1 : 以下、名... - 2011/11/04(金) 01:10:46.43 wvdIplK10 1/25

岡部「ん?メールか。ルカ子から?」

『 From ルカ子
Sub 大変なんです!
  凶真さん!白いおっしこが出たんですけど、これって病気ですか?
  突然すいません。でも、どうしたら分からなくて、親にも相談できなくて
  僕、どうしたらいんでしょう』

岡部「ブフォッ」

紅莉栖「ちょっ!なに人にドクペ吹きかけてんのよ!」

岡部「あ、あぁ、すまん紅莉栖」

紅莉栖「え……今、紅莉栖って……」

岡部「ちょっと出かけてくる」

紅莉栖「え?」

岡部「妖刀五月雨が俺を呼んでいる」

紅莉栖「は?」

元スレ
ルカ子「きょ、凶真さん……白いおしっこが出たんです」岡部「」
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1320336646/

7 : 以下、名... - 2011/11/04(金) 01:15:29.82 wvdIplK10 2/25

岡部「ルカ子!」

ルカ子「あ!岡…じゃなくて凶真さん!来てくれたんですか!」

岡部「あんなメールを見せられてはな。じっとしているわけにはいかないさ」

ルカ子「ありがとうございます!」

岡部「なに、可愛い弟子の危機だ。放っておくわけにはいかん」

ルカ子「えっ…危機って…やっぱり何かの病気なのでしょうか…」

岡部「病気…というのは少し違うかもしれんが、このままだと危ないのは確かだ」

ルカ子「えぇ!?」

岡部「とりあえず、そのときの状況を聞かせてもらおうか」

ルカ子「はい。えっと…今朝起きたら、その、股のあたりに違和感があったんです」

岡部(……夢精だったか)

ルカ子「それで、この歳になっておねしょしちゃったのかと思ったんですけど、どうも違うんです」

岡部「ほぅ……」

ルカ子「なんていうか、白くてネバネバしたものが出てたんです」

岡部「それはそれは……」


9 : 以下、名... - 2011/11/04(金) 01:22:50.63 wvdIplK10 3/25

ルカ子「どう、なんでしょう…」

岡部「ルカ子よ。安心するがいい。この鳳凰院凶真に任せれば何の問題もない」

ルカ子「ほ、ほんとですか!?」

岡部「あぁ。だから、もう少し詳しく聞かせてくれないか。例えば、見た夢の内容なんかを」

ルカ子「夢ですか…。あんまりよく覚えてないんですけど…」

岡部「どんな些細なことでもいいぞ」

ルカ子「そう、ですね…。たしか…凶真さんが出てきたような気がします」

岡部「俺が?」

ルカ子「は、はい」

岡部(俺の出てくる夢でとは…)

16 : 以下、名... - 2011/11/04(金) 01:35:13.11 wvdIplK10 4/25

岡部「それで?その夢で俺とお前は何をしていた?」

ルカ子「…すいません。覚えてないです」

岡部「ふむ…そうか。まぁいい。その時、どんな気持ちだったかは分かるか?」

ルカ子「凶真さんが出てきたとき、ですか?」

岡部「そうだ」

ルカ子「そうですね…その……」

岡部「どうした?はっきり言わないと正しく処置ができなくなる」

ルカ子「その…ちょっと昂っていた…ような気がします」

岡部「ほうほう。俺と一緒に居て興奮していたと」

ルカ子「そ、そんな、興奮だなんて…///」

17 : 以下、名... - 2011/11/04(金) 01:41:50.33 wvdIplK10 5/25

岡部「それで、パンツは?」

ルカ子「は、はい?」

岡部「パンツだ。お前が昨晩穿いていた下着」

ルカ子「きょ、凶真さん?」

岡部「お前が濡らしてしまったというパンツ。見せてくれないか」

ルカ子「そ、そんなの…恥ずかしいです」

岡部「恥ずかしいなどと言っている場合ではないぞ。お前の体に起こっている異変を正しく見極めるために必要なのだ」

ルカ子「うぅ…」

岡部「よもや、もう洗ってしまったとは言わないだろうな」

ルカ子「い、いえ…気持ち悪いから穿き替えましたけど…まだボクの部屋に置いたままです」

岡部「とって来るのだ」

ルカ子「は、はい」

24 : 以下、名... - 2011/11/04(金) 01:52:27.14 wvdIplK10 6/25

ルカ子「ど、どうぞ」

岡部「うむ」

岡部(完全に女物のショーツじゃないか。ルカパパは本当に変態だな)

ルカ子「うぅ……」

岡部(すでに乾いてカピカピか…。これはこれで)

