1 : 以下、名... - 2013/06/19(水) 22:07:35.17 ghz4Ph0UP 1/17

美琴「は? やり……なにそれ」

食蜂「御坂さんにはちょっと早かったかしらぁ」

元スレ
食蜂「派閥って呼ばれてるけど、実際はヤリサーみたいなものよぉ」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1371647255/

7 : 以下、名... - 2013/06/19(水) 22:12:15.91 ghz4Ph0UP 2/17

食蜂「まぁ、つまり私の派閥が最大勢力なのはそういうことなのぉ」

美琴「よくわかんないけど、アンタが能力使って洗脳したわけじゃないの?」

食蜂「能力はほとんど隠蔽に使ってるわぁ」

美琴「隠蔽?」

食蜂「そう言った意味では、私の能力あっての派閥かもねぇ」

8 : 以下、名... - 2013/06/19(水) 22:20:34.41 ghz4Ph0UP 3/17

食蜂「あ、そういえば御坂さん、ルームメイトの後輩から強烈なアプローチされてるみたいじゃなぁい?」

美琴「……だからなんなのよ」

食蜂「うちの派閥の内情をその娘に話せば、御坂さんと一緒にこっちに来てくれるかなぁって思って☆」

美琴「は? 何言ってんの?」

食蜂「けっこう可能性はあると思うわよぉ」

美琴「黒子は間違ってもアンタの派閥に入ったりなんてしないわよ」

食蜂「どうかしらねぇ」

10 : 以下、名... - 2013/06/19(水) 22:31:13.94 ghz4Ph0UP 4/17

美琴「とにかく、変なことしようとしたら私が許さないから」

食蜂「ふぅん……ねぇ御坂さん」

美琴「なによ」

食蜂「今度見学に来てみる? 私の派閥に」

美琴「見学って……あんたの大名行列ならもう見飽きてるわよ」

食蜂「みんなが集まってくる理由を見れば、貴女も入りたくなるかもしれないわよぉ?」

美琴「いや、ありえないから」

食蜂「ま、考えておいてちょうだいねぇ、今日もこれからヤらなきゃいけないことがあるからぁ」

美琴「考える必要もないっつーの」

13 : 以下、名... - 2013/06/19(水) 22:39:45.28 ghz4Ph0UP 5/17

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇


―自室―


美琴「ねぇ黒子ー」

黒子「なんですの?」

美琴「やりさー、ってなに?」

黒子「」ガチャン

美琴「ちょ、黒子!?」

黒子「おおおおおお姉さま!?」ガシッ

美琴「えぇ!?」

黒子「どこで……どこでそのような汚らわしいお言葉ををををを!!!」ガクガク

15 : 以下、名... - 2013/06/19(水) 22:48:19.50 ghz4Ph0UP 6/17

美琴「ちょっと落ち着いて! 私はその言葉の意味がわからないんだってば!」

黒子「はっ……これは失礼を……そうでしたか」

美琴「で、どういう意味なのよ」

黒子「お姉さまが知る必要はありませんの」バッサリ

美琴「なによそれ……」

黒子「それよりも、いったいどのような場面でそのような言葉が飛び出したんですの?」

美琴「なんかしいたけの派閥がそういうところなんだって」

黒子「あのメンタルアウトの……?」

17 : 以下、名... - 2013/06/19(水) 22:56:41.58 ghz4Ph0UP 7/17

黒子(まさかそんな馬鹿げたことを……いえ、あの方の能力なら問題ないですわね)

黒子(そういえば……以前から利用しているPC部品のネット通販……あそこの空箱がなぜか大量に捨てられているのを何度も目撃しましたわ)

黒子(もしあの女王がそのような不埒な行いをしているのであれば、風紀委員として黙っているわけにはいきませんの)

黒子(ここは私が直接調査をするしか無いようですわね)

