1 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/02/28 23:27:14.30 SeZri9q60 1/124


最原「……」


・ニューダンガンロンパV3のSSです
・紅鮭団時空が基準となります
・最原、赤松ともに通信簿は埋まっています
・ネタバレ&キャラ崩壊を含みます
・>>1は初心者なので至らない点が多くあります


最原「…は?」

元スレ
モノクマ「最原クンが性転換をするかどうかの学級裁判を開きます!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1488292033/

2 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/02/28 23:28:27.79 SeZri9q60 2/124

モノクマ「至急、裁きの祠までお集まりくださーい!」

最原「ちょ、ちょっと!今なんて言った!?」

モノクマ「至急、裁きの祠までお集まりくださーい!!!!!」ムガー

最原「そっちじゃなくて!今から何をするって!?」

モノクマ「だーかーらー、最原クンが性転換をするかどうかを学級裁判で決めるんだよ!」

最原「な、なんでそんなものが開かれるんだよ!」

モノクマ「そっから?そっから聞いちゃう?実はね、先日最原クン以外の15人に最原クンが性転換すべきかアンケートを取ったところ…」

モノクマ「めでたく過半数の賛同を得たので、学級裁判を開催する運びとなりました!」

3 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/02/28 23:29:42.68 SeZri9q60 3/124

最原「過半数って…8人も!?」

モノクマ「ちなみに、反対が3人、どちらでもいいが1人、無回答が3人だね」

最原「みんなは僕の性別をなんだと思ってるんだ…」

モノクマ「ま、そういうことだから早く裁きの祠まで来てよ。最原クンが最後だよ」

最原「ま、待て!まだ聞きたいことが…!」

モノクマ「あとは学級裁判で話しなよ。ボクだって鬼じゃないんだから、こうやって弁明の機会を与えてるわけだしね!」

モノクマ「うぷぷぷぷ、じゃ、また後でね~」

5 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/02/28 23:32:14.17 SeZri9q60 4/124

―――学級裁判場―――

モノクマ「それでは最原クンの性転換についての学級裁判を開きます!」

モノクマ「わかりやすいように裁判場は議論スクラム状だけど、オマエラは普通に話し合ってくれればいいからね」

モノクマ「あぁ…それと、かわいいモノクマーズたちは手術の準備で欠席だよ…。テンション下がるなぁ…」

モノクマ「では気を取り直して、学級裁判開廷でーっす!」

性転換すべき  すべきではない
    茶柱  最原
    夢野  赤松
   真宮寺  入間
    天海  アンジー
   ゴン太  東条
    王馬  白銀
   キーボ  星
    百田  春川

6 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/02/28 23:35:41.45 SeZri9q60 5/124

最原(何が何やらわからないうちに始まってしまった…)

茶柱「ぐぬぬぬ……危惧はしていましたが、やはり味方は男死ばかりですか…。夢野さん!転子と一緒に頑張りましょう!」

夢野「んあー……めんどい…」

王馬「へぇー、何人か意外な面子がいるね!入間ちゃんとか絶対こっち側だと思ってたのにさー」

入間「あぁ!?オレ様だってなあ、最原が女になっちまうと、その…困ることがあんだよ!」

キーボ「ひとつ確認させてください。この裁判の結果如何によっては、最原クンは本当に性転換することになるのですか?」

モノクマ「もっちろん!ボクはやると言ったらやるクマだからね」

真宮寺「ククク…実に興味深い催しだネ。観察させてもらうヨ…」

7 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/02/28 23:39:01.08 SeZri9q60 6/124

春川「……」

百田「……」

天海「どうしたんすか、春川さん?すごい目つきしてますけど」

春川「…なんで百田がそっちにいるの?」

百田「……」

春川「ふーん、そう。…決めたよ。最原の性別なんてどうでもいいと思ってたけど」

春川「この裁判、負けられない。最原に性転換なんてやらせてやるもんか」

赤松「その言い方だと最原くんが進んで性転換したいみたいだからね!?」

11 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/02/28 23:42:44.76 SeZri9q60 7/124

東条「それで…まずは何について話し合いましょうか」

最原「…じゃあ、どうしてキミ達は僕に性転換をさせたいの?その理由を教えてくれるかな」

春川「理由、ね。まあ聞かなくてもわかりそうなのが1人いるけど」

茶柱「転子のことですかね。理由は『最原さんが男死だから』です!」

最原(まあ、そうくるよな…)

モノクマ「ちなみに、発端となったアンケートの発案者は茶柱さんだよー」

茶柱「はい!最原さんを女子にするチャンスを与えてくれたという点に関してだけは、モノクマに感謝しなければなりませんね」

赤松「うーん、茶柱さんの男子嫌いは筋金入りだし…説得は難しいかもね…」

12 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/02/28 23:46:54.51 SeZri9q60 8/124

茶柱「さあ夢野さん!共に男死撲滅の第一歩を踏み出しましょう!」

夢野「んあー…だからめんどいわい。最原の性別などどうでもよかろう…」

最原(え?)

最原「ゆ、夢野さん!今なんて言ったの?」

夢野「んあ?お主の性別などどうでもいい、と言ったぞ?第一『ウチはあのアンケートには回答しておらん』しのう」


最原「それは違うぞ!」


13 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/02/28 23:50:48.65 SeZri9q60 9/124

夢野「んあ!?な、なんじゃ?ウチは間違ったことは言っておらんぞ!?」

夢野「アンケートならまだ個室の机に置きっぱなしじゃ!なんなら今からウチの部屋に来るか!?」

茶柱「ゆ、夢野さんの部屋に押し入ろうなど…見下げ果てた男死ですね!」

最原「え、いや、そんなつもりは」

春川「そもそもさ、夢野は私と同じでアンケートに答えてないなら、なんでそっち側にいるわけ?」

茶柱「それはですね。夢野さんは転子と共に戦ってくれる、と…」

夢野「ちがわい。裁判が始まる前に転子に無理矢理引っ張ってこられたんじゃ」

茶柱「言ってくれてもいいんですよっ!?」

14 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/02/28 23:57:34.76 SeZri9q60 10/124

キーボ「それで、夢野さんがアンケートを出していないことは重要なことなのですか?」

最原「うん。夢野さんの言っていることが真実なら……モノクマ、この裁判は不正なものだ」

モノクマ「え?なんで?」

最原「お前は僕以外の過半数、つまり8人が性転換に賛同したから裁判を開いた、と言ったよな?」

最原「でも夢野さんはアンケートには回答していないと言っている。」

最原「なら実際に賛同していたのは7人ということに―」

白銀「あ、ごめん。もう1人はわたしだね」

最原「白銀さんっ!?」

15 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/01 00:01:41.49 LfBddpts0 11/124

天海「えっと…白銀さんはアンケートでは賛成だったんすか?」

王馬「それならどうして今はそっち側にいるのさ!」

白銀「ほら、テストで答案用紙が回収された直後に自分の間違いに気づくことってあるでしょ?それと同じだよ」

東条「つまり、自分の意見が誤りだったと認めるのね?」

アンジー「でもでもー、どうしてつむぎは最初は賛成だったのー?」

白銀「うーん、ここから出たら最原くんにコスプレを教える約束をしたんだけどさ、男女だと完全に手取り足取りってわけにはいかなくなるからね」

入間「ひゃっひゃっひゃっ!よーするにシモの話だな!下着やその中まで面倒見るわけにはいかねえもんなぁ!」

白銀「…あまり認めたくないけど、それもあるよ。まあ、わたしは気にしないけど最原くんや周りがどう思うかだよね」

16 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/01 00:07:48.33 LfBddpts0 12/124

白銀「それに女子相手の方が、私が培ってきたノウハウを活かせるかなとも思ったんだよ」

赤松「けど、白銀さんは今はもう味方ってことでいいんだよね?」

白銀「もちろんだよ。最原くんに性転換させるなんてとんでもないよ!」

最原(良かった、白銀さんは味方なんだな…それなら―)

白銀「女子になったら女装させることができなくなるからねっ!」

最原「……え?」

白銀「やっぱり最原くんは中性的な顔立ちだし女装が似合うと思うんだよね。しかも最原くんがコスプレ初心者ってことはとても重要なんだよ!初心者が女装することにより醸し出される恥じらい!その一方で女装という行為に対する背徳感!この2つの感情の間で揺れる男心と女心のせめぎあいはベテランレイヤーには決して出せない大きな魅力だよ!もちろんキャラクターに対しての愛があることが大前提だけどね!さあ、最原くん?新しい道を拓いちゃおうよ!」

18 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/01 00:13:41.83 LfBddpts0 13/124

赤松「女装…///」

入間「恥じ…らい…?」

百田「背徳…感…!」

春川「なんでそこで百田が反応するの…?」

アンジー「にゃははははー!つむぎー熱いねー神ってるねー!」

最原「と、とにかく!白銀さんは僕の性転換には反対なんだよね!?」

白銀「うん、そうだよ」

最原「よし!これで賛成派は7人になって過半数を割ったことが証明された!もう学級裁判は―」

モノクマ「え?終わらないよ?」

最原「そ、そんなっ…!」

20 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/01 00:19:47.66 LfBddpts0 14/124

モノクマ「だってさー、この裁判はアンケートの結果によって開かれてるんだよ?白銀さんが心変わりしようがしまいが賛成が8人だったことは変わらないからね」

白銀「うう…ごめんなさい…」

モノクマ「それにね、1人意見を変えただけで裁判終了なんて面白くないじゃーん!せっかく使う予定の無くなった裁判場まで稼働してさー!」

モノクマ「というわけで、最原クンには全員を説得して貰いまーーーす!!!」

最原「………は?」

赤松「ちょ、ちょっと!それってどういう意味!?」

モノクマ「そのまんまの意味だよ…」

モノクマ「最後にオマエラ全員に最原クンが性転換するかしないか投票してもらって、『する』に1人でも入れていれば、性転換を決行しまーす!」

21 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/01 00:24:43.54 LfBddpts0 15/124

入間「はぁーーー!?他のヤツらはともかく、そこのエセ合気道家の説得なんて無理に決まってんだろ!?」

茶柱「エセ合気道じゃありません!ネオ合気道です!」

最原「………」

最原(茶柱さんを含めた全員の説得なんて…出来るのか?僕に…そんなことが…)

「……チッ」

「おい最原、確かに入間の言うとおりかもしれねー」

「けどな、まだ何もやっちゃいねーんだ。…諦めるのは限界までもがいてからでも遅くはねーだろ」

「…なんて、俺が言っていい言葉じゃねーな…」

最原「星くん…」

22 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/01 00:28:17.08 LfBddpts0 16/124

