1 : 1 - 2016/02/16 12:40:56.80 5CAzYMZoO 1/16


 「よーしよし。ほら、ロコン!はしゃぎながら食べないの!」フキフキ


 ロコン♂「んむぅ~~」イヤイヤ

 
 「こらこらイヤイヤしない!」フキフキ


 ウィンディ♀「ねーちゃーん?あたしのネックレス知らなーい?」キョロキョロ


 「知るかリア獣がっ!キッチンのとこにでも置いてんじゃないの」モグモグ


 ウィンディ♀「キッチン?・・・」スタスタ,アッ,アッタ!


 「まったく、貰ったものはちゃんと自分で管理しなさいっての」


 ロコン♂「アチッ!」ピチャッ


 「あ、ロコン大丈夫?」アセ


 ロコン♂「あひゅかっひゃぁ」ウルウル

 
 ユキメノコ♀「じっとして・・・」ピトッ,シュゥゥ...

 
 ユキメノコ♀「・・・はい。もう大丈夫」スッ


 ロコン「あ、なおったー♪ありがとう、ユキちゃん!」


 「こーら。お姉ちゃんでしょ?ありがと、ユキメノコ」ナデナデ


 ユキメノコ♀「・・・お気になさらず」
 

元スレ
ロコン♂・ウインディ♀「マスター!/姉ちゃん」ユキメノコ♀「・・・」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1455594056/


【関連】

スピアー♀「ご主人様、朝です」 男「んー・・・」
http://ayamevip.com/archives/46859322.html

ゴースト♀「主さま!」 友人B「あぶね!」
http://ayamevip.com/archives/46859372.html

3 : 1 - 2016/02/16 12:59:07.57 5CAzYMZoO 3/16

 ウィンディ♀「じゃっ。行ってくるわ」タタッタタッタタッ


 「遅くならないようにねー!」カチャカチャ


 ロコン♂「こんっ♪」ポーンッ


 ユキメノコ♀「・・・」ポンッ


 「よーっし。洗い物おーわりっと」


 ロコン「マスター!あそぼあそぼ!」ピョンピョンッ


 「はいはいっ。じゃあ外で遊ぼっか」


 ロコン♂「うんっ!」


 「ユキメノコも行く?帰りついでに買い物に行くけど」


 ユキメノコ♀「・・・いえ、お留守番してます」


 「え・・・あぁ、そう・・・じゃあお願いね」


 ユキメノコ♀「はい。・・・行ってらっしゃいませ」


 ロコン♂「行ってきまーすっ!」

5 : 1 - 2016/02/16 20:08:41.12 HaaFj+OC0 4/16

 ユキメノコ♀「・・・」ゴシゴシ


 ユキメノコ♀「・・・フーッ」キラキラキラ

 
 ユキメノコ♀「・・・」ゴシゴシ
 



 「けんっけんっぱ、けんぱっ」タントントンッ、タンタン
 

 ロコン♂「あきた~」

 
 「早!?まだ2回しかたってないわよ?」


 ロコン♂「だって~・・・他のあそびしよ!」ピョン


 「ん~・・・じゃあ何したいの?」


 ロコン♂「なわとび!」


 「いや、それ普通3人じゃないと・・・小さいのなら別として」


 ロコン♂「えぇ~・・・じゃあさユキちゃん呼ぼうよ!」


 「あぁ、ユキメノコ・・・は、お留守番中だしなぁ」


 ロコン♂「でも最近ずっとお留守番ばっかりしてるから、お外に出てあそばないとウインディ姉ちゃんみたいになっちゃうよ?」


 「それ絶対にウインディの前で言ったらだめよ」


 ロコン♂「なんでー?」コテン


 「お仕置きだいもんじされるわよ」ハァ


 ロコン♂「もらいびで大丈夫だもーん」ニパー


 「あんたは大丈夫でも住む所無くなるわよ!」

6 : 1 - 2016/02/16 20:47:10.86 HaaFj+OC0 5/16


 「くっしゅん!あぁ、寒っむ・・・」ブルブル


 ロコン♂「大丈夫?」


 「寒くて凍えちゃうわ・・・ロコン、ぎゅ~~」ギュッ


 ロコン♂「ぎゅ~~~!」ピコピコ


 「はぁ~~、温かい・・・さてとお買いもの行こっか」スタスタ


 ロコン♂「うん!でも、何買うの?」ピコピコ


 「何言ってんの、明日は特別な日でしょ?」スタスタ

 
 ロコン♂「ん~・・・?・・・あっ!」ピンポーン


 「そう言う事っ」ウインク


 
 ユキメノコ♀「・・・」


 ユキメノコ♀「ズズ・・・」つ旦


 ユキメノコ♀「・・・フゥ」コトッ


 

