1 : 123 - 2011/09/27(火) 22:46:27.55 g4dcE8al0 1/54

これは
岡部「モンハン3rdだ」紅莉栖「ふぇ!?」
http://ayamevip.com/archives/46293604.html
の続きです

また、立ててしまった後悔はしてない

元スレ
紅莉栖「モンハン3rdHDよ!」岡部「ん?」
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1317131187/

2 : 123 - 2011/09/27(火) 22:48:34.36 g4dcE8al0 2/54

紅莉栖「岡部ー!!」

岡部「ん?」

紅莉栖「モンハン3rdのHD画質買ってきたわよ!!」

岡部「何!?」

紅莉栖「今日は2人でモンハンだね」

そう、2人はモンハンがきっかけで恋人になったのだ

5 : 123 - 2011/09/27(火) 22:52:34.74 g4dcE8al0 3/54

紅莉栖「岡部。今日は大剣と太刀を使うわよ」

岡部「なんでだ?」

紅莉栖「前レスでは、あまり使われなかったからだわ」

岡部「ふーん」

紅莉栖「結論から言ってしまうと、太刀なんてwwww鬼神斬り以外まったく役に立たないw武器ですねwww」

岡部「!?・・・くっ」

岡部「異議あり!!」

7 : 123 - 2011/09/27(火) 22:56:16.46 g4dcE8al0 4/54

岡部「太刀が役に立たないなんて早計だ!!」

紅莉栖「相対的に見て、役に立たないと言っているのですが・・」

紅莉栖「いいでしょう。今回は講演ではないので馬鹿岡部にも分かるように詳しく説明しましょう」

岡部「紅莉栖・・お前・・前に全部の武器が強いと考え直したのではないのか?」

紅莉栖「あれはww大団円にするためのwww演技よ」

岡部「なん・・だと・・」

9 : 123 - 2011/09/27(火) 22:58:49.90 g4dcE8al0 5/54

紅莉栖「では、岡部。太刀の性能についてあげてみて下さい」

岡部「リーチが長い。高火力。素早い攻撃・・ぐらいか?」

紅莉栖「あらww岡部ww意外wwとww知ってるじゃwwないww」

岡部(ここまでは展開が同じだな)

11 : 123 - 2011/09/27(火) 23:01:07.72 g4dcE8al0 6/54

岡部「お前に直接議論したって、勝てないのは分かっている・・だから実力で証明するしかないな」

紅莉栖「またwwジンオウガでのww無様なww姿をww見せるのww」

岡部「どうかな?」

岡部「今回は!!ナルガクルガだ!!!」

紅莉栖「ピクッ」

12 : 123 - 2011/09/27(火) 23:03:04.80 g4dcE8al0 7/54

今回のクエスト

闇夜のナルガクルガ上位

岡部 武器・太刀 自演の和風のやつ

紅莉栖 武器・大剣 ガブレライトソード改

13 : 123 - 2011/09/27(火) 23:05:41.42 g4dcE8al0 8/54

エリア6 ナルガクルガ発見

岡部「でも、勢いで言っただけで太刀なんて使ったことないな・・・」

とりあえず△で斬りにかかる

ナルガクルガは咆哮を繰り出す

岡部「おっと、ガードがないんだった」

ナルガクルガは跳んでくる

岡部「うお!!ギリギリで回避して、反撃にでる」

15 : 123 - 2011/09/27(火) 23:08:44.20 g4dcE8al0 9/54

岡部「うわ!!」

羽にはじかれる

岡部「なんだ!?なんだ!?はじかれる時間が長いぞ!?」

ナルガクルガの攻撃をもろに食らう

岡部「がぁ!!」

岡部「クソ!!ならば!!」

武器をしまい後ろから斬りにかかる

その時、ブルファンゴに突っ込まれた!!