東条「…星君の言うとおりね。それに、まだ可能性は残されてるわ」

白銀「そうだよ!ほら、やればなんとかなるってやつだよ!」

アンジー「主は言いました…ここで死ぬ運命ではないと…」

入間「…ふんっ!テメーら、オレ様の言いたかったことを全部言いやがって!」

最原「みんな…」

赤松「ね?もう少し頑張ってみようよ。キミが本気を出したら、ちょっとすごいんだからさ」

最原「…そうだね。僕が下を向いているわけには行かないよね。僕は…負けるわけにはいかない…!」

春川「それじゃ、議論を再開しようか。まだ茶柱にしか理由を聞いてなかったよね?」

23 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/01 00:32:37.63 LfBddpts0 17/124

夢野「んあー…ウチは言わんでもいいじゃろう」

茶柱「はんっ!低俗な男死達の理由なんて、『女子が一人増えれば嬉しい』程度に決まってます!」

真宮寺「…そう思われるのは心外だネ。もちろん学術的な興味もあるけど、一番は『姉さんのため』だヨ」

赤松「お姉さんって…前に真宮寺くんが話してくれた?」

真宮寺「そうだヨ。僕には闘病中の姉がいてネ…最原君が女性になったら友達になって欲しいんだ」

最原「…それってさ、僕が男のまま友達になるんじゃダメかな…?」

真宮寺「…姉さんは僕以外の男性が苦手でネ。女性で友達になってくれる人を探しているんだヨ」

茶柱「ほほぅ、そのお姉さんとは話が合いそうですね。当然真宮寺さんはお断りですけど!」

真宮寺「そうだネ…茶柱さんならきっと素敵な友達になると思うヨ…」

24 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/01 00:37:06.21 LfBddpts0 18/124

天海「…」

アンジー「およ?蘭太郎どしたー?」

天海「あ、いえ。真宮寺君の理由は俺の理由と似てるなと思っただけっす」

天海「俺が最原君に性転換して欲しいのは『妹のため』なんすよ」

真宮寺「へェ…妹さんが…」

天海「実は、昔海外へ旅行に行った時に妹とはぐれてしまって、それ以来俺は妹を見つけるために世界中を旅してるんす」

最原「うん。それで天海くんは僕に妹さんを探す依頼をしてくれたんだよね」

天海「その通りっす。ここから出たら妹を見つけるため、最原君とは一緒に世界を旅する約束をしたんすよ」

25 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/01 00:38:42.78 LfBddpts0 19/124

「で、それが最原の性転換にどう関わってくるんだ?」

天海「…俺なりに考えてみたんすけど、妹が見つからないのは俺が男だからじゃないかと思うんすよ」

夢野「んあ?どうしてお主が男では見つけられんのじゃ?」

真宮寺「ククク…世界には男子禁制の場所もあるからネ。そこに妹さんが匿われていたら、天海君1人で見つけることは難しいだろうネ」

天海「そういうことっす。男2人の旅より男女で旅をしたほうが、妹が見つかる可能性も高くなるはずっす」

アンジー「ありゃりゃー、理屈は通っちゃってるねー」

赤松「通ってる…かなあ?」

最原(たとえ理屈が通っていたとしても、僕を性転換させていい理由にはならないはずだ…!)

26 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/01 00:40:56.45 LfBddpts0 20/124

春川「天海はそれで終わり?じゃ、次」

入間「淡々としてんな…さては前戯もそこそこに本番に突入するタイプだな!」

春川「…殺されたいの?」ギロリ

入間「ひいぃっ…!淡々としてんのはホントの事だろぉ…」

東条「…私としては獄原君が気になるわ。裁判が始まってから一言も喋っていないようだし」

東条「それに、貴方がこんなことに賛成するなんて、私にはどうしても思えないの」

ゴン太「…」

赤松「ねぇゴン太君?どうして最原くんに性転換して欲しいのかな?」

ゴン太「…」

入間「ひゃっひゃっひゃっ!どーせ性転換の意味を知らなくてテキトーに書いちまったんだろ!」

ゴン太「……!」ブワッ

入間「な、なんだよぉ。泣かなくったっていいだろぉ…そんな酷いこと言ったぁ…?」

27 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/01 00:44:13.60 LfBddpts0 21/124

王馬「ほらゴン太!お前が喋んなきゃわかんないだろ!」

ゴン太「う、うん。あのね、全部ゴン太が悪いんだ…」

東条「どうして獄原君が謝るのかしら?」

ゴン太「このままじゃ…最原くんは死んじゃうんだ!」

最原「うぇ!?ど、どうしてそうなるのかな?」

ゴン太「ゴン太が最原くんに紳士について色々教えてもらったから…そのせいで最原くんが本当の紳士になったから…」


ゴン太「最原くんは『紳士病』にかかっちゃったんだよ!!!」


全員「……」

最原「…え、えぇ~?」

ゴン太「でもゴン太はなんともなかった…やっぱりゴン太は本当の紳士にはなれてないんだね…!」

28 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/01 00:45:58.61 LfBddpts0 22/124

白銀「え、えっと、そもそもその紳士病って、何?」

ゴン太「紳士病は紳士にしかかからない病気なんだ!ほうっておくと100%死んじゃうんだよ!」

東条「…それはどうしたら治るのかしら?」

ゴン太「もちろん紳士じゃなくなればいいんだよ!だから最原くんは女性になるしかないんだ!」

最原(あ~そうくるかぁー)

春川「…はぁ。それ、誰に吹き込まれたわけ?」

ゴン太「あのね、アンケートが渡された時、ゴン太、性転換の意味がわからなくて誰かに聞きに行こうとしたんだ」

白銀「あ、やっぱりそこは知らなかったんだ…」

ゴン太「そこで王馬くんに会って、性転換の意味と最原くんが紳士病にかかってることを教えてもらったんだ」

赤松「やっぱり王馬くんか…」

王馬「にしし…バレちゃった?」

春川「まあ、知ってたけどさ」

29 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/01 00:47:45.22 LfBddpts0 23/124

最原「ゴン太くん。紳士病は王馬くんの嘘なんだ。僕はいたって健康だよ」

ゴン太「え!?そうなの!?」

王馬「ゴン太ゴン太」ボソボソ

ゴン太「…そっか。最原くんはどこまでも紳士なんだね。みんなを心配させないために嘘まで…」

最原「いや、違っ―」

ゴン太「大丈夫だよ!最原くんはゴン太が守るよ!」

東条「獄原君は王馬君の嘘を信じ込んでるわ。このままじゃ説得は難しいわね」

王馬「ちなみにオレの理由は、単純に『こっちの方が面白そうだから』だよー!」

30 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/01 00:49:15.70 LfBddpts0 24/124

春川「これで残り2人だね。どっちから話す?別にどっちでもいいけど」

百田「……」

キーボ「ではボクから話しましょうか」

王馬「えー!新聞紙朗読ロボットの言うことなんて聞きたくないよー」

キーボ「…念のため聞きますが、それはボクの事じゃありませんよね?」

春川「いいから早く言いなよ。まだ百田が控えてるんだしさ」

キーボ「わかりました。最原クンとボクはこれまで幾度となく親交を深めてきたのですが…」

キーボ「次第にボクの中に友情以上の感情が芽生え始めたのです」

キーボ「…ボク自身初めての経験なので、確証は持てませんがこう思うのです」


キーボ「これこそが『恋なのではないか』と!!!」


31 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/01 00:50:52.90 LfBddpts0 25/124

夢野「んあーーー!?」

真宮寺「ククク…どんな形であれ、愛は美しいヨ…!」

最原(なんかもう馴れてきたな)

キーボ「…ボクには恋愛経験がありませんからこの感情の正体がわかりません」

キーボ「しかし、最原クンが女の子になってくれれば、きっと明らかになると思うのです!」

アンジー「あれー?アンジーはキーボには性別は無いって聞いたけどなー」

東条「確かにそんなことを言っていたわね」

キーボ「…確かに分類上の性別は存在しません」

キーボ「しかし、飯田橋博士には男の子として育てられたので、ボクの自意識はボクを男だと認識しています」

入間「……ん?」

32 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/01 00:52:00.16 LfBddpts0 26/124

茶柱「ぬぐわああああ!!!やはり男死だったのですか!」

茶柱「だったら、今までギリセーフで許していたことの記憶を今すぐ消去してください!」

キーボ「すいません。一度記憶されてしまったデータはボクの意思ではなんとも…」

百田「ちょっと待て!確かオメーには印刷機能があったよな!?ギリセーフって一体どこまで…」

春川「おい、百田」

百田「はいすみません」

茶柱「ならば!転子がぶん殴ります!こんなもの壊れたテレビと一緒ですから!」

キーボ「ちょっと!?キミまでロボット差別ですか!?」

赤松「それにその方法だと直っちゃうんじゃ…」

33 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/01 00:54:09.03 LfBddpts0 27/124

真宮寺「でもサ…キーボ君のそれって、本当に愛なのかな?」

キーボ「…それはまだわかりません。しかし最原クンのことを考えると、心が温かくなったり…」

王馬「心なんて無いのにね!」

キーボ「胸が締め付けられるように感じたりするのです」

夢野「回路がショートしたんじゃろ」

キーボ「なんなんですか!キミ達は一々!」

最原「でもさ、それは紛れもなく友情だと思うよ?」

キーボ「ですがそのことを証明することはできないでしょう!?」

キーボ「ボクは最原クンに女の子になってもらい、『この感情の正体を確かめたい』のです!」

茶柱「……」

夢野「んあー…転子がゴミを見る目をしておるわい」

34 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/01 00:55:15.23 LfBddpts0 28/124

天海「さて、それじゃ残るは1人っすね」

王馬「ほらほらー、誰かさんも聞きたがってるみたいだしさ!」

春川「……」

最原「ねぇ百田くん、聞かせてくれるかな?」

百田「そうだな…そろそろいい頃合だろ」

百田「宇宙に轟く百田解斗の出番だぜっ!」

春川「バカな前口上はいいよ。で、なんでなわけ?」

百田「それはだなぁ、…『ロマンのため』だっ!」

35 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/01 00:56:37.59 LfBddpts0 29/124

ゴン太「ロマン?」

キーボ「そんな言葉で言われてもわかりません!もっと合理的な説明をお願いします!」

百田「まあそう焦んな!今から説明してやるよ」

百田「いいか!良く聞け!」


百田「…ある日突然親友が女子になってる!そこから産まれる様々な展開!」

百田「男にゃあそういうロマンもあんだよ!!!」


春川「」

36 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/01 00:58:00.32 LfBddpts0 30/124

茶柱「…………」

夢野「おおぅ…転子の目がゴミを見る目から生ゴミを見る目に進化したわい」

最原(親友…)ニヤニヤ

春川「…なんであんたは嬉しそうなの?」

ゴン太「百田くんの言ってることが全然わからないよ…!ゴン太がバカだから…?」

赤松「安心して、私もだよ」

「…やれやれだな」

百田「な、なんだよ!オメーら、このロマンがわからねーってのか!?」

38 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/01 00:59:23.45 LfBddpts0 31/124

