1 : 以下、名... - 2016/04/11 13:03:57.89 HsdZ5niW0 1/15

・みほゆか成分多めです
 
・シリアス展開で行きます
 
・優花里が戦車面以外ではコミュ症な設定です
 
・書き溜めはしてないのでゆっくり更新します

元スレ
優花里「仕方ないであります」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1460347437/

2 : 以下、名... - 2016/04/11 13:19:30.93 HsdZ5niW0 2/15

 
 
―――――――――――――――――――――――

練習中
 
みほ「麻子さん!右に40度迂回しつつその先の森に入ってください!」
 
麻子「了解」ガコッ
 
優花里「装填、完了しました!」
 
みほ「森の中の開けた場所でUターン、正面から迎え撃ちます!麻子さん、華さん準備はいいですか?」
 
麻子「任せろ」グググッ
 
「了解しましたわ。花を生けるときのように・・・」ガチャ
 
沙織「敵、正面から来るよ!」
 
みほ「構えて・・・撃て!」
 
―――――――――――――――――――――――
――――――――――――――――――
――――――――――――
 
「今日の練習は終了だ!全員解散!」 
 
沙織「いやーみんなお疲れ!今日もクタクタだよ~・・・」
 
「ふふ、お疲れ様でした、沙織さん。そしてみなさんも」
 
麻子「・・・私はもう帰って寝る。というかここで寝る」
 
沙織「もう、麻子~・・・あっ、そうだ!みんなで帰りにアイス屋よってかない? 麻子、おごってあげるからさ!」
 
麻子「・・・なら、いく」
 
「みほさんと優花里さんは如何いたしましょう?」
 
みほ「あっ私も行きたいです!」
 
優花里「・・・・・・」
 
「・・・優花里さん?」
 
優花里「・・・あっ!わっ私も!私もご一緒させてください!是非っ!」
 
沙織「おっけーおっけー、じゃあ行こう!」
 
 
 
優花里(・・・やっぱり・・・私は、まだ・・・)

3 : 以下、名... - 2016/04/11 13:38:32.97 HsdZ5niW0 3/15

 
優花里(私の名前は秋山優花里といいます。それぞれある人生の中でも一番最高な戦車道を嗜み、大切な仲間達と日々大切に過ごしている・・・はず、なのですが。)
 
沙織「んー?どうしたのゆかりん。元気ないよ?」
 
優花里「ひっ!?いっ・・・いえ、なんでもないでありますよ武部殿~・・・っ」
 
 
優花里(実はわたし、コミュ症という奴なのです。・・・それも”重症”の)

優花里(戦車道をしているときやなにかしら戦車に携わっているときはまた別で、そこにはまったく別の”秋山優花里”が顔を出すのですが。・・・日常生活となると、どうも・・・)
 
優花里(きっとそれも・・・ずいぶん昔の出来事から、来ているようで)

 
―――――――――――――――――――――――
13年前

淳五郎「優花里、誕生日おめでとうな!ほら、おもちゃ買ってきたぞ~?」
 
好子「あら!よかったね~優花里~」
 
淳五郎「いちおう二つあるんだけど・・・このボコられ熊?のボコと・・・じゃーん!戦車だ!」
 
好子「戦車なんて・・・優花里喜ぶかしらね?ねえ優花里~」
 
優花里「・・・!せんしゃ!せんしゃ!!」
 
好子「あ・・・あら?ボコちゃんは?」
 
淳五郎「そうか!戦車が好きか!よーし、じゃあ今日からこれはお前の戦車だ!」
 
優花里「せんしゃ!せんしゃー!」
 
 
―――――――――――――――――――――――
10年前
 
入学式
 
淳五郎「ついに優花里も小学生、か・・・早い・・・早いもんだな・・・っ」
 
好子「こらこら、まだ泣かないの!人生始まったばっかりなんだから・・・それにしてもあの子、友達ちゃんとできるでしょうかね?戦車ばっかりだから・・・」
 
 
 
