1 : 以下、名... - 2016/04/13 17:40:23.77 yFbCYDmC0 1/11

・みほゆかSSです

・西住殿が病んでます

・なんでも許せる方だけどうぞ

元スレ
みほ「優花里さん、その女の子誰?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1460536823/

2 : 以下、名... - 2016/04/13 17:57:54.89 yFbCYDmC0 2/11

練習終わりの夕方

沙織「いやー今日も疲れたね!」

麻子「……全国大会も終わったんだし寝かせてくれ…特に朝」

「だめですよ冷泉さん、いくら今までの遅刻が取り消しになったからといってちゃんと学校に来なかったら、会長の手がかかるかもしれませんよ?」

麻子「うっ…それは困る」

優花里「さてみなさん、それでは帰りましょうか?」

「あ…あの…秋山さん、ですよね?」

優花里「え、あ、そうですが…どうしました?見たところ戦車道を受けている人では無さそうですが…」

「ちょ、ちょっとお話が…」

優花里「え?あ、はい、なんでしょう?」

「あのっ!こ、ここじゃ言いにくくて…」モジモジ

優花里「…?分かりました、あっちでお話ししましょっか。みなさん少し待っていてくださいねー!」


沙織「何だったんだろうねーあの子?ゆかりんだけに話しって…もしかして、恋の相談とか!?」

麻子「それはない」

「わたくしも、それはないかと…」

沙織「なっ…なによー二人して!もしかしたらっていう可能性はあるかも知れないじゃない!

