1 : 以下、名... - 2016/02/13 03:30:01.91 E43JOGRm0 1/21

姫菜「ヒキタニくん、よろしくね♪」

パタン

雪乃「なんだったのかしら......」

結衣「ん?ヒッキー?どしたの?」

八幡「......面倒だな」

結衣「へ?なにが?」

雪乃「面倒、というと?」

八幡「つーか、お前ら今の海老名さんが言ってる事の意味がわからないのか?」

結衣「いつも姫菜が言ってる男同士が、ってやつだよね?」

八幡「......簡単に言うと私は誰とも付き合う気がないって事だよ」

元スレ
姫菜「じゃ、そういうことで。修学旅行でもおいしいの、期待してるから」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1455301801/

2 : 以下、名... - 2016/02/13 03:30:23.44 E43JOGRm0 2/21

結衣「えぇ!ほんとに!?」

雪乃「それは戸部くんと、という意味かしら?」

八幡「戸部だけじゃねぇよ。男子そのものだよ」

結衣「そんな......」

八幡「それじゃあ、由比ヶ浜。聞いてみたらどうだ?海老名さんのメアドくらい知ってるだろ?」

結衣「直接聞いてくる!まだ、学校にいるかもしれないし!」

スタスタ、バタン

八幡「お、おい......まぁ、いいか」

雪乃「......それで比企谷くん。今回はどういう方法をとるのかしら?」

八幡「は?」

3 : 以下、名... - 2016/02/13 03:31:04.44 E43JOGRm0 3/21

雪乃「戸部くんが海老名さんの告白を手伝うのとその気がない海老名さんをどうするか、よ」

八幡「ん、まぁ......方法がないわけではないが」

雪乃「比企谷くん」

八幡「お、おう......」

雪乃「文化祭の時のような方法はやめなさい。あなたがあのグループの為に泥を被る必要はないわ」

八幡「あ、ああ......」

八幡(いつになく真面目だな......俺の事を心配してるのか?)

八幡(つーか、海老名さんを悪口を言ったりとか、考えてしまった......)

八幡「俺だってあのグループに義理なんてないし、とにかく由比ヶ浜を待とうぜ。違うかもしれないからな」

スタスタ、バタン

4 : 以下、名... - 2016/02/13 03:31:33.17 E43JOGRm0 4/21

結衣「ヒッキー!ゆきのん!」

雪乃「由比ヶ浜さん。もう少し静かに開けなさい」

結衣「う、うん......」

八幡「で?どうだった?」

結衣「ヒッキーの言う通りだった。姫菜、誰とも付き合う気がないって......」

八幡「そうか」

結衣「ヒッキー、ゆきのん、ごめん」

雪乃「由比ヶ浜さん?」

結衣「あたし、とべっちが姫菜が好きな事も姫菜にその気がないのがわからなかった」

八幡「まぁ、戸部はともかく、海老名さんにその気がないってのはわかりずらいよな」

結衣「それだけじゃなくて......」

5 : 以下、名... - 2016/02/13 03:32:00.82 E43JOGRm0 5/21

八幡「お、おい......」

結衣「とべっちが相談しに来た時......応援するよって、はしゃいじゃって」

雪乃「由比ヶ浜さん?別にあなたが悪いわけじゃないわ」

結衣「で、でもあたし、あのグループにいるのに気付かないなんて」シュン

八幡「雪ノ下の言う通りだ。お前が悪いわけじゃない」

雪乃「ええ、私もこの時点ではどういう方法をとればいいかわからないわ。だから3人でどうするか考えましょう?」

結衣「ゆきのーん......」ギュウウ

雪乃「ゆ、由比ヶ浜さん。抱きつかないでくれるかしら」

八幡(と言いながらあまり嫌そうではない雪ノ下でした)