 ロコン♂「あ、ウインディ姉ちゃんだ!」フリフリ


 ウインディ♀「お、姉ちゃん。ロコンも」


 「珍しいじゃない。今日は早帰り?」


 ウインディ♀「今日は午後から仕事入ってるみたいでね~。姉ちゃんたちも今から帰るの?」


 ロコン♂「ううん、これから明日の準備だよ!」


 ウインディ♀「準備?・・・あっ、あぁ!そっかそっか!」


 「ウインディも一緒に行く?」


 ウインディ♀「もち!新作のケーキ見てみたかったから」


 「アンタのために買うんじゃないのよ」グリグリ


 ウインディ♀「いてててて、わ、わかってるって」ズキズキ

7 : 1 - 2016/02/16 22:47:38.90 HaaFj+OC0 6/16


 ユキメノコ♀「・・・」ジュージューッ!


 ユキメノコ♀「・・・」パクッ


 ユキメノコ♀「ハフハフ・・・」アチチッ


 ユキメノコ♀「・・・悪くない」



 
 「確かユキメノコは渋い味が好きだったわよね~」


 ウインディ♀「あぁ、そうだったなぁ。何であんな味が好きなんだろ」ウェ


 「チーゴの実をそのまま頬張るあんたが言うかっ」


 ロコン♂「ウイの実とカゴの実があるよ!」


 「おっ、それとそれ、決定~」


 ロコン♂「あ、モコシの実だ!」


 「おぉ!それにラブタの実も!」


 ウインディ♀「うぉぇっ!!ちょあたし無理!」ダダダダッ


 
 ユキメノコ♀「・・・」


 ユキメノコ♀「・・・そろそろ、お帰りになられますね」スク、フヨヨ~


 
 「いい?明日、ユキメノコの誕生日だってことを、わざと忘れてたって事にしてサプライズするわよっ」


 ロコン♂「うん!わかった!」


 ウインディ♀「へーい」

 
 「さて、家に入ろっ」


 
 ユキメノコ♀「・・・」ガチャリ


 「たっだいま~」ガサガサ


 ロコン♂「ただいまー!ユキちゃん」


 ウインディ♀「たーいまー。ユキ姉~」


 ユキメノコ♀「おかえりなさい・・・」ニコリ

8 : 1 - 2016/02/16 23:00:45.86 HaaFj+OC0 7/16


 「悪いわね~。半日留守番させちゃってて」ガサガサ


 ユキメノコ♀「いえ。お気になさらず・・・」フヨヨ


 ロコン♂「ん~~!良い匂いがする!」スンスン


 ユキメノコ♀「夕食のご用意はできてますので」


 ウインディ♀「今日はメニューは何?」


 ユキメノコ♀「ふっかつそう炒めと、ヒメリの炊き込みご飯。あとマトマのスープですよ」



 「じゃ、手を合わせて」パン


 ロコン♂ウインディ♀「いただきまーす!」


 ユキメノコ♀「いただきます」ペコリ


 「うんっ、さっすがユキメノコ。このスープの隠し味は、ネコブの実ね」ズズ


 ユキメノコ♀「ご名答です」


 ロコン♂「おいしー!」ポロポロ


 「ほら、朝も言ったでしょ。はしゃぎながら食べないって」フキフキ


 ユキメノコ♀「・・・あの、みなさん」


 ウインディ♀「ん?どした、ユキ姉」ムシャムシャ


 ユキメノコ♀「明日は、何の日か覚えていますか?」


 ロコン♂ウインディ♀「」ギクッ


 ウインディ♀「(ちょちょちょちょ!姉ちゃん!?予想外のことが発生したんだけど!?)」ヒソヒソヒソヒソ


 「(わわわわ、私もちょっとテンパってるわよ!まさか、自分から聞いてくるってことはしない子だと思ってたのに・・・)」ヒソヒソヒソヒソ


 ウインディ♀「(それは何か失礼な気がするぞ)」ヒソヒソヒソヒソ


 「(控えめな子って意味で言ったのよ)」ヒソヒソヒソ


 ロコン♂「えっとね、明日は((女「あぁ!あんな所から雨漏りしてる!」ビシッ!


