1 : 1 - 2016/02/14 21:13:36.15 /facVOVs0 1/14

スピアー♀「朝です。お目覚めください」ツンツン

「んん・・・今日、休みだろ・・・寝かせろ馬鹿女郎・・・」モゾモゾ

スピアー♀「」ブスブスブスブスブスブス

「ででででっだだあだだ!?痛ってぇ!?うわ、うわ、マジで痛っ!?」ズキズキズキ

スピアー♀「ほんのちょっと指したくらいで何を・・・」ハァハァ

「いや、おぃ思いっきりぶっ刺してただろ?」ズキズキ

スピアー♀「兎も角。降りて来てください。朝食が冷めてしまいます」ブーン

「いってぇ、もぉ・・・」チッ、スタスタ

元スレ
スピアー♀「ご主人様、朝です」 男「んー・・・」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1455452015/

2 : 1 - 2016/02/14 21:20:31.00 /facVOVs0 2/14

スピアー♀「どうぞ。お召し上がりください」コトッ

「おぅ・・・にしてもお前、その手・・・ってか針でよくご飯とか作れるよな」パクリッ

スピアー♀「何年もニンゲンと一緒に暮らせば慣れるもんです」カチャカチャ

「あっそう・・・」パクパク、モグモグ

スピアー♀「ところで・・・今日はどこかへ行かれますか?」フキフキ

「え?あぁ、ちょっとそこまでな」

スピアー♀「そうですか・・・」カチャ・・・

「何だ?」

スピアー♀「いえ、何でもございません」カチャカチャ

「あっそ・・・」モグモグ

スピアー♀「・・・」ブツブツ

「(何ブツブツ独り言言ってるんだ?スピアーのやつ・・・)」パクパク

「じゃ、夕方ぐらいには帰ってくるから」

スピアー♀「お待ちください。これを」>弁当

「え?わざわざ作ったのか?」

スピアー♀「昨日の残り物を消化したかったので」

「」

3 : 1 - 2016/02/14 21:35:34.00 /facVOVs0 3/14

「ったく、何だよあいつは・・・」ピッピッ

友人「いいなぁ、ツンデレポケモン持ってて」ピッピッ

「良かねえよ。無愛想にも程ってもんがあるだろうよ」

友人「まぁ、懐いてるかどうかは見ててくれで決まるわけじゃないし」

リオル♀「ますたー、ますたー、だっこー!」クイッ

友人「おぉ、はいはい。ほーら高い高ーい!」

リオル♀「きゃはは!」キャッキャッ

「お前は良いよなぁ、そんなにリオルに懐かれてて」ハァ

友人「だってリオちゃんは将来、僕と結婚するもんね~?」

リオル♀「ね~」ニコニコ

「いや法律で逮捕されんぞ」

友人「それを承知の上で言ってるんだよ。君もそれぐらいスピアーを可愛がってあげれば、少しは仲良くなれるんじゃない?昔みたいにさ」

「・・・」

「ただいま・・・」

スピアー♀「お帰りなさいませ」

「・・・おう(確か、こういう時に昔は撫でてやって・・・)」スッ

スピアー♀「外出されているので先にお風呂にお入りください。入っている間に夕食を作りますので」スカッ

「あ・・・はいよ」ハァ

6 : 1 - 2016/02/14 21:51:10.16 /facVOVs0 4/14

「・・・無理難題だなぁ・・・」カポーン

スピアー♀「ご主人様」ガチャッ

「ぅぉおいっ!!?か、勝手に入るなよ!ちゃんとノックしてから聞けって、言っただろ!」ザバッ

スピアー♀「タオルはいつもの場所に置いてありますので」

「見たよっ!ちゃんと」プンプンッ

スピアー♀「では」ガチャンッ

