1 : 以下、名... - 2012/07/01(日) 11:43:16.02 zfmdxB1c0 1/45

紅莉栖「えっ?」

岡部「な、なんだ?」

紅莉栖「な、なによ、その反応……童貞、なんでしょ?」

岡部「……」

紅莉栖「えっ……」

岡部「………」

紅莉栖「……」

元スレ
紅莉栖「うっさい!童貞のくせに!」岡部「えっ?」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1341110596/

10 : 以下、名... - 2012/07/01(日) 11:48:03.77 zfmdxB1c0 2/45

紅莉栖「な、なんとか言いなさいよ……」

岡部「お、お前がそう思うんなら、そうなんだろうな。お前の中ではな」

紅莉栖「ど、どういう意味よ」

岡部「……」

紅莉栖「童貞、じゃない……の?」

岡部「ど、どうだかな……狂気のマッドサイエンティストは色恋に現を抜かさん」

紅莉栖「……」ジー

岡部「くっ……」

15 : 以下、名... - 2012/07/01(日) 11:50:47.57 zfmdxB1c0 3/45

岡部「……出かける」

紅莉栖「ちょ、どこいくのよ!」

岡部「買出しだ、ドクペが切れてたからな……では留守番を頼むぞ、助手」

紅莉栖「まだ話は終わって……」

バタン

紅莉栖「……」

紅莉栖「岡部が、童貞じゃ……ない?」

25 : 以下、名... - 2012/07/01(日) 11:54:40.75 zfmdxB1c0 4/45

紅莉栖「うそ、嘘、嘘よ、あいつが非童貞である筈が……」

紅莉栖(でも、岡部……顔はけっこういいし、背も高い、声も宮野だし、身嗜み整えたらモテそうだし……)

紅莉栖「い、いや、でも岡部に限ってそんな……」

紅莉栖「私の岡部が……」

紅莉栖「……汚された?」

紅莉栖「……」

紅莉栖「……許さない」

39 : 以下、名... - 2012/07/01(日) 12:00:24.35 zfmdxB1c0 5/45

紅莉栖(相手は誰!? どこの馬の骨とも知らない奴に岡部があああああああああ!!!!!!!)

紅莉栖「見つけ出して脳髄引きずりおろしてやる…………」

紅莉栖(いや、待って……岡部の初めてを奪った相手は案外身近にいる可能性も……)

ガチャ

まゆり「トゥットゥルー♪ あっ、今日は紅莉栖ちゃんだけなんだ~」

紅莉栖「まゆり……」

まゆり「んー? どうしたの、紅莉栖ちゃん。なにか悩みでもあるの?」

紅莉栖「えっ?」

まゆり「いま、すっごく難しそうな顔してたよ?」

52 : 以下、名... - 2012/07/01(日) 12:05:41.93 zfmdxB1c0 6/45

紅莉栖「ちょ、ちょっとね……」

まゆり「悩みことならまゆしぃがいつでも相談にのるのです」

紅莉栖「サンクス、まゆり」ナデナデ

まゆり「えへへ」

紅莉栖「……」ナデナデ

まゆり「く、紅莉栖ちゃん……? 頭を撫でるのはもう、」

紅莉栖「……ねえ、まゆり」

まゆり「な、なあに?」

紅莉栖「あなたが……」ナデナデ

紅莉栖「……岡部の初めての相手?」ナデナデ

まゆり「ふぇ?」

68 : 以下、名... - 2012/07/01(日) 12:10:36.06 zfmdxB1c0 7/45

まゆり「は、初めてって……?」

紅莉栖「あなたも保健体育の授業は受けてるから、分かるよね……?」ナデナデ

まゆり「そ、それって……はぅ」

まゆり「あ、わわ、ま、まゆしぃは、その、え、えっちなにはいけないと思いますっ」モジモジ

紅莉栖(この反応は……まゆりじゃ、ない)

