1 : 以下、2... - 2016/01/02 09:33:27.93 cjbCfg1B0 1/49

奉仕部の部室


雪乃「比企谷くん、お茶のおかわりはいるかしら?」

八幡「別に」


雪乃「別にだけではわからないわ、いるの?いらないの?」

八幡「いらない」

雪乃「そう」


結衣「ねえ、ゆきのん~この問題難しいよ~」

雪乃「ええと、それは…」


八幡「…」

元スレ
八幡「いつもと変わらない」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1451694807/

2 : 以下、2... - 2016/01/02 09:38:03.88 cjbCfg1B0 2/49

八幡(いつもと変わらない奉仕部…)

八幡(こうして見ると、3年になってからも特に変化ないように見えるな…)

八幡(実際はかなり変わってるんだけど)


雪乃「どうしたの?比企谷くん?気分でも悪いのかしら?」

八幡「いや…」

結衣「ホントに大丈夫、ヒッキー?」

八幡「大丈夫って言うなら雪ノ下だろ」

雪乃「どうしてかしら?」

八幡「なんか丸くなったから」

3 : 以下、2... - 2016/01/02 09:43:09.14 cjbCfg1B0 3/49

雪乃「丸くなった?私が?」

結衣「あ~それはなんとなくわかるかも」

八幡「毒舌がなくなっただろ、主に俺に対する」

雪乃「そ、そうかしら…?」

八幡「ああ、これで三浦が泣かされることもなくなるな」


結衣「あはは、そうだね~」

雪乃「ちょ、ちょっと二人とも…バカにしているのかしら?」

結衣「バカになんてしてないよ、でもさ」

結衣「ゆきのんが優しくなったのも、隼人君と付き合うようになった辺りからだよねっ」

雪乃「そ、それは…」

八幡「そうだな」

八幡(変化その1:雪ノ下に彼氏ができた)

6 : 以下、2... - 2016/01/02 09:49:36.96 cjbCfg1B0 4/49

八幡「葉山との仲もうまくいってるんだろ?」

雪乃「そうね、うまくいってるほうかしら」

八幡「それはなにより」


結衣「そっか~うまく行ってるんだ、よかったね」

雪乃「ええ」

結衣「最初はすぐに別れると思って心配だったんだよ」

雪乃「私もそう思っていたのだけれど」

雪乃「彼が頑張ってくれているのよ」

八幡「陽乃さんが納得しなさそうだもんな」

雪乃「彼が最初、耐えてくれたのよ」

八幡(あの陽乃さんの攻撃を耐え抜いたのか、凄いな葉山の奴)

7 : 以下、2... - 2016/01/02 09:54:53.92 cjbCfg1B0 5/49

雪乃「正直、障害は大きいけれど葉山くんがいてくれた方がうまくいくことも多いわ」

八幡「お前の家関連は葉山と密接に関係してるしな」

雪乃「そういうことね」

雪乃「だから、彼との関係はまだ恋人というわけではないと思うわ」


結衣「そっか~、でもいいなゆきのんは」

雪乃「?どういうこと?」

結衣「あ、あたしはさ…」

八幡「お前の方はうまくいってないのか?」

結衣「だ、だってさ…元々、さがみんからの紹介の人でさ」

八幡(変化その2:由比ヶ浜にも彼氏ができた)

