1 : 以下、名無しに代わりましてぽいずんがお送りします ◆.6fbLoIP6I - 2017/06/01 23:20:40.09 5n/aLeSK0 1/35

ヴィーネ「はいはい、後でね」センタクセッセ

ガヴ「…」

ガヴ「やーい、アホ悪魔!」

ヴィーネ「はいはい、ちょっと足あげて~」ソウジキセッセ

ガヴ「…駄悪魔」アシアゲ

ヴィーネ「」サラアライセッセ

ガヴ「むぅ…」

ガヴ「ヴィーネのバカっ!アホっ!まぬけっ!世話焼きダメ悪魔!」ギャーギャー

ヴィーネ「もう!なんなのよ!!?」イラッ


元スレ
ガヴ「ヴィーネのアホ~!バーカ!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1496326839/

2 : 以下、名無しに代わりましてぽいずんがお送りします ◆.6fbLoIP6I - 2017/06/01 23:27:49.33 5n/aLeSK0 2/35

ガヴ「っ」ビクッ

ヴィーネ「…」イライラ

ガヴ「ヴぃ、ヴィーネのばーか…!」

ヴィーネ「っ…!」ブチッ

ヴィーネ「もういいわよ!帰る!」ダッダッダ

ガヴ「あっ…!」ガタッ

<バタン

ガヴ「…」ポツーン

ガヴ「なに、やってんだ…っ」グスッ

ガヴ「私だって…こんなこと、したく…ないんだぞ…っ」ポロポロ

3 : 以下、名無しに代わりましてぽいずんがお送りします ◆.6fbLoIP6I - 2017/06/01 23:36:19.55 5n/aLeSK0 3/35

―――――
ヴィーネ「もう、なんなのよ…」

ヴィーネ「せっかく私が色々世話してあげてるって言うのに…」

ヴィーネ「悪魔としては放っておいた方が良いんだろうけど…」

ヴィーネ「…放って、おけないじゃない・・・」

ヴィーネ「明日からどうやって顔合わせようかな…はぁ…」ガチャ


ヴィーネ「ただいま~…まあだれもいないんだけどね…ん?」

ヴィーネ「鞄から手紙が…」

ヴィーネ「差出人は…魔界だわ…」

ヴィーネ「いつのまに受け取ってたのかしら…中身は…っ!?」

ヴィーネ「う、嘘…っ」

ヴィーネ「『処分命令』…って、私追放されたの…!?」

ヴィーネ「まさか!?だって今までだってペットボトルのふたを付けたまま捨てたり」

ヴィーネ「ガヴのペン先を出しっぱなしにしたりしてたじゃない!」

ヴィーネ「それなのに…そんなぁ」

5 : 以下、名無しに代わりましてぽいずんがお送りします ◆.6fbLoIP6I - 2017/06/03 13:55:32.13 y/obv0Dp0 4/35

ヴィーネ「…」

ヴィーネ(あの本、どこだったかしら)ガサゴソ

ヴィーネ(私が魔界の学校に居た頃、支給された魔界での法律がかかれた本)

ヴィーネ「…これ、ね」ペラッ

ヴィーネ「えぇと…あ、このページだわ」

  ▼処分命令
 処分命令とは、悪魔として失格とみなされた場合に
出される命令である。
 処分命令を言い渡された悪魔は、魔界から言い渡され
た『課題』に取り組み、見事な成果を収められれば、
取り消し命令を出しても良いものとする。
 また、処分命令による課題は原則として―――