まゆり「そ、それに、まゆしぃはオカリンとキスまでしかしてないよ~」モジモジ

紅莉栖「えっ」

まゆり「ほえ?」

83 : 以下、名... - 2012/07/01(日) 12:17:37.93 zfmdxB1c0 8/45

紅莉栖「キス、したの……? 岡部と」ナデナデ

まゆり「あっ、で、でも、小さい時にだよ? オカリンが人質で実験をするって」

紅莉栖「あなたが岡部の人質になったのって、岡部が中学生の時よね?」

まゆり「う、うん……」

紅莉栖「へえ~」

紅莉栖(中学生が小学生相手にキッスねえ……あとで岡部を問い詰めよう)

まゆり「あ、あの……紅莉栖ちゃんはどうしてそんな事を聞くの?」

紅莉栖「岡部の初めての相手を探してるのよ」

紅莉栖(見つけ出して、必ず私が……)

まゆり「えっ、オカリンの……初めて? お、オカリンは童貞さんじゃ……」

紅莉栖「それが、どうやら違うみたいなのよ」

まゆり「……」

93 : 以下、名... - 2012/07/01(日) 12:23:49.30 zfmdxB1c0 9/45

紅莉栖「私も岡部の初めてがどんな相手か興味を持ってね。まゆりかと思って聞いてみたのよ」

まゆり「そん、な……」

紅莉栖「まゆり……?」

まゆり「オカリンの初めてが、オカリンと初めてキスしたのはまゆしぃなんだよ……? だから初めての相手もまゆしぃの筈なのに」ブツブツ

紅莉栖「えっと……」

まゆり「オカリンの初めてはまゆしぃなの、わたしが、オカリンの……だって、わたしは、オカリンの人質なんだから……」

紅莉栖(これは……)

まゆり「誰かなあ、まゆしぃのオカリンを汚しちゃった人は、えへへ」

108 : 以下、名... - 2012/07/01(日) 12:30:33.75 zfmdxB1c0 10/45

紅莉栖「ねえ、まゆり」

まゆり「なあに、紅莉栖ちゃん。まゆしぃはこれからオカリンを汚した人を見つけに行くから、忙しいのです」

紅莉栖「なら、二人で協力しない?」

まゆり「えっ?」

紅莉栖「二人で探したほうが早く見つかるだろうし」

まゆり「そうだね、うん! そうしよっか!」

紅莉栖「よし、じゃ早速二人で探しに行こっか」

紅莉栖(私の岡部を汚した不届き者を……)

まゆり「うん! オカリンの初めての人かあ~どんな人かあってゆっくりお話したいな」

まゆり(会って、じっくりお話をしたいのです)

113 : 以下、名... - 2012/07/01(日) 12:37:18.65 zfmdxB1c0 11/45

ブラウン管工房

紅莉栖「とりあえず、岡部の身近に居る女性、つまりラボメンに聞いてみるのが一番ね」

まゆり「スズさん居るかな~」

鈴羽「あっ、椎名まゆりに牧瀬紅莉栖じゃん」

まゆり「あっ、 スズさん! トゥットゥルー♪」

鈴羽「とぅっとぅるーえへへ、なんかいいね、この言葉」

まゆり「気に入ってくれてよかったのです♪」

紅莉栖「あの、阿万音さん。実は私たち、あなたに聞きたい事があるの」

鈴羽「あたしに?」

119 : 以下、名... - 2012/07/01(日) 12:42:57.37 zfmdxB1c0 12/45

紅莉栖「ええ……」

紅莉栖(阿万音さんはラボメンの中でも、岡部とかなり仲がいい)

まゆり(二人でよく、サイクリングに行ったりしてるのです)