9 : 以下、2... - 2016/01/02 10:02:43.26 cjbCfg1B0 6/49

八幡「待て待て、なんで相模の紹介なんだよ、せめてそこは三浦だろ」

結衣「去年の体育祭のあとさ、少し仲良くなっててさ」

八幡「そうだったのかよ、あいつ変わったのか?」


結衣「それはわかんないけど…でもさがみんって美人じゃん?」

八幡「それはわかるが」

雪乃「所詮男は顔ということかしら?」

八幡「違う、客観的事実だ」


結衣「それで、学校でも結構モテるし」

八幡「あんなことやらかしても、もう戻ってこれたんだな。さすが相模か」

雪乃「それ以前に、去年のことなんて誰も気にしないでしょ、受験もあるのに」

10 : 以下、2... - 2016/01/02 10:06:32.93 cjbCfg1B0 7/49

結衣「それで、一人紹介してもらってさ」

八幡「付き合ったんだろ?」

結衣「つ、付き合ったっていうか…う~ん」

結衣「付き合ってるのかな…?」

八幡「俺に聞くなよ…」


雪乃「その彼氏は総武高なの?」

結衣「うん」

雪乃「どんなことをされたの?」

結衣「どんなって……いい人ではあるんだけど…夜遊びに誘ったりとか」

八幡「まだ受験まで時間あるとはいえ、この時期にか…」

11 : 以下、2... - 2016/01/02 10:11:23.67 cjbCfg1B0 8/49

結衣「うん、だからさ…夜遊びは断ってるんだけど」

八幡「じゃあ、いつ遊んでるんだ?」

結衣「日曜日くらいかな」

八幡「そういや、学校で話してるのも見たことないな」

結衣「なんとなく近づきずらくてさ…」

雪乃「それって付き合ってるの?」

結衣「だから…あんまり付き合ってるとは言わないよね…」


八幡「遊びに行ってるだけだな」

結衣「うん」

雪乃「比企谷くん、安心したって顔だけれど?」

12 : 以下、2... - 2016/01/02 10:16:15.16 cjbCfg1B0 9/49

八幡「はあ?な、なに言ってんだ…」

雪乃「動揺を隠せてないわね」

結衣「え?え?ヒッキー?」


八幡「…俺たちの中では何も変わらないって言ったのお前らじゃなかったか?」

雪乃「正確には変えないでおこうだったかしら」

八幡「…」

結衣「ゆきのんがさ、隼人くんとそういう関係になったのは…」

雪乃「私たちの関係は進展しないとわかったからかもしれないわね」


結衣「でもさ…奉仕部がなくなって…あたし達も卒業したらさ…」

八幡「……」

14 : 以下、2... - 2016/01/02 10:20:53.86 cjbCfg1B0 10/49

雪乃「それは誰も付き合ってなかったらの話ね」

雪乃「私は既に葉山君と付き合っているし」


結衣「そ、そっか…そうだよね…」

八幡「奉仕部がなくなっても、ここの絆は消えないだろ」

結衣「うわ…ヒッキーっぽくない発言…」


八幡「うぐ…しまった…」

雪乃「いいんじゃないかしら?以前にも同じくらい恥ずかしいことは言ってるでしょう」

八幡「穴があったら、入りたい…マジで」

15 : 以下、2... - 2016/01/02 10:28:03.34 cjbCfg1B0 11/49

ガラガラ

いろは「こんにちは~みなさんっ!」

結衣「やっはろーいろはちゃんっ」

雪乃「ごきげんよう、一色さん」

八幡「一色かよ、遅かったな」


いろは「生徒会の関係で少し」


ガタガタ

八幡(いつものごとく、手慣れた感じで椅子用意しやがった…)

いろは「あの、雪ノ下先輩にお伺いしたいんですけど」

雪乃「なにかしら?」

いろは「葉山先輩とはうまくいってるんですか?」

16 : 以下、2... - 2016/01/02 10:32:16.91 cjbCfg1B0 12/49

八幡「いきなりすぎるだろ…」

いろは「だって、気になるじゃないですか」

八幡「はあ」


雪乃「うまくいってるというのは、何を指すのかしら?」

いろは「決まってるじゃないですかっ!仲がいいのかどうかですよっ」

雪乃「そうね…仲はいいと思うわ」

いろは「ふんふん、なるほど…仲がいいと」

雪乃「でも、完全に付き合ってるかと言われれば…そこまでではないかも」

いろは「いえいえ、それはもう付き合ってますよっ」

雪乃「そうなるかしら…」

いろは「ええっ」

17 : 以下、2... - 2016/01/02 10:36:20.49 cjbCfg1B0 13/49

八幡「強引にねじ込んでないか?お前…なにこれ?」

いろは「そんなことないですよ~」

いろは(よしよし、あとは結衣先輩にも伺ってと…)


いろは「結衣先輩っ」

結衣「なに?いろはちゃん…」

いろは「結衣先輩も彼氏さんいらっしゃいますよねっ?」

結衣「え…えと…彼氏っていうか…」

いろは「うまくいってます?」

結衣「え、ええと…どうなんだろ…日曜日くらいしか遊ばないし…」

いろは「なるほど…プラトニックな恋人というわけですね」

19 : 以下、2... - 2016/01/02 10:43:34.80 cjbCfg1B0 14/49

八幡「なにこの強引な攻めは…」

雪乃「なんだか策略を感じるわね」


いろは「…」チラ

いろは(どうだろ…先輩、動揺してるかな…?)

