1 : 以下、名... - 2010/08/01(日) 00:00:51.07 zgX2RJ3/0 1/56

「……は?……え?」

「萌えって何?」

「つーか、どこでそんな言葉を……?」

「同じクラスの男子が使ってたー」

「……」

「でー、何ー?」

「萌えってのはだな……」

「うんうん」

元スレ
妹「にーちゃんって、妹萌え?」
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1280588451/

2 : 以下、名... - 2010/08/01(日) 00:01:16.81 j2oBi+6H0 2/56

前に見た気がする

3 : 以下、名... - 2010/08/01(日) 00:01:17.73 55VHv4sO0 3/56

最近同じようなの見た気がする

25 : 以下、名... - 2010/08/01(日) 00:15:36.89 deaY3T8G0 4/56

人の作品奪ってまで立てたかったか

27 : 以下、名... - 2010/08/01(日) 00:18:12.24 zgX2RJ3/0 5/56

>>25
ごめん、この前と同じ人です……
あの後書き直してるって言ったらうpしてくれって言われて
完成したからうpしてる……

【関連】
妹「にーちゃんって、妹萌え?」
http://ayamevip.com/archives/46372093.html

4 : 以下、名... - 2010/08/01(日) 00:01:32.01 zgX2RJ3/0 6/56

「胸が、はぅっ!ってなってキュンキュンするんだ」

「キュンキュン?」

「お前にはまだ早いってことだよ」

「じゃあ、にーちゃんは妹萌え?」

「あぁ、燃え燃えだ」

「はぅっ!ってなってキュンキュンする?」

「ウォー!!ってなってドッカーンする」

「す、すごいな……」

「あぁ、命懸けだ」

5 : 以下、名... - 2010/08/01(日) 00:02:30.46 zgX2RJ3/0 7/56

「じゃ、他にはー?」

「え?」

「他に何に萌えるのー?」

「んー、この季節はスク水が良いね」

「おぉ!それならあるよー、持って来ようかー?」

「いや、着て来い!」

「おぉー」

7 : 以下、名... - 2010/08/01(日) 00:03:57.66 zgX2RJ3/0 8/56

「着てきたー」

「グッジョブ!」

「萌え萌えかっ!」

「あぁ、最高だ」

「妹にか?スク水にか?」

「それらが織り成すハーモニーにだ」

「おぉー、ハーモェニーかー」

「うむ、ハーモェニーだ」

9 : 以下、名... - 2010/08/01(日) 00:05:25.48 zgX2RJ3/0 9/56

「寒いー」

「クーラーか、俺が暖めてやろう」

「どうやって?」

「人肌で」

「おぉー、雪山的なアレだな」

「そうだ、雪山的なアレだ」

「雪山萌えかー」

「いや、違うだろ」

10 : 以下、名... - 2010/08/01(日) 00:06:10.47 zgX2RJ3/0 10/56

「ハグハグ」

「あっ、ん……、恥ずかしいかも」

「気にするな、兄妹だ」

「手っ、にーちゃんの手がっ!」

「ふむふむ、尻が柔らかい」

「えっ、あ、ちょっ」

「うなじが綺麗ペロペロ」

「ひゃっ!舐めひゃあああああ!!!!」

「可愛いじゃないか」

「くっ、首萌えかー!」

12 : 以下、名... - 2010/08/01(日) 00:06:59.61 zgX2RJ3/0 11/56

「いや、それはフェチ……かな?それに首じゃなくてうなじ」

「ふぇち?」

「俺はうなじフェチじゃないし、どっちかっつーと脇かな」

「フェチって何?」

「脇レロレロ」

「ぁん!ふぇっ、ふぇちってな、くっ!くすぐっんあひゃあああ!!!」

13 : 以下、名... - 2010/08/01(日) 00:07:51.14 zgX2RJ3/0 12/56

