1 : 以下、名... - 2011/12/13(火) 23:21:22.11 DYiTAn6J0 1/36

まゆり「オカリン見なかった?」

岡部「ん? 何が無いと言ったのだ?」

まゆり「まゆしぃの>>5だよ~」

元スレ
まゆり「あれぇ~? まゆしぃの>>5が無いのです」
http://engawa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1323786082/

5 : 以下、名... - 2011/12/13(火) 23:22:19.23 P27GNBv90 2/36

おち○ちん

14 : 以下、名... - 2011/12/13(火) 23:28:49.40 DYiTAn6J0 3/36

岡部「おち……!? す、すまんがもう一度言ってくれ」

まゆり「まゆしぃのおち○ちんが見当たらないのです」

ダル「まゆ氏、もう一回リピートお願いできる?」

まゆり「まゆしぃのおちんt

岡部「ええい何度も言うな!! まゆりよ!! 何をふざけた事を言っているのだ!!」

まゆり「ええ~? ふざけてないよ~」

岡部「ま、まゆりの、五月雨が無いだと……!! 無いもなにも……」



岡部「ほら、ちゃんと電話レンジに入っているではないか」

まゆり「ほんとだ~、無くしちゃったと思ってびっくりしたのです」

ダル「ていうかオカリン、まゆ氏のまゆ氏で何するん?」

岡部「決まっているだろう!! >>18だ!!」

18 : 以下、名... - 2011/12/13(火) 23:30:59.64 ZN8G5ym80 4/36

大射精大会

21 : 以下、名... - 2011/12/13(火) 23:41:49.38 DYiTAn6J0 5/36

まゆり「写生大会?」

岡部「字が違うぞまゆり。 いいか、目下我がラボは機関による遠赤外線パルス攻撃を受けている」

ダル「単なる猛暑だろJK」

岡部「そこへ我らラボメンによる生命の潮流を叩きつけてやることで負の波動を相殺してやろうというわけだ」

岡部「言い方を変えれば、気化熱により室温を下げる」

ダル「それただの打ち水でいいんじゃね?」

岡部「甘いな我が右腕よ。奴らの攻撃を打ち消すには単なる水程度では役不足というもの!」

まゆり「オカリン、役不足の使い方が違うよ~」

ダル「おっ、まゆ氏が突っ込みとか珍しいお」

まゆり「えへへ~、ちょうど今日学校で習ったのです☆」
                     オペレーションホワイトベリー
岡部「ええい五月蝿い! これより『白き情熱』作戦を開始する!!」

ガチャッ
紅莉栖「ふぅ~、暑いわね」

まゆり「紅莉栖ちゃんトゥットゥルー☆ あのね、今からみんなで射精大会をするんだよ~」

紅莉栖「えっ……?! ちょ、ちょっと岡部!! >>25!!」

25 : 以下、名... - 2011/12/13(火) 23:45:02.29 mDdDzg9f0 6/36

参加させてください

29 : 以下、名... - 2011/12/13(火) 23:56:27.42 DYiTAn6J0 7/36

岡部「岡部ではない、ふぉううぉう院だっ!! しかしクリスティーナよ、敬語を使ってお願いとは、助手としての立場をわきまえられるようになってきたのだな」

紅莉栖「う、うるさい! 今のはついうっかり…… で、わ、私も入っていいの?」

岡部「ふむ、大事なラボメンのたっての願い、ぜひ聞き入れてやりたいが……。お前の五月雨がいかほどのものか、まずはあらためさせてもらおうか」

紅莉栖「いいわよ。 ほら」 カチャカチャ ジーッ ボロン!

