関連
葉隠「強くてニューゲーム……って、俺がだべ!?」【前編】

356 : ◆YySYGxxFkU - 2014/11/25 22:21:33.91 O4kz9esx0 165/912

<夜、体育館>

モノクマ「あらら、本当に殺人が起きなかったね」

モノクマ「先生は残念です……」

モノクマ「なので、予告通り秘密をバラすことで鬱憤を晴らすことにするね」

葉隠(日中は予想したとおり、特に何も起こらなかった)

葉隠(俺は昨夜の出来事について話そうと思って大和田っちを探していたが、俺の姿を見るなり逃げられた。……避けられているみたいだべ)

葉隠(今は夜時間前。俺たちは昨日と同じく、モノクマの放送により体育館に集められた)

葉隠(そこで俺たちの隠したかった秘密が暴露されていった)

朝日奈「苗木って小学生までおねしょしてたんだね」

山田「意外ですぞ」

苗木「………………」

霧切(また、黙りこくって……。苗木君、あなたはどうやったら前を向いてくれるのかしら)

朝日奈「さすがにこれには反応すると思ったんだけど」 ヒソヒソ

山田「無反応ですな」 ヒソヒソ

358 : ◆YySYGxxFkU - 2014/11/25 22:32:35.06 O4kz9esx0 166/912

葉隠「それにしても石丸っちの隠したい秘密が『祖父が総理大臣だった』なんて意外だべ。そんなに隠したいことだべか?」

石丸「……僕にとっては恥ずべき事実なのだよ」

葉隠「そ、そうだべか」

葉隠(石丸っちも色々苦労してるんだべな)

山田「セレス殿が餃子好きだったとは驚きですな。今度作ってみますぞ!」

セレス「あらあら、奴隷根性が染み込んでいるようで何よりです」

セレス(それにしても私の秘密……どうして本名や夢についてでは無かったのでしょうか……?)

セレス(それだったらなりふり構わず殺人を企てたのですが……)

セレス「………………」

セレス(……それは恐らくこの動機で私を狙い撃ちするつもりでは無かったから……?)

359 : 今さらですが脳内補完バリバリで読んでください。(´・ω・`) ◆YySYGxxFkU - 2014/11/25 22:40:29.90 O4kz9esx0 167/912

そして暴露を待つのは残り三人となった。

モノクマ「それじゃあ次だね。超高校級のプログラマーである不二咲千尋。彼女の隠したい秘密とは……」

不二咲「ちょっと待って、モノクマ」

モノクマ「……ん、何だい? もしかして秘密をバラすな、っていいたいのかな」

モノクマ「だとしたら、甘いよ。甘い! 人の秘密を聞いといてそんな言い分が……」

不二咲「そうじゃないんだ。……僕の秘密は僕自身が話したいんだ」

モノクマ「ふーん。……まあ、やる気も出ないしそれぐらいどうだっていいよ」

葉隠(モノクマのテンションは終始低い。殺人が起きなかったのが堪えたんだろう)

葉隠(江ノ島盾子は自信家で気分家だったから、自分の思い通りに行かないと気分が落ち込むのも早いんだろう)

不二咲「うん……じゃあ言うね」

不二咲(……大丈夫。このみんななら受け入れてくれるはず)

不二咲(それに強くなるためには……自分を偽ってちゃダメなんだ……!)


不二咲「ぼ、僕は…………本当は男なんだ」

360 : ◆YySYGxxFkU - 2014/11/25 22:59:42.06 O4kz9esx0 168/912

一同「………………」

葉隠(不二咲っちの秘密の暴露にみんなが固まる)

葉隠(あの霧切っちや十神っちでさえ意外そうな表情になっていた)

葉隠(……そういえば霧切っちが不二咲っちを男だと見抜いたのは、大和田っちの呼び方の変化からだったからだべ)

葉隠(この周回では裁判も行っていないし、大和田っちが不二咲っちを呼ぶ場面が無かったから気づけなかったんだろう)

葉隠(驚いていないのは俺と苗木っちと大和田っちと腐川っちだけ)

葉隠(苗木っちはともかく、俺以外の二人はまだ秘密が暴露されていないから、顔面蒼白になっていて驚く余裕がないみたいだべ)

朝日奈「不二咲ちゃんが男……?」

モノクマ「あれ? 気づいてなかったの?」

山田「男の娘キターー!!!」

大神「……それでトレーニングを拒んでいたのか?」

十神「男なら女子更衣室には入れない……そういうことか?」

霧切「……それなら生徒手帳を見せてもらえる? 疑うようで悪いけど、ちょっと信じられなくて」

不二咲「そ、そうだよね。……ほら」

電子生徒手帳を皆に見せる不二咲。

霧切「……本当なのね」

朝日奈「けど、それならどうして女みたいな格好を……?」

361 : ◆YySYGxxFkU - 2014/11/25 23:18:34.66 O4kz9esx0 169/912

不二咲「それは……僕の弱さのせいなんだ」

そして女の格好をするに至った訳を話す不二咲。

不二咲「だけど、大和田くんや葉隠くんと出会って僕だって変われるって思ったんだ」

不二咲「その……今まで騙すような真似をしてごめんなさい」

朝日奈「いいよ、そんなことくらい」

山田「そうですぞ、性別なんて飾りなのです。偉い人はそれが分かってないのですぞ」

セレス「まさかそれは男の子でもいけるということですか……?」

どうやらみんな受け入れムードのようだ。

葉隠(みんなを殺そうとした今の苗木っちでさえ受け入れたみんなだから心配はいらないと思っていたけど……)

葉隠(本当に良かったべ)

362 : ◆YySYGxxFkU - 2014/11/25 23:40:01.08 O4kz9esx0 170/912

モノクマ「はいはい。そこらへんでお涙ちょうだいの話は終わりにしてくださいね」

モノクマ「まだ、秘密の暴露が終わっていないのが二人いるんですから」

朝日奈「あ、そうだったね」

モノクマ「むきー!! 忘れていたって言うんですか!?」

モノクマ「ボクは今か今かと楽しみにしてたっていうのに!」

朝日奈「ごめんってば」

セレス「さっさと続きを言えばいいじゃないですか」

暴露を待つのは残り腐川と大和田の二人。

だが、その二人を除いた空気は完全に弛緩していた。

今まで女だと思っていた人物が実は男だった。

これ以上の秘密の暴露があるだろうか?

それに比べたら残りは大したことのない秘密だろう。

無意識の内にそう思って気が抜けているのだ。

葉隠(これ以上の秘密なんだけどな……)


モノクマ「それじゃあ発表します!」

モノクマ「超高校級の文学少女、腐川冬子さんの抱えるみんなに言えない秘密とは」

腐川「やめて!! 発表しないで!!」

葉隠(よりによってそっちからか……)



モノクマ「巷を騒がす連続殺人鬼ジェノサイダー翔。その本人であることです!!」




364 : ◆YySYGxxFkU - 2014/11/26 00:23:13.40 VvMmMcXh0 171/912

朝日奈「ジェノサイダー……」

山田「翔……?」

大神「確かその名前は」

セレス「あらあら、ただの根暗な人かと思えばそんな刺激的な趣味をお持ちでしたか」

腐川「いやああああああああああ!!!!!!」

葉隠(腐川っちが叫びながら崩れ落ちた)

霧切「……本当なの、モノクマ?」

霧切「私の勘なんだけど彼女に人が殺せるとは思えないのだけど」

葉隠(記憶を失っているというのに、探偵としての勘が働いたのだろうか?)

葉隠(ジェノサイダー翔は二重人格。確かに腐川冬子には人が殺せないから正解だべ)

モノクマ「それは……」

十神「それは俺から説明しよう」

葉隠(十神っちノリノリだべ)

365 : ◆YySYGxxFkU - 2014/11/26 00:48:21.84 VvMmMcXh0 172/912

霧切「どうして十神くんが……?」

十神「フンッ。俺はやつから話を聞いたからな」

腐川「それはみんなには話さないって約束で……!」

十神「俺がいつそんな約束を請け負った? おまえが自己満足で言っていただけだろう?」

十神「それにこの状況で秘密にすることに意味があるとでも言うのか?」

腐川「でも……!」

十神「ほら、さっさとあっちと変われ。言葉で説明するより前に、あっちを見せた方が早い」

腐川「それは…………」

十神「いいからやれ」

腐川「はいっ!」クシュン!!

葉隠(腐川っちがくしゃみをする)

葉隠(それは人格を変えるためのトリガーだべ)



ジェノサイダー翔「呼ばれて、飛び出てじゃじゃじゃじゃーん!!!」



369 : ◆YySYGxxFkU - 2014/11/26 23:18:29.19 VvMmMcXh0 173/912

朝日奈「えっと………………誰?」

朝日奈の一言がこの場にいる皆の気持ちを代弁していた。

ジェノ「誰って酷くね? ここまで一緒に過ごしてきた仲間なのにさ」 ゲラゲラ

ジェノ「アタシが超高校級の殺人鬼ことジェノサイダー翔」

ジェノ「本名は腐川冬子なんてダセー名前だけどね」



霧切「解離性同一性障害……ということなのね」

葉隠(さすが霧切っち。一瞥しただけで見抜いたべ)

山田「解離性同一性障害……?」

霧切「平たく言えば二重人格よ」

十神「そういうことだ。腐川は殺人鬼の人格を持っていたんだよ」

ジェノ「ていうか、あれ? みんないるじゃん。アタシの方に変わって良かったわけ?」

十神「たった今モノクマにおまえのことをばらされたところだ」

ジェノ「あらあら。ひたむきに隠してた秘密が暴露されちゃったってわけね」

370 : ◆YySYGxxFkU - 2014/11/27 00:08:01.11 tTsxoLkt0 174/912

不二咲「ほ、本当に人を殺したことがあるの……?」

ジェノ「なになに、ちーたんはアタシのこと疑ってるっていうの?」

不二咲「それは……」

ジェノ「まあいいけど。……それと殺したこと? あるに決まってるでしょ」

ジェノ「人が死んだときのあの達成感。本当にたまらないわ」

不二咲「えっと……」

ジェノ「まま、怖がらなくてもアタシは萌える男子しか殺さないから、ちーたんは心配しなくても大丈夫よ」

不二咲「僕は男なんだけど……」

ジェノ「え、マジ? それ女装だっての?」

ジェノ「やっべ、マジで萌える。……ねね、殺していい? 殺していい?」

不二咲「え……!?」 ビクッ!

大神「……少なくとも我の目の届くところで殺そうとしない方がいいぞ」 ゴゴゴゴゴ

ジェノ「おお怖い、怖い」

371 : ◆YySYGxxFkU - 2014/11/27 00:59:06.36 tTsxoLkt0 175/912

朝日奈「それにしても殺人鬼だなんて……」

山田「燃える男……ということは拙者が狙われる可能性が……!?」

セレス「字が違いますわ。……それにしても殺す対象じゃないと分かっていても、物騒なことには変わりありませんね」

不二咲「ううっ…………」 ブルブル

葉隠(目に見える恐怖にみんなが怯えている)

葉隠(思えば、一周目ジェノサイダー翔の正体がばれたのは学級裁判中だった)

葉隠(だからジェノサイダー翔よりも、そのときのクロの方に意識が行っていたため殺人鬼という恐怖が薄れていたんだべ)

葉隠(けど、今は一応何も起こっていなく平和……)

葉隠「………………」

葉隠(大丈夫なはずだべ。今の苗木っちともやっていけているみんななら……)



モノクマ「うぷぷっ、いい感じに場が整ってきたところで最後の暴露に行くね!」

一同「…………!」

その言葉にみんながハッとなる。

そう気づいたのだ。モノクマが意図的に秘密をばらす順番を決めていることに。

つまり、最後の大和田は。

葉隠(ジェノサイダー翔以上の秘密を抱えているってことだべ……)

モノクマ「それじゃあ発表するよ!」

モノクマ「超高校級の暴走族、大和田紋土クンの抱えるみんなに言えない秘密とは!!」


モノクマ「自分の兄を殺したことです!!」


大和田「ぐっ…………!!」

372 : ◆YySYGxxFkU - 2014/11/27 02:10:10.24 tTsxoLkt0 176/912

大和田(くそっ……言われてしまった……!!)

大和田(どうする……モノクマの奴はこの秘密を全国に流すと言っていた)

大和田(チームのみんなは『弟に負けそうになった兄が無茶な走りをしたせいで自滅した』と思っている)

大和田(俺が殺してしまったとバレると…………俺が弱かったってバレると…………)

大和田(チームが崩壊してしまう……っ!!)

大和田(このままじゃ兄貴の死も……俺が一人で背負い込んだ罪悪感も)

大和田(すべてが無駄になっちまう)



大和田(それだけじゃない。このコロシアイ学園生活でも、俺が弱かったなんてバレれば、絶好のカモだと思われる……)

大和田(ちっ……! みんながこっちを見て…………)

大和田(って………………)

大和田「……………………………………」

大和田(みんな……?)

373 : ◆YySYGxxFkU - 2014/11/27 02:18:58.34 tTsxoLkt0 177/912

兄を殺したという秘密の暴露にその場全員の視線が大和田に集まる。

全員。

そう、苗木も視線を上げて大和田の方を見ていたのだ。

苗木「………………」

大和田(苗木……?)

みんな大和田の方を見ているため、苗木のことに気付いているのは大和田だけだ。



苗木(何か大きな希望を感じたんだけど……)

苗木(自分の兄を殺した……か)

苗木(さすがだね。超高校級の暴走族なんだからそれくらいしてもらわないと)

苗木(……なのに、どうして君はそんなこの世が終わったみたいな顔をしているんだろう?)

苗木(暴走族にとって、野蛮なことは勲章みたいなものじゃないのかな……?)

苗木(ケンカに勝ったとか、サツの野郎から逃げ切ったとか……そんなのと同列じゃないの?)

苗木(……うーん、よく分からないな)

苗木(じゃあ聞いてみるか)




苗木『どうしてそんなに落ち込んでいるの?』

苗木『兄を殺したなんて暴走族らしいスゴイことじゃないか』


374 : ◆YySYGxxFkU - 2014/11/27 02:25:14.84 tTsxoLkt0 178/912

大和田「…………っ!?」

大和田(何だ今の声……?)

大和田(もしかして苗木なのか?)

大和田(………………いや、そんなことどうだっていい)

大和田(そうだ、モノクマの野郎はまだどんな風に俺が兄貴を殺したのか言ってないんだ)

大和田(それに……)


――――――


大和田大亜『ぜってーに……チームを潰すんじゃねえぞ……』


大和田大亜『俺とお前で作ったチームなんだからな……』


大和田大亜『男の……男同士の……』


大和田大亜『約束……だぞ……』


――――――


大和田(……男同士の約束は守らなければならねえ)

大和田(そのためなら)



何だってやってもいいよな?



大和田「………………」

大和田(今さら後に引けるわけねえんだ……)

大和田(ここで後もう一つ嘘を重ねたって………………)

375 : ◆YySYGxxFkU - 2014/11/27 02:30:06.15 tTsxoLkt0 179/912

山田「自分の兄を殺した……って」

不二咲「そ、そんなこと……」

石丸「フンッ、暴走族らしい行いだな」

朝日奈「け、けど、そんな兄弟を殺したなんて……」

モノクマ「うぷぷっ、気になるよね」

モノクマ「これからボクがその詳細を……」


大和田「それは必要ねえ」


葉隠「え……?」

葉隠(大和田っち何を……?)

モノクマ「もうっ、人が気持ちよくしゃべっているところを……いや、クマが気持ちよく」


大和田「俺が兄貴を殺したんだよ」


葉隠(認めた……?)

葉隠(にしては一周目と様子が違うような……)

モノクマ「無視ってひどくない? ねえ?」

大神「本当……なのか?」


大和田「ああ、そうだよ……」



大和田「俺があの『くっそ弱え』兄貴をぶっ殺したんだよ!!!!」






葉隠「大和田っち……?」

376 : ◆YySYGxxFkU - 2014/11/27 02:33:44.09 tTsxoLkt0 180/912






苗木(うんうん、それでこそ超高校級の暴走族だよ)





389 : 脳内補完バリバリでお願いします(´・ω・`)  ◆YySYGxxFkU - 2015/01/16 22:24:35.60 MxZsRKBe0 181/912

大和田「兄貴は暴走族の総長だった」

大和田「やつと俺とで暮威慈畏大亜紋土を作り上げて、一応初代総長には兄貴がついた」

大和田「それから月日が経って兄貴が引退するってことで、俺の代になるときになって組のやつらが言ったんだ」

大和田「『どうせこの組は大和田大亜が作ったものだからな』」

大和田「『弟じゃやっていけないだろ』」

大和田「なんて抜かしたことをな」

大和田「だから兄貴の引退式のとき、俺は一対一でバイクの勝負を挑んだんだ」



葉隠(いきなり兄を弱い者扱いしたからどうしたのか、と思ったけど考えてみて理由が分かった)

葉隠(自分が弱いとばれると組が潰れてしまう。だから大和田っちはあんなことを言っているんだべ)

葉隠(……ここまでの話は記憶にある前周回のと同じ)

葉隠(この人に言いたくない秘密は全国にばら撒くってモノクマは言っているから、話を捏造しても組の人にはばれるって大和田っちは考えているはず)

葉隠(……だけど、それならどうやって兄貴が弱いって話に繋ぐつもりなんだ……?)


390 : ◆YySYGxxFkU - 2015/01/16 22:26:34.34 MxZsRKBe0 182/912

大和田「バイク勝負は最初、兄貴の方が優勢だった」

大和田「弱っちい兄貴だったけど、バイクの才能だけはあったみたいだな」

大和田「けど、終盤兄貴はミスで俺に後れを取った」

大和田「それで焦ったんだろうな。……あろうことか、兄貴は俺に勝つためにバイクをぶつけようとしてきた」

葉隠(話が変わって……)

大和田「そんなことされたらひとたまりもねえ。……だから、俺は兄貴のバイクを蹴り飛ばしたんだ」

大和田「それでバランスを崩した兄貴は、対向車に跳ねられ……ペシャンコって訳だ」

大和田「そうやって俺が兄貴を殺したっていうわけだ!!」


葉隠(自分の兄を殺した、という結論に結び付けながら、話の大筋は組の人に聞かれても大丈夫なようにできている)

葉隠(不謹慎だけど、上手くやっているべ)

葉隠「………………」

葉隠(……それにしてもどういう心変わりだべ……?)

葉隠(さっきまで秘密を暴露されることをあれだけ恐れていた大和田っちなのに、こんな方法で切り抜けるなんて)

葉隠(もしかして……また何かイレギュラーが混じった……?)

