関連
美琴「みことにっき、でいっか」【前編】

798 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/28 19:25:23.96 V5OqOzQ0 247/405

1280328276-798


801 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/28 19:26:18.81 V5OqOzQ0 248/405


14:53 20XX/▲/▲ comment(0)
===========================

友人に言われて、今日から日記をつけることにした。
なんでも俺は不幸体質だから、
同じ不幸に合わないように日記つけとけって。

アホか、そんなんで改善されたらわけねーよ。
まあどうせやることねえから、暇つぶしに始めた。

今日も今日とて不幸で仕方がない。
同居人はやたら食うし、
たまに街に出りゃあ知らない不良にからまれる、
あげくの果てには妙な中学生に蔑まれる。


不幸だ。

809 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/28 19:30:54.70 V5OqOzQ0 249/405

========================
18:21 20XX/▲/▲ comment(0)
========================

うちの同居人は本当に食い意地が張ってやがる。
昔色々あって、居候するのはいいんだけど、
どうにも食費がなぁ。一応シスターだろ。

「偏見なんだよ!」

勘弁してくれっつの。

そういえば今日、帰りがけにゲーセンに寄ろうとしたら、
知り合いの中学生を見かけた。

そいつは友達が少ないみたいで、
一人でこんな時間にUFOキャッチャーやってた。おいおい。

しかもすげえ目を輝かせて、
小さい子が好きそうなキャラもののタオルを必死に取ろうとしてる。

マジかよ。あいつああいうのが好きなのかよ。

ま、個人の趣味だしな。

はー今日もいいことねえなあ。

813 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/28 19:36:14.18 V5OqOzQ0 250/405

===================
18:21 20XX/▲/▲ comment(0)
===================

同居人が遊びたい遊びたいとうるさいので、
昨日のゲーセンにつれてってやることにした。

すると突然、UFOキャッチャーがやってみたいとか言い出す。
どうやらぬいぐるみが欲しいみたいだ。

俺はこういう体質だから、この手のゲームは本当に苦手。
嫌だといっても聞かないから、仕方なく遊んでやった。

・・・・・・。

取れたのはいいけど、カエル柄の筆箱。
「そんなのいらないんだよ……」
俺だっていらねえよ。

前方を見ると、昨日の中学生を発見した。

「平日からイチャイチャしてのん気ね」

なんだってこいつは俺に絡んでくるんだ。
ふと視線を追いかけると、俺が持っている筆箱を凝視している。
あ、もしかして欲しいのか?

「へ?い、いるわけないでしょそんな子供っぽいの!!」

面倒くさいから無理矢理渡しておいた。
よし、不幸だけどいいことした気分だ。ふんふん♪

814 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/28 19:40:14.45 V5OqOzQ0 251/405

===================
20:16 20XX/▲/▲ comment(0)
===================

思ったんだけど、この日記見るやついるのか?
俺の独白みたいになってるなあ。まいっか。
つまんなくはないしな。

今日は友人と遊んだ。
二人ともちょっと変わってるけど、大切な友人だ。

「カミやん、いい加減彼女の一人や二人つくった方がいいぜい」

カミやんっつーのは俺のこと。
そんなもん、作れるもんならつくっとるわ。
だいたい二人ってなんだ二人って。

「あかんて、カミやんは常時フラグ立てまくりの逃げまくりやさかい」

しらねーっつの。

878 : 作者 ◆le/tHonREI - 2010/07/28 21:50:12.38 V5OqOzQ0 252/405

===================
20:16 20XX/▲/▲ comment(0)
===================

街を歩いていると、後ろから声をかけられた。
例の中学生だ。

「ふーん、今日は一人なんだ?」

こいつの妙にとげとげしい態度は昔っから気になる。
そんなに俺のことが嫌いなのか、こいつ。
するとその中学生、先日渡した筆箱を差し出してきた。

「はいこれ。この前返し損ねたから」

せっかくあげたものを人に突きつけるとは、
どういう育ち方してるんだ。
だいたいそんな筆箱もらうくらいなら、別のもんもらったほうがましだ。
お嬢様ってのはわかんねえなあ。

「別のもんって、あ、ちょっと!」

こういうときは逃げるが勝ち。
また勝負だとか言われたら適わない。

881 : 作者 ◆le/tHonREI - 2010/07/28 21:50:53.68 V5OqOzQ0 253/405

===================
17:05 20XX/▲/▲ comment(0)
===================

うちの同居人はちょっと変わっていて、
機械にとにかく疎い。

以前は携帯電話もまともに使えなかった。
最近は少しはマシになって、
連絡くらいなら取れるようになったんだが。

「とうま、これ何?」

夕飯を食べていると携帯を差し出された。
見たところ、ネットに転がってる誰かの日記みたいだ。
ブログってやつ?運営サイトは違うみたいだけど。

「ふーん。この日記の人、困ってるみたいなんだよ。
 助けてあげたいんだよ」

一応、コメントの打ち方を教えてやった。
理解できたかだいぶ不安だったけど。

882 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/28 21:51:39.36 V5OqOzQ0 254/405

===================
21:12 20XX/▲/▲ comment(0)
===================

俺の右手にはちょっと変わった能力がある。
世に蔓延る異能の力を打ち消せるっていう、
トンデモ能力らしい。

同居人の服をボロボロにしてしまったこともあった。
こんな力が何の役にたつのかと思っていたけど、
そうでもないようで、
力のおかげで色んな経験をさせてもらった。
ま、不幸中の幸いってやつ。

今日も今日とて同居人は自堕落な生活を送っている。

例のブログ鑑賞にはまってるみたいだ。
そんなに楽しいもんかね。

883 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/28 21:52:18.04 V5OqOzQ0 255/405

===================
15:43 20XX/▲/▲ comment(0)
===================

近頃本屋に行くのにハマっている。
同居人がいると落ち着かないからなあ。
悪いやつじゃないんだけど。

で、こういうときに限って会うのがビリビリ中学生。
一応名前は知ってるんだけど、伏せとく。

「なんでアンタは私の行く先々に登場すんのよ!
 なんか恨みでもあるワケ!?」

それはこっちの台詞だっつの。
何焦ってんだこいつ。
妙にうつむいてるし。

しかし男物の雑誌を見てるとは、
やっぱりお嬢様の考えることはわからない。
聞いてみると、

「ちょっと気になっただけよ、見聞を広げたかっただけ。
 ……その、アンタはネックレスとかしないの?」

なんでそんなこと聞くんだ。
日ごろのお詫びにプレゼントとか?まさかなと思って聞いたら、
急に顔色を変えてマッハのスピードで消えた。
さすが超電磁砲……ってそうじゃない。

変なやつ。

884 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/28 21:53:25.68 V5OqOzQ0 256/405

===================
23:43 20XX/▲/▲ comment(0)
===================

くそー不幸だ。

俺の右手は色んな異能を打ち消す代わりに、
俺の身に降りかかる幸福も打ち消しちまうってのは、
同居人の弁だ。

だからかどうかはわかんねえけど、昔っから面倒ごとには縁がある。

今日も訳分からん理由で不良に絡まれたんだけど、
あろうことかあの中学生に助けられた。

まったく、女の子に助けられるなんて情けねえ。
するとこの中学生、

「何よ、せっかく助けてあげたのにその言い方!
 だいたいね、あんな子供っぽい筆箱おしつけて、何様のつもり?
 あんなの渡して、ボランティアでもしたつもりなの?」

言われてみれば無理矢理だったような。
仕方ないから謝ると、今度は向こうが面くらった顔していた。

「……ずるいのよ、アンタは」

確かそんなことを言ってたような気もするけど。
はあ。

まっすぐ生きてるつもりなんだけどなあ。

885 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/28 21:54:35.22 V5OqOzQ0 257/405

===================
0:12 20XX/▲/▲ comment(0)
===================

今日はまた別の友人と街を歩いた。
女の子なんだけど、簡単にいうと同居人の保護者の一人だ。

事情あって、定期的に同居人のことを報告している。
だいぶ大人びて見えるけど、これでも未成年だ。

「ブログ、ですか。やっと機械を使えるようになったんですね」

まあ使えるようになったかはわかんねえけど。

同居人は色んなやつから好かれるみたいで、
友達も多い。

俺も少なくはないんだけど、ちょっとみんな普通じゃねえからなあ。

886 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/28 21:55:42.37 V5OqOzQ0 258/405

===================
19:23 20XX/▲/▲ comment(0)
===================

うーん………。
まさかとは思うんだけど。

同居人がブログにはまってることは前も言ったんだけど。

久々に家でゴロゴロしてたら、
急に目の前に携帯を差し出された。

「もう一回こめんとの仕方を教えてほしいんだよ!」

結局覚えてなかったのか。
面倒くさいから代わりに打ってやることにした。
と、気になることがいくつか。

以前は気づかなかったが、まずデザインが……ゲコ太?
筆箱の件をこの前中学生と話したからかもしれないが…。
タイトルがM&M?
M坂M琴だよな、あいつ。

それに、どうも記事を見返すと、
ネックレスを作るのに試行錯誤してるみたいだ。
それで管理人がサンプルで作ったネックレスが……ゲコ太。

コメント覧もよくよく見てみると、
妙に見たことある口調の書き込みがある。

…………。

まさかなーー。

同居人が言いたいことを変わりに打ってやって、
こまかくコメントの仕方を教えてあげた。

887 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/28 21:57:15.05 V5OqOzQ0 259/405

===================
0:12 20XX/▲/▲ comment(0)
===================

今日はちょっとした事件があった。

とある中学生が、いきなり俺を訪ねてきたのだ。
といっても、この前の中学生とはまた別。
その後輩にあたる女の子だ。

「お姉様のことで、少し」

この子がお姉様と呼んでいるのが先日の中学生なんだけど、
実際には血はつながっていない。

なんていうか、この子もちょっと変わってる。

「で、本題ですが、上条さんあなた、
 お姉様のことどう思ってらっしゃいますの?」

いきなりそんなこと聞かれても困る。
知り合い……友達…?戦友、の方が正しいのかな。

「なるほど。ではそれを割り切ってもらった上で、
 お姉様に連絡していただきたいかと」

話を聞くと、どうやらあの中学生は、
俺のためにネックレスを作ってくれてるとか。
しかも手作り。まじかよ。そんなの女の子からもらったことねーぞ。
ま、まさかあのブログって。。。。

「勘違いしないで頂きたいのですが、
 お姉様は貴方のことなんてこれっっっっっっぽっちも気にしてませんのよ。
 単にお返しとして、ですわ」

話を聞く限り、あの中学生は奥手だから(俺を追跡してたらしい)、
俺から誘ってやってネックレスをうまいこと引き出し、入手しろとのこと。
しかし、そんなうまいこと会話を進められるかな………。

「言っておきますが、妙な気を起こしたら………」

こえーよ、マジで。

891 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/28 22:00:36.54 V5OqOzQ0 260/405

===================
22:04 20XX/▲/▲ comment(0)
===================

あの中学生に電話したら、わりと普通に誘えた。
なんかちょっと声が変だったけど、気のせいか。

うーむしかしどうやって引き出してやろうか。
それにしてもあいつ、自分で作ったもんを渡せないなんて、
やっぱり中学生だな。

ここはこのK条さんが、大人の余裕ってやつを見せてやろう。

しかし、例のブログは本当にもしかするともしかするかもしれない。

……。

いやいや、男が女の子の日記見るなんて下衆なこと、できるわけないよな。
そういう輩はきっとあれだ、
そういう日記を見てよからぬことを考えたり、変なことしたりするんだろーな。
そんなの外道だ外道、そうだそうだ。

俺は違う。うん。そんな人間じゃない。うん。

902 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/28 22:12:18.68 V5OqOzQ0 261/405

===================
23:54 20XX/▲/▲ comment(0)
===================
中学生と会ってきた。
まず第一声が、

「あ、アンタってあれなの、誰かと一緒に住んでたりするの?
 ………その、………女の子……とか」

いつバレたんだ。あ、つけてたっていってたっけ。
何やらもじもじしている。こいつ、変な想像してるな。
同居人のことは一応秘密にしていたんだけど、
まあこの際言ってしまおうと思って、
簡単な事情を説明した。

「そ、そうなんだ……」

胸に手を当ててるのはどういう了見なんだろう。

その後なんとか『大人の余裕』ってやつを見せようとするが、
いかんせん噛み噛みの言い方になってしまう。

「何キョドってんのよ。……そういうなら、
 ほらこれ、試しに作ってみたらうまくできたから、
 あ、ああああアンタにあげる」

こいつ………なんて素直じゃねえんだ……。

「いらないならいらないって言いなさいよ!
 別にこんなのいくらでも作れるんだし。
 いらないって言われても別に、私は」

見ていられなかったから、受け取ってあげた。
一応その場でつける。うん、かっこいいじゃんこれ。

礼を言って去る前に、変な誤解があったときに面倒なので、
番号を交換した。

ふう、任務完了。

914 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/28 22:29:02.58 V5OqOzQ0 262/405

===================
22:27 20XX/▲/▲ comment(0)
===================

今日の放課後、友人と話していたらネックレスのことにつっこまれた。

「上等なネックレスやなあ。誰からもらったっちゅーねん、このこの」

そういわれるとなんか誇らしげに感じてしまう。
まあ、ただのお返しだけども。
事情を説明すると、二人にドン引きされた。

「あんなぁカミやん、
 普通に考えてただのお返しでそんなネックレス渡すわけないやろ。
 しかも手作りで」

「鈍い男は罪だぜい」

そういうものだろうか。
二人いわく、ちゃんとお礼をしろとのこと。
そして、一度しっかりと話をしたほうがいいといわれた。

「観覧車とか、おすすめだにゃー」

それじゃあまるでデートではないか。
確かにまあ、あいつはお嬢様だし、
顔は整ってるし、いいやつだけどさ。

916 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/28 22:37:57.68 V5OqOzQ0 263/405

===================
21:05 20XX/▲/▲ comment(0)
===================

家に帰ると、同居人が涙ぐんでいた。
何かあったのかと思ってきいてみると、

「感動したんだよぅ……。
 プレゼント渡せてよかったんだよぅ……」

…………。

やっぱりあのブログはあいつなのかもしれない。

なんだか聞いてはいけないものまで聞いてしまいそうだったので、
それ以上は話さないように念を押しておいた。

……。

お返しでこんなことしない、か……。

921 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/28 22:47:15.54 V5OqOzQ0 264/405


===================
19:26 20XX/▲/▲ comment(0)
===================

今日は珍しい奴と話した。

「よォ三下」

学園都市の第1位だ。
前から思ってたんだけど、こいつって男?だよな。
いい加減その呼び名はやめてほしい。

「ガキの好みってわからねェよなァお前」

ああ、もしかして連れの女の子のことか。
ガキの好みどころか、女の子の考えてることなんてわからない。
自分ができることをしてあげるしかないんじゃねえのって、
言っておいた。

「……まァそうなるよなァ。変に影響されねェ方がやっぱいいかァ」

何が聞きたかったのか不明だ。

ま、あいつもうまくやっているみたいで安心した。

930 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/28 22:57:01.79 V5OqOzQ0 265/405

===================
22:01 20XX/▲/▲ comment(0)
===================

今日はあの中学生から、授業中にメールがきた。
なんだか変に意識してしまう。
悪友二人のせいだ。

「おほ、早速メールかいな。御暑いことで」

除いてくるのは青髪の変態だ。無言で殴っておいた。
せっかくなのでお礼のメールをしたら、

「あんなのでよかったらいつでも作ってあげるわよ」

とのこと。いつでもか……。

と、次の瞬間に変態野郎に携帯を取り上げられた。
くそ、一撃で葬り去っておくべきだった。

見ると、「もう一個つくれる?」などと返信されていた。
なんちゅーことをしてくれたんだ。
これ以上もらってどうする。

「おそろいのネックレスは定番やないかい。
 それに、これで作ってくれたらホの字確定やでえ」

二人分作らせて何がおそろいだ!
しかし訂正するのもなんとなく無粋だと思った。

「やっぱり誘ってみるべきだにゃ。
 気持ちは確かめとくべきだし、
 鈍感なふりしてるのが一番傷つけるにゃー」

………。

なんだか妙なことになってきたなあ。

936 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/28 23:06:05.90 V5OqOzQ0 266/405

===================
0:02 20XX/▲/▲ comment(0)
===================

眠れん。

………。
うーん。

そう考えてみると、あいつって可愛いっちゃ可愛いよな。
年はちょっと離れてるけど、健気なとこあるし。
顔は整ってるし。お嬢様だし。

金髪の友人いわく、あいつは『ツンデレ』ってやつだとかなんとか。
なんだその怪しい言葉は。

ツンっていうかあいつの場合ビリビリだけどな。
しかしこれ、俺の勘違いだったらとんでもないことになるぞ。

とりあえず、明日メールで誘ってみるか。
まあ別にいまどき観覧車に誘われたくらいでどうなるってわけでもないだろ。
さすがにあいつもそれくらいでキャーキャー言わないだろうし。

よし、今度こそ大人の余裕ってやつを見せてやる。



う、やべえなんか緊張してきた。

947 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/28 23:16:47.45 V5OqOzQ0 267/405

===================
17:23 20XX/▲/▲ comment(0)
===================

中学生に連絡してみたら、どうやらOKらしい。
しかし焦ってたなあいつ。

「急になんなの、何が目的?!」

だの、

「まさかアンタ、へ、変なこと考えてないでしょうね……」

だの。

「だいたい付き合ってもいない男女がかかかかか観覧車なんて…」

だの……。
あまりに警戒されてるから、こりゃ脈なしかと思って、
やっぱりやめようかと言ったら、

「………………行く」

って言われて、電話を切られた。
あいつ絶対コミュニケーション障害だ。

いや、これがツンデレってやつか?