紅莉栖「へ、変な質問なんだけどね」

鈴羽「変な質問……?」

紅莉栖「阿万音さん……あなた」

まゆり「オカリンと……した?」

鈴羽「したって……なにを?」

紅莉栖「……性交」

鈴羽「はっ?」

126 : 以下、名... - 2012/07/01(日) 12:49:55.44 zfmdxB1c0 13/45

鈴羽「せいこうって……失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗したの反対の言葉?」

紅莉栖「違うわよ、生産性のない子造りのこと」

鈴羽「そ、それって……な、なに言ってんの!? あ、あたしが岡部倫太郎と、そんなこと……」アセアセ

まゆり「う~ん、違うみたいだね」

紅莉栖「そうみたいね」

鈴羽「お、驚かさないでよ、もう~」

紅莉栖「ちゃんと変な質問って前置きはしたでしょ?」

鈴羽「それにしたって……不意打ちすぎるよ」

まゆり「ごめんね、スズさん。変なこと聞いて」ペコリ

鈴羽「いいよ、でもなんでそんな事聞いたの?」

139 : 以下、名... - 2012/07/01(日) 12:59:07.86 zfmdxB1c0 14/45

紅莉栖「私たちね、いま岡部の初体験の相手を探してるの」

まゆり「どんな人かな~って気になったのです」

鈴羽「へえ~岡部倫太郎の初体験の相手かぁ」

鈴羽「初体験の相手………」

鈴羽「……」

鈴羽「はあ!?」

紅莉栖「えっ」

まゆり「ほえ?」

鈴羽「は、初体験……? そ、そんな、オカリンおじさんのは初体験は未来であたしとの時じゃ……」ブツブツ

鈴羽「この時点ではまだ童貞の筈……まさか、あの時のオカリンおじさんの言葉はフェイク?」ブツブツ

まゆり「紅莉栖ちゃん……」

紅莉栖「ええ、どうやら私たちの同士が増えそうね

156 : 以下、名... - 2012/07/01(日) 13:07:46.31 zfmdxB1c0 15/45

鈴羽「ねえ、牧瀬紅莉栖。椎名まゆり」

紅莉栖「なに?」

まゆり「なにかな。スズさん」

鈴羽「二人はオカリンおじ……岡部倫太郎の初体験の相手を見つけてどうするつもり?」

紅莉栖「ちょっと興味本位であってみたいだけよ」

紅莉栖(私の岡部を汚したその図々しさ、本当に興味深い頭してるわ。ぜひとも開頭してじっくり観察したいわね)

まゆり「どんな子か、一度お話してみたいのです」

まゆり(どんな子かな~まゆしぃのオカリンを汚しちゃった子って。会うの、楽しみだな~えへへ)

鈴羽「なるほどね」

164 : 以下、名... - 2012/07/01(日) 13:15:59.64 zfmdxB1c0 16/45

鈴羽「なんか面白そうだし、あたしも混ざっていいかな?」

紅莉栖「もちろんよ、数が多いに越した事はないわ」

まゆり「うんっ! スズさんなら大歓迎だよ~」

鈴羽「サンキュー牧瀬紅莉栖、椎名まゆり」

鈴羽(あたしのオカリンおじさんを誑かした相手……絶対に許さない)

鈴羽(きっと、オカリンおじさんは無理やりそいつに責められて仕方なくヤッたんだ。それをなかった事したかったから、あたしとした時に童貞だって嘘を吐いて……)

鈴羽「それじゃ、いこっか。岡部倫太郎の初体験の相手を探しに」

鈴羽(あたしのオカリンおじさんに、そんな思いをさせるなんて……生かしておくもんか)