ヴィーネ「…ね」

ヴィーネ「…悪魔として失格になったらどうなるのかしら…」ペラッ

ヴィーネ「あら、「原則として―――」のところで終わってる…」

ヴィーネ「よく見たら次のページが切られてるわね…」

6 : 以下、名無しに代わりましてぽいずんがお送りします ◆.6fbLoIP6I - 2017/06/03 14:22:51.23 y/obv0Dp0 5/35

ヴィーネ「気になるけど…まあいいわ」

ヴィーネ「課題を提出すれば免除されるかも…ってことよね?」

ヴィーネ「あ、これが課題ね…」

ヴィーネ「…え?」


月乃瀬・ヴィネット・エイプリルへの課題
『天真・ガヴリール・ホワイトの殺害を要する』


ヴィーネ「…う、嘘よね?」

ヴィーネ「だ、だっておかしいわよ!」

ヴィーネ「私が人を殺すなんてそんな悪魔みたいな…!」


ヴィーネ「あく…ま…?」



ヴィーネ「そうだ…私、悪魔なんだ…」




ヴィーネ「…期限は、一週間」

ヴィーネ「すこし、考えさせて…」ギュッ

ヴィーネ(私…最低だなぁ…っ)グスッ

9 : 以下、名無しに代わりましてぽいずんがお送りします ◆.6fbLoIP6I - 2017/06/04 20:08:26.41 uS13NFUz0 6/35

ガヴ「はぁ…」

ガヴ(最近のヴィーネが悪魔としてやばいっていうから、ラフィに相談してたんだけどなぁ…)

10 : 以下、名無しに代わりましてぽいずんがお送りします ◆.6fbLoIP6I - 2017/06/04 20:13:04.12 uS13NFUz0 7/35

――1週間前

サターニャ「勝負よガヴリール!さっそくだけど「ピザ」って10回いいなさい!」

ガヴ「ピザ×10」

サターニャ「省略しないでよ!口で「かける10」っていわないでよっ!」

ガヴ「いやだめんどくさい」

サターニャ「むぅ…!」


ヴィーネ「委員長、掃除手伝うわよ」

まち子「え?いいの?」

ヴィーネ「もちろんよ!」ニッコリ


ガヴ(いいなぁ…なんて)ムスッ

サターニャ「…」

ガヴ「どした?」

サターニャ「あ、いや…う~ん」

ガヴ「なんだよ、じれったいな

11 : 以下、名無しに代わりましてぽいずんがお送りします ◆.6fbLoIP6I - 2017/06/04 20:30:57.66 uS13NFUz0 8/35

サターニャ「いや、アンタには関係ないかもしれないんだけど…」

サターニャ「なんていうのかしら、ヴィネットのやつ最近危ないのよ」

ガヴ「は?つまりどういいうことだ」

サターニャ「かみ砕いていうと…もうそろそろ、魔界から追放が来てもおかしくない…ってことよ」

ガヴ「は?」

サターニャ「最近のヴィネットって、通い妻はもちろんだけど公園の掃除したり買い物中のお婆ちゃんを担いで22階のマンションの最上階までは混んであげたり…」

ガヴ「天使でも滅多にしないぞ」

サターニャ「しかもエレベーターが壊れたから階段上ったそうよ」

ガヴ「うわぁ…」

サターニャ「…まあ、そういうことよ。」

サターニャ「悪行どころか、善行しかしてないのだからいつ追放されても…」

ガヴ「…」

サターニャ「…あっ」ゲッ

サターニャ「ま、まあ!今はそうかもってだけで、今からすごい悪魔的行為をすればそんなことにはならないわ!」アセアセ

ガヴ「なんでお前が焦ってるんだよ…」

12 : 以下、名無しに代わりましてぽいずんがお送りします ◆.6fbLoIP6I - 2017/06/04 20:40:01.79 uS13NFUz0 9/35

ガヴ「んじゃ、天使会議があるから先行くわ」ガタッ

サターニャ「え?じゃあラフィも?」

ガヴ「おう、すぐ戻るがな。めんどくせー」ガラガラガラ

サターニャ「あ、うん」

ヴィーネ「あれ、ガヴは?」

サターニャ「天使だけの会議がなんたらでラフィと―――」




ガヴ「…聞いてたのか」

ラフィ「えぇ…」

ガヴ「…」

ラフィ「屋上で、いいですか?」ニコッ


13 : 以下、名無しに代わりましてぽいずんがお送りします ◆.6fbLoIP6I - 2017/06/05 14:24:41.43 eSjarJ1O0 10/35

ガヴ「…ラフィはさ、どう思う?」

ラフィ「…正直、少し心配しています」

ラフィ「ですが、天使と悪魔である以上…」

ラフィ「こればかりは、私たちは干渉してはいけません…っ」

ラフィ「悔しいですが…私たちでは、どうしようも…っ」ギリッ

ガヴ「…」ギュッ



ガヴ(今のヴィーネが悪魔としておちこぼれで)

ガヴ(もうじき魔界から追放されるかもしれないって事も)

ガヴ(私たちが何をしても…助けてあげられないことだって…)

ガヴ(わかってる…わかってるけど…ッ!)






