2 : ◆dbGyYYDw8A - 2016/03/01 23:54:27.44 ID2wz+Keo 1/84

『響のレディー予報』

「……朝か。今日も私が一番早起きだね」

「さて、皆を起こさないと。そうだね、まずは暁からだ」

「きゅーそくせんこー」モゾモゾ

「ぷはっ。今日も暁の寝顔はかわいいな」

「……こほん」

「一人前のレディーの卵である、良い子の皆。おはようございます。今日のレディー予報の時間です」

「早速ですが、緊急速報です。鹿屋基地で発生した大型レディー『暁』が徐々に勢力を増しながら北上」

「既に改二レベルへと到達し、翌日にはレベル95となるでしょう」

「レディー予報士の響さん。公共交通機関への影響はどうなるのでしょうか?」

「現場の響さん? 今なんて?」

「えーっと、どうやら暁のレディー度が強すぎて、声がスタジオに届かない様です」

「さすがレディーですね。一人前のレディーは伊達じゃない」

「耳元で一人二役の妙なニュースやってんじゃないわよおおおおおぉ!? 暁を台風扱いしないでよねっ!?」

「おはよう姉さん。良い朝だね」

「あんたの妙な演技さえなければね!」

元スレ
【艦これ】電「賑やかな鎮守府の日常なのです」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1456844022/

3 : ◆dbGyYYDw8A - 2016/03/01 23:54:56.96 ID2wz+Keo 2/84

「妙とは失礼だね。私は暁がいかにレディーであるかを称えようとしただけなのに」

「皮肉っているようにしか思えなかったわよ!」

「えっ!? ……ごめん」

「え? まさか本気で褒めているつもりだったの?」

「……うん」

「えっと……その、こっちこそごめん」

「……いいさ。別に気にしてない」

「そ、そう?」

「ああ、私が悪かったのは事実だからね」

「響……」

「さて、次は雷と電だ。かわいい妹達をどうやって起こしてあげようか」

「そうだな……阿武隈さんの声真似で起こしてあげよう」

「電ちゃん、雷ちゃん。今日もいい天気だよ。こんな日は一緒にお出かけしたいな~、ねっ?」(阿武隈ボイス)

「ふえ……阿武隈さん? 電もお出かけなのです……? はいなのです」

「……んー? 電だけずるーい。雷も阿武隈さんと一緒にお出かけするんだから……」

「もちろん、雷ちゃんも一緒だよ。そうだね、他の子も一緒に誘ってお出かけしよっか。えへへ、楽しみだな~」(阿武隈ボイス)

「そうだね、せっかくだからお弁当作ろうか? 電ちゃん、雷ちゃん。手伝ってくれないかな?」(阿武隈ボイス)

「電、お手伝いするのです……あ、深雪ちゃんも一緒におでかけでもいいのです……?」

「もっと頼ってもいい、のよ……」

「こうかはばつぐんだ!」

「いい加減にしなさいーっ!?」

1 : ◆dbGyYYDw8A - 2016/03/01 23:53:42.46 ID2wz+Keo 3/84

※ショートショート集です。主要キャラは第六駆逐隊(特に電ちゃん)と阿武隈さん。
※キャラ崩壊注意報。今回はかなりハジケてます。特に神通さんと響ちゃんが顕著ですので、ご注意ください。
※設定的には下記の話を引き継いでいますが、読まなくても大丈夫だと思います。


阿武隈「騒がしいながらも楽しい鎮守府」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1445611732/
http://ayamevip.com/archives/45793398.html

【艦これ】初霜「私が、守ります!」 綾波「綾波が、守ります!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1446652922/
http://ayamevip.com/archives/45916282.html

【艦これ】阿武隈「いつか平和な海で」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1448808062/
http://ayamevip.com/archives/46153716.html

【艦これ】阿武隈「第一水雷戦隊の子にプレゼントを配ります」
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1450970742/
http://ayamevip.com/archives/46381208.html

【艦これ】阿武隈「耳かきしましょうか?」
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1451773974/
http://ayamevip.com/archives/46461766.html

【艦これ】霞「あーもう、バカばっかり!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1453306857/
http://ayamevip.com/archives/46624153.html

【艦これ】阿武隈「大切な人に大切な想いを」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1455426212/
http://ayamevip.com/archives/46833392.html

4 : ◆dbGyYYDw8A - 2016/03/01 23:55:27.45 ID2wz+Keo 4/84

『フリーダム響』

「ところで響、最近アンタがなんて呼ばれているか知ってる?」

「不死鳥の通り名もあるよ」

「違うわ……フリーダム響よ!」びしっ!

「フリーダム響? なんだいそれは」

「か、かっこよさそう……!」

「雷ちゃんの目がキラキラしているのです!?」

「かっこよさそうな言葉だけど、その意味は……響が常識に捕らわれない、自由奔放(ほんぽう)な振舞いをしているということなのよ!」

「自由か……良い響きだな、嫌いじゃない」

「その反応が既にフリーダムなのよぉ!」

「この鎮守府では、常識に捕らわれてはいけないんだよ」

「どこから来たルールよそれ!?」

「暁ちゃん落ち着くのです!」

「しかし心外だな。私はそんな奔放なことをした覚えはない」

「どの口が言っているのよ……」

「この口さ。私がいつフリーダム呼ばわりされるようなことをしたんだい」

「出会って二秒で『響だよ。その活躍ぶりから不死鳥の通り名もあるよ』とか言うところかしら」

「響ちゃん、しばらく皆さんから不死鳥って呼ばれていたのです……」

5 : ◆dbGyYYDw8A - 2016/03/01 23:55:59.81 ID2wz+Keo 5/84

~響着任時~

「響だよ。その活躍ぶりから不死鳥の通り名もあるよ」

文月「ふしちょー? 良く分からないけど、かっこよさそー。ふしちょーさん、よろしく~」

菊月「なるほど……ならば敬意を持って不死鳥と呼ばせてもらおう」

長月「これからよろしく頼むぞ、不死鳥とやら」

磯波「あの……不死鳥さん、よろしくお願いします」

木曾「不死鳥か……アリだな!」

白雪「不死鳥さん。これから歓迎会をしようと思うのですが、不死鳥さんはなにを食べますか?」

白露「不死鳥!? でもあたしが一番なことには変わりないよね! ねえ!」

不死鳥! 不死鳥さん! ふしちょー! いっちばーん!

「……」プルプル

「あ、あわわわわわ……」

6 : ◆dbGyYYDw8A - 2016/03/01 23:56:36.43 ID2wz+Keo 6/84

~回想終了~

「あれは恥ずかしかった……」

「じゃあなんでそんな自己紹介したのよ」

「ぶっちゃけノリで」

「やっぱフリーダムじゃないのぉ!?」

「分かったよ。それじゃ私がフリーダム響なんて目で見られてないことを、はっきりと証明してみせよう」キリッ

「なんかすごく不安なのです……」

「信頼の名は伊達じゃない」

7 : ◆dbGyYYDw8A - 2016/03/01 23:57:16.10 ID2wz+Keo 7/84

――執務室。

「司令官、阿武隈さん。おはよう」

提督「おはよう響……って何やっているんだ?」

阿武隈「おはよう、響ちゃん……ふええ!?」

提督「なんでこの時期にハロウィン衣装なんだ?」

「どうだい、暁」←かぼちゃの仮面にぶかぶかの黒ローブ

「阿武隈さんがこういう反応するということは、私がこんな奔放な振舞いをするのは予想外だということ」

「つまりフリーダム響なんて風評は、嘘八百ということが証明されるんだよ」

「だからその行動が既にフリーダムなのよおおおおおぉ!?」

阿武隈「暁ちゃん落ち着いて!」

「なのです!」

「むしろ阿武隈さんだから、響の破天荒な行動に慣れてても、律儀に驚いてくれたんじゃないかしら……」

阿武隈「ふぇ? どういうこと?」

「まあ、説明するよ。司令官と阿武隈さんは椅子にでも座って、落ち着いてくれ」

提督「……? わかった」

阿武隈「こう?」

「うん、それでいい」

トコトコトコ

ポスン

阿武隈「……えっと、響ちゃん?」

「はらしょー」

阿武隈「あの~、どうしてあたしの膝の上に座るの?」

「さて、説明しようか」

「阿武隈さんの膝に座った意味はなんなのです!?」

(この子ただ単に阿武隈さんにじゃれてるだけじゃ……)

8 : ◆dbGyYYDw8A - 2016/03/01 23:57:57.73 ID2wz+Keo 8/84

「つまりかくかくしがじが」

「まるまるうまうま」

「なのです」

「なのです!」

阿武隈「……うん、そっか……うん?」

「このまま、この部屋に来た人達の反応を見たいだけさ」

「『あのクールで知的な響ちゃんがまさかこんなことをするなんて……!』という反応をしてくれれば、検証は成功だ」

「絶対ないから」

「ありえないから」

「姉と妹に信頼されてない……こんなに悲しいことはない」

「ひ、響ちゃん落ち込まないで欲しいのです!」

阿武隈「そうだよ響ちゃん。元気出して、ねっ?」

「電と阿武隈さんは優しいな……спасибо(ありがとう)」

提督「まあ、あんまり邪魔にならなければいいぞ。どうせ今は忙しくないしな」

「了解した」

阿武隈「……あれ? 響ちゃんここに載ったまま?」

「ダメかな?」

阿武隈「ううん、別にいいよ。響ちゃん、その衣装かわいいなぁ」

「ちょっとサイズが大きすぎるかな」ウキウキ

「もう、響ったら……」

9 : ◆dbGyYYDw8A - 2016/03/01 23:58:38.50 ID2wz+Keo 9/84

~検証中~

天龍「おーす。ん? 響、また妙な真似してんなあ……あんまり阿武隈や暁に迷惑かけんなよ?」

蒼龍「おはようございます。あれ? 響ちゃん、また面白そうなことしてるね。ふふっ、今度はなにしてるの?」

朝霜「ちっーす! ん? 響、またけったいな真似してんなぁ。ま、あたいはどうでもいいけど」

五十鈴「おはよう……ふう。阿武隈、あんまり響を甘やかしちゃだめよ? 響も変なことばかりしないようにね」

ビスマルク「おはよう……ふふっ、相変わらず仲良いわね。少し貴方達が羨ましいわ」

「あ、響ちゃん……ふふ、いつも響ちゃんは面白いことしてますね。阿武隈さんの周りは、いつも賑やかです」

島風「おはようございまーす! あー! 響ちゃんずっるーい! 島風も混ぜてー!」

文月「おはよ~。文月も混ぜて混ぜて~」

子日「子日もー!」

山雲「そんなこともあるわよねー。響ちゃんはいつものことだから、不思議でもなんでもないわよねー」

白露「今の響がいっちばーん! ヘンテコに決まってるじゃない!」

時雨「ヘンテコは失礼だよ姉さん。可愛らしいじゃないか。それにいつものことだし、特別変じゃないさ」

10 : ◆dbGyYYDw8A - 2016/03/01 23:59:31.09 ID2wz+Keo 10/84

~検証終了~

「おかしい……こんな世界は間違っている」

「間違いなく正常だと思うわ」



文月「えへへ~」

子日「ふわー、癒されるな~」

島風「ねーねー、阿武隈さん。島風、今日もかけっこしたーい!」

阿武隈「ふえええええぇ!? みんなしてあたしの膝に載らないでーっ!? 重いーっ!」

「ごめん阿武隈さん……何も考えずに眠りたい気分なんだ」

阿武隈「ちょ、響ちゃん!? せめて膝から降りてーっ!?」

時雨「響ちゃんとか? うん、積みたいかな」(阿武隈の声真似)

「そうかい? それは嬉しいな……Доброй ночи(おやすみ)」

阿武隈「時雨ちゃんなにやってるの!?」

「はわわ……阿武隈さんに迷惑かけちゃダメなのですー!」

「頼られるのも大変ね。でも、雷ももっと阿武隈さんみたいに頼られるよう、頑張らなくちゃ!」

提督「頼られているのか、あれは?」

11 : ◆dbGyYYDw8A - 2016/03/02 00:00:01.44 LaU3eenMo 11/84

『秘書艦のお仕事なのです』

提督「電、今日も一日よろしく頼むぞ」

「任せてください、なのです!」

電はこの鎮守府に初期艦として着任して以来、秘書艦を務めさせてもらっているのです。

とても光栄なことで、電もその期待に応えるため、頑張るのです!

司令官のお仕事は、艦隊の編成、資材の管理、出撃や遠征、演習の計画、執行――

建造・装備の開発、沢山あるのです。

もちろん、司令官がいくら優秀でもそれを一人で全てやるのは不可能なのです……

それを、鎮守府の他の方達、職員さんや電達のような艦娘がサポートするのです!

提督「さて、今日は他の鎮守府の演習が――」

今日も張り切っていくのです!

12 : ◆dbGyYYDw8A - 2016/03/02 00:00:37.52 LaU3eenMo 12/84

蒼龍「お疲れ様です、提督、電ちゃん」

「蒼龍さん、お疲れ様なのです」

蒼龍「うんうん、今日も電ちゃんは頑張ってるね。凄いなあ」

「えっと……そんな大したことはないのです」

蒼龍「そんな謙遜(けんそん)しないの。あ、これ意見書ね」

「ありがとう、なのです」

蒼龍「ありがとうな、蒼龍。最近の調子はどうだ?」

蒼龍「ふふっ、おかげさまでバッチリですよ。そう言えば――」

今日はどんな意見書が届いているのでしょうか?

『鼠輸送任務より、やっぱ戦闘よねー。もっと前線に出してもいいのよ?』

……やっぱり前線で戦いたい人もいるのですね。

でも、戦況、連携、適材適所……いろいろ考えないといけない、難しい問題なのです。

というかこれ雷ちゃんなのです!

えと、次々――

『素敵なドーナッツパーティーしましょ! ドーナッツドーナッツ~♪』

意見書出さなくてもいいのです!? 自由に開けばいいと思うのです!

14 : ◆dbGyYYDw8A - 2016/03/02 00:01:25.69 LaU3eenMo 13/84

『おい! 大破したからって、すぐ母港に帰投するな! 死ぬまで戦わせろよ!』

却下なのです! 龍田さんを悲しませたらメッ! なのです!

『どじっ子を直したいです~!』

電も少しドジなところありますから……気持ちは分かるのです。

後で夕張さんや阿武隈さんに相談してみるのも、良いかもしれないのです。

『いっちばーん!』

なにがなのです!?

『じゃあ僕はに~ばん、だね』

会話しないで欲しいのです!?