いろは(二人に恋人ができたとわかってるなら動揺すると思うけど…)


八幡「なんだ?」

いろは「いえ、なんでもありません」


ガラガラ


三浦「…あの、さ」


八幡「あ…三浦…」

結衣「あれ?優美子?」

三浦「依頼…てその、できる?」

21 : 以下、2... - 2016/01/02 10:51:00.79 cjbCfg1B0 15/49

雪乃「それで、依頼というのは何かしら?」

結衣「でもさ、もうこの時期で依頼受けてもいいの?」

雪乃「まだ廃部ではないし、大丈夫でしょう」


八幡「そもそもここは、平塚先生の私物だしな」

いろは「え、そうなんですか?」

八幡「まあ大体な」


三浦「依頼はさ…隼人のことなんだけど」

雪乃「葉山くんのこと?」

23 : 以下、2... - 2016/01/02 10:58:25.44 cjbCfg1B0 16/49

結衣「え、ええと…優美子、隼人くんは、あのさ」

三浦「大丈夫だって、結衣」

結衣「え?」

三浦「隼人が選んだことだし、納得はしてるつもり…一応」

雪乃「殊勝な心がけね、三浦さん」

八幡「お前も一言多いぞ」

雪乃「そうね、悪かったわ」

八幡(素直な雪ノ下さんとか超怖いんですけど)

結衣「じゃあ、依頼っていうのは…」

三浦「あーしらのグループさ…今、あんまよくないじゃん」

25 : 以下、2... - 2016/01/02 11:05:17.52 cjbCfg1B0 17/49

結衣「あ、うん…確かにね」

いろは「え~そうなんですか?」

八幡「あのトップカーストがか…?ああ、なるほどな」


雪乃「もしかして、葉山くんが原因かしら?」

三浦「…雪ノ下さんが隼人と付き合ってから…隼人が付き合い悪くなって」

八幡「本当か、由比ヶ浜?」

結衣「うん、まあそうかな」

いろは「ちょっと信じられないですね~あの葉山先輩が」

三浦「戸部とかとも疎遠になってさ、あーしら今は結衣と海老名の3人みたいなもんだし」


八幡「…」

八幡(まあ、葉山が雪ノ下と付き合い始めた辺りから予想はしてたが…)

八幡(多分、周りからするなら恋人できたくらいであいつが友達と疎遠になるかという感じなんだろうな)

27 : 以下、2... - 2016/01/02 11:10:24.49 cjbCfg1B0 18/49

八幡(しかし、あいつは本物の恋はしてないって言ってたし)

八幡(相手が雪ノ下なら…まあ、こうなっても仕方ないか)

