1 : 以下、\... - 2016/01/19 22:20:30.795 ywxXCoB+0.net 1/11

 男が仕事から帰ると、その広告を目にした。その広告は、『島崎外科』という医院のもののようだった。しかし、いつも同じ帰路を通っているのに、島崎外科も広告も目にしたことがなかった。自分のことを注意深い人間だと思っていただけに恥ずかしかった。

「うさんくせえなあ」

 そう呟きながらも、男はその永遠の命とやらに好奇心を揺さぶられていた。そして「ちょっと実態を探るだけだ」と自分に言い訳をしながら、その医院の下に足を運んだ。

元スレ
男「永遠の命と幸福 無料体験?」
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1453209630/

2 : 以下、\... - 2016/01/19 22:21:36.887 ywxXCoB+0.net 2/11

 鉄筋コンクリート造りの古びたビル。そのうらぶれた外観から、それが病院だということを察することはできない。一階は『三橋商事』という商社で、二階が島崎外科だった。男は恐る恐る階段を上り、重いドアを開けた。

 中は外観とは裏腹に、極めて清潔だった。リノリウムの床はきれいに掃除されていて、蛍光灯の光を柔らかに反射している。ドアの横にあった観葉植物の葉を手でなぞってみても、埃はつかなかった。「何を姑みたいなことをしているんだ」そう思いながら、受付の女性に話しかけた。

「外の広告を見てきたんですけど」

「無料体験をご希望ですか」

「ええ、そうです」

「かしこまりました。しばらくソファにお掛けになってお待ちください」

3 : 以下、\... - 2016/01/19 22:22:05.692 ywxXCoB+0.net 3/11

 待合室のソファはあまり男の腰にはなじまなかった。クッションが薄く、包み込むような感じがしないのだ。これならパイプ椅子に座った方がましだと思った。

 そして男は受付嬢について考えた。あんな美しい女性は今まで見たことがない。最高のパーツをそれぞれ持ってきて取り付けたようだった。整形しているのかもしれない。そして、余りに美しすぎると欲情しないものだなと思った。

 そんなことを考えていると、後ろから肩を叩かれた。振り向くと白い口髭を生やした白衣の老人が立っている。

老人「無料体験をご希望の方ですか?」

「ええ、そうです」

老人「それではこちらに」

 老人はそうとだけ言って、受付の裏にある診察室へと案内した。

5 : 以下、\... - 2016/01/19 22:22:27.644 ywxXCoB+0.net 4/11

老人「それでは、早速説明に移らせていただきます。よろしいでしょうか?」

 男は「はい」と言いかけたが、思いとどまって、医院について質問した。

「この医院は昔からここにあったのですか?」

老人「ええ、父の代からやっております」

「それは妙だな。私はいつもここを通っていますが、こんなとこに病院があるだなんて知りませんでしたよ」

老人「はっは。昨日看板を取り付けたのですよ。今まではひっそりとここらの老人の相手をしていたのですが、この不景気で生活が大変になりましてな。それで客を呼ぼうと看板を取り付けたのですよ」

「なるほど。そういうことでしたか。納得しました。じゃあ説明お願いします」

老人「はい。それでは説明させていただきます……」

6 : 以下、\... - 2016/01/19 22:22:49.361 ywxXCoB+0.net 5/11

 老人は精神医学の専門家だった。そして永遠の命の獲得方法を発見したのだ。それは冬眠状態にすることで、夢の中にいさせ続けるというものだ。明晰夢を発展させたもので、思い通りに夢を構築することができるということだった。

老人「何か質問はありますか?」

 説明を終えると老人はそう言った。

「その間、身体はどうなっているのですか」

老人「眠ったままです」

「もし夢から覚めたいと思った時は?」

老人「夢の中で目を覚ませと念じれば、我々が目覚めさせます。脳波でわかりますから」

「なるほど」

老人「もっとも、夢から覚めたいと思うものなどはいませんけどな。どうです?無料体験をされていきますか?一時間の短い間ですが、その魅力がわかりますよ」

「お願いします」

7 : 以下、\... - 2016/01/19 22:23:16.348 ywxXCoB+0.net 6/11

 男は早速ベッドに寝かされて、頭にチューブを取り付けられた。

老人「それでは行きますぞ」

 男はすぐに眠くなり、夢の世界へと旅立った。

8 : 以下、\... - 2016/01/19 22:23:59.471 ywxXCoB+0.net 7/11

 男は草原に立っていた。空は高く、青い。芝生は柔らかな風に撫でられて、さわさわと揺れていた。

「これが夢の世界だな」

 そう呟いてから、男は女とのセッ○スを思い浮かべた。すると草原の中から裸の女が現れた。その女の顔を見ると初恋の女の子だった。中学生の時に好きになった女の子だ。彼女は中学生の時のままの初々しい肉体で、男に近づいてきた。

 男は彼女に抱き着き、激しくキスをした。女は嫌がることなくそれを受け入れた。彼女の方から舌を差し入れてきて、冷たい唾液の味を感じることができた。「現実そのものじゃないか」と思った。

 愛撫を済ませると、男は固く勃起したペニスを取り出して、挿入した。彼女の中は男のペニスにまとわりついて、射精を促した。これほどまでに気持ちがいいセッ○スは経験したことがない。

 男は精液を彼女の中にぶちまけた。

 男はまた勃起を願い、そしてコカインに匹敵するレベルの快感を願った。射精した後も女の中から抜かずに、また前後に腰を動かした。

 背筋に快感が走り、やがてそれは全身を駆け巡って爆発した。身体全体がペニスになったかのように、彼は激しく揺れ動いた。心地のいい疲労感が体を支配した

9 : 以下、\... - 2016/01/19 22:24:40.437 ywxXCoB+0.net 8/11

 ことを終えた後、女と男は裸のまま草原に寝そべり、会話を始めた。

「僕のこと覚えてる?」

「うん、覚えてるよ」

「君のことが好きだったんだ」

「知ってるよ。でも言ってくれなかった」

「勇気がなかったんだ。告白してたら付き合ってくれた?」

「もちろん。わたしだってあなたのことが好きだったんだよ」

 男の顔は見る見るうちに赤くなった。そしてそれを隠すかのように、彼女にキスをした。

10 : 以下、\... - 2016/01/19 22:25:06.100 ywxXCoB+0.net 9/11

 男は「つかれたよ」と言って、彼女に寄り掛かった。彼女は細い指先で男の首筋をなでた。徐々に指先が下降してきて、それが腹部を触れた時、激痛が走った。

 男は突如の出来事に叫び声をあげた。想像を絶するほどの激痛だった。「何をする!!」恨みがましい目で彼女の方を見たが、そこにあったのは悪魔の姿だった。悪魔は鋭い爪で男の腹を切り裂いたのだ。

 男は目を覚ませと念じた。何度も何度も。しかし不幸なことに目は覚めなかった。

☆☆☆

11 : 以下、\... - 2016/01/19 22:25:26.413 ywxXCoB+0.net 10/11

 老人は三橋商事に足を踏み入れ、そこの社長にクーラーボックスを手渡した。

社長「捗るな」

老人「おかげさまで」

社長「どこだ」

老人「全部です。いくらになりますかね」

社長「お前に渡る分でも億はくだらないだろう。取引が成功したら連絡する」

老人「ありがとうございます」

 老人はそう言って醜く笑った。

 男はまだ覚めぬ夢の中である。

12 : 以下、\... - 2016/01/19 22:25:57.839 ywxXCoB+0.net 11/11

『夢のような生活』

終わり

記事をツイートする 記事をはてブする