わからん。

949 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/28 23:23:41.22 V5OqOzQ0 268/405

===================
8:23 20XX/▲/▲ comment(0)
===================

ちーっす。
今日はなんか流れであの中学生と観覧車に乗ることになった。

……。

まさかとは思うけど、向こうがどう思ってるのか探るため。
こういうのって本当はよくないよなあ。
とは思いつつも、こうして早起きをしている。
……でも本当だったら。
ううん……。


同居人に出かけてくると言ったら、

「…………女?」

ってすごい目で見られた。
とりあえずごまかしておく。ああ怖い。

なんだってそんな警戒するんだよ、まったく。

951 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/28 23:26:08.83 V5OqOzQ0 269/405

===================
23:21 20XX/▲/▲ comment(0)
===================


ああああああああああああああああああああああ


なんてこった!
いくらなんでもやらかしちまった………。
俺は、俺ってやつは…

いや、どうなんだこれは。

なんなんだこの状況は!?

くそ、整理がつかねえ。

誰が読んでるかはわからねえけど、
とりあえずまとめる。

長くなるから分けて書くことにする。

1 : M&T ◆le/tHonREI - 2010/07/28 23:44:36.82 V5OqOzQ0 270/405

1280328276-001


2 : M&T ◆le/tHonREI - 2010/07/28 23:45:16.67 V5OqOzQ0 271/405

NAME:M&T

「ちぇいさー!
 ひょんなことから始まった、私とTの恋の物語。
 ブログを通して繰り広げられるすれ違い、葛藤、きゅんきゅん♪
 心置きなく楽しんでね!

 びりびり」

・日記形式のSS。美琴サイドと上条サイドによって構成されます。
・今んとこえっちぃ要素はあんまりないです。今んとこ。
・予想雑談批評なんでもありのアリアリでござい
・ちなみに今は上条サイドでござい

よろしくお願いします。

3 : M&T ◆le/tHonREI - 2010/07/28 23:47:06.56 V5OqOzQ0 272/405

★あらすじ★
ひょんなことから日記を始めたM&Mこと御坂美琴は数々のうんたらかんたらで
上条当麻と恋に落ちていろいろあってめんどいから要するにこれを読め↓

★前スレ★
美琴「みことにっき、でいっか」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1280008125/l50

14 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/29 00:09:21.74 LHwVmWk0 273/405

===================
23:45 20XX/▲/▲ comment(0)
===================

まず集合時間に遅れちまったのが運のつき。
なんだってこういうときにおばあちゃんが倒れかけてるんだよ。
放っておけるわけねえっつの。

ビリビリと会ったのが約束時間をだいぶ過ぎてた頃。
すげえ怒られた。
一応、埋め合わせに買っておいたヘアピンを渡してやった。

「…………ありがと」

……、なんていうか、
そういうとこは素直なんだな、こいつ。
ちょっとドキドキしてしまった。

「でも遅れたのは許しませーん!」

なけなしのお金を払って奢る。

「人生そんなに甘くないっての」


くそ、不幸だ。

16 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/29 00:12:34.82 LHwVmWk0 274/405

===================
23:55 20XX/▲/▲ comment(0)
===================

いくら観覧車に乗るだけっていっても、
こうして歩いていると妙に緊張してしまう。

見れば見るほど、やっぱ可愛いよな、こいつ。
もうちょっと成長したらもっと綺麗になるんだろうか。

不意に隣を見たら、目が合って、
あいつは慌てて目をそらした。

「……あんまり見ないで」

………おいおい、こりゃほんとに本当かよ。
金髪と青髪の顔がフラッシュバックする。

この俺にもようやく天使が舞い降りたのか。

………どうなんだろう。
まだ確信がない。

19 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/29 00:17:21.36 LHwVmWk0 275/405

===================
0:21 20XX/▲/▲ comment(0)
===================

で、観覧車に乗ったのはいいんだけど、
別段話すこともない。
向こうも向こうでそうらしい。なんだか会話が弾まなかった。

「……ネックレス」

急に離しかけられたのは、観覧車が全体の四分の一ほど動いたときのこと。
ネックレスがどうしたってんだ。

「つけてるんだ」

そりゃもらったもんは大切にする。
親からもそういわれてるし、それに結構気に入ってるし。

「………なんでそういうこと言えるのよ……」

ん、あれ、なんかまずいこといったかこれ。。。


観覧車はゆっくりと、それでいて確実に回りだしていた。
今思えば油断してたわ、俺。

21 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/29 00:22:35.20 LHwVmWk0 276/405

===================
0:32 20XX/▲/▲ comment(0)
===================

あいつはその後、何かを思い立ったように俺にこう言ってきた。

「アンタ、もう一個ネックレスつくれって言ってたけど、
 あれって誰用なの」

やばいと思った。
第一あのメールを送ったのは俺じゃなくて青髪だ。

でもここまで来てそんなこと言えないから、
勇気を振り絞ってカマをかけてみた。
おそろいでつけるのとか、嫌かって。
するとあの中学生、

「おおおおおそろ」

と急に焦りだす。

「ななんあなななんでアンタとおそろいで……その……恋人みたいだし……」

23 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/29 00:24:55.93 LHwVmWk0 277/405

===================
0:45 20XX/▲/▲ comment(0)
===================

意外とかたいんだなと思いつつも、
そんなに嫌なのかと聞いてみたら、

「そ、そんなネックレスくらいつけるのなんて訳ないわよ!
 ふん、それくらい、嫌なわけないじゃない!」

と、今度はなぜかムキになっている。
中々反応が面白い。

ちょっとからかってやろうと思って、
せっかくだから似合うか試してみろと言って、あいつにつけようとした。

観覧車は丁度てっぺんに差し掛かったところだった。

24 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/29 00:28:19.55 LHwVmWk0 278/405

===================
0:45 20XX/▲/▲ comment(0)
===================

ガタン、って音だったか。
いやゴトン、かな?

ともかく観覧車は変な音を立てて揺れた。
その揺れ自体は大したことなかったんだけど、
俺はついつい体制を崩してしまって、、、、


「んぅっ」

確かこんな声出してたような。

なんかこういう時の台詞って妙に頭に焼きつくよな。
気づいたら俺とあいつの唇がくっついてたんだ。

それだけならまだよかったんだけど、
いや、いいのか?わからんが、
次の瞬間、あいつの体からは例の電気が放出されていた。

観覧車がとまったのはそのすぐ後だ。

26 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/29 00:33:42.29 LHwVmWk0 279/405

===================
0:56 20XX/▲/▲ comment(0)
===================

さすがにこんなことしちまったら謝るしかない。
何回も土下座して謝った。
それこそ必死ってやつ。

そしたらあいつ、

「………アンタ私とするの、そんなにイヤなわけ」

などと言い出す。
目は観覧車の外を向いたまま。

嫌とかそういう問題じゃないだろと言い返し、
だいたい初めてだったんじゃないのか、
経験あるのかって聞いてやったら、ないとかなんとか。
もちろん俺もねーけどさ。

それならなお更謝らなきゃだろーが。

「その、アンタが嫌じゃないなら、
 …………なんていうか、練習っていうか……」

何を言い出すんだこいつは。

30 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/29 00:39:53.76 LHwVmWk0 280/405

===================
1:06 20XX/▲/▲ comment(0)
===================

「私だってこういう状況でアンタとするのなんて願い下げだけど、
 でも、もしもよ、この先そういう相手が見つかって、
 いざってときに行動されて同じようなことしちゃったら台無しじゃない。
 だ、だだだだから今回はアンタで、練習するの。するの!」

どういう理屈だ。
心なしか声が震えてるし。

おいおい、これはどっちなんだよ悪友二人。
もうわかんなくなっちまうよコレ。

ままよと思いたち、仕方なくもう一度行為に及ぼうとしたら、
今度はあいつ、

「…………今度は私からする」

だそうだ。
それはちなみにどういう理屈なんですか?
と聞くと、

「さっきアンタからされたから。お返し」

とのこと。そういうとこばっかりは律儀なんだなアイツ。
どうでもいいけど、顔が真っ赤なのはつっこむべきだっただろうか。

35 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/29 00:46:39.31 LHwVmWk0 281/405

===================
1:17 20XX/▲/▲ comment(0)
===================

それからのことを書くのはちょっと気が重いけど、
俺の気持ちの整理のために書く。

まずあいつは、俺の肩に手をおいた。
観覧車って座席と床があるだろ。
土下座してた俺は、あいつから見たら見下される位置にいて。

「目、つぶって」

といわれた。
ふつうこういうのって男がするんじゃないのかと聞いたら、

「いいからつぶって」

とゴリ押しだ。言われるがままに目をつぶったら今度は、

「み、右に顔傾けて」

とのこと。
なんだこれ、どういう状況だよ。
と考えるや否や、あいつの唇が俺のそれに触れた。

一瞬だった。
呆けていると、

「…………なんか言ってよ」

と、裾を引っ張られる。
ちくしょう、破壊力あるなと思ってしまった。

44 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/29 00:56:02.48 LHwVmWk0 282/405

===================
1:36 20XX/▲/▲ comment(1←NEW!!)
===================

それから別に何を話すでもなく、
まもなく動き出した観覧車は地上に戻った。

あいつは最後に、

「ネックレス、ほんとにおそろいでいいの?」

って聞いてきた。
いいよと言うと、やっぱり少しうつむきながら、

「………ほんとに?」

って聞き返す。上目遣いはやめてほしい。色んな意味で。
ほんとだよといってやったら、

「じゃあ作るから、その………後悔しないでね」

とだけ言い残して、その日は解散した。
どういうことだ。
誰かこの出来事の意味が解読できるやつがいたら俺に連絡してほしい。

こっちはこっちで生涯のファーストキスだったんだ、
それなりに気にする。そうだよな、普通。

それにしたって今日は、あいつの意外なとこ見てしまったのと、
俺だって健全な高校生なんだから、色々考えちまって眠れない。

………。

悪友に相談してみることにしよう。
はあ、面倒なことになっちまった。

45 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/29 00:56:53.53 LHwVmWk0 283/405

==========================

NAME:オセロ
1280328276-045


69 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/29 01:30:50.47 LHwVmWk0 284/405

===================
21:24 20XX/▲/▲ comment(0)
===================

それからしばらく、
あの中学生(もうM&Mでいっか)と会うことはなかった。

今日は今日で、また第1位と会う。
なんか元気なかったな。
どうしたんだと話しかけても、

「…………てめェはいいよな」

などと意味不明だ。
詳しく聞こうとしても答えない。
まあ下手したらまた絡まれるし、
放っておこう。

誰にでも憂鬱になるときはある。
今の俺みたいに。

71 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/29 01:31:35.12 LHwVmWk0 285/405

===================
20:12 20XX/▲/▲ comment(0)
===================

今日は悪友二人に例の件を相談してみた。

だいたいの事情は話してあったが、
細かいことまでは言っていない。

二人の反応は総じていうと、大当たりだそうだ。

「限りなく間違いないぜい。あとはカミやんが行動起こすだけだにゃ」

「実際どうなん?恋愛対象としてはどうなんよ?」

どうって。

今までそういう目で見てこなかったしなあ。
ただあの日以来、ちょっと心が揺れているのは感じる。

それにこの二人が言うくらいなんだ、向こうは本気なのかも。

………たしかに可愛いし、あいつ。
唇、柔らかかった。

それでも不安なのは俺の右手のことだ。
俺の右手は不幸を呼び寄せる。

それは間接的なものなのかもしれないけど、
もしもあいつと一緒になったら、あいつまで不幸にしてしまうかも。

なんていうか、ここぞというものがないと、な……。

72 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/29 01:32:38.64 LHwVmWk0 286/405

===================
23:26 20XX/▲/▲ comment(0)
===================

だめだ、はっきりしない。
それにこの前の件であいつの雰囲気はわかったし、
多分だけど、俺のことを好いてくれているのも分かった。

恋愛対象としてなら、もちろんあてはまる。

だけど………。

もう一歩踏み出せない。なんていうか決め手がない。
はあ、なんていうか、
こういうのってだらだらしてると決着つくの、
すげえ遅れちまうんだよなあ。

逃げるなんて性にあってないけど、
今回はちょっと特別だ…………。

いや、逃げてんのかな俺。

…………
あいつが彼女か………。

自分の気持ちが確かに、
あいつの方を向きかけているのはわかるんだけど。

はあ。

74 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/29 01:34:57.58 LHwVmWk0 287/405

===================
21:06 20XX/▲/▲ comment(0)
===================

まったく。


自分の情けなさには嫌気がさす。

あの中学生に、正面から体当たりされた。

これ以上ないくらい、ストレートに。
やっぱり悪友二人が言ってたのは本当だった。

今日、M&Mから電話がかかってきた。
その第一声が、
「決着つけなさいよ」
だった。

こっちの事情も考えろ、悩んでるんだよって言ったら、
次に出てきた言葉は信じられないものだった。

「またそうやって逃げるの?どうせまた曖昧にしようとしてるんでしょ。
 そんなの嘘、あたしがなんでアンタのこと追いかけてるかわかる?
 いつまでたっても逃げてるからよ!アンタとのこと、白黒はっきりさせたいの。
 私と正々堂々と向き合って。……私から逃げないで」



なんてこった。

こんな年下の女の子にここまで言われて、
答えを出さないなんてクソヤローだ。
あいつは正面から俺にぶつかってくれた。

何を迷っていたんだろう。
中学生が本気になってこれだけ言ってくれてるんだぜ、
ここで答えを出さなかったら男じゃねえ。何が不幸だ。
そんなの言い訳じゃねえか。

だったら答えを出すと言ったら、思いのほか「へ?答え?」
なんていってたけど、それくらい男を見せさせてくれよ。

腹くくらせてもらうぜ。待ってろよ、ビリビリ。

132 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/29 10:35:32.17 3UYrREs0 288/405

===================
23:01 20XX/▲/▲ comment(0)
===================

今日はこれまた珍しい人物に出会った。
例のびりびり中学生と瓜二つの女の子。
クローン、だっけ?
ちょっと昔、やっぱり色々あった子だ。

俺は妹って呼んでるんだけど、
まあ確かに外見はあいつそのままだから、
変に緊張しちまった。

「私の顔に何かついてますか?とミサカは当然の疑問を口にします」

う、いやいやそうじゃねえ、
こいつはあいつとは別人だ。うん。

「おかしな人ですね、とミサカは苦笑気味に話します」

………。
しかし似てるな……。

こいつに会ったせいで、
変なこと考えちまいそうだ……。

答えはもう決まってる。
あとは何て言うかだ。

大人の余裕なんてもういらねえ。
思ったことをそのまま伝えよう。

133 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/29 10:36:07.45 3UYrREs0 289/405

===================
19:21 20XX/▲/▲ comment(3←NEW!!)
===================

明日はいよいよ決戦の日だ。
もう答えは決めてある。

正直その場に出てみないとどうなるかわかんねえとこはあるけど、
誠心誠意を込めて伝える予定だ。

待ってろ。

この上条さんの底力、見せてやんぜ!!