171 : 以下、名... - 2012/07/01(日) 13:22:03.33 zfmdxB1c0 17/45

メイクイーン

フェイリス「おかえりニャさいませ、ご主人様って、あれ? クーニャン? それにマユシイにスズニャンも」

紅莉栖「こんにちは、フェイリスさん」

まゆり「フェリスちゃん、トゥットゥルー♪」

鈴羽「うわ~凄いね、この店。メイドがいっぱいいる」

フェイリス「クーニャンたちが来るなんて珍しいね。ささ、案内するニャ」

紅莉栖「ううん、いいの」

フェイリス「うにゃ?」

まゆり「ごめんね、お客さんとして来たんじゃないの」

鈴羽「キミにちょっと聞きたいことがあってね」

180 : 以下、名... - 2012/07/01(日) 13:27:54.49 zfmdxB1c0 18/45

フェイリス「聞きたいこと? ニャに?」

鈴羽「単刀直入に聞くよ。キミ、岡部倫太郎と……そのっ」モジモジ

紅莉栖「単刀直入に聞くんじゃなかったのかよ……」

鈴羽「だ、だって、その……恥ずかしいじゃん」

まゆり「えへへ、まゆしぃも流石にここで聞くのは恥ずかしいかなぁ」

紅莉栖「もう、仕方がないわね」

フェイリス「……?」

紅莉栖「フェイリスさん。あなた、岡部と性交した?」

フェイリス「ふにゃ!?」

187 : 以下、名... - 2012/07/01(日) 13:36:25.01 zfmdxB1c0 19/45

ざわっ……

フェイリス「く、クーニャン!? にゃ。にゃにを言って……」アセアセ

紅莉栖「この慌てよう……」

まゆり「まさか……」

鈴羽「キミが私の岡部倫太郎の童貞を!?」

ざわっ……ざわっ……

フェイリス「あわわっ、お、お店の中でにゃんて事を言い出すの!?」

紅莉栖「怪しい……」

まゆり「フェリスちゃん、まゆしぃはがっかりなのです」

鈴羽「ラボメンが相手か、なら手加減くらいはしてあげるよ」ポキポキ

ざわっ……ざわっ……

フェイリス「もう! 話は後で聞くから! 三人ともお店から出て行くニャ!」

194 : 以下、名... - 2012/07/01(日) 13:41:52.88 zfmdxB1c0 20/45

メイクイーン前

紅莉栖「くっ、追い出されてしまった……」

まゆり「お店の中で聞くのは、やっぱりだめだよね……」

鈴羽「うまく逃げられたね……」

ガチャ

フェイリス「フェイリスは逃げも隠れもしないニャ!」

まゆり「フェリスちゃん……お店の方は大丈夫?」

フェイリス「にゃんとか、お客様の誤解を解くことができたニャ」

まゆり「そっか~よかった」

204 : 以下、名... - 2012/07/01(日) 13:49:30.86 zfmdxB1c0 21/45

フェイリス「まったく、普通のメイド喫茶なら潰れちゃうレベルの爆撃だニャ。今回はフェイリスとお客様の信頼関係があったからこそ、誤解が解けたニャ」

紅莉栖「ご、ごめんなさい……」

鈴羽「ごめん、その件については謝るよ」

フェイリス「それで、その……さ、さっきの話って」

紅莉栖「改めて聞くわ。フェイリスさん。あなた、岡部とした?」

鈴羽「……」ゴクリ

まゆり「……」

フェイリス「……したニャ」

215 : 以下、名... - 2012/07/01(日) 13:54:06.83 zfmdxB1c0 22/45

紅莉栖「!?」

まゆり「そんな……」

鈴羽「キミが、岡部倫太郎と……」

フェイリス「そう! 凶真とは前世からともに戦った仲。フェイリスと凶真は共に来世で結ばれる契りえを交わしたのニャ!」

紅莉栖「……」

まゆり「……」

鈴羽「……」

紅莉栖「そういう、厨二病の、いらないから……」

フェイリス「ふにゃ……」

紅莉栖「もう一度、はっきりと尋ねる。あなたは岡部と性交した?」

220 : 以下、名... - 2012/07/01(日) 14:01:14.67 zfmdxB1c0 23/45

フェイリス「フェイリスはメイクイーンのメイドだニャ。特定の誰かを愛すことはできないニャ」

紅莉栖「……フェイリスは違うけど、秋葉留未穂としてヤッてた、はなしよ?」

フェイリス「……」スッ

留未穂「残念だけど、岡部さんとはそういう関係じゃないよ」

鈴羽「猫耳とるだけで随分変わるもんだね……」

まゆり「そっか、フェリスちゃんでもないんだ……」

留未穂「……」スチャ

フェイリス「ニャニャ? みんなの話だとまるで凶真が童貞じゃないみたいニャ」

紅莉栖「そうよ」

フェイリス「えっ?」

鈴羽「岡部倫太郎は……童貞じゃ、ない」

256 : 以下、名... - 2012/07/01(日) 14:26:36.33 zfmdxB1c0 24/45

フェイリス「童貞じゃ……ない……?」

紅莉栖「残念だけどね」

まゆり「オカリンは大人になってしまったのです」

フェイリス「あ、ありえない……ありえないよ、そんな事!」

鈴羽「口調が素になってる……」

紅莉栖「認めたくないのは分かる、でも、事実よ」

フェイリス「でも……、だって、岡部さんは昨日まで童貞だったんだよ!?」

紅莉栖「なっ……」

まゆり「えっ」

鈴羽「ど、どういうこと!?」

263 : 以下、名... - 2012/07/01(日) 14:40:38.97 zfmdxB1c0 25/45

フェイリス「昨日、メイクイーンに岡部さんとダルニャンが来てたんだニャ」

紅莉栖(口調が混ざってる……)