……それはそうとさ、どうしてさっきから静かに怖い表情してるの?みぽりん」

みほ「………えっ!い、いやいやいやなんでもないよ!いやほんとに!」

「うふふ、みほさんらしくないですよ?」

みほ「あ、あはは…そうだよね…」

オ-イ ミナサ-ン

沙織「あっ!帰ってきたよ!」

麻子「意外と早かったな」

優花里「はあ、はあ、お待たせしました!」

「あの子、どうされたのですか?」

優花里「あう!あ、あの…その…話しにくいというか…」

沙織「なによー!話してよー気になる!」

みほ「…ねえ、私も気になるなあ…優花里さん?」

優花里「うう…内緒ですよ、実はですね…さっきの女の子に…」




優花里「告白されました」

沙織「」

「」

麻子「」


みほ「…」

4 : 以下、名... - 2016/04/13 18:59:55.81 yFbCYDmC0 3/11

麻子「こ…こくはく?」

沙織「ほらっ!ほらっ!言った通りでしょ?いや、言った通りじゃだめだよ!どうことよゆかりーん!」

「あらあら」キマシタワ-

優花里「じ、実はあの子一年で…戦車道の試合をたまたま見ていてわたしのことを知ったらしくて…。それからわたしのファンになったらしく…」

沙織「こ、こくはくってのは…愛の告白ってわけじゃないんだね…?」

麻子「…まあ、当然だろうな」

「残念ですわ…」

沙織「なにがよ!」

みほ「……ねえ優花里さん、一緒に帰らない?たまには二人だけで」

優花里「えっ!あ、あの…」

沙織「んー?どうしたのみぽりん」

みほ「ごめんね。私達実は用事があって…急いで帰らないといけないんだ」

「それなら仕方ありませんわね。行きましょう、沙織さん、麻子さん」

麻子「うー……ねむい」


優花里「に、西住殿…ひ、引っ張らないで…」

みほ「……」


みほの部屋

ドンッ

優花里「いたっ…ちょっと、西住ど…」

みほ「ねえ、優花里さん。あの子誰?」

優花里「だ、だからわたしのファン…」

みほ「嘘だよね?わたし、優花里さんが嘘ついてるのはっきりわかるんだよ?ねえ、どうして嘘つくの?告白はあれだけじゃなかったんでしょ?」

優花里「うう…そう、です。……わたしのことが、好き、だって……」

みほ「……いけない子だなあ、優花里さんは。あんな優花里さんのこと何も知らないような子に耳を傾けるなんて」グググ

優花里「そ、そんなこと…いた、いたい!」

みほ「……優花里さん、元はと言えばあなたが悪いんだよ?あの時……わたしに愛を誓ってくれたよね?」

優花里「わ、わたしは西住殿が一番です!だから…だから乱暴は…」

みほ「…ほんとに?」

優花里「え?」

みほ「ほんとに、わたしが、いちばん?」

優花里「あ…当たり前ですっ!」


みほ「えへへぇ……良かったぁ……・」ギュッ

優花里「に、西住殿?」

みほ「そうだよね、わたしのこと嫌いになるわけないもんね…良かった、良かった…うれしいよぉ///・」スリスリ

優花里「そ、そうですよ。わたしは…わたしは西住殿が一番、なんですから…」ナデナデ

みほ「えへへぇ…ゆかりさぁん…・」ギュ-ッ



優花里(嬉しいことには嬉しいでありますが…一体いつから西住殿はこんな…いわゆるヤンデレになってしまわれたのでしょう)



7 : 以下、名... - 2016/04/13 21:21:38.94 C15rXYPUO 4/11

優花里(事の始まりは一週間前…)


優花里「ええっ!?西住殿が…風邪?」

沙織「そうらしいんだよねー。朝担任の先生に言われたのよ」

「昨日までは何ともなさそうでしたのに…大丈夫でしょうか?」

「やあやあみんな〜どしたの?」

沙織「あっ会長!実はみぽりんが風邪で休んでて…」

「ふうん、めずらしいこともあるんだね〜。隊長不在ということは…指揮を取るのは…」

「……!!…………!!」ガミガミ

「…かーしまじゃあ無理だね。今日は整備だけして終わろっか」

「承知いたしました。行きましょう、沙織さん」

沙織「うん。ほら、ゆかりんも!」

優花里「え、ええ……」

優花里(西住殿…普段からわたしたちに気をつかって気丈なフリを…む、むむむ……)

優花里「か、会長!不肖、秋山優花里!用事を思い出したので早退するであります!」

「なんだと!秋山、一人だけそんなことがゆるさ…」

「…んー、ま、いいや。いっといで〜」

「早ぁっ!ちょ、ちょっと会長!」

優花里「あ、ありがとうございます!では!」


「ちょっと会長!良かったんですか!明らかにウソっぽいですよあれ!」

「大丈夫だって、あの子の用事知ってるから」

「な、なんですか……?」

「にしずみちゃんとこいくんでしょ」


みほの部屋

優花里「い、勢いに任せてここまで来たは良いですが確実に寝てるのでは…起こさないほうが…」

優花里「い、いやでもしかし!ここで引いては男…いやいやいや、女です!その女ですら…」ガチャ


優花里「がちゃ?」


みほ「ゆかり さん…なにしてるの…?」

優花里「ああっいや、その!あの!に、西住殿が心配で!お見舞いというか何というか…」

みほ「……」フラッ

優花里「!に、西住殿!」ガシッ 

優花里(すごい熱…と、とにかく運ばないと!)

8 : 以下、名... - 2016/04/13 21:37:03.42 C15rXYPUO 5/11


優花里「これでよし、と…」

みほ「ご、ごめん、ね…こんなことさせちゃって…」

優花里「い、いえ、問題ありません!西住殿のお役に立てたのなら…」

みほ「…ありが、とう…」

優花里(しかし…やはり普段から無理をされていたのですね…熱も疲労もすごい…)

優花里(……西住殿……)

優花里「にしずみどのっ!」

みほ「わ、ど、どうしたの?」

優花里「ご….ごめんなさい!ここまで無理をさせてしまって…考えてみれば全国大会やあの大学対抗戦…ずっと西住殿はお体を酷使されて…」

優花里「本当に…本当にごめんなさい…」

みほ「ゆ、優花里さん……」

優花里「……………」

みほ「……ありがとう……」ポロポロ

優花里「に、にしずみどの…?」

みほ「優花里さんにわたしのことを思われてると思うとうれしくて…けどね、優花里さん。わたしは一人で戦ってきたわけじゃないの。優花里さんや沙織さんたち、会長たち、澤さんたち……みんなで頑張ってきたんだよ?」

みほ「それに…優花里さん、も」

優花里「に、西住殿…!」

みほ「大丈夫だよ、ただの風邪だから…心配しないで!」


優花里(今なら…今なら言える気がする…)