岡部「な……これは……っ!!」

ダル「Oh……アメリカンサ~イズ……」

紅莉栖「ふふっ、本場に6年いたからね」

まゆり「紅莉栖ちゃんすご~い! オカリンのおち○ちんの2倍はあるのです」

岡部「……俺だ。今"機関"の精神攻撃を受けて……うっ……」

ダル「まゆ氏って時々まじえげつないわー。そこにシビれる憧れる」

紅莉栖「でも岡部……ちょっと岡部、聞いてるの!?」

岡部「……なんだ、フランクリスティーナよ」

紅莉栖「変な呼び名を増やすな! 射精大会はいいけど、オカズはどうするの?」

岡部「ふむ、そうだな。 >>35がいいのではないか?」

35 : 以下、名... - 2011/12/13(火) 23:58:44.93 ZN8G5ym80 8/36

同じくふたなりの極小ビキニ着たフェイリスと鈴羽 萌郁さん

41 : 以下、名... - 2011/12/14(水) 00:08:51.33 Il+fztJE0 9/36

ダル「マイクロビキニフェイリスたんキタアアアアアアアアアアアアァァァァァァァァァァァァァァァァ!!!!」

まゆり「ダルくんうるさいよぉ~」

紅莉栖「確かにその3人がオカズとして協力してくれるなら文句無しね」

岡部「フッ、一部の隙も無い計画を立案できる自分の才能が時には恐くなるな。フゥーーーハハハ!!!」

まゆり「も~、オカリンとダルくんでステレオでうるさいのです」

紅莉栖「悦に入ってる所悪いけど。 三人とも協力してくれるの?」

岡部「この鳳凰院凶真が一声かければ一も二もなく協力するだろう」

紅莉栖「うぬぼれんなこのマッド短小ニスト」

岡部「」

ダル「オカリンいいなぁ、僕も罵って欲しいお」

まゆり「はいは~い! まゆしぃにグッドアイデアがあるのです☆」

紅莉栖「何かしら?」

まゆり「あのね~、三人には>>46をあげたらどうかな~と思うのです」

46 : 以下、名... - 2011/12/14(水) 00:11:49.29 qshsKvMT0 10/36

お金

49 : 以下、名... - 2011/12/14(水) 00:17:29.41 Il+fztJE0 11/36

岡部「ふむ、まゆりにしては真理を突く提案だな。しかしバイト戦士と指圧師はともかく、フェイリスを動かすにはどれほどの額が必要か……」

紅莉栖「まとまったお金がいるわね……」

ダル「それなら>>52を売ればいいと思うお」

岡部「なっ!?」

52 : 以下、名... - 2011/12/14(水) 00:19:08.41 fkBgID4p0 12/36

クリスの卵子

59 : 以下、名... - 2011/12/14(水) 00:32:15.86 Il+fztJE0 13/36

岡部「なんという名案! さすが我が右腕だな」

紅莉栖「ちょ、ちょっと! 私の卵子を売るですって!?」

岡部「そうだ。何か異論でもあるか?」

紅莉栖「大有りよ!! そもそも不可能よそんなこと」

岡部「自分の卵子が惜しいのか? お前もラボメンとなったからには自己犠牲の精神というものをだな」

紅莉栖「だって今月分は昨日岡部が飲んじゃったじゃない」

岡部「……あっ!」

まゆり「どういうこと~?」

紅莉栖「昨日こいつが『あ~ドクペにはやはり卵子が一番なんだがな~』とかこっちをチラチラ見ながらしつこくて。大方私の体臭で生理中だって気づいたんだろうけど。あんまりしつこいから根負けして経血ごと岡部のドクペに入れてやったのよ」

岡部「うむ。 冷血なる知性が更に研ぎ澄まされる味だった」

ダル「ていうか昨日ってことはそろそろ下から出てくるんじゃね?」

紅莉栖「……それもそうね。 単純すぎて見落としてたわ」

まゆり「オカリンの排卵日なのです☆」

岡部「ふむ。 どうせなら、フェイリスに直接卵子を売りつけるか」

69 : 以下、名... - 2011/12/14(水) 00:44:06.40 Il+fztJE0 14/36

ダル「という訳でフェイリスたんの自宅に移動したおハァハァフェイリスたんの生活臭ハァハァ」
                                        ラグナロック
岡部「自重しろ。 フェイリスよ、事情は今説明した通りだ。 これも聖戦を勝ち抜くための布石、NOとは言わせんぞ!」

