1 : 以下、名... - 2012/06/14(木) 00:12:46.29 jXD8RpQL0 1/39

岡部「うーむ、どうしたものか……」

まゆり「どうしたの、オカリン?」

岡部「Dメールの実験を行おうと思うのだが、どんな内容のメールにしようか迷っててな」

まゆり「それじゃあ、ラボにバナナをたくさんおいておく……とかどうかなぁ?」

岡部「却下だ。もっと、こう……マッドサイエンティストにふさわしい使い方があるだろう!」

まゆり「まゆしぃはまっど菜園さんじゃないから分からないのです」

岡部「それもそうか。まゆりは俺の人質だからな」

まゆり「えへへ……」

岡部「では>>6にでもするか」


元スレ
岡部「Dメール実験の内容が決まらん」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1339600366/

6 : 以下、名... - 2012/06/14(木) 00:20:09.28 B5isn/Kl0 2/39

まゆりに告白せよお前が好きなのはまゆりだ正直になれ

8 : 以下、名... - 2012/06/14(木) 00:25:55.85 jXD8RpQL0 3/39

岡部(まゆりに告白せよお前が好きなのはまゆりだ正直になれ……?)

岡部(突如ひらめいた内容だが、一体どういうことなのだ)

岡部(俺は別にまゆりに恋愛感情を抱いてなど居ない。まさか、"機関"の精神汚染か!?)

岡部(まぁ試しに送ってみるか。何も変わらないだろうがな)

岡部(待てよ? Dメールは全角18文字までだ)

岡部(いや、この文章なら18文字まででも意図は伝わるだろう……どうせ何も起きないだろうしな)

まゆり「オカリン、内容は決まったの?」

岡部「あぁ」

まゆり「どんな内容なのかなー?」

岡部「それは秘密だ。さぁ、準備にとりかかるとしよう」

岡部(こんな内容、まゆりに言えるわけがないだろう!)


9 : 以下、名... - 2012/06/14(木) 00:30:49.93 jXD8RpQL0 4/39

紅莉栖「岡部、準備出来たわ」

岡部「了解したぞ助手」

紅莉栖「助手って言うな。で、どんな内容なわけ?」

岡部「禁則事項という奴だ。どこで"機関"の連中が盗み聞きしてるか分からんからな」

紅莉栖「えぇ? 教えなさいよ」

岡部「教えても意味がないだろう? もし実験が成功すれば記憶が別のものになるのだから」

紅莉栖「岡部だけはリーディングシュタイナー(笑)のおかげで記憶が残るんだっけ? はいはい厨二病乙」

岡部「貴様、この鳳凰院凶真の素晴らしき能力に嫉妬か? 見苦しいぞクリスティーナよっ!」

紅莉栖「はいはいワロスワロス。放電現象、始まったわよ」

岡部「むっ、まさか貴様@ちゃんね……」

紅莉栖「違うから! まとめサイトとか見てないから! ほら、早くメールを送りなさい!」

岡部「やれやれ。まぁいいだろう……送信!」


12 : 以下、名... - 2012/06/14(木) 00:39:05.25 jXD8RpQL0 5/39

岡部(メールを送った瞬間、世界がぐにゃぐにゃと歪み……眼の前が真っ暗になった)

岡部(そしてまばゆい閃光が放たれ……五感を取り戻した瞬間、俺は驚愕した)

岡部「な、ななななな何だこの状況は!」

まゆり「うわぁっ! いきなり大きな声ださないでよオカリン。まゆしぃはびっくりしちゃったのです……」

岡部(い、いやややや! な、なんで……なんで俺が?)

岡部(なんで俺がまゆりを抱きしめているのだっ!?)

岡部(まゆりの身体、柔らかいな……特にこの豊満な胸はなんだ、けしからん!)

岡部(って色香に惑わされるな鳳凰院凶真よ! これは"機関"の……冷静になるのだ!)

岡部(しかし、まさか実験が成功したというのか!? ありえない、ありえない、ありえない……!)

