1 : 以下、\... - 2017/04/10 00:53:49.250 E2G+wRoZ0.net 1/27

ラフィ「サターニャさん♪」

サターニャ「………」

ラフィ「?サターニャさん?」

サターニャ「………」ガタッ

ラフィ「もー、どこ行くんですか?お昼ご飯、一緒に食べましょう♪」

サターニャ「………」スタスタスタ

ラフィ「……」

ラフィ(……何かあったんでしょうか?)

的な

元スレ
サターニャ「ラフィエルを無視したらどうなるか」
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1491753229/

2 : 以下、\... - 2017/04/10 00:56:21.104 E2G+wRoZ0.net 2/27

ラフィ「……待ってくださいよ、サターニャさ~ん」

サターニャ「………チッ」

ラフィ「」ビクッ

ラフィ「………え?」

サターニャ「………」スタスタスタ

ラフィ「え、その、あの……」

ラフィ「………」シュン

みたいな

4 : 以下、\... - 2017/04/10 01:00:28.104 E2G+wRoZ0.net 3/27

ラフィ「……ど、どうしたんでしょう」

ラフィ「あんなサターニャさん、今まで見たことも……」

ラフィ「まさか、また魔界通販で変な薬を…?」

ラフィ「そ、そうですよ。そうに違いないです」

ラフィ「確かに私はたくさんサターニャさんを弄りましたが、サターニャさんも楽しそうではあったじゃないですか」

ラフィ「……だから」

ラフィ「サターニャさんに、嫌われたなんてことは……」

ラフィ「………」ジワ

6 : 以下、\... - 2017/04/10 01:05:58.362 E2G+wRoZ0.net 4/27

【放課後】

ラフィ(昼休みは結局会えませんでしたが……放課後なら、教室に行けば一緒に帰れます!)

ラフィ(さて、ガヴちゃんたちの教室につきましたね……)


サターニャ「いい加減にしなさいよガヴリール!」

ガヴ「負けたんだからそれ相応の対価は払えよ。このメロンパンはもう私のものだ」

サターニャ「今日帰ってそれを食べるのが一日の楽しみだったのよ!!」

ヴィーネ「こらこら、ガヴもあまりいじめないの」

ラフィ「何やら面白そうなことになってるみたいですね~」

ガヴ「あ、ラフィ」

ヴィーネ「ラフィ。ガヴ止めてやって。さすがにサターニャが可哀想で…」

サターニャ「…………」

サターニャ「やっぱいいわ。あげるわよそれ」

14 : 以下、\... - 2017/04/10 01:07:54.708 E2G+wRoZ0.net 5/27

ラフィ「え……?」

ガヴ「……?お、おう。そうか」

サターニャ「帰りましょ。今日は見たい番組があるのよ」

ヴィーネ「?え、ええ。そうね」

ラフィ「…サターニャさんがそう言うなら、私たちも帰りましょうか」

ガヴ「ああ、そうだな」

ヴィーネ「………?」

16 : 以下、\... - 2017/04/10 01:15:20.788 E2G+wRoZ0.net 6/27

ラフィ(……やはりいつもの様子が違う)

ラフィ「サターニャさん、今日はいつもと雰囲気が違いますね」

ガヴ「そうか?いつもと大して変わんないだろ」

ラフィ「そんなことないですよ。今日のサターニャさんは……大悪魔!ってオーラがします!」

サターニャ「………」

ラフィ「………」

ラフィ(……あれ?)

ヴィーネ「そうね、さっき自分から折れたの見て、サターニャも成長したなって思ったわ」

サターニャ「ふふん、当然でしょ?大悪魔となれば、ガヴリールになんて構ってあげられなくなるからね!」

ガヴ「んだそれ、ムカつくな」

サターニャ「なーっはっはっは!負け惜しみにしか聞こえないわよ!」

ガヴ「やっぱこいつなんも変わってねぇだろ……」

ラフィ「………」

17 : 以下、\... - 2017/04/10 01:20:47.696 E2G+wRoZ0.net 7/27

サターニャ「全く、ガヴリールってば今日も昼休みのときに――」

ガヴ「お前が馬鹿なのが悪いんだろ――」

ヴィーネ「まぁまぁ、2人とも――」

ラフィ(……偶然、ですよね?)

