最初から
岡部倫子「これがシュタインズ・ゲートの選択……!!」【#01】

一つ前から
岡部倫子「これがシュタインズ・ゲートの選択……!!」【#10】

470 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/25 21:18:12.06 2RffVo6fo 1846/2638

第20章 暗黒次元のハイド(♀)

ガード下


倫子「ぐっ……!」クラッ

倫子「(もう私は世界への干渉をやめたっていうのに、どうしてリーディングシュタイナーが……!)」

倫子「(……いや、理由は明白だ)」

倫子「(中鉢論文を手に入れたロシアが、半年かけてタイムマシン初号機の実験を行ったんだ。かつての私を同じように)」

倫子「(それこそ電子レンジとケータイ電話、ブラウン管テレビがあれば、学生でも過去改変できたんだ。研究設備が整っている実験施設で再現できないわけがない)」

倫子「いったいロシアはどんな過去改変を……って、え……なに……これ……」ガクガク


白人の男「…………」


倫子「ひっ、人が、し、死んでっ……!? ち、血まみれ……っ」ブルブル

萌郁「――FBの予想通り、相手はスペツナズだった。KGB<カー・ゲー・ベー>のα部隊」

萌郁「そう。目的は牧瀬紅莉栖の暗殺。今回も阻止できた」

萌郁「大丈夫。ふたりとも始末した。死体の処理を。了解」ピッ

倫子「も、もえ……?」ワナワナ

萌郁「M3。目標ブラボーは私が殺した。私たちは撤収を」

471 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/25 21:20:48.58 2RffVo6fo 1847/2638


倫子「萌郁っ!? 桐生、萌郁なのかっ!?」ヒシッ

萌郁「っ!? ……初めて、名前、呼ばれた。コホンッ。こういう場では本名を呼ぶのはまずいわ」

倫子「それより、なあ! 人がっ! 人が、死んでるっ!」ポロポロ

倫子「……お前が殺したのか」ゾワワァッ

萌郁「タオルを。手、拭いて」

倫子「手……? ……うわぁぁぁぁあああああぁああああああっ!!!!!!!!!!」ズテーンッ

萌郁「っ!? 大丈夫!?」ダキッ

倫子「あ……ま、まさか、私が……こ、ころっ……!?!?」チョロロロロロ

萌郁「(あっ……失禁……)」

萌郁「……一度、私の部屋に。そこで体を洗ったほうが良い」

萌郁「血の臭いが、落ちるまで」

倫子「いったい……なにが、どうなって……」プルプル

472 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/26 10:45:08.41 lga5tUBjo 1848/2638

ハイツホワイト202号室


萌郁「落ち着いた?」

倫子「あ、ああ……」プルプル

萌郁「まだ、少し震えてる」ギュッ

倫子「(お、落ち着け、私……こういう時こそ未来視……)」

倫子「……あ、あれ? できない!? ど、どうしてっ!?!?」ガクガク

萌郁「いったい、どうしたの、M3?」

倫子「そ、そう! それ! どうして萌郁は私をM3と呼ぶの!?」

萌郁「……それが、FBから与えられたコードネームだから」

倫子「FBっ!? あ、あの死んでた男は、いったい!?」

萌郁「あれはソ連のスパイ。タイムマシンの情報を独占するために私たちの正体を嗅ぎ回っていた」

倫子「ソ連……タイムマシン……何がなんだかわからない……」プルプル

萌郁「特に、あなたの正体を」

倫子「私の……?」

萌郁「リーディングシュタイナー保持者にして、タイムマシン開発に携わった人間。そして――」

萌郁「――ラウンダーとしての、正体を」

倫子「ラウン、ダー……っ!?!?」

473 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/26 10:46:34.20 lga5tUBjo 1849/2638

・・・
中央通り


タッ タッ タッ

倫子「(はぁっ……はぁっ……)」

倫子「(思わず街に飛び出してきたけど……街が暗い?)」キョロキョロ

倫子「(確かに秋葉原は8時を過ぎると閉まる店が多いけど、まだ6時前だし、こんなに真っ暗だったっけ……)」スタスタ

萌郁「待って、M3! どこへ、行くの? 外は危険よ」

倫子「ひとりで考えさせて……落ち着け、落ち着いて考えて……なんで、なにが起こってる……なんでこんなことに……」ブツブツ

倫子「私がラウンダー……? そんなの、冗談にもほどがある……」プルプル

萌郁「M3らしくない。取り乱して」

倫子「……萌郁。ケータイはどうしたの? それにメガネも」

萌郁「メガネは、ラウンダーとして動く時は外してるけど、ケータイ? 持ってるよ」

倫子「そうじゃなくて! なんで普通にしゃべってるの!?」

萌郁「えっと……これまでもこうしてM3、岡部さんと、話してきた」

倫子「メールやRINEで会話したことは……」

萌郁「なに、それ? 冗談?」

倫子「…………」

474 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/26 10:47:28.44 lga5tUBjo 1850/2638


倫子「どうする? こんな冗談みたいな世界線……もしこれが、アトラクタフィールド越えの大変動だったら……」プルプル

倫子「……そうだ、ラボ! この世界線のラボはどうなってる?」スタ スタ

萌郁「待って! FBからは待機命令が!」

倫子「とにかく、現状を確かめないと……」タッ タッ



大檜山ビル前


倫子「(ここまで走ってきたけど、身体が軽い? この世界線の私は、鍛えてるのかな)」

倫子「あ、あれ? あそこ、ブラウン管工房の、前に居るのって……」ドキドキ

倫子「――紅莉栖っ!!」

紅莉栖「ヒッ。お、岡部……」プルプル

475 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/26 10:48:54.80 lga5tUBjo 1851/2638


倫子「紅莉栖ぅ! 紅莉栖、紅莉栖っ!!」ダキッ

倫子「(紅莉栖がっ! 紅莉栖が生きてるっ!)」ウルッ

倫子「(そっか、紅莉栖が生きてるなら、私がギガロマニアックスになってるわけがない。だから未来視ができなかった……でも、良かったぁ……)」ポロポロ

紅莉栖「ちょ、岡部! くっつかないでよ、気持ち悪い!」ドンッ

倫子「――えっ?」ツーッ

紅莉栖「はぁっ、はぁ……。セクハラで訴えるわよ」

倫子「……紅莉栖、どうしてここに?」グスッ

紅莉栖「どうしてって? 戦時下で渡航制限が厳しい中、クリスマス休暇を申請して、日本に戻って来てるのがそんなにおかしい?」

紅莉栖「Dメール実験が中途半端に終わっちゃったから、ちゃんと確かめようって思って帰ってきたのに、どうして、こんなことに……」プルプル

倫子「い、いや、そうじゃなくて――」

鈴羽「噂をすれば、ってやつか」

倫子「鈴羽っ! 良かった、鈴羽が居るってことはタイムマシンがあるんだね!」

倫子「(……でも、ここは紅莉栖が生きている世界線。過去を元に戻したら、私はまた紅莉栖を……)」

鈴羽「っ!? な、なんであたしがタイムトラベラーだって知ってる!?」

倫子「……へ?」

鈴羽「確かにラボメンのみんなには話した。岡部倫子以外のラボメン以外のみんなにはね」

476 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/26 10:49:36.27 lga5tUBjo 1852/2638


鈴羽「お前はあたしの情報を、どうやって手に入れた。内通者か」ギロッ

倫子「ひっ……」ビクビク

紅莉栖「鈴羽、やめて……」

鈴羽「岡部倫子。一緒に居た、桐生萌郁って女は何者なの?」

倫子「……彼女は、ラウンダー。ラボメンナンバー005で、SERNに洗脳されて――」

鈴羽「ラウンダー。なるほど……」

紅莉栖「ラボメンナンバー005は、鈴羽でしょ!?」

倫子「っ!?」

紅莉栖「ねえ、岡部!? 何か言うことは無いの!?」ガシッ

倫子「……なんの、こと? 手、痛いよ……」ゾクッ

紅莉栖「見たのよ! さっき、ガード下で……」プルプル

倫子「っ!?」ドクンッ

477 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/26 10:50:04.55 lga5tUBjo 1853/2638


倫子「見たって、何を……」ドクン ドクン

鈴羽「お前が、KGBのエージェントを殺すところを」

倫子「わ、私じゃないっ!! 説明すると長くなるけど、とにかく私じゃないのっ!!」

紅莉栖「だったら!! ……あんたは、誰なの?」ウルッ

倫子「私はぁっ! ……私は……」

紅莉栖「……ねえ、岡部。全部、嘘だったの? 私たちを騙してたの!?」

倫子「違う、違うの……お願い、私の話を聞いて……」グスッ

鈴羽「お前は、嘘塗れだね。岡部倫子」

倫子「私を、助けてよ、紅莉栖……」ポロポロ

紅莉栖「……もう、助け、られないよ。岡部……」ウルッ

倫子「うっ、ううっ……うわぁぁぁ……」

478 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/26 10:54:39.32 lga5tUBjo 1854/2638


鈴羽「あたしが居た2036年でもそうだった」

鈴羽「嘘と裏切りだけで世界を手に入れたお前はさ、その嘘を塗り重ねるために数多の命を奪い続けた」

倫子「っ!? 2036年の、私が……」

鈴羽「だからあたしはこの時代に来たんだよ。牧瀬紅莉栖を保護し、未来の運命を変えるためにね」

倫子「……世界線を、変える方法を、知ってるの?」

倫子「ねえっ!! 教えてよ鈴羽っ!! こんな世界線は、こんなっ……」グッ

倫子「(でも、紅莉栖が生きてるなら……)」グスッ

倫子「……まゆりは? ここがα世界線なら、まゆりはもう、半年前に……」プルプル

紅莉栖「まゆりって、あの子のことよね。あの子だって、もう長くないんだから、悲しませるような真似は、やめて……」

倫子「……"長くない"?」ゾクッ

479 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/26 10:55:23.10 lga5tUBjo 1855/2638


鈴羽「証拠は手に入れた。こいつを警察に突き出そう」

倫子「紅莉栖っ!! 信じてっ!! 私は、ついさっき別の世界線から来たの!! だから、わけがわからなくなってて――」

紅莉栖「……通報するわ」グスッ

倫子「紅莉栖っ!!」ポロポロ

紅莉栖「そうやって、嘘を重ねていくのね。次は私を殺すの!?」ウルッ

倫子「違うっ! 私は、私は――――」


   『……死にたく……ないよ……』


倫子「……私は、私が、紅莉栖を、殺した。この手で……」ガクガク

紅莉栖「っ!? や、やっぱり、殺すのね、私を……」プルプル

鈴羽「そうはさせない。少しでも不審な動きをしてみろ。警察が来る前にあたしがお前を殺してやる」

倫子「あ……あぁぁぁ……」ポロポロ

480 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/26 10:56:15.41 lga5tUBjo 1856/2638


紅莉栖「もしもし、警察ですか!? 人を殺したっていう、知り合いを保護したんです……場所は――――」


コロコロコロ……


倫子「っ!?」

鈴羽「スタングレネード!?」


ドォォォォォォォォォォン!!


紅莉栖「けほっ、けほっ! な、なに!?」

鈴羽「……ッチ。逃げられたか」

481 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/26 10:56:59.47 lga5tUBjo 1857/2638

中央通り


倫子「は、離してぇ!」タッ タッ

萌郁「もっと、遠くへ逃げないとっ!」タッ タッ

倫子「……いやだっ! 紅莉栖と、離れたくないよぉっ!」ブンッ

萌郁「きゃっ!」バタッ

倫子「はぁ……はぁ……」

萌郁「……あそこには、近づかないほうがいい。もう、正体、知られちゃったから」

倫子「……まゆりに、会いに行かないと」フラフラ

萌郁「岡部、さん……?」

倫子「まゆりに……」フラフラ



prrrr prrrr


萌郁「……FB。大檜山ビル2階にタイムマシン、確認した」

萌郁「もう1台、どこかにある模様。……わかってる、ソ連に回収される前に、私たちが」

萌郁「……ええ。絶対に、M3は渡さない」ピッ

482 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/26 10:57:41.72 lga5tUBjo 1858/2638

代々木 AH東京総合病院 707号室 【椎名まゆり様】


倫子「(ルカ子に電話して、まゆりの居場所を教えてもらった。どうして、こんなところに……)」

ガララッ

倫子「……まゆり?」

まゆり「あっ! 岡部さんだー♪ ようこそいらっしゃいましたー」

るか「岡部さん……。今日はもう、来ないかと思ってましたよ」

るか「クリスマス・イヴだから、何か用事があるのかと。イス、どうぞ」スッ

まゆり「メリークリスマスだよー、岡部さん♪」

倫子「……まゆり。その、大丈夫……?」

まゆり「んー? 何がー?」

倫子「まさか、入院してるなんて、思わなかったから……」

まゆり「してるよー? 前からずっと。何当たり前のこと、言ってるの?」

倫子「……ねえ。ふたりとも、私のこと、怖くない?」

まゆり「えっ!? 怖くなんて、ないよ?」

るか「今日の岡部さん、なんだか、いつもと雰囲気が違う気がしますけど……」

483 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/26 10:58:11.30 lga5tUBjo 1859/2638


まゆり「どうしちゃったのかな。変な岡部さんだねぇ」

倫子「その呼び方……あのさ、まゆりは、"トゥットゥルー"って、知ってる?」

まゆり「とぅ……?? 今日の岡部さんは、なんだかとっても無理してる感じがするよ。どしたの?」

倫子「……いや、知らないなら、いい」

るか「あ、ボク、飲み物買ってきます。まゆりちゃんはオレンジジュース、岡部さんはマウンテンビューですよね」

倫子「え……?」

まゆり「ありがと、るかちゃん♪」

倫子「るか、ちゃん……?」

484 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/26 11:00:16.83 lga5tUBjo 1860/2638


倫子「この病室、いっぱい写真が飾ってあるんだね」

まゆり「うんっ。いい想い出がね、たくさんあるから。まゆりのスマホにもいっぱい入ってるんだよ」

まゆり「電話はしないから、写真を見るための道具になっちゃってるけどね、えへへ」スッ

倫子「あれ、カバー変えた?」

まゆり「えっ? 岡部さんにもらってからずっとこの"青い"カバーのままだよ?」

倫子「(まゆりのスマホカバーは"赤"かったはず……てか、私がまゆりにあげたのか。ダルあたりがジャンク品を手に入れたのかな)」

まゆり「ほら、これなんか、小さい頃の岡部さんも映ってる」

倫子「……ふふっ、懐かしい。豊島園のプール、一緒に良く行ったね」

倫子「まゆりはひとりでどんどん泳いで行って、私はまゆりが居なくならないように必死で……」

まゆり「え……? 行ったのは、1回だけ、だよ……?」

倫子「い、1回だけ……」ドクン

まゆり「岡部さん……?」

倫子「……実はね、私、記憶喪失になっちゃったみたいで、その、記憶が混乱してるんだ」

まゆり「えっ?」

倫子「だから教えて欲しいの。私とまゆりは、幼馴染、だよね……?」ドキドキ

まゆり「えっと……たぶん、違う、かな……」

倫子「そ、そう……」プルプル

485 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/26 11:01:15.87 lga5tUBjo 1861/2638


まゆり「2000年クラッシュのあとにね、7年くらいは離れ離れだったよ、ね?」

倫子「……"2000年クラッシュ"?」

まゆり「覚えてないの? 10年前、世界中でね、コンピューターとかが壊れちゃって」

倫子「っ!? 2000年問題のことっ!? リーディングシュタイナーを得るための因果に結ばれたバグ……!?」

倫子「だって、あれはSERNが未来から解決して、いや、β世界線では世界大戦の火種に! でも、どっちにしても10年前は大きな問題にはならなかったはず!」

まゆり「……ううん。たくさん、大事な人が死んじゃったんだ。まゆりの両親も、岡部さんの両親も」

倫子「な……なんて……こと……」ガクッ

まゆり「岡部さんと再会したのは、3年くらい前だったよね。最初はちょっと怖かったけど、まゆりのこと、色々気にかけてくれて」

まゆり「髪留めもプレゼントしてくれて♪ ……入院費まで出してくれて」

倫子「……入院費?」

まゆり「本当にね、どれだけ感謝しても、し足りないのです。えへへ~」テレッ

486 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/26 11:02:07.29 lga5tUBjo 1862/2638


倫子「……ねえ、その髪留め。本当に私がプレゼントしたの? ちょっと見せ――」スッ

まゆり「あっ!! ダ、ダメぇっ!!」ガバッ

倫子「あっ……」

まゆり「ぅ……ご、ごめんね……。この髪、医療用のウィッグだから」

まゆり「もう、まゆりの髪はほとんど残ってないのです」ニコ

倫子「えっ……」ドクン

まゆり「治療の副作用。でもね、そのおかげで、クリスマスまでは生きていられるかもって、半年前、お医者さんに言われてね」

倫子「クリスマス……っ!?!?」ガタッ

まゆり「あっ! でも、ほら、今日もまゆりはピンピンしてるので! たぶん、大丈夫だよ、きっと」アセッ

まゆり「……岡部さんと、クリスマス・イヴを迎えられて、本当に良かったのです」ニコ

倫子「そんな……そんなことって……」ガクッ

まゆり「きっと、サンタさんが1日早いクリスマスプレゼントをくれたんだね。えっへへ~」ニコ

まゆり「だからね、岡部さん、そんな顔しないで。いつもの岡部さんなら、よかったねって言ってくれるところだよ」

倫子「……少し、風に当たってくる」

487 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/26 11:02:52.20 lga5tUBjo 1863/2638

外来棟8階 空中庭園


ウー ウー カンカンカン ピーポーピーポー


倫子「渋谷が、燃えてる……。去年の地震から、復興してないんだ……」

るか「岡部さん。病室に居ないと思ったら、屋上に居たんですね」

倫子「……ねえ、ルカ子。まゆりの病気は……いや、なんでも、ない」

るか「あの、まゆりちゃんから聞きました。記憶が混乱してる、って……」

るか「それと、ついさっき紅莉栖さんから、で、電話が、あって……」プルプル

倫子「っ!」

るか「嘘、ですよね……岡部さん、そんなこと、する人じゃないですよね……!? 嘘って言ってくださいっ!!」


萌郁「――嘘じゃ、ない」


倫子「もえ、か……」

るか「っ、知り合い、ですか……」

萌郁「岡部さんが、あなたたちに見せていた顔は、嘘の顔」

倫子「やめて……やめてよぉぉっ!!」グスッ

るか「そうなん、ですか……ねえ、どうして、どうしてそんな……」プルプル

488 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/26 11:03:22.09 lga5tUBjo 1864/2638


るか「……もう、帰ります。まゆりちゃんには、このこと、黙っておきますからっ!」タッ タッ

倫子「あっ……」

倫子「……っ」

倫子「――みんな、私から、離れていく」

倫子「わかってる……私があの時、鈴羽と一緒にタイムマシンに乗らなかったせいなんだって」ウルッ

倫子「シュタインズゲートを諦めてしまったせいなんだって」グスッ

倫子「紅莉栖が生きるためには、まゆりが死ななくちゃならない。でも、こんな世界、いやだぁ……」ヒグッ

倫子「こんなの……キツすぎるよ……っ! こんな世界、私は望んじゃいないのに……!」ポロポロ


prrrr prrrr


倫子「っ!?」

萌郁「たぶん、FBから。出て」

倫子「…………」ピッ

489 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/26 11:04:08.98 lga5tUBjo 1865/2638


天王寺『M3。なぜすぐに出なかった?』

倫子「天王寺さん……」グスッ

天王寺『……何があった? いつも冷静な、いや、冷徹なお前さんらしくない』

倫子「私は、どうしてラウンダーに、入ったんですか……」プルプル

天王寺『……知り合いの女の子の入院費を稼ぐため、だろ? 何言ってんだ』

倫子「そ、そんな……」ガクッ

天王寺『……警視庁への根回しが現場レベルまで徹底されるには今日一杯かかる。次の命令まで待機しろ』

天王寺『待機ってのはつまり、どこかに隠れてろってことだからな』ピッ

萌郁「警察には、ラウンダーが圧力をかけてる。だから、牧瀬紅莉栖の通報によってあなたが逮捕されることは無い」

萌郁「一旦、私の部屋に潜伏しましょう。それが、命令」

倫子「……もう、萌郁しか頼れる人が居ない」ダキッ

萌郁「岡部さん……」

490 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/26 11:05:33.81 lga5tUBjo 1866/2638

ハイツホワイト202号室


萌郁「私は、何度もあなたに救われた。命を」

倫子「そう……なんだ……。でも、私は、あなたの知ってる私じゃないよ?」

萌郁「それでも、変わってないって感じた。岡部さんの、本質が」

倫子「へ、へえ……私の本質は、人殺しなの……。確かに、前の世界線でも人を殺したけどさ……ハハ……」

萌郁「違う。私に生きる意味をくれたの、岡部さん、だから」


―――――

   『私……いらない子だって、ずっと言われ続けて……ずっとずっと……』

   『だが、もう諦めろ。貴様の能力はオレに期待されている』

   『うれ……しい……』

―――――

491 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/26 11:06:00.35 lga5tUBjo 1867/2638


