1 : ◆i/Ay6sgovU - 2016/02/02 17:59:15.42 uG6W5/AP0 1/20



前作

曙「ヒマな一航戦」
http://ayamevip.com/archives/46702664.html




元スレ
曙「さらにヒマな一航戦」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1454403555/

3 : ◆i/Ay6sgovU - 2016/02/02 18:00:25.59 uG6W5/AP0 2/20


―――――入渠ドック前―――――


「修復完了っと」

(ふぅ……。まさかあたしだけ被弾して入渠することになるなんて……)トコトコ

(ってあれ、今入っていったの潜水艦組じゃない。危なかった)

(あとちょっと遅かったら入れないとこだったわね)トコトコ



4 : ◆i/Ay6sgovU - 2016/02/02 18:01:06.00 uG6W5/AP0 3/20


赤城「あ、曙さん!こんにちは」

加賀「……こんにちは」

「はぁ~~……」

赤城「ため息をすると幸せが逃げちゃいますよ?」

「今まさに幸せが逃げたのよ」



5 : ◆i/Ay6sgovU - 2016/02/02 18:02:05.22 uG6W5/AP0 4/20


「何か用?こっちは出撃終わって入渠して、部屋で休みたいんだけど」

赤城「まぁまぁまぁまぁ、ちょっとお話しませんか?」ガシッ

「史上最悪のデジャヴなんだけど」

加賀「赤城さんは暇を潰せて、私も暇を潰せる……まさに」

「だから当事者を無視した勘定はやめなさい」



6 : ◆i/Ay6sgovU - 2016/02/02 18:03:03.16 uG6W5/AP0 5/20


赤城「見ての通り、入渠ドックがいっぱいなんですよ」

「潜水艦組なんてそう長くないでしょ。待ってなさいよ」

加賀「(あんな酷使をされてはもう)潜水艦組(の命)なんてそう長くない!?」

「言ってないわよ。あんたの初『!?』がこんなとこでいいの?」



7 : ◆i/Ay6sgovU - 2016/02/02 18:03:48.59 uG6W5/AP0 6/20


赤城「確かに加賀さんはあまり感情を表には出さないですよね」

加賀「『淡々とした煽りの方が効く』と聞いたので」

「行動理念が根本から狂ってるわね」

加賀「古鷹に」

「そこは聞きたくなかったわ」



8 : ◆i/Ay6sgovU - 2016/02/02 18:04:29.71 uG6W5/AP0 7/20


赤城「でも曙さんも、私たちと話す時は淡々としてますよね」

「人は怒りを通り越すと呆れるものよ」

加賀「ご冗談を」

「諸悪の根源がよく言うわね」

赤城「ご冗談を」

「呆れを通り越すと手が出るからね?」



9 : ◆i/Ay6sgovU - 2016/02/02 18:05:24.55 uG6W5/AP0 8/20


「そもそもあんたたち、特に外傷が見当たらないんだけど?入渠必要なの?」

赤城「失礼な!この肘を見てください!小さいヤケドができてるでしょう!」

「ドックと保健室を勘違いしてるのかしら」

赤城「さっき、『バナナの皮・扶桑さん・熱湯風呂』という状況に出くわしまして」

「オチが鮮明に見えるからもういいわ」

赤城「揚げ物を作るときの油跳ねの怖さがわかりました」

「犠牲のわりに得たものは小さいのね」



10 : ◆i/Ay6sgovU - 2016/02/02 18:06:20.45 uG6W5/AP0 9/20


赤城「ちなみに扶桑さんは即高速修復をしたので無事です」

「それはよかったわ。一応聞くけど、加賀は?」

加賀「恋の病……かしら」

「入渠じゃ脳の障害は治らないわよ」

赤城「冗談に決まっとりますやないかーい!」ビシッ

「8点」

赤城「10点満点ですか!?」

「10000点満点よ」

赤城「よっしゃ!!!」

「あんたのハードルは地面に埋まってるの?」



11 : ◆i/Ay6sgovU - 2016/02/02 18:07:26.65 uG6W5/AP0 10/20


加賀「最近、目が悪くなってきた気がして……」

「それはしかるべき医療機関へ行きなさいよ」

