1 : ◆LYNKFR8PTk - 2015/08/03 20:29:34.63 BUkKXhN70 1/25

野崎「俺はかつて、黒き獣を倒して英雄の一人と謳われていた」

野崎「しかし魔がさした……力を我が物にしようと仲間の一人を殺したんだ」

野崎「そして俺は別の仲間に取り押さえられ、封印されてしまい、現代に蘇った……」

野崎「今は贖罪と題して少女漫画を描いてる……これが俺が漫画を描いている本当の理由なんだ」

野崎「佐倉……信じてもらえるか?」

佐倉「」

元スレ
野崎「佐倉、実は俺は六英雄の一人なんだ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1438601374/

2 : ◆LYNKFR8PTk - 2015/08/03 20:32:18.48 BUkKXhN70 2/25

野崎「……佐倉?」

佐倉「……」

野崎(無理もないな……こんなことを言って信じろという方が難しい)

佐倉「……野崎くん」

野崎「……?」

佐倉「……かっこいいよ!!」

野崎「!!!?」

3 : ◆LYNKFR8PTk - 2015/08/03 20:34:54.54 BUkKXhN70 3/25

野崎「佐倉……信じてくれるのか?」

佐倉「うん! だって今の野崎くんの目、本当のことを言ってる時の目だもん!!」

野崎(分かるのか!?)

野崎「そうか……いつかバレるであろうからカミングアウトしたんだが……その……見損なっただろうか……」

佐倉「ううん! そんなことないよ! 贖罪のために漫画を描くってかっこいいよ!!」

野崎「佐倉……」

佐倉「それにね……私、野崎くんがどんな人でも……どんなことがあっても……私はいつでも野崎くんの味方だよ!!!」

野崎「佐倉……ありがとう」

佐倉「……はっ!!」

佐倉(い、今の私の言葉……どうしよう、私が野崎くんのことを好きって……///)

野崎「これでアシスタントに困ることはないな!!」

佐倉「」

4 : ◆LYNKFR8PTk - 2015/08/03 20:38:36.85 BUkKXhN70 4/25

ガチャッ

御子柴「おーっす野崎」

佐倉「みこりん!」

野崎「……」

御子柴「? どうしたんだよ、そんな顔して」

佐倉「野崎くん……?」

野崎「……御子柴にも言おう」

佐倉「ええっ!?」

御子柴「? なんだよ?」

野崎「佐倉、お前だけに言って秘密にさせるのも辛いだろうからな……だからアシスタント全員に言おうと思う」

佐倉「野崎くん……私は止めないよ」

御子柴「いや、だから何の話だよ」

野崎「御子柴……実は俺は……」

5 : ◆LYNKFR8PTk - 2015/08/03 20:40:55.28 BUkKXhN70 5/25

御子柴「」

佐倉「みこりん、ボーッとしてるよ……」

野崎「無理もない……信じてくれない人のために作っておいた当時の俺の映像を見せたんだからな」

御子柴「……」

佐倉「みこりん……」

御子柴「……俺だけじゃなかったんだな」

佐倉「へ?」

御子柴「実は俺もよ……野崎に似たような秘密を持ってんだよな」

佐倉「みこりんも!?」

御子柴「野崎、折角カミングアウトしてくれたんだからな……俺も言うぜ」

野崎「御子柴……」

御子柴「野崎……ちょっと近づいてくれねーか?」

野崎「?? 分かった……」








ドォン!!