岡部は吹っ飛ぶ

岡部「邪魔だ!!この豚!!」

16 : 123 - 2011/09/27(火) 23:13:26.54 g4dcE8al0 10/54

岡部「ぐ、くそォ・・」

立ち上がる岡部。しかし、ナルガクルガの尻尾たたきつけがすでに迫っていた

岡部「動け!!動け!!動け!!」

ドスッ

岡部「ぐあああああああああああああ」

と、同時にドスファンゴが乱入!!

岡部「ちょ!!気づかれて動きが止まった!!」

ナルガクルガの尻尾を振る!!

岡部「あああああああああ」

立ち上がった・・と思ったら混乱

岡部「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお」

レバガチャ!!

しかし、ドスファンゴに突っ込まれブッ飛ばされる

岡部「あああああああああああああああああああああ」

18 : 123 - 2011/09/27(火) 23:16:10.59 g4dcE8al0 11/54

岡部「くそ!!!何でだ!?」

ナルガクルガとドスファンゴにリンチを食らう!!

岡部「このやろおおおおおおおおおおお」

ナルガクルガを斬りまくる⇒ナルガクルガ怒り状態に

ナルガクルガの咆哮!!岡部の動きが止まる!!

岡部「まてまてまてまてまてまてまて!!!!!」

ドスファンゴの突撃を食らい

一乙

22 : 123 - 2011/09/27(火) 23:18:30.91 g4dcE8al0 12/54

紅莉栖「私は耳栓をつけたから大丈夫ね」

紅莉栖はナルガクルガの腹に溜め斬りを食らわせる

紅莉栖「よし!!!大ダメージを与えた!!」

紅莉栖とナルガクルガによる攻防戦が始まる・・・

23 : 123 - 2011/09/27(火) 23:21:34.76 g4dcE8al0 13/54

岡部「なんだよ・・2体もそろって・・・シュン」

FB「よう、岡部!!どうした?ナルガを倒さないのか?」

岡部「行っても無駄ですよ・・リンチさえる落ちです」

FB「こやし玉を使えばいいだろう」

岡部「肥やし玉!?なにそれ!?」

FB「・・・・・(ダメだこいつ早くなんとかしないと)」

28 : 123 - 2011/09/27(火) 23:25:04.75 g4dcE8al0 14/54

FB「・・・分かった貸せ!!PSPを!!」

岡部「待ってました!!!」

FB「・・・・・」

FBはエリア6に向かう

案の定ナルガとドスファンゴが2体そろっていた

FB「岡部・・・太刀を452回使った俺の実力を見せてやろう・・」

29 : 123 - 2011/09/27(火) 23:28:53.07 g4dcE8al0 15/54

FBはナルガに斬りにかかる!!

同時にドスファンゴが突っ込んでくる

FB「あらよっと!!」

移動斬りで華麗に回避!!

岡部「なんだ!?さっきのワザ!?見たことないぞ!!??」

FB「移動斬りって言うんだ・・こいつを使いこなせるかどうかでモンハンが下手か上手か判定できるんだよ・・」

FB「もちろん太刀を使う人に限られるが・・」

岡部(移動斬りの存在も知らなかった・・・)

30 : 123 - 2011/09/27(火) 23:32:18.53 g4dcE8al0 16/54

FBはゲージをMAXまで溜めた

岡部「な!?攻撃力が上がった!?」

FB「そうだ・・これによって攻撃力をあげないと本当に威力がないからな

31 : 123 - 2011/09/27(火) 23:36:20.34 g4dcE8al0 17/54

FB「見せてやるぜ!!これが鬼神斬り!!!」

FB「うおりゃあああああああ」

ザシュッ

FB「であああああああああああああああ」

ドシュッ

FB「だあああああああああああああああああ」

バスッ バスッ ブシュッ

FB「これがトライから付けられた高性能の技!!」

鬼神回転斬り!!

