1 : 以下、名... - 2011/12/25(日) 18:09:20.95 5aZZy6slO 1/84

紅莉栖「!!」ガタン

鈴羽「……!」

まゆり「……」ピクッ

岡部「ぬおっ!?……ど、どうしたのだお前達。いきなり立ち上がって……

ダル「な、なんかラボの空気が一気に殺気立ったお……」

元スレ
岡部「この鳳凰院凶真にクリスマスの予定なぞある訳なかろう!!」
http://engawa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1324804160/

20 : 以下、名... - 2011/12/25(日) 18:54:50.33 wehGwHpd0 2/84

まゆり「えへへ、ねえねえ、オカリン。予定がないならまゆしぃと一緒にお買い物に行かない?」

紅莉栖「っ!」

鈴羽「くっ、先手をとられた!」

岡部「買い物?別に構わんが、バイトはいいのか?クリスマスは確かメイクイーンでイベントがあって忙しいんだろ?」

ダル「そいだお。クリスマスは僕たち非リアのための、フェイリスたんの手料理を賭して戦う聖戦の日!まゆ氏もそれを手伝うはず……」

まゆり「まゆしぃはその日、オフになったのです」

ダル「えっ?でもフェイリスたんが昨日までクリスマスはまゆ氏と頑張るって」

まゆり「オフになったのです」

ダル「……は、把握」

22 : 以下、名... - 2011/12/25(日) 19:02:04.55 wehGwHpd0 3/84

岡部「そうか、それならいいんだが」

まゆり「えへへ~じゃあ決まりだね~」

紅莉栖「ぐぬぬ……」

鈴羽「………」

岡部「しかし、買い物とは言っても、何を買うのだ?」

まゆり「コスの材料だよ~もうすぐあの時期だしね」

岡部「……ああ、なるほど」

まゆり「それでね~お買い物して、その後は一緒にお昼ご飯を食べて~それから~」

紅莉栖「ね、ねぇ、岡部!わ、私もあんたに付き合ってほしい用事があるんだけど」

28 : 以下、名... - 2011/12/25(日) 19:11:33.53 wehGwHpd0 4/84

岡部「なんだ助手、お前もか」

紅莉栖「助手って言うな。な、なによ文句あるの?」

岡部「文句はないが、クリスティーナよ。お前、まゆりとの会話を聞いていないのか?俺はまゆりと買い物に行く事が決定したばかりなのだが」

まゆり「えへへ、ごめんね、紅莉栖ちゃん」

紅莉栖「ちゃんと聞いてたわよ。でも、まゆりと買い物に行くのは午前でしょ?午後からは空いてるんでしょ」

岡部「まあ、空いてはいるが……」

紅莉栖「なら問題ないわ」

まゆり「紅莉栖ちゃん……」

鈴羽「………」

33 : 以下、名... - 2011/12/25(日) 19:19:48.07 wehGwHpd0 5/84

紅莉栖「ま、前にあんたと一緒に実家の青森に行くって話、したよね」

岡部「ああ、夏にそういう約束をしたな」

まゆり「えっ?」

鈴羽「くっ……」

ダル「な、なんだってー」

岡部「結局、夏には行けなかったがな」

紅莉栖「そ、それでね、もしよかったら私と一緒にクリスマスに青森まで来てほしい」

38 : 以下、名... - 2011/12/25(日) 19:29:31.02 wehGwHpd0 6/84

岡部「なっ!ず、随分と急な話だな」

紅莉栖「だ、ダメ?」

岡部「だ、ダメではない……約束をした以上は一緒には行く」

紅莉栖「よ、よし!」

岡部「だが助手よ、行くのは構わんが、日帰りではないのだろう?交通費に加え、宿泊となると金銭面で学生の俺には少しキツいのだが……」

紅莉栖「交通費は私が出すわよ。前に言ったじゃない」

岡部「くっ、セレセブめ……宿泊費くらいは俺が出す」

紅莉栖「セレセブじゃねーよ!あ、あと宿泊費もいらないから?」

岡部「なに?どういう意味だ?」

紅莉栖「青森の家で一緒に泊まる予定だから」

55 : 以下、名... - 2011/12/25(日) 19:59:01.29 wehGwHpd0 7/84

まゆり「ふぇ?」

鈴羽「はっ?」

ダル「なん、だと……?」

岡部「い、い、い、一緒にと、と、と、泊まるだと!?」

紅莉栖「い、いやなのか?」

岡部「こ、このHENTAI天才処女め!な、なにを言い出すのだお前は!」

紅莉栖「か、勘違いするな!別に変な事なんてしないし!……………たぶん」

58 : 以下、名... - 2011/12/25(日) 20:05:48.44 wehGwHpd0 8/84

まゆり「オカリン……女の子と一緒にお泊まりなんて、まゆしぃはいけないと思うのです」

鈴羽「そうだよ、岡部倫太郎!クリスマスの夜に若い男女が一緒に泊まるなんて不純すぎるよ!」

ダル「ふひひ、僕たち非リアがメイクイーンで聖戦をする中、オカリンは牧瀬氏と性戦ですね、分かります」

岡部「お、お前たち!何を好き勝手言っているのだ!俺と紅莉栖はそんな仲では」

紅莉栖「あっ、名前で呼んでくれた……」ポッ

ダル「イラッ☆」

63 : 以下、名... - 2011/12/25(日) 20:13:51.47 wehGwHpd0 9/84

岡部「く、紅莉栖!」

紅莉栖「な、なに?」

岡部「俺はお前と一緒に青森に行く!一緒に家にも泊まる!だがな、へ、変な事は絶対にしないからな!わかったな!」

紅莉栖「む、無論よ、え、えへへ。岡部と一緒にクリスマス……」ニヤニヤ

ダル「うわっ、見事にフラグ建てやがった」

岡部(まさか一緒にしてクリスマスの予定が埋まるとは……これもシュタインズ・ゲートの選択か)

