1 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/22 20:23:16.49 iIE21PhJO 1/191


【 (+皿+)「大変だ相棒!」】

【 (+皿+)「ん? いや、そうか」】

【 (+皿+)「初めまし…んなことはいいんだ」】

【 (+皿+)「したっぱーテックスが試作品を無くしたらしい」】

【 (+皿+)「だから下界にいる相棒に監視を頼みたい」】

【 (+皿+)「?」】

【 (+皿+)「ああ、機械の効果?」】

【 (+皿+)「それはだな」】


安価下

元スレ
【ゆゆゆ安価】(+皿+)「なにぃっ!? 機械を無くしただと!?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1461324196/

2 : 以下、名... - 2016/04/22 20:30:32.74 mj6ryN4Vo 2/191

パラメータ改竄システム

3 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/22 20:50:40.07 cwcnx4UtO 3/191


【 (+皿+)「パラメータかいき…」】

【 (+皿+)「かいきゅう…? なんだよ」】

【 (+皿+)「ん? かいざん?」】

【 (+皿+)「」】

【 (///皿///)「…………」】

【 (+皿+)「ま…まぁ、そういうあれだ」】

【 (+皿+)「人のあらゆるパラメータを改竄してしまう凄い機械なんだ」】

【 (+皿+)「ただ、問題なのはデータを書き換えるだけで実害が無いって点だ」】

【 (+皿+)「例えば、犬吠埼樹の胸のデータをB92と書き換えたところで」】

【 (+皿+)「犬吠埼樹の胸は何一つ変わらないってこと」】

【 (+皿+)「はっきり言って、イタズラの為のゴミだな」】

【 (+皿+)「だが、試作とはいえ我らの技術だからな」】

【 (+皿+)「至急捜索して回収せよ。との命令だ」】

【 (+皿+)「頼んだぞ、相棒」】

4 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/22 21:06:20.82 cwcnx4UtO 4/191


【 (+皿+)「部室」】


友奈「あれ? 机の下に何か落ちてる」

【パラメータ改竄システム】

友奈「?」

友奈「パラメータ…かい、か…システム」

友奈(落ちてた変な四角いものの後ろには)

友奈(そんなことが書いてあって)

友奈(…ボタンが押せとばかりに飛び出していた)

友奈「…一回だけ」ポチッ

改竄されたデータ安価下

5 : 以下、名... - 2016/04/22 21:10:16.96 rYhabgxnO 5/191

友奈のヒップサイズ

6 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/22 22:03:39.71 cwcnx4UtO 6/191

友奈のヒップサイズ安価下のコンマ

7 : 以下、名... - 2016/04/22 22:06:22.84 mj6ryN4Vo 7/191

さて

8 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/22 22:17:26.03 cwcnx4UtO 8/191


友奈「あれ? なにも起こんないや」

友奈「って、当たり前だよね。あはははっ」

友奈(電源コードや電池を入れる場所のないボタン)

友奈(ただの玩具だろう。と、机の上に置くと、丁度風先輩達が部室に来た)

友奈「おはよーございますっ」

「おはよー」

園子「やっと終わったよ~」

友奈「お疲れ様、そのちゃん」

東郷「ふふっ。そのっちはやれば出来るって言ったでしょ?」

友奈(日直の仕事を頑張ったそのちゃんと手伝った東郷さん)

友奈(夏凜ちゃんや樹ちゃんも来て)

友奈(みんなが揃った)

9 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/23 08:13:12.46 fQR+nAhKO 9/191


「全員揃ったところで…はいちゅーもーく」

東郷「何か依頼ですか?」

「ん。違いまーす」

友奈(風先輩は何か企んでるみたいな)

友奈(楽しそうな声で首を振ると)

友奈(鞄から大きい封筒を取り出した)

「この前の健康診断と身体測定の結果が返ってきたのよ」

「というわけで…スリーサイズを発表しよう」

「しなくて良いよぉ」

「えーっじゃあ、はい」

友奈(風先輩は冗談だと判るつまらなさそうな声で、みんなに紙を配っていく)

友奈(そして)

友奈「…あれっ」

友奈(ヒップサイズがちょっと下がった?)

友奈(そんなに絞ったりしてないはずなんだけど…)ギュッ
 
友奈(お肉、つけた方が良いのかなぁ)

11 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/23 08:18:27.35 fQR+nAhKO 10/191


「ところで、友奈」

友奈「なんですか?」

「このオモチャみたいなボタン何?」ヒョイッ

友奈「風先輩も知らないんですか?」

友奈「机の下に落ちてたので、部の備品だと思うんですけど…」

「んー知らない。見覚えもないし」

「みんなはー?」

友奈(風先輩はみんなに聞いてくれたけど)

友奈(誰も知らないボタンは段ボールの中へと、消えていった)

12 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/23 08:27:07.22 fQR+nAhKO 11/191


【 (+皿+)「おっ回収ご苦労」】

【 (+皿+)「つまらないものだったろ?」】

【 (+皿+)「ありがとうよ。助かった」】

【 (-皿-)「…………」】

【 (+皿+)「すまん。まだ終わらないんだ」】

【 (+皿+)「実は他にも無くしてたらしくてだな」】

【 (+皿+)「ああ、すまないが頼めるか?」】

【 (+皿+)「もしあれなら、相棒は勇者部との接触も許可する」】

【 (+皿+)「頼んだぞ」】


落とした機械の機械 安価下

13 : 以下、名... - 2016/04/23 08:30:09.55 1TC3LEF3o 12/191

神風(スカートめくり)発生装置

14 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/23 08:40:09.43 fQR+nAhKO 13/191


【 (+皿+)「機能は神風の発生だ」】

【 (+皿+)「? 暴風で勇者部を凝らしめる?」】

【 (+皿+)「そんな強い機能なわけないだろ」】

【 (+皿+)「スカート捲り専用だ」】

【 (+皿+)「………………」】

【 (+皿+)「なんだよその目は」】

【 (~皿~)「以前それを作った奴が使ってたんだが」】

【 (~皿~)「画像投稿サイト」】

【 (+皿+)「風と共にチラリ。とか言うのを開設した結果」】

【 (+皿+)「御用されたから回収したんだが」】

【 (+皿+)「まぁ、なんだ」】

【 (+皿+)「そういうの好きな奴が持ち出してたみたいでな」】

【 (+皿+)「…とにかく頼んだぞ」】

15 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/23 08:42:53.40 fQR+nAhKO 14/191


スイッチを拾った人 
勇者部でもそれ以外でも可

安価下

17 : 以下、名... - 2016/04/23 08:44:30.07 fgNuFyJRo 15/191


18 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/23 08:52:00.26 fQR+nAhKO 16/191


「? 何だろう」 

(それは何かの起動スイッチみたいなもので)

(ボタン部分の表面には、竜巻みたいなマークがかかれていた)

友奈「それでね、それでね…」

夏凜「はぁ…なんか依頼無いわけ?」

「イベント事が減って暇になってきたわね」

(…ちょっとだけ)ポチッ

(好奇心でボタンを押した瞬間)

(どこかから風が入ってきたのか、友奈さんのスカートが捲れて…)


何が見えた? 安価下

19 : 以下、名... - 2016/04/23 08:55:35.16 UafJ5YG3O 17/191

赤い紐パン

20 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/23 09:26:05.11 fQR+nAhKO 18/191


「!?」ガタッ

友奈「っ」バッ

(友奈さんは慌ててスカートを抑えた)

(でも、はっきりと見えてしまった)

友奈「…っ」キョロキョロ

(赤い、紐の下着が)

友奈「い、樹ちゃん!」タッタッタッ

「は、はい」

友奈「み、見えた?」コソッ

(友奈さんはわざわざ近づいてきて)

(そうきいてきた)

(何て言えば…)


安価下

22 : 以下、名... - 2016/04/23 09:27:05.19 /BPHNjBto 19/191

後でお時間、いいですか?

23 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/23 09:36:48.83 fQR+nAhKO 20/191


「後でお時間良いですか?」

友奈「っ」

「ダメなら、別に…」

友奈「う、ううん! 全然いいよ」フルフル

(友奈さんは少し不安そうに言いました)

(あんな秘密があって)

(それを知られて)

(…あれ? 私、友奈さんのこと脅してる?)