倫子「(この世界線でも、そんなことが……)」

萌郁「4年前、自殺しようとしてた私を助けてくれたの。それからしばらくして、ラウンダーになれって言ってくれた」

萌郁「私に、居場所を与えてくれた」

萌郁「私にとって、FBは父。岡部さんは、姉さん、みたいなもの」

萌郁「家族、だから。偽りのモノだとしても」

萌郁「私で良かったらなんでもする。あなたの助けに、なりたい」

倫子「…………」ダキッ

萌郁「姉さん……」ギュッ

萌郁「……お腹、空いてるでしょ。買ってきたケバブ、食べよ? いつも、ふたりで食べてた」

倫子「……うんっ……うんっ……」ポロポロ

492 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/26 11:06:49.64 lga5tUBjo 1868/2638

2010年12月25日(土)12時00分
ブラウン管工房


天王寺「……なんだ、お前か。M3はどうしたんだ?」

萌郁「泣き疲れて、まだ寝てる。彼女の言っていることを、確かめに来た」

天王寺「まるで別人になっちまってたが、何があった」

萌郁「わからない……その答えを、知りたくて」

天王寺「ふぅん。ま、聞いてみろ。ブラウン管テレビに仕掛けた盗聴器から、直接2階の会話が聞ける」

天王寺「こんなもんが無くても、ギャーギャーうるさい奴らだからな、普通に聞こえるが」

萌郁「データをもらっても?」

天王寺「M3に聞かせるのか。それがいいとお前が判断したなら、そうしてやれ」

萌郁「……ありがとう、FB」

493 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/26 11:07:38.87 lga5tUBjo 1869/2638

12時02分
未来ガジェット研究所


紅莉栖「……鈴羽。昨日、岡部は、"別の世界線から来た"って言ってた。どういう意味か、わかる?」

鈴羽「世界線をまたぐこと自体は珍しくもない。普段から刻々と変動してるからね」

鈴羽「だけどさ、世界線をまたいで記憶が継続されるなんて、ありえない。因果に支配されてる生物は、世界線の変動に気付くことはできないんだよ、絶対に」

紅莉栖「でも、岡部は覚えていた」

ダル「単なる厨二病の妄想じゃね?」

フェイリス「もしかしたら、特殊な能力を持ってるかも知れないニャ!」

鈴羽「まさか、超能力、だとでも?」

フェイリス「タイムトラベラーが居るなら、超能力があってもいいのニャ! 去年の渋谷で放送された、エスパー少年とか!」

ダル「でもあれって結局ヤラセだったんしょ?」

鈴羽「いずれにしても、ラウンダーを甘く見ない方が良い。不用意に近づけばナイフで刺されるかも」

フェイリス「倫子はそんなことしないニャァ!」

494 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/26 11:08:32.22 lga5tUBjo 1870/2638


鈴羽「2036年の未来ではさ、岡部倫子はラウンダーという組織をまるごとソ連に売るんだ。そして、ソ連から発展した組織、世界統一政府に名を連ねる存在になっていた」

鈴羽「決して表舞台には出てこない、影の女帝になってたんだ。スターリンなんか比じゃないくらいの独裁者に」

鈴羽「あいつは、自らを神格化してこう名乗ってたらしい――――」

鈴羽「――――"鳳凰院凶真"、ってね」

鈴羽「あいつのせいで、たくさん死んだよ……仲間も、両親も、友達も」

ダル「両親……。つか、鈴羽の背中の傷って、まさか……」

紅莉栖「ちょ!? 橋田のHENTAIっ! 父親だからって許されると思ったら大間違いだからなっ!」

ダル「い、いや、あれは不可抗力だお! 偶然シャワー浴びてた鈴羽と出くわしちゃって……」

鈴羽「ちょっと人には見せられないような傷があったりするんだよね。あたしは反体制組織の一員だったから、真っ先に弾圧の対象になった」

鈴羽「それで何度か死にかけたことがある」

ダル「このままじゃ、僕たちも、岡部に殺されちゃうかも!」

495 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/26 11:09:27.94 lga5tUBjo 1871/2638


鈴羽「あたしたちに今できること、ひとつあるよ。電話レンジを破壊すること」

鈴羽「ソ連もアメリカも300人委員会も、これと、これを作った人間たちを巡って戦争してると言っても過言じゃない。これさえなくなれば、あるいは」

紅莉栖「ま、待って! すぐに破壊するのは反対よ!」

鈴羽「だけどさ、このままじゃ岡部倫子は自分の野望のためにこれを使うよ?」

紅莉栖「私たちだって今はDメールを送れる。なら、それで対抗できるかもしれない」

紅莉栖「戦争だって、2000年クラッシュだって、無かったことにできるかもしれないっ!」

ダル「Dメールでの事象のコントロールはすごく難しいって、結論出たじゃん」

鈴羽「……牧瀬紅莉栖。岡部倫子を、まだ仲間だと思ってるつもり? あいつ、今にもこのラボの襲撃計画を立ててるかもしれないんだよ?」

鈴羽「君はその目で見たんでしょ? 岡部倫子が、人を殺してるところをさ」

紅莉栖「それは……」

496 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/26 11:10:04.37 lga5tUBjo 1872/2638


紅莉栖「……あの時、不思議なビジョンが見えたの」

フェイリス「ビジョン? 科学者のクーニャンには似合わない言葉だニャァ」

紅莉栖「ええ、私だって非科学的な発言だってことはわかってる。だけどね、あいつが人を殺した時……」


   『きゃぁぁぁぁあああああ!!!!!!』


紅莉栖「あの子、泣いてた……私を抱きかかえて。耳を塞ぎたくなるような痛々しい声で、泣き叫んでた……」

鈴羽「妄想だ」

紅莉栖「わからないの……あの岡部は、別人で……。あいつがあんなに悲しそうな顔してるの、初めて見たし……」

紅莉栖「もう、どれが本当か、わからないのっ!!」

鈴羽「…………」

497 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/26 11:15:20.12 lga5tUBjo 1873/2638

13時51分
柳林神社


萌郁「(FBから録音データはもらった。次は……)」

萌郁「……漆原、るかさん。少し、お話、いいかしら」

るか「あなたは、昨日の……」

萌郁「(『番外未来ガジェット"メガメラVer.4"通常型』、録画モード起動)」ピッ

萌郁「聞きたいのは、あなたのお母さんの話。奇妙な体験をしたっていう」

るか「えっ?」

萌郁「聞いたこと、ある? 例えば、未来の日付からポケベルに着信があったとか」

るか「……ありました。お母さんから、何度か聞かされました」

るか「1回目は、"やさいくうとげんきなこをうめる"、それから1か月くらいして、"2929831831"……」

るか「不思議に思って、お父さんの知り合いの、大企業の偉い方に見せたんです。名前はたしか、希グループの……」

萌郁「……野呂瀬、玄一。当時26歳、社長の側近として、天成神光会と明和党とのコネクションを築いていた……」

るか「あ、はい。たしかそんな名前だったかと」

498 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/26 11:16:45.20 lga5tUBjo 1874/2638


るか「そうしたら、数日して、その話を聞いたっていうSERNの科学者さんが来て……名前はたしか、ヒイラギさんという、女性の方でした」

萌郁「ヒイラギアキコ……量子力学的世界解釈に関する新モデルの研究者。でも、当時は一技術者だったはず」

るか「その人、恐怖の大王が落ちた時、えと、2000年クラッシュの時に、ワクチンプログラムを作ったすごい人だって後から聞きました」

萌郁「(昨日の夜に岡部さんから聞いた話だと、IBN5100を持っているSERNなら、2000年問題を解決するためのワクチンはいくらでも作れた)」

萌郁「薬を作ってから毒を撒く。SERNの常套手段」

萌郁「(わざと2000年クラッシュを起こして、ソ連に対抗する手段にしようとした……世界中のタイムマシン研究をとん挫させるために……)」

るか「でも、それを知ってどうするんですか?」

萌郁「(岡部さんはきっと、元の世界線に戻りたがってる)」

萌郁「(でも、世界線を元に戻せば、私と姉さんの今の関係も、なかったことになる。そんなの、私は望んでない)」

萌郁「(それなのに、私……)」

499 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/26 11:17:30.48 lga5tUBjo 1875/2638



prrrr prrrr


萌郁「……M4」

天王寺『仕事だ。未来ガジェット研究所のタイムマシンを回収しろ。KGBが動き始めた』

天王寺『ただし、開発者の3人は殺すな。確保して、SERNへ連行する』

萌郁「3人?」

天王寺『牧瀬紅莉栖、橋田至。そして、岡部倫子。特に岡部倫子は最重要だ、特殊な脳を持っているらしいからな』

天王寺『上からの報告によれば、その脳を誰が支配するかによって未来は変わる可能性があるんだとよ』

萌郁「岡部さんを拉致するなんて、そんなの私、聞いてない!」

天王寺『もうM3は信用できない。SERNを裏切る前に実験体として切り捨てることになったってだけだ』

天王寺『作戦開始はヒトナナマルマル。3時間後だ――――』

萌郁「なんとかして……なんとかしないと……」

天王寺『……ハァ。迷ってんならよ、今決めろや。どっちにつくのかをな』

萌郁「……今?」

天王寺『……なんてな。甘いなぁ、俺も』ピッ

500 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/26 11:18:35.85 lga5tUBjo 1876/2638

ハイツホワイト202号室


萌郁「……ただいま」

倫子「おかえりっ」ヒシッ

萌郁「……寂しかった?」

倫子「べ、べつに」グシグシ

萌郁「はい、頼まれてた薬」スッ

倫子「あ、ありがと」

倫子「(この世界線の私は精神安定剤を持ってなかった。紅莉栖もまゆりも生きてるから、そうなるのかな……)」

倫子「(だから私は、この世界線の過去も未来も視ることができなくて、少し……いや、結構不安だった)」

倫子「外に落ちてた新聞を読んで知ったけど、今年の夏から米ソが戦争してるんだね」

萌郁「元々、緊張状態にあった。いつ戦争になってもおかしくなかった」

萌郁「公表はされてないけど、キッカケはソ連に持ち込まれた牧瀬さんのタイムマシン論文だったって、FBから聞いてる」

倫子「く、紅莉栖の!? 生きてるのに……」

倫子「……一体どういう過程があってそうなったのか、考えるだけ無駄だよね。その事象を中心に世界線が再構成されたんだから」

萌郁「秋以降、ソ連が牧瀬さんの命を狙ってた。それを、アメリカの諜報機関を利用しながらSERNが防いできた」

萌郁「前線で活躍してたのは、あなた」

倫子「私が、SERNの力を利用して、紅莉栖を守ってた……?」

501 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/26 11:21:00.88 lga5tUBjo 1877/2638


萌郁「でも、もう守り切れそうにない。多くの組織が論文の存在に気付き始めてしまった」

萌郁「重要な研究機関や情報施設は、軒並み破壊されてる」

倫子「日本も、この辺はまだ大丈夫だけど、和光市や渋谷は爆弾テロが相次いでる。それに、種子島が壊滅したって……」

萌郁「SERNはソ連に狙われてる。SERNのタイムマシン研究を未だ回収されてないのも、岡部さんの活躍のおかげ、って聞いてる」

萌郁「(それなのにSERNは、姉さんを実験体として処分すると言う……っ!)」ギリッ

倫子「ロシアが過去を改変して、ゴリバチョフあたりに影響を与えたのかな……」ブツブツ

倫子「どうする、モスクワに行って過去に受信された改変因子を確認する? いや、そんなことしたらKGBに捕まって終わりか……」ブツブツ

萌郁「……M3、聞いて。次の命令、未来ガジェット研究所のタイムマシンを回収しろって」

倫子「――知ってた」ウルッ

萌郁「牧瀬紅莉栖と橋田至を確保しろって」

倫子「――それも知ってた」グスッ

萌郁「……抵抗したら、その2人以外は殺しても構わないって」

倫子「…………」ギュッ

502 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/26 11:21:45.77 lga5tUBjo 1878/2638


萌郁「これを、聞いてほしい。今日、ラボを盗聴してきた」

倫子「うっ……うん。聞く。聞かせて」

萌郁「それと、柳林神社での映像。漆原るかさんが女性なのは、間違いない」

倫子「この映像は……?」

萌郁「岡部くんが私にくれた、未来ガジェット。名前は"メガメラVer.4"」スッ

倫子「その眼鏡、カメラなの?」

萌郁「両側に円筒機構がついてるでしょ? ここにオートフォーカス付きカメラと電池、無線機が入ってるの」

萌郁「赤外線リモコンでシャッターを押せるようになってて、リモコン側にデータ記録媒体も入ってる」

倫子「へえ、そんな未来ガジェットを……」

萌郁「夏には、これで猫の自然な写真を撮って、雑誌社に売ってお金を稼いだりした」

倫子「(まゆりの入院費のため、か……)」

萌郁「初めてあなたからもらったモノだから、大切に使ってる……」

503 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/26 11:23:38.26 lga5tUBjo 1879/2638

・・・

倫子「――なるほど」

倫子「つまり、このソ連世界線――便宜上、γ世界線と呼ぶ――においてもルカ子を女の子にする実験を行った。その時、想定外のバタフライ効果が発動した」

倫子「ってことは、ルカ子の母親のポケベルにDメールを送れば、色々取り消せる……」ブツブツ

倫子「電話レンジ(仮)が使えれば……でも、また予期せぬバタフライ効果が発生したら……」ブツブツ

倫子「スマホから、『Amadeus』アプリは消えてた。そりゃ、紅莉栖が生きているなら、私が真帆ちゃんと出会う因果がなくなるから当然か……」

倫子「アメリカ側の『Amadeus』や真帆ちゃんには頼れない。私は、どうしたら……」

萌郁「……あなたは今、とてもマズイ立場にいる。このままだと、SERNへ連れて行かれて、脳を解剖されるかも」

倫子「……リーディングシュタイナーか。そうなったら、世界線はαへと変動するのかな……」

倫子「でも、私は……ラボの、所長だから。ラボを、守らないと」

萌郁「岡部さんっ! 行ったら、ダメなの! 行ったら、あなたも捕まる……」

倫子「ううん、大丈夫。どうせ私は死なない」

倫子「この世界線での私は、2036年時点でも生きてる。鈴羽がそう言ってた」

萌郁「冗談は、やめて」

倫子「私より、萌郁が心配だよ。今あなたがやってる行動は、ラウンダーへの裏切りになる」

萌郁「私は……」

倫子「これ以上、私に関わらないほうがいい。それじゃ」スッ

萌郁「岡部さんっ!」

倫子「……ケバブ、ありがとう」ガチャッ

504 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/26 11:24:15.24 lga5tUBjo 1880/2638

16時32分
未来ガジェット研究所


ゴロゴロ ピカッ!!


るか「きゃっ! 雷が……」

鈴羽「……嫌な予感がする」

フェイリス「超能力ニャ? 天気で未来予知ができるのニャ!」

鈴羽「牧瀬紅莉栖、まだいじってるの?」

紅莉栖「Dメールを送れればと思ったけど、ダメ、どうしても調整がうまく行かない……」カチャカチャ

鈴羽「仮にここを襲撃されたら、タイムマシン――電話レンジ――はあたしが破壊する。いいな?」

紅莉栖「……わかったわよ」カチャカチャ

ダル「つか、ラウンダーみたいなヤバイ連中相手にするなんて、分が悪すぎるお」

フェイリス「ニャー……フェイリスは倫子でも探してこようかニャ~? 傘、借りていいかニャ?」

鈴羽「死にに行きたいの?」

505 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/26 11:24:51.14 lga5tUBjo 1881/2638

大檜山ビル前


倫子「よりによってほぼ全員集まっている……まゆりが居ないのが不幸中の幸いかな」

倫子「まあ、いくらビビリな私でも、ここに突入するくらいならひとりでもできる……」

倫子「(なんとかして全員を退避させて安全を……いや、そんなことをしても収束があれば意味がなくなっちゃう)」

倫子「(紅莉栖……こんなに近くに居るのに、遠いよ……)」グスッ


タッ タッ


萌郁「はぁっ……はぁっ……。傘、忘れ物……」スッ

倫子「も、萌郁っ!?」

506 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/26 11:25:26.59 lga5tUBjo 1882/2638


萌郁「私は、あなたの力になりたい。今は、私だけが、あなたの味方だから」

萌郁「世界中を敵に回しても、私だけは、あなたのパートナーだから」

萌郁「私の居場所は、あなたの側にしか、ないから……」

倫子「……助けて、くれるの?」ウルッ

萌郁「今までも、ずっとそうしてきたから」ニコ

萌郁「キス、するね……」チュッ

倫子「ちょ、萌郁、何をっ!?」ドキッ

萌郁「……作戦、開始」

倫子「…………」

倫子「……ああ、了解した」

507 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/26 11:26:11.77 lga5tUBjo 1883/2638

物陰


??「……はい。岡部倫子を確認しました。直ちに急行してください」ピッ



大檜山ビル前


萌郁「急がないとブラボーチームが突入しちゃう」

倫子「わかってる。今ここで私にできることは、やっぱり……Dメールを送ること」

倫子「そうしないと、フェイリスも、ルカ子も、鈴羽も、まゆりも、紅莉栖も……みんなの命が危ないから」

倫子「(紅莉栖が居れば、私の背中を押してくれるはず……1人じゃ送れなくても、紅莉栖となら……)」

倫子「(ここまで来たんだ。いい加減、腹を決めろ、私……!)」グッ

倫子「猶予はどれだけある?」

萌郁「30分、くらい」

倫子「それならなんとかなるか……鈴羽たちを無力化して、ルカ子の母親の元へとメッセージを送る」

倫子「ソ連はなんともならなくても、300人委員会が2000年クラッシュを起こす過去を変えられるはず」


由季「あれ? 岡部さん? そこで何されてるんですか?」


倫子「な……ゆ、由季さんっ!?」

508 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/26 11:37:38.07 lga5tUBjo 1884/2638


カエデ「ユキさん、さっき誰に電話を……あら? 岡部さん、雨に濡れちゃいますよ? 中に入らないんですか?」

フブキ「…………」

由季「それに、そちらの方は……」

萌郁「……拘束、する?」

倫子「い、いや、待って。由季さんたちは関係ない」

倫子「由季さん、カエデさん、それにフブキ。お願いだから、今すぐどこかへ行ってくれない、かな?」

カエデ「へえ、私たちをそんな風に扱うんですか。こんな寒い冬の雨の日に」ウフフ

フブキ「えっと……」

由季「……今日、せっかくのクリスマスなので、お料理を持ってきたんですけど、冷めないうちに皆さんで」

倫子「ごめん。そんなこと、やってる場合じゃないの。今からここは戦場になるかもしれないから」

カエデ「戦場、クリスマス……ああ、なるほど」ポンッ

由季「冗談ですか? もう、あんまりそういうこと言うの、感心しないなぁ。実際に今、世界は戦争の真っただ中なんですから」

倫子「頼むから……お願いだから……」ウルッ

カエデ「……何があったんですか? 話してください」

倫子「もうっ、話してる時間も無いんだよぉ!」

509 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/26 11:38:16.92 lga5tUBjo 1885/2638



ダッ ダッ ダッ…


萌郁「っ!?!? ブラボーチーム、予定より早いっ!!」

倫子「そんなっ!? 時間はまだあったはずじゃ!?」ガクガク

萌郁「……ハメられた。私たちは、完全に上から見限られてた」グッ

由季「えっ? えっ?」

フブキ「な、なにっ!?」

カエデ「外国人、観光客……?」


ラウンダーA「M4にM3。悪いが、大人しくしろ」ガチャッ

倫子「お、お前たちは……あの時のっ!!」ゾワッ

萌郁「くっ……!」ギロッ

ラウンダーB「昨日の友は今日の敵。それが俺たちの社会だ。そうだろ?」

由季「えっと、これは、どういう……」オロオロ

フブキ「……っ!」ゾクッ

カエデ「なにが、なんだか……」

ラウンダーC「こいつらは?」

ラウンダーD「関係ない奴は殺してもいいそうだ。殺せ」

倫子「や、やめろォ!! やめてくれぇっ!!」ウルッ

倫子「(由季さんが死ねば、鈴羽が生まれなくなって、世界線がまた―――――)」

510 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/26 11:39:23.58 lga5tUBjo 1886/2638



ダッ ダッ ダッ!!

パラララッ パララッ パラララララッ


??「Ураааааааа!!」


ラウンダーA「ぐわぁぁっ!!!」バタッ

ラウンダーB「うぐぅぅぅぅっ!!!」バタッ

ラウンダーC「な、なんだ!? 聞いてねえぞ……ぎゃあああっ!!!」バタッ


倫子「なんだ!? 何が起こってる!?」


ラウンダーD「くそっ! 撤退だ!」クルッ


萌郁「っ――――」ガチャッ


BANG!!


ラウンダーD「ぐはぁぁっ!」バタッ


フブキ「…………」ブルブル

カエデ「大丈夫、大丈夫だよ、フブキちゃん……」ダキッ

511 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/26 11:40:17.81 lga5tUBjo 1887/2638


ソ連兵A「"Огонь!"」


倫子「(ロシア語……こいつら、ソ連兵か!?)」ゾワワッ

フブキ「迷彩……! コ、コスプレ、じゃないよね……」ブルブル

カエデ「本物の、戦闘服よ、フブキちゃん……」ガクガク

由季「くっ、あいつら、何やってる! まだなの!」


ソ連兵B「"……Ринко……"」ブツブツ


倫子「(い、いま、"リンコ"って……やっぱり、狙いは私……!)」

萌郁「姉さんは……渡さないっ!」ギリッ


パラララッ パララッ パラララララッ


ソ連兵C「"……!?"」バタッ

ソ連兵D「"……!!"」タッ タッ


倫子「こ、今度はなんだ!?」ガクガク


??「落ち着いて。大丈夫か、君たち」


倫子「あ、あなたたちは……?」プルプル

512 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/26 11:41:39.57 lga5tUBjo 1888/2638


自衛隊員A「陸上自衛隊のものだ。政府から要請を受け、君たちを保護することになった」

倫子「り、陸自!?」

由季「間に合ったか……」ボソッ

自衛隊員B「安心してくれ。日本国民を守るのが私たちの役目だ。おフランス野郎だか露助だかにやらせはしない」

倫子「(私と萌郁がラウンダーだってことはバレてないのかな……。まあ、実際もうラウンダーじゃないらしいけど)」

倫子「(萌郁がさっきラウンダーの男を銃殺したのを見てたから? あるいは、私たちにSERNの情報を吐かせるために、とか……)」チラッ

萌郁「…………」


タッ タッ シュタッ!