鈴羽「ねえ、岡部倫太郎」

岡部「な、なんだバイト戦士よ。残念ながらクリスマスは予定が埋まったぞ。24日の午前はまゆりと、午後から翌日にかけて紅莉栖との約束が」

鈴羽「23日は空いてるよね?」

岡部「なに?」

69 : 以下、名... - 2011/12/25(日) 20:24:36.59 wehGwHpd0 10/84

ダル「もはやクリスマスとは関係ない件について」

まゆり「クリスマスは特別だよね~」

紅莉栖「岡部と一緒、岡部と旅行、岡部とお泊まり……えへへ」ニヤニヤ

岡部「あ、空いてるが、なにかあるのか」

鈴羽「えっと、あっそうだ!一緒にサイクリングしない?」

岡部「……お前、それいま思い付いただろ」

鈴羽「うっ、ち、違うよー前々から誘おうと思ってたよ?」

岡部「……まあ、嘘かどうかは置いておこう」

鈴羽「じゃあ一緒にサイクリングを」

岡部「だが断る」

78 : 以下、名... - 2011/12/25(日) 20:35:09.73 wehGwHpd0 11/84

鈴羽「な、なんで!?」

岡部「なぜこの糞寒い中、サイクリングなどしなければならんのだ」

鈴羽「運動すれば体も暖まるよ!それに牧瀬紅莉栖とは寒い中、青森に行くじゃん」

紅莉栖「ふぇ?」

岡部「俺はお前ほど体力もないのだ、無茶を言うでない。それに紅莉栖とは前々から約束をしていたんだ。……まあ、ラボメンとの約束は破るわけにいかないしな」

紅莉栖「岡部……」キュン

鈴羽「くっ……」

83 : 以下、名... - 2011/12/25(日) 20:43:12.12 wehGwHpd0 12/84

岡部「サイクリングなどするくらいなら、まだ実家で店の手伝いをした方がマシだ」

まゆり「そういえば、オカリン。今年はお店のお手伝い、しなくていいの?」

岡部「暇なら手伝えとは言われているがな。だが残念な事に狂気のマッドサイエンティストは暇ではないのだ!フゥーハハハ!」

ダル「その狂気のマッドサイエンティストもクリスマスは性夜を堪能するんですね」

岡部「だ、黙れ、ダル!」

紅莉栖「せ、性夜……」ポッ

岡部「お前も変な想像は止めろ!……まったく」

鈴羽「それだ!」

岡部「なに?」

鈴羽「岡部倫太郎!あたしと一緒に君の実家のお店の手伝いをしようよ!」

90 : 以下、名... - 2011/12/25(日) 20:57:25.59 wehGwHpd0 13/84

岡部「は、はあ?お前は何を言っているんだ」

鈴羽「あたし、君の家がどんなのか一度、見てみたいと思ってたんだ。そのついでにお店の手伝いをするよ」

岡部「待て、お前が俺の店の手伝いをするのは勝手だが、それだと俺も手伝いをさせられるではないか」

鈴羽「えーいいじゃん。君っていつもラボに寝泊まりしてるからあんまり家に顔出してないんでしょ?たまには親孝行も大事だよ」

ダル「……僕にも親孝行してほしいお」ボソッ

岡部「しかしだな、お前を連れて家に戻ると親父たちに何と言われるか」

鈴羽「でも将来的に考えて挨拶は早めに済ましておいたほうがいいと思うよ?」

岡部「確かにな……」

岡部「………えっ?」

99 : 以下、名... - 2011/12/25(日) 21:10:46.82 wehGwHpd0 14/84

まゆり「えっ?」

紅莉栖「はっ?」

ダル「はあああああああああ!?」

岡部「ば、ば、ば、ば、バイト戦士よ!しょ、将来的とはどういう意味だ!」

鈴羽「どうって、いずれは挨拶しなきゃいけないんだし、早い方がいいに決まってるじゃん」

岡部「だ、だから何故、お前が俺の両親に挨拶なんて……」

鈴羽「岡部鈴羽って、悪くない名前だよね」

岡部「!?」

ダル「なん、だと?」

103 : 以下、名... - 2011/12/25(日) 21:18:23.13 wehGwHpd0 15/84

ダル「なあ、オカリン。どゆこと?」

まゆり「オカリン……スズさんと結婚しちゃうの?」

紅莉栖「ゆ、許さない!そんなの絶対に許さないからなっ!」

岡部「し、知らん!俺は何も知らんぞ!」

鈴羽「残念だけど、まだ確定した未来じゃないけどね」

ダル「よ、よかった……」

岡部「お、驚かすなよ……」

まゆり「まゆしぃもびっくりなのです……」

紅莉栖「そ、そうよ!心臓に悪いわ!…………岡部紅莉栖か、牧瀬倫太郎もいいな、ふふっ」

109 : 以下、名... - 2011/12/25(日) 21:27:21.08 wehGwHpd0 16/84

鈴羽「でもあるかもしれない未来だよ?だから今の内に挨拶は必要だよ」

紅莉栖「ねーよ」

ダル「ないわー」

まゆり「それはないのです」

岡部「あ、ありえん!断じてありえん!」

鈴羽「もう、みんな酷いなー。でも一応、ラボメンとしてお世話になってる?から、そういう意味でも挨拶はしておきたいよ」

岡部「何故、疑問文なのだ。まあいい、そういうのなら別に構わないが……」

岡部(どちらにせよ、鈴羽を実家に連れて行くと親父たちが騒ぐだろうな……)

118 : 以下、名... - 2011/12/25(日) 21:43:04.49 wehGwHpd0 17/84

鈴羽「ほんとう!」

岡部「あ、ああ。だが手伝うと言った以上、覚悟はしておけよ?しっかり働いてもらうからな!フゥーハハハ!」

鈴羽「まっかせといて!力仕事なら自信があるよ!」

岡部「ふっ、頼もしいことだ」

鈴羽「それじゃあ、色々と準備もしないとね!あたし、男の子の家で泊まるなんて初めてだよ」

岡部「……おい」

鈴羽「な~に?」

岡部「どこに泊まるって?」

鈴羽「どこって君の家に決まってるじゃん。せっかくなんだし泊まっていってもいいよね!」

ダル「だ、ダメに決まってるお!」

紅莉栖「そうよ!若い男女がい、一緒に泊まるだなんて、けしからん!」

まゆり「えぇ、紅莉栖ちゃんがそれ言うの~?」

125 : 以下、名... - 2011/12/25(日) 21:55:56.39 wehGwHpd0 18/84

鈴羽「えー、牧瀬紅莉栖も君と一緒に泊まるんだし、問題ないでしょ?」

岡部「く、紅莉栖と一緒に泊まるのは仕方ないからであって、お前の場合は帰れるだろ」

鈴羽「さすがに最近は公園で野宿するのもキツくてさ~」

岡部「お前、まだ公園で野宿していたのか!?」

鈴羽「いまはまだ大丈夫だけど、クリスマス前後は一番冷えるらしいね~」

岡部「くっ……なら好きするがいい!言っておくが、俺の部屋は散らかっているから別の部屋で寝てもらうぞ」

鈴羽「でも君が寝るスペースはあるんでしょ?他の部屋を借りるのも悪いし、一緒に寝よっ!」


ダル「……なんか悲しくなってきたお」

129 : 以下、名... - 2011/12/25(日) 22:04:14.79 wehGwHpd0 19/84

次の日

岡部(あの後結局、23日は鈴羽と一緒のベッドで寝ることになった……)

岡部(発狂したダルの拳が光って唸りそうになったが鈴羽によって撃退された)

岡部(どういうわけか、鈴羽に便乗して、紅莉栖から青森で宿泊する際は一緒の布団で寝ることようにと義務付けられた……)

岡部(まゆりが怖い目をしていたが、気のせいだろう。うん、気のせいだ……)

岡部「どうしてこうなった」

138 : 以下、名... - 2011/12/25(日) 22:19:45.45 wehGwHpd0 20/84

岡部「クリスマスは明後日か、明日は鈴羽が店で手伝いに来るし、忙しくなるな」

岡部「そう言えば、今日は確か、ルカ子とフェイリスがラボに遊びに来る日だったな。まさか予定がこうも立て続けになるとは」

コンコン

岡部(言ってるそばから来たな)

岡部「空いている、入るがよい」

ガチャ

ルカ子「あっ、おか、凶真さん、こんにちは」

フェイリス「凶真~お久しぶりだニャン!最近、お店に来てくれないから寂しいかったニャン」

岡部「ルカ子にフェイリスよ、よくぞ来たな!この鳳凰院凶真が歓迎しよう!」

140 : 以下、名... - 2011/12/25(日) 22:27:04.28 wehGwHpd0 21/84

フェイリス「ニャニャ?マユシィたちはまだ来てないのニャ?」

岡部「まゆりはコスプレイヤー同士の打ち合わせがあるとかで遅れて来るそうだ。ダルは……昨日少し、体を痛めてな。今日は来れないだろう」

ルカ子「牧瀬さんも、来てないんですね」

岡部「あいつも日本に遊びに来ただけではないからな。今日は忙しいらしい」

ルカ子「そうですか、じゃあ今は三人だけなんですね」

岡部「ああ、そういうことになる」

フェイリス「ルカニャン、これは……」ヒソヒソ

ルカ子「ええ、チャンスですね」ヒソヒソ

145 : 以下、名... - 2011/12/25(日) 22:43:49.87 wehGwHpd0 22/84

フェイリス(クリスマスは既にクーニャンとマユシィに取られたニャ)

ルカ子(その前日の23日も阿万音さんが)

フェイリス(フェイリスたちに残されたチャンスは)

ルカ子(今日の22日だけ)