岡部(だってまゆりは俺の幼馴染で、人体実験の人質で……そんな、恋愛感情を抱いたことなんて一度も)

岡部(…………)

岡部(本当に、一度もなかったのだろうか?)

まゆり「あの、オカリン……?」

岡部(ってまずは現状に対処しなければ……。そうだ、ここは>>15をしよう!)



15 : 以下、名... - 2012/06/14(木) 00:43:48.36 /myZuJiI0 6/39

子作り


18 : 以下、名... - 2012/06/14(木) 00:50:38.87 jXD8RpQL0 7/39

岡部「そうだ、子作りをしよう!」

まゆり「え、えぇっ!?」

岡部(って俺は何を言っているのだ!? やはりこれは"機関"の……)

まゆり「オカリン」

岡部「な、なんだ?」

岡部(さすがのまゆりでもドン引きだろうな、これは)

まゆり「そういうのはね、まだちょっと早いと思うのです」

岡部(あれ、怒ってない?)

まゆり「まゆしぃはね、まだ高校生なんだよ? オカリンの気持ちは嬉しいけど……高校卒業まで待って欲しいかなって」

岡部(え? なにこれ、俺たちはもしかして結婚前提のお付き合いでもしてるのか? とりあえず返事をしておこう……)

岡部「そうか。すまなかったな、急に変なことを言ってしまって」

まゆり「うぅん。ちょっと嬉しかったよ」

岡部「そ、そうか……」

19 : 以下、名... - 2012/06/14(木) 00:55:43.85 jXD8RpQL0 8/39

数時間後――

岡部「おっと、もうこんな時間か……」

まゆり「オカリンと一緒にいると、あっという間に時間が過ぎちゃうのです」

岡部「俺もだよ。では、そろそろ帰るとしよう。家まで送って行く」

まゆり「えへへ、いつもありがとうね」

岡部「っ!」

まゆり「ん? どうかした、オカリン?」

岡部(まゆりの笑顔にドキッとしてしまった……なんて恥ずかしくて言えないな)

岡部「なんでもないさ」

まゆり「顔、真っ赤だよ?」

岡部「そ、そんなことはないぞぉ! なぜなら俺は、狂気のマッドサイエンティストだからな!」

まゆり「あはは、変なオカリン」


23 : 以下、名... - 2012/06/14(木) 01:02:43.02 jXD8RpQL0 9/39

岡部(俺はまゆりを自宅まで送った後、ラボへと戻った)

岡部(なぜだろう。まゆりの傍にいるのなんて日常茶飯事なのに、今日はなんだかいつもとは違った)

岡部(まゆりと居るだけで、なんだかドキドキしてしまった。まゆりが俺に好意を向けてくるからか?)

岡部(だが、こんな状態が続いていいのだろうか? 俺はこの世界にいた岡部倫太郎とは別人)

岡部(つまり、まゆりを騙しているも同然だ……)


岡部(えぇい、悩んでも仕方ない! 他にもやることはあるのだ)

岡部(今日分かったことは、この世界では俺とまゆりが付き合っているということだけ)

岡部(だが他にもいろいろな情報を把握しておかねばならん。果たしてこの世界の俺はどんな人間なのか?)

岡部(でないと日常生活に支障をきたしかねない……)

岡部(とりあえず、明日は>>26にでも話を聞いてみるか)

26 : 以下、名... - 2012/06/14(木) 01:05:56.47 68eIviL10 10/39

ブラウン氏

28 : 以下、名... - 2012/06/14(木) 01:07:49.10 jXD8RpQL0 11/39

岡部(そうだな、ミスターブラウンにでも聞いてみよう)

岡部(家賃がどうなってるかも気になるしな……値上げされてませんよーに)

岡部(うーむ、何か確認せねばならんことがあった気がするぞ)

岡部(…………)

岡部(気のせいだな、うん)


29 : 以下、名... - 2012/06/14(木) 01:13:06.38 jXD8RpQL0 12/39

次の日――

岡部「ミスターブラウン、ミスターブラウンは居るだろうか?