優花里「ねえねえっ!戦車ってしってる?」
 
「えー?せんしゃ?あ、あのおっきいのでしょ!」
 
「けどあれ、おかあさんはふくがよごれるからのっちゃだめだって!」
 
「あんまりきょうみはないかな~」
 
優花里「・・・え・・・そ、そう、なんだ」
 
 
 
優花里(きっと、あの頃からわたしの”日常”は大きく変わっていったのだと思います)

5 : 以下、名... - 2016/04/11 13:53:57.47 HsdZ5niW0 4/15


キーンコーンカーン
 
「ねえねえっ!おひるやすみ、なにしてあそぼうか?」
 
「おままごとしよう!わたし、せんせいにかくれておにんぎょうさんもってきたんだ!」
 
「いいね!だれさそおっか?」
 
「ミチコちゃんでしょ??サトシくんでしょ?カズマくんでしょ?ユウキくんでしょ?それで、わたし!」
 
「おんなのこ、ひとりたりなくない?」
 
「そうだね~・・・あっ、・・・あそこにユカリ”さん”ならいるけど・・・」
 
「やめとこ!あのこ、いっつもせんしゃのはなししかしないし!」

「そうだね!ごにんでやろう!」
 
 
ワイワイ

優花里「・・・ぐすっ」
 
 
 
ユウキ「・・・」
 
―――――――――――
 
先生「あら、優花里さんどうしたの?お昼休みなのに一人で・・・」
 
優花里「・・・みんなが、みんなが戦車がきらいって・・・あそんでくれないの」
 
先生「・・・優花里さんは、戦車が好きなの?」
 
優花里「すき!だいすき!・・・けど・・・戦車が好きなままだと、みんな・・・みんなわたしを・・・」
 
先生「・・・いい?優花里さん」
 
優花里「?」
 
先生「あなたの戦車に対する愛情はすばらしいものだと思うわ。けど、戦車が本当に好きなら戦車を嫌いになることだけは絶対にダメ」
 
優花里「え・・・けど、けどっみんなが!」
 
先生「みんなには先生から厳しく言っておくわ。いい?優花里さん。あなたの戦車に対する愛が本物なのは知ってる。だからこそ、誰かに合わせて本当に好きなものを捨てちゃダメなのよ。なにを隠そう、私も戦車・・・いえ、戦車道、かしら。大好きなんだから!」
 
優花里「・・・えっ・・・!」
 
先生「学生のころね、戦車道を私は学んでいたの。戦車のすばらしさを知ったわ・・・。ちょっと変な勧誘みたいになっちゃうけど、優花里さんにも将来戦車のすばらしさを知ってほしいの! だから、嫌いになっちゃダメ。あなたが”本当に好き”と思うならね。・・・子供には、難しい話だったかしら?」
 
優花里「むずかしくない!むずかしくないよ、せんせい!・・・わたし、せんしゃどう、やってみたい!」
 
先生「・・・そう、ありがとうね。今の時代、戦車道には本当に好き嫌いのある人たちが多いから・・・うれしいわ、先生。あの子たちにはちゃんと私からキツくいっておくから、安心して?」
 
 
 
優花里(あの日、私は始めて認められました。戦車に対する愛を・・・。まあ、これで話が終わるようなら、戦車道以外の”日常”にトラウマを抱えることはないわけで)
 
 