赤城「マサイ族かっ!」ビシッ

「ちょっと黙っててくれない?」

赤城「何点ですか!?」

「2点よ」

赤城「3点満点ですか!?」

「100000点満点よ」

赤城「上々ね」

「下の下の下よ」



12 : ◆i/Ay6sgovU - 2016/02/02 18:08:01.85 uG6W5/AP0 11/20


加賀「冗談は置いておいて」

「何度でも言うけどあんたらの存在が冗談であってほしいわ」

赤城「さっき大鳳さんと陸奥さんがキャッチボールをしてまして」

「不安しかない組み合わせね」

加賀「その流れ球が腕に当たってしまったの」

「それならそうと言いなさいよ」

赤城「そういえば、お詫びにもらったバナナ、どうしたんですか?」

加賀「……」

「後で扶桑に土下座しなさい」



13 : ◆i/Ay6sgovU - 2016/02/02 18:08:41.98 uG6W5/AP0 12/20


「まあそれくらいなら2人共、結構短時間で済むんじゃないの?」

赤城「そうですね……私は5時間20分くらいでしょうか」

「相変わらずイカれたコスパね」

加賀「私は65535時間ね」

「なんでバグってるの?」



14 : ◆i/Ay6sgovU - 2016/02/02 18:09:22.60 uG6W5/AP0 13/20


赤城「垢BANされちゃいますね!」

「わざわざ入渠時間延ばしてペナルティ受けるなんて尊敬するわ」

加賀「すみません……冗談なの……」

「存じてるわよ。『冗談通じないわね』みたいなリアクションやめなさいよ」



15 : ◆i/Ay6sgovU - 2016/02/02 18:10:13.17 uG6W5/AP0 14/20


赤城「しかし、まだまだ寒いですね」

「そうね。風邪を引いてるのもいるみたいだし」

加賀「バカは風邪を引かないというのに」

「不特定多数をよく煽れるわね」

加賀「照れるわ」

「耳が悪いのか頭が悪いのかはっきりしてほしいんだけど」



16 : ◆i/Ay6sgovU - 2016/02/02 18:10:44.26 uG6W5/AP0 15/20


赤城「予報では明日は雪らしいですよ」

「面倒ね、雪かきとか」

加賀「雪風とか面倒!?」

「言ってないわ。なんで揚げ足とるときだけ感情豊かなの」



17 : ◆i/Ay6sgovU - 2016/02/02 18:11:12.59 uG6W5/AP0 16/20


加賀「自慢ではないけど、私は排熱量が多いからあまり寒くはないわ」

「ああ、そうだったわね」

赤城「陰で松○修造とか呼んでないですからね!」

「墓穴の掘り方がダイナミックね」

加賀「呼んでないのならいいのだけれど」

「あんな大きい墓穴が見えないの?大丈夫?」



18 : ◆i/Ay6sgovU - 2016/02/02 18:11:49.16 uG6W5/AP0 17/20


加賀「さて、恒例の第六感の時間が来たわね」

「誰も待ってなかったけど」

赤城「というか、残り時間書いてありますよ?」

加賀「……」

「悪かったわよ」



19 : ◆i/Ay6sgovU - 2016/02/02 18:12:22.72 uG6W5/AP0 18/20


赤城「曙さんったら、まったく……」

「今回はあんたも加害者よ?」

赤城「“かが”だけに!?」

「せめて加賀が言えばフォローもできたのに」

加賀「“かが”だけに!?」

「黙りなさい」



20 : ◆i/Ay6sgovU - 2016/02/02 18:12:55.58 uG6W5/AP0 19/20


「ほら、潜水艦組が出て行ったわ。もういいでしょ」

赤城「はい!行ってきます!」

加賀「さようなら、また会いましょう」

「次からはなるべく避けるようにするわ」

赤城「ふふふ、ツンデレさんですね」

「一向に語彙力がアップデートされないのね」



21 : ◆i/Ay6sgovU - 2016/02/02 18:13:25.10 uG6W5/AP0 20/20


「ふう……ようやく行ったわね。今度こそ帰ろう」トコトコ

扶桑「あら、曙ちゃん。」

「帰れ」

扶桑「まだ何も言ってないのに!?」ガーン


おわり



記事をツイートする 記事をはてブする