(気付いたときには遅くて)

(部活のあと、お姉ちゃん達には適当な言い訳をして)

(友奈さんと二人で、部室に残った)

24 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/23 09:46:33.93 fQR+nAhKO 21/191


友奈「そ、それで樹ちゃん…」

「なんですか?」

友奈「っ」ビクッ

友奈「え、えっと…」

(友奈さんは凄くおどおどしてて)

(その姿はいつもの友奈さんのとかけ離れていて)

(失望した)

(でもそれ以上に、いけない気持ちが込み上げてきた)


樹の台詞か行動 安価下

25 : 以下、名... - 2016/04/23 10:09:32.84 XHhe251c0 22/191

大胆ですね

26 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/23 11:30:25.18 fQR+nAhKO 23/191


「大胆ですね」

友奈「ぅ…やっぱり」

「はい。見えました。赤い…」

友奈「い、言わないで!」

(友奈さんは恥ずかしそうに声をあげた)

友奈「これは、その…何て言うか…」

(真っ赤な友奈さんは必死に言い訳を探す)

(その姿はいつも以上に可愛らしいと思った)

樹の行動か言葉 安価下

27 : 以下、名... - 2016/04/23 11:32:36.46 bHwR2WltO 24/191

こっそり持ってきた神風スイッチ連打

30 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/23 14:19:10.54 fQR+nAhKO 25/191


(…………)

ポチッ…ポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチ…

友奈「っ!?」バサッ

友奈「や、何!?」グッ…バサバサッ

友奈「やっ、あっ…ぅぅうっ」バサバサバサッ

「大胆ですね」

友奈「み、見ないでぇっ」グスッ

31 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/23 15:59:49.25 fQR+nAhKO 26/191


(友奈さんは必死にスカートを抑えていた)

(でも、友奈さんの手では押さえきれなくて)

(友奈さんの赤い紐の下着は丸見えで)

(友奈さんの健康的なすべすべしてそうな肌が見えて)

(恥ずかしがってる友奈さんはとても…)

(嗜虐心をそそる)

友奈「どこから風が…」キョロキョロ…


樹の行動か言葉 安価下

32 : 以下、名... - 2016/04/23 16:07:59.92 ucQxdMgKO 27/191

思いっきりベロチュー

34 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/23 16:17:39.64 fQR+nAhKO 28/191


(まだ風が吹くかもしれない)

(そう思って身構える友奈さんは)

(ある意味無防備で) 

(私は友奈さんに、近づいて)

「友奈さん、あんな下着着けるんですね」ボソッ

友奈「うっ」

(そう呟いて、友奈さんの目と口を半開きにさせて…)

…チュッ

友奈「!」

「んふ…ん…ンチュ…」

(友奈さんの唇とキスをして、舌を絡める)

「んく…んっ」

友奈「ぅ…ぁぅぅ…」

(友奈さんの体を抱き締めることで)

(スカートを抑える両手が完全に動かせない友奈さんは)

(驚きと戸惑いの表情のまま)

(私に口腔を蹂躙されていく)

35 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/23 16:27:23.36 fQR+nAhKO 29/191


チュッ…ピチャ…ッ

ッハ…チャッ…ンゥッ…チュッ

(いつも賑やかな部室に)

(私と友奈さんの唾液の混じりあう音が響いて)

(されるがままの友奈さんの口の端から唾液が伝い落ちていく)

友奈「ぁ、ぁぅ…ぅ…」

(一方的に、友奈さんを味わう)

(舌先、舌の表面、裏面、頬裏)

(舌を絡めるときは、自分の舌の上を使う方が良い)

友奈「んっ、ぁっ…ぅぅうっ」

(舌の表面のざらつきで、舌先の表裏の中間がベストだ)

友奈「っぁ…ぁう…!」ガクッ

(力の抜けた友奈さんは膝から、崩れ落ちた)


樹の行動か言葉 安価下

36 : 以下、名... - 2016/04/23 16:30:00.57 boH81Qp7O 30/191

続き、したいですか?

37 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/23 16:46:19.91 fQR+nAhKO 31/191


「続き、したいですか?」

友奈「はぁ…はぁ…んくっ…はぁ…はぁ…」

「したくないんですか?」

友奈「っ」

(まだ呼吸の整わないうちから答えを催促)

(友奈さんが懇願するような顔を上げたら)

(溜め息をついて呆れた様子を見せて、首を振る)

(そして)

「良いなら別に良いですよ」

(突き放す。すると、)

友奈「まっ、けほっ…っはぁ…は…待って…」

友奈「待って…樹ちゃん…」グイッ

(友奈さんは無理して声を出して)

(私の服の裾を掴む)

(主導権は私にあるという布石が、成功した)

樹の行動か言葉 安価下

38 : 以下、名... - 2016/04/23 16:48:52.29 Fodq8nJ8O 32/191

顎をつまんで顔を上げさせる

40 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/23 18:31:28.98 fQR+nAhKO 33/191


友奈「ぁ…」

(座り込んだ友奈さんの顎を摘まんで顔をあげさせると)

(友奈さんはまの抜けた声を漏らして)

(ゆっくりと、瞼を閉じる)

「…………」

(友奈さんは素直に応じてる)

(いつもの友奈さんじゃなく、赤い紐の下着を着けるような変態さんとして)

(ううん。もしかしたら)

(それこそ、友奈さんなのかもしれない)

(友奈さん…友奈さんは私の憧れでした)


樹の行動か言葉 安価下

41 : 以下、名... - 2016/04/23 18:33:06.55 Fodq8nJ8O 34/191

キスしようと顔を近づけて唇が触れるギリギリで寸止め

42 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/23 18:46:31.92 fQR+nAhKO 35/191


(ゆっくりと顔を近付けていく)

友奈「ん…」

(息が触れあう距離になると)

(友奈さんはピクピクと瞼を震わせて、ごくりと、喉をならす)

友奈「…っ」

(なんて、人だろう)

(あんなに強引なキスをしたのに)

(逃げたり抵抗するどころか)

(期待して、喉を鳴らすなんて…)

(普通なら、気持ち悪いと罵る場面だと思う)

43 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/23 18:52:56.17 fQR+nAhKO 36/191


(でも、そうさせたのは私)

(友奈さんの変態なところを知りながら拒絶しなかった私)

(友奈さんはきっと、滅多にいない受け入れてくれそうな私という存在を)

(手放したくないはずだ)

友奈「……樹、ちゃ」

(友奈さんはキスをされないことが気になったのか)

(目を開いて私を見つめ、熱っぽい声で名前を呼んだ)

樹の行動か言葉 安価下

44 : 以下、名... - 2016/04/23 18:53:33.47 I/ZIFpWzO 37/191

離れると見せかけてキス

46 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/23 19:05:37.40 fQR+nAhKO 38/191


(友奈さんの求める瞳が、私の悪い心を揺さぶって)

友奈「っ、ぁ…」グッ…

(私が離れようとすると)

(友奈さんは弱々しく服を掴んだ)

(でも、引っ張らない。なにも言わない)

(きっと、無理を押したら完全に捨てられると思ったからだと思う)

(…友奈さんは仕方のない人ですね)

47 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/23 19:12:17.20 fQR+nAhKO 39/191


(友奈さんに優しく微笑みかけて)

(友奈さんの唇に重ねる)

友奈「んっ、ふ…ぅっ…ん…」

「っ、んっンチュ…っ」

(友奈さんは私の舌を受け入れて)

(そして求めてくる)

(友奈さんは私が受け入れたと、思ったに違いない)

(自分と私の立場が同じ高さだと)

(勘違いしているに違いない)


樹の行動か言葉 安価下

48 : 以下、名... - 2016/04/23 19:14:08.13 qFxAsDpn0 40/191

そのまま友奈を脱がして全裸にして秘部に小指を入れる

49 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/23 19:15:36.41 fQR+nAhKO 41/191

樹が脱がせる?
それとも友奈に脱いで貰う?

50 : 以下、名... - 2016/04/23 19:17:06.82 PeGoz1vDO 42/191

樹が脱がせる

51 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/23 19:22:56.53 fQR+nAhKO 43/191


友奈「っ!」

(そのまま友奈さんの服を脱がそうとすると)

(友奈さんは目を見開いて離れた)

友奈「な、何するの?」

「脱がせようとしただけです」

友奈「こ、ここは学…」

「そんな下着でよく言えますね」

友奈「っ」ビクッ

「どうしますか? 抵抗しますか?」

52 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/23 19:40:56.96 fQR+nAhKO 44/191


友奈「…っ」

「あんな恥ずかしい下着着けておいて」

「恥ずかしいんですか?」

友奈「…ごめんなさい」

「謝ってほしいわけじゃないです」

「恥ずかしいのかどうか聞いてるんです」

(友奈さんに刺激された嗜虐心はより強く膨れ上がって)

(語気が強くなっていく)

友奈「…恥ずかしくないです」

「じゃぁ、脱がせても良いですか?」

友奈「…はい」

(友奈さんはうん。とは言わず、はい。と答える)

(もう、友奈さんは完全に私の下だ)

53 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/23 19:48:52.52 fQR+nAhKO 45/191


友奈「……」ビクッ

スルッ…パサッ

サッ…

(下着以外は抵抗しそうな素振りを見せたけど)

(なんとか自制して、脱がさせてくれた)

(でも)

友奈「し、下着は…」グッ…

「なんですか?」

友奈「…し、下着だけは許してくだ…」

「だめです」グイッ

友奈「っ!」

(友奈さんの紐の下着はいとも簡単にほどけて)

(全てを晒させた)

54 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/23 19:55:02.71 fQR+nAhKO 46/191


(その友奈さんに小指を差し出して)

「舐めてください」

友奈「ぇ?」

「痛い思いが嫌なら、舐めてください」

友奈「っ…ん…んちゅ…っは、ぁむ…」

(友奈さんは指を一生懸命舐めた)

(痛い思い。というのが聞いたんだと思う)

(暫く舐めさせて、十分に濡れたところで、友奈さんの秘部の割れ目に、差し込む)