原因が苗木だとは気付いていない葉隠。


大和田「兄貴は確かに組の為に頑張っていた……」

大和田「けど、やつには才能が無かったんだ!」

大和田「所詮、努力なんて才能の前には無意味なんだよ!」

兄貴を貶すためにそう付け足す大和田。

その言葉がある男の導火線に火を付けた。



石丸「……その言葉は聞き捨てならないな」

391 : ◆YySYGxxFkU - 2015/01/16 22:33:10.68 MxZsRKBe0 183/912

大和田「ああん? どうかしたかよ、カタブツ委員長さんよお?」

石丸「今の言葉を取り消したまえ」

大和田「俺が兄貴を殺したってところか? ……取り消せも何も事実――」

石丸「そんなことはどうだっていいのだよ! 君は暴走族だ。そんなことやってたところで今さら驚いたりしない」

石丸「僕が取り消してほしいのはその次の言葉だ! 努力は才能なんかよりもずっと凄いものだ!」

石丸「なまじ才能があったために、世の中を舐めていた祖父のせいで……僕は……!」

大和田「うっせえんだよ!!」

ドガッ!!

大和田が熱弁振るう石丸を突き飛ばした。

石丸「ぐっ……!」

大和田「ごちゃごちゃと俺に文句を垂れやがってよぉ? おまえの考えがどうだか知らねえんだよ!」

大和田「俺より弱えやつが俺に文句をつけんじゃねぇ!!」

石丸「文句ではない! さっきの言葉を取り消せと言っているのだよ!!」

石丸が大和田に掴みかかる。

大和田「ちっ、しつこい奴だな! ……なら、言ってやるよ。才能が無い奴が努力したところで、無駄なんだよ!」

大和田が石丸を殴り飛ばす。

石丸「ぐぁっ……!!」

大和田「…………大体、本当に努力で才能がどうにかなるなら、俺はどうして………………」

392 : ◆YySYGxxFkU - 2015/01/16 22:34:20.42 MxZsRKBe0 184/912

大神「そこらへんで止めにしろ、でないと我が実力行使で止めるぞ」 ゴゴゴゴゴ

大和田「……ちっ、運が良かったな」

葉隠「ちょっと大和田っちどこに行くべ!!」

大和田「どこに行くも、もう話は終わったんだろ。なら好きにしたっていいだろ、モノクマ」

モノクマ「そうですねえ~。……ま、これも面白いからいっか」

モノクマ「ここで今日暴露した秘密は全国に大々的に宣伝するからね、みんな楽しみにしていてね!」

モノクマが姿を消す。

大和田「…………ふんっ」

そのまま体育館から出て行く大和田。

朝日奈「そういえば大丈夫、石丸!」

大神「かなりダメージがあったように見えたが……」

石丸「大丈夫だ、心配はいらない……」

石丸「………………」

石丸「僕もちょっと帰らせてもらうよ。今は一人でいたい」

そう言うと、周りの反応を窺いもせずに体育館から出て行く石丸。

腐川「……はっ、私は何を……?」

葉隠「あ、腐川っちもジェノサイダー翔から戻って……」

腐川「いやぁっ!! こっちを見ないで!!」

朝日奈「腐川ちゃん……?」

腐川「あんたたちの考えは分かっているわよ! どうせ私は殺人鬼だものね。殺される前に、殺そうっていうんでしょ!!」

葉隠「そ、そんなこと俺たちは……!」

腐川「騙されないから……騙されないんだから!!!!!」

逃げるように去っていく腐川。

393 : ◆YySYGxxFkU - 2015/01/16 22:35:44.95 MxZsRKBe0 185/912

「「………………」」

体育館に残された者たちに静寂が訪れる。

山田「これからどうなるんでしょうか……?」

セレス「あの二人には近づかない方がいいかもしれませんね。人を殺したことがあるってことは、それだけ殺人に対する意識が変わってきますから」

朝日奈「そんな言い方は……大和田はともかく、腐川ちゃんは別人格が殺人鬼なだけだし……」

セレス「その割には簡単に別人格に変わっていましたが……まあ、あなたがそう思うなら交流すればいいじゃないですか。私はごめんですけど」


霧切「それより私は気になることがあるのだけど。……十神君、あなたはどうして腐川さんがジェノサイダー翔だってことを知っていたの?」

十神「さっきも言ったと思うが。あいつが勝手に部屋にやってきて、話し始めたんだよ」

十神「恋愛小説の見すぎか、それで俺が守ってくれるのとでも勘違いしてな」

十神「……ま、そんなことなくてもジェノサイダー翔については詳しく知っていたがな」

霧切「どうしてなのかしら?」

十神「十神の家には警察の極秘ファイルが置いてある。ジェノサイダー翔の事件についても詳しく載っていたからそれでな」

十神「それにこの学園の図書館にもそれと同じものが置いてあった」

十神「あのファイルを見て勉強すれば、ジェノサイダー翔が起こした事件だという風に細工することも可能かもな」

葉隠(……みんながいる場でそんなこと言うなんて、十神っち性格が悪いべ)


不二咲「大和田君……」

葉隠「…………」

葉隠(不二咲っちは大和田っちが出て行った体育館入口の方を見つめている。……色々思うところがあるのだろう)


モノクマ「まもなく夜時間です。生徒のみなさんは……」

そのアナウンスを切っ掛けにみんなバラバラで部屋に戻っていった。

398 : ◆YySYGxxFkU - 2015/01/22 21:31:43.33 TKnu4uIH0 186/912


<朝>

葉隠(秘密の暴露から三日が経った)

葉隠(状況はあまり良くないべ)

朝日奈「今日も来ないね、みんな」

石丸「……仕方ない、それでは食べ始めるとしよう」

葉隠(朝食会に来るメンバーがまた減った)

葉隠(元から来ていなかった十神っち、苗木っち、腐川っちに加えて、大和田っちが来なくなった)

葉隠(現在来ているのは八人しかいない)

不二咲「昨日、大和田君に朝食会来るように言おうと思ったんだけど、近づいただけで追い払われたよ」

葉隠「そうか……」

399 : ◆YySYGxxFkU - 2015/01/22 21:41:11.40 TKnu4uIH0 187/912

山田「十神殿、腐川殿、苗木殿は相変わらずですし……」

朝日奈「相変わらずじゃないよ! 腐川ちゃんこの三日間ずっと部屋から出てないんだよ!」

朝日奈「食事も持って行ってるけど、全く手を付けてくれないし……」

山田「まだ自分が殺されるという被害妄想ですか?」

セレス「いいじゃないですか。彼女は殺人鬼なんですから、部屋にこもっていてくれた方が安心ですわ」

朝日奈「そういう言い方は……!!」

大神「朝日奈。落ち着くのだ」

霧切「セレスさんもそういう煽りはやめてほしいわ」

セレス「煽りではなく本心だったのですが……まあ、やめますわ」

400 : ◆YySYGxxFkU - 2015/01/22 21:43:35.42 TKnu4uIH0 188/912

葉隠(この三日間、モノクマは新たな動機を出していない)

葉隠(いや、出す必要が無いのだ)

葉隠(身内に殺人鬼が二人いる明かされたこの状況。……疑心暗鬼がすでに動機となっている)

葉隠(そこらへんはオーガが内通者だと明かされた前周回の四回目裁判のときと同じだべ)

葉隠(モノクマが大和田っちの嘘を許した理由も、これを狙ってのことだろう)

葉隠「………………」

葉隠(前周回の記憶が通じなくなったこの展開……)

葉隠(だけど、どうにかしないとな……)

401 : ◆YySYGxxFkU - 2015/01/22 21:45:10.84 TKnu4uIH0 189/912

葉隠(朝食が終わって、すぐに行動に移ることにする)

葉隠(働きかけるべき対象は大和田っちと腐川っち)

葉隠(けど……)

朝日奈「ねえ、腐川ちゃん! もう三日も食べてないでしょ!」 ドン! ドン!

朝日奈「私に殺す気なんてないから! せめて部屋から出て話をしてよ!」 ドン! ドン!

葉隠(腐川っちの方は朝日奈っちが頑張っている。だから俺はもう一人の大和田っちの方に行くべきだろう)

葉隠(とりあえず大和田っちの行きそうなところを探すべ)


<大和田の部屋前>

葉隠「とりあえず部屋に籠っているかもしれないし」ピンポーン

葉隠「………………」

葉隠「反応が無い……もしかして他のところに行っているのか?」

402 : ◆YySYGxxFkU - 2015/01/22 21:47:38.58 TKnu4uIH0 190/912

<男子更衣室>

葉隠「トレーニングでもしているかと思ったら、違ったみたいだべ……」

石丸「葉隠くん、君もトレーニングしに来たのかね?」

葉隠「あっ、いや、違うべ」

石丸「トレーニングというのはいいものだぞ、己を高めることというのは……」

葉隠(長くなりそうなので無視する)

葉隠「プールの方にも……いないか」


<大浴場>

葉隠「早めの朝風呂も……無いか」

不二咲「………………」

葉隠(不二咲っちがパソコンに向かい合って作業している。……邪魔しちゃ悪いし、退散するべ)

<体育館>

葉隠「ここにもいない……」

<倉庫>

葉隠「ここも……」


403 : ◆YySYGxxFkU - 2015/01/22 21:49:51.76 TKnu4uIH0 191/912

<食堂>

葉隠(心当たりを回ったけどいなかった。……恐らく部屋にこもっていて、さっきのベルは無視したんだべ)

葉隠(だったら食堂で待っていればいい。大和田っちだって朝食会には来ていないけど、腐川っちと違って食事は取っているはず)

葉隠(みんなとタイミングをずらして取っているというなら、ここで待ち続けてればいつか来るはずだべ)

不二咲「あ、葉隠くん、どうしたの?」

葉隠「不二咲っち。……不二咲っちこそどうしたんだべ?」

不二咲「僕はその休憩に」

葉隠「俺の方は大和田っちを待ち伏せしてるんだべ。いつかは食事を取りにくるはずだからな」

不二咲「そうなんだ……。じゃあ僕も待つよ。ちょうどキリが良かったからね」

葉隠「……そういえば、作業の方はどうなっているんだべ?」

不二咲「結構順調かな。デバッグの方も80%終わったし」

葉隠(前周回ならあの秘密の暴露の時には、アルターエゴは完成していた……ように見えた)

葉隠(けどそれは完璧ではなくて、デバッグなどが終わってなかった状態だったのかもしれない。今周回ではこういう風に時間がかかっているし)

葉隠(何にせよ、アルターエゴが使えるまでもう少し時間がかかるみたいだべ)

404 : ◆YySYGxxFkU - 2015/01/22 21:50:46.50 TKnu4uIH0 192/912

葉隠(不二咲っちと雑談をすること三十分ほど)

大和田「あっ……」

葉隠「大和田っち!!」

不二咲「大和田君!!」

大和田「……ちっ」

葉隠(大和田っちは舌打ちをすると、そのまま無視して食堂の奥に向かおうとする)

葉隠「ちょっと大和田っち……」

大和田「話しかけんじゃねえ!!」 パシンッ!

葉隠の手が払いのけられる。

大和田「舐めたマネすんじゃねえよ。殺すぞ」

不二咲「大和田君……」

大和田「お前もだ。……今後一切、俺に関わるな」

葉隠不二咲「「………………」」

405 : ◆YySYGxxFkU - 2015/01/22 22:14:11.23 TKnu4uIH0 193/912

葉隠(結局食料を取った大和田っちが食堂を出るまで、俺たちは何も出来なかった)

不二咲「どうしたんだろう、大和田君……」

不二咲「モノクマの秘密暴露が原因だとしても……変わりすぎだと思うな……」

葉隠「そうだな……」

葉隠(誤魔化したとはいえ、長年隠していた秘密がばれたのだ)

葉隠(色々と落ち着かないんだろう)

不二咲「腐川さんみたいに自分が殺人を犯したから、僕たちに悪く思われていると考えているのかな」

葉隠「……不二咲っちはどう考えてるんだべ? 大和田っちが兄を殺したことについて」

不二咲「最初は驚いたけど……たぶん何かが間違っているんだと思う」

不二咲「だって大和田君お兄さんのこと大事に思っているみたいだったのに、殺したなんてそんなこと……」

葉隠(そういえば男の約束をするときに、ちらりと兄の話をしていたか)

不二咲「葉隠君はどう思うの?」

葉隠「……俺も不二咲っちと同じだべ。真相を知るためにもまずは大和田っちと話さないとな」

不二咲「そうだね」





葉隠(だが、結局その後も大和田とは話すことはできず一日を終えた)


406 : ◆YySYGxxFkU - 2015/01/22 22:19:18.65 TKnu4uIH0 194/912


<朝>

葉隠(今日の朝食会も変わらず八人しか来ていない)

石丸「……これ以上は待っても来なさそうだな」

朝日奈「腐川ちゃん……大丈夫なのかな」

大神「だが……我々にはどうしようも……」

不二咲「大和田君も朝食会来ればいいのに……」

石丸「あの不良が来てどうするというのだ。どうせまたみんなの和を乱すだけだろう」

石丸「……ろくでもない人間だとは思っていたが、まさか殺人までしていたとはな」

不二咲「……その言い方は無いんじゃないかな?」

石丸「何だね、僕は事実を言ったまでだぞ」

不二咲「だとしても……」

葉隠「ストップだべ、二人ともストップだべ!!」

407 : ◆YySYGxxFkU - 2015/01/22 22:21:46.79 TKnu4uIH0 195/912

不二咲「どうして止めるの葉隠君。石丸君は大和田君のことを……」

葉隠「俺たちで争っても意味が無いべ!」

霧切「……そうね、こうやって不和を起こさせるのもモノクマの狙いよ」

霧切「すまないけど、不二咲さん抑えて」

不二咲「………………」

石丸「……僕は悪くないからな」

葉隠(日に日に雰囲気が悪くなっていく)

葉隠(そもそも四人も朝食会に来ない時点でやばいっていうのに、その中でもいさかいが起きていては……)

葉隠(……前周回のオーガの時を思い出す)

葉隠(これは良くない流れだべ)

408 : ◆YySYGxxFkU - 2015/01/22 22:23:57.96 TKnu4uIH0 196/912

葉隠(今日も昨日と同じ場所を探したが、やっぱり大和田っちは見つからない)

葉隠(部屋に籠っているのだろう、と思ってまた食堂で待つ)

葉隠(だが、食堂にやってきた大和田っちに声をかけても無視される)

葉隠(本当……どうすれば…………)





<翌日の朝>

石丸「………………」

不二咲「………………」

朝日奈「……はあ…………」

葉隠「………………」

葉隠(朝食会に集まった者たちにも覇気がない)

葉隠(無言のまま朝食を食べていく)

葉隠(……駄目だ、このままでは)

葉隠(こうなったら強硬手段だべ)


409 : ◆YySYGxxFkU - 2015/01/22 22:27:35.03 TKnu4uIH0 197/912

みんなより早く朝食を食べ終わって、行動に移った葉隠。

<大和田の部屋前>

葉隠「…………」 ピンポンピンポンピンポーン!

葉隠(嫌がらせか、というレベルでドアベルを鳴らす)

葉隠(後で大和田っちにどんなに怒られようが、話さないと始まらない)

葉隠「……」ピンポンピンポンピンポーン!

葉隠「…………」ピンポンピンポンピンポンピンポンピンポーーン!!

葉隠「………………」ピンポンピンポンピンポンピンポンピンポンピンポンピンポーーーーーーン!!!!!!

葉隠「はあ、はあ……」

葉隠(たっぷり五分ほど押しまくったが反応は無い)

葉隠(これだけの騒音を無視……? さすがに気まずくても、そんなの出来ないだろう)

葉隠(だったら今日は他のところに行っているのか……?)


<体育館>

葉隠「ここにはいないか」


<男子更衣室前の前の扉>

葉隠「たぶんここにも……って、え?」

葉隠(期待しないで開いたそこで、俺は大和田っちを見つけた)

410 : ◆YySYGxxFkU - 2015/01/22 22:28:43.06 TKnu4uIH0 198/912







チ ミ ド ロ フ ィ ー バ ー






その血文字と共に。


411 : ◆YySYGxxFkU - 2015/01/22 22:30:03.51 TKnu4uIH0 199/912

葉隠「ひ、ひぃぃぃぃぃぃぃぃっ……!!!!!!」 ガタッ!

葉隠(想像の埒外の出来事に腰を抜かす)

葉隠(視界の中心にいる大和田っちは……その胸にハサミが刺さっていて……)

十神「うるさいぞ、葉隠。騒音…………っ!!」

葉隠(図書室にいただろう十神っちが、俺の悲鳴を聞いてやってくる)

葉隠(だが、そんなことなど気にしてる余裕は俺には無かった)

葉隠「また……また防げなかったのか、俺は…………」

葉隠(今度こそは防いでみせるって決めたのに……)

葉隠(これが夢なら………………早く覚めてくれ)







だが、これは現実だと突きつけるように。

葉隠にとって八回目のアナウンスは鳴るのだった。


412 : ◆YySYGxxFkU - 2015/01/22 22:30:49.20 TKnu4uIH0 200/912






モノクマ『死体が発見されました。一定の捜査時間の後、学級裁判を開きます!』






422 : ◆YySYGxxFkU - 2015/01/29 20:20:12.56 dh8FdRFV0 201/912


 C H A P T E R 2


 週刊少年 ゼツボウジャンプ


 非 日 常 編


423 : ◆YySYGxxFkU - 2015/01/29 20:21:29.38 dh8FdRFV0 202/912

モノクマファイル2

被害者大和田紋土。

死亡推定時刻は午前二時頃。

全身に無数の殴られた痕、後頭部に打撃痕、胸部にハサミを刺された痕がある。

その他外傷は無し。



葉隠「………………」

モノクマに渡されたモノクマファイルに目を落とす葉隠。

葉隠(……まだ実感が湧かない)

葉隠(だって大和田っちは昨日まで普通に生きていたじゃないか)

葉隠(秘密の暴露以来、様子はおかしかったけど……)

葉隠(確かに生きていたんだべ…………)

葉隠「………………」

霧切「葉隠君」

葉隠「……何だべ?」

霧切「辛いかもしれないけど、今は呆けている場合じゃないわ。こうやって死体が目の前にある以上、学級裁判は開かれる。……その場で勝てなければ私たちはみんな殺されるのよ」

葉隠「……そんなこと分かっているべ」

葉隠(殺人を二度も防げなかった。本当自分は何のために前周回の記憶を持っているのか、責めたくなる状況)

葉隠(それでも立ち止まっている暇は無い。……生き残るためには!)

葉隠「……よーし!」パンッ!