「妹は他にどこが弱い?言わないと月に代わってお仕置きだぞ」

「じっ、自分じゃ、わかんない……」

「じゃ、調べますか」

「そ、その前に!」

「?」

「フェチって何!?」

「その部位に強い拘りを持つこと、かな?」

「こだわり?」

「いずれ分かるさ」

「??」

14 : 以下、名... - 2010/08/01(日) 00:08:35.34 zgX2RJ3/0 13/56

「さて……、妹の弱点探しと行きますか」

「何する気だー!」

「とりあえず、舐め回したり揉み揉みしたり……」

「へっ、変態だぁーー!!!!」

「ぐへへっ」

「ひぃぃ!!」

「頭の先から足の爪先まで、しっかり調べてやる!」

「にーちゃん、ノリノリだなー」

「え?あ、うん……」

16 : 以下、名... - 2010/08/01(日) 00:09:28.24 zgX2RJ3/0 14/56

「じゃ、下から行くかはぁはぁ」

「萌え萌えかー」

「いや、燃え燃えだ」

「命懸けかー」

「足の指レロレロ」

「気持ち悪いけど……」

「ん?」

「にーちゃんが私の足を舐めてる……」

「!?」

17 : 以下、名... - 2010/08/01(日) 00:10:14.78 zgX2RJ3/0 15/56

「お前はSか……」

「Sって何ー?」

「いやでも、ここまで抵抗せずに弄られて楽しんでたらMか?」

「ねー!SとかMって何のことー?」

「ベッドの上での話なんだ、お前には早い」

「?」

「よし、弱点探しは後だ!」

「じゃ、何するんだー!」

「お前がSかMかを調べる!!」

「だからSとかMって何のことなんだー!」

18 : 以下、名... - 2010/08/01(日) 00:11:04.02 zgX2RJ3/0 16/56

「うむ、まずSってのはだな」

「うんうん」

「人をいじめてエッチな気分になる人のことである」

「えっち……」

「おいおい耳まで真っ赤にしちゃってー」

「えっちとか言うなー!!」

「Mは、いじめられてエッチな気分になる人のことだ」

「にーちゃんはどっちー?」

「うん、えっちー」

19 : 以下、名... - 2010/08/01(日) 00:11:40.66 zgX2RJ3/0 17/56

「だぁーかーらー!」

「早速、妹はどっちなのか調べてみよう!」

「えっ?」

「ちょいと両足を……」

「え、ど、何するの?」

「この体勢で分からないか」

「え、ちょっ、待って!駄目これ!!」

「必殺!電気アンマァァァァァァ!!!!」

「ひっ、あっ、ひゃあああああああああああああああ!!!!!!!」

20 : 以下、名... - 2010/08/01(日) 00:12:58.49 zgX2RJ3/0 18/56

「リズムを加えます」

「あっ!んっ、ちょっ!ま、ってぇ!んっあぁっはぁん!!」

「止めます」

「はぁ……はぁ……」

「しょーーーーーーーじきに言いなさい」

「ふぅ……んっ……」

「気持ち良かった?」

「……うん」

「エッチな気分になった?」

「………………んっ」

「んー?」

21 : 以下、名... - 2010/08/01(日) 00:13:35.88 zgX2RJ3/0 19/56

「…………よく分かんない…………」

「まぁ、これだけじゃMとか断定出来ないかな」

「他にも何かやるの……?」

「やって欲しい?」

「…………」

「言わないと電気アンマLv2をお見舞いしちゃうぞ」

「それ……気になる……」

「あなたはMです」

23 : 以下、名... - 2010/08/01(日) 00:14:39.65 zgX2RJ3/0 20/56

「よーし!どうせならS心もお勉強しちゃいましょう」

「おぉー」

「お前は足を舐められて変な気持ちになっただろ?」

「うん……」

「それをもう一度体験してもらいます」

「うぃー!」

「うむ、元気があってよろしい」