===================

NAME:とおりすがり
恥ずかしいこと平気でいえる底力にゃーーー

NAME:IB
そういうのはいちいちコメントしなくていいんだよ!

NAME:→
くっだらねェなァ

134 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/29 10:36:45.73 3UYrREs0 290/405

===================
20:12 20XX/▲/▲ comment(0)
===================

なんてこった………。

やるだけやらかしたのはいいけど、
これはもしかして俺の勘違いだったのか?

最後の捨て台詞が、

「それは無理ーーーーーーーーーーー」

だったっけ。
くそ、もう分からなくなっちまった。


………。

ふられたんだよな、俺。

「わわわわた、わたっ私はそういうんじゃないから!」

そういうんじゃない?
ってことはやっぱり、俺の勘違いか。

………。

不幸だ。

恥かいちまった。

135 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/29 10:38:29.78 3UYrREs0 291/405

===================
23:01 20XX/▲/▲ comment(0)
===================

あれから少し時間が経ったが、M&Mから連絡はない。
一応メールしといたんだけどな……。

はあ。

今日も今日とて事件に見舞われてしまった。

同居人がすき焼きを食べたいというので、
夜に買出しに出かけたときのこと。

「そこの貴方」

声が聞こえた瞬間、自分の体が反転したのを感じる。
地面にたたきつけられ、見上げるとそこには、
あの中学生の後輩。

そういえば、こいつの能力はテレポートだったか。
いやまてまて、その前になんだか様子がおかしいぞ。

「あれだけ手を出すなと……」

言うか否か、ものすごいスピードで俺に接近してきて、
わき腹に蹴りを食らう。
食らったのはいいんだけど、そのまま3Mくらい吹っ飛んでしまった。

というか、こいつ本当にS井か?
なんだか表情がおかしいし、やばいと思って反射的に、
接近してくるこいつの頭を握った瞬間、その場にぶっ倒れちまった。

「危険だな」

後ろを振り返ると、どこかで見たことのある白衣の女性。

「君、この子の知り合いか?
 病院まで運ぶから、手伝ってほしい」

とのこと。
なんだよ、病院って。

「自分だけの現実(Personal Reality)。まさかな」

つぶやくような言葉が耳に残った。
なんだってんだ。

136 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/29 10:46:35.24 3UYrREs0 292/405

===================
20:17 20XX/▲/▲ comment(0)
===================

相変わらず連絡がない。

なんていうか、ふられた後の気持ちってのも変なもんだ。
思えばちゃんとふられた経験なんてなかったな俺。

余計にあいつのことを考えちまう。
夢にも出てくるし、なんだってんだ。


毎日、毎日毎日………。

………。

御坂。

畜生、声を聞かせてくれ。

くそ。

139 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/29 11:06:12.63 3UYrREs0 293/405

===================
18:21 20XX/▲/▲ comment(0)
===================

友人曰く、
まだ終わってないだそうだ。

けっ、そんな慰めいらないっつの。

「けど、答えはまだ聞いてないんやろ?」
「果報は寝て待てっていうにゃー」

生まれてこの方、果報なんて出向いてくれたことはねーよ。

不幸なら寝てなくてもやってくるけどな!

だけど………。

待つ身はつらいって言葉、
今なら少しわかる。

141 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/29 11:07:12.12 3UYrREs0 294/405

===================
21:12 20XX/▲/▲ comment(0)
===================

おいおい、またわけわからねえぞ。

先日、いきなりM&Mからメールが来た。

「ネックレスできたから、映画見にいこ」

???????????

ちょっとまて。ぜんぜん文章がつながってねえぞ。

確かにネックレスはおそろいでつけるって言ったけど、
いやそれより映画って何だ?

ふった男と映画なんて見るかフツー。
どういう神経してるんだ。
また意味わからねえお嬢様の享楽か?
なんて返したらいいか迷ってたら、
金髪いわくとりあえずOKしておけとのこと。

その上、昨日道を歩いていたら、たまたまあいつに出会う。
元気かと声をかけてやったのに、

「何、何よ。元気よ。すこぶる元気。
 悪い?私が元気だとアンタにとってどういうデメリットがあるわけ?!」

なんで喧嘩腰なんだよ……。

誰か教えてくれ。

147 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/29 11:18:05.96 3UYrREs0 295/405

===================
0:18 20XX/▲/▲ comment(0)
===================

………。

彼女が、できた。
いまだに実感がわかない。

149 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/29 11:22:43.52 3UYrREs0 296/405

===================
0:32 20XX/▲/▲ comment(5←NEW!!)
===================

M&Mはなんていうか、
理解不能な生き物だ。

映画を見たいというので、付き添ったら、
上映中に突然抱きついてきた。

しかもその場でキスされた。
何するんだどうしたんだと聞いても、

「なななななんでこのタイミングでこっち向くのよバカ!」

って、おいおい、じゃあお前はなんで飛びついてきたんだよ。
詳しく聞いても話さない。

代わりに、ネックレスが首に巻かれていた。

「………それ、返事」

ん?
どういう意味だと聞いても話さない。
返事って何の返事だ。俺はふられたんじゃねえのかよ。

「うっさいわね!返事は返事!
 だだ、だだだだから、その、この私がアレよ、
 アンタのかかかっかかかかかかの」

かの?カノン?

「………彼女ってこと」

頭はやたらと混乱していたけど、
M&Mは俺の手を握って離さなかった。
顔をみつめても、目を合わせてくれない。
無理矢理のぞきこんで、表情を見ようとしたら、

「………だめ、映画……まだ…やってるから………」

なぜ顔を赤らめる。何すると思ったんだこいつ。

なんかよくわかんないけど、
やっぱり勘違いじゃなかったのかな。
うーん。
まあいっか。付き合えたし。

150 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/29 11:23:51.67 3UYrREs0 297/405

===================

NAME:→
おめでとうございます

NAME:とおりすがり
おめでとうにゃー!
明日報告w

NAME:大精霊
裏切り者

NAME:IB
誰?ねえ誰??

NAME:サードマン
甘い………。

168 : MIKOTO.M ◆le/tHonREI - 2010/07/29 12:28:51.71 3UYrREs0 298/405


●月●日(雨)19:03(非公開) コメント:0
____________________________

今、H先生の車に乗っている。

夕方に病院から電話があった。
今夜、アイツの手術をするとのこと。

「あまりこういうことは言いたくないが、
 ……一応、覚悟はしておいてほしい」

そんなこと言われたって、どうしろっていうの。
涙しか出てこない。

連絡があったときは慌てて目をぬぐったけど、
そんなの意味なかった。

「本人の意志が問題だ。命は助かるだろうが、
 いくら冥土返しとはいえど、目覚めるかどうかは」

やめて。

やめてよ。
とにかく会いにいかなきゃ、早く。

………

会いたい。

171 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/29 12:39:33.75 3UYrREs0 299/405


===================
23:05 20XX/▲/▲ comment(0)
===================

M&Mと付き合ってから少し経つ。

今日はあいつの好きなゲコ太のストラップ集めに出かけた。
こんなキャラが好きなんて、
ちょっと変わってるぞと指摘したら、

「いいじゃないべつに。かわいいもんはかわいいし」

と、反抗してくる。
…まあ、趣味を認めただけでも進展かな?

しかし、ゲコ太を見ているときのこいつは、
なんていうか目を輝かせていてかわいらしい。
思わず抱きしめたい衝動にかられる。

こういうの、保護欲っていうのか?

こいつにプレゼントあげるとしたら、
キャラものがいいんだろうな。
ま、そんな機会も金も今んとこないけど。

172 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/29 12:56:09.72 3UYrREs0 300/405

===================
02:03 20XX/▲/▲ comment(0)
===================

同居人が突然駄々をこねだした。

「とうま、やっぱり、付き合ってないのに同居するのは悪いこと?」

そりゃあ付き合ってたら同居してもいいだろうけど、
別に同居自体は悪いことじゃないだろう。

だいたい、どっかのバーコード面も言ってたけど、
こいつは保護の対象。やましい感情なんてないしな。

難しいこと考えるなって言ったら、

「…………最近、いいことあった?」

食費を減らしてくれたらそれが一番助かりますとだけ伝えたら、
噛み付かれた。

不幸だ。

173 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/29 12:56:50.95 3UYrREs0 301/405

===================
18:21 20XX/▲/▲ comment(0)
===================

また絡まれた。

例の後輩だ。病院に行ってたんじゃねえのかよ。
会うなり突然、

「一応忠告しておきますけれど、、
 お姉様の心は奪えても、体はわたくしの方が近くにありますの」

何を言ってるんだお前は。
こいつ、本格的にそっちに目覚めちまったのか。

「それから貴方、同居人がいらっしゃるようで?
 もしやいまだに一緒に住んでらっしゃるとか?
 お姉様が知ったらどう思うか。くけけ」

…………

確かに。

でもどうなんだ、それ。
女の子とは一緒に住んでるけど、
あいつはそういう対象じゃない。

でも、事情を説明するわけにはいかねえしな。

………。

隠すべきか。

181 : 作者 ◆le/tHonREI - 2010/07/29 13:09:25.60 3UYrREs0 302/405

===================
23:06 20XX/▲/▲ comment(0)
===================

まずい。
まずいまずい。

どうしよう。

………。

M&Mから電話があった。

「……ねえ、例のシスターって、今どこにいるの」

信じられないくらい怖い。
マジで汗が出た。どうしたんだと聞くと、

「…………へえーーーーー、即答できない、と」

あからさまに怒ってる。めちゃめちゃ怖い。
というか、もう確信してるだろこれ。

なけなしの言い訳で、とりあえずごまかしてしまった。

「ふーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーん」

…………。

今夜は眠れそうにない。

でも、同居人とは浅からぬ仲だ。
もちろんそういう関係じゃねえけど。

急に出て行けなんていえるわけがない。

………。

困った。

183 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/29 13:13:26.01 3UYrREs0 303/405

===================
0:23 20XX/▲/▲ comment(0)
===================

やっぱり同居人のこと、あいつに認めてもらうべきか。
いや、電話で話した限りじゃ無理があった。
あの圧倒的な威圧感。うう、考えただけで寒気がする。

よくよく考えたら確かに、
彼女がいるのに女の子と同棲ってまずいよな……。

今まで意識してなかったけど、
同居人もそりゃまあ可愛い女の子だし、
傍からみたら俺、なんつー最低な男だったんだ。

だからといって、急に事情を話して、はいさようならって。

それもどうなんだ。

どうなんだ俺。

どうするんだ俺。

189 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/29 13:23:32.67 3UYrREs0 304/405

===================
17:07 20XX/▲/▲ comment(0)
===================

休日だったので気分転換に散歩していたら、
例の妹に出会った。

黒猫を抱いて、どうやらこいつも散歩してたようだ。

この猫、なんて名前だったっけ。
せっかくなので、ベンチに座って相談してみた。

「私はお姉様ではないので分かりかねますが、
 正直に言ってしまうのが一番だと思います、とミサカは提案します」

でもなあ。
その後どうなるかわかんねえよ。
すげえ迫力だったぞ、あいつ。

「……お互い本当に好きなら、それくらいで仲は壊れたりしないものです、 
 とミサカは少々膨れっ面で発言します」

やっぱり全部正直に言ってみるのが一番か。
ありがとうとお礼をいうと、なんだか反応が薄い。

こいつも考えごとか。聞いても答えないので、
とりあえずまっすぐ家に帰ってきた。

………。

さっきから同居人の様子がおかしい。
こっちをじろじろ見てる。なんだろ。

196 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/29 13:36:09.88 3UYrREs0 305/405

===================
09:21 20XX/▲/▲ comment(0)
===================

俺は今彼女とベットで寝ている。

寝顔は初めて見た。
なんていうか無防備だ。寝言で俺の名前を呼んでいる。
名前呼ばれたのなんて初めてだぞ、こら。

少し前に風呂に入ったんだけど、いざ眼前に構えて見ると、
なんていうか、あらためて洗練された体だなあと感じて、
思わず見とれてしまう。あ、タオルは巻いていたので、念のため。

「じろじろ、見ないでよ……」

少し恥ずかしそうにするのがなんとも、こう……。

俺はとある事情から、体を動かすのが億劫だったので、
こいつに洗ってもらった。
なんていうか、うん。
うん。
うん。

「やっぱり、子供っぽい?……あんまり胸ないし」

そんなわけあるか、十分綺麗だと言ったら、
あやうく放電されるところだったので取り繕った。




ここに至るまでにはちょっと長くなるので、
分けて書くことにする。

202 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/29 13:48:29.70 3UYrREs0 306/405


===================
09:45 20XX/▲/▲ comment(0)
===================

昨日の晩、突然同居人にビンタされた。
ことのはじまりはまさにその一撃だ。

「なんで黙ってたの?これじゃあ、まるで私が悪者なんだよ……」

わけがわからず目を丸くしていたら、
携帯を差し出された。ブログ?
M&Mの記事みたいだ。

……ああ、そうか。
これで気づいたのか。

「一言でも言ってくれたら、こっちだってなんとでもできるのに。
 たしかにとうまにはお世話になってるけど、
 誰かに嫌な思いをさせてまでここにいたくないし、それに」

同居人は目にいっぱいの涙をためていた。

「………こっちの気持ちも考えてほしかったんだよ……」

気持ち?いやそれどころじゃない。
慌ててなんとか話し合おうとするも、同居人は感情的になっていて、
こっちの話を聞いてくれない。

「もういい、出てくから」

次にはもう、玄関のドアが開かれていた。
出てくって、どこに行くっていうんだ。

荷物も持ってないし、だいたい雨がふっている。
俺は慌てて同居人を追いかけた。

209 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/29 13:58:02.43 3UYrREs0 307/405

===================
10:05 20XX/▲/▲ comment(0)
===================

雨がひどくなっていて、あいつがどこに行ったかわからない。
それでもとにかく走り回った。
傘なんて差してる場合じゃない。
こんな雨、ずっと打たれていたらあいつは風邪をひいてしまう。

なんで俺はこんなに必死になっているんだろうと思うのはやめた。

だって、どんな理由があろうと女の子を泣かせたら、
それ相応の対価を払うのが男ってもんだろ?
一番大切なものを探しあてるためなら、
それ以外はどうだっていいってのか?

