1 : 以下、名... - 2012/04/18(水) 17:43:36.17 X7AvJhcq0 1/43

…オカリン…オカリン…早く良くなってね

まゆりの声が聞こえる。これは遠い記憶?俺がリーディングシュタイナーを発現したと思われる時の記憶?

俺は様々な思いを無にしてまゆりを、紅莉栖を助けた

このままで良いのか?

良い訳がない!

俺は…俺は…


そして更に時を遡る

シュタインズゲート:最強の再動

元スレ
岡部「強くてニューゲーム?」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1334738616/

7 : 以下、名... - 2012/04/18(水) 17:48:30.80 X7AvJhcq0 2/43

岡部「まゆり行くぞ。はやくしないと始まってしまうではないか」

まゆり「わかってるよー。でもまゆしぃはウーパのガチャが…」

岡部「そんな事か。まゆりよ、俺がまゆりにメタルウーパをくれてやろう!」

まゆり「オカリン持ってるの!?」

岡部「いや、これから出す」カチャン

まゆり「メタルウーパはそんな簡単に出ないよー」

ガチャガチャ

岡部「ほれ」

まゆり「メタルウーパーだ!オカリン凄いねぇ!」

岡部「ふっ。さあ、行くぞ。落とすなよ」



11 : 以下、名... - 2012/04/18(水) 17:52:18.16 X7AvJhcq0 3/43

説明会終了

まゆり「オカリンなんであんな事したの?恥ずかしかったのです…」

岡部「あれはやらなければいけないのでな。実際パクりだし問題はない」

まゆり「でも…」

岡部「まあいい。まゆりよ、先に帰って居てくれるか?少しやる事があるのでな」

まゆり「やること?うーん、わかりました。まゆしぃは先にかえるねぇ」

岡部「ああ。また後でな」



岡部「さて、やるか」

13 : 以下、名... - 2012/04/18(水) 17:58:11.10 X7AvJhcq0 4/43

紅莉栖「…だからこのレポートを共同で…」

パパ「このレポートは私が発表する!!」

紅莉栖「そんな!盗むの?そんな事はしない人だと思ってたのに!!」

パパ「うるさいこの小娘が!」

岡部「そこまでだ」

紅莉栖パパ「!?」

パパ「貴様はさっきの…お前ら二人で俺をコケにするつもりだったのか!」

紅莉栖「そんなことない!」

岡部「紅莉栖は関係ないな。コケにしに来たのはこの」

岡部「鳳凰院凶真だけだ!!」



15 : 以下、名... - 2012/04/18(水) 18:05:02.44 X7AvJhcq0 5/43

パパ「くそ!バカにしおって!」スチャッ

紅莉栖「ナイフ!?逃げて!」

岡部「必要ない。徒手空拳であっても誰にも負けないさ」

パパ「うおおおおおおお!」

岡部「ハッ!!」

ドゴォ!!

パパ「」ピクピク

紅莉栖「パ、パパ!?生きてるのパパ!?」

岡部「急所は外したから大丈夫だ。多分…」

岡部「じゃあな」

紅莉栖「え?ちょっとまって!待ちなさい!」


18 : 以下、名... - 2012/04/18(水) 18:08:46.39 X7AvJhcq0 6/43

岡部「さて…と。」

件名 ダルへ
本文 過去へメールするぞ!