6 : 以下、名... - 2016/04/11 14:10:48.14 HsdZ5niW0 5/15

 
「せんせいにおこられちゃった・・・」
 
「わたしも!ユカリさんのすきなことをきょぜつ?しちゃダメだって!」
 
「オレもおこられた・・・」

「ボクも!ユウキはどうだった?」
 
ユウキ「あ・・・いや、ぼくもおこられたよ。」
 
「ユカリさん、ひどい!わたしたちのことわるくいうなんて!」
 
「けどユカリさんとあそばなきゃあたしたちがおこられちゃうよ・・・」
 

優花里「みんな、あっあそぼうよ!」
 
「・・・」
 
「ユカリさん、わたしたちのことわるくいったんだ?」
 
優花里「えっ、ちっ・・・ちがうよ!わたしは・・・わたしは、なにもっ!」
 
「ウソつけ!じゃあオレらがおこられるわけねーだろ!」
 
「そうだ、そうだ!」
 
「・・・ユカリさん。つぎ、わたしたちのことをせんせいにゆったら・・・みんなであなたのこといじめるから」
 
優花里「そ・・・そん、な・・・わだしは・・・わだしは、だだっ・・・」グスッ
 
 
優花里(みんなと仲良くなりたかっただけなのに。けれどあのころわたしは理解されることなくひとりぼっちのままでした)
 
 
 
優花里(”あの子”がくるまでは・・・)
 
 
秋山理髪店

ガチャ
優花里「ただいま・・・」
 
好子「あら、おかえり!・・・友達は、できた?」
 
優花里「・・・」トタトタ
 
好子「・・・困ったものね。あの子も・・・」
 

優花里自室
 
優花里「ううっ・・・ぐすっ、なんで、なんでみんな戦車がきらいなの・・・? なんでわたしのことがきらいなの・・・? せんせぇ・・・ううっ、うわあああん・・・」
 
 
ユウキ「いま・・・このおみせにはいっていったよな。うう・・・どうしよう、きんちょうする・・・」
 
好子「あら、お客さん?」
 
ユウキ「うわっ!いっいや、ちがいます!ぼくはユカリさん、って人をさがしてて・・・」
 
好子「あら!優花里のお友達かしら?どうぞどうぞ、・・・あら新しいお客さんみたい。二階のすみっこの部屋が優花里の部屋だから、あの子に会ってあげて。私、いまからお客さんの相手をしないとだめだから・・・」
 
ユウキ「あっ・・・はい!(や、やばいぞ・・・ユカリさんとははなしたことがないくらいなのに・・・)


7 : 以下、名... - 2016/04/11 14:26:47.01 HsdZ5niW0 6/15

ユウキ「こ、ここ・・・だよな。ユカリさんの、へや」
 
ガチャ

ユウキ「お、おじゃましまーす・・・」

優花里「ふ、ふえっ!?ユ、ユウキぐんっ?」グスッ
 
ユウキ「うわわっ!な、なんでないてるんだ!?」
 
優花里「・・・グスッ ・・・なにしに、きたの・・・?わだじを・・・また、ばかにしにきたの・・・?」
 
ユウキ「ち、ちがうよ!がっこうでははずかしくていいだせなかったけど・・・きょ、きょうみあるんだ!戦車!」
 
優花里「・・・えっ?」
 
 
 
優花里(わたしは最初、何を言ってるんだろう?と思いました。けれどユウキくんと話してるうちに、本当に戦車に興味がある子だと分かりました。私にとっては、初めての友達となりました。)
 