八幡「で?どうする。このまま戸部が海老名さんに告白して振られる。するとあのグループは気まずくなる」

結衣「それはやだな......」

6 : 以下、名... - 2016/02/13 03:32:41.15 E43JOGRm0 6/21

八幡「まぁ、俺はあのグループはどうなろうと知ったこっちゃないがな」

雪乃「あら、まことに遺憾ながらそれだけは同感よ。比企谷くん」ニコ

八幡「遺憾は余計だろ......」

結衣「ええー、......くっつく方向に考えられない?」

八幡「無理だろうな。俺達に出来るのはいい雰囲気や場所を提供するだけだ」

雪乃「そうね。しかもそういった事をしても振られるのは確実と......」

八幡「ああ。そもそも、海老名さんにその気がないわけだからな」

結衣「じゃあ、とべっちが告白するのを諦めるしかないの?」

八幡「そうだな。それを説得するしかないか」

結衣「ヒッキーがするの?」

7 : 以下、名... - 2016/02/13 03:33:13.47 E43JOGRm0 7/21

八幡「少なくともお前じゃダメだろ。あのグループの一員なんだからな」

結衣「うぅー」

雪乃「それであなたに出来るの?比企谷くん?」

八幡「......やるしかないだろ」

八幡(お前じゃボロクソ言いそうだしな)

八幡「由比ヶ浜。戸部の連絡先は知ってるよな?」

結衣「うん」

八幡「それじゃあ、あいつが部活を終わった後でいい。話があると伝えてくれ」

結衣「いいよ。あれ?隼人くんは?」

八幡「......葉山はただの付き添いだろ?戸部だけでいい」

8 : 以下、名... - 2016/02/13 03:34:01.34 E43JOGRm0 8/21

ーーーーー
ーーーー

戸部「おぉー、わりぃわりぃ。待たせた?ヒキタニくん」

八幡「いや、こちらこそ部活が終わってすぐに呼び出して悪かった」

戸部「いいって!それで話って告白の事?」

八幡「......ああ。今回の件については諦めてくれ」

戸部「はぁ!?そりゃねぇべよー!」

八幡「俺達に出来るのは告白の手伝いだけだ。だがそれで成功する事はありえない」

戸部「やってみなくちゃわからねえっしょ!」

八幡「これはここだけの話にしてくれるか?」

戸部「ここだけ?」

八幡「海老名さんは誰から告白されても付き合う気はないそうだ」

9 : 以下、名... - 2016/02/13 03:34:31.95 E43JOGRm0 9/21

戸部「マジ!?」

八幡「ああ、仮に葉山が告白しても振られるだろうな」

戸部「で、でも隼人くんの好きな人って......」

八幡(イニシャルでYだったか。まぁ、実際に葉山が海老名さんに告白する事はないだろうが)

八幡「今のは例えだ。葉山だろうが戸部だろうが結果は同じと言いたいだけだ」

戸部「ヒキタニくん......まさか俺が海老名さんの事を好きで告白するのが面白くないとかじゃねぇよな?」

八幡「それもない。もし、そうならお前に殴られる」

戸部「そこまでは......」

八幡「戸部、もしお前が海老名さんに告白して振られたらあのグループはどうなると思う?」

戸部「気まずくなる?」

10 : 以下、名... - 2016/02/13 03:35:04.38 E43JOGRm0 10/21

八幡「そうだ。言い方が悪いがお前のせいという事にもなるぞ?」

戸部「でも俺さ、こういう適当な性格だけど本当に海老名さんの事が......!!」

八幡「......ああ、その気持ちは疑わねぇよ」

戸部「やっぱなんかいい方法ない?ヒキタニくん?」

八幡「今、告白してもダメだとは思ってる」

戸部「へ?」

八幡「普通に高校卒業する時にでもいいんじゃないか?その頃には海老名さんの考えも変わってるかもしれないぞ」

戸部「おぉー!そっちの方がいいかも!」

八幡「来年は受験で忙しくなるがクリスマスとかバレンタインとかそれらしいイベントもまだまだあるからな」

戸部「そういうイベントをこなせば卒業までに告白してOKもらえるかな?」

11 : 以下、名... - 2016/02/13 03:35:31.60 E43JOGRm0 11/21

八幡「それはこれからのお前次第だ。それまでにポイント......」

八幡(ポイントってなんだよ。小町かよ......)