八幡「それで、関係修復したいってことか」


三浦「うん、まあそんなところ…」

結衣「な、なんとかならないかな…?」

八幡「難しいかもな」

結衣「え?ヒッキー?」

八幡「関係を戻すだけなら、簡単かもな」

八幡「でもそれは、普段のあいつとは違う弱い部分も見ることになるぞ、多分」

三浦「弱い部分…」

29 : 以下、2... - 2016/01/02 11:15:21.49 cjbCfg1B0 19/49

八幡「三浦ならなんとなくわかってると思うが…」

三浦「隼人の優しさは仮面てこと?」


八幡「仮面て程じゃないと思うけどな…あいつ今、余裕がないんだろ」

八幡「もちろん恋人ができたからな」

三浦「…」

雪乃「…」

八幡「だから、友達関係まで気をまわせてない。だから疎遠になってるんじゃないのか?」

結衣「付き合い悪くなったのもそれだしね」

八幡「戸部はともかく、大岡たちは葉山がいないと個人主義に走るみたいだしな」

三浦「個人主義?」

八幡「どのくらい治ったのかわからんけど、去年似たようなことあっただろ」

30 : 以下、2... - 2016/01/02 11:22:14.11 cjbCfg1B0 20/49

雪乃「班決めのときの依頼の件ね。葉山くんの依頼だったかしら」

八幡「そうあれ」


三浦「…隼人の弱さとか見て、離れるかもってこと?」

八幡「そこまでは言わないけどな」

八幡「ただ、険悪モードに今現在なってるなら…」

八幡「戻そうとするなら、理由を言わないと駄目だろ」

八幡「葉山は、恋人と友達を両立できるほど器用じゃないってことだしな」


三浦「……」

31 : 以下、2... - 2016/01/02 11:26:42.29 cjbCfg1B0 21/49

八幡「そういう感じでいいなら、葉山に持ちかけるけど」

雪乃「依頼はあくまで、自立を促すのが目的よ。やるのは三浦さんだわ」

三浦「あーしが…隼人に…」


八幡「疎遠になった理由えお話すよう催促するって感じか」

三浦「……わかった、あーしがする」

結衣「優美子…」

三浦「何回も奉仕部に助けてもらったしさ…あーしだってそれくらいできるし」

八幡「まあ、原因が本当にそれかは、葉山に聞いてみるわ」


ガラ

いろは「あれ?誰か来たみたいですよ?」

川崎「あっ……」

八幡「あ…」

32 : 以下、2... - 2016/01/02 11:31:02.88 cjbCfg1B0 22/49

川崎「……」

八幡「……」

結衣「あはは、めずらしいよね、沙希がここに来るなんてっ」

雪乃「それで…あなたはどんな依頼なのかしら?」

川崎「えっと…あたしは…その…」

三浦「ていうか、あーしの依頼まだ終わってないけど?」

川崎「は?なんかひと段落ついたっぽいじゃん、ならいいでしょ」

三浦「は?」

川崎「は?」

八幡(やめてっ!怖すぎるからやめてっ!)

33 : 以下、2... - 2016/01/02 11:39:59.72 cjbCfg1B0 23/49

結衣「ま、まあまあっ!ほら、依頼を言ってよ!ね?」

八幡(由比ヶ浜…いつか心労で倒れないようにな)


川崎「あ、あたしは……あのその」

八幡「…」

雪乃「どうしたの?」

川崎「そうっ、大志が…」

結衣「ん?太子?」

雪乃「大志ね、きっと」


八幡「大志が…なんだ?」

川崎「あ……!彼女できたっぽくて…」

ガタ

いろは「なんですか先輩?急に立ち上がって」

八幡「彼女…?同じ学校のか?」


34 : 以下、2... - 2016/01/02 11:44:56.63 cjbCfg1B0 24/49

川崎「あ…、あんたもよく知ってる…」

八幡「小町か成程、引き受けよう」


いろは「え?なんですか即決!?」

結衣「うわ~本当、ヒッキーてシスコン…」

雪乃「ほんとにね」

八幡「お前も、大志が心配というわけだな」

川崎「えっ?そりゃ…まあ当然」


三浦「なに?あんたブラコンなん?ウケるっ、今時高1で彼女とか普通だし」

川崎「家族心配すんのがそんなにダメなことなわけ?」

三浦「別にそうは言わないけど」

35 : 以下、2... - 2016/01/02 11:52:20.23 cjbCfg1B0 25/49

八幡「落ち着けっての…これで依頼も終了だろ」

雪乃「そうね、では早速とりかかろうかしら?」

八幡「俺としては、すぐにでも小町のところに行きたい」

雪乃「いいわよ、葉山くんは私が聞いておくわ」


八幡「えっ?いいのか?」

雪乃「恋人の私が聞く方が自然でしょう?彼、あなたのことは苦手みたいだし」

八幡「俺もあいつ苦手だしね、助かる」

雪乃「わかったわ」


結衣「あたしすることなさそうだな…」

いろは「…」

いろは(先輩…どうなんだろ?もう吹っ切れてるのかな?)