フェイリス「クーニャンの卵子だったらエスメラルダの珊瑚礁の涙より価値があるニャ。 15億で買うニャ」

まゆり「すご~い! ジューシーからあげナンバーワンをトラックいっぱい買えるね~」

紅莉栖「それじゃさっそく卵子を出してもらいましょうか」

黒木「お嬢様、部屋にビニールシートを敷きましたがこれでよろしいでしょうか?」

フェイリス「ありがとニャン黒木! さあ凶真、この部屋の真ん中で思いっきり排卵するといいのニャ」

岡部「フッフッフッ。 フゥーーハハハ!! 刮目するがいい!!」 ジィー ファサッ ヨイショ





まゆり「ね~オカリン、まだ~?」

岡部「も、もうちょっとなのだまゆりよ、あとちょっと待ってくれ……フンッ!ぬおおおおお!!」

紅莉栖「電波のうえに便秘とか使えないわね」

フェイリス「どうしても出ないならいいモノがあるニャン」

フェイリス「この>>74を使えばいいニャ」

75 : 以下、名... - 2011/12/14(水) 00:46:16.01 6r+q31hi0 15/36

パイルバンカー

79 : 以下、名... - 2011/12/14(水) 00:57:41.16 Il+fztJE0 16/36

フェイリス「最近のアキバの再開発に使うためにメルキアからパイルバンカーをたくさん仕入れたのニャ。さぁ、これを凶真のシュタインズゲートにセッティングするのニャ!」

ダル「オーキードーキー!」

岡部「ちょ、こら!乱暴にす……ぁっ、冷たっ」

まゆり「おしりを突き出した格好のオカリンかわいいのです☆」

萌郁「……」カシャ ピロリンッ♪

紅莉栖「どう、橋田? 上手く行きそう?」

ダル「うっし、セット完了! あとはこのボタンを押せば発射されるお……。だけど、その儀式はオカリンに譲るわ」

岡部「ありがとう、ダル」

80 : 以下、名... - 2011/12/14(水) 01:00:21.24 Il+fztJE0 17/36

岡部「勝利の時は来た!

    この俺はあらゆる陰謀に屈せず、己の信念を貫き、ついに最終聖戦を戦い抜いたのだ!

    この勝利のため、我が手足となって戦ってくれた仲間たちに、感謝を!

    訪れるのは俺が望んだ世界なり!

    全ては運命石の扉の選択である!

    世界は再構成される!

    エル・プサイ・コングルゥ!」


       ポチッ


 DOOOOOOOOOOOOOOOOOOOM!!!!!!

岡部「うあああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!」


83 : 以下、名... - 2011/12/14(水) 01:12:20.93 Il+fztJE0 18/36

岡部「も、もうらめぇ……」ビクンビクン

まゆり「うわぁ~、オカリンのアナリン、牡丹の花みたいでかわいいのです☆」

紅莉栖「岡部……あんたの犠牲、無駄にはしないわ」

 ……ズズッ グググ

ダル「お? なんぞ?」

 クパァ ブリュリュリュリュリュリュ……
                        ゲリベン
フェイリス「ニャニャ、凶真のお尻から『ゴーレムの泥』が吹き出したニャ!」