そんなのは贋物だ。贋物の宝物だ。

俺が今恋してるのは確かに別の相手かもしれない。

だけど、だからといってそれ以外のものを投げ捨てるなんて、
そんな性根の腐った男には死んでもなりたくねえ。
謝らなきゃだめだ。俺は、償いをしなくちゃいけないんだ。

相手との関係なんてのは二の次だと思っていた。

それでもあいつは見つからなくて、
だけど走って、走って、とにかく走って。

やっと見つけたその先には、見覚えのある顔の男。

傘をさして、同居人を慰めていた。

「………言ったよな」




………ああ。わかってるさ。

215 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/29 14:06:42.15 3UYrREs0 308/405

===================
10:26 20XX/▲/▲ comment(0)
===================

…………。

もちろん、泣かせたら承知しないってんだろ。

「構えないのか」

ここで相手を殴って何になる。

俺がいま誰かのためにできることは、
身を呈してこいつにぶっ飛ばされることだ。

少なくとも、それで二人分の償いができるってもんだ。
は、安いもんだぜちくしょう。
そんなもんいくらでも買ってやる、一石二鳥ってのはこのことだ。
それなら誰も傷つかねえ、ちっとも痛くねえっての。

同居人は何かを叫んでいたけど、
途中から声は聞こえなくなった。

右手の力にかまけていたが、
実際にやり合ったら間違いなく勝てねえな、こいつ。

あの時とは逆の状況だ。


まあ、雨が降ってたし、丁度いい。
……なんて、せめてここでは強がらせてくれよな。

221 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/29 14:14:44.98 3UYrREs0 309/405

===================
10:46 20XX/▲/▲ comment(0)
===================

ボコボコになった俺に、同居人が何かしゃべっていたけど、
よく覚えていない。

ただ一言、あいつの保護者には、よろしく頼むとだけ伝えておいた。
答えは返ってこなかったけど、傘をさしたまま二人は消えていった。

荷物、家に取りにいったのかな。

昔ならこのままここで大往生するのも悪くないって思っただろうが、
今はそうはいかない。

………。

俺は御坂に会いたかった。
謝りたいってのももちろんだけど、
ぶっ飛ばされてるとき、純粋にあいつの顔が浮かんだ。





それから情けない姿であいつと会ったけど、
事情は心に秘めておくことにした。

もう終わったことだし、こうして今は隣にいてくれるだけで十分だ。

はは、惚けてるな俺。
火傷はまだヒリヒリするけど、隣に寝てるこいつの顔を見てると安心する。
どうやら本気で惚れちまったみたいだ。これからも色々あるんだろうなあ。

………。

ちくしょう、

不幸…だ。

249 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/29 16:14:03.58 3UYrREs0 310/405

===================
21:40 20XX/▲/▲ comment(0)
===================

ちーっす。つってもここ見てるやつなんて、
相当なモノ好きか。

同居人がいなくなった部屋はなんだか広い。
荷物もなくなってるし、
多分雨の晩に整理して出て行ったんだろう。

例のバーコード面は俺に比べて鈍感じゃなさそうだし、
しっかりとあいつを守ってくれそうだ。

部屋を整理していたら、置き書きを見つけた。


『今はむりだけど、落ち着いたらまたすき焼き食べたいんだよ。
 短髪と幸せになってね、泣かせたら承知しないんだよ。

                     しすたーより』


………。

お前も元気でな、相棒。

250 : MIKOTO.M ◆le/tHonREI - 2010/07/29 16:15:30.85 3UYrREs0 311/405


●月●日(雨) 22:21(非公開) コメント:0
_________________________

病院につくと、見たことのあるメンバーがそろっていた。
あのシスターもその中にいた。
私を見て、「大丈夫なんだよ」だって。

この子に慰められてるようじゃ全然ダメだなぁ。

カエル医者の話をまとめると、
アイツの容態は安定してなくて、
まだまだ予断を許さないらしい。

「命の保障は安心してほしい、ね?
 けれども前に言ったように……」

目覚めるかどうかは五分五分だそうだ。

こういうときに私にできることといえば、
アイツの傍に付き添ってあげることだけ。





早く会って、伝えたいことがたくさんある。

かみさま、おねがい


手術は夜通し行われるらしい。

254 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/29 16:31:31.74 3UYrREs0 312/405

===================
20:15 20XX/▲/▲ comment(0)
===================

夏といえば旅行、だよな。
今年もいよいよそういう季節だ。

それはいいんだけど、俺の悪友二人が計画するってんだから、
どうにも一筋縄ではいかなそうな雰囲気ってもんだ。

この機会にM&Mを紹介しろって言われて、
合わせてみたんだけど、そこに現れたのが例の後輩。

「ほおおう、上条さん、おひさしぶりで」

ものすごい眼でこっちを見てくる。
なんて怖さだ……。まるで人間じゃねえ……。

「カミやん、もちろん部屋は個室にしとくにゃー?」

個室って、ざこ寝にしないってことか。
ある意味当たり前だと思って聞き流してたんだけど、
金髪はその反応が不服らしい。

「こりゃ苦労が知れるぜい」


255 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/29 16:37:23.02 3UYrREs0 313/405

===================
19:34 20XX/▲/▲ comment(0)
===================

なんとびっくりなことに、
第1位も旅行に行くらしい。
かわいい連れと一緒に。
どういう風の吹き回しだ。

「うるせェなァ、世話だ世話」

こいつそんなにこの子が好きなのか。
たしかにM&Mの小さい頃と考えると親近感がわくけど、
この子に惚れちまったらそりゃまるっきしロリコンじゃねえか。

これがアクセロリータ………。

「てめェそれ以上言ったらぶっ殺す」


他にもいろんなメンバーが参加するらしい。
例の元同居人も来るとか。

うーん、
M&Mと険悪な雰囲気にならなきゃいいが……。

256 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/29 16:50:01.87 3UYrREs0 314/405

===================
13:21 20XX/▲/▲ comment(0)
===================

ういーーす。
実はもう船の上で羽を伸ばしている。


しかし悪友の集めたメンバーにはぶったまげた。
学園都市のレベル5が四人も集まっている。

あ、ちなみにそのうちの一人は俺の彼女だったりする。
こういうときまで制服なのかと聞いてみたら、

「……せ、せいふくだとやっぱり、………その、
 ししし、しっししにくい、かな」

しにくい?何を。
聞いたら蹴られてしまった。
何で機嫌悪いんだ、せっかくの旅行だってのに。


はーぁ、島につくまでもう少し寝よう。

そういえばさっきから第1位が設計図のようなものを見ている。
何するんだ、こいつ。

「根性だぜェ、無茶な設定にも耐えるンだぜェ、ククク」

何かやばい世界に入ってるみたいなので、
あんまり関わらないようにしておこう。

262 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/29 17:19:30.32 3UYrREs0 315/405

===================
20:05 20XX/▲/▲ comment(0)
===================

ふう、やっと落ち着いた。

久しぶりに泳いだから体がだるい。
これからバーベキューだそうだ。

海での光景は、実に平和なものだった。

M&Mが着てた水着は、正直、
ちょっと露出が多すぎるような気がする。

どこに目をやっていいか困ってしまう。
俺は海に入ると何が起きるかわからないから、
金髪や青髪といっしょに浜辺でぐったりしていた。

しばらくして、ふと顔を上げると、M&Mの体が目の前にある。
波で体が少し濡れていて、なんていうか、官能的だ。

「ねえ」

ビーチボールを俺に投げて笑っている。

「焼きそば食べよっか」

これこれ、これだよこれ。
青い砂浜と青春、不幸体質の俺にもようやく春、
じゃない、夏が来たってかんじだ。

263 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/29 17:25:10.11 3UYrREs0 316/405

===================
22:39 20XX/▲/▲ comment(0)
===================

さて、俺たちがいる部屋は三人部屋なのだが、
どういうわけか島に来た男たちがこの時間、終結している。

言い出しっぺは青髪だ。

「あの二人だけ、同じ部屋なんや」

なんでも社会科見学と称して、
部屋を盗聴する計画らしい。

悪趣味?

残念ながら男性陣の意見は満場一致だ。

「上等じゃねェかァ………」

こいつが一番ノリノリだったような。
0時ぴったりに出発することになった。

………。

ごくり。

342 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/29 22:08:56.21 3UYrREs0 317/405

===================
01:27 20XX/▲/▲ comment(0)
===================

……………。

もういやだ、散々だ。

部屋の前まで行ったはいいけど、M&Mとバッタリ出くわしちまった。

何したわけでもねえのにいきなり叫ばれた。
俺があいつに何したってんだよ!?

それより何より、第1位の逃げ足早すぎ。
あれは能力だから仕方ねえのか。

多分あの中につれの子はいなかったと思うんだけど、

「見られたァ!!!絶対見られたァ!!!
 何ですかァ何なンですかァ!!!?」

って。。。。
あせりすぎだっつの……。

最初からやらなきゃいいのに……。

345 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/29 22:09:53.55 3UYrREs0 318/405

===================
17:23 20XX/▲/▲ comment(0)
===================

今日はたっぷり寝ていたので、なんだか元気がいい。
女性陣はどいつもこいつも、
寝不足だったみたいで元気がなかった。

M&Mもそのうちの一人なので、水を持っていってやる。

「ねえ」

いい加減こいつはその呼び名はやめてくれないものだろうか。

「アンタって、その………、わわわ、わたっ、私の部屋わかるの?」

そういえばチェックしてない。
結構離れてるのかなと思って、どこか場所を聞いてみたら、

「そっ、そんなの言えるわけないじゃない!
 SさんとUさんもいるんだから!このバカ!」

はぁ??なんでSさんとUさんがいるとまずいんだよ。
寝不足でおかしくなっちまったのか。
大丈夫かお前と声をかけても、

「一応もしも、どうしても用事があるときは電話して」

言われなくてもそうすらぁ。変なやつ。

346 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/29 22:11:53.37 3UYrREs0 319/405

===================
22:48 20XX/▲/▲ comment(0)
===================

さて、今から飲み会だ。
って言っても、残念ながら本当の酒じゃない。

第2位がつくるオリジナルカクテルで、
うまい具合に法律にひっかからないように改良された品だ。

俺は酒なんて飲むような柄じゃねえけど、
M&Mには気をつけるように言っておいた。

「子供じゃないんだし、こんなんで酔ったりしないわよ。
 余裕ってやつよ、ヨ・ユ・ウ」

へらへらとかわされる。

ま、こいつなら大丈夫かもしれないけど、
なんていうか、だいたいこういうところで失態おかすのは女の子だしな。

それで後から後悔したりすんだよな。

あーーッ!やっちまったーッ!って。
はは、あるある。

「とうま、これはお酒じゃないの?」

元同居人に聞かれたので、
一応そういうことになってると教えてあげた。

「ふーん、じゃあ飲んでも平気かも」

そこらへんの決まりはわからねえけど、
どうせ今までも戒律なんて適当だっただろといいたくなったのは、
言うまでもない。

さてさて、適当に楽しみますか。

347 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/29 22:12:45.92 3UYrREs0 320/405

===================
05:42 20XX/▲/▲ comment(0)
===================

…………。

だから言わんこっちゃない。
このお嬢様はなんつーか、
……なんていったらいいんだ。
アレだ、『考えうる最悪の状況の右斜め上』だ。

うう、ダメだ、精神を集中しろ俺。
俺は神だ。仏だ。涅槃だ涅槃。

…く………背中にやわらかいものが……
がんばれ負けるな上条さん!!

さっきからずっと寝言で、

「ん……ぅ………えへへ…もう………
 ……ぜぇったい………離さないんだからぁ……
 うふふ………」

ぐああああああああああああなんつー破壊力!

とりあえずここまでの経緯をば……。

348 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/29 22:14:15.78 3UYrREs0 321/405

===================
05:54 20XX/▲/▲ comment(0)
===================

飲み会の幕開けとともに、
しんみり飲もうとしていた俺の作戦はなかったことになった。

学園都市の第4位、麦野沈利って女のせいだ。
とにもかくにも酒豪らしくて、
昨日の部屋の住人に無理矢理飲ませている。

しまいにはうちのM&Mにまで酒をつがせて、

「さっさと空けなさいよぉ超電磁砲」

なんて大口をたたく。
あまりにも一方的なので、やめておけと声をかけたときには、
もう遅かった。



「…………ぐすっ」

突然泣き出した。

みんなの前で。俺を指差して。

金髪と青髪の意地の悪い顔を、俺は生涯忘れない。

「……当麻は……当麻は……、
 なんで私のこと………名前で呼んでくれないの………?」

おいおいおいおいおいおい。
お前なんて俺のこと苗字ですら呼んでなかっただろ!?

とたんに俺が悪者になる。
あっちこっちから飛び交う視線が痛い。痛すぎる。

それだけならまだよかったんだが、
例の元同居人がここで横槍を入れてきた。

「へーーーーーーーーーーー、そうなんだぁーーーーー?
 私は名前で呼ばれてたんだよぉーーーえへへ」

空気がとまった。
こいつも酔っ払ってやがる。そりゃ確かに名前だけど、
お前の場合は名前が長すぎるからそう呼んでるだけだろうが!

349 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/29 22:16:36.22 3UYrREs0 322/405

===================
06:05 20XX/▲/▲ comment(0)
===================

するとそれに答えたのはうちのM&Mだ。

「何よぉ!そっちがそういうなら、
 私はちゅーしたもん!観覧車でだきつかれたもん!
 あとあと、好きっていわれたもんね!ねー当麻ぁー、
 ねえねえ当麻ぁちゅーしよちゅー。んーーーーーー」

慌てて体を押さえつけようとしたけど、
間に合わなかった。

また空気が止まる。
こいつら二人して空気操作能力でも持ってるのかよ。
そいつは一体なんて呼び名だ。

今度は元同居人が泣き出した。
それこそ号泣だ。風斬が頭を撫でるのを確認したあと、
すかさずなぜかM&Mの友達のはずのSさんとUさんが慰める。

それを見て喜んで(?)いたのは例の麦野沈利。

「あー泣かしたの?うっふっふ、悪いんだ悪いんだぁー、
 悪いやつはブチコロシ確定、よね?」

おい最後の台詞絶対わすれねえぞ。

一斉に非難の声だ。
っておい金髪と青髪、お前らはなぜそちらにいる。

第1位と第2位に昨日のよしみで声をかけようとしたが、
二人は二人でのみ比べ中らしく、まったくこっちを見ていない。
配合した酒の作り手と、酒に酔わない体質のやつが飲んで、
どっちが勝つんだろう。

いや、どうでもよすぎる。
俺は非難の代償として酒を差し出された。

350 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/29 22:18:12.49 3UYrREs0 323/405

===================
06:12 20XX/▲/▲ comment(0)
===================

それからはもうお祭り騒ぎだ。
冷静をたもっていた輩は見る限り一人もいない。

「ねえねえ、みことって呼んでぇ?」

飛びついてきた超電磁砲が、俺を上目遣いで見つめてくる。
仕方がないので名前で呼んであげても、一向に満足しない。

「やっぱりみことじゃやぁだぁ、みーちゃんがいいよぅ、
 ……やっぱりみーたんがいいかも、うう、ゲコ太??ゲコ太!!」

自分でも何を言ってるか分かってなさそうだ。
熱いと言って体を離そうとすると、

「どうして?私のこと嫌いなの……?いなくなっちゃうの……?」

ってどんだけ都合がよく泣けるんだよ。。。。
どうにも収拾がつかなさそうなので、
M&Mだけでも部屋に運ぶべく持ち上げると、
なぜか歓声があがった。どういうことだ。

持ち上げたM&Mは俺と目が合うと一言、

「今夜は離しちゃやだ」

何を言ってるんですか……?

353 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/29 22:19:37.52 3UYrREs0 324/405

===================
06:19 20XX/▲/▲ comment(0)
===================

部屋がどこだかわからないので、
俺たちの部屋のベッドに下ろしてあげた。
暗くてよく見えない。

ぐったりするかと思いきや、
次の瞬間、御坂はなぜか服を脱ぎだした。

慌てて目をそらすと、後ろから抱きつかれる。

「当麻も脱いで」

え。ええええええ。

「私とするの、イヤ……?」

妙に声がはっきりしてたので、
酔いがさめたのかと思って振り返ると、
御坂は本当に何も着てなくて、直視できなかった。

あいつはベッドに横になっていて、
シーツを体に巻きつけている。な、なんて悩殺的な。

「私まだ中学生だけど、気持ちよくできるんだよ、
 これでも練習してきたんだから、それでもイヤ?」

やっぱり変だ。
普段の御坂はこんなこといえないだろ、どう考えても。
酒の勢いでこんなことするのって、間違ってる。
そう伝えた。

354 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/29 22:22:54.59 3UYrREs0 325/405

===================
06:26 20XX/▲/▲ comment(0)
===================

「……じゃあ、ぎゅーーーーってして、おもいっきりだよ」

わかったから服を着てくれと言っても、
顔をふるふると振られる。

「肌と肌、ぎゅってされたいの、ダメ?すりすり」

こんなこと言われてまともでいられる奴がいるわけないだろ。

それになんだか意識もはっきりしてるみたいだし。
じゃあぎゅってするだけだぞと言って服を脱いだら、
やっぱり顔を振られて、

「それだけじゃやだぁ。いっぱいちゅーして、えへへへ」

だそうだ。
いつもこんな素直だったらもっとかわいいのに。

もちろん、言われたとおりにしてやったさ。

キスをするときに声を出すのは癖なのか何なのか、
ちょっと判断できなかったけど。

そんなM&Mは今後ろで眠っている。
朝起きたらどんな反応をするか、ちょっと楽しみではある。


はあ、まったくワガママなお嬢様だ。
裸の体は、思ったより細くて、柔らかかった。

「だあいすき」

………。



ふぅ。

425 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/30 10:36:38.48 Uv1lVos0 326/405

===================
14:21 20XX/▲/▲ comment(0)
===================

朝起きたらM&Mの姿はなかった。
せっかく起こしてやろうと思ってたのに。

それからロビーに出てあいつを見かけたけど、
声をかけようとしても目をそらされる。

色々確認したいことがあるだけなんだけど……。

手をとって話しかけようとしたら、

「さ、触んないでばか」

だそうだ。
なんだよ、ちくしょう。
所構わずツンツンしやがって。これだからツンデレってやつは。

えーと、
今日は花火をするんだっけ?

