1 : 以下、名... - 2012/05/02(水) 23:16:33.07 YJxj+OIJ0 1/41

紅莉栖「死にたい…」

元スレ
紅莉栖「岡部に冷たくしてたらフェイリスさんに寝取られてた」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1335968193/

9 : 以下、名... - 2012/05/02(水) 23:33:13.41 xIF5hFKn0 2/41

岡部(最近、紅莉栖が冷たい……)

岡部(今では我が物顔でラボの研究所を独占するし……息抜きになるだろうと話しかけたらうるさいと怒鳴られたし……)

岡部(このシュタインズ・ゲートは未知の世界線。やはり紅莉栖と前のような関係になるのは難しいのだろうか)

岡部「……はあ」

フェイリス「お待たせニャンニャ~ン♪コーヒーのブラックとオムライスだニャン」

岡部「ああ……」

フェイリス「凶真……元気ないみたいだけどニャにかあったのかニャン?」

岡部「……えっ?」

12 : 以下、名... - 2012/05/02(水) 23:37:27.22 xIF5hFKn0 3/41

岡部「な、何を言っている!元気がないだと?この鳳凰院凶真がそんな筈なかろう!フゥーハハハ!」

フェイリス「………」ジー

岡部「お、おい……何故、人の顔を凝視するのだ」

フェイリス「……ウソニャ」

岡部「えっ?」

フェイリス「凶真、何か悩み事でもあるの?」

15 : 以下、名... - 2012/05/02(水) 23:43:09.26 xIF5hFKn0 4/41

岡部(そう言えば、フェイリスは人の顔を見て心読む事が出来ると前の世界線で言っていたな……)

フェイリス「もうっ、凶真ったら、フェイリスと凶真はあの戦いを共に生き抜いた戦友なんだから、隠し事なんてしないでほしいのニャン!」

岡部(こいつに嘘は付けないか……だから苦手なんだがな)

岡部「まあ、少しな。だが案ずるがいい猫耳娘よ!貴様の手を借りるような問題ではない!」

フェイリス「もしかしてこの前、新しくラボメンになったクーニャンって子の事で悩んでる?」

岡部「なっ……」

17 : 以下、名... - 2012/05/02(水) 23:47:22.95 xIF5hFKn0 5/41

フェイリス「ニャフフ♪やっぱり」

岡部「き、貴様!俺の記憶を読んだのか!?くっ、まさかフェイリスここまでの能力を有していたとは!これは上に報告せねば……」

フェイリス「そんなんじゃないニャン。凶真は直ぐに顔に出るから分かりやすいのニャン」

岡部「くっ……」

岡部(そう言えば、前の世界線で紅莉栖にもそんな事を言われたな……)

フェイリス「ほら、また」

岡部「なに?」

フェイリス「今のも顔に出てたニャン」

21 : 以下、名... - 2012/05/02(水) 23:51:42.74 xIF5hFKn0 6/41

岡部「ば、馬鹿な!?」サッ

フェイリス「今更顔を隠しても遅いニャ~ン♪」

岡部「ぐぬぬ……おのれ、猫娘め」

フェイリス「……さっきみたいな顔。最近凶真がよくする表情だニャン」

岡部「さっきみたいな表情?」

岡部(……そんなに分かりやすい顔をしていたのか?)

フェイリス「ニャにかを懐かしむような、それでいて悲しそうな表情」

岡部「!?」

フェイリス「……以前の凶真なら、そんな顔しなかったニャン」

23 : 以下、名... - 2012/05/02(水) 23:56:55.21 xIF5hFKn0 7/41

岡部「ふ、フゥーハハハ!何を言うのだフェイリス。俺は過去など振り返らん!鳳凰院凶真は常に前見て進んでいるのだぞ?」

フェイリス「凶真がそんな表情を見せるようになったのは……これをフェイリスにくれた時からニャン」

岡部(ラボメンバッチ……!)