美琴「で、どういう意味なのか教えて欲しいんだけど」

黒子「お姉さまには一生関係のないお話ですわ、ささ、もう今日は休みましょう」

美琴「……ちぇ」

18 : 以下、名... - 2013/06/19(水) 23:05:18.06 ghz4Ph0UP 8/17

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇


食蜂「あらぁ? 御坂さんの方から私に会いに来るなんて珍しいわねぇ」

美琴「別に、ただわけのわからないことをしてる派閥を放っておくわけにはいかない、そう思っただけよ」

食蜂「ん? もしかして派閥見学にきたってことかしらぁ?」

美琴「監視よ、監視」

食蜂「ちなみに、昨日の言葉の意味は調べたのかしらぁ?」

美琴「人に聞いたら「知らなくていい」って突っぱねられたわ」

食蜂「でしょうねぇ、うふふ」

美琴「で、どうなのよ」

食蜂「御坂さんならいつでも大歓迎よぉ」

食蜂「じゃあ早速行きましょうかぁ」

20 : 以下、名... - 2013/06/19(水) 23:12:41.11 ghz4Ph0UP 9/17

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇


縦ロ「お待ちしておりました」

美琴「なによ……温室で花でも育ててるわけ?」

食蜂「せっかく派閥の活動を見てもらうんだしぃ、お花がたくさんある雰囲気のいいところがいいと思ってぇ」

縦ロ「お茶とケーキをご用意しております」

食蜂「じゃあまずは少し休憩しましょうかぁ」

美琴「構わないけど……これが活動内容なの?」

食蜂「急がば回れ、だゾ☆」

美琴「……まぁいいか」

美琴(ん……お茶には何も変なものは入ってないみたいだけど)コクッ

美琴(ケーキも大丈夫みたい……くそぅ、美味しいわねコレ)モキュモキュ

美琴(なんの花の香りかしらないけど、リラックスできるし)

食蜂(ふふふ……)

23 : 以下、名... - 2013/06/19(水) 23:24:52.38 ghz4Ph0UP 10/17

食蜂「そういえば、まだヤリサーの意味を教えてなかったわよねぇ」

美琴「あぁ……そーいえば」ハァハァ

美琴「っていうか、なんだか暑くない? ここ」ハァハァ

食蜂「ふふ、そうねぇ……私もちょっと暑いかも……貴女も、ねぇ?」

縦ロ「は、はい」モジモジ

美琴「だったら、場所変えましょうよ……」ハァハァ

食蜂「ねぇ御坂さん……ヤリサーっていうのは、『やることを目的としたサークル』ってことなのよぉ」

美琴「サークルねぇ……やるって何をやるのよ? 肝心なことがわからないじゃない」ハァハァ

食蜂「やるっていったら、それはもう……ヤるしかないじゃない?」

美琴「はっきり答えなさいよ……っていうかいい加減本当にあっついわ……」ハァハァ

26 : 以下、名... - 2013/06/19(水) 23:43:58.23 ghz4Ph0UP 11/17

食蜂「ヤるっていうのはぁ……こういうことよぉ」ギュ

美琴「はぁ!? ちょ……なに抱きついて」

食蜂「御坂さんって、おっぱい小さいのねぇ……まぁ見ればわかるけど」モニュモニュ

美琴「アンタがデカすぎるのよ! っていうかもうやめなさい!」

美琴(あれ? おかしい……演算がうまくできない……)