ドシュウウウウッ

ナルガが怯む、FBは容赦なく顔面を斬りつける

岡部「なんだ!?ゲージが白色になったぞ!?」

FB「攻撃力が少しあがるんだぞ?」

岡部「なん・・だと・・?」

32 : 123 - 2011/09/27(火) 23:38:16.25 g4dcE8al0 18/54

FBは一方的にナルガを追い詰めて捕獲した

岡部「やりましたね!!Mrブラウン!!」

FB「いやー久しぶりに腕がなった」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

紅莉栖(待って、これ私の死亡フラグ?)

35 : 123 - 2011/09/27(火) 23:40:52.02 g4dcE8al0 19/54

紅莉栖はナルガとの激闘のすえ、捕獲することを決意

紅莉栖「え・・と、落とし穴・・落とし穴・・」

紅莉栖は落とし穴を仕掛ける

紅莉栖「これで勝つる!!!」

ナルガに音爆弾をなげて怒り状態にする

37 : 123 - 2011/09/27(火) 23:46:25.57 g4dcE8al0 20/54

紅莉栖「はまれ!!はまれ!!はまれ!!」

しかし、絶妙な位置取りでナルガは罠にはまらない

紅莉栖「くそお・・」

ナルガが罠にはまった

紅莉栖「いまだ!!!!!」

と、ここでドスファンゴの体当たり!!!

紅莉栖「ちょおおおおおおおおおおおおお!!!!」

ぶっ飛ぶ!!

紅莉栖「くそがああああああああああああああ」

体勢を立て直し麻酔玉を投げようとするがブルファンゴに邪魔される

ナルガが罠から脱出!!

紅莉栖はしびれ罠を仕掛けようとナルガから離れる

34 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします - 2011/09/27(火) 23:40:34.56 y9sgG6tm0 21/54

移動切りできねぇ…

38 : 123 - 2011/09/27(火) 23:49:24.58 g4dcE8al0 22/54

>>34移動斬りは攻撃の後、レバーを行きたい方向に動かして○△の同時押し
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
紅莉栖はしびれ罠をしかけている途中

ナルガが急接近して、上空に跳びあがった

そして、一瞬にして尻尾をたたきつけてくる

紅莉栖「きゃああああああああああああああああああああああああ」

紅莉栖一乙

39 : 123 - 2011/09/27(火) 23:52:37.33 g4dcE8al0 23/54

紅莉栖「失敗した失敗した(ry」

鈴羽「どうした?牧瀬紅莉栖?」

紅莉栖「あの、キモい黒の獣にやられたのよ!!!」

紅莉栖「何が漆黒の狩人よ!!何が闇夜のナルガクルガよ!!」

紅莉栖「厨ニ病もいいところだわ!!!」

岡部「」

41 : 123 - 2011/09/27(火) 23:54:45.56 g4dcE8al0 24/54

結局

岡部 タイム25分

紅莉栖 タイム48分

ダル「これはひどい」

岡部「紅莉栖・・お前・・」

紅莉栖「悪かったわね!!私はナルガクルガがトラウマなのよ」

岡部「なに!?」

45 : 123 - 2011/09/27(火) 23:58:07.20 g4dcE8al0 25/54

ダル「オカリン!!オカリン!!」

岡部「なんだダル?」

ダル「せっかく4人で集まってるんんだし、みんなでモンハンしようず」

鈴羽「いいね~、私SA使えるようになったから見てほしんだ」

ダル「僕はハンマーを使うお」

岡部、紅莉栖、ダル、鈴羽でモンハンすることにしました

「人狩りいこうぜ!!!」

46 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします - 2011/09/27(火) 23:59:04.30 gMPwWVis0 26/54

また人じゃねえか!!!!!

49 : 123 - 2011/09/28(水) 00:00:57.13 cPYlYHiD0 27/54

今回はほのぼのとしたモンハンを書こうと思ってます
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
岡部 武器・太刀

紅莉栖 武器・双剣

ダル 武器・ハンマー

鈴羽 武器・SA

敵、ジエン・モーラン

51 : 123 - 2011/09/28(水) 00:03:40.71 cPYlYHiD0 28/54

始まった瞬間ダルが溜め2で3人をブッ飛ばし支給品を独り占めする

岡部「な!?ダル!!??」

鈴羽「パパ!!ちょwwおまww」

ダル「先に行くぜ(キリッ」

52 : 123 - 2011/09/28(水) 00:06:32.82 cPYlYHiD0 29/54

ジエン・モーランが出現

岡部「よし!!出たところに大砲を当てる!!」

岡部は採取に行こうとした時

鈴羽「そうはさせないよ!!」

切り上げで岡部を吹っ飛ばす!!