24 : 以下、名... - 2010/08/01(日) 00:15:28.64 zgX2RJ3/0 21/56

「では、舐めます」

「ドキドキ」

「ペロペロペロペロレロレロレロレロ」

「!?」

「くちゅっ、んっ、おいひぃ」

「ちょっ、ストップー!」

「んっ、くちゃぴちゃ」

「あっ!ゆ、指のあいだぁー、んんっ」

「あ、これじゃ駄目じゃん」

26 : 以下、名... - 2010/08/01(日) 00:16:07.83 zgX2RJ3/0 22/56

「気を取り直してもう一回……」

「んっ、はい……」

「おぉー、足を突き出すその姿!様になってるねー」

「ペロッ」

「…………」

「どうですか、女王様」

「Sって足を舐めてもらうだけ?」

「んー、蹴ったり叩いたり鞭打ったりー乗ったり?」

「乗るー!」

「はい、女王様」

「よいしょっ!」

「ぐふぅ、腹がっ」

「重くねーし!!」

「えっ」

28 : 以下、名... - 2010/08/01(日) 00:18:57.44 zgX2RJ3/0 23/56

「ねーねー、他にはー?」

「じゃ、じゃあ僕の股間を弄ってください女王様!」

「えっ、これを?」

「そうですっ!」

「……………汚い」

「あっ、言葉責め…………」

「んー……」

「隙有り!」モミモミ

「ひゃっ!」

「ふむふむ、なかなか発育の良い胸ですな」

「揉むなー!」

「でも抵抗はしないのな」

30 : 以下、名... - 2010/08/01(日) 00:19:29.50 zgX2RJ3/0 24/56

「じゃー、股間……いぢめましょー」

「は、はいっ」

「えいっ!」ガスッ

「はぁっっっっ!!たっ、玉っがっ……!!!!」

「だいじょーぶー?」


「こ、これもアリかも……」

「どうしたー?」

「いや……危ない道に足を踏み入れてしまったかもって……」

「もう一回やろうかー?」

「あ、いや、いいですごめんなさいっ」

「えいっっ!!!!」ゴスッ

「っっっっっっっっっっっっ!?!!!!!!!!!!」

31 : 以下、名... - 2010/08/01(日) 00:20:31.41 zgX2RJ3/0 25/56

「ちょ、ちょっ……ときゅうっ……けい、しようか……」

「大丈夫かー?」

「Sと……Mについては……もう、いいだろう……」

「S萌えとM萌え!」

「んっ……それは、ちょっと違う……かな」

「またやろうな!」

「えっ……」

32 : 以下、名... - 2010/08/01(日) 00:21:19.14 zgX2RJ3/0 26/56

「では、回復したところで!」

「ところで!」

「妹の弱点探しに入ります!!」

「いやーんっ」

「はいはい、可愛い子振らないの」

「まいっちんぐー」

「…………」

「……………」

34 : 以下、名... - 2010/08/01(日) 00:21:59.75 zgX2RJ3/0 27/56

「じゃ、脱いでもらおうか」

「えっ」

「ふひひ、手伝ってやるよ」

「スク水萌えはー?」

「十分堪能しました」

「裸萌え?」

「あぁ、燃えるな」

「でもやだー」

「お?反抗する気か?」

35 : 以下、名... - 2010/08/01(日) 00:22:33.49 zgX2RJ3/0 28/56

「脱ーがーなーいーっ!」

「お?やんのかコラ」

「あー?かかってこい!」

「えいっ」ドンッ

「あっ」ドテッ

「フフフフフ、玉のお返しは大きいぞ」

「キーック!!」

「おおっと」ガシッ

「離せー!」

「太ももペロペロ」

「ひゃいんっ!」

「内股ちゅぱちゅぱ」

「あひゃんっ!」

36 : 以下、名... - 2010/08/01(日) 00:23:13.65 zgX2RJ3/0 29/56

「ニヤニヤ、目前に妹のお股が……!」

「イーヤー!!」

「コマネチライン舐め舐め」

「ひゃあっ、あっ!」