真宮寺「ロマン云々はともかく…百田君の言わんとすることはわかるヨ」

白銀「いわゆるTS物の王道だよね。女装男装とは厳密には違うジャンルだけど…うん、わたしも理解はある方かな」

王馬「ふーん、たまには百田ちゃんも面白いこと考えるんだね。少し見直したよ」

アンジー「そうだねー、中々良さげな題材だって神様も言ってるよー」

天海「ま、男の子ならそんな風に考えることがあってもおかしくはないっすね」

入間「ひゃっひゃっひゃ!万年発情期の非モテ童貞野郎にありがちな妄想だな!」

百田「だよな!わかってくれるヤツがいて安心したぜ!」

39 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/01 01:01:29.46 LfBddpts0 32/124

春川「は?意味わかんない。…あんた達も何言ってんの?」

白銀「ち、違うよ。あくまで理解があるってだけで、最原くんの性転換には反対だからさ」

アンジー「アンジーも終一が女の子になると悲しいからねー。困っちゃうからねー」

キーボ「…ボクにとってはライバル出現ということになりますかね」

夢野「転子はどうなんじゃ?…さっきから微動だにしておらんが」

転子「…はっ!あまりの男死の業の深さに意識を失いかけてました…!」

転子「正直百田さんには1ミクロンも賛同できませんが、今は貴重な味方です。…まぁ、アテにはしてませんけど」

百田「さーて!これで俺の話すことは終わりだ!ロマンを追い求めることに関しちゃ退くわけにはいかねえぞ!?」

56 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/02 22:12:46.36 L64Q03Mr0 33/124

東条「…これで貴方達は理由を話し終えたことになるわね」

「そうだな…こっからどうするよ、最原。…ん?」

最原「……」ニヤニヤ

赤松「ほら、最原くん!いつまで惚けてるの!?」

最原「え!あ、ああ、うん。そうだな、全員の理由もわかったことだし、まずは―」


        反
茶柱「先んずれば人を制すのです!」
       論

57 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/02 22:17:07.59 L64Q03Mr0 34/124

最原「ど、どうしたの茶柱さん!?」

茶柱「最原さんの今の言葉には大きな間違いがあります!」

最原「え?間違い…?」

茶柱「はっはーん、言われてもわかりませんか。まったく男死というものは…」

最原「いや、でも本当にわからないよ。全員の理由は聞き終えたわけだし…」

茶柱「そこです!まだ全員の理由は聞き終えてませんよ!」

最原「えぇ!?けど、確かに『君達8人全員』の理由は聞いたはずだよ!」


茶柱「その言葉、斬らせてもらいます!」


58 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/02 22:21:39.33 L64Q03Mr0 35/124

茶柱「確かに転子達が最原さんを性転換させたい理由は話し終えましたが…」

茶柱「あなた達が『最原さんを性転換させたくない理由』はまだ聞いてませんよ!」

最原「ぼ、僕を性転換させたくない理由なんて聞く意味あるかな…?」

茶柱「意味があるとかの問題ではないのです!このままでは不公平だと思いませんか?」

最原「けど―」

東条「別に良いんじゃないかしら。茶柱さんの言うことも一理あると思うわ」

春川「そうだね。それに性転換させようって方が普通じゃないんだし、そこまで時間を取ることもないでしょ」

最原「そ、そうかな?」

白銀「んーと、わたしはさっき語った通りだね。若さ故の過ちだったんだよ」

春川「私は百田がそっちにいるのが気に入らない。それだけ」

王馬「お、認めちゃったね?百田ちゃんが気になってるってことをさ!」

春川「……!」カァァ

百田「お、おいハルマキ、顔が赤いぞ?腹でも痛えのか?」

春川「見るな!な、なんでもないから…!」

百田「な、なんだよ一体…」

59 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/02 22:25:44.49 L64Q03Mr0 36/124

王馬「この朴念仁はほっといてさー、…赤松ちゃんとかはどうなの?」ニヤリ

赤松「え?わ、私?えっと…」

赤松「そうだ!最原くんは私の家に来てくれるって約束をしたんだよ!」

真宮寺「…でも、それだけなら最原君が女性でも問題ないよネ?」

天海「何か最原君が男子でなきゃいけない理由があるんすか?」

茶柱「ま、ま、まさか!最原さんをご両親に紹介したいとかそういう…」

赤松「ち、違う!違うよ!そんなんじゃないって!」

夢野「ではどうしてなんじゃ?」

61 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/02 22:27:46.03 L64Q03Mr0 37/124

赤松「そ、それは…」

赤松「わ、私が、最原くんを…」

赤松「…す、す」


アンジー「アンジーはねー終一にお婿さんになって欲しいんだー」


全員「」

最原「あ、アンジーさん!?」

赤松「……え?」

62 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/02 22:30:32.73 L64Q03Mr0 38/124

百田「お、お婿さんて…どういうことだ!?」

アンジー「終一はアンジーの島でアンジーと幸せな家庭を築くんだよー」

王馬「へぇー、最原ちゃんも隅に置けないね!うん、つまらなくなくなってきたよ!」

赤松「…ねえ最原くん、どういうことか詳しく教えてくれるかな?」

最原(まずい…赤松さんの目を直視できない…)

最原(どうやって弁明を―)

入間「ええぇ…終一ぃ、ここから出たらデートしてくれるってのは嘘だったのぉ…?」

全員「………」

最原「」

65 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/02 22:33:16.94 L64Q03Mr0 39/124

最原「え、えっとそれは…」

入間「オレ様とデートしてくれるって約束してくれたよなあ!忘れたとは言わせねーぞ!」

アンジー「違うよー、終一はアンジーと幸せな家庭を築くんだってー。…そうだよね、終一」

入間「何言ってやがんだこの電波女!」

アンジー「美兎こそ何を言ってるのかなー」

赤松「さ、最原くんは私の家に来てくれるって約束したもん!」

キーボ「むむむむ、火花が散っているのが見えますよ…!」

王馬「俺には何も見えないけど?人には見えない光線でも見えてんの?」

キーボ「ものの例えですぅ!」

66 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/02 22:36:41.01 L64Q03Mr0 40/124

天海「…状況を整理すると、最原君は2股ないし3股をかけてたってことっすかね」

ゴン太「ええ!?そんなの紳士的じゃないよ!」

茶柱「ほーれ見たことか!最原さんも所詮は男死の皮をかぶったケダモノだったということです!」

茶柱「みなさーん!目を覚ましてくださーい!」

最原(ま、まずい。このままじゃ僕は浮気者にされてしまう…!)

最原(どうにかして、みんなを納得させないと…)

最原(…そうだ!)

最原「ねえ、言い争いはやめてさ、僕の言うことを聞いてくれないかな?」

67 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/02 22:39:22.79 L64Q03Mr0 41/124

入間「お?やっとオレ様を選んでくれる気になったのか…?」

アンジー「にゃははー!…そんなわけないよね?」

赤松「それで、どうしたのかな、最原くん?」ニコニコ

最原(赤松さん、目が笑ってない…けど怯むわけには!)

最原「…今の僕には誰か1人を選ぶなんてできないよ」

最原「赤松さんも入間さんもアンジーさんも、他のみんなだって大切な仲間だ」

赤松入間アンジー「……」

最原「…だからさ」


最原「アンジーさんの島にある赤松さんのお家で入間さんとデートするのはどうかな!?」


最原は混乱している!

68 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/02 22:41:02.56 L64Q03Mr0 42/124

全員「」

最原「…」

赤松入間アンジー「」

最原「……」

王馬「(うずくまって必死に笑いをこらえている)」バンバンバン

最原「………」

最原(僕は何を言ってるんだ…?)

最原(みんなの冷ややかな視線…僕の印象が悪くなったみたいだ…)

72 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/02 22:46:18.75 L64Q03Mr0 43/124

王馬「はぁーはぁー…サイコーだよ最原ちゃん…!」プルプル

百田「お、おい終一!大丈夫だよな!少し混乱しちまっただけだよな!」

最原「も、もちろんだよ…」

真宮寺「ククク…その姿もまた美しいヨ…」

春川「むしろ、大真面目にあんなこと言ってるのだとしたらはっ倒すけどね」

入間「けどよぉ、何も解決してねえじゃねーか!」

アンジー「終一は結局誰を選ぶのかなー?」

赤松「……」

最原「そ、それは…」

入間「オレ様との約束を破るってのか!?」

アンジー「そんなことしたら…六親等親族まで罰が当たるよ?」

73 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/02 22:49:52.85 L64Q03Mr0 44/124

夢野「んあー…最原よ、約束を破るのは良くないことじゃ…」

最原「そ、そうだ!そもそも僕は約束なんて!キミ達が無理矢理―」

赤松「え?」

最原「……ぁ」

赤松「…そっか、そうだよね、ごめん、ね」

最原「いや、赤松さんは」

赤松「最原くん本当は嫌だったのに、私ってば無理矢理…」

最原「ち、違うんだ…」

赤松「あはは…私だけ舞い上がっちゃって…私ってホント…」

最原「違う!赤松さんとの約束は嬉しかった!」

最原「…これは、僕の本心だ!」

赤松「最原くん…」

74 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/02 22:52:27.03 L64Q03Mr0 45/124

アンジー「んー?楓との約束は?…じゃあアンジーとはどうなのかな?」

入間「やっぱり迷惑だったのぉ…?」

最原「い、いやそんなことはないよ…」

天海「はぁ、最原君、いいかげんはっきりしないと裁判が進みませんよ」

王馬「そーそー!もう飽きちゃったよー!」

最原「うう…と、とにかくさ!3人とも性転換に反対なのは間違いないんだよね!?」

赤松「え?う、うん」

アンジー「もっちもちー!」

入間「当たり前だろ!」

最原「じゃあさ、まずはこの裁判を終わらせようよ!」

75 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/02 22:54:15.97 L64Q03Mr0 46/124

最原「この話は裁判が終わったあとにゆっくり話そう!それでいいよね!」

白銀「逃げたね」

夢野「逃げたのう」

キーボ「逃げましたね」

最原「…よし!それじゃあ議論を再開しよう!」

春川「はぁ、時間かかりすぎ…」

百田「で、オレたちゃ何を話してたんだっけ?」

茶柱「反対派の理由の説明です!」

76 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/02 22:56:08.77 L64Q03Mr0 47/124

真宮寺「赤松さん、入間さん、夜長さんは理由を話してくれたってことでいいのかな?」

キーボ「では残りは星クンと東条さんですかね」

東条「では私から…と言っても大した理由でもないの」

東条「最原君は、私が仕えるべき器の人物であると思った」

東条「そして、男性か女性かで主を選ぶなんて私の主義に反するもの」

最原(そっか…アンケートにあったどちらでもいいは東条さんか)