『じゃあ私はこれで……』

どこへ行くのです!?

『死ぬほど寝かせて……』

寝すぎは体に良くないのです!

『第三砲塔……なにしてるの?』

電に訊かれても困るのです!

『タウイタウイの皆も元気かな?』

だから電に訊かれても困るのです!?

『えー、ここで一句。電ちゃんの、電撃ツッコミ』

【でん】じゃなくて【いなづま】なのです! それと、せめて五七五を守ろうとする努力ぐらいはして欲しいのです!

『若葉だ』

知ってるのです!

『響だよ』

それも知ってるのです! お姉ちゃんの名前を忘れるようなことはしないのです!

『第一護衛隊群って……なんだ……』

それは電よりも、貴方自身の方が良く知っているはずなのです!

『五十鈴に御用?』

電に代わってツッコミして欲しいのです……電には荷が重すぎるのです……

15 : ◆dbGyYYDw8A - 2016/03/02 00:02:10.28 LaU3eenMo 14/84

蒼龍「電ちゃーん、どうしたの? 疲れた顔して」

「意見書読んでたのです」

蒼龍「……お疲れ様」

「いつものことなのです」

蒼龍「そうね、いつものことだよねえ。あはは」

バンッ!

鬼怒「来た来たっ! 鬼怒、もといかくれんぼの鬼! 到着しましたよ!」

蒼龍「うわ!?」

鬼怒「まずそこ、菊月ちゃん!」

菊月「ち……ミッションは失敗か」(ソファの下から登場)

鬼怒「次、長月ちゃん!」

長月「なんだと……? 私を凌駕するものが、まさか出てくるとは……私も焼きが回ったか」(タンスの中から登場)

鬼怒「まだまだぁ! 磯波ちゃんはそこ!」

磯波「あ……見つかってしまいましたか」(天井裏から登場)

鬼怒「最後に谷風ちゃんはそこだね!」

谷風「うえ……見つかっちゃたよ」(『なのです』掛け軸の裏から登場)

鬼怒「提督、お邪魔してごめんね! それじゃ!」

菊月「さらばだ……また会うこともあるだろう」

長月「今度会う時は、更に成長した私を見せてやろう」

磯波「わ、私ももっと頑張りますね」

谷風「谷風もお邪魔したね! じゃあね提督!」

提督「あんまりはしゃぎ過ぎて迷惑かけないようになー」

「「はーい」」

16 : ◆dbGyYYDw8A - 2016/03/02 00:02:49.42 LaU3eenMo 15/84

「……さて、仕事再開するのです」

蒼龍「そうだね」

「こういう事態に慣れている自分が怖いのです」

蒼龍「気にしない、気にしない」

弥生「……行っちゃった」(机の下から登場)

「弥生ちゃんは見つからなかったのですね」

弥生「……いいはずなのに、ちょっと寂しい」

加賀「……」(窓の外から登場)

蒼龍「うわぁ加賀さんっ!?」

加賀「やりました」ぐっ

17 : ◆dbGyYYDw8A - 2016/03/02 00:03:20.89 LaU3eenMo 16/84

『開発なのです』

提督「さて、装備の開発をしよう」

「結構あったはずなのに、いつの間にか色々と少なくなってしまったのです」

提督「改修工廠の闇は深い」

「貴重な装備があっという間に消えていくのです……」

提督「まずは三式ソナーと爆雷を開発しようか。電、任せてもいいか?」

「頑張るのです」

提督「で、15.2cm連装砲は……阿武隈、お願いできるか?」

阿武隈「分かりましたっ、任せて任せて」

提督「零式艦戦52型(爆戦)も何気に少ないな……これは蒼龍、頼む」

蒼龍「提督……これ、使うの?」

提督「必要になってから開発するのも骨が折れるだろう」

蒼龍「んー、まあそれなら。彗星とかもいきなり必要になったりするしね」

提督「で……九一式徹甲弾が本当に不足しているな」

榛名「ええ、提督。榛名に任せてください」

提督「お願いするよ。じゃあ――」

ビスマルク「その開発待った!」バンッ!

神通「私達も入れてください!」バンッ!