自らの頬を叩く葉隠。

葉隠「やってやるべ!!」

424 : ◆YySYGxxFkU - 2015/01/29 20:32:16.50 dh8FdRFV0 203/912

霧切「それではこの前と同じように見張り役を決めたいのだけど」

アナウンスを聞いてか、現場にはすでに腐川以外は揃っている。

葉隠「って、腐川っちは?」

霧切「モノクマが裁判に出てもらわないと困るって言って、無理やり食事を取らせて体力を回復させているみたいよ」

葉隠「そうか」

大神「見張り役は我がやろう」

朝日奈「じゃあ私もやる!!」

霧切「じゃあ二人によろしくお願いするわ」

葉隠「それじゃあ捜査開始だべ!!」



各々思うところの捜査を始める。



葉隠「まずは……気が進まないけど、死体からだべ」

葉隠(もう一回磔にされている大和田っちを見る)

葉隠「………………」

葉隠(こうして見ると、一周目の不二咲っちのときとは少しずつ違うな)

葉隠(全身に無数の殴られた痕は無かった。頭部の打撃痕はダンベルで打たれた状況と似ているけど……同じかは分からない)

葉隠(胸のハサミで刺された痕からは、血が良く出ている気がする。……そして磔は延長コードじゃなくて、ハサミで行われている)

霧切「どうやら出血の状況、傷の状況からして致命傷は胸元のハサミのようね」

葉隠「そんなこと分かるのか……?」

霧切「ええ。殴られた痕は生前に……そしてハサミでの磔は死んだあとに行われたようね」

霧切「他に縛られた痕だとかは見られないようだけど……」

葉隠(やっぱ霧切っちはすごいべ……)

425 : ◆YySYGxxFkU - 2015/01/29 20:39:24.30 dh8FdRFV0 204/912

葉隠(前周回との違いをおさらいするべ。まずはどうして無数の殴られた痕があったのか?)

葉隠(……見てて痛々しいほどの数が付いている。致命傷はハサミだっていうから、直接殺しに繋がってはいない。……だったら何のために?)

葉隠(考えられる理由としては……拷問とかか? 全く分からないべ)

葉隠(二つ目の違いはハサミでの磔。……つまりこれを施したやつはジェノサイダー翔本人か、ジェノサイダー翔の犯行手口を知っている者)

葉隠(そんなの腐川っちと十神っちしか考えられないが……)

石丸「胸元のハサミと磔のハサミは倉庫で見たことがあるぞ。そこから持って来たんじゃないか」

葉隠「そうか」

葉隠(……って、あれ? ジェノサイダー翔って、殺しのときはマイハサミを使うんじゃなかったか……?)

コトダマ『モノクマファイル2』ゲット!

コトダマ『死体の状況』ゲット!

426 : ◆YySYGxxFkU - 2015/01/29 20:45:30.25 dh8FdRFV0 205/912

葉隠(次はこの部屋を調べたいけど……)キョロキョロ

葉隠(前周回と違って男子更衣室と女子更衣室の前の部屋だから、男でも女でも出入りできる。電子生徒手帳は今回の裁判には関わってこないだろう)

葉隠(それに死体が磔にされている一角以外には、特に変わりが無いように見えるけど……)

霧切「……変ね」

葉隠「何がおかしいんだべ、霧切っち」

霧切「この部屋やけにきれいなのよ。さっきみんなが入ってくる前に床を調べたけど、髪の毛が四種類しか落ちていなかったわ」

葉隠(……普通そんなところに気がつくのか?)

石丸「それは僕が昨日の夜掃除をしたからだな!」

霧切「掃除?」

石丸「ああ。夕食の後トレーニングをしていたのだが、その帰りにこの部屋の汚れが無性に気になってな。いてもたってもいられず掃除したのだよ」

葉隠(掃除をしたくなる……ねえ。そんな感情とは無縁だべ)

427 : ◆YySYGxxFkU - 2015/01/29 20:47:51.59 dh8FdRFV0 206/912

霧切「なるほど。四種類の髪の毛の内、一つが石丸君の物なのもそれが理由なのね。掃除用具を直した後に落ちたと」

霧切「もう一つ……この金髪は大和田君ね」

霧切「そしてこのボサボサ髪は……葉隠君あなたのものに見えるけど?」

葉隠「俺だべか……!?」

葉隠(どうして……!? 俺は昨日の昼間、大和田っちを探しに来てから近づいていないのに)

葉隠「お、俺は昨日の夜この部屋に来てないべ! 信じてくれ!」

霧切「その慌てよう逆に怪しいわね…………って、言いたいところだけど信じるわ」

葉隠「……へ?」

霧切「だって、この髪の毛が落ちていたのは部屋の入り口付近……あなたが腰を抜かしていた辺りにしか落ちてなかったもの」

霧切「つまり死体を見つけた際に落ちたのね。……現に部屋の奥、大和田君の近くには落ちていなかったから」

葉隠「……そういうことか。……全く驚かさないでほしいべ」

霧切「十神君は部屋の入り口で立ち止まっていたから、落ちていないようね」

428 : ◆YySYGxxFkU - 2015/01/29 20:48:48.65 dh8FdRFV0 207/912

葉隠(とにもかくにも、これで落ちていた髪の毛は全て……)

葉隠「じゃないべ!」

霧切「どうしたのかしら?」

葉隠「霧切っちはさっき四種類の髪の毛が落ちていたって言ったよな! なら、最後の髪の毛は誰のだべ!?」

霧切「最後は……どうやら茶色ね」

葉隠「……茶色?」

葉隠(髪の毛が茶色って……それは)

コトダマ『落ちていた髪の毛』ゲット!

429 : ◆YySYGxxFkU - 2015/01/29 20:53:13.05 dh8FdRFV0 208/912

葉隠「それにしても石丸っち、マスクしているけど、どうしたんだべ?」

石丸「少し体調が悪くてな」

霧切「そういえば死体発見アナウンスが鳴ったから私はここに来たのだけど、どういう状況でアナウンスは鳴ったのかしら」

霧切「教えてくれる、葉隠君?」

葉隠「死体発見アナウンス……?」

葉隠(あの時は夢のような感覚だったから、記憶が少しあやふやになっているけど……)

葉隠「俺が死体を発見して悲鳴を上げた後、それを聞きつけた十神っちがやってきて……確かその時に鳴った気がするべ」

霧切「なるほど……」

葉隠(何か納得したのかうなずいている)

霧切「ちなみに葉隠君、死体発見アナウンスが鳴るための条件は分かっているわね?」

葉隠「それは…………えっと……」

霧切「クロ以外の三人が死体を発見した場合よ」

葉隠「それだべ!」

葉隠(ド忘れしていた。……つまり、今回は…………)

葉隠「あれ?」

コトダマ『死体発見アナウンス』ゲット!

430 : ◆YySYGxxFkU - 2015/01/29 21:00:25.25 dh8FdRFV0 209/912

葉隠「朝日奈っちとオーガは何か事件に関することで話すことはないか?」

朝日奈「私? ……うーん、特に何も無いかな」

大神「モノクマファイルに書かれている犯行時間は午前二時ということだったが、そのときは朝日奈とは一緒に我の部屋で寝ていた」

葉隠「一緒に?」

朝日奈「あっ、それがあったね。……うん、腐川ちゃんとどうやって話をしたらいいのか相談してたんだ」

大神「あまりいい案は思いつかなかったがな」

朝日奈「本当は相談が終わったら部屋に戻るつもりだったけど、眠かったからそのまま寝ちゃった」

葉隠「つまり二人にはアリバイがあるってことだな」

葉隠(とりあえずこの二人は容疑者から外れるか)

コトダマ『朝日奈と大神のアリバイ』ゲット!

431 : ◆YySYGxxFkU - 2015/01/29 21:04:49.45 dh8FdRFV0 210/912

葉隠(とりあえずこの部屋は調べ上げたから、他のところを調べるべ)


<図書室>


葉隠(図書室に入ると、そこには先客がいた)

十神「……ふむ」

葉隠(十神っち。……そういえば色々と聞きたいことがあったから、ちょうど良かったべ)

葉隠「おーい、十神っち」

十神「……何だ? 貴重な捜査時間に、無駄なことを聞いたりはしないよな?」

葉隠(早くこの性格が丸くなってほしいべ……)

葉隠「今日の朝はどこにいたんだ? やけに早く駆けつけたけど」

十神「ここだ。俺が静かに読書をしていたら、騒音が聞こえたからな」

葉隠(人の悲鳴を騒音扱い……)

432 : ◆YySYGxxFkU - 2015/01/29 21:11:25.30 dh8FdRFV0 211/912

葉隠「それにしても十神っちはジェノサイダー翔の犯行手口を知っているんだよな?」

十神「ああ。捜査資料を読んだことがあるからな」

葉隠「それについてちょっと教えてくれないか」

十神「……まあ、いいだろう」

十神「ジェノサイダー翔の犯行の特徴は二つ」

十神「現場に被害者の血を使ってチミドロフィーバーといった血文字を残すこと」

十神「そして被害者が磔にされていることだ」

葉隠「そうか……」

葉隠(全部知ってることだけどな)

十神「その内、被害者が磔にされていることは警察でも上層部しか知らない極秘情報だ」

十神「それが今回の事件では行われているから、ジェノサイダー翔本人の仕業と言いたいところだが……」

葉隠「けど、十神っちは知っているべ?」

十神「そういうことだ。さっきも言ったが、俺は家で捜査資料を読んているからな。そして同じものがそこの書庫にもある、とはこの前言っただろ」

葉隠(確かに秘密の暴露の後に言ってたような気がする)

葉隠「つまりそれを読めば、誰でもジェノサイダー翔の犯行に似せることは可能だったと」

十神「……ところが話はそう簡単ではない」

葉隠「………………?」

433 : ◆YySYGxxFkU - 2015/01/29 21:24:54.47 dh8FdRFV0 212/912

葉隠「どういうことだべ?」

十神「俺は日中いつもこの図書室にいた。つまり俺に見られずにそこの書庫に入ることが出来たやつはいない」

葉隠「……けど、十神っちだって夜は自室で寝ているはずだべ。就寝は自室で行いましょう、って校則があるからな」

葉隠「夜時間の決まりを破って、そのタイミングで読みに来たかもしれない」

葉隠「それ以外にも食料を取りに行ったその隙に入ったやつがいるかもしれないべ」

十神「……ほう。驚いたぞ」

十神「貴様がそこまで頭が回るとは思いもしなかった」

葉隠(我慢……我慢……)

十神「だが、それもない」

葉隠「……? どうしてだべ」

十神「俺は図書室を離れるときは、書庫への扉の蝶番に必ずこれを仕掛けた」

葉隠「……シャーペンの芯?」

十神「そうだ。気づかずに扉を開けたらこれが折れるという仕掛けだ」

葉隠「ふむふむ」

十神「蝶番から抜いて開けば折れないが、こんな細いものに気付くやつもいまい」

十神「そしてその結果、シャーペンの芯が折れていたことは無かった。つまり俺がいない間に書庫に入ったやつはいないというわけだ」

葉隠「そういうことか」


コトダマ『シャーペンの芯の仕掛け』ゲット!

434 : ◆YySYGxxFkU - 2015/01/29 21:26:23.13 dh8FdRFV0 213/912

葉隠「……それにしてもどうしてそんなシャーペンの芯何かを仕掛けてたんだべ?」

十神「それは殺す覚悟を決めた者が出てきたか確かめるためだな。そのためにわざわざ皆がいる場で、図書室にジェノサイダー翔の捜査資料があると言ったんだ」

十神「この状況で裁判を勝ち抜くには、殺人を犯したことのある二人のどちらかの犯行に見せかけるのが一番考えられる手だからな」

葉隠(嫌な性格だべ)

葉隠「ということは……」

葉隠(資料を読めた人がいなかったということ)

葉隠「つまりあの現場を作ることができたのは、腐川っちと十神っちだけということだべ」

十神「……そうやって、結論を急ぐからお前は馬鹿なんだ」

葉隠「俺は馬鹿じゃないぞ!」

十神「いや。他にも資料を読めたやつはいるだろ?」

葉隠「…………?」

十神「日中、俺が図書室にいる間に書庫に入ったやつだ」

葉隠「え? それはさっき……」

十神「俺はさっき『俺に見られずにそこの書庫に入ることが出来たやつはいない』としか言っていない」

十神「つまり俺に見られながらも書庫に入ったやつが一人だけいる」

435 : ◆YySYGxxFkU - 2015/01/29 21:35:42.72 dh8FdRFV0 214/912

葉隠「そ、それは誰だべ!! そいつがクロにもっとも近いはずだべ!!」

十神「……それはどうかな?」

葉隠(またか。このパターンもう四回目だべ)

十神「そんな簡単だったら、この俺が悩んでいたりはしない」

葉隠(十神っちが悩むような問題……?)

葉隠「十神っちが見たのは誰なんだべ?」

十神「……気が向いたら教えてやろう」

そのまま図書室を出て行く十神。

葉隠「ちょ、ちょっと待つべ!! そこまで言っておいて、どうして最後まで言わないんだべ!!」

だが、十神は聞く耳を持たない。

葉隠「……ああもう!」

葉隠(追いかけたところで十神っちは教えてくれないだろう)

葉隠「………………」

葉隠「それにしても……」

葉隠「十神っちが見たのは一体……?」


コトダマ『十神の証言』ゲット!

436 : ◆YySYGxxFkU - 2015/01/29 21:37:17.45 dh8FdRFV0 215/912

葉隠「せっかくだし、書庫のジェノサイダー翔の捜査資料も見ていくか」

<書庫>

葉隠(目的の資料はすぐに見つけることが出来た)

葉隠「うへぇ……ひどい殺し方してるな……」

葉隠(殺害現場の写真を何枚か見て、やっぱりと思う)

葉隠(どの写真でも使われている凶器のハサミ)

葉隠(やはり今回の大和田っちに使われたものとは違っている)

葉隠「これは使えそうな情報だな……メモ、メモっと」

コトダマ『凶器のハサミ』ゲット!

437 : ◆YySYGxxFkU - 2015/01/29 21:39:55.23 dh8FdRFV0 216/912

モノクマ『そろそろ捜査はいいよね。ボクもう飽きちゃった』

モノクマ『というわけで、前の時と同じように赤い扉の先に集合してくださーい!』

葉隠「捜査終了か……」

葉隠(これだけの材料で俺は学級裁判を戦えるのか……)


不安を抱えながら葉隠は赤い扉をくぐる。

すでにみんなは揃っていて、エレベーターに乗り込む。

どこまでも降りていくのではないか、と錯覚したそのころ、エレベーターの扉が開いた。


葉隠「また……やって来たのか」

葉隠(八回目の裁判場……)

葉隠(前周回の裁判、俺は全部苗木っちや霧切っちに任せっぱなしだった)

葉隠(そしてこの前の裁判は苗木っちが犯人だと分かっていた)

葉隠(けど、今回の裁判は誰がクロなのか全く見当がついていない……)

葉隠「………………」

葉隠(そういう意味では初めて本気で挑む裁判……)

葉隠(全力を出して……絶対に生き残って見せるべ!!)

438 : ◆YySYGxxFkU - 2015/01/29 21:40:48.10 dh8FdRFV0 217/912


そして幕は開く……

命がけの裁判……
命がけの騙し合い……
命がけの裏切り……
命がけの謎解き……命がけの言い訳……命がけの信頼……

命がけの……学級裁判……!!


446 : ◆YySYGxxFkU - 2015/01/30 00:34:35.54 l+j4qGK20 218/912

コトダマリスト

『モノクマファイル2』
 死亡推定時刻は午前二時、無数の殴られた痕、後頭部に打撃痕、胸部にハサミを刺された痕がある。

『死体の状況』
 霧切の証言によると、致命傷は胸元のハサミ。殴られた痕は生前に付けられた物で、磔にされた腕のハサミは死後に刺された模様。その他に縛られた痕などはないようだ。

『落ちていた髪の毛』
 昨夜に石丸が掃除をしていたため、現場に落ちている髪の毛は四種類。石丸、葉隠、大和田、あと一種類は茶色のようだ。

『死体発見アナウンス』
 死体を三人が発見した場合に鳴る。葉隠の悲鳴を聞いて駆けつけた十神が見たところでなった模様。

『朝日奈と大神のアリバイ』
 犯行時刻の午前二時ごろ、二人は一緒の部屋にいた。

『シャーペンの芯の仕掛け』
 書庫の扉に仕掛けたシャーペンの芯。それによって、十神がいない間に書庫に入った者がいないことが分かっている。

『十神の証言』
 十神が図書室にいる間に、書庫に入った生徒が一人いる模様。

『凶器のハサミ』
 ジェノサイダー翔がこれまでの事件で使っていたハサミと、今回の事件で使われたハサミは異なる模様。


452 : ◆YySYGxxFkU - 2015/02/02 21:35:33.76 WC57hEC30 219/912

裁判開幕!


モノクマ「じゃあまず学級裁判のルールを説明するよ」

モノクマ「皆さんの中には殺人を犯したクロがいます。今から話し合いでそれが誰なのかを決めてもらいます」

モノクマ「その結果正しいクロを指摘できればクロだけがおしおき」

モノクマ「指摘できなければクロ以外がおしおき。そしてクロは卒業できます」

モノクマ「というわけでよろしく!」



石丸「それでは話し合いといこうか。まずは……」

葉隠(マスクをしていても通る声で、石丸っちが裁判の進行をしようとしたが)

山田「その必要はないですぞ!」

葉隠(山田っちが遮った)

山田「……ふふふ、僕のゴーストがささやいています。今回の犯行はジェノサイダー翔の、腐川冬子殿の仕業だと!」

セレス「確かに現場にはチミドロフィーバーの血文字が残されていましたわね」

葉隠(やっぱり最初はそういう話になるよな……)

453 : ◆YySYGxxFkU - 2015/02/02 21:38:40.92 WC57hEC30 220/912

腐川「わ、私の仕業じゃないわよ!!」

山田「ではあなた以外の誰があんな猟奇的な殺し方をするというのですか!」

セレス「そうですわ、胸をハサミで一突きだなんて」

腐川「とにかく私じゃないわよ!!」

朝日奈「そうだよ! 決めつけるのはいけないんじゃないかな!」

葉隠(朝日奈っちが腐川っちの援護に入る)

山田「どうして庇うのですか朝日奈殿?」

朝日奈「庇っているんじゃないの! ただ決めつけるのはいけないって言ってるの!」

セレス「ですが状況からして、ジェノサイダー翔の犯行なのは間違いありませんわ」

十神「そうだな、今回の現場ではジェノサイダー翔本人か警察でも上層部しか知らない磔がされてあった」

不二咲「そういえば十神君は警察の捜査資料を見ているという話だったね」

山田「やっぱりね!」

腐川「だけど!」



霧切「ちょっとみんな落ち着いて」


454 : ◆YySYGxxFkU - 2015/02/02 21:42:46.75 WC57hEC30 221/912

葉隠(荒れだした議論を一瞬で落ち着かせたのは霧切っちだった)

霧切「焦って結論を出した結果、間違ってたら私たちは死ぬのよ。多角的に考えるためにも冷静にならないと」

霧切以外「…………………」

霧切「まずは……そうね。疑惑をかけられている本人から話を聞こうかしら」

山田「本人って……さっきから腐川殿からは話を」

霧切「そうじゃないわ。今疑惑をかけられているのは、彼女とは別の人格でしょ」

腐川「嫌よ! どうしてあんなやつを呼び出さないといけ――」

十神「ごちゃごちゃ言うな。やれ」

腐川「はい!」クシュン!