戸部「ん?ポイント?」

八幡「なんでもない。海老名さんの気を引くように努力すればいいんじゃないか?」

戸部「そっかぁ......わかった!俺頑張るよ!」

八幡「そうか」

戸部「つーことでわりぃ。今回の依頼はなしって事で!」バンバン

八幡「いて」

戸部「うっしゃあ!見てろよ!海老名さん!」

ダッダッダッダッ

八幡(つーか、あれで納得してくれたのかな)

スッ

12 : 以下、名... - 2016/02/13 03:36:03.27 E43JOGRm0 12/21

結衣「ヒッキーお疲れー」

雪乃「上手くいったようね」

八幡「お、お前ら見てたのかよ......」

結衣「そりゃ気になるし」

雪乃「あなたの事だから妙な説得をするとも思ったわ」

八幡「妙ってなんだよ」

結衣「まーまー、でもちゃんとわかってくれてよかったね。はい」スッ

八幡(おお、MAXコーヒーだ......)

結衣「ゆきのんが買おうっていったんだよねー、お金はあたしが出したんだよ」

八幡「わ、悪いな」

雪乃「こ、今回の事に関する労いよ。感謝しなさい」

八幡「へいへい......」

13 : 以下、名... - 2016/02/13 03:36:31.25 E43JOGRm0 13/21

ーーーーー
ーーーー

小町「......」モグモグ

八幡「......」モグモグ

小町「そんでお兄ちゃん。修学旅行はどうだった?」

八幡「別になにもねぇよ」

小町「えー、雪乃さんや結衣さんの仲が進展したとかそういう話が聞きたいなー」

八幡「残念ながらそういう話はございません」

小町「ちぇー......ってお兄ちゃん」ズイ

八幡「な、なんだ」

小町「目の濁りがちょっとなくなってきた気がするよ!」

八幡「マジ?俺、鏡を見たけど普通に何も変わってないぞ?」

小町「間違いないよ!ずっとお兄ちゃんの事を見てるからこそ分かる事だよ!あ、今の小町的にポイント高いかも」

八幡「はいはい高い高い」

14 : 以下、名... - 2016/02/13 03:37:04.83 E43JOGRm0 14/21

ーーーーー
ーーーー

コンコン

雪乃「どうぞ」

姫菜「失礼します......」

結衣「姫菜?どしたの?元気ないね?」

八幡(つーか、いつもの挨拶がないな。結局、修学旅行では何もなかったが問題ないよな?)

姫菜「この間の事......ごめんなさい......」

結衣「姫菜?」

姫菜「結衣にもちょっと言ったけどちゃんと依頼すればよかったなって......」

雪乃「ええ、悪いけれどあれだけでは私にも意味がわからなかったわ」

姫菜「うん......」

15 : 以下、名... - 2016/02/13 03:37:35.60 E43JOGRm0 15/21

雪乃「幸い、そこの目が腐ってる男がその意味を理解したみたいだけれど」

八幡「おい、一言多いぞ」

姫菜「あはは......私も腐ってるからちょうど理解してくれたんじゃないかな?」

結衣「まぁまぁ、結局気まずい事にならなくてよかったじゃん!」

雪乃「そうね」クス

姫菜「それにしてもあれだけで気付くなんてヒキタニくん流石だね」ニコ

八幡「ま、まぁ、こいつらも言ってるが次は普通に言ってくれな?」

姫菜「うん、それで今回の件でヒキタニくんの事、やっぱりすごいな~って思って」

八幡「......買いかぶりすぎだ」

姫菜「そんな事ないよ?私達って意外とお似合いかも?」

16 : 以下、名... - 2016/02/13 03:38:10.40 E43JOGRm0 16/21

八幡「は?」

姫菜「比企谷くん」

八幡(比企谷!?)