フェイリス「その時から、凶真はその表情を見せるようになったニャン」

岡部「………」

フェイリス「特に多いのが、クーニャンとお話しをしてる時」

岡部「……っ」

29 : 以下、名... - 2012/05/03(木) 00:13:43.82 ZFu0KeOX0 8/41

一時間後

フェイリス「お待たせニャン♪」ギュッ

岡部「おい」

フェイリス「ニャ~に?凶真」

岡部「仮にも売上ナンバーワンのメイドが男に抱き付くのはどうかと思うが」

フェイリス「今は仕事時間外だから問題ないニャン♪メイクイーンのお客様はちゃんとそういのに理解があるニャン!」

岡部「理解があるなら、この周りからの強烈な視線はなんだ?機関からの新たなエージェントか?」

フェイリス「それならなおさら、二人でくっつきながら行動した方がいいニャン」ギュッ

33 : 以下、名... - 2012/05/03(木) 00:19:35.83 ZFu0KeOX0 9/41

ざわっ……

岡部「お、おいフェイリス!機関のエージェントの殺気がさらに上がったぞ!」

フェイリス「ニャフフ♪フェイリスはみんなに愛されてる証拠ニャン」

岡部「ふ、ふざけるな!猫娘!万が一ダルにでも見つかったらどうする!?」

フェイリス「え~でも~」

フェイリス「――岡部さんも、ラボのみんなの前でこうやってフェイリスを抱き締めたよね」コソッ

岡部「えっ……?」

岡部(ば、バカな!?何故フェイリスがそれを覚えている!?)

フェイリス「とりあえず、立ち話も何だしフェイリスのお家に案内するニャン」ニコッ

37 : 以下、名... - 2012/05/03(木) 00:25:57.14 ZFu0KeOX0 10/41

フェイリス宅

岡部(あ、相変わらずの規模だな……さすがは秋葉のお嬢様、だな)

フェイリス「凶真にフェイリスのお家を招くのは『初めて』だったかニャン?」

岡部「えっ?いや、初めて、だな。そう言えば……」

フェイリス「………」ジー

岡部(しまった!?鎌掛け(サイズハング)か!)

フェイリス「やっぱり……」

岡部「な、なにがやっぱりなのだ?」

フェイリス「……」スッ

岡部(ネコミミを外した……?)

留未穂「岡部さんっ……」ぎゅ

岡部「フェ、フェイリス!?」

留未穂「留未穂っ呼んで。前にもそう言ったでしょ?」

44 : 以下、名... - 2012/05/03(木) 00:33:52.92 ZFu0KeOX0 11/41

岡部「やはり、リーディング・シュタイナーが発動していたか……」

留未穂「最初は夢で見たの。パパが飛行機の事故で死なない世界の夢」

留未穂「その夢の私はメイクイーンで働いてなくて、大好きな雷ネットにいっぱい時間を費やす事が出来た」

岡部「………」

留未穂「雷ネットの大会で優勝するとね、いつもパパが誉めてくれたの。頭を撫でながら、よくやったねって……」

留未穂「だから、私、も…大会で頑張って…そしたら…また、誉めてもらって…」

岡部「もういい……っ!」

留未穂「わ、私、パパを…っ、私のせいでまたパパを死なせて」

岡部「違う!」ぎゅ

留未穂「……っ」

47 : 以下、名... - 2012/05/03(木) 00:41:28.47 ZFu0KeOX0 12/41

岡部「お前の父親を殺したのは俺だ!俺なんだ…っ!」

留未穂「岡部さん、は、悪くないよ」

岡部「違う、違うだよ、留未穂……お前だけじゃないんだ」

留未穂「……えっ?」

岡部「俺はまゆりを救う為だけに色んな人の思いを踏みにじってきた」

岡部「鈴羽の思い出を奪い、お前の父親を殺し、ルカ子の傷付け思いを踏みにじり、最後にはこの手で紅莉栖を殺した!」

岡部「それに……天王寺が死んだ原因を作り、幼い綯の未来さえも歪め、萌郁を死に追いやったのも……全部俺のせいなんだ」

岡部「だから……お前は悪くない、悪いのは全部、迂闊だった俺なんだ」

50 : 以下、名... - 2012/05/03(木) 00:49:45.62 ZFu0KeOX0 13/41

岡部「恨むなら好きに恨んでくれたって構わない……俺はお前たちに恨まれて当たり前の事を――」

ちゅっ

岡部「………なっ」

留未穂「………、ない」

岡部「えっ?」

留未穂「恨むわけないよ!前にも言ったでしょ?パパと過ごせた幸せな時間をくれた岡部さんには、感謝してるって」

岡部「だ、だが……っ!」

留未穂「それにこうやって全部、思い出せたから……パパの事も、私を助けてくれた岡部さんの事も」

留未穂「それだけで、私は幸せだよ?」

岡部「留未、穂……」

岡部「本当に、すまない……そして、ありがとう」

54 : 以下、名... - 2012/05/03(木) 01:00:06.43 ZFu0KeOX0 14/41

留未穂「……落ち着いた?」

岡部「ああ、すまない……」

岡部(こんな小さな少女に抱き締められながら、あんなに泣き崩れる日が来るとはな)