ユウキ「へえ、これが・・・」

優花里「うん!ティガー1!すっごくつよい戦車なんだよ!」
 
ユウキ「あ、もうこんなじかんだ・・・ごめんね、ユカリさん。ぼく、もうかえらないと!」
 
優花里「え・・・あっ、うん。そうだよね。5じ、だもんね・・・」
 
ユウキ「また、あそびにくるから!ね?」

優花里「う・・・うんっ!ぜったい!ぜったいだよ!」
 

8 : 以下、名... - 2016/04/11 14:43:27.30 HsdZ5niW0 7/15

学校
 
「おいユウキ、おまえあきやまりはつてんってさんぱつやにはいらなかったか?」
 
ユウキ「えっ・・・なんで?」

「ばかおまえ、あそこはあのユカリのうちだぞ!せんしゃバカになっちまうよ!」
 
ユウキ「・・・っ!そ、そうなんだ。ぼくはしらないけど」
 
「やっぱりきのせいか、そうだよな!」
 
 
優花里「・・・」
 
 
優花里「ユウキくん、これからはわたしのおうちであそばないようにしよう」
 
ユウキ「えっ・・・なんで!戦車、いっぱいあるのに!」
 
優花里「いいの。・・・ユウキくんがきらわれるよりか、ずっとましだよ」
 
ユウキ「・・・ごめんね、ユカリちゃん」



―――――――――――――――――――――――

秋山理髪店 優花里自室
 
優花里「ふうっ・・・」ドサッ
 
優花里「今日も疲れたでありますな~・・・」
 
優花里「それにしても今日の西住殿はかっこよかったでありますなー! 撃て!だって・・・一生聞いていたくなるくらいであります~・・・」ワシャワシャ
 
優花里「それに・・・武部殿も状況を的確に伝えてくれたし、冷泉殿もあんなに指示通り運転できるのはなかなか出来ないことでありますし、五十鈴殿もあれだけの集中力であの命中率・・・」
 
優花里「わたしは・・・ただ、装填してるだけ」
 
優花里「・・・仕方ないであります。わたしは、戦車を愛してるだけの能無し、ですから」
 
優花里「潜入捜査もあまり役にたったことはないし、戦車道中以外では自分から話しかけることも・・・。・・・昔よりは、まだマシ、なのでしょうが」
 
優花里「・・・西住、どの」

9 : 以下、名... - 2016/04/11 15:03:11.66 HsdZ5niW0 8/15

※時系列的には聖グロとの親善試合から全国大会開始までの間と思っていただければ幸いです

優花里(西住殿、西住みほ殿。わたしがこの世でもっとも憧れて、そして・・・私のもっとも  する存在)
 
優花里(けれど彼女と私では、住む世界が違う。そう思ってました。・・・大洗女子に転校してくるまでは)
 
 
「よかったら、いっしょに戦車探さない?」
 
 
優花里(あの時、私の全てが変わったような気がします。今までいなかった仲間が出来た。そして戦車道を始められた。つらいこともみんなで乗り越えられる気になれた・・・気がします)
 
優花里(だからこそ・・・西住殿の役にたちたい。西住殿の全てになりたい。わたし自身、これはおかしい感情だとおもいます。・・・わたしが西住殿を するなんて)
 
優花里(けど、わたしは勇気をだせないままであります。わたしの過去が、それを邪魔するのです)
 
 
 
―――――――――――――――――――――――
3年前

優花里(相変わらず、わたしには友達がいない。あの日から戦車の話をするのが怖くなってしまった。もちろん理解してくれる人もいるのかもしれないけれど・・・何と言うか、話す気にはなれなかった。思い出してしまうのが、こわかったから。けど、そんなわたしにも理解者はいてくれました)
 
ユウキ「おはよ!優花里さん!おんなじクラスだったね!」
 
優花里「あ・・・ユウキくん!おはよう!」
 
ユウキ「ねえ、今日帰ったら戦車ショップいってみない?」
 
優花里「うん!喜んで!」
 

 
優花里(まさか、この時は・・・ユウキくんがあんなことをするなんて思っても見ませんでしたが)
 
 
 

11 : 以下、名... - 2016/04/11 21:01:53.58 HsdZ5niW0 9/15

ショップ内

優花里「ほらっみてみて!これがヤクトティーガーっていう戦車で、これがティーガーⅡ! 二つとも黒森峰女学園っていう大きな学校で今全国大会を6連覇してる学校なんだよ!」
 
ユウキ「う、うん・・・それにしても優花里さん・・・やっぱり、戦車の話をしてるときは人が違うというか、なんというか・・・」

優花里「あぅ、ご、ごめんなさい・・・つい興奮しちゃって」
 
ユウキ「いや、気にしないで!・・・それにしても、戦車道が男子の嗜みにもあったらなあ・・・。どんなにうれしかったか」
 
優花里「あっ・・・そう、だよね。ユウキくん、そろそろ科目選択だもんね」
 
ユウキ「それにしても優花里さん、なんで戦車道のある学校へ行かなかったの?

