1 : 以下、名... - 2012/04/30(月) 23:17:02.49 mXPTqc/gi 1/23

ダル「は?」

岡部「こう、唐突に思いっきりビンタしたい…」

ダル「オ、オカリンがドSにめざめちゃったお…」

岡部「と、いうことだ。 ちょっと行ってくる」

ダル「え…まさかホントにやるん?」

岡部「無論だ。 最初はやはり奴しかいないな…フゥーハハハ!!!待っていろよ愚か者どもめ!!!」

元スレ
岡部「ラボメンの女子メンバーに平手打ちしたい」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1335795422/

9 : 以下、名... - 2012/04/30(月) 23:23:24.28 mXPTqc/gi 2/23

柳林神社

岡部「ルカ子よ、いるか?」

るか「あっ、おk…凶真さん、こんにちはっ」

岡部「ルカ子」

るか「はい?どうかしましt」バチーン

るか「え……?」ウルウル

13 : 以下、名... - 2012/04/30(月) 23:28:08.35 mXPTqc/gi 3/23

岡部「……(やはり予想通りの反応…混乱しすぎて何をされたのか理解できていないな)」

るか「お、岡部さん…?」ウルウル

岡部「…っ?!」ゾクッ

岡部「(叩かれて腫れた頬に手を添え、怯えながら上目遣いでこちらをみている…)」

岡部「やはり、イイ」グッ

るか「えっ?」

岡部「だが男だ。邪魔したなルカ子よ」スタスタ

るか「……えっ?」

17 : 以下、名... - 2012/04/30(月) 23:31:03.33 mXPTqc/gi 4/23

ラボ

ダル「……えっ?ラボメンの女子…えっ?ルカ氏えっ?」

岡部「何を言っているのだダル…」

ダル「…とりあえず今日のオカリンはおかしいって事はわかったお」

岡部「ふっ…まぁいい次だ」

岡部「まっていろ!フェイリス!」

ダル「おいやめろクソ野郎」

19 : 以下、名... - 2012/04/30(月) 23:33:51.34 mXPTqc/gi 5/23

メイクイーン

フェイリス「あー!キョーマ!!おかえりだニャン!」

岡部「フェイリス、今日は用事があって来た」

フェイリス「ふむむ?なんだかワケありみたいニャ…奥に行くかニャ?」

岡部「あぁ、頼む」

21 : 以下、名... - 2012/04/30(月) 23:39:41.86 mXPTqc/gi 6/23

スタッフルーム

フェイリス「他のメイドたちは下がらせたニャ。これでキョーマと二人っきりニャー」

岡部「あぁ、すまんな」

フェイリス「んで、話ってなんなのニy」スパァン

フェイリス「……え?」ヒリヒリ

岡部「…(あ、ヤバイ。これはイイ。留未穂になってるわコレ)」

フェイリス「キョ、キョーm」バッチーン

フェイリス「っ…」ヒリヒリ

岡部「(楽しい)」

26 : 以下、名... - 2012/04/30(月) 23:44:36.88 mXPTqc/gi 7/23

フェイリス「キョーマ…フェイリスが何かしたかニャ?いきなり殴ってくるなんてビックリだニャ…ねぇ…キョーマ…なんで何も言わないの…?ねぇ…岡部さ」バチン

留未穂「っ…」ウルウル

岡部「(うっひょぉぉぉぉぉぉ!!!最高だぜこりゃ!ダルにも見せてやりたいなこの光景を!!)」

岡部「(あいつならきっと喜んでくれるだろう。いやその場で失禁するかもな)」

留未穂「岡部さん…」ウルウル

岡部「……」ギュッ

留未穂「…へ?」

岡部「すまない、留未穂…」

28 : 以下、名... - 2012/04/30(月) 23:47:42.32 mXPTqc/gi 8/23

ダル「チッ…」イライライライラ

岡部「ダルよ」

ダル「あぁん?!んだよクソ野郎」

岡部「殴られて涙目になってる留未穂の写真、いる?」

ダル「うん」

岡部「さて…次は奴だな」

ダル「ありがとうオカリン!」

34 : 以下、名... - 2012/04/30(月) 23:55:05.12 mXPTqc/gi 9/23

ブラウン管工房

岡部「指圧師よ、いるか?」

萌郁「……」ピッピッ

岡部「…相変わらずだな」ピコリーン

岡部「ミスターブラウンはどうした?」ピコリーンピコリーン

萌郁「…」

