1 : 以下、\... - 2017/04/30(日) 19:32:05.279 k9P5bcWn0 1/19

コジロウ「いつにも増しておかしいんだって!」

ニャース「コジロウは心配性だニャ。とりあえず、離してみろニャ」

コジロウ「俺もつい最近気づいたんだけど……あいつ、月に一度、まるで別人のような格好をして外出するんだよ」

ニャース「別人のようニャ格好?」

コジロウ「そう。具体的に言うと、髪を下ろして、清楚なワンピースを着てたり……」


元スレ
ゴジロウ「ムサシの様子がおかしい」ニャース「そんニャのいつものことニャ」
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1493548325/

3 : 以下、\... - 2017/04/30(日) 19:33:18.508 k9P5bcWn0 2/19

ニャース「ニャハハハハハッ!ニャんだそれは、ただのギャグにしか思えないニャ!」

コジロウ「笑い事じゃないんだってば!」

ニャース「これが笑わずにいられるかニャ!あのムサシが清楚なワンピース……ニャハハハハハッ!傑作ニャ!!」

コジロウ「だから別人みたいって言っただろ!?似合ってたんだよ!本当に!!」

ニャース「まったく、コジロウはムサシを美化し過ぎニャ!あのムサシにそんニャ格好が似合うわけないニャ!」

6 : 以下、\... - 2017/04/30(日) 19:34:46.502 k9P5bcWn0 3/19

コジロウ「だったらその目で確かめてみろ」

ニャース「ニャ?」

コジロウ「丁度今日、ムサシが外出する日なんだよ。だから、嘘だと思うなら見てみろ」

ニャース「ニャるほど。それニャら話は早いニャ!恥ずかしいムサシの姿と、その目的を突き止めてやるニャ!!」

コジロウ「ああ!ただし、くれぐれも慎重に行くぞ。ムサシにバレたら後で何をされるかわかったもんじゃないからな」

ニャース「そんニャこと、言われニャくともわかってるニャ!!」

9 : 以下、\... - 2017/04/30(日) 19:36:04.039 k9P5bcWn0 4/19

ムサシ「~♪」


コジロウ「……出て来たぞ」

ニャース「ニャッ!?あれが、ムサシ……?」

コジロウ「だから言っただろう?別人みたいだって。今日も随分と気合い入ってるなぁ」

ニャース「う、嘘ニャ……あんニャ鼻歌の似合う綺麗系の美人が、ムサシな訳ニャいニャ!!」

コジロウ「いや、あれは紛れもなくムサシだ。それを証拠に、ほら……」

13 : 以下、\... - 2017/04/30(日) 19:37:25.437 k9P5bcWn0 5/19

ムサシ「……!……~♪」シュバッ


ニャース「ニャニャッ!?地面に落ちてた100円玉を即座に拾い、懐に収めたニャ!?」

コジロウ「そして平然と鼻歌を再開するあの悪びれなさ……まさしく、ムサシだろう?」

ニャース「た、たしかに……よくよく聞くと、あの調子っ外れの鼻歌はまさしく、ムサシニャ」

コジロウ「よし。確証が得られたから作戦をフェーズ2に移行するぞ」

ニャース「フェーズ2ってニャんのことニャ?」

コジロウ「ムサシの目的を探るんだよ!!」

16 : 以下、\... - 2017/04/30(日) 19:38:54.742 k9P5bcWn0 6/19

ニャース「目的って、そんニャの決まってるニャ!全てお見通しだニャ!」

コジロウ「なんだニャース。もう何かに気づいたのか?」

ニャース「あれは、ズバリ……男ニャ」

コジロウ「なっ!?」

ニャース「それを証拠に、見るニャ」

コジロウ「えっ?」


雑貨屋「ありがとうございました~」

ムサシ「~♪」

17 : 以下、\... - 2017/04/30(日) 19:40:10.981 k9P5bcWn0 7/19

コジロウ「雑貨屋で、何やらアクセサリーや小物を買ったみたいだな」

ニャース「男の為に着飾る気ニャ」

コジロウ「い、いやいや!そうと決まった訳じゃないだろう!?」