天王寺「なんだ岡部、ブラウン管が欲しくなったか? 特別にまけてやるぞ」

岡部「いや、違います」

天王寺「何ぃ! 人を期待させやがって……家賃1万円アップだ」

岡部「そ、そんな横暴な! 断固拒否させていただきますっ!」

天王寺「ほう、いい目をするじゃねぇか。やっぱ彼女が出来ると変わるもんかねぇ」

岡部「ちゃ、茶化さないでいただきたい」

天王寺「大事にしろよ? 今時あんな純粋な子、天然記念物だからな」

岡部「は、はいっ!」

天王寺「で、俺に何か用だったか?」

岡部「はい。ちょっとお聞きしたいことがありまして」


30 : 以下、名... - 2012/06/14(木) 01:22:01.18 jXD8RpQL0 13/39

天王寺「最近のお前について、どう思うか?」

岡部「えぇ」

天王寺「変なことを聞く奴だな。まぁお前が変なのはいつものことか」

岡部「ふっ、褒め言葉として受け取っておきましょう」

天王寺「やれやれ。そうだな、最近のお前は……バカップル、だな」

天王寺「嬢ちゃんが可愛いのは分かるけどよ……こっちとしてはお腹いっぱいになるぜ」

岡部(なんだか予想よりすごいことになってそうだぞ……人目を気にしないとはな)

天王寺「ま、今のうちに青春を謳歌しておけよ、岡部」

天王寺「いつまでも続くわけじゃないんだ、楽しい時間ってのは」

岡部「は、はぁ……」

鈴羽「おっはー♪」

天王寺「お、バイト! 何遅刻してやがる!」

鈴羽「ごめーん店長! ちょっと寝坊しちゃって……」

岡部(最後の言葉がよく分からんが、状況はあらかた把握した)


31 : 以下、名... - 2012/06/14(木) 01:30:57.94 jXD8RpQL0 14/39

まゆり「オカリン、トゥットゥルー♪」

岡部「お、まゆりか。ずいぶんと早いじゃないか」

まゆり「えへへ、早くオカリンに会いたかったのです」

岡部「そ、そそそうか! いい心がけだぞ! フゥーハハハッ!」

まゆり「オカリン、今日はどこかに出かけよ?」

岡部「外出か? 構わんが、外出中にダルや紅莉栖が来るかもしれんしな……」

まゆり「やだなぁ、何言ってるのオカリン」

岡部「?」

まゆり「ダルくんはしばらくラボには来ないよぉ」

まゆり「それと……紅莉栖さんって、誰かなぁ?」

岡部「っ!?」

35 : 以下、名... - 2012/06/14(木) 01:40:30.26 jXD8RpQL0 15/39

岡部「ダルが来ないってどういうことだっ!? そして、紅莉栖を知らないだと!?」

まゆり「わっ! オカリン、なんだか怖いよ……」

岡部「す、すまん……驚かせてしまったな」

まゆり「ダルくんはまゆしぃとオカリンを見ててね、リア充爆発しろーって感じでラボを飛び出しちゃったでしょ?」

まゆり「それで少しの間ラボにはこないってメールが来たよね、オカリンのケータイに」

岡部(俺のケータイに? ……本当だ、確かにそんな感じのメールがある)

まゆり「紅莉栖さんっていう人にはまったく聞き覚えがないのです」

岡部(ダルのことは分かった。だが紅莉栖を知らない……? 一体どういうことだ)

岡部(そうだ、俺がDメールを送った先は紅莉栖と出会うよりずっと前!)

