1 : 以下、名... - 2011/09/26(月) 19:44:23.30 S480pgOE0 1/36

岡部「誰がホモだ誰が、このメリケン処女めが」

紅莉栖「誤魔化したって無駄よ!私、見たんだから」

岡部「見たって、何をだ?」

紅莉栖「ふぇ!?……それは当然、あれよ……」

岡部「アレとは何だ?機関で使われている隠語か?貴様、やはり機関の回し者だったのか」

紅莉栖「違うわよ!……その、あんたが橋田と、HENTAI行為に及んでいるところよ……」


元スレ
紅莉栖「岡部がホモだった……死にたい……」
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1317033863/

8 : 以下、名... - 2011/09/26(月) 19:48:37.25 S480pgOE0 2/36

~三日前・ラボ~

紅莉栖「んん~、しまった、電話レンジの改良してたら完全に眠ってしまった」

紅莉栖「もう真っ暗……今何時かしら?岡部も起こしてくれればいいのに」

ガサゴサ

紅莉栖(あれ?まだ向こうの部屋に誰かいる?)

岡部「――おいダル、頼む」

ダル「えぇ~、この前してあげたばっかじゃん」


11 : 以下、名... - 2011/09/26(月) 19:51:49.21 S480pgOE0 3/36

岡部「この前とか関係無い。俺には今すぐあれが必要なんだ!」

紅莉栖(何の話してるのかしら)

岡部「それにお前はマイフェイバリットライトアーム……いや、マイフェイバリットミートスティックなのだからな!!」

ダル「日本語でおk。はぁ~、しょうがないなぁオカリンは。じゃあ早く脱いで」

紅莉栖(脱ぐ?)

岡部「あぁ、流石はスーパーハカーだ。話が分かるじゃないか」

ダル「ハッカーだっての。ほら脱いだ?」

岡部「おお!準備万端だ」

紅莉栖(ちょ///なんで脱いでんのよ!)


13 : 以下、名... - 2011/09/26(月) 19:54:17.48 S480pgOE0 4/36

ダル「じゃあ次は僕のを脱がせてよ」

岡部「ああ!」カチャカチャ

紅莉栖(ん?)

ダル「ん、じゃあ咥えて差し上げろ(キリッ」

紅莉栖(んん~!?)

岡部「おう……ゴクリ