ニャース「決まってるニャ!ほら、次は八百屋に立ち寄り、ニャにやら真剣な顔で食材を選んでるニャ」

コジロウ「そんな、あいつが料理なんて……」


八百屋「へいっ!まいどあり!」

ムサシ「~♪」

18 : 以下、\... - 2017/04/30(日) 19:41:27.123 k9P5bcWn0 8/19

コジロウ「ま、まさか、本当に……?」

ニャース「間違いニャいニャ。手料理を振る舞うつもりニャ」

コジロウ「ぐぬぬ……俺だってムサシのまともな手料理食ったことないのに……!」ギリッ

ニャース「悔しがってる場合じゃニャいニャ!今度は服屋を物色してるニャ!!」

コジロウ「な、なんだって!?」


服屋「あじゃじゃした~!」

ムサシ「~♪」

20 : 以下、\... - 2017/04/30(日) 19:42:48.571 k9P5bcWn0 9/19

ニャース「もう疑いの余地はないニャ」

コジロウ「くそっ!俺なんて、ロケット団の制服姿ばかり見せられてるってのに……!」

ニャース「それより気にニャるのは、これだけ色々買えるだけの金がどこから出たニャ?」

コジロウ「単純に考えて、俺たち3人の給料をあいつがピンハネしてる可能性が高いな」

ニャース「ぶっ殺すニャ!!」

コジロウ「落ち着け、ニャース。とにかく、現場を押さえよう。その上で、相手の男から有り金全部踏んだくるんだ」

ニャース「ニャニャッ!?今日のコジロウはいつにニャく冴えてるニャ!嫉妬に狂った男は恐ろしいニャ!!」

コジロウ「ふっ。自分でも自分が怖いぜ。その現場を見たら、どうなるか……楽しみだ」

21 : 以下、\... - 2017/04/30(日) 19:44:07.355 k9P5bcWn0 10/19

おばさん「あら、ムサシちゃん。また来てくれたの?ありがとね~いつもいつも」


ニャース「ニャ!男じゃニャかったニャ!?」

コジロウ「よりにもよってなんであんなおばさんにって、ここは……!」

ニャース「建物の入り口に、ニャんて書いてあるニャ?漢字が読めないニャ!」

コジロウ「どうやらここは……孤児院みたいだ」

23 : 以下、\... - 2017/04/30(日) 19:45:37.560 k9P5bcWn0 11/19

おばさん「とにかく、入りなさいな。みんな、ムサシちゃんのこと待ってたのよ?」


ニャース「言われるがまま入って行ったニャ」

コジロウ「はぁ……そういうことだったのか」

ニャース「ムサシの奴が孤児院に差し入れしてたニャんて、夢にも思わニャかったニャ」

コジロウ「それなのに、変に勘繰っちまって……ああ!なんて嫌な奴なんだ俺は……!」

ニャース「仕方ニャい、ピンハネの件は許してやるニャ。……ニャニャ?コジロウ、ニャんだか妙な奴がこっちに来るニャ!」

コジロウ「どうやらカタギじゃなさそうだ。とりあえず、隠れよう」コソコソ

24 : 以下、\... - 2017/04/30(日) 19:47:30.017 k9P5bcWn0 12/19

地上げ屋「おらぁっ!!さっさと出てけこのクソガキども!!」ドガッ

おばさん「や、やめてください!この土地を手放すつもりはないと何度言えばわかるんですか!?」

地上げ屋「うるせぇっ!!知ったこっちゃねぇんだよ!んなことはぁ!!」


コジロウ「なんて奴らだ!」

ニャース「ムサシも子供達の前では本性を出せニャいみたいニャ!」

コジロウ「普段のムサシならけちょんけちょんに罵声を浴びせて、ぶん殴ってるだろうに……子供の前で格好つけるからこうなるんだ!」

ニャース「ニャッ!?地上げ屋の奴ら、調子に乗ってムサシに絡み始めたニャ!!」

コジロウ「くそっ!あいつらめ!!」

25 : 以下、\... - 2017/04/30(日) 19:49:12.886 k9P5bcWn0 13/19

地上げ屋「へっへっへっ。なんだよ、良い女がいるじゃねぇか」

おばさん「や、やめてください!その子は、毎月孤児院に差し入れをしてくれる方で……」

地上げ屋「うるせぇババア!!てめぇには用はないんだよ!!引っ込んでろ!!」ドンッ