ルカ子「あの凶真さん、お昼ご飯はもう済まされました?」

岡部「いや、まだだ。何か食おうと思ったのだが、買い置きが全部なくてな」

フェイリス「ならせっかくだからフェイリスたちが凶真にご飯を作ってあげるニャン♪」

岡部「それはありがたいのだが、材料はないぞ?冷蔵庫にはドクペくらいしか入ってない」

ルカ子「大丈夫ですよ。材料なら行く途中で買ってきましたから」

岡部「随分と準備がいいをだな」

フェイリス(ここ数日の凶真の行動内容は既に把握済みだニャン)

156 : 以下、名... - 2011/12/25(日) 23:03:13.23 wehGwHpd0 23/84

数十分後

岡部「ふう、ごちそうさま……二人とも相変わらず上手かったぞ」

ルカ子「お粗末さまでした」

フェイリス「どういたしましてニャン」

岡部「ダルの奴も惜しい事をしたな。あいつ、フェイリスの手料理の為にクリスマスのイベントに張り切っていたからな」

フェイリス「それは嬉しいニャン♪ダルニャンには是非とも頑張ってほしいのニャ」

岡部「ああ、そうだな……ふああ、いかん、少し眠くなってきた」

ルカ子「お昼を食べた後って眠くなりますよね」

岡部「だがせっかく、お前たちが二人が来てくれたのだ。眠るわけには……」ウトウト

ルカ子「気になさらないで下さい。僕たち食器の片付けとかもありますし、少しくらい寝ててもいいですよ?」

岡部「そうか、済まない。なら、少しだけ眠らしてくれ」ウトウト

ルカ子「ええ、お休みなさい」

岡部「……Zzzzz」

ルカ子「……」

フェイリス「……」

167 : 以下、名... - 2011/12/25(日) 23:18:04.13 wehGwHpd0 24/84

ルカ子「こ、これでやっと」

フェイリス「凶真と一緒に」ゴクリ

岡部「Zzzzz」

フェイリス「ルカニャン、まずはルカニャンがいくのニャン」

ルカ子「い、いいんですか?」

フェイリス「そ、その私はまだ心の準備ができてないから」ドキドキ

ルカ子「わ、わかりました……では」ゴクリ

岡部「Zzzzz」

ルカ子「お、岡部さん!」むぎゅっ

岡部「んっ、Zzzzz」

ルカ子「岡部さん、岡部さん」スリスリ

171 : 以下、名... - 2011/12/25(日) 23:27:10.33 wehGwHpd0 25/84

ルカ子「岡部さんのほっぺた、気持ちいい」スリスリスリスリ

岡部「ううん、Zzzzz」

ルカ子「岡部さんの手、あったかい」ぎゅっ

岡部「Zzzzz」

フェイリス(ルカニャン、大胆……わ、私もできるかな)

ルカ子「あ、あのフェイリスさん」

フェイリス「ニャ!?ニャにかな、ルカニャン」

ルカ子「その、岡部さんの唇はフェイリスさんから先に」

フェイリス「ふ、ふぇ?」

ルカ子「その、僕、一応男の子だから、好きな人以外の異性と間接キスするのは嫌かなって」

フェイリス「わ、わかったニャン。じゃあ唇はフェイリスが先に頂くのニャン」

173 : 以下、名... - 2011/12/25(日) 23:32:26.66 wehGwHpd0 26/84

フェイリス「………」ネコミミハズス

フェイリス「岡部さん……」ドキドキ

岡部「Zzzzz」

フェイリス「んっ」ちゅっ

岡部「Zzzzz、んむっ」

フェイリス「んっ、ぺろ、んむ、はむ」くちゅ、くちゅ

岡部「んむっ、くっ……んむっ!」

フェイリス「ぷはっ、はあ、はあ、岡部さん……大好き、んむ」ちゅっ

岡部「………んっ」

ルカ子(フェイリスさん、気持ちよさそう……僕も早く岡部さんと)

175 : 以下、名... - 2011/12/25(日) 23:37:29.82 wehGwHpd0 27/84

フェイリス「はあ、はあ、つ、次は」ヌギヌギ

ルカ子「あっ、ふぇ、フェイリスさん!」

フェイリス「はっ!ご、ごめんなさい、つい興奮して」

ルカ子「お気持ちは分かりますけど、その、するときは一緒にって約束だから」

フェイリス「うん……じゃあ次はルカニャンが岡部さんの唇を」

ルカ子「は、はい」

岡部「…………」

ルカ子「い、いきますね、岡部さん」ドキドキ

岡部「………」

ルカ子「んっ」ちゅっ

岡部「んむ」

ルカ子「あっ、岡部さん、岡部さん!」ちゅっ、ちゅっ、ちゅっ

岡部「んむ、んっ、………」

180 : 以下、名... - 2011/12/25(日) 23:48:56.50 wehGwHpd0 28/84

次の日

岡部「昼寝をしたと思っていたら朝だった。何を言ってるのか分からないと思うが俺にも分からない」

岡部「しかも起きたら何故かケツと股間に違和感がある」

岡部「体も妙に気だるい。だがスッキリしたというか、賢者タイムのような感覚もある……」

岡部「口元もベタベタで、服やソファーからも変な染みが出来ている」

岡部「なんか、口の中もイカくさいな」

187 : 以下、名... - 2011/12/25(日) 23:56:47.74 wehGwHpd0 29/84

岡部「一体、何が起きたというのだ……」

岡部「………」

岡部「いや、まあ……途中で起きていたが」

岡部(あ、あれはマズいだろ!や、ヤバい!昨日の事がバレたらダルに殺される!)

岡部(ラボでフェイリスとルカ子のサンドイッチになってましたなど、口が裂けても言える筈がない!)

岡部(ルカ子め……入れられるだけでは飽き足らず、まさか入れてくるとは!)

岡部(フェイリスもフェイリスだ!何度俺から絞り取った?まさか一日で童貞はおろか、全ての体位をコンプリートするとは)

196 : 以下、名... - 2011/12/26(月) 00:07:03.96 SQQPpAvd0 30/84

岡部(オナ禁をしていなければ即死だった……)

岡部「……はあ」

岡部(起きていたとはいえ、意識があるだけ。体は痺れて動かせず、声もまともに出せない)

岡部(……ならば流れに身をまかせるしかないだろう)

岡部(しかし、これからどうやってあの二人と接すればいいんだ……)

コンコン

岡部「!?」

鈴羽「岡部倫太郎ー起きてるー?今日は君の実家に行くって約束したよねー?」

岡部(まずい!液の飛び散ったソファーに服、それに何故か忘れていったフェイリスのパンツ、こんなものを見られたらお終いだ!)

岡部「あ、ああ!ちょっとまて、いま行くから」

ガチャ

鈴羽「入るよーちぃーす……えっ?」

岡部「あっ」

199 : 以下、名... - 2011/12/26(月) 00:12:04.49 SQQPpAvd0 31/84

岡部(終わった……)

鈴羽「うわっ、随分と散らかってるねー昨日はパーティーでもしたの?」

岡部(あれ、気づいて、ない……?)