クチュ…

友奈「っん!」

「…濡れてる」

(指を舐めさせる必要は、無かった)

55 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/23 19:59:41.28 fQR+nAhKO 47/191


友奈「い、樹ちゃ、っあんっ」

「感じてたんですか。あんなことで」

(強引なキス、羞恥心の揺さぶり)

(服の剥奪)

(そんなことで…)

友奈「っ…ごめんなさい…」

(友奈さんはそう言って)

(理由のわからない涙を溢した)


樹の行動か言葉 安価下

56 : 以下、名... - 2016/04/23 20:00:11.61 vQIN2vFmO 48/191

続きがしたいですか?
なら今度は友奈さんの方から私がしたようなキスをしてください

80 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/23 20:29:07.89 fQR+nAhKO 49/191


「続きがしたいですか?」

友奈「………」コクッ

(恥ずかしいところに指を差し込まれた友奈さんは)

(黙って頷く。けど、それじゃだめ)

「口で言ってください」

友奈「樹ちゃ」

「言わないなら、止めますよ?」

友奈「っ…」

83 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/23 20:36:02.16 fQR+nAhKO 50/191


(友奈さんは迷ってる)

(ここで止めれば、自分は解放される)

(ここで求めれば、気持ちいい事をして貰える)

(相反する感情に揺さぶられて、友奈さんは口を開く)

友奈「し、して…欲しい。です」

(あぁ…もう、友奈さんは変態さんですね)

(呆れる反面)

(友奈さんを支配できている今が幸せで)

(私は私の本性に気づいた)

84 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/23 20:49:19.03 pLCvjOUmO 51/191


(部室で裸にされて)

(エッチな事を求める変態に)

(私は笑みを向けて言う)

「なら、さっき拒否したことを続けましょう」

友奈「さっき…?」

「キスです」

「ほら、してください」

友奈「は、はい」

(友奈さんは怯えながら、私にキスをして来た)

樹の行動か言葉 安価下

85 : 以下、名... - 2016/04/23 20:50:00.11 VMcELr2AO 52/191

唇を密着させているところを東郷さんに見られた
厳密に樹の行動じゃないんで無理なら安価下

89 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/23 20:55:57.93 pLCvjOUmO 53/191


【 (+皿+)「犬吠埼樹の行動か言葉といったはずだが…」】

【 (♯皿♯)「まったく…?」】


安価下コンマ

40から55なら東郷

90 : 以下、名... - 2016/04/23 20:56:36.88 XHhe251c0 54/191

せい

91 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/23 21:02:38.80 pLCvjOUmO 55/191


(私が友奈さんとキスをする)

(そんな淫らな音に混じって)

コッコッコッ…

(誰かの足音が聞こえてきた)

友奈「っ!」ビクッ

「どうかしたんですか?」

友奈「だ、だ、誰かくる!」

(友奈さんはそう言って、慌てて自分の服をかき集めていく)

コッコッコッ…

(どんどん近づいてくる足音)

(全裸の友奈さん)

(服…)


樹の行動か言葉 安価下

92 : 以下、名... - 2016/04/23 21:03:36.03 1TC3LEF3o 56/191

急いで服を着せる

95 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/23 21:10:39.38 pLCvjOUmO 57/191


(仕方がない)

(服を剥奪するのもありだけど)

(この玩具…っ)フルフル

(友奈さんが居なくなるのはダメだ)

「友奈さん、手伝います」

友奈「あ、ありがとうございます」

(友奈さんの服を着せ終わったあと)

(足音は部室を通りすぎて、去っていった)

友奈「あ、危なかった」

「そうですね」

96 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/23 21:13:13.53 pLCvjOUmO 58/191


(エッチなことに水を差された私達は)

(見つめあって黙り混む)

(そして)

友奈「ま、また…脱いだ方が良い?」

(友奈さんは恐る恐る聞いてきた)

樹の行動か言葉 安価下

97 : 以下、名... - 2016/04/23 21:13:56.80 OMdstN3Yo 59/191

いやパンツはいてる友奈さんがみたい

98 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/23 21:15:02.69 pLCvjOUmO 60/191

制服は?

100 : 以下、名... - 2016/04/23 21:15:47.82 XHhe251c0 61/191

たくしあげという手が

104 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/23 21:27:17.87 pLCvjOUmO 62/191


「良いですよ。そのままで」

友奈「よ、よかっ」

「ただ、止めることも出来たと思うんですけど」

友奈「ぁ…」

(止めることよりもエッチな行為を求めた事実に、友奈さんは言われて気づいて目を見開く)

(いまさら気づいても、止めませんよ)

「友奈さん、スカート。たくしあげて下さい」

友奈「えっ」

「その恥ずかしい下着を、自分で見せて下さいって言ったんです」

105 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/23 21:54:55.22 pLCvjOUmO 63/191


友奈「それは…」

「出来ないんですか?」

友奈「っ…ゴクッ」

(友奈さんは息を呑んで、スカートの裾を掴む)

(自分の中で葛藤してるのか)

(友奈さんは、そこから動かない)

「………」

(なにもないまま、時間だけが過ぎていく)

樹の行動か言葉 安価下

106 : 以下、名... - 2016/04/23 21:55:48.03 qFxAsDpn0 64/191

下着越しに秘部を下で舐める
ある程度舐めたら下着をズラして直に舐める

108 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/23 22:03:03.20 pLCvjOUmO 65/191


「人形ですか? 友奈さんは」

友奈「っ」

「なら良いですよ。人形は何があっても動かないでください」

(友奈さんの焦れったさに耐えかねて)

(私は友奈さんのスカートの中にもぐりこむ)

友奈「っ」ビクッ

「人形なのに動くんですか?」

友奈「ご、ごめんなさい」

友奈「み、見せるから…」

「もう遅いです」

「もう、私が見に行ってあげてるので。大丈夫です」

109 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/23 22:05:55.96 pLCvjOUmO 66/191


(友奈さんの心を追い込むように)

(強い口調と責め立てる言葉を選ぶ)

「人形は動かないでください」

「良いですか?」

友奈「わ、解りました」

(そしてそうすると)

(次の指示には逆らうべきじゃない。と)

(考えて、動いてしまう)

(これで、友奈さんは抵抗しなくなった)

110 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/23 22:10:04.98 pLCvjOUmO 67/191


(暗くても、赤いのが見える)

「友奈さんのここ、凄く臭いますよ」

友奈「ぅ」

「女の子の臭い。激臭です」

「どれだけ、エッチなんですか?」

友奈「っ…ぅい、言わないで」

友奈「お願い…もう、なにも言わないで…」

111 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/23 22:21:42.64 pLCvjOUmO 68/191


(友奈さんの泣きそうな声が聞こえる)

(言葉攻めは友奈さんにかなり響いてるらしい)

(…さて)

「解りました。言うのは止めます」

友奈「あ、ありが…っひぃっ!」ビクンッ

(下着越しに秘部を舐めた瞬間友奈さんは大きく体をはねさせて)

(ガクガクと、膝を震わせた)

「…苦い」

(舌に残る下着のざらつきと、それを湿らせた変態のエキスを飲み込み)

「ぁー…」

ペロッ

友奈「んんっ!!」ビクビクッ

(友奈さんの秘部を舐めて)

ペロッ…ペロッ…

友奈「んっ、あっあっやっ…い、樹ちゃ」

(素早くなめたり、舌を擦り付けるように舐めたり)

(友奈さんの下着がびちゃびちゃになったのを確認して)

友奈「ひゃぁぁぁぁぁぁっ!!」ビクビクッ…ガクッ…ドサッ

(下着をずらして舐めた瞬間)

(エッチなエキスを迸らせて)

(友奈さんは腰を抜かして尻餅をついた)

112 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/23 22:32:01.40 pLCvjOUmO 69/191


「………」ポタポタッ

「………」ペロッ

「しょっぱい」

(友奈さん臭くなった自分の体を見て、溜め息をつく)

(お姉ちゃんになんて言えば良いんだろう)

(でも、問題はそれ以外にもあった)

友奈「ぁ、あ…ゃ…」チョロチョロ…

友奈「っやぁ…っ!」シャー…ッ

(腰が抜けた友奈さんは溜まらす漏らして)

(下着はもちろん。我慢しようと抑えたスカートから靴下、上履き)

(全部濡れて、部室にアンモニアの臭いが広がり始めた)



樹の行動か言葉 安価下

113 : 以下、名... - 2016/04/23 22:34:16.39 OMdstN3Yo 70/191

掃除の手伝い

115 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/23 22:39:55.17 pLCvjOUmO 71/191


「部室なんですが…」

友奈「ごめんなさい…ごめっ…っひ…グスッ」

「………」

(そのまま放置しても片付かないだろうし)

(何より臭い)

(このまま放置したら部室がダメになる)

「友奈さん、さっさと片付けてください。私も手伝いますから」

友奈「でもっ…私、着替えが…」

116 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/23 22:43:54.02 pLCvjOUmO 72/191


(そうだ着替えなんて常備してない)

(でも、体育が…)


安価下コンマ 50から59 71から80で体操着有り

117 : 以下、名... - 2016/04/23 22:44:06.04 w/80wXkJO 73/191

はぁ!

