1 : ◆tc6/59leHM - 2017/07/14 00:53:20.302 ndD4+fIv0.net 1/31

サターニャ『もしもしガヴリール? あんた今暇?』

ガヴリール「なんだよサターニャ、私は今ネトゲで忙しいんだ」

サターニャ『あんた休日だからって家に引きこもってばかりいると体にキノコが生えるわよ』

ガヴリール「切るぞ」

サターニャ『待ちなさいよ!』

元スレ
【ガヴドロ】サターニャ『肝試しをするわよ!』
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1499961200/

2 : ◆tc6/59leHM - 2017/07/14 00:54:21.725 ndD4+fIv0.net 2/31

ガヴリール「なんだよ。用件を言えよ」

サターニャ『よくぞ聞いたわね! 今夜、肝試しをするわよ!』

ガヴリール「肝試し?」

サターニャ『そうよ。だからちょっと来なさいよ!』

ガヴリール「はぁ? 突然すぎるだろ」

サターニャ『いいじゃない、どうせ暇なんでしょ?夏の風物詩が待ってるわよ!』

ガヴリール「なんだそれ。嫌だぞ面倒くさい。これからネトゲのイベントがあるんだ。行くならお前一人で行けよ」

サターニャ『一人じゃないわよ。実はみんなも誘ったの。あとはあんただけよガヴリール!』

3 : ◆tc6/59leHM - 2017/07/14 00:56:03.900 ndD4+fIv0.net 3/31

ガヴリール「みんな来るのか?」

サターニャ『そうよ』

ガヴリール「ヴィーネも?」

サターニャ『ガヴリールが来るって言ったら渋々OKしたわ』

ガヴリール「はぁ……分かったよ。で? どこに行けばいいんだ?」

サターニャ『決まりね。じゃあ夜9時に……』

4 : ◆tc6/59leHM - 2017/07/14 00:58:14.955 ndD4+fIv0.net 4/31

ー学校 裏門ー

サターニャ「ククク……よくきたわね。逃げ出さなかったことは褒めてあげるわ!」

ガヴリール「よし、帰るか」

サターニャ「待ちなさいよ!」

ヴィーネ「はぁ……帰りたい」

ラフィエル「面白そうじゃないですか~」

タプリス「うぅ、どうして私まで……」ビクビク

5 : ◆tc6/59leHM - 2017/07/14 01:00:25.620 ndD4+fIv0.net 5/31

ガヴリール「てか学校とか忍び込んで大丈夫なのか? 鍵かかってるだろうし」

サターニャ「ふふ、安心しなさい。この校舎裏の廊下の窓の鍵を壊しておいたわ」

ヴィーネ「それ犯罪だから!」

タプリス「とんでもない悪魔ですっ!」

ラフィエル「さすがサターニャさん!」

6 : ◆tc6/59leHM - 2017/07/14 01:02:45.263 ndD4+fIv0.net 6/31

サターニャ「とりあえず、スタート地点に行くわよ」

ヴィーネ「スタート地点?」

サターニャ「そうよ。今夜の肝試しを最高に楽しむためのプランを練ってきたの」

ガヴリール「お前、暇なんだな」

サターニャ「あんたに言われたくないわよ! さあ、正面玄関を目指すわよ!」

7 : ◆tc6/59leHM - 2017/07/14 01:04:53.282 ndD4+fIv0.net 7/31

ー正面玄関ー

サターニャ「着いたわ。みんな上履きに履き替えなさい」

ラフィエル「靴下のままだと廊下は冷たいですからね」

ガヴリール「意外とちゃんと考えてるんだなサターニャ」

サターニャ「当たり前でしょ? 私はいずれ地獄の支配者になる者よ!」

タプリス「何を言ってるんですかこの人は?」

ヴィーネ「気にしたら負けよタプちゃん」

9 : ◆tc6/59leHM - 2017/07/14 01:07:05.840 ndD4+fIv0.net 8/31

サターニャ「それじゃルールを説明するわね。目的地は化学室。そこからこのサタニキア特製メダルを取ってきてもらうわ!」

ガヴリール「なんだそのゴミ」

サターニャ「失礼ね! この価値が分からないなんて、どんな感性してるの?」

ヴィーネ「化学室って、ここからだと結構遠いわね……」

ラフィエル「しかもこの暗闇の中ですからね……」

タプリス(場所忘れました……)