おばさん「キャッ!?」ドサッ

地上げ屋「へっへっへっ。この嬢ちゃんには、毎月俺の相手をして貰うとするか。さて、名前はなんて言うんだ?さぞかし可愛い名前なんだろうなぁ?へっへっへっ」

ムサシ「…………!」


コジロウ「ハァーッハッハッハッハァ!!」


地上げ屋「何ッ!?」

28 : 以下、\... - 2017/04/30(日) 19:54:29.792 k9P5bcWn0 14/19

コジロウ「さぞかし可愛い名前なんだろうなと言われたら……」

ニャース「答えてあげるが世のニャさけ」


コジロウ「孤児院の平和を守る為……」

ニャース「地上げ屋の横暴はゆるさニャい」


コジロウ「愛と正義の悪を貫く……」

ニャース「ラブリーチャーミーニャ仇役」


コジロウ「コジロウ!」

ニャース「ニャース!」


コジロウ「銀河を駆けるロケット団の2人には……」

ニャース「ホワイト・ホール。白い明日が待ってるニャ!」


ムサシ「あ、あんた達、どうしてここに……?」

コジロウ「話は後だ。まずはこの馬鹿を……」

ニャース「ブチのめすのが先ニャ!」

29 : 以下、\... - 2017/04/30(日) 19:56:42.079 k9P5bcWn0 15/19

地上げ屋「ロ、ロケット団だとぉ!?へっ!お前らいつもやられ役じゃねぇか!!」

ニャース「いつもはいつもニャ。だけど今日はまったくやられる気がしニャいニャ!」

コジロウ「今日の俺は、一味違うからな。いくぞ、ニャース!ひっかけ!!」

ニャース「ニャッ!!」シャッ

地上げ屋「ぐあっ!?ち、ちくしょう!覚えてやがれよ~!!」

コジロウ「ハァーッハッハッハッハッハァ!!ざまあ見やがれ!よくやったニャース。お前の鋭い爪で奴のズボンはズタズタだ」

ニャース「きたニャい下半身を晒したあいつは、これで当分町を歩くことは出来ニャいニャ!!」

31 : 以下、\... - 2017/04/30(日) 19:58:12.984 k9P5bcWn0 16/19

おばさん「あ、ありがとうございます。なんとお礼を言ったらいいか……」

コジロウ「いや、暴力での解決は褒められたものではないので……」

ニャース「猥褻物を晒してしまったしニャ」

おばさん「でも、あなた達はムサシちゃんの為に……」

コジロウ「ムサシ?そんな人は知りませんよ」

ニャース「ただの通りすがりニャ!」

ムサシ「あんた達……」

32 : 以下、\... - 2017/04/30(日) 19:59:55.679 k9P5bcWn0 17/19

コジロウ「というわけで、失礼します」

ニャース「また地上げ屋が来たらアレが小さいことを指摘すればきっと大人しくニャるニャ」

おばさん「ま、待ってください!せめて何かお礼を……!」

コジロウ「そんな物を受け取ったら、組織から叱られてしまいます。我々のモットーは、1日1悪。ただそれを成しただけのこと」

ニャース「たまには格好良く帰るのニャ!」


ムサシ「……待ちなさいよ」

33 : 以下、\... - 2017/04/30(日) 20:01:15.156 k9P5bcWn0 18/19

コジロウ「げっ……不味いな」

ニャース「ムサシの奴、怒ってるニャ!」

ムサシ「……怒ってないわよ」

コジロウ「ほっ……なら、良かった」

ニャース「今のうちにトンズラこくニャ!」

ムサシ「だから、待ちなさいってば!!」

34 : 以下、\... - 2017/04/30(日) 20:02:46.128 k9P5bcWn0 19/19

コジロウ「な、なんだよ」

ムサシ「……ごはんぐらい、食べていっても、組織から怒られないでしょ?」

コジロウ「ふむ。どうする、ニャース?」

ニャース「ま、たまにはそういうのもアリじゃないかニャ?」

コジロウ「ならば、お言葉に甘えるとするか。それにしても……」ジロジロ

ムサシ「……な、何よ?」

コジロウ「普段からそうしていれば良いのに」

ニャース「ニャーんてニャ!」


FIN

記事をツイートする 記事をはてブする