1 : 以下、名... - 2017/01/06 22:07:07.78 nWTJLeXC0 1/14


一条家。

蛍さんの部屋。


「!?」

「へ…変?変ってどういう事ですか?夏海先輩」

夏海「いや…なんか普通じゃないっていうか……どこか偏愛的な感じがするっていうか…………」

「それって……私がクレイジーサイコレズだっていうんですか!?」

夏海「いや…そこまでは……」

夏海(ていうか何だよ!?クレイジーなんとかって!!)


「夏海先輩が、一人で私の家に来るなんて珍しいと思ったんですけど。もしかしてこんな事を訊く為に、わざわざ来たんですか?」


 

元スレ
夏海「ほたるんってさ・・・・・・ちょっと姉ちゃんの事を変な目で見てない?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1483708027/

2 : 以下、名... - 2017/01/06 22:10:40.38 nWTJLeXC0 2/14


夏海「いや……それはさ…前から何となく思ってたんだけど、ちょくちょくほたるんの姉ちゃんを見る目が、尋常じゃない気がしたもんだからさ……」

「尋常じゃない?」

夏海「うん。正直…ここ最近は特に…………」

「そうですか?私は小鞠先輩の事を四六時中…それこそ余す事無く、ごくごく普通に見詰め続けてるだけだと思いますけど」

夏海「ならいいけど……」


夏海(ん?いいのか?ナンかどこか違和感が…………)はて?


  

3 : 以下、名... - 2017/01/06 22:13:11.68 nWTJLeXC0 3/14


「でも…先輩の言われる通り、確かに私は小鞠先輩の事が好きですよ。でも…それのどこがいけないんですか?」

夏海「いやだから…その好きっぷりが尋常じゃないっていうか、どこか危なっかしいというか……」

「もしかして夏海先輩はいつか私の行き過ぎた愛が、小鞠先輩に危害を加えるんじゃないかと疑っているんですか?」

夏海「そこまでは思ってないけど。ちょっと心配っていうか、そのま…万が一って事もあるからさ―――――最近、そんな感じのニュースとか見るし……」


「そうですか……夏海先輩はお姉さん想いなんですね。分りました。今から私が小鞠先輩に対して、どれだけ安全な人間なのかを証明してみせます」ぐっ


 

4 : 以下、名... - 2017/01/06 22:15:42.12 nWTJLeXC0 4/14


夏海「え?どうやって」
すっ

「これです」
ばばーん!

夏海「!?」


夏海(余りに唐突に姉ちゃんのほぼ等身大ぬいぐるみ…いや!こまぐるみが出て来きたーーーー!!!?)


 

5 : 以下、名... - 2017/01/06 22:22:37.12 nWTJLeXC0 5/14


「どうしたんですか?そんな驚いた貌して?」

夏海「いやっこんなのいきなり出されたらそりゃ驚くだろ!?」

「そうですか。コレをですね―――――」
くぱぁ…

夏海「!?」

夏海(姉ちゃんぬいぐるみのおまたの部分がくぱぁってなったーーーー!!!!?)

「えいっ!!」ばっ
ずぼっ!!

夏海「!?」


夏海(更にソレを頭から被ったーーーーー!!!!!?)


 

6 : 以下、名... - 2017/01/06 22:30:19.22 nWTJLeXC0 6/14


ずぼずぼ!!

「あははははーーー!ワタシ今小鞠先輩の胎(ナカ)に居ますよー!!これって私と先輩が一心同体って事ですよねー!!そしてワタシ今先輩の胎から出て来ましたよー!!これって私が先輩から産まれたって事ですよねー!!という事はこれで先輩と私は血肉を分けた肉親って事ですよね!!これで私と先輩は一生一緒!!一蓮托生ですねーーーー!!あははははーーーー!!!!」

ずぼずぼ!!

夏海「……………………」ぼーぜん

夏海(そ…想像の遥か上をイってたーーーー!!!!)がびーん!

「………………」ふぅ…
にこっ


「と言っても、せいぜいこの程度ですよ?コレくらいなら何の問題もありませんよね?」にこ


 


10 : 以下、名... - 2017/01/06 23:06:01.27 nWTJLeXC0 7/14


夏海「そ…それは――――――」

「……………………………」
ずいっ!