葉隠(この従順さは今周回も変わらないみたいだべ)


ジェノサイダー翔「呼ばれて飛び出て、じゃじゃじゃじゃーん!」


455 : ◆YySYGxxFkU - 2015/02/02 21:45:49.71 WC57hEC30 222/912

ジェノ「あれ? またみんなの前で出てきてるけど、これ大丈夫?」

十神「聞かれたことだけに答えろ」

十神「お前は今回殺人を犯したのか?」

ジェノ「殺人? ってことは誰か死んだっていうの?」

霧切「……そういえば腐川さんは捜査に参加していなかったわね」

十神「裁判が遅れる。モノクマ、現場の写真を用意しろ」

モノクマ「もう、クマ使いが荒いなあ。けど、裁判が白けるのは嫌だし……はい、これ」

葉隠(モノクマが写真を取り出してジェノサイダー翔の前に置いた)

ジェノ「ん、何これ? あの金髪が死んだっつーの?」

ジェノ「しかも殺し方がすっごく私に似てるし」

山田「しらばっくれても無駄ですぞ!」

山田「どうせあなたが殺したに決まっているんでしょう!」

ジェノ「ああん? 似てるだけで、これには決定的な相違があるっつーの」

ジェノ「これじゃあ名店で習った弟子が作ったラーメンくらい違うっての」

葉隠(名店監修よりかは少しランクが上がってるべ)

456 : ◆YySYGxxFkU - 2015/02/02 21:47:49.45 WC57hEC30 223/912

山田「何を意味わからないこと言ってるんですか!」

山田「『これまでと今回の事件に違いなんてあるわけないですぞ!』」

葉隠(いや、写真を見る限り……)


コトダマ『凶器のハサミ』セット!


葉隠「それは違うべ!」 パリーン!

葉隠「今回の事件とジェノサイダー翔のこれまでの事件とは決定的な違いがある!」

セレス「違い……ですか?」

葉隠「そうだべ。それは凶器の……」

ジェノ「ハサミが違うっての。アタシが殺しに使うのはマイハサミ」

ジェノ「こんな何の変哲のないハサミと一緒にするなっての」

セレス「マイハサミ……ですか」

石丸「だが、そんなものがこの学園にあるわけが……」

ジェノ「ああん? いつも持ち歩いてるつうの」

葉隠(マイハサミを取り出して見せるジェノサイダー翔)

457 : ◆YySYGxxFkU - 2015/02/02 21:51:03.92 WC57hEC30 224/912

霧切「そうね。ハサミで殺すことに何の意味があるのか知らないけど」

霧切「もしハサミで殺すなら、こうやってマイハサミを携帯しているのに他のハサミを使う理由が無いわ」

霧切「……と考えると私にはある可能性が思い浮かぶのだけど」

朝日奈「それって何なの?」

霧切「誰かがジェノサイダー翔の犯行だと見せるために、わざわざハサミで殺したっていう可能性よ」

大神「確かにそれは考えられるな」

不二咲「そうだとしても誰が……」

朝日奈「十神しか考えられないよ!」

朝日奈「だって警察の捜査資料を見ていて、ジェノサイダー翔の犯行手口に詳しいんでしょ!」

山田「確かに良く知っている口ぶりでしたな」

十神「ふんっ、バカの考え休むに似たりとはこのことか」

朝日奈「誤魔化さないで!」

山田「何ですとー!」

十神「こんなのに関わっていると俺にまでバカが移る。……葉隠、反論は頼んだぞ」

葉隠「ええっ、俺だべ!?」

458 : ◆YySYGxxFkU - 2015/02/02 21:55:16.74 WC57hEC30 225/912

朝日奈「葉隠、あんたは十神の味方に回るっていうの?」

葉隠「そんなの誰も言ってないべ!」

葉隠(無茶ぶりにも程がある)

十神「…………」

葉隠(……けど、どうやら本気で十神っちは反論する気が無いようで……俺がしないと議論が進まないみたいだべ)

葉隠「はあ…………」

不二咲「けど、『十神君が大和田君を殺した』んじゃないの?」

葉隠(それはあのルールからあり得ない……)


コトダマ『死体発見アナウンス』セット!


葉隠「それは違うべ!」 パリーン!

葉隠「今回の死体発見アナウンスが鳴ったのは十神っちが死体を発見した時だった」

葉隠「そして死体発見アナウンスはクロ以外が死体を見つけた場合に鳴る……だから十神っちがクロじゃないのは確定だべ!」

霧切「それに加えて葉隠君の証言によると、彼が発見した時には大和田君はあの磔にされた状態だった」

霧切「十神君が見たときに死体発見アナウンスが鳴ったということは、それ以前に死体を見たことが無いということだから、死体に細工をすることも出来なかったということだわ」

葉隠(つまり前周回みたいなことは出来なかったということか。ふむふむ)

459 : ◆YySYGxxFkU - 2015/02/02 21:56:49.28 WC57hEC30 226/912

朝日奈「だとしたら……誰が腐川ちゃんの仕業に見せかけたっていうの?」

セレス「……そういえば秘密の暴露の後、十神君が言ってましたわね」

セレス「図書室にジェノサイダー翔の捜査資料があるとか、何とか」

セレス「でしたら、クロはそれを見たのではないですか? それなら磔にされていたのも納得ですし」

山田「そうですぞ! 図書室には十神殿が入り浸っていましたから」

山田「きっと『十神殿がいない隙に書庫に入り込んで資料を読んだ』んですぞ!」

葉隠(そう考えるよなぁ……)


コトダマ『シャーペンの芯の仕掛け』セット!


葉隠「それは違うべ!」 パリーン!

山田「どうして葉隠殿がそうでないと言い切れるのですか?」

山田「犯人が誰にも見られないように書庫に入った可能性を考えれば、葉隠殿が反論できるはずがないですぞ」

葉隠「確かにそうだべ。……けど、十神っちのある仕掛けによって、人がいない間に書庫に入った者はいないと分かってるんだべ」

朝日奈「仕掛け……?」

460 : ◆YySYGxxFkU - 2015/02/02 21:57:46.89 WC57hEC30 227/912

十神「面倒だが、それは俺から説明しておこう」

十神「俺は図書室から離れるときはこれを書庫との扉の蝶番に挟んでいた」

葉隠(シャーペンの芯を取り出して見せる十神っち)

十神「これによってそうとは知らない者が扉を開けたときはシャーペンの芯が折れることになる」

十神「だが、秘密の暴露からこっち、そんなことは一切無かった。つまり俺が図書室にいない間に、誰も書庫に入っていないということになる」

山田「その仕掛けはマンガで見たことがありますぞ! デス○ートですな!」

朝日奈「それは分かったけど……だったら、どうしてそんなの仕掛けてたの?」

十神「この状況で裁判を勝ち抜くためにすることといえば、二人いる殺人鬼のどちらかの仕業に見せかけるのが一番手っ取り早い」

十神「だから誰かがその情報を求めているのかを把握するために仕掛けたんだよ。わざわざみんなのいる前で資料があるって餌まで撒いてな」

セレス「あらあら、趣味の悪いことですね」

461 : ◆YySYGxxFkU - 2015/02/02 22:01:39.48 WC57hEC30 228/912

石丸「けど、それでは誰もあの犯行現場を作ることは出来なかったということになるぞ!」

不二咲「そうだよね。だって、情報を知っている腐川さんと十神君はクロじゃないってことになったし」

不二咲「その他に『ジェノサイダー翔の犯行手口を詳しく知っている人はいない』ってことだったし……」

葉隠(完璧に俺と同じ思考だべ)


コトダマ『十神の証言』セット!


葉隠「それは違うべ!」 パリーン!

不二咲「え、葉隠君が反論するの……?」

石丸「そうだぞ、君がさっき誰も資料を読むことが出来ないと言ったではないか!」

葉隠「いや、俺が言ったのは十神っちがいない間に資料を読むことが出来ないということだべ」

葉隠「だから……十神っちがいる間に資料を読みに来た人が一人いるんだべ!」

石丸「……そういうことか」

不二咲「けど、それって誰なの?」

葉隠「それは本人に聞いてくれ」

葉隠(十神っちの方に視線を向ける)

462 : ◆YySYGxxFkU - 2015/02/02 22:08:02.53 WC57hEC30 229/912

十神「……やれやれ。裁判が混乱すると思って黙っていたのだが」

十神「こうなったら言うしかないようだな」

葉隠(何か俺が悪いみたいな言い方されてるけど知らん知らん)

霧切「それであなたが見た書庫に入って行った人って誰なのかしら」

十神「それは――」

葉隠(そしてますます裁判の行方が分からなくなってしまうその名前を十神っちは告げた)




十神「大和田だ」




葉隠「……え?」

十神「俺とジェノサイダー翔以外に犯行手口を知っているのは、被害者であるはずの大和田だけということだ」

463 : ◆YySYGxxFkU - 2015/02/02 22:11:45.16 WC57hEC30 230/912

十神「あの秘密の暴露以来、日中はずっと書庫の方に籠っていたぞ」

葉隠(大和田っちが書庫にいた……)

葉隠(……そうだ。俺は秘密の暴露からこっち、昼間は大和田っちを探し回っていたけど見つけられなかった)

葉隠(だから部屋に籠っていると判断していたけど……)

葉隠(もしかして図書室にいたのか)

葉隠(大和田っちは行かないだろう、と思って捜索範囲から外していたけど……そういうことだったんだべ)



山田「ということはですぞ、ジェノサイダー翔の犯行手口を知っている腐川殿、十神殿、大和田殿の三人の内」

山田「十神殿は死体発見アナウンスが鳴ったからクロではない。大和田殿は被害者」

山田「ということは……残された可能性は腐川殿しか無いじゃないですか」

山田「ほら、やっぱりね! 僕の考えは合ってたんですよ!」

朝日奈「けど、凶器のハサミから腐川ちゃんは犯人じゃないってことになったじゃない!」

セレス「……もしかして彼女は普通のハサミを使うことで、誰かが自分の犯行に見せかけたと見せかけたのではないでしょうか?」

ジェノ「おおっ、頭いいなセレス」

石丸「それに違いない!」

不二咲「けど、そうなのかなぁ?」

葉隠(確かに可能性を考えると腐川っちしか犯行を起こせたとしか思えない)

葉隠(けど、本当にそうなのか?)

葉隠(………………俺の直感は違うと告げている)

葉隠(しかし、それを説明することができない……)

葉隠(こういうときは……どうすれば)


霧切「ちょっといい、みんな?」

464 : ◆YySYGxxFkU - 2015/02/02 22:22:33.63 WC57hEC30 231/912

葉隠「何だべ、霧切っち?」

霧切「ひとまず何故ジェノサイダー翔の犯行現場のようになっているのかは置いておかない?」

セレス「……それはつまり、他の証拠からクロを考えていこうってことでしょうか?」

霧切「そういうことよ」

不二咲「他の証拠……って言っても」

山田「『もう何も無いですぞ』」

葉隠(そう言われてみれば……まだあの証拠が)


コトダマ『落ちていた髪の毛』セット!


葉隠「それは違うべ!」 パリーン!

葉隠「現場に落ちていた髪の毛だべ!」

朝日奈「髪の毛?」

山田「あのー、それくらい落ちていて当然だと思いますが……」

465 : ◆YySYGxxFkU - 2015/02/02 22:25:08.56 WC57hEC30 232/912

葉隠「そうじゃないんだべ。現場に落ちていた髪の毛は四種類のみだったからな」

石丸「僕が昨日の夜に掃除していたのだよ」

セレス「それでその四種類とはどなたのものなのですか?」

葉隠「まずは掃除をしていた石丸っち」

葉隠「そして被害者の大和田っち」

葉隠「死体発見者で部屋に入ってた俺」

葉隠「最後に茶色の髪の毛だべ」

十神「茶色……か」

ジェノ「茶色の髪の毛っていえば、そこのおっぱい女とまーくんとちーたんくらいじゃね?」

朝日奈「お、おっぱい女ってもしかして私のこと!?」

苗木「………………」

不二咲「………………」

466 : ◆YySYGxxFkU - 2015/02/02 22:27:12.74 WC57hEC30 233/912

葉隠(そうだ茶色の髪の毛といえばこの三人しかいない)

葉隠(この三人の誰かがクロの可能性が高い)

葉隠(それは………………)

そのとき、この周回に入ってから一回目の裁判がフラッシュバックする。

葉隠「………………!」

葉隠(もしかしてこの裁判も一回目と同じなんじゃないか?)

葉隠(前周回でクロだった桑田っちが被害者に、被害者だった舞園っちがクロとなった一回目……)

葉隠(それと同じように今回もクロだった大和田っちが被害者になっていて……)

葉隠(だとしたら……)

葉隠「そうだべ……」

葉隠(俺の直感が告げている……クロはあの人だと……!)





葉隠「もしかしてこの髪の毛って不二咲っちのものじゃないのか?」





不二咲「………………え?」



裁判中断!


467 : ◆YySYGxxFkU - 2015/02/02 22:28:30.71 WC57hEC30 234/912

モノクマ劇場

モノクマ「うぷぷ、盛り上がってきましたね~」

モノクマ「割と裁判をリードしている葉隠クン」

モノクマ「うんうん、それでこそ主人公だよ」


モノクマ「さてさて、みんな悩んでるだろうからヒントを出しちゃおうかな」

モノクマ「ジェノサイダー翔の犯行手口を知っていた三人が、ともにクロとは思えないこの展開」

モノクマ「どうやってあの現場にしたのか分からなくなっているだろうけどね……」

モノクマ「やっぱり本編でも霧切さんが言ってたように、それは一旦脇に置いて考えた方がいいと思うんだ」

モノクマ「それ以外の情報で答えは出てくると思うよ。例えば殴られたときの状況を考えるとか……おっと、これ以上はダメだね」


モノクマ「さて、じゃあボクのつまらない話はこれくらいにしてそろそろ本編に戻ろうか」

モノクマ「……って、こらっ、そこっ! 今うなずいたでしょ!」

モノクマ「こういうときはお世辞でも『えー、モノクマ様の話まだ聞きたかったのに』って言うところでしょ!」

モノクマ「………………えっ、うざい?」

モノクマ「しょぼーん……」


モノクマ「ま、気を取り直して」

モノクマ「前半では力をためていた真の主人公が活躍を始める後半を……」

モノクマ「どうぞ!」

470 : ◆YySYGxxFkU - 2015/02/03 23:02:41.19 jTzCZfn60 235/912

裁判再開!



不二咲「ぼ、僕……!?」

葉隠(不二咲っちが慌てたような様子を見せる)

不二咲「そ、そんな僕は昨日の夜から更衣室には近づいてないよぉ!」

葉隠(濡れ衣を着せられたにしては焦りすぎている……この反応ビンゴだべ!)

不二咲「何で葉隠君は僕だと思うの!?」

葉隠「勘だべ!!」

朝日奈「勘って……」

山田「そんな自信満々に言われましても……」

葉隠「俺の占いは三割当たる!!」

セレス「……七割は外れるんですよね?」

石丸「そもそも三人の内の一人だから、誰でも三割で当てられるぞ!」

不二咲「そうだよ! だったら髪の毛は『朝日奈さんの物でもおかしくない』かもしれないよぉ!」

葉隠(いや……それはあの証拠から無いと考えられる……!)


コトダマ『朝日奈と大神のアリバイ』セット!


葉隠「それは違うべ!!」 パリーン!

471 : ◆YySYGxxFkU - 2015/02/03 23:59:11.15 jTzCZfn60 236/912

葉隠「朝日奈っちには死亡推定時刻の午前二時にアリバイがあったべ!」

不二咲「そ、そんな時間にアリバイなんて……!」

朝日奈「えっとね、昨日の夜はさくらちゃんの部屋で寝ていたから」

大神「我が証人だ。……それに我が寝ている間に朝日奈が部屋から出て行ったという可能性も無いと言っておこう」

大神「例え寝ていても、その程度の気配の動きを我が見落とす訳がない」

葉隠(オーガが言うと説得力あるなあ…………)

葉隠「というわけで朝日奈っちの髪の毛ではないということが証明されたべ」

不二咲「だったら苗木君が……!」

葉隠「……今の苗木っちが殺人を犯せる状態だと思うのか?」

葉隠(言いながら、この裁判で一回も発言をしていない苗木っちの方を見る)

苗木「………………」

葉隠(未だに目が虚ろで本当に立っているだけ。全くもって生気というものが感じられない)

不二咲「それは……」

葉隠「ここから苗木っちの髪の毛でもないと考えると……残りは不二咲っちしかないんだべ」


472 : ◆YySYGxxFkU - 2015/02/03 23:59:57.33 jTzCZfn60 237/912

朝日奈「そう考えると確かに……」

山田「不二咲殿しか考えられませんな」

セレス「殺人とは一番無縁そうだと思ってましたが……」

石丸「どうなんだね、不二咲君!」

不二咲「……それは……そのぉ……」

葉隠「観念するべ、不二咲っち!!」

不二咲「……」

不二咲「…………」

不二咲「………………うん、そうだね」

473 : ◆YySYGxxFkU - 2015/02/04 00:02:13.74 au/V7d1/0 238/912







不二咲「その髪の毛は僕のだと思うよ」






葉隠(認めた……!)

不二咲「けど!!」


不二咲「僕は大和田君を殺してなんかないよ!!」


葉隠「………………え?」

474 : ◆YySYGxxFkU - 2015/02/04 00:04:26.37 au/V7d1/0 239/912

葉隠「な、何を言ってるんだべ……?」

不二咲「確かに僕は昨日の夜から葉隠君が死体を発見するまでの間にあの部屋に入った」

不二咲「けど、それは今日の早朝……大体六時くらいかな」

不二咲「そのときには既に大和田君は死んでたんだよ!」

葉隠(一部だけ認めるということか……だけど)

葉隠「それは苦しい言い訳だべ!」

葉隠「だったらどうして死体を発見したのに、みんなに知らせなかったんだべ!?」

不二咲「…………それは」

葉隠(うろたえる不二咲っち……やっぱり俺の直感は正しいんだべ!!)

葉隠「そんな言い分、どうしたって言い逃れにしか思えない!」

葉隠「『死体を発見して黙っていた人間がいたはず無いんだべ』!!!」


(やれやれ、熱くなりすぎてるわね)



コトダマ『死体発見アナウンス』セット!



霧切「それは違うわ!」 パリーン!

475 : ◆YySYGxxFkU - 2015/02/04 00:15:02.15 au/V7d1/0 240/912

葉隠「…………え?」

葉隠(霧切っちが……反論……?)