岡部(ならば俺たちと紅莉栖が遭遇してなくてもおかしくはない)

岡部(あいつとはもっと話したいことがあったんだがな……)


36 : 以下、名... - 2012/06/14(木) 01:44:33.59 jXD8RpQL0 16/39

まゆり「オカリン?」

岡部「あ、あぁ……すまん。俺の勘違いだ」

まゆり「そうだったんだぁ、変なオカリン」

岡部(まぁ……もし紅莉栖に会いたくなったら、Dメールを再び送ればいいか)

岡部「さて、どこかへ遊びに行こうという話だったな。では>>40なんてどうだ?」


40 : 以下、名... - 2012/06/14(木) 01:52:58.76 q6qyipgF0 17/39

神社

41 : 以下、名... - 2012/06/14(木) 02:02:29.97 jXD8RpQL0 18/39

――柳林神社

まゆり「あ、るか君だー! トゥットゥルー♪」

るか「まゆりちゃんに岡部さん。おはようございます」

岡部「おはようだ、るか子よ」

るか「今日はいい天気ですね」

まゆり「そうだねぇ。お弁当でも作ればよかったなぁ」

岡部「お、お弁当!?」

まゆり「うん。どうかしたの?」

岡部「いや、その、まゆりは……料理が苦手だろ?」

まゆり「うん。実はね、時々るか君にお料理教えてもらってるんだぁ。オカリンに食べてもらいたくて」

岡部「まゆり……」

43 : 以下、名... - 2012/06/14(木) 02:08:14.54 jXD8RpQL0 19/39

るか「ボク、ちょっとお掃除してきますね!」

まゆり「あ、るか君……行っちゃった」

岡部「気を使わせてしまったか」

まゆり「あはは……ねぇ、オカリン」

岡部「なんだ?」

まゆり「キス、してほしいなぁ」

岡部「っ!」

まゆり「……だめ?」

岡部(こんな瞳で見つめられて、駄目だなんて言えるわけないだろ)

まゆり「んっ……」

46 : 以下、名... - 2012/06/14(木) 02:13:28.77 jXD8RpQL0 20/39

岡部(キスだけじゃ物足りないのか、まゆりは俺の背中に腕を回してきた)

岡部(抱きあう形になり、俺の身体に押し付けられる双丘)

岡部(いかん、このままではどうにかなりそうだ……)

まゆり「んちゅっ、オカリンは元気だねぇ……」

岡部「!」

岡部(そんなこと言われたら、ますます元気になってしまうではないか!)

岡部「おいおい、昨日こういうことはまだ早いって言わなかったか?」

まゆり「赤ちゃん作るのはね。だから……これ」

岡部(そう言ってまゆりが差し出したのは、近藤さんだった)


48 : 以下、名... - 2012/06/14(木) 02:24:23.65 jXD8RpQL0 21/39

数十分後――

岡部「はぁ、はぁ……ふぅ」

まゆり「オカリン、気持ちよかった?」

岡部「あぁ。気持よすぎてどうにかなりそうだった……」

まゆり「よかった……」

岡部「まゆり、立てるか?」

まゆり「うーん、なんとか。でもなんだか、まだオカリンのが入ってるみたいで、ヘンな感じ……」

岡部「ふむ……ならおんぶして家まで送っていこう」

まゆり「えぇっ! そ、それはちょっと恥ずかしいのです」

岡部「神社であんなことしておいて、今更恥ずかしいも何もあるまい。さ、行くぞ」

まゆり「う、うん……」

51 : 以下、名... - 2012/06/14(木) 02:28:27.66 jXD8RpQL0 22/39

まゆり「オカリンの背中、大きいね」

岡部「そうか?」

まゆり「うん。とっても落ち着くのです」

岡部「それは光栄だな」

まゆり「あれ、ちょっと眠くなってきたかも……」

岡部「寝ても構わんぞ? 今日は疲れただろうしな」

まゆり「Zzz……」

岡部「おっと、既に寝ていたか……」



54 : 以下、名... - 2012/06/14(木) 02:33:48.72 jXD8RpQL0 23/39

岡部(まゆりを送り届けた後、俺はラボに戻ってきた)

岡部(まさかこんなことになるとはな……)

岡部(最初は以前の世界に戻ることも考えたが、もうその必要はないな)