岡部「あ、ああ。昨日は珍しくフェイリスとルカ子が来ていてな。少しはしゃぎすぎたようだ」

鈴羽「なんだ、そうなんだー」

岡部「そ、そうなんだよ」

鈴羽「それで、二人同時の乱交パーティーは楽しかった?」

岡部「」

211 : 以下、名... - 2011/12/26(月) 00:18:59.99 SQQPpAvd0 32/84

鈴羽「あたしだってそれくらい、見れば分かるよ。それにこのビル、結構音が漏れるんだよ?昨日は店長や綯にもまる聞こえだったよ」

岡部「なん、だと……?」

鈴羽「途中でラボに入ろうとした椎名まゆりも、そのまま引き返して帰っていったよ」

岡部「ま、まゆりにもバレているのか」

鈴羽「それで、話は戻るけど、そろそろ君の実家に行こうよ」

岡部「……えっ?」

鈴羽「なに驚いてんのさ。あっ、まさか約束したの忘れてちゃったの!?」

岡部「ち、違う!そうではない!お、お前はその、気にならないのか?」

218 : 以下、名... - 2011/12/26(月) 00:26:21.55 SQQPpAvd0 33/84

鈴羽「別に~」

岡部「な、なぜ!?」

鈴羽「彼女たちの抱く君への思いを知っていたからね。こういう事も起こり得る可能性はあった。ただ、君の童貞を奪われたのは痛手だったけどね」

岡部「そ、そうか……」

鈴羽「まあ、君も犬に噛まれた程度だと思って、気にしないほうがいいよ。幸いにも、彼女たちは昨日、君に意識があった事に気付いていないみたいだし」

岡部「い、犬って……しかし、気になる言い方だな。まるで昨日のあれを直接見たような言い方ではないか」

鈴羽「あっ、それは桐生萌郁が昨日のあれを終止録画した動画を送ってくれたからね。ラボメンはみんな知ってるよ」

岡部「なんだそういうことか……」

岡部「」

222 : 以下、名... - 2011/12/26(月) 00:32:07.61 SQQPpAvd0 34/84

岡部「ぜ、全員に?」

鈴羽「うん、数十にも分割された動画添付メールが全員に」

岡部「」

鈴羽「携帯、見てみたら?君のにも届いてると思うし」

岡部「あ、ああ」カチカチ

新着メール 234件

岡部「」

鈴羽「どうしたの?固まってるけど、うわっ、これは酷い。これ、ほとんど桐生萌郁と椎名まゆりと牧瀬紅莉栖の三人からのメールだね」

岡部「お、終わった……」

229 : 以下、名... - 2011/12/26(月) 00:38:40.61 SQQPpAvd0 35/84

鈴羽「元気だして、岡部倫太郎」ぎゅっ

岡部「鈴羽……」

鈴羽「例え君が牧瀬紅莉栖や椎名まゆり、父さんから嫌われたって、あたしは君の味方だよ」

ぎゅっ

岡部「鈴羽っ……」

鈴羽「よしよし」ナデナデ

岡部「ありがとう……鈴羽」


鈴羽「別に感謝されるような事はしていないよ、さあ、行こう。君の家に」

岡部「ああ、そうだな……」

243 : 以下、名... - 2011/12/26(月) 01:09:33.31 SQQPpAvd0 36/84

夕方

鈴羽「いや~こういうお店の仕事って意外に楽しいもんだね」

岡部「本当によく働いてくれたな。親父たちも喜んでいたぞ。そろそろ時間だし今日はこれで上がるか」

鈴羽「うん、わかった」

岡部「片付けが済んだら俺の部屋に案内する……言っておくが、かなり散らかってるからな。文句は受けないぞ」

鈴羽「大丈夫だって、壁と屋根があるだけで十分豪華だよ」

岡部「……いつかはお前のそのズレた価値観を修正してやらねばならんな」

247 : 以下、名... - 2011/12/26(月) 01:18:34.98 SQQPpAvd0 37/84

ガチャ

鈴羽「おっ邪魔しまーすっ、おお、本当に散らかってるねー」

岡部「あまりジロジロ見るな……恥ずかしい」

鈴羽「ねえねえ、岡部倫太郎」

岡部「……なんだ?」

鈴羽「君の部屋に入ったラボメンってもしかしてあたしが初めて?」

岡部「残念だが、違うな」

鈴羽「やっぱり、椎名まゆり?」

岡部「ああ、とは言ってもここ数年はあいつも部屋に入っていないし、まゆりを除けばお前が初めてになるな」

鈴羽「へえ~そっかっ~えへへ」

岡部「っ、に、荷物を置いたら先に風呂に入ってこい。その間に俺は少し部屋の片付けをする」

鈴羽「わかった。覗いちゃダメだよ?」

岡部「覗かんわ!馬鹿者」

鈴羽「えへへ、じゃあお先に~」

バタン

岡部「まったく……」

251 : 以下、名... - 2011/12/26(月) 01:24:32.18 SQQPpAvd0 38/84

鈴羽「ふぅ、さっぱりした~次どうぞ~」

岡部「ああ、上がったのか、あっ」

鈴羽「ん~?どしたの?」

岡部「いや、お前が髪を解いているのを初めて見た」

鈴羽「そうだっけ?」

岡部「ああ……」

鈴羽「どう?感想は」

岡部「なに?」

鈴羽「感想だよ。ほら何かあるでしょ。ギャップ萌とかさ!」

岡部「いや、まあ……その、かわいいと思う」

鈴羽「ふぇ?」

岡部「な、なんだその反応は!人がせっかく素直に感想を言ったのだぞ」

鈴羽「あ、ありがと」

254 : 以下、名... - 2011/12/26(月) 01:30:32.65 SQQPpAvd0 39/84

岡部「あ、ああ……」

鈴羽「えへへ、褒められた」モジモジ

岡部「その、鈴羽よ」

鈴羽「な~に?倫太郎」

岡部「なっ!?妙な呼び方はよせ!いつも通りフルネームで呼べ」

鈴羽「だって君も珍しくあたしの事、名前で呼んでるからお返しで」

岡部「そんなものはいらん!まったく……話を戻すぞ」

鈴羽「うん。なに倫太郎」

岡部「き、きさま……もう、それでいい。好きに呼べ」

鈴羽「えへへ、やった」

岡部「鈴羽、そ、その……本当に一緒のベッドで寝るのか?」

255 : 以下、名... - 2011/12/26(月) 01:38:00.90 SQQPpAvd0 40/84

鈴羽「え~いまさら怖じ気づいたの?」

岡部「ち、違う!そうではなくてなあ!お前の身を案じて言っているんだ」

岡部「いいか、鈴羽。一時の感情でもしもお前を傷つけてしまったら取り返しがつかないではないか。ダルにも申し訳がない」

鈴羽「別にいいよ」

岡部「なに?」

鈴羽「あたしは君に抱かれても構わないよ?それが例え一時の感情でも、その時の思いは本物なんだし。それな父さんは関係ないよ」

岡部「いや、しかしだな……」

鈴羽「ねえ、倫太郎」

ぎゅっ

岡部「なっ!?」

鈴羽「君は、あたしの事、嫌い?」

258 : 以下、名... - 2011/12/26(月) 01:50:00.00 SQQPpAvd0 41/84

岡部「き、嫌いではない」

鈴羽「あたしは好きだよ。君のこと」

岡部「い、いきなり何を言って、んむ!?」

鈴羽「んっ、本当だよ。あたしは岡部倫太郎の事が好き。あっ、今のキス、父さんには内緒だよ?」

岡部「鈴羽、俺は……」

鈴羽「返事は今、無理に返さなくてもいいよ。けど、必ずいつかは返事をもらう。あたしはそれまで待つよ……じゃ、そういう事でお休み、倫太郎」

ちゅっ

岡部「ちょっ、おい!」

鈴羽「Zzzz」

岡部「もう寝てる……」

結局、その日は鈴羽と何も起きなかった。ただ、彼女の手を握りながら俺は眠りについた。

324 : 以下、名... - 2011/12/26(月) 09:34:23.40 SQQPpAvd0 42/84

次の日

岡部「んっ、もう朝か……うおっ!」バサッ

岡部(す、す、鈴羽がだ、だ、だ、抱きついて……!そ、そう言えば、昨日は鈴羽と一緒に寝たんだったな)

鈴羽「……ううん、あっ、ぉはよー」

岡部「お、おはよう、鈴羽。さっそくで悪いが、は、離れてくれないか?朝からこれは健全な男子にとって精神衛生的によくない」

鈴羽「えぇー寒いからもうちょっとだけー」

むぎゅ

岡部「お、おい!」

鈴羽「……えへへ、元気になってるね」

岡部「は、離れろ!馬鹿者!」バサッ

331 : 以下、名... - 2011/12/26(月) 09:47:02.99 SQQPpAvd0 43/84

鈴羽「い~や~」むぎゅ

岡部(こ、こいつ、まだ寝ぼけてるな……)