ルカ子「やっぱり…まじまじとパンツを見られるなんて恥ずかしいです…」

岡部(匂いは…クンカクンカ)

ルカ子「!?きょ、凶真さん、嗅がないで下さいぃ」

岡部(なかなかに良好な生臭さだ)

岡部「ふむ…」ビローン

ルカ子「あぁ引っ張らないでぇぇ」

岡部「たとえばこう、頭に…」

ルカ子「かぶっちゃだめです!」

岡部「流石に冗談だ」

30 : 以下、名... - 2011/11/04(金) 02:06:47.07 wvdIplK10 7/25

岡部「なるほどなるほど…」

ルカ子「どう、でしょう…」

岡部「メールの内容からまさか、とは思っていたが、今確信した」

ルカ子「……ゴクリ」

岡部「ルカ子よ、お前の体には…」

ルカ子「…………」

岡部「悪霊が取り憑いている」

ルカ子「えぇ!?」

岡部「この悪霊は人の体内に入り込み、特定の部位を異常に活性化させるのだ」

ルカ子「特定の部位…」

岡部「その部位とは、ルカ子、お前自身の五月雨だ」

ルカ子「ボクの…五月雨?」

岡部「分からないか?ならば単刀直入に言おう。お前の五月雨、すなわちお前の股間にぶら下がっているモノだ」

ルカ子「股間に…///」

33 : 以下、名... - 2011/11/04(金) 02:13:51.52 wvdIplK10 8/25

岡部「どうだ?今まで股間の五月雨が肥大化して困ったことはないか?」

ルカ子「あ、あります…。もしかして、その霊のせいだったんですか?」

岡部「そうだ」

ルカ子「そ、そんなぁ」

岡部「だが、安心するがいい。この鳳凰院凶真が直々に除霊をして進ぜようではないか」

ルカ子「で、できるんですか!?」

岡部「あぁ。幾つもの試練を乗り越えてきたこの俺に不可能などない」

ルカ子「流石凶真さんです!」

岡部「お前にはいつも除霊してもらっているからな。そのお返しだ」

ルカ子「そうでした…神社の息子なのに、自分に憑いた霊にも気がつかないなんて…」

岡部「そう落ち込むでない。特別に自己除霊の方法も伝授してやるから」

ルカ子「そんな、何から何まで、ありがとうございます!」

36 : 以下、名... - 2011/11/04(金) 02:25:23.30 wvdIplK10 9/25

岡部「さて、除霊の方法だが」

ルカ子「は、はい!」

岡部「白くてネバネバしたものが出た、そう言ったな?」

ルカ子「はい」

岡部「それは、悪霊の魂なのだ」

ルカ子「そ、そうだったんですか」

岡部「あぁ。そして、魂を出しつくしたとき、悪霊は消滅する」

ルカ子「でも、どうやって魂を出させればいいんでしょうか。寝てる間に勝手に出てたのは…?」

岡部「取り憑いた部位に刺激を与えやればよいのだ。刺激が一定のところに達すると、霊は魂を吐き出す」

ルカ子「取り憑いた部位に刺激……っということは…」

岡部「さぁ、ルカ子。お前の五月雨を俺に差し出すのだ」

39 : 以下、名... - 2011/11/04(金) 02:37:09.47 wvdIplK10 10/25

ルカ子「うぅ…」

岡部「何をためらっているのだ。さぁ、早く!」

ルカ子「で、でも…」

岡部「俺は構わんのだぞ。ルカ子が霊が憑いたままで一生をおくるというのなら」

ルカ子「そ、それは…」

岡部「では、早く脱ぐのだ!」

ルカ子「うぅ、わ、わかりました」

岡部「よし、物分かりのいい弟子で嬉しいぞ」

ルカ子「あの…むこう向いててもらってもいいですか?」

岡部「何を言っているのだ。男同志だろう。それにどうせ見るのだから、脱ぐ場面を見るのも同じだ」

ルカ子「そ、そうですけどぉ…分かりました、じゃあ、いきますよ…んしょっと」

44 : 以下、名... - 2011/11/04(金) 02:46:15.45 wvdIplK10 11/25

ルカ子「ぬ、脱ぎました」

岡部「手で隠すな。それでは意味がないだろう」

ルカ子「うぅ…」

岡部(おぉう、なんとまぁ、かわいらしい包茎チ○ポ)

岡部「これが悪霊の取り憑いた魔羅か…なるほど」

ルカ子「まじまじと見ないで下さいぃ。は、恥ずかしい」

岡部「恥ずかしがる必要などない。立派なものをもっているんだ。むしろ誇るべきだ」

ルカ子「そ、そんなぁ……あっ!」

岡部(おぉ。ルカ子のモノがだんだんと大きく)