427 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/30 10:38:53.70 Uv1lVos0 327/405

===================
0:16 20XX/▲/▲ comment(0)
===================

花火って、みんなでするから楽しいんだなと実感した。



そんな中、例の元同居人が俺に話しかけてきた。
今は保護者役二人と暮らしているらしい。
相変わらず食費が心配だ。

「あの短髪、泣かせたりしてない?」

してない。
………と思う。どうなんだろう。
少なくとも、大切にはしてるつもり。

「ええと、その短髪、さっきからこっち見てるんだよ……」

後ろから視線を感じた。
何だよ、自分から話しかけたくないみたいな空気出してたのに。
どうしろっつーんだ、この俺に。
どうもこいつ、
昨日のことを勘違いというか、だいぶ想像力を働かせていたようだ。

「でも、でもでもっ、裸だったし、わたっ私の裸見たの?」

見たといえば見たけど、
こいつにそんなことを伝えたらどうなってしまうかわからない。

曖昧に伝えておいた。
「そ、そうなんだ…」といって俯いてしまう。照れてるのか?
こういうとこはかわいい。

頭を撫でてあげたら、「子供扱いするなっ」。

子供じゃねえか、どう見ても。

428 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/30 10:40:15.76 Uv1lVos0 328/405

===================
0:32 20XX/▲/▲ comment(0)
===================

御坂はなんていうかちょっと怒りっぽいけど、
こっちが素直に向き合ってあげれば、
ちゃんと気持ちを返してくれるやつだ。

言葉にするのは得意じゃないみたいだけど、
そういう部分はこっちで埋めてやればいい。

だいたい俺はあいつのことが好きだ。
誰がなんと言おうとそりゃー決まってることだ。

これから先、何があるかはわからねーけど、
一番近くで守ってやるくらいの覚悟はできてる。

そうじゃなかったら、
一緒にいてあんな気持ちにならないよな、多分。

………。


あんまり書くと、恥ずかしいので、ここらへんにしとこう。

誰に見られてるかわかんねーし。

うん。

434 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/30 10:47:46.14 Uv1lVos0 329/405


●月●日(雨)0:12(非公開) コメント:0
_______________________

雨がやまない。
もうすぐ手術が始まる。
何やら色んな先生が私たちの前に出てきて、
説明をしてたけど、何を言ってるのかさっぱりだった。


アイツの両親も来てた。
礼をしたら、にっこり笑ってくれた。

でも私、笑顔をもらう資格なんてない気がする。

アイツはまだ、
私に投げつけられた言葉を背負ってるんだよね。

………。

だめ、ぼーっとしてると手が震える。

しっかりしなきゃ。

440 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/30 11:02:52.64 Uv1lVos0 330/405

===================
19:32 20XX/▲/▲ comment(0)
===================

今、M&Mと解散したとこだ。
旅行が終わった後、うちに誘ってみた。
まあ旅行中はあんまり話せなかったし。

しかしどーもそわそわしてやがる。
やっぱり他人の家だと落ち着かないのかな。


かと思えば帰り際、急に抱きつかれてびっくりした。

「えへへ、こういうの慣れてないでしょアンタ」

自慢げに顔をあげられたので、
参りましたとばかりに頭を撫でたら、
たちまちあいつの顔が沸騰した。

「………ずるい」

どうしたっていうんだ。

441 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/30 11:09:53.41 Uv1lVos0 331/405

===================
22:26 20XX/▲/▲ comment(0)
===================


ういーっす。おひさしぶり。


秋が近くなってくると、どうにも黄昏たくなるよな。
寸分たがわず俺もそのうちの一人。
無意味に散歩なんてしてみる日々だ。

今日はまた珍しいやつに会った。
「久しいですね」

ええと、名前は確かU原。
最初に会ったときは敵同士だったけど、
その後は助太刀してもらったり、
まあ色々複雑なやつだ。
今は例の金髪の友人とつるんでるんだっけ?

「世間話は結構です、それで、
 近頃御坂さんはお元気ですか?」

…………。



そういえばこいつ、M&Mのこと好きなんだっけ?
とりあえず元気っぽいといっておいたけど。

伝えるべきか。
困った。

446 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/30 11:20:34.36 Uv1lVos0 332/405

===================
22:32 20XX/▲/▲ comment(0)
===================

で、こういうときの俺の相談役といえば、
例の妹。

悪友でもよかったんだけど、
あいつらだと悪ノリしちゃいそうだし。

「どうして貴方はそういうことを私に相談するのですか、
 とミサカは横目で睨みながら発言します」

怒ってた……のか?
そりゃもちろん、頼りにしてるからだってーの。

「………本当に学習しない人ですね、
 とミサカは半ば呆れ気味に物言います」

妹曰く、その件に関しては、
さすがに直接いうのは苦しかろうと。

自分がなんとか間接的に伝えておく、と提案された。
持つべきものは妹だなあ。俺の妹じゃねえけど。

「………ちゃんと、お返ししてくださいね、
 とミサカは遠慮しながら、小さな声で、言ってみます…」

ああ、もちろん!

いつでも言ってこい。えっへん。

477 : MIKOTO.M ◆le/tHonREI - 2010/07/30 15:36:35.36 Uv1lVos0 333/405


●月●日(雨) 2:02(非公開) コメント:0
_________________________

今、病院の外にいる。
はぁ、なんだかすぐこのブログに逃げたくなる。

Kが私のことを心配して、
ちょっと夜風にあたってくるように言われた。

「お姉様まで倒れたら、元も子もないですの」

正直、気が気でない。
だいたい、こんな状況で冷静でいられる人なんて、
まともな神経の持ち主じゃないと思う。

手術がはじまってからも、
できるだけアイツのそばにいたいって思うのが普通。


さっき外に出ようとしたら、見覚えのある人物に声をかけられた。

「あの、大丈夫ですか」

こいつは………。確かU原。
どうしてここにいるのかと聞きたくなったけど、
頭はそれどころじゃないから、大丈夫なわけないって言った。

心配してくれてたのかな。
誰かと話してないと気がヘンになりそうだったから、
ちょっと世間話っていうか、アイツとのことを話した。
大嫌いって言っちゃったこととか。色々。

すると、なんだか思いつめた顔で、

「………やっぱりこれじゃ、だめだ」

って。
何のことだかわからないけど、
心配してはくれたみたい。

。。。。。

ああだめだ、どんどん考えが悪い方向に進んでいく。
今は祈ることしかできない。

レベル5なんて、こういうとき何の役にもたたない。

一人でいるのが怖い。

478 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/30 15:37:27.56 Uv1lVos0 334/405

===================
11:32 20XX/▲/▲ comment(0)
===================

訳あって、今俺は彼女と電車に乗っている。

なんでも親に紹介するとかなんとか。
いくらなんでも早すぎだろと言ったら、

「こういうのはいまどき普通なの。アンタが遅れてるのよ。
 つまりアレね、大人の付き合いってやつ。
 ふふん、やっぱアンタって子供子供」

だと。

悪友に相談したら、とりあえずスーツを着るべきらしい。
こいつには似合わないって爆笑されたけど、少しは男を立ててほしい。

それで当の本人はというと、
現在俺の肩ですうすうと寝息を立てている。

さっきから前に座ってるおばあちゃんが、
こっちを見てニコニコしてくる。

…………あははは。

479 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/30 15:39:01.72 Uv1lVos0 335/405

===================
11:45 20XX/▲/▲ comment(0)
===================

追記。

そういえば先日、例の白衣の女性に声をかけられた。
俺の彼女の後輩のことで話があるとのこと。

聞いてみると、今そいつはちょっとした病気らしい。

「能力は思い込みの力、というのは知ってるだろう?
 どうも何かをきっかけに、自分だけの現実、
 に迷い込むようになったみたいでね。
 それもかなり悪い方向に」

俺はこう見えてそっちの難しい話はさっぱりだ。
勉強に関しては彼女のほうが俺より断然優秀で、
よく宿題を見てもらったりしてるくらいである。

細かい話はほとんどわからなかったが、
とにかく今はやばい状態ってことらしい。

「それで、ちょっと前に病院を抜け出されてね。
 こっちでも探してみるが、なんというか、一応注意してほしい。
 ……君は一度襲われているからね」

いやいや。
勘弁してくれよ。

これ以上面倒ごとはまっぴらだ。

480 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/30 15:40:25.14 Uv1lVos0 336/405

===================
8:06 20XX/▲/▲ comment(0)
===================

M&Mの実家に泊まってしまった。
女の子の部屋ってのはなんだっていい匂いがするんだ。

なぜか一緒の布団に寝てるし。


二人でいるとき、あいつは何を思ったのか突然、

「付き合ってたらやっぱり、その、いつかは、
 ………するんだよね」

いまどきの中学生はませてるなあと思いながら、
軽く肩を抱いたら、びくってしてた。

なんだよ、思いっきりびびってんじゃん。

「別にびびってないわよ!急にきたからびっくりしただけ!
 ………もう、ちょっとは気にしなさいよね、この状況……」

どっちにしろ、今はこれだけで十分だ、
と言ってやったら頬を染めてた。

うぶな彼女がかわいくて仕方がない。

本当に今はこれだけで満足。



幸せだ。

481 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/30 15:41:45.24 Uv1lVos0 337/405

===================
19:21 20XX/▲/▲ comment(0)
===================

M&Mはどうやら不意打ちに弱いらしい。
あいつの母親が言ってた通りだ。

それに、なんていうか変なところですぐ顔を赤くする。

俺もまだまだガキだけど、
あいつの子供っぽさが今はすごく愛おしい。

うわ、何書いてんだ俺……。

…………。

482 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/30 15:51:33.85 Uv1lVos0 338/405

===================
23:05 20XX/▲/▲ comment(0)
===================

第1位に突然、

「サンタってどこで会えるンだァ?」

と尋ねられた。


……………はい?
もう一度お願いしますといったら、

「だからァ、サンタってヤツはどこで何してンだよ?
 どうやったら家に召喚できるンだって聞いてンだ。
 俺は会ったことねェンだよ、昔からそういうのは縁がなくてなァ」


なんだこいつ、季節の変わり目でおかしくなっちまったのかと思って、
お前はサンタって何だと思ってるんだと聞いたら、

「あれって能力者だろォ?」

子一時間ほどサンタについてレクチャーしてあげた。
これが科学サイドの最高峰って知ったら、
それ以下の奴らはどんな顔をするのだろう。

ちょっと拝んでみたい気もする。

488 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/30 16:09:25.74 Uv1lVos0 339/405

===================
16:45 20XX/▲/▲ comment(0)
===================

さっきM&Mから連絡があった。
一応記録として残しておく。


「もうすぐ何の日だー?うっふふ」

…………………………………………
……………………?


付き合ってまだ一年は経ってないし、
あ、誕生日?

いやいや、さすがにそこらへんはぬかりない。

半年記念日、ってそんな細かいとこまではわかんねえ。

「…………赤と緑」

ん、それってちょっと昔に流行ったゲームのことか?
あはは、あれはハマったよなあ。
通信対戦とか、交換したりとかな。


「…………………煙突、七面鳥」

ん、それは知らないゲームだな。


「ばか」

…………。

なんだったんだ。

492 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/30 16:20:41.41 Uv1lVos0 340/405

===================
23:21 20XX/▲/▲ comment(0)
===================

今日は例の妹に呼び出された。
前の以来の結果を報告してくれるらしい。
U原にはしっかりと伝えておいた、とのこと。

どうだった?と聞いたら、

「複雑だとは思いますが、おそらく理解してもらえたでしょう、
 とミサカは推測します」

よかった。
さすがに面と向かって俺が言い出す勇気はなかったし。

何かお礼はできないかと聞いたら、

「……サンタ、とミサカは小声で哀願します」

サンタ?サンタに会いたいのか。
聞きなおしてみると、

「どんなものか見てみたいです、とミサカは願望を口にします」

こいつもサンタかよ。
なんだよ、巷はサンタブームか?

「私のホストの影響だと思います、とミサカは推察します」


………ああ、そういうことか。
こいつから見たら第1位の連れは上位個体なんだっけ。

あのチビっ子がサンタに会いたがってるのかな。

ああ、だから第1位はサンタを探してて、

はは、そういえば御坂も緑と赤ってそういうああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

495 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/30 16:25:31.19 Uv1lVos0 341/405

===================
23:35 20XX/▲/▲ comment(0)
===================

まずい。
これは最大級にやばい。打ってて気づいた。
前の同居人の件と同じレベル、いや見方によっちゃそれ以上か?

どどどどどどうしよう、
プレゼントなんて用意してねえぞ。
だいたい今からクリスマスのプレゼント用意するなんて、
人気の品はもう売り切れてるに違いない。
あああああいつが何欲しいのかもしらねえし。

時間も金もねえええええええよおおおおおおおおおおお


なんてこった、こりゃあ上条さん一大事だ。

ささささささすがに今度しくったら……。

考えただけでも恐ろしい。
今夜は作戦会議だ。

ちくしょう。

511 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/30 16:57:19.35 Uv1lVos0 342/405

===================
20:12 20XX/▲/▲ comment(0)
===================

考えた末の苦肉の策ってやつだ。


手作りマフラー。
発案者は、なんとあのU原。

悪友の金髪に相談したところ、
どういうわけかこの男もついてきた。
すげえ執念だ。
なんていうか、こいつの気持ちには頭が下がる。
本来ならライバルなのに。ある意味、尊敬した。

気まずくないのかと思ったけど、
思いのほか、U原はノリノリである。

「クリスマスといえば、プレゼント交換です。
 御坂さんのプレゼントと交換ですからね、
 それはもう、よっぽどの品物でないと、
 あ、ああああああああああのアレとは釣り合わ」

「それ以上は秘密だぜい」

なんだかよからぬことを企んでるんじゃねえだろうな、こいつら。
しかし金がないなら気持ちと手間で勝負ってのは、
なかなか名案だと思った。

とはいえ、こういうモンは男三人が集まっても解決するもんじゃない。
俺はまたしても妹にヘルプを頼むことになる。

「お姉様はキャラモノに反応するんじゃないでしょうか、
 とミサカは予想します」

キャラモノ………。

ゲコ太?