118 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/23 22:49:22.94 pLCvjOUmO 74/191


(ダメだ。私も友奈さんもない)

友奈「私…っグスッ」

(びちゃびちゃのおしっこ臭い友奈さんは)

(…なんでだろう)

(もっと…惨めな思いをさせたくなってくる)

(というか、私も友奈さん臭い)


友奈の服装はどうする? 安価下

121 : 以下、名... - 2016/04/23 22:52:29.31 /BPHNjBto 75/191

うどん屋のアルバイトで使った衣装が偶然部室に残ってた(下着は勿論無い)
>>1がBD特典のゲームやったこと無かったら安価下で

123 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/23 23:00:56.10 pLCvjOUmO 76/191


「あっ、うどんのアルバイトの衣装が有りますよ」

友奈「で、でもこれ」

「ミニスカートでノースリーブです」

「下着も何もないですが」

「紐の下着着けるような変態さんには十分ですよね?」

友奈「ぅ……」

「下になにも身に付けないのとそれ。どっちが良いですか?」

友奈「き、着ます…」

「ならさっさとしてください。臭いです」

友奈「ごめんなさい…」

124 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/23 23:04:56.46 pLCvjOUmO 77/191


「あと、友奈さんに臭くされたので」

「今日は友奈さんの家に泊まります」

友奈「そ、それはっ」

「別に私は家に帰って、お姉ちゃんに友奈さんが変態なことを…」

友奈「ごめんなさい! それだけは」

「はじめからそうしてください」

「友奈さんはもう、私の物なんですから」

友奈「…はい」

(目には見えない手綱に引かれるように)

(友奈さんは俯いた)

125 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/23 23:12:58.50 pLCvjOUmO 78/191


(友奈さんの両親やお姉ちゃんには適当な言い訳をして)

(友奈さんの家に泊まることになった)

友奈「………」

「私と二人だと、暗いですね」

友奈「だ、だってそれは」

友奈「っ」

「…………」

(友奈さんは最後まで言わなかった)


樹の行動か言葉 安価下

126 : 以下、名... - 2016/04/23 23:14:10.62 s3UdtWu5o 79/191

お風呂でも入りますか?

128 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/23 23:19:19.58 pLCvjOUmO 80/191


「お風呂でも入りますか?」

友奈「い、樹ちゃんが先…」

「入りますか?って言っただけですよ?」

「後とか先とか。私言ってません」

友奈「ぅ…ごめんなさい」

友奈「入ります…」

「ですよね。臭いですから」

友奈「っ」ビクッ

(友奈さんの心はボロボロだ)

(でも私はもう止まれない)

(だから私は友奈さんと一緒に、お風呂に入ることにした)

129 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/23 23:22:08.41 pLCvjOUmO 81/191


友奈「樹ちゃん」

「なんですか?」

友奈「体、自分で洗って良いですか?」

(これまでで友奈さんは学んだのか)

(私が言わなくても、自分から聞いてきた)

(段々と奴隷とか下僕みたいな言葉が合うようになってきた気がする)


樹の言葉か行動 安価下

130 : 以下、名... - 2016/04/23 23:23:35.31 PeGoz1vDO 82/191

私が洗いますね

131 : 以下、名... - 2016/04/23 23:24:42.15 PeGoz1vDO 83/191

上は台詞ということで

133 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/23 23:30:56.67 pLCvjOUmO 84/191


「私が洗います」

友奈「で、でも私の体は…」

「体は?」

友奈「おしっこ臭いから…」

「なんでおしっこ臭いんですか?」

友奈「っ」

(私の意地悪な質問に)

(友奈さんは恥ずかしそうに顔を伏せて首を振る)

(でも、許さない)

「言わないと、友奈さんはお風呂禁止です。臭いままでいてください」

友奈「そんなっ」

「なら、どうぞ」

友奈「っ…わ、私が…おし、おしっこ…」ポロポロ

友奈「漏らし…グスッ…たからです…」グスッ

134 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/23 23:35:42.82 pLCvjOUmO 85/191


(友奈さんは泣きながらこたえて)

(浴室の床に座り込む)

(その頭からシャワーをかけて、友奈さんの涙をながしていく)

(惨めで恥ずかしい友奈さんの姿に)

(私の胸は高鳴り続ける)

(友奈さんを苦しめること)

(友奈さんを辱しめること)

(それが、私の心を満たしていく)

135 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/23 23:40:34.78 pLCvjOUmO 86/191


(…シャワーヘッド)

(友奈さんの秘部に入るのかな…)

(危ないよね。それは流石に)

(私の心の中にある僅かな良心の痛みに呻いて)

(私は…友奈さんのことを普通に洗って)

(自分もきれいにしてお風呂をでると)

(私達の下着とパジャマがあった)

(友奈さん、普通の下着だ)


樹の言葉か行動 安価下

136 : 以下、名... - 2016/04/23 23:42:32.29 qFxAsDpn0 87/191

友奈さん、今日の事は忘れてあげます

139 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/23 23:49:42.03 pLCvjOUmO 88/191


「友奈さん、今日のことは忘れてあげます」

友奈「え…?」

「赤い紐の下着。部室で漏らす汚くて変態な結城友奈はもう、止めましょう」

「私も今日限りにします」

友奈「…そんなこと言われても」

友奈「私、忘れられない」

友奈「樹ちゃんにされたこと…全部…」ギユッ

「友奈さん…」

140 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/23 23:54:19.90 pLCvjOUmO 89/191


友奈「なんで今更なの?」

友奈「なんで、もっと早くそうしてくれなかったの?」

友奈「酷いよ…」ポロポロ…

(友奈さんは涙を溢しながら)

(逃げるように、部屋へと消えていった)

(変なボタンから始まったこの短くて長い時間は)

(直せない亀裂を、作った)

141 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/23 23:58:04.31 pLCvjOUmO 90/191


【 (+皿+)「回収ご苦労」】

【 (+皿+)「ん?」】

【 (+皿+)「もう少しあるだろって?」】

【 (+皿+)「犬吠埼樹が忘れると言ったんだ」】

【 (+皿+)「話は終わりだ」】

【 (+皿+)「とにかくよくやってくれた」】

【 (+皿+)「ありがとよ」】

142 : 以下、名... - 2016/04/24 00:01:01.83 blI+OXTDO 91/191

ええ…このまま樹友の関係に持っていこうと思ってたのに…

143 : 以下、名... - 2016/04/24 00:03:36.38 nwKQy/FKO 92/191

っていうかボタン回収したのが友奈ってオチじゃないのこれ

146 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/24 00:14:59.36 ur4rlrYiO 93/191


【 (+皿+)「ボタンは相棒が物語を終わらせることで回収してるんだ」】

【 (+皿+)「今回も、犬吠埼樹がこの話を忘れるということで決着がついた」】

【 (+皿+)「だから…? なに?」】

【 (+皿+)「そう言ういみじゃない?」】

【 (+皿+)「ここからが面白くなる?」】

【 (+皿+)「知らん」】

エッサホイサオーテアーゲ…ピッ

【 (+皿+)「……なん、だと?」】

【 (+皿+)「相棒。あとひとつ機械があるらしい」】


機械の効果 安価下

147 : 以下、名... - 2016/04/24 00:15:26.83 1EC93Po/O 94/191

性転換

150 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/24 00:23:29.92 ur4rlrYiO 95/191


【 (+皿+)「性転換装置だ」】

【 (+皿+)「これは体が実際に変化する代物でな」】

【 (+皿+)「混乱させるために作ったは良いが」】

【 (+皿+)「どう見ても勇者部が喜ぶ展開なために封印されたんだ」】

【 (+皿+)「…つまらない機械作りすぎ?
」】

【 (+皿+)「知るか。製作チームに言え」】

【 (+皿+)「そもそも試作だったり実践的じゃない機械の移動等による紛失が」】

【 (+皿+)「今回の問題だ」】

【 (+皿+)「まともな機械があるわけないだろ」】

151 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/24 00:27:00.51 ur4rlrYiO 96/191


【 (+皿+)「さて、今回それを拾ったのは…」】

機械を拾った人物 安価下

152 : 以下、名... - 2016/04/24 00:27:41.45 DDJA2+hjo 97/191

夏凜

155 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/24 05:42:21.20 ur4rlrYiO 98/191


夏凜「ん?」

夏凜(見るからに怪しいボタンが)

夏凜(部室の机の上に置かれていた)

夏凜(なんというか、禍々しさを感じるボタン)

夏凜(押したいと思わせてくるボタン)

夏凜「落ち着け三好夏凜」

夏凜「押したらヤバそう。ここまでOK?」

夏凜「OK」フゥ…

夏凜「だから押さない。OK?」ポチッ

夏凜「あぁぁぁぁぁぁぁぁッ!」

夏凜(私は誘惑に負け、押してしまった)

156 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/24 05:54:46.77 ur4rlrYiO 99/191


夏凜(押した瞬間、下腹部に激しい熱を感じて)

夏凜(そのあと、全身が燃えるように熱くなって)

夏凜(……)チラッ

にぼし「」

夏凜(私の下腹部には煮干しが収納されていた)

夏凜(はっきりいうと、男子のあれが)