榛名「ビスマルクさんに、神通さん!?」

18 : ◆dbGyYYDw8A - 2016/03/02 00:03:51.79 LaU3eenMo 17/84

ビスマルク「徹甲弾の開発、このビスマルクにも手伝わせてもらうわ! 良いでしょう?」

榛名「ビスマルクさん、どうしたのですか?」

ビスマルク「もちろん、榛名。貴方と勝負するためよ!」

榛名「……分かりました。榛名、負けません!」

提督「まあ、二人のやる気が出るなら別にいいよ」

蒼龍「あれ……開発ってやる気影響しましたっけ?」

神通「えっと……私も一緒に開発したいのですが、いいですか?」

阿武隈「うん、もちろん! えへへ、一緒にやりましょう」

「もちろんなのです。司令官、いいですか?」

提督「もちろんだ。神通、頼んだぞ」

神通「はい、頑張りますね」

蒼龍「さーて、頑張りましょ!」

19 : ◆dbGyYYDw8A - 2016/03/02 00:04:29.72 LaU3eenMo 18/84

【三式ソナー】

「問題……ないですか?」

【15.2cm連装砲】

神通「だ、大丈夫……?」

阿武隈「あたし的には、とってもOKです!」

【41cm連装砲】

ビスマルク「Danke.」

【46cm三連装砲】

榛名「榛名、感激です!」

ビスマルク「……くっ、榛名さすがね」

榛名「まだ五回ほど回したくらいですよ。ビスマルクさん、貴方の力はもっとすごいはずです!」

ビスマルク「言ってくれるわね……いいわ、このビスマルクの力、見せてあげる!」

蒼龍「燃えてますねー。さてさて、私もっと」

【烈風】

蒼龍「……なんだろう、この運を無駄に使った感じは」

阿武隈「ま、まあ凄いじゃないですか。貴重な装備ですよ」

神通「そ、そうです……また烈風を必要とする機種転換任務があるかもしれません」

蒼龍「あはは、あんまり考えたくないなあ」

ビスマルク「ふっ、どう榛名! こっちも46cm三連装砲を開発できたわよ!」

榛名「さすがですビスマルクさん! でも、榛名ももう一本できました!」

ビスマルク「二連続!? 榛名、やはり貴方は凄いわね……けど、だからこそ貴方を越えることに意味がある!」

榛名「ビスマルクさん、なんて凄い気迫……榛名、負けません!」

「お二人が凄い盛り上がっているのです」

阿武隈「仲良いですね。ふふっ、楽しそう」

神通「少し、羨ましいです」

蒼龍「そうね。さて、私達ももう少し続けましょうか」

「なのです」

20 : ◆dbGyYYDw8A - 2016/03/02 00:05:01.80 LaU3eenMo 19/84

「はわわ……ペンギンさんになってしまったのです」

蒼龍「気にしない気にしない、こんなの良くあることだし……って私も言ってる傍から」

阿武隈「7.7mm機銃……ま、まあこんなこともありますよね」

神通「ドラム缶……輸送任務には使えますが」

阿武隈「ドラム缶なら腐るほどあります」

「いざとなったら廃棄して鋼材にもなるのです」

提督「整理しとかないと、すぐにスペースが一杯になるからな」

阿武隈「後で整理しておきますね」

「阿武隈さん、一緒にやるのです」

阿武隈「ありがとうね、電ちゃん」

蒼龍「ふう。せめて一機は爆戦を作らないと」

提督「あまり気を張らなくてもいいぞ。出なければ後でも構わない」

「……ペンギンさんも、できれば助けたいのです」

神通「……電さん、それもらってもいいですか?」

「神通さん、いいのですか?」

神通「はい。できれば欲しいです」

「貰ってくれるなら、ありがたいのです。電の部屋は結構ペンギンさんで一杯なのです」

神通「ありがとうございます……かわいいです」

阿武隈「ふふ、神通もペンギンさん好きなんだね」

神通「あ、阿武隈。あまりからかわないでください」ぷくー

阿武隈「あはは、ごめんごめん」

神通「もう……ふふっ」

21 : ◆dbGyYYDw8A - 2016/03/02 00:05:39.91 LaU3eenMo 20/84

ビスマルク「どう、提督!?」

榛名「ビスマルクさんと榛名で、46cm三連装砲を五本、41cm連装砲を三本作りましたよ!」

ビスマルク「この回数でこの成果、さすがよね! もっと褒めてもいいのよ!」

榛名「46cm三連装砲は、ちょっと改修に使うのも大変ですが、41cm連装砲は38cm連装砲改の改修にも使えます! 凄いです!」ぴょんぴょん

阿武隈「二人とも、凄い……」

蒼龍「……で、徹甲弾は?」

ビスマルク「……え?」

榛名「あ」

神通「……もしかして」

ビスマルク「……0ね」

榛名「0です……」

阿武隈「ま、まあ開発は完全に運ですし、こんなこともありますって! ええ!」

提督「そうだ、こんな時もある。気にする必要はないさ」

ビスマルク「これ以上は資材が……」

榛名「申し訳ないです……」

ビスマルク「かくなる上は……私達が遠征で資材を稼いでくるしか」

榛名「そうですね!」

提督「おいこら待て戦艦二人」

大和「46cm三連装砲の改修……大和も今よりもっと活躍できそう」キラキラ

「そう言えば改修資材も少ないのです」

提督「しばらくは小さな改修しかできないな」

大和「がーん!?」

阿武隈「あ、あの……大和さん、あまり気を落とさないでくださいね」

大和「うう……仕方ありませんね」

22 : ◆dbGyYYDw8A - 2016/03/02 00:06:14.69 LaU3eenMo 21/84

『いっちーばんへの道』

時雨「どうしたんだい、姉さん。いっちばーんになるのが姉さんの望み、そのはずでしょ?」

白露「そんな……」

時雨「それとも、姉さんのいっちばーんに対する想いはその程度だったの?」

白露「そんなことない! だけど……だからって、これは間違ってるよ時雨!」

時雨「なにも間違っていないよ。いっちばーんになるっていることは、他のみんながいっちばーんになれないってことさ」

白露「そんな……そんなのってないよ!」

時雨「現実は、大抵厳しい。姉さんはいっちばーんになるために、他の皆を乗り越えていかないといけない」

時雨「当然、この僕も乗り越えて行かないといっちばーんになれないんだよ」

時雨「いっちばーんになるっていうのは、そういうことなんだ」

白露「そんなこと……時雨を倒すなんて、あたしにはできないよ!」

時雨「それが姉さんの答えかい……? 失望したよ」

時雨「そんな甘さじゃ、姉さんはいっちばーんにはなれない」

時雨「ならばいっそ、ここで引導を渡すのが姉さんのためかもしれないね」

白露「時雨……あなた、泣いているの?」

時雨「泣いてなんてない……これは雨さ」

23 : ◆dbGyYYDw8A - 2016/03/02 00:06:58.94 LaU3eenMo 22/84

白露「……ごめんね、時雨。あたしが弱いばっかりに、時雨に辛い役目を背負わせようとしていた」

時雨「……じゃあ、僕を越えて行くのかい?」

白露「あたしは、時雨を倒さない。時雨に、手を汚させない……」

白露「もちろん、いっちばーん! も諦めない」

時雨「……姉さん? 何言っているの?」

白露「いっちばーん! が一人しかなれないなんて、だれが決めたの?」

白露「一人だけじゃなくて、いろんな人がいっちばーん! になれば、それでいいじゃない」

白露「そんなことがあったっていい。ううん、そうして見せるよ!」

時雨「それが姉さんの望みかい?」

時雨「甘いね……甘すぎるよ姉さん。けど、嫌いじゃない」

時雨「だけども。その言葉が薄っぺらいものじゃないかどうか。今ここで試させてもらうよ」

時雨「姉さんのいっちばーん! ためにもね」

白露「時雨……! いいわ、やってやろうじゃないの!」

24 : ◆dbGyYYDw8A - 2016/03/02 00:07:30.27 LaU3eenMo 23/84

春雨「姉さん達、おやつの時間ですよ」

由良「ほらほら、いっちばーん劇場はそこまでにして、手を洗って早く来なさい。ドーナッツ作ってあげたから」

時雨「はーい」

白露「わーい!」

阿武隈「早く来ないと夕立ちゃんが食べ始めちゃうかもしれないから、急いでね」

時雨「あはは、それは容易に想像できるね」

白露「うえ!? こうしちゃいられない、早く早くー!」

提督「慌ててぶつかったり、こけたりするなよー」

白露「分かってるってー!」

今日も鎮守府は平和です。

25 : ◆dbGyYYDw8A - 2016/03/02 00:08:08.09 LaU3eenMo 24/84

『乗り心地』

阿武隈「うう~、皆さんが指示に従ってくれません……」

神通「どうすればもっと駆逐の子達との距離を縮められるのでしょうか……?」

阿武隈「神通は凄いよね……きちんと統率できて」

神通「阿武隈こそ、駆逐の子達と仲良しで羨ましいです」

阿武隈「……隣の芝生は青いって奴かな」

神通「……そうかもしれませんね。でも、おかげでこうして阿武隈といろいろ相談できて良かったかもしれません」

阿武隈「あはは、そう言ってもらえると嬉しいな」

阿武隈「でも、前にも言ったけど、神通がちゃんと統率できているってことは、ちゃんと信頼してくれているからだよ」

阿武隈「皆、神通を頼って神通についていけば大丈夫って思ってくれてる。だから、あんなにうまく統率できているんだと、あたしは思うよ」

神通「阿武隈こそ普段はともかく、いざという時はきちんと統率できてるじゃない」

神通「普段は阿武隈に甘えてるだけだと、私も思います」

阿武隈「綾波ちゃんや電ちゃんにもそう言われたっけ。そうだと良いんだけど」

神通「阿武隈は普段ちょっと優し過ぎじゃないかな? ほら、例えば響さんとか島風さんとか。電さんも阿武隈に結構べったりじゃない」

島風「もー、そんなにべったりなんかしてないってばー」

神通「……島風さんが阿武隈の背中におぶさってるー!?」

阿武隈「ふええええぇ!? 島風ちゃんいつの間に!?」

島風「気づかなかった? 当然よね、だって速いもん!」

神通「そういう問題じゃない気がします……」

26 : ◆dbGyYYDw8A - 2016/03/02 00:08:43.83 LaU3eenMo 25/84

天龍「なにやってんだおまえら……?」

阿武隈「あ、天龍さん。こんにちは」

島風「天龍さんこんにちはー!」

天龍「よ、阿武隈に神通! 苦労してるみたいだな」

天龍「ま、水雷戦隊や主力護衛艦隊の指揮も悪くはないけど、大変だよなあ」

阿武隈「なかなか、以前の天龍さんのようには行かないですよ」

天龍「はっ。そういう指揮とか統率とか、面倒な細かいことはお前らに任せて、オレは前線でバリバリ戦うのが性に合ってるぜ」

神通「あまり無理はしないでくださいね……私が言うのも差し出がましいかもしれませんが」

天龍「そいつは聞けないな。戦場に出ると血が騒ぐからなぁ」

天龍「硝煙の匂いがすると、もう戦闘本能が抑えられなくなっちまうぜ……」

島風「天龍さん。連携もせずにあんまり突出(とっしゅつ)すると、また怒られちゃうよ?」

天龍「お? 言うじゃねえか島風? 阿武隈にさんざん言われたからなー?」

天龍「フフ。べったりじゃないとか言いながら、思いっきり甘えてるじゃねえか」

島風「こ、これは連装砲ちゃんのための練習なの! 今度私が連装砲ちゃんをおんぶしてあげるんだから!」

天龍「はっ、そーいうことにしといてやるよ」ニッ

島風「むー」

天龍「阿武隈もまだまだ訓練が足りないぜ? 島風にこうされるまで気づかなかっただろ?」

「そいつはどうかな」

阿武隈「今度は響ちゃんが天龍さんの背中におぶさってるーっ!?」

天龍「なにいいいいいいいぃー!?」

島風「阿武隈もまだまだ訓練が足りないぜ?」キリッ

「島風にこうされるまで気づかなかっただろ?」キリッ

天龍「うがあああああああぁっ!? てめえらーっ!?」

27 : ◆dbGyYYDw8A - 2016/03/02 00:09:13.72 LaU3eenMo 26/84

神通「て、天龍さん落ち着いてください」

天龍「ぜーはー、お、オレとしたことがこんなことに取り乱しちまったな……悪い」

「阿武隈さんほどじゃないけど、いい乗り心地だ。悪くない」

天龍「どうでもいいはずなのに、なんか負けた気分だ!?」

阿武隈「勝ったはずなのに、なんか釈然としません……」

島風「そう、どんな感じ?」

天龍「どんな感じもないだろ、背中におぶさってるだけで――」

「そうだね。阿武隈さんが春の爽やかさと生命の息吹、暖かさを感じるものだとして」

「天龍さんは、夏山の生命力に満ち溢れた木々と雄大さを感じるものかな」

天龍「何言ってんだおまえ!? はっきり言って理解不能だぞ!?」

島風「ふーん」

天龍「納得するのか!? おまえも大概だな!?」

阿武隈「まあまあ落ち着いてください」

天龍「良いのか阿武隈!? 背中を春に例えられたんだぞ!?」

神通「いいなあ……阿武隈も天龍さんも」

天龍「羨ましいのか神通!? 本気で!?」

28 : ◆dbGyYYDw8A - 2016/03/02 00:09:50.60 LaU3eenMo 27/84

~後日~

陽炎「あ、神通さん。おはようございます!」

神通「陽炎さん、おはようございます。今日も元気が良いですね」

陽炎「そうですか? ありがとうございます」

神通「ところで陽炎さん……あの」

陽炎「……どうしたんですか?」

神通「その……ちょっと言いにくいことなのですが」

陽炎「……? 良いですよ、普段お世話になっているんですから、なんでも言ってください」

神通「そうですか?」パアァ

神通「じゃあ……背中におぶさってくれませんか?」

陽炎「……ぱーどぅん?」

神通「陽炎さんが私の背中をどのように例えてくれるのか……とても気になります」

陽炎「一体何を求められているの私!?」

29 : ◆dbGyYYDw8A - 2016/03/02 00:10:22.29 LaU3eenMo 28/84

『憧れの人』

「今日も元気だごはんがうまい」

「ほら、ダメじゃないの電。もっと食べないと立派なレディーになれないわよ」

「そ、そうかな? これでも結構食べていると思うんだけど」

「私は電よりも、暁がピーマンを食べれないことの方が気になるね」

「ダメじゃない、暁。好き嫌いなんてレディーとして相応しくないわよ」

「う……わ、分かったわよ食べるわよ! はむ……うー、苦いよお……」

「はい。お水なのです」

「ありがと……ごきゅごきゅ……ど、どう? 暁にかかればピーマンなんて大したことないんだから!」えっへん!

「ピーマン一つで水に頼っている様子じゃ、説得力ないわね」

「むー……」

「いいさ、苦手は誰にでもある。問題はそれを克服する強さだ」

「苦手なピーマンに果敢に挑む暁は、立派なレディさ」

「なのです! 電も……素敵な大人の女性になるのです!」

「そのために牛乳は欠かせないのです」

「立派な女性か……電は誰か理想ともいうべき人はいるのかい?」

「ふえ?」

30 : ◆dbGyYYDw8A - 2016/03/02 00:11:26.33 LaU3eenMo 29/84

「立派な女性を目指すのなら、目標を明確に持った方が張り合いがあるのかなと思ってね」

「うーん……憧れの人……電はやっぱり阿武隈さんなのです」

「優しくて気配り上手なのです、電達のことをいつも親切に指導してくれたり、気遣ってくれるのです」

「うん、確かに阿武隈さんは素敵だな。優しいだけじゃなくていざという時とても頼りになる」

「普段は結構あたふたしているのにね。たしかにいざという時はあの人がいると頼もしいわ」

「それにあのふわふわの髪もいい。思う存分、満足するまでなで回したくなる」

「迷惑だからやめなさい」

「私は熊野さんも素敵だと思うわ。あの人こそ、立派なレディーだもの」

「たしかに雰囲気も優雅で素敵よね!」

「雷はどうなの?」

「そうね、長門さんや天龍さん、赤城さんも素晴らしいわよね。雷もあんな頼りがいがあって、しっかりとした大人になりたいもの」

「そういう響は誰に憧れ――」

「フレンチクルーラーと輪っかが再現できない……電、どうにかできないかな?」

「はわわ、急に言われても困るのです」

「暁、なんだい?」

「あ、訊かなくてもいいわ、うん」

筑摩「そうですね。私の憧れはやっぱり利根姉さんですね」

利根「ふ、筑摩よ。吾輩をそう褒めるでないぞ」

「あ、筑摩さん、利根さん。こんにちはなのです」

「いきなり私の横に……? 筑摩さん、やるね」

「アンタはどこに関心してるのよ。後神出鬼没さなら響も大概だと思うわ」

「ふ、暁よ。吾輩をそう褒めるでないぞ」

「利根さんの真似しなくていいから」

「こんな私でもやればできる! ね、暁ちゃん。本当にありがとう!」

「はいはい」

31 : ◆dbGyYYDw8A - 2016/03/02 00:12:23.47 LaU3eenMo 30/84

「たしかに利根さんはかっこいいのです」

「そうよね! 高い索敵能力は艦隊の目って感じで、すごく頼もしいわ」

利根「す、少し照れるのう」

「けど、普段はちょっと筑摩さんに甘えてるところなんか、かわいいわよね」

利根「なんじゃと!?」

「そういえば、前に秋刀魚の骨が刺さって、筑摩さんに助けてもらってたことがあったわね」

利根「うぐ……わ、吾輩の威厳が……雷達がいじめるのじゃ、ちく――」

「ちく……なんだい?」

利根「……ちくわ大明神」

「誰だ今の」

筑摩「ふふ、大丈夫ですよ姉さん。姉さんはどんな姉さんだって私の憧れなんですから」

利根「だ、ダメなのじゃ! 吾輩はちゃんとした形で、筑摩の憧れのお姉さんでありたいのじゃ!」

「じゃあ、暁を見習ってよね! こう見えて響達のお姉さんなんだから!」えっへん!