 ユキメノコ♀「え・・・?」クルン


 「(ロコン!さっき言ったばっかなのにもう忘れたの!?)」


 ウインディ♀「(サプライズで、驚かせようって言ったじゃんか!)」


 ロコン♂「(あ、ごめん)」

9 : 1 - 2016/02/16 23:10:01.25 HaaFj+OC0 8/16


 ユキメノコ♀「・・・どこも、雨漏りはしてないようですが・・・?」


 「あんれ~?私の気のせいだったのかな~?あはは!」

  
 ウインディ♀「まったくもう姉ちゃんは~。てか今日雨降ってもないし」アハハハ


 「あ、それもそっか!アハハ!」


 ユキメノコ♀「・・・」


 
 「ユキメノコ、またお留守番お願いするわね」


 ユキメノコ♀「はい。今日の代わり風呂が草津の湯だと良いですね」


 「ふふっ、じゃあ。ユキメノコもうんと冷たーいお風呂満喫してね」


 ユキメノコ♀「はい・・・」


 

 ユキメノコ♀「・・・」チャプン


 ユキメノコ♀「・・・」


 ユキメノコ♀「・・・迷子の、迷子の、ニャースちゃん・・・あなたの、お家はどこですか・・・」

 
 ユキメノコ♀「お家を聞いても、わからない・・・名前を、聞いてもわからな、い・・・ニャーニャー、ニャニャー、ニャニャニャー・・・」


 ユキメノコ♀「泣いて、ばかりいる、ニャース、ちゃん・・・ヘルガーのおまわり、さん・・・困って、しまって・・・」


 ユキメノコ♀「・・・」ポロリ
 



 ウインディ♀「あ゛ぁ゛ぁ゛・・・良い湯だなぁ」

 
 ロコン♂「熱いーーー!!」バシャバシャ


 「あんなほのおタイプのくせに何言ってるの!湯冷めするわよ!」バシャバシャ

10 : 1 - 2016/02/16 23:21:42.97 HaaFj+OC0 9/16


 「はぁ~、お風呂でリフレッシュするつもりが余計に疲れた・・・」


 ロコン♂「ツヤツヤ~」ツヤツヤ


 ウインディ♀「さて、帰って寝ようっと」ファァ


 「そうね。明日の準備も兼ねて、早めに寝ましょう」


 
 
 「・・・あれ?」ガチャガチャ


 ウインディ♀「ん?どうした?」


 「開かない、おーい。ユキメノコ~?開けて~?」


 ウインディ♀「・・・ん?」


 ロコン♂「開かない・・・」


 「え、ちょっと」ガララ


 ウインディ♀「窓は開いてるのか」ガクッ


 「ユキメノコー?」ヒョコッ


 ロコン♂「・・・寝ちゃったのかな?」


 ウインディ♀「いや、気配がしない。部屋に居ないぞ」


 「えっ・・・あっ、ポストに何か・・・」スッ、チャリン


 ロコン♂「あ、カギだ」


 「え・・・?」ピラ


 [家を開けたまま出ていくのは危険だと思いましたので、この手紙と一緒に置いて行きます ユキメノコより]


 「これって・・・」


 ウインディ♀「・・・まさかの家出?」


 「ユキメノコ!」ダッ


 ロコン♂「マスター!?」


 「ウインディ!ロコンと一緒に家で待ってて!」

11 : 1 - 2016/02/16 23:28:11.32 HaaFj+OC0 10/16


 「ユキメノコー!どこー!?」


 「こんな真っ暗なのに・・・」


 「・・・もしかして、あの時答えなかったのがいけなかったのかな・・・」

 
 「っぁあもう!私は余計なことしてすぐ迷惑かけるんだから!」ペシッ!