「では……この一枚の布をズラシマス」

「いやーーーーーーーーーー!!!!!!!」

「ただいまー」

「!?」

38 : 以下、名... - 2010/08/01(日) 00:23:47.19 zgX2RJ3/0 30/56

「くっ、せっかくの良い所に……」

「どーする?」

「と、とにかく解散だっ!!着替えて来い!」

「おぉー」

「畜生め……」

「ふぅ……助かったぜー」

「…………」

39 : 以下、名... - 2010/08/01(日) 00:24:43.25 zgX2RJ3/0 31/56

翌日

「にーちゃん!にーちゃん!」

「どうしたそんなに慌てて」

「こんなの見付けた!」

「こ、これはネコ耳……!?」

「おぉー、ネコ耳萌え?」

「俺はウサ耳の方が……」

「あー、ウサ耳もあったよー」

「なんだと?つーか何処にそんな物が……」

「んー?近所のゴミ捨て場ー!」

「よし、行こう」

41 : 以下、名... - 2010/08/01(日) 00:25:17.94 zgX2RJ3/0 32/56

「ここだよ!」

「こ、これはメイド服……!?」

「ほらっ、ウサ耳」

「って、バニーガールの服もセットじゃねーか!」

「昔の体操服とか、スク水もあるー」

「昔って……、ブルマか!」

「あっ、手錠見っけー」

「こ、これはSMプレイのアイテム……」

「この袋に入ってたー」

「大人の玩具がいっぱい……」

42 : 以下、名... - 2010/08/01(日) 00:26:06.50 zgX2RJ3/0 33/56

「まだまだ色々あるねー」

「まさか近所に変態が住んでたなんて……」

「にーちゃんも変態だし、仲間だな!」

「あれ?いつから変態に成り下がったんだ……?」

「で、どうするー?」

「もちろん、手当たり次第持って帰る」

「おぉー、変態だなー」

43 : 以下、名... - 2010/08/01(日) 00:26:40.01 zgX2RJ3/0 34/56

「全体的に綺麗だけど、衣類は親のいない時に洗濯するか」

「にーちゃん、着るのか……」

「いや、それはまた違った変態だな」

「へんたーい」

「ちょっとサイズ大きいけど、お前に着せる」

「やっぱりそうなるのかー」

「うむ」

44 : 以下、名... - 2010/08/01(日) 00:27:19.76 zgX2RJ3/0 35/56

「じゃ、こっちはー?」

「大人の玩具はしっかり洗わないとな……」

「で、誰がこれで遊ぶの?」

「お、お前……?」

「まだ子供だー!」

「でも、知らない人が使った玩具を妹に使うのは気が引けるなー」

「うむうむ」

「じゃ、これとかこれは残して行きますか」

「うむうむ」

「帰るか」

「おー!」

46 : 以下、名... - 2010/08/01(日) 00:28:44.28 zgX2RJ3/0 36/56

自宅

「じゃ、衣類は洗濯するまで隠しておいて」

「ネコ耳とウサ耳はー?」

「洗濯出来ないし、気にならないなら着けて良いよ」

「にゃー」

「萌えー」

「妹にか?ネコ耳にか?」

「それらが織り成すハーモニーにだ」

「出たな、ハーモェニー」

47 : 以下、名... - 2010/08/01(日) 00:29:25.75 zgX2RJ3/0 37/56

「ちょっとこっちに来なさい」

「?」

「ベッドの脚に背を向け、腕を後ろに回しなさい」

「こうかー?」

「よしよし、そうだ」ガチャッ

「お?おぉ?」

「さっきの手錠だ、これで身動き取れまい」

「ひ、卑怯者ー!」

48 : 以下、名... - 2010/08/01(日) 00:30:06.68 zgX2RJ3/0 38/56

「さて、どうしてやろうか……」

「ニャー!!」

「はいはい、萌え萌え」

「何する気だー!」

「どうしよっかなー」

「変態!変態!!変態!!!」

「俺さ、身動きの取れない女の子に興奮するんだ……ふひひ」