ラフィ「ガヴちゃん…一つ方法があります」

ガヴ「…なに?」

ラフィ「それは…」

14 : 以下、名無しに代わりましてぽいずんがお送りします ◆.6fbLoIP6I - 2017/06/05 14:33:42.17 eSjarJ1O0 11/35

――――

ガヴ「『ヴィーネを煽って悪魔的行為をさせる』…ね」

ガヴ(ためしにやってみたものの、成功どころか大失敗したわ)

ガヴ(どーすっかなぁ…)

ガヴ「げっ、もう11時かよ!緊クエ逃したわ!」

ガヴ「仕方ない…やることもなくなったし今日は寝るか…」モゾモゾ

ガヴ「明日は8時の緊クエに出れるようにしておこう…」

ガヴ「zzz」


15 : 以下、名無しに代わりましてぽいずんがお送りします ◆.6fbLoIP6I - 2017/06/05 21:03:26.67 eSjarJ1O0 12/35

―――翌朝

ピンポーン ピーンポーン

ガヴ「ん…んぅ…」スヤスヤ

ピンポンピンポンピンポンピンポンッ

ガヴ「だぁああああ!」ムクッ

ガヴ「こんな朝っぱらから誰だよ!?」ガチャッ

来客者>>16

16 : 以下、名... - 2017/06/05 22:46:40.48 8Xv5ejg0o 13/35

サターニャ

17 : 以下、名無しに代わりましてぽいずんがお送りします ◆.6fbLoIP6I - 2017/06/07 17:27:05.18 t458RJmS0 14/35

ガヴ「なんだよ...」

サターニャ「そ、そこまでイライラしなくても良くない!?流石に傷つくわよ!」

ガヴ「あーはいはい...で、なんの用だよ」

サターニャ「勝負よ!」

ガヴ「..なに?」

サターニャ「だから!勝負だってば!」

バタン

サターニャ「あわぁああ!悪かったわよ!」エッググスッ

ガヴ「なんなんだよ...」ガチャ

18 : 以下、名無しに代わりましてぽいずんがお送りします ◆.6fbLoIP6I - 2017/06/07 17:35:37.56 t458RJmS0 15/35

ガヴ「で、何しに来たの」

サターニャ「だから勝負...」

ガヴ「いや、こんな朝早くから来るの流石にアホだろ」

サターニャ「な、なによ!...まあいいわ」

サターニャ「私が前に言ったこと...気にしてるかと思って、謝りに来たのよ」ポリポリ

ガヴ「前に言ったこと?」

サターニャ「その、ヴィネットのこと...」

ガヴ「あぁ、別に気にしてねぇよ」

サターニャ「そ、それならいいんだけど...」

19 : 以下、名無しに代わりましてぽいずんがお送りします ◆.6fbLoIP6I - 2017/06/07 17:37:56.87 t458RJmS0 16/35

ガヴ「この前もそうだけど潮らしいと物凄くアホっぽさが増すよなお前」

サターニャ「失礼ね?!いいわよ!」ダッダッダ

サターニャ「絶対後で見返してやるんだからね!!べーっ!」ガチャバン

ガヴ「…嵐みたいなやつだな…」ハァ


「―--」
「―--」


ガヴ「…ん?誰か外にいるのか?」

ガヴ「声が聞こえるな...」ソ-ッ

「―--」
「―--」

ガヴ「サターニャと話してるのは...>>20か?」

20 : 以下、名... - 2017/06/07 18:50:27.90 QUlBb+bfO 17/35


21 : 以下、名無しに代わりましてぽいずんがお送りします ◆.6fbLoIP6I - 2017/06/10 00:29:22.36 wf4IAshr0 18/35

ガヴ「サターニャと話してるのは…犬?」

―――
サターニャ「ちょっと!私のメロンパン食べないでよ!」

「わん!」

サターニャ「なんですってぇ~っ!?」

サターニャ「もう怒ったわ!大悪魔様の顔も3度までよ!覚悟しなさい!犬!」

「っへ(ゲス顔)」ダッダッダ

サターニャ「あ、こら待ちなさい!私のめろんぱぁああああん!」ダッダッダ

22 : 以下、名無しに代わりましてぽいずんがお送りします ◆.6fbLoIP6I - 2017/06/10 00:32:16.51 wf4IAshr0 19/35