利根「む? 確かに暁は立派なお姉さんをしているのう。偉いぞ!」

「え? と、当然よ!」

利根「だが、さすがに吾輩が暁を見習うのはのう。ほら、年上としての威厳があるじゃろ?」

利根「もう少し、吾輩より大人の女性というか……見習うのならそういう人物にせんとな」

「……利根さんより大人の、お姉さんらしい女性か。適任がいるよ」

利根「ほう?」

32 : ◆dbGyYYDw8A - 2016/03/02 00:13:18.08 LaU3eenMo 31/84

「優しくて料理上手だよ。末っ子だけど私達、一水戦駆逐のお姉さんだよ」

阿武隈「ふえ? 響ちゃん、どうしたの?」

「背中に負ぶさるととっても居心地がいいよ。私のお気に入りの場所なんだ」

阿武隈「場所扱いしないで!?」

「訓練を頑張るとたまに手作りお菓子をくれるよ。とってもおいしい」

「その情報は必要なのです?」

筑摩「あらあら」

利根「……響よ。先ほどの吾輩の発言を聞いてなかったのか? 吾輩より年上の女性をだな」

「どうしてだい? 阿武隈さんの方がお姉さんだよ? 利根さんは1937年生まれで阿武隈さんは1923――」

阿武隈「響ちゃんストップ!」

利根「それ以上はやめるのじゃ!」

「どうしてだい?」

利根「どうしてもじゃ」

「……そうか、そこまで言うなら仕方ないね」

「ナチュラルに爆弾発言するのやめなさい」

「どうせ私はフリーダム響だよ」

「まだ根に持ってたの? もう、いい加減機嫌直しなさいよ」

利根「うむ……まあたしかに響達の信頼も高いようじゃし、阿武隈もお姉さんらしいと言えばそうかもしれんが」

利根「さっき響自身が言ったように、かっこいいところもあるが、それ以上に優しい駆逐のお姉さんというイメージの方が強くてのう」

利根「悪いが、ちと吾輩の理想とは違うかの。吾輩の理想はもっとハードボイルドなのじゃ」

「そうか、残念だ」

利根「時間を取らせてすまなかったな、阿武隈よ」

筑摩「それでは、失礼致しますね」

「阿武隈さん、また後でなのです」

「……」ジリジリ

阿武隈「あ、はい……響ちゃん、あたしの背中狙うのやめて」

「信頼の名は伊達じゃない。出るよ」

「出なくていいわよ!」ぺしぺし

「ちょ、暁やめ、痛いっ」

阿武隈「あーもうほら、ケンカしないの」

利根「なにやっとるんじゃおぬしら」

33 : ◆dbGyYYDw8A - 2016/03/02 00:14:02.27 LaU3eenMo 32/84

「というわけで、次だ」

神通「あの……私になにか、御用でしょうか」

利根「……響よ」

「神通さんも阿武隈さんと同じ年――」

利根「だからそのネタはやめるのじゃ!」

「けど、神通さんも優しくて凛々しくてかっこいいのです」

「たしかにそうよね。陽炎とか朝潮とか、神通さんをとっても尊敬してるもの」

筑摩「ふふっ。阿武隈さんも神通さんも、駆逐の子達に頼りにされているのですね。素晴らしいです」

利根「ほう? なるほどのう」

神通「……そんなに見つめられると、私混乱しちゃいます」

「あ、ごめんなさいなのです」

神通「い、いえ。こちらこそすみません」

「これでも戦闘では頼もしい切り込み隊長だよ」

34 : ◆dbGyYYDw8A - 2016/03/02 00:14:47.95 LaU3eenMo 33/84

神通「ひ、響ちゃん……あんまり言わないで。あの、これは一体なにをしているのでしょうか?」

「利根さんが一人前のレディーを目指すために、目標となる人を捜しているのよ!」

神通「一人前のレディーですか?」

「ようするに師匠捜しだよ」

「あ、バカっ」

神通「師匠ですか! この神通に任せてください!」

「あ」

利根「なんじゃいきなり!?」

神通「利根さんの師匠として精一杯がんばりますね! そしてゆくゆくは駆逐の子達みんなに師匠って……私、嬉しいです!」

利根「お、落ち着け神通よ! まだお主を参考にすると決めたわけでは――」

神通「そ、そうですよね……ごめんなさい」

利根「わ、分かってくれればいいのじゃ」

神通「まずは私が、師匠に相応しいかどうか見せなければいけませんね!」

利根「分かってくれてなかったのじゃ!?」

筑摩「利根姉さん! 一旦引きましょう!」

利根「了解なのじゃ!」

神通「あ、待ってください! せめて私に利根さんの師匠に相応しいかどうか披露する機会を! 十分、いえ五分でいいんです!」

「あれは絶対に五分じゃすまないわ! 一時間コースよ!」

「捕まったら神通さんが健気に師匠アピールし続けるわよ! もう、響のバカー!」

「うん、今回は本当にごめん」

「て、撤退なのですーっ!」

35 : ◆dbGyYYDw8A - 2016/03/02 00:15:23.02 LaU3eenMo 34/84

利根「な、なんとか逃げ切れたのじゃ」

「あの迅速で隙のない動き……さすが華の二水戦旗艦ね」

「もう響ってば、さっきからダメダメじゃない!」

「……ならば仕方ない。本気を出すとするよ」

利根「最初っから出してほしいのじゃ」



妙高「あの……私になにか御用でしょうか?」

「妙高さんだよ。この人なら文句なしじゃないかな」

「……響にしてはまともな人選ね」

「暁は私をなんだと思っているんだい? というか、阿武隈さんと神通さんはまともだと思うけど」

「そのまともな相手の交渉を、九割方響がひっかきまわしてご破算にしたんじゃないの」

「自分のミスは自分で挽回する」キリッ

「ぶっ飛ばすわよ」

利根「だが、たしかに妙高は毅然(きぜん)として、立派な大人の女性と言えるかもしれんな」

妙高「え? そ、そのありがとうございます……?」

筑摩「突然すみません、妙高さん」

「実は――」

36 : ◆dbGyYYDw8A - 2016/03/02 00:16:18.93 LaU3eenMo 35/84

利根「というわけなのじゃ」

妙高「そんな……私のようなものでいいのでしょうか?」

利根「うむ! 妙高さえ良ければの」

妙高「ちなみに、利根さんが抱く立派な大人の女性のイメージとは、どんな人なのですか?」

利根「む? そうじゃのう……たしかにそこを固めんといかんな」

利根「むう……よし、まずは気配りのできる、優しさと強さを持っていることじゃな」

筑摩「まさに利根姉さんですね」

利根「そう褒めるな、筑摩よ。こほん。それから、仕事ができる女性。これも必要な条件じゃ」

筑摩「まさに利根姉さんですね」

利根「だが、仕事だけではダメじゃ。私生活もしっかりしており、かつ充実していることも重要じゃな」

筑摩「まさに利根姉さんですね」

利根「そして、吾輩達は艦娘であることを忘れてはならぬ。戦闘でもしっかり活躍できるようにしなければな」

筑摩「まさに利根姉さんですね」

利根「航空巡洋艦として、艦隊の目となり、未然に危機を防ぐ。いやもちろん航空巡洋艦であらればならぬとは言わぬが、それでも優れた索敵能力は必要じゃな」

筑摩「まさに利根姉さんですね」

利根「もちろん実際の砲火を交えた戦闘でも、存在感を発揮できねばな。これももちろん後方で活躍する者達をどうこう言うわけではないぞ?」

利根「だが、吾輩は巡洋艦じゃ。ならば戦場の前線で活躍できるようにしなければのう」

利根「具体的には、あの空母棲姫を鎧袖一触するくらいではありたいのじゃ!」

筑摩「まさに利根姉さんですね」

「筑摩さんの中で利根さんはどうなっているの!?」

妙高「私には荷が重すぎます」

利根「なぜじゃ!? 妙高ならこれくらい当然かと思ったのじゃが」

妙高「これ以上私にどうしろというのですか!?」

筑摩「まさに利根姉さんですね!」

「そこでそのセリフはダメなのです!?」

37 : ◆dbGyYYDw8A - 2016/03/02 00:17:06.88 LaU3eenMo 36/84

利根「おかしいのう……なにがいけなかったのじゃろうか」

「いろいろあり過ぎて、一概にこれとは言えないわね」

「敗因はこの私。利根さん達は最高のプレイをした」きりっ

「はいはい」

「雷と暁が最近冷たい……」

「あーもう、落ち込んじゃダメでしょ、ほら」

「響ちゃん、元気を出してほしいのです」

「……すぱしーば」

利根「ふふ……仲が良いのう、おぬしら」

筑摩「本当、微笑ましいですね」

「自慢の姉と妹達だよ。私のボケにも呆れずに付き合ってくれる」

「一言余計よ」

「利根さん。今朝も言ったけど、利根さんは今でもかっこいいのです」

利根「電?」

「筑摩さんも、利根さんのことを尊敬しているのです。それは、利根さんがお姉さんだからだけじゃないと思うの」

「利根さんが立派なお姉さんだから、筑摩さんは利根さんを尊敬していると、電は思うんです」

「そうよね。もちろん努力は大切だけど、なにも無理をすることはないと雷は思うわ」

「私も、阿武隈さんや熊野さんは見習っているけど、暁はあくまで暁だもの。利根さんだってそうじゃないかしら」

「そうだね。自分を信じること。それがなにより大切なんじゃないかな」

利根「お前たち……別に吾輩は自信を無くしていたわけではないのだがな」

利根「だが、多少方向性を見失っていたかもしれんな。礼を言うぞ。暁、響、雷、電よ」

利根「そして筑摩もな。すまんな、妙なことに付き合わせてしまって」

筑摩「いえ。私も楽しかったですよ姉さん、暁ちゃん達もね」

「まあ、元はと言えば暁達にも若干責任はあるし」

利根「いやいや、そんなことはないぞ。吾輩も勉強になった」

利根「これからも同じ艦隊の仲間として、よろしく頼むぞ」

筑摩「私も、利根姉さん共々よろしくお願いしますね」

「はい、こちらこそよろしくお願いします」

38 : ◆dbGyYYDw8A - 2016/03/02 00:17:52.88 LaU3eenMo 37/84

――その後。

「でも憧れかぁ……電もなんとなく分かる気がするのです」

「……」

「第一水雷戦隊、電! 旗艦先頭出撃します!」びしっ!

深雪「おーい電、遊びに来たぜ!」

初霜「深雪さん、ちゃんとノックはしないと駄目ですよ!」

「あ」

深雪「おお、電かっこいいな!」

初霜「阿武隈さんの真似ですか? ふふっ、電さん可愛いです」

「わ、忘れてくださいなのですーっ!」

39 : ◆dbGyYYDw8A - 2016/03/02 00:18:48.01 LaU3eenMo 38/84

『空母天城は艦載機の夢を見る』

赤城「敵部隊は必ず出てくるはず……みなさん、警戒を怠らないでください」

蒼龍「私と赤城さん、そして天城さんに空は任せてください! 他の方達は潜水艦を重点として警戒をお願いします!」

阿武隈「第二艦隊、阿武隈了解しました!」

「なのです!」

天城「……ふう。やはり緊張します」

蒼龍「天城さん。あれだけ訓練はしたでしょう? 大丈夫です。訓練通り、行きましょう」

天城「は、はい……頑張ります!」

赤城「さて。私達も天城さんに恥ずかしいところを見せてはいられませんね」

蒼龍「そうですね。気を緩めずに行きましょう!」

赤城「第二航空隊、発艦! 警戒をお願いします!」

蒼龍「対空見張りも厳として! よろしくね!」

天城「天城、参ります!」

赤城「烈風、二十機無事発艦完了です!」

蒼龍「零式艦戦52型(熟練)、三十五機こちらも発艦完了しました!」

天城「九六式艦戦……眩しい翼」

赤城「……はい?」

蒼龍「え?」

阿武隈「え?」

「なのです?」

天城「あっ、すみません……自分の艦載機なのに見惚れちゃいました。九六式艦戦、全機発艦完了です」

蒼龍「いやいやいや」

阿武隈「あ、あの……なんで九六式艦戦?」


※各艦上戦闘機の能力値
○烈風 
 対空+10
○零式艦戦52型(熟練)
 対空+9 命中+1 回避+2 索敵+1
○九六式艦戦
 対空+2

40 : ◆dbGyYYDw8A - 2016/03/02 00:19:53.21 LaU3eenMo 39/84

天城「え……だって九六式艦戦と九九艦爆はとても優れた艦載機だって」

蒼龍「どこからそんな情報が!?」

赤城「いやまあ……たしかに優れた名機ではありますが。さすがに時代の流れや航空機の進歩というものがありまして、今なお一線級で使えるかと言うと……」

天城「そうなのですか!? 瑞鳳さんからは、毎日のように九六式艦戦や九九艦爆の素晴らしさについて語ってくれたのですが」

蒼龍「瑞鳳ーっ!?」



――その頃の鎮守府。

瑞鳳「彗星は彗星で悪くないんだけれど、整備大変なのよー、整備が」

瑞鳳「やっぱり九九艦爆の脚は可愛いわよね……うっとりしちゃう」

瑞鳳「ああ、もう早く天城さん帰ってこないかなぁ。艦載機について語り合いたいなあ」

瑞鳳「あの子私の話にも興味持って聞いてくれるし」

瑞鳳(艦載機のことを考えると、嬉しすぎて気持ちが抑えられない! ああもう今すぐ叫びたいよ!)

瑞鶴「……瑞鳳さんなにやっているのかしら?」

祥鳳「たぶん、いつもの艦載機についての妄想かと……」

41 : ◆dbGyYYDw8A - 2016/03/02 00:20:32.23 LaU3eenMo 40/84

『軽巡水鬼なのです!?』

天城「そ、そのすみません……天城、勉強不足でした」

赤城「え、えっと。気を落とさないでください。気づけなかった私達にも責任があります」

蒼龍「なんていうか凄く間の抜けた話よねえ……本当に失態だわ」

阿武隈「今のところ、敵影を見ませんね」

赤城「そうですか、ありがとうございます。引き続き警戒をお願いします」

阿武隈「分かりましたっ! みんな、よろしくね!」

「頑張るのです!」

「やるさ」

若葉「任せろ。大丈夫だ」

初霜「警戒は怠りません!」

榛名「はい、榛名も大丈夫です!」

阿武隈「赤城さん……今回は水鬼級の深海棲艦との接触する可能性があると聞きましたけど」

赤城「その通りです。事前に皆さんに説明があった通り、未確認の深海棲艦の目撃証言がありました」

赤城「初めて確認する個体のため、断定はできないものの、軽巡……そして水鬼並の戦力を持つと予想されます」

阿武隈「はい、それは何度も確認しました……けど」

赤城「ええ。不可解なことに、その深海棲艦による被害情報は一切上がってません」

「……不思議ですね」

榛名「そのようなことがあるのでしょうか?」



※注意
 軽巡水鬼は2016年2月時点で、『艦隊これくしょん』未登場のキャラクターです。
 ここで出てくる軽巡水鬼は、勝手な想像によるものになります。

42 : ◆dbGyYYDw8A - 2016/03/02 00:21:10.56 LaU3eenMo 41/84

赤城「分かりません……ですが、鎮守府近海に深海棲艦、それも水鬼がいるとなっては、放置するわけにはいかないでしょう」

蒼龍「藪蛇(やぶへび)にならないと良いんですけど。たしかに、見ぬふりってわけにもいきませんもんね」

阿武隈「元々敵意がないとしたら、怒らせないようにしたいですね」

「電もできるなら戦いたくないけど……」

若葉「だが、危険でないと確認しないわけにはいかない」

初霜「なにかあってからでは、遅いですからね」

阿武隈「はい、分かってます」

「分かってるのです。危機は未然に防ぐのです」

赤城「その通りです。さて、皆さん。引き続き先に進みましょう」

43 : ◆dbGyYYDw8A - 2016/03/02 00:21:50.70 LaU3eenMo 42/84

「……水鬼、か」

若葉「響、どうした?」

「最近の深海棲艦は……皆に似ている個体がいると聞いているんだ」

若葉「そうだな……それがなにか……? いや、そうか」

「分かっているさ。あれは『私達』ではない。だけど……」

「もし、電や暁。雷……潮、阿武隈さんや若葉達にそっくりな相手がいたとして……私は、それを撃てるのか?」

若葉「……無理そうか?」

「分からない……」

若葉「……無理はするな。ダメそうだったら、若葉に任せろ」

「……若葉」

若葉「響が自分を殺してまで、無理に戦う必要はない。若葉は大丈夫だ」

「……いや。若葉に戦わせて、私が戦わないわけにはいかないさ」

「まだ迷いはある。だけど覚悟は決めた。若葉達を守るためなら、似た相手だろうと迷わず撃つさ」

若葉「そうか。響は強いな」

「そんなことない。私は弱い……ただ、悪運が強くて生き延びただけだ」

若葉「卑下するな。悪運だろうとなんだろうと、響が若葉達の中で一番最後まで生きていたのは、誇るべきことだ」

「若葉。その……спасибо(ありがとう)」

若葉「大したことじゃない」

44 : ◆dbGyYYDw8A - 2016/03/02 00:22:21.76 LaU3eenMo 43/84

蒼龍「敵影! 5時方向に発見しました! 今回の目標と思われる対象を発見!」

赤城「さすが蒼龍さん、素晴らしい索敵ですね。数は?」

蒼龍「問題の水鬼と思われる個体、あと駆逐棲姫一体、普通の駆逐が四体です!」

蒼龍「ですが、その……」

阿武隈「どうかしたんですか?」

蒼龍「えっと軽巡水鬼? が駆逐達にじゃれつかれてます……たぶん」

「ふえ?」

赤城「そんなまさか」

若葉「ありえないだろう」

蒼龍「で、ですよねえ……疲れてるのかな?」



駆逐イ級「イー♪」

駆逐ロ級「ロ?」

駆逐ハ級「ハー♪」

駆逐ニ級「二ー♪」

軽巡水鬼「ミンナ重イデスゥ! オ願イダカラオリテー!」

駆逐棲姫「アイカワラズ……人気者ダナ」


赤城「本当にじゃれつかれてるー!?」

蒼龍「あはは……本当だったんだ」

45 : ◆dbGyYYDw8A - 2016/03/02 00:22:55.15 LaU3eenMo 44/84

軽巡水鬼「モー! ダメデショ、チャントシッカリシナイト!」ぷんすか!

駆逐イ級「……イー」

駆逐ロ級「ロ?」

駆逐ハ級「ハ……」

駆逐ニ級「二ー」

駆逐棲姫「ダッテ遊ンデホシインダモン……ダッテ」

軽巡水鬼「イヤ、通訳シナクテイイカラ。チャント分カッテマスカラ」

駆逐棲姫「ウン、知ッテル」

軽巡水鬼「ナラナンデ通訳シタノ!?」

駆逐棲姫「反応ガオモシロイカラ……テヘ♪」

軽巡水鬼「駆逐棲姫チャンノ、イジワルー!?」

榛名「なんだか楽しそうですね!」

赤城「あれは……楽しそうというより、遊ばれているような気がしますけど」

天城「でも仲良さそうです、ふふっ」

47 : ◆dbGyYYDw8A - 2016/03/02 00:24:50.81 LaU3eenMo 45/84

「あれは……!?」ダッ!

