」


土御門「一方通行、お前は学校行ってないから奨学金は出ないし、今は何かのプロジェクトに参加してるわけでもないだろ」

一方「…」

土御門「冥土帰しはいつまで善意でお前の大事な人達の調整をタダでやってくれるだろうな?」

一方「…」

土御門「それに…お前いつまで結婚適齢期の未婚女性の家に居座る気だ?」

一方「は?バッヵ、オマッ、言っ」


結標「えっ」

海原「えっ」

一方「~ッ」ガシガシ


514 : 以下、名... - 2017/06/23 04:01:43.70 H4bz8jQe0 405/633


土御門「お前、ちゃんと自分の分の生活費出してるのか?」

一方「人の事情に口出ししてンじゃねェよ」メソラシ

土御門「独り立ちするにも、あの子を一緒に連れていくにしろ、先立つモノがいるんじゃないのか?」

一方「かもしれねェがオマエに口出される筋合いも世話になる必要もねェンだが?」ピキピキ

一方「つゥか人の話されたくない事情をペラペラ喋ってンじゃねェよ」

土御門「すまん。ちゃっかり口が滑った」

一方「ほォーお!?そォかそォかちゃっかりかァ…死にてェならそォ言えよ土御門くゥゥン?!」




海原「いやぁ…男としてはやりますね、とも思いますが…一方通行さんそれはマズイですよ…」ヒソヒソ

結標「あの年でヒモ?やーねー」ヒソヒソ


一方「…」ピキピキ


515 : 以下、名... - 2017/06/23 04:02:38.97 H4bz8jQe0 406/633



土御門「結標、お前もこれからだいぶ金を使う事になるんじゃないのか?」

結標「?」

土御門「揉み消しとかな…」ニヤリ

結標「…さぁ?どれの事かしら?」フッ

結標「私は元”窓のないビル”の案内人、暗部の人間よ?」

結標「何かを揉み消す、なんていくつも見てきたしやってきたわ?」

結標「これからも必要に応じてやるとは思うけど…直近ではそんな予定は無いわ」

土御門「いやそんな闇の話じゃない」


516 : 以下、名... - 2017/06/23 04:05:27.43 H4bz8jQe0 407/633



土御門「美山写影」

結標「ッ」ピクッ

土御門「ならし、冬服…」ニタリ

結標「ちょっ、なんで知って、」

土御門「さあ…?ただな、一つ言えることは」

土御門「お前は知られる相手を間違えたんだ」ケケケケ

結標「くうぅっ!!」

土御門「なんだっけなぁ?オシャレで持ってる男の子用ランドセル、短パン…」ヒヒヒ

結標「やめなさっ、やめろぉ!!」

土御門「ああ安心しろ。お前が日頃シてる事とか、”買ってる”事とかは然るべき所や知られたくない人をちゃーんと選んで伝えてやる」

結標「悪魔ぁああああ!!!」ウワァァァン!

土御門「ああ、そうだ。あんまりイジメるのも可哀想だな。そんなに知りたいならアイツの学校名を教えてやろうか?」

結標「いくらよぉお!!出すわよぉお!!口止め料と情報料はハウマッーーッチ!!?」

土御門「毎度あり」ヒヒヒヒヒヒ




一方「あァはなりたくねェな」

海原「同意します」



517 : 以下、名... - 2017/06/23 04:06:21.97 H4bz8jQe0 408/633



・・・・。



結標「うう…暗部と案内人の時にせっせと貯金したのにぃ」グスン

土御門「言っとくが、お前が口止め料だけじゃなくてバカみたいな値段の情報料払わなきゃフッ飛ばずにすんだんだからな」

土御門「で?まだ決心つかないか?」

一方「…」

海原「…」

結標「はふ~ん♪でも知れたのは良かったわよね?」

土御門「…」

土御門「ヒーローが居なくなれば、お前達の大事な人にも危害が及ぶんじゃないのか?」

一方「…」

海原「…」

結標「…」


土御門「…」


518 : 以下、名... - 2017/06/23 04:07:29.42 H4bz8jQe0 409/633


土御門「…」

一方「…」

海原「…」

結標「…」

土御門「…」イライラ

一方「…」

海原「…」

結標「…」

海原「あの、考えさせてもらっても」

土御門「…」ピキッ


519 : 以下、名... - 2017/06/23 04:09:12.27 H4bz8jQe0 410/633



土御門「~ッ!あーわかった!お前ら難しく考えるな!」


土御門「打ち止めは?!」ズバッ

一方「大事ィッ!!」ビシィッ!