いろは(あんまり寂しそうにしないし、ていうか普通に話してるし)

36 : 以下、2... - 2016/01/02 11:58:35.84 cjbCfg1B0 26/49

いろは(寂しそうにしてないし吹っ切れてるなら…わたしが告白してもいいよね)

八幡「俺はとにかく、1年の教室に行ってくる」

川崎「えっ…?今から…?」

八幡「当たり前だ、こうしちゃおれんっ」

川崎「いや…今からはさ…」

八幡「お前も大志が心配じゃないのか?」

川崎「いや、それは…」


いろは「よーし、わたしが同行しますよっ先輩!行きましょう!」


スタスタスタ

川崎「ちょっと、比企谷っ!…行ったし…」

三浦「あんたも大変だし…」

38 : 以下、2... - 2016/01/02 12:07:00.09 cjbCfg1B0 27/49

1年の教室

いろは「いや~やっぱり、わたしがついてきててよかったですね」

八幡「まあ、たしかに…」

いろは「先輩一人だと、絶対不審者に間違われてましたよ」


八幡「ひどい物言いだけど…同感だ…」

いろは「目が血走ってましたし」

八幡「しかし、遅いな…」

いろは「今、呼んでもらってるんですからもう少しですよ」


小町「もう…お兄ちゃん…いきなりビックリするよ~!」

八幡「おお、小町…無事だったか…!」

小町「いやいや意味わかんないし…あれ?いろはさんっ!こんにちは~」

いろは「うん、こんにちは~!」

40 : 以下、2... - 2016/01/02 12:10:19.23 cjbCfg1B0 28/49

八幡「あれ?なんでそんな親しげ?」

小町「生徒会とかでお世話になったこともあったしさ、それで」

いろは「そうなんですよ、最初は先輩の妹さんって知って驚きましたけど」


八幡「…あ、そうなの」

八幡(なにこれ?小町は一色の毒牙に…やばくね?)