岡部「送信、と。これでSERNも動きやすいだろう」

ぶぃいいん

リーディングシュタイナー発動

岡部「さあ、覚悟してもらうぞ、SERN…」

そしてラボへ…

20 : 以下、名... - 2012/04/18(水) 18:13:35.15 X7AvJhcq0 7/43

岡部「ダルいるか?」

ダル「あ、岡部さん…じゃなかったオカリンおかえりなさいだお」

岡部「ダル、頼むから普通に接してくれ。ラボメンだろう?」

ダル「意識すればするほど恐縮というか…ラボにまで入れて貰って感謝感激というか…」

岡部「俺はお前とラボを作りたかったんだ。頼むぞ、マイフェイバレットライトアームよ!」

ダル「オカリン…死ぬ気でがんばるお!!」

岡部「ところでダル、メールは届いたか?」

ダル「メール?何も来てないお」

24 : 以下、名... - 2012/04/18(水) 18:18:48.19 X7AvJhcq0 8/43

岡部「二、三日前を見てみろ。多分来てるはずだ」

ダル「オカリンからのメールは1分以内に返すのにそんな見落としあるはずが…」

ダル「うわあああああああああ!!」

ダル「なんぞこれ!なんでメールきてんの?なんで返事してないの?岡部さんすいません、すいませんっしたぁ!!!」ドゲザ

岡部「ま、まてダル!それはさっき送ったのだ。ゲルバナは時間を戻る行程で出来たものだからな。過去へメールを送る実験だ」

ダル「さ、流石オカリン…ってそれ本当なん?過去へメールって…」

25 : 以下、名... - 2012/04/18(水) 18:25:14.36 X7AvJhcq0 9/43

岡部「ああ、本当だ。そして…」

岡部「来ているのだろう紅莉栖?」

紅莉栖「え?なんで…」

ダル「この美少女は誰ぞ?」

岡部「天才変態処女だ」

紅莉栖「なっ!?なんでいきなりそうなる!?あんたが私の何を知ってるのよ!この間のお礼言おうと思ったのに!」

ピリリリリ

岡部「ああ、俺だ。何?機関の攻撃だと?その程度受け流せば良い。やられた後で消滅させろ。こちらは順調だからな。エルプサイコングルゥ」

紅莉栖「何この中二病…」

ダル「オカリン大丈夫?」

岡部「問題はない。何もな」ニヤリ

29 : 以下、名... - 2012/04/18(水) 18:29:05.36 X7AvJhcq0 10/43

紅莉栖「で、この間のことだけど!」

岡部「礼なら要らんぞ?」

紅莉栖「じゃあ言わない。だから返して」

岡部「何をだ」

紅莉栖「私のレポートよ!あんた持ってったじゃない!」

岡部「燃やした」

紅莉栖「え?」

岡部「燃やした」

紅莉栖「」チーン

33 : 以下、名... - 2012/04/18(水) 18:35:32.84 X7AvJhcq0 11/43

紅莉栖「ももももももやしたってあんたあれがなんなのか」

岡部「タイムマシンのレポートだろ?

紅莉栖「あれを理解出来たの?ならなんで」

岡部「あれがあると少々困るからな主に世界が」

紅莉栖「何を言って…」

岡部「まあいい。そのかわりにお前をラボメンにしてやる」

紅莉栖「なんで私が」

岡部「鳳凰院、ラボ、研究」

岡部「聞いた事は?」

紅莉栖「え?様々な研究で新理論を打ち立てるけど詳細不明の…」

岡部「そう。お前に損はないと思うが?」

紅莉栖「まっさかー。こんなボロいとこがそんなわけないでしょ。妄想おつ!」



38 : 以下、名... - 2012/04/18(水) 18:39:13.32 X7AvJhcq0 12/43

ダル「えーと、紅莉栖さん?」

紅莉栖「牧瀬紅莉栖よ」

ダル「じゃ牧瀬氏これ見て」

紅莉栖「これは確か相対性理論に基づく理論…鳳凰院ラボの研究よね。でも後半がなかったはず」

紅莉栖「え…後半…なにこれ、なんで…え?」

岡部「さあ、どうする?」

紅莉栖「ラボメンにならせてください。アメリカにはもう帰らないわ」

岡部「いや、そこまではいいから!」



40 : 以下、名... - 2012/04/18(水) 18:44:07.63 X7AvJhcq0 13/43

岡部「さて、電話レンジは紅莉栖とダルに任せてと。暇つぶしにはよかろう」

カシャッ

岡部「むむ?」

萌郁「…」カチカチ

岡部「写真勝手にとるなと…」

萌郁「…」カチカチ

IBN5100って知ってる?