512 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/30 16:58:45.08 Uv1lVos0 343/405

===================
23:03 20XX/▲/▲ comment(0)
===================

最近は毎日マフラー研究だ。
毎度のことのように、先日のメンバーで家に集まる。

妹はかなり学習能力があるみたいで、
俺に手取り足取り編み方を伝授してくれる。

「こういうのを敵に塩を送るっていうんでしょうか、
 とミサカは皮肉ります」

おいおい、お前は俺の味方でいてくれよ……。

四人でマフラーについて研究していると、
こういうときに限ってM&Mから連絡があった。

今日会えないかと聞かれた。
無理だ。絶対無理だ。そんな余裕はない。

だいたい今日から毎日徹夜したとしても、
24日に間に合うかどうかもわからねえ。
だめもとで延期を頼んでみた。

「ダメ!絶対24日に会うの!
 それはもう宇宙の法則で決まってるの!
 それで……それで色々……。
 とっとととにかく絶対だから!
 それとも何、他の女でもいるわけ?
 浮気?浮気したの?もしかしてまたあのシスターといるの!?」

だめだ怖すぎる………。

ごり押しで決められてしまった。
いつの時代も苦労するのは男だ。

そう思うだろ、読者のみなさんよ。

516 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/30 17:11:38.07 Uv1lVos0 344/405

===================
1:21 20XX/▲/▲ comment(0)
===================

休憩がてら更新でも。

明日はクリスマス。

今、俺は部屋で最後の追い込みにかかっている。
ある程度作業は飲み込めたし、
もう一人でも大丈夫だ。なんとか間に合いそう。
三人にはこれでもかってくらい礼を言いまくった。

「ま、後は根気でがんばってにゃー」

「御坂さんが幸せになるためです。
 なんでもしますよ、それこそなんでも」

「貴方はもう少し感性を高めたほうがいいと思います、
 とミサカは忠告しておきます」

ともかく、完成しそうで何よりだ。
よし、気合入れてラストスパート!

ちぇいさー!!!……だっけ。

518 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/30 17:19:07.44 Uv1lVos0 345/405

===================
8:45 20XX/▲/▲ comment(0)
===================

ふふふふふ。
完成した。



完成した!!!!!
上条さんお手製マフラー!!!(ゲコ太つき)


すげえ……。
我ながらなんつークオリティだ………。

結局眠れなかったが、
できちまったらこっちのもんだ。

あいつは夜に来るらしい。
どのタイミングで渡すかが問題だ。

一応サプライズだし。

くそ、しかし眠い……。

520 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/30 17:21:41.35 Uv1lVos0 346/405

===================
18:12 20XX/▲/▲ comment(0)
===================

ちょっと待て。

今日あいつはうちに泊まるんだよな。

クリスマス。
プレゼント。
プププププレ、プレゼント。

……………。

うちにアレ置いてねえぞ。


迎えに行くっていっても、そういうのはいいって言い出す。
今来られたらタイミング見失うだろこれ。

おいおいおいおいおいおいおいやばい!
いざとなったときに、変な空気になるだろ!!!

………しょうがねえ買出しだ!

ええい、そんなもん買ったことねえけど、
今更後にひけるかァアアアアアアアアアアアアアアアアアアア

522 : MIKOTO.M ◆le/tHonREI - 2010/07/30 17:37:26.19 Uv1lVos0 347/405


●月●日(曇り)3:11(公開) コメント:7
________________________

おひさしぶりです。

色々ありました。

あったけど、私は元気です

みなさんは元気ですか?

私は元気です。
________________________

NAME:本屋さん
心配なんだよ………

NAME:もんきっき
つらいときは我慢しないでください、
空元気は体に毒ですよ。

NAME:GK
もんきっきさんのいう通りです。
なんでも背負い込まないようにしてください。

NAME:→
俺みてェな悪党でも這い上がれたんだ、
てめェにできねェわけねェだろうが

NAME:しずしず
どうしたの?
相談ならいつでものるからね

NAME:マルチ勝法
つらい時期は生きていればいくらでも経験するが、
大切なのはあきらめないこと。思い出に負けないこと。

NAME:二十面相
がんばっていれば必ずいいことあります
でも無理はしないで

525 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/30 17:45:40.56 Uv1lVos0 348/405

========================
23:15 20XX/▲/▲ comment(0)
========================

M&Mは今風呂に入ってる。
ふう、ここからが勝負だぜ、上条さんよ。

………腹くくってやる。

しかしせっかくのクリスマスだってのに、
ドタバタに巻き込まれるなんてとことんついてねえ。
まあ、プレゼントは渡せたし、ギリギリ合格か。

長風呂みたいだし、今日あったことを整理する。

531 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/30 17:58:22.80 Uv1lVos0 349/405

========================
23:25 20XX/▲/▲ comment(0)
========================

プレゼントを首に巻きつけて飛び出た街。

何とかアレを手に入れたのはいいが、
どうにも眠くて体がふらふらだった。
M&Mはもう家についてるみたいで、あわてて連絡しておく。

眠い目をこすって、それでも一応走ってたんだけど、
気づいたときには川原に向けて吹っ飛んでた。

何が起きたのか全然わからなくて、混乱する。
すると目の前に現れたのが、







S井。
まだ病院側で捕まえられてなかったのかと聞くと、

「いえいえ、少し抜け出してきただけですの。
 くけけ、平然を装ったらまんまと騙されて」

目の前で手刀を振り下ろす真似事をしてみせた。

どういう了見でここにきたのかと聞いたとき、
あいつが見せた表情はこれ以上なく不気味なものだった。

「………妙な気を起こしたら、と言ったはず」

まだそんなこと言ってるのか、と口を開こうとした瞬間、
相手に後ろに回りこまれていて、思いっきりわき腹を蹴られた。

眠くて集中できない。
あの先生が言ってたみたいに、
ちょっとした病気ってやつらしい。いくらなんでも様子が変だ。

異能に関することなら右手の力を使えばなんとかなりそうなんだが、
いかんせん意識がにぶって頭をつかめない。

以前はそれでなんとかなったのに。

535 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/30 18:04:33.54 Uv1lVos0 350/405

========================
23:43 20XX/▲/▲ comment(0)
========================

さすがジャッジメントをしてるだけあって、
体術では到底かなうはずがない。
いや、それ以前の問題だ。S井の動きは人間のそれを遥かに凌駕していた。

加えてこっちは睡眠不足だ。
せめてプレゼントだけは傷つけられないように、
と考えていると、どうしても守りに入ってしまう。

相手は相手でくけけけと到底人間の発する言葉じゃないような、
雄叫びに似た声を出しながら、俺は何度も吹っ飛んだ。

やっぱりいくらなんでも無理がある。
これはあの後輩じゃない。別の生き物だ。
途中からは相手を見る目が変わっていた。

頭さえ、つかめれば。
そう考えているうちにもどんどん体力が削られていく。

540 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/30 18:11:15.13 Uv1lVos0 351/405

========================
23:51 20XX/▲/▲ comment(0)
========================





「おィおィ、悪ィ子にはプレゼントあげねェぞォ~」





声が聞こえたとき、体勢的には見上げる形になっていた。


「ブログ読者見参!だにゃー」

「くだらねェこと言ってンじゃねェよ。
 おい三下ァ、てめェには借りがあるからなァ」

「なんでもするって言ってしまいましたからね」

どの顔も、俺の記憶が正しければ、
おそらく味方だと言っていい面々だった。

しかし、第1位の格好は、
どう見てもサンタのそれなんだが………。

「一人で買いにいけなかったらしいぜい」

「うるせェ。
 サンタってのはクリスマスにだけ出てくるンだろォが?
 これからクソガキにプレゼントあげなきゃいけねェからよォ、
 教育してやンのも勤めのうちだなァ」

「さっさと終わらせますよ。
 この人数と貴方の右手の力なら、すぐでしょうから」

この日、生まれて初めて俺は本物のサンタを見た。

どうにも言葉遣いの悪い、悪人面のサンタだったけど。

554 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/30 18:30:30.46 Uv1lVos0 352/405

========================
0:12 20XX/▲/▲ comment(0)
========================

決着はすぐだった。
あいつらが取り押さえてくれる間に接近して、
S井の頭をつかむ。
S井は絶叫したかと思うとその場に倒れてしまった。

「いくら好きだと言ってもこれじゃあまるでストーカーですね」

「おい」
「おィ」

体をゆすってあげたら、簡単に目をあけた。
状況が理解できてないようなので、
手短に説明してあげた。やっぱり理性を失ってたみたいだ。

「そうでしたの……。これはこれは、お恥ずかしい所を」

本気で傷ついているみたいだ。
どうやら俺たちの間柄は、M&Mのブログを見て察していて、
途中から自分でも記憶がないらしい。

ただ俺の記憶では、御坂はこいつのことも本当に大切に考えていた。
それでもS井は首をふる。

「これでは失格ですわ。……黒子は、黒子。
 お姉様の露払い、ですの」
少し寂しそうなその表情に、俺からはなんとも声をかけてあげられない。

「上条さん、お姉様をよろしく、ですの。
 わたくしの役目はお姉様をサポートすること。
 少々、原点に返ってみますの。ふふ、
 やっぱり人様の日記なんて………」

寂しそうな後姿に何か言葉をかけてやろうとしたけど、
そこは悪友に止められた。

「役目っていうのはそういうことじゃないにゃー。
 カミやんにはカミやんのできることがあるはずだぜい」

マフラーを指差される。
第1位はあくびをしながら、白い袋を持ってこっちを見ていた。

あいつも、何か買ってあげたのかな。

556 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/30 18:34:32.46 Uv1lVos0 353/405

========================
0:21 20XX/▲/▲ comment(0)
========================

ボロボロになった服装でびっくりされるかと思いきや、
家についたらこっちがびっくりした。

なんつー格好。

それでもプレゼントを渡したらあいつは喜んでくれて、
泣きながら一言、




「…………今夜だけ、何でもしてあげるから」




今日は素直なんだなと言ったら、ばかと言って胸を押された。

いてて。

560 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/30 18:38:17.59 Uv1lVos0 354/405

========================
1:01 20XX/▲/▲ comment(0)
========================

…………。

あまりにも遅かったので、さっき風呂場をノックしたら、
どんっという音がした。

……大丈夫だろうか。

「こここここじゃだめ、明るいし、
 とにかくままま、まだダメ!心の準備がででできてないし」

準備。


準備か。








準備。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

568 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/30 19:03:59.04 Uv1lVos0 355/405

========================
3:21 20XX/▲/▲ comment(0)
========================

あいつの体は、思ったより冷たかった。
冬だっていうのに、体質なのかどうかは分からないけれど。

前も抱き合ったことはあるけれど、
面と向かって、お互いシラフな場面は初めてだ。

「こういうとき、服って………
 自分で脱ぐもんなの……?」

寝巻きをひっぱられた。
なんとなくぐっときて、キスしようとしたら、
顔をそむけられる。

「…………い、痛くしない?」

それはわからない。
痛いのはいやかと聞くと、

「アンタがぎゅってしてくれてるなら、我慢する……」

次には口を口でふさがれていた。

「私からするのは一回だけだから、
 …………意味わかるでしょ、初めてだし、
 なんていうか、その、こういうのあんまり、
 やり方わかんないし」

俺だってわからない。

570 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/30 19:05:58.22 Uv1lVos0 356/405


========================
3:35 20XX/▲/▲ comment(0)
========================


意を決して抱きしめたら、
あいつはこれ以上ないくらいの力で手をまわしてきた。

「ややや、やっぱり、ちょっと怖い、かも」

常盤台の電撃姫、レベル5のくせに?
超電磁砲のプライドはどこいったんだ。

「……アンタのこの右手のせい。電撃、きかないじゃない」

これは生まれつきだからしょうがないと言った。

「………でも、これまで付き合ってきて、
 ちょっとは私で、その、……ビリビリしてくれた?」

今でもビリビリですよと相手に言い聞かせ、
それ以上余計なことを言わせないように、
口に蓋をしてあげた。

あきらめたように、
俺の背中に回された手の力がぬけていく。

574 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/30 19:13:49.10 Uv1lVos0 357/405


========================
3:43 20XX/▲/▲ comment(0)
========================

どうにもやり方がわからなくて、
とりあえず適当に、少ない知識で手をまわす。

首を触ったら、変な声を出された。

「そそそおそそそ、そこはちょっとトラウマっていうか……」

色々と制限が厳しい。

しょうがないので、
できる限り、あいつの唇を塞ぐ作業に専念した。

途中、突然体を押される。


「もう……大丈夫…………


  ………いいよ………」


最後に聞いたのは確かそんな台詞だった。

594 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/30 19:34:06.36 Uv1lVos0 358/405

========================
23:06 20XX/▲/▲ comment(0)
========================

やっと落ち着いた。

あいつ、サンタの衣装は置いてくらしい。
後輩に見つかったら大変なことになるとか。

S井のことは言わなかった。
何もこいつの前で悪者にする必要はない。

もう終わったことだし、
俺がちょっと痛い思いしただけで済むなら、
安いもんだ。

はは、損な性格。相変わらずか。

599 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/30 19:38:10.49 Uv1lVos0 359/405

========================
0:02 20XX/▲/▲ comment(1←NEW!!)
========================

でも体を重ねてみてはっきりした。

もしかしたら勘違いから始まった恋かもしれないけど、
それがなんだってんだ。

今あいつはちゃんと俺の中で大切な存在になっていて、
多分気持ちも通じ合ってる。

それならそれでいい。

誰でも先のことなんてわからねえよな。
だいたい未来だの将来だのってのは、
頭のよすぎる人間様だから考えちまうんだ。

大事なのは今こうして幸せだってのを感じる力だ。

なんたってそいつはこれ以上ないくらいの充実感があるんだ、
そう簡単には離せねえ、たとえ神様だろうがレベル5だろうが。

そうしてできることなら、あいつのことも離したくない。
いつまで続くかわからない関係だとしても、
せめて俺のこの気持ちが続く限りは、ずっと。
一生だ。
あいつがいるって考えると、
なんだかこの世界がすげーいいとこに思えてくる。

これからもよろしくって、家を出るときに伝えた。

笑顔がまぶしかった。

600 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/30 19:38:40.53 Uv1lVos0 360/405

______________________

NAME:M&M

だったら起きてよ。
離さないでよ。

じゃあなんで?


どうして、



なんで目を覚まさなかったの?
帰ってきたくないの?嫌いになったから?大嫌いって言ったから?
私は………。こんなに会いたいのに

なんで…

601 : MIKOTO.M ◆le/tHonREI - 2010/07/30 19:39:38.58 Uv1lVos0 361/405


●月●日(晴)12:45(非公開) コメント:0
____________________

空、青いなあ

602 : MIKOTO.M ◆le/tHonREI - 2010/07/30 19:40:13.31 Uv1lVos0 362/405


●月●日(晴)14:21(非公開) コメント:0
____________________

そういえばあの観覧車って、どうなったんだろう。
まだ廻ってるのかな。

あのとき止めちゃったけど、一緒に乗ってた人、
怖かっただろうなー。

私の思い出の場所。

604 : MIKOTO.M ◆le/tHonREI - 2010/07/30 19:40:42.22 Uv1lVos0 363/405


●月●日(晴)23:05(非公開) コメント:0
____________________

これって現実逃避ってやつ?


そんなわけないよね。

ここは私の気持ちを書くところだもん。
思ったまま書くところ。


…………。

手術は失敗したんだって。

いつ目を覚ますか、わからないって。

なんていうか、
日本語って難しい。

だってせんせいたちがいってること、
ぜんぜんりかいできないもん

泣きつかれたら、眠たくなっちゃった。
おやすみなさい。

608 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/30 19:43:57.42 Uv1lVos0 364/405

========================
22:56 20XX/▲/▲ comment(0)
========================


だーまったく!!!


本当についてねえ。
不幸きまわりない。

悪友たちに連れられて年越しするのはいいんだけど、
悪ノリもここまで来ると犯罪級ってもんだ。

「カミやーん、彼女とはどうなったんだにゃー??
クリスマス、借りを返してもらうぜい!」


なんちゅーしつこい……。

さっきから質問されてばっか。
M&Mは友達たちと年越しらしい。

「男なら安心♪」

………。
女だったらどうなるってんだ。
考えただけで寒気が……。

614 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/30 19:48:40.59 Uv1lVos0 365/405

========================
00:23 20XX/▲/▲ comment(0)
========================


青髪の変態っぷりがすさまじい。

なんと俺の家にカメラを仕掛けるとか。
許せるわけねえだろうが!

「うーん、やっぱり先生んちになんとか……」

それも犯罪だっつの。
さっきM&Mからメールがきた。

『あけおめ!今年もよろしくね♪
 ずーっと一緒だから!
 浮気は許さないぞー、ビリビリ><』

最後のビリビリってのが冗談に聞こえないから怖い。

俺の右手、今回に限っては幸福を断ち切りませんように。
第1位からも連絡がきた。

「門松ってのはどこに売ってンだ?」

お前も大変だな。

635 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/30 20:41:54.74 Uv1lVos0 366/405

========================
22:12 20XX/▲/▲ comment(0)
========================

…………。

悩みってのは尽きることがないらしい。
これも幸せの代償ってやつ?