夏海「!?」びくっ

「ヨネ?」ニコォ…

夏海「は…はい」コクコクッ

夏海(ど…度肝を抜かれて何も言えねぇ……)
ガクガクブルブル…・


「ふぅ…誤解が解けて良かったです。これで夏海先輩も安心ですね――――――」


 

11 : 以下、名... - 2017/01/06 23:07:19.73 nWTJLeXC0 8/14



越谷家。


夏海「―――――――って事が前にあったんだけど……」

「……………それで、お前は小鞠の事が心配だと……」

夏海「う…うん……って兄ちゃんがしゃべったーーーー!!!?」

「そりゃ俺だって喋るよ。失語症じゃないんだから」

夏海「そりゃそうだよね」あはははー

「それで。この事を話して俺にどうしろと?」


夏海「だ…だから兄ちゃんに姉ちゃんを護って欲しいって。あの感じだと、いつトチ狂って姉ちゃんに危害を加えたとしてもおかしくないよ――――」


 

12 : 以下、名... - 2017/01/06 23:08:56.50 nWTJLeXC0 9/14


「…………そうか。けど俺はもう分校を卒業してるしな……」

夏海「でっでも―――――」

「だったら、お前が姉ちゃんを…小鞠を護ってやればいいじゃないか」

夏海「えっ!?」


「それにお前は俺より腕力があるんだろ?だったら俺よりお前の方が適任じゃないか?」


 

13 : 以下、名... - 2017/01/06 23:11:16.79 nWTJLeXC0 10/14


夏海「でもっでも…ほたるんの方が私より腕相撲強いし……」

「だったら。お前が特訓して、彼女より強くなればいいだけじゃないか」

夏海「!!」

「お前が一条さんよりも強くなって、それで小鞠を護ってやればいい。そうなれば何の問題もない。それに小鞠が分校を卒業するまであと数カ月だしな。それまでの辛抱だ」

夏海「そうか……でも兄ちゃんどうやって―――――」

「可愛い妹たちの為だ。俺もお前の特訓に付きあってやるから」ウン

夏海「兄ちゃん―――――うん…そうだよね。私が強くなって姉ちゃんを護ればいいんだ」


「ああ」こく


 

14 : 以下、名... - 2017/01/06 23:14:23.30 nWTJLeXC0 11/14


夏海「よしっ!!」
すくっ
ぐいっ!!

「!?」

夏海「そうと決まれば早速特訓だーーーーー!!!!」



夏海(えへへ…やっぱり兄ちゃんは優しくて頼りになるぜ!!だから…だからウチはそんな兄ちゃんの事をずっと――――――)


 
 

15 : 以下、名... - 2017/01/06 23:29:31.82 nWTJLeXC0 12/14



数か月後。


「それで…あれから何か問題があったのか?」

夏海「ううん。ほたるんの姉ちゃんを見る目は相変わらずだったけど……危ないと思った時はウチが二人の間に立ち塞がったから、取り敢えずは何もなかったよ」

「そうか……小鞠も卒業したし、とりあえず一安心だな」

夏海「うん」

「うーん…まあもしかしたら一条さんも、ちょっと小鞠が好きすぎただけで、とどのつまり、ごくごく普通の範疇だったのかも知れないしな――――――」


夏海(【普通の範疇】――――――――――――――か…………)うん


夏海(だったら!――――――――)コク…



夏海「に…兄ちゃん――――――/////////」
ずいっ


 

16 : 以下、名... - 2017/01/06 23:36:21.44 nWTJLeXC0 13/14


「!?」どきっ

「どうしたんだ?いきなり寄り添ってきたりして」

夏海「そっか…普通か…………うん。そうだよね////////」こく

「?」

夏海「だったら―――――――////////」
がばっ!
ぎゅっ…

「!?」
ドキッ

「どっどうしたんだ!?イキナリ抱き付いて…それにそんな貌して――――――」


(こっ…こんな貌の夏海なんか見た事がない―――――)
ドギマギ…


 

17 : 以下、名... - 2017/01/06 23:41:08.07 nWTJLeXC0 14/14


夏海「フフ……………」
ぎゅっ

「な…夏海?一体どうしたn――――――――」


夏海「兄ちゃん―――――」ジッ…

「!!」ゾクッ!


夏海「兄ちゃんがアノほたるんが【普通】だっていうなら―――――」



夏海「私が兄ちゃんの事を兄妹としてじゃなく、一人のオトコとして好きなのも……至って【普通】ってコトだよね?―――――」
ニコォ…


おしまい。


 

記事をツイートする 記事をはてブする