「・・・はぁ、これで懐くのにまた一歩遠のいた・・・」ブクブクブク

「ふぅ・・・」

スピアー♀「湯加減はどうでしたか?」コトッ

「おう、よかったz・・・ぇ゛」

「(何じゃこりゃぁぁああ!?)」

「お、おい・・・今日の夕飯・・・」

スピアー♀「安売りのものが多かったので」コトッ

「(カキフライとふっかつそうを敷いた上にプチトマト、しかもまんま山盛りにしてる・・・)」ワナワナ

「(俺の嫌いな物ばかり・・・わかってるはずなのに、これは・・・いくらなんでも俺の堪忍袋の緒は切れるぞぉ・・・)」イライラ

スピアー♀「それと・・・」

「あぁ?まだあんのか?」イライラ

スピアー♀「・・・デザートもございますので」

「え?デザート?」

スピアー♀「・・・すべて食べ終えたらご用意しますので、私もお風呂に入らせていただきます」ブーン

「お、おい、デザートって・・・行っちゃったし・・・」

「・・・はぁ・・・プチトマトはともかくカキフライはぁ・・・」

11 : 1 - 2016/02/14 22:05:17.41 /facVOVs0 5/14

「ぅおぇ・・・」ゲフッ・・

「やばい、ふっかつそうでも口ん中が磯臭い・・・」

スピアー♀「食べきりましたか?」ブーン

「ああ、だから早くデザートくれ」

スピアー♀「・・・どうぞ」

「・・・ん?これ・・・チョコ・・・?」

スピアー♀「今日は何の日かお忘れですか?」

「・・・あ」

スピアー♀「忘れてたんですか・・・」ハァ

「そうか、今日バレンタインか・・・ありがとな」

スピアー♀「いえ、お礼ですから」

「お礼?」

スピアー♀「こんな私と一緒に居て、暮らしていただいているお礼です」

「お、おい。そんな自分を自傷することないだろ」

スピアー♀「・・・わかってるです。自分でも、少し嫌な奴と思っているのは・・・」

「そ、そんなことは・・・」

スピアー♀「メガシンカしても攻撃力が下がりますし・・・」

スピアー♀「ニュースでは世界初、且つ唯一と言われてきた身ですし・・・」

「で、でもさ、スピード上がったんだし、火力なんて申し分ないわけだから・・・俺は気にしてないぞ!」

「お前はお前だ。スピアーに変わりはないよ」ナデナデ

スピアー♀「・・・ご主人様・・・」

12 : 1 - 2016/02/14 22:15:34.28 /facVOVs0 6/14

「じゃあ、これいただくな」

スピアー♀「・・・はい、どうぞ」

「(意外と可愛い柄の包装選んだんだな・・・)」ピリピリ、ビリッ

「・・・おっ?」

[親愛なる主人へ]

「・・・ふふっ」

スピアー♀「」ブスクッ

「痛って!?きゅ、急に何刺してんだよ!?」

スピアー♀「ふんっどうせ私に合ったキャラではありませんよ」ムスッ

「そ、そんな事思ってないよ!ただ嬉しかったから、ちょっと笑っただけで」

スピアー♀「・・・本当ですか?」

「おう・・・」イッテェ

スピアー♀「・・・なら・・・よかったです」

「(ったく・・・こいつぁ・・・)」パカッ

「・・・おっ、もしかしてこれ手作りか?」

スピアー♀「はい。一応・・・」

「へぇ~、ホント器用だなお前」パキッ、パクッ

スピアー♀「慣れですから」

「おっ、何か滑らかな舌触りだな」モクモク

スピアー♀「はちみつを混ぜましたので」

「へぇ・・・ん?」

スピアー♀「どうかなさいましたか?」

13 : 1 - 2016/02/14 22:21:30.20 /facVOVs0 7/14

「・・・今、はちみつって言った?