友達もでき・・・い、いやっごめん!なんでもない!」
 
優花里「・・・いや、いいよ。今日はかえるね」
 
ユウキ「あ・・・ゆ、優花里さん・・・」
 
 

優花里(なぜこうにも憧れ、そして愛している戦車をこの手で扱える戦車道に進まなかったのか。この茨城にその学校がなかったというのもありますが・・・)
 
優花里(自分は果てしなくドジでおっちょこちょいで、人とはちょっと違うところがあるみたいです。なぜか小学校のころパンチパーマに憧れてみたり、戦車のことになると性格が変わったり。だからあのような結果を引き起こしてしまったのでしょう。)

優花里(私は・・・もう、人とかかわるのが怖い)



優花里(私の支えは戦車と家族と・・・彼、ユウキくんだけ、だったのです)


12 : 以下、名... - 2016/04/11 21:26:16.97 HsdZ5niW0 10/15


―――――――――――――――――――――――


優花里(あれから1年たち、中学二年のころ。ユウキくんはもう、あまり戦車には興味を示さなくなりました)


ユウキ「――――・・・」

優花里「あ・・・お、おはよう、ユウキくん」

ユウキ「ああおはよう優花里さん。クラス違うんだってね?残念だったね」

優花里「う・・・うん。そ、その隣にいる子は・・・」

ユウキ「ああ、ぼくの彼女だよ。○○○っていうんだ」

「だれ?この子」

ユウキ「友達さ。それじゃあぼくはもういくから。じゃあね、優花里さん」

優花里「う、うん・・・じゃあ、ね」


優花里(私は、またひとりぼっちになってしまいました)


―――――――――――――――――――――――

優花里「――――というわけなのでありますよ!」

沙織「ふーむなるほどねー。つまりそのシャーマンファイアフライ?ってのがやばいわけだね?」
 
麻子「・・・この間潜入してたのにまだ相手戦車を調べてたのか」

沙織「いいじゃん!私たちのためにやってくれてるんだし・・・・

敵の調査も立派なせんしゃどーだよ!たぶん!」

麻子「・・・まあありがたいはありがたいが。この間の潜入調査のときは見つかってしまって、情報はそのファイアフライが出るという事しか掴めてなかったし」

優花里「あっ・・・ぅ、ご、ごめんなさい、役立たずで。・・・ごめんなさい・・・」

沙織「あっゆかりん・・・こら麻子!言いすぎだよ!」
 
麻子「うわわ、す、すまない秋山さん。悪気はなかったんだ!(・・・いうほど私、キツく言ったか?)」

「・・・ねえ、みほさん。優花里さんのこと、なのですが・・・」

みほ「・・・うん。私も少し気になってた。戦車に乗ってるとき以外のあの性格・・・。

今度、私から話してみるよ。なにがあったのか。」

「・・・ええ。そのほうがいいでしょうね。・・・仲間、なのですから。」

15 : 以下、名無しに変わりましてSS速報VIPがお送りします - 2016/04/12 16:45:09.92 rlZU9m8uO 11/15


優花里(時は過ぎ、文化行事。私たちは音楽を演奏することになりました)