野崎「うおっ!!?」

佐倉「野崎くんが吹き飛んだ!?」

6 : ◆LYNKFR8PTk - 2015/08/03 20:43:09.11 BUkKXhN70 6/25

御子柴「俺さ……生まれつきベクトル変換ができるんだよ」

野崎「ベクトル変換……だと?」

佐倉「そっか……それで野崎くんは……」

御子柴「俺がまだちっちゃい時によ……その時はまだ力をコントロールできなくてクラスメイトを吹っ飛ばしちまったんだ」

御子柴「そっから気味悪がられて小学校卒業まではずっと一人きりだったな……」

佐倉「みこりん……」

御子柴「その時からだっけな……誰も遊ぶ友達がいないからゲームばっかしてたんだ」

野崎「お前がギャルゲーにハマった裏にはそんなことがあったのか……」

御子柴「でもよ……野崎の話と比べたら……こんなことで悩んでる俺が馬鹿みたいに見えちまった」

御子柴「だからよ野崎……これからもなんかあったら俺に頼れよ」

野崎「御子柴……ありがとう」

佐倉「今のみこりん、普通にカッコよかったよ!!」

御子柴「そ、そうか?/// ……俺に惚れても知らないぜ? 子羊ちゃん☆」

佐倉「あ、今ので台無しになった」

御子柴「う、うるせえ!!///」

7 : ◆LYNKFR8PTk - 2015/08/03 21:01:15.44 BUkKXhN70 7/25

御子柴「けどよ……身近にこんな秘密を持っているやつがいるとは思わなかったぜ」

野崎「そうだな……」

御子柴「……ところでよ佐倉」

佐倉「何?」

御子柴「お前も何か秘密とかねーのか? 小さいのでもいーからよ」

佐倉「ひ、秘密……」

御子柴「例えばよ、野崎のことがs佐倉「わーーーーーーー!///」

野崎「どうした佐倉!?」

佐倉「ご、ごめん!! ゴキブリかと思ったら黒い飴玉だった! えへへ……」

野崎「そうか……」

御子柴「なんだよ……折角俺がチャンス与えたのに」ボソッ

佐倉「ご、ごめん……でもいつか、自分の力で言いたいの」ボソッ

野崎「二人とも、何をコソコソ話をしているんだ?」

佐倉「な、何でもないよ!」

御子柴「お、おう! 何でもねーぞ!!」

野崎「……??」

8 : ◆LYNKFR8PTk - 2015/08/03 21:03:42.57 BUkKXhN70 8/25

次の日

若松「野崎先輩! おはようございます!!」

野崎「若松か……おはよう」

野崎(そうだ、若松にも言わないといけないな)

若松「……野崎先輩。実は俺、今まで先輩に隠してたことがあるんです」

野崎「何!?」

野崎(まさか……若松も何か重大な秘密を抱えていたのか!?)

野崎(……俺が先にあの秘密をカミングアウトしたら話辛くなりそうだな……先に聞こう)

若松「実は俺……」

野崎「実は……?」

若松「……俺、キセキの世代なんです」

野崎「!」

10 : ◆LYNKFR8PTk - 2015/08/03 21:06:25.84 gB5ivi2+O 9/25

野崎「お前が……あのキセキの世代なのか!?」

若松「はい……キセキの世代は知ってますよね?」

野崎「ああ、バスケをしている人で知らない人はいない……」

若松「……この動き、見てもらえますか?」

野崎「? ああ……」

若松「……はあっ!」

ガゴン!!

野崎「!! このシュートは……瀬尾!!」

若松「はい……俺は相手の動きや技を模倣(コピー)できるんです」

野崎「まさかお前が……しかしどうして黙ってたんだ?」

若松「実は……」

11 : ◆LYNKFR8PTk - 2015/08/03 21:09:44.95 BUkKXhN70 10/25

瀬尾『なあ若、キセキの世代って知ってる?』

若松『!! は、はい……』

瀬尾『私さ、そいつら全員を反則プレイでボッコボコにしてーんだよなー』

若松『!!?』

瀬尾『いつもお前にやってるやつ以上にすげーのやりてーんだよな!! タマ掴んだりとかさ、カンチョーしたりとかさ!!』

若松『……』











若松「まさかいつもやってるのが手加減してたなんて……」

野崎「確かにそれは言えないな……」

若松「……あ! 今日日直なんでもう行きます!! 」ダッ

野崎「ああ」

野崎(……あ、六英雄の話をするの忘れてた)

12 : ◆LYNKFR8PTk - 2015/08/03 21:16:16.76 BUkKXhN70 11/25

一方

佐倉「おはよー結月!!」

瀬尾「おーっす千代」

佐倉(それにしても……野崎くんやみこりんにあんな秘密があるなんてなぁ……)

佐倉「秘密、かぁ……」

瀬尾「ん?」

佐倉「あ! なんでもないよ!」

佐倉(うっかり口に出しちゃった……)

瀬尾「あ、秘密で思い出した」

佐倉「えっ!!?」

佐倉(もしかして……結月にもとんでもない秘密とか過去とかがあるの!?)

瀬尾「秘密じゃないけどさ、今まで言ってたつもりだったけど言ってなかったことがあった」

佐倉「言ってなかったこと……?」

瀬尾「私さ、二重人格」

佐倉「ええっ!?」

13 : ◆LYNKFR8PTk - 2015/08/03 21:16:47.53 BUkKXhN70 12/25

瀬尾「私さ、いつも歌う前にくしゃみしてるじゃん?」

佐倉「そういえば……」

瀬尾「その時に人格変わってるの」

佐倉「じゃあ歌ってる時に全然暴れないのは……」

瀬尾「うん、そういうこと。 歌ってる時の私は『ローレライ翔』って呼んで」

佐倉「う、うん……」

14 : ◆LYNKFR8PTk - 2015/08/03 21:21:07.05 BUkKXhN70 13/25

放課後

野崎「佐倉、今日はアシスタントに来れるか?」

佐倉「うん! 大丈夫だよ!!」

野崎「そうか、じゃあ一緒に帰ろう」

佐倉「うん!」

佐倉(やった! 野崎くんと二人きりだ!)