ラフィ(会話に、ちょっとした空白を感じたのは……)

ラフィ「………」

19 : 以下、\... - 2017/04/10 01:24:01.144 E2G+wRoZ0.net 8/27

ガヴ「んじゃ、私ここだから」

ヴィーネ「私もこっちだから。じゃーね」

サターニャ「ばいばーい、2人とも」

ラフィ「さようなら。また学校で」


サターニャ「………」

ラフィ「……あの、サターニャさん?」

サターニャ「………」

ラフィ「えーっと……そうだ。サターニャさん、欲しいものあります?」

サターニャ「………」

ラフィ「……じゃあ、何か私にして欲しいこととか……」

サターニャ「………」

ラフィ「……サターニャさん、歩くの速いですね」

サターニャ「………」

ラフィ「……こっち、見てくださいよ」

サターニャ「………」

20 : 以下、\... - 2017/04/10 01:25:15.688 E2G+wRoZ0.net 9/27

ラフィ「……っ」

ラフィ(私の家……)

サターニャ「………」スタスタスタ

ラフィ「さ、サターニャさん!さようなら!」

サターニャ「………」

ラフィ「………」

ラフィ「……うぅっ、ぐすっ」

23 : 以下、\... - 2017/04/10 01:34:27.125 E2G+wRoZ0.net 10/27

ラフィ「……このままではいけませんっ」

ラフィ「サターニャさんの身に何があったのか……どうして私だけを無視するのか……」

ラフィ「ちゃんと確かめないと…!」


ラフィ(透明化)「……この術を使うのは初めてですね」

ラフィ「今の私の天使力だと、どれほど時間が継続するか不確定なので、今まで使うのを避けていましたが……」

ラフィ「きっと大丈夫でしょう。この前練習をしたときは、数時間は持ちましたし……」

ラフィ「神足通でサターニャさんのおうちに潜入しますよ……」

24 : 以下、\... - 2017/04/10 01:38:51.476 E2G+wRoZ0.net 11/27

サターニャ「あはははっ、面白いわねこの番組!」

ラフィ(……さて、サターニャさんのおうちに着きましたが……)

ラフィ(見たところ、変わった様子はないですね。では、少し家探しを……)

ラフィ(……通帳を見ますが、最近は魔界通販での買い物をしていない?)

ラフィ(おかしいです。なら、このサターニャさんは、なぜ……)

「わんっ、わんわわんっ!」

ラフィ「きゃ!?い、犬……?」

ラフィ(そうでした、人間以外には効かないんです、これ……!)

サターニャ「どうしたの、犬。突然そんなに吠え出して……」

ラフィ(……っ!ま、まずいまずいっ、サターニャさんが―――)

25 : 以下、\... - 2017/04/10 01:40:52.795 5zOffCpi0.net 12/27

人間…?

27 : 以下、\... - 2017/04/10 01:41:50.438 E2G+wRoZ0.net 13/27

>>25 素で間違えた。
人間じゃなくて人間もしくは悪魔もしくは天使です

26 : 以下、\... - 2017/04/10 01:40:56.490 E2G+wRoZ0.net 14/27

サターニャ「…………」

ラフィ(…………)

ラフィ(……気付いた、みたいですね。天使の術は、精神状態に左右されますから……)

ラフィ「さ、サターニャ、さん」

サターニャ「………」ハァー

ラフィ「………っ!?」ビクッ

サターニャ「………」スタスタスタ

ラフィ「………え、え?」

ラフィ(……今の、何ですか?)

ラフィ(呆れ……?)

29 : 以下、\... - 2017/04/10 01:47:39.098 E2G+wRoZ0.net 15/27

サターニャ「あ、そろそろ時間ね!」ピッ

魔界通販『さて、本日もやって参りました!魔界通販のお時間です!』

ラフィ「サターニャ、さん……」

魔界通販『本日ご紹介する商品は―――』

ラフィ「サターニャさん!!」ピッ

魔界通販『バス』プツン

サターニャ「………」

ラフィ「……ぁ」

ラフィ(……馬鹿ですか、私は)

ラフィ(こんなことをしても、ますます嫌われるだけ……)

30 : 以下、\... - 2017/04/10 01:50:07.097 E2G+wRoZ0.net 16/27

サターニャ「………チッ」

ラフィ「」ビクッ

サターニャ「……ガヴの家に泊まりに行こうかしら」ボソッ

ラフィ「………!!」

サターニャ「この前やらせてもらったゲームも、まだクリアしてないし……」

ラフィ(……知らない、そんなこと…)