岡部「悪霊が活発化したようだな。一刻も早く鎮めなければ」

ルカ子「ど、どうすればいいんですか!?」

岡部「お前は何もしなくていい。俺に身を任せるんだ」

ルカ子「は、はい」


46 : 以下、名... - 2011/11/04(金) 02:50:30.40 wvdIplK10 12/25

岡部「まずは、こうだ」ガシッ

ルカ子「あひっ」ビクッ

岡部「こうやって」シコシコ

ルカ子「ああっ」

岡部「手で擦ることで」シコシコ

ルカ子「んっ」

岡部「刺激を加える」シコシコ

ルカ子「っっっ」

49 : 以下、名... - 2011/11/04(金) 02:57:16.96 wvdIplK10 13/25

岡部「どうだ?ルカ子」シコシコ

ルカ子「な、何だか、変な感じですぅ」

岡部「その感じに身をあずけるんだ」シコシコ

ルカ子「は、はひぃ」

岡部「そうすれば、じきに悪霊が音を上げる」シコシコ

ルカ子「あっあっ」ビクビクッ

岡部「こっちも刺激してやろうか」コリコリ

ルカ子「あぁっ、ち、乳首、も、ですか!?」

岡部「こうすることで効率が良くなる」

ルカ子「ぅあっ」


51 : 以下、名... - 2011/11/04(金) 03:04:38.28 wvdIplK10 14/25

ルカ子「あっ、きょ、きょうまさん!」

岡部「どうした?」シコシコ

ルカ子「何か、何かきますううぅ」

岡部「いいぞ、悪霊がそろそろ限界らしい」シコシコ

ルカ子「あっあっあっ、だ、だめっ」

岡部「我慢するな、思う存分ぶちまけろ!」シコシコ

ルカ子「あっあああぁぁっっっ!!!!」ビュルビュルビュルビュル

52 : 以下、名... - 2011/11/04(金) 03:13:44.39 wvdIplK10 15/25

ルカ子「はぁっはぁっはぁっはぁっ」ビクビク

岡部「よしよし。大量に出たな」

岡部(なんて量と勢いだ。今まで貯め込んでいただけのことはある)