岡部「メールは見んぞ」

萌郁「…出張に、行った…」

岡部「そうか。なら」バッチーン

萌郁「……っ」ピッピッ

岡部「メールは見んといっただろ」バッチーンピコリーンピコリーンピコリーン


39 : 以下、名... - 2012/05/01(火) 00:00:42.84 0KIfH2m/i 10/23

萌郁「……なぜ。こんなこt」パァン

萌郁「っ……」パァン

岡部「萌郁」パァンパァン

萌郁「…痛っ…やめ…いy」スパァン

岡部「言いたいことはハッキリ言えよ、ほら立て」パァンスパァン

萌郁「やめて…やめてください…っ」パァン

42 : 以下、名... - 2012/05/01(火) 00:05:54.56 0KIfH2m/i 11/23

岡部「これいいなマジで」パァンパァンパァン

岡部「顔腫れて真っ赤だぜこいつw」

ダル「様子見に降りて来たら…うわぁ…」

萌郁「…岡部くん…やめt」パァン

萌郁「…っ」

岡部「ダルよ」

ダル「もうやめてー桐生氏のライフはもうゼロよー」

岡部「年上の女をこうしていたぶり屈服させている。めちゃくちゃ興奮しないか?」パァンパァン

ダル「それでもさすがにこれは引くわ。あと話してる時くらいビンタすんのやめてやれよ」

47 : 以下、名... - 2012/05/01(火) 00:12:42.75 0KIfH2m/i 12/23

「……」ビクビク

岡部「ん…?小動物か」スパァン

ダル「おい」

「…っ」ブルブル

岡部「フハハハッ!!これはいいな!!」スパァン

「……」ウルウル

ダル「オカリン!ブラウン氏に見つかったらヤバイことになるお!はやくやめろお!」

天王寺「岡部」

岡部「ん?あぁミスターブラウn」ズドォォォォォン

ダル「オ…オカリンが数十メートル吹っ飛んだ…」

52 : 以下、名... - 2012/05/01(火) 00:18:48.84 0KIfH2m/i 13/23

ラボ

岡部「くそぉぉぉなぜ狂気のマッドサイエンティストであるこの俺が殴られなければいかんのだ…」ヒリヒリ

ダル「いやいやいや、殺されなかっただけ奇跡と思えよ」

まゆり「トゥットゥルー☆まゆしぃ参上なのでs」バッチーン!

まゆり「……」ヒリヒリ

ダル「ま、まゆ氏…」

岡部「(やべ、軽くイッちまった俺)」

まゆり「まゆしぃ、今日は帰るね。じゃあねオカリン、ダルくん」


59 : 以下、名... - 2012/05/01(火) 00:25:01.99 0KIfH2m/i 14/23

岡部「ま、待てまゆり!」ダッ

ダル「(さすがにこれは謝るだろうなオカリン)」

まゆり「んー?」バッチーン

岡部「…」ビクンビクン

ダル「岡部死ねよ」

まゆり「…オカリン。 オカリンは今日はとっても気分が落ち着いてないように見えるのです」ギュッ

岡部「ま…まゆり?」

まゆり「まゆしぃの心が不安定になってるとき、おばあちゃんはいつもまゆしぃをこうやってギュッってしてくれてたの。だからオカリンも、まゆしぃがギュッてしてあげるからおちt」バッチーン

ダル「死ね」

64 : 以下、名... - 2012/05/01(火) 00:30:54.52 0KIfH2m/i 15/23

岡部「まゆり…」

ダル「まゆ氏、最後までずっと笑顔で帰ってったお…可哀想に…」

岡部「なんか、今更ながらに罪悪感が」

ダル「ちゃんと謝っとけよ」

岡部「でも今までで一番気持ちよかった」

ダル「死ねよ、はやく」

岡部「ふぅ…それでは最後の作業に取りかかるか」

ダル「まだやるのかお…」

岡部「当たり前だ。奴にビンタせずして誰にビンタするのだ」

ダル「もう全員にやったじゃん…」

69 : 以下、名... - 2012/05/01(火) 00:38:03.73 0KIfH2m/i 16/23

夜・ラボ

岡部「そんなこんなで夜になったな…」

紅莉栖「なに独り言いってんの?」

岡部「ダルもいなくなったし…」

紅莉栖「ふぇ?…ちょ、な、岡部…(もしかしてふ、二人っきりってこと強調してるの…?///)」

紅莉栖「(ダメダメ、ダメよ紅莉栖!こ、こんな男と二人っきりだからって一時の気の迷いに…って何いってんのよ私は///)」

紅莉栖「(で…でも、岡部になら…何されても…ち、ちょっとは許す…かも)」バッチーン!!