フェイリス「その時、二人の会話を聞いたんだけど……」

――――
――

ダル「オカリン、僕とうとう卒業したお」

岡部「そ、卒業って、まさか、お前!」

ダル「由季たん、最高ですた……はあ、はあ」

岡部「まさか、お前に先を越されるとはな」

ダル「いや~オカリンもぜひ経験してみるといいお! いつまでも童貞()なんて恥ずかしいお! あっ、ごめん……相手がいないか」

岡部「このデブ殴りたい……」

――――
――

紅莉栖「なるほど……」

鈴羽「つまり、岡部倫太郎はその時点ではまだ童貞ってことか」

274 : 以下、名... - 2012/07/01(日) 14:46:13.79 zfmdxB1c0 26/45

まゆり「う~ん、でも、それだと相手は誰なんだろ」

紅莉栖「ふむん……そうなると昨日、岡部が会った女性に限られてくるわね」

鈴羽「岡部倫太郎が昨日あった女性……」ジー

フェイリス「だ、だから私じゃないニャ!」

まゆり「あっ!」

紅莉栖「どうしたの、まゆり。なにか心当たりでもあるの?」

まゆり「昨日はオカリン、ルカくんのところに行ってたのです」

紅莉栖「えっ……」

285 : 以下、名... - 2012/07/01(日) 14:55:56.08 zfmdxB1c0 27/45

鈴羽「ま、まさか……」

まゆり「で、でもルカくんは男の子だし……」

フェイリス「そ、そうニャ! いくら凶真でもそれは……」

紅莉栖「男とか女とか関係ない」

鈴羽「!?」

まゆり「それは……」

紅莉栖「岡部は、初対面の男の娘に対してこんな事を言って落とした男なのよ?」

フェイリス「だ、だけど……」

紅莉栖「行って、直接確かめるしかなさそうね……」

290 : 以下、名... - 2012/07/01(日) 15:06:04.06 zfmdxB1c0 28/45

紅莉栖「フェイリスさん、あなたはどうする?」

フェイリス「フェ、フェイリスは……」

鈴羽「真実を知りたくなないのい?

まゆり「オカリンの初めてがどんな感じか聞けるかもしれないんだよ?」

フェイリス「凶真の……岡部さんの初めてを……」ゴクリ

フェイリス「……わかったニャ、フェイリスも、凶真の初めての相手を知りたいニャ」

紅莉栖「OK,なら、行きましょうか。柳林神社に……」

フェイリス(岡部さんの相手、ルカニャンなのかな……)

フェイリス(私と岡部さんとの初めて同士を想定してたけど……経験ある岡部さんにリードしてもらうのも、悪くないかな、えへへ)