岡部(俺はこのままずっと、まゆりと一緒に居たい)

岡部(毎日まゆりと話し、時に唇を重ねあい、時に身体を交える……)

岡部(これ以上の幸福がどこにあるというのか)

岡部(紅莉栖と話したい事は確かにあった。だが、それには今の幸せを失ってまでの価値はない)


55 : 以下、名... - 2012/06/14(木) 02:40:40.06 jXD8RpQL0 24/39

約二週間後――

まゆり「オカリン、あーん♪」

岡部「あーん」

ダル「やれやれ、これだからリア充は困る」

岡部「悔しければダルよ……貴様も3次元の彼女を作るがいい! フゥーハハハッ!」

ダル「3次元ではフェイリスたん以外に興味なし!」

まゆり「ダルくんは本当にフェリスちゃん一筋だねぇ」

56 : 以下、名... - 2012/06/14(木) 02:42:15.29 jXD8RpQL0 25/39

ダル「あ、まゆ氏まゆ氏。今の一筋……いや、すじって所をもう一回よろ」

まゆり「えーっと、すじ?」

ダル「うほ! エロすぎるだろまゆ氏」

まゆり「えっ? あっ……!」

ダル「ん? 意味通じるのまゆ氏。まさかオカリン……」

岡部「黙れこのHENTAI!」バキッ

ダル「あいてっ!」

岡部「まったく、人の恋人になんてことを言わせるのだ」

ダル「まさかJKに手を出すとはねぇ……なかなか鬼畜だなー、オカリンは」

岡部「もう一発食らうか、ダルよ?」

ダル「おぉ、怖い怖い」


57 : 以下、名... - 2012/06/14(木) 02:46:25.53 jXD8RpQL0 26/39

ダル「しかしまゆ氏の料理、上達したなー」

岡部「あぁ、正直俺も驚いている。なんせ以前のまゆりなんて……」

まゆり「昔の話は恥ずかしいよぉ」

ダル「いやー、オカリンへの愛情のなせる技すなぁ」

まゆり「えへへ、愛の力はすごいのです☆」

ダル「ラボに入ってなければ、まゆ氏の手料理味わえなかったんだろうなぁ。ラボ万歳だお」

岡部「フッ、もっと感謝するがいいぞ!」


58 : 以下、名... - 2012/06/14(木) 02:51:30.33 jXD8RpQL0 27/39

まゆり「何か面白い番組やってないかなー」ポチッ

岡部「ふむ、この鳳凰院凶真にふさわしいマッドな番組を……って、ば、爆破テロ!?」

ダル「どこかの馬鹿が@ちゃんねるで犯行予告でもしたんかね」

ダル「げ、山手線に総武線、京浜東北線って……全部秋葉原通ってるじゃん」

まゆり「うーん……今日はラボにお泊りするしかないかなぁ」」


59 : 以下、名... - 2012/06/14(木) 03:02:22.04 jXD8RpQL0 28/39

ダル「それじゃ、僕は適当なホテルにでも……」

まゆり「遠慮しなくていいよぉ、ダルくんも」

ダル「えっ、まさかの3Pですか?」

岡部「ダル」

ダル「ジョーク、ジョークっすよオカリン! ま、二人のお邪魔はしたくないしホテル行ってくるお」

まゆり「でも、ダルくんと同じような状態の人って大勢いるんじゃないかな?」

岡部「確かに。ホテルは満員になる可能性が高いな」

まゆり「だから……ね?」

ダル「ま、そこまで言うのなら……」

岡部(ダルがそう言った刹那、強烈な音がした)

岡部(音がした方を見てみると、見知らぬ男がラボの扉を蹴破っていた)

「動くな。全員両手を挙げろ」

岡部(自動小銃!? ま、まさかこいつらがテロリスト……?)


61 : 以下、名... - 2012/06/14(木) 03:13:09.35 jXD8RpQL0 29/39

萌郁「岡部倫太郎、橋田至……両名については我々に同行してもらう」

岡部「桐生萌郁っ!?」

岡部(ラボメン005にしてメール魔のこいつが、テロリストのリーダーだというのか!?)