岡部「その、みっともない姿を見せたな……」ポリポリ

留未穂「ううん、岡部さんのいつもと違う一面が見れて良かったよ、ふふっ」

岡部「頼むからまゆり達には言わないでくれ……」

留未穂「大丈夫だよ。それに」スチャ

フェイリス「外に出る時はフェイリスだから今起きた事はフェイリスには分からないのニャン♪」

岡部「………」

フェイリス「うニャ?どうかしたかニャン?」

岡部「あっ、いや……何というか、凄まじいギャップだな」

フェイリス「ニャフフ、やっと凶真もフェイリスの魅力に気付いたのかニャン?」

岡部「ああ、ダルがあそこまでハマるのも理解できる。こんなにも留未穂が魅力的だったとはな」

フェイリス「ニャフフ♪そうそう、魅力的……」
留未穂「ふにゃ?」

57 : 以下、名... - 2012/05/03(木) 01:07:02.37 ZFu0KeOX0 15/41

岡部「どうかしたのか……?」

留未穂「ふニャンぇ!?あっ、いや、その……なんでもないよ!」

岡部「猫耳、着いたままだぞ?」

フェイリス「にゃ、ニャンでもニャいニャン!」

岡部「そうか……」

留未穂(こ、これが噂に聞くデレ岡部さん……まさかここまでの破壊力なんて)

岡部「しかし、こうやって全てを話せる相手が出来るといいな。随分と気が楽になった。改めて礼を言うぞ、留未穂」

留未穂「そ、そんなお礼なんて……」モジモジ

岡部(さっきから猫耳が着いたまま留未穂モードになっているが、大丈夫なのか?)

60 : 以下、名... - 2012/05/03(木) 01:14:33.43 ZFu0KeOX0 16/41

フェイリス「そ、そう言えば凶真」

岡部(フェイリスモードに戻ったか)

フェイリス「メイクイーンの時にも話したけど、クーニャンの事で悩みがあるのかニャ?」

岡部「えっ、ああ……まあ、悩み事だな」

フェイリス「良かったらフェイリスに話してみるといいニャン」

岡部(まあ、どうせこいつに嘘は通じないだろうし、いっその事相談してもらうのもアリか)