岡部「……もう、どうにでもなれ」

鈴羽「倫太郎、あった~い」むぎゅ

岡部「……昨日は眠れたか?流石にシングルのベッドを二人で使うのは些か寝づらかっただろ」

鈴羽「ううん、よく寝れたよ。ベッドで寝たなんて久しぶりだしね」

岡部「まあ、野宿よりはましか……」

鈴羽「今日からまた公園か~」

岡部「…………」

333 : 以下、名... - 2011/12/26(月) 09:53:02.23 SQQPpAvd0 44/84

岡部「なあ、鈴羽」

鈴羽「なあに?」ぎゅっ

岡部「だ、だから抱きつくのは止めろ!……その、お前が良ければの話なのだが」

鈴羽「うん?」

岡部「……ラボで暮らさないか?」

鈴羽「えっ?いいのっ!」

岡部「流石に体の丈夫なお前とはいえ、この時期に公園で野宿するのはまずいだろ。だ、だいたい、ラボメンにそんな生活をさせてはリーダーとしての面目もないしな!」

鈴羽「でも、君はどうするの?君もラボで寝泊まりしてるんでしょ?」

岡部「たまには家にも帰る……お、俺とラボで一緒に寝泊まりするのは嫌か?」

337 : 以下、名... - 2011/12/26(月) 09:59:49.44 SQQPpAvd0 45/84

鈴羽「いいよっ!全然オッケー!問題ないよ!」

岡部「そうか、ならいい。あとでラボの合い鍵作ってをお前に渡そう。勘違いするでないぞ!これはあくまでもラボメンのリーダーとしてのだな」

鈴羽「いや~これであたしたち、どこからどうみても伴侶だね!」

岡部「お、おい!だから勘違いするなと!」

鈴羽「そうなると改めて君のご両親に挨拶しないとね!あと、父さんにも報告しなきゃ!」

岡部「ちょっ、おま」

鈴羽「よーし、呑気に寝てなんていられないね。倫太郎、あたしちょっと公園にいって荷物片付けてくるね!」

バタン

岡部「行ってしまった……」

岡部「……これもシュタインズ・ゲートの選択、なのか?」

340 : 以下、名... - 2011/12/26(月) 10:08:39.77 SQQPpAvd0 46/84

岡部「鈴羽の件については……今は置いておこう。事が起きてから、対処すればいい」

岡部「……ダルの拳が真っ赤に燃えるな」

岡部「いかんいかん、もう直ぐまゆりとの約束の時間だ。気持ちを切り替えなければ」

岡部(……そういえば、昨日来ていた大量のメール、返信していなかったな)

岡部(指圧師はともかく、まゆりと助手に返信をしなかったのはマズかったか)

岡部(今日は二人と約束をしているというのに……ああ、鬱だ)

岡部「とりあえず、まゆりに会いに行くか」

347 : 以下、名... - 2011/12/26(月) 10:32:47.58 SQQPpAvd0 47/84

駅前

まゆり「トゥットゥルー♪おはよう、オカリン」

岡部「ああ、おはよう。まゆり」

まゆり「えへへ~今日のお買い物、楽しみだったんだ~」

岡部(あれ?普段と特に変わらない?)

岡部「そうか、そう言えばまゆりと二人で出掛けるのも、久しぶりだな」

まゆり「そうだね~だから今はまゆしぃがオカリンを独り占めするのです」ぎゅっ

岡部(手を繋ぐのも、久しぶりだな)

岡部「ふっ、まさか人質にそんな台詞を吐かれるとはな……」ぎゅっ

まゆり「えへへ」

352 : 以下、名... - 2011/12/26(月) 10:49:42.96 SQQPpAvd0 48/84

数時間後

まゆり「今日はいっぱいお買い物したね~」

岡部「あ、ああ確かにいっぱいしたな……し、しかしまゆりよ、これは些か多すぎやしないか?」

まゆり「オカリン、大丈夫?荷物なら片方まゆしぃが持つよ?」

岡部「くっ、何を寝ぼけた事言っておる!ひ、人質の手など借りる必要など、ない!」

まゆり「ごめんね、オカリン……一度ラボに戻って荷物下ろす?」

岡部「そ、それはいいな。その後、一緒に飯を食いにいくか」

まゆり「うん」

354 : 以下、名... - 2011/12/26(月) 11:06:04.80 SQQPpAvd0 49/84

ラボ

岡部「ふぅ、とりあえず買った物はここに置いておくか。まゆり、昼は何にする?なにか食べたい物あるか?」

まゆり「………」ジー

岡部「おい、聞いているのかまゆり」

岡部(ん?何かを見ている、のか一体何を……)

まゆり「ねえ、オカリン。このソファーの染み、なんの汚れかなあ」

岡部「!?」

359 : 以下、名... - 2011/12/26(月) 11:17:39.22 SQQPpAvd0 50/84

岡部「い、いやそれは……」

岡部(ど、どうする……?誤魔化すか!?いや、鈴羽の言う通りなら指圧師がラボメン全員にメールを送っているから、まゆりも一昨日の事は知っている筈)

まゆり「フェリスちゃん、とっても気持ちよさそうだったね」

岡部「!?」

まゆり「ルカくんも、とってもえっちな声出してたねえ」

岡部「ま、まゆり?勘違いしないで欲しいが、あれは俺の意志では断じてないぞ!そ、そもそも俺がラボメンに手を出すなんて」

まゆり「うん、わかってるよ~オカリンが自分かからフェリスちゃん達とそういう事をするなんてあり得ないのです」

岡部「わ、わかってくれたか。流石は我が人質だ!俺の事をよくわかっている」

まゆり「えへへ、何年もずっと一緒にいた幼馴染みに手を出さないんだもん。当然だよ~」

岡部「」

363 : 以下、名... - 2011/12/26(月) 11:26:48.39 SQQPpAvd0 51/84

岡部「い、いや待てまゆり!な、何を言い出すんだ!」

まゆり「ずっとラボで二人っきりの時も、手を繋いで一緒に帰った時も、オカリンはまゆしぃに何もしないのです」

岡部「あ、当たり前だろう!お、お前は俺の人質であって、それ以上でもそれ以下でもない!」

まゆり「……じゃあ、まゆしぃが人質以上の関係になりたいって言ったら、オカリンはなってくれる?」

岡部「な、に……?」

まゆり「まゆしぃが人質じゃなかったら、オカリンはまゆしぃに手を出してくれるの?」

岡部「お、お前は人質であり……大切な幼馴染みでもあるんだ。そんな事、できる筈が」

まゆり「なら、試していい?」ヌギヌギ

岡部「!?」

368 : 以下、名... - 2011/12/26(月) 11:36:01.19 SQQPpAvd0 52/84

まゆり「オカリンが本当にまゆしぃの事を幼馴染みとしてしか、見てないなら、平気だよね?」

ぎゅっ

岡部「す、ストップ!まゆり、洒落にならんぞ!」

まゆり「まゆしぃは本気なのです」

むにっ

岡部「はぅっ」

岡部(あ、あたって……)