岡部「知ってる」

萌郁「!!」

岡部「それよりも知りたい事があるだろう?」

岡部「M4」

萌郁「どうして…それを…」

岡部「俺がFBだからだ」



42 : 以下、名... - 2012/04/18(水) 18:47:48.50 X7AvJhcq0 14/43

岡部「M4、お前はその携帯を解約、破棄。そして新しい携帯を購入しろ。代金はこれだ」バサッ

萌郁「はい…」

岡部「俺は普段は表には出ない。だがお前にだけは真実を見せてやる。お前の居場所は」

岡部「俺のラボだ。いいな?契約しおわったらこのメアドにメールしろ。そしてラボはここだ。迅速に行動しろ」

萌郁「はい…///」

岡部「では後でな。シャイニングフィンガーよ!」

44 : 以下、名... - 2012/04/18(水) 18:53:15.45 X7AvJhcq0 15/43

岡部「るーかーこーよ!」

るか「凶真さん!」

岡部「妖刀五月雨の調子はどうだ?」

るか「今日は3回しか…」

岡部「ふることに意味がある!毎日かかさないよぉーにな!」

るか「はい//」

るか「凶真さん、あの、実はお菓子作ったんですけど食べて行きませんか?///」

この可憐なる出で立ちのるか子

るか「作りすぎちゃって…凶真さんに食べて欲しいなって///」

巫女服に身を包むこのるか子は

るか「ご迷惑ならいいんです!ご迷惑なら…」

女だ

岡部「いやなど言うわけがない。いただこう」

るか「はい!」

46 : 以下、名... - 2012/04/18(水) 18:59:31.98 X7AvJhcq0 16/43

ニャンニャン

フェ「いらっしゃいませニャンニャン…あ、倫太郎様….///」

岡部「うむ、留未穂。席は空いてるか?」

フェ「あの、こちらへ…//」

岡部「店ではちゃんとしないとダメだろう。お得意のあれはどうした?」

フェ「フ、フェイリスの目を見て混ぜ…混ぜ…ま、ま、無理にゃー!」ダダダダダ

まゆり「あー、オカリンまたフェイリスちゃん虐めてるー」

岡部「いじめてなどはいない!からかっただけだ!」

まゆり「女の子の気持ちそんなことに使ったらいけないんだよー?」

岡部「むぅ…以後注意する」

47 : 以下、名... - 2012/04/18(水) 19:03:15.62 X7AvJhcq0 17/43

岡部「…」カタカタカタ

あっとちゃんねる

ジョンタイター
私は未来から来ました。

鳳凰院凶真
鈴羽乙。未来から来たのにあっとちゃんねるとは親子揃って好きなものだなwww

ジョンタイター
え?え?誰?どういう事?