岡部「実はな……」

フェイリス「実は?」

岡部「最近、紅莉栖が冷たいのだ」

フェイリス「えっ?」

64 : 以下、名... - 2012/05/03(木) 01:27:22.60 ZFu0KeOX0 17/41

岡部「なんというか、冷たい。とにかく冷たい。辛い……」

フェイリス「凶真はどうしたいのかニャ?」

岡部「とりあえず研究所の解放だな。これ以上助手風情にラボを乗っ取られるのは御免だ」

フェイリス「う~ん、クーニャンが凶真に対して冷たい理解に心当たりはあるかニャ?」

岡部「勝手にプリンを食った事か、普段おちょくる事くらいしか思い浮かばんな」

フェイリス「そ、それは一度、凶真は謝った方がいいニャ」

岡部「ふんっ!何故この俺が助手風情に頭を下げねばいかんのだ!」

フェイリス「ずっと冷たいままでいいのかニャン?」

岡部「あっ、それは困る……」

フェイリス「……」ジー

岡部「……どうした?留未穂」

フェイリス「え、えっと……凶真はクーニャンの事がす、好きニャの?」

66 : 以下、名... - 2012/05/03(木) 01:36:47.87 ZFu0KeOX0 18/41

岡部「な、なに?」

フェイリス「だ~か~ら~凶真はクーニャンの事が好きかニャン?」

岡部「ふ、フゥーハハハ!猫耳娘よぉ、この俺が助手なんぞにそんな感情を抱くと本気で思っているのか?笑止!」

フェイリス「……」ジー

岡部「すみません、ちゃんと答えるんで、心読まないで下さい」

フェイリス「ふふん、最初からそうするニャン」

岡部「ぐぬぬ」

69 : 以下、名... - 2012/05/03(木) 01:42:25.44 ZFu0KeOX0 19/41

岡部「……そんなに聞きたいか?」

フェイリス「………」ジー

岡部「だ、だから心を読むな!言えばいいんだろ!言えば!」

フェイリス「……」ゴクリ

岡部「……確かに俺は紅莉栖の事が好きだ」

フェイリス「………やっぱり、そう、だよね」

岡部「いや、正確には好きだった……だな」

フェイリス「えっ?」

73 : 以下、名... - 2012/05/03(木) 01:52:20.86 ZFu0KeOX0 20/41

フェイリス「ニャ、ニャンで過去形?」

岡部「俺は確かに牧瀬紅莉栖という少女に焦がれていた。あいつに助けがなければ、俺はずっとあの地獄にいたままだったろうな」

フェイリス「………」

岡部「あいつの言う理論はいつも正しくて、いつだって俺を導いてくれた。この世界線に辿り着けたのも、牧瀬紅莉栖を助けたいという執念があったからだ」

フェイリス「執念……」

岡部「一応、前の世界線では最後は両想いになれたんだ。一日にも満たない、僅かな時間だったが、それでも俺達な想いは一つに繋がっていた」

岡部「だが、この世界線に辿り着いて、紅莉栖と奇跡的な再会して、また共に過ごしている内に気付いたんだ」

フェイリス「気付いた?一体ニャにを……」

岡部「……俺が好きだったのは『前の世界線の牧瀬紅莉栖』だった」

77 : 以下、名... - 2012/05/03(木) 02:02:54.45 ZFu0KeOX0 21/41

岡部「この世界線の紅莉栖と話していると、よく違和感を感じるんだ」

岡部「最初は俺の持つリーディング・シュタイナーによる互いの記憶違いによる弊害だと思っていた。当然だ。俺の知る牧瀬紅莉栖と、紅莉栖の知る岡部倫太郎では情報量が全く違うのだ」