10 : ◆tc6/59leHM - 2017/07/14 01:09:06.754 ndD4+fIv0.net 9/31

サターニャ「それと、行くときはもちろん一人ずつよ」

ヴィーネ「嘘でしょ!? この真っ暗な廊下を一人で!? 無理無理、絶対に無理!」

サターニャ「大丈夫よ。懐中電灯もあるし」

ヴィーネ「そういう問題じゃなくて!!」

ラフィエル「ヴィーネさんは悪魔なのに怖がりさんなんですねぇ♪」

タプリス(月乃瀬先輩かわいいです……)

11 : ◆tc6/59leHM - 2017/07/14 01:11:11.560 ndD4+fIv0.net 10/31

サターニャ「一人ずつじゃないと雰囲気でないじゃない。夏の風物詩をちゃんと堪能しないと」

ガヴリール「風物詩って言いたいだけだろお前」

ラフィエル「まあ行き帰りで10分程ですから、大丈夫ですよヴィーネさん」

ヴィーネ「ラフィまで……うぅ……」

タプリス「あの……私、化学室の場所覚えてなくて。ですので月乃瀬先輩、一緒に行ってもらっていいですか?」

ヴィーネ「ほんと!? ありがとうタプちゃん! 一緒に行きましょう!」

サターニャ「まったく、しょうがないわね」

12 : ◆tc6/59leHM - 2017/07/14 01:13:38.423 ndD4+fIv0.net 11/31

サターニャ「じゃあ、まず最初に私が行って、メダルを人数分置いてくるわ」

ガヴリール「そんじゃサターニャが行ったら、みんなで先帰るか」

サターニャ「ちょっと! そんな超ド級悪魔行為はやめなさいよ!!」

ガヴリール「冗談に決まってるだろ。ほら、早く行けよ」

サターニャ「絶対に帰っちゃダメよ!」

タプリス(私の尊敬する天真先輩はどこにいってしまったのでしょうか?)

14 : ◆tc6/59leHM - 2017/07/14 01:16:09.269 ndD4+fIv0.net 12/31

ー30分後ー

ガヴリール「サターニャ、遅くね?」

ラフィエル「そうですね……もう30分も経ってますし」

ガヴリール「メダル置くのにそんな時間かかるか? どっかで迷子になってるんじゃないか」

ヴィーネ「そうね。ちょっと電話してみるわ」

…………

ヴィーネ「……ダメだわ。繋がらない」

ラフィエル「困りましたね」

ガヴリール「あのバカなにやってんだ?」

タプリス「胡桃沢先輩……心配です」

16 : ◆tc6/59leHM - 2017/07/14 01:18:25.571 ndD4+fIv0.net 13/31

ガヴリール「様子を見に行くしかないな」

ヴィーネ「そうだけど……懐中電灯はサターニャが持ってる一本だけよ。この真っ暗な中を行くなんて」

ラフィエル「では、私が行きましょう。だいぶ暗闇に目が慣れてきましたから」

タプリス「白羽先輩……一人で大丈夫ですか?」

ラフィエル「大丈夫ですよタプちゃん。迷子になってベソをかいてるサターニャさんを拝めるチャンスですからね♪」

ガヴリール「目的はともかく……頼んだぞラフィエル」

17 : ◆tc6/59leHM - 2017/07/14 01:21:04.567 ndD4+fIv0.net 14/31

ーさらに30分後ー

ガヴリール「……いくらなんでも遅すぎる」

ヴィーネ「やっぱり何かあったのよ! ど、どうしようガヴ!?」ガクガク

タプリス「あわわ……きっとお化けに食べられてしまったんです!!」ブルブル

ガヴリール「お、落ち着け二人とも。お化けなんているわけないだろ?」

ガヴリール(天使と悪魔はいるけど……)