岡部「さて、寝るか」

50 : 以下、名... - 2012/04/18(水) 19:07:53.96 X7AvJhcq0 18/43

紅莉栖「名前はDメールでいいでしょ?」

岡部「いや、もっとこう凝った名前に」

紅莉栖「中二病乙」

岡部「この…」ピリリ

岡部「俺だ。うむ…そうか準備は出来たか。では決行は…そうだ。よろしく頼む。エルプサイコングルゥ」

紅莉栖「またそれ?一応これだけ凄いんだからもうちょっとまともなら…ねぇ」

岡部「まともならなんだ?」

紅莉栖「うっさいバカ!なんでもない!///」

岡部「で、問題は何で実験するかだが…」

52 : 以下、名... - 2012/04/18(水) 19:12:17.94 X7AvJhcq0 19/43

ダル「宝クジは?」

岡部「金はいらんな」

紅莉栖「なんで?ロトとかなら出来るんじゃない?」

岡部「今更4億5億手にいれたところで桁も変わらん。よって却下だ」

紅莉栖「え?え?ちょっとどういう」

岡部「他に無いか散策してくるぞ」

ガチャッ

紅莉栖「ねぇ橋田。今のってどういう事?」

ダル「ラボ運用資金らしいけどオカリンがだしてるんだお。でも詳細は僕もしらないお…」

紅莉栖「あいついくら持ってんのよ…」

55 : 以下、名... - 2012/04/18(水) 19:18:23.54 X7AvJhcq0 20/43

ブラウン「おう岡部どうした!相変わらず浮かない顔して」

岡部「ミスターブラウンか。そちらこそ相変わらず暑苦しい」

ブラウン「うるせ!今日からバイトが来たから紹介するわ」

鈴羽「阿万音鈴羽です」

岡部「鳳凰院凶真です」

鈴羽「えっ」

岡部「鳳凰院凶真です」

鈴羽「えっ、あ!」

岡部「鈴羽乙wwww」

鈴羽「このー!!!」

岡部「ミスターブラウン!少し鈴羽を借りるぞ!」ダダダダダ

鈴羽「まてー!!」

ブラウン「あ、こら!…仕方ねぇか、岡部が言うなら…」

58 : 以下、名... - 2012/04/18(水) 19:25:07.79 X7AvJhcq0 21/43

鈴羽「はぁ…はぁ…どんな体力してるんだよキミ…」

岡部「ホンの全力で25kmほど走っただけだろう。体力ないのはお前だ、鈴羽」

鈴羽「不思議な人だねキミ…で、本題なんだけど」

岡部「あっとちゃんねるか?」

鈴羽「そう。あれはどういう事?」

岡部「そうだな。未来からきたお前には話しておこうか」

岡部「俺は未来から過去の分岐を収束し、シュタインズゲートを破壊する為にきた」

鈴羽「え?それはどういう事?」

岡部「俺は未来を、仲間の思いを無にしたくない。そのためにここにいる。」

鈴羽「じゃあ未来がどうなるかも知ってる?」

岡部「SERNの支配か」

鈴羽「そう、この世界線ではダメなんだ、ダイバージェンス1%の壁をこえないと」

62 : 以下、名... - 2012/04/18(水) 19:28:52.36 X7AvJhcq0 22/43

岡部「その必要はない」

鈴羽「え?でも」

岡部「それはおいおい説明する。今は信じてくれ。世界は」

岡部「この鳳凰院凶真が救う」

鈴羽「わかった…岡部倫太郎…だったね。改めてよろしく、倫太郎」

岡部「ああ、頼む」



64 : 以下、名... - 2012/04/18(水) 19:34:04.16 X7AvJhcq0 23/43

岡部「さてDメールは結局宝くじか。」

フェ「だって過去を変える必要あまりないにゃ…」

るか「そうですね、特には…」

萌郁「私も…」

紅莉栖「で、いくらにするの?」

岡部「一等だ」

まゆり「オカリン大胆ー」

ダル「でもオカリンお金要らないって」

岡部「金はお前らでわければいい。俺は目立つ事が大事だからな!」ワハハハハ

紅莉栖「全く…じゃあさっさとやるわよ」

ビリビリビリビリ

岡部「送信!」ポチッ

うぃいいいいいん



66 : 以下、名... - 2012/04/18(水) 19:38:50.99 X7AvJhcq0 24/43

岡部「ふぅ」

ダル「オカリン送れた?」

岡部「ああ、成功だ。リーディングシュタイナーも発動した」

岡部「るか子、通帳見てみるんだ」

るか「はい、凶真さんに言われて持ってきてるので…あれ?10万円入ってます」

岡部「ふむ。成功か。済まんな二桁間違えたらしい」ハハハハ

橋田「オカリンわざとだろー」

ガチャッ

鈴羽「倫太郎、ちょっといい?」

69 : 以下、名... - 2012/04/18(水) 19:44:05.31 X7AvJhcq0 25/43

鈴羽「倫太郎、少し聞きたいんだけど」

岡部「なんだ鈴羽」

鈴羽「世界を移動したんだよね?なのになんでみんなメール送った事を覚えてるの?」

岡部「それに気付くのか。流石だな」

鈴羽「私も一応未来人だからね。それで?」

岡部「俺にはリーディングシュタイナーとは別に能力がある。」

岡部「世界線を収束させる力だ。もっと言えば新しい世界線を作り上げるといってもいい」

岡部「世界線を移動する際に、俺の観測した事を変化させず、事象が変化した世界線。過去へメールを送り、過去が変化した事を全員で確認した世界がここだ」

71 : 以下、名... - 2012/04/18(水) 19:46:52.38 X7AvJhcq0 26/43

鈴羽「そんなことが」

岡部「この理屈が正しいかはわからないがな。だが俺の身近な変化はごく少数だ」

鈴羽「わかった。私には信じるしか無いもんね。倫太郎を信じるよ」

岡部「ありがとう。そこで鈴羽には協力して欲しいことがある。報酬は」


岡部「お前の父親でどうだ?」

74 : 以下、名... - 2012/04/18(水) 19:51:18.53 X7AvJhcq0 27/43

ダル「オカリン大変大変!電車とまっちゃったよー」

岡部「そうか。ついに来たか!機関の攻撃が」ワハハ

紅莉栖「なにいってんのよ。なになに?爆弾予告?岡部の中二が当たってるわね…」

まゆり「まゆりはなんか怖いです」

岡部「なんて事はない。ラボに泊まればいいではないか!」

紅莉栖「それが一番あぶない!このへんたい!」

ダル「そう言って顔赤らめる牧瀬氏…」

紅莉栖「うるさい!この変態橋田!」

まゆり「あれー」

76 : 以下、名... - 2012/04/18(水) 19:53:14.94 X7AvJhcq0 28/43

まゆり「まゆしぃの懐中とまっちゃってる…」

81 : 以下、名... - 2012/04/18(水) 19:59:16.43 X7AvJhcq0 29/43

ドタドタドタドタ

ガチャッ!!