スピアー♀「えぇ、それが何か?」

「・・・はちみつって・・・」

スピアー♀「・・・」

「・・・そうなのか?」

スピアー♀「ミサイルばり」ババババババババババババババババ

「どわわわわわわわわ!!」

スピアー♀「さぁ、お次は外しませんよ」

「お、落ち着け!落ち着けって!ほんのちょっとした冗談だって!」

スピアー♀「ほぉ・・・冗談で私にそんな破廉恥なお考えを問いたんですか?」

「いやそうじゃなくてあの喉に当ってるんですが」

スピアー♀「あの事件の事は忘れてませんよ。ミロカロスさんの自慰行為を見たと言う、あの事件を」

「いやあれは不可抗力であってあいつが居間で堂々とやってたのが悪いんじゃ」

スピアー♀「問答無用です」

「えぇ」

15 : 1 - 2016/02/14 22:39:47.67 /facVOVs0 8/14

スピアー♀「再度お聞きします・・・そんな破廉恥なお考えで問いたんですか?」

「い、いいえ、決してそんな考えで聞いてません!」

スピアー♀「・・・アルセウス様に誓えますか?」

「イエス、ゴッド。ノープラズマ」

スピアー♀「・・・なら、よろしいです」スッ

「(はぁ。マジで殺されるかと思ったぁ・・・)」

スピアー♀「では、食器洗いをしますので」ブーン、カチャカチャ

「あ、お、おう・・・」

「じゃあ、おやすみ」

スピアー♀「はい・・・」ブーン

「(・・・一緒に寝るかってそれこそ問答無用で即ダブルニードルだろうなぁ)」スタスタ

マニューラ♀「おっかえりー。どうだったぁ?」

スピアー♀「うん・・・やり過ぎちゃったよぉ」グスグス

ミロカロス♂「またキツく言ったんかいな。学習せえへんなぁ、スピは~」

スピアー♀「だ、だって!・・・マスターったら、はちみつって言っただけで私が出したのと思ってたのよ!?」

ミロカロス♂「げっ、そらひどいな」

マニューラ♀「でも、それはそれで嬉しかったんじゃない?スーちゃんが、マスターのためにと思って」

スピアー♀「馬鹿言わないのっ!」

ミロカロス♂「まっ、何にせよ、お疲れさん」ナデナデ

スピアー♀「はぁ・・・」ガックリ

16 : 1 - 2016/02/14 22:47:10.69 /facVOVs0 9/14

「ふぁぁ~・・・おはよう」スタスタ

スピアー♀「おはようございます」

「ん・・・」

スピアー♀「・・・(やっぱり昨日の事で、機嫌悪いのかなぁ・・・)」

「・・・あのよ」

スピアー♀「!?。・・・はい?」

「・・・何味が好きだっけ?お前・・・」

スピアー♀「ぇ・・・ま、まぁ、強いて言うなら、辛党・・・ですが」

「そっか・・・」

スピアー♀「・・・(何で急にそんな事・・・?)」

「じゃあ行ってくる」

スピアー♀「はい。どうぞ」>弁当

「おう。・・・まさか、昨日の残りじゃあ」

スピアー♀「いえ。昨日の夕食はありあせんので」

「そ、そか・・・じゃあ行ってくるぞ」

スピアー♀「はい・・・あの、ご主人様」

「ん?」

スピアー♀「何故・・・好きな味を聞いてきたのですか?」

「・・・あぁ・・・まぁ、3月14日まで待ってくれ」

スピアー♀「え・・・?」

「じゃっ」

スピアー♀「(3月14日・・・あっ)」

スピアー♀「・・・ふふっ、楽しみにしてますよ。マスター♪」

-完-

17 : 1 - 2016/02/14 22:48:23.04 /facVOVs0 10/14

今日の日を思い出して、唐突に書きたくなったので
スピアーマジ天使。♀限定で

20 : 1 - 2016/02/15 17:22:28.77 uEw2O4Cp0 11/14

オマケ

リオル♀「めすたーますたー!」

友人「ん?何だい?」

リオル♀「りおをたべてー!」ベトベト

友人「あぁ~あ~、こんなに汚れちゃって、お風呂入ろ」

リオル♀「えぇ~!なんでー!」プンプン

ガブリアス♀「マスタァ~、汚れちゃったから私を食・べ・て?」ハァハァハァ、ベトベト

友人「ガブリアスも汚れちゃったの?まったく、今日はみんなしてどこで遊んできたんだい?」アハハ

ガブリアス♀「」

サーナイト♂「ダメだこりゃ」ハァ・・・

21 : 1 - 2016/02/15 18:54:21.13 uEw2O4Cp0 12/14

これにて本当にー完ー

22 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします - 2016/02/15 19:08:28.01 L+Jj4TlHP 13/14


ガブリアスか、わかってるね
ガブリアスはシロナが使ってたせいか、♀のイメージが強い

23 : 1 - 2016/02/16 12:15:48.31 5CAzYMZoO 14/14

ちなみに、書き忘れてたんですが擬人化ではありませんので。
>>22 同感です。

記事をツイートする 記事をはてブする