八幡「ところで小町…聞きたいことがある」

小町「え?なに?」

八幡「おまえ…大志じゃなかった、いい関係の男子はいるのか?」


小町「え?ええ~?」

いろは「うわ…直だ…」

41 : 以下、2... - 2016/01/02 12:17:48.15 cjbCfg1B0 29/49

小町「話が急過ぎてついていけないよ…」

八幡「だから大志…じゃなくて、恋人だ恋人」

小町「…」


小町「大志くんと付き合ってるか知りたいの?」

八幡「…なんでわかんの?」

小町「うわ…お兄ちゃん、思考回路正常に働いてないよね…」

いろは「先輩……落ち着きましょう…」


------------------------------------------------

小町「え…そんな依頼が来たの?」

八幡「ああ、で?どうなんだ?返答次第では大志を…」

小町「付き合ってなんかないよ」

いろは「あれ、即答…」

八幡「ま、マジか…?本当だな…?」

42 : 以下、2... - 2016/01/02 12:21:10.13 cjbCfg1B0 30/49

小町「うん、本当だよっ」

八幡「そ、そうか…よかった…」

小町「もう…大志君になにかしたらかわいそうでしょ」

小町「お兄ちゃん、絶対そんなことしないくせに」


八幡「いや、まあ…」

いろは「…?」

小町「それと、その依頼は出まかせだと思うな…その場で咄嗟にだしたというか」

八幡「え?そうなのか…?」

小町「うん、多分ね」

いろは「……?」

45 : 以下、2... - 2016/01/02 12:25:13.86 cjbCfg1B0 31/49

小町「それとっ!いろはさんとこんな所に来ちゃ駄目だよっ!小町もさすがに怒るよ!」

いろは「ほんとですね~、どれだけシスコンなんですか、先輩は」

八幡「気を付けるっての…」

小町「ちゃんとしなきゃダメだよ、そういうのはさ」

八幡「まだ…その、慣れてなくて…」

小町「それ理由になんないし、なんならカミングアウトすればいいのに」

いろは「なにを?」

八幡「待て小町…この話はここまでだ。俺たちは帰る、それじゃあな」

小町「うん、それじゃあね、いろはさんも」


いろは「…?うん、またね」

46 : 以下、2... - 2016/01/02 12:32:24.63 cjbCfg1B0 32/49

スタスタ


いろは「先輩~~」

八幡「なんだよ…?」


いろは「このあと…その、暇ですか…?」

八幡「暇といえばそうか…帰るだけだしな」

いろは「奉仕部は?」

八幡「もうみんな解散したらしいぞ、教室も閉めたみたいだな」

いろは「あ、そうなんですか」

八幡「なんだよ?どっか行きたいところあるのか?」

いろは「あれ?連れて行ってくれるんですか?」

八幡「前にお前も行ってただろ、参考になるかもしれないし」

いろは「ああ~、前のデートの時ですねっ」

八幡「そんな大声で言うなよ…」

47 : 以下、2... - 2016/01/02 12:36:22.02 cjbCfg1B0 33/49

いろは「先輩、もしかして照れてます?」

八幡「て、照れてないっての…」

いろは「…わたし、先輩に言っておきたいこととかありまして」


八幡「…?」

いろは「そういえば、奉仕部なんですけど」

八幡「奉仕部がどうかしたか?」

いろは「あんまり雰囲気変わってないですよね、楽しそうです」

八幡「ま、表向きはな」

八幡「でも、実際は変わってるけど」

いろは「知ってます」

いろは「雪ノ下先輩に、彼氏できましたもんね」

八幡「それが一つ目だな」

48 : 以下、2... - 2016/01/02 12:40:52.70 cjbCfg1B0 34/49

いろは「しかも相手が葉山先輩…」

八幡「落ち込んだだろ?一色」

いろは「それは先輩も同じじゃないんですか?」

八幡「さあ…」

いろは「それから…」


八幡「由比ヶ浜も付き合ってる男がいるな」

いろは「意外ですよね~、先輩とは付き合えないと思ったからなんでしょうね」

八幡「……」

いろは「裏では変わってるんですね、まあ彼氏がお二人にできたっていうだけですけど」

八幡「…」

いろは「でも、多分処女のお二人が…もしかしたらもう…なんて考えると」

49 : 以下、2... - 2016/01/02 12:44:32.45 cjbCfg1B0 35/49

いろは「先輩としては寂しいんじゃないですか?」

八幡「いや、そうでもないぞ」

いろは(あれ?本当に平気そう…)

八幡「やっぱり、あの二人と付き合うのは難しいって思ってたしな…」

いろは「そうなんですか…ていうか、今のモテ男の発言ですよ」

八幡「他に言い回しが思いつかないんだよ…」

いろは「まあ、先輩モテますからいいです。許してあげます」

八幡「なんで許されてんの俺…」


いろは「でも、いいじゃないですか…そうやって許されて…」

いろは「先輩を見てる人もいるんですから…」

八幡「……」

50 : 以下、2... - 2016/01/02 12:51:13.60 cjbCfg1B0 36/49

いろは「いつもと変わらない奉仕部でも確実に変わってるんですね」

八幡「まあな、3人で籠っててもいいことなんかないっての…」

八幡「表では変わらなくても、裏で変わることだってあるってことだ」


いろは(この表は多分客観的視点ていう意味かな、親しくない人から見れば、特に変化のない奉仕部)

いろは(でも、中では恋人とかできて変わってる)

いろは(先輩を除いて…)


いろは「でも、先輩は凄いと思いますよ」

八幡「はあ?すごいか?シスコンだよ、俺」

いろは「認めちゃうんだ…とにかくすごいです」

いろは(自分だけまだ変化のない状態…それでも寂しさを感じない)

いろは(決して表情に出さないのが…凄い)

いろは(わたし、周りの表情に結構敏感なんですよ?そうやって生きてきたし)

51 : 以下、2... - 2016/01/02 12:59:06.55 cjbCfg1B0 37/49

いろは「まだ、変化のない先輩にプレゼントでもあげようかなって」

八幡「はあ…?」

いろは(よーし、いろは!落ち着け…買い物に行くだけだし、大丈夫)