18 : ◆tc6/59leHM - 2017/07/14 01:23:09.201 ndD4+fIv0.net 15/31

ガヴリール「仕方ない、私たちも様子を見に行こう」

ヴィーネ「い、嫌よ! 行きたくないわ!」

タプリス「そうですよ! 私たちは残ります!」

ガヴリール「別にいいけどさ、もし私も戻ってこなかったらどうするつもりだ?」

ヴィーネ「それは……外に出て助けを求めるわよ」

ガヴリール「それはまずいだろ。夜中に学校に忍び込んだことがバレれば、大目玉を食うぞ」

ヴィーネ「それは……そうだけど」

ガヴリール「きっとラフィもサターニャを探してる最中なんだろう。みんなで探せば早く見つかるよ」

タプリス「天真先輩がそこまで言うなら……」

ヴィーネ「分かったわ。二人を見つけてさっさと帰りましょう!」

20 : ◆tc6/59leHM - 2017/07/14 01:25:27.650 ndD4+fIv0.net 16/31

ー化学室前 廊下ー

ガヴリール「着いたな」

タプリス「来る途中では先輩方と会いませんでしたね……」

ヴィーネ「やっぱりこの中にいるのかな?」

ガヴリール「ガラス越しに中が見えるな。うん? ……机の上に誰か寝てるぞ?」

ヴィーネ「誰かって?」

ガヴリール「暗くて見えん……。よし、中を見てこいタプリス」

タプリス「ぴゃっ!? 私ですかっ!?」ドキィ

ヴィーネ「ちょっとガヴっ!?」

ガヴリール「冗談だよ。お前らビビりすぎ」

タプリス(優しい天真先輩はどこへ……)

22 : ◆tc6/59leHM - 2017/07/14 01:27:52.391 ndD4+fIv0.net 17/31

ー化学室ー

ガラガラッ

ガヴリール「おーい、サターニャか? ラフィ?」

コツン

ガヴリール「ん? 足元に懐中電灯が落ちてる」

カチッ

ガヴリール「おーい、サター……!?」

ヴィーネ「……あ……あぁ……サターニャ……」

タプリス「ひゃあああああああああ!!!」

23 : ◆tc6/59leHM - 2017/07/14 01:30:59.062 ndD4+fIv0.net 18/31

ガヴリール(あそこにいるのは間違いなくサターニャ……全身血まみれの!)

ヴィーネ「どういうことなのよっ!?なんで血が……!」

タプリス「あわわわわわわわっ」

ガタンッ

ガヴリール「ロッカーが!? 誰だ!?」

バァーン!

???「ゔぁあああああ!!」

シャキーン シャキーン

ガヴリール(!? なんだアイツ!? 巨大なハサミを持って……)

タプリス「わああああああああああ!」ダダダダ

ヴィーネ「待って! タプちゃああああん!」ダダダダ

ガヴリール「あ、おい! 二人とも! 置いてくなよ!」

26 : ◆tc6/59leHM - 2017/07/14 01:33:36.464 ndD4+fIv0.net 19/31

ガヴリール(やばいやばいやばい! サターニャを殺したのはアイツか!?)

ガヴリール(あの巨大なハサミで体をズタズタに!)

ガヴリール(逃げないと逃げないと逃げないと!)

シャキーン シャキーン

ガヴリール「うわあああ! こっちに来るなああああ!」

ブンッ

ガキィン

ガヴリール(思わず懐中電灯を投げてしまった! くそ、ハサミで防がれた!)