サターニャ「そうと決まれば、早速電話で……」

ラフィ「サターニャさん!!」

31 : 以下、\... - 2017/04/10 01:55:32.608 E2G+wRoZ0.net 17/27

ラフィ「ごめんなさい、私が悪かったです!今まで散々いじめてきたのは謝ります!サターニャさんが可愛くて、ついつい調子に乗ってしまって……悪気はないんです!」

ラフィ「だから、お願いします……」

ラフィ「嫌わないでください……もう、サターニャさんをいじめたりなんかしませんから。ストーキングもやめますから……」

サターニャ「………」

ラフィ「サターニャ、さん……」

サターニャ「……あ、もしもしガヴ?今からアンタの家行っていい?」

ラフィ「………」

サターニャ「……ばーか。何変なこと言ってんのよ。ゲームやりに行くだけよ」

ラフィ「………」

サターニャ「っ!?う、うっさい!ばーかばーか!!」

ラフィ「…………」

サターニャ「……もう。じゃ、行くわね?」

サターニャ「犬ー、お留守番よろしく」

「きゃん!」

サターニャ「あっ、メロンパンは食べちゃダメよ!いい子にしてたらもっといいものあげるから!!」

「くぅん」

ラフィ「………………………………」

34 : 以下、\... - 2017/04/10 02:01:21.098 E2G+wRoZ0.net 18/27

【ガヴリール家】

ガヴ「どうだった?」

サターニャ「最っ高に面白かったわ!!」

ガヴ「そうだろそうだろ。私も盗聴しながら笑いが止まらなかったよ」

サターニャ「最初にアンタから話を聞かされた時には、そんなに上手くいくものかと思ってたけど……」

ガヴ「いい演技だったぞー。さすが私が仕込んだだけのことはあるな」

サターニャ「アンタもアンタで白々しかったわよね。……ていうか、素直に意外。ガヴリールって結構行動力あるわよね」

ガヴ「ネトゲがサーバーメンテ中で暇だったんだよ」

サターニャ「そんな理由だったの!?」

36 : 以下、\... - 2017/04/10 02:06:04.959 E2G+wRoZ0.net 19/27

サターニャ「それにしても、あのラフィエルがねぇ……」

ガヴ「『だから、お願いします。嫌わないでください……』だもんな」

サターニャ「あははっ、いい気味よ!散々私を弄んだ罰だわ!」

ガヴ「実際どうなんだ?ラフィのこと」

サターニャ「……まぁ、別に嫌いじゃないわよ」

ガヴ「嫌いじゃない、ねぇ」ニヤニヤ

サターニャ「何を言いたいのよっ!!」

ガヴ「その割にはこの作戦妙に乗り気だったよなお前」

サターニャ「まぁね。……なんていうか、今までのラフィエルって考えてることよくわかんなかったから」

サターニャ「あと、ラフィエルにいいように扱われるのは、若干ムカついてた部分もあるし……」

ガヴ「ふーん」

42 : 以下、\... - 2017/04/10 02:23:12.420 E2G+wRoZ0.net 20/27

サターニャ「ま、これでラフィエルの弱味も握れたし、大成功ね!ガヴはなんでこの作戦を思いついたの?」

ガヴ「あいつん家って天界でも有数の金持ちでさ。小さい頃からずっと屋敷の中で、英才教育を叩き込まれて育ったんだ」

サターニャ「……それで?」

ガヴ「その教育方針がまたスパルタでさ。早いとこ家を継いでもらうため、幼いアイツにとにかく自立を促した」

ガヴ「私が出会った頃……小学生の頃には、アイツ普通に大人と経済の話とかしてたなぁ」

サターニャ「………」

ガヴ「そんなわけで、ラフィって誰かに頼ることに慣れてないんだよ。ずっと誰かの上に立って生きてきたからな。対等な関係ってのが掴めない」

ガヴ「でもラフィも天使である以上は、人との関係に飢えてるわけでさ。サターニャはラフィにとって、久々に心から信頼できる友だちだったわけだ」

ガヴ「ヴィーネや私とも仲良くはしてくれてるけど、やっぱりある程度のラインは引いてるように思うし」

ガヴ「だからそこ突いてやれば、ラフィの面白いとこ見れるんじゃないかって……サターニャ、どこ行くんだ?」

サターニャ「………帰る」

ガヴ「…そっか、また明日な」

サターニャ「うん。また明日」

43 : 以下、\... - 2017/04/10 02:27:43.737 E2G+wRoZ0.net 21/27

サターニャ「………っ、あぁ、もう!」

サターニャ「なんでこんな気持ちにならないといけないのよ……!元はといえばあいつが私を弄ぶのが悪いんでしょ!?」

サターニャ「どんな事情があったかなんて知らないわ!私はただ、されたことの仕返しをしただけ……!」

サターニャ「……うぐっ、ぐすっ……泣いちゃ、泣いちゃダメ!!だって私悪くないもん!!」

サターニャ「……まだ、ラフィエルは私の家にいるかしら……」

サターニャ「とりあえず、電話してみるわ……!」

prrrrr(→ラフィエルの携帯)