 「ユキメノコー!」




 「ユキメノコー!どこなのー!」タッタッタッ


 「おい、女。どうしたんだ」


 「あ、男!ちょうどよかったわ、ねぇユキメノコ見なかった?」ハァハァ


 「ユキメノコ?いや、見てないけど・・・?」
 

 「そう・・・困ったわね・・・」


 マニューラ♀「どうかしたのー?」


 「それがね、何でかわかんないんだけど、さっき家を出て行っちゃって・・・」


 「何だ?ケンカでもしたのか?」


 「違うの。ケンカじゃないんだけど・・・とにかく、探しに行かないとって」


 「そうか。もし見かけたら連絡するよ」


 「ありがとう、男。じゃあ、おねがいね!」タッタッタッ

 
 
 「はぁっ、はぁっ・・・」


 「どこ行っちゃったのよ・・・ユキメノコ・・・」

12 : 1 - 2016/02/16 23:42:45.35 HaaFj+OC0 11/16


 「は、はっくし!」
 

 「うぅ、こんな寒かったら風邪ひいちゃうわよぉ・・・」


 「・・・ってあの子、こおりタイプだった」


 「・・・あっ」



 
 ユキメノコ♀「・・・迷子の、迷子の、ニャースちゃん・・・あなたの」キーコ、キーコ


 「お家はどこですか~?」


 ユキメノコ♀「!?」ビクッ


 「こーんばーんはっ。ユキメノコちゃんっ」


 ユキメノコ♀「ど、どうして・・・」


 「あなたと初めてここで出会ったのよね・・・あの滑り台の下で」


 ユキメノコ♀「っ・・・」


 「・・・私が小さかった頃、すすり泣く声が聞こえて滑り台の下を覗き込んだら、ユキワラシだった時のあなたが泣いててたの今でもよく覚えてるわ」


 「こおりタイプなのに凍えることってあるのね。それにびっくりしちゃったわよ」キーコキーコ


 ユキメノコ♀「・・・凍えてたんじゃ、ないんですけどね・・・」


 「・・・」キーコ、ピタッ


 「・・・寂しくて、怖かったのよね?」


 ユキメノコ♀「・・・」コクリ


 「・・・あとでジュンサーさんに手伝ってもらって、あなたの持ち主を捜したわよね」


 ユキメノコ♀「・・・」


 「・・・」


 ユキメノコ♀「・・・私の、帰るところはもう、無くなっていました・・・」


 「・・・ポケモンと、人の命の長さは別格だからね・・・」


 ユキメノコ♀「・・・私は・・・私には、もう・・・帰るところは、無いんでしょうか」


 「・・・どうして?」

13 : 1 - 2016/02/17 00:02:31.38 23zUgXyb0 12/16


 ユキメノコ♀「私は・・・居候として、暮らしているです」


 「・・・もうそんなの無しにしたはずよ?」


 ユキメノコ♀「・・・」ピラ


 「?・・・!」カサ


 [拝啓 女へ
  お元気ですか?あなたが家を飛び出して、お父さんもお母さんも兄弟たちも心配です。
  生活費の方は、安定していますか?
  もし生活が苦しくなってきたら、ユキメノコは誰かに引き取ってもらったらどうですか?ロコンやウインディは頼りになる、パートナーだと私は信じていますがユキメノコだけは、どうも信用できません。
  あの怪しい瞳を見ていると、私は悪寒が走って夜も眠れません。
  もしも何かあったら、連絡をください。  母]


 ユキメノコ♀「・・・」


 「・・・」スクッ


 ユキメノコ♀「・・・マスター」


 「・・・」ビリビリビリッ!


 ユキメノコ♀「!?」


 「あらら~、びりびりに破けちゃった~!もう直せないや~!あっはっは~!」パラパラ


 ユキメノコ♀「な、何を・・・!?連絡先が」


 「・・・ユキメノコ」クルン

 
 ユキメノコ♀「・・・は、はい?」


 「ハクナマタ~タ~!」クルンクルン


 ユキメノコ♀「・・・?」


 「これが今の私達の意義よ。よく覚えておきなさい?」


 ユキメノコ♀「・・・えっと、意味がわからないのですが・・・」


 「どうにかなるさ・・・って意味。私達の生活ってちょっと荒っぽいけどいつもどうにかこうにかで生きていけてるから、相応しいでしょ?」


 ユキメノコ♀「ま、まぁ・・・はい・・・」

14 : 1 - 2016/02/17 00:11:44.63 23zUgXyb0 13/16


 「・・・じゃ、帰ろ?」


 ユキメノコ♀「で、でも・・・」


 「・・・あっ・・・いっけない!もう後30分くらいで明日になっちゃうわ」


 ユキメノコ♀「?、それが・・・何か?」


 「なぁっ!?自分から聞いてきたのに忘れちゃったの!?」ズッコケ


 ユキメノコ♀「え・・・?」


 「ほら、帰るわよっ!」ギュッ


 ユキメノコ♀「ひゃっ!ちょ、ちょっとマスター・・・!?」

 
 