最近、よく例の妹と話をする。

「貴方はお姉様と付き合ってるわけですが、
 具体的にはどんなところに惹かれるのでしょう、
 とミサカはありがちな質問をします」

どんなところって言われてもわからない。
好きなもんは好きだ。

中身も外見も含めて、
あいつはあいつだし。


しかしそういわれてみると、
外見も中身もまったく同じ存在がそこにあったとして、
果たして俺は同じように恋をするのだろうか。

ちなみに妹はそういう気持ちになったことないのか、
ときいてみると、

「…………答えられません、とミサカは黙秘します」

わからないよな、そういうのって。
悩みすぎかなあ。
幸せだからこんなこと考えちまうんだろな。

はは、誰かに聞かれたらぶっ飛ばされるかも。

638 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/30 20:47:38.75 Uv1lVos0 367/405

========================
21:47 20XX/▲/▲ comment(0)
========================

この前の悩み事が妙にひっかかってしまうので、
M&Mに直接きいてみた。

するとあいつ、

「……じゃあアンタは私のどこがいいのよ」

やっぱり同じか。
このままだと質問がループしちゃうな。

難しいことは考えるもんじゃねえ。

道を歩いていたら急に手を触られたので、
握り返してあげた。

一瞬びくっとしたかと思うと、

「そうじゃなくて………」


でも顔が赤いってことは、うれしいのかな。

654 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/30 21:11:08.25 Uv1lVos0 368/405

========================
0:11 20XX/▲/▲ comment(0)
========================

今日はいきなり悪友(金髪)に呼び出されて、
とにかくこれ以上ないくらいさもない話をした。

あいつは妹の服装についてひたすらその造形美を語ってくる。

こっちは相槌を打つしかない。
何がしたいんだ?だいたいこいつの趣味は前からおかしい。
妹は大丈夫なのか、法律的に。


「うーむ、カミやんって指太いのかにゃー?」


いきなり指を触られる。
き、きしょくわるっ!
とっさに弾いてしまった。
しかし特にひるんだ様子はなく、あいつは俺を見てにやりと笑った。

「任務完了」


?????

659 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/30 21:30:00.06 Uv1lVos0 369/405

========================
17:18 20XX/▲/▲ comment(0)
========================

さっき妹がお願いをしてきた。
例のネックレスを見せてほしいとのこと。

こういうときに限って家に置きっぱなしだ。
朝起きてつけ忘れていた。

「貴方はあのネックレスを気に入ってるんですか、
 とミサカは尋ねます」

もちろんそうだと伝えたら、

「手作りはやっぱり響きますか、とミサカはさらに尋ねます」

そのとおり、わかってるなと伝えると、
無表情なこいつにしては珍しく、
何か戸惑っているような表情を見せた。

「………そういうものは、あげるだけなら問題ないというか、
 私にも作れるでしょうか、とミサカは不安を口にします」

お、もしかして誰かにあげるのか?

確かにあのネックレスはうまくできてるしなあ。いい参考になるかも。
宝物だし。そういうことなら任せろってことで、今から家に向かう。

まあこいつには本当に助けてもらってるし、お返しもしてないしな。
こんなもんで済むなら安い安い。

660 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/30 21:33:47.25 Uv1lVos0 370/405


========================
0:35 20XX/▲/▲ comment(0)
========================

くそ。
くそ!!!!!!!!!

右手が憎い。
違う、そんなんじゃねえ。





全部俺のせいだ。

御坂……。

667 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/30 21:49:33.59 Uv1lVos0 371/405

========================
2:11 20XX/▲/▲ comment(0)
========================

俺は今日二つ間違いを犯した。

ひとつは何も考えないで、妹を部屋に入れたこと。
もうひとつは、妹の気持ちに気づかなかったこと。

部屋に入ってネックレスを探していたら、
いつの間にか、あいつは着替えていて……。

俺の前に立って、こう言った。

「お姉様じゃないと、やっぱりダメですかと、ミサカは……あ……」

目を開いたまま、泣いていた。

確かに見れば見るほどそっくりだった。
見た目で間違いを見つけるのは至難の業だろう。

でも、違うんだよ。
お前はあいつじゃない。
どんなに似てても違う。体と心は合わせてひとつ、
それで人間ってやつは成り立ってるんだ。
誰もが、誰かの代わりになんかなれはしない。
そいつは意味のない仮定ってやつだ。

お前だってそうだろ?前に言ったはずじゃんか、

どんなに複製されようが、世界でお前は一人だけなんだって。

俺にできることはこの大切な友人を説得することと、
とにかくごめんと伝えるだけだった。

そしたら、ドアが開いて…………


戸口から投げつけられた言葉も、
やっぱり二つだった。

670 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/30 21:56:36.15 Uv1lVos0 372/405

========================
2:19 20XX/▲/▲ comment(0)
========================

もちろん追いかけようとしたけど、
投げつけられた指輪を見て、
心が苦しくなって、動けなかった。

あきらめたわけじゃなくて、
その場ではどうしたらいいかわからなかった。

妹は自分が追いかけるといってくれたけど、
そんなもんは取り下げだ。

家にこいつをあげたのは俺だ。
気持ちに気づいてあげられなかったのも俺。
きっとプレゼントしてくれるつもりだったんだ、
それだけなら俺も御坂も傷つかないと思って。

どれだけ苦しめてたんだよ、バカヤロウ。

ちくしょう。

ちくしょう。

674 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/30 22:02:56.70 Uv1lVos0 373/405

========================
3:15 20XX/▲/▲ comment(0)
========================

あいつはしっかりと説明したら受け入れてくれるだろうか。
俺のことを信じてくれるだろうか。

自分の考えが正しいのか、もうわからない。
そりゃあ話にしたらさもないことかもしれないさ。
誤解だって言って片付けられるかもな。



だけど、これまで同じような理由で何人傷つけてきた。

信じたくないし、言いたくないけど、
俺はやっぱり幸せにはなれねえんじゃねえかって、
思っちまった。一瞬でも。
加えてこの指輪。あいつ、いつから作ってたんだ。

御坂に電話はしてみたけど、出ない。
だめだ、冷静になれない。

頭がぐらぐらする。

676 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/30 22:06:42.71 Uv1lVos0 374/405

========================
21:08 20XX/▲/▲ comment(0)
========================

御坂はあれからずっと電話に出ない。

なんだか電話をかけるのが習慣になってきた。
出たところで、何をしゃべっていいかわかんないけれど。

指輪、はまだ俺が持っている。

かなり精巧に作られていた。
眺めていたら、裏に文字を発見。

O……M…I………B…?

何かのメッセージか…?
俺の混乱した頭じゃ、ちっとも意味はわからなかった。

683 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/30 22:20:28.13 Uv1lVos0 375/405

========================
19:22 20XX/▲/▲ comment(0)
========================

今日は、このことについて例の悪友に相談した。

しかしどうやって話をしても、ため息をついてばっかりだ。

なんだよ、こっちは真剣に相談してるのに。

「カミやんは全部を自分で抱えすぎだにゃー。
 ときには捨てる勇気も必要だぜい」

とのこと。

そんな言い方はねえだろ。
だって、誰だって人が傷ついてるのを見たら、
なんとかしようって思うだろ?傷つけたら心が痛いだろ?
それが思いやりってやつじゃないのか?
いきなり見捨てたりなんかできねえよ。

そんな感じの言葉をかけた瞬間、相手の雰囲気が変わるのを感じた。






「………それが間違ってるって言ってるんだよ。
 優しさを履き違えてどーすんだ?神様にでもなったつもりか?
 人ひとりががんばって、それで全部が救えるなら、世界はもっと平和になってる。
 それぞれにできることをシェアして、
 できないことを助け合うのが本当の思いやりだろうが。
 そうじゃなかったら周りの人間は何なんだよ。ただの馴れ合いか?
 思い上がるなよ。甘えてんじゃねえぞ」


言い返す言葉がない。

694 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/30 22:35:49.63 Uv1lVos0 376/405

========================
0:21 20XX/▲/▲ comment(0)
========================

どうしても自分がダメな人間に思えてしまう。
おいおい、いつもの威勢はどこにいったんだよと感じつつも、
実際にあいつが会ってくれないことには、
何をしたらいいかが分からない。

先日U原に連絡を取って、
指輪を渡してくれないかと頼んでみた。

「なぜです?」

屈辱かもしれないけど、どうしてもダメかと哀願する。

「……確かに、この件に関しては尻拭いなんて柄じゃないですが、
 そうですね、もう少し自分で考えてください。
 よって受け取れません。迷っているのがわかりますから」

一回は受け取ってくれた指輪を、すぐさま返された。

「もしもそれが誤解なら、自分自身で解決するべきだ。
 少なくとも、御坂さんに対しては。
 それ以外のことなら、ええ、彼がいう通り、
 なんとかしますけれど、ね」


別れ際、そんな台詞を残して。

699 : TOUMA.K ◆le/tHonREI - 2010/07/30 22:40:29.02 Uv1lVos0 377/405

========================
3:21 20XX/▲/▲ comment(0)
========================

決めた。

やっぱり電話なんかじゃダメだ。

直接アイツに会いにいこう。
このままじゃ心が真っ暗になりそうだ。

御坂、お前は今何考えてる?
また声をきかせてくれよ。



明日、学校が終わったらすぐに会いにいく。
心のモヤモヤはまだ晴れないけど、
体くらい張ってやる。

指輪の意味、聞かなきゃな。
きっと素敵な言葉のはず。

明日の夕方が待ち遠しい。

704 : ちなみに ◆le/tHonREI - 2010/07/30 22:45:41.25 Uv1lVos0 378/405

上条さんの独白はこれでおしまい

724 : MIKOTO.M ◆le/tHonREI - 2010/07/30 23:14:40.17 Uv1lVos0 379/405


●月●日(曇り)04:02(非公開) コメント:0
_________________________

アイツの日記を読み終わった後、
私はすぐに部屋から飛び出していた。

顔は、ちょっとここに書けるようなものじゃなかったけど。

理由はアイツにどうしても会いたくなったから。
一言でいいから、ばかって言ってやりたい。

こんな恥ずかしいことをブログに書いておいて、
ただじゃすまさない。

そうこうしていたら携帯が鳴って、
H先生が迎えにきて、
手術するってなって、

気づいたら私、部屋で寝てた。
どうやって帰ってきたのか覚えてない。

最近はずっと不眠症。

Kが毎日慰めてくれる。
夜になると、目が覚めちゃうから。

私が今一番迷惑かけてるのは、Kだ。
ごめんね、K。

726 : MIKOTO.M ◆le/tHonREI - 2010/07/30 23:19:17.03 Uv1lVos0 380/405


●月●日(曇り)19:06(非公開) コメント:0
_________________________


だめだ!!



このままじっとしていられるほど、
私は弱くない!

うん!

きっとそのうち、あれーーー?って感じで、
アイツが急に目を覚ます、はず。

がんばれ私、負けるな私。

ぜったい、ぜったい、目覚めてくれる。

信じてる。

727 : MIKOTO.M ◆le/tHonREI - 2010/07/30 23:22:50.10 Uv1lVos0 381/405


●月●日(晴)23:54(非公開) コメント:0
_________________________

ちぇいさー!

UさんとSさんに久しぶりに会った。
私の顔を見るなり、病人でも見るみたいな顔して話しかけてくる。

まったくもう、これだから!

こう見えても私は学園都市に存在する、
7人の超能力者の一人だってーの!

ここまで来るまで、誰よりも努力したって自信がある。

これくらいじゃへこたれないやい。
みんなもそんなに気を遣わなくていいのに。

元気が一番!

729 : MIKOTO.M ◆le/tHonREI - 2010/07/30 23:31:15.14 Uv1lVos0 382/405


●月●日(晴)18:21(非公開) コメント:0
_________________________


アイツが戻ってこれない原因は、脳波の異常なんだって。

かの有名な冥土返しが言うんだから、多分本当。

で、今日はそんなアイツのためにがんばった!

知り合いにそっち系統で優秀なやつを何人か知ってたから!
へへーん、さすが私!

それで、第1位に聞いてみたら、
操作はできると思うけど、
本人の意志が絡んでるなら、やたらなことはできないとか。
うーん、医者が言ってるならそういうもんか。

ちぇー。

ならばと思い立ったもう一人は、ちょっと私が苦手な相手。
こいつはこいつで、せっかくこっちが誠心誠意をこめてお願いしたのに、
ちっとも取り合ってくれない!ぶー。

もぉー意地悪だなあ。生まれて初めて、頭を床につけたってーの!
ちょっとは取り合ってくれてもいいのになあ。ばかばか。


今回は失敗しちゃったけど、なんとかなるよね!
こういうのはネガティブになったらおしまいって、
誰かさんも言ってたし。


今日もいい天気だった!おしまい!

731 : MIKOTO.M ◆le/tHonREI - 2010/07/30 23:33:31.48 Uv1lVos0 383/405


●月●日(晴)20:17(非公開) コメント:0
_________________________


最近、歩いているとめまいがする。
あんまり寝てないからかなぁ。。。。

でもアイツが寝てる分、私が頑張らなくてどーすんのよ。

今日も色んな人に会って回った。
頭を下げることにも慣れてきた。

社会勉強?

733 : MIKOTO.M ◆le/tHonREI - 2010/07/30 23:35:57.84 Uv1lVos0 384/405


●月●日(雨)21:06(非公開) コメント:0
_________________________


みんなアイツがどうなってもいいのかな。
あんまり取り合ってくれない。

病院も医者も能力者も、
魔術師も神様もゲコ太も友達も家族も、
何にもしてくれない。

今日も色んな人と会った。
頭を下げるだけじゃ、人は動かないんだなって、悟った。

734 : MIKOTO.M ◆le/tHonREI - 2010/07/30 23:41:43.79 Uv1lVos0 385/405


●月●日(雨)2:24(公開) コメント:▲▲
_________________________

お願いします、誰か助けてください。。。。。。。。。。


彼が目を覚まさないんです

彼の日記を見ました
涙が止まりませんでした


私にできることならなんでもします、、、、、、
どうしていいか教えてください。。。。。。。。

毎日つらいです、
涙が出てきます
夜になると耳元で彼の声がするんです
好きだよっていってくれるんです、

でも起きると私は一人なんです。。。。。。。。。
彼のために何にもしてあげられないんです
もう一度、なんとかして会いたい………
会ってぎゅってしてほしい………

お願い。。。。。。。。。。。。。。。。。。
誰か。。。。

808 : MIKOTO.M ◆le/tHonREI - 2010/07/31 17:54:37.29 awGjoSo0 386/405


●月●日(晴)22:06 (非公開) コメント:0
_________________________

一週間くらい、
何もしないでものを食べて寝るって生活をしてみた。
もちろんお風呂は入るけどね。

人間はこうしてれば生きてられるっていうし。

うん、確かに私生きてた。
でも生きてるだけ。

やっぱりただ生きてるだけだと、
考えがどんどんあっちに向かうみたい。

ひきこもりってこういう感じ?