紅莉栖「虹がかかってる……綺麗……」



岡部「さて、落ち着いたところで……これが紅莉栖の卵子だな」

まゆり「紅莉栖ちゃんの目と同じ色だね! ビー玉みたいで綺麗なのです」

フェイリス「ニャフフ、これが15億とはいい買い物をしたのニャ」

岡部「それではバイト戦士と指圧師も買収に行こうではないか」

ダル「どこに居るか知ってるん?」

まゆり「鈴さんは>>88に居るって言ってたよ~」

88 : 以下、名... - 2011/12/14(水) 01:21:34.42 z56kQMTa0 19/36

ブラウン管工房

90 : 以下、名... - 2011/12/14(水) 01:33:04.48 Il+fztJE0 20/36

―ブラウン管工房前―

鈴羽「うぃーっす!みんなそろって何してるの?」

岡部「そういうお前は店番をサボってMTB磨きか。精が出るな」

鈴羽「たはは…」

岡部「だが、精を出すのはお前ではない。むしろお前が出される側になるのだ、フゥーハハハ!!」

鈴羽「ねぇ牧瀬紅莉栖、岡部倫太郎は何を言ってるの?」

紅莉栖「まともな日本語の話せない奴でごめんね。説明するわ」



鈴羽「なるほどね。いいよ、って言いたいところだけど、私も参加する側に回りたいな」

岡部「鈴羽よ、この大金を見ても心が揺るがんのか? ほれほれ」ペチペチ

ダル「どうして阿万音氏じゃなくて僕に札束ビンタするん?もっとやってくださいハァハァ」

鈴羽「んー。この時代の日本円の価値にいまいちピンとこないんだよね……」

岡部「くっ! 金でなびかないだと…… 厄介な奴だ」

ダル「ていうかぶっちゃけ僕も阿万音氏がモデルになるのは反対だお」

岡部「何だ、HENTAIらしからぬ親心が出たのか?」

91 : 以下、名... - 2011/12/14(水) 01:42:55.38 Il+fztJE0 21/36

ダル「そうじゃないお。考えても見ろよオカリン……。モデルになるってことは極小ビキニを着るんだぜ?」

まゆり「牧場ビキニ?」

紅莉栖「>>35よ、まゆり」

ダル「という事は…… ス パ ッ ツ を 脱 ぐ こ と に な る ん だ ぜ ?」

岡部「!!!!! くそっ、天才たるこの俺がなんたる不覚!!」

紅莉栖「スパッツを着けてない阿万音さん……かやくを入れ忘れたカップ麺みたいなものね」

岡部「やむを得まい……バイト戦士には参加者側に回ってもらおう」

鈴羽「やったぁ! 士気が高まってきたよ!」 ムクムク

ダル「おぉー、スパッツの下から主張する突起、たまんねぇ」

まゆり「ダルくんとお揃いの左曲がりだねー☆」

紅莉栖「そうなるとオカズ役が一人足りなくなるけどどうするの?」

岡部「決まっているだろう、代打として>>94を呼ぶのだ」

94 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 - 2011/12/14(水) 01:47:06.26 mMJl1iSJ0 22/36

Mr.ブラウン

97 : 以下、名... - 2011/12/14(水) 01:59:22.97 Il+fztJE0 23/36

ブロロロロロ キキッ

ブラウン「おうお前ら、人の店の前に固まって何してんだ?」

まゆり「グッドタイミングなのです☆」

岡部「フゥーハハハ! 今日はミスターブラウンに重要なミッションの」

紅莉栖「あんたが説明すると長くなるから黙ってて」

岡部「はい」

紅莉栖「天王寺さん、実はかくかくしかじか」

ブラウン「まるまるうまうま、って訳か。 おもしれぇ、やってやろうじゃねえか」

ダル「おお、意外とノリノリな件」

ブラウン「あたりめぇじゃねえか、俺は綯とブラウン管の次にこの肉体が自慢なんだ」

萌郁「……店長が、やるなら……私もやる」

ブラウン「おっ、バイト、お前もやる気か」

まゆり「萌郁さん居たんだ」
                       オペレーションシルクロード
岡部「これで役者は揃った!これより『白銀の脈動』作戦を発動する! フゥーハハハ!」