優花里「西住殿…変かと思われても構いません。わたしに失望してくれても構いません。どうかわたしの話を聞いてくださいませんか?」

みほ「……うん、いいよ」

優花里「わたしには…好きな人がいます。その人はかっこよくて、やさしくて、たまにおっちょこちょいで…そして、みんなから憧れられる人なんです」

みほ「……うん」

優花里「わたしは…その人に告白しようと思います」

みほ「……」

優花里「西住殿、どうかわたしと付き合ってください!」

優花里(いっ……いってしまいましたあああ……)

みほ「……」ギュッ

優花里「え?」

みほ「わたしからも、お願いするね。…優花里さん。ずっと好きでした、付き合ってください」

優花里「あ、あああ…///」

みほ「返事は?」

優花里「は、はいぃ……///」


優花里(こうしてわたしと西住殿はお付き合いをさせて頂きました)


優花里(しかし…西住殿の愛は重すぎたのです…)



10 : 以下、名... - 2016/04/13 22:53:45.01 C15rXYPUO 6/11

翌日

優花里「んふふー、昨日は西住殿と…///」

優花里「っていけないいけない、朝練に遅れちゃう…急がないと」アセアセ

好子「優花里ー早くしなさい、西住さん待ってくれてるわよ!」

優花里「え…西住殿?」

みほ「ごめんね優花里さん、来ちゃった!一緒に学校行きたくて…」

優花里「きょ……恐縮です西住殿!け、けど良かったのですか?わざわざわたしを待って頂いて…」

みほ「当然だよ!だって」


みほ「恋人でしょ…?」ボソッ

優花里「……!!!//////」カアア


優花里(それから、お昼休みの時にも)


優花里「今日のランチメニューはなんでしょうかね!」

沙織「昨日はアジフライだったから…うーん……」

麻子「…カレーのにおいがする」

「たしか今日はカツカレーだそうですよ?」

優花里「いやっほう!最高だ…みほ「優花里さん」

優花里「はっはい?なんでしょう西住殿?」

みほ「実は…お弁当作ってきたの!味見してほしくて…」

沙織「えー!私も食べたいよみぽりーん!」

「みほさんの手料理、確かに気になりますね!」

みほ「うーんごめんね。最初は優花里さんにしようと思ってメニュー考えて作ってきちゃったの。量もあまり多くないし…またみんなの分作ってくるから!」

沙織「なーんだ残念…ちくしょー!愛されてるねゆかりん!」

「行きましょうか、二人とも」

麻子「そうだな…… ん?メニュー…?」


みほ「戦車格納庫で食べよっか。ね、優花里さん?」

優花里「え、ええ…」


みほ「どう?おいしい?」

優花里「す、すごく美味しいであります…味付けが完璧ですし盛り合わせも綺麗です!」

みほ「それは良かった!明日も作ってきてあげるね!」

優花里「 え? 」

みほ「当然だよ!だって



優花里さんのことが大好きだから…・」


優花里「」ゾクッ

11 : 以下、名... - 2016/04/13 23:18:50.18 C15rXYPUO 7/11

みほ「ねえ、今日泊りに来ない?優花里さん!」

優花里「え…でも悪いですよ…」

みほ「わたしが 泊まりに来て欲しいんだよ?」

優花里「お、親に許可を貰うので少し待って下さい…」

優花里(おかしい、明らかに西住殿はおかしい。これが恋人の普通なのでしょうか。いやそんな訳はない!)

優花里(わたしは西住殿が大好きです。誰にも負けないくらい世界で一番愛しています。けど…明らかに今の西住殿は…)

みほ「どうしたのー?優花里さん。許可貰えた?」

優花里「も、貰えましたよ!楽しみです〜…」

優花里(間違いないです。これヤンデレだ!
……まあ愛されてるって考えれば悪くないのかも…うん、きっとそうだ)