東条「けれど…最原君が性転換をしたくないと言うのであれば…」

東条「メイドとして、その依頼を全力で遂行するわ」

赤松「頼りにしてるからね、東条さん」

最原(うん…頼もしいな)

78 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/02 22:58:59.27 L64Q03Mr0 48/124

王馬「じゃあ、後は星ちゃん1人だね」

キーボ「さっきから静かですが…どうかしましたか?」

「…なんでもねーよ。俺も春川と同じで最原の性別なんて関係ねーと思ってた」

「だがよ、議論を聞いてて考えが変わった」

「あんた達は好き勝手に理由を並べているが、最原は嫌だと言ってんだ」

「…一番尊重しなきゃなんねーのは最原の意思じゃねーのか?」

全員「……」

79 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/02 23:01:17.54 L64Q03Mr0 49/124

天海「『最原君の意思』っすか…」

天海「…」

天海「…そうっすね、星君の言うとおりっす」

最原「天海くん…」

天海「最原君、謝らせてください。俺、考えすぎて変な方向に行ってたみたいっす」

最原「ううん、大丈夫だよ。思い直してくれたならそれで」

天海「ありがとうございます…それに、星君も」

「俺は何もしちゃいねー…最終的に決めたのはあんたなんだからな」

80 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/02 23:03:57.87 L64Q03Mr0 50/124

キーボ「ちょっと!裏切るつもりですか!」

天海「ええ。星君のおかげで目が覚めたっす」

ゴン太「うん…星君の言うことももっともだよね…」

茶柱「で、ですが転子は折れませんよ!」

キーボ「僕もです!僕と最原クンの間に性別の壁がある限り、意見を変える気はありません!」

王馬「いや、そのはるか手前に生物と無機物の壁があるよね?」

キーボ「…そろそろ然るべき機関に訴えますよ?」

81 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/02 23:05:53.44 L64Q03Mr0 51/124

東条「でも、性別が違うのが問題ならば、キーボ君が女性になるのはどうなの?」

アンジー「そうだねーどうして終一に固執するのかなー?」

キーボ「それは…ボクはロボットですから『性転換なんてできない』ですし…」

入間「あ?できるだろ?」

キーボ「え、本当ですか?では僕も意見を変えましょう!」

茶柱「ちょ…」

王馬「こんな簡単に裏切るなんて!お前は心を待たないブリキ人形だな!」

キーボ「違います!僕のボディはブリキなんかじゃありませんよ!」

白銀「否定するとこそこなんだー…」

82 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/02 23:09:08.39 L64Q03Mr0 52/124

最原「でもさ…本当にキーボくんの性別を変えられるの?」

入間「天才のオレ様にかかればぶっ楽勝だぜ!」

入間「まぁ確かに、今はオレ様用に男らしいエロエロなパーツを搭載してるけどよ…」

白銀「色々、だよね?聞き間違いかな?」

入間「それらをとっぱらって、AIの設定をちょちょいといじれば女キーボの完成だ!」

キーボ「え?AIをですか?」

入間「なんだよ、コエーのか?」

キーボ「はい…人間で言う脳手術みたいなものですから…」

83 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/02 23:10:56.62 L64Q03Mr0 53/124

赤松「そ、それって大丈夫なの?」

天海「一歩間違えればキーボ君がキーボ君じゃなくなってしまうかもしれないっすね…」

キーボ「…ですが、ボクは入間さんを信頼しています」

キーボ「きっと、入間さんならボクを立派な女の子にしてくれると!」

入間「ひゃっひゃっひゃ!当たり前だろぉ!」

入間「さすがにまだ頭ン中までいじったことはねーが、オレ様は天才だしまあ大丈夫だろ!」

最原(少し不安に感じるけど…)

最原「これで、キーボくんが賛成する理由はなくなったよね?」

キーボ「はい!すみませんでした、最原クン」

84 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/02 23:13:12.15 L64Q03Mr0 54/124

最原「よし、これで2人だ。次は…」

東条「最原君、次は私に任せてもらえるかしら?」

最原「え?う、うん」

アンジー「ねーねー斬美は誰を説得するのー?」

東条「…獄原君よ」チラッ

ゴン太「うう…どうすればいいの…ゴン太、わからないよ…」

王馬「何言ってんだ!このまま最原ちゃんが死んでもいいってのかよお!」涙目

ゴン太「…そうだよね!ゴン太、頑張るよ!」

85 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/02 23:14:49.21 L64Q03Mr0 55/124

赤松「…ゴン太くんは王馬くんの嘘を信じ込んでる」

春川「だったら、王馬をなんとかしなきゃね…」

「じゃあまずはその嘘を暴かねーとな」

天海「でも一体どうやるんすか?証拠なんて無いっすよ?」

東条「…いえ、王馬君の嘘に言葉だけで反論してもまた新しい嘘で塗り固められるだけ」

キーボ「確か、最原くんが最初に反論した時もそうでしたね」

東条「だから私は、あえて王馬君の嘘に乗るわ…!」

最原(東条さん、嘘に乗るって一体どうするんだ…?)

86 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/02 23:16:10.41 L64Q03Mr0 56/124

東条「ねえ、獄原君」

ゴン太「ん?どうしたの東条さん」

王馬「言っとくけど、オレ達は意見を変えないぞ!最原ちゃんを死なせないためにも!」

ゴン太「そうだよ!最原君は『紳士病』なんだ!」

東条「そうね、最原君は紳士病にかかってるわ」

王馬「……」

王馬「…は?」

東条「それで…紳士病はどうすれば治るんだったかしら」

ゴン太「それはもちろん紳士じゃなくなるしかないよ!」

東条「じゃあ獄原君、この裁判を思い出してみて」

87 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/02 23:18:05.26 L64Q03Mr0 57/124

東条「最原君は複数の女性と関係を持っていたことがわかったわね?」

最原「ちょ、ちょっと東条さ―」

春川「黙って見てなよ、任せるんでしょ?」

最原「うう…」

東条「それで、獄原君はそんな行為をどう思ったかしら?」

ゴン太「えっと…」

ゴン太「紳士的じゃないって、そう思ったよ!」

東条「だったら、そんな非紳士的行為を行った最原君は紳士と呼べるかしら?」

ゴン太「呼べないよ!…あ!」

89 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/02 23:19:37.12 L64Q03Mr0 58/124

ゴン太「じゃ、じゃあもう最原君は紳士じゃなくなったんだね?」

東条「ええ、そうよ」

ゴン太「紳士病も治ってるんだね!?」

最原(そんなに笑顔で言われるとなんだか複雑だな…)

最原「う、うん、僕はもう死なないよ」

ゴン太「良かった…じゃあゴン太にはもう最原君を女性にしたい理由はないよ!」

東条「任務、完了…」

最原「うん、できればもっと僕の心に優しい方法が良かったかなー…」

92 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/02 23:22:27.18 L64Q03Mr0 59/124

王馬「あははははは!いいよいいよ!まさかこんな方法でゴン太を落とすなんてねー」

王馬「…でもさ、東条ちゃんはそれでいいの?」ニヤリ

東条「どういうことかしら?」

王馬「だってさ、その話の中だと最原ちゃんはサイテーの浮気野郎じゃん」

王馬「それでもまだ東条ちゃんは仕えたいと思えるわけ?」

東条「……」

東条「…英雄色を好むという言葉があるように、今まで仕えてきた人物の中には複数の異性と関係を持っていた雇い主も少なからずいたわ」

東条「もっとも私にまで手を出そうとしてきた場合、然るべき方法で丁重にお断りさせていただいたけれど」

東条「…だから、そんなことは私が奉仕する理由の妨げにはならないわね」

王馬「ふーん、そう…やっぱりキミはつまらなくないよ」

93 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/02 23:25:04.13 L64Q03Mr0 60/124

ゴン太「ねえ王馬君!最原君の紳士病は治ったんだ!王馬君もこっちにおいでよ!」

王馬「あ、オレは遠慮しとくよ。だって紳士病なんて嘘だしね!」

ゴン太「ええ!そうなの!?」

ゴン太「…あれ?だったらゴン太はどうすればいいの…?」

天海「本当の意味で、最原君の性転換に賛成する理由がなくなったんすよ」

赤松「だからゴン太くんはこっちに来て大丈夫だよ!」

ゴン太「う、うん!そうだよね!」

ゴン太「最原君ゴメンね!でも浮気はよくないよ!」

最原(はは…)

94 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/02 23:27:10.76 L64Q03Mr0 61/124

王馬「あーあ、ゴン太まで説得されちゃったよ」

王馬「けどオレを説得することはできるかなー?だってオレは面白そうだからこっちにいるんだ!」

王馬「百田ちゃんじゃないけど、『最終的にオレ自身がどう思うか』なんだよねー!」

「…チッ、こいつは中々骨が折れそうだぜ」

最原「うん…どうしようか…」

白銀「ねえ最原くん、わたしが王馬くんを説得してみるよ」

最原「白銀さんが?」

白銀「自信があるわけじゃないけど、地味に頑張ってみるからさ」

最原「…じゃあ、お願いしようかな」

95 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/02 23:29:30.41 L64Q03Mr0 62/124

白銀「よーし、じゃあまずは…」

白銀「おーい!モノクマー!」

モノクマ「ぐー…すかぴー…」

モノクマ「ハッ!?出番がなさすぎてつい眠ってしまったよ…!で、何?」

白銀「あのさ、これが学級裁判てことはさ…」


白銀「当然『クロ』や『おしおき』だってあるんだよね?」


モノクマ「もっちろーん!だってこれはダンg…あ、これ言っちゃダメなやつだった…!」

96 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/02 23:31:59.12 L64Q03Mr0 63/124

夢野「クロ?おしおき?一体なんのことじゃ?」

モノクマ「クロとはこの裁判を開く原因を作った人物のことを指します!」

天海「原因を作った人物というと…」

春川「茶柱ってことになるんじゃない?」

茶柱「うぐっ!そ、そうなってしまいますね…」

百田「で、おしおきってのはなんだ?…まあ少なくとも嬉しいもんじゃねーのはわかるがよ」

モノクマ「処刑…って言いたいけど、今回はそういうのNGだし、罰ゲームってとこかな」

モノクマ「もし最原クンがこの裁判に勝ったら、クロには罰ゲームを受けてもらうよ!」

97 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/02 23:34:12.68 L64Q03Mr0 64/124

「罰ゲームか…まさかとは思うが…」

真宮寺「茶柱さんを性転換、なんてのも有り得るネ…」

茶柱「ひぎゃあああああ!!?そ、そんなことになるなら転子は死を選びます!」

モノクマ「ちょっと、最後まで話を聞きなよ!そんなことしないって!」

白銀「じゃあ、おしおきの内容って?」

モノクマ「うーん…事前に話すものじゃないし、ぶっちゃけまだ決めてないんだけどね…」

モノクマ「…それじゃあ、クロには明日1日異性の服を着て過ごしてもらおうかな!」

入間「ひゃっひゃっひゃ!だいぶ軽くなったじゃねーか!」

茶柱「転子にとっては軽くなんてありません!負けられない理由が1つ増えました!」

98 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/02 23:37:10.14 L64Q03Mr0 65/124