ガチャリ

サターニャ「あ、ラフィエル!?今どこ!?」

ラフィ「わん」

サターニャ「」

45 : 以下、\... - 2017/04/10 02:31:37.484 E2G+wRoZ0.net 22/27

【サターニャの家】

サターニャ「………」

ラフィ「わんわん」

「………クゥン」

サターニャ「………何やってんの、ラフィエル……」

ラフィ「……わんわん」

「……きゃんきゃんきゃん!」

サターニャ「あ、お留守番ありがと。はいこれ、ガヴリールの家からかっさらってきたベビースター」

「きゃいんきゃいんwwwwww」ハグハグハグハグ

ラフィ「…………」

ラフィ「わん!わん!わん!」

サターニャ「………何よ、もう。何なのよ……」

51 : 以下、\... - 2017/04/10 02:38:59.934 E2G+wRoZ0.net 23/27

ラフィ「……わふ、わふ」ポロポロ

ラフィ「…うぅ、ぐす、ふぇえええん……」

サターニャ「ちょっとラフィエル……泣かないでよ」

ラフィ「……わん、わん……」

サターニャ「犬のマネはいいから!何のつもりよそれ!!」

ラフィ「………だって、犬になれば……」

ラフィ「サターニャさんは私を無視しないし、お留守番のご褒美もくれるんです…」

サターニャ「…………あ~」

サターニャ(面倒くさい……のに、なんでこんなに心が痛むのよ……)

53 : 以下、\... - 2017/04/10 02:43:46.308 E2G+wRoZ0.net 24/27

サターニャ「………」ポン

ラフィ(……ぁ、頭……)

サターニャ「……ごめんなさい。ちょっとした悪戯心だったのよ。別にアンタのこと嫌ってるわけじゃないわ」ナデナデ

ラフィ「………!」

ラフィ「……ぅうっ、ぐすっ、ぅあ、ぁあああああああん!」

サターニャ「ちょ、ちょっと、泣かないでって言ったじゃない!!」

ラフィ「よがっだぁあああ……ザダーニャざぁあああぁあぁあああん………」

サターニャ「ああ、もう!今日はこの服で寝るつもりだったのに……!」

ラフィ「ぅううううぅうううあああん……」

サターニャ「……ったく」ナデナデ

サターニャ「調子狂うじゃない……」

55 : 以下、\... - 2017/04/10 02:47:34.320 E2G+wRoZ0.net 25/27

ラフィ「………すぅ、すぅ」

サターニャ「勝手に押し入って、勝手に泣いて、勝手に寝て……ホント自分勝手」

サターニャ(……でも、なんだか、嫌いじゃない)

サターニャ(あれが、ラフィエルなりの愛情表現だってわかったせいもあるけど……)

サターニャ(……まぁいいや。とにかく、ラフィエルはベッドに寝かせて、私は床で……)

ガシッ

ラフィ「………ぃかないで、サターニャさん……むにゃむにゃ……」

サターニャ「…………シングルに二人は狭いんじゃなかったの………?」

57 : 以下、\... - 2017/04/10 02:53:55.223 E2G+wRoZ0.net 26/27

ーーーー

ガヴ「で、この顛末と」

ラフィ「サターニャさ~ん♡」スリスリ

サターニャ「ああ、もう!鬱陶しいわよ!ちょっとは離れて……!」

ラフィ「うふふ……サターニャさんが構ってくれます!嬉しい!」ピョンピョン

ヴィーネ「…………ナニコレ」

ガヴ「……まぁ、すぐに元に戻んだろ。たぶん、ラフィとサターニャはあの関係くらいが丁度いいんだ」

ラフィ「サターニャさんサターニャさん!頭なでなでしてください!なでなで!!」

サターニャ「ああ、もう、なんなのよーー!!!」



サターニャ(ラフィエルを無視したらどうなるか……)

サターニャ(正解は、イヌになる、だった……)

サターニャ(それも、めちゃくちゃ甘えん坊な……)

サターニャ(しんどい)

58 : 以下、\... - 2017/04/10 02:54:41.016 E2G+wRoZ0.net 27/27

寝ます。おやすみなさい…

記事をツイートする 記事をはてブする