ダル「作戦の名前変わってね?」

99 : 以下、名... - 2011/12/14(水) 02:12:47.00 Il+fztJE0 24/36

岡部「さて、オカズ役の三人には極小ビキニに着替えてもらった」

まゆり「ビキニはまゆしぃが作ったのです」

岡部「それでは一人ずつ出てきてもらおう! まずは先鋒! いでよ、フェイリス!!」

フェイリス「ニャニャ、さすがにちょっと恥ずかしいのニャ……」

ダル「うひょおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお」 ムクムク

岡部「ダル、まだだぞ! まだ放出するではない!!」

まゆり「ネコミミと髪の色に合わせて、黒地にピンクのラインをあしらったデザインのビキニにしてみました~☆」

紅莉栖「陶器みたいに白い肌に黒が映えてるわね」

鈴羽「おっぱいも大きいけど、見逃せないのはお尻だね!意外とボリュームがあるのに私も嫉妬するほどひきしまってるよ!」

ダル「ファビュラスマックス!パーフェクトだお!フェイリスたんー俺だー結婚してくれー!!」

岡部「そして次は指圧師! 出てくるがいい!」

萌郁「……」 タユン タユン

ダル「うおおおおおおお! 説明不要!! その二峰の爆弾は大量破壊兵器と呼んでも差し支えないお!!」

まゆり「萌郁さんのはシンプルに白にしたんだよ~。でも、ボトムの紐だけはワンポイントで赤にしたのです」

紅莉栖「これだけのサイズで垂れてないとか……くっ、羨ましいわね」

101 : 以下、名... - 2011/12/14(水) 02:29:15.04 Il+fztJE0 25/36

岡部「そしてラストはミスターブラウン! さあ、その姿を見せるがいい!!」

ブラウン「へっ、お嬢ちゃん達にゃちょっと刺激が強すぎるかもしれねぇなぁ」 ムキッ プリッ ビシッ

ダル「うほっ」

まゆり「店長さんのビキニはメタリックパープルなのです。裏地には綯ちゃんが父の日に書いた店長さんの似顔絵を使ったよ~」

紅莉栖「こ、これは……まさに、ギリシャ彫刻……」

鈴羽「完璧すぎるものを前にすると、人は語る言葉を持たないね……」

ダル「某100%な弟を連想するほどの肉体、汗でぬらぬらと輝くわりに体毛が目立たないのに気づいてドキドキするお」



岡部「さて、それでは諸君。ラボ中央にしつらえた祭壇に三人とも乗ってもらったが」

紅莉栖「祭壇じゃなくて単なるテーブルだろうが」

岡部「祭壇を取り囲むように並べ……ふむ、これでいいだろう」

まゆり「オカリン早く~、まゆしぃのう~ぱはもうギンギンなのです」
                                  ミルキーウォー
岡部「それでは……オホン! 8月X日06:30、これより『銀河の精戦』を開始する!! 一同、始め!!」

うおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!! シコシコシコシコシコシコシコシコ

103 : 以下、名... - 2011/12/14(水) 02:45:09.15 Il+fztJE0 26/36

岡部「ハァ、ハァ、三人とも、もっと情熱的に踊るのだ!!」シコシコシコシコ

ブラウン「せいっ!はっ!ほっ!」 ビシッ ガシッ グッ

ダル「うひょおおおっ!ブラウン氏ナイス上腕二頭筋!ナイスカット!切れてるよおっ!」シコシコシコシコ

フェイリス「ニャニャ、フェイリスも胸には自信があったけど、モエニャンはうらやましいニャ~」モミモミ

萌郁「や……めて……」

紅莉栖「ああっ、フェイリスさん、桐生さんのビキニの下まで手を入れてっ、んっ、あっ、うあっ」シコシコシコシコ

鈴羽「しかもっ、あれは、ローション使ってる、っ、そっかネコミミにローション瓶を、隠して、はっ、はっ」シコシコシコシコ

萌郁「て……店長……っ」

ブラウン「バイトぉ! お前ももっとハッスルしろぉ!」 ビシッ ドムッ

萌郁「私……店長が……欲しい……」

ブラウン「はぁ? 突然何を……おい、お前、なんでデカくしてんだ?」

フェイリス「作戦成功ニャ! 媚薬入りローションがバッチリ効いたのニャ」

萌郁「店長……後ろ……いただきます」 ズブリッ

ブラ「ウオアッー!!」

まゆり「店長さんの背中に当たってつぶれる萌郁さんのおっぱいと店長の歪む顔の対比がたまらないのです☆」シコッシコッシコッシコッ

105 : 以下、名... - 2011/12/14(水) 02:56:11.65 Il+fztJE0 27/36

ブラウン「こ……こんなの……初めてだぁ」ハァハァ

萌郁「……痛かった?」

ブラウン「馬鹿野郎、バイトの一人や二人受け入れられなくて商売ができるかってんだ」

萌郁「店長……好き……あっ、あっ」 ズッ……パン!パン!パン!パン!

ブラウン「あぅあーーーっ!」

岡部「うっ…軋む筋肉、飛び散る汗、弾む乳房に恥じらう美貌…これは総合芸術といっても過言では無いなっ!」シコシコシコシコ

鈴羽「はっ、はぁっ、桐生萌郁の、嬌声ってのも、興奮、するねっ、はぁ、はぁ」シコシコシコシコ

フェイリス「ニャ~、モエニャンはフェイリスにはもう飽きちゃったのニャ?妬けるニャ~。だからイタズラしちゃうのニャ」 スルスル ポロッ

紅莉栖「ああっ! フェイリスさん、ビキニを!」シコシコシコシコ

ダル「ビーチクキタアアアアアアアアアアアアア!!!」シコシコシコシコ

まゆり「意外とピンク色なんだね~。可愛いのです、店長さんの乳首☆」シコッシコッシコッシコッ

107 : 以下、名... - 2011/12/14(水) 03:09:22.42 Il+fztJE0 28/36

フェイリス「モエニャンのも取っちゃうのニャ!」 スッ ポロリ

  ダルン! ダルン! ダルン! ダルン!

ダル「呼んだかお?」シコシコシコシコ

岡部「ちっがぁぁう! あれは拘束を解かれた萌郁バストの暴れる音だ!!」シコシコシコシコ

紅莉栖「やっぱりっ、あっ、乳輪が、大きぃっ! だがそこがいいっ! あぅっ」シコシコシコシコ

萌郁「ぁん、ぁん、ぁん、ぁん」パン!パン!パン!パン!

フェイリス「フェイリスも、モエニャンが羨ましくなってきたから……」スルッ

萌郁「?!」

フェイリス「モエニャンのお尻、いただきまーす、なのニャ!」ズブッ

萌郁「――――ァッ!!」

ダル「機関車キタアアアアアアアアアアアアッ!!!」シコシコシコシコ

鈴羽「もはやっ、一部の、隙も、ないねっ、はぁ、はぁ」シコシコシコシコ

ブラウン「うあああ、どうにか、なっちまいそうだぁっ」ガクガク
               Fucked Bold
岡部「フハハ、すっかり『禿頭の被姦者』だな、ミスターブラウンよ!」シコシコシコシコ