土御門「ショタを!?」ズバッ

結標「スハスハペロペロしたい!!」シュバッ!



土御門「御坂美琴のナイトは!?」ズバッ

海原「自分です!!」シャキーン!



土御門「そうだ!お前らがやるべき事は!?」



(打ち止めを、黄泉川や芳川、番外個体を)

         ショタ
(この街に存在する天使達を!)


(御坂さん御坂さん御坂さん御坂さん御坂さんを!)




土御門「──────そう、自分の大事なモノのために戦う事だ」






520 : 以下、名... - 2017/06/23 04:09:49.19 H4bz8jQe0 411/633




一方「…」フン

結標「…」コク

海原「…」ニコッ

土御門「…よし!」


521 : 以下、名... - 2017/06/23 04:10:40.47 H4bz8jQe0 412/633



土御門「…」スウッ....


土御門「ピロッチ!!」シュバッ

海原「ピロッチ!!」シュバッ

結標「ピロッチ!!!!」シュバッ

一方「ピロッチ」シュバッ


土御門「ピロピロピロピロピロピロ」

海原「ピロピロピロピロピロピロ」

結標「ピロピロピロピロピロピロ」

一方「ピロピロピロピロピロピロ」




一方土御門結標海原「「「 ガ ダ ボ ン 」」」



土御門「(⌒▽⌒)」キラキラ

結標「(⌒▽⌒)」キラキラ

海原「(⌒▽⌒)」キラキラ

一方「(⌒▽⌒)」キラキラ



522 : 以下、名... - 2017/06/23 04:11:58.84 H4bz8jQe0 413/633



ロボット「ゴギャァアアアアアアアア!!!」ドゴシャァァン!!!


「「「「ぎゃぁあああああああああ!!!?」」」」




一方「ん?アレ窮奇とかいうヤツじゃねェか」ズシャァアアア!!

土御門「何!?知ってるのか?!」スタッ

一方「前にちょっとな」


窮奇「ギゴキャァアアアアアア!!!」

一方「なァンであン時キチンとスクラップにしてやったのにまた出てきてンだよ」

一方「また”中身”を詰めたヤツがいるってのが面倒くせェな全くよォ」


土御門「…」



523 : 以下、名... - 2017/06/23 04:14:34.52 H4bz8jQe0 414/633


土御門(安心しろカミやん)


土御門(オレがヒーロー辞めさせてやるよ)


土御門(義妹以外のヤツのために行動、か。)

土御門(似合わない、キャラじゃない事してるって?だよな。自覚はしてるぜぃ)

土御門(あー、そうだな、理由付けするなら…今までの借りを返すってのもある)

土御門(ハハ…それでも今までのオレだったらありえねーにゃー)

土御門(義妹を守る事にしか興味はないし、借りなんて借りっぱなしで返さない、利用しまくるのがオレの主義だ)

土御門(それは今でも変わってない。────けどにゃー)

土御門(1人の友人として。彼女できた祝いに一つぐらいは何かしてやりたくなっちまったのさ)

土御門(きっとそう言ったらカミやんなら『俺はみんなも救いながら姫神も守って幸せに生きていく』みたいなことを言うんだろうが)

土御門(いくらカミやんが理想を吐いたって、現実的には今の情勢と状況のままじゃ恋人とこの先生きるのはまぁまず無理だ)


土御門(だからな、)


土御門(オレから”ノーマルエンド”のプレゼントだ)


土御門(ハッピーエンドをやれたら1番良かったんだが、生憎オレにはこれが精一杯だ)


土御門(上手くやれよ。カミやん)


結標「よく考えたら”座標移動”で瞬殺よねコレ」ザシュー

窮/奇「」

土御門「さっすがあわきん!やってくれるぜよ!ナイスー」

結標「え…何そのキャラ」

土御門「あっ、やっべキャラ間違えた」

海原「ふふ。自分はそっちの方が好感がもてますよ」




続き
姫神「はい。はっぴー。ばれんたいん。」上条「カカオ100%超苦ェエ!!」【後編】

記事をツイートする 記事をはてブする