萌郁「椎名まゆりは、必要ない」

まゆり「っ!?」

岡部(萌郁がまゆりの方へと銃口を向ける。まゆりを殺す気か!?)

岡部(そんなことはさせん。命に変えても守らねば)

岡部「させるか、まゆりは俺が守る!」

まゆり「オカリン」

岡部(萌郁とまゆりの間に俺が立ちふさがる。だが萌郁はためらいなくトリガーを……)

まゆり「ダメェッ!」

岡部(まゆりの手が俺を突き飛ばす。地面に倒れ込む俺、そしてその頭上を通り過ぎていく銃弾)

岡部(俺が振り返ると、そこには額に穴が開いたまゆりの姿があった)

岡部「うわぁああああああああっ!」

62 : 以下、名... - 2012/06/14(木) 03:21:28.11 jXD8RpQL0 30/39

岡部「殺す、殺してやる。お前ら全員、殺してやる……!」

萌郁「……まだ、抵抗する?」

岡部「当たり前だぁああああああっ!」

萌郁「そう。なら、少し痛い目にあってもらう」

鈴羽「させるかっ!」バキッ

萌郁「痛っ! 誰……?」

鈴羽「岡部倫太郎、Dメールを送って! 君が最後に送ったDメールを取り消すんだ!」

岡部「なっ!?」

鈴羽「詳しい話をしてる時間はないけど……とにかく、この世界線じゃ駄目なんだ!」

鈴羽「椎名まゆりを助けるには、牧瀬紅莉栖の力が必要。でもこの世界線じゃそれは叶わない!」


63 : 以下、名... - 2012/06/14(木) 03:26:57.15 jXD8RpQL0 31/39

岡部(世界線だか何だかよく分からないが、まゆりを助けるには元の世界へ戻らねばならんということか?)

岡部(俺がこの世界で過ごしたのはほんの二週間ちょっとだ)

岡部(だがその時間は、何ものにも代えがたいものなのだ)

岡部(それを捨てるだなんて……だが、捨てなければまゆりは死ぬ)

岡部(…………)

岡部(ごめん、ごめんな……まゆり)

岡部(お前を守れなくて、ごめん)


66 : 以下、名... - 2012/06/14(木) 03:32:01.30 jXD8RpQL0 32/39

岡部(リーディング・シュタイナーが来た……俺は、元の世界に戻れたのか?)

紅莉栖「岡部、本当にいいの? タイムリープしてもいいの? ねぇっ!」

岡部(さっきとさほど変わらない状況。違うことと言えば、紅莉栖がいることか)

紅莉栖「岡部ってば!」

岡部(紅莉栖はタイムリープと言った。おそらくタイムマシンの類なのだろう)

岡部(ならばそれに賭けるしかあるまい。俺は絶対にまゆりを助けてみせる)

岡部「あぁ、やってくれ紅莉栖」

岡部「跳べよぉおおおおおおおおおおおおおっ!」

67 : 以下、名... - 2012/06/14(木) 03:48:20.04 jXD8RpQL0 33/39

岡部(俺は数えきれぬほどのタイムリープを行い、まゆりが死なずに済むβ世界線へとたどり着いた)

岡部(だがまゆりを救った代償として、紅莉栖は死んでしまった)

岡部(本当にこれでよかったのだろうか? きっとその答えは一生出ない)