鈴羽「なんの音だッ!!」スチャッ


自衛隊員B「っ!?」ジャキッ

倫子「ダ、ダメっ!! 鈴羽を撃たないでっ!!」ヒシッ

萌郁「あ、危ないっ!」

鈴羽「岡部倫子っ!?」

513 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/26 11:42:57.35 lga5tUBjo 1889/2638


・・・

ダル「雷の音を銃声だとか言い出した鈴羽を追いかけたら、外で自衛隊が出動する騒ぎになってたとか、ちょっと信じられんのだが……」

るか「毎日ニュースで見てた戦争が、現実のものになっちゃうなんて……」

倫子「……紅莉栖。電話レンジはどうなってる」

紅莉栖「ダメ。どういうわけか、Dメールを送れなくなってる。42型もちゃんと点いてるのに」

倫子「たぶん、この雷雨のせいだ。タイムマシンは雷雨に弱い」

倫子「停電はしてないみたいだけど、電子銃かマグネトロンがおかしくなったのかもしれない」

紅莉栖「なるほど、十分あり得るわ……なら、パーツを交換すれば」

倫子「(昨日は私のことを信じてくれなかったけど、実験のことになると別か……さすが紅莉栖)」

自衛隊員A「悪いけど、そんなことをしているヒマは無い。今、秋葉原中にフランスの傭兵部隊と、ソ連の特殊部隊が潜伏している」

自衛隊員B「君たちの命が最優先だ。安全な場所まで、私たちと一緒に来てほしい」

倫子「どうする、どうすれば……っ」

鈴羽「……電話レンジは破壊。取りあえず、今は自衛隊と共に行動すべきだ」

紅莉栖「……そうね。また落ち着いたら、マシンをもう一度作り直しましょう」

倫子「くっ……!」

514 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/26 11:43:43.86 lga5tUBjo 1890/2638


自衛隊員A「それじゃ、牧瀬紅莉栖さんと橋田至さん。あと、橋田鈴羽さんはこちらのバンに」

紅莉栖「ちょ! 橋田、くっつかないでよ!」

ダル「いやあ、デカくてすまんお」

自衛隊員B「岡部倫子さんと秋葉留未穂さん、漆原るかさんと桐生萌郁さんはこちらへ。あと、来嶋かえでさんと中瀬克美さん、阿万音由季さんはあちらの車両へ」

倫子「3つに分かれるのか……大丈夫かな……」

カエデ「意外と普通の車なんですね」

自衛隊員B「都市部では軍用車両だと目立って仕方ないからね。一度、入間まで行って、そこから乗り換えます」

自衛隊員B「とにかく時間が無い。今すぐこの街を出ましょう」

フェイリス「ニャウゥ~。秋葉原が戦場になっちゃうニャんて~」

萌郁「……でも、自衛隊がどうして」

自衛隊員B「あなたたちが日本国民だから、ですよ」

由季「…………」

倫子「……よろしく、お願いします」

515 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/26 11:51:02.60 lga5tUBjo 1891/2638

車中


ブロロロロ …


倫子「――――ってことなんだ」

フェイリス「やっぱり倫子は倫子だったニャン! 信じていたニャン!」ダキッ

るか「大変だったんですね……岡部さん……っ」グスッ

倫子「(……少し、時間ができた。この世界線について、3人から聞いた情報を整理してみよう)」

倫子「(キッカケはロシアの実験だ。どういうわけか、世界は2036年時点でもソ連が存続するように再構成された)」

倫子「(そしてソ連は、タイムマシンの存在を徹底的に隠ぺいしようと行動した)」

倫子「(2000年のジョン・タイターの書き込みは抹消されたらしい。おそらくソ連のスパイによる情報工作だろう)」

倫子「(また、牧瀬章一が2010年7月28日にラジ館でタイムマシン会見を行うことも無かった。これもなんらかの妨害があったのだろう)」

倫子「(ゆえにγ世界線では紅莉栖の死を回避することとなった)」

倫子「(ただ、どういうわけかこの世界線でも紅莉栖はタイムマシン論文を書き上げており、それを何らかの経緯で手に入れた章一は8月21日にソ連へと亡命していた)」

倫子「(この亡命がなければソ連が支配者として君臨することもないわけで、運命に仕組まれた一連の因果だったのだろう)」

倫子「(これが現在の戦争状態の引き金となり、元々緊張状態にあった世界情勢は爆発した、というわけだ)」

倫子「("私"はATFの講演で日本に来ていた紅莉栖と出会い、α世界線同様ラボを運営し、電話レンジ(仮)の実験を繰り返した)」

倫子「(フェイリスの過去改変には失敗したらしい。萌郁の情報によると、γ世界線では幸高氏は東側の勢力に暗殺されていたのだとか)」

倫子「(一方、ルカ子の性別を変える実験には成功していた。だが、ソ連の存在するこの世界線では、それが思わぬバタフライ効果を生んだ)」

倫子「(玉突きの世界線変動……。Dメールの存在を、1990年代初頭に、SERNに知られることになってしまった)」

516 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/26 11:51:50.64 lga5tUBjo 1892/2638


倫子「(SERNはタイムマシン研究でソ連と張り合っていた。その過程で、SERNによって2000年クラッシュが引き起こされた)」

倫子「(世界規模の大災害となり、池袋も被災し、"私"とまゆりは両親を失い、離れ離れになった)」

倫子「("私"は完全に世界から孤立したことだろう。あの頃、唯一の友人はまゆりだけだったのだから)」

倫子「(2003年に紅莉栖に会うことも無かった。鈴羽の目的が私の暗殺だったのなら当然か)」

倫子「(どういうわけか"私"は中坊の頃に大檜山ビルを訪ね、FBこと天王寺裕吾に接触したらしい)」

倫子「(何があったか知らないが、そこでバイトをする約束と、将来ビルの2階を貸してもらう約束をしたのだとか)」

倫子「(さらに、当時都内に住んでいた萌郁の自殺を偶然救うことになった。居場所のなかった萌郁は、"私"に居場所を求めた)」

倫子「(この偶然の連鎖もあるいは、今までの過去改変の、記憶の残滓による導きだったのかもしれない)」

倫子「(この世界線の未来の"私"による過去改変の可能性も……)」

517 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/26 11:53:48.15 lga5tUBjo 1893/2638


萌郁「あの時は、本当にありがとう。たとえその記憶が無くても、私は岡部さんに感謝してる」

倫子「(睡眠薬を大量に飲んでいた萌郁は、委員会御用達の代々木の病院に運ばれたが、そこで"私"は"彼女"と7年ぶりの再会を果たしたらしい)」

倫子「(椎名まゆり。2000年クラッシュのあと、上野に居る叔母に引き取られ、親子のように仲睦まじくしていたのだとか)」

倫子「(だが、難病を患ってしまっていた。何が原因でそうなったのかは、あまりにも改変因子が多すぎて推測すらできない)」

倫子「("私"の元居た世界線では、国に指定された難病の場合、医療費のほとんどを国庫が負担してくれることになっている)」

倫子「(この世界線ではどうも違ったらしい。当時から東西の緊張が高まっていて、日本の国防費が膨れ上がったためだろうか)」

倫子「(叔母も頑張っていたが、入院費が払えなくなる目前だったそうだ。そのことを"私"は、病院にお見舞いに来ていたルカ子から聞いた)」

るか「毎日のように柳林神社にお参りに来ていた方だったので、お話を聞いたんです。そしたら、病気の女の子が居ることがわかって」

倫子「(そこで"私"は天王寺さんに頼み込んだ。高校生の"私"でも、もっと金を稼げる仕事は無いのかと)」

倫子「(この世界線の"私"は、7年も離れ離れになっていた近所の女の子のために動いたらしい。再会したまゆりの境遇の悲惨さが、"私"に行動をさせたか、あるいは……)」

518 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/26 11:57:10.35 lga5tUBjo 1894/2638


倫子「("私"が身体を売らなかった理由。たぶん、警察の機能が低下してるこの世界線では、"私"は例の警官に、性的なトラウマを強く植え付けられたんだろう)」

倫子「(萌郁にネットで事件を調べてもらったところ、例の警官の名前は検索に引っかからなかった。フェイリスが防いだ記憶も無いということは、事件はもみ消されたんだ)」

倫子「(そんな"私"の出した答えが、ラウンダーだった)」

倫子「(あるいは、天王寺さんは知っていたのかも知れない。2010年、大檜山ビルから送られたポケベルメッセージのことを)」

倫子「(どうせラウンダーに監視されることになる娘なら、予めラウンダーに入れておいたほうが安全、という老婆心だったのかもわからない)」

倫子「(最初のうちは雑用。例のチェーンメールを送ったり整理したりする係だった)」

倫子「(しばらくして、"私"を手伝いたいという萌郁もラウンダーになった。この世界線で萌郁がケータイなしでペラペラしゃべれているのは、FBによるケータイ漬け洗脳が無かったから)」

倫子「(そのうち"私"の働きが認められ、ブツの運び屋になったり、張り込み役になったりしていった)」

倫子「(最終的には暗殺を任されるほどまでに昇進した。ここ半年は紅莉栖の命を狙う連中を始末していたらしい)」

倫子「(そんな裏稼業をしながらも、ダルを仲間にし、ラボを創設し、紅莉栖と出会い、Dメールの研究を始めた)」

倫子「(この世界線では、ラボメンナンバー002がダル、003が紅莉栖、004がフェイリス、005が鈴羽となっている)」

倫子「(ルカ子は女の子になったことで、ラボメンではなくなっていたようだ)」

倫子「(たぶん、この世界線の"私"は、本気でタイムマシンを売りさばき、金を手に入れようとしていたのかもしれない)」

倫子「(だが、その結果が影の女帝だ。何がどう間違ってそんなことになるのか見当もつかない)」

倫子「(……いや、そうじゃない。たぶん、この私にも、ジキル博士にとってのハイド氏のような部分があるんだ)」

倫子「(ジキルに戻るための薬が底を尽きてしまったんだろう。まゆりという、"私"にとっての、唯一絶対の治療薬が……)」

519 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/26 12:03:21.26 lga5tUBjo 1895/2638


倫子「(この世界線の"私"も、いくつかのDメール送信により、リーディングシュタイナーによって世界線変動を感じた)」

倫子「(そして、どこからかその情報が漏れてしまった。世界線を超えて記憶を持ち越せる能力のことが)」

倫子「(ソ連も、アメリカも、"私"の能力を欲した。これさえあれば、自分たちが世界を支配するアトラクタフィールドへと移動可能なのだから)」

倫子「(300人委員会は"私"を護るために必死だったらしい。だが、皮肉にも未来の私は委員会を裏切り、ソ連へとそのすべてを売るのだとか)」

倫子「(……あるいはこれも、まゆりに関する事象なのかもしれない)」

倫子「(2036年は、全体主義が支配する世界となってしまう。スターリニズムディストピアと言っていいだろう)」

倫子「(この未来を回避すべく、鈴羽はダルの作ったタイムマシンに乗って、2010年の"私"を暗殺しにやってきたのだとか)」

倫子「(まあ、当然私は死なないから、なんとかして世界線を変動させる選択肢を探し続けていたらしい)」

倫子「(数々の収束と戦いながらも、ついに今日、電話レンジは破壊された。だが、世界線は変動しなかった)」

倫子「(それが意味しているのは――)」

520 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/26 12:05:52.95 lga5tUBjo 1896/2638

入間基地


自衛隊員C「なに!? 隊員Aの車両が行方不明だと!?」

倫子「――――っ!?」

自衛隊員B「敵の誤報にやられた……相手はソ連か、アメリカか、あるいはEUか……」

由季「そんなっ、橋田さんたちが!?」

自衛隊員C「……必ずや、我ら自衛隊が奪還致します。日本国の誇りにかけて」

倫子「(これも世界線の収束なのか……。どうあがいても、紅莉栖は生きている限り、タイムマシンを造らされるよう強制されてしまう)」

フェイリス「きっと大丈夫ニャ! 技術屋のダルニャン、天才のクーニャン、武闘派のスズニャンの3人が簡単にやられるわけないニャ!」

フェイリス「今頃、どこか山奥の秘密基地で世界に反逆するための計画を練っているはずニャン!」

倫子「……たしかに、あいつらが上手いこと逃げのびる可能性も無くはない。だって、まだこの世界線の鈴羽は産まれてないんだから」

倫子「ダル……。由季さんに会うために、必ず帰って来てね……」

由季「…………」

521 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/26 12:08:11.08 lga5tUBjo 1897/2638


自衛隊員C「今入った情報によると……秋葉原は壊滅……ターミナル駅や港、空港も……」ヒソヒソ

自衛隊員B「それじゃ、制空権は……陸路で九州……海自に引き渡して……沖縄へ……」ヒソヒソ

自衛隊員C「原因は……中鉢博士の亡命……例の論文……」ヒソヒソ


倫子「あ、あの……どうして、私たちを助けてくれるのか、本当の理由を教えてください。国民を守るとか、そんなことじゃなく」

自衛隊員C「……実は、自分たちも理由は聞かされていません。でも、命を懸けて護れと自分は命じられています。それが、この国の未来に繋がるのだと」

フェイリス「自衛隊の人たち、本当に何も聞かされてないみたい。みんな、心の中では疑問でいっぱいで動いてる」ヒソヒソ

倫子「(いや、聞くまでも無かった。日本だって、この戦局を打開するために、タイムマシンが欲しいんだ)」

倫子「(そのために、日本政府も私の脳を欲してる? もしくはSERNの部隊としての情報か? そうだとしても、今の状況でどうこうできる問題じゃない……)」

倫子「(未来視もできないから、どうすれば確定事項に反する選択ができるかもわからない)」

倫子「(……もう私が世界線を戻す術は無いのかもしれない。分岐の無いレールの上を走り続けなければならないのかもしれない……)」

倫子「(でも、この世界線の私は、紅莉栖を殺していない。紅莉栖は、この世界線では生き続ける……と思う)」

倫子「(そのふたつの事実だけは……救いだ)」グスッ

倫子「(紅莉栖さえ生きていれば、もしかしたら……)」

倫子「(……考えていても仕方ない、か。もう、なるようにしかならない……)」

522 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/26 12:11:05.99 lga5tUBjo 1898/2638

2011年1月18日火曜日
佐世保倉島岸壁
あぶくま型護衛艦じんつう内


倫子「(――――こんな生活が1ヶ月も続くとは思ってもいなかった)」

倫子「(衣服は迷彩服を支給してもらったけど、風呂もろくに入れていない……)」

フェイリス「このフェイリスが汗臭いなんて、ショックすぎだニャン……」

フブキ「留未穂ちゃん、外で香水買ってきたよ! 出航に間に合ってよかった」

萌郁「自衛隊の情報によると、東日本の主要拠点はほぼ壊滅状態……東側と西側の直接的な戦闘が、日本列島各地で発生してる」

カエデ「@ちゃんには、原因はソ連のタイムマシン研究にアメリカが文句を言ったことだ、と。日本は沖縄に臨時政府を作るんじゃないか、とも書かれてました……」

倫子「私が日本に居る限り、日本は……まゆりは……」プルプル

フェイリス「でも、もう色んな組織がちょっかいを出して収集つかなくなってるニャ。バチカンの殺し屋集団まで出張って来てるらしいニャ!」

由季「だから、岡部さんの責任なんかじゃありません。みんな、あなたを守ろうとしてるだけなんですからっ」

倫子「由季さん……」

523 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/26 12:11:50.05 lga5tUBjo 1899/2638


るか「あ、あの、まゆりちゃんの叔母さんから先ほど連絡があって……」

倫子「……うん」

るか「……まゆりちゃん、安らかに、眠ったそうです」グスッ

フブキ「"マユシィ"? あ、あれ、"椎名まゆり"なんて人、会ったこともないのに、なんで、私……」グスッ

倫子「……そっか」ウルッ

倫子「(わかりきっていたことだ。この世界線では、紅莉栖は生きている。だから、そういう風に収束する)」

倫子「(私は、まゆりを助けるために、α世界線をなかったことにしたのに……こんな、こんなことって……)」グスッ

倫子「(私のそばから、紅莉栖もまゆりも居なくなるなんて……こんな世界線は……否定したい……)」ポロポロ

フェイリス「それは、やっぱり東京が大混乱に陥ってるせいで……?」

倫子「そうじゃない。そうだとしても、そうじゃないの」グシグシ

倫子「(全部、私のせいだ。私は、これからどうすれば……)」

524 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/26 12:12:47.53 lga5tUBjo 1900/2638

2011年1月21日金曜日
那覇港湾施設(那覇軍港:米陸軍基地)


フェイリス「久しぶりの陸地だけど、もう疲れたニャァ……」ハァ

倫子「(東シナ海の航海中にも、ソ連と思われるヘリや潜水艦の攻撃を受けたらしい。その度に船体は激しく揺れ、私たちは疲弊していた)」

倫子「(奇跡的に那覇に到着できたのは、間違いなく私の生存収束のおかげだろう)」

下山「岡部倫子さんだね?」

倫子「は、はい」

下山「初めまして。私は、防衛省、中央情報保全隊の下山という」

下山「これから嘉手納の沖縄防衛局まであなた方を護送させてもらうことになってる。長旅で疲れているところ申し訳ないが、もうしばらく我慢してくれ」

倫子「沖縄、防衛局?」

下山「今、あそこは日本国防衛省そのものになっている。臨時ではあるがね」

下山「そっちのワゴン車には君と、それから阿万音由季さんと中瀬克美さんが乗ってくれ」

由季「はい、わかりました」

下山「他の人たちは後続車に」

フブキ「…………」

525 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/26 12:13:52.42 lga5tUBjo 1901/2638

ワゴン車車内


下山「実は、3人に防衛局へ着く前に少しだけ質問をしたくてな。それでこうして同乗してもらった」

倫子「(……萌郁と私を分けたってことは、SERNの情報についてではなさそうかな。というか、私はラウンダーやSERNのことは何も知らないし)」

倫子「(なら私のリーディングシュタイナーについて、か。あるいは、鈴羽の乗ってきたタイムマシンかも)」

倫子「(あれは鈴羽かダルが居ないと回収しても意味が無いと思うけど。でも、それならどうして由季さんとフブキも?)」

下山「阿万音由季さん。君は、橋田至君とその妹さんがどこにいるか、知らないだろうか?」

由季「い、いえ。自衛隊さんの方でも把握できていないなら、私が知ってるわけが……」

下山「君たちは恋人だろう? 個人的に連絡を取っているかと思ったんだが」

倫子「ちょ、ちょっと待って!? あなた、なんなんですか!? それじゃ、まるで由季さんをスパイ扱いしているみたいじゃないですか!!」

倫子「(さすがに怒ったけど、由季さんの雰囲気からするに、由季さんはダルたちの居場所を本当に知っていて、それを隠しているようだった)」

倫子「(もしかしたら、この世界線の"私"なら3人がどこに隠れたか理解できたかもしれないけど、この私にはわからない……)」

下山「スパイ、ねえ。もし私たちのことが、アメリカあたりに筒抜けだと、とても困ってしまうな」

倫子「……冗談でも、やめてください」

由季「…………」

526 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/26 12:14:48.17 lga5tUBjo 1902/2638


下山「ときに、岡部さんは牧瀬紅莉栖さんと何か研究をしていたらしいね」

倫子「っ!?」ドクン

倫子「(突然紅莉栖の名前を言われて、びっくりしてしまった……お、落ち着け、私……)」ドキドキ

下山「どんな研究を?」

倫子「……遊びの延長、みたいなものですよ。お金が必要だったので」

下山「それじゃあ、何かとんでもない物を作って、それを知られたからソ連やフランスの部隊に狙われた、というわけじゃないんだね?」

倫子「まさか。今ソ連が研究してるタイムマシンを、私たちが作ったとでも? 未成年の学生なんかに作れるわけが無いじゃないですか」

倫子「それに、紅莉栖は脳科学者だ。物理学者じゃない」

下山「ふぅん」

527 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/26 12:15:27.48 lga5tUBjo 1903/2638


下山「中瀬克美さん。君には別に聞きたいことがある」

フブキ「わ、私っ!?」ビクッ

倫子「……っ」ジロッ

下山「そんなに私を睨まないでくれないかな。なに、大した話じゃない」

下山「護衛艦の船内の医務室で、医官に話したようだね。ずいぶんとリアルな夢を見るとか」

フブキ「は、はい。船酔いで、気分悪くて、お医者さんに色々聞かれたので……」

倫子「そ、そうだったの?」

フブキ「う、うん。大したことないと思って、岡部さんには言わなかったんですけど……」

由季「きっとPTSDですよ。こんな状況なんです」

倫子「(由季さんの態度がさっきからおかしい。世界線が変わったせいで、由季さんの人格も変わってしまったんだろうか……)」

下山「君たちは、"大統領病"、というのを知っているかな?」

倫子「は……?」

528 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/26 12:16:07.27 lga5tUBjo 1904/2638