  
 「ただいまー!」


 ロコン♂「あ、お姉ちゃん・・・ユキちゃん!」


 ウインディ♀「何だよもぉ~~~!ユキ姉、心配させるなよ!」


 「はいはい、ウインディ、ロコン。準備するわよ」


 ロコン♂「え?」


 ウインディ♀「準備って・・・明日じゃ」


 「その明日が、もう後10分しかないのよ!さっ、準備準備!」


 ウインディ♀「わ、わかった」ドタバタ


 ロコン♂「はーい」

 
 「はい、あなたはここっ」ポスッ


 ユキメノコ♀「あ、あの、何を・・・?」


 「はい目は隠しー」


 ユキメノコ♀「え?えぇ・・・?」

15 : 1 - 2016/02/17 00:22:41.90 23zUgXyb0 14/16


 「じゃあ3,2,1で手離していいわよ」


 ユキメノコ♀「は、はい・・・?」


 ロコン♂「321!」


 ウインディ♀「早っ!?」


 ユキメノコ♀「・・・え・・・?」

 
 ロコン♂「しぶい木の実タワー!ユキちゃんが好きな物しかないんだよ!」


 「いやぁ~、本当はケーキでお祝いしようと思ってたんだけど、緊急事態で急きょこうなっちゃいましたっ」
 

 ウインディ「急いで作ったから、変になったけど味はもう確かだよ。ユキ姉」

 
 ユキメノコ♀「こ、これを・・・私の、ために・・・?」


 「もっちろん。誕生日って本当は産んでくれた人のためにあるってクソババアが言ってたけど、今の私達にとって誕生日は私達を笑顔にしてくれたり幸せを運んでくれるあなたが居てくれたことを感謝するためにあるのよ」


 ユキメノコ♀「・・・マス、ター・・・」ウルウル


 「ユキメノコ・・・あなたの居るべき場所は、ここよ」ナデナデ


 ユキメノコ♀「・・・っ・・・ぃ・・・はい・・・」ポロポロポロ


 ロコン♂「ユ、ユキちゃんどうしたの?どこか痛いの?」


 ユキメノコ♀「スン・・・ううん。大丈夫・・・ありがとう、ロコン」ニッコリ


 ロコン♂「あ、笑った!大丈夫なんだね」ニッコー


 ユキメノコ♀「ええ・・・」


 ウインディ「じゃ、点火すっか」


 ロコン「わーい!」


 「間違えてもかえんほうしゃはやめなさいよ」


 ユキメノコ♀「ふふっ・・・」クスクス

16 : 1 - 2016/02/17 00:27:20.68 23zUgXyb0 15/16


 ~数日後~


 「よし、ビシっと決めた!いざ面接へぇ~~!」ドドーンッ


 ウインディ♀「これで落ちたらまたバイト生活続くな」


 「いや、マジでそれだけはやだ」


 ロコン♂「がんばってね、マスター!」ピョンピョン


 「うん、がんばるわよ~!」ウリウリ

 
 ロコン♂「うきゅ~~♪」


 ウインディ♀「ほらっ、さっさとしないとバス遅れるわよ」


 「あ、やっば!じゃあ行ってくるわ!」


 ユキメノコ♀「あっ、マスター」


 「ん?」


 ユキメノコ♀「・・・これ」


 「これ・・・お守り?」


 ユキメノコ♀「必勝祈願です・・・頑張ってくださいね」


 「・・・うんっ。ガンバルダンバル!ってね」ニカッ


 -完-

17 : 1 - 2016/02/17 00:31:09.73 23zUgXyb0 16/16

これにて、終わりです。オマケは書きません
わかり辛いと思うんですが、設定では女はボロアパート暮らしです。
あと>>11の「さっき家を出て行った」と変な風になっていたのは、元々の内容が前作のオマケで内容が矛盾しちゃったのでそんな風になりました(;´⊿‵)ハァ

記事をツイートする 記事をはてブする