夏凜(生えていた)

夏凜「ま、ちょ、うぇぇぇぇぇぇぇっ!?」ガタンッ


誰が部室に来た? 安価下

157 : 以下、名... - 2016/04/24 06:38:07.90 1EC93Po/O 100/191

風先輩

158 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/24 06:44:18.60 ur4rlrYiO 101/191


夏凜(私がしどろもどろしていると)

夏凜(部長の風が入ってきた)

「…あっれ? 夏凜? 早いじゃない」

夏凜「あ、あんたこそ。早いじゃない」

「そりゃ部長だしぃ? 部の模範にならなきゃ」

夏凜(風はいつもと変わらない)

夏凜(なのに、ドキドキする)

夏凜(匂いを感じたくて呼吸は深く素早く)

夏凜(視線は風の胸、足、腰回りと縦横無尽に動く)

159 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/24 06:48:05.74 ur4rlrYiO 102/191


「夏凜?」ジーッ

夏凜「な、なによ」

「いや、なんか変な目してたような気がするから」

夏凜「ば、馬鹿じゃないの?」

夏凜「なんで私が、あんたなんか…」

「まぁ、それもそうよねー」

夏凜(風はそう言って笑うと)

夏凜(私に無防備な背中を見せた)


夏凜の行動か言葉 安価下

160 : 以下、名... - 2016/04/24 06:56:37.75 zY1ExUXAO 103/191

トイレに行って煮干しでなく鮮魚に戻った部位を確認

161 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/24 07:09:35.63 ur4rlrYiO 104/191


夏凜「ッ!」ガタッ

「? 夏凜?」

夏凜「ち、ちょっと…トイレ」

夏凜(そう言って部室…風から逃げた私は)

夏凜(トイレの個室に駆け込んで)

夏凜(スカートを捲りあげる)

夏凜「な、なんなのよこれ…」

夏凜(稚魚は成魚になって)

夏凜(窮屈な下着を大きく歪ませていた)

162 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/24 07:17:34.47 ur4rlrYiO 105/191


夏凜「っ」

夏凜(下着を下げると、それは勢いよく飛び出して)

夏凜(自重にしなって揺れる)

夏凜「あ、あり得ない」

夏凜(保健体育でつけた知識が誤りでなければ)

夏凜(今は性的な興奮による勃起状態ということになる)

夏凜「煮干しどころかイワシ…」

夏凜「いや、最悪サンマに届くかもしれない」

夏凜「どうしたら…」


どうする? 安価下

163 : 以下、名... - 2016/04/24 07:45:59.30 Vwdtzy3so 106/191

悪いとは思いつつ風を思って秋刀魚を慰める

164 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/24 07:52:25.59 ur4rlrYiO 107/191

健全な男子のようにいちゃいちゃシチュ?
樹のように無理矢理シチュ?

165 : 以下、名... - 2016/04/24 07:54:58.09 blI+OXTDO 108/191

無理矢理

167 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/24 08:22:22.11 ur4rlrYiO 109/191


夏凜「…っ」

夏凜(どうせ、どうせ風は…)

夏凜(風との進展した関係を考えても)

夏凜(どうせ無理だっていう諦めが、妄想を破壊する)

夏凜「男子、男子男子男子って!」

夏凜(なによ…女だって良いじゃない)

夏凜(女の子が女の子だって良いじゃないっ!)
 
夏凜(そんなに男子がいいの? 風)

夏凜(それなら、それならこっちだって!)

168 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/24 08:31:37.35 ur4rlrYiO 110/191


夏凜(まずは目を閉じて深呼吸)

夏凜(場所は…そう。部室で)

夏凜(そうだ…さっきの続き)

夏凜(風が背中を向けた瞬間後ろから押し倒す)

夏凜(なにするのと驚く風に馬乗りになって、口を塞いで、暴れる腕を抑え込む)

夏凜(目を見開いて、段々と悲しそうな顔になっていく風)

夏凜(大人しくなったら、口から手を離して)

夏凜(手を縛って動けなくする。すると)

夏凜(風はなんで…って悲しそうに言った)

夏凜「…あんたが悪い」

夏凜(その一言しか言わず、風の制服を引き裂くと)

夏凜(弾けとんだボタンが転がっていく)

169 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/24 08:40:23.86 ur4rlrYiO 111/191


夏凜(風のちょうど良さそうな胸を包む薄い水色のブラ)

夏凜(その上から、ギュっと鷲掴みにして)

夏凜(摘まむように揉んだり、おしつけるように揉んだりと揉みし抱く)

夏凜(風は悲しそうな表情に赤みを帯はじめて)

夏凜(止めてという声にも、時々微かな喘ぎと熱っぽさが混じっていく)

夏凜(だから、今度はブラも外して直に胸を揉みながら)

夏凜(アンダーから天辺まで、舌で舐めて)

夏凜(ぱくっと乳首をくわえる)

夏凜(風の体が一際強く反応して、もう止めてと願う風の顔を見て首を振る)

夏凜(あんたが悪い。だから…止めない)

171 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/24 08:49:46.40 ur4rlrYiO 112/191


夏凜(風の乳首に吸い付いて)

夏凜(舌を蛇のように巻き付かせて絞り、乳首の先端を舌の先端で押し潰し)

夏凜(離れてすぐ立ち上がる乳首を歯で挟む)

夏凜(風の拒絶が消えて、熱っぽさが増したのを耳で確認して)

夏凜(ゆっくりとスカートを緩めて、風の秘部を下着越しに撫でる)

夏凜(指に感じる湿っぽさ。確認のために)

夏凜(風の秘部を2、3なぞって割れ目に指を滑らせると)

夏凜(風の淫らな喘ぎ声が小さく弾ける)

172 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/24 08:57:03.65 ur4rlrYiO 113/191


夏凜(私の濡れた指を風に見せると)

夏凜(風は顔を赤くして、反らす)

夏凜(だから見せつけるように、その指を舐める)

夏凜(すると風はもう止めて。悪いことしたなら謝るからと、言う)

夏凜(でも、私は答えずにそそりたつ生殖器を取り出して)

夏凜(風の口許にあてがう)

夏凜(風は驚きと嫌悪感を感じる表情を見せたけれど)

夏凜(舐めなきゃ痛いわよ。と言うと)

夏凜(泣きそうな顔で、男性器をくわえる)

173 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/24 09:10:27.18 ur4rlrYiO 114/191


夏凜(風の口に収まった性器の先端を)

夏凜(風の唾液と、ねっとりとした熱っぽさが包み)

夏凜(おそるおそるといった舌が接触を試みる)

夏凜(焦れったい…そう思いながら)

夏凜(風の不慣れな感じが心地よくて)

夏凜(頑張らないとおしっこを飲ませることになると、焚き付ける)

夏凜(すると、風の舌は性器の回りを舐めて、先端を舐めて、裏筋を舐めてと)

夏凜(一心不乱に動き出して…)

夏凜(私は性器にあるものを感じて、風の頭を撫でて言う)

夏凜(頑張ったご褒美に、たんぱく質が出るわ。と)

夏凜(風の舌が止まって、目が見開かれて、顔が強ばる)

夏凜(でも遅い)

夏凜(私は風の口のなかに容赦なく出して…)

夏凜「っ…はぁはぁ…」ギュッ

夏凜(トイレで空しく自慰していた現実に戻った)

174 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/24 09:14:04.51 ur4rlrYiO 115/191


夏凜「なにしてんのよ…私」

夏凜(精液を拭き取って、自己嫌悪に踞る)

夏凜(風は女の子なんだから)

夏凜(男子とどうこうなりたいなんて当たり前なのに)

夏凜(なのに私、妄想とはいえ)

夏凜(風のこと…)

夏凜(その罪悪感に、呻いた)


夏凜の行動 安価下

175 : 以下、名... - 2016/04/24 09:14:41.04 JpqRqX1YO 116/191

身体のことを風に相談

176 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/24 09:19:07.56 ur4rlrYiO 117/191


夏凜「…風、話があるんだけど」

「なに?」

夏凜「ここじゃちょっと」チラッ

夏凜(部室にはもう友奈たちも来ていて)

夏凜(みんなの前ではと言う、態度を見せると)

「わかった」

夏凜(風は快く承諾してくれた)

夏凜(普段子供っぽい風のそんな一面が私は好きだ)

177 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/24 09:23:06.84 ur4rlrYiO 118/191


夏凜(空き教室に風を連れ出して)

夏凜「私、体が男になっちゃったのよ」

「はぁ?」

夏凜(なにも示さずに話すと) 

夏凜(風は思った通りの反応を示した)

夏凜(だから、私は意を決して男性器を見せた)


安価下のコンマ 00から49拒絶 50から99受け入れ

178 : 以下、名... - 2016/04/24 09:25:58.26 BWMw87a6O 119/191

ほぅ

182 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/25 06:23:38.71 a5bxVdLgO 120/191


夏凜「見てこれ」

夏凜(風なら)

夏凜(風なら認めて、相談に乗ってくれると思った)

夏凜(退かないと信じた)

夏凜(なのに)

「な、なにそれ…」ジリッ

夏凜「ふ、風…」

「ッ!」ビクッ

ガタンッ!