岡部「うあああああああああああああああああああ」

そのまま、船の外へ落下!!

岡部「ぬあああああああああああああああああああ」

鈴羽「君っていいやつだね・・」

54 : 123 - 2011/09/28(水) 00:08:53.08 cPYlYHiD0 30/54

紅莉栖はなんと龍撃槍とでっかい音をだす物を使いきってしまった!!

紅莉栖「よく、分からないから。早めに使っておいたわ」

ダル「・・・・・・」

いろいろとしている内にジエン・モーランが船に接近!!!

56 : 123 - 2011/09/28(水) 00:11:23.47 cPYlYHiD0 31/54

ジエン・モーランが船に突撃してくると同時にダルが溜め2で鈴羽を打ち上げ

鈴羽をジエン・モーランに乗せた

鈴羽「さんきゅー!!」

ダル「鈴羽!!爆弾を使うんだ!!」

鈴羽「あいよーーー」

58 : 123 - 2011/09/28(水) 00:15:56.44 cPYlYHiD0 32/54

鈴羽はみんながジエン・モーランに乗るところに対龍爆弾を2つ設置(赤の矢印が出ているところ)

岡部「な!?」

鈴羽「乗れるものなら乗ってみろって!!」

紅莉栖「くっ!!負けてられないわ!!」

紅莉栖がジエンに乗る

と、同時に鈴羽が爆弾を爆破!!

紅莉栖「ちょ!!!ああああああああああああああああああああ」

対龍爆弾の威力は400×2

紅莉栖は成す術もなく一乙

60 : 123 - 2011/09/28(水) 00:18:38.51 cPYlYHiD0 33/54

岡部「爆弾はなくなった!今のうちに飛び乗るぞ!!」

岡部がジエンに飛び乗る!!

と、同時に鈴羽が切り上げで岡部をブッ飛ばす

岡部「え!?また!?」

岡部は砂海に落下

鈴羽「ごめんね~、君達2人は戦力にならないんだよ」

63 : 123 - 2011/09/28(水) 00:22:52.38 cPYlYHiD0 34/54

ダル「よし!!鈴羽はジエンを攻撃してくれ!!」

鈴羽「らジャー!!」

ダル「よし!!」

紅莉栖「鈴羽さん!!よくもやったわね!!」

紅莉栖が戦線復帰した瞬間、ダルの溜め2で吹っ飛ばされる

紅莉栖はバリスタの弾の場所に飛ばされた

ダル「お前を・・ジエンに乗せるわけにはいかない」

65 : 123 - 2011/09/28(水) 00:26:49.13 cPYlYHiD0 35/54

紅莉栖は起き上がり、競走薬Gを飲む

紅莉栖は鬼神化をした

紅莉栖「もう許さないわ、橋田」

ダル「ん?僕と戦うん?」

紅莉栖「そうよ!!あんたも砂海に叩き落としてくれる!!」

ダル「よし、ならば戦争だ!!」

戦況

ジエンVS鈴羽

ダルVS紅莉栖

岡部は砂海から船へ復帰しようと命綱を手繰っている

66 : 123 - 2011/09/28(水) 00:30:32.61 cPYlYHiD0 36/54

ダルは武器をしまって紅莉栖に特攻

紅莉栖は回避して○ボタンで攻撃を加える

ダル「双剣の鬼神回避・・厄介だお」

紅莉栖「はああああああああ」

紅莉栖の連続攻撃!!