みほの部屋

みほ「今日はわたしがご馳走を振舞ってあげるね!優花里さんは寛いでて!」

優花里「あ、はい…///」


みほ「……クス」

みほ「出来たよ!優花里さん!」

優花里「こ、これは…すごいであります。西住殿、料理のセンスがすごいでありますね!」

みほ「この間から弁当作ってるのも、優花里さんのためにお料理の勉強したんだよ?」

優花里「!わ、わたしのために…?う、嬉しいであります!」

みほ「さあさ!たべてたべて?おいしいとはおもうよ!」

優花里「い、頂きます……!おいしい!おいしいでありますよ西住殿!」モグモグムシャムシャ

みほ「そう!良かった!」



みほ「ちゃあんと食べてね……?」



優花里「ごちそうさまで…うっ、ぐっ…!?」

みほ「あれれ〜どうしたのー?優花里さん」

優花里「なんだか…身体が熱くて、思うように動かなくて…」

みほ「そっかー薬が回って来ちゃったんだね」

優花里「く、くすり…?」

みほ「そうだよ?優花里さんの為にきもちよくなれるお薬をね…・」

優花里「はっ、はっ、はっ、…身体が、あつい、にしずみどの…にしずみどの!」ガバッ

みほ「きゃっ・ゆかりさぁん///」ジュンジュン

優花里「はっ…はっ…」

みほ「だーめ、まだお預けだよ?」グイッ 

優花里「に、にしずみどのっ、どうして・」

みほ「優花里さんがこれから一生わたしのかわいいかわいい飼い犬として生きてくれるって言うなら…ご褒美をあげてもいいよ?」

優花里「か、かいいぬ?」

みほ「そう!わたしだけを愛するわんちゃん。優花里さんにならなってもらえるかな?って!」

優花里「な、なります・なりますからあ・はやく、はやくごほうびをおお…・」

みほ「うふふ、よくできました!じゃあ…
おいで……?」コロン

優花里「にしずみどのっ!」ガバッ


12 : 以下、名... - 2016/04/13 23:26:30.79 C15rXYPUO 8/11

優花里「……」

みほ「すう…すう…」

優花里(わたし、昨日何をしたんですかこれ?なんで裸で二人とも寝てるんですかこれ?た、たしか昨日は…)

優花里「……////!!!」カアアアア


優花里(そうだ、わたしは…い、いぬみたいに…)


みほ「あれえ…おきてたの?ゆかりさあん…」

優花里「に、西住殿…」

みほ「ほら、まだ四時だよ?おいで…一緒に寝よう、優花里さん……・」

優花里「//////!!!は、はい……」

みほ「んーゆかりさんゆかりさんゆかりさんっ!大好き…大好きぃ……いいにおいがするよお…ゆかりさん…わたしのことすき?すきだよね?いぬだもんね?もう一生はなさないから……//////」

優花里(ああ、わたしは

この人の愛を受け止めきれるだろうか)


13 : 以下、名... - 2016/04/13 23:34:02.70 C15rXYPUO 9/11

優花里(……ということなのであります。わたしは西住殿のことが大好きですが、一歩間違えると西住殿に刺されそうな現実を生きております)

優花里(特に最近では)


みほ「優花里さん、今日1日は犬で生活すること!」

優花里「え?つ、つまり」

みほ「こら、ダメでしょ?犬が人間の言葉を喋っちゃあ。ほら四つん這いになって?なんのためにその首輪をわざわざ買ってきてつけさせてると思ってるの?」

優花里「う、うう…わ、わん」

みほ「よくできました!えらいえらい」ワシャワシャ

優花里「///」

みほ「それじゃあ、今日もいっぱいしようね…・」


優花里(と、アブノーマルなプレイもさせられることもあります。首輪は西住殿と二人のときは必ず付けてます。
最近こういうことに悦びを覚えてしまったわたしはもう戻れないのでしょう)


14 : 以下、名... - 2016/04/13 23:41:29.02 C15rXYPUO 10/11

優花里(そして今に戻るわけですが…今日は西住殿は会長達と用事があるらしく、先に帰っておいてと言われました。いつもなら待つのですが念を押されてしまったので…)

「あ、秋山さん!」

優花里「あ、元気でありますか?」

優花里(告白をくれたこの子とは最近ちょくちょく会っています。もちろん西住殿には秘密です)

「今日は長く居られるんですね!」

優花里「ええ、今日は…ですけどね」ハハ

「やったあ!秋山さんと長く居られるなんて、うれしいです///」ギュッ

優花里「あはは、大袈裟でありますよ」



「ふうん」

「やけに最近他の女の匂いがすると思ったら…」

「そういうこと、だったんだ?優花里さん」


優花里「!!!!」ゾオッ

優花里「に、にしずみ……どの……」

みほ「もう一度、聞こうか」




みほ「優花里さん、その女の子、誰?」

15 : 以下、名... - 2016/04/13 23:43:25.38 C15rXYPUO 11/11

終わりです。雑な終わり方でごめんなさい。
みほゆかもっとふえろ

記事をツイートする 記事をはてブする