王馬「茶柱ちゃんの男装ね…つまらなくはなさそうかな」

王馬「…あ、もしかしてこれが狙い?」

白銀「そうだよ。どう?最原くんの性転換と比べて」

王馬「うーん…さすがに比較にならないような…でも、茶柱ちゃんは男装なんて絶対やってくれないしなあ…」

白銀「安心してよ。最原くんならわたしが責任もって女装させるからさ」

最原「僕はどう安心すればいいの!?」

王馬「まあ、最原ちゃんなら頼み込めば女装くらいしてくれるだろうけど…むしろ女装が趣味みたいなとこあるし」

ゴン太「ええ!?そうだったの!?」

最原「そんなわけないよ!」

最原(おかしいな…僕の評価がどんどん落ちている気がする)

99 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/02 23:39:28.20 L64Q03Mr0 66/124

王馬「んー…まあ、もう十分楽しんだし…」

王馬「うん!オレも意見を変えることにするよ!東条ちゃんも笑わせてくれたし、合わせ技一本って感じかな」

百田「お、おい!待てよ王馬!」

キーボ「…なんだかやけにあっさりですね」

春川「今度は何企んでるの…?」

王馬「ひどいなー! 何も企んでなんかないって!」

王馬「…それに、性転換なんてさすがに笑えないしさ…」ボソッ

赤松「え?何か言った?」

王馬「何も言ってないよー!じゃ、オレもそっちに入れてもらおーっと」

110 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/03 22:52:20.86 z863dggq0 67/124

おはっくまー!

モノタロウ「あのね!この裁判はわかりやすいように議論スクラム状になってるってだけなんだ!」

モノスケ「補足しとくと、意見を変えたヤツも描写しとらんだけで、席の移動はしてるみたいやな」

モノファニー「だから、BGMなんかはオマエラの想像におまかせするわ」

モノキッド「ジムノペティでもドレミの歌でも、そのへんはオマエラの自由だぜぇー!」

モノダム「ソレジャア、再開スルヨ…」

ばーいくまー!

111 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/03 22:54:14.38 z863dggq0 68/124

百田「ど、どうすんだよ!もう半分になっちまったぜ!?」

茶柱「いえ、まだ半分も残っています!」

茶柱「それに、夢野さんが転子を裏切るなんてありえません!」

夢野「んあー…まあウチはどっちでもいいんじゃがな」

最原「…どっちでもいいならさ、僕の性転換に反対でもいいんじゃないの?」

夢野「ふっふっふ…どっちでもいいということは、どちらにでもなれるということじゃ!」

夢野「ウチを納得させるだけの『理由なり実益なり』を用意してみせい!かーっかっか!」

アンジー「秘密子がこっちに来てくれたら終一がイケニエになってくれるってー」

最原「!?」

112 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/03 22:56:27.33 z863dggq0 69/124

夢野「イケニエ…?」

アンジー「そうだよー」

最原「あ、アンジーさん?僕は一体何をされるの?」

アンジー「えー?それは知らないよー。アンジーのイケニエじゃなくて秘密子のイケニエだからねー」

夢野「ほほう?つまりウチの好きなように最原を使っていいんじゃな?」

アンジー「…でも、1日だけだよ?」

夢野「ならば、新しい魔法の実験台になってもらおうかのう」

最原「え…?それくらいなら…」

113 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/03 22:58:27.92 z863dggq0 70/124

茶柱「ゆ、夢野さん!魔法の実験なら転子が付き合いますよ?」

夢野「んあー…今開発中の魔法には男手が必要なんじゃ」

最原「…それで夢野さんが意見を変えてくれるなら、いくらでも付き合うよ」

夢野「本当か!これで炎系魔法や爆発系魔法の実験ができるわい!」

最原「ほ、炎?爆発?そ、それってちゃんと事前にトリックを教えてくれるよね!?」

夢野「…何を言っておる。ウチの魔法にトリックなどあるわけないじゃろ」

夢野「と、いうわけじゃ。最原よ、よろしく頼むぞ」

茶柱「ああああああ…夢野さぁん……」

最原(…こうなったら夢野さんの腕を信用するしかないな)

114 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/03 23:01:23.83 z863dggq0 71/124

真宮寺「弱ったネ…夢野さんまで篭絡されてしまったヨ」

赤松「ねえ、真宮寺くんはお姉さんの友達を増やしたいんだよね?」

真宮寺「そうだヨ。『友達100人が夢』なんだ…」

春川「何?赤松が最原の代わりにでもなるの?」

赤松「うーん…実は私はもうお姉さんと友達になる約束をしちゃったんだよね」

入間「かぁー!使えねえ貧乳だぜ!」

赤松「…だからさ、真宮寺くん。最原くんの代わりに…」


赤松「ここから出たら私達女子全員がお姉さんの友達になるよ!」


白銀「…ええ!!?」

115 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/03 23:03:40.49 z863dggq0 72/124

百田「うおお!?なんで白銀が一番驚いてんだよ!」

「別に変なことは言ってねーと思うが…」

白銀「う、え、えっと…あ、赤松さん、さすがに全員は…」

赤松「でも真宮寺くんを説得するにはこれくらいしないと!」

ゴン太「白銀さんは真宮寺君のお姉さんと友達になりたくないの…?」

白銀「そ、そういうわけじゃ…」

真宮寺「…」

真宮寺「とても嬉しい提案だけど…それは赤松さんの一存では決められないよネ?」

赤松「確かにそうだね。でも、みんなも真宮寺くんのお姉さんと友達になってくれるよね?」

118 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/03 23:05:52.60 z863dggq0 73/124

夢野「んあー…ウチは問題ないぞ」

アンジー「アンジーも大丈夫だぞー」

東条「それは依頼として受け取っていいかしら?」

入間「ふんっ!チン宮寺のためじゃなくて、あくまでも最原のためだからな!」

春川「ま、死ねって言われたわけでもないし」

茶柱「ぐぬぬ…真宮寺さんのお姉さんとは、個人的にお近づきになりたいですし…」

白銀「そ、そうだね…友達に、なるくらいなら、いい、よ?」

赤松「ね?みんなこう言ってくれてるよ?」

真宮寺「み、みんな…」ジーン

119 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/03 23:08:05.61 z863dggq0 74/124

真宮寺「姉さん…待っててネ、素敵な友達が一度に7人も増えるヨ…」

入間「あ?ここにいる女は8人だろ。誰が仲間はずれなんだ?」

真宮寺「胸に手を当てて考えてごらんヨ…」

入間「…なるほどな!オレ様は巨乳だし、まな板ド貧乳の夢野だろ!」

夢野「んあ!?そ、そうなのか…?」

白銀「いや、どう考えても違うと思うよ?」

真宮寺「ああ、本当に待ち遠しいヨ!赤松さんには礼を言わなくてはネ」

赤松「こちらこそありがとうね、真宮寺くん。さーて、まずはこの裁判を終わらせなきゃ!」

真宮寺「ククク…やはり君は一際美しいネ…」

最原(…!?)ゾクッ

最原(なんだ、今の悪寒は…?)

120 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/03 23:11:17.90 z863dggq0 75/124

王馬「これで残りは2人だね!そろそろ苦しくなってきたんじゃない?」

茶柱「ぐっ…これくらいお茶の子です!」

百田「おう!『ロマンのため』にも負けるわけにゃいかねー!」

春川「…あのさ、そのロマンって特定の女子がいる場合どうなの…?」

百田「あ?何言ってんだハルマキ?」

春川「だから!百田に彼女がいたらそんな妄想しなくてもいいかって聞いてんの!」

最原(あ…)

赤松(へぇ…)ニヤニヤ

王馬(ほほぅ…)ニヤリ

122 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/03 23:13:48.90 z863dggq0 76/124

百田「か、彼女だぁ…?」

春川「そこんとこどうなの?早く答えなよ」

百田「…まあオレに彼女がいたとして、そいつを裏切るようなことはできねーだろ」

赤松「じゃあさ!百田くんに彼女ができれば万事解決だね!」ニコニコ

王馬「そうだね!あーどこかにそんな都合のいい女子いないかなー」ニコニコ

赤松(…王馬くん、珍しく意見が合ったみたいだね)

王馬(そうだね!これは嘘じゃないよ!)

最原(の、脳内だけで会話を…!)

123 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/03 23:15:38.73 z863dggq0 77/124

赤松「おや?春川さん何か言いたげな顔をしているね」スタスタ

春川「そんなこと…なんでこっちに来るの?」

赤松「いいからいいから!ほらほら!」グイグイ

春川「ちょっ…引っ張らないでよ…!」

百田「…で、王馬はなんでオレを押してんだ?」

王馬「いやー、急に百田ちゃんの背中を押したい衝動にかられてねー」グイグイ

春川「…」

百田「…」

赤松「じゃ、あとは若いお2人で…」ニヤニヤ

王馬「ごゆっくりー!」ニヤニヤ

124 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/03 23:17:49.25 z863dggq0 78/124

百田「ったく…なんなんだアイツら…」

春川「…知らないよ」

百田「ハルマキ、お前も変だぜ?急に突拍子もないこといいやがって」

春川「…(うつむき)」

百田「おい、ホント大丈夫か?顔も赤いし、やっぱどっか悪いんじゃ…」

春川「…だから大丈夫だって」

百田「そうか…」

春川「…」

百田「……」

百田「…なあハルマキ」

春川「何?」

百田「…もしかしてだけどよ、お前、オレのことを―」

春川「…!そ、そんなわけあるか!このバカぁ!」シュッ

126 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/03 23:19:37.02 z863dggq0 79/124

この時裁判場にいた生徒の一部は、後にこう語った…

~赤松楓の証言~

赤松「はい、私が一番近くで見ていたと思います」

赤松「だけど、何が起こったのかは全然わかりませんでした」

赤松「後で東条さんから聞いたんですけど、春川さんが殴っちゃったみたいですね」

赤松「でも、普通打撃音ってドガッとかバキッとかだと思うんですけど…」

赤松「私が聞いた音は『カコーン』でした」

赤松「ソのシャープでした」

127 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/03 23:21:09.54 z863dggq0 80/124

~星竜馬の証言~

「間違いねー。百田の意識を刈り取ったのは春川の拳だ」

「おそろしく速い左フック…俺でなきゃ見逃しちまうな」

「それが百田のアゴにクリーンヒットだ」

「アゴ髭のおかげでさぞかし狙いやすかっただろーよ」

「あれを食らって立っていられるヤツはいねーな」

「これがあの時起こったことの真相だ」

「あの場にいた何人がそれを知覚できてたかはわかんねがーな…」

128 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/03 23:22:51.34 z863dggq0 81/124