298 : 以下、名... - 2012/07/01(日) 15:17:07.99 zfmdxB1c0 29/45

柳林神社

ルカ子「あれ? みなさんお揃いでどうしたんですか?」

紅莉栖「ハロー漆原さん」

鈴羽「キミに聞きたい事があってね」

ルカ子「ぼ、僕に、ですか?」

まゆり「と~っても大事なことなのです」

フェイリス「凶真に関する極秘事項だニャ」

ルカ子「きょ、凶真さんの!?」

302 : 以下、名... - 2012/07/01(日) 15:27:03.65 zfmdxB1c0 30/45

ルカ子「な、なんですか?」ゴクリ

紅莉栖「「あなた、岡部とやった?」

ルカ子「へ?」

鈴羽「ストレートすぎるよ……」

フェイリス「それじゃ伝わらないニャ……」

まゆり「ルカくんは純粋なのです」

ルカ子「えっと……やりましたよ?」

紅莉栖「!?」

ルカ子「は、昨日も修行を見てくれました」

フェイリス「そのオチはフェイリスが使ったニャン」

ルカ子「ふえ?」

309 : 以下、名... - 2012/07/01(日) 15:42:57.76 zfmdxB1c0 31/45

ルカ子「その、ヤるとは何を……」

鈴羽「なにって、そりゃ……」

紅莉栖「性交よ」

ルカ子「せいこう……?」

ルカ子「……」

ルカ子「はぅ……」

紅莉栖「この様子だと違うわね」

鈴羽「みたいだね」

まゆり「やっぱり、男の子同士はいけないと思います」

フェイリス「凶真はノーマルだったニャ」

321 : 以下、名... - 2012/07/01(日) 15:55:57.65 zfmdxB1c0 32/45

ルカ子「あ、あの、なんでそんな事を……」

紅莉栖「みんなで岡部の脱童貞相手を探してるのよ」

ルカ子「へ?」

まゆり「ラボの誰かかな~って思ったんだけど」

鈴羽「いまのところ、みんなシロなんだ」

フェイリス「昨日、凶真は童貞を捨てたみたいニャんだけど……ルカニャンが相手でもないとなると」

ルカ子「あ、あのお、岡部さんがその、卒業したって」

紅莉栖「事実よ」

ルカ子「そ、そんな……」

紅莉栖(みんなショックを受けてたから、漆原さんもやっぱりこうなるか)