下山「プーシンを知っているだろう?」

倫子「プーシン……ソ連の、書記長ですよね」

倫子「(どういうわけか、この世界線ではプーシンはロシアの大統領ではなく、ソ連の書記長になっていた。あの人、凄い人間だな……)」

下山「そう。だが、中瀬さんは興味深いことに、プーシンが"ロシアの大統領"だと答えたとか」

フブキ「す、すみません。なんか、寝ぼけてたんです。それに、私、勉強とか全然ダメで……」

下山「いや、そうじゃない。"プーシン大統領"と言う人は、世界中で見つかっているんだ。中瀬さんと同じように夢を見たと言ってね」

下山「それが、"大統領病"だ」

倫子「(……っ!? ま、まさか、別の世界線での記憶が、デジャヴとして引き継がれて……)」

倫子「(……リーディングシュタイナー。まさか、フブキにも発現していたなんて……)」グッ

529 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/26 12:17:38.32 lga5tUBjo 1905/2638


倫子「(仮にフブキのそれがリーディングシュタイナーだとするなら、かなり強いリーディングシュタイナーだ)」

倫子「(普通、海馬に強く残るような強烈な記憶でないと、デジャヴ、つまりOR物質のバックアップデータとして他世界線の記憶を見ることはできない)」

倫子「(フェイリス、ルカ子、天王寺さん、そしてまゆりや紅莉栖がそうだったように)」

倫子「(ロシアの大統領がフブキの人生に強く印象づけられているとは到底思えないから、フブキは"私寄り"の人間なんだ……)」ゴクリ

下山「ベルリンの壁の崩壊や、ペレストロイカ。岡部さん、知っているかい?」

倫子「……いえ、知りません」

倫子「(この世界線でソ連は崩壊していない。ってことは、当然そういうことになる)」

倫子「(ソ連が崩壊したのは私の生まれた頃だったから、その辺のことを中学の頃によく調べていた)」

下山「だそうだよ、中瀬さん」

フブキ「だ、だから私は、そのなんとか病っていう病気なので!」アセッ

下山「……実を言うとね、君たちが見ている白昼夢こそ、この戦況を変えるための秘策だと、政府は考えている」

倫子「えっ……?」

530 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/26 12:18:46.75 lga5tUBjo 1906/2638


下山「私みたいな一軍人には、ただの集団幻覚にしか思えないが、どうやらその幻覚の中に、我が日本国が生き残るための情報が隠されているらしいんだ」

フブキ「情報って、武器とか、兵器ってことですか?」

下山「ああ。私なんかは、後ろに積んであるAK-101で敵と戦うことしか考えられない。まったく、研究者連中は頭がいかれてる」

倫子「カラシニコフ……自衛隊で採用してるなんて、それほどなりふり構ってられない状況なんだ」

下山「お? 詳しいねぇ。オタかな?」

下山「君を護送してきた隊員から聞いた通りだ。やはり君はミリに興味があるようだね」

倫子「い、いえ。オタというより厨二、あ、いや、なんでもっ」

下山「そう、本来なら国産銃で戦いたいところだが、そうも言ってられなくてね」

倫子「まあでも、輸出を意識したシリーズですから、国産の西側NATO弾も使えて……」

倫子「(……あれ?)」

531 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/26 12:20:21.20 lga5tUBjo 1907/2638


下山「ふぅん。ソ連の銃が、西側に輸出されてる、と……」

倫子「あ、いや、えっと……」ドクン

下山「ワルシャワ条約機構も知らないのかい?」

倫子「(し、しまった……)」プルプル

下山「君もそうだったのか。そしてそれを、故意に隠そうとしたね?」

倫子「…………」グッ

下山「やはり、情報通りなんだな、君はなにか重大なことを知っている」

下山「なあ、岡部さん。教えて欲しいんだが」

下山「1991年12月にソ連が崩壊したあと、この平成の時代は、どうなっていたんだね?」

下山「答えてくれ」

532 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/26 12:21:06.87 lga5tUBjo 1908/2638



prrrr prrrr


下山「ちっ……下山だ。ああ、今防衛局へ……」

下山「……なに? どういうことだ、それは!? どこの国から圧力がかかった!?」

下山「……行先変更だ。嘉手納基地へ向かえ。第2ゲートだ」ピッ

運転手「はっ」

由季「あの……どういうことですか?」

下山「状況が変わった。これから岡部さんは米軍基地へ行ってもらう」

由季「そうですか……」

倫子「(由季さん、どうしてほっとした顔をしてるんだ……?)」

下山「そのまま米軍機でアメリカ行き、なんていう楽しい旅行が待っているかもしれんな」

倫子「ア、アメリカ!?」

下山「CIAかNSCか知らんが、君の即時引き渡しを求めている」

倫子「(つまり、アメリカが私のリーディングシュタイナーを手に入れようとしてる!?)」

倫子「(いや、リーディングシュタイナーだけがあったって、タイムマシンが無けりゃ意味が無い。……まさか、紅莉栖もっ!?)」

倫子「(もしそこでまた電話レンジを、タイムマシンを造れたなら、きっと――――)」

533 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/26 12:23:07.50 lga5tUBjo 1909/2638

嘉手納基地第2ゲート前


下山「降りたまえ」

倫子「…………」

ハモンド「ウェルカム! 私、ハモンドです。皆サンを歓迎します!」

ハモンド「では、ミス岡部以外の皆サンは、バスに乗ってくだサイ」

フェイリス「ニャニャ!?」

るか「えっ!? それ、どういう――――」

衛兵「…………」ギロッ

るか「ヒッ……」

倫子「……由季さん。みんなを、頼みます」

由季「……はい」コクッ

534 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/26 12:23:57.32 lga5tUBjo 1910/2638


ハモンド「さて、ミス岡部。あなたはドウゾ、こちらの車へ」

倫子「はい、わかりま――――」


下山「――岡部さんっ、逃げろっ!! アメリカへ行ったら、もう生きては戻れな――」

衛兵「っ!!」ジャキッ

パララッ パラララッ パララララッ

下山「っ――――」バタッ


倫子「し、下山さんっ!!!」

ハモンド「いいから、乗って!」ギュッ

倫子「ぐふっ!」ドンッ


ブルルン キュルルルルルル…

535 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/26 12:26:18.30 lga5tUBjo 1911/2638

車内


倫子「ねえ! いったい、どうして――」

ハモンド「あなたに、会わせたい人がイマス」

倫子「会わせたい人……紅莉栖? もしかして、紅莉栖なのっ!?」

ハモンド「クリス・マキセの安否は、まだワタシたちも確認できていまセン」

倫子「そ、それじゃあ……?」

倫子「(あれ? この人、どうして紅莉栖のこと、知ってるんだ……?)」

ハモンド「これ、受け取ってクダサイ」スッ

倫子「これ……スマホ?」

ハモンド「ロックはかかっていまセン。そこのボタン押して」

倫子「……?」ピッ



Ama紅莉栖『…………』



倫子「え……?」

536 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/26 12:27:11.30 lga5tUBjo 1912/2638


倫子「"紅莉栖"!? ど、どうして米軍が『Amadeus』をっ!?」

ハモンド「ヴィクトル・コンドリアから、兵器転用技術として頂いたものデス」

倫子「な、なにっ!?」

ハモンド「DURPAはAI戦士を作るつもりでしたが、過程でおもしろいものが発見されまシタ」

ハモンド「タイムマシンデス」

倫子「……!?」

ハモンド「そして、ワタシたちは"クリス"がタイムマシンを造れることを知っている。さあ、ミス岡部、ワタシたちに協力してほしい」

ハモンド「ソ連を復活させたロシアのタイムマシン実験を、取り消すために」

倫子「どうしてそれを!? ……そうか、アメリカでリーディングシュタイナーが発現した人たちを集めて――」


Ama紅莉栖『……タイム……マシン……?』


倫子「"紅莉栖"!? "紅莉栖"ぅっ!!」


グラッ


倫子「(――ぐっ!? こ、この気持ち悪さは、また――――――――――――――

537 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/26 12:27:52.49 lga5tUBjo 1913/2638


――――――――――――――――――――――
    2.61507  →  ???????
――――――――――――――――――――――

538 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/26 12:40:25.52 lga5tUBjo 1914/2638



……あれ。

ここは、どこ?


「現実と、ゲームの狭間さ」


お前は……アルパカマン? 500円で買ってきたワゴン品……。


「俺は、お前の一挙手一投足をモニタ越しに見ている。俺だけが、お前の全てを理解している」

「ジキルとハイドのように、お前は、俺から離れられないんだ」

「現実で、正しい行いが報われるとは限らない。しかし、モニタを潜れば事情が変わる」

「どんなに絶望的な状況でも、正しさを胸に、足掻いて、足掻いて、足掻くがいい」

「妥協せずに、常識ではあり得ない、完全無欠な結末を願うがいい」

「全てのものを救おうという希望を、失わずにいるがいい」

539 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/26 12:41:03.97 lga5tUBjo 1915/2638


「子供のように、夜空の星に手を伸ばし続けるがいい」

「そうすれば、きっと――」

「トゥルーエンドが待っているはずだ」


それじゃまるで、私がゲームの登場人物みたいだね。

ゲームの登場人物は、あなたでしょ。


「さてな」

「ほら、さっさと行け。幸運だけは、祈ってやるよ」

「これは別れの言葉だったな。――エル・プサイ・コングルゥ」


どうして、それを――――――――


540 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/26 12:42:18.93 lga5tUBjo 1916/2638


――――――――――――――――――――――
    ???????  →  1.12995
――――――――――――――――――――――

541 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/28 21:36:43.48 IIE/t+FOo 1917/2638

第21章 永劫回帰のパンドラ(♀)

同日2011年1月21日(金)午後6時過ぎ
未来ガジェット研究所


倫子「―――――っ!?」

倫子「(あれ、何か夢を見ていたような……)」

まゆり「……? どうしたの?」キョトン

倫子「まゆり……」ドクン

倫子「まゆりが居る……ここは、ラボだ……」ドクンドクン

まゆり「ええと、そんなに見つめられたら、まゆしぃ恥ずかしいんだけど……」モジモジ

まゆり「でも、オカリンなら、いいよ……」ボソッ

ダル「いやいや、僕たちの居る前でおっぱじめんでくれんかな。娘の教育に悪いお」

倫子「なっ!?!? ダ、ダルが私たちの百合フィールドに対して、そんなそっけない態度を取るなんて、ここは一体どこの世界線なんだ!?!?」ビクッ

ダル「おちけつ」

鈴羽「世界線……? いったい、何の話? ことと次第によっては……」ギロッ

倫子「へっ!? あ、いや……」ビクビク

まゆり「スズさん!」

鈴羽「うっ……睨んで悪かったよ」

ダル「も、もしかしてオカリン、今、世界線を移動してきたん?」

倫子「えっと……ちょっと待って、先に確認したいことが……」

542 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/28 21:38:40.18 IIE/t+FOo 1918/2638



prrrr prrr


Ama紅莉栖『あら岡部。今日もずいぶん寒そうね』

倫子「(やっぱり、"紅莉栖"は私のスマホの中に居た。元の世界線に戻ってきた……?)」

Ama紅莉栖『どうかした? 心ここにあらず、っていう顔してるけど』

Ama紅莉栖『また倒れたりしないでよ。真帆先輩も、すごく心配してたんだから』

倫子「倒れた……あ、ああ。クリスマスパーティーの時、だったね」

倫子「ねえ、"紅莉栖"。プーシン、知ってる?」

Ama紅莉栖『プーシン? "ロシアの大統領"でしょ。……あんた、やっぱりちょっと変よ?』

ダル「プーシンかぁ。目の前でにらまれたらションベンちびる自信あるね」

まゆり「プーシンさんなら知ってるよー。実はワンコが好きなんだって。わんわんっ♪」

倫子「あ、あれ? みんな、『Amadeus』のこと、知ってるの?」

ダル「知ってるも何も、オカリンが紹介してくれたじゃん」

倫子「そ、そうだったんだ。そうだ、まゆりのスマホも見せて」

まゆり「んー? はいっ!」スッ

倫子「(カバーは"赤い"。元に戻ってる……)」

543 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/28 21:41:35.06 IIE/t+FOo 1919/2638


鈴羽「それで、世界線を移動してきたことについて、詳しく」

倫子「う、うん。たぶん、ロシアが実験を行って、ソ連崩壊を阻止してね……」


・・・


ダル「すげーSF超大作だお……」

まゆり「オカリン、つらかったね……がんばったね……」ダキッ

倫子「まゆりぃ……ふぇぇ……」グスッ

倫子「もう、会えないかと思ったよ……あの世界線で、絶望のまま生きていくんだと思ってたよぅ……」ポロポロ

まゆり「まゆしぃはね、ずっとオカリンのそばに居るから」ナデナデ

倫子「(そうだっ、未来視。まゆり、いつも脳を借りてごめんね――)」シュィィィィン

倫子「(あ、あれ? 分岐点が結構近くにあって、遠くの未来が見えない?)」

倫子「(でも、たぶん、前視た世界の流れと同じ気がする。元居た世界線に戻ってきたのがなんとなくわかる)」

倫子「(ともかく、未来視ができることがわかってよかった。分岐点超えたらまた確認しなきゃ)」グシグシ

544 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/28 21:43:12.03 IIE/t+FOo 1920/2638


鈴羽「第3次世界大戦が2010年に始まった。ソ連も、中鉢論文を手に入れて、タイムマシンを完成させた……」

鈴羽「それで、リンリンはどうやって戻ってきたの?」

倫子「わからない……私の身柄のアメリカ送りが決定したんだけど、向こうでは『Amadeus』の"紅莉栖"と一緒に、リーディングシュタイナーも研究されてたみたいで……」

鈴羽「ってことは、『リンリンがアメリカに確保されること』がその世界線の確定事項じゃなかったんだ」

鈴羽「おそらく、過程が大幅に変更された。未来でリンリンは『Amadeus』の"牧瀬紅莉栖"と一緒にタイムマシンを造ったんじゃないかな」

鈴羽「なんとかしてロシアの実験を暴き、それを阻止するDメールをゴリバチョフあたりに送った、とか」

ダル「まあ、その時代だったらメールじゃなくて、1968年から始まったポケベルか、1958年に始まったベルボーイ的な何かかな」

545 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/28 21:44:55.18 IIE/t+FOo 1921/2638


倫子「で、でもそれなら、改変を選択する時点まで私の意識は向こうの世界線に残るはずだよ」

鈴羽「選択の観測問題、だったっけ」

倫子「この世界線へとリーディングシュタイナーで移動してくるのは、そのDメールを送った私にならないとおかしい」

倫子「今まで、未来の私が過去改変したせいでリーディングシュタイナーを発動させたことはないよ」

鈴羽「あるいは、リンリンはただのリーディングシュタイナーモルモットとして実験に使われただけで、実際の過去改変の選択は未来の米軍によるものだったりしてね」

倫子「うっ、それならまあ、ありうるのか……。天王寺さんを抱きしめただけで綯が変化したことも、まゆりが私をかばっただけで世界線が変動したこともあったし……」

ダル「α世界線からβ世界線に移動してきた時もそうっしょ? 要はあれ、未来のSERNに過去改変させないような選択をした、ってわけなんだから」

倫子「未来での過去改変を操作するだけでも、それが世界線の確定事項に刃向う選択なら、世界線は変動するのか……」

546 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/28 21:46:48.22 IIE/t+FOo 1922/2638


鈴羽「他に考えられるとすれば……リンリンの行動は実はまったく関係なかった可能性、とか?」

鈴羽「例えば、牧瀬紅莉栖、橋田至、そして、そっちの世界線のあたしがちょうどそのタイミングでDメールを送った」

鈴羽「ソ連に拉致された3人は、ゴリバチョフにもたらされたDメールを発見して、電話レンジを作り直して打消しDメールを送った」

倫子「そ、そっか。連絡が取れなかっただけで、あいつら、頑張ってたんだ……」ウルッ

鈴羽「当たり前だよ。なんて言ったって、このあたしと父さんなんだからね!」

ダル「お、おう。たとえオカリンと離れ離れになったって、ずっと相棒に決まってんじゃん」

倫子「うん……ありがとう、ふたりとも……」ダキッ

ダル「オウフ……」

鈴羽「ちょ、父さんのほうが接触面積が広い! ずるい!」

まゆり「仲がいいことはいいことなのです」エヘヘヘヘヘ

ダル「(まゆ氏、目が笑ってないな……)」

547 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/28 21:49:45.06 IIE/t+FOo 1923/2638


鈴羽「ねえ、リンリン。第3次世界大戦は、確実にあたしたちの元に忍び寄ってきている」

鈴羽「それだけじゃなく、連中が実験を続ければ、取り返しのつかないほどの世界線変動が起きてしまうかもしれない」

鈴羽「シュタインズゲートへと続く道が、永遠に閉ざされてしまうかもしれない」

鈴羽「今すぐタイムマシンに乗って、2度目の牧瀬紅莉栖救出に向かうべきだよ」

倫子「あっ……」ビクッ

まゆり「そんなっ!」ヒシッ

鈴羽「またいつ椎名まゆりが死んでる世界線へと移動するかもわからない。もう一刻の猶予も無いんだ」

倫子「わ、わかってる……わかってる、けど……」プルプル

ダル「ちょ、タンマタンマ。鈴羽、今オカリンはこっちに来たばっかで精神的に参ってるんだから、もうちょっと落ち着いてからその話しようず」

鈴羽「あっ……ごめん。でも……」

倫子「う、ううん……私こそ、ごめん……」シュン

まゆり「オカリン……」ダキッ

548 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/28 21:50:52.24 IIE/t+FOo 1924/2638


倫子「えっと、こっちの世界線での状況を教えて。私、12月24日以降の記憶が無いから」

ダル「んとね、クリスマスパーティーの時、オカリンとフブキ氏が倒れて――」

倫子「フブキが倒れた?」

まゆり「うん。フブキちゃん、まだね、入院してるんだ……」

倫子「そういう風に再構成されたのか……。でも、もう1か月も経ってるよ?」

まゆり「本人は大丈夫だって言ってるんだけど、ちっとも退院させてもらえないんだって」

鈴羽「これの疑いが晴れないらしいね」スッ

倫子「雑誌……『新型脳炎』? "海外ではすでに100名近くの発症者が見つかっている"……」

549 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/28 21:51:53.95 IIE/t+FOo 1925/2638


―――――

『研究でわかったのは、リーディングシュタイナーは新型脳炎のようなものだった、ということ』

『脳に異常があることで発生する記憶喪失症状……それがリーディングシュタイナー』

『リーディングシュタイナー患者の脳を研究することで、人工的にリーディングシュタイナー脳を作る技術をSERNは開発した』

『実際、世界の技術を独占したSERN内でもうちの大学の研究成果は大いに役立つことになった。ディストピア化のためのリーディングシュタイナー研究にね』

『10%程度の修復力を持った個体が100個体あれば、擬似的に100%近い性能のリーディングシュタイナーを得ることはできなくもない』

―――――

550 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/28 21:54:21.81 IIE/t+FOo 1926/2638


倫子「そうだった、下山とのやりとりで……フブキにも、リーディングシュタイナーが発現していたんだ……」ゾワワッ

倫子「まゆりっ! その、フブキの居る病院って!?」ガシッ

まゆり「え、ええっ!? 御茶ノ水医科大学病院だよぅ!」ユサユサ

倫子「そっか……ここから近い病院でよかった」ホッ

倫子「いや、でも心配だ。1ヶ月以上も検査入院なんて、やっぱり、どこからかリーディングシュタイナーが狙われてるとしか思えない」

倫子「最悪、フブキがモルモットに……っ」グッ

まゆり「フブキちゃんがモルモットさんに?」キョトン

鈴羽「……人体実験されるってことだよ。頭を開けて、電極を刺して、脳に電気を流すんだ」

まゆり「え……じょ、冗談、だよね……?」プルプル

鈴羽「冗談で済めば良いけど、世界線はそれを許してくれないだろうね」

倫子「くそっ……っ! まゆり、今すぐフブキに会いに行こうっ!」ダッ

まゆり「わっ!? 待ってよ、オカリ~ン」トテトテ



鈴羽「…………」

551 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/28 21:56:05.21 IIE/t+FOo 1927/2638

午後8時前
御茶ノ水医科大学病院 A棟10階 共用個室 廊下


倫子「(やばい、面会時間ギリギリだ……)」スタ スタ

由季「フブキちゃん、きっとオカリンさんの顔みたら、元気出してくれますよ」

カエデ「なかなかオカリンさんがお見舞いに来てくれないから寂しがってたんですよ?」

倫子「(この世界線の私は何をやってたんだ!)」スタ スタ

倫子「(今頃フブキは、"書記長病"とかって診断されてたりするのかな……)」ガララッ



共同個室内


フブキ「うぐうっ……はうぅぅっ……」


倫子「泣き声……!? フブキっ!?」ダッ


シャーッ(※カーテンを開ける音)

552 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/28 21:56:52.93 IIE/t+FOo 1928/2638