阿武隈「響ちゃん!? いきなり近づいたらあぶな――」

「春雨! 春雨じゃないか!? どうしてここに!? 鎮守府にいるはずじゃないのか!?」

駆逐棲姫「エエッ!? ナンダオマエハ急ニ!?」

阿武隈「って何やってるのー!?」

「響ちゃん本当になにやってるのです……」

軽巡水鬼「ア、アナタ達ナニシニ来タンデスカ!?」

駆逐イ級「イー!」

駆逐ロ級「ロ?」

駆逐ハ級「ハ!」

駆逐ニ級「二ー!?」

軽巡水鬼「コ、コノ子タチヲイジメルナラ、アタシガ相手デス! カカッテキテクダサイ!」

赤城(ふむ……どうやら話の通じる相手みたいですね)

赤城「落ち着いてください。私達は貴方達と戦いに来たわけではありません」

軽巡水鬼「……ソウナノ?」

駆逐棲姫「オイバカ。初対面ノ相手ヲ、簡単ニ信ジルヤツガドコニイル」

軽巡水鬼「バカ!? アタシバカジャアリマセン!」

駆逐棲姫「バカニバカト言ッテ、ナニガ悪イコノバカ」

軽巡水鬼「マタ言ッター! 三回モバカッテ言ッター!」

駆逐棲姫「バカガコロット騙サレナイヨウニ、言ッテヤッテルンダ。ホイホイ人ヲ信ジル単純バカ」

軽巡水鬼「ウワアアアアァン!? ヒドイーッ!」

赤城「あ、分かりました。この子達、たぶん悪いことできんわ」

蒼龍「赤城さーん、口調変わってますよ」

赤城「すみません、いろいろあり過ぎてつい」

48 : ◆dbGyYYDw8A - 2016/03/02 00:26:45.09 LaU3eenMo 46/84

~説明中~

軽巡水鬼「ツマリ……アタシ達ガ敵ナノカ、確認シニキタノ?」

阿武隈「はい、その通りです。危険な相手なら倒さないといけないけど、そうじゃないなら戦う理由はありませんから」

「阿武隈さんの言う通りなのです」

赤城「ですが、まさかここまで最初から敵意がない深海棲艦は初めて見ました。あ、いえ敵意がないのは良い事なのですが」

榛名「ええ、榛名もびっくりしました」

軽巡水鬼「ソッカ……ヨカッタデス。アタシ達モ、必要ナケレバ戦オウトハ思イマセンシ」

軽巡水鬼「来テクレタノガ、貴方達ミタイナイイ艦娘サンデヨカッタデス」

駆逐棲姫「ヨカッタナ、コイツラガアンタト同ジヨウナ単純ナヤツラデ」

軽巡水鬼「駆逐棲鬼チャンモ、心配シテクレテアリガトウネ。エヘヘ」

駆逐棲姫「……バカ言ウナ。ダレガオマエノ心配ナンテスルカ」

軽巡水鬼「ソウダ! ミンナヲ紹介シナイト!」

駆逐棲姫「マタボケタコトヲ……」

軽巡水鬼「自己紹介ハ、大切ジャナイデスカ。ネッ?」

天城「なんか本当に深海棲艦らしくないですね……」

初霜「ええ、私もそう思えてきました……なんか別の存在じゃないかって」

駆逐棲姫「シカシ、ドウヤッテ自己紹介スル気ダ? コイツラ人間ノ言葉、シャベレナイダロ?」

軽巡水鬼「ソンナコトモアロウカト、ミンナニ字ヲ教エテキタジャナイデスカ!」

軽巡水鬼「ミンナ、自分ノ名前、憶エテクレタカナ? 書イテミテ?」

駆逐イ級「イ!」カキカキ

駆逐ロ級「ロ?」カキカキ

駆逐ハ級「ハ!」カキカキ

駆逐ニ級「二!」カキカキ

49 : ◆dbGyYYDw8A - 2016/03/02 00:27:16.30 LaU3eenMo 47/84

駆逐イ級『駆逐イ級』

駆逐ロ級『駆逐ロ級』

駆逐ハ級『駆逐ハ級』

駆逐ニ級『駆逐ニ級』

軽巡水鬼「ミンナスゴイ! ヨク書ケタネ! エライエライ」

初霜「深海棲艦って文字書けるんですね……」

赤城「大本営が知ったらびっくりするでしょうね」

阿武隈「なにアホなこと言ってるんだと、思われる気もします」

駆逐イ級「イー♪」

駆逐ロ級「ロ?」

駆逐ハ級「ハー♪」

駆逐ニ級「二♪」

阿武隈「……まるで小学校の先生みたいです」

赤城「ですねえ……なんかもう警戒しなくていいんじゃないかって思えてきました」

蒼龍「ですよねー」

「電もそう思うのです」

「……似てる」じー

軽巡水鬼「……響チャン? ドウシタノ?」

「……いや、なんでもないよ。戦わないで済むなら、どうでも良い事さ」

50 : ◆dbGyYYDw8A - 2016/03/02 00:28:02.13 LaU3eenMo 48/84

阿武隈「でも、良かったです。戦わずに済むなら、それがなりよりですから」

軽巡水鬼「エヘヘ……アタシモデス」

駆逐棲姫「フン……阿武隈トイッタカ? ズイブント、間の抜ヌケタ雰囲気シテルナ」

「む」

初霜「むむ」

若葉「は?」

「……今の言葉は聞き捨てならないね」

駆逐棲姫「本当ノコトヲ、言ッタマデダ」

軽巡水鬼「ウワアアアアア!? ゴメンナサイ! 駆逐棲姫チャン、ナニイッテルノ!?」

駆逐棲姫「オマエノヨウナ上官ヲ持ツ下ハ、サゾカシ苦労シテイルダロウナ。ゴ苦労ナコトダ」

若葉「……こっちこそ。まさか水鬼級の深海棲艦が、ここまでボケボケな奴だとは思わなかったぞ」

駆逐棲姫「……ア?」

駆逐イ級「イー!」

駆逐ロ級「ロ?」

駆逐ハ級「ハー!」

駆逐ニ級「二イイイイイイイィ!」

阿武隈「うわああああああぁ!? ごめんなさいごめんなさい! 謝りますから怒らないでぇ!?」

榛名「お二人とも落ち着いてください!」

51 : ◆dbGyYYDw8A - 2016/03/02 00:28:39.07 LaU3eenMo 49/84

「阿武隈さんは間が抜けてなんていないのです!」

初霜「そうです! 普段からとても優しい方で、自然と周りを和ませる人なんです!」

「電達に気軽に接してくれるお陰で、みんな明るくなれるのです!」

阿武隈「電ちゃん、初霜ちゃん……」

「お陰で一部の子からは懐かれ過ぎで、苦労してるけどね」

若葉「お前が言うな」

「訓練の時はたまに厳しいけど、親身になってできるまで丁寧に教えてくれるのです!」

初霜「私達の練度が高く保てているのも、阿武隈さんがあってのものなんです!」

「そのせいで一部、阿武隈さんをわざと困らせて、マンツーマンの居残り練習してもらおうとする子もいるけどね」

若葉「お前が言うな」

「艦隊の指揮を執るときも、的確で分かりやすい指示で、電達をきちんとまとめてくれるのです!」

初霜「護衛任務で高い成功率を保てているのも、阿武隈さんのお陰なんですから!」

「任務や実戦ではちゃんとするけど、どうでも良い時にわざと指示に従わなくて、かまってもらおうとする子もいるけどね」

若葉「お前が言うな」

阿武隈「響ちゃーんっ!?」

52 : ◆dbGyYYDw8A - 2016/03/02 00:29:12.94 LaU3eenMo 50/84

駆逐棲姫「ハッ、上等ダ! オマエラト私達! ドチラガヨリ優レタ水雷戦隊カ、比ベテヤロウジャナイカ!」

駆逐棲姫「コイツノ教導ガドレホドカ見セテヤルヨ!」

駆逐イ級「イ!」

「望むところさ」

阿武隈「望んじゃダメです!」

軽巡水鬼「ソノ通リデス! ケンカシチャダメ!」

榛名「ああ、榛名どうすれば……」あたふた



赤城「深海棲艦も教導とかするんですね」

蒼龍「え、ツッコムところそこですか?」

赤城「それにしても……いい天気ですね」

蒼龍「そうですね、お腹空きましたねー」

天城「あ、おにぎり食べますか? 提督から消費していいと戦闘糧食を頂いてますから」

蒼龍「やったあ! 食べよ食べよ」

赤城「放っておいて大丈夫でしょうか?」

蒼龍「お腹空いたら、おにぎりに気づいてこっち来ますって」

赤城「それもそうですね」

天城「天城、お茶淹れますね」



阿武隈「みなさん、あたしの指示に従ってください! ううー、従ってくださーい!」

53 : ◆dbGyYYDw8A - 2016/03/02 00:29:55.32 LaU3eenMo 51/84

艦隊が帰投しました!



提督「……は? 軽巡水鬼と第一水雷戦隊で合同演習する許可をくれ? え、なんで?」

若葉「あの駆逐棲姫の鼻を明かすためだ。阿武隈さんの教導がどれ程か、目に物を見せてやる」

提督「ごめんちっとも意味が分からん」

「司令官、ごめんなさいなのです……」

「……正直反省してる」

若葉「しかし軽巡水鬼……いったい何者なんだ」

初霜「さっぱり見当がつきません。あの方もかつて沈んだ艦の思念体なのでしょうか」

「予想もつかないのです」

「……え?」



軽巡水鬼「髪ノ再セット完了デス!」

駆逐棲姫「駆逐達ニ完全ニ崩サレテタモンナ」

駆逐イ級「イ~♪」

54 : ◆dbGyYYDw8A - 2016/03/02 00:30:41.37 LaU3eenMo 52/84

『深雪スペシャルなのです』

深雪「あー、退屈だなぁ。今日は訓練もないし、体動かしたいぜ」

「深雪ちゃんはいつも元気なのです」

初霜「あまり無理しちゃダメですよ? いつもあんなに訓練しているんですから、体を休めるのも大切です」

深雪「ちぇー。誰か強い奴でも出てきてくれないかな……お、言ってるそばから」

阿武隈「あ、深雪ちゃん、こんにち――」

深雪「二人とも! 攻撃目標発見! 直ちに攻撃するぜ!」

阿武隈「えええええっ!? 何事!?」

「だ、ダメなのです!?」

初霜「そうです!」

深雪「電、初霜! 奴にジェット……ジェット……えーと、電? なんだっけ?」

「なにがなのです?」

深雪「ほら、あれだよあれ! ジェットで始まる、三人で攻撃する奴! 知ってるだろ?」

「知らないのです」

深雪「えー、使えねえなあ。初霜は?」

初霜「私も知りません」

深雪「なんだよ、もー。こうなったら……ジェットなんとかを仕掛けるぞ!」

阿武隈「ぐだぐだ過ぎぃ!?」

55 : ◆dbGyYYDw8A - 2016/03/02 00:31:42.85 LaU3eenMo 53/84

深雪「二人とも、深雪様に続けー!」ダダダダダ!

「……」

初霜「……」

深雪「……ってついて来てねえ!? なんて薄情な奴らだ!」

初霜「いきなり、普段世話になってる人に攻撃する方が薄情かと思うわ」

深雪「本気で攻撃するわけないだろ!? ノリだよノリ!」

初霜「……あ、ごめんなさい。気づきませんでした」

深雪「天然か! くそっ、こうなったら私一人でも――」

深雪「必殺――深雪スペシャールゥゥゥゥゥ!」

阿武隈「えい」ガシッ

深雪「お……? 頭を抑えられた? てい、やっ!」

ブンブン!

「深雪ちゃんの腕が阿武隈さんに届いてないのです」

初霜「リーチ差がありますからね」

深雪「くっ……まさか深雪スペシャルがこんな形で封じられるなんて」

深雪「なら仕方ない……こうなったら深雪スペシャルだ!」

「さっきと同じ技名なのです!?」

阿武隈「そこはせめてmark2とか、弐式とかにするべきだと思う」

朝霜「……面白そうなことやってんな」二ヤリ

56 : ◆dbGyYYDw8A - 2016/03/02 00:32:24.48 LaU3eenMo 54/84

朝霜「深雪、助太刀するぜぇ! 一水戦阿武隈、かくご~!」

阿武隈「はいいいいっ!?」サッ

朝霜「ちっ、かわされたか。まっ、これくらいやってくれないと困るからね」

阿武隈「あ、朝霜ちゃん? いきなり何するんです!?」

朝霜「問答むよー! いざ勝負! いざ鎌倉!」

阿武隈「鎌倉に何の意味が!?」

朝霜「てやーっ!」

「踏み込みが――」

朝霜「へ?」

「甘いのです!(適当)」

朝霜「なっ!? あたいの一撃が、同じ駆逐にこんな簡単に止められた!? けど――」

清霜「阿武隈さんもらったーっ!」

阿武隈「はい、お疲れ様」ぱし

清霜「あうっ!? えー、こんなあっさり捕まったーっ!? なんで、どうしてーっ!?」

阿武隈「清霜ちゃん、隠れているの丸見え。隠れてたドアからそれ出てたよ」

清霜「え?」ぴこぴこ

朝霜「清霜、おめーなにアホ毛見せてんだよーっ! そんなの切ってしまえよ!」ぴこぴこ

清霜「朝霜酷いーっ!? 朝霜だってアホ毛出してんじゃん! ……ところでアホ毛ってなに?」ぴこぴこ

朝霜「知らないで反論してたのかよおめーっ!?」ぴこぴこ

(どうやってそれ動かしているのか、すごく気になるのです……)

阿武隈(思わず触りたくなる……あ、あたしの前髪触りたがる提督の気持ち、少し分かったような)

深雪「って、深雪様の深雪スペシャルが披露できなかったじゃんよー!」

初霜「さっき見せませんでしたか?」

深雪「あ、あれは未完成だったんだよ! 二回目は完成版だったんだ!」

初霜「未完成のものを実戦で使うのは、あまり良くありませんよ? 実戦で必要なのは枯れた技術です」

深雪「だから天然か!?」

57 : ◆dbGyYYDw8A - 2016/03/02 00:33:00.09 LaU3eenMo 55/84

阿武隈「あはは、三人ともちょっとびっくりしたよ。けど、他の人にはあんまりこういうことしないようにね」

深雪「へーい! 阿武隈さんは話が分かるぜ」

朝霜「分かってるよ。こーいうのは、ちゃんと冗談通じる人を選んでやるって」

清霜「阿武隈さんを倒せば、戦艦になれるって朝霜が言ってましたから、阿武隈さん以外にはやりません!」

朝霜「ちょ、清霜それ言うな!?」

阿武隈「朝霜ちゃん? それどういうことかな?」

朝霜「いやまあ、阿武隈さんは練度高いし、唯一カッコカリしてる人だし、倒したら経験値がっぽがっぽって清霜に冗談で言ったら……」

「信じちゃったのです?」

阿武隈「もう……あんまりそういう嘘言っちゃダメだよ? 勘違いさせたら、ちゃんと正しいことを教えてあげないと」

朝霜「へーい……」

阿武隈「普段はともかく、こういう時はちゃんと返事する」

朝霜「はい、ごめんなさい」

阿武隈「うん、えらいえらい」

清霜「嘘だったの……戦艦になれないのかー。簡単にはなれないよね、仕方ないか」

清霜「阿武隈さん、清霜もごめんね」

阿武隈「大丈夫、もう怒ってないからね」

清霜「ありがとう! 清霜、これからも戦艦になれるように頑張るね! えいおー!」

初霜「ふふ、高い目標があるっていいことですね」

「なのです。電も負けないように頑張るのです」

朝霜「しかし、やっぱり艦娘になってからの練度もバカにならねーなぁ。まさか電に止められるなんてよ」

58 : ◆dbGyYYDw8A - 2016/03/02 00:33:32.77 LaU3eenMo 56/84

「ところで深雪ちゃん、深雪スペシャルってなんなのです?」

深雪「ふっ、良く訊いてくれたな電! 深雪スペシャルとは深雪様のみが使える、究極の必殺技さ!」

「きゅ、究極の必殺技……!?」

深雪「ああ。深雪スペシャルとは、特定の技じゃない。戦闘にはその局面によって、最適な行動が異なるのは分かるだろ?」

「はい」

深雪「深雪スペシャルはその局面で一番有効的な手段を瞬時に選び、そのまま相手を一撃で倒す……文字通り必殺技さ」

「す、すごいのです……」ごくり

阿武隈(さっきあっさり防がれたような……いや、やめよう。深雪ちゃんの夢を壊すのは忍びないし)