ダルは溜めながらそれを回避して、抜刀殴りで紅莉栖を吹き飛ばす

紅莉栖「くそっ!!!」

紅莉栖は起き上がりもう一度鬼神化する

67 : 123 - 2011/09/28(水) 00:33:26.52 cPYlYHiD0 37/54

ダル「諦めるお。牧瀬氏・・今の君では勝てないお」

紅莉栖「やってみなくちゃ・・・分からないじゃない・・」

岡部が戦線復帰!!

岡部「紅莉栖!!手を貸すぞ!!」

紅莉栖「岡部!!」

ダル「・・・2対1か・・ちょっときついお」

75 : 123 - 2011/09/28(水) 00:52:53.35 cPYlYHiD0 38/54

岡部「いくぞおおおおおおおダル!!」

○⇒移動斬りで驚異の機動力を見せる岡部の太刀

ダル「くそ!避けるのが精いっぱいだお」

紅莉栖「逃がすかあ!!」

紅莉栖も強力な斬撃でダルを足止めする

ダル「ちくしょおお」

岡部「ダルよ!俺達への軽率な行動に後悔するのだな!!フゥーハハハ!!」

紅莉栖「フゥーハハハ!!」

76 : 123 - 2011/09/28(水) 00:56:11.89 cPYlYHiD0 39/54

岡部「とだめだ!!」

岡部はダルに突進する!!

岡部「地獄に落ちろおおおおおおお!!」

ダル「くううううう!!」

ドスッ!!

岡部「な!?」

岡部は宙に舞っていた!!

鈴羽「間一髪ってところだね」

鈴羽の切り上げが岡部を吹き飛ばしたのだ

岡部はなんとか船の上に着陸する

77 : 123 - 2011/09/28(水) 01:00:48.47 cPYlYHiD0 40/54

岡部「2対2か・・紅莉栖・・やれるか?」

紅莉栖「ええ・・岡部・・。こいつらを倒しましょ」

ダル「初心者2人がこの僕に勝てるかお?」

鈴羽「ふふ・・おもしろくなってきた!!」

船の上で、4人による壮絶な戦いが始まる

これがなんだかんだ言って、モンハンの醍醐味だ

・・・・人狩り、それは12種類の武器とアイテムを使いこなすゲーム

誰が勝っても、おかしくない・・

79 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします - 2011/09/28(水) 01:02:04.78 mITIgb3a0 41/54

>人狩り
誤植かと思ってたらガチだったよ!

80 : 123 - 2011/09/28(水) 01:05:59.94 cPYlYHiD0 42/54

4人は激しいバトルを繰り広げる

岡部は太刀で相手の攻撃を中断させ

紅莉栖はバリスタで援護

ダルは溜め3で回転攻撃

鈴羽は切り上げを繰り出す

4人は真剣に勝負をした

誰が生き残るのか・・・何のために戦うのか・・

それは誰にも分からない

81 : 123 - 2011/09/28(水) 01:08:58.21 cPYlYHiD0 43/54

ジエン・モーランが接近したので4人はジエン・モーランの上で戦いをすることにした

岡部と紅莉栖は右の牙から乗って

ダルと鈴羽は左の牙から乗る

4人はすぐさま弱点の部位を破壊して戦場を広げた

83 : 123 - 2011/09/28(水) 01:13:05.53 cPYlYHiD0 44/54

岡部「うおりゃあああああああああああ」

ジエンがいるのでゲージが溜まり鬼神攻撃を繰り出す

ダル「うお!?ここではオカリンが有利か!?」

鈴羽「ここは一旦離れて体勢を立て直そうよ!!」

ダルと鈴羽は尻尾まで撤退する

紅莉栖「岡部!!追うわよ!!」

紅莉栖は競走薬Gをのんだ

岡部「ああ!!」

ダルと鈴羽も競走薬Gを飲み最終決戦に備えた

84 : 123 - 2011/09/28(水) 01:16:44.49 cPYlYHiD0 45/54

鈴羽「行くよ!!パパ!!」

ダル「おお!!」

鈴羽はSAの必殺技ぶん回しをする!!