「――――こら、秋山さん!また間違えたの?」

優花里「あっ…ご、ごめんなさい、先生」

「なにー?また間違えたの?あの子」

「ユカリさんだっけ?あの子ほんと意味わかんないよねー」

「今時戦車ですって。誰もやらないわよ、そんなもの」

ヒソヒソ ヒソヒソ

優花里「…うっ…ぐすっ…」



ドサッ
「ねえ優花里さん。それ運んどいてよね」

優花里「えっ…で、でもその楽器は…」

「何?私たちの楽器だから自分で運べっていいたいの?」

「あなた、今日何回失敗したと思ってんの? あなたのせいで私たちまで居残って練習させられたじゃない!」

「ほんとよ!少しは役に立ちなさいよ!グズ!」

優花里「あ、あうう…ごめんなさい…ごめん…なさい…」


優花里「私…私は、なんのために…どうして生きてるんだろう…もうわかんないよ…」

16 : 以下、名無しに変わりましてSS速報VIPがお送りします - 2016/04/12 17:06:36.63 rlZU9m8uO 12/15


―――――――――――――――――――――――

優花里「あうっ!…ぐっ…!どうして…?どうして、こんなことするの…?」

「優花里さん、戦車ショップとかいつもいってるんでしょ?」

優花里「……!?だ、だれがそんなことを…」

「ユウキくんから聞いたわ。あなた、ご飯食べるのも我慢して戦車グッズ買ってるんですってね。ちょっとそれを分けて欲しいなあ…って。」

優花里「…!ユウキくん…が…?う、うそ。そんな…」

「いいからさっさと寄越しなさいよ!」

優花里「あぐっ!ぐっうう、げほっごほっ…」

「うわ、こいつこんなに持ってるわよ!」

「戦車なんかに使うよりかはよっぽどマシね。ねえ、優花里さん?」

優花里「あ、あぐ…お願い、がえじて…」

「うるっさいわね!いい加減にしなさいよこのグズ!」

「あんたみたいな戦車バカ、何の役にも立たないくせに…これくらいのことは役に立ちなさいよ」

「そんなに戦車を語りたいなら戦車道のある学校に行けばいいものを…バカじゃないの?あんた!鬱陶しいのよ!」

優花里「……!!」



秋山理髪店

好子「あら、おかえ…ど、どうしたの!その傷!?」

優花里「……ころんだ、の」

好子「転んだってあんた…待ってなさい!すぐ救急箱持ってくるから!」



好子「……よし、と。……ねえ、優花里、あなた…学校でいじめられてるの?」

優花里「…そんなこと、ないよ。ほんとに…ほんとに、転んだだけだから」

好子「……それなら、いいわ」


優花里自室

ドサッ

優花里「うっ、うわあああああああああっ…。うぐっ、うぐっ、うええええええええ…」


優花里(この頃からわたしは完全に殻に閉じこもってしまいました。
ユウキくんはあれからわたしとは口を聞いてすらくれませんでした。

わたしは、なんのために生きてるのでしょう。
わたしはやっぱり何も意味のない人間なんだ。
人より少し腕力があるけど、ただ、それだけ。
戦車道を進む勇気すらない…わたし…わたしは…)

17 : 以下、名... - 2016/04/12 19:11:56.77 0ZXoekHe0 13/15

優花里「・・・今日も、学校・・・やだな」

優花里「そうだ、戦車・・・戦車ショップ、行こう。もう、私には・・・戦車、しか」


戦車ショップ

優花里「・・・きれい、だなあ。かっこいい・・・なあ」

優花里「わたし・・・は。きたないんだ。なんの価値もないかっこわるい人間・・・」グスッ

TV「えーつづいて中学二年にして○○中学校を全国優勝へと導きました、西住みほさんです!」

優花里「・・・?わたしと、同い年・・・?」


みほ『ふええっ、い、インタビューですか・・・?あ、あうう・・・恥ずかしい・・・』

TV『今のお気持ちをお話ください!』

みほ『えっ、ええと・・・こ、こんなわたしでもがんばってここまで辿り着きました! すごくうれしいです・・・だから、え、ええと・・・あの・・・みなさんも・・・みなさんも頑張ってください!うう・・・』

『あはは なによそれー』 『隊長、もっとしっかりインタビューしてくださいよー』


優花里「・・・いい、なあ。わたしも・・・わたしも・・・」



優花里(     ・・・あなたになりたい・・・     )

優花里(それがわたしの西住殿に対する初めての感情でした。学校で友達は結局つくろうとはしませんでしたが、あの日からずっと西住殿の活躍はメディア等から発展し生で会場を見に行ったりと拝見していました)

優花里(そして、大洗女子学園に入学・・・ここでも友達が出来ることはないだろうと思っていたし、作ろうとも思いませんでした)

優花里(そんなわたしに・・・突如、運命が訪れたのです)