まゆり「オカリン……大好き」

岡部「ま、まて、待つんだ!まゆ」

ちゅっ

まゆり「んっ、」

岡部「んむっ」

まゆり「んっ、あむ……」クチュ、クチュ

岡部「まゆ、り……」

ぎゅっ

373 : 以下、名... - 2011/12/26(月) 11:48:45.08 SQQPpAvd0 53/84

数時間後

岡部「ごめん、まゆり……」

まゆり「どうして謝るの?まゆしぃは今、とっても幸せなんだよ?」

岡部「お前は大切な幼馴染みで、妹みたいな存在だって自分に言い聞かせていた。今までもそうだったし、これからもそういう関係のままだって思っていた」

岡部「だが、いざお前に異性として接しられたらこのざまだ」

岡部「お前も、俺と同じ考えだと思っていた。けど違ったんだな」

まゆり「……まゆしぃはずっと、オカリンの事が大好きだよ。これからもずっと」

まゆり「まゆしぃの方こそ、ごめんね。オカリンなら絶対に拒絶しないって分かっててこんな事……」

岡部「お前にそうさしたのは鈍感だった俺の責任だ。気にするな」

まゆり「でも……」

379 : 以下、名... - 2011/12/26(月) 12:00:23.86 SQQPpAvd0 54/84

岡部「気にするなと言った。それにお前はその、大切な……人だから」

まゆり「人質、じゃないの?」

岡部「人質に違いはない。だが、そうだな……今後はちゃんと異性として接するようにはする」

まゆり「オカリン……ありがとう」

岡部「だがその……まだ告白の返事はできない」

まゆり「スズさんから、告白されたの?」

岡部「な、なぜ分かった!?」

まゆり「えへへ、女の感なのです」

岡部「俺自身、まだ色々と心の整理ができていない。だから、少しだけ待ってくれ」

まゆり「うん、いいよ。ただし、条件があるのです」

岡部「……極力、無理のないもので頼む」

まゆり「もい一度ど、まゆしぃとキスして」

岡部「………お安い御用だ」

まゆり「んむ」

岡部「んっ……」

まゆり「えへへ、ありがとう。オカリン、大好き」

522 : 以下、名... - 2011/12/26(月) 17:23:24.89 SQQPpAvd0 55/84

深夜・夜行バス内

岡部「………」

紅莉栖「………」

岡部(気まずい……なんだこれは)

岡部(まゆりと別れ、紅莉栖と待ち合わせ場所で合流し、夜行バスに乗ったまではいい)

紅莉栖「………」

岡部(なぜこいつは一言も喋らないんだ……)

紅莉栖「………」

岡部(例のメールを見て俺に幻滅して無視しているのなら分かる……だが)

紅莉栖「………」

ぎゅっ

岡部(なぜ無言のままずっと俺の手を握っているのだ)

528 : 以下、名... - 2011/12/26(月) 17:29:14.43 SQQPpAvd0 56/84

岡部「なあ助手よ……」

紅莉栖「………」ぎゅっ

岡部「い、いたっ!お、お前!強く握り過ぎだ!いい加減離せ!クリスティーナ!」

紅莉栖「………」

岡部「なあ、紅莉栖。離してくれないか?それに、何故さっきから一言も喋らない?」

紅莉栖「………」

岡部(やっと離してくれたか……)

紅莉栖「…………た」

岡部「なに?」

紅莉栖「岡部が汚された……」

岡部「は、はあ!?」

535 : 以下、名... - 2011/12/26(月) 17:39:03.98 SQQPpAvd0 57/84

岡部「れ、例のメールの事か?勘違いしないでほしいが、あ、あれは事故だ!断じて俺の意志ではない!」

紅莉栖「分かってる。岡部にそんな度胸あるわけないし」

岡部「ぐっ……まあ変な勘違いをしていないなら、それでいい」

紅莉栖「よくない!」

岡部「」ビクッ

紅莉栖「いいわけないでしょ!?せっかくのクリスマスのチャンスを前に横から盗られたのよ!?」

岡部「と、盗られたって何を……」

紅莉栖「岡部の童貞に決まってるじゃない!」

岡部「こ、声がでかい!恥ずかしいから叫ぶな!」

541 : 以下、名... - 2011/12/26(月) 17:48:19.59 SQQPpAvd0 58/84

紅莉栖「せっかく、日本に戻ってきて、岡部とクリスマスを過ごせるのに、こんなのっ」

岡部「お、大袈裟だぞ……だ、だいたい俺とお前はまだそういう恋人でも何でもない。俺が童貞であろうがなかろうが関係あるまい……」

紅莉栖「……ねえ、岡部。今の言葉、もう一度言って」

岡部「いや、だから俺が童貞だろうが」

紅莉栖「違う!その前よ!」

岡部「お、俺とお前はまだ恋人でも何でもない」

紅莉栖「まだ、恋人ではない……そ、それってつまり将来的には恋人になるって事よね!?」

岡部「」

548 : 以下、名... - 2011/12/26(月) 18:01:29.15 SQQPpAvd0 59/84

紅莉栖「こ、恋人になるってことはいずれは結婚して夫婦になるってこと……?」

岡部「落ち着け!このHENTAI処女め……なぜそこまで話が飛躍するのだ」

紅莉栖「だって岡部がいきなりこ、恋人宣言するから……」

岡部「しとらんわ!」

紅莉栖「岡部と家族……えへへ」

岡部(駄目だこいつ、はやくなんとかしないと)

555 : 以下、名... - 2011/12/26(月) 18:20:06.76 SQQPpAvd0 60/84

岡部(いや、とりあえず機嫌は良くなったし問題はないのか?)

紅莉栖「…………でも、恋人になるなら、なおさら岡部が汚されたのが許せない」

岡部(前言撤回。余計酷くなった)

岡部「紅莉栖、とにかく今はその件については置いておけ。向こうについたらまた電車で移動するのだろう?今のうちに寝ておいた方がいい」

紅莉栖「それは……そうだけど」

岡部「……済まないとは思っている。今回の青森行きの件、お前が楽しみにしていたのは知ってた。なのに不快な思いをさせてしまった」

紅莉栖「別に、岡部が気にしてないなら……私も気にしない。あと、私の方こそ、なんか浮かれすぎてたみたい。ごめん」

559 : 以下、名... - 2011/12/26(月) 18:27:10.77 SQQPpAvd0 61/84

岡部(いつもの紅莉栖に戻ってくれたか)

岡部「気にするな。久しぶりに実家に帰るんだれう?浮かれていてもおかしくはない」

紅莉栖「ち、違うわよ!そうじゃなくて……あ、あんたと行くから浮かれてたの!勘違いしないでよね」

岡部「…………ツンデレ乙」

紅莉栖「ツンデレじゃねーし」

岡部「ふふっ」

紅莉栖「くすっ」

岡部「明日は早い。もう寝るか」

紅莉栖「そうね」

岡部「おやすみ、紅莉栖」

紅莉栖「うん、おやすみ、岡部」

ぎゅっ

岡部(手を握られながら寝るなんて、まるでガキみたいだな)

567 : 以下、名... - 2011/12/26(月) 18:44:27.38 SQQPpAvd0 62/84

次の日

岡部「ほう、ここがクリスティーナの実家か」

紅莉栖「いまは誰も住んでないけどね。知り合いに定期的に管理して貰ってる状態なの」

岡部(確か紅莉栖の母親はアメリカに住んでいて、父親の方は……夏の事件以来、行方不明らしいな。ここにも帰ってはいないのか)

岡部「なかなかいい家ではないか。住んでいないなら是非とも未来ガジェット研究所の支部として使いたいくらいだ」

紅莉栖「ふふっ、なによそれ。あんなの、一つで充分よ」

岡部(紅莉栖は家族にトラウマがあるんだ。会話には気をつけないとな)