八幡「変化って言えばな、実はまだあってな…」


いろは「えっ…?奉仕部の?」

八幡「ああ、まあ…」

いろは「え?なんですか、なんですか?」

八幡「まあ、今日はもう遅いし帰るか…」スタスタ

いろは「ちょっと、先輩っ!はぐらかさないでくださいよ~~!」


---------------------------------------------

同じ頃

葉山「そうか…疎遠にか…」

雪乃「葉山くん、あなたが私と付き合っているから、グループが険悪というんは事実なのね?」

葉山「どうだね…確かにそうかもしれない…」


雪乃「そう…」

葉山「確かに俺のせいだと思う…戸部たちと最近は遊んでいないから…」

52 : 以下、2... - 2016/01/02 13:03:56.17 cjbCfg1B0 38/49

雪乃「私を優先していたというのなら、私にも責任があるわね」

葉山「いや、そうじゃない。俺は今まで仮面をつけて生きてきたからね」

葉山「底をみせていなかった誰にも…だから、あいつらは戸惑ってるんだと思うよ…」

雪乃「葉山隼人が彼女ができたくらいで両立ができなくなると?」

葉山「ああ…俺は正直そんなにすごい奴なんかじゃないしね…そういう風に取り繕うのはやめたんだ」


雪乃「葉山君…」

葉山「話してみるよ、自分から…優美子にも、そして戸部達にも」


雪乃「わかったわ」

葉山「君に心配かけるなんて、俺はダメだなまだまだ」

雪乃「何を言ってるの?私は弱さを見せてるあなたの方が好きだわ」

葉山「ありがとう…雪乃ちゃん」

53 : 以下、2... - 2016/01/02 13:07:24.03 cjbCfg1B0 39/49

結衣「どうだった~?」

雪乃「原因は比企谷くんの言う通りだったわ」

結衣「あ、やっぱりそうなんだ」


雪乃「あとは…彼ら次第ね、うまく行くといいけれど」

結衣「うんっ」


結衣「でもさ、奉仕部も変わったよね」

雪乃「そうね、周囲から見れば何も変わらないでしょうけど」

結衣「ゆきのんが、あんなに隼人君と仲良くなってるもんね」

雪乃「もう…」

結衣「あはは、照れてるゆきのん可愛い」

55 : 以下、2... - 2016/01/02 13:11:28.50 cjbCfg1B0 40/49

雪乃「由比ヶ浜さんも同じでしょう?」

結衣「あたしは……まあ、そうだね」

雪乃「あら、認めるのね」

結衣「だって、ヒッキーに悪いもん…」

雪乃「?」

結衣「ヒッキーはあたし達が変化することを望んでる…だから…」

雪乃「無理に恋人になっても意味がないわ。いい人は選りすぐって出会えるものでしょう?」

結衣「ゆきのん…」

雪乃「今の彼氏を悪く言うつもりはないけど、執着点にする必要はないわ」

雪乃「それこそ、私たちなんてまだまだこれから…どうなるかもわからないんだから」

結衣「うん…そうだよねっ」

57 : 以下、2... - 2016/01/02 13:15:47.69 cjbCfg1B0 41/49

雪乃「ところで、比企谷くんだけど…隅に置けないわね」

結衣「えっ?どういうこと?」

雪乃「気づかなかったかしら?奉仕部で…あれで隠せてるつもりだったのかしら?」


結衣「え?え?なに、ゆきのん…どういう意味?」

-----------------------------------------------------

校門


いろは「せんぱい~~教えてくださいよ~~」

八幡「もうその話はいいだろ…」


いろは「気になるじゃないですか~~」

八幡「しつこいぞ…て」

いろは「どうしたんですか?…あれ?」


川崎「……」

八幡「……」

59 : 以下、2... - 2016/01/02 13:19:31.86 cjbCfg1B0 42/49

いろは「え…あれ?」


八幡「なにやってんの?ここで…」

川崎「なにって…待ってたんだけど」

八幡「おい……それはやめるって言ってなかったか…」

川崎「そうだけどさ…あんたって…ほら」

八幡「な、なんだよ…」

川崎「由比ヶ浜たちともそうだけど…彼女ともさ、仲いいじゃん」

八幡「あ…それか」

