1 : 以下、名... - 2017/01/12 21:22:17.03 fds4RWMz0 1/12

岡部「世界は再構成される!!……うっ」ドピュッ

紅莉栖「きゃああああああ!?」

岡部「フハッ!」ドピュッドピュッ

紅莉栖「きゃあ!?きゃああああ!?!??」

岡部「フゥーハハハハハハハハッ!!!!」
ドピュピュピピュッ

紅莉栖「やめっ……もうやめっ……きゃああ!?」

岡部「ふぅ……次に行くか」

元スレ
岡部「犠牲となった全てのラボメンに……『顔射』を」紅莉栖「は?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1484223736/

2 : 以下、名... - 2017/01/12 21:23:05.97 fds4RWMz0 2/12

ルカ子「あ、岡部さん……じゃなくて凶真さん、どうしたんですか?」

岡部「別にどうということはない。俺は……顔射しに来ただけだ」

ルカ子「が、顔射って、あの……僕、男ですよ?」

岡部「男だろうが女だろうがそんなことは関係ない。そんなことはどーでもいい!」

ルカ子「岡部さん……」///////

岡部「そらっ!」ドピュッ

ルカ子「ひゃんっ」

岡部「ふぅ……ルカ子よ、合言葉を忘れているぞ?」

ルカ子「あっ……えっと……エル・プサイ……子種狂い?」

岡部「……コングルゥだ」

4 : 以下、名... - 2017/01/12 21:23:51.42 fds4RWMz0 3/12

鈴羽「あ、岡部倫太郎!ちーっす!」

岡部「バイト戦士……そう言えば貴様は自称戦士だったな?」

鈴羽「自称じゃなくて正真正銘の戦士だよ!」

岡部「ならば、覚悟は出来ているな?」

鈴羽「へ?」

岡部「うりゃ!」ドピュッ

鈴羽「ぷはっ!?もぉー!何なのさいきなり!髪がベタベタになっちゃったじゃないか!」

岡部「ふむ……この状況下で真っ先に出た文句がそれか。……確かに、貴様は正真正銘の戦士のようだな。それでは、次に向かうか」

5 : 以下、名... - 2017/01/12 21:25:02.07 fds4RWMz0 4/12

フェイリス「にゃにゃ!?どーしたのにゃ凶真!?今日はいつにも増してただならぬ雰囲気を纏っているにゃ!!」

岡部「ふっ……やはり、見る者が見ればわかるのだな。今日の俺はひと味違う、ということを」

フェイリス「にゃんだかわからにゃいけど、とりあえず、コーヒーをかき混ぜていいかにゃん?」

岡部「ああ、いつもの『目を見て混ぜ混ぜ』で頼む」

フェイリス「かしこまりましたにゃん!まぜまぜ……まぜまぜ……」カチャカチャ

岡部「よし!ここで練乳を追加だ!!」ドピュッ

フェイリス「にゃっ!?凶真の練乳が濃過ぎて、まぜまぜしても溶けないにゃん!?」

岡部「フゥーハハハハハハハハッ!!せいぜい気合いを入れて混ぜるのだな。さぁ、お次は誰だ?」

6 : 以下、名... - 2017/01/12 21:25:44.70 fds4RWMz0 5/12

比屋定「岡部くん、久しぶり」

岡部「比屋定さん?何故日本に?」

比屋定「半狂乱の紅莉栖からメールが届いてね。様子を見に来たのよ」

岡部「助手が迷惑をかけてすみません」

比屋定「いえ、私も半狂乱の紅莉栖なんて珍しいものを見れたから、気にしなくていいわ。それより本当なの?紅莉栖に……その、かけたって……」

岡部「お望みならば、比屋定さんにもかけましょうか?」

比屋定「いいえ。私は遠慮しとく。代わりに、是非かけて欲しいってうるさい人を連れて来てるのよ」

レスキネン「オー!リンターロー!」

7 : 以下、名... - 2017/01/12 21:26:34.29 fds4RWMz0 6/12

岡部「レ、レスキネン教授!?しかし教授はラボメンではなく、今回の趣旨には反していて……」

レスキネン「HAHAHA!リンターロー!カタイコトハ、ナシデスヨ~?」

岡部「……わかりました。それでは教授……失礼します。うっ」ドピュッ

レスキネン「オー!リンターローノ、アツイ『リビドー』。タシカニ、ウケトリマシタ」