シャキーン シャキーン

ガヴリール「みんな待ってくれええええ!」ダダダダ

29 : ◆tc6/59leHM - 2017/07/14 01:36:36.323 ndD4+fIv0.net 20/31

ヴィーネ「はぁ……はぁ……タプちゃんを見失っちゃった……」

ヴィーネ「あれは間違いなくサターニャだった……」

ヴィーネ「うぅ……サターニャ……。あんなの酷い……」

ヴィーネ「とにかく早く外に出て警察と救急車を呼ばないと!」

ヴィーネ「この角を曲がれば私たちが入ってきた窓が……」

???「ゔぉおおおおお」

シャキーン シャキーン

ヴィーネ「!? そんな!? どうしてここに!?」

シャキーン シャキーン

ヴィーネ「あわわ……もうダメだわ…………」ガクッ

シャキーン!

30 : ◆tc6/59leHM - 2017/07/14 01:39:17.144 ndD4+fIv0.net 21/31

ガヴリール「ヒィヒィ……フゥフゥ……いきなり走ったから脇腹が……」

ガヴリール「ん? ここは美術室か。無我夢中で逃げたからこんな所に」

ガヴリール「とりあえず中に入って休もう……」

ガラガラ ピシャッ

ガヴリール「ふぅ。アイツは一体何なんだ? なんでサターニャを殺したんだ?」

ガヴリール「もしかしてラフィも殺されちゃったのか? うぅ……」

ガタン

ガヴリール「ひっ!?」

ガヴリール(隣の準備室から物音が!?)

32 : ◆tc6/59leHM - 2017/07/14 01:41:45.068 ndD4+fIv0.net 22/31

ガヴリール(もしかしてヴィーネとタプリスかな?)

ガヴリール(行ってみよう……)

ガチャ

ガヴリール「おーい、ヴィーネ? タプリス?」

ガヴリール「ひゃ! 人影が!?……て、よく見たらデッサンに使う石像か」

ガヴリール「驚いた……。ほかにもあるな。あれ? この石像、ハサミを持ってる……」

???「ゔぉおおおお」

シャキーン!

ガヴリール「ぎゃああああああああ!!」

36 : ◆tc6/59leHM - 2017/07/14 01:44:40.454 ndD4+fIv0.net 23/31

シャキーン シャキーン

ガヴリール「くそ! こうなったら戦うしかない!」

ガヴリール(巨大なハサミにはビビったけど、アイツよく見たら体は小さいぞ!)

ガヴリール「サターニャの仇だ! 聖なる矢を喰らえ!」

キュイイイン

ガヴリール「悔い改めろっ!!!」

ズドオオオン

???「ゔぉおおおお」

ジャキイイイーン!