霧切「みんな、今回の死体発見アナウンスが鳴った状況をよく思い返してみて」

山田「えっと……葉隠殿が死体を見つけて悲鳴を上げて……」

朝日奈「そして十神が駆けつけたところでなったんだよね」

石丸「そこから十神君がクロで無いことが確定したわけだが……」

セレス「そう考えると……もう一つ気になる点がありますわね」



霧切「死体発見アナウンスが鳴るための条件はクロ以外の三人が死体発見した場合」

霧切「なのに葉隠君と十神君の二人しか死体を発見していないのに、アナウンスが鳴っている」

十神「おい、モノクマ。おまえが適当にアナウンスを鳴らしたんじゃないよな?」

モノクマ「そんなことするわけが無いよ。ボクはクマ一倍ルールにはうるさいからね」

モノクマ「今回だってクロ以外の三人が死体を発見した時にアナウンスを流したよ」

霧切「……ということから考えられるのは、葉隠君が見つける前に死体を見た人がいたということ」

霧切「それなら十神君が死体を発見した三人目になるから辻褄が合う」

霧切「だから不二咲さんの証言は可能性として考えられるのよ」

476 : ◆YySYGxxFkU - 2015/02/04 00:27:12.56 au/V7d1/0 241/912

葉隠「……け、けど」

葉隠(何となく霧切っちの言っていることは正しいんだろう、ということは分かる)

葉隠「………………」

葉隠(けど、俺の直感は不二咲っちがクロだって言っているんだべ!!)

霧切「どうやら認められないようね、葉隠君?」

葉隠「ああ、そうだべ。絶対霧切っちが見落としているようなことがあるはずだべ」

霧切「……そう。なら私の質問に答えてくれる?」

葉隠「質問……?」

霧切「大和田君の死体の状況よ。……彼には無数の殴られた痕があったのだけど、どうやって不二咲さんはそれを付けることが出来たのかしら」

霧切「正面から挑んだって、二人の力の差は明白よね?」

477 : ◆YySYGxxFkU - 2015/02/04 00:31:02.18 au/V7d1/0 242/912

葉隠「そ、それは……こう、大和田っちが寝ている間に『抵抗できないように縛ってから』……」


コトダマ『死体の状況』セット!


霧切「それは違うわ!」 パリーン!

霧切「大和田君に縛られた痕などは無かった、って捜査の時に言ったでしょう?」

葉隠(そういえばそんなことを……)

葉隠「な、なら『ハサミで磔にしてから』……」


コトダマ『死体の状況』セット!


霧切「それは違うわ!」 パリーン!

霧切「ハサミでの磔は死後、殴られた傷は生前に付けられたもの。時間が前後しているわ。これも捜査の時に言ったわよね?」

葉隠(うぐっ……これは正攻法じゃ駄目だな。えーと……)

葉隠「………………!」 ピカーン!

葉隠「ひらめいたべ! 『オーガに頼んでボコボコにしてもらった』んだべ!!」


コトダマ『朝日奈と大神のアリバイ』セット!


霧切「それは違うわ!」 パリーン!

霧切「朝日奈さんと大神さんにはアリバイがある。……これはさっきあなたが言ったことよね?」

葉隠「えっと…………そうだべ!!」

霧切「言っておくけど、睡眠薬などを飲ませてから殴ったというのは無しよ。保健室は封鎖中だし、四階の科学室も開いていない……薬品を手に入れる術がないわ」

葉隠「………………」

霧切「まさかその程度の考えで私の意見に反論していたってわけ?」 ギロリ



葉隠「お、俺も最初から不二咲っちがクロじゃないって信じていたべ!」



朝日奈「うわー……」

山田「すがすがしいほどの意見の転換ですな」

478 : ◆YySYGxxFkU - 2015/02/04 00:33:41.56 au/V7d1/0 243/912

霧切「全く無駄な時間を使ったわね……」

葉隠(怖い…………)

霧切「そういうわけで不二咲さんは本当に死体を見ただけ、ってこと。みんなも分かったわね?」

朝日奈「けど……だったら推理は振りだしに戻ったってこと?」

葉隠(確かに今まで組み立ててきた推理は否定されたわけだし)

山田「そうですなー。他に取っ掛かりも無さそうですし……」

葉隠(俺も他の証拠が思いつかない……)




霧切「そうね……もうこれ以上の証拠は無いわ」

セレス「……あらあら、推理を諦めるのですか?」

霧切「いいえ、そんなわけないでしょう?」

霧切「私が言いたいのは…………もう既に証拠は出揃っているということよ!」

葉隠(ビシッと指をさして決める霧切っち)

葉隠(それにしても証拠が出揃っている……?)

479 : ◆YySYGxxFkU - 2015/02/04 00:35:06.31 au/V7d1/0 244/912

葉隠「どういうことだべ?」

霧切「注目すべきは落ちていた髪の毛よ」

葉隠「髪の毛……? それは不二咲っちが茶色の髪の毛の持ち主だったということで終わりじゃなかったのか?」

霧切「いいえ、それだけじゃないわ。四種類しか落ちてなかったということは、やはりその四人しか死体には近寄れなかったということよ」

霧切「つまりその中にクロもいるはず」

葉隠(……えっと、整理してみるべ)

葉隠(まずは大和田っちの髪の毛……これは被害者だからクロではない)

葉隠(オーガのときのように自殺というのも、自分じゃ磔できないことから考えにくい)

葉隠(次に不二咲っちは死体を見ただけということで話はついている)

葉隠(そして俺の髪の毛。……俺がクロで無いことは俺自身が一番よく分かっている)

葉隠(ラストは……)

葉隠「…………!」

葉隠(ということは今回のクロは……!!)



『怪しい人物を指名しろ』




480 : ◆YySYGxxFkU - 2015/02/04 00:35:43.68 au/V7d1/0 245/912






葉隠「石丸っちが……クロなのか?」






481 : ◆YySYGxxFkU - 2015/02/04 00:37:48.24 au/V7d1/0 246/912

石丸「ははは、僕がクロということか……」

石丸「って、僕がかね!?」

葉隠「ああ、そうだべ」

石丸「どうしてだね、根拠を言いたまえ!」

葉隠「あの部屋に落ちていた四種類の髪の毛の内、俺と大和田っちと不二咲っちを除いたら石丸っちしか残らないからだべ!」

石丸「なるほど、理解した! ……しかしその理屈だと、葉隠君。君もクロ足り得るということだぞ!」

葉隠「お、俺……っ!?」

朝日奈「……そういえば、葉隠って不二咲ちゃんをクロだと決めつけてたりしてたよね」

山田「あれは罪を擦り付けるため……だったと考えると必死だったのも分かりますな」

葉隠「おおお、俺はクロじゃないんだべ!! 信じてくれ!!」

セレス「そうやって必死に否定する辺り、怪しいですわね」

大神「まさか葉隠。貴様なのか?」

葉隠「クロは石丸っちなんだって!」

石丸「何を言う! クロは葉隠君、君なんだろう!!」



霧切「……はあ、このままだと議論が平行線ね」

482 : ◆YySYGxxFkU - 2015/02/04 00:41:07.74 au/V7d1/0 247/912

葉隠「霧切っちはどっちがクロだと思っているんだべ?」

霧切「私は……そうね。クロにはある痕が残っていると思うわ」

葉隠「痕?」

霧切「さっき不二咲さんが殴った痕を付けることが出来なかった、と言ったときの話を思い出した欲しいのだけど」

葉隠「……その話が何か関係あるのか?」

霧切「着目すべき点は、大和田君は殴られたときに抵抗することができた、ということね」

霧切「超高校級の暴走族である彼が殴られて抵抗した場合どうなるか……ここまで言えば分かるわね?」

石丸「さささ、さっぱり分からないぞ!!」

葉隠(石丸っちが動揺している……?)

石丸「ク、クロは葉隠君で決まりなんだ!! は、はやく投票に移りたまえ!!」

葉隠(今の話に何か心当たりがあったんだべ。……それはつまり……)

葉隠「…………!」 ピカーン!

葉隠(そういえば今日の石丸っちは……!!)

葉隠「石丸っち、ちょっと見せてほしいものがある!」

石丸「き、君は往生際が悪いな! お、おとなしくクロだと認めるんだ!!」

葉隠「それは……あれを見せてもらうまで納得できないべ!!」

483 : ◆YySYGxxFkU - 2015/02/04 00:42:22.11 au/V7d1/0 248/912


『マシンガントークアクション開始!』



「早くクロだと認めたまえ!」

        「忘れろ、忘れろ、忘れろビーム!!」

 「超高校級の委員長、石丸清多夏だ!」

     「兄弟を殺すわけが無い!」

             「ははは、冗談を」

   「勉強こそ学生の本分だ!」

          「そんなことあるはずがない!」

「風紀が乱れている!」

       「健全な魂は健全な肉体に宿るのだよ!」





『僕がクロな訳が無いだろう。言いがかりをつけるなら、証拠でも出したまえ!』






      △マス

  下□     ○の

      ×ク


484 : ◆YySYGxxFkU - 2015/02/04 00:42:57.19 au/V7d1/0 249/912





『マスクの下』




葉隠「これで終わりだべ!!」 パリーン!




COMPLETE!!


485 : ◆YySYGxxFkU - 2015/02/04 00:44:15.30 au/V7d1/0 250/912

葉隠「そこまで言うんだったら、そのマスクの下を見せてみるべ!」

石丸「うっ……!」

葉隠「俺の考えが正しければ、抵抗して大和田っちに殴られた痕がついているはずだべ!!」

石丸「こ、これはだな……。みんなに風邪がうつらないようにという僕の配慮で……」

葉隠「そんなのいいから、早く取るべ」

石丸「…………」

十神「もし取れないというなら、それでもいいぞ。このまま投票すれば、誰が怪しいかは明白だからな」

石丸「…………………分かった」

葉隠(そう言うと石丸っちはマスクを手にかけて……取った)

朝日奈「うわっ…………」

山田「痛々しいですな……」

石丸「…………」

葉隠(マスクの下からは唇の端が切れていたり、アザが出来ていたり……)

葉隠(まるで誰かに殴られたような痕が残っていた)

486 : ◆YySYGxxFkU - 2015/02/04 00:45:27.22 au/V7d1/0 251/912

葉隠「聞くまでも無いが……それは誰に殴られたんだべ?」

石丸「兄弟だ」

葉隠(兄弟……?)

石丸「はぁ……殴られはしたけど、クロではない……と言っても、誰も信じてくれないだろうな」

霧切「死体の付近に葉隠君の髪の毛が落ちていなかったから、それからもあなたしかクロ足り得ないということが分かるわね」

葉隠(そんな証拠あるなら先に言ってほしかった……)

石丸「…………そうだな」



石丸「僕が兄弟……大和田紋土を殺したクロだ」




487 : ◆YySYGxxFkU - 2015/02/04 00:46:27.20 au/V7d1/0 252/912


モノクマ「うぷぷ、話はまとまったかな?」

モノクマ「それじゃあ投票タイムに移ります!」

モノクマ「クロだと思う人のボタンをポチっと押しちゃってください」

葉隠「石丸っち……」

葉隠(どういうことなんだ?)

葉隠(さっきから使っている兄弟という呼称……)

葉隠(それはこの周回ではできなかった絆のはずなのに……)





石丸「すまなかった、兄弟。君の遺志に……答えられなかった」





みんなの顔の移ったスロットが回る……回る。

そして徐々に遅くなっていき。

石丸清多夏の顔のところでスロットは止まった。


488 : ◆YySYGxxFkU - 2015/02/04 00:47:44.04 au/V7d1/0 253/912

モノクマ「大・正・解~!」

モノクマ「何と大和田紋土クンを殺したクロは石丸清多夏クンでした!」

モノクマ「二連続で当てるなんてオマエラも良くやるねえ~」

全員「………………」

沈黙が場を支配する。

最初に口を開いたのは葉隠だった。

葉隠「どうして……大和田っちを殺したんだべ?」

石丸「………………」

葉隠(石丸っちは答えない。代わりに答えたのはモノクマだった)

モノクマ「気になるよね、気になるよね!」

モノクマ「だから特別にボクが昨日の夜起きたことを説明してあげるよ!!」

モノクマ「そうだねえ、どこから話せばいいのかな……?」

モノクマ「うん、やっぱここからだよね」



モノクマ「昨日の夜、大和田紋土クンが果たし状を貰ったことが物語の始まりだったんだよ!!」



葉隠「果たし状……?」

500 : ◆YySYGxxFkU - 2015/02/08 22:28:14.68 krSHGM2d0 254/912

<昨日 夜 大和田自室前>

大和田(今日も書庫で資料探し……)

大和田(暴走族に似合わないことをしているという自覚はあるが……まあ、気になってた情報も入手できたし今日で終わりだな)

大和田(他にも興味深い情報も見つけたが……)

大和田「……ん?」

大和田(何だ、俺の部屋のドアに手紙が挟まって……)

大和田「ちっ、とりあえず……」

大和田(その手紙を抜き取る。その内容は封を開ける前にある程度予想がついた)

大和田(というのも表に達筆な字でこう書かれていたからだ)

大和田「果たし状……だと?」


501 : ◆YySYGxxFkU - 2015/02/08 22:31:03.10 krSHGM2d0 255/912

大和田(昔こそよく受け取っていたものだが、この学園に来て以来無縁の物だと思ってたんだがな……)

大和田「………………」

大和田(さて、問題は誰からかということだ)

大和田(一番考えられるのは武闘派の大神あたりだが……やつはこういう真似はしない気がする)

大和田(もし俺を呼び出すとしても、面と向かって呼び出すタイプだろう)

大和田(だとしたら……一気に誰なのか分からなくなるな)

大和田(他のやつはこういう荒事は似合わない奴らばかりだし)

大和田「……まあ、何にせよ中身を見れば分かる話か」

大和田(果たし状の封を切って、中身を見る)

大和田(中身も果たし状には似合わないしっかりとした文字で書かれていた)

大和田(それを違和感に思っていた俺だが、最後に書かれた差出人のところを見て合点がいった)

大和田「石丸清多夏……確かに、あの堅物委員長が書きそうな字だな」

502 : ◆YySYGxxFkU - 2015/02/08 22:36:52.03 krSHGM2d0 256/912

<体育館前>

大和田(呼び出された場所は体育館、時間は今日の夜時間が入ってからということだった)

大和田(果たし状を読んだ時には既に夜時間を迎えていたので、部屋に入らずそのままこの場所に赴いた)

大和田(……この呼び出しを無視するつもりは端から無い)

大和田(暮威慈畏大亜紋土の総長が、勝負から逃げるなんてことがあっちゃいけねえからな)

大和田(そして俺は体育館に通じる扉を開ける)

石丸「遅かったな」

大和田(その男は体育館の中央で待っていた)

大和田「さっき手紙を読んだものでな」

石丸「逃げ出したのではないかとちょうど心配していたところだ」

大和田「おうおう抜かすねえ……?」

大和田(普通だったらこのまま殴り合いを始めていただろう。挑発には拳で返す信条だ)

大和田(しかし……俺は体を動かす代わりに、口を開いていた)

大和田「それでどういう理由であんなもんを寄越したんだ?」

503 : ◆YySYGxxFkU - 2015/02/08 22:39:03.64 krSHGM2d0 257/912

石丸「理由……理由か」

石丸「それは君が一番分かっているのじゃないかね?」

大和田「俺が……?」

大和田(特に思い当たる節は無いが……)

石丸「この前君が言っていたではないか。『俺より弱え奴が俺に文句をつけんじゃねえ』と」

大和田「………………」

大和田(そんなこと言ったか……? 勢いで話してたから覚えてないが……)

石丸「だからここで僕が君より強いことを証明して、『努力なんて才能の前には無意味』というのが間違いだったと認めてもらうのだよ!」

大和田「……その為だけに果たし状を出したと?」

石丸「ああ、そうだ!」

大和田「おまえ……勉強できるのに馬鹿だな」

大和田(俺なんかの意見を気にしてこんなことをするとは……)

大和田(だが、それもあの出来事の前にはそう思っても仕方がないのか……?)

石丸「どうした、来ないのか? 負けを認めるなら、僕も鬼ではない。努力こそが最上だと言えば、この場から無傷で返すぞ」

大和田「……おまえに呆れていただけだ」

大和田(理由がどれだけ馬鹿らしくても、元より逃げるつもりなど無い)

大和田「そこまで舐めたことを言ってくれたんだ……簡単にくたばるなよ!」 ダッ!

504 : ◆YySYGxxFkU - 2015/02/08 22:43:40.87 krSHGM2d0 258/912

大和田(一気に石丸との距離を詰める)

大和田(その間石丸は微動だにしない)

大和田(受けて立つということか……)

大和田「はっ……!!」

大和田(入学式のとき、苗木を一発でKOした拳を繰り出す)

大和田(あのときとは違って助走も乗って、スピードが増したそれは、石丸の上体に吸い込まれるようにして……)

石丸「ふっ……」

大和田「……っ!?」

大和田(その直前で避けられた…………しかも、紙一重というオマケ付きだ)

石丸「どうした? 長い学園生活で体が鈍ったのか?」

大和田(絶好のカウンターチャンスだったはずなのに、そのまま距離を取る石丸)

大和田「おまえ……その動き……」

石丸「君に良いように殴られたあのときとは違うぞ」

石丸「あの日以来トレーニングを、努力を続けていてね……悪いが、君に負ける気がしない」

大和田「努力……か」

大和田(よほど努力に思い入れでもあるのだろう)

大和田「……確かに、最近は本を読んでばかりだったからな。鈍っているのかもしれないな」

大和田「だが、そんなの俺の才能を考えればちょうどいいハンデだ」

石丸「次からは攻撃を加えるぞ。本気でかかってこい」

大和田「……抜かせ」

どちらからともなく、距離を詰めあう。そして拳と拳が交差した。

505 : ◆YySYGxxFkU - 2015/02/08 22:48:35.37 krSHGM2d0 259/912

<現在>

モノクマ「そこから先は殴り殴られ、雨あられ」

モノクマ「大和田クンが石丸クンを殴り飛ばしたかと思えば、次の瞬間は石丸クンの足が大和田クンの腹を捉え……」

モノクマ「もう見てて興奮したね~」ハァハァ

霧切「……そういうことだったのね」

葉隠「何がだべ、霧切っち」

霧切「今回の大和田君の死体の状況よ。ハサミの傷が死因だったのに、どうして殴った痕があったのか」

霧切「その理由は事件と関係が無い、ケンカで付いたのだというなら納得だわ」

葉隠「確かに……」

葉隠(拷問でもあったのかと考えてたけど、そういうことだったのか……)

朝日奈「それでそこからどうなったの?」

モノクマ「そうだねえ……」

モノクマ「数十分くらい殴りあって……お互いが満身創痍になったころから話そうかな」

506 : ◆YySYGxxFkU - 2015/02/08 22:52:04.64 krSHGM2d0 260/912

<昨日 夜>

大和田「はあ……はあ……」

石丸「はあ……はあ……」

大和田(強い……この強さはここ数日の努力とかだけじゃないだろう)

大和田(元々体を鍛えていたに違いない)

大和田(勉強もできるはずなのに……何てやつだ)

石丸「お互いもう限界のようだな」

大和田「俺はまだまだだぞ……」

石丸「ふっ……やせ我慢だな。まあいい……次で終わらせる」

大和田「俺もちょうどそのつもりだったところだ」

石丸「………………」

大和田「…………………」

石丸「………………」

大和田「………………」

石丸「……!」 ダッ!