フブキ「ふぎゅぇっ!?」ウルッ

倫子「泣いてたの!? まさか、記憶が混乱してっ!?」ガシッ

フブキ「オ、オカリンさんっ……///」ドキドキ

カエデ「……フブキちゃん、テレビのドラマ見て、感動してたのね」

倫子「……は?」

フブキ「う、うん。……えへへ」

倫子「…………」

フブキ「…………」ギュッ

倫子「ちょ!? おま、離れろっ!」グイグイ

フブキ「私のこと心配して抱きしめてくれるオカリンさん、チョーカワイイッ!!」ギューッ

カエデ「あらあら」

由季「うふふ」

まゆり「オカリーン……」ジッ

倫子「見てないで助けてってばぁ! うわぁん!」

553 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/28 21:58:54.93 IIE/t+FOo 1929/2638


倫子「それで、具合は?」

フブキ「全然平気! なんで退院できないのか、ほんと分かんないよ」

倫子「(それは実験台として確保するため……なんとかしなくちゃ、でもどうすれば……)」

フブキ「オカリンさんは、その……大丈夫なの?」

倫子「うん。私はこの通りなんともないよ」

フブキ「……そっか。良かったぁ」ウルッ

倫子「ちょ、どうしたの? また嘘泣き?」オロオロ

フブキ「さっきも嘘泣きじゃないけどさ、なんだか、オカリンさんが遠くに行っちゃって、もう会えないような気がしてたから……」グスッ

倫子「(もしかして、ソ連世界線での記憶が……?)」

カエデ「はわわっ、フブキちゃんの好きな人って、オカリンさんだったのねーっ!」

フブキ「は……はぁーっ!?」

カエデ「でも駄目よそれはっ! だって、オカリンさんには好きな人がっ!」クネクネ

まゆり「え、えっ!?」

フブキ「ち、違うってばっ! そりゃオカリンさんと一晩一緒に過ごしたいなーとか考えて夜な夜な……てたけど、マユシィからオカリンさんを奪ったりしないってばっ!」

倫子「おまっ!?」

由季「病院ではお静かにっ!」

554 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/28 22:03:37.63 IIE/t+FOo 1930/2638


倫子「(絶対わざとだろカエデさん……)」ビクビク

フブキ「そうじゃなくて、ちょっとリアルな夢をね。あんまり詳しくは覚えてないんだけど……」

フブキ「私とオカリンさんと由季さんが、怖い人に車に乗せられて、どこかへ連れて行かれる夢を見ちゃったんだ……」ウルッ

カエデ「また、夢なんだね。やっぱり心配だよ」

倫子「……怖かったね。よしよし」ナデナデ

カエデ「オ――――」

倫子「もう何言われても、フブキの心配をするからね、私はっ」ムスッ

フブキ「あ、ありがとう、オカリンさんっ」モジモジ

カエデ「強くなったわね、倫子ちゃん……」

倫子「ちゃん付けはやめてください……」

まゆり「オカリン、大人になったねぇ」ニコニコ

倫子「ごめん、ちょっとフブキと2人きりにさせて。色々聞きたいことがあって」

まゆり「うん、わかってるよ。カエデちゃん、由季さん、行こう?」

カエデ「ふ――――」

由季「ほら、行くよ?」ガシッ

カエデ「むむむ……」ズルズル

555 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/28 22:06:01.61 IIE/t+FOo 1931/2638


倫子「それで、確認なんだけど……沖縄に行く夢じゃなかった?」

フブキ「えっ? た、たぶん、そう」

倫子「雨が降る寒いクリスマスの秋葉原、ラボの前で外国人部隊が乱戦して、そんなところを自衛隊に助けられた」

フブキ「う、うん」

倫子「フブキとまゆりは知り合いじゃなかった。だってあいつは、何年も難病と闘っていて、そして……」

フブキ「……訃報が、届いた。なんでかとっても、悲しかった……」グスッ

倫子「1ヶ月かけて沖縄へ逃げのびて、そこで下山とかいう自衛隊の男と車に乗って、質問攻めにされた」

フブキ「……うん」プルプル

倫子「その世界では、ソ連とアメリカが戦争していた。ロシアじゃなく、ソ連が」

フブキ「……夢の中で、その下山って人が言ってた。オカリンさんも私と同じで、別の世界の記憶を持ってるんだって」

フブキ「ねえ!? 別の世界の記憶って、なんなの……!?」ヒシッ

倫子「(フブキの不安や不満、疑問を解消するためにも、教えておいたほうがいいな……)」

倫子「リーディングシュタイナー。仕組みについて、詳しく説明するとね――――」

556 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/28 22:09:42.60 IIE/t+FOo 1932/2638


・・・

倫子「――ってことなの」

フブキ「どうしてオカリンさんはそれを知ってるんですか?」

倫子「あっ、えっと……アメリカの大学で最先端の研究をしてる、ある天才から教えてもらったの」アセッ

フブキ「そうなんだ。私、どうしてそんな病気みたいな症状を……」

倫子「これには適性のある人と、そうじゃない人が居るらしいんだ」

倫子「(話によると、フブキはα世界線で様々な死に方をしたまゆりの死を、強烈な記憶として脳に刻み込み続けてきた)」

倫子「(親友の死という強烈な記憶だ。リーディングシュタイナーは発動しやすいんだろう)」

倫子「(そのせいで脳がOR物質のバックアップデータをダウンロードしやすくなってしまったのかもしれない)」

倫子「(未来の紅莉栖が言ってた、リーディングシュタイナーの人工的な開発もこういう仕組みなのかな……)」

フブキ「それで私以外にもリーディングシュタイナーの人が詳しく検査されてるんだね……」

倫子「(……それがタイムマシンを兵器化するための人体実験に繋がることだ、ってのは言わないほうが良いよね。余計な不安と疑問を与えるだけ)」

倫子「でもね、これはいわゆる病気じゃない。むしろ、正常に作用する機能が強化されてるだけ、運動神経が高まるのと一緒だよ」

倫子「だから、安心して。ね?」

フブキ「うん……。オカリンさん、ありがとっ」ニコ

557 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/28 22:11:20.84 IIE/t+FOo 1933/2638


フブキ「お医者さんに話したほうがいい?」

倫子「まだ学会じゃ認められてない話らしいんだ(嘘だけど)」

倫子「だから、他の人にもあまり言わないでほしいな」

フブキ「うん、そうだね。私もうまく説明できないし……」

フブキ「でも、じゃあ私はずーっとここに居なきゃいけないんだね。ただのリーディングシュタイナーなのにーっ」ムスーッ

倫子「(そのリーディングシュタイナーのせいで縛られてるんだけどね。フブキを退院させるには、どうすれば……)」

倫子「(このままじゃ、フブキはモルモットに……っ)」グッ




??「……リンリン」コソッ

558 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/28 22:13:26.79 IIE/t+FOo 1934/2638


看護師「面会時間、おしまいですよー」

まゆり「フブキちゃん、今度はゆっくりできるように、早めに来るね」

フブキ「ああん、マユシィ、オカリンさん、行っちゃやだぁ~」ヒシッ

カエデ「ワガママ言っちゃだめでしょ、フブキちゃん?」

フブキ「オカリンさん、私と一緒に寝て~!」ダキッ

倫子「や、やめっ……ひぁっ!? ど、どこ触ってるっ!!」バシッ

フブキ「あぁん、叩かれちゃった~♪」

カエデ「おっぱい、柔らかかった?」

フブキ「マシュマロですぜ、アニキ!」

倫子「お前らぁ……」ゴゴゴ

由季「私も倫子ちゃんに怒られたい……じゃなかった。ほら、もう行きましょ? じゃあね、フブキちゃん」

559 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/28 22:14:08.68 IIE/t+FOo 1935/2638


鈴羽【ちょっと2人だけで話がしたい。連絡を待ってる】

【何かあったの?】倫子

鈴羽【大丈夫だよ、リンリン。おかしなことは起きてない。ただ、直接会って話がしたい】

鈴羽【ラジ館屋上に来て】


倫子「どうしたんだろ、鈴羽……」

由季「橋田さんと喧嘩でもしたんでしょうか、心配です」

カエデ「まさか、オカリンさんに告白する気じゃ!? 禁断の4角関係!?」クネクネ

まゆり「カエデちゃん……」ジッ

560 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/28 22:14:39.01 IIE/t+FOo 1936/2638

ラジ館屋上


鈴羽「それで、中瀬克美の様子はどうだった?」

倫子「ちょうど良かった。私もそのことで鈴羽に相談したかったの」

倫子「たぶん、アメリカかロシアかわからないけど、この世界線でも脳炎患者を狙ってる組織があるのは間違いない」

倫子「そいつらに気付かれず、フブキたちを退院させる方法は――――」

鈴羽「リンリン、よく聞いて」

鈴羽「中瀬克美は犠牲にするべきだ」

倫子「……え?」

561 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/28 22:15:50.07 IIE/t+FOo 1937/2638


鈴羽「今日、病院の中まで尾行させてもらった。そこでリンリンが、中瀬克美にリーディングシュタイナーについて話したことも知ってる」

倫子「なっ!? ど、どうしてそんなことを!?」

鈴羽「リンリンの本音が知りたかったから、かな。あたしが聞いても、嘘を吐かれると思ったから」

倫子「……そんなに私のこと、信頼してなかったんだね」

鈴羽「世界線が変動したんだ。向こうの世界線で、人格が変わってしまった可能性がある」

倫子「そんな――」

鈴羽「実際に今日の夕方、リンリンは突然変わってしまったんだよ!?」

鈴羽「あたしはそれが……怖かったんだ……」グッ

倫子「鈴羽……」

562 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/28 22:16:55.79 IIE/t+FOo 1938/2638


鈴羽「もうリンリンは、あたしの知ってる未来の"リンリン"とは別人だね」

倫子「それって、どういう意味?」

鈴羽「椎名まゆりだけを救えればいい、なんて思っていない。γ世界線を経験したことで、中瀬克美までも救おうとしてる」

倫子「そ、それは、可能ならって話だし、目の前で経験しちゃったら誰だって――」

鈴羽「それだよ! 今のリンリンは、あたしたちとは別の経験の中に生きている」

鈴羽「リンリンはずっと過去改変をしたくないって言い続けてきたのに、向こうでは漆原るかの母親にDメールを送ろうとした」

倫子「だ、だってそれは、ラボも紅莉栖も昔のままでっ!」

鈴羽「牧瀬紅莉栖の生きている世界線をもう一度捨ててここに戻って来たのに、今度は椎名まゆりだけを守ろうとしていない」

倫子「私だって、好きで世界線を移動したわけじゃない! 気付いたら、巻き込まれててっ!」

鈴羽「もう、リンリンが何を考えてるか、あたしにはわからないんだ……」プルプル

倫子「鈴羽……」

鈴羽「あたしは、父さんの研究とリンリンを守るためにここにいる。リンリンをもう一度あの日に連れて行くためにここにいる」

倫子「…………」シュン

鈴羽「シュタインズゲートのためには、中瀬克美がモルモットになろうと、知ったことじゃないんだ」

倫子「っ!? そんな言い方っ!!」

鈴羽「それ以上しゃべるな、岡部倫子ッ!」ガチャッ

倫子「(拳銃を向けた……!?)」ビクッ!!

563 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/28 22:18:22.97 IIE/t+FOo 1939/2638


鈴羽「たとえ中瀬克美が脳を解剖されて無惨な死に方をしたとしても、シュタインズゲートにさえ到達できれば再構成される。そうだろっ!?」

倫子「鈴羽、銃を、下ろして……」プルプル

鈴羽「岡部倫子には、ここでハッキリ宣言してほしい。椎名まゆり以外を守ろうとしないことを」

鈴羽「何かを守るためには何かを捨てなければならない。そのことはリンリンが一番よくわかってるはずだ」

鈴羽「リンリンは戦いの果てに椎名まゆりを選択した。それ以外を切り捨てた。そうだよね?」

倫子「それは……」

鈴羽「中瀬克美と同じ境遇の患者は、未来のモルモットは、世界中に何百人と居る。どうせ全員は助けられない」

鈴羽「動く時は、あたしと一緒に7月28日へ行く時だけだと約束しろ」

鈴羽「いや、もう、そんな時間も無い。取り返しがつかなくなる前に、一緒に過去へ行くんだ」

鈴羽「いつ第3次世界大戦が始まってもおかしくない。何十億もの人間が死んじゃうんだ」

鈴羽「その中には、母さんだって……っ」ギリッ

鈴羽「お願いだよ……」プルプル

倫子「……それでも、私は……」

鈴羽「――このっ、わからずやっ!!」


BANG!!

564 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/28 22:21:05.53 IIE/t+FOo 1940/2638


倫子「っ!」ビクッ!!

倫子「(ホ、ホントに撃った!? あ、ああ……)」チョロロロロ

鈴羽「今のは脅し。次に流れるのは、尿じゃなく、血液だ」ガチャッ

倫子「や、やめ、やめて……だれか、たす、たすけ……」ガクガク

鈴羽「そうやってすぐ誰かに助けを求める。お前は、矛盾だらけだね」ギリッ

鈴羽「もう、"あたしのリンリン"は死んだんだ……」グッ


ガチャッ タッ タッ タッ


ダル「鈴羽っ! オカリンっ! 何やってんだお!?」

倫子「ダ、ダルぅぅっ!!」ヒシッ

鈴羽「父さん……!? どうしてここに……」

565 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/28 22:22:14.51 IIE/t+FOo 1941/2638


ダル「まゆ氏と阿万音氏からメールがあったんだ。オカリンが鈴羽から呼ばれたって言うから、嫌な予感がして、捜してたんだお」

ダル「それから、差出人不明のメールがあった。この場所のマップのURLを送りつけられたんだ」

鈴羽「差出人不明? もしかして、Dメールか?」

ダル「いや、そしたらα世界線に変動しちゃうって。たぶんだけど、そのアドレスからして、阿万音氏の別ケータイだと思うお」

鈴羽「母さんが? なんでそんなことを……」

ダル「つか、鈴羽、その銃はなんなん? どうしてオカリンが怯えてるん?」

倫子「…………」プルプル

ダル「オカリン、ごめんな……。僕が鈴羽を見てなかったせいで……」


   『鈴羽が今後オカリンたちに危害を加えないよう、父親の僕がしっかり監督責任を果たすお』


ダル「なあ、鈴羽。僕たちの約束は、どうなったん?」

鈴羽「……父さんだって、本当は分かってるくせに」ギリッ

566 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/28 22:23:48.70 IIE/t+FOo 1942/2638


鈴羽「このままじゃ、なにもかも終わりなんだっ! シュタインズゲートに到達できない、第3次世界大戦も防げないっ!」

鈴羽「母さんだって、無惨に殺されちゃうんだッ!!」

ダル「だからってさ……オカリンを脅して無理やり過去へ連れて行ったとして、それでうまくいくわけ?」

鈴羽「そ、それは……」

ダル「僕もさ、タイムマシンや世界線のことを研究し始めて、色々わかってきたんだよね」

ダル「オカリンの言う通り、普通のやり方じゃ、何度やっても牧瀬氏の命を救うことなんて出来ないんじゃないかって」

ダル「世界線の因果律が自分の思うままに変えられるんなら、α世界線でまゆ氏の命だって救えたはずっしょ」

鈴羽「じゃあ、どうしたらいいって言うんだ!?」

ダル「どうすべきかを、僕らは研究してるわけっしょ」

ダル「大丈夫、僕に任せとけって。絶対になんとかしてみせる」

ダル「父さんのことも、オカリンのことも、信じてほしいのだぜ。銃、下ろしてくれるな?」

鈴羽「…………」

鈴羽「わかった……」スッ

567 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/28 22:28:31.98 IIE/t+FOo 1943/2638


ダル「ほら、母さん……じゃなかった、由季たん、でもなくて、えっと、阿万音氏から貰った手編みの手袋。ラボに忘れてたのだぜ」スッ

鈴羽「……あたし、どうしていいのか分かんない。分かんなくなっちゃった……」ウルッ

鈴羽「助けて、父さん……助けて……お願い……」グスッ

倫子「……ごめんね、鈴羽。私、乗れない……」プルプル

ダル「当たり前だお。まだ解法は見つかってないんだから、今オカリンが過去へ行っても意味無いって」

ダル「僕を信じて、待っててくれ。絶対に、答えを見つけてみせるから」

鈴羽「うん……うん……っ」ダキッ

倫子「ダルぅ……」ダキッ

ダル「全く、世話の焼ける娘と相棒だお」ナデナデ





ラジ館屋上 鉄扉裏


??「やっぱり……変わったね、おねーちゃん……」



To Daru-the-super-hacker@egweb.ne.jp
From sistersuzuha-daisuki@hardbank.ne.jp
件名:羨ま死
美少女2人に泣きながら抱
き着かれるとか羨ましい!
橋田さんなんてダイエット
コーラの飲み過ぎで死んじ
ゃえー!


ダル「オウフ……」

568 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/28 22:32:09.32 IIE/t+FOo 1944/2638

2010年1月22日土曜日午前中
東京電機大学 大教室


倫子「……はぁ。どうしてこんな日に限って臨時講義が。試験期間の直前だって言うのに」

ダル「前に自慢の車をおじゃんにして、精神的休養が必要だとか言って無駄に休講した日があったじゃん? その埋め合わせで補講日を利用したんだって」

ダル「まぁ、なんでも外国の偉い教授が話してくれるとか自慢してたから、オカリンの気分転換に丁度いいんじゃね?」

倫子「無駄にもったいぶっちゃって。井崎のやつ」ブツブツ


井崎「それじゃ、以前話した特別講師の、レスキネン教授に来てもらいました! どうぞー!」


倫子「レ、レスキネン教授!?」

ダル「うほっ、あの人が」


レスキネン「ハーイ。学生ノミナサン、コニチワー」

井崎「教授は脳科学が専門だ。なので、今日は今までの量子力学基礎から、少し"人間の意志と選択可能性"に踏み込んだ話をしてもらう」

レスキネン「ヨロシクゴザイマス」

真帆「教授、無理して日本語をしゃべらないで、翻訳AIをつけてください!」


コドモ…? チュウガクセイ…?


真帆「助手の比屋定真帆です、よろしく。先に言っときますけど、これでも成人してますので」イラッ


倫子「(真帆ちゃんまで……)」

569 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/28 22:33:47.73 IIE/t+FOo 1945/2638


レスキネン「年の瀬に愛車を失ってしまった悲しきミスター・イザキ♂のために、責任の一旦である私が皆さんに授業をすることになりました」

井崎「そ、それは言わないでくださいぃ……」

真帆「いつでもいたずら心を忘れない教授には敬服します」

レスキネン「私の助手はいつも手厳しいんだ。HAHA!」


倫子「(真帆ちゃんに後で挨拶をしておこう。γ世界線では会わなかったから、私の主観ではもう1ヶ月ぶりだ)」


レスキネン「それでは早速始めようか」

レスキネン「皆さんはすでに重ね合わせ、エヴェレット・ホイーラーの多世界解釈については学んでいるね」

レスキネン「そしてそれについては、アインシュタインでさえも解を出すことができなかった」

レスキネン「今日は量子力学の黎明期に立ち戻って、この時代の哲学を君たちとともにひも解いてみようと思う」

真帆「配布した資料の3ページを開いてください」


倫子「(えっと……カント? ニーチェ? ハイデガー? あれ、ホントに哲学の話だ)」

570 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/28 22:42:49.27 IIE/t+FOo 1946/2638


レスキネン「もし宇宙が収縮の元に決定するならば、人間の意志とはなんなのか」

レスキネン「我々は経験則として、自分の意志で世界が変えられることを知っているね」

レスキネン「だが、波動関数は収束する。多世界解釈ではそれは決定論になりうるし、コペンハーゲン解釈では収束を説明しきれない」

レスキネン「もし世界の過去から未来までが確定しているのならば、私たちの意志は無意味だ」

レスキネン「絶対者の意志も存在せず、神は死んだ。ああ、世界はなんて虚無なんだろうか」

レスキネン「さて、こういった虚無のことを、ニーチェがなんと呼んだか、わかる人は居るかな?」チラッ


倫子「(うわ、目が合っちゃった)」

倫子「……えっと、ニヒリズム、ですか?」


レスキネン「さすがだね。正解したミス電大生に拍手を」


倫子「ちょっ!?」


パチパチパチ …


倫子「……///」カァァ

571 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/28 22:43:40.24 IIE/t+FOo 1947/2638


レスキネン「正確に言えば、積極的ニヒリズムだね。全てが無価値であることを前向きに捉えるべし、と説いた」

レスキネン「彼は著書『悦ばしき知恵』の中で、世界は無限の解釈を包含する可能性を持つ、としている」

レスキネン「つまり、真なる世界、"本質"など存在しない。世界は、すべて遠近法的な相対的認識に過ぎない、ということだね」

レスキネン「この世界構造をどのように表現するか。『ツァラトゥストラはかく語りき』の中で、彼はそれを端的に述べている」

レスキネン「――『永劫回帰』、と」


倫子「永劫回帰……」

572 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/28 22:47:26.58 IIE/t+FOo 1948/2638


レスキネン「命に絶対的な価値などなく、また、世界は永遠に、不可避的に同じことを繰り返す」

レスキネン「時間が無限であり、物質が有限であれば、物理法則からして、いずれ世界は全く同じ経験を繰り返す、と言うんだ」


倫子「(宇宙に始まりはあるが、終わりはない。無限)」

倫子「(星にもまた始まりはあるが、自らの力をもって滅びゆく。有限……)」


レスキネン「だけど、この理屈がおかしいことは、この教室に居る誰もが知ってるね?」

レスキネン「エントロピー増大の法則、あるいはカオス理論、あるいは量子力学の不確定性の問題から、全く同じ経験がもう一度発生することなどあり得ない」

レスキネン「……本当にあり得ない? 誰か、この否定を否定できる材料を持っている人は居るかな?」


ザワザワ …


倫子「(あ、あれ? 周りの視線が私に集まってる……)」

倫子「え、えっと……もし世界が、宇宙が複数存在すれば、否定を否定できるかと」


レスキネン「そう、多元宇宙論、マルチバース理論だね。宇宙の時間進行が1本線でないならば、永劫回帰は否定できなくなる」

レスキネン「実は私たちは、この講義を既に何十億回と繰り返しているのかもしれない」

レスキネン「あるいは、別の宇宙の私たちも同じ講義を受けているのかもしれない」


ザワザワ……

573 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/28 22:48:40.50 IIE/t+FOo 1949/2638