まゆり「オカリン、オカリン」

岡部「あ、あぁ……どうしたまゆり」

まゆり「オカリン、何で泣いてるの?」

岡部「な、泣いてなど……」

まゆり「泣いてるよ。今のオカリン、すごくつらそうで……見てられないよ」

岡部「とても……とても、大切な人を失ってしまったんだ」

岡部「救うことが出来たかもしれないのに、俺は諦めてしまった!」

68 : 以下、名... - 2012/06/14(木) 03:52:09.71 jXD8RpQL0 34/39

まゆり「ねぇ……それはもう、取り返しのつかないことなのかな」

岡部「まゆり……?」

まゆり「まだ、間に合うんじゃないのかな」

まゆり「オカリンはまゆしぃの命を何度も助けようとしてくれた。絶望的な状況でも、絶対に諦めなかった」

岡部「なぜそれを……まさか、リーディング・シュタイナーか!?」

まゆり「だから、今度はその人を救ってあげて。オカリンになら、絶対に出来るから」

岡部「まゆり……」

岡部「そう、だな。こんな所で諦めてしまったら、鳳凰院凶真の名がすたる!」ピロリロリン

岡部「ん、着信? 相手は不明……出てみるか」

???『あ、もしもし! オカリンおじさん?』


                           おわり


69 : 以下、名... - 2012/06/14(木) 03:52:32.94 jXD8RpQL0 35/39

安価要素皆無になってしまった、反省している
あとまゆ氏のえちぃシーンは、まゆ氏の服の構造がよく分からないので省略しちゃった



72 : 以下、名... - 2012/06/14(木) 04:03:48.27 jXD8RpQL0 36/39

――シュタインズ・ゲート

紅莉栖「さて、私の料理を食べてもらおうかしら」

岡部「ごくり……」

岡部「いただきます。もぐもぐ……ぶほぉっ! げほっ、げほっ!」

岡部「お、俺だ! "機関"の攻撃を受けている……ごほぉっ! 口の中を地獄の業火が暴れまわって……ぐはぁっ!」

まゆり「オカリン、お水」

岡部「ふぅ……助かったぞまゆり」

74 : 以下、名... - 2012/06/14(木) 04:06:31.25 jXD8RpQL0 37/39

ダル「料理特訓の実験台とか……オカリン可哀想です」

紅莉栖「なーに他人事みたいに言ってるのよ橋田。アンタにも食べてもらうわよ?」

ダル「えぇっ!?」

紅莉栖「女の子の手料理が食べられるなんてラッキーね」

ダル「メシマズ嫁の手料理とかどう考えてもアンラッキーです、本当にありがとうございました」

紅莉栖「さぁ、たっぷり召し上がれ」

ダル「うわぁあああああああああああっ!」

岡部「ダル、安らかに眠れ……」

75 : 以下、名... - 2012/06/14(木) 04:10:08.88 jXD8RpQL0 38/39

まゆり「それじゃ、次はまゆしぃの料理でーす」

岡部「ゴクリ……」

岡部(見た目は普通、だな。だが不安だ……)

まゆり「はい、オカリン。あーん♪」

岡部「…………」

まゆり「もぉ、お口開けてよオカリン。ほら、あーん♪」

岡部(くっ、覚悟は出来た! 骨は拾ってくれよダル!)

岡部「あ、あーん……」

岡部「もぐもぐ……な、ななななななな、なんじゃこりゃ!?」

76 : 以下、名... - 2012/06/14(木) 04:17:20.62 jXD8RpQL0 39/39

岡部「美味い、美味いぞ……」

まゆり「えへへー、オカリンに喜んでもらえて嬉しいのです」

ダル「マジでうまいのオカリン? じゃあ僕もまゆ氏の料理を……」

紅莉栖「まずは私の料理を全部食べてからね♪」

ダル「鬼畜すぎるだろ牧瀬氏ぃいいいいいいっ!」

岡部「なぁ、まゆり。この味って……」

まゆり「覚えててくれたんだ、オカリン」

岡部「忘れるわけがないだろう。料理下手なお前がるか子に特訓してもらって、この味になったのだからな」

岡部「あの世界線を忘れることなんて、決してない。俺にとって全ての始まりとも言えるのだから」

まゆり「えへへ……これも、シュタインズ・ゲートの選択なのかなぁ」

岡部「あぁ。これも、シュタインズゲートの選択だよ」


                           おわり


記事をツイートする 記事をはてブする