大和田「……!」 ダッ!

507 : ◆YySYGxxFkU - 2015/02/08 22:53:40.31 krSHGM2d0 261/912

大和田が放つのは渾身の右ストレート。

対する石丸が放ったのも右ストレート。

お互い防御のことは全く考えていない。

どちらが先に当てるのか、倒れるのか。

そんな勝負。

大和田「食らええええっっっっ!!!」

石丸「届けええええっっっっ!!!」

大和田(俺は……俺はこんなところで負けてられねえんだ……!!)

そして。

大和田「ぐっ……!!」ボコッ!

石丸「ぐはっ……!!」ボコッ!

お互いの拳は同時に相手の顔に吸い込まれていった。

508 : ◆YySYGxxFkU - 2015/02/08 22:55:52.96 krSHGM2d0 262/912

大和田「………………」

大和田「あ、れ……?」

大和田(どうして俺は体育館の天井を見ているんだ……?)

大和田(そうか……負)

大和田「いや……そんなわけ、ねえ……!」

大和田「俺は負けるわけには行かないんだ……!!」

大和田(それが俺に課せられた十字架……暮威慈畏大亜紋土の総長としての使命なんだから……!)

大和田「くそっ……立てよ……立て!」

大和田(体に全く力が入らない……立ち上がることができない……)

石丸「立てないのか……?」

大和田「……っ!!」

大和田(くそっ、このざまじゃ石丸にトドメを指されちまう。……その前に動かないと……動かないと……!!)


石丸「僕も同じだよ」


大和田「………………え?」

509 : ◆YySYGxxFkU - 2015/02/08 22:57:09.26 krSHGM2d0 263/912

大和田(首を横に向けると、同じく大の字で寝ている石丸の姿があった)

石丸「体に全く力が入らないんだ……どうしてだろうね?」

大和田「……はっ、ざまあねえな」

石丸「そういう君はどうなのかね? 今なら絶好のチャンスだぞ」

大和田「……俺も体が動かねえんだ。どうしてだろうな?」

石丸「僕にも分からない」

大和田「………………」

石丸「………………」

大和田「はははっ!!」

石丸「はははっ!!」

大和田「面白れえな! お互い中途半端にくたばって、決着を付けられないなんて!」

石丸「ああ、全くだ!」

510 : ◆YySYGxxFkU - 2015/02/08 22:59:42.07 krSHGM2d0 264/912

大和田「……なあ、石丸よ」

石丸「何だね?」

大和田「俺は総長のメンツとして、おまえとのケンカに負けられない」

大和田「そしておまえは俺に文句を付けるために負けるわけには行かない」

石丸「……そうだな」

大和田「そこでだ、提案があるんだが」

石丸「聞こう」

大和田「この勝負……引き分けにしないか?」

石丸「引き分け……?」

大和田「ああ、それならお互い負けたことにならない」

石丸「何と……それは確かにそうだな!」

大和田「だろ」

石丸「名案だ! このケンカは引き分けだ!」

大和田「ああ! このケンカは引き分けだ!」

511 : ◆YySYGxxFkU - 2015/02/08 23:03:39.04 krSHGM2d0 265/912

石丸「それでは努力が才能の前には無意味だ、と言ったことは撤回してくれるのだね」

大和田「……そのことについてなんだが」

石丸「何かね?」

大和田「おまえの祖父について調べさせてもらった」

石丸「……っ! どこでそれを!」

大和田「あのとき少し口走ってただろ」

大和田「それをもとに図書室で調べたんだ。ここの図書室の書庫には本当この世のありとあらゆることが情報として収められててな……時間はかかったが、お前の祖父のことについても書いている資料があった」

石丸「………………」

大和田「総理大臣だったんだってな。……それで汚職をして辞めさせられ、その借金が今もお前を苦しめている」

大和田「才能があるが故に、世の中を舐めきっていて、それで起きた悲劇だった、と」

石丸「……その通りだ」

石丸「だから僕は祖父のようにならないように努力を続けているのだよ」

大和田「……その気持ち分かるぜ」

石丸「……え?」

512 : ◆YySYGxxFkU - 2015/02/08 23:09:55.84 krSHGM2d0 266/912

大和田「俺の場合はおまえと反対だったんだ」

大和田「才能があってそれが故に成功を続けていた兄貴」

石丸「……君のお兄さんは才能が無かったんじゃないのか?」

大和田「ああ、あのときはちょっと事情があってな。ちいと嘘をつかないといけなかったんだ」

大和田「俺は兄貴に追いつこうと努力を重ねたが……それでも敵わなかった」

大和田「いつしか俺は努力することが無駄だと感じてしまうようになっていた」

石丸「………………」

大和田「だから、努力することを信じているおまえが羨ましくて……何がそこまでさせるんだ、って思って調べてたんだ」

石丸「……そうだったのか」

513 : ◆YySYGxxFkU - 2015/02/08 23:15:48.77 krSHGM2d0 267/912

石丸「しかし君は本当にお兄さんに追いつけて無かったのか?」

大和田「……え?」

石丸「君だってその暮威慈畏大亜紋土……だったか。お兄さんと同じ、その総長なんだろう?」

石丸「それでお兄さんと同じように族をまとめていた」

石丸「なら、君はお兄さんに追いつけていたんじゃないか?」

大和田「そんなことは……だって、俺は兄貴より劣っている場所があって……」

石丸「その分、他に秀でているところは無かったのか?」

大和田「それは……」

石丸「人が他の人の完全上位互換になるなんて端から不可能だ。……それでも相互互換にならなれる」

石丸「君はとっくにお兄さんに追いつけてたのだよ」

大和田「そう……なのか?」

石丸「ああ! この僕が言うのだから、間違いない!」

大和田「そう、だよな……おまえは馬鹿だけど、頭はいいんだ。間違っていることは言わないよな」

石丸「その通りだ!」

大和田「そっか……俺は兄貴に追いついて……」

514 : ◆YySYGxxFkU - 2015/02/08 23:16:55.51 krSHGM2d0 268/912

大和田「ありがとな、兄弟」

石丸「……兄弟?」

大和田「ああ。俺とおまえはケンカを引き分けたわけだろ」

大和田「つまり対等な力関係ってことだ」

大和田「そんな関係を俺は兄弟って呼んでいるんだ」

石丸「兄弟……兄弟か」

石丸「良い響きだな! 兄弟よ!」

大和田「だろっ!」

大和田「つうわけで、俺とおまえは今日から兄弟だ!」

石丸「ああ!」

516 : ◆YySYGxxFkU - 2015/02/08 23:19:01.73 krSHGM2d0 269/912

<現在>

モノクマ「と、まあ胸糞悪い青春展開が行われたというわけですよ」


葉隠「そうだったのか……」

葉隠(今周回は築かれなかった二人の絆……)

葉隠(けど、それはちょっと運が悪かっただけで……こうやって紆余曲折はあったけど兄弟になれている)

葉隠(何というのか……そういう運命だったんだろう、としか言えないな……)


大神「だが、おかしくないか?」

大神「最初のいがみ合っていたときならともかく、こうして和解したのにどうして石丸は大和田を殺したのだ?」

山田「確かにおかしいですね……」


モノクマ「うぷぷ……それはこの後二人を悲劇が襲ったからなのですよ!」


葉隠「悲劇……?」


モノクマ「それではそれでは最終パートに話を進めていきましょうか!」

517 : ◆YySYGxxFkU - 2015/02/08 23:21:41.97 krSHGM2d0 270/912

<昨日 夜>

大和田「立てるか?」

石丸「ああ、何とか」

大和田(お互いに肩を貸し合いながら立ち上がる)

大和田「酷いありさまだな」

大和田(顔は腫れ、服で隠れているだけでその他の部分も殴られた痕がたくさんついているだろう)

石丸「全くだ。兄弟のパンチが凄すぎるからだぞ」

大和田「ははっ、すまねえな」

大和田「それじゃあ帰るとするか。今日はぐっすりと眠れそうだ」

石丸「そうだね。僕もよく眠れそうだ」

石丸「しかし、その前にこの汗はしっかり拭きとらないと風邪を……はっ!」

大和田「どうかしたのか、兄弟」

518 : ◆YySYGxxFkU - 2015/02/08 23:23:53.61 krSHGM2d0 271/912

石丸「僕としたことが何てことを……!」

大和田「……話が見えねえんだが?」

石丸「忘れ物だよ、忘れ物!」

大和田「忘れ物?」

石丸「君と戦う前に最終調整をしようと、夜時間になるまでトレーニングをしていたのだが」

石丸「そこにタオルを忘れたのだよ!」

大和田「そうか。なら取りに行けばいいだろ」

石丸「いや、だが兄弟の手を煩わせたくない……だから更衣室には僕だけが行こう!」

大和田「……水臭いこと言ってんじゃねえよ」

大和田「それくらい付いて行ってやるよ」

石丸「……兄弟!!」

519 : ◆YySYGxxFkU - 2015/02/08 23:25:41.77 krSHGM2d0 272/912

<男子更衣室>

大和田「それでタオルはどこにあるんだ?」

石丸「えっと……あそこの棚の上だな」

大和田「どうしてそんなところに置いてんだよ……」

石丸「少々高いところにおいてしまったな……」

大和田(兄弟は背伸びしてやっとのことでタオルを取る――)

石丸「やったぞ!」

大和田(――ところまでは良かった)

石丸「……おっと」ガタッ

大和田(俺とのケンカのダメージが今頃来たのか、ふらついた兄弟は棚に寄りかかる)

大和田(体重をかけられた棚には、バランス悪く載せられていたダンベルがあり……それがぐらついて――)

大和田(――落ちた。……兄弟の頭を目がけて)

大和田「兄弟……っ!!!」

石丸「……え?」

大和田(状況にようやく気が付いたようだ。……しかし体が付いて行っていない)

大和田(このままでは……!!)

咄嗟の判断だった。気が付けば体が動いて――


大和田は石丸の体を突き飛ばしていた。



520 : ◆YySYGxxFkU - 2015/02/08 23:28:36.89 krSHGM2d0 273/912





ゴスンッッッッッ!!!!!!!!





521 : ◆YySYGxxFkU - 2015/02/08 23:30:26.02 krSHGM2d0 274/912

石丸「痛たたた……何が起こって……」

石丸「……兄弟っ!!?」

石丸の目に飛び込んできたのは、頭から血を流す大和田の姿。

石丸を突き飛ばした大和田は、身代わりになるように自分の頭にダンベルを受けていた。

大和田「よう……………………無事、か?」

石丸「兄弟……どうして!!」

大和田「分かん、ねえ……気が付いたら、体が動いていてな……」

石丸「分かった! 分かったから、もうしゃべるなっ! こういうときは安静にしていた方がいい!!」

大和田「そうか……」

石丸(こういうときはどうすれば……! 確か倉庫には救急バッグがあるはずだ……! そこから包帯でも持ってきて兄弟の血の流出を止めて……)

石丸(いや、それより先に傷の手当てが先か……?! 冷やした方がいいんだったか……?! ……落ち着け、落ち着いて兄弟を助ける方法を……!)

大和田「なあ……」

石丸「黙りたまえ!! 聞いていなかったのか!!」

大和田「けど……頼みがあるんだ……」

石丸「頼み…………?」



大和田「ああ。……ハサミを……持ってきてくれねえか」

522 : ◆YySYGxxFkU - 2015/02/08 23:32:30.48 krSHGM2d0 275/912


<更衣室前>

石丸(兄弟の頼みを聞き入れて部屋までハサミと救命バッグを取りに行く)

石丸(それから帰ってきたところで、兄弟が男子更衣室から這って出てくるところを目撃した)

石丸「兄弟!! 安静にしていろと言っただろう!!」

大和田「だけど……男子更衣室にはあいつは入れないからな……」

石丸「あいつ……?」

石丸「それよりハサミを持ってきたぞ! これでどうすればいい!?」

大和田「倉庫にあったハサミ……か。マイハサミには程遠いが……まあ、仕方がない……」

石丸「さっきから何を言っているのだね!!」

大和田「そのハサミで…………」

石丸「このハサミで!?」





大和田「俺を殺せ」





石丸「兄弟を殺……え?」


523 : ◆YySYGxxFkU - 2015/02/08 23:34:27.56 krSHGM2d0 276/912

大和田「その後は追加でハサミを持ってきて」

石丸「何を言っているんだ……兄弟……?」

大和田「それで……俺を、磔にするんだ」

石丸「き、気が錯乱しているのだな!」

大和田「その後、俺の血を使って文字を……チミドロフィーバーの血文字を…………」

石丸「そうだ、早く手当てをしないとだな!」

大和田「それであいつ……ジェノサイダー翔の犯行に見せられるだろう」

石丸「兄、弟…………」

大和田「お前の祖父のことを……調べてるついでに見つけた情報が、役立って……良かった…………」

石丸「……さっきから、自分を殺せといって……君は本気なのかね!!」

大和田「ああ、本気だ。…………何せ、俺はもう、死んじまうみたいだからな」

524 : ◆YySYGxxFkU - 2015/02/08 23:36:54.94 krSHGM2d0 277/912

石丸「兄弟が……死ぬ……?」

大和田「ダンベルを食らったとき……一瞬兄貴の顔が見えたんだ……」

大和田「それで悟ったんだ…………もう、俺は死ぬんだなって……」

石丸「それと君を殺すことに何の関係が……!!」

大和田「このまま俺が死んだ場合…………兄弟、おまえがクロになるだろう」

石丸「僕が……っ!?」



モノクマ「うぷぷっ、すごいよね」

いつの間にか現れたのか、その場にはモノクマがいた。

モノクマ「自分を庇わせて殺すなんて……このボクでも思いつかなかった斬新な殺し方だよ!!」

モノクマ「うんうん、すごいね。……あ、大丈夫だよ、想定してなかった殺し方だけど、ちゃんと卒業は認めるからさ」

そのまま出現した時と同じように唐突に消えるモノクマ。

525 : ◆YySYGxxFkU - 2015/02/08 23:41:22.95 krSHGM2d0 278/912

大和田「そういう、ことだ」

石丸「僕がクロ……?」

大和田「ああいう手合いのやり口は………よく、分かっている」

大和田「どうせ兄弟がクロになるなら…………なるべく、兄弟がクロだとばれない殺し方が良い」

石丸「だから…………僕にハサミを用意させて……」

大和田「腐川……いや、ジェノサイダー翔の犯行と、勘違い、させるためにな…………」

石丸「………………」

大和田「だから……それで……俺の胸を…………」



石丸「出来るわけないだろうっっっっ!!!!!!」



大和田「兄弟……」


526 : ◆YySYGxxFkU - 2015/02/08 23:42:41.99 krSHGM2d0 279/912

石丸「僕が兄弟を殺す……?」

石丸「そんなこと出来るはずが無い!!」

石丸「それより諦めるにはまだ早い!」

石丸「しっかりと傷の対処をすればここから生き残る可能性だって…………!」

大和田「いいんだ……」

石丸「よくないっっ!!」

石丸「だってさっき兄弟になったばかりなんだぞ! 僕はまだまだ兄弟と交わしたい言葉、やりたいことが一杯あるというのに……!!」

大和田「いいんだ……だって俺は……」




大和田「弱いから…………な」





527 : ◆YySYGxxFkU - 2015/02/08 23:43:46.53 krSHGM2d0 280/912

石丸「そんなこと今は関係ないだろう!!」

大和田「関係……ある……」

大和田「俺は、弱いから…………ここで生き残っても、このコロシアイ学園生活を、生き残ることは……出来ないだろう」

石丸「兄弟は弱くなんかない!!」

大和田「あり……がとな……」

大和田「けど、俺はおまえと違って……弱いんだ……」

大和田「だから……不二咲を妬んで…………あんなことに……」

大和田「努力を信じ続けた兄弟と違って……俺は弱いんだ…………」

石丸「だとしても……!」

大和田「それに俺は……兄弟に生きて外に出て欲しい……」

529 : ◆YySYGxxFkU - 2015/02/08 23:47:14.32 krSHGM2d0 281/912

石丸「なっ……!」

大和田「おまえは、自分に才能が無い……って言ってたけど」

大和田「努力をする……って、才能があると…………俺は思う……」

大和田「そんなやつがこんなところで、死んだら……世界の不利益だ」

大和田「兄弟は、こんなところを出て……世界で活躍すべきなんだ……」

大和田「そのためだって、思ったら…………俺の命なんて惜しくねえ」

石丸「僕は…………」

石丸「僕は兄弟を犠牲にしてまで生きたいとは思えない……!!」

大和田「……大丈夫だ。おまえは俺の犠牲も力にして生きていける……」

大和田「そういう強い、人間だ…………」

石丸「だが……だが……っ!!!!」

530 : ◆YySYGxxFkU - 2015/02/08 23:48:42.68 krSHGM2d0 282/912




大和田「兄弟に頼む最初で、最後のお願いだ」



大和田「俺を」



大和田「殺してくれ」




531 : ◆YySYGxxFkU - 2015/02/08 23:53:57.97 krSHGM2d0 283/912

石丸「……それしか無いのか……?」

大和田「ああ、このままじゃ俺は無駄死にだ」

石丸「………………」

大和田「………………」

石丸「………………」

大和田「………………」

石丸「分かった……」

大和田「…………………」



石丸「僕は……兄弟を殺そう」



大和田「そうか……」


532 : ◆YySYGxxFkU - 2015/02/09 00:14:42.57 Ugq7tzdl0 284/912


大和田「だったら一思いに……やってくれ。俺だって……あまり苦しみたくないからな……」

石丸「その前に一つだけ言わせてほしい」

大和田「何、だ…………?」

石丸「兄弟は弱い人間なんかじゃない」

石丸「こうやって死を目前に堂々としているのだからな」

大和田「………………っ!」



―――――――――――――

葉隠『強い人間ってのは最初から強い人間だと思うか?』

葉隠『確かにそういう人間もいるかもしれないけど、それは少数だべ』

葉隠『大多数の強い人間っていうのは、弱い自分を認め克服して……それを繰り返して弱い部分をなくした人間だべ』

葉隠『自分の弱さを認めるのに遅いも早いもないべ』

葉隠『だからもし大和田っちが自分の弱さを嘆いているなら……今からでも遅くない。向かいあうのをオススメするべ』

―――――――――――――



大和田「そっか……」

大和田「さっき俺は、弱さを認めた……な」

大和田「だから強くなれた…………」

大和田「おまえの言ってたことは間違いじゃなかった……葉隠……」


533 : ◆YySYGxxFkU - 2015/02/09 00:16:33.24 Ugq7tzdl0 285/912

石丸「お別れの時間……だな」

大和田「短い間だったけど、おまえと……兄弟になれて良かったぜ……」

石丸「それは……ぐすっ……こちらのセリフだ……ぐすっ……」

大和田「何だ、泣いているのか……兄弟……?」

石丸「当然だろう! ……ぐすっ…………だって兄弟ともう二度と会えないのだから……!」

大和田「何を、言っているんだ……天国で会えるだろう……?」

石丸「天国……?」

大和田「一足先に行って……俺が暮威慈畏大亜紋土天国支部を作っておく…………」

大和田「副総長の座は、開けておくが…………あんまり早くこっちに来るなよ……」

石丸「そうだな……ぐすっ……この世で委員長として真面目に過ごした後くらいは…………あの世で不良になっても誰も文句を言うまい…………ぐすっ…………」

大和田「だろうな……」

石丸「……ぐすっ…………」

大和田「………………」

石丸「それじゃあ兄弟……しばし、お別れだ」

大和田「ああ…………またな」

石丸「…………」





ズブッ


540 : ◆YySYGxxFkU - 2015/02/12 22:44:59.40 RoN/Ebku0 286/912

<現在>

モノクマ「と、これが昨日あったことの顛末だよ」

モノクマ「この後、石丸君が現場を作るエピソードとかもあったけど、蛇足だしいいよね?」



葉隠「こんなの……あんまりだべ……」

葉隠(二人とも折角分かりあえたっていうのに……)