岡部「フェイリス、俺の主観でお前たちと過ごした時間はどれくらいだと思う?」

フェイリス「えっ?」

岡部「あの夏の出来事は、リーディング・シュタイナーを発動したお前から観測しても、たった三週間程度の出来事だ」

岡部「だが俺は違う。タイムリープを繰り返した俺にとって、お前たちと過ごしたしたあの地獄の夏を年単位観測している」

フェイリス「そ、そんな……」

岡部「だから紅莉栖に違和感があるのも当然。そう、思っていた」

85 : 以下、名... - 2012/05/03(木) 02:30:48.02 ZFu0KeOX0 22/41

岡部「そしてある日気付いたんだ。俺はそもそもの大前提が間違っていた、と」

岡部「この世界線の牧瀬紅莉栖と前の牧瀬紅莉栖が全くの同一人物だと思い込んでいたんだ」

岡部「今の紅莉栖と前の紅莉栖は違う。それは頭では理解している筈なのに、心のどこかでそれを否定していた」

岡部「……この世界線に辿り着くまでは、紅莉栖が生きていればそれだけでいいと思っていたのに。いざ再会して、前のように過ごしてみればこれだ」

岡部「こんな事で悩む必要なんてない筈なのに……そんな俺に感づいて、あいつも俺と距離を置いているのかもしれん」

岡部「だから今の俺は本当に今の紅莉栖が好きなのか分からないんだ」

フェイリス「……凶真」

岡部「……すまん、長くなったな。ふっ、お前に心を読んで貰った方が説明は早かったかもな」

フェイリス「歯を食いしばるニャ。凶真」

岡部「えっ」

87 : 以下、名... - 2012/05/03(木) 02:35:26.31 ZFu0KeOX0 23/41

フェイリス「えいっ」

バッチーン

岡部「ふべっ」

フェイリス「フニャ」

バッチーン

岡部「はうふっ」

フェイリス「目は覚めたかニャ?凶真。これがメイクイーンだったら特別料金を頂いていたところだニャン」

岡部「いっ、な、何をするフェイリス!」

フェイリス「凶真が情けないから活を入れてやっただけニャン」

岡部「な、に?」

90 : 以下、名... - 2012/05/03(木) 02:42:20.45 ZFu0KeOX0 24/41

フェイリス「凶真がどんな思いでクーニャンを助けたかはフェイリスも分からないニャ」

岡部「……」

フェイリス「凶真の事だからきっと色々と無茶をしたと思うニャ。あの怪我もクーニャンを助ける為、ニャンでしょ?」

岡部「あ、あれは別に無茶ではない。あの時の俺は世界線の収束で死なない事が確定していたから自ら怪我を負った訳であって……」

フェイリス「……」ジー

岡部「はい、嘘です。無茶しました」

フェイリス「やっぱりニャ」

92 : 以下、名... - 2012/05/03(木) 02:48:54.65 ZFu0KeOX0 25/41

岡部「そ、それが関係あるのか」

フェイリス「大有りニャン!」

岡部「そ、そうなのか」

フェイリス「つまり~凶真はクーニャンが好きで好きでたまらなニャくらい大切な人だから無茶をして助けた。これであってるかニャン?」

岡部「あ、ああ」

フェイリス「つまり凶真はクーニャンが好きって事ニャン♪」

岡部「なっ、だ、だからそれを今悩んでいると言ったんだろうが!」

フェイリス「凶真が深く考えすぎだニャン。凶真はクーニャンが好きだから助けた。つまり凶真はクーニャンが好き。何か間違っているかニャ?」

岡部「い、いや……違わない、のか?」

93 : 以下、名... - 2012/05/03(木) 02:53:17.24 ZFu0KeOX0 26/41

フェイリス「よし、これで解決だニャン!」

岡部「あまり釈然としないのだが……」

フェイリス「ぐだぐた悩んでいても仕方ないのニャン♪それに過去を振り返らないのが鳳凰院凶真じゃなかったのかニャン?」

岡部「留未穂……」

フェイリス「ち、が、う、ニャ!今はフェイリス・ニャンニャンだニャン♪」

岡部「ふ、」

岡部「フゥーハハハ!そうだな。お前の言う通りだフェイリス。悩んで解決しないのなら前に進むしかない!鳳凰院凶真は常に前に進むのだ!」バサッ

フェイリス「それでこそ凶真だニャン!」

98 : 以下、名... - 2012/05/03(木) 03:02:06.03 ZFu0KeOX0 27/41

岡部「しかし、今日は本当に色々と世話になったな」

フェイリス「気にする事ないニャン。凶真はフェイリスは運命共同体ニャンだから!」

岡部「……お互いこの魔眼に覚醒したもの同士、本当に共同体なのかもな」

フェイリス「えっ?」

岡部「フゥーハハハ!ただの戯れ言だ気にするな。猫耳娘」

フェイリス「むぅ、気にニャる……そう言えば、クーニャンはどうするか決めたのかニャ?」

岡部「ふむ、話をするにしても、まずはあいつから我がラボ研究室を取り戻さねばならんか……」

フェイリス「あっ、それならフェイリスにいい考えがあるニャン♪」

岡部「なに?本当か!?」

100 : 以下、名... - 2012/05/03(木) 03:12:14.45 ZFu0KeOX0 28/41

ラボ

岡部「それで、フェイリス。ラボの前まで来たはいいが、本当にあれで紅莉栖を研究室から追い出す事ができるのか?話し掛けたらうるさいと怒鳴られて一蹴されるだけだぞ」

フェイリス「大丈夫ニャ。フェイリスに任せるのニャン♪」スッ

留未穂「ふふっ」

岡部「なぜ猫耳を外すのだ?」

留未穂「いいから、岡部さんは打ち合わせ通り私に合わせて、ね?」

岡部「あまり気は進まないが……了解した」

ガチャ

留未穂「へぇ~ここが岡部さんが言ってたラボなんだ~」ムギュムギュ

岡部「はははー中々いい場所だろ?留未穂(棒)」ナデナデ

ガタッ

106 : 以下、名... - 2012/05/03(木) 03:26:19.56 ZFu0KeOX0 29/41

研究室

紅莉栖「ふぅ……これで未来ガジェット12号『だ~りんのばかぁ』も完成ね」

紅莉栖「ふ、ふふ……」

紅莉栖「ふぅーははは!これさえ有れば人前で自由に岡部とイチャコラできる口実ができる!」

紅莉栖「前の私と岡部なら付けた瞬間に外れるレベルの好感度であろうと予測されたから、予め岡部に冷たく当たって岡部からの好感度を下げているから抜かりはないわ!」

紅莉栖「そして好感度の下がった岡部と私で12号を使った場合、外れるのに大体3日程度は掛かる」

紅莉栖「それだけあれば十分よ!三日三晩イチャコラしつくすから覚悟しておけよ、岡部!」

ガチャ

紅莉栖(ふっ、岡部かしら。なんてちょうどいいタイミング)