レスキネン「これでは、私たちは一体なんのために生きているのか、という話になってしまうね」

レスキネン「だが、エリアーデの『永劫回帰の思想』によれば、これに似たような信仰は人類に多く存在する」

レスキネン「仏教的には諦観と言えるが、ニーチェはそれらを否定した」

レスキネン「彼は、"世界が何度めぐっても今この瞬間がかくあることを望む"、という強い意志を主張したんだ」

真帆「これが積極的、あるいは能動的と訳される意味ですね。『超人』とも言われます」

真帆「最終的にニヒリズムはナチズムを正当化することとなり、刹那的で、盲動的な暴力行為を煽ることになりました」

レスキネン「以後、ニーチェの論破困難な理論は、顧みられることが無くなってしまった」

574 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/28 22:56:34.35 IIE/t+FOo 1950/2638


レスキネン「ハイデガーは形而上学の本質としてニヒリズムを捉えた」

レスキネン「彼は、人は自己の死という確実な未来を認識することで初めて、時間を根源的に認識するのだと主張したんだったね」

真帆「人間は根源的に時間的存在だ、ということですね」

レスキネン「ここで言うところの時間は、決して数直線的なものでも定量的なものでもない……非常に主観的なものだ」

レスキネン「この時間認識が人間に根源的にあるからこそ、永劫回帰の思想もまた、根源的なものであると言えるわけだ」

レスキネン「認知症の人がまず忘れてしまうのはお金の価値だと良く言われているが、それより先に忘れてしまうのは"時間の感覚"なんだよ」

レスキネン「曜日、年齢、食事すべきタイミング……実は我々の持つ"時間の感覚"というのは、最も非動物的で、社会的かつ文化的だということがわかる」

レスキネン「死への恐怖から時間を認識すると言うなら、時間の感覚を忘れるということは、死への恐怖を和らげるための防衛本能なのかも知れないね」


倫子「(かつてタイムリープの中で時間の感覚が麻痺し、まゆりの死に対する認識が崩壊したことがあった。時間の感覚は、忘れちゃダメだ……)」

575 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/28 22:58:34.96 IIE/t+FOo 1951/2638


レスキネン「一方、アインシュタインは時間および空間の相対性を説き、エネルギーとしての時間E=mc^2を導いている」

レスキネン「量子論における最小時間、プランク時間も、私たちの良く知っている時間だ」

レスキネン「しかし、人間の時間認識は脳内で起こっている現象だし、そしてその認識は脳内の物理的、化学的反応によって発生しているはずだね」

真帆「アインシュタインは、『素敵な異性と一緒に1時間座っていても、1分間くらいにしか感じられない。これが相対性理論だ』とも説明したりしてますね」

レスキネン「"素敵な異性"に限定する必要は無いと思うけどね。"素敵な同性"でも構わないだろう?」

真帆「脱線してますよ、教授」

レスキネン「おっと。それで、君たちは脳の時間と宇宙の時間――両者の"時間"を結び付ける理論がどこかに存在する、とは思わないかな?」


倫子「(……世界線を移動すれば、因果律が再構成される。アトラクタフィールド理論なら、脳の時間認識と世界の時間進行を相対的に……)」ウーン


レスキネン「…………」チラッ

576 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/28 23:03:04.64 IIE/t+FOo 1952/2638


レスキネン「ニーチェもハイデガーも、人間の意志は形而上に実在するとして論じている。これはカント哲学を端に発しているね」

レスキネン「動物的な意志ではなく、人間としての意志……やはりこれは、人が時間を認識できる高度な知的生命体だからこそ持ちえる、と言える」

レスキネン「意志とはすなわち、生への渇望であり、死の自己認識だ。絶望が死に至る病であるようにね」

真帆「キルケゴールですね。元ネタは新約聖書ですが、これはヘーゲルの理性主義を批判したものです」

レスキネン「日本の諺で言えば、『諦めたらそこで試合終了だよ』ということだね」

真帆「違うと思います」

レスキネン「さて、私たちの専攻は脳科学なわけだが、人間には自由意志など存在しない、という実験報告があったりするんだ」


ザワザワ …


レスキネン「脳に電気刺激を与え、腕を動かす実験でね。研究者が意図的に左右の腕を選択したというのに、被験者はそれが自分の意志によるものだと確信していたんだよ」


倫子「(つまり、洗脳されてたとしても、自分の行動は自分の意志によるものだと思ってしまう、ってことか……)」

577 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/28 23:05:42.32 IIE/t+FOo 1953/2638


レスキネン「おそらく、心理学、社会心理学、神学、文化人類学や言語学などの立場からも、純粋な自由意志など存在できない、とする立場のほうが多いんじゃないかな」

レスキネン「もちろん、ここで言っているのは、自分が思ったように手足を動かせるから意志がある、というレベルの話じゃない」

レスキネン「なぜその選択をしたのか。そこにいくら合理的な理由を並べても、すべてを語りつくすことは不可能だろう」

真帆「実存主義では、人が選択を迫られる時、世界がいかに不条理であるかを認識させる、としています」


倫子「(なぜ選択をしたのか……なぜ、まゆりを。どんな説明をしても、言い訳にしかならない……)」


レスキネン「例えば、今日私がお昼にコンビニ弁当ではなくオデンカンを選んだとする。なぜ?」

レスキネン「私がオデンカンが好きだから? なら、どうして私はオデンカンが好きになったのか」

レスキネン「おいしいから? なら、なぜおいしいのか。アミノ酸含有量? または、アメリカには無い風味だから?」

レスキネン「あるいは、財布の事情かも知れないね。もしくは、オデンカンという商品の販売戦略に原因があるのかも」

レスキネン「日本経済? それとも政治? 歴史の必然……ここまで来ると、さすがにバカバカしい!」

真帆「教授!」

レスキネン「Oh! 学生の前だと、つい楽しくなってしまっていけない」ハハ

578 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/28 23:06:46.29 IIE/t+FOo 1954/2638


レスキネン「仮にすべての選択に完全な理屈が存在したなら、それはもはや人間ではなく機械だ」

レスキネン「どんな思考も因果律の制約から逃れることはできないとするなら、世界は究極的に決定論である、という論の補強になってしまうだろうね」

レスキネン「過去から未来は、もしかしたら既に確定しているのかもしれない。我々は決められたサーキットの上をぐるぐると巡り続けているのかもしれない」

レスキネン「そのことに気付いてしまったら……それはきっと、狂気となって我々に降りかかるだろう」


倫子「(……いや、それはOR理論によって否定される。意志によって世界線を変えることはできる……)」


レスキネン「みんな、困った顔をしているね。そう、自由意志の自明性を標榜する私たちにとって、これは困る」

レスキネン「方法としては2つ。"強い意志"を以って永劫回帰を受け入れるか、あるいは、未知の理論を導出するか」

レスキネン「ミス電大生は、どっちが好みかな?」


倫子「ふぇ!? え、えっと……わかりません……」タジッ


レスキネン「…………。少し意地悪な質問をしてしまったね、許してくれたまえ」

レスキネン「すべては、この中に居るかもしれない、未来の研究者の手にかかっている、というわけさ――――」

579 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/28 23:07:57.11 IIE/t+FOo 1955/2638

同日午後
大檜山ビル屋上


倫子「…………」

倫子「(結局、真帆ちゃんには挨拶ができなかった。レスキネン教授の講義が、あまりに衝撃的だったからだ)」

倫子「(永劫回帰――同じ時間を何度も繰り返す。まるで私の世界線漂流そのものじゃないか)」

倫子「(紅莉栖も、フブキも、そして第3次世界大戦も見捨てて、永劫回帰を受け入れる……そんなことが、私にできるのだろうか)」

倫子「(無限に存在する、β世界線の可能性世界線に居る私も、同じように苦しむことが確定しているんだとしたら……)」

倫子「(あるいは、強い意志によって新しい世界線を見つけることが――)」


   『あいつは、自らを神格化してこう名乗ってたらしい――――"鳳凰院凶真"、ってね』


倫子「(……"怪物と闘う者はその過程で自らが怪物と化さぬよう心せよ"、とはよく言ったもんだな)」

倫子「(世界の陰謀と戦い続けた結果がγ世界線だ。γの私はこの私と違って、あんな状況でもまゆりのために戦い続けていたんだから)」



倫子「まゆり……」

580 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/28 23:10:38.30 IIE/t+FOo 1956/2638


まゆり「オ~カ~リンっ。こんなところで寝そべって、風邪引いちゃうよ~?」

倫子「まゆり……。私、どうしたらいいのかな……」

まゆり「どうするって、なにが~?」

倫子「……どうしても守りたいものが2つあって、でも、どっちかを諦めなくちゃならなくて」

倫子「結局、1つを諦めて、もう1つを必死に守ることにしたんだけど」

倫子「そしたら今度は、多くのものを犠牲にしなくちゃならなくなって……」

まゆり「……その、多くのものって言うのは、大切なものなの?」

倫子「ううん、その2つと比べるとね、大切なものじゃないと思う。だけど、他の誰かにとっては大切なもの」

倫子「(そこには数十億もの鼓動の数がある。でも、私にとっては小さな星の瞬きに過ぎない……)」

まゆり「そっか~。難しいお話だねぇ」

倫子「うん……」

581 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/28 23:17:00.11 IIE/t+FOo 1957/2638


まゆり「でもね、まゆしぃはオカリンの人質だから、守ってくれなくていいからね?」

倫子「まゆり……?」

まゆり「わははーって、人体実験の生贄にしてくれるんだよね~っ♪」ダキッ

倫子「ふふっ。またそんな昔の話を……って、まゆり、重い重いっ!」

まゆり「まゆしぃは重くないよー?」ムスッ

倫子「いや、仰向けに寝てる上から抱き着かないでってば!」ジタバタ

まゆり「ね、オカリン。仰向けになったまま、こうやってね、お空に手を伸ばしてみて?」スッ

倫子「……星屑との握手<スターダスト・シェイクハンド>、だね」スッ

まゆり「何がつかめたかな?」

倫子「……うん、つかめたかも」ギュッ

倫子「(……私は本当に大切なものを見失うところだった)」

倫子「(まゆりは私の半身。過去から続く、私の存在証明)」

倫子「(まゆりとの日常を守ろう。私の世界を守ろう)」

倫子「(過去に囚われても、未来を嘆いても、それは必然だったんだ)」

倫子「(――それが私の選択だったんだ)」

倫子「(……フブキ、ごめんね)」ウルッ

倫子「(フブキは救えないかもしれないけど、私がリーディングシュタイナーを科学的に実証すれば、似た境遇の人を減らせるかもしれない)」

倫子「(ヴィクコンに行こう。"紅莉栖"に英語と脳科学を教えてもらおう)」

倫子「(脳科学を研究して、リーディングシュタイナーの濫用を防がないと……!)」

まゆり「ねえ、もうラボに行こうよ。身体冷やしたらダメなんだよ~?」

倫子「うん、わかってる。今行くよ」ニコ

582 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/28 23:17:56.79 IIE/t+FOo 1958/2638

2011年1月23日日曜日 昼間
未来ガジェット研究所


真帆【せっかくの日曜日だし、アキハバラを案内してくれないかしら】

倫子「(突然真帆ちゃんからRINEが入った。そういや前にそんな約束してたっけ)」

真帆【昨日はごめんなさい。教授に引っ張り回されて、ろくに挨拶もできなかった】

倫子「(昨日、挨拶をしそびれたから、一度会ってちゃんと話しておきたいけど……)」

真帆【それで、もうすぐ日本を離れることになったから、それまでにアキハバラを回ってみたくて】

倫子「(もしかして、紅莉栖の最期の場所を見に……?)」


prrrr prrrr ピッ


Ama紅莉栖『それで、どうするの?』

倫子「ふぇっ!? も、もうっ! RINEいじってる時に電話かけてこないでよっ!」ドキドキ

Ama紅莉栖『さすがにそこまではこっちからわかりようがないわよ。というか、真帆先輩の東京観光に付き合ってあげてほしいわけだが』

Ama紅莉栖『あんたの試験勉強を見てあげたのはどこの誰かしら? A評価はもう間違いなしなんだから、ゆっくり羽を伸ばしてきなさいよ』

倫子「わ、わかったよ……」

583 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/28 23:18:46.41 IIE/t+FOo 1959/2638


Ama紅莉栖『よろしいっ』

キラーン

倫子「……あれ? "紅莉栖"、そのスプーン……」

Ama紅莉栖『え? ああ、特に使い道が無いから、この寂しい空間に飾ってるの。って、前にも言ったでしょ?』

倫子「(そっか、この世界線の"私"が"紅莉栖"にクリスマスプレゼントをあげてたんだ……)」


   『できもしない約束を、なぜ誓った?』


倫子「(γ世界線への変動で忘れてたけど、一応、約束は守れてるみたいでよかった)」

倫子「(ちょっと寂しいけど……)」


ppp


倫子「ん? ダルからもRINEが?」

584 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/28 23:19:47.68 IIE/t+FOo 1960/2638

メイクイーン+ニャン2


倫子「(ダルに呼び出されてメイクイーンに来た。せっかくなので萌えの本場に真帆ちゃんを連れてくることにした)」

由季「お帰りニャさいませ、お嬢様♪」

倫子「(この人、もう4回生の1月のはずだけど、就職の話を全く聞かないなぁ。まさか、このままここで……!?)」

倫子「(い、いや、それもダル的にはアリなのか? 鈴羽誕生のための就職、じゃなかった、収束なのか?)」ウーン

真帆「お、お帰りニャさいませ?」

フェイリス「お帰りニャさいませ♪ 凶真――じゃなくてオカリン♪」

ご主人様A「なぬっ!? 鳳凰院凶真ktkr!?」

ご主人様B「倫子たーんっ! お帰りニャさいませぇっ!」

倫子「ええい、うるさいうるさいっ!! その名前で呼ぶなぁっ!! うわぁん!!」

真帆「な、なんなの、ここ……」

フェイリス「ウニャッ!? 凶――オカリンが残念系女の子を連れてるニャ!?」

フェイリス「も、もしかして、2代目鳳凰院凶真の襲名披露式をっ!? みんニャー!! 円卓会議の準備だニャー!!」

倫子「話を聞いてっ!!」

585 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/28 23:21:45.21 IIE/t+FOo 1961/2638


倫子「確かにこの人はサイエンティストではあるけど」

倫子「去年優勝したアメリカの野球チームのレプリカユニフォームの紛い物Tシャツにフリースベストと、サイズの全く合っていないブカブカのパーカー、それに子供向けのデニムスカート……これじゃマッドっていうよりギークだよ」

真帆「総額780円よ。完璧でしょ」ドヤッ

フェイリス「お嬢様、お名前は?」

真帆「比屋定真帆よ」

フェイリス「ひやじょうまほ……というと、沖縄のお嬢様かニャ? "真帆"って名前は沖縄で縁起のいい名前なんだニャ」

真帆「え、ええ。沖縄には伝統的に名前に"真"をつける習慣があるの」

真帆「海を渡るための"帆"が立派である、という意味で、順風満帆な人生を意味しているのだけど」

倫子「へえ、詳しいんだね」

フェイリス「当然ニャ! フェイリスは3世代前の前世で、琉球王国の彼方にある神の世界ニライカナイを守護する精霊だったんだニャ!」

真帆「……えっと?」キョトン

倫子「いや、そんなつぶらな瞳で私を見つめられても……」

586 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/28 23:23:11.69 IIE/t+FOo 1962/2638


倫子「ねえ、フェイリス、由季さん。この人にアキバのイロハを教えてあげてて? 私はちょっとダルと話してくるから」

フェイリス「そういうことなら任せるニャン!」

由季「橋田さんはあっちの席で待ってますニャン♪」

真帆「橋田さん? ……あっ」

倫子「真帆ちゃん? どうしたの?」

真帆「え、いや!? なんでもないわ!?」アセッ

倫子「(あれ、いつものツッコミが無かった?)」

フェイリス「それじゃあ、まほニャン? お席へ案内するニャ♪」

真帆「ま、まほニャン?」

フェイリス「まほグァーのほうが良かったニャン?」

真帆「い、いえ、どっちもよろしくないのだけれど……」

587 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/28 23:24:20.32 IIE/t+FOo 1963/2638


ダル「あっちに居るの、前に学園祭であった合法ロリの真帆たんだっけ? 倫子たん」

倫子「その呼び方は私に効く……」

倫子「(……あれ? ダルに真帆ちゃんのこと、名前まで紹介してたっけ? それに合法って……)」

ダル「つか、ホント女の子にモテるよな、オカリンって」

倫子「う、うるさいな。お前はとっとと由季さんと"らぶchu☆chu!"してよね、心配で身が持たないんだから」プイッ

ダル「オ、オカリン! 本人の居る場で、それはさすがにセクハラだお! 訴えるお!」

倫子「真帆ちゃんみたいなことを言わないでってば。それで、話って何?」

ダル「納得いかねえ……えっと、実はさ、話は2つあって――――」

588 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/28 23:26:52.23 IIE/t+FOo 1964/2638


倫子「まゆりの娘、椎名かがりを探してほしい?」

ダル「あんまり驚かんのな」

倫子「えっと、例のアレだよ。超能力」

ダル「エスパー少年の知り合いのおかげで未来視ができるようになったんだったっけ。でも、万能じゃないんしょ?」

倫子「アトラクタフィールドで共通の事象なら意味があると思うけど、1本の世界線だけの収束事項は視えたところであんまり意味が無いからね……」

倫子「話としては、鈴羽がかがりを探してるから、父親のダルが手伝ってる、ってことか。うん、さすがお父さんだ」

ダル「お、おう。なんだか照れるのだぜ」

ダル「前から聞いては居たんだけどさ、どうも2人で捜すのは限界があって」

ダル「一昨日のあの後さ、鈴羽と色々話し合って、オカリンに話してもいいって言ってくれたから」

倫子「鈴羽の力になれるなら、私は……うん、協力したい」

ダル「㌧。もしその子から未来のことを教えてもらえれば、世界線研究にも役立つと思うし」

ダル「ということでオカリン。それとなくまゆ氏に聞いておいてくれるかな。10年ちょい前、自分と同じくらいの子が会いに来なかったか、とか」

倫子「あの頃、まゆりの友達は全員把握してたから、たぶんそんな子は居なかったと思うけど……」

倫子「私の記憶とこの世界線の過去が違う可能性もあるか。うん、わかった」

589 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/28 23:27:36.13 IIE/t+FOo 1965/2638


倫子「それで、2つ目ってのは?」

ダル「……うん。これ、オカリンに聞いていいもんか迷ったんだけど」

倫子「んん? HENTAI以外だったら聞いていいよ?」

ダル「う、ん……あのさ、牧瀬氏の話しても、もう大丈夫?」

倫子「……大丈夫だよ。メンタルクリニックにはちゃんと通ってるし、薬も飲んでる。かえって気を使われるほうがつらいよ」

ダル「そっか。わかった」ポチポチ ピロリン♪

倫子「(ん、RINE……?)」

ダル【ここからちょっと秘密のバイト先の話になるんだ。だからこれでおk?】

倫子「……誰も盗み聞きしてないと思うけど、必要?」

ダル【阿万音氏やフェイリスたんにも聞かせられない話なんだよねぇ】

倫子「…………」

【わかった。それで?】倫子

ダル【牧瀬氏のノートPCとポータブルハードディスクの暗号のヒントが欲しいんだ】

590 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/28 23:30:59.74 IIE/t+FOo 1966/2638


倫子「く、紅莉栖のっ!?」ガタッ

ダル「しーっ!!」

ダル【バイト先に持ち込まれてさ。クライアントには悪いと思ったけど調べさせてもらったら、元の所有者が牧瀬紅莉栖氏だったわけ】


   『岡部さん、ちょっと聞きたいんだけど、紅莉栖が好きな言葉って、なにか知ってる?』


倫子「(あれ、どうして真帆ちゃんの言葉が……これって、デジャヴ……?)」チラッ


フェイリス「ああっ、まほニャンっ。お口からハチミツが垂れちゃうニャッ」

真帆「はうっ……」

由季「もう、赤ちゃんみたいですニャン」フキフキ

真帆「べ、別にシャツが汚れても気にしないわ! ちょっと、胸を触らないで!」ジタバタ

由季「だめですニャン。女の子なんだから、いつも清潔にしてなきゃ」フキフキ

真帆「別に少し汚れたっていいわよ! 触らないでって言ってるでしょ!」グイッ

由季「ハァ、ハァ……」ドキドキ

フェイリス「まほニャンの"残念な娘"感、なんだかデジャヴ……」チラッ


倫子「……な、なに? なんで私を見るの?」


フェイリス「まほニャン、ちょっと猫の鳴きまねしてみてくれないかニャ? そしたらドリンクをサービスするニャ!」

真帆「へ? ……"meow"」

フェイリス「やっぱり!! ウチでバイトしてみないかニャ! きっと人気者になれると思うニャ! マホリン・ニャンニャンだニャ!」ヒシッ

ご主人様A「残念ロリっ娘属性ktkr!! 本場の発音がかわいすぐる!!」

ご主人様B「半年もの間、全裸待機してきた甲斐があったのだぜ……!」

真帆「お断りします」

591 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/28 23:32:26.04 IIE/t+FOo 1967/2638