葉隠(コロシアイ学園生活なんて無ければ……二人はもっと生きて……)



霧切「……無粋だけど分かったことが一つあるわね」

葉隠「大和田っちの後頭部の打撃痕だべ……」

霧切「……そうよ」

葉隠「これまた事件と関係なかったはずの傷……それは石丸っちを庇ってできたもの……」

霧切「そういうことみたいね……」


一同「………………」

モノクマ「あれ、どうしたの? みんなお通夜みたいにテンションが落ちて?」

朝日奈「そんなの……当たり前じゃない……!!」

山田「そうですぞ!!」

モノクマ「怖いなぁ……。これがキレる若者ってやつなんだね」

モノクマ「……って、それはどうでもいいんだよ! これから一大イベントがあるんだからどんどんテンション上げて行かないと!」

セレス「イベント……ですか」

大神「まさか……」

モノクマ「そうだよ! クロである石丸クンのおしおきだよ!!」

541 : ◆YySYGxxFkU - 2015/02/12 22:48:30.84 RoN/Ebku0 287/912

「「「………………」」」

全員の視線が石丸の方を向く。

石丸「……ははっ、あまり早く来るなって兄弟に言われたのに……これでは兄弟に怒られるな」

葉隠「石丸っち……」

石丸「だがしょうがないのかもしれないな。罪には罰を……それが世界のルールだ」


モノクマ「覚悟が決まってて面白くないなあ」

モノクマ「もっと絶望して欲しかったのに……」

モノクマ「……ま、お楽しみは後に取っておいて、まずはおしおきから行こうか」

葉隠「……?」

葉隠(どういうことだべ? おしおき以上の何かがあるっていうのか?)


石丸「すまない、君たち。……君たちを犠牲にしてまで、卒業しようとした僕は赦されないだろう」

石丸「だから僕はいいのだ」

石丸「その代わり……せめて兄弟を悪く思わないでくれ」


モノクマ「では張り切っていきましょう! おしおきターイム!」


石丸「それが……僕からの最期のお願いだ」

542 : ◆YySYGxxFkU - 2015/02/12 22:50:19.09 RoN/Ebku0 288/912




『石丸清多夏クンがクロに決まりました。おしおきを開始します』




543 : ◆YySYGxxFkU - 2015/02/12 22:51:29.56 RoN/Ebku0 289/912

石丸(どうやら僕は総理大臣になったということのようだな……)

総理就任パレードの最中だろうか。モノクマだらけの市民に手を振る……いや、振らされる石丸。

石丸(……この景色を本当の物に、現実の物にするのが兄弟の願いだったのかもな……)

石丸(しかし、もう叶いそうもない)

石丸「………………」

石丸(……死ぬ間際だというのに、不思議と死に対して恐怖は湧いてこなかった)

石丸(代わりに恐怖に思っているのは、天国で待っているはずの兄弟……)

石丸(きっと怒るのだろうな……)

石丸(だけどその後は、顔を崩して笑い、僕に向かって手を差し伸べるだろう)

石丸(そして僕はその手を取って……委員長の肩書きは捨てて……)

石丸(暮威慈畏大亜紋土の副総長として、これからは――――――)



バンッ!!

544 : ◆YySYGxxFkU - 2015/02/12 22:54:29.19 RoN/Ebku0 290/912

モノクマ「エクストリーィィィィィムッ!!!!」

葉隠「………………」

葉隠(石丸っちはスナイパーに扮したモノクマに撃たれた)

葉隠(最後の最後まで、石丸っちが穏やかな表情だったのが印象的だった……)

朝日奈「ううっ……どうしてこんなことに……」

山田「あんまりですぞ……」



モノクマ「うぷぷっ」

大神「……何が面白いのだ、モノクマ」

モノクマ「ああ、ごめんね。……だって背負う必要も無かったはずの罪に真摯に向かい合ったまま死んでいった石丸クンを見ていたら、どうしても笑いがこらえられなくて」

葉隠「どういう意味だべ……?」

モノクマ「だってさあ、石丸クンは瀕死だった大和田クンの命を無駄にしたくないってことで殺したんでしょ?」

葉隠(何だろう……嫌な予感がする)

モノクマ「だけどさ……あのまま放っておいても大和田クンは死ななかったよ?」

葉隠「………………え?」

545 : ◆YySYGxxFkU - 2015/02/12 22:56:28.83 RoN/Ebku0 291/912

山田「あのー、何を言っているんですか……?」

朝日奈「そうよ! さっきの話だと、あんた言ってたじゃない! このまま大和田が死んだら石丸がクロだって!」

モノクマ「確かにそう言ったけどさあ。それには単に言葉の通りの意味しか含まれてないよ?」

葉隠「まさか……っ!?」

モノクマ「ボクの発言は仮定の話。IFだよ、IF」

モノクマ「それと大和田クンが本当に死ぬのかは全くの無関係でしょ?」

葉隠「っ……!?」

モノクマ「勝手に違う意味に取ったのは石丸クンたちでしょ? ……大体ダンベルが落ちたくらいじゃ、余程のことが無い限り死なないって」



葉隠(こんなの自分のキャラじゃない……)

葉隠(分かってはいたけど、このときばかりは我慢がならなかった)

葉隠「モノクマァァッッッッッ!!!!」

葉隠(そのままモノクマに掴みかかろうとする)

葉隠(脳裏には学園長に対する暴力を禁ずる校則やモノクマを壊しても代わりがすぐに出ることは分かっていた)

葉隠(それでも……助けようと思っていた大和田っち石丸っちが無駄に死んだのだと思うと耐えられなかった)

霧切「葉隠君っ!!」

葉隠(霧切っちが名前を呼ぶ。それに込められていた注意に気付きながらも無視する)

葉隠(あと少しでモノクマのところに辿りつく……そのとき、モノクマが言った)



モノクマ「葉隠クンがそんな怒る資格はあるの?」


546 : ◆YySYGxxFkU - 2015/02/12 22:57:44.02 RoN/Ebku0 292/912

葉隠「…………っ!!」

葉隠(ただの言葉……だというのに、足が止まってしまう)

セレス「どういう意味ですか?」

モノクマ「ボクは監視カメラで全部見てたから知ってるけど、あんな不安定なところに何でダンベルが置いてあったんだろうね?」

葉隠「ダンベル……?」

葉隠(大和田っちが食らった凶器……それはどこに置いてあったか……)

葉隠「あ……」

葉隠(そういえば動機発表の夜に不二咲っちを殺せないように一旦プールの方に出して……)

葉隠(翌日、邪魔になるだろうと直して……)



それはどこに置いた?



葉隠「…………っ!!」

モノクマ「分かったみたいだね。言うなれば、君がこの事故の原因を作ったような物だよ?」

モノクマ「君がいなければ大和田クンがダンベルから石丸クンを庇う必要は無かったし」

モノクマ「石丸クンが大和田クンを殺す必要も無かったってことだよ!」

547 : ◆YySYGxxFkU - 2015/02/12 22:58:36.84 RoN/Ebku0 293/912

葉隠「そんな……」

葉隠(俺が原因を作った……?)

葉隠「また……なのか……?」

葉隠(桑田っちの時に続いて俺はまたしても悲劇を防げなかった)

葉隠(どころか、俺が動くことでいつも状況が悪化している……)

葉隠「………………」

葉隠(もう俺は……いっそのこと、頑張らない方がいいのか?)



モノクマ「そうだよ、その顔だよ!」

モノクマ「石丸クンは絶望しないまま死んじゃったからね」

モノクマ「代わりに葉隠クンの絶望した顔が見れて満足だよ!」

モノクマ「それじゃあボクは帰るね。……いやあ、満足、満足」

モノクマがその場から消えた。

548 : ◆YySYGxxFkU - 2015/02/12 22:59:34.42 RoN/Ebku0 294/912

朝日奈「えっと……葉隠?」

山田「葉隠殿……?」

葉隠「………………」

大神「苗木に続いて葉隠までも……」

セレス「二人目ですか」

十神「精神が弱い奴が多すぎるんじゃないか?」


不二咲「………………」

霧切「不二咲さん大丈夫?」

不二咲「え、ぼ、僕?」

霧切「あなただけど……顔色が悪いように見えたから」

不二咲「えっと…………」

549 : ◆YySYGxxFkU - 2015/02/12 23:01:55.22 RoN/Ebku0 295/912

セレス「そういえば気になっていたことがあるのですが、不二咲さん」

不二咲「な、何……?」

セレス「どうしてあなたは大和田君の死体を見たときにみんなに伝えなかったのですか?」

セレス「話によれば、今朝には見ていたんでしょう?」

不二咲「う、うん」

不二咲「今朝、ふと思い立って食事の前にトレーニングをしようとして……そのときにあの現場を見つけたんだ」

セレス「なら、何故ですか?」

セレス「早く伝えることで何かが変わったとは思えませんが、あなたの行動が不可解なことには変わりありませんわ」

不二咲「それは……」

不二咲「………………」

不二咲「怖かったんだ」

セレス「怖い……ですか?」

550 : ◆YySYGxxFkU - 2015/02/12 23:03:58.60 RoN/Ebku0 296/912

不二咲「大和田君の死体を見つけたとき……怖くなったんだ」

不二咲「僕にとって大和田君は強さの象徴だったから」

不二咲「そんな大和田君が惨たらしく殺されているのを見て……どうしようもなく体が震えてきて」

不二咲「気が付けば、その場から逃げ出してたんだ」

セレス「……そうですか」

朝日奈「しょうがないって! あんなの見たら、誰だって怖くなって逃げ出すって!」

大神「我でも最初は目を疑ったのだ。不二咲ならましてしょうがあるまい」

不二咲「ありがとね、朝日奈さん、大神さん」

不二咲「……でもね、それを黙ったままでいるのはやっぱり違うと思うんだ」

不二咲「早くみんなに伝えて、大和田君をあの磔から解放するべきだったのに……僕は思い出すのも怖くなって……」

不二咲「………………」

不二咲「やっぱり……僕は強くなんかなれないよ……」


十神「おいおい、またなのか?」

山田「苗木殿に続き、葉隠殿、不二咲殿まで落ち込んで……」



「誰に続いてだって?」



山田「それは苗木殿……って、え?」

551 : ◆YySYGxxFkU - 2015/02/12 23:04:35.76 RoN/Ebku0 297/912






苗木「落ち込んでる? この僕が?」






552 : ◆YySYGxxFkU - 2015/02/12 23:05:51.74 RoN/Ebku0 298/912

朝日奈「苗木!」

山田「おおっ、苗木殿が元気に!」

セレス「元に戻ったということですか……?」

大神「しかし何を切っ掛けに……」



霧切(これは良いことよね……?)

霧切(なのにこの胸騒ぎは一体……?)

霧切「苗木君、いきなりどうしたの?」

霧切「裁判中もずっと黙っていて……今頃元気になったってどういうこと?」

苗木「そりゃあ、元気にもなるさ。あんな話を聞いたらさ」

霧切「話……?」

苗木「モノクマが話してくれた石丸君と大和田君の話だよ」

苗木「あんなに感銘を受ける話は初めて聞いたよ!」

554 : ◆YySYGxxFkU - 2015/02/12 23:07:10.12 RoN/Ebku0 299/912

霧切「感銘って……」

苗木「霧切さんは感銘を受けなかったの?」

苗木「不良と委員長ということで反発しあっていたあの二人が仲良くなったってだけでも驚くべきことなのに」

苗木「その大和田君が体を張って石丸君を守り、さらには卒業させるために自分を殺させるなんて……」

苗木「さすが超高校級の才能を持つ者だよ! 普通じゃ考えられないことをしてくれるね!」

苗木「もしかしたら僕はこれを見るために希望が峰学園に入学したのかもしれないよ!」

霧切「……そう。狂ったまま……なのね……」

苗木「狂っただなんて失礼だな。……まあ、いいけど」

苗木「これなら僕も大和田君に助言したかいがあったよ」

霧切「助言……って、苗木君、あなた……!」

555 : ◆YySYGxxFkU - 2015/02/12 23:08:30.31 RoN/Ebku0 300/912

苗木「あ、今の一言だけで気づいちゃうんだ。……霧切さんは鋭いね」

朝日奈「ど、どういうことなの!?」

霧切「……思えば、あの秘密の暴露の時おかしかったのよ」

霧切「直前まで思い詰めていた大和田君が、急に饒舌に話し始めて……」

山田「そういえばあの時の話は嘘だったということでしたな」

セレス「ということは……あの土壇場で、大和田君は嘘で誤魔化すことに気付いたのではなくて……」

霧切「苗木君、あなたがその方法を教えたってこと?」

苗木「そうだよ? 何か、大和田君が暴走族らしくないことで悩んでたみたいだからね」

苗木「ちょっと助言してあげたんだ。僕がしたのはそれくらいだよ」

十神「それくらい……か。随分と傲慢な言い方だな」

十神「結果論だが、そのおかげで石丸と大和田の中はさらに悪化して、学級裁判に至る出来事の引き金になったというのに」

556 : ◆YySYGxxFkU - 2015/02/12 23:09:54.64 RoN/Ebku0 301/912

苗木「僕もその結果には驚いているよ」

苗木「けど、そのおかげであの話が聞けたというなら満足だよ!」

霧切「……どうやら何を言っても無駄のようね」

苗木「あれ、呆れられちゃった」

苗木「まあいいか……それにしても初めての学級裁判だったけど、これはいいね」

苗木「希望と希望同士がぶつかり合う……きっとその先に絶対的な希望っていうのは存在するんだろうね!」

苗木「またこの景色を見てみたいからさ……卒業したいって人がいたら、是非僕に声をかけてよね!」

苗木「僕なんかでよければ精一杯サポートさせてもらうから!」

霧切「何を言っているの、苗木君! クロに協力するって……それがどういうことなのか分かって言っているの!?」

苗木「分かっているよ。クロが卒業した場合、他全員がおしおき……」

苗木「だけど、僕の命なんかが君たち超高校級の才能を持つ君たちの役に立てるなら本望さ!」

557 : ◆YySYGxxFkU - 2015/02/12 23:10:48.65 RoN/Ebku0 302/912

朝日奈「さすがにこれは……」

山田「ドン引きですぞ……」

セレス「本格的にネジが飛び始めたようですね」

大神「舞園を失ったことが、ここまで苗木の心を……」

十神「まあ、落ち込んでいるよりかは面白くなりそうだな」

「まーくんの豹変ww ゲラゲラゲラ…………はっくしょんっっ!!」

腐川「あ、あれ……裁判は……?」

朝日奈「もう終わったよ、腐川ちゃん」

腐川「え、終わったって……」

朝日奈「やっぱり腐川ちゃんはクロじゃなかったんだね。良かったよ」

腐川「えっと…………」



苗木「それじゃあそろそろ帰ろうか。こんな暗い地下に閉じこもっていちゃ、君たちの才能は輝けないよ」

霧切「勝手な言い草を……。苗木君、私はあなたを認めないから……!」

苗木「随分と嫌われちゃったね。……でも、僕は自分の考えを改めるつもりは無いよ」

558 : ◆YySYGxxFkU - 2015/02/12 23:14:41.54 RoN/Ebku0 303/912

苗木が裁判場を出て行く。それに続いてみんなも出て行く。

そして残ったのは三人になった。

霧切「いつまでそこに立っているの、葉隠君、不二咲さん?」

葉隠「………………」

不二咲「………………」

霧切「色々あるのは分かるけど、とりあえず今日は何も考えずに寝なさい」

霧切「考えるのは明日でも出来るわ」

葉隠「………………そうだな」

不二咲「…………だね」

のろのろと裁判場を出て行く二人。

その背中を見ながら、霧切は思う。

霧切「この先……大丈夫なのかしら」








一周目と死んだ人間が変わる決着を見せた二回目の裁判。

葉隠、不二咲が絶望に落ちる中、狛枝化した苗木が本領を見せ始める。

一周目のレールから徐々に外れ始める葉隠の二周目は今後どうなるのだろうか…………。

559 : ◆YySYGxxFkU - 2015/02/12 23:15:46.17 RoN/Ebku0 304/912

―――――――――――――――――

C H A P T E R 2


週刊少年 ゼツボウジャンプ


   E N D

―――――――――――――――――

生存者残り 10名



TO BE CONTINUED

578 : ◆YySYGxxFkU - 2015/02/28 23:17:05.67 v5egkvJF0 305/912

<裁判翌日・葉隠の部屋>

葉隠「………………」

葉隠「………………」

葉隠「………………」

葉隠「………………」

葉隠「………………」

葉隠「………………」

葉隠「………………」

葉隠「………………」

葉隠「………………」


579 : ◆YySYGxxFkU - 2015/02/28 23:18:51.20 v5egkvJF0 306/912

葉隠(モノクマに集められて、新たに三階と保健室の開放が告げられた)

葉隠(……そして俺はそれを聞いてからずっと自室に籠っていた)

葉隠(叶うことなら、モノクマの報告すら聞くのも嫌だった)

葉隠(今は何もしたくない)

葉隠(だって……俺が動いたせいでみんなは死んでいったのだから…………)

葉隠「………………」

葉隠「………………」

葉隠「………………」

葉隠「………………」

葉隠「………………」

葉隠「………………」

葉隠「………………」

580 : ◆YySYGxxFkU - 2015/02/28 23:45:26.13 v5egkvJF0 307/912

<翌日>

葉隠「………………」

葉隠「………………」

葉隠「………………」

葉隠「………………」

葉隠「………………」

葉隠「………………」

葉隠「………………」

葉隠「………………」

葉隠「………………」

葉隠「………………」

葉隠「………………」

葉隠「………………」

葉隠「………………」

葉隠「………………」

581 : ◆YySYGxxFkU - 2015/02/28 23:50:30.66 v5egkvJF0 308/912

<その翌日>

葉隠「………………」

葉隠「………………」

葉隠「………………」

葉隠「………………」

葉隠「………………」

葉隠「………………」

葉隠「………………」

葉隠「………………」

葉隠「………………」

葉隠「………………」

葉隠「………………」

葉隠「………………」

葉隠「………………」

葉隠「………………」

ピンポーン

582 : ◆YySYGxxFkU - 2015/02/28 23:59:04.44 v5egkvJF0 309/912

葉隠「………………」

ピンポーン

葉隠「………………」

ピンポーン

葉隠「………………」

ピンポーン

葉隠「………………」

ピンポーン

葉隠「………………」

ピンポーン

葉隠「………………」

ピンポーン

葉隠「………………」

ピンポーン

葉隠「………………」

ピンポーン

583 : ◆YySYGxxFkU - 2015/03/01 00:01:00.70 lSNN8L1d0 310/912

葉隠(無視し続けたらそのうち諦めるかと思ったら、一定の感覚でチャイムが鳴らされ続ける)

ピンポーン

葉隠(何もしたくなかったけど……さすがに我慢が出来ない)

ピンポーン

葉隠(……一体誰だべ……?)