「へぇ~ここが岡部さんが言ってたラボなんだ~」

岡部「はははー中々いい場所だろ?(棒)」

紅莉栖「………」

紅莉栖「えっ?」ガタッ

108 : 以下、名... - 2012/05/03(木) 03:33:10.90 ZFu0KeOX0 30/41

留未穂「あれ~?いま、何か音が聞こえた気がするけど」ムギュムギュ

岡部「はははー何を言っているんだ(棒)。今日、ラボには俺たち以外誰もいない筈だ(棒)」

留未穂「な~んだ。気のせいか~」

岡部「ああ(棒)気のせいだ(棒)」

留未穂「それじゃあ、今日はいっぱい、岡部さんに甘えられるね」ぎゅ


岡部「そうだな、留未穂」ナデナデ

ガタッガタッ

111 : 以下、名... - 2012/05/03(木) 03:37:25.15 ZFu0KeOX0 31/41

研究室

紅莉栖(えっ)

紅莉栖「えっ?」

紅莉栖(えっ、何。なんで岡部が女の子連れてラボに来てるの?)

紅莉栖(しかも留未穂って誰?新しいラボメン?)

紅莉栖(二人きりのラボ?若い男女が?えっ)

紅莉栖(密室で若い男女がヤる事って…)

紅莉栖「!?」

ガタッ
ガタッ

118 : 以下、名... - 2012/05/03(木) 03:57:15.04 ZFu0KeOX0 32/41

岡部「物音はするが出てくる様子はないな」ヒソヒソ

留未穂「そうみたい。じゃあ、次いこっか」ヒソヒソ

岡部「ほ、本当ににやるのか」ヒソヒソ

留未穂「もちろん。じゃないとクーニャン出てこないよ?」ヒソヒソ

岡部「くっ、なら仕方ない」ヒソヒソ

留未穂「あと岡部さん」ヒソヒソ

岡部「なんだ?」ヒソヒソ

留未穂「さっきの演技だとバレちゃうから次からはもっと心を込めて言ってよ?」ヒソヒソ

岡部「……了解」ヒソヒソ

岡部「……ごほん」

岡部「では、留未穂よ!まずは服を脱げ!」

留未穂「はい、岡部さんっ」

ガタッガタッゴタンッ!

119 : 以下、名... - 2012/05/03(木) 04:03:14.40 ZFu0KeOX0 33/41

研究室

紅莉栖(ふ、服を脱げええええええええええええええ!!?)

紅莉栖(ふ、ふざっけんな!マザーファッカー!岡部に服を脱げと言われて脱いでいいのは私だけだ!)

紅莉栖(岡部に服を脱げって言われたら……ふ、ふふ)

紅莉栖(……いやいや、興奮してる場合じゃないわ!)

123 : 以下、名... - 2012/05/03(木) 04:10:57.88 ZFu0KeOX0 34/41

岡部「い、いまもの凄い音がしたぞ」ヒソヒソ

留未穂「もう一頑張りだね」ヌギヌギ

岡部「……」

岡部「おい」

留未穂「もうっ、岡部さんったら、そんなに急かさないで」ヌギヌギ

岡部「なぜ脱ぐ!?」ヒソヒソ

留未穂「クーニャンに服を脱ぐ音を聞かせる事でリアル感を演出するためだよ」ヒソヒソ

岡部「だ、だからって他に方法はあっただろーが!」

留未穂「もうっ、脱げって言ったのに何で岡部さんが照れてるの?」

岡部(こ、このまま続けるつもりか?さ、さすがに下着は着けている)

岡部「す、すまん……なにせ初めてだからな」

ガラッ

紅莉栖「岡部ええええええええええええええ!!?」

岡部「」ビクッ
留未穂「」ビクッ

129 : 以下、名... - 2012/05/03(木) 04:21:53.01 ZFu0KeOX0 35/41

紅莉栖「へっ、あれ?フェイリスさん?」

留未穂「あはは、こんにちは。クーニャン」

岡部「フゥーハハハ!ついに出てきたな!クリスティーナ!メリケン処女の事だ。研究室の前で今みたいな餌をばらまけば直ぐに釣れると思っていたぞ!」

紅莉栖「えっ、なに?どういう事?」

岡部「全ては貴様から我が研究室を取り戻す為の秘策!名付けてオペレーションコキュートス!」バサッ

紅莉栖「研究室ならもう使わないから空けるけど……」

岡部「えっ?」

紅莉栖「ぷーくすくす、もしかして鳳凰院凶真さんはこんな事に必死になってたの?wwwwww」

紅莉栖(も、もしかして私にかまってほしいの?岡部!岡部!かわいいよ!岡部!)