夏凜「ぁ…」

183 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/25 06:31:22.99 a5bxVdLgO 121/191


夏凜(風はダメだった)

夏凜(風は引いて、退いて、背後の机にぶつかった)

夏凜(あれだけ男、男といっていたくせに)

夏凜(こんな態度を見せる風に、私は底知れない怒りを覚えて)

夏凜(私がそんなに嫌なのか)

夏凜(私はどうしてもどうなってもダメなのか)

夏凜(そう思い)

「っ…」ビクッ

夏凜(それならもう、妄想のように襲ってしまっても良いじゃないかと。思った)


夏凜の行動か言葉 安価下

184 : 以下、名... - 2016/04/25 06:55:18.37 f3IoSfdMO 122/191

お願い、受け入れて
じゃないと他の子まで襲うかも

185 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/25 07:15:00.20 a5bxVdLgO 123/191


夏凜「お願い、受け入れて」

「な、なんであたしが…」

夏凜「他の子。襲って良いの?」

夏凜(止めろ。言うな)

夏凜(それは脅しだ。脅迫だ) 

夏凜(言ったらダメ。したらダメ)

夏凜(理性がそう訴えたのに)

夏凜「樹の事、とか」

「!」

夏凜「樹の抵抗力なんてたかが知れてるし」

夏凜「襲ったあと、泣き寝入りしてくれそうだし」

夏凜「あたしは…」

「解った!!」

「あたしが…あんたの事。受け入れる」

「それでいいんでしょ…」

186 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/25 07:19:20.92 a5bxVdLgO 124/191


夏凜(風を脅迫してしまった)

夏凜(嫌そうで、悲しそうな顔をさせてしまった)

夏凜(空しい関係を築いてしまった)

「…最低」

「夏凜のこと、信じてたのに」

夏凜(風は悲しそうに言う)

夏凜(そう言われても仕方がないと思う反面)

夏凜(こっちだって信じてたんだ)

夏凜(始めに裏切ったのはそっちだと)

夏凜(理不尽な怒りが沸きだして)


夏凜の行動か言葉 安価下

187 : 以下、名... - 2016/04/25 07:21:40.81 oGwq0UDco 125/191

涙が出てくる。自分だって好きで暴力的な男になったわけじゃないのに

188 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/25 07:45:28.97 a5bxVdLgO 126/191


夏凜(こんな関係になるつもりなんてなかった)

夏凜(部室でやってるような明るさと賑やかさ)

夏凜(それを保持したまま)

夏凜(親友よりも少し先に進みたかった)

夏凜(なのに)

夏凜(私は男になって)

夏凜(風に拒絶されて脅迫して)

「なに、したら良いの」

「おし、えて…」

夏凜(なにやってるのよ…)ギュ…ッ

夏凜(私は…っ)

189 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/25 07:54:46.79 a5bxVdLgO 127/191


夏凜(そう悔やみながら)

夏凜(もう後戻りができないこと)

夏凜(脅迫しないと何もかもが終わりなこと)

夏凜(それを考えてしまう私は)

夏凜(私に逆らえなくなった風は見つめて)

夏凜(性器を怒張させる)

夏凜(汚したいと、欲望か脳裏に犇めく)

夏凜(私は…最低だ)


夏凜の行動か言葉 安価下

190 : 以下、名... - 2016/04/25 07:56:17.96 35NQNyrjO 128/191

長い時間キス

191 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/25 08:17:24.36 a5bxVdLgO 129/191


夏凜「そのまま動かないで」

「………ん!」

夏凜(怒りと、悲しみ)

夏凜(恐れと、軽蔑)

夏凜(それを感じながら、私は風の唇を奪う)

夏凜(唇を重ね合わせて押し付け、押し潰し)

夏凜(風の唇の肉厚を感じ、口許から僅かにはみ出す唾液を舐めとる)

夏凜(うっすらと感じるミントが)

夏凜(風の清潔さを染み出させる)

夏凜(それを汚す罪悪感)

(それを汚す征服感)

夏凜(1つに2つを感じて)

夏凜(私はそれをより感じようと、長く)

夏凜(息が切れるほど長く、キスをした)

192 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/25 08:24:33.01 a5bxVdLgO 130/191


「ん…んーっ!」

「ぅ-っ、んぐっ…っは!」ハァッハァ…

「っ、はぁ…はっ…はぁ…」グイッ

夏凜(風は離れてあげた瞬間)

夏凜(乱れた呼吸をしながら)

夏凜(私を蔑視して…口を拭う)

夏凜「あんた…」

夏凜(そんなに嫌がらなくても良いじゃない)

夏凜(なにも、汚らわしいって言うみたいに)

夏凜(拭わなくたって、良いじゃない…ッ!)


夏凜の行動か言葉 安価下

193 : 以下、名... - 2016/04/25 08:30:52.15 OLm+JpzPO 131/191

パンツ脱がせて風の口にねじ込んでから秘部を舐める

194 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/25 08:34:47.80 a5bxVdLgO 132/191

下着は裏返す?
それともただ丸める?

195 : 以下、名... - 2016/04/25 08:35:32.11 OLm+JpzPO 133/191

丸めてを希望

197 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/25 08:38:08.29 a5bxVdLgO 134/191

ただ丸めるのね
裏返した方が汚く…解った丸めてで

199 : 以下、名... - 2016/04/25 08:42:44.18 fJJt6raBO 135/191

汚い方向に完成しきれないにぼっしーほんと好き

198 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/25 08:41:39.35 a5bxVdLgO 136/191


夏凜「そんなに嫌なら…」グイッ

「やっ、夏凜…っ!」ジタバタ

「止め…て!」バシッ

夏凜「っ」

「ぁ…」

夏凜(風の足を無理矢理広げようとすると)

夏凜(風は激しく抵抗して)

夏凜(その最中、偶然にも風の手が私を叩いた)

200 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/25 09:07:36.52 a5bxVdLgO 137/191


夏凜(それが、私の最後に残った気持ちを壊したのかもしれない)

夏凜(沈黙した空気を)

夏凜「樹がどうなっても良いの? 」

夏凜「あんたが拒絶したら樹をやるって言ってんでしょうが!」

夏凜「嫌なら抵抗すんな!」グイッ

夏凜「私の怒りが吹き飛ばして」

夏凜(黙り混んだ風は頭を床に落とすと)

「ぅ…うぁ…っ、グスッ…ヒッ…」

夏凜(腕で目を隠して、嗚咽を漏らす)

夏凜(私はそれに罪悪感を感じるどころか苛立ち、)

夏凜(無抵抗になった風の下着を剥ぎ取って)

「むぐぅ!」

夏凜(風の口に、押し込んだ)

201 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/25 09:31:38.46 a5bxVdLgO 138/191


夏凜「私の味が嫌なんでしょ?」

夏凜「拭うほど汚いんでしょ?」

夏凜「だったらそれで口直ししなさい」

「ぅ、ぅぅぅ……っ」

夏凜(風が下着を抜こうとする度に)

夏凜(強く手で押し込む)

夏凜「安心しなさい。私も同じ味を感じるから」

「うぐぅ…」

202 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/25 09:44:54.64 a5bxVdLgO 139/191


夏凜(風の秘部に顔を近づけて匂いを嗅ぐ)

夏凜(不衛生な臭いはないし)

夏凜(僅かに生えた陰毛も手入れされている)

夏凜(そして…私とのキスは風の情欲を一切刺激しなかったこと、)

夏凜(風の気持ちが私には傾かないことを示すように)

夏凜(風の割れ目は乾いていた)

夏凜「だったら…ペロッ」

「!」ビクッ

夏凜(濡らしてあげる。私の匂いをつけてあげる)

夏凜「ん…ペロッ…ピチャ…」

「んっふ…ぅ…んっ…ふっふっ…ふーっぅんっ!」ビクビクッ

夏凜(割れ目の表面を舐めて)

夏凜(左右の割れ目の密着する部分を舌先で割り入っていく)

夏凜(すると、風の呼吸は荒々しく熱を持ちはじめて)

夏凜(風の割れ目から微かに透明の液が漏れ始めた)

夏凜の行動か言葉 安価下

203 : 以下、名... - 2016/04/25 09:47:25.25 pQKo3db2O 140/191

慕情を囁きながら乳愛撫と指挿入

204 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/25 10:08:42.86 a5bxVdLgO 141/191


夏凜「私はあんたの事、好きだった」グッ…ップ

「んっ」

夏凜「騒がしいくせに、がさつっぽいくせに」

夏凜「大事なときに…いてくれて。してくれて」グッ

「っぁ…」

夏凜(思いの丈をぶちまけて)

夏凜(欲情もぶちまけて)

夏凜(風の胸を揉みしだき、)

夏凜(秘部に指を挿入する)

205 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/25 10:14:39.35 a5bxVdLgO 142/191


夏凜「気持ちいい?」

「っ」フルフル

夏凜(風は泣きながら首を振る)

夏凜(でも、風の意思に逆らって、体は反応をして)

夏凜「嘘つき」グイッ

「っ!」ビクンッ

夏凜(胸を愛撫しながら、弄る割れ目)

夏凜(快感の涙を流すそれは風を嘲笑うように)