ルカ子「う、後ろは大丈夫なんですか!?」

紅莉栖「えっ」

332 : 以下、名... - 2012/07/01(日) 16:04:26.63 zfmdxB1c0 33/45

まゆり「る、るかくん……」

鈴羽「な、なかなか大胆だね」

フェイリス「てっきりルカニャンは受けかと思ってたニャ」

ルカ子「ど、どうなんですか!?」

紅莉栖「ど、どうって、流石にそこまでは分からないわ」

ルカ子「そ、そんな……」

ルカ子「前は、きっと素敵な女性が岡部さんの前に現れるから、諦めてた。だから、せめて後ろだけでもって、狙ってたのに……」グス

紅莉栖「漆原さん……」

ルカ子「こんなの酷いです! あんまりだよ……こんな事なら、こんな思いをするなら、後ろだけを狙うんじゃなかったっ……!」グス

345 : 以下、名... - 2012/07/01(日) 16:15:17.01 zfmdxB1c0 34/45

ルカ子「一体、誰がそんな事を……」グス

紅莉栖「いま、それを探してるんだけどね……でも困ったわね」

まゆり「う~ん」

鈴羽「手がかりが何かあればいいんだけど……」

フェイリス「ねえ、ルカニャン」

ルカ子「な、なんですか……?」グス

フェイリス「昨日、凶真がここに来た後、どこかに行くとか言ってなかったかニャ?」

ルカ子「昨日、てすか?……あっ」

紅莉栖「な、なにか言ってたの!?」

ルカ子「は、はい、確か、昨日は僕と修行を終えたあと、桐生さんのおうちに行くと……」

フェイリス「ニャン、だと……?」

紅莉栖「桐生さんの、家……」

まゆり「たしか、萌郁さんは一人暮らしって言ってたような……」

鈴羽「ま、まさか……」

360 : 以下、名... - 2012/07/01(日) 16:33:53.13 zfmdxB1c0 35/45

ラボ

ガチャ

岡部「ふぅ、まさかドクペが売り切れているとは……少々時間が掛かってしまったな」

萌郁「おかえり、なさい……」

岡部「うおっ!? し、指圧師!? なぜお前がここに……」

萌郁「昨日、部屋のお掃除、手伝ってもらったから、そのお礼に……」

岡部「礼など必要ないと言っただろ。それより、指圧師」

萌郁「……なに?」

岡部「助手……紅莉栖の奴、見なかったか? 留守番を頼んだんだが」

萌郁「……ラボ、私が……来た、時、誰もいなかった」

岡部「そうか、まったく。留守番もろくにできんのか、クリスティーナめ

366 : 以下、名... - 2012/07/01(日) 16:44:12.45 zfmdxB1c0 36/45

岡部「しかし……」

岡部「ふ、ふふ」

萌郁「……?」

岡部「フゥーハハハ! 助手のあの反応! 傑作だったな!」

萌郁「岡部、くん……?」

岡部「うむ、お前にも説明してやろう。最近ダルや紅莉栖に人を童貞だのなんだとからかわれてな」

萌郁「岡部、くん……童貞、なの?」

岡部「そこに反応するな!……ごほん、ダルはともかく助手は自分も処女の分際でからかってきたからな。少し仕返しをしてやったのだ」

萌郁「……どん、な…?」

岡部「なに、簡単な事だ。童貞とからかれた時にいつものようにムキにならず、黙っておけばいいのだ」

萌郁「どういう……こと?」

岡部「ムキになるという事は自分が童貞だと言ってるようなものだからな。だが、いつも童貞と言われて反論していた相手が急に反論しなくなるとどう思う?」

萌郁「……脱、どうてい?」

岡部「そう思うだろうな! 今朝、紅莉栖の奴が見事に引っかかりおったわ! あの間抜けた顔は当分忘れられんな! フゥーハハハ!」

382 : 以下、名... - 2012/07/01(日) 16:56:46.63 zfmdxB1c0 37/45

萌郁「岡部、くん……」

岡部「ん? どうした、指圧師」

萌郁「童貞は……いや?」

岡部「ふ、ふん俺は狂気のマドサイエンティストなのだ。性行為をしたかしてないかなど、興味ない」プイ

萌郁「……そう」

ぎゅ

岡部「えっ……」

萌郁「昨日のお礼……」

岡部「じょ、冗談がすぎるぞ、指圧師……」アセアセ

萌郁「んっ……」ムギュ

岡部「お、おい! あ、当たって……」

萌郁「岡部、くん……」

岡部「あ、あまりからかうでない! ほ、本気で襲ってしまうぞ……」

萌郁「岡部くん、なら……いい」ギュ

389 : 以下、名... - 2012/07/01(日) 17:05:28.10 zfmdxB1c0 38/45

岡部(う、上目遣いでそんな事を言うなんて反則だぞ!)

萌郁「岡部くんは……私のこと、嫌い……?」

岡部「そ、そういう訳じゃ……」

萌郁「じゃあ、問題……ない」ギュ

岡部「ま、待て待て待て待て!! こ、こんな事、勢いでしていい事ではないだろう!?」

萌郁「……」カチカチカチ

岡部「め、メール? この体勢じゃケータイは見れないぞ」

萌郁「……見て」ヒョイ

岡部「わざわざお前の打った画面を見せるのか……」

『岡部くんって以外にまじめだね(≧∀≦)
でもそんなんじゃ童貞は卒業できないゾ(^▽^)ノ』

岡部「う、うるさい!」

421 : 以下、名... - 2012/07/01(日) 17:19:43.60 zfmdxB1c0 39/45

岡部「だ、だいたい、ラボは神聖な場所であって、決してラブホなどでは……」

萌郁「なら、私……の、家で」

岡部「そ、そういう問題ではない!」

萌郁「岡部くん……」

岡部「くっ、……」

岡部(い、いかん、このままでは本当に萌郁として……)

ガチャ

岡部(た、助かった! 紅莉栖か!?ダルか!?誰でもいい! とりあえずこれで有耶無耶に……)