572 : 以下、名... - 2011/12/26(月) 18:55:31.63 SQQPpAvd0 63/84

紅莉栖「その、ありがとう。岡部」

岡部「何のことだ?」

紅莉栖「青森まで来てくれて。本当はパパと仲直りの為に一緒行くって約束だったけど、結局できなくなっちゃったし」

岡部「………」

紅莉栖「だから一緒に行く必要もなかったんだけど、あんたは一緒に来てくれた」

岡部「……前に言ったと思うが、この鳳凰院凶真にとってラボメンは味方であり世界は敵なのだ。それだけだ」

紅莉栖「ふふっそうね、あんたってそういう奴だもんね」

岡部「それに、どうやら貴様は一つ勘違いしているな。確かに青森行きの約束は果たしたが、父親との仲直りについてはまだ果たせていない」

紅莉栖「っ!……でもそれはもう」

岡部「無理ではない!」

575 : 以下、名... - 2011/12/26(月) 19:08:36.75 SQQPpAvd0 64/84

岡部「一度は世界すらも出し抜いたこの鳳凰院凶真に不可能などありえん!」

紅莉栖「でもっ……」

岡部「ラボメンとの約束は絶対だ。これだけは例え、鳳凰院凶真ですら不可能でも岡部倫太郎が必ずお前と中鉢の仲を戻してやる」

紅莉栖「ありがとう……なんか感謝してばっかね、私」

岡部「ふん、貴様は俺の助手なのだ。普段からももっと感謝するがいい」

紅莉栖「助手じゃねーよ……ばか」

岡部(なるべく地雷をさけようと会話に気を付けようした矢先に自ら突っ込んでしまったが……結果オーライか)

577 : 以下、名... - 2011/12/26(月) 19:14:27.22 SQQPpAvd0 65/84

岡部(さて、これで気にする事なく会話ができるようになった筈だが……)

紅莉栖「………」

岡部「なあ、助手」

紅莉栖「………」

岡部「クリスティーナ」

紅莉栖「………」

岡部「セレセブよ」

紅莉栖「………」

岡部「紅莉栖」

紅莉栖「なあに、おかべっ」

岡部(距離が近すぎる……)

592 : 以下、名... - 2011/12/26(月) 19:42:48.76 SQQPpAvd0 66/84

岡部(コタツで暖をとっていたら背中に紅莉栖が引っ付いていた。何を言っているのか分からないが、残念ながら俺にも分からない)

岡部「そ、そんな所にいないで、コタツに入ったらどうだ?寒いだろ?」

紅莉栖「岡部があったかいから平気」

岡部「あ、いや……足とか冷えるだろ?」

紅莉栖「なら、こうすればいい」ぎゅっ

岡部(こ、こいつ……自爆しそうな栽培マンのように絡み付いてきやがって)

紅莉栖「あったかい……」

岡部「そ、そうか。ならいいんだ」

紅莉栖「えへへ」

岡部(意外に、胸あるな……)

598 : 以下、名... - 2011/12/26(月) 19:50:52.79 SQQPpAvd0 67/84

岡部(コタツは背中が冷えるのが欠点だったが、紅莉栖が引っ付いてるお陰であったかいな)

岡部「しかし紅莉栖、お前背中は冷えるのではないか?」

紅莉栖「岡部の着てたコート羽織ってるから平気よ」

岡部(い、いつのまに……)

岡部「そうか……」

紅莉栖「うん」

岡部「………」

紅莉栖「………」

岡部(なんか、シュールだな)

608 : 以下、名... - 2011/12/26(月) 20:10:38.64 SQQPpAvd0 68/84

岡部「紅莉栖、そろそろ昼食にしようと思うが、どうする?」

紅莉栖「食べる」

岡部「分かった。途中のスーパーでカップ麺は買ってある」

紅莉栖「夜もカップ麺?」

岡部「いや、さすがにクリスマスの夜にカップ麺はな……味の保証はできんが、鍋でもしようかと思う」

紅莉栖「なら私もてつだ……」

岡部「いや、いい」

紅莉栖「そう………」シュン

岡部「ひ、人には得手不得手があるのだ!いつか練習すればいい」

紅莉栖「その時は岡部が試食してくれる?」

岡部「……考えてはおく」

紅莉栖「うん」

620 : 以下、名... - 2011/12/26(月) 20:28:31.37 SQQPpAvd0 69/84

夕食後

紅莉栖「あんたって何気に色々とスキルあるわね……」

岡部「俺も鍋料理は初めてだったが、存外上手くいくものだな」

紅莉栖「その、おいしかった」

岡部「ふ、ふん、この鳳凰院凶真が直々に手掛けたのだ。上手いに決まっておるだろう!」

紅莉栖「……また、作ってくれる?」

岡部「機会があれば、な」

紅莉栖「うん、楽しみにしてる」

岡部「……ああ」

岡部紅莉栖「………」

岡部「……そろそろ、風呂にするか」

紅莉栖「!?」

623 : 以下、名... - 2011/12/26(月) 20:37:11.00 SQQPpAvd0 70/84

岡部「夕方の内に掃除はしておいたからな。紅莉栖さきに入ってきたらどうだ?」

紅莉栖「お、岡部がさきでいいわよ」

岡部「別に気など使わなくていいぞ?」

紅莉栖「い、いいから……」ソワソワ

岡部「そうか?ならお言葉に甘えさせてもらおう」

紅莉栖「ゆっくりしていってね」

岡部「あ、ああ」

岡部(また紅莉栖の様子がおかしい)

631 : 以下、名... - 2011/12/26(月) 20:49:52.46 SQQPpAvd0 71/84

風呂

岡部「ふぅ……」

岡部(ラボや実家以外の風呂はどうにも落ち着かないな……)

岡部「それにしても、ここ数日は色々とあり過ぎたな」

岡部「まさかたった一日で童貞、口処女、けつ処女喪失から体位フルコンプを成すとは……我ながら恐ろしい」

岡部「それに加え、鈴羽に告白され、まゆりにまで告白されるとは……」

岡部「紅莉栖とは……何もない、よな」

ガチャ

紅莉栖「せ、背中を流しにきたわよ、岡部!」

岡部「」

635 : 以下、名... - 2011/12/26(月) 20:57:12.20 SQQPpAvd0 72/84

岡部「なっ、な、なにしに来た!?」

紅莉栖「だ、だから背中を流しにきたって言っとろーが」

岡部「い、いらん!それに体ならもう洗った!」

紅莉栖「遠慮はいいわよ、岡部。一応、お客さんなんだしこれくらいサービスしないと」グイグイ

岡部「ひっ、引っ張るな!」グググ

紅莉栖「いいからいいから」グイグイ

岡部「ええい、離せ!」グググ

つるっ

紅莉栖「きゃっ」ザブン

岡部「お、おい!大丈夫か?」

紅莉栖「お、岡部の胸板にダイブ……えへへ」

639 : 以下、名... - 2011/12/26(月) 21:04:29.93 SQQPpAvd0 73/84

岡部「と、とにかくそこをどけ!俺はさきに上がる。風邪引くから服を脱いで湯船に浸かっていろ。着替えはあとで持ってくる」

紅莉栖「あっ、待って岡部」

岡部「な、なんだ。さきに言っておくが、一緒に風呂に入れはなしだからな」

紅莉栖「あんたが私の着替えを持ってきてくれるのはいいけど、その……」

岡部「……?」

紅莉栖「し、下着も戻ってくるの?」

岡部「あっ……」

紅莉栖「だから、一緒にお風呂に……」

岡部「ええい!ならばお前のカバンごと持ってくればいいんだろ!」

バタン

紅莉栖「くっ………逃げられた」orz

645 : 以下、名... - 2011/12/26(月) 21:28:07.83 SQQPpAvd0 74/84

岡部(風呂場でのイベントを回避し、残りは寝るだけ……これで俺の長いクリスマスは終わる)

紅莉栖「おかべー布団敷けたわよ」

岡部「ああ、分かった。じゃあそろそろ寝ると……する、……か」

紅莉栖「どうした?もの凄い顔してるわよ」

岡部「ふ、布団が一つしかないようだが……ああ、なるほどセルフサービスか」

紅莉栖「何言ってるのよ、約束したじゃない。一緒の部屋で一緒の布団で寝るって」

岡部(わ、忘れていた……ま、まさか最後にこんな試練があるとはっ!)