後ろでダルはハンマーをチャージ!!

岡部「紅莉栖!!鈴羽は任せた!!俺はダルをかたずける!」

紅莉栖「分かった!」

ダル「オカリンが相手か・・容赦しないお!」

鈴羽「双剣で勝てるの?」

85 : 123 - 2011/09/28(水) 01:19:36.46 cPYlYHiD0 46/54

ザシュッ ドシュッ ドスッ

岡部「いまだ!!」

ダル「うん!?」

ダルを端まで追い詰めて、アクションのシャドーをする

ダル「うあああああああああ」

ダルは機動力のないハンマーでは成す術もなく砂海に落下

ダル「鈴羽・・後は・・任せたお・・・・」

鈴羽「パパ―――――――――――!!」

86 : 123 - 2011/09/28(水) 01:23:51.95 cPYlYHiD0 47/54

鈴羽「牧瀬紅莉栖・・ここまでだね・・」

切り上げを食らわされる

紅莉栖「な!?」

鈴羽「・・・さよなら」

紅莉栖は砂海に落ちて行った

紅莉栖「岡部・・・あとは・・まかせ・・・・た・・」

88 : 123 - 2011/09/28(水) 01:30:46.23 cPYlYHiD0 48/54

ジエンモーランが揺れ始めたので、岡部と鈴羽は船に戻る

岡部「紅莉栖の思いは・・無駄にしない・・・」

鈴羽「パパの意志は私が継ぐ」

岡部「真ラグナロックはこれからだ・・・」

鈴羽「・・・・・」

岡部「オペレーション・ノルンを開始する!」

ドスッ!!

89 : 123 - 2011/09/28(水) 01:36:48.71 cPYlYHiD0 49/54

壮絶な攻防戦が続く

岡部はスキを見て爆弾を使おうとして

鈴羽はすぐに回避して切り上げようとする

鈴羽「やるね、初心者とは思えないよ!」

岡部「・・・・・・」

そして、ついに鈴羽が切り上げからのぶん回しを多用しはじめ

岡部は近づくことすらできない

岡部「どうすれば・・・鈴羽は端で回しているから、背後からの攻撃はできない・・」

岡部「端・・・そうか!!」

90 : 123 - 2011/09/28(水) 01:38:34.98 cPYlYHiD0 50/54

岡部は鈴羽に急接近して

大タル爆弾Gをしかけて爆破させた!!

鈴羽「しまったああああああああああああああああああああ」

岡部「よっしゃああああああああああ」

端にいた鈴羽は砂海の中に消えていった

岡部「やったか・・・」

91 : 123 - 2011/09/28(水) 01:39:10.51 cPYlYHiD0 51/54



  -制限時間を越えましたー




92 : 123 - 2011/09/28(水) 01:39:37.56 cPYlYHiD0 52/54



    ークエスト失敗ー

94 : 123 - 2011/09/28(水) 01:45:11.89 cPYlYHiD0 53/54

岡部「クエスト・・・成功できなかったな・・」

紅莉栖「ええ・・でも、私達はさらに腕を磨くことができたわ」

鈴羽「うん、良かった。また人狩りしようね!」

ダル「もっと、対人戦の練習をしてくるお!!」

狩人達は今、何をしているだろうか?

モンハンにあきて3DSに浮気しているのだろうか?

それともゲーム自体をしてないのか?

モンスターハンターの世界は無限大である

決して、たかが400時間程度ではクリアできないのある

学校の授業中にでも、仕事の途中でも、塾の休み時間にでも電源を入れてごらん

そこには無数のハンターと無限の可能性が待っているのだから・・・・・



           -完ー

95 : 123 - 2011/09/28(水) 01:46:58.33 cPYlYHiD0 54/54

ごめん終わらし方が分からなくなって、無理やり終わらせたサーセン
ここまで読んでくれた人、支援を下さった方々ありがとうございます

それではノシ

記事をツイートする 記事をはてブする