夏凜(クチュクチュと、淫らな音を響かせ)

夏凜(女の臭いを醸し出す)

夏凜(私の…風に入れたい)


夏凜の行動か言葉 安価下

206 : 以下、名... - 2016/04/25 10:15:40.44 6Kp2HJHK0 143/191

オ◯ニーを要求する

208 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/25 10:29:09.08 a5bxVdLgO 144/191


夏凜「風、私にされるの嫌?」

「…っ」

夏凜「正直に答えていいわ」

夏凜(私がそう言うと風は頷く)

夏凜(当たり前だと思いながら、苛立って)

夏凜(勝手に不快になって)

夏凜「じゃあ、止めてあげる」

「ぅ」

夏凜(あえて言葉を選んで希望を持たせて)

夏凜「その代わりに自慰しなさい」

「ぁ…ぅ…」

夏凜(叩き落とした)

209 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/25 10:37:35.15 a5bxVdLgO 145/191


夏凜「やりなさい」

「っ…」

夏凜「やれって言ってんでしょうが」グイッ

「っ、っ…」ポロポロ

夏凜(私がきつく言うと)

夏凜(風は泣きながら自分の割れ目に手を宛がって)

夏凜(ゆっくりと弄り始めた)

210 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/25 10:42:30.90 a5bxVdLgO 146/191


「っ、ん…」ポロポロ

「ふーっ…ん、ふーっふーっ」クチュクチュ

夏凜(泣きながら自慰をする姿は)

夏凜(物凄く惨めで、恥ずかしくて)

夏凜(でも、私はそれを見て)

夏凜(より、興奮していく)

夏凜(風を脅迫している罪悪感よりも)

夏凜(風を支配している幸福感が大きかった)

211 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/25 11:47:16.53 a5bxVdLgO 147/191


「んっ…ぅ…」

夏凜(やらされていても)

夏凜(前戯があったからか)

夏凜(それともイくべきだと必死なのか)

夏凜(風は呼吸を激しく淫らにしていく)

夏凜(もうすぐ…)

夏凜(イかせるか、止めるか)

夏凜(それとも…)


夏凜の行動か言葉 安価下

212 : 以下、名... - 2016/04/25 11:53:16.58 X8rQSKQsO 148/191

樹ちゃんに電話する

ある程度話したあと呼び出す

213 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/25 11:55:08.05 a5bxVdLgO 149/191

風の声を聞かせる?
それとも聞かせない?

214 : 以下、名... - 2016/04/25 11:57:00.67 X8rQSKQsO 150/191

聞かせる
呼び出しの成否も安価だと嬉しい

215 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/25 14:03:49.51 a5bxVdLgO 151/191


夏凜「さてと」タタッタッ

「んぐぅ!」

夏凜(私が電話をかけると)

夏凜(コール音が聞こえたのか)

夏凜(風は手を止めて、首を振る)

夏凜(止めてあげるのか優しさ?)

夏凜(…知った事じゃない)

夏凜「続けろ」

「んーっ」フルフル

夏凜「続けろ!」

「っ…」クチュ…クチュ

216 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/25 14:17:15.36 a5bxVdLgO 152/191


「ぅ…ぅ……」

夏凜(風は泣きながら、ひたすら秘部を弄る)

夏凜(そんな私の耳元でコール音が途絶えて)

《樹「はい?」》

夏凜(目的の人物の声が聞こえた)

夏凜「あぁ、樹。依頼はどう?」

「!」ビクッ

夏凜「……」チラッ

「っ…んっ」クチュクチュ…

夏凜(止めるなんて許さない)

夏凜(樹に聞かせてやる。あんたの醜態を)

217 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/25 14:24:51.14 a5bxVdLgO 153/191


「んっんっ…ふっ…っ」クチュクチュ

《樹「今のところは何とか…」》

《樹「あの、夏凜さんは何してるんですか?」》

《樹「なんか後ろで変な声が…」》

夏凜「あぁ、これ?」

「ぅ…んっ」ギュッ

夏凜(携帯を風の耳に当てると)

夏凜(風は口に手を当てて押し殺しながらも)

夏凜(自慰だけは行って)

「んぅっ!」ビクッビクンッ

「ぅ…」ポタポタ…

夏凜(限界だったのか、イって、涙を溢す)

夏凜(喘ぎ声をもっと聞かせたかったけど…)

《樹「今の、お姉ちゃんですか?」》

218 : 以下、名... - 2016/04/25 14:28:20.08 aQN5Axnso 154/191

この世界は前のスカートめくりボタンと同一? それともパラレル?

220 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/25 14:29:59.87 a5bxVdLgO 155/191

>>218
同じ

219 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/25 14:29:29.42 a5bxVdLgO 156/191


夏凜「そうよ。よく解ったわね」

「ぅ…ぅぅ」ポロポロ…

夏凜(風は足を投げ出して、秘部をさらけ出したまま)

夏凜(泣いて、天井を見つめる)

夏凜(惨めで無様で滑稽で)

夏凜(でも、それがなぜか愛しくて)

夏凜(私はさらに苦しめたいと思った)

夏凜「あ、樹も来れたら来て」

夏凜(そう言って、今居る場所を樹に教えて電話を切った)

221 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/25 14:35:05.94 a5bxVdLgO 157/191


「っは…夏凜!」

夏凜「なによ」

「なんで、なんで樹を呼んだのよ!」

夏凜(樹を巻き込んだからか)

夏凜(風は怒りを露にして、怒鳴る)

夏凜(当たり前だ)

夏凜(風を縛っていたのは樹を巻き込まない為の犠牲)

夏凜(巻き込んだら当然、吠える)

夏凜(雌犬の癖に)

夏凜の行動か言葉 安価下

222 : 以下、名... - 2016/04/25 14:40:56.02 l80QDH+5O 158/191

押し倒してバックで挿入

223 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/25 15:02:00.35 a5bxVdLgO 159/191


夏凜(ああ、もういいや)

夏凜(我慢も限界だし)

夏凜(ヤるか)

「夏り…」

夏凜「うっさい!」

ドンッ…ドサッ…

「っ、や、嫌っ!」ジタバタ

夏凜「本気になればあんたなんか簡単に押さえられるのよ!」グイッ

「やめ、やっ、夏凜っ、お願いっ」

夏凜(風の女っぽい悲鳴を聞き、私はきっと)

夏凜「あははっ、あははははっ」

「やっ、やぁ…い…!」

グッ…ググッ…

「やっ、痛っ、お願…夏り…やっ」

夏凜(自慰をしていた風の秘部は)

夏凜(言葉とは、裏腹に私の男性器を受け入れて)

グプッ…

「ぁ、あ…ぅ……」

夏凜(私の欲望は、風の中に収まった)

224 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/25 17:20:16.16 a5bxVdLgO 160/191


夏凜「自慰のおかげでいい感じだわ」

夏凜「あんたも、思ったより痛くないでしょ?」

「ぅ…っあ」

夏凜(ネットりとした膣内は)

夏凜(私の怒張した男性器をくわえて)

夏凜(ヌメヌメした液体で包む)

夏凜(風の抵抗か、ぎゅっと締め付けるような感覚が襲い、)

夏凜(思わず、唇を噛み締めた)

夏凜(手でしごくのとは違う、適温の締め付け)

夏凜(その心地よさを動かずに感じ)

夏凜(風の両手を掴んでゆっくりと腰を動かす)

225 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/25 17:59:13.42 a5bxVdLgO 161/191


夏凜「っ、く」グプッ…グチュ…

夏凜「んっ…っ」グチュ…クチ…

「うっ…グスッ…っ…ん…」クチュ…グチュ…

夏凜(風の淫らな液が擦れて音を出して)

夏凜(泡立った部分の炸裂音が響く)

夏凜(透明だった液体は段々と薄い赤色が混じり)

夏凜(風の破瓜に現実味を与える)

夏凜(そうだ)

夏凜(私は今、風を襲ってるんだ)

夏凜(そう思っても、もう。止まらない)


安価下コンマ 20以下で樹 ゾロ目なら樹と友奈

226 : 以下、名... - 2016/04/25 18:03:23.34 f6+RD24pO 162/191

ファファファ…

227 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/25 18:12:46.56 a5bxVdLgO 163/191

夏凜の行動か言葉 安価下

228 : 以下、名... - 2016/04/25 18:16:01.50 gN/Hj2HIO 164/191

もう色々諦めてさ、気持ち良くなろうよ

229 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/25 18:36:51.80 a5bxVdLgO 165/191


夏凜(風は泣き呻きながらも)

夏凜(その端々に嬌声が混じる)

夏凜(心が嫌でも体は感じる)

夏凜(そんな風に相対する自分に苦しみながら)

夏凜(突かれる快感に痺れ、委ねたがっているに違いない)

夏凜(だから、私は誘う)

夏凜「もう素直になりなさいよ」

夏凜(風の体を起こし、耳元で囁く)

夏凜「諦めて、快楽に委ねて」

夏凜「気持ちよくなっちゃいなさい」

230 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/25 18:44:31.28 a5bxVdLgO 166/191


「んっ…く…ぁ…ぜっ、たい…」グチュ…クチュ

「ぜったい…やだ…っんっ」グプックチュ

夏凜「体は正直に感じてる癖に」

夏凜「この音」クチュグチュ…グプッ

「…うるさい」クチュプチ…グチュ

夏凜「この匂い。あんたのあそこから出てんのよ?」

「ぅ…うるさっあ…ん…」

夏凜「っぅ」クチュ…グチュ…

231 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/25 18:55:32.45 a5bxVdLgO 167/191


夏凜(ゆっくり突いてるだけなのに)

夏凜(風のイクまいとする姿勢による)

夏凜(膣圧は凄く気持ち良くて、射精してしまいそうで)

夏凜「どう? っ、風、イって良いのよ?」

「やっ、もう…っ、嫌っ」グチュ…クチュ

「夏凜…止めて…っ」

夏凜(風はきっと、絶頂に達してしまうと感じたのだろう)

夏凜(そう、懇願してきた)

夏凜(でも、今止めたら私が…イけない)


夏凜の行動か言葉 安価下

232 : 以下、名... - 2016/04/25 18:58:48.57 aQN5Axnso 168/191

止めない

233 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/25 19:01:52.82 a5bxVdLgO 169/191

激しくする?
今のままゆっくり?