野崎「あ、堀先輩も部活が休みだったはずだから堀先輩も呼んでくる」

佐倉「う、うん……」

「ようお前ら」

佐倉(噂をすれば……)

野崎「堀先輩、今日はアシスタントに来れますか?」

「おう、じゃあこのまま行くか」

野崎「はい」

15 : ◆LYNKFR8PTk - 2015/08/03 21:24:31.17 BUkKXhN70 14/25

帰り道

佐倉「今日は鹿島くんはいないんですね」

「ああ、確かほかの女子と帰っていくところを見たな」

ブロロロロ……

野崎「ん?」

佐倉(私達の近くにバイクが止まった……)

「堀総長! 仲間が一人やられました!!」

野崎佐倉「総長!?」

「……」

「載せます! 早く行きましょう!!」

「……お前なぁ」

「……はい?」

「俺がダチといる時は携帯で知らせろって……」

「!!」

「言っただろうがぁ!!」

ドゴォン!!!

「ぐはっ!!」

野崎「堀先輩……これは一体どういう……」

「!!」

16 : ◆LYNKFR8PTk - 2015/08/03 21:27:24.53 BUkKXhN70 15/25

(やべえ……なんとか隠さねえと……)

「え、演劇の練習だ……ビックリさせて悪かったな」

鹿島「でもその人、部員じゃないですよね?」

佐倉「鹿島くん!?」

「お前……何でここに!?」

鹿島「堀ちゃん先輩の怒鳴り声が聞こえてきたから……女子達を先に帰らせたんですよ」

「……」

野崎「先輩……正直に話してくれませんか?」

「野崎……」

野崎「俺も先輩に話さなきゃいけないことがあるんです」

佐倉(六英雄の話だね……)

「ああ……正直に話す。 実は俺は……埼玉にある『To羅丸』っつー暴走族のリーダーなんだ」

鹿島「ええっ!? そうだったんですか!?」

17 : ◆LYNKFR8PTk - 2015/08/03 21:34:39.22 BUkKXhN70 16/25

「今まで内緒にしてたけど……バレたらしょうがねえ」

佐倉「もしかして先輩が時々バイオレンスなのは……」

「ああ……普段は飛び蹴りとかしょっちゅうだな」

野崎「でもどうして暴走族に?」

「ただ単に憧れてただけだよ……特に理由はねえ」

「バレちまったっつーことは……俺も退学だな」

佐倉「わ、私……内緒にします!」

鹿島「私も! 絶対に言いません!」

野崎「俺も言いません」

「お前ら……本当にいいのか?」

佐倉鹿島「はいっ!!」

野崎「はい」

「そうか……悪いな」

鹿島「堀先輩!! 折角先輩がカミングアウトしてくれたから私もカミングアウトします!」

「お前が……?」

野崎「鹿島にも秘密があるのか……」

佐倉(野崎くん、メモの準備してる……ネタにするんだ……)

鹿島「実は私は……」

「お前は……?」

鹿島「王子じゃなくて王女なんです!!」

野崎佐倉「実はヒロイン志望だったってこと(か)?」

鹿島「違いますよ!?」

18 : ◆LYNKFR8PTk - 2015/08/03 21:40:13.95 BUkKXhN70 17/25

鹿島「王女というか……私はテルカ・リュミレースっていう世界にある帝国の皇帝家の人間なんです」

佐倉「て、てるかりゅみれえす??」

野崎「先輩、知ってますか?」

「いや、聞いたことねえな……」

鹿島「ずっと城の中で暮らしてて……外に出て色んなことを知りたいって思ったんです!!」

鹿島「だから昔の地位を捨てて……正反対の自分になろうって思ったんです!!」

佐倉(だから鹿島くんは王子様みたいな振る舞いを……)

鹿島「そうだ! 先輩、ヒロイン志望でしたよね!? だったらここの皇帝に……」

「ならねえよ!」ガン!

鹿島「いてっ!」

「……っと、こんなことしてる場合じゃねえ。 悪いな野崎、今日は別件ができた」

野崎「大丈夫です」

「よし、じゃあ行くか」ブロロロロ……

佐倉「行っちゃった……」

鹿島「暴走族系ヒロイン……」

佐倉「いや、だからヒロインじゃないって……」

野崎(結局あの話をするのを忘れてた……)

19 : ◆LYNKFR8PTk - 2015/08/03 21:43:22.55 BUkKXhN70 18/25



野崎(まさか俺の周りに秘密を持っている人達があんなにいるとは思わなかった……)

野崎(……秘密、か……)

野崎(……そうだ)








次の日

野崎「今回は鈴木がとんでもない秘密を抱えていたという話です」

宮前「どれどれ……」









鈴木『そうだ、僕がキラだ』













宮前(殺人鬼になってるじゃねえかよ)