姫菜「私達付き合っちゃおうか?」

八幡「」

結衣「なっ!?姫菜?」

姫菜「だめ?」

雪乃「そうよ。この男だけはやめておきなさい」

姫菜「どうして?別に2人のどちらかと実はそういう関係とかじゃないよね?」

雪乃「もちろんよ。そんな事あるわけないわ」

姫菜「なら別に問題ないよね?この部に迷惑は掛けないつもりだよ?」

17 : 以下、名... - 2016/02/13 03:38:40.90 E43JOGRm0 17/21

雪乃「......」

姫菜「比企谷くん?」

八幡「いやいや、問題ありまくりだろ」

姫菜「え~。私の事好みじゃない?この間文化祭で見たお姉さんを含めて雪ノ下さんほど美人じゃないし」

八幡「そうじゃなくてだな......」

姫菜「やっぱりこれか~。私、結衣や優美子ほど大きくないからね~」

結衣「ちょ!?姫菜!自分の胸を揉まないでよ!ってかヒッキー!」ムー

八幡「俺に言うな。海老名さんに言え」

姫菜「それでどうかな?比企谷くん?」

八幡「ダメに決まってるだろ」

姫菜「え?私振られた!?」

18 : 以下、名... - 2016/02/13 03:39:06.97 E43JOGRm0 18/21

八幡「振ってないからな?そもそも万が一、俺と海老名さんが付き合うとなると戸部にぶっ殺される」

姫菜「それは嫌だね」

八幡「戸部からすれば寝取られたようなもんだぞ。意味が分かるよな?」

姫菜「うん、つまり隼人くんと比企谷くんの仲に嫉妬したとべっちが無理矢理、比企谷くんに乱暴するんだね」ハァハァハァ

八幡「......言ってる事は気持ち悪いし理解したくないがその通りだ」

姫菜「友情・努力・陵辱だよ!」

八幡「だからわかりたくねぇよ。それにせっかくの依頼が無駄になる」

姫菜「う~ん。やっぱりそうなるかなぁ。じゃあさ、この奉仕部に入っていい?」

八幡「はぁ?」

結衣「姫菜?」

19 : 以下、名... - 2016/02/13 03:40:01.34 E43JOGRm0 19/21

姫菜「大丈夫だよ?そうなっても結衣と優美子の友情は変わらないし」ニコ

結衣「う、うん......それは嬉しいだけどさ」

姫菜「雪ノ下さん?ダメかな?」

雪乃「ダメという事はないけれど......」

姫菜「ほら!この間の体育祭でも私、アイデア出したじゃん!きっとこれからもお役に立てると思うよ!」

雪乃「ええ、そういった意味では助かったわ」

結衣「ゆきのん、姫菜を入れてもいいんじゃないかな?」

雪乃「そうね......それで念のために一応聞いておくけれど寝取られ谷くん」

八幡「お前それ、意味分からないで使ってるだろ」

雪乃「海老名さんが入部する事に問題でも?」

八幡「ここで俺が反対しても無駄だしな。本人が入りたいんならいいんじゃねぇか?」

雪乃「という事で海老名さん。奉仕部へようこそ」

姫菜「ありがとう~」


姫菜「それとこれからもよろしくね比企谷くん♡」


おわり

20 : 以下、名... - 2016/02/13 03:40:31.04 E43JOGRm0 20/21

何番煎じと言われても仕方ありませんが
気まぐれにこんな話が書きたくなりました

22 : 以下、名... - 2016/02/13 03:47:21.73 r2efwKdDO 21/21


何番煎じとか言ってるけど意外とこういうのは見たことないかも
すんなり解決しちゃうのはある意味盲点

記事をツイートする 記事をはてブする