ピンポーン

葉隠「………………」

ピンポーン

葉隠「………………」

ピンポーン

葉隠「…………しょうがない」

ピンポーン

葉隠「……おっと」

葉隠(ずっと座るか寝るかの生活で立ち上がった瞬間よろめいてしまった)

葉隠(ノロノロと扉のところまで向かい開ける)

葉隠(するとそこには)



霧切「……ようやく開けたわね。全く、葉隠君の癖にここまで手間をかけさせるなんて生意気よ」



葉隠「……霧切っち?」


584 : ◆YySYGxxFkU - 2015/03/01 00:03:04.11 lSNN8L1d0 311/912

葉隠「どうしてここに……?」

霧切「あなたに見せたいものがあるの。黙ってついてきて」

葉隠(霧切っちらしい、本題を告げない端的な言葉)

葉隠(いらいらしている雰囲気も相まって、いつもなら慌てて頷いていたところだが……)

葉隠「…………嫌だべ」

霧切「どうしてかしら?」

葉隠「……もう俺は何もしないって決めたんだべ」

霧切「………………」

葉隠「俺が頑張る度に物事は悪い方向に進む……それならもう何もしない方がいいんだべ」

霧切「石丸君と大和田君のことが堪えているのね」

葉隠「………………」

霧切「それは分かるし、あなたがそう思うのも勝手だけど……それは傲慢よ」

葉隠「傲慢……?」

585 : ◆YySYGxxFkU - 2015/03/01 00:06:12.90 lSNN8L1d0 312/912

葉隠(何が傲慢なんだべ……)

葉隠(そう思ったけど、口にするのも面倒になって来た)

葉隠「………………」

霧切「………………」

葉隠「………………」

霧切「……分かったわ。本当に少しだけ付き合って」

霧切「さっきも言った通り見せたいものがあるの。それを見て尚、何もしないって言うなら私も諦めるわ」

霧切「だから……お願い」ペコリ

葉隠「…………!」

葉隠(霧切っちが頭を下げた)

葉隠(その珍しい姿に霧切っちの本気を感じて……)

葉隠「……少しだけだべ」

葉隠(俺はその申し出を了承するのだった)

586 : ◆YySYGxxFkU - 2015/03/01 00:08:42.37 lSNN8L1d0 313/912

<脱衣場>

葉隠(連れて来られたのは脱衣場だった)

葉隠(ここに連れて来られた時点で、前周回の出来事から何となく想像できていたが、そこには現在生き残っている者全員が揃っていた)

朝日奈「不二咲ちゃんも連れてきたよ」

不二咲「………………」

葉隠(俺と同じように絶望に侵されている不二咲っちもいる)

苗木「みんな呼び出して、霧切さんは何の話をするつもりなのかな? 楽しみだよ」

葉隠(狛枝化が進んだ苗木っちもいる)

霧切「今日集めたのはある物を披露するためよ」

葉隠(……これも一緒に想像できていた)

霧切「というのも……」

葉隠(予想通り、霧切っちはロッカーからノートパソコンを取り出す)

十神「図書室にあったノートパソコンか」

霧切「そうね。……そしてこの中に不二咲さんが作ってくれたのが――」

不二咲『あれ、今日はたくさんいるねご主人タマ』

霧切「アルターエゴよ」

587 : ◆YySYGxxFkU - 2015/03/01 00:10:21.95 lSNN8L1d0 314/912

葉隠(そして霧切っちはアルターエゴの説明を始めてくれた)

葉隠(作った本人である不二咲っちが説明しないのは絶望中だから)

葉隠(霧切っちは先にアルターエゴのことを不二咲っちから聞き出して、色々と仕様を把握したらしい)

葉隠(記憶にあるのと同じ説明。……いつもなら驚く演技をしないといけないところだったが)

葉隠(絶望中の今は演技をする必要もないし、する気も起きない)

葉隠「………………」

葉隠(霧切っちはこれを俺に見せて何をしたかったんだろうか?)



霧切「それでこれからが本番なのだけど……お願いできる?」カタカタ

葉隠(霧切っちがノートパソコンを操作してアルターエゴに指令を出す)

不二咲『あ、うん。分かったよ。切り替わるね』

霧切「……葉隠君、ノートパソコンの前に」

葉隠「………………?」

葉隠(霧切っちに呼ばれるままにノートパソコンの前に立つ)

葉隠(それと同時に、ノートパソコンに映っていた不二咲っちの顔が消えて――)





大和田『おう、しけた面してんな、葉隠』





葉隠「っ………………!?」


594 : ◆YySYGxxFkU - 2015/03/03 22:52:41.83 cx+nEq/E0 315/912

葉隠(アルターエゴの人格模倣機能……)

葉隠(前周回で石丸っちを石田っちに変えたそれが……今ここで……?)

大和田『それにしても聞いたぜ。現実の俺が殺されたんだってな』

葉隠「っ……!!」

大和田『詳しい状況もそっちの女に聞いた』

葉隠(そっちの女……たぶん霧切っちのことだろう)

葉隠「……すまなかった」

葉隠(霧切っちがここに連れてきた理由が分かった)

葉隠(俺に懺悔の機会を与えたかったのだろう。それで少しでも心が軽くなればと……)

葉隠「俺の……俺のせいで大和田っちは……石丸っちは……」



大和田『ああん……何言ってるんだ?』

595 : ◆YySYGxxFkU - 2015/03/03 23:03:36.34 cx+nEq/E0 316/912

葉隠「……え?」

大和田『まさかお前……モノクマの言い分を信じてるんじゃないだろうな?』

葉隠「だって……二人が死んだのは俺の……」

大和田『……ったく。馬鹿だな、おまえは』

葉隠「……大和田っちに言われたくないべ。自分が死にかけだと誤解した……」

大和田『それだよ、それ。まさか俺が自分が死ぬか死なないかの判断さえ、できないなんて思ってないだろうな?』

葉隠「……どういうことだべ?」

大和田『ケンカ慣れしている俺が、自分の体のダメージを把握できないわけないだろ』

葉隠「……だったら」

大和田『理由か。それは言い分通りだ。……俺じゃこのコロシアイ学園生活を生き残れない。だから兄弟に卒業してもらって外の世界で頑張ってほしいってな』

葉隠「それは……自分の命が無くなりそうだったから。このままじゃクロになる石丸っちに無駄に死んで欲しくなかったからじゃ………」

大和田『んなわけねーだろ。大体、本当に死にかけで兄弟を生き残らせたければ俺は自殺していた。それくらいの覚悟はあるぞ』


596 : ◆YySYGxxFkU - 2015/03/03 23:19:08.50 cx+nEq/E0 317/912

葉隠(自殺……確かにそうすればクロは大和田っちになる……オーガのときに実証済みだべ)

大和田『つーわけで、俺は自ら死ぬことを選んだんだ。そこにおまえの行為は何ら絡んでねえ』

葉隠「でも……それでも!」

葉隠「俺があんなところにダンベルを置いてなければ……!」

石丸『それは違うぞ!』

葉隠「……!? 石丸っち!」

葉隠(画面に映されている顔が切り替わった)

石丸『ダンベルを食らいそうになったのは……あれは自分が不注意だっただけだ』

葉隠「けど、不安定な場所に置いたのは俺だべ!」

石丸『……それはそうだな。だけど、床に置いていたって僕が足を引っ掛けて転んだ可能性はあった。……つまり、どこに置いていても事故になる可能性はあったんだ』

石丸『それに僕はダンベルに気を付けることだってできたはずなんだ。だからやっぱり……僕の不注意なんだよ』

葉隠「でも石丸っちは俺のせいで……」

石丸『死んだって言うのか?』

葉隠「………………」

石丸『それは傲慢な考え方だぞ』

葉隠「……え?」

597 : ◆YySYGxxFkU - 2015/03/03 23:28:02.56 cx+nEq/E0 318/912

大和田『俺たちが死んだことで落ち込んでる、って聞いた』

大和田『そこまで俺たちのことを気にかけてくれたのは嬉しいが』

石丸『それを自分のせいだとは思わないでほしい』

大和田『俺は自分で死ぬことを選んだんだし』

石丸『僕は自分で兄弟を殺して卒業することを決めたんだ』

大和田『だから、おまえが自分のせいだって言うのは、俺たちの意志を汚した傲慢な考え方だ』

葉隠「それは……」

大和田『俺たちの意志を尊重するなら気に病むな』

石丸『それでも君の気が晴れないというのなら……この事態を作った、モノクマを倒して欲しい』

大和田『ああ、そうだな。それが一番俺たちの手向けになる』

葉隠「二人とも…………」

598 : ◆YySYGxxFkU - 2015/03/03 23:33:15.08 cx+nEq/E0 319/912

葉隠「分かった」



朝日奈「おお、葉隠が……!」

大神「ようやく戻ったか」

山田「良かったですぞ」

セレス「あらあら、意外と立ち直りが早かったですね」

腐川「ま、まあ、良かったんじゃないの」

十神「…………フンッ」



霧切(モノクマが石丸君のおしおきをした後に、あの事実を話したのはこうなることが分かっていたから)

霧切(石丸君じゃ絶望しないだろう、と葉隠君を標的にしていたのね)

霧切(……アルターエゴがあって良かったわ)

霧切(これで葉隠君は完全復活……)

霧切「次は…………」





葉隠「……俺は二人の分までモノクマを――」





苗木「でもさあ」

600 : ◆YySYGxxFkU - 2015/03/03 23:45:17.51 cx+nEq/E0 320/912






苗木「その言葉を信じていいのかな?」






601 : ◆YySYGxxFkU - 2015/03/03 23:46:25.44 cx+nEq/E0 321/912

山田「え?」

大神「……どういうことだ?」

苗木「みんなはさあ、今の二人の言葉をまるで死人が蘇って話しているように扱っているけど」

苗木「でもこれってアルターエゴによる模倣だよね?」

苗木「確かに不二咲さんが作ったアルターエゴはすごいけどさ」

苗木「それと本物は別だよね?」

霧切「っ……苗木君。あなた……!」

苗木「焦ってるね、霧切さん」

苗木「霧切さんも分かっていてアルターエゴを使ったんでしょ?」

苗木「これで本当に解決したわけじゃないけど、とりあえず葉隠君を立ち直らせたいがために目をつむった」

苗木「そういうことでしょ?」

霧切「…………くっ!」

602 : ◆YySYGxxFkU - 2015/03/03 23:52:56.49 cx+nEq/E0 322/912

朝日奈「それがどうしたっていうのよ! 関係ないじゃない!」

苗木「関係あるんだよね、それが」

苗木「だってこれで死人の気持ちを確かめたつもりになっているけどさ」

苗木「本当は石丸君はダンベルをあんなところに置いた葉隠君を恨んでいるかもしれないよ?」

苗木「大和田君だって、きっかけをつくった葉隠君を憎んでいるかもしれない」

苗木「そしてそれを確かめる機会は永遠に来ない……」

苗木「死っていうのはそういう恐ろしい物なんだよ」



セレス「……苗木君、あなたは何が目的なのですか?」

セレス「希望のためといいながら、こうやって絶望に落とす」

セレス「矛盾しているのではないですか?」

苗木「違うよ、これも真なる希望の為さ」

苗木「葉隠君にはちゃんとこの絶望と向かい合って欲しいんだよ」

苗木「簡単な方法で乗り越えて欲しくないんだ」

苗木「それに打ち勝ってこそ本当の希望に近づくって信じているからね」

十神「……やっぱり、おまえは落ち込んでいるよりそうしている方が面白いぞ」

苗木「あはっ、お褒めに預かり光栄だよ」

603 : ◆YySYGxxFkU - 2015/03/03 23:54:09.44 cx+nEq/E0 323/912

苗木「そういうことだよ、葉隠君」

苗木「分かったかな?」

葉隠「……ああ、そうだべ」

霧切「葉隠君!? 苗木君の言葉を真に受ける必要は……!」

葉隠「大丈夫だべ、霧切っち。俺は分かったんだべ」

霧切「え……?」

苗木「何が分かったのかな? 二人の本当の気持ちが一生分からないことかな?」

苗木「自分のしでかしたことの大きさかな?」

苗木「それとも……」



葉隠「俺が分かったのは……苗木っちが俺のことを全く理解していないってことだべ」

605 : ◆YySYGxxFkU - 2015/03/03 23:55:27.72 cx+nEq/E0 324/912

苗木「……どういうことかな?」

葉隠「俺は……本来自分のことさえ良ければいいっていうクズなんだべ」

葉隠(最近はコロシアイを止めようと頑張っていたから忘れていたその本質)

葉隠「だから本当の石丸っちと大和田っちがどういう風に思っていようと」

葉隠「アルターエゴが言っていたことが本当だと勝手に決めつけることができる……」

葉隠「だってそれが自分にとって一番都合がいいからな!!」



朝日奈(クズだ)

セレス(クズですね)

大神(葉隠……)

山田(ここまで開き直るといっそ清々しいですな)



葉隠「だから俺はもう二人のことで思い悩まずに、前だけを見て進むべ!」

苗木「そう……これも一つの希望のあり方なのかな?」

苗木「本当にそう思い込めてるなら……だけど」

葉隠「……何が言いたいんだべ?」

苗木「いやいや、何でもないんだ。……じゃあ葉隠君は立ち直ったということだね」

606 : ◆YySYGxxFkU - 2015/03/03 23:56:47.00 cx+nEq/E0 325/912

霧切「残念だったわね、苗木君。あなたの思惑通り進まなくて」

苗木「そうだけど……霧切さんも残念だったね。君の思惑通り進まなくて」

霧切「……? 何を言っているの? 葉隠君がもう一度絶望しなかったのはあなたの目論見が外れたってことでしょう?」

苗木「それはそうだけどさ……霧切さんはアルターエゴを使ってもう一人救おうって思ってたよね。さっき『次は……』って呟いてたことだし」

霧切「それは…………」

苗木「今まさにその目論見は外れようとしているよ?」

霧切「っ……!」

葉隠(慌てて振り返る霧切っち)

葉隠(それにつられて俺たちもその方向を見る)

葉隠(そこにはさっきからの会話に参加せずにノートパソコンと向き合っていた――)



大和田『だから、おまえも気にすんな。不二咲』

不二咲「………………」



葉隠(不二咲っちがいた)

607 : ◆YySYGxxFkU - 2015/03/03 23:57:42.66 cx+nEq/E0 326/912

葉隠(そうだ、絶望していたのは俺だけじゃない。不二咲っちもだ)

葉隠(不二咲っちの方の理由は、強さの象徴であった大和田っちが無残に殺されたから)

葉隠(加えてそれを見て何も出来ずに逃げてしまった自分の弱さに辟易してだ)

葉隠(大和田っちの言葉で治ってくれればいいが……)


不二咲「うん……うん……やっぱり大和田君はそう言ってくれるんだね」

大和田『当たり前だろ』

不二咲「さすがだね……僕のプログラムした通りだ」

葉隠「…………」

葉隠(雲行きが……)

不二咲「大和田君ならこう言うだろうってインプットした通り……」

不二咲「けど……僕は本当に大和田君のことを理解できていたのかな?」

608 : ◆YySYGxxFkU - 2015/03/03 23:59:15.50 cx+nEq/E0 327/912

不二咲「大和田君がどんな気持ちであんな嘘をついたのかも理解できてなかったのに……」

不二咲「大和田君が強いって信じて……隠していた弱さに気付けなかったのに……」

不二咲「そんな僕が作ったものが……本物の大和田君にどれだけ届いているんだろうね……?」

葉隠「不二咲っち……」

不二咲「あ、ごめんね。葉隠君のことを悪く言うつもりは無いんだ」

不二咲「僕の作った大和田君と石丸君を信じてくれて嬉しいよ」

不二咲「だけど……やっぱり僕は信じられないんだ」

不二咲「どうしても自分が作ったもの、っていうイメージから離れられないから……」

不二咲「………………」



朝日奈「不二咲ちゃん……」

セレス「そうですか……」

大神「そこまで思い詰めなくても……と言っても無駄なのであろうな」

山田「不二咲殿……」



苗木「不二咲さんはそういう結論を選んだか」

苗木「……いいね、いいよ!」

苗木「そうやって悩んだ先に本当の希望はあるんだ!」

葉隠(みんなの落ち込んだ様子)

葉隠(それと対照的な苗木っち)

葉隠(そういう結末を持ってその場は解散した)

609 : ◆YySYGxxFkU - 2015/03/04 00:00:44.23 idQ/DGC50 328/912

<数日後・体育館>

葉隠(不二咲っちが立ち直らないまま数日が経った)

葉隠(色々話をしたりと解決を目指していた俺だが、効果は得られなかった)

葉隠(しかし……だからといってコロシアイ学園生活は待ってくれない)

モノクマ「先生は君たちがどうして殺人を犯さないのか考えました……」

モノクマ「そしたら……やっぱり動機が必要なんだって気づいたんだよ」

朝日奈「また動機なの……」

大神「今度は何を……」

モノクマ「今回は人が殺人を犯す理由でもポピュラーな……」

モノクマ「お金です!」

モノクマがそう言うと、札束が壇上に出現する。

モノクマ「百・億・円----!!」

モノクマ「卒業した生徒にはこれを上げたいと思います!!」

葉隠(第三の動機の発表……今回の要注意人物は……)

セレス「………………」

葉隠(セレスっち……!!)

610 : ◆YySYGxxFkU - 2015/03/04 00:02:05.71 idQ/DGC50 329/912


C H A P T E R 3


欲 望 迷 宮


(非)日常編



続き
葉隠「強くてニューゲーム……って、俺がだべ!?」【後編】

記事をツイートする 記事をはてブする