百田「」ドサッ

赤松「え、え?な、何?」

ゴン太「は、春川さん!暴力はよくないよ!」

王馬「にししっ!思った通りの展開だよ!」

春川「…」フーフー

天海「一体何が…百田君は大丈夫っすか?」

東条「…息はあるわ。気絶しているだけみたいね」

春川「…殺してはいないしね。せいぜい今日の記憶がなくなるだけ」

最原「だいぶ重症だよね!?」

真宮寺「これは…春川さんの合格ラインを少し見直さないとネ…」

129 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/03 23:25:37.33 z863dggq0 82/124

アンジー「でもさーこれで残るは転子1人になったわけだねー」

茶柱「…え?」

王馬「ま、百田ちゃんがこうなっちゃたら仕方ないね」

茶柱「ちょ、ちょっと待ってください!まだ百田さんは意見を変えたとは言ってませんよ!」

白銀「でもこのままじゃ投票もできないしね…」

キーボ「この場合どうなるんですか、モノクマ?」

モノクマ「お答えしましょう!オマエラが投票できるのは、自分の席のスイッチで『本人が1回だけ』です!」

モノクマ「本当は投票の放棄は重罪だけど、今回は大目に見てあげるよ」

モノクマ「つまり、投票の放棄は性転換すべきではないに投票した場合と同じとみなします!」

天海「なるほど、百田君の意識が戻らないなら、百田君を説得したのと同義ってわけっすね」

茶柱「そ、それは困ります!百田さん、死んでも目を覚ましてください!」

春川「無駄だよ。明日の朝まで起きないようにしたから」

130 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/03 23:28:02.00 z863dggq0 83/124

モノクマ「というか春川さん!バイオレンスなのはNGなの!言わなかった?」

モノクマ「だから春川さんには別個におしおきだよ!」

モノクマ「…うぷぷ、春川さんには百田クンが目覚めるまで付きっきりで介抱してもらいまーす!」

春川「……」

入間「あ?ホモ田は明日まで起きねーんだろ?つーことは…」

赤松「え?それって…」

王馬「春川ちゃんは今夜百田ちゃんの部屋に泊まらなきゃだね!」

春川「!?」

モノクマ「うぷぷぷ…ボクってホント愛のキューピッドだよね~」

131 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/03 23:29:57.01 z863dggq0 84/124

春川「ちょっと待ってよ!なんで私が…」

白銀「うーん、でもやらなきゃダメなんじゃない?おしおきなんだし」

春川「…わかったよ。まあ私も悪いとは思ってるからさ」

最原「とりあえず倒れたままの百田くんをなんとかしない?このままじゃ見てられないよ…」

赤松「そうだね。ねえモノクマ、椅子とか出せるかな?」

モノクマ「はーい、すぐ用意するよー!」ニョイーン

ゴン太「うわ!椅子が生えてきたよ!」

百田「」チーン

春川「…これでよし、と。じゃあ後は…」

茶柱「……」

最原「茶柱さん。キミで…最後だ」

132 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/03 23:32:15.64 z863dggq0 85/124

茶柱「…ふぅ、そうなってしまいましたね」

茶柱「ですが、最原さんに転子を説得することなんてできますかね?」

夢野「最原よ…転子の意思は相当固いぞ」

キーボ「何か手はあるんですか?」

茶柱「言っておきますが師匠のことを引き合いに出しても無駄ですよ?」

茶柱「確かに師匠も男死であり、師匠や最原さんのように良い男死もいることに気付かされました…」

茶柱「しかし!男死であるという時点で、最原さんの性転換はベストな選択肢なのです!」

最原「…茶柱さん」

最原「キミは間違っている。こんなことが正しいはずないんだ…!」

最原「だから、僕はキミのために…キミを否定する!」

133 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/03 23:34:28.95 z863dggq0 86/124

最原「茶柱さんはどうしても僕を性転換させたいんだね」

茶柱「もちろんです!最原さんは男死ですから!」

最原「…どうして男子がそんなに嫌いなのかな?」

茶柱「はっ!今更ですか?そんなもの男死が男死であるからとしか言いようがありません!」

最原「でも具体的な理由を言うことはできるよね?」

茶柱「具体的にですか…考えたこともありませんでした」

最原「例えば外見や…内面とかね」

茶柱「なるほど!それならば…」

茶柱「外見も内面も肉体も精神も性格も服装も思考も態度も感性も…」

茶柱「『すべてが男死を男死たらしめている所以なのです!!!』」

134 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/03 23:36:24.57 z863dggq0 87/124

最原(……)

最原(終わりだ…)

最原(これでもう終わらせる!)




最原「それに賛成だ!!!」






135 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/03 23:39:05.90 z863dggq0 88/124

赤松「さ、最原くん!?賛成しちゃうの?」

茶柱「ふふふ…最原さんもやっと自分の愚かさに気づきましたか」

最原「いや、茶柱さんの意見は理解できないよ…でも聞き入れることはできる」

茶柱「ど、どういうことですか?」

最原「茶柱さんは、男子の外見だけでなく内面も苦手なんだね?」

茶柱「そうです!どちらも女子と相容れることはありません!」

最原「そっか、わかったよ茶柱さん…」

最原「それでも僕を性転換させたいの?」

茶柱「な、何を言いたいんですか?話が堂々巡りですよ!」

最原「こういうことだよ…もし僕がこのまま性転換させられたら…」


最原「僕は誰よりも男らしくなってやる!!!」


136 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/03 23:41:15.72 z863dggq0 89/124

茶柱「な、な…!」

赤松「誰よりも、男らしく…?」

最原「そうだ!身体は女子になってしまうけど、せめて心だけは男のままだ!」

真宮寺「女性の身体に男性の精神が宿ることもある…逆もまた然りサ…」

アンジー「終一は無理矢理性転換させられるわけだし、なおさらだねー」

天海「そういえば、俺が前行った国では性別が20以上に細分化されてたっす」

東条「人の性別なんて、そう簡単に割り切れるものではないということね…」

茶柱「ぐうううう……」

最原「さあ茶柱さん!僕を否定するというなら、キミはキミ自身を否定することになるぞ!」

茶柱「う、ぐ…」

茶柱「…うわあああああああああああ!!!!?」

137 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/03 23:43:30.85 z863dggq0 90/124

茶柱「……」

夢野「て、転子よ…大丈夫か?」

赤松「でも…男らしくってどんな感じに?」

入間「今の最原はお世辞にも男らしいとは言えねーもんな!」

最原「そ、それは百田くんや星くんを参考に…」

「俺をか?やめとけ、俺はそんなもんじゃねーよ…」

春川「あそこで白くなってるのが男らしいって言うならいいけど」

百田「」チーン

最原「え、えっと、それじゃあ…」

茶柱「もう、やめてください…!」

最原「…え?」

138 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/03 23:45:11.78 z863dggq0 91/124

茶柱「わかりました…転子の、負けです…!」

最原「それじゃあ…」

茶柱「はい、無理矢理性転換をしても、男死は男死である罪からは逃れられないのですね…」

最原「う、うん。そういうことでいいよ…」

茶柱「それに…そんな最原さんは見たくありませんし…」

茶柱「転子にはネオ合気道があります!」

茶柱「やはり転子はネオ合気道の普及によって、男死を浄化させることとしましょう!」

最原「うん、その前向きさこそが茶柱さんだよ」

茶柱「ありがとうございます!最原さんにはまた1つ大切なことを教えられました!」

139 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/03 23:46:29.67 z863dggq0 92/124

夢野「んあ?ということは…」

天海「最原君は俺達全員の説得に成功したんすよ!」

ゴン太「すごいよ!最原くん!」

真宮寺「ククク…まさか本当にやってのけるとはネ」

茶柱「8人全員を説得できるなんて思ってもいませんでした!」

王馬「8人?7人と1台でしょ?」

キーボ「ボクは家電じゃありません!せめて1機と呼んでください!」

百田「」チーン

140 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/03 23:48:25.17 z863dggq0 93/124

最原「さあモノクマ!投票だ!」

モノクマ「え、もう?ホントにいいの?」

白銀「うん。学級裁判はおしまいだよ」

モノクマ「ふーん、そう…」

モノクマ「それではっ!オマエラはお手元のスイッチで投票してください!」

モノクマ「最原クンは性転換すべきか否か!」

モノクマ「運命を分けるワックワクでドッキドキの…」


モノクマ「投票ターイム!!」


141 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/03 23:50:48.51 z863dggq0 94/124

ピピピピ…

性転換すべき
0票

すべきではない
15票


モノクマ「というわけで、最原クンは性転換しないことになりましたー!」

モノクマ「いやーお見事だね!ボクが作ったルールだけど、正直無理ゲーだと思ってたよ」

赤松「やった!やったよ、最原くん!」

最原「う、うん…」

最原(…終わったんだな)

142 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/03 23:52:25.26 z863dggq0 95/124

おはっくまー!

モノタロウ「お父ちゃん!手術の準備が終わったよ!…って、あれ?」

モノファニー「ど、どういうこと?この投票結果は何よ!?」

モノダム「最原クンガ性転換シナイッテコトダヨ…」

モノキッド「何ィー!?それじゃミー達の苦労はなんだったんだ!?」

モノスケ「まあ、しゃーないやろ。これが民主主義っちゅうもんや」

モノキッド「ヘルイェー!だったらモノダムを突っ込んで性転換させちまうか!?」

モノファニー「ダメよ!モノダムには元々性別なんてないもの!」

モノダム「ロボット差別…ダヨ…」

モノスケ「グダグダ言っとらんと、ワイらは準備したもんをなおしに戻るで!」

モノタロウ「うう…準備したものをすぐ片付けるなんて、とっても空しいね…」

ばーいくまー!

143 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/03 23:54:02.68 z863dggq0 96/124

王馬「ふぅ、やっと終わったね!ところで茶柱ちゃんさ、覚悟はできてる?」

茶柱「は?なんのことですか?」

真宮寺「…おしおきのことだと思うヨ」

茶柱「ああああああああ!!!そうでした!投票のやり直しを要求します!」

モノクマ「ダメです!言ったでしょ、投票は1人1回って!」

茶柱「うう…」

王馬「ありゃりゃ、やっぱ投票前に言わなくて正解だったね」

モノクマ「ていうかさぁ、オマエラ何か勘違いしてない?」

ゴン太「勘違い?」

モノクマ「ボクはクロが1人なんて一言も言ってませーん!」

最原(…え?)