「ぎゃああああああああああああ!!!!!!!!!!!」

「さっきから騒がし……、何やってんのあんた達!」

「かーちゃん!にーちゃんがっ!!」

「げっ!俺はまだ何も……」

「いいから外してあげなさい!!」

50 : 以下、名... - 2010/08/01(日) 00:31:45.24 zgX2RJ3/0 39/56

「……」ガチャッ

「かーちゃーん!」

「よしよし」

「にゃー……」

「(きゅんっ)」

「かーちゃん……ネコ耳萌え?」

「もっ……、何言ってんの!」

「…………」

52 : 以下、名... - 2010/08/01(日) 00:32:45.66 zgX2RJ3/0 40/56

「母さんが結構邪魔するな……」

「妹も何か抵抗するようになってきた……」

「確か……昨日の股からだよな抵抗するようになったの」

「やり過ぎたか……?」

「あいつも何だかんだ言って、女の子だもんな……」

「……謝るか」

53 : 以下、名... - 2010/08/01(日) 00:33:27.94 zgX2RJ3/0 41/56

「おーい、妹やーい」

「変態にーちゃん」

「うぐっ……さっきは悪かったよ、つーか昨日も」

「反省?」

「あぁ、もうお前の嫌がることはしない」

「じゃあ、さっきの手錠貸してー!」

「ん?あぁ、はい」

「さっきみたいに……今度はにーちゃんが」

「えっと……こう?」

「おっけー!」ガチャッ

「あ?あれ?」

54 : 以下、名... - 2010/08/01(日) 00:34:27.06 zgX2RJ3/0 42/56

「フフフフフッ……」

「何をする気だ……」

「身動きの取れないにーちゃんに興奮するんだ……ふひひー」

「やめろおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!」

「えいっっっ!!!!」ゴキュゥッ

「はぁうっっっっっっっっ!?!!!!!!!!!!」

「スッキリしました!」

「たっ、玉がっっっっっっっ!!!!!!!!!!」

「今回は許してあげましょー」

「はっ…………はっ…………はっ…………」

55 : 以下、名... - 2010/08/01(日) 00:35:30.80 zgX2RJ3/0 43/56

翌日

「今日は母さんが留守だから拾って来た衣類を洗濯します」

「おぉー!」

「つーか普通に洗濯機で良いのかな?」

「細かいことは気にするなー!」

「うむ」

「こういう服って何て言うんだっけ?」

「あー、性的ロールプレイ?」

「おぉー」

「いや、ごめん……間違ってないと思うけど違う」

「?」

56 : 以下、名... - 2010/08/01(日) 00:36:15.29 zgX2RJ3/0 44/56

「はい、洗濯も乾燥も終わり」

「にゃー」

「まだ着けてたのか」

「萌えだろー」

「だから俺はウサ耳の方が好きなんだって」

「にゃー!」

「はいはい、萌え萌え」

「じゃ、まずは……メイド行っとく?」

「行っとく行っとくー!」

57 : 以下、名... - 2010/08/01(日) 00:37:14.70 zgX2RJ3/0 45/56

「着替えてきたー」

「おぉ、ネコ耳メイド!」

「萌えか!?」

「これはポイント高いぞ」

「お帰りなさいませ!にーちゃん!」

「おいおい、そこは御主人様だろ」

「にゃんっ」

「はぅっ!」

58 : 以下、名... - 2010/08/01(日) 00:37:55.43 zgX2RJ3/0 46/56

「次は看護婦さん!」

「ナース萌えー」

「お怪我はありませんかー?」

「昨日、妹にやられた玉が痛いんです……」

「そうですかー……」

「舐めて癒してください……」

「はいじゃー、次行ってみよー!」

「……」

59 : 以下、名... - 2010/08/01(日) 00:38:44.95 zgX2RJ3/0 47/56

「昔の体操服……」