―――
ガヴ「行ったか…ったく近所迷惑な奴だ」

ガヴ「さぁ~て、ネトゲしようかなぁ~」

ガヴ「ふぁ~…」ウトウト

ピンポーン

ガヴ「んだよ、忘れ物か…?」ガチャ

ヴィーネ「あ、ガヴ」

ガヴ「」バタン

ヴィーネ「ちょ!なんで閉めるのよ!」ガーン

23 : 以下、名無しに代わりましてぽいずんがお送りします ◆.6fbLoIP6I - 2017/06/10 19:11:53.72 wf4IAshr0 20/35

ガヴ「…」ガチャ

ヴィーネ「もう!なんで閉めるのよ」

ガヴ「いや、宗教とか全然興味ないんで…」

ヴィーネ「ちょ、そういうんじゃないってば…」

ヴィーネ「っていうか天使が宗教興味ないっておかしいでしょ…」

ガヴ「で、なにか用?私はこのあとヴァルハラ王国を救いに行かなきゃいけないんだ」

ヴィーネ「また襲われてるの?その王国・・・」

ガヴ「とある次元に生息していたはずの古代生物に街を襲われて人々が嘆き苦しんでるんだよ」

ヴィーネ「いつになったらそのヴァルハラ王国は救われるわけ?」

ガヴ「私がゲームやめれば」

ヴィーネ「即刻辞めなさい」

24 : 以下、名無しに代わりましてぽいずんがお送りします ◆.6fbLoIP6I - 2017/06/10 19:16:29.26 wf4IAshr0 21/35

―――
ヴィーネ「…そうだ、ガヴ」

ヴィーネ「天使の輪が黒くなってたけど、今でもそうなの?」

ガヴ「あぁ、あれただの汚れだし」

ヴィーネ「え!?駄天したからじゃないの?」

ガヴ「んー、よくわかんないけど拭けば綺麗になるよ、ほら」ピカッ

ヴィーネ「真っ黒なんだけど」

ガヴ「え…あ、マジだ」ヒョイ

ヴィーネ「取り外しも可能なのね…」

25 : 以下、名無しに代わりましてぽいずんがお送りします ◆.6fbLoIP6I - 2017/06/10 19:50:43.06 wf4IAshr0 22/35

ヴィーネ「ねぇガヴ、その汚れってとれるのよね?」

ガヴ「ん?まあな、ぬるま湯に浸したタオルで拭くと良く落ちるぞ」

ヴィーネ「へぇ…拭いてみてもいい?」

ガヴ「おう、お勝手にどぞ~」カタカタ

ヴィーネ「…うん」ヒョイ

ヴィーネ「すぐに、済むからね…」


ヴィーネ(天使の輪…これを割ってしまえば、ガヴは…)アクマーン

ヴィーネ(これさえ…壊してしまえば…っ!)ギュッ

ヴィーネ「っ…」

ガヴ「びーねー?」カタカタ

ヴィーネ(なのに…っ)カイジョ

ヴィーネ「…まったく、もっとしっかりしなさいよね」フキフキ

ヴィーネ(この輪を割るだけ、それだけのことが…重くて、怖くて…)

ガヴ「…」カタカタ


27 : 以下、名無しに代わりましてあくまがお送りします ◆.6fbLoIP6I - 2017/06/11 18:05:04.25 FQz0AZCv0 23/35

―――

ヴィーネ「じゃ、掃除も済んだし私は帰るわね」

ヴィーネ「戸締りしっかりしなさいよね」

ガヴ「おう、ありがとなー」カタカタ

バタン


ガヴ「…」

ガヴ(PCのロード画面に見えたんだ)カタカタ

ガヴ(悪魔姿のヴィーネが私の天使の輪を握っていたこと)カチッカチッ

ガヴ(寂しそうな、その横顔も…)ギリッ

ガヴ(私だって鈍い訳じゃないから、すぐにわかった)

ガヴ(ヴィーネが私を殺そうとしていることを…)カチカチターンッ

29 : 以下、名無しに代わりましてあくまがお送りします ◆.6fbLoIP6I - 2017/06/12 22:47:42.79 tOY8YBxI0 24/35

―――三日後

ガヴ(あれから私は考えた)

ガヴ(ヴィーネが私を殺そうとしている理由)

ガヴ(殺せない理由とか…この先どうするべきか、とか)

ガヴ(結論らしい結論はでなかったけど…)