ルカ子「はぁ……こ、こしがぬけちゃいます」ペタン

岡部「どうだった」

ルカ子「え?」

岡部「出したときの感覚は」

ルカ子「なんだか…ちょっと辛かったです」

岡部「そうか。だが、どうだ。少し、快感のようなものも感じなかったか?」

ルカ子「…そういわれてみると、ちょっと気持ち良かったかも…しれないです」

岡部「うーむ。しかし、まだ駄目のようだな」

ルカ子「え…。そ、そうみたいですね」ビンビン

岡部「もっと出す必要があるな」

55 : 以下、名... - 2011/11/04(金) 03:22:01.95 wvdIplK10 16/25

岡部「ルカ子よ。立つのだ」

ルカ子「は、はい」

岡部「よし。そらっ」パクッ

ルカ子「あっ!凶真さん、そんな!咥えるなんて、汚いですよ!」

岡部「………」ジュポジュポ

ルカ子「あぅっ」

岡部「………」チロチロ

ルカ子「!?っっっっ!!」ビクンッ

岡部(裏筋が弱いようだな)チロチロ

ルカ子「そ、そこはっあっだ、だめでっすっ!!」ビクビク

58 : 以下、名... - 2011/11/04(金) 03:29:02.47 wvdIplK10 17/25

ルカ子「んんっっ」

岡部「どうだ?ルカ子」

ルカ子「ど、どうって」

岡部「………」ジュポジュポ

ルカ子「ああっ!」

岡部「………」ジュポジュポ

ルカ子「き、気持ちいいです!凶真さん!」

岡部「その調子だぞ。快感を得れば得るほど、悪霊は出て行きやすくなる」

ルカ子「そ、そうなんっですかっ」

岡部「そうだぞ」ジュポジュポ

ルカ子「あっあっ」

61 : 以下、名... - 2011/11/04(金) 03:35:18.44 wvdIplK10 18/25

ルカ子「そ、そろそろ、また出そうです!」

岡部「………」ジュッポジュッポ

ルカ子「あっ、だめっ、このままじゃっ…凶真さんの口にっ…」

岡部「………」ジュポジュポ

ルカ子「んあっ、で、でます!」

岡部「………」ジュポジュポ

ルカ子「あっ―――――――」ドピュッドピュッドピュッ

64 : 以下、名... - 2011/11/04(金) 03:46:07.71 wvdIplK10 19/25

ルカ子「あぁ……」

ルカ子「す、すいません。口の中に出しちゃって…」

岡部「………」カチャカチャ

ルカ子「え…きょ、凶真さん?なんでズボン脱ごうとしてるんですか?」

岡部「仕上げだ。壁に手をついて尻をこっちにむけるんだ」

ルカ子「な、何をする気なんですか」

岡部「いいから、言われたとおりするんだ」

ルカ子「は、はい…こう、ですか」

岡部「よし、いくぞ」

岡部(ルカ子の精液をローション代わりにして…)

ルカ子「な、なにを!?そこはおしりの穴ですよ!?」

岡部「これによって除霊が完了するのだ。心配はいらない。力を抜くんだ」

66 : 以下、名... - 2011/11/04(金) 03:55:29.95 wvdIplK10 20/25

ルカ子「!?何か入ってきますっ」

岡部「くっ……」ズブズブ

ルカ子「あああっそ、それ以上はっ入りません」

岡部「大丈夫だ、お前ならできる」ズブズブ

ルカ子「ううう」

岡部(し、締まる)

ルカ子「あうっ、何だか、変な感じですっ」

岡部(根元までしっかり咥えこんでくれたな)

岡部「よし、動かすぞ」

ルカ子「ちょっ、あっ」

68 : 以下、名... - 2011/11/04(金) 04:00:34.58 wvdIplK10 21/25

ルカ「さっ、さっきまでと、全然っ違いますっ」

岡部「さぁ悪霊を追い出すのだ!」ズプ…ズプ…

ルカ子「んっ……」

岡部「いいぞっ」ズプズプ

ルカ子「っっっ」

岡部「そらっ」パンッパンッ

ルカ子「あっあぅ」


69 : 以下、名... - 2011/11/04(金) 04:08:07.16 wvdIplK10 22/25

ルカ子「あっ、な、なに、これ、おしりの穴っ、す、すごいぃい」

岡部「ルカ子!」パンパン

ルカ子「凶真さん!」

岡部「ルカ子!」パンパン

ルカ子「お、岡部さん!も、もうダメです!」

岡部「俺もそろそろっ」パンパン

ルカ子「あっあっイくっイくっイくっ」

岡部「んんっ」パンパン

ルカ子「あ―――ダメっ」

岡部「ああああっっっ」ドプッドプッドプッ

ルカ子「――――――――――」ビュクッビュクッ


70 : 以下、名... - 2011/11/04(金) 04:15:15.37 wvdIplK10 23/25

ルカ子「っ―――――――」ビクッビクッ

岡部「ふぅ…」

ルカ子「お、岡部さん…」

岡部「岡部ではない。鳳凰院凶真だ」

ルカ子「凶真さん…これで悪霊は消えたんですか」

岡部「ルカ子…お前に一つ謝らなければならないことがある」

ルカ子「な、なんですか?」

岡部「実は、この霊は一度取り憑くと決して消えはしないのだ」

ルカ子「そ、そんな!」

岡部「だが、自らコントロールすることはできる」

ルカ子「こ、こんとろーる?」

岡部「そうだ。お前の妖刀五月雨が騒ぐときには、自ら刺激して、悪霊の魂を吐き出させるのだ」

ルカ子「じ、自分でですか」

岡部「そうすれば、一時的にではあるが鎮めることができる」


74 : 以下、名... - 2011/11/04(金) 04:24:47.32 wvdIplK10 24/25

ルカ子「それが、自己除霊…?」

岡部「そうだ。お前はもうそれをする術を学んだはずだ」

ルカ子「…ボクに、できるでしょうか…」

岡部「大丈夫だ。自分を信じろ。…だが、また俺の力を借りたくなったときは…」

ルカパパ「それには及ばないよ」

岡部「なっ!?御父様!?」

ルカパパ「これからは私が、るかの除霊をさせてもらうよ。なんせ本職だからね」

岡部「くっ…実の父が相手では勝ち目がない…」

ルカパパ「不覚にも息子の処女は奪われてしまったが、童貞は私が貰う!さあ、るか、お父さんと一つになろう!」

ルカ子「えっ」



おわり



78 : 以下、名... - 2011/11/04(金) 04:32:55.62 wvdIplK10 25/25

なにこれひどい
自分で抜くために書き始めたのにピクリとも来なかった
Sioたんの動画で抜いて寝るわ
読んじゃった人ありがとね

記事をツイートする 記事をはてブする