「ブルマだって萌えだぞ!!」

「ズボンがパンツみたいなだけじゃん!ツマンナーイ!」

「ふっ、お前もまだまだだな……」

「何がー?」

「ま、ブルマの良さが分かる日が来ると良いな!」

「だって、ただの体操服じゃん!!」

60 : 以下、名... - 2010/08/01(日) 00:39:24.55 zgX2RJ3/0 48/56

「ウサ耳ー」

「バニーガール来たあああああああああああ!!!!!!」

「そんなに萌えか!?」

「俺一番好きだぞ!」

「にゃー……じゃなくって、えぇっと……」

「鳴かなくていいから!お尻突き出して!!」

「えっ?こ、こうかー?」

「尻尾かわえええええええええ!!!!!!!!!」

「そ、そんなに萌えなのか……、何だか照れるな……」

61 : 以下、名... - 2010/08/01(日) 00:40:00.24 zgX2RJ3/0 49/56

「セーラー服!」

「おぉ!普通に可愛いぞ」

「高校生っぽいか!」

「はっはっは、お前はまだ餓鬼だ」

「むぅー」

「なぁ、お兄ちゃんって言ってくれ」

「にーちゃん?」

「おを付けて!」

「おにーちゃんっ!」

「はぅっ!」

63 : 以下、名... - 2010/08/01(日) 00:40:38.60 zgX2RJ3/0 50/56

「中国の服!」

「チャイナ服な」

「ワタシニホンゴムツカシイアルヨ!」

「肉まん二つ」

「ナイアルヨ」

「いや、その胸に小さいのがアルヨ」

「コレウリモノチガウアルヨ」

「チャイナ服って、ノーパンの方が萌えるよな」

「ニーチャンハヤッパリヘンタイアルヨ」

65 : 以下、名... - 2010/08/01(日) 00:42:02.89 zgX2RJ3/0 51/56

「神社の人!」

「巫女来たあああああ!!!!」

「萌えか!?」

「うむ、なかなか」

「何も言うことない……」

「見て楽しむモンだ、無理に言わなくても……」

「おみくじ100円でーす」

「…………」

66 : 以下、名... - 2010/08/01(日) 00:42:53.89 zgX2RJ3/0 52/56

「サンタさん!」

「ふむふむ」

「萌え?」

「あぁ、結構良いな」

「サンタさんに萌えるのか……」

「え?いや、白髭ジジイは違うよ!?」

「サンタさん……いないんだよね……」

「そ、そんなにガッカリモード入るなよ……」

67 : 以下、名... - 2010/08/01(日) 00:43:35.90 zgX2RJ3/0 53/56

「おまわりさん!」

「婦警さん!俺を逮捕して下さい!!!!」

「手錠手錠っと……」

「あ、いや、ごめんなさい本当にごめんなさい」

「まぁて~ルパ~ン!」

「…………」

68 : 以下、名... - 2010/08/01(日) 00:44:19.32 zgX2RJ3/0 54/56

「終わっちゃった」

「うむ、ではもう一度バニーガールを着てくれ」

「好きだなー」

「うむ」

「じゃ、待ってなさい!」

「はーいっ」

69 : 以下、名... - 2010/08/01(日) 00:45:16.71 zgX2RJ3/0 55/56

「ただいまーごめんねー遅くなって!すぐ夕飯の支度するから……」

「にーちゃん、着替えて来たー」

「げっ……」

「……何なの?これ」

「いや、妹が着たいって……」

「にーちゃんね、ウサ耳萌えなのー」

「うさ……」

「あとね、他にもいろいろー」

「あっ!馬鹿!余計なことを……」

「他……にもあるの……?」

「ご、ごめんなさぁぁぁぁぁぁああぁぁぁぁい!!!!!!!」

70 : 以下、名... - 2010/08/01(日) 00:47:41.08 zgX2RJ3/0 56/56

終わり
読んでくれた人ありがとう

証拠も無いけど、前と同じ人なんだよ……
誰かあの時いた人、ここにいないかな……

記事をツイートする 記事をはてブする