20 : ◆LYNKFR8PTk - 2015/08/03 21:47:54.90 BUkKXhN70 19/25

野崎「どうですか?」

宮前「あのですね……秘密を抱えているというのはいいんですけど、もう少しマイルドにしてくれますか?」

野崎「マイルド、ですか……」

宮前「そもそもこういう話を作ったのはなんかきっかけでもあったんですか?」

野崎「はい。 ここ最近、いろんな友達の秘密を知って……」

宮前「なるほど……」

野崎「その……剣さんにも何か秘密が……」

宮前「!」

野崎「……あっ! なんでもないです! すみません!」

野崎(俺としたことが……剣さんのプライベートまで踏み込むところだった。 こういう話は今以上に仲良くなってからの話だ)

宮前「……」

宮前(土遁使えるのは内緒にしておこう)

21 : ◆LYNKFR8PTk - 2015/08/03 21:50:43.31 BUkKXhN70 20/25

別の日

「秘密、ねえ……」

野崎「はい、なかなかいいネタが思いつかなくて……」

「……あ! そうだわ!」

野崎「何かあるんですか!?」

「ええ、前野さんの話なんだけど……」

野崎「はい! 聞かせてください!」

「前野さんって学生時代の時に……」

野崎「学生時代の時に……?」

「スタンド使いだったらしいのよねー」

野崎「す、すたんど?」

22 : ◆LYNKFR8PTk - 2015/08/03 21:53:10.05 BUkKXhN70 21/25

野崎「スタンドって……マイクのですか?」

「私もよく分からないけど……背後霊みたいなものらしいのよ」

野崎「背後霊、ですか……」

「なんでもその力を使ってカイロにいる吸血鬼を倒したらしいわ」

野崎「吸血鬼、ですか……」

(……凄いわ野崎くん、こんな話でも冷静に聞いてる)

野崎(正直、俺の経験や鹿島の話を聞いたからそんなに驚かないな)

「でもこの話が広まっちゃうとモテすぎて仕事に集中できないって言って内緒にしてるらしいのよねー」

野崎「俺に言って良かったんですか?」

「……あ」

野崎「……まあ俺も言わないから大丈夫です」

「ごめんなさい、私ったらつい……」

23 : ◆LYNKFR8PTk - 2015/08/03 21:57:31.97 BUkKXhN70 22/25

「……そうだわ! 実は私にもあるの!」

野崎「都さんにも……?」

「ええ、大学の友達には日常生活に支障がでるから言ってないんだけど……野崎くん、多分驚くと思うわ」

野崎「……聞かせてください」

「私ね……」

野崎「……」

「格闘大会に出場したことがあるの〜」

野崎「えっ……」

「八極拳を使ってね……相手をバーンって飛ばすんだけど……」

野崎「……す、凄いですね」

「でしょ?」

野崎(都さん……驚かせたかったんならその話は前野さんの話より前にすべきだった……)

野崎「あの……ほかに何かありますか? 聖杯戦争に参加したとか」

「うーん……特にないわねー……」

24 : ◆LYNKFR8PTk - 2015/08/03 22:00:44.78 BUkKXhN70 23/25

野崎「……という訳でここ最近で俺は色んな事実を知った」

佐倉「みんな、色んな秘密を抱えてたんだね……」

野崎「ああ……しかし佐倉は凄いな、内緒にするような後ろめたいことがないことは素晴らしいことだぞ」

佐倉「そ、そんなことないよ!!」

佐倉(私だって……野崎くんに言ってないことが……いや、言ったけど伝わってないことが……)

野崎「……そうだ、まだお前に言ってないことがあった」

佐倉「言ってないこと……?」

野崎「驚かないで聞いてくれるか?」

佐倉「うん! 色んな話を聞いたあとだもん! 何を聞いても驚かないよ!」

野崎「実は……」

佐倉「実は……?」













野崎「俺と鹿島の間に子どもが生まれた」

佐倉「」バタッ

野崎「佐倉!?

25 : ◆LYNKFR8PTk - 2015/08/03 22:01:23.50 BUkKXhN70 24/25

その後、私は失恋のショックでドリームクラブで働くことになるんだけど、それはもう少し先のお話です。

〜終わり〜

26 : ◆LYNKFR8PTk - 2015/08/03 22:01:53.55 BUkKXhN70 25/25

元ネタ

野崎・テルミ(ブレイブルー)
千代・アンジュ(ドリームクラブ)
みこりん・一方通行(禁書)
鹿島・エステル(テイルズ)
堀・六条(デュラララ)
結月・腐川(ダンガンロンパ)
若松・黄瀬(黒子)
剣さん・次郎坊(ナルト)
前野・承太郎(ジョジョ)
都・こころ(DOA)
鈴木・月(デスノート)
野崎と鹿島が結婚・岡崎と渚(クラナド)

読んでくださりありがとうございました。

記事をツイートする 記事をはてブする