ガヴ(それが、いいんじゃないかなって)

ガヴ(だから…)

ガヴ「…」ガチャ

ヴィーネ「ガ、ガヴ…!?な、なんでここに居るのよ!」


30 : 以下、名無しに代わりましてあくまがお送りします ◆.6fbLoIP6I - 2017/06/12 23:01:14.93 tOY8YBxI0 25/35

ガヴ「私も合鍵、作ったんだよ」ジャラ

ヴィーネ「そ、そう…」

ガヴ(ヴィーネは数日前に見た悪魔の衣装で魔界へのゲートを開こうとしていた)

ヴィーネ「そ、その、私…」

ガヴ「…それ、閉めていいよ」

ヴィーネ「え?」

ガヴ「ゲート、閉めて」

ヴィーネ「ガヴ、いったい何を…」

ガヴ「…なんで、魔界に行こうとしてたの?」

ヴィーネ「そ、それは…きょ、今日は家族に会いに行こうと思って…」

ガヴ「じゃあ、なんでこの部屋何も家具がないの…?」

ヴィーネ「…っ」

31 : 以下、名無しに代わりましてあくまがお送りします ◆.6fbLoIP6I - 2017/06/12 23:34:30.00 tOY8YBxI0 26/35

ガヴ「なんで、学校に来てないんだよ…」

ヴィーネ「あぁ、その…」

ガヴ「…」

ヴィーネ「そ、その!実はね!魔界からその、帰ってくるように言われちゃって…」

ヴィーネ「私だって別に帰りたかったとか、そんなんじゃなかったんだけど、その、手紙が」

ヴィーネ「手紙に、魔界に帰って来いって書いてあって、だから!」

ガヴ「ヴィーネ」

ヴィーネ「そ、そりゃもちろん黙ってたのは悪かったけど、だって、迷惑かけたくなかったし」

ヴィーネ「それに、その、だから・・・」

ガヴ「ヴィーネッ!!!」

ヴィーネ「っ」ビクッ

ガヴ「嘘はもういいよ…ぜんぶ、バレてる」

ヴィーネ「う、嘘!?なんで!?」


33 : 以下、名無しに代わりましてあくまがお送りします - 2017/06/13 20:13:04.98 96HDwcCu0 27/35

ガヴ「ヴィーネ、は...っ」グスッ

ガヴ「私を殺せって言われてるんでしょ...」

ヴィーネ「!」

ガヴ「でも、出来ないからって...魔界にっ...」ポロポロ

ガヴ「なぁ、魔界に戻ったら、どうなるんだよ」

ガヴ「答えて...っ!」バンッ

ヴィーネ「...私は」

ヴィーネ「...分からないわ」

ガヴ「はぁ...!?」

ガヴ「じゃあ行かなくていいだろ!死にに行くつもりか!?」

ヴィーネ「違うわよ!!ただ...最後に、家族に会いたいのよ...」

34 : 以下、名無しに代わりましてぽいずんがお送りします - 2017/06/13 20:14:09.84 96HDwcCu0 28/35

ガヴ「っ...」

ヴィーネ「...言っておくけど、私は人を殺す気は無いわ」

ヴィーネ「この命が代わりに果てたとしても...誰かの人生を終わらせたりなんかしたくない」

ガヴ「じゃぁ...最後に一つだけ...」

ヴィーネ「なに...?」

ガヴ「ヴィーネは...」

ガヴ「ヴィーネにとって私って...なに?」

ヴィーネ「...」

ガヴ「...」

ヴィーネ「...ガヴは...」

35 : 以下、名無しに代わりましてあくまがお送りします - 2017/06/13 20:21:42.16 96HDwcCu0 29/35

投稿者名間違えたけど気にしないで



ヴィーネ「私と、似てるって、そう思ってる」

ガヴ「!」

ヴィーネ「天使としてダメダメだし、ぐーたらでだらしないけど...」

ヴィーネ「それでも...きっと、大切なんだと思うわ」

ヴィーネ「じゃなきゃ...こうも簡単に決心がつくわけ、ないもの」グスッ

ガヴ「...っ」ポロポロ

ヴィーネ「もう、なに泣いてるのよ...」

ヴィーネ「これ、あげるからちゃんと涙拭いt」

グサッ

ヴィーネ「...え?」

36 : 以下、名無しに代わりましてあくまがお送りします - 2017/06/13 20:37:14.14 96HDwcCu0 30/35