川崎「そ、だから…奉仕部に様子見でさ」

八幡「依頼内容その場で考えたのはそういうことか」

川崎「知ってたんだ?そういうこと…」


いろは「……」

60 : 以下、2... - 2016/01/02 13:23:56.19 cjbCfg1B0 43/49

いろは「えっと…えと…じゃあ、先輩!わたし、生徒会戻らないと駄目なんで戻りますねっ!」

八幡「えっ…そんなこと一言も…おいっ」


タタタタタ


川崎「…あんたって、罪な男だよね」

八幡「言うなよ…はあ」

川崎「しばらく内緒にしとこうって言ったのもあんただしさ」


八幡「そうだな…一色にはまた言っとく」

川崎「じゃあさ…帰ろ」

八幡「…おう」

63 : 以下、2... - 2016/01/02 13:27:34.30 cjbCfg1B0 44/49

いろは「あははは、そういうことか~~~!」

いろは「まあ、そうだよね…先輩だって人間だもん…顔に出さないわけないよね…寂しさとか…!」

いろは「先輩もちゃんと変わってたんだ…そういうことか…」


いろは「ちゃんと……彼女作ってたんだ……そっか…」

いろは「そうだよね……先輩…」

いろは「う、うぐ……先輩…ひっく…うぐ…」


結衣「あ…いろはちゃん…」

雪乃「行かない方がいいわ」

結衣「え…でも…」

65 : 以下、2... - 2016/01/02 13:35:45.63 cjbCfg1B0 45/49

雪乃「さっき、川崎さんが校門にいたわ、見たのよきっと」

結衣「そっか…」

雪乃「しばらく、泣かせてあげた方がいいわね」

結衣「うん」


いろは「ひぐ…うぐ…」

----------------------------------------------


川崎「あたしが告白したとはいえさ…付き合えるとか思わなかった」

八幡「俺も意外だったぞ…告白してきた時は…」

川崎「でもさ…うまくいって良かったよ、あんたとは色々あったし」

八幡(川崎とは妹、弟つながりで親しいからな)

八幡(ある意味一番学校内で絆が深いともいえるか…予備校も同じだし)

八幡「そういや、奉仕部もかなり変わってな」

川崎「だろうね、あんたに彼女とかさ」

八幡「一番驚くべきところだろ」

川崎「雪ノ下や由比ヶ浜はいなかったのが不思議なくらいだし」

八幡「まあな」


八幡(変化その3:比企谷八幡に彼女ができた)

66 : 以下、2... - 2016/01/02 13:41:31.68 cjbCfg1B0 46/49

番外

小町「大志君聞いてよ~お兄ちゃんがさ~」

大志「それは大変だったね…」


小町「大志くんは小町の大切な友達なんだから、そういうのやめてほしいよね」

大志「うん…すごい微妙だけどね…うん」

小町「いろはさんと教室に押しかけてきちゃうしさ~」

大志「まだ言ってないんだね、姉ちゃんと付き合ってるって…」

小町「うん」


大志「でも、本当にお兄さんになるかもしれないのか…」

小町「そだね~沙希さんと相性かなりいいしっ」

大志「確かにっ、今度プール一緒に行くみたいだしね」

小町「ほほーそれは隅に置けないですな~、その日はもしかして帰ってこないかも…?」

大志「え?それって…」

小町「お互い初めてだろうし、熱くなりそうだね~~~っ!」

大志「比企谷さん…」


おしまい

67 : 以下、2... - 2016/01/02 13:42:08.92 cjbCfg1B0 47/49

終了です、ありがとうございました^^

75 : 以下、2... - 2016/01/02 19:40:19.63 9ze0mIhAO 48/49

これって、雪乃が葉山と付き合ったのが先なのか、八幡が沙希と付き合ったのが先なのか、どっちだろう?
八幡が沙希に付き合い始めたから、雪乃と結衣が諦めたのかな?
いろは…まあ頑張れ

79 : 以下、2... - 2016/01/02 21:08:19.66 y0kb5yUao 49/49

女子二人、特にガハマさんが八幡をさし置いて恋人を作るとは考えにくいから、川なんとかさんが押しまくって八幡を落としたのが先なんじゃね?

記事をツイートする 記事をはてブする