紅莉栖「…………、え」

73 : 以下、名... - 2012/05/01(火) 00:43:48.70 0KIfH2m/i 17/23

紅莉栖「…え…?…え?」

紅莉栖「(……えっ?なに?えっ?誰か私の頬ぶった?えっ?誰が?ここには私と岡部二人っきりよね?え?誰がぶったの?)」バッチーン!!!!

紅莉栖「っぶぁっ」ヒリヒリ

紅莉栖「(OK. 落ち着くのよ紅莉栖。ここには私と岡部しかいない。ここまではOK.)」

紅莉栖「(で、私は二度何者かに頬をぶたれた。これも大丈夫。)」

紅莉栖「(……ん?誰が?誰がぶったの?えっ?)」

76 : 以下、名... - 2012/05/01(火) 00:49:56.20 0KIfH2m/i 18/23

紅莉栖「(目の前にいるのは岡部だけ…えへへ…岡部しか見えない…/// って、そんなこと言ってる場合じゃないわ)」

紅莉栖「(ここには私の他には岡部しか…って何回言ってんのよ私/// ……ん?)」スッパァァァン

紅莉栖「(私の頬殴ってんの岡部じゃね?)」パチィィィン!!

紅莉栖「……ふぇ」ウルウル

80 : 以下、名... - 2012/05/01(火) 00:56:07.53 0KIfH2m/i 19/23

岡部「(ヤバい。手ごたえがない…これは、どういうことだ…?)」

紅莉栖「お……」

岡部「む」

紅莉栖「おかべぇ…なんで?なんでぶったりするの?わ、私なんかした?ねぇ?なんで?なんでなんで?」ウルウル

岡部「(なんだろう…かわいいんだけど…なんか違和感が)」

紅莉栖「おかべぇ…おかべぇ…なんか言ってよぉ…しゃべってよおかべぇ…」スッパァァァン

紅莉栖「へぶぅぅぅっ」ズサァァァァ

岡部「(わかった。メンヘラかわいいって奴だ)」

84 : 以下、名... - 2012/05/01(火) 01:00:56.01 0KIfH2m/i 20/23

紅莉栖「おかべぇぇぇ…」ウルウル

紅莉栖「なんで?なんでぶつの?なんでなんでなんで?なんか言ってよぉぉぉ」スリスリスリスリ

岡部「(あーヤバいはこれ)」パチィィィン

紅莉栖「ぐぇぇぇぇっ」

紅莉栖「…っ」ウルウル

紅莉栖「ふぇぇ…ごめんなさい…ごめんなさい…」ウルウルウルウル

85 : 以下、名... - 2012/05/01(火) 01:05:11.67 0KIfH2m/i 21/23

紅莉栖「ごめんなさい…ごめんなさい…おかべぇ…ゆるして…ごめんなさい…」

岡部「…っ」ゾクゾクッ

紅莉栖「もう悪いことしないからぁ…ごめん…ごめんなさい…ゆるして…」ウルウル

岡部「……(大きい音だしてみるか)」机バンッ!

紅莉栖「ひっ!」ウルウル

岡部「わーぉ」

紅莉栖「ごめんなさい!ごめんなさいごめんなさいごめんなさい!」スリスリスリスリスリスリ

87 : 以下、名... - 2012/05/01(火) 01:09:03.88 0KIfH2m/i 22/23

紅莉栖「おかべ……おかべぇ…ゆるして…ゆるして…」

岡部「……紅莉栖。」ギュッ

紅莉栖「…ふぇ?」

岡部「お前の心が不安定な時は、おれがこうやって抱きしめてやる。お前に安らぎを与えてやる。だからもう泣くな。な?」ギュゥッ

紅莉栖「…岡部………」ギュッ

岡部「紅莉栖……」スッパァァァン

紅莉栖「」

95 : 以下、名... - 2012/05/01(火) 01:14:36.32 0KIfH2m/i 23/23

ダル「こうして牧瀬氏はオカリンに調教されるペット的存在になっちゃったお」

ダル「まぁ、本人たちは楽しそうだし一応一件落着っぽいお」

ダル「他のメンバーもあれ以来オカリンのビンタが癖になって時々調教されてるみたいだお。リア充氏ねお」

岡部「おーい、ダルちょっと来てくれ」

ダル「ん?どうしたお」パチィィン

岡部「ふぉぉぉぉぉ…」ゾクゾクゾクゾク

ダル「…………」




おしり

記事をツイートする 記事をはてブする