ガヴ「...」

ヴィーネ「天使の...矢が...な、なんで...」ポタポタ

ガヴ「...ごめん」

ヴィーネ「ガヴ...天使の輪が...!」

ガヴ「あぁ...私はもう天使ではないよ」パキ-ン

ヴィーネ「わ、割れた...!?」フラフラ

ヴィーネ「な、なんで ..こんなこと...」バタッ

ガヴ「...」

38 : 以下、名無しに代わりましてあくまがお送りします ◆.6fbLoIP6I - 2017/06/13 23:43:08.82 96HDwcCu0 31/35

ヴィーネ(ここは…どこかしら)フワフワ

ヴィーネ(目を開けていても閉じていても真っ暗ね…)

ヴィーネ(私、なんでこんなところに…)

ヴィーネ(そうだ、ガヴ…ガヴが私を…)

ヴィーネ(あはは…殺さなきゃいけない相手に先に殺されるなんて…)クスッ

ヴィーネ(でも…私はこの後どうなっちゃうのかしらね)

ネ…ィーネ…

ヴィーネ(誰かが…呼んでるわ)

ヴィーネ(この声は…)

39 : 以下、名無しに代わりましてあくまがお送りします ◆.6fbLoIP6I - 2017/06/13 23:51:18.50 96HDwcCu0 32/35

ヴィーネ「…んぅ?」パチッ

ガヴ「…」

ヴィーネ「ガヴ…?あれ、私生きて…」

ガヴ「…ごめんな、ヴィーネ…」

ガヴ「こんな方法しか思いつかなかったんだ…」

ヴィーネ「あ、あれ…魔力が…」

ガヴ「ヴィーネ、お前はもう悪魔じゃない…人間になったんだ」

ヴィーネ「え、え、…?」

ガヴ「ヴィーネはただでさえ優しくて悪魔なんてキャラじゃないのに…生まれる世界を間違えたともいえるのに…」

ガヴ「そんなヴィーネに人を殺めるなんて命令を出す魔界はおかしいんだ」

ガヴ「ダメだって知ってたんだ、でも…」

ガヴ「私の全ての天使力を駆使して、悪魔としてのヴィーネだけを殺したんだ」

ヴィーネ「ガヴ…」

40 : 以下、名無しに代わりましてあくまがお送りします ◆.6fbLoIP6I - 2017/06/14 00:01:09.06 KEhfCCY+0 33/35

ガヴ「だから今のヴィーネはただの人間…」

ガヴ「私も天使力を使い切ってしまったからただの人間に過ぎない」

ヴィーネ「そう、なんだ…感覚が分からないわね…」ムクッ

ガヴ「…それで、ヴィーネさえよければなんだけど」

ガヴ「これから一緒に住まない?」

ヴィーネ「が、ガヴと?」

ガヴ「あぁ、天使や悪魔ではなくなった以上少なくはあるけど天界や魔界の仕送りはもうもらえない」

ガヴ「そうしたらバイトしなきゃいけないだろ?」

ガヴ「だったら、一緒に住んだ方が節約できるだろ」

ヴィーネ「…そうね、賛成よ」

41 : 以下、名無しに代わりましてぽいずんがお送りします - 2017/06/14 00:05:52.84 KEhfCCY+0 34/35

ヴィーネ(それからというもの、ガヴはネトゲをやめて真面目になった)

ヴィーネ(綺麗だったころのガヴって感じではないけど、ちゃんとするようにはなった)

ヴィーネ(あの後もサターニャやラフィ、ゼルエルさんたちは私たちを応援し続けた)

ヴィーネ(お母さんやお父さんにはもう会うことはできないけど…)

ヴィーネ(サターニャを通して手紙を送ってもらうことはできるみたい)

ヴィーネ(まだ大変なこともあるだろうけど、ガヴと一緒に頑張っていこうと思います)

ヴィーネ(だからお父さん、お母さん、心配しないでね)

ヴィーネ(私は今日も精いっぱい生きています!)


―――完

オチが分からなくなってしまいましたわ

43 : 以下、名無しにかわりましてぽいずんがお送りします - 2017/06/14 15:21:16.12 KEhfCCY+0 35/35

いつか人間ガヴィーネの続きかけたら書きます

記事をツイートする 記事をはてブする