Tは意識がないみたいだから、
そうは思わないのかも。

辛くなければいいんだけど。

809 : MIKOTO.M ◆le/tHonREI - 2010/07/31 17:55:33.10 awGjoSo0 387/405


●月●日(曇り)19:23 (非公開) コメント:0
_________________________

さっき、いきなり部屋に入ってきたKに怒鳴られた。
ほっぺたを叩かれた。

後輩が私を叱るなんて滅多にない。
怖かった。
それよりも、すっごく痛かった。

「お姉様しっかりしてくださいまし!
 黒子は、黒子は……」


言うとすぐに、声をあげて泣いていたから、
頭を撫でてあげようとしたら、余計に泣かれた。

どうして泣いているの、と聞いてみたら、
ぎゅってされた。

Kの体温は今日も暖かい。
落ち着く。


気づいたら、私も泣いてた。。。
涙だけはいつまでたっても枯れない。

でも、これが出てくれなかったらそれはそれで、
この気持ちを発散できないのかも。。。。。

810 : MIKOTO.M ◆le/tHonREI - 2010/07/31 17:56:10.66 awGjoSo0 388/405



●月●日(曇り)20:12 (非公開) コメント:0
_________________________

ひさしぶりにアイツに会いに行った。
窓辺で本を読んでいたら、
Hせんせいが私に話しかけてきた。


この人は私のことをすごく心配してくれてる。

私は、それなら早くアイツを助けてよ、と怒鳴る。

Hせんせいは黙る。

御託なんてもう聞きたくない、とやっぱり私は怒鳴る。

Hせんせいはやっぱり黙っている。





ハッタリでもいいから、あきらめるなって言ってほしかった。

811 : MIKOTO.M ◆le/tHonREI - 2010/07/31 17:56:41.77 awGjoSo0 389/405


●月●日(雨)18:12 (非公開) コメント:0
_________________________


最近は毎日のようにアイツのとこに通っている。

傍からみたらバカみたいだし、
すごーく哀れんだ目で見られるけど、今更そんなのどうでもいい。
一応その日にあったことを報告して、
話しかけてたりする。


これが不思議なもので、
返事が返ってこなくてもなんだか気持ちが落ち着く。



相変わらずちっとも動かないけどね。

カエル医者がいうには、
何か夢のようなものをを見てるんだって。

こら、ちゃんと私はアンタの隣にいるのか。

浮気してないだろうなー?

何とか答えろ、このばか。

812 : MIKOTO.M ◆le/tHonREI - 2010/07/31 17:57:35.28 awGjoSo0 390/405


●月●日(晴)20:12 (非公開) コメント:0
_________________________


アイツの近くにいると、安心してついウトウトしてしまう。
今日も気づいたらベッドによりかかって寝てた。

よ、よだれが。。。。


そうそう、Tは勉強が苦手だったので、
今日はちょっとした授業をしてあげた。

ぜったい分かってないだろうけど。
ばかだしなー。


最近は学校にも普通に通えるようになった。

無理はできないけど、
ゆっくり、ゆっくり、私も私を保っていこう。

H先生は私を見ると最近ちょっと笑う。

「君、彼が目覚めたらこれを思い出して、
 顔から火でも出すんじゃないだろうな」



出しません。。。。。。。

電気から出すかも。

びりびり。

814 : MIKOTO.M ◆le/tHonREI - 2010/07/31 17:58:41.64 awGjoSo0 391/405


●月●日(雨)23:47 (非公開) コメント:0
_________________________


私、とうとうおかしくなっちゃったのかも。


病院の窓辺でうとうとしていて、記憶があんまりないけど、

アイツが私のまえに立って、何か言っていたような気がする。

私は抱きつこうとしたんだけど、
体を押し戻された。

それから何かまた一言。

それからアイツは振り返らないで、どっかに行っちゃった、



………って思ったら目が覚めた。



ここまでならよくある夢かもしれないけど、
起きたら私の右手にあの指輪がはめてあった。


O.M.R.G.



でもこれはアイツの分だ。
はっと思い立ってあいつの指を調べたら、
アイツにもちゃんと、同じものがしてある。
あっちに彫ったのは、ええと………。

おかしくなったのかと思って体をゆすったけど、
やっぱりアイツは目を覚まさなかった。

…………。

815 : MIKOTO.M ◆le/tHonREI - 2010/07/31 18:02:39.00 awGjoSo0 392/405


●月●日(晴)22:31 (非公開) コメント:0
_________________________


今日、学校が終わるとすぐに、知人に連絡をした。
相手はもちろん、U原。
こいつが、アイツの姿形を真似たの?

私に指輪をはめたのはあんたかとたずねてみた。
それで私が喜ぶと思ったの?


「知りませんよ」

胸ぐらをつかんでも一向に答えない。

いくらなんでも見間違いするわけない。
あんなことができるのは学園広しと言えどもこいつだけ。

「知りません」

どれだけ怒号をあびせても答えは変わらないし、
なんだか目が座っていた。

「他の答えを言うまで続けますか?もう一度言います、存じません」

これ以上は無駄かと思って離してあげた。

「彼の代わりにはなれませんから、

 ………だから、知りませんよ。存じません」

U原はいきり立った私をじっと見つめて言った。

「ああそうそう、彼から聞いた話では、
 その指輪、それを御坂さんに渡したがっていました。
 それこそ土下座するくらい必死でしたよ。
 こちらからいえるのはそんなところです」


その言葉を聴いた瞬間、はっとして息が止まる。



「もういいですか?……さよなら、御坂さん」


あいつはそれ以上は何も言わず、
私を振り返ることもなく、静かに私の前から立ち去った。

829 : MIKOTO.M ◆le/tHonREI - 2010/07/31 19:08:55.65 awGjoSo0 393/405


●月●日(晴)0:12 (非公開) コメント:0
_________________________


今日、アイツに会いに行って、指輪を交換しようとした。
でも、その一歩手前で踏みとどまった。

やっぱりまだ、とっておこう。




アイツはバカだから、
どーせ口で言ってやらなきゃ交換する意味なんてわかるまい。



それを説明するのは、あいつが目覚めたときのお楽しみ。

口をすっぱくして教えてあげよう。
ぜーったい、忘れないように。

楽しみがまたひとつ増えた。

他には何してやろーかな。

………。


あれ、なんだか、わくわくする。

834 : MIKOTO.M ◆le/tHonREI - 2010/07/31 19:26:44.03 awGjoSo0 394/405


●月●日(雨)21:34 (非公開) コメント:0
_________________________

外では雨が、ためていた何かを吐き出すように降りしきっていた。

前の記事からは大分時間が経っている。

今日は休みだったので、KとUさんとSさんの三人で、
一日中だべってた。

そうして毎回行き着くのは、
私の彼氏の日記の話。

バカなアイツのバカな日記の話。


「白井さん、本当にMさんのこと好きだったんですね……。
 いくらなんでもやりすぎです……」

「気持ち自体はいいことじゃありませんの!
 ……まあ、少々迷惑をかけてしまいましたが……」

「それにしてもMさん、結構大胆なとこあるんですねー?」


………。

みすった。自爆した。


「…………起きたら、何を話すんですか?」


それはもちろん、決まってる。






思いっきり駄々こねてやる!

ばーか!

835 : MIKOTO.M ◆le/tHonREI - 2010/07/31 19:27:14.49 awGjoSo0 395/405


●月●日(晴)0:21 (非公開) コメント:0
_________________________

長らく更新していなかった!



色んな気持ちがまとまったので、ここに記す。

私は前に比べて元気になった。
そして正直、アイツのところに行く時間は前よりは減った。

最初はそれに戸惑っていて、
私の中でアイツの存在が小さくなっちゃってるのかなって、
罪悪感が目覚めたりもしていた。



でも、それはきっと違う。



だって何をするにも、何をしてても、
考えてるのはアイツがいたらどーなるだろうってこと。

アイツは多分、きっと、絶対、そのうち、ひょっこり目を覚ます。
確証なんてない。

ないけど、今は未来を計画するのが楽しくてしょうがない。

そのために、
私が部屋にこもってるだけじゃわからないことを、
日々学んでおかなきゃ。


毎日、指輪をぎゅってしながら夜を過ごす。





今日もアイツが、いい夢をみられますように。


だーいすき。

836 : MIKOTO.M ◆le/tHonREI - 2010/07/31 19:27:52.97 awGjoSo0 396/405

●月●日(晴)0:00 (公開) コメント:--
_________________________

うう、0:00ぴったりに投稿するの大変だった……。

ちぇいさー!!!!
どもどもー!M&Mでーす!

おひさしぶり?かなりおひさしぶり?
でっすね!

今日はみなさんに重大発表が二つあります。





なんと!




今日でこのブログは一周年を迎えるのでしたー!






ぱちぱちぱち。(といっても最初の記事は非公開なんだけど><)


私は元気です。
例の彼は相変わらず目を覚まさないけど、
今はアイツが起きてから何をするか、考えるだけで毎日が忙しい!


それで、もうひとつの発表なんだけど、
このブログ、今回で更新はおしまいです。
理由は色々あるんだけど、なんていうか、私の考えの逃げ場になっちゃいそうだし。

これからは、現実の世界だけで、
彼と向き合っていこうかなって思います。


こんな私でしたが、今まで応援してくれた皆様ありがとうございました。
もしよろしければ、これからも見守ってくださると光栄です。

それでは、M&Mより愛をこめて。みなさんの幸せを願ってます。

837 : MIKOTO.M ◆le/tHonREI - 2010/07/31 19:28:38.04 awGjoSo0 397/405

_____________________________


NAME:二十面相
さよならはつらすぎるから~うんたらかんたら~
がんばってくださいね


NAME:通りすがり
>>ストーカー
似合わないことするからだぜい
元気がいちばんだにゃー、お幸せに!


NAME:☆案内人☆
>>とおりすがり
今回おいしいとこもらったんだって?


NAME:ツッキィ
困ったらいつでも訪ねてくるですよ~
焼肉焼肉♪


NAME:サンズリバー
若いって、いいじゃん
しみじみするじゃん


NAME:しずしず
若いっていいわねえ
しみじみしちゃったわ


NAME:ふれふれ
>>しずしず
いやあんたは何歳よ!


NAME:N2
大丈夫ですよ、絶対です。超応援してます。

839 : MIKOTO.M ◆le/tHonREI - 2010/07/31 19:29:29.65 awGjoSo0 398/405


NAME:バーコード
元気なら大抵のことはなんとかなります。
食費以外は。


NAME:本屋さん
元気になれてよかったんだよぅ……
がんばってね、ずっと応援してる!


NAME:i
>>本屋さん
一応食費のことつっこんであげたほうが……。


NAME:大精霊
自分も逃げないようにしなきゃ、って思いました。


NAME:堕天使
うん、逃げないように、ですね。


NAME:→
最後なのに悪ィんだが鯉のぼりってのはどこで捕m


NAME:闇又
>>→
まずてめえは最後まで打てwwwww


NAME:←
愛は勝つ!!!って※※※は※※※は断言してみる!


NAME:三種の仁義
ちなみにM&Mは部屋にビデオを仕掛ける男はどないや?

840 : MIKOTO.M ◆le/tHonREI - 2010/07/31 19:30:29.22 awGjoSo0 399/405

NAME:オセロの白い方
ふふふふふでは次回はこのわたくしの黒日記を……


NAME:GK
>>オセロさん
文字化けしますよ?


NAME:もんきっき
>>オセロさん
もう懲りたほうが……


NAME:マルチ勝法
本当にお熱いな。
熱くて、ああもう………


NAME:深血
        。


NAME:サードマン
さまざまな誤解を経て、
ブログにも逃げ場のない人はどうしたらいいですか?


NAME:追跡者
>>サードマン
あきらめて戻ってくるべき
見習ってぎゅってするべき


NAME:………


NAME:…………………………………………

841 : MIKOTO.M ◆le/tHonREI - 2010/07/31 19:33:13.66 awGjoSo0 400/405



………………………………………………………………………




………………………………………………………………………



…………………………………………………



……………………………………


…………………







…………




NAME:O.Y.I.B.

よお。

ひさしぶり。


先生から電話がいってるはずだけど、そっちはどうだ?
これを見たってことが分かったら、何されるかわかんねえよ。

ともかく、早く会いに来てくれ。俺も話したいことがいっぱいある。

ああそうだ、指輪の意味はこれであってるのか?


今度はもう離さない。約束するよ。

ちぇいさー!

842 : MIKOTO.M ◆le/tHonREI - 2010/07/31 19:33:48.07 awGjoSo0 401/405

1280328276-842


843 : ってわけで ◆le/tHonREI - 2010/07/31 19:34:57.49 awGjoSo0 402/405

言ったでしょ、エンタメの基本はハッピーエンド
みなさんにとってもそうだったら、うれしいなあ
楽しかった?楽しかった?><

短い間でしたが、ありがとうございました。
みんなの物語もハッピーエンドになりますように!
祈ってまする!ちぇいさー!

845 : M&T ◆le/tHonREI - 2010/07/31 19:36:32.64 awGjoSo0 403/405

blog cast

御坂 美琴:M.M.
土御門 元春:とおりすがり
一方通行(打ち止め):→(←)
垣根 帝督:闇又
インなんとかさん:本屋さん
ステイル=マグヌス :バーコード
神裂 火織:堕天使
五和:大精霊
白井 黒子:オセロ(囲碁、オセロの白い方)
佐天 涙子:もんきっき
初春 飾利:GK
木山春生:マルチ勝法
ゲロゲロ:冥土返し
麦野 沈利:しずしず
フレンダ:ふれふれ
絹旗 超最愛:N2
青髪ピアス:三種の仁義
黄泉川 愛穂:サンズリバー
月詠 小萌:ツッキィ
風斬 氷華:i
浜面 仕上:サードマン
滝壺 理后:追跡者
海原 光貴:二十面相
結標 淡希:☆案内人☆
■■:深血


上条当麻:O.Y.I.B.



and you!!!

945 : さくしゃーんてめーらに感動しちまった ◆le/tHonREI - 2010/07/31 21:51:14.20 awGjoSo0 404/405

かいつまんでレス!

Q.ほかの人の日記は?
A.いちおーコメントの人たちも伏線っつかお話をかける土壌はいくつか作っておきました
 妄想したり自分で書いてみたり!お好きにどーぞ

Q.後日談は?最後にいちゃいちゃは…?
A.ごめんね…。でもそりゃあっしが書いちまうのは野暮ってもんだ
 どーせまたイチャコラしてんだろーさ けっ

Q.一方日記は?
A.プロットはできてますけどちょっとここでは無理なんで、またいつか。
 いつかってのはいつかになるかわかんないけど、ほんとにいつか。

Q.作家志望?メアドぷりーず
A.文字に限らずモノつくりがすきです。でも作ってるときは基本それ以外何もしなくなります
 これ書いてる一週間家からほとんど出なかったからさすがに心配されたぜい
 メアドつくれるけどそういうのってここに晒していいの?

Q.とうまにっきは?
A.相変わらず不幸な感じで絶賛更新中!

Q.指輪の意味は?
A.MがYになってるけんのう!行間を読んでくれのう!かみじょーさんの原因も参照

Q.御坂妹は?勝負下着は?
A.二十面相となんかあったかもね、本当にかもねの話だけど、ってのはまた別の話
 下着はごめん………

Q.かみじょーさんの原因
A.これ一番わかりにくかったかも。あえてぼかしました
 指輪の意味とつっちー&海原のコメントがひんと

Q.オセロの黒日記
A.黒すぎて見えません、文字化けしてるし

Q.みことが見たのは誰?U原?かみじょーさん?
A.それは意地でも口を開かなかった誰かさんに対して失礼になるので秘密

953 : さくしゃーんてめーらにおまけっつか ◆le/tHonREI - 2010/07/31 22:13:49.20 awGjoSo0 405/405


長居してごめん!

今回重要なシーンとか心理描写を書くときに、
個人的にイメージソングと化していた音源をいくつかしょーかい
年代が古いのは気にするでない

プリンセスプリンセスのM:Tさん意識不明って知ったとき Mは自分だけども
岡本真夜のTomorrow:雨にうたれたあのとき
このまま君だけを奪い去りたい:Tさんテーマソング
ひだまりの詩の1番 1番だけ:Mのテーマソング1
majiでkoiする5秒前:映画見に行くとき
My Sweet Darlin' ヤイコ:Tさんがどうしても目覚めないとき これぴったり
Miracle Moon Togo Project feat.sana:Mさんのテーマソング2
眠れぬ夜は君のせい MISIA:Mさん片思い中
aiko ボーイフレンド:MさんTさんと旅行中~家に帰るまで




で、このSS、二週目読んだらああそうかなるほどってなるように書いたつもりだから、
気に入ってくれた人はこいつらでも聞きながらまた読んでくれい、なーんて

ほかにも合ってそうなのあるかもね!
とにかくみんないろいろありがとう><
みんなの発言で毎回やる気超でました!

記事をツイートする 記事をはてブする