649 : 以下、名... - 2011/12/26(月) 21:34:33.47 SQQPpAvd0 75/84

岡部「そ、そうだったな、一緒に寝るんだったな……」

紅莉栖「うん、一緒に……電気、消すね?」

岡部「あ、ああ」

カチ

紅莉栖「……おやすみ、岡部」ソワソワ

岡部「お、おやすみ。紅莉栖」

岡部(お、落ち着け。鈴羽とも一緒のベッドに寝たが結局なにも起きなかったではないか!平常心、平常心を保つのだ。よ、よしまずは素数を数え)

ぎゅっ

岡部「!?」

紅莉栖「まだ、起きてる……よね?」

662 : 以下、名... - 2011/12/26(月) 21:48:54.92 SQQPpAvd0 76/84

岡部「ど、どうした?眠れないのか?」

紅莉栖「正確には眠りたくない、かな……岡部とずっとこうしていたい」

ぎゅっ

岡部(う、腕に紅莉栖の足が絡め付いてきた……)

岡部「く、紅莉栖……その、お前の気持ちは俺も気付いてはいる」

紅莉栖「ふぇ?」

岡部(何故驚く……まさか、こいつ、あそこまで行動に移しておいて気付かれないと思っていたのか?)

紅莉栖「い、い、い、いつから?」

岡部「い、いつからと言ってもな。前に言った通り、俺は複数の世界線を跨いで記憶を継続させているから、はっきりと時期は分からないが、割と前から気付いてはいた」

紅莉栖「な、な、気付いていて、岡部は今までスルーしてたの!?」

岡部「そうではない!ただ、その……あくまで憶測の域を出ない考えであったし、単なる俺の願望であるとも言い切れなかったからであって……」

672 : 以下、名... - 2011/12/26(月) 22:00:03.53 SQQPpAvd0 77/84

紅莉栖「が、願望ってそれって……」

岡部「しまっ、い、今のは失言だ!聞き流せ!」

紅莉栖「そ、それってつまり岡部も私のことを……?」

岡部「す、少なくとも嫌いではない。科学者としても尊敬しているし、大切なラボメンでもある」

紅莉栖「う、うん……」

岡部「い、いつかはその、それなりの返事をしようとは思っていた」

紅莉栖「な、なんで過去形なのよ!」

岡部「鈴羽とまゆりに告白されたから、二人の事も考えなければならなくなったからだ」

紅莉栖「なん、だと……?」

678 : 以下、名... - 2011/12/26(月) 22:14:46.15 SQQPpAvd0 78/84

紅莉栖「いつ!?」

岡部「昨日、鈴羽を実家に泊めた時。あとまゆりと買い物に出かけた時だ」

紅莉栖「そ、そんな……出遅れた」

岡部「鈴羽もまゆりも俺にとって大切な人だ。中途半端な気持ちでいい加減な返事をしたくない。紅莉栖、お前にもだ」

紅莉栖「岡部……」

岡部「俺だって男だ。今こうしてお前に抱き締められているだけで心臓はうるさいし、理性を保つのもやっとだ。だが、返事もなしにお前を抱くなんてでき……んむっ!?」

紅莉栖「んっ、あむ……ちゅっ」

岡部「ぷはっ、はあ、はあ……い、いきなり何をする!?」

紅莉栖「返事もなにも、答えならとっくに出てるじゃない」

岡部「なに……?」

684 : 以下、名... - 2011/12/26(月) 22:25:24.50 SQQPpAvd0 79/84

紅莉栖「あんたは、私をそこまで大切にしてくれる程、私の事を愛してくれてる」

岡部「だ、だがその理屈では鈴羽やまゆりにも同じ事が言えるのではないか?」

紅莉栖「そう、かもね」

岡部「なっ、ダメではないか!」

紅莉栖「でも、それでも確かに、あんたは私を愛してくれてるのに違いはない。はい、論破」

ぎゅっ

岡部「……お前らしくもない、論破の仕方だな」

紅莉栖「そうでもしないと口説けないじゃない」

岡部「……途中で止めろと言っても、もう歯止めはきかないからな」

紅莉栖「ふふっ、私もよ」

695 : 以下、名... - 2011/12/26(月) 22:48:19.81 SQQPpAvd0 80/84

「紅莉栖……」

助手ではなく、クリスティーナでもなく、セレセブでもない。彼女の名前を囁いて抱き締める。

「岡部……んっ」

啄むような軽いキス。それを何度も何度も互いに飽きる事なく繰り返し、いつのまにか唾液を吹い合うような激しいキスになっていた。

「脱がすぞ?」

「うん……」

恥ずかしそうな顔を赤らめる紅莉栖の顔を眺め、ボタンを一つずつ外していく。

「恥ずかしいから、あんまりジロジロ見んな」

全てのボタンを外し終えた。風呂から上がった後なので、ブラは付けていなかった。控えめではあるが形の整った乳房が露わになる。

「んっ……」

軽く手のひらで覆うと、紅莉栖はピクリと体を震わせた。

702 : 以下、名... - 2011/12/26(月) 23:02:02.00 SQQPpAvd0 81/84

柔らかい。マシュマロのような感覚をもみほぐしながら手のひらで楽しみつつ、時折指でつんと立ったピンク色の突起を弾く。

「んあっ、ちょっと、お、おかべ」

「どうした?紅莉栖」

少しだけ、意地の悪い声が出ていたのだと思う。紅莉栖が鋭い目で俺を睨み付けていた。
普段ならこの目に怯み、のけぞっていただろうが、頬を赤らめ呂律の回らない彼女に自分の中の何かが刺激された。

ひょい、と少しだけ強めに突起を捻る。

「ひゃっ!」

すると紅莉栖は普段では想像できないような、情けない声をあげて、体を一段と大きく震わせた。

ぞくり、と俺の中の何かがまた刺激された。
もっと彼女の反応を見てみたい。もっと彼女をイジメてみたい。いつのまにか、そんな欲望がだんだんと肥大化し、、俺に中に残っていた僅かばかりの理性は呆気なく砕け散った。

713 : 以下、名... - 2011/12/26(月) 23:10:54.46 SQQPpAvd0 82/84

次の日

紅莉栖「………」ビクンビクン

岡部(起きたら紅莉栖がホワイト紅莉栖マスを迎えていた。何を言っているのか分からないと思うが、俺にも分からない)

岡部「どうしてこうなった」

岡部(や、やり過ぎたな……俺も紅莉栖も色んな液でベタベタだ)

岡部「な、なあ……紅莉栖、起きてるか?」ペシペシ

紅莉栖「んっ、ら、らめょ、おかへ、まだイッたばかり……」

岡部「な、なんて寝言を言っている!お、起きろ!」ペシペシ

紅莉栖「んっ、もっと……Zzzz」

岡部「起きないか……昨日は無理をさせ過ぎたな」

728 : 以下、名... - 2011/12/26(月) 23:38:59.32 SQQPpAvd0 83/84

岡部「しかも、もう昼過ぎではないか……いくらなんでも寝過ぎだ」

岡部(しかし、このままでは下手すればもう一泊ここで過ごすはめになるかもしれんな……)

紅莉栖「んっ……おかべぇ、だいすき……Zzzz」

岡部「ふっ、まあこのままあと一泊するのも悪くはないか」

岡部(帰ったらラボの合い鍵を鈴羽に渡さないとな。一緒に暮らす事になるんだ、掃除もするか)

岡部(まゆりとも、今度からは幼馴染みとしてではなく、ちゃんと女の子として接しなければな……だが急には難しいな)

岡部(ルカ子とフェイリスともちゃんと話をしなければならんし)

岡部「さきは思いやられるが、長いクリスマスは終わった。あとは全てシュタインズ・ゲートの選択に委ねるさ」

終わり

734 : 以下、名... - 2011/12/26(月) 23:41:18.73 SQQPpAvd0 84/84

とりあえずこれでおしまい。フェイリスのパンツの行方は想像に任せるニャン

書きためないから遅くてごめんね。読んでくれた人、保守してくれた人、ありがとニャンニャン

記事をツイートする 記事をはてブする