145 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/03 23:55:39.37 z863dggq0 97/124

入間「く、クロが1人じゃないって、どういうことぉ…?」

東条「…1つだけ気になっていたことがあるの」

東条「モノクマはおしおきの内容を『異性の服』を着てもらうと言っていたわよね」

天海「なるほど…茶柱さん1人なら男装とだけ言えばいいっすからね」

春川「じゃあクロ…裁判を開く原因を作った人物って…」

モノクマ「そう!アンケートで賛成に入れた8人でーす!」

ゴン太「えええ!?」

白銀「あちゃー…わたしもってことになるね」

夢野「う、ウチは違うな!」

王馬「あーあ…こりゃ見誤ったかなー…」

148 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/03 23:58:06.20 z863dggq0 98/124

白銀「安心してよ!みんなの衣装はわたしが責任を持ってプロデュースするからさ!」

茶柱「ううう…男死の格好など一生の恥です…」

白銀「茶柱さんにも無難なところを選んであげるからさ…あ、最原くんもついでにやっちゃう?」

最原「いや、遠慮しとくよ…」

天海「…最原君への償いも込めて、俺は受け入れるっすよ」

ゴン太「うん…ゴン太もそうするよ」

真宮寺「そうだネ…それに、たまにはこういうのも悪くないかしらネ」

キーボ「えっと、ボクはどうしたらいいんですか?」

入間「テメーは女になりたかったんだろ?だったら今日オレ様が改造してやるよ」

キーボ「ではすぐにでもお願いします!」

アンジー「おー!明日は神った1日になりそうだねー。ありがたやありがたやー」

149 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/03 23:59:36.70 z863dggq0 99/124

夢野「んあー…もう終わったし、帰っていいんじゃよな?」

東条「でもその前に、百田君はどうするのかしら?」

百田「」チーン

王馬「え?百田ちゃん担当は春川ちゃんじゃないの?」

春川「そうだったね…よっ、と」ヒョイッ

ゴン太「大丈夫!?ゴン太が代わろうか?」

春川「…平気。このくらいなら担げるから」

王馬「ったく、ゴン太は空気読めよなー」

赤松「じゃ、最原くん。私達も戻ろう?」

最原「うん、そうだね」

こうして僕達は裁判場を後にした…

155 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/04 22:38:50.60 P5KqrAS60 100/124

―――?????―――

「ねえ、結局今日の裁判ってなんだったの?」

モノクマ「ぶっちゃけマンネリ打破だよね。飽きたって声がちらほらあってさ」

モノクマ「対策を講じなきゃってとこに、茶柱さんが面白い提案をしてきてね」

「ああ、あのアンケートの結果も予想外だったね」

「まさか、最原くんを性転換させたい人が『7人』もいるなんてさ」

モノクマ「でも、裁判が開かれることに説得力を持たせるために過半数は欲しかったから…」

「わたしが8人目になったってことだね」

「でも予想外といえばもう1つさ…」

モノクマ「夢野さんのこと?」

「うん、驚いたよ。裁判場に着いたら、わたしを除いて賛成派が8人いるんだもん」

「急遽、アンケートで賛成しつつ反対派にいる理由を取り繕ったけど…その辺りは少し雑になっちゃったかな」

モノクマ「でもさ、別にそのまま賛成派にいてもよかったんじゃない?」

「え?数に偏りがあるより、8対8の方がバラエティ映えするでしょ?」

モノクマ「うぷぷ…わかってるね~」

156 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/04 22:41:40.49 P5KqrAS60 101/124

「それに、裁判の結果は悪いことばっかりじゃなかったしね!」

モノクマ「ああ、おしおきの内容だね」

「うん。みんなをこの上さらにコスプレさせられるなんて、胸が躍るよ!」

モノクマ「ボクが即興で考えたわけだけど、程よい内容だったと自負してるよ」

モノクマ「あ、衣装の製作は任せるからね?」

「任されたよ。久々だし腕が鳴るなぁ」

モノクマ「じゃ、ボクなんかと話してないで早速取り掛かっちゃいなよ」

「そうだね。時間もないし…」

「じゃ、わたしはもう行くよ。完成した衣装はみんなの個室に運んでおいてね」

モノクマ「はいはーい。それじゃあねー」

モノクマ「うぷぷぷぷ…それに、まだお楽しみは終わらないよ…!」

157 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/04 22:46:27.62 P5KqrAS60 102/124

―――翌日―――

朝目覚めると、昨日の裁判のことが現実味のない実感として襲いかかった。
ぼんやりした頭のまま、僕はとりあえず食堂へと足を運んだ。
食堂にはすでに、赤松さん、夢野さん、東条さん、アンジーさん、星くんがいた。

最原「みんな、おはよう…今日は人が少ないね」

最原「おしおき組が来てないのはわかるけど…春川さんと入間さんは?」

東条「さっき入間さんの研究教室を訪ねたのだけど、キーボ君の最終調整がうまくいかないと言っていたわ」

「じゃあそのうち来るだろうな…春川はどうした?」

アンジー「魔姫ならまだ解斗のお世話してるんじゃないかなー」

夢野「ゆうべはお楽しみでしたね…というやつじゃな!」

赤松「春川さんだし、そんなことはないと思うけど…」

そんなとりとめのない会話をしていると、不意に食堂の扉が開いた…

天海「…おはようございます」

扉の前に天海くんが立っていた。
でも彼の首から下は…
涼やかな水色を基調としたセーラー服をまとっていた…

158 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/04 22:49:05.07 P5KqrAS60 103/124

最原「わ!あ、天海くん、その服は…」

天海「朝起きたら着替えがこれだけしかなかったんすよ。モノクマも徹底してるっすね」

アンジー「おー蘭太郎、綺麗さんだねー」

天海「やめてください…似合ってないのは自覚してるっす」

赤松「そんなことないよ!天海くんはスタイルもいいし、モデルさんみたいで…」

天海「はは…まったく嬉しくないっすね…」

赤松「本当に似合ってるんだけどな…」

「それくらいにしときな…褒めても逆に天海を苦しめちまうだけだぜ」

天海「そうっすね。普段通り接してくれた方が、俺も意識せずに済むんで」

東条「それじゃあ天海君はコーヒーと紅茶、どちらがいいかしら?」

天海「それじゃあ紅茶を…」

白銀「おっはよー!」

勢いよく扉が開かれ、上機嫌な白銀さんが入ってきた。
そして彼女の服装は…
…なんだ、これ?全身青色の…ウェットスーツ?

159 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/04 22:51:25.57 P5KqrAS60 104/124

最原「えっと…その格好は何?」

白銀「ああ、プラグスーツだよ」

夢野「ぷらぐすーつ…?」

白銀「うん、90年代を代表するロボットアニメ…正確にはロボットじゃないんだけど、その主人公のパイロットスーツだよね。新劇場版の方の衣装も個人的には捨てがたかったんだけど、やっぱりここは原点回帰っていうことで…」

最原「し、白銀さん?解説はいいんだけど、その…ボディラインがはっきり出てて目のやり場に困るというか…」

赤松「最原くん…?」ゴゴゴ

最原「ひぃっ…」

「けどよ、それは男装なのか?俺には水着にしか…」

白銀「それは違うよ!(cv:苗木誠)」

白銀「白や赤ならともかく、青はまぎれもなく男装だよ!」

「お、おう。そうか…」

最原(星くんが気迫に押された…!)

160 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/04 22:54:06.68 P5KqrAS60 105/124

アンジー「ねーねー、よくそんな衣装あったねー」

白銀「ああ、これはわたしが作ったんだよ」

赤松「白銀さんが!?」

白銀「というか、おしおき用の衣装はほとんどわたしが作ったよ」

最原「作ったって…一晩で?」

天海「俺のセーラー服もっすか?」

白銀「ジェバンニじゃないけど、これでも地味に超高校級だからね!ギリギリだったけど…」

最原「…すごいな」

白銀「…あ、茶柱さんも早く入っておいでよ。全然変じゃないからさ」

夢野「んあ?転子は廊下ににおるのか?」

茶柱「む、無理です!こんな姿、夢野さんに見せるわけにいきません!」

夢野「大丈夫じゃ。お主がどんな格好をしてても気にしないわい」

茶柱「うう…わかりました。」

そう言いながらひどく沈んだ様子の茶柱さんが入室してきた。
そしてその衣装は…上下とも黒の、いたって普通の学ランだった。

161 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/04 22:56:09.91 P5KqrAS60 106/124

「なんだ、大したことねーじゃねーか」

茶柱「大したことあります!だって男死の制服ですよ!?」

夢野「似合ってると思うがのう」

茶柱「夢野さんの言葉とはいえ、嬉しくないです…」

茶柱「というか、天海さん…その格好…」

天海「触れないでください…そのほうがお互いのためっす」

茶柱「…そうですね」

ゴン太「みんな、おはよう!」

少し沈んでしまった空気を切り裂くようにゴンタくんの声が響いた。
みんなが一斉に扉のほうを向き、そして絶句する。
…ゴン太くんは胸から腰にかけて、茶色い布1枚を巻いた姿で食堂に入ってきた。

162 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/04 22:58:52.88 P5KqrAS60 107/124

最原「ご、ゴン太くん、それは…」

白銀「あ…弁明させてもらうとね、チューブトップドレスのつもりだったんだよ?」

赤松「で、でもゴン太くんの体格も相まって原始人にしか…」

白銀「…やっぱり?ゴメンね、ゴン太くんサイズの生地がほとんどなくて、時間も…」

ゴン太「ううん、白銀さんが謝る必要はないよ」

ゴン太「それに、ゴン太はこの服気に入ってるよ!森での生活を思い出すんだ!」

白銀「そ、そう?それならよかった…」

ゴン太「でもこんな格好は紳士的じゃないし、もう着ないかな…」

王馬「はぁ、ゴン太は気楽でいいよね」

赤松「うひゃっ!この声、王馬くん!?」

いつの間にか赤松さんの背後に立っていた王馬くんにみんなの視線が注がれる。
彼の服装は、これでもかというくらいにフリフリをあしらった可愛らしいピンク色のドレスだった。

163 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/04 23:00:53.92 P5KqrAS60 108/124

赤松「わー!すっごく可愛いよ!お人形さんみたい!」

王馬「ありがとー!心の底から嬉しくないよー!」

茶柱「あれは男死あれは男死あれは男死あれは男死あれは男死あれは男死あれは…」

天海「くっ…負けたっす…」

「なあ、あんたホントは楽しんでねーか?」

王馬「こんな格好じゃ今日は何もする気が起きないよ…あ、これはホントだからね?」

その時、食堂の扉が静かに開いた。

???「みんな、おはよう」

そこに立っていたのは、巫女服を着た…
綺麗な黒髪で長髪の…
えっと、こんな人僕たちの中にいたっけ…?

164 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/04 23:02:33.06 P5KqrAS60 109/124

赤松「…あ!もしかして真宮寺くん?マスクを外してるからわからなかったよ」

真宮寺「ふふふ…そう、私は真宮寺よ」

アンジー「口調を変えてー化粧までバッチリしちゃってー、是清ってばノリノリだねー」

真宮寺「ええ、たまには堂々と羽根を伸ばすのも悪くないわ…」

白銀「ああ、真宮寺くんは巫女服なんだね。わたしの助けは必要ないって言ってたけど」

真宮寺「是清の研究教室にあったものよ。一度着てみたかったの」

最原(…ん?)