234 : 以下、名... - 2016/04/25 19:02:55.25 B2oQTLQpO 170/191

ゆっくり

236 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/25 19:08:45.25 a5bxVdLgO 171/191


夏凜「イきそうなんでしょ?」グチュ…クチュ

「んっくっ…っぅ」フルフル

夏凜「喘いでおきながら、何言ってんだか」グチュクチュ

夏凜「ならこのままゆっくりじっくり」

夏凜「あんたの子宮突いて、感じさせてあげる」グプッグチュ

夏凜「快楽に逆らえない自分に絶望しながら」グチュクチュ

夏凜「堕ちろ、雌犬」クチュグチュ…ポタタッ

237 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/25 19:19:26.49 a5bxVdLgO 172/191


「っあ…ふーっんっぁぁ…」グ…チュ…クチュ

「んっくっ…んっ…」グプッズニュ…

夏凜「気持ち良いわよ、風」グチュ…グプッ

夏凜「ん…っ、もうイくんでしょ?」

夏凜(自慰によって高まっていた風の体は)

夏凜(我慢に我慢を重ねていて)

夏凜(私の言葉を否定する余裕も無さそうだった)

「っ」フルフル

「ゃ…たく、ない…」フルフル

「んっあっ…嫌…」グチュクチュポタッ…グプッ

「いや、やぁ…っ」ビクッ

夏凜「!」

夏凜(風が耐えきれずイった瞬間)

夏凜(予期しない収縮に巻き込まれた性器を膨大な快感が襲い、)

夏凜(私は)


中か外か 安価下


238 : 以下、名... - 2016/04/25 19:21:24.96 CqNA76cwo 173/191

子宮口に押し付けるようにして中に

239 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/25 19:44:19.19 a5bxVdLgO 174/191


夏凜「あんたの事、母親にしてあげる」グイッ

「っ!」

夏凜「っ、ぅく…」ギューッ

夏凜(風が逃げられないように強く引っ張って)

夏凜(子宮口に押し付けて射精する)

「ぁ、や…出したの…?」

夏凜「もちろん」

「っ……! 放して! 抜いて!」ジタバタ

夏凜「ダメよ。妊娠しないじゃない」

「嫌っ嫌ぁ!」

夏凜「まぁ、もうしてるかもしれないけど」ナデナデ

「ぁ……っ」

夏凜(そう言いながら風のお腹を撫でると)

夏凜(風は抵抗を止めて、泣くことすらなくなって)

夏凜(私が手放すと、秘部から精液と愛液の混じった液を漏らしながらへたりこむ)

「………」

夏凜(部室には性交特有の婬猥な匂いが充満していて)

夏凜(私達の精液や愛液が床を濡らしている)


夏凜の行動か言葉 安価下

240 : 以下、名... - 2016/04/25 19:47:02.19 oGwq0UDco 175/191

こんなに汚されてもかわいいとかずるい
見てたらまた元気になってきたからもう一回戦

241 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/25 19:57:45.45 a5bxVdLgO 176/191


夏凜(…あんたは)

夏凜(あんたは本当に、良い女よ)

夏凜「風」グイッドサッ

「………」

夏凜「まだ、私が満足してないわ」

「…勝手にしたら良いじゃない」

夏凜(風の表情は変わらない)

夏凜(怒ってるような言い方なのに)

夏凜(表情は、暗く沈んだままだった)

242 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/25 20:22:59.26 a5bxVdLgO 177/191


「あたしの意思なんて、関係ないんでしょ?」ポロポロ

「嫌って言っても……」グスッ

「あんたはっ!」ポロポロ…

夏凜(………)

夏凜(風の怒号は悲鳴だ)

夏凜(でも、私には届かない)

夏凜「ええ、そうよ」グイッ…ググッズニュ…

「ん…っ」

夏凜「無理矢理されて、気持ち良くなって」グプックチュ

夏凜「あんたのその醜態が続く限り」グチュ…

夏凜「私はあんたを犯し続ける」クチュ

夏凜「明日も明後日もずっと。永遠に」ズニュ…グプッ

夏凜「あんたは私の性欲の為の女よ」グチュ…

「…っ、くんっ」ビクッ

夏凜「違う」

夏凜「性欲の為の…雌よ」ボソッ

夏凜(風にそう言って、私はまた腰を動かした)

243 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/25 20:28:28.69 a5bxVdLgO 178/191


【 (+皿+)「ふぅ…雌犬吠埼風か」】

【 (+皿+)「凄いな、相棒は」】

【 (+皿+)「まさかこんなことになるとはな」】

【 (+皿+)「ボタンをもう一回押せば戻れるが」】

【 (+皿+)「三好夏凜はその必要が無さそうだからな」】

【 (+皿+)「ん? 続きが見たいって?」】

【 (+皿+)「知らんな」】

【 (+皿+)「そもそもほのぼの系イタズラアイテムじゃないのか?」】

【 (+皿+)「連続で調教ものとか意味がわからん」】

245 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/25 20:38:56.14 a5bxVdLgO 179/191


【 (+皿+)「こっちはそういうの苦手なんだよ」】

【 (+皿+)「全く…」】

【 (+皿+)「言った通り、さっきの性転換アイテムで終わりだ」】

【 (+皿+)「回収は滞りなく終わった」】

【 (+皿+)「ありがとよ。相棒」】

【 (+皿+)「ん?」】

【 (+皿+)「本当に終わりかって?」】

【 (+皿+)「心配するな、アイテムはリストアップしてある」】

【 (+皿+)「全アイテムも確認済だ」】

246 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/25 20:48:44.81 a5bxVdLgO 180/191


【 (+皿+)「さて、今回も聞こうか」】

【 (+皿+)「相棒はよく頑張ったからな」】

【 (+皿+)「希望するものを選んでくれ」】

【 (+皿+)「そんなに居ないだろうが、時間を作るぞ」】


1.勇者部崩壊物語二週目
2.樹と雌犬友奈
3.夏凜と雌犬風
4.2と3合体した世界
5.アイテム物語
6.その他

安価下から暫く投票

247 : 以下、名... - 2016/04/25 20:49:54.49 nKSspLjDO 181/191

5

248 : 以下、名... - 2016/04/25 20:50:45.82 6Kp2HJHK0 182/191

6.可能なら自分が善と悪の二体に分裂して騒ぎになる感じの話
(例えるならDBのピッコロ大魔王と神様、FF4TAの善カインと悪カイン)

無理ならst

249 : 以下、名... - 2016/04/25 20:51:11.56 CqNA76cwo 183/191

6 勇者部雌犬化計画

250 : 以下、名... - 2016/04/25 20:51:27.52 YUzKYUrKo 184/191

5
ゆういつも見たいがほのぼのが良いんじゃー

251 : 以下、名... - 2016/04/25 20:51:35.62 aQN5Axnso 185/191

5 こんどこそほのぼのを

252 : 以下、名... - 2016/04/25 21:00:24.05 711mkL4yO 186/191

6 勇者部の誰かが幽体離脱してしまう話

253 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/25 21:05:40.60 a5bxVdLgO 187/191


【 (+皿+)「締切」】

254 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/25 21:09:12.92 a5bxVdLgO 188/191


【 (+皿+)「アイテム物語か…」】

【 (+皿+)「どうせまた凌辱するんだろ?」】

【 (+皿+)「まあ良い。相棒がそう望むなら」】

【 (+皿+)「そうしようか」】

【 (+皿+)「またいつか会おう」】

【 (+皿+)「あばよ」】

255 : ◆1LkCfPDcFM - 2016/04/25 21:10:43.19 a5bxVdLgO 189/191


【このスレはHTML依頼されています】

【勇者とアイテム物語は】

【いつか始まるでしょう】

256 : 以下、名... - 2016/04/25 21:11:12.47 aQN5Axnso 190/191


エロかった

257 : 以下、名... - 2016/04/25 21:13:34.25 FUSUXbtFO 191/191

乙!
次回も待ってるぜ

記事をツイートする 記事をはてブする