深雪「だから、深雪スペシャルは特定の形を取らない。そして百戦錬磨の深雪様にしか使えない技なんだ!」

「……あれ? そう言えば、加古さんも良く加古スペシャルって技を使ってるけど」

深雪「ああ……あれも深雪スペシャルと同様の技さ」

深雪「同じ高みにいる私には分かる……あれも加古さんだから使える、究極の必殺技なんだぜ」

「か、加古さんもそんなに凄かったんですね」

59 : ◆dbGyYYDw8A - 2016/03/02 00:34:33.22 LaU3eenMo 57/84

~翌日~

「あ、加古さんなのです!」

加古「ん? 電、どうしたんだ?」

「加古さんって凄かったのです! 加古スペシャルはとっても強いのです!」

加古「加古スペシャル……? あー、あれか?」

「なのです! 加古さんがたまに叫んでるあれなのです」

加古「ははっ、ぶっちゃけノリで叫んでるだけで、意味なんてまったくないんだけどなー。そう褒められると悪い気はしないぜ!」

「意味ないのです!?」



「深雪ちゃんの嘘つきなのですー!」

深雪「がーん!? いきなりなんだ!?」←忘れてる

60 : ◆dbGyYYDw8A - 2016/03/02 00:35:29.64 LaU3eenMo 58/84

『最新鋭軽巡なんだから!』

阿賀野「電ちゃん今日もかわいいー!」だきっ

「わぷっ!? い、いきなりなんなのです!?」

提督「……」

阿賀野「髪も肌も相変わらずすべすべー! すごくかわいいんだけど!? ねえねえ電ちゃん、阿賀野の妹にならない?」

「無茶言わないでほしいのです!?」

矢矧「こーら阿賀野姉。あんまり電ちゃん困らせないの」

阿賀野「えー? もっと電ちゃんとイチャイチャしたーい」

矢矧「あのねえ……それより電ちゃんになにか用事があるんじゃないの? 電ちゃんは阿賀野姉と違って忙しいのよ」

阿賀野「ちょっと矢矧ぃ? お姉ちゃんを暇人みたいに言わないでくれる?」

矢矧「あら? この前掃除を妹に押し付けたのはどこの姉でしたっけ?」

阿賀野「うぐっ……そ、そんなこと今はどうでもいいじゃない! それより、電ちゃん電ちゃん。ちょっと教えて欲しい事があるんだけど」

「電に分かることなのでしょうか?」

阿賀野「大丈夫大丈夫、たぶん電ちゃんが知らなかったら、たぶん提督さんか五十鈴さん、由良さんくらいしか分からないと思うから?」

「そうですか? なんでしょうか」

阿賀野「ずばり! 阿武隈さんの弱点を教えて欲しいの!」

「……ふえ?」

矢矧「……阿賀野姉、大丈夫?」

阿賀野「ちょっとちょっと!? 二人ともなにその反応!?」

矢矧「弱点って……ゲームじゃあるまいし」

「それ知ってどうするのです?」

阿賀野「良く訊いてくれました! それは……阿武隈さんに阿賀野を見直してもらうためよ!」

矢矧「阿賀野姉、評価マイナスにマイナスをかけても、数学のようにプラスにはならないわよ」

阿賀野「酷い!?」

矢矧「大体、あの人どう見ても人を不当に評価するタイプじゃないでしょうが。むしろ他人を良く見過ぎる事が心配になるタイプよ」

阿賀野「うー、でもでも阿賀野にちっとも信頼して任せてくれないんだもーん!」

「あれ? 以前……と言っても結構前ですけど、遠征旗艦を任されたのではないですか?」

阿賀野「そうだけど……」

61 : ◆dbGyYYDw8A - 2016/03/02 00:36:53.48 LaU3eenMo 59/84

~回想~

若葉「阿賀野さん。今回の目的はなんなんだ?」

阿賀野「え? えーっと、なんだっけ?」

初霜「輸送艦の護衛です、阿賀野さん」

阿賀野「ああそうだったそうだった。で、えっと目的地は……あれ?」

「もう、しっかりしてよね! 目的地はここなんだから!」(地図を指差し)

阿賀野「あ、ごめんごめん。でも暁ちゃん今日もかわいいー!」

「わぷ!? あ、頭をナデナデしないでよ! もう子供じゃないって言ってるでしょ!」

阿賀野「じゃあ抱きしめてあげるー! ぎゅー!」

「きゃっ!?」

浜風「阿賀野さん、早く準備しないと間に合いませんよ」

阿賀野「んー、あと五分だけー」

「え!? ちょ、ちょっと!? 暁も準備しないといけないんだけど!? 離してぇー!?」



磯風「……臨時とは言え旗艦が、暁がかわいかったからなんて良く分からない理由で遅れるとは。どういうことだ?」

阿賀野「あ、その……えっーと……」

「うう……どうして暁までぇ」

62 : ◆dbGyYYDw8A - 2016/03/02 00:37:31.01 LaU3eenMo 60/84

~遠征中~

阿賀野「みんなー! 陣形を保ちながら、警戒をしっかりねー!」

「「了解です!」」

阿賀野「ふふーん、みんないい子だなあ……練度も高そうだし、さすがよねえ」

「阿賀野さん! 二時方向、船影を発見したわ! 距離は――」

阿賀野「え? えーっと。こういうときはどうすればいいかなぁ……」

阿賀野「暁ちゃんの判断で対応してもらっていいよー!」

「……は?」

若葉「……いや、あのこういう時は旗艦に指示を出してもらわないと困るのだが。意思統率が乱れる」

「緊急時ならともかく、今はそうじゃないんだけど……」

阿賀野「えー? えっとじゃあ……敵だと困るから先手必勝! とりあえずやっちゃって!」

磯風「とりあえずでやってたまるか!? 民間の船とかだったらどうする気だ!?」

阿賀野「ええー? じゃあどうしろって言うのよぉ?」

磯風「いやそれを訊かれても困るのだが……」

浜風「意見を求めるとか、参考にするとかならともかく、丸投げはどうかと」

阿賀野「うーん。でもでも、指示出さなくても以心伝心! 各自が最適な判断で動く! というのが精鋭部隊と言う気がしない?」

若葉「無茶を言うな」

磯風「それが出来たら苦労はしない」

浜風「それは旗艦としての責任放棄だと思います」

阿賀野「そうかなあ……」

初霜「ま、まあ阿賀野さん。偵察機を飛ばして、対象の確認をするのがいいのではないのでしょうか?」

阿賀野「そうね! じゃあさっそく……あ」

若葉「どうした?」

阿賀野「偵察機……積み忘れちゃった。てへ」

「……」

磯風「……」

浜風「……」

若葉「……だ、大丈夫だ!」

磯風「ああ、そうだな! ない物ねだりしていても仕方ない! 現状でなんとかするぞ!」

初霜「そ、そうね! ない物は仕方ありません! なんとかしましょう!」

「皆の言う通りよ! 阿賀野さんは気を落とさないでね!」

阿賀野「み、皆……ありがとう! 阿賀野感激!」

63 : ◆dbGyYYDw8A - 2016/03/02 00:38:42.25 LaU3eenMo 61/84

~回想終了~

阿賀野「で、あの後更にドジ踏んじゃってね。後方で見守ってた阿武隈さんが見かねて、旗艦を交代させられちゃったのよねえ……」

矢矧「……阿賀野姉、なにやってんのよ」

阿賀野「そんでもって阿賀野の隣で阿武隈さんが提督さんに、阿賀野の教育がなってないって叱られちゃうし……」

阿賀野「しかもその後、阿武隈さんに『阿賀野ちゃんはそこまで落ち込まなくていいの。提督の言う通り、あたしの指導がなってなかったんだから』ってフォローまでされるし」

阿賀野「これって、阿賀野が怒られるよりよっぽど応えない?」

矢矧「そこまでしてもらった相手の弱点を、電ちゃんに訊くのはどうかと思うわ」

阿賀野「そこまではいいのよ! 問題はその後よ!」

「その後ですか?」

阿賀野「そう、阿賀野は見ちゃったの! 阿賀野が退室した後、執務室で――」

64 : ◆dbGyYYDw8A - 2016/03/02 00:39:16.64 LaU3eenMo 62/84

~再び回想~

提督「阿武隈、さっきは悪かった。必要なこととはいえ、言い過ぎた」

阿武隈「いえ。提督は正しいです。時には厳しくなることも大切だって分かってますから」

提督「ああ。だが、必要なことでも好きな人に対して、きつい言葉を掛けるのは……やはり堪えるな」

阿武隈「てーとく……大丈夫ですよ、あたしはそれくらいでへこんだりしません」

阿武隈「提督が心を鬼にして、あたし達のために言ってくれてることも。提督が本当はそんなことしたくないってことも分かってますから」

提督「阿武隈……ありがとう。すまないな、最近私は阿武隈の優しさに甘えてばかりだ」

阿武隈「それは、お互い様です。あたしだって、提督の優しさに甘えてばかりなんですから」

阿武隈「言いたくないことを言わせて……ごめんなさい、提督」

提督「阿武隈……」

阿武隈「てーとく……じゃあ、お仕事終わったら一杯甘えてもいいかな?」

阿武隈「……なんて、その」

提督「……もちろんだ」

65 : ◆dbGyYYDw8A - 2016/03/02 00:39:58.02 LaU3eenMo 63/84

~回想終了~

阿賀野「阿賀野をいちゃつく材料にするなんて、酷くない?」

矢矧「電ちゃんのいるところで、変な話するんじゃないわよ!」(電ちゃんの耳塞いでる)

「なのです?」

阿賀野「というわけで、電ちゃん弱点知らない?」

「えっと……阿武隈さんの弱点と言えば、北上さんだと思うのです」

「阿武隈さん、この前北上さんに『その黄金の前髪アタシがもろたぁ!』とか言って、せっかくセットした前髪が無残に崩されてたのです」

阿賀野「なにやってんのあの人。まったく子供じゃないんだから」

矢矧「その言葉、そっくり阿賀野姉に返してもいいと思うわ」

「そんなことが結構あるから、阿武隈さんちょっと北上さんが苦手なのです。それでも、以前よりは良くなったと思うんですけど」

阿賀野「けど、北上さんをけしかけるわけにも行かないしなあ……阿賀野にはちょっとあの人扱えそうにないし」

「扱える人がいたら見てみたいのです」

矢矧「同感ね」

阿賀野「じゃあ仕方ないわね。正面突破よ!」

「今までの流れはなんだったのです!?」

矢矧「気にしてはダメよ。阿賀野姉なんだから」

「さらりと酷いのです!?」

阿賀野「阿武隈さんはさっき庭で見かけたわ! 阿賀野いっきまーす!」

66 : ◆dbGyYYDw8A - 2016/03/02 00:40:45.84 LaU3eenMo 64/84

阿賀野「ふふ、最新鋭軽巡、阿賀野型の実力を見せてあげるんだから」

阿賀野「多数対多数ならまだ分が悪いかもしれないけど、一対一の勝負なら……きらりーん! 阿賀野に勝機があるわ!」

阿賀野(一対一、かつ正面での勝負で不測の事態は無いに等しい)

阿賀野(即ち、その時点での力量が勝敗に直結するわ)

阿賀野(……勝てる! 現時点でも、僅差で阿賀野の方が強い! この勝負を逃すことは、即ち勝機をドブに捨てるのと同様よ!)

阿賀野「この勝負阿賀野が貰ったわ!」

矢矧「なにそのモノローグ」

阿賀野「気分よ気分!」

矢矧「次のコマで無残に負けてそうね」

阿賀野「そういうこと言わないで!? と、ともかく阿武隈さんたのもーっ!」

67 : ◆dbGyYYDw8A - 2016/03/02 00:41:31.52 LaU3eenMo 65/84

「阿武隈さんたかーい! ねえねえ、走ってみて走ってみて!」

磯風「はは、暁はご機嫌だな。そんなに肩車が嬉しいのか?」

「そ、そんなんじゃないわよ! これはレディーとして更なる高みを目指すために、高い目線で遠くを見るためよ!」きっぱり!

「かの偉人、ベルナールは言っていたわ。私たちは巨人の肩の上に乗る小人のようなものだと」

磯風「ふむ。暁は難しい言葉を知っているな」

阿武隈(それ多分意味が違う……)

「ほら、阿武隈さん早く早くー」

阿武隈「はいはい……危ないから、ちゃんとしっかり捕まってね」

「了解よ!」

阿武隈「じゃあいくよ、それーっ!」

「きゃっ! 暁が普通に走るのと同じくらい速いわ! すごーい!」

阿武隈「えへへ、そう? じゃあもうこのままちょっと走るね」

「うん!」

阿賀野「おのれ一対二とは卑怯な! 艦娘として恥ずかしくないのか!?」

阿武隈「いきなりなに阿賀野ちゃん!?」

阿賀野「ならばこっちも助っ人を呼ぶわ! 矢矧カモーン!」

矢矧「お断りするわ」

阿賀野「ええっ!? 矢矧ってばお姉ちゃんを見捨てるの!?」

矢矧「相手が阿武隈さんと暁ちゃんなら、別に取って食われたりしないでしょ。安心しなさい」

阿賀野「うー、矢矧ってば冷たいー。冷淡ー鬼ー」

矢矧「はいはい」

68 : ◆dbGyYYDw8A - 2016/03/02 00:42:11.18 LaU3eenMo 66/84

阿賀野「もう、矢矧ってば頼りにならないんだから。こうなったら阿賀野一人でもやっちゃうからね」

阿賀野「阿武隈さん、これは下剋上よ! 覚悟ー!」

「阿武隈さん危ないわ! 攻撃するからね!」

ポイ!