18 : 以下、名... - 2016/04/12 19:28:49.07 0ZXoekHe0 14/15


―――――――――――――――――――――――

「今日の練習は終了!早く帰って休め!」

沙織「いやー今日もつかれたねー!」

優花里「そ、そう、ですね・・・ではわたしはこれで・・・」

「・・・みほさん。お任せしても?」

みほ「・・・うん。ねえ!優花里さん!」

優花里「ひっ!?な、なんでしょう・・・」オドオド

みほ「話があるの。・・・二人だけで」


―――――――――――――――――――――――

みほの部屋

優花里(にっ・・・西住殿の部屋に・・・ふたりっきり・・・)ドクンドクン

みほ「ねえ、優花里さん。」

優花里「はっ・・・はい!」

みほ「教えてほしいの。どうして優花里さんが戦車道以外のときはなんというか・・・人が違う、というか・・・何かに怯えてるというか。わたしの気のせいであれば、それでいいんだけど・・・」

優花里「・・・やっぱり・・・変、ですよね。ごめ・・・」

みほ「謝らないで!ねえ、やっぱりおかしいよ、優花里さん。何があったの? わたしでいいなら話してみて?」

優花里「だ・・・ダメです、西住殿。わたしの汚い過去を知ってほしくないんです・・・」

みほ「わたしは・・・優花里さんの過去を知らないけど・・・汚くなんてないよ! だって、だって戦車やわたしたち仲間を・・・大切にしてくれてるんだから」


優花里「・・・!」

「誰かに合わせて本当に好きなものを捨てちゃダメなのよ 」

「きょ、きょうみあるんだ!戦車!」

「あんたみたいな戦車バカ、何の役にも立たないくせに・・・」

「みなさんも・・・みなさんも頑張ってください!」


優花里「うっ・・・うぅぅうううう・・・え」

みほ「ゆ、優花里さん!?」

優花里「うわあああああああああああん・・・」


優花里(西住殿はオロオロしながらも私をギュッと抱きしめて私が泣き止むのを待ってくれました)

優花里(すごく、あたたかくて・・・ほっとする温もりでした)

20 : 以下、名... - 2016/04/12 20:21:33.40 0ZXoekHe0 15/15


―――――――――――――――――――――――

みほ「・・・そっか。そんな・・・ことが」

優花里「・・・わたしは、もう自分自身が分からなくなっていたんです。戦車が好きな”秋山優花里”はもう人前では捨てよう、誰にも干渉されない”秋山優花里”でいようと考えてました。けど・・・戦車のことになるとつい”わたし”が出てきます。嫌われるって分かってるのに・・・仕方ないのでありますよ・・・」

みほ「・・・ううん。嫌いになんかならないよ、優花里さん」ギュッ

優花里「・・・え」

みほ「わたしたち・・・いや、わたしはね。戦車が大好きで、ちょっとおっちょこちょいで、力持ちで、優しくて、そして仲間思いで、そんな優花里さんが・・・大好き、だよ」

優花里「あ・・・うぅ・・・

うえぇぇぇ・・・」

みほ「・・・これからは、わたしたちが友達だから。遠慮することなんてないんだよ。わたしたちあんこうチームだけじゃない。生徒会の人たちや1年生の後輩たち・・・エルヴィンさんたちもバレー部さんたちも・・・みんな、優花里さんの味方、だよ」

優花里「うっ、うぐっ、うわああああああ・・・あ、ありがとう・・・ありがとう・・・」



優花里(こうして・・・わたしは今の秋山優花里へと戻ることができたのです)



―――――――――――――――――――――――

沙織「?ゆかりん、なにしてんの?アイス屋はやくいこーよ!」

優花里「あっ・・・はい!ただいま!」

優花里(こうして、今の日常を深く楽しめることが出来ました! 全てみんなの・・・そして西住殿のおかげです)

優花里「西住殿!はやくいきましょう~!」

みほ「あはは、まってよ優花里さん!」





みほ「・・・クス」




記事をツイートする 記事をはてブする