110 : 以下、名... - 2011/12/14(水) 03:18:31.27 Il+fztJE0 29/36

紅莉栖「ああっ、ねぇ、岡部ぇっ、私、もう、そろそろぉっ」シコシコシコシコ

岡部「あ、ああ、俺も、くっ」シコシコシコシコ

ダル「全員そろそろ限界が近いおおおおお」シコシコシコシコ

まゆり「みんなで一緒に出そうね☆」シコッシコッシコッシコッ

鈴羽「はぁ、はぁ、この時代って、やっぱり最高だねっ、はぁ」シコシコシコシコ

ブラウン「あうぅっ、うおぉっ」 ズズッ ググッ

萌郁「ぁっ、ぁっ、んっ、ぁっ、」パンパンパンパン

フェイリス「んっ、んにゃっ、ふぁっ、ふにゃっ」パンパンパンパン

岡部「よ、よし、それでは、俺が、カウントダウンをする!
    数がゼロになると同時に発射するのだ!!」シコシコシコシコ

一同「ウオオオオオオオオオオオオ!!!」シコシコシコシコシコシコシコシコ

岡部「では行くぞ!
    10、
     9、
     8、
     7、

ガチャッ
るか「凶真さんっ!!!!!」

114 : 以下、名... - 2011/12/14(水) 03:28:25.71 Il+fztJE0 30/36

岡部「うあああ!! ル、ルカ子よ!! なぜ来てしまったのだ!!!」シコシコシコシコ

るか「酷いです、凶真さんも、他の皆さんもっ!! どうしてボクを呼んでくれなかったんですか?!」

紅莉栖「そっ、そういえば、どうして?」シコシコシコシコ

るか「ボクも参加します!! 日頃の素振りの成果、披露してみせます!!!」

  スルスル パサッ ドドーンッッッ

紅莉栖「んなっ……!!」シコシコシコシコ

鈴羽「あれは……!!」シコシコシコシコ

まゆり「うわぁ……!!」シコッシコッシコッシコッ

ダル「マジで……?」シコシコシコシコ



             それは性器というにはあまりにも大きすぎた

              大きく、ぶ厚く、重く、そして大雑把すぎた

                  それはまさに肉塊だった





116 : 以下、名... - 2011/12/14(水) 03:36:15.69 Il+fztJE0 31/36

るか「ああっ、岡部さん、岡部さあぁんっ!!」シコッドスッシコッドスッシコッドスッシコッドスッ

紅莉栖「そんな……さっきのあれで、ノーマルだったの……?!」シコシコシコシコ

まゆり「すごい……」シコッシコッシコッシコッ

ダル「戦闘力5万……50万……バカな!まだ上がるだと!」シコシコシコシコ

るか「ああっ、ああっ、ああっ、ああっ!! イッ、イクウウウウゥゥゥッ!!!」

岡部「ああ……ああああああ!!!!


    全員、今すぐ伏せろおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおっ!!!!!」

117 : 以下、名... - 2011/12/14(水) 03:38:17.61 Il+fztJE0 32/36

1323786082-117


120 : 以下、名... - 2011/12/14(水) 03:48:58.73 Il+fztJE0 33/36







紅莉栖「――あれからもう一年になるのね」

岡部「そうだな。月日の経つのは早いものだ」

紅莉栖「ねえ、聞いた?ラボの入ってた大檜山ビルの跡地、来春からマンションに変わるらしいわよ」

岡部「そうか…… 栗の花の匂いもようやく消えて、次の季節になるということだな」

紅莉栖「な~に気取ったこと言ってんのよ」

 あの日の惨劇によりラボは消失、未来ガジェット研究所は解散を余儀なくされた。
 しかし、今にして思えば、それは俺を一歩大人へと推し進めてくれるきっかけとなったのかもしれない。

岡部「なあ、紅莉栖。俺達も、二人で次の季節を見てみないか」

紅莉栖「! そ、それってどういう意味?」

 だから、何も恨んでなどはいない。すべてが意味のあったこと――

岡部「安物だが、この指輪、受け取ってくれ。……結婚しよう、紅莉栖」

 すべては、シュタインズゲートの選択だよ。

                                           ~Fin~

123 : 以下、名... - 2011/12/14(水) 03:50:46.88 Il+fztJE0 34/36

こんなはずじゃなかった
すべては>>5と>>18の責任だ

おやすみなさい

124 : 以下、名... - 2011/12/14(水) 03:56:49.52 z56kQMTa0 35/36

>>123
そんな初期の安価かよwSS改変にDメールを送る必要があるな…
乙!

125 : 以下、名... - 2011/12/14(水) 03:59:44.32 fkBgID4p0 36/36

>>124
一回目の安価を無効化する安価が以後出てこなかったから仕方ない

記事をツイートする 記事をはてブする