阿賀野「あたっ」ポス

「命中よ!」

阿賀野「なにこれ……暁ちゃんの帽子?」

磯風「見事に阿賀野さんの頭にすっぽり入ったな。何気にすごいぞ」

阿賀野「え、でもこんな帽子が当たったところで、阿賀野ちっとも平気なんだけど」

「それはただの帽子じゃないわ……クリスマスプレゼントとして、サンタさんに貰った帽子よ!」

阿賀野「な、なんだってーっ!?」

「サンタさんから貰った帽子。つまり、サンタさんの不思議なパワーが込められいても不思議じゃないわ!」

(不思議なパワーが込められているのが不思議じゃないって、矛盾してるのです……)

阿武隈(というか、あたしが贈ったものだし、あんまり過剰に期待されても困るんですけど)

阿賀野「サンタさんの不思議パワーって……例えば阿賀野にサンタさんみたいな白いおヒゲが生えたりとかしちゃうわけ!?」

「明日目が覚めたら、サンタさんのトナカイさんが、阿賀野さんと一緒に寝てたりとかもありえると思うわ!」

「暁的にはそっちの方が嬉しいわね! もしトナカイさんが来たら暁にも触らせてよね!」キラキラ

阿賀野「そんなことになったらもう夜にぐっすり眠れないじゃないの!? 夜も寝ずに昼寝するしかなくなっちゃう!」

矢矧「なに言ってんの阿賀野姉」

「でも暁ちゃん、そんな大事な帽子を投げちゃっていいの?」

「阿武隈さんを守るためだもの! サンタさんだって許してくれるわ!」

阿武隈「あ、暁ちゃん……ありがとうね」

磯風「イイハナシダナー」

69 : ◆dbGyYYDw8A - 2016/03/02 00:43:07.65 LaU3eenMo 67/84

磯風「だが暁。トナカイさんが来ることはありえないんだ」

「ええっ!? そんな、どうしてよ!?」

磯風「サンタさんはクリスマスの日、子供達に見つからないようにやってくる。逆に言うと、クリスマスの日にしかサンタさんは来ないんだ」

磯風「そしてサンタさんももう高齢、おじいさんだ」

「それがどうしたっていうのよ? ……はっ、まさか!?」

磯風「そうだ! トナカイさんは真っ赤なお鼻を笑われていた」

磯風「そのお鼻をサンタさんに褒められたトナカイさんが、高齢のサンタさんを置いて、一人でここに来れるわけがないだろう!」

「やっぱりそうなのね!? そ、そんな……暁が自分のわがままでトナカイさんを困らせていたなんて」

「……赤鼻のトナカイさん、ごめんなさい」

磯風(少し残酷だが……叶わない夢をずっと持たせるわけにはいかないだろう。暁、許せ)

阿武隈「暁ちゃん……大丈夫、暁ちゃんが優しい子だってことは、ちゃんと分かってるから」

阿武隈「きっとサンタさんもトナカイさんも、暁ちゃんのこと好きでいてくれると思うな」

「阿武隈さん……」

「暁、待たせたな!」バンッ!

「……あなたはまさか!」

「本当にトナカイさんがやってきたのです!?」

阿賀野「ええっ!?」

カピバラ(着ぐるみ)「そう、私がトナカイさ」

「……え?」

磯風「カピバラだーっ!?」

阿武隈「んんっ、違います!」

阿賀野「あらかわいい」

カピバラ「トナカイだよ。その赤い鼻から赤鼻のトナカイの通り名もあるよ」

「どこからどう見てもカピバラなのです!?」

70 : ◆dbGyYYDw8A - 2016/03/02 00:44:13.90 LaU3eenMo 68/84

磯風「お前カピバラだろう!? なあカピバラだろう!? どう見てもトナカイじゃないだろ!?」(←小声)

カピバラ「しょうがないじゃないか。とっさに用意できたのが、これしかなかったんだ」(←小声)

磯風「これならいっそない方がましだ! 響、おまえ一体何をしに来たんだってレベルだぞ!」(←小声)

カピバラ「響じゃないよ、若葉だよ」(←小声)

磯風「バレバレの嘘をつくな暁型二番艦!」(←小声)

カピバラ「大丈夫だ。私にいい考えがある」(←小声)

磯風「なぜかその言葉を聞いて、余計に不安になったぞ」(←小声)

カピバラ「信頼の名は伊達じゃない」

カピバラ「あー、暁。私は一見カピバラに見えるかもしれないが」

「一見じゃなくて、どう見てもカピバラさんじゃない」

カピバラ「これは世を忍ぶ仮の姿なんだ」

「世を忍ぶ仮の姿ってどういう……はっ、まさか!?」

カピバラ「そうさ。サンタさんを乗せるトナカイさんが、街中で動き回っていたら目立つだろう?」

カピバラ「だからクリスマスの日以外は、カピバラに見えるようにしているんだよ」

「やっぱりそうなのね! トナカイさんすごーい!」キラキラ

阿武隈(どうしよう。暁ちゃんが悪い人に騙されないか、すごい不安になってきた)

矢矧(この子、さっきから察しが良いのか悪いのか分からないわね)

「でも……トナカイさん、サンタさんを置いて来て大丈夫なの?」

カピバラ「まさにそのサンタさんに言われて来たんだよ……『悲しんでいる子がいる。それを救わないで、なにがサンタだ』」

カピバラ「『私がサンタでいるために、暁の元に行ってくれないか? なに、私のことは心配するな。私がいなければ誰が子供達にプレゼント配るんだ?』ってね」

「サンタさん……」

カピバラ「さて、暁遊ぼう。私は今日の夕方までしかいられないからね」

「そうね! トナカイさんにも楽しい思い出を持ち帰ってもらわなきゃ、レディーとして失格よね!」

「ねえ、雷や時雨達も呼んでいい!?」

カピバラ「え? も、もちろんいいよ。ほら、電も。一緒に遊ぼう」

「え、でも……」

阿武隈「ほら、電ちゃんも行っておいでよ。こんな機会めったにないんだから」

「……いいですか?」

阿武隈「もちろん!」

「ありがとうなのです!」

タタタタッ……

71 : ◆dbGyYYDw8A - 2016/03/02 00:44:50.26 LaU3eenMo 69/84

阿武隈「えへへ。響ちゃん、やっぱり暁ちゃんのこと大好きなんだね。手段はいろいろとおかしかったけど」

磯風「そうだな。仲が良くてなによりだ」

阿賀野「ですね、本当にみんなかわいいなぁー。ねっ矢矧」

矢矧「そうね」

磯風「おっと、そろそろ料理を教えてもらう時間だったな。今日もお願いできるか、師匠(阿武隈)?」

阿武隈「もちっろん。磯風ちゃんは熱心で覚えも早いから教え甲斐があるよ」

磯風「まだまだ師匠にも電さんにも及ばないがな。だがその内追い越して見せる」

阿武隈「うん、楽しみにしてるね。さて、神通も呼ばないと」

阿賀野「え、なに? 阿武隈さん達これから一緒に料理するの? じゃあ阿賀野は味見役ね!」

矢矧「まったく阿賀野姉ってば……」

阿武隈「あはは、それじゃあ阿賀野ちゃんしっかり味見してね? 味の最終調整は阿賀野ちゃんにかかってるから」

磯風「まずかったら阿賀野さんのせいだな。責任重大だ」

阿賀野「うえっ!? や、やめてよ磯風ちゃん」

阿武隈「そうだ、矢矧ちゃんも来る?」

矢矧「え、いや私は別に」

阿武隈「良いよ、大勢いた方が楽しいし。それに矢矧ちゃんの話もあたし聞きたいな」

矢矧「あまり大した話なんてできませんが……それで良ければ」

磯風「決まりだな、よし時間が惜しい。さっそく行こう」

阿武隈「うん、レッツゴー!」



阿賀野「あれ、ところでなんか忘れてるような……?」

72 : ◆dbGyYYDw8A - 2016/03/02 00:45:57.29 LaU3eenMo 70/84

~ごはんタイム後~

阿賀野「あーおいしかったー! 神通さんも磯風ちゃんも随分料理上手くなったよね」

神通「そうですか? そう言ってもらえると、私も嬉しいです」

磯風「これも師匠のお陰だ。磯風自身はさほどでもない」

阿武隈「なに言ってるの。あたしは多少手ほどきしただけで、頑張ったのは神通と磯風ちゃんでしょ」

神通「もう、阿武隈ってば。もう少し胸張っていいと思いますよ?」

浜風「そうですね。私もそう思います……もぐもぐ」

矢矧「……この子、いつの間にここにいてごはん食べてるの?」

浜風「あ、お気になさらずに」

磯風「気にするな。いつものことだ。浜風、うまいか?」

浜風「そうですね。私的にはばっちりです。磯風、感謝いたします」

矢矧「そ、そう……」

阿賀野「……あー!? そうだ、下剋上忘れてた!?」

神通「きゃっ!? び、びっくりしました……」

磯風「いきなり、なに物騒なことを言ってるんだ。食堂でそう騒ぐな」

阿賀野「阿武隈さん、覚悟ぉー!」

阿武隈「何事!?」

赤城「こら、阿賀野さん。磯風さんの言う通り食堂で騒いではいけませんよ」

阿賀野「あ、はい。すみません」

赤城「いえ。気を付けてくだされば、構いませんよ。みなさん、失礼しました」

阿武隈「はい。ご迷惑をおかけしました」

阿賀野「……」

阿武隈「……で、阿賀野ちゃんどうしたの?」

阿賀野「やっぱ下剋上はやめにしよう、うん」

矢矧「ただ単に面倒になっただけでしょ、阿賀野姉」

阿賀野「いやまあさすがに、普段からお世話になってて、今日も阿賀野と矢矧のご飯作ってもらって? それで下剋上とかはさすがにちょっと……」

矢矧「当然ね。で、今更過ぎね」

阿賀野「今更って、矢矧ひどーいっ!」

阿武隈「えっと、良ければお話しを聞かせてくれないかな?」

矢矧「はあ……そうですね、分かりました」

阿賀野「え、矢矧話しちゃうのちょっと待ってー!?」

74 : ◆dbGyYYDw8A - 2016/03/02 00:46:58.83 LaU3eenMo 71/84

~矢矧&阿賀野説明中~

阿賀野「――というわけで」

神通「ちょっと待って」

阿武隈「なんで阿賀野ちゃんがあたしと提督の会話知ってるのぉーっ!?」

阿賀野「こっそり盗み聞きしちゃった、てへり」

矢矧「阿賀野姉……」

阿武隈「しちゃったじゃないよぉ!? うわぁーっ!?」

神通「阿武隈、相変わらず仲良いね」

磯風「全くだな。やはり司令は師匠がいないと駄目な様だ」

赤城「ふふっ。阿武隈さんが提督の心の支えになっているとしたら、なによりです。これからもよろしくお願いしますね」(←つい話が気になってこっそり乱入)

阿武隈「みんなして冷やかさないでください!」

浜風「冷やかしてなんていません、本心です」

阿武隈「それはそれで恥ずかしいです!」

阿武隈「と、ともかく……それはあたしの責任もあるかなあ。阿賀野ちゃんの悩みに気づけなかったこともあるし」

矢矧「いえ、もうちょっと阿賀野姉がしっかりすれば済むことです」

阿武隈「けど、仮にしっかりしてないとしても、しっかりできるようにするのが先輩の役目でもあるし」

神通「阿武隈には荷が重いんじゃないかな」

阿武隈「神通ぅ?」

神通「ふふ、冗談ですよ」

浜風(相変わらず阿武隈さんにだけは遠慮ないですね、神通さん)

磯風(気が置けないって奴だろう)