ラウンダー「全員動くな!」


紅莉栖「ちょっと何よこれ!」

ダル「なんぞ」

ラウ「岡部倫太郎、橋田至、牧瀬紅莉栖。お前らは一緒に来てもらう。椎名まゆりは必要…」

ピリリ

岡部「俺だ」

ラウ「貴様!なに勝手に電話に出てる!」

岡部「今機関の攻撃を受けている」

紅莉栖「こんな時になにやってんのよあんた!しにたいの!?」

岡部「ああ、予定通りだ」

ラウ「くそ、少し痛い目見ないとわからねぇのか?」

83 : 以下、名... - 2012/04/18(水) 20:00:23.49 X7AvJhcq0 30/43

岡部「作戦開始だ。ああ、こちらは問題はない。では」



エル


プサイ



コングルゥ

87 : 以下、名... - 2012/04/18(水) 20:04:37.85 X7AvJhcq0 31/43

ラウ「食らえ!」

岡部「素人か。あたらんな」ドゴッボキッ

ラウ「ぎゃあああ!腕があああ」

ラウ「くそ、撃て!撃て!」


ガシャアアアアアン


鈴羽「ジョンタイター参上!」ドカッ!

ガチャッ ジャキン

ダダダダダダダダダ!!

萌郁「全員…蜂の巣になりたくなければ手を挙げて」

紅莉栖橋田まゆり「」

岡部「よう。ナイスタイミングだな」

89 : 以下、名... - 2012/04/18(水) 20:09:20.38 X7AvJhcq0 32/43

鈴羽「全く人使い荒いよ。大体倫太郎一人でなんとかなったんじゃないの?」

萌郁「私は…岡部君のためなら何でもする…//」

岡部「いや、まだ油断出来ないんだ。まゆりがな」

まゆり「え?まゆしぃ?」

岡部「そうだ。あと15分、まゆりを死なせずに防げ!ラウンダーだけでなく、一般人も防ぐんだ。」

岡部「俺の第三の能力…シュタインズブレイカー…まゆりの死への収束を打ち砕く!!」



92 : 以下、名... - 2012/04/18(水) 20:15:33.94 X7AvJhcq0 33/43

岡部「守備はどうだ?日本のSERN傘下は壊滅させた?よし、まずは上出来だ。こちらで捕獲したラウンダーは証拠と共に世界に公開する。SERNの陰謀と共にな」

鈴羽「ど、どこまででかいことしてるんだよ岡部倫太郎…」

紅莉栖「そうよ、どういう事か説明しなさいよ!」

岡部「…そうだな。だが今日は後片付けもある。明日ラボメン全員揃って話をしようと思う。それでいいな?」

ダル「でも、警察とかいかなくていいのかお?」

まゆり「まゆしぃも怖いのです…」

岡部「警察は問題ない。手は回してある。まゆりは紅莉栖、頼めるか?」

紅莉栖「いいけど…」

岡部「なら今日は解散だ」

94 : 以下、名... - 2012/04/18(水) 20:18:56.70 X7AvJhcq0 34/43

翌日

ダル「ラボ元通りだお」

紅莉栖「どうなってんのよこれ」

鈴羽「凄いねこれ」

フェ「昨日は大変だったにゃん?」

るか「何かあったんですか?」

萌郁「知らない方が良い」


ガチャ

岡部「またせたな。早速円卓会議を始めよう」

96 : 以下、名... - 2012/04/18(水) 20:25:25.01 X7AvJhcq0 35/43

紅莉栖「で、どういう事なの?あんたは何者?」

フェ「倫太郎様は留未穂の王子様にゃ!///」

岡部「それはおいといて」



岡部「俺は過去と未来からやってきた」


ダル「未来からは別にしても過去からって普通じゃね?」

紅莉栖「そうよね。意味がわからない」

岡部「俺は別な未来で、お前たちとともに色んな体験をした。そして出来たのが電話レンジ、そしてDメールだ。」

岡部「そしてDメールで過去を変えた。フェイリスは父親を生き返らせ、ルカ子は女に。萌郁はIBN5100を盗んだ」

るか「えっ」

紅莉栖「ちょっと、漆原さんが女にってどういうことよ」

岡部「その世界ではるか子は男だった。その容姿のままでな」



98 : 以下、名... - 2012/04/18(水) 20:31:50.94 X7AvJhcq0 36/43

岡部「取り敢えず聞いてくれ。だが過去を変えた事で重大な事がおこった。」


岡部「まゆりの死だ」


岡部「それを回避する為に手を尽くした。何度も何度も失敗し。だが救えなかった。過去のDメールを取り消すしかなくなった」