紅莉栖「……」

鈴羽「……」

まゆり「……」

フェイリス「……」

ルカ子「……」

岡部「……えっ?」

紅莉栖「話は全部聞かせてもらったわ……童貞」

443 : 以下、名... - 2012/07/01(日) 17:30:19.52 zfmdxB1c0 40/45

岡部「お、お前たち、なんで揃って……」

紅莉栖「まったく、人騒がせな童貞ね。だから童貞は困るのよ」

岡部「黙れ!貴様とて処女だろーに!」

紅莉栖「今日までは、ね……」

岡部「えっ……?」

まゆり「よかった~オカリンがチェリリンで」

岡部「ちぇ、チェリリン!?」

鈴羽「岡部チェりーん太郎だから、略してチェリリンだよ」

岡部「ま、まて! なんだそのふざけた名前は!」

ぎゅ

岡部「なっ、だ、誰だ!?俺の背後から襲いかかるなんて」

ルカ子「岡部さん、岡部さん、岡部さん、岡部さん……」ハアハア

岡部「る、ルカ子……?」

ルカ子「岡部さん、岡部さん、岡部さん、岡部さん……!!」ハアハアハアハアハア

482 : 以下、名... - 2012/07/01(日) 17:45:30.19 zfmdxB1c0 41/45

フェイリス「……」

岡部「おい、フェイリス! 見てないでなんとかしてくれ! ルカ子の様子がおかしい!」

ルカ子「岡部さん、岡部さん、岡部さん、岡部さん……うっ」ハアハア

フェイリス「凶真……」

岡部「は、早く、たすけ……」

ちゅ

フェイリス「んっ……」

岡部「えっ……?」

留未穂「岡部、さん……」ギュ

岡部「お、お前まで……」

493 : 以下、名... - 2012/07/01(日) 17:51:59.43 zfmdxB1c0 42/45

岡部「なんで、こんな……」

紅莉栖「ねえ、岡部」サワ

岡部「さ、触るな!」ビク

紅莉栖「私たちが、どれだけ心配したか分かってる?」

岡部「……え?」

紅莉栖「最初ね、私の岡部が汚されたと思って頭の中、真っ白になったわ」

まゆり「まゆしぃのオカリンを」

鈴羽「あたしのオカリンおじさんを」

紅莉栖「汚した奴を許さない、って」

鈴羽「そんな奴、生かしておけないからな」

まゆり「うんっ」

岡部「なっ……」

522 : 以下、名... - 2012/07/01(日) 18:10:40.34 zfmdxB1c0 43/45

紅莉栖「でも、実際は違った」

ルカ子「岡部さんは前後ともに綺麗なままでした! 本当によかった……」

岡部「」

フェイリス「モエニャン、抜け駆けはずるいニャ」

萌郁「ごめん、なさい……」

紅莉栖「でも、ここで岡部の童貞を誰かが奪うとまた争いになる」

岡部「そ、そうだ! だから早く俺を解放して」

紅莉栖「なら、みんなで奪えばいいよね」

まゆり「うんっ!」

鈴羽「賛成」

留未穂「岡部さん……えへへ」

ルカ子「岡部さん、岡部さん、……」

萌郁「ないす……あいでぃあ」

岡部「えっ……」

紅莉栖「じゃ、そういう事だから。覚悟しろよ、童貞」

533 : 以下、名... - 2012/07/01(日) 18:17:56.66 zfmdxB1c0 44/45

次の日

ガチャ

ダル「とぅっとぅるー♪ だるしじだお☆って、あれ……オカリン?」

岡部「」

ダル「どしたん、そんな干からびた顔して……」

岡部「……なあ、ダル。一ついいか……?」

ダル「なんぞ……?」

岡部「……童貞、とはなんだ?」

ダル「ナニってそりゃおんにゃの子とにゃんにゃんしてない男の事っしょ常考」

岡部「ふっ、違うなあダル。間違ってるぞ」

ダル「おっ? その口ぶり……もしかしてオカリン」

岡部「……童貞とは、女を知らない男の事だ」

ダル「ほう……」

岡部「だから、俺はまだ童貞だ……」

543 : 以下、名... - 2012/07/01(日) 18:28:07.09 zfmdxB1c0 45/45

ダル「えっ……?」

岡部「俺はあいつらの考えを理解できなかった……」

ダル「あいつらって、オカリンまさか複数対戦!?」

岡部「行為をただ体験した男がどうやって女を知るというのだ?」

ダル(なんか、オカリン悟り開いてね……?)

岡部「行為だけでなく、その想いを真に理解したとき、俺は童貞から脱せる」

ダル「な、なにがあったん?」

岡部「ラボがラブホになった、と言えば分かるだろ」

ダル「oh……しかも複数、もしかして全員?」

岡部「ああ」

ダル「うわっ……」

岡部「だが、結局、俺はあつらの考えを理解できなかった」

ダル「つまり……?」

岡部「俺はまだ童貞という事だ。真に童貞から脱せられる日は……シュタインズ・ゲートが選択するさ」

おわり

記事をツイートする 記事をはてブする