ダル【たぶん、中には牧瀬氏の日記とかあるんじゃねーかなって思っててさ。そこから7月28日のこと、詳しくわからないかなって考えてる】

ダル【シュタインズゲートへ辿り着くためのヒントがあるんじゃないかって】

倫子「……ダル、ごめん。パスワード、すぐには思いつかないよ」

ダル「うん、了解。今度でいいお」

倫子「なんか、久しぶりにメイクイーンに来たら、つい一昨日まで戦中の世界線に居たことがすっかり吹き飛んじゃった」

ダル「そのほうがいいお。いつまでも嫌な記憶を引きずってても仕方ないし、早くこの世界線のオカリンに慣れてほしいのだぜ」

倫子「うん。それじゃ、またね。真帆ちゃん、次は電気街に?」

真帆「ええ。電脳の街と呼ばれる所以を肌身に感じてみたいわ。あとちゃん付け」

フェイリス「ニャニャ、まほニャンは電気街としての秋葉原も大好きなタイプかニャ? フェイリスたちの聖域を、たっぷり堪能していってほしいのニャ!」キラキラ

真帆「は、はあ」

592 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/28 23:37:58.83 IIE/t+FOo 1968/2638

秋葉原テレビセンター


真帆「こ、これは……まさに"Paradise"……!」キラキラ

倫子「ああいうパーツとか好きなんだね。意外」

Ama紅莉栖『真帆先輩は、実はああいう人なのよ』

真帆「パーツというか、組み立てる物が好きなのよね。子どもの頃は日本製の"Plastic model"をよく作ったわ」

倫子「ガンバムのやつとか?」

真帆「それのアニメも結構見てたわ。フランクな日本語に触れられる貴重な機会だったし」

倫子「へえ、私と同じだ。今度ガンヴァレルっていうロボットアニメが再来年から放送することが決定したらしいけど、海外で先行放送だっていうから、見たら感想聞かせて」

真帆「ええ、わかったわ」

593 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/28 23:39:19.53 IIE/t+FOo 1969/2638

中央通り


真帆「あ、あそこのゲームセンター……」

倫子「ん? ……それは、クレーンゲーム?」

倫子「(中に入ってるのはギコ猫とかモナーのぬいぐるみだ。もしかして真帆ちゃんも紅莉栖の影響でネラーに……?)」

倫子「……ぬるぽ」

Ama紅莉栖『( ・∀・) ガッ V`Д´)/ ←>>1』

真帆「……えっ?」

Ama紅莉栖『…………///』テレッ

倫子「(こいつ、わざわざAAまで画面に表示させやがった……!)」

倫子「……えっと、そのぬいぐるみ、欲しいの?」

真帆「ええ――実はね、あのぬいぐるみ、アメリカの自宅で紅莉栖がベッドルームに置いていたのよ」

Ama紅莉栖『ちょっ、せ、先輩っ!?』アセッ

真帆「なぜか最初、私に隠していてね――」

594 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/28 23:39:58.40 IIE/t+FOo 1970/2638


―――――
紅莉栖の部屋


紅莉栖『何もない部屋ですけど、ゆっくりしていってください。今、コーヒー持ってきますね』

真帆『ねえ、ベッドの下に突っ込まれてたコレ、可愛いぬいぐるみね。なんのキャラクターなの?』

紅莉栖『え……どぅえええええっ!? な、なんでもないですっ! というか、勝手に人の部屋を詮索しないでくださいぃっ!』

真帆『ご、ごめんなさい。ついあなたのリアクションが見たくなって』

紅莉栖『先輩のいじわる……』

真帆『で、これ、なんのキャラクターなの?』

紅莉栖『そ、そんなことより先輩、コーヒー冷めちゃいますよ!』アセッ

―――――



倫子「("過去視"ってたまに便利だなぁ。なるほどね、そういうこと……)」

595 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/28 23:40:57.42 IIE/t+FOo 1971/2638


真帆「ちょっと挑戦してみるわ」チャリーン

真帆「えと? これ、どうやってプレイすればいいのかしら?」ガチャガチャ

倫子「もしかして初めてなの?」

Ama紅莉栖『真帆先輩はレースゲームしかやらないですもんね』

ウィーン ウィーン

真帆「……よし、できた。あとはアームが降りて勝手に掴んでくれるんでしょう? 簡単なものね」ドヤァ

倫子「(い、いや、その状態だとたぶん……)」

スカッ

真帆「な……なあっ!? なにこれ、アームの力なさすぎでしょ!?」クワッ

倫子「(なんつー顔をしてるの真帆ちゃん……)」

真帆「ぐぬぬ……もう1回、もう1回やるわ!」チャリーン

倫子「完全に店側の陰謀に嵌められてるなぁ……」

596 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/28 23:42:05.00 IIE/t+FOo 1972/2638


真帆「なんで!? どうしてなの!? どうして取れないのっ!?」ウガーッ

倫子「もう、やめといたほうが……」

真帆「黙っていて。私は、そのぬいぐるみを取るのよ」ウゴゴゴ

倫子「でも、その……下着を買うお金も惜しいんでしょ?」

真帆「下着なんて別にいいわ!」

倫子「(なんつーことを!)」

真帆「次こそは取るから! この100円に全てを賭けるっ!」チャリン

・・・

真帆「……むむぅ」ギロッ

倫子「(有り金があと300円になってしまったらしい)」

真帆「レースゲームやってくるわっ!」ズカ ズカ

倫子「ひとつのことを徹底的に突き詰めるのは、この先輩にしてあの後輩ありだったんだね」フフッ

Ama紅莉栖『ね、岡部。先輩の代わりに取ってあげて、ポイントを稼いだらどう?』

倫子「ポイントって……。まあ、確かに真帆ちゃんの助手にしてもらうためには必要か」

倫子「どれ、久しぶりに私もやってみよう」チャリン

597 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/28 23:43:25.29 IIE/t+FOo 1973/2638


倫子「と言って私が取れたらかっこよかったんだけど、そんなうまくいくはずも無く」ハァ

女性店員「お連れの方、ずいぶんとたくさんプレイをしていただきまして……」

倫子「え? あ、はい。結局取れなかったんですけど」

女性店員「少しぬいぐるみの位置を直しましょう。お姉さんも挑戦なさいますよね?」

倫子「(お、お姉さん? ……確かに黒髪くせっ毛で、似てるところもあるけど)」

倫子「はい、お姉さんです。妹のために頑張ります」キリッ

女性店員「これでどうでしょうか? それではがんばってください♪」

倫子「ほとんど穴に落ちかけてる……これなら私でも取れるでしょ」チャリン

ストンッ

倫子「よいしょっと。さて、真帆ちゃんは……まだレースゲームかな?」


女性店員「おめでとうございますッ! 当店のベストレコードですッ!」

倫子「う、うおっ!? 真帆ちゃんがギャラリーに囲まれてる!?」

真帆「…………」スゥーッ

倫子「(無の境地みたいな顔をしてる……ストレス発散できたみたいでよかった)」

598 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/28 23:44:11.60 IIE/t+FOo 1974/2638


倫子「優勝おめでとう。はいこれ、プレゼント」

真帆「え? これ……いいの?」

倫子「うん。もちろん」ニコ

真帆「ありがとう……」ギュッ

倫子「(こんな顔、初めて見るなぁ。幸せそうに抱きしめて、そんなに欲しかったんだ)」

真帆「紅莉栖が、その……死んじゃったあとね、お母さんから形見を色々ともらったわ。けど、これはお母さん、自分のベッドルームに飾っていたのよ」

倫子「娘の形見……だったんだね」

真帆「だけど、紅莉栖の実家がね、ああいうことになって。……このぬいぐるみもたぶん燃えてしまったと思うの」

倫子「あっ……」

Ama紅莉栖『先輩……』

真帆「だから、アメリカのお母さんにプレゼントしていい?」

倫子「もちろん。喜んでもらえるなら、それが一番いいよ」

真帆「ありがとう」ニコ

倫子「真帆ちゃん……」ドキッ

真帆「真帆ちゃん言うなっ」

599 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/28 23:45:22.07 IIE/t+FOo 1975/2638


倫子「それじゃ、次はどこ行こっか」

真帆「……"紅莉栖"、悪いのだけれど、しばらく岡部さんとふたりきりにしてくれる?」

Ama紅莉栖『先輩……ついに自分の気持ちに素直になることにしたんですね……!』

倫子「またこのパターンか……」ハァ

真帆「まったくこの子は……」ハァ

Ama紅莉栖『頑張って! それじゃあ!』プツッ

真帆「それで、行きたい場所なら、もうひとつあるのだけれど」

倫子「……どこ?」

真帆「あそこよ。分かるでしょう?」

倫子「……ラジオ会館、だよね」

真帆「お願い、連れて行って」

倫子「…………」

600 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/28 23:46:04.00 IIE/t+FOo 1976/2638

ラジオ会館8階 従業員通路


倫子「(屋上には何度も来てるけど、ここに来るのはあの日以来だ……)」ゾワッ

真帆「平気? あなたは無理に来なくてもいいわ。ここにいて?」

倫子「(真帆ちゃんだってつらいはずなのに……)」

倫子「ううん。一緒に行くよ。その代わり……」

真帆「……ああ、はいはい。手を握っていれば少しは落ち着くんだったわね」ギュッ

倫子「ごめんね……」

601 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/28 23:46:41.69 IIE/t+FOo 1977/2638

倉庫


倫子「(ここに紅莉栖は血まみれで倒れていたはずなのに、跡形も無く普通の倉庫になっている)」

真帆「もどかしいわね。ここで紅莉栖が倒れていたというのに、今の私には何も手が出せない」

真帆「なぜ空間はこんなにも容易に移動できるのに、時間は不可能なのかしら」

倫子「(……不可能、とは言い切れないんだよ、真帆ちゃん。今だって、私たちの頭上には――)」

真帆「そういえば、あなた、この間、"Amadeus"に面白い質問をしたわよね。タイムマシンは作れるかどうかって」

倫子「う、うん……」

真帆「ぜひ研究してみて欲しいわ。真っ先に私が有人テストに名乗り出るから」

倫子「(……本当のことを言ったら、真帆ちゃん、怒るかな。どうして紅莉栖を助けに行かないのか、って)」

倫子「(それとも、私の代わりに過去へ行くって言い出すのかな……)」

602 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/28 23:47:52.62 IIE/t+FOo 1978/2638


倫子「(ここで章一が紅莉栖から奪った論文――『中鉢論文』が第3次世界大戦のきっかけとなった)」

倫子「(ロシアの特殊部隊に焼かれた紅莉栖の実家……それを捜査したニセのFBI……脳科学研に来たニセの地元警察と日本の刑事……)」

倫子「(それに、カトーとかいう襲撃者もきっと、世界大戦へ向けた諜報戦、タイムマシン争奪のために……ん?)」

倫子「(ま、待って……どうしてそれらの行為がタイムマシンと繋がるの? だって、論文は今ロシアの研究所にあるはず……いや、そうじゃない……)」プルプル


   『紅莉栖が、その……死んじゃったあとね、お母さんから形見を色々ともらったわ』

   『クライアントには悪いと思ったけど調べさせてもらったらさ、元の所有者が牧瀬紅莉栖氏だったわけ』


倫子「――――あっ!!」

真帆「ど、どうしたの? やっぱり気分悪い?」

倫子「い、いや、そのっ……」プルプル

倫子「(そうだ、そうだよ……どうしてこんな簡単なことに気付かなかったんだ……!)」ガクガク

倫子「(――紅莉栖は"あの論文"をどうやって作成した?)」ゾワワッ

603 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/28 23:50:31.72 IIE/t+FOo 1979/2638


倫子「(まさかダルが言ってたクライアントが、真帆ちゃんだったなんて!)」

倫子「(そうか、真帆ちゃんが私に接触してきたのは、そのパスワードを解析するためのヒントを手に入れるために……っ!)」

倫子「ま、真帆ちゃんっ! 危険だよっ! 今すぐ――」

真帆「えっと、はい?」

倫子「(……だ、ダメだ。タイムマシン論文が入ったPCが世界から狙われてるから危ない、なんて、言ったところで信じて貰えるわけがない……っ!)」グッ

倫子「(そ、そうだ! ダルだ!)」

倫子「(今アレを持ってるのはダルなんだから、ダルにデータを、ううん、本体ごと木っ端みじんに破壊してもらえれば、真帆ちゃんがまた狙われることはない!)」

倫子「ごめん、ちょっと用事が出来た。悪いけど、今日はこれで。秋葉原駅は目の前だから分かるよね? それじゃっ!」ダッ

真帆「ええ!? ちょっと、どういうことか説明してっ!」



ラジオ会館外


倫子「…………」ハァ ハァ

倫子「(ダルのバイト先の場所、わかんないーっ!?)」ガーン

604 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/28 23:51:24.47 IIE/t+FOo 1980/2638

夜10時頃
秋葉原裏通り コスプレメディア@秋葉原店♪


『営業中だヨ! お気軽にどうぞ』

真帆「(ここで間違い……ないのよね?)」


ガチャ


真帆「(各種セーラー服、スクール水着、ネコ耳……なに、ここ……)」

ダル「おお、真帆たん。こっちこっち」

真帆「その"真帆たん"というの、やめてくれないかしら」

ダル「そうだよね、僕も最近似合わないと思い始めてたんだ――」

ダル「"まほニャン"のほうが絶対似合うし! フェイリスたんの"まほニャン"を聞いて今日確信した!」

ダル「それなら衣装はコレが似合うと思うんだよね! パンツじゃないから恥ずかしくないもん!」バッ

真帆「……ヘンタイ……」

ダル「我々の業界ではご褒美ですっ!」ハァハァ

真帆「いい加減にしないと、前頭葉をかっさばいて刺身にするわよ……」ゴゴゴ

ダル「正直すまんかった。まあ、こっち入って適当に座って」ガチャッ

605 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/28 23:52:22.05 IIE/t+FOo 1981/2638

Staff Only (ダルの隠れ家)


真帆「どこに座れと……少しは片付けたらどうなの」ハァ

ダル「いーのいーの。んで、オカリンはちゃんと置いてきた?」

真帆「オカリン? ああ、岡部さんのことね。大丈夫、ラジオ会館までは一緒だったけど」

ダル「オカリンにはさ、あんまり危ないこと、やってほしくないんだよね」

真帆「それで、結果は?」

ダル「前にも言ったけど、セキュリティが強固すぐる。さすが僕たちの作った暗号化ソフトだお」

真帆「いばらないで」


『ご主人様、お電話でぇ~す! ご主人様、お電話でぇ~す!』


真帆「な、何!?」ビクッ!!

ダル「インターフォンの呼び出し音だお。もしもし?」ガチャッ

ダル「……ん? んお? んあ? 了解、そのまま様子見てて」ガチャッ

ダル「監視カメラモニターは、っと……お、ホントにオカリンが来たっぽ」

真帆「嘘!? なんで岡部さんがここに!?」

606 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/28 23:53:07.32 IIE/t+FOo 1982/2638


ダル「オカリン、ついにコスプレに目覚めたか……まゆ氏のために、ひと肌脱ぐんだな……」ホロリ

真帆「た、たしかにコスプレしたら一躍人気になりそうだけれども!」

ダル「このまほニャン、ノリノリである」

真帆「だからまほニャン言うなっ!」

真帆「……ねえ、岡部さんの様子、おかしくない?」

ダル「んお? あ、ホントだ。なんだかフラフラして……あっ!? 倒れたっ!?」

真帆「え、ええっ!? どうしましょう!?」

ダル「んもう、助けるしかないっしょ! 真帆氏、廊下の突き当りに給湯室があるから、水と濡れタオル持ってきて!」ガチャッ

真帆「わ、わかったわ!」

607 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/28 23:54:04.56 IIE/t+FOo 1983/2638


・・・

倫子「ん……ここは……」クターッ

真帆「め、目が覚めたかしら」ドキドキ

倫子「あ、真帆ちゃ……えっ!? ど、どうして真帆ちゃんが膝枕を!?」ドキドキ

真帆「こ、この部屋が狭いから仕方なくよ! あと真帆ちゃん言うなぁっ!」ドキドキ

ダル「ん~、眼福ですなぁ」ホクホク

真帆「それよりあなた、どうして倒れたの!?」アセッ

倫子「……捜し回ったんだよ、ダルのバイト先を」

ダル「マ、マジで?」

608 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/28 23:54:59.37 IIE/t+FOo 1984/2638


倫子「私は秋葉原中を走り回った。日中から今まで、6時間以上」

ダル「うわぁ……」

倫子「電大のみんなや、電気店の知り合い、メイクイーンのご主人様たちにも聞いて、いくつもあるお前の隠れ家を手あたり次第に突撃したんだよ……」ハァ

ダル「僕の隠れ家を知ってる数少ない人間も、僕とオカリンの関係は知ってるから、オカリンに聞かれたら答えちゃうか」

倫子「っていうか、昼間からずっと電話してるのに出ないなんて、ひどいよ……」ウルッ

ダル「うぐっ、この罪悪感である……」

倫子「今すぐ紅莉栖のノートPCとHDDを破棄して。早くっ!」

真帆「ど、どうして?」

倫子「……あなたには関係ないよ、ずっとダルのことを隠してた比屋定真帆さん」プイッ

真帆「うぐっ、この罪悪感……」

609 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/28 23:55:57.70 IIE/t+FOo 1985/2638


真帆「というか、どうして私たちのことに気付いたの?」

倫子「簡単だよ。真帆ちゃんは"ダル"の話を聞いて"橋田さん"と言った」

ダル「なんだよ、真帆氏のせいじゃん」

倫子「ダルは真帆ちゃんを見て"合法ロリ"と言った」

ダル「うぐっ、失敗したお……」

倫子「どっちも初対面でわかるはずのない情報だよ」

真帆「あなたに隠れてやり取りしてたのは謝るわ。でも、これはあなたに関係ないことよ」

倫子「関係なくないっ!! あなただって、先月襲われたでしょ!?」ウルッ

真帆「っ……」

倫子「私たち、命が狙われててもおかしくないんだよっ!?」ポロポロ

ダル「あぅ……」

610 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/28 23:56:44.83 IIE/t+FOo 1986/2638


真帆「……あなたが私たちのことを思ってくれてるのはわかる。でも、私は科学者として真実に辿り着く努力をやめたくないのよ」

真帆「紅莉栖だって同じことを言うと思うわ。たとえそこに、どんな危険が潜んでいるとしてもね」

倫子「でもっ、でもぉっ!!」ヒシッ

真帆「(うっ、かわいい……)」ドキッ

ダル「しゃあないなー。ちゃんと話したほうがいいんじゃね、オカリン」

倫子「ダルっ! 真帆ちゃんを巻き込めって言うのっ!?」

ダル「中途半端に関わってるほうがかえってアブナくね?」

倫子「そ、それは……」

真帆「もしあなたが私に隠してることがあるなら、教えてほしい。そしたら、私も隠し事はやめるわ」

倫子「…………」グッ

611 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/28 23:58:04.15 IIE/t+FOo 1987/2638


倫子「(いや、真帆ちゃんに真相を話す前にまず未来視だ。真帆ちゃんとダルが安全で居られるのかどうか)」

倫子「(たぶん、今が分岐点のような気がする。勘というか、なんとなくそれがわかる)」


prrrr prrrr


倫子「(く、"紅莉栖"?)」ドクン

倫子「(あ、あれ!? 何、この動悸は……走り回って疲れたからかな……)」ドクンドクン

倫子「(いや、この感じは違う……まさか、エレファントマウス!?)」ドクンドクンドクン

倫子「(……丁度いい。これを利用して、真帆ちゃんの脳の、できるだけ遠くの未来を――――)」


――シュィィィィィィィィィィィィィィン!!