岡部「俺はお前達の思いを踏みにじり、傷付け、そしてまゆり、紅莉栖を助けたんだ」

全員「…」

まゆり「オカリンの作り話かと思ったけど…オカリンの悲しそうな顔…本当なんだね」

紅莉栖「でもそれと今回と何の関係が?」

岡部「ある日俺は倒れた。40歳位だったか。意識が戻った時は、俺が高熱をだして寝込んだ日。」

まゆり「あ、オカリンが大変だった時!」

岡部「更に昏睡し、意識が回復した時は5歳だった」

101 : 以下、名... - 2012/04/18(水) 20:39:50.09 X7AvJhcq0 37/43

岡部「そこから俺の計画が始まった。まず、留未穂を救う事。これは飛行機事故前日に止めにいったが失敗。仕方なく留未穂を誘拐した」

全員「えっ」
フェ「ニャ///」


岡部「これで留未穂の父親は死なずにすんだ。警察にはかなり絞られたが結果オーライだ」

フェ「その頃から倫太郎様は私の王子様にゃ」

岡部「次にるか子。お前の母親にはポケベルに連絡した。ヤサイタベルトゲンキナコウマレル」

岡部「だがこの事でまたまゆりに死が収束してしまう」

岡部「だから俺は必死に考えた。どうすればいいのか」

岡部「そして結論がでた。全部壊してしまえ!と!!」

全員「えっ」

104 : 以下、名... - 2012/04/18(水) 20:46:18.38 X7AvJhcq0 38/43

岡部「そして俺は身体を鍛え始めた」

紅莉栖「あー…だからそんなにムキムキなんだ」

岡部「限界を超えたとき、俺は気付いた」

岡部「今の俺なら世界線も、シュタインズゲートも壊せるな、と」

全員「…」

岡部「それからは山籠り、仲間探し、金策、タイムマシン理論の勉強と、寝る間を惜しんでやった。身体はミスターブラウンが小さく見える程に、資金は株で500億ほど、その他資産、研究でトータルは…何兆円だったかな。面倒で数えてないな」

全員「…」

岡部「そして昨日、まゆりの死への収束を打ち砕くため、死守したんだ」

109 : 以下、名... - 2012/04/18(水) 20:49:39.30 X7AvJhcq0 39/43

鈴羽「あの15分地獄だったもんね…」

萌郁「車…つっこんでくる…飛行機…落ちてくる…」

鈴羽「それを素手で破壊、受け止めてたよね。凄すぎる…」

岡部「それだけお前達を守りたかったんだよ。お前達ラボメンの無駄になった思いを叶えたい。それだけだった」

岡部「そして今日!俺たちはラグナロクを戦い抜いた!未来を勝ち取ったのだ!」


113 : 以下、名... - 2012/04/18(水) 20:54:15.26 X7AvJhcq0 40/43

岡部「これで俺はようやく素直になれる」

紅莉栖「えっ?」

岡部「俺は守りたい人を守るためにこれまで戦ってきた。でもその根本にあるのはいつもお前だった。支えてくれたのはお前だったんだ。そいつの事か、俺は好きだ!!!」

まゆり「///」ドキドキ
萌郁「///」ドキドキ
るか「///」ドキドキ
鈴羽「///」ドキドキ


岡部「紅莉栖、俺はお前の事が好きだ!!!」


紅莉栖「えっ」

119 : 以下、名... - 2012/04/18(水) 20:58:32.29 X7AvJhcq0 41/43

紅莉栖「えっ、嫌よ私は」

岡部「」

紅莉栖「私マッチョ苦手なのよね。それに前の世界線?私覚えてないし、私と岡部って接点あんまりなかったよね。橋田とマシン作ってた方が時間長いし」

紅莉栖「だからって橋田はありえないけどね!まあ、岡部も同じようなものだから好きって言われても困る。ゴメン」


岡部「」チーン

まゆり「」チーン
るか「」チーン
萌郁「」チーン
鈴羽「」チーン

123 : 以下、名... - 2012/04/18(水) 21:03:54.65 X7AvJhcq0 42/43

その夜

岡部「とべよおおおおおお!!」

まゆり「とぶのですううう!」

萌郁「とぶ…」

鈴羽「とべえええええ」


こうして新たな強くてニューゲームが始まる!


全員「まずは」

全員「世界線をぶち壊せるまで」

全員「ムキムキになる!!」

124 : 以下、名... - 2012/04/18(水) 21:05:01.70 X7AvJhcq0 43/43

以上になります。賛否両論あるかとは思いますが読んでいただければと思います。

記事をツイートする 記事をはてブする