比屋定「良かったですね、教授」

岡部「ふぅ……次は、奴か」

8 : 以下、名... - 2017/01/12 21:27:15.54 fds4RWMz0 7/12

ダル「ちょっ!?オカリン!?なんつー格好してるん!?」

岡部「変か?」

ダル「変も何も、下半身が完全に露出しているわけで……」

岡部「何か問題あるか?」ブラン

ダル「いや、その親しき中にも礼儀が必要じゃね?」

岡部「しかし、脱がなければ顔射出来ないではないか!」

ダル「これは酷い。流石の僕も全力逃げるお!」

岡部「あ!こら待て!マイフェイバリット・ライトアーム!!」

ダル「ひぃ~!お助け~!」ドタドタドタ

9 : 以下、名... - 2017/01/12 21:27:43.66 fds4RWMz0 8/12

綯ちゃん「ひゃあっ!お父さん!オカリンおじさんが変態さんになったよ!」

ミスターブラウン「何っ!?あっ!岡部!てめぇ……とうとう本性を現しやがったな!?」

岡部「ミ、ミスターブラウン!?こ、これは誤解で……」

ミスターブラウン「何が誤解だ!誤解って言うなら俺に顔射してみやがれっ!」

岡部「では、遠慮なく」ドピュッ

ミスターブラウン「へっ……大した度胸じゃねぇか。よし!家賃半額にしてやる!」

岡部「不幸中の幸いとは、まさにこのことか。フゥーハハハハハハハハッ!これこそが『シュタインズゲート』の選択だぁ!」

10 : 以下、名... - 2017/01/12 21:29:15.94 fds4RWMz0 9/12

岡部「ふぅ……ラボメン全員とはいかなかったが、今日はこのくらいにして……ん?」

~♪~♪

岡部「『閃光の指圧師』?……萌郁からのメールか……なになに?」

萌郁『私も岡部くんに顔射されたいな☆』

岡部「相変わらず、メールではテンション高い奴だな……ならば、『ラボに来い』。よし、送信」

~♪~♪

岡部「む?今度は電話……だと?奴にしては珍しいな……もしもし?」

12 : 以下、名... - 2017/01/12 21:30:52.15 fds4RWMz0 10/12

萌郁「……ラボには、行けない」

岡部「何故だ?」

萌郁「……恥ずかしい、から」

岡部「なら、顔射は出来ないぞ?」

萌郁「……大丈夫。携帯に、かけて」

岡部「なるほど、ビデオ通話で顔射とは……考えたな」

萌郁「……早く」

岡部「フハッ!よかろう!!特別に、受話器越しの顔射を披露してやる!……うっ」ドピュッ

萌郁「……記事に、していい?」

岡部「……匿名で頼む」

13 : 以下、名... - 2017/01/12 21:33:38.18 fds4RWMz0 11/12

岡部「ふぅ……今度こそ、やり遂げたな」

まゆり「オカリンオカリン、とぅっとぅる~!」

岡部「む?なんだ、まゆりか。どうかしたのか?」

まゆり「む~!まゆしぃを忘れて貰っては困るのです!!」

岡部「いや、そもそもお前は『顔射』とは何か知ってるのか?」

まゆり「まゆしぃにはよくわからないけど、みんな楽しそうだったから混ぜて欲しいなぁ」

14 : 以下、名... - 2017/01/12 21:35:28.74 fds4RWMz0 12/12

岡部「仕方ないな……今回だけだぞ?」ボロンッ

まゆり「わぁ!オカリンの『ジューシーからあげ』カチカチだぁ~!昔はもっとぶにゅぶにゅだったのに……」

岡部「ふっ……我が股間に封印されし竜の力……とくと見るがいい!!」ドピュッ

まゆり「ふわぁぁ!?まゆしぃのカイちゅ~がびちゃびちゃだよ~!」

岡部「フゥーハハハハハハハハッ!!どうだぁ?恐れ入ったかぁ?」

まゆり「あのねぇ、オカリン。まゆしぃはがっかりなのです!」

岡部「な、何故……?」

まゆり「オカリンが『そーろー』過ぎるのと……」

岡部「ぐっ……ま、まだ何かあるのか?」

まゆり「『飛距離が足りない』のが、まゆしぃは悲しくて悲しくてたまらないのです!」


岡部「飛べよぉぉおおおおおおお!!!!」


FIN

記事をツイートする 記事をはてブする