真宮寺「貴方達が是清のお友達?仲良くしてあげてね、悪い子じゃないの…」

最原(やっぱり…口調以前に真宮寺くんの喋り方には違和感があるな…)

166 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/04 23:04:44.23 P5KqrAS60 110/124

真宮寺くん(?)に困惑していると、突然勢いよく扉が開かれた。

入間「ひゃっはぁー!待たせたなザコ共!入間美兎さまの到着だぜ!」

真宮寺「貴女が入間さん?確かに貴女とは友達になれそうもないわ」

入間「ええぇ…いきなり何ぃ…?ていうか誰ぇ…?」

東条「貴女が来たということは、キーボ君の調整が終わったのかしら?」

入間「え、えっとぉ、その、お、終わった、けど」

夢野「んあ?なんでそんなに歯切れが悪いんじゃ?」

入間「ええい!こうなりゃどうにでもなれ!オラァ、キーボ!入ってこい!」

キーボ「おはようございます!腐れビッチにクソ童貞共!」

全員「」

キーボ「どうしました、みなさん?産卵直後の鮭みたいな顔してますけど」

168 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/04 23:06:42.32 P5KqrAS60 111/124

赤松「ちょ、ちょっと入間さん!」ガシッ

入間「な、なんだよ…肩を掴むなよぉ…」

最原「いや、これはさすがに聞かなくちゃいけないよ…どうしてこうなったの?」

入間「そ、それはだなぁ…キーボのAIを解析したんだけど、天才のオレ様でもちょっと手が出せなくて…」

最原(そういえば、キーボくんのAIはいろんな偶然が重なって生まれたんだったな…さすがの入間さんでも厳しかったのか)

入間「だから、天才で美人で巨乳のオレ様の思考プログラムをブチ挿れてやったぜ!」

最原「どうしてそうなったの!?」

キーボ「本当ですよ!なんてことしてくれたんですか、この垂れ乳!」

入間「た、たれちちぃ…!?」

170 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/04 23:08:48.41 P5KqrAS60 112/124

キーボ「ボクは信頼していたというのにこのゲロ豚は…」

入間「ぴぐぅ!」

キーボ「今日1日は我慢しますが、すぐにこの下劣なウィルス紛いのプログラムはアンインストールしてもらいます!」

入間「あ、はぁん…」

キーボ「わかりましたか!?この変態便所女!」

入間「あぁああああん!!もっと言ってえぇぇ!!」

最原「き、キーボくん!それくらいにしとこう?入間さん変なスイッチ入っちゃったし…」

王馬「肉便器と鉄屑のハイブリットなんて、もはや産業廃棄物だね!」

キーボ「さ、産業廃棄物ぅ…?」

赤松「メンタルも入間さんになっちゃってるね…」

春川「……」

春川「何このカオス」

171 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/04 23:11:25.52 P5KqrAS60 113/124

最原「あ、春川さん。ということは…」

春川「百田なら廊下にいるよ」

百田「なんだ、みんな集まってんのか?なら何があったか教えてくれ!昨日の記憶がねーんだ!」

白銀「あ、ホントに記憶飛んでるんだ…」

百田「ワケわかんねーよ!目が覚めたらオレの着替えは無くなってるし、ハルマキはオレのベッドにもたれかかって寝てるし…」

春川「…!それは喋るなって言わなかった?」

百田「あ、ああ、そうだったな…」

「…なあ本当にそこに百田がいんのか?」

春川「当たり前でしょ」

東条「なら貴女はどうして食堂の中ばかり見て、百田君の方を一切向かないのかしら」

百田「そうだぜハルマキ!人と話すときは相手の顔を見ろって習わなかったか?」

春川「いや、ゴメン、ホント、見たくない、マジ無理」

百田「テメーが着ろって言ったんだろ!?」

172 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/04 23:13:39.15 P5KqrAS60 114/124

最原「ね、ねえ百田くん。そろそろ入ってきたらどうかな?」

百田「入るって…この格好でか!?」

春川「しょうがないでしょ。そういうルールだし」

百田「だからルールってなんだよ!」

天海「大丈夫っす、百田君。俺も多分同じ状況っすから」

王馬「オレもだよー!」

百田「…よーし!オレも男だ!覚悟を決めるぜ!」

百田「いいか、テメーら!ぜってー笑うなよ!?」

王馬「うーん、それは保証できないなー」

百田「…それじゃ、入るぜ」

そう言って、百田くんは食堂の中に入ってきた。
彼の服装は、何の変哲もないブレザーの制服…だったのだが

173 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/04 23:15:08.26 P5KqrAS60 115/124

全員「……」

百田「ほらな!?やっぱこうなるじゃねーか!?」

赤松「え、えっと、今までの人達は曲がりなりにも似合ってたけど…」

夢野「なんというか、シンプルに似合っとらんのう…」

天海「百田君と比べたら、やっぱ俺ってマシな方っすね」

王馬「ゴメン…さすがに笑えない事態だったよ」

白銀「うーん、着こなしをもうちょっと…」

「…なんで、あんたは手で目を覆ってるんだ?」

アンジー「アレは見るなって、神様がねー」

茶柱「地獄です…この世の地獄です…」

174 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/04 23:17:10.86 P5KqrAS60 116/124

百田「だから、なんでこんなことになってんだ!?誰でもいいから教えてくれよ!」

春川「自業自得だよ。それしか言えない」

赤松「うん、そうだね…」

百田「な、なあ終一!テメーだけはオレの味方だよな!?」

最原「あ、ゴメン。あまり話したくないかな…」

百田「な、なんなんだよ!チクショおおおおお!!!」

東条「…百田君、スカートでガニ股は淑女のマナーとしてどうかと思うわ」

百田「だ、れ、が、淑女だ!!」

全員「あははははは!」

食堂の中にみんなの笑い声がこだました―――

175 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/04 23:20:04.70 P5KqrAS60 117/124

―――翌日―――

最原(ふぅ…昨日は本当に色々あったな)

最原(白銀さんが女装を迫ってきたり、茶柱さんの精神が崩壊しかけたり)

最原(真宮寺くんはなぜか女性陣とばかり話していたな)

最原(キーボくんは、入間さんが増えたみたいなものだったけど、もう直っているはずだ)

最原(午後からは夢野さんのマジックの練習に付き合って)

最原(狭い箱に入れられて、周りでドッカンドッカン聞こえたけど僕は無事だった)

最原(それから…)

ピンポーン!

最原「あれ?誰か来たのかな?」

176 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/04 23:22:12.34 P5KqrAS60 118/124

赤松「最原くん、おはよう」

最原「赤松さん、どうしたの?」

入間「なんだ?オレ様が見えてねーのか?」

アンジー「アンジーもいるぞー」

最原「入間さんにアンジーさんまで…」

赤松「ねえ最原くん、一昨日の裁判のこと覚えてるかな?」

最原「もちろん。忘れられるわけないよ」

赤松「そこでさ、キミは裁判が終わったら私たちのことを話し合うって言ったよね?」

最原「…あ」

入間「つーわけで、みんなで話し合おうってわけだ!」

最原「ええ!?今から?4人で?」

アンジー「のんのん。みんなはみんなだよー」

最原「え?それって…」

177 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/04 23:24:44.48 P5KqrAS60 119/124

赤松「おーい!モノクマー!」

モノクマ「はいはーい、お呼びですかー?」

最原「も、モノクマ?」

赤松「もう準備はできてるかな?」

モノクマ「ええ、そりゃあもうバッチリですよ!」

最原「じゅ、準備って…」

赤松「そっか。それじゃ早速始めちゃおっか」

モノクマ「うぷぷぷ…そうだね。それでは…」


モノクマ「最原クンの今後の身の振り方を決める学級裁判を開きます!」

モノクマ「至急、裁きの祠までお集まりくださーい!」

赤松「そういうことだから、最原くんも早く来てね?」

最原「……」



最原「…は?」





178 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/04 23:27:24.57 P5KqrAS60 120/124

―――学級裁判場―――

~一途派~

赤松「最原くん、私はキミのことを信じてるからね」

入間「ねぇ、最原はオレ様を選んでくれるよね?ね?」

アンジー「終一はアンジーの島で暮らすべきって神様も言ってるよー?」

茶柱「男死である罪に、これ以上罪を重ねようというのですか!?」

「男なら1つの愛を貫き通すもんだ。俺みてーになりたくなきゃな…」

ゴン太「紳士は生涯ただ1人の女性を愛するものなんだよ!」

王馬「オレは最原ちゃんが1人を選んだ上で、残る2人とのドロドロの愛憎劇が見たいんだ!」

赤松「なんだか1つだけとんでもない理由があったよ!?」

179 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/04 23:29:32.17 P5KqrAS60 121/124

~現状維持派~

最原「やっぱり僕には選ぶことなんてできないよ…せめてここから出るまでは今のままの関係じゃダメかな?」

百田「よく言った終一!やっぱハーレムってのは男のロマンだよな!」

東条「それが貴方の選択ならば、私はそれに従うわ」

白銀「うーん、フラグ管理とか面倒だけど、ハーレムエンドの達成感は格別だよね」

真宮寺「一夫多妻は世界各地で見られる風習だヨ。何もおかしくないサ…僕の愛は一途だけどネ…」

キーボ「ボクはロボットですから最原クンの1番にはなれないでしょう…しかし、2番目、3番目なら!希望は前へ進むのです!」

最原「…キミ達は僕の主張をまったく理解してないよね?」

モノクマ「現状維持派改めハーレム派だね!」

180 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/04 23:31:06.53 P5KqrAS60 122/124

~むしろウチと結ばれるべき派~

夢野「最原はむしろウチと結ばれるべきなんじゃ!」

茶柱「ゆ、夢野さん!?転子というものがありながら…!」


~むしろ俺と結ばれるべき派~

天海「最原君はむしろ俺と…」

キーボ「ちょっと!抜け駆けですか!?」

天海「冗談っすよ。俺はハーレム派に入れさせてもらうっす」


~どうでもいい派~

春川「はぁ、ホントくだらない…さっさと終わって欲しいよ…」


181 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/04 23:32:18.85 P5KqrAS60 123/124

モノクマ「さあ、またもや始まった学級裁判!」

モノクマ「今回の裁判の行方はどうなるのか!」

モノクマ「そして最原クンの運命はどうなってしまうのかー!」

モノクマ「…それはまた別のお話、だよ」

モノクマ「うぷぷぷぷ…それじゃあ、まったねー!」


―――――終



182 : ◆5LdWhOmJF.bG - 2017/03/04 23:33:21.35 P5KqrAS60 124/124

以上で完結となります。
ここまで見てくださった皆々様、本当にありがとうございました

記事をツイートする 記事をはてブする