食蜂「でもココはヤる気充分みたいなんだゾ☆」キュ

美琴「ひあぁああ!?」ビクン

食蜂「ふふ、たっぷり媚薬を吸い込んだあとだから、すっごいキくでしょお?」

美琴「びや……く?」

食蜂「出てきていいわよぉ」

派閥A「はい」ガサッ

食蜂「彼女はちょっと特殊な能力で、任意の効果の気体を生成することができるのぉ、まぁあんまり種類はないんだけどぉ」

美琴「き、たい?」

食蜂「そうなの、ただ香りがすごくするから、効果が出るまで不審に思われない場所、そして風とかで拡散されない場所が必要なんだけどねぇ」

32 : 以下、名... - 2013/06/19(水) 23:57:19.28 ghz4Ph0UP 12/17

食蜂「飛んで火にいる夏の虫ってところかしらぁ」

美琴「あんた……こんなことして……」

食蜂「あら、だってちゃんと言ったとおりに活動の見学……あら、これじゃあ参加になっちゃうわねぇ」

食蜂「まぁいいわよね、参加したほうがより深く理解してもらえるだろうしぃ」クリクリ

美琴「やめっ! だめぇ!」ジタバタ

食蜂「ちょっとぉ、暴れちゃダメじゃない」

縦ロ「お手伝いいたします、女王」ガシッ

美琴「え!?」

食蜂「じゃあ私は上をするから、下はよろしく……あ、膜は破っちゃダメだからぁ」

縦ロ「かしこまりました」

美琴「いやっ! お願い! 許してぇ!」ジワッ

食蜂「御坂さん……その表情すっごくソソるわぁ」ゾクリ

40 : 以下、名... - 2013/06/20(木) 00:11:02.84 L/KaRPU+P 13/17

美琴「どうしてこんなこと……なんで……」

食蜂「ほら、ここって男子禁制で、年頃の女の子にとってはなかなか息がつまる場所じゃない?」

食蜂「だからこういうシゲキテキな娯楽がウケるのよぉ」

食蜂「皆ちょっと体験しただけで、派閥に入るって決めてくれるのよぉ」

食蜂「御坂さんもきっと気に入ってくれると思うわぁ」

ゾロゾロ

美琴「え……なに、これ……」ガクガク

食蜂「みんな私の派閥の娘たちよぉ……ふふ」

美琴「い、や……」

食蜂「人払いはしてあるから、ゆっくり体験していってねぇ?」

42 : 以下、名... - 2013/06/20(木) 00:18:03.83 L/KaRPU+P 14/17

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇


黒子(やはり……いかがわしい品のパッケージが散見されますの)

黒子(しかし、あれだけの大所帯となると、一斉停学処分には踏み切れない可能性もありますわね……学校の体裁的に)

黒子(とりあえず、現場を抑えて勧告を……といったところでしょうか)

黒子(今現在、女王の派閥はどのあたりに……あら?)ヴヴヴヴ

黒子「お姉さま?」

美琴『く、黒子? 今……どこにいるの?』ハァハァ

黒子「まだ校舎におりますが……どうしたんですのお姉さま? 息が荒いようですが」

美琴『なっ……んでも、ないわ、よ……んっ……それでね、すぐに温室まできて欲しいんだけどっ……』ハァハァ

黒子「温室ですか……分かりましたわ、すぐに向かいますの」

美琴『おねがいっ……ね』ハァハァ

ピ

黒子(お姉様のご様子、明らかにおかしかったですわ……急ぎませんと)ダッ

51 : 以下、名... - 2013/06/20(木) 00:33:10.33 L/KaRPU+P 15/17

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇


ガチャ

黒子「お姉さ……ま?」

食蜂「あはっ……そう……上手になってきたわねぇ……ん」ビクッ

美琴「んっ……ふぐっ……む」

黒子「おね……え?」

食蜂「あら、早かったわねぇ」

黒子「これは……どういうことですの?」カタカタ

食蜂「どうって……御坂さんが私の派閥に入ってくれるって言うから、歓迎パーティーをしてたのよぉ」

食蜂「あなたもどお?」

黒子「お、お姉さま……」ガタガタ

美琴「あ、くろこ……」トロッ

55 : 以下、名... - 2013/06/20(木) 00:42:59.51 L/KaRPU+P 16/17

食蜂「そうそう、御坂さんのバージンはまだ取っておいてあるんだけど……白井さん、いる?」

黒子「はっ……何をふざけたことを……」

食蜂「ねぇ、今の御坂さん、とっても美味しそうでしょ?」

黒子(た、確かに……刺激的な表情をしておられますの……)

黒子(なんだか、お姉様のお顔を見ていたら……頭がボーっと……)ハァハァ

食蜂「ねえ、どうするのぉ? いらないなら私がもらっちゃうけど?」

黒子「ほ、欲しいですわ……」ハァハァ

食蜂「あはっ」

縦ロ「道具も用意してございますが、使われますか?」

黒子「いいえ……お姉さまは、私の……指で……」ハァハァ

美琴「くろ、こ……」

黒子「お姉さま……今、黒子が……」ハァハァ

ツプ

美琴「あっ!」ビクッ

61 : 以下、名... - 2013/06/20(木) 00:50:04.15 L/KaRPU+P 17/17

黒子「お姉さまに……黒子を……刻んで差し上げますの!」ブツッ

美琴「ひぎっ!」

黒子「お姉さま……お姉さま……」グチグチ

美琴「あ! あぁっ!!」

食蜂(ふふふ、これでぇ、このふたりはもう引き返せないわねぇ)

食蜂(常磐台は私のモノ確定ねぇ)

派閥B「じょ、女王……私たちももう……」

食蜂「あら、そうねぇ……今日は皆頑張ってくれたから、なんでも好きなことさせてあげるわよぉ」

派閥C「で、では……女王を……」

縦ロ「女王……私も精一杯頑張りました……」ギュ

食蜂「あんっ……もう、せっかちなんだからぁ」

食蜂「でも……滅茶苦茶に犯してくれていいんだゾ☆」

縦ロ「じょ、女王ぅ!」ガバッ

食蜂「あんっ」

おわり

記事をツイートする 記事をはてブする