岡部「ぐぬぬ」

131 : 以下、名... - 2012/05/03(木) 04:28:26.11 ZFu0KeOX0 36/41

紅莉栖「フェイリスさんも大変ねwwwこの馬鹿に付き合わされて」

紅莉栖(ここで岡部の好感度を下げておけば12号の拘束期間も増える!ふふ、ふぅーははは!)

岡部「……留未穂」

バサッ

留未穂「えっ?」

岡部「俺の白衣で悪いが羽織っておけ。いつダルが来るか分からんのに、その格好ではマズいだろ」

留未穂「あ、ありがとう」モジモジ

紅莉栖(なにこのイケメン)

岡部「……あと今回、協力には感謝するが、仮にも秋葉のお嬢様がおいそれと男の前で肌を晒すのは止めておくように」

132 : 以下、名... - 2012/05/03(木) 04:36:32.60 ZFu0KeOX0 37/41

留未穂「……」スチャ

フェイリス「クーニャン。一つ訂正があるニャン」

紅莉栖「訂正?なにかしら」

スタスタ

岡部「……?おい、留未、フェイリス。白衣を羽織っておけと言って」

ちゅっ

岡部「んむっ!」

フェイリス「んっ、……はむっ、あむ」クチョクチョ、ペロ

フェイリス「んっ……フェイリスは凶真に『付き合わされてる』んじゃなくて付き合っているんだニャン♪」

紅莉栖「」

140 : 以下、名... - 2012/05/03(木) 04:48:36.00 ZFu0KeOX0 38/41

岡部「お、おい!フェイリスお前なんて事を!」

フェイリス「凶真はフェイリスの事、キライ?」

岡部「う、ウソで塗り固めた女に興味はないと言ったが?」

ムギュ

岡部「あっ」

留未穂「なら、秋葉留未穂はキライ?」

岡部「ひ、卑怯だぞ……」

留未穂「ふふっ」

岡部「……嫌いではない」

留未穂「ありがとう、岡部さん」

ちゅっ

岡部「こ、こら!だから下着のまま抱きつくなと……んむ」

ガチャ

ダル「ふおおおこそメイクイーンの雷ネット大会でフェイリスたんの手料、り……を……」

紅莉栖「あばばば」

143 : 以下、名... - 2012/05/03(木) 04:54:17.62 ZFu0KeOX0 39/41

あれから三日が経った。紅莉栖とダルは体調を崩したせいか、ラボにはあの日以来まだ姿を見せていない。

代わりにラボに居座るようになったのは……

フェイリス「凶真~、マユシィ、お昼ご飯が出来たニャン♪」

岡部「ああ、わかった」

まゆり「えへへ、フェリスちゃんの料理が毎日ラボでも食べられるなんて、まゆしぃは幸せなのです」

フェイリス「ニャフフ、そう言って貰えると嬉しいニャン♪」

150 : 以下、名... - 2012/05/03(木) 05:04:41.50 ZFu0KeOX0 40/41

フェイリス「凶真、お昼から雷ネットの特訓だニャン」

岡部「フッ猫耳娘め!今日こそ貴様に黒星を付けてやる覚悟しておけよ!フゥーハハハ!」

まゆり「オカリンも雷ネットを始めたんだよね~ダルくんの代わりに相手になってくれる人が出来て良かったのです☆」

岡部(フェイリスの観測したリーディング・シュタイナーによれば、俺はフェイリスと二人でタッグを組んで大会に出ているらしいが……)

岡部「なあ、フェイリス」

フェイリス「ニャ~ニ凶真」

岡部「俺がお前とタッグを組んで大会で無双をしたっていうのは本当なのか?」

フェイリス「本当だニャン♪凶真とフェイリスの完璧なコンビネーションの前に敵はいなかったニャン」

岡部「……また『フェイリスの設定』ではないだろうな」

フェイリス「……」スッ

留未穂「ふふっ、本当だよ岡部さんっ」

おわり

153 : 以下、名... - 2012/05/03(木) 05:06:35.91 ZFu0KeOX0 41/41

即興で書いたから遅くてごめんね

保守してくれた人、読んでくれた人、ありがとニャンニャン

記事をツイートする 記事をはてブする