612 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/29 00:00:38.06 QDCPWRsBo 1988/2638


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
――――――――――――――――――――――
―――――――――――
――――
――




倫子「もしもし? どうしたの、"紅莉栖"」

真帆「どうかしたの?」

Ama紅莉栖『真帆先輩っ! スマホの電源、切れてますよ!』

真帆「あ、ホント。ごめんなさい。それで?」

Ama紅莉栖『レスキネン教授からたった今聞いたんですが、和光市のオフィスが何者かに荒らされたって』

真帆「えっ?」

Ama紅莉栖『あと、真帆先輩の宿泊しているホテルからも連絡が来て、そっちも誰かに侵入されたみたいです』

真帆「なんですって!?」

倫子「(きっと奴らだ……。真帆ちゃんの持ってるノートPCとHDDを狙いに……)」グッ

倫子「"紅莉栖"、真帆ちゃんのことは私たちが守るから」

Ama紅莉栖『……ええ、お願い』ピッ

613 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/29 00:01:10.22 QDCPWRsBo 1989/2638


真帆「…………」ギリッ

倫子「懸念していたことが現実になったね……場所を変えたほうがいいかもしれない」

ダル「ここは安全だと思うけど」

倫子「私、ずっと秋葉原を走り回ってたから、目立ったかもしれない。敵に尾行されてたかも」

ダル「……わかったお」

倫子「ノートPCとHDDを持って、急いでここを出よう」

ダル「…………」コクッ

真帆「…………」コクッ

614 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/29 00:01:43.02 QDCPWRsBo 1990/2638

秋葉原 裏通り


黒いスーツの男A「"…………"」

黒いスーツの男B「"…………"」フルフル

黒いスーツの男C「"…………"」フルフル



物陰


倫子「間一髪、だったね……」ハァ ハァ

真帆「こんなの、まるで……映画の世界だわ。とても現実とは思えない……」プルプル

ダル「どうやってあの店の情報を……。オカリンの跡をマジでつけてたんかな」

倫子「ごめん、私のせいで……」ウルッ

ダル「あ、いや! そうじゃなくて、あうぅ……」

真帆「元はと言えば、こそこそやってた私たちのせいね。本当にごめんなさい」シュン

ダル「もうっ、こういう雰囲気、イクない!」

615 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/29 00:02:12.43 QDCPWRsBo 1991/2638


ダル「そんなことより、これからどうするん?」

真帆「そうだっ、教授に連絡しないと」ピッ

倫子「待って。レスキネン教授と合流すれば、教授も巻き込んでしまうしれない」

真帆「あっ……」

倫子「今日はどこかに身を隠そう。一旦、やつらの追跡を撒くのが優先だよ」

真帆「あなた、すごいわね……一瞬でそういう判断ができるなんて」

倫子「……慣れてるから、かな。あるいは、鍛えられたから、かも」

真帆「……?」

ダル「で、もう僕の隠れ家は使えないわけだが」

倫子「こういう時に頼れるのは、やっぱり秋葉原の大地主の家だね」

616 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/29 00:05:03.96 QDCPWRsBo 1992/2638

秋葉原タイムズタワー 秋葉邸


フェイリス「オッケーニャン♪」

真帆「こんなにすんなりと……本当にいいんですか?」

フェイリス「妹ちゃんができたみたいで嬉しいニャン♪ それに、まほニャンとはもっとおしゃべりしたいと思ってたんだニャン!」

真帆「いもっ……」プルプル

倫子「(もしかして本気でメイクイーンで働かせようと思ってるのかな?)」

ダル「例のブツはここに置いていくから。僕は鈴羽が心配だから、ラボに戻るお」

倫子「いや、待って。まだダルのタイムマシン研究がバレたわけじゃない」ヒソヒソ

ダル「お、おう。まあ、確かに」

倫子「だから、鈴羽も呼んで、みんなでここで一晩明かそう」

ダル「え? オカリン、鈴羽呼んで大丈夫なん? 一昨日、あんなことがあってから、まだ仲直りしてないんしょ?」

倫子「紅莉栖のノートPCとHDDがここにある以上、少しでも守りは固めたい。顔を合わせにくいとか言ってる場合じゃないよ」

フェイリス「スズニャンも来てくれるニャ!? ニャフフ~、スズニャン用のメイド服が光ってうなるニャ!」

ダル「なにィ! メイド服が鈴羽用のものもあるのか!?」

倫子「やめろやめろ!」

617 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/29 00:06:29.53 QDCPWRsBo 1993/2638

寝室


真帆「それで、私と岡部さんは寝室。橋田さんと、その妹さんの鈴羽さんは客室へ……これは、私に話の続きをしてくれるということかしら?」

倫子「うん。……このノートPCは、パンドラの箱なんだ。存在するだけで災いをもたらす」

倫子「(自分で言っておいて厨二臭いな……いや、でも真面目な話だ)」

真帆「またそれ。これは紅莉栖の形見でもあるのよ? おいそれと捨てるわけには行かないわ」

真帆「ねえ、隠していることがあるなら、私に言って」

倫子「……あなたを、巻き込めないよ」

真帆「話にならないわね。……もしかして、紅莉栖の事件について?」

倫子「っ……」ドクン


   『……死にたく……ないよ……こんな……終わり……イヤ……』

   『たす……けて……』


倫子「はぁっ……はぁっ……」ガクッ

真帆「ちょ、岡部さん!?」ガシッ

倫子「ご、ごめん、薬飲んでから、少し横にならせて……」ハァ ハァ

618 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/29 00:07:18.80 QDCPWRsBo 1994/2638


真帆「落ち着いた?」ギュッ

倫子「何度もごめんね……」

真帆「ねえ、無理は言わないわ。言えることだけ、教えて欲しい」

倫子「……ジョン・タイターって知ってる?」

真帆「ジョン? いえ、知らないわ」

倫子「ネットで調べてみて」

真帆「え、ええ……"真帆"、調べてくれる?」

Ama真帆『えっと、2000年にアメリカの大手掲示板に現れた自称未来人ね。2036年から来たって言う』

真帆「未来人……」

倫子「"彼女"は、2015年には第3次世界大戦が起こることを予言してる」

真帆「"彼女"……? "ジョン"なのに?」

倫子「勿論偽名だよ。私は、彼女からその話を直接聞いた」

真帆「へえ、タイムトラベルが実現できるのね。すばらしいわ」

真帆「馬鹿にしているの?」ギロッ

倫子「っ……」ウルッ

真帆「(かわいいけどこの罪悪感……)」ハァ

619 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/29 00:08:11.38 QDCPWRsBo 1995/2638


倫子「中鉢論文、中鉢博士のことは知ってるよね」

真帆「ええ、ATFの井崎セミナーでも扱ってたわね。疑似科学の最たるものとして」

倫子「ドクター中鉢は、牧瀬章一は、紅莉栖の父親だよ」

真帆「えっ!?」

倫子「中鉢論文は、公にされてるのは偽造の劣化版。ホンモノは、紅莉栖が書いたもの」

真帆「なっ……!」

真帆「つ、つまり、あなたは、紅莉栖がタイムマシン論文を書いて、それが2036年には実現してると言いたいの!?」

倫子「そして、それを手に入れたがっている連中が居る」

真帆「でも、このノートPCの中は、誰も見ることができない。あなたが言うタイムマシン論文が入っているとは限らないわよ?」

倫子「中身はもう関係ないんだよ。あるかもしれないっていう可能性だけで、戦争の火種になり得るの」

倫子「紅莉栖だって、そんなの、望んでない……っ」グッ

真帆「ちょ、ちょっと待って……少し、整理させて……」

620 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/29 00:11:41.29 QDCPWRsBo 1996/2638


真帆「私の予想していたのとあまりにもかけ離れているわ」ハァ

倫子「予想って?」

真帆「……『Amadeus』の軍事転用よ。おそらく、FBIを騙ったのは国防総省の軍人だしね」

真帆「たとえば、百戦錬磨のパイロットから記憶データをコピーして、無人戦闘機の制御に使う――とかね」

倫子「む、無人戦闘機って、由季さんの……」ゴクリ

真帆「あとは"恐怖を感じない兵士"を作る、とか」

倫子「その証拠が紅莉栖のノートPCの中に隠されてるって考えてたんだ」

倫子「いや、あるいは、米軍がそれも狙って……?」

真帆「『Amadeus』を米軍に奪われるなんてことはさせないわよ。そのための防壁もいくつか用意してある」

倫子「そ、そうだよね。あれはγ世界線の話だし……」

真帆「……?」


ギャーギャー ワーワー


真帆「あれ? 隣の部屋がにぎやかね」

倫子「もうっ、何してんの」

621 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/29 00:13:23.24 QDCPWRsBo 1997/2638

客室


フェイリス「スズニャン、似合うニャァ! おさげを垂らすとメイドさんっぽさがアップニャ!」キラキラ

鈴羽「へ、変じゃない……?」モジモジ

ダル「全然変じゃないお! むしろ完璧通り越してグレイテストだお! レベル高杉ィ!」パシャパシャ

鈴羽「父さんは身内びいきでしょ、もうっ」テレッ

フェイリス「やっぱりスズニャンも普通の女の子だったんだニャ♪」

鈴羽「こんなことしてる場合じゃないのに。こんな服装じゃ、いざと言う時立ち回れないよ」

フェイリス「憧れ……誰でも、女の子ならば持っているもの。それに素直になっても、いいでしょ?」ウルウル

鈴羽「う……」

ダル「メイド服でCQCを駆使し悪の組織と戦う未来っ娘……むはー! なんだそれ萌えるだろふざくんなぁー!」パシャパシャ



倫子「(あ、あの鈴羽がノリノリでオシャレを楽しんでるっ!?)」コソッ

真帆「……?」

622 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/29 00:16:23.61 QDCPWRsBo 1998/2638


フェイリス「次は『電光石火シャ・ノワール』のコスプレに挑戦してみるニャ? と言っても、フェイリスが夢で見たオリジナルコスなんだけどニャ」

ダル「まゆ氏が一晩でやってくれますた。ま、昔作ったコードジアースのゼロサムコスを改造しただけらしいけど、まゆ氏は神」

鈴羽「どれどれ……下はスパッツか。これなら動きやすそうだね。着替えてみる」

ダル「鈴羽の生お着替え……っ!!!!!」グッ

フェイリス「パーテーションの中をのぞいたらダメニャぞ~?」ニャフフ

鈴羽「頭部も保護できそうだけど、バイザーは邪魔かな。それに、ちょっと胸が苦しいかも」

フェイリス「ニャニャ? もしかして、半年前に測った時より大きくなったかニャ?」

ダル「お、お、お、お、大きくなった!? これは大事件だお! 富士山がチョモランマでエベレストだろ常考!」

フェイリス「ダルニャン興奮しすぎニャ、スズニャンはまだ北アルプスニャ」

ダル「つ、つまり、まだまだ無限の可能性を秘めていると……ゴクリ」

鈴羽「ちょっと、やめてよフェイリス」

フェイリス「ここではフェイリスのことをボスと呼ぶニャ! スズニャンのコードネームは、イニシャルのSをとって『シエラ』ニャ!」ビシィ!

鈴羽「NATOフォネティックコードか……。オーキードーキー、ボス!」



倫子「(いやまあ、オシャレというよりコスプレだね……完全にコッチ側の趣味に引き込まれてるな……)」コソッ

真帆「…………」ポカン

623 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/29 00:17:36.11 QDCPWRsBo 1999/2638


ダル「む、胸が苦しかったらジッパーを下げていいんだお、鈴羽!」ハァハァ

鈴羽「実の娘に欲情するとか……」ハァ

フェイリス「それはできないのニャ、ダルニャン。もしもシエラのジッパーを下ろしたら、その胸に封印されたパンドラが解き放たれ、世界が闇に支配されてしまうニャ……」

鈴羽「まあでも、こういう服着てると、ちょっと懐かしくなるよ。あとはコルトM4カービンでもあれば文句なしかな」


倫子「(米軍のアサルトカービンか……)」コソッ


フェイリス「これで米軍やロシア兵が攻めてきてもバッチリ撃退できるニャン♪」

鈴羽「お気楽すぎるよ、ボス」

フェイリス「上官の言う事に逆らう気かニャ? そんな悪い子猫ちゃんはぁ……こうしてやるのニャ! こちょこちょこちょーっ!」

鈴羽「ちょ、や、やめ、あひ、ひ、ひやぁぁ! あは、あははっ!」ジタバタ

フェイリス「自分に素直になるのニャーっ!」コチョコチョ

ダル「はぁ……はぁ……正直、たまりません……」



倫子「まったく、何やってるんだか」フフッ

真帆「岡部さん、覗き見はよくないわよ」

倫子「うおふっ!! い、居たなら言ってよ!!」ビクッ

鈴羽「えっ? あ、ああっ!?///」

624 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/29 00:18:23.64 QDCPWRsBo 2000/2638


・・・

ダル「あう、せっかくなのに着替えちゃったか」ガックシ

鈴羽「もう、居るなら居るって言ってよ!」

倫子「い、いや、その……どうしたの、鈴羽?」

フェイリス「一昨日オカリンがスズニャンと喧嘩したって聞いたニャ。だからこうやってフェイリスがふたりの仲直りを買って出たわけニャ」ヒソヒソ

倫子「あ、ああ、なるほどね……うん、ありがと」

鈴羽「そ、その……リンリンはどう思った? やっぱり変、だよね……」

倫子「ううん、そんなこと! 鈴羽は世界一かわいいよ」ニコ

鈴羽「ぐっ!?」カァァ

ダル「おお、効いてる効いてる」ニヤニヤ

鈴羽「もうっ! こんなことやってないで、シュタインズゲートへと到達する方法を研究してよ!」

真帆「シュタインズゲート?」

倫子「あ、いや! えっと、アニメのネタだよ、アハハ」アセッ

625 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/29 00:18:59.77 QDCPWRsBo 2001/2638


ダル「それで、鈴羽。オカリンに言いたいこと、あるんしょ?」

鈴羽「うん……あの、リンリン。昨日はごめん」

倫子「う、うん」

鈴羽「昨日、あたしはよく分からなくなったって言った。自分が何をすべきなのか、何をすればみんなが幸せになれるのか。確かに今、すごく迷ってる」

鈴羽「けど、あたしはもがいてみるよ。だから――リンリンもお願い。もっともっと考えてみてほしい」

倫子「うん……」

鈴羽「それで出した結論なら、もうあたしは何も言わないから」

鈴羽「大好きなリンリンを信じて、それに従うだけだよ」

倫子「わかった……」

ダル「(タイムリミットまであと半年ってところか……こればっかりはどうしても気持ちが急いちゃうよなぁ)」ハァ

626 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/29 00:20:55.40 QDCPWRsBo 2002/2638


フェイリス「そんなことより、黒木にシャンパンを用意させたから、今日はみんなで朝まで呑むニャ!」

倫子「ちょ!? 私、未成年!」

フェイリス「ニャフフ……ここは日本国の法律が通じない、治外法権フェイリス王国なのニャ♪」

フェイリス「それに、いつ黒服の外国人に襲われるかわからないから朝まで起きてないといけないニャ?」

倫子「それはそうだけど、それこそ飲まないほうがいいんじゃ……」

鈴羽「あたしは酒を飲んでも酔わないように訓練してあるから大丈夫。父さんは今年で20歳だし、えっと、比屋定さん? が飲まないなら大丈夫じゃないかな」

真帆「……私、成人してるんですけど」イラッ

鈴羽「えっ」

ダル「つーか、僕が未成年の娘に酒を飲ませるわけないじゃん! いくらフェイリスたんでもそれはダメだお!」

フェイリス「さすがお父さんだニャ♪ やっぱり橋田一家を見てると、心が温かくなるニャァ~♪」

真帆「お父さん? お兄さんじゃなくて?」

倫子「いや、えっと、言動が父親っぽいからそう呼んでるんだよ、あはは」

真帆「……?」

627 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/29 00:21:36.57 QDCPWRsBo 2003/2638


鈴羽「ボスはさ、家族が居なくてつらい?」

ダル「ちょ、鈴羽!」

鈴羽「えっ? あっ、ごめん」

フェイリス「結構直球で聞くのニャン。でも、そんなスズニャンは嫌いじゃないニャン」

フェイリス「つらいけど、みんなが思うようなつらさじゃないニャ。もう、心の整理はついてる」

フェイリス「傷はずっと治らないけど、付き合い方を覚えた……そんな感じ」

鈴羽「……あたしの胸の傷と同じだね」

倫子「……フェイリス。もし、タイムマシンが使えるとしたら?」

フェイリス「たとえタイムマシンでパパやママを救えるとしても、フェイリスはもうそういうことは望んだりしないのニャン」

倫子「……そっか」

真帆「タイムマシン……」

628 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/29 00:22:33.19 QDCPWRsBo 2004/2638


フェイリス「まほニャンは家族と仲良いニャ?」

真帆「え? ええ、まあ。独立してからは中々実家に帰れていないけれど、特に祖母とは仲が良いわ」

フェイリス「おばあちゃんっ子だったのニャ!」

真帆「人生哲学はだいたいあの人から教えてもらった。『命どぅ宝』とか、ね」

ダル「ヌチドゥタカラ? なんかエロくね」

フェイリス「人間の命こそが最も尊い宝物だ、って意味ニャ」

真帆「そう。だけど、私の研究は、ヒトの命の定義を覆してしまうところまで来てしまっている……」

倫子「(紅莉栖の研究成果も、時間を巻き戻して死者を何度も蘇生したからなぁ……)」

フェイリス「研究って?」

真帆「これよ」スッ

Ama真帆『ハロー』

フェイリス「電脳まほニャン!?」

629 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/29 00:26:34.06 QDCPWRsBo 2005/2638


フェイリス「ニャるほど、パパもパソコンには魂が宿るって言ってたけど、これはスゴイニャ!」

Ama真帆『私自身、自分に命があるのか、って問われても、よくわからないのよね。データを削除されない限りは不老不死なわけだし』

倫子「確かに、『Amadeus』はAIとは思えないほど人間らしい。だけど、『Amadeus』は0と1で動く機械だよ」

真帆「あら、前と言ってることが逆じゃない」

倫子「……真帆ちゃん。もし何かあったら、自分の命を一番に動いてほしい」

倫子「たとえ紅莉栖の遺産を捨てることになっても」

真帆「…………」

Ama真帆『「命どぅ宝」ね……あれはお芝居の台詞らしいけど、琉球中山国最後の国王、尚泰王が首里城を無血開城した時の言葉とされてるわ』

Ama真帆『帝国日本と戦争をしても無駄に命を失うだけ。それだったら、王朝という目に見えない概念よりも、民の命を守るべきだ、という意味ね』

鈴羽「戦争で必要なのは自分の命を守り抜くスキルだ。命が無ければ、敵を殺すこともできない」

鈴羽「命より大切なものがある、なんて言えるのは、常に誰かに殺される危険のない環境で生活してる人間だけ」

鈴羽「命が誰かに奪われることなく、誰かに支配されることなく、自分のものであり続けることは、生きるため、戦うための第一条件なんだ」

真帆「……わかったわよ」

630 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/29 00:33:07.21 QDCPWRsBo 2006/2638

2011年1月25日火曜日
和光市 理化学研究所近く ビル2階 世界脳科学総合研究機構日本オフィス準備室


真帆「(昨日も一昨日もフェイリスさんの厄介になって、今日このオフィスを引き払い、明日にはアメリカに帰る……無事、帰国できればいいのだけど)」

レスキネン「マホ、無事でよかった! オフィスは荒らされたが、綺麗に片づけておいたよ」

真帆「まあ、もともと私と教授しか使ってませんでしたしね。2人分の荷物しかなかったわけですし」

真帆「(そう、ここのオフィスを使っていたのは教授と私だけ……のはず、よね? 前にもこんなことがあった気が……)」

真帆「教授、その……ここを使ってたのって、私たちふたりだけ、でしたっけ?」

レスキネン「何を当たり前のことを言ってるんだい。幽霊でも見たのかな?」

レスキネン「仮にここを使えるとすれば、私たちの知り合いの研究者しかいないが、ヴィクコンからは誰も来ていないだろう?」

真帆「そ、そうですよね。変なことを聞いてすみません」

レスキネン「(……未来少女から、ジュディをけん制しておくべきだと聞いていなかったら、もしかしたらそうなっていたかも知れないが)」

真帆「そういえば、『Amadeus』のテスターの件はどうします?」

レスキネン「Hum… そうだね、テスターはこのまま続けてもらおうと思っているんだが、どうだろう?」

真帆「えっ!? ほ、本気ですか!?」

631 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/29 00:34:00.62 QDCPWRsBo 2007/2638


レスキネン「君は、クリスの事件のことをリンコから聞きたかったんだろう?」

真帆「え、ええ。実は、そうです。もっとも、教えてもらえませんでしたけど」

レスキネン「もしかしたら、リンコが"クリス"に話してしまうかもしれない。そしたら私たちが"クリス"からその話を聞ける」

真帆「そっ、そんなスパイみたいな使い方っ!」

レスキネン「待ってくれ、マホ。『Amadeus』は言いたくないことは言わないし、言うべきでないことも言わない」

レスキネン「"クリス"ならプライバシーは守ってくれる。そういう風に設計したのは、君じゃないか」

真帆「それは、そうですが……」

レスキネン「それに、『Amadeus』を通して、君はリンコと関係を持ち続けることができる」

真帆「関係……っ!? 教授、さすがにそれはセクハラですっ!」

レスキネン「Oh, どうしてセクハラなんだい? 君たちは、女の子同士、ただのお友達だろう?」

真帆「なぁっ……」カァァ

レスキネン「にやにや」

632 : ◆/CNkusgt9A - 2016/06/29 00:35:09.73 QDCPWRsBo 2008/2638

2011年1月26日水曜日
成田空港 チェックインカウンター


真帆「悪かったわね、ここまで連れてきてしまって」

倫子「まさかまともに乗り換えもできない人だとは……入国の時はよく東京まで来れたね……」ハァ

真帆「ということで、テスターの件、引き続きよろしく頼むわ」

倫子「私はそもそもテスターを断ったと思うんだけど……」

レスキネン「ヴィクコンの脳科研に入りたく無くなったのかな?」

倫子「うぐっ!? ひどい、ひどすぎる……」

真帆「いや、今のはさすがに冗談だと思うけれど。まあ、無理に通話する必要は無いから」

倫子「うん、そこは変わらず、だよね」

レスキネン「リンコが私たちの仲間としてアメリカに来る日を待っているよ」

倫子「(そのためにも、"紅莉栖"には引き続き勉強を教えてもらわないと)」

倫子「それじゃ、真帆ちゃん。元気で」

真帆「ええ、あなたも……って、真帆ちゃん言うなっ!」


次章
岡部倫子「これがシュタインズ・ゲートの選択……!!」【#12】


記事をツイートする 記事をはてブする