38 : ◆tc6/59leHM - 2017/07/14 01:47:19.401 ndD4+fIv0.net 24/31

ガヴリール「なっ!? 私の必殺技も防がれた!? チートすぎんだろアイツ!」

シャキーン シャキーン

ガヴリール(に、逃げないと!)ダダダダ

ガチャ

???「ケケケケケケケ!」

ガヴリール「ひぃ! 鎌を持った死神!? アイツの仲間か!?」

???「クビ ヲ ヨコセ~」

ガヴリール「ぎゃあああ! お母さあああああんっ!!」

40 : ◆tc6/59leHM - 2017/07/14 01:49:56.651 ndD4+fIv0.net 25/31

???「……ふふふ、あはは、なーっはっはっは!」

ガヴリール「……ふえっ?」

???「私よガヴリール。ふふふ、いい怖がりっぷりだったわ!」

ガヴリール「サターニャ!? お前死んだはずじゃ!?」

サターニャ「この通りピンピンしてるわよ。あれは死んだふりよ」

ガヴリール「し、死んだふりって? それじゃあ、あのハサミ男は!?」

パサッ

???「初めまして。いつも姉がお世話になっております」

サターニャ「私の弟よ」

ガヴリール「弟おおお!?」

42 : ◆tc6/59leHM - 2017/07/14 01:52:12.242 ndD4+fIv0.net 26/31

ー帰り道ー

サターニャ「肝試しは大成功だったわ! さすが私!」

ヴィーネ「あの時はホントにもうダメかと思ったわ」

ラフィエル「ヴィーネさん気を失ってしまうほどでしたからね~♪」

「ホントすみません。僕のせいで」

ガヴリール「悪趣味すぎるだろ! なんだあの巨大なハサミ!」

サターニャ「魔界のホームセンターに普通に売ってるわよ」

46 : ◆tc6/59leHM - 2017/07/14 01:55:15.017 ndD4+fIv0.net 27/31

ガヴリール「てか何でラフィはそっち側なんだよ? 最初からグルだったのか?」

ラフィエル「いえいえ、私も最初血まみれのサターニャさんを見た時は驚きましたよ」

サターニャ「こいついきなり私に駆け寄ってきて体をブンブン揺さぶるもんだから、思わず起きちゃって」

ラフィエル「そのとき濃厚なトマトの香りがしたので、死んだふりだって気付いたんです♪」

「これです。『人間の生き血風トマトジュース』。家に箱買いしたのがあって。あ、今回使ったのは賞味期限が切れたやつなんで安心してください」

ヴィーネ「どこに配慮してるのよ……」

ラフィエル「それでサターニャさんの計画に乗って、千里眼でみんなの居場所を教えてあげて」

「それを聞いて転移魔法陣で先回りしてたんです」

ガヴリール「鬼かお前らっ!?」

48 : ◆tc6/59leHM - 2017/07/14 01:58:05.011 ndD4+fIv0.net 28/31

サターニャ「うぷぷ、お母さーん! だって。とっても可愛かったわよガヴリール!」

ガヴリール「くっ、お前覚えてろよ……」

ヴィーネ(ガヴの悲鳴聞きたかったな……)

ガヴリール「てか、弟。お前強いんだな。私の矢を弾き返すなんて」

「いえ、それほどでもないです。今回はあらかじめお父さんに防御魔法をかけてもらってたんです」

ガヴリール「マジか。お前ら家族ぐるみで計画立ててたのかよ。とんでもない家族だな」

サターニャ「ククク、我が胡桃沢一族は大悪魔の家系。人間どもを恐怖のどん底に突き落すことを生業としているのよ!」

「ただのケーキ屋です」

60 : ◆tc6/59leHM - 2017/07/14 02:07:38.438 ndD4+fIv0.net 29/31

「みなさん、お詫びと言ってはなんですが、これウチで作ってるケーキです。召し上がってください」

ラフィエル「あら~ありがとうございます♪」

ヴィーネ「ご丁寧にどうも」

サターニャ「感謝するがいいわ!」

ガヴリール「お前は許さんぞサターニャ」

サターニャ「何よ!肝試しなんだから怖がらせてナンボじゃない!」

ガヴリール「……お前が死んだと思って……本当に悲しかったんだぞ……バカ」

ヴィーネ「ガヴ……」

ラフィエル「そうですよサターニャさん。私もあの時本当に気が動転してしまって、サターニャさんに抱きついたんですから」

サターニャ「あんたたち、そこまで私のことを……」

ラフィエル「自分の大切なオモチャ……ではなく友達があんな風になってたら誰だって悲しいですよ♪」

サターニャ「あんた今変なこと言わなかった!?」

イッテナイデスヨー イッタジャナイ ウフフ アハハ……

53 : ◆tc6/59leHM - 2017/07/14 02:03:26.171 ndD4+fIv0.net 30/31

ー学校ー

タプリス「ここどこですかあああああああ!?」

タプリス「うええええええええええええん!!」

タプリス「天真せんぱあああああああああああああい!」

ガヴリールドロップアウト

『切れない絆と可愛い忘れ物』

ー完ー

54 : ◆tc6/59leHM - 2017/07/14 02:04:23.630 ndD4+fIv0.net 31/31

終わりです。読んでくださってありがとうございました。
ホラーっぽくしてみましたが、動きのある描写は難しいですね。
最初からタプリスはオチで使う予定でした。好きな人はごめんなさい。
自分もタプリス好きなので、いつか報われる話を書きたいです。

記事をツイートする 記事をはてブする