神通「でも、能代さんにはいろいろと助けてもらってますから、私としてはありがたいです」

75 : ◆dbGyYYDw8A - 2016/03/02 00:47:46.42 LaU3eenMo 72/84

阿武隈「けどさ、阿賀野ちゃん。あたしはあれから、そんなに軽い指導をしてたつもりはないんだけどね。適度に厳しくしてたと思うんだけど」

阿賀野「え? あれで適度に厳しい? あんなにきついのが?」

神通「え、あれで適度に厳しいですか? あんな優しいのが?」

赤城「あの、二人の反応が違いすぎるのですが」

矢矧「神通さんの反応の方が正しいわね」

阿賀野「えー?」

磯風「たしかに内容自体は多少厳しいかもしれないが、そこまででもないし、なにより教え方は丁寧だぞ?」

浜風「ちゃんと配慮や気遣いもされてましたしね」

阿賀野「矢矧ー。みんながいじめるよー」

浜風「まあ傍から見てるだけですから、当の本人にしか分からないこともあるかもしれませんね」

阿武隈「それに、物の捉え方は個人によって違うしね……けど、それならどうすれば」

阿賀野「ああいえ、別に耐えられないとかそういうわけじゃないですからぁ!?」

阿武隈「そう? 無理して体とか壊したりしたら本末転倒だよ? 本当に大丈夫?」

阿賀野「はい、バッチリです!」

阿武隈「うん、じゃあこれからも頑張って付いて来てくれる? あたしも、頑張るからね」

阿賀野「はい、これからもよろしくお願いしますね」

阿武隈「うん、あたしこそよろしくねっ」

阿武隈「でもそうだなぁ……じゃあ、阿賀野ちゃんまた遠征の旗艦やってみよっか」

阿賀野「ええっ!? で、でもまたこの前みたいなことになっちゃったら」

阿武隈「さっきも言ったじゃない。そこまで軽い指導はしてないって。阿賀野ちゃんあれから一杯頑張ったし、大丈夫!」

阿賀野「そ、そうかなぁ……阿賀野ちょっと心配なんだけど」

磯風「なに、心配はいらない。この磯風がサポートする。また初霜辺りに付いて来てもらっても良い」

磯風「それこそ、遠征に慣れた睦月や三日月とかに協力をお願いしてもいいかもな。なあ師匠?」

阿武隈「そうだね。提督や電ちゃんにはあたしから話をしておくね」

76 : ◆dbGyYYDw8A - 2016/03/02 00:48:56.97 LaU3eenMo 73/84

阿賀野「……分かりました! そこまで言われて臆してたら、阿賀野型の名が廃るってもんよね! やればできるんだから!」

阿武隈「うん! 阿賀野ちゃんなら大丈夫!」

矢矧「……大丈夫かしら阿賀野姉」

赤城「心配いりませんよ。皆さんが言った通り、阿武隈さんが今まで一生懸命指導してきて。そして磯風さん達がサポートするんですから」

赤城「それに、妹の矢矧さんがお姉さんの阿賀野さんを信頼しなくてどうするんですか」

矢矧「……そうですね。たしかにそうかもしれません」

赤城「はい。大丈夫です。一水戦だって、華の二水戦に負けてません。役割こそ違いますが、どちらも立派な水雷戦隊です」

神通「その通りです。もっとも……私個人としてはともかく、水雷戦隊全体の練度としては負ける気はありません」

赤城「ふふっ、頼もしいですね」

赤城「まあ、今後阿賀野さんが一水戦旗艦を継承するかは、また別の話ですけどね」

赤城「ですが、二水戦の候補には能代さんがいるんです。阿賀野さんが候補にいても不思議ではないでしょう」

神通「はい」

阿武隈「じゃあ、さっそく準備しなくっちゃ! まずこの話自体受け入れてもらえなかったら駄目だもんね」

阿賀野「ええー!? ここまで来てご破算とか、阿賀野勘弁なんだけどぉ」

阿武隈「あはは、大丈夫大丈夫……たぶん」

阿賀野「たぶん!?」

磯風「いや大丈夫だろ……たぶん」

浜風「そうですね、問題ないでしょう……たぶん」

神通「はい。心配いりません……たぶん」

阿賀野「なにそのたぶん推し!? しかも神通さんまで!?」

赤城「阿賀野さん、そんなに根詰めないでくださいね。たぶん」

阿賀野「赤城さんに至っては意味まで放棄してるじゃないの!?」

赤城「ふふっ、冗談ですよ」

77 : ◆dbGyYYDw8A - 2016/03/02 00:49:40.92 LaU3eenMo 74/84

『電はこれからも秘書艦なのです』

――戦いは辛くて、厳しいこともいっぱいあるけれど。

それでも電は、鎮守府の皆や国の皆を守るため、今まで戦ってきたのです。

それに、ここにはたくさんの思い出があるから……

思い出すと、悲しい事、辛い事もあるけれど。

それ以上に楽しい事、嬉しいことが一杯なのです。

78 : ◆dbGyYYDw8A - 2016/03/02 00:50:27.63 LaU3eenMo 75/84

~~~

提督「初めまして。貴方が、電さんかな?」

提督「はは、初めてで緊張しているか。私もだよ。艦娘を呼び出し、指揮する適正があるからって下士官からいきなり提督だ。未だに実感が湧かないな」

提督「けど、これから自分なりに精一杯やるつもりだ。電さん……電でいい?」

提督「そうか。これからよろしくな、私と電さ――すまない、電とこの鎮守府を大きくして、共に大切なものを守っていこう」

提督「電が寂しくないよう、仲間を一杯集めないとな」



神通「あの……軽巡洋艦神通です」

白雪「白雪です。どうぞよろしくお願いします」

菊月「私が菊月だ。ともに行こう」

文月「あたし、文月っていうの。よろしく~」

磯波「あ、あの……磯波と申します。よろしくお願いいたします」



「電、久しぶり……かな? ああ。私も会いたかった」

「大丈夫だ。今度は沈めさせやしないさ。電も、仲間たちも」

「信頼の名は伊達じゃない」



「電! 今度こそお姉ちゃんは電達をしっかり守るんだから! だから電はしっかりと暁についてらっしゃい!」

「暁だけじゃないわ! 雷だって頼っていいのよ!」

79 : ◆dbGyYYDw8A - 2016/03/02 00:51:08.79 LaU3eenMo 76/84

深雪「なにいつまでも気にしてんだよ! 昔は昔、今は今だろ電!」

深雪「あんまり気にしてるようなら、それこそ深雪様は怒っちゃうぜ!」

深雪「だからよ、今度は私の友達になってくれよ! なっ!」



五十鈴「水雷戦隊の指揮はお任せ! さあ、みんな五十鈴に付いて来て!」

時雨「雨が気になるの、電? 大丈夫。雨は……僕達の味方さ」

白露「電だって秘書艦として頑張ってるもんねー、すごいよね! けど一番はあたしなんだからね!」



北上「うえー。駆逐艦の指揮とか? そんなの神通や五十鈴にやらせればいいじゃんー」

「なにアホなこと言ってんのよ! さっさと指示出しなさい!」

北上「電ちゃん秘書艦でしょ? あとよろしくー」

長月「なに言ってんだおまえは!?」



古鷹「ここはとてもいい部隊ですね!」

古鷹「かわいらしい秘書艦さん……よろしくお願いしますね」

古鷹「重巡洋艦のいいところ、沢山知ってもらえるとうれしいです!」

80 : ◆dbGyYYDw8A - 2016/03/02 00:52:10.57 LaU3eenMo 77/84

赤城「私達三人でも……機動部隊です!」

蒼龍「ない物ねだりなんてしていられないですよね! 赤城さんと鳳翔さん、三人でも味方の空は守ります!」

金剛「電ーっ! 殴り合いなら私達にお任せデス!」

榛名「お姉様と二人だけでも……榛名達は戦艦です! 味方は……守ります!」



島風「むー、つまんないつまんなーい! もっと速い子いないの電さーん!」

吹雪「ちょっと島風さん、あんまり突出しちゃダメですって!」

弥生「……これじゃ、どんなに速くても実戦には出れないよ」



龍驤「ふふん、こう見えてウチ歴戦の空母なんよ。赤城や加賀にも負けないで!」

龍驤「え……加賀はまだいない? 蒼龍、いやそう怒らんといて! 悪気はなかったんよ!」



長門「ようやく戦いの舞台に出れるな……今度は仲間を背負わせてくれ。もう仲間がいなくなるのを、後方で見るのは沢山だ」

陸奥「ふふ、私も今度こそ活躍して見せるわよ。爆発なんてしないんだから」



イムヤ「え? 潜水艦を見るのは初めて? そう……名前呼びにくいの? じゃあ、イムヤでいいわ! よろしくね電さん!」

81 : ◆dbGyYYDw8A - 2016/03/02 00:52:46.82 LaU3eenMo 78/84

阿武隈「こ、こんにちは、軽巡阿武隈です」

阿武隈「電さん……またあえて嬉しいな」

阿武隈「電でいい? かつての上司にさんづけされるのはくすぐったいから?」

阿武隈「うーん……じゃあ、電ちゃんって呼ばせてもらっていいかな?」

阿武隈「これからよろしくね、電ちゃん」



熊野「やっと帰ることができたこの国……今度は守り抜きますわ」

熊野「ここは、私の今の帰るべき場所なのですから」



瑞鶴「また翔鶴姉と肩を並べられる……嬉しいわね」

翔鶴「ええ。私もよ瑞鶴。さあ、頑張りましょうね」



ビスマルク「この国に来てからしばらく経つけど……金剛、長門に大和……私なんかが来る必要あったのかしら」

ビスマルク「なに? 電、阿武隈。それに榛名も。また来たの? お節介な人達ね。元気を出してって……はあ、相変わらずね貴方達」

ビスマルク「……いつまでもくすぶっていたら、祖国に顔向けできないかしらね」



大鳳「そう……私が大鳳。出迎え、ありがとうございます。提督、電さん……貴方達と機動部隊に勝利ぉぉぉ!?」

大鳳「え!? え!? なんですか!? 出迎えるまで凄い苦労した? 消費した資源を考えたくない? そ、そんなこと言われても!?」

82 : ◆dbGyYYDw8A - 2016/03/02 00:53:45.86 LaU3eenMo 79/84

~~~

皐月「うん、いつもの僕とは違うよ!」

「皐月ちゃん、おめでとうなのです」

皐月「ありがとう、電ちゃん、司令官! 改二になった僕は、もっともっと司令官やみんなを守ってみせるよ!」

文月「ふわ~、皐月ちゃんかっこいい~!」

皐月「うふふっ、そうかい? 文月もありがとう!」

文月「これでもくらえ~」

皐月「っていきなりなにするのさ!? あ、あはは、ふわっ、わっ、わぁー、く、くすぐったいよぉ……」

文月「こちょこちょこちょこちょ~!」

皐月「あははは、や、やめっ、もうやめてったらー!」

阿武隈「あはは、二人とも楽しそう」

皐月「あぶくひゃひゃ、止めてってー!」

菊月「また同志が一人、更なる高みへと至ったか」

長月「だがどんなに皐月が強くなろうと、私を凌駕することなどできはしないな」

卯月「教えてやるぴょん……睦月型最強はこの卯月だということを」

睦月「ふふふ……そして睦月は裏ボスにゃしい……睦月の恐ろしさをその目に焼き付けると良いぞ」

三日月「なにやってるんですか姉さん達……」

睦月「魔王睦月と愉快な四天王ごっこだよ、三日月ちゃん」

阿武隈「四天王が愉快なんだ」

菊月「ユーモアを忘れたら命はないと思え」

阿武隈「なにそれ怖い」

長月「当然だろう? 何を今更。今まで良く生きてこられたな。よほど星の巡り合わせが良かったようだ」

「どこの世界の当然なのですか……」

「Ура!(ウラー!)」バンッ!

皐月「うわぁ!?」

「響ちゃんなのです!?」

阿武隈「急に現れてどうしたの!?」

提督「いっつもこの部屋のドア急に開けられてるな……そろそろ壊れるんじゃないか?」

83 : ◆dbGyYYDw8A - 2016/03/02 00:54:42.66 LaU3eenMo 80/84

「やぱーじゃないよ、ウラーだよ」

「そんな間違いする人いないのです」

「そうか、なら問題ない。皐月、改二おめでとう」

皐月「え? あ、うん! ありがとう響! これからもっともっと活躍して見せるよ!」

「私も負けられないな」

提督「にしても、あんな登場の仕方をすることはなかっただろう。なにかあったのか?」

「魔王にカチコミを掛けるのは、勇者の特権だよ」

阿武隈「そんな特権聞いたことないんですけど」

皐月「あははっ。響は相変わらず、かわいいね!」

「皐月の方がかわいいさ」

阿武隈「皐月ちゃんも響ちゃんも、どっちもかわいいと思うな」

文月「むう~、阿武隈さんあたしは~?」

睦月「睦月も可愛いに決まってるのです!」

阿武隈「もっちろん、皆かわいいに決まってるでしょ?」

「それにしても最近少しずつ暖かくなってきたね」

文月「もうすぐ春だよね~。あたし、寒いよりあったかい方が好きだな~」

「春か。春はいいな。いつだって、春の来ない冬はない……はるしょー」

菊月「……響。ユーモアのセンスをどこかに置いて来てしまったか」

長月「そうだな……惜しい奴を亡くしてしまった」

「……」トコトコトコ

「うらー」ピョン!

阿武隈「うああああぁ!? だからあたしの背中に飛びつかないでぇ~!?」

菊月「すねたか」

長月「すねたな」

文月「響ちゃんってば、甘えん坊だね~」

84 : ◆dbGyYYDw8A - 2016/03/02 00:55:20.63 LaU3eenMo 81/84

阿武隈「で、響ちゃん。まだ何か用事があるんじゃないの?」

「……皐月、特訓しよう」

皐月「へ?」

「改二になった直後は、以前の自分との能力差に慣れず、戸惑うことがある」

「そのまま実戦に出るのは、危険なんだよ」

睦月「あ、睦月も以前そうだったよ!」

皐月「……もしかして、僕を心配してくれてたのかい?」

「……」

阿武隈「響ちゃん、別に照れなくてもいいじゃない」

「そんなことないよ」

「響ちゃん、やっぱり優しいのです」

「……電まで。そんなことより、時間が惜しい。やるなら行こう」

皐月「はいはい、響ったら僕と一緒に特訓できることが嬉しいんだなー!? このこの~」

ガチャ

「見つけた! まったく、響ったらまた阿武隈さんの背中にいたのね!」

阿武隈「あたしの背中が定位置みたいに言わないで!?」

「まったくだね」キリッ

「響ちゃんがそれを言うのはおかしいのです!?」

「話は聞かせてもらったわよ! 訓練するなら、人数が多い方がはかどるじゃない! 雷達も協力するわ!」

古鷹「古鷹も、良ければお手伝いしますね!」

赤城「対空戦を想定するなら、空母もいた方が良いでしょう。私も微力ながらお手伝い致します」

皐月「わあっ……みんな、ありがとう!」

85 : ◆dbGyYYDw8A - 2016/03/02 00:56:13.66 LaU3eenMo 82/84

(当初は司令官と二人だったこの鎮守府も、本当に賑やかになったのです)

(電よりも凄い艦娘さんも、一杯いて……)

(電は……今でも、そしてこれからも秘書艦をやっていていいのかな)

(もっと、赤城さんや蒼龍さん。長門さんや阿武隈さん……秘書艦に適した人がいるんじゃないかって、時々思うのです)

(……でも)

提督「電、どうしたんだ?」

阿武隈「電ちゃん、どうしたの?」

「……司令官、阿武隈さん。電はこれからも秘書艦でいてもいいですか?」

提督「……急になにを言うかと思えば」

提督「いいに決まってるいるだろう? むしろ電にいて貰わないと、私は困るんだけどな」

阿武隈「提督ってば、電ちゃんに随分と助けられてますからね」

提督「ははっ、あまりいじめてくれるな」

阿武隈「だって本当のことじゃないですか。ねっ、電ちゃん?」

「そ、そんなことないのですっ」

提督「いや、事実電には色々と助けてもらってるから、あんまり反論はできないんだけどね」

「司令官は少し謙遜し過ぎなのです……」

提督「目の前の誰かさんほどではないぞ」

阿武隈「そうだよ、電ちゃん。あたしも提督も。そして他の皆も、電ちゃんにはすごくお世話になってるんだから」

阿武隈「だから、これからもあたし達の秘書艦でいてもらってもいいかな? ……電ちゃんが良ければ、だけど」

提督「私からもお願いするよ。これからもこの鎮守府を共に支えて言って欲しい。もちろん、電が良ければだが」

「……はい。電で良ければ、これからもよろしくお願いします!」

阿武隈「こちらこそ。これからもよろしくね、電ちゃん! 電ちゃんに負担かけないよう、これからも頑張るからね!」

提督「私もますます頑張らないとな。それと、阿武隈もあんまり無理するなよ」

阿武隈「それはあたしのセリフなんですけど? 提督だってすぐ無理するじゃないですか、もう」

提督「うぐ……」

阿武隈「あんまり心配かけさせないでくださいね。あたしにも、電ちゃんにも」

提督「まったく、阿武隈には敵わないな」

「笑いながら言うことじゃないのです」

86 : ◆dbGyYYDw8A - 2016/03/02 00:56:55.42 LaU3eenMo 83/84

(司令官と阿武隈さんはとっても暖かくて……電はこの場所が好きなのです)

「電、阿武隈さん、それに司令官ーっ! どうしたの? もうみんな行っちゃうわよ!」

「暁ちゃん、今行くのですーっ」

「阿武隈さん、一緒に行くのです!」

阿武隈「うん、そうだね! 早く行かないと暁ちゃん達を待たせちゃう」

提督「せっかくの皐月のお披露目だ。私も行かないとな」

「はい! 司令官も一緒に行くのです!」

87 : ◆dbGyYYDw8A - 2016/03/02 00:57:53.23 LaU3eenMo 84/84

これで終わりです。
ここまで読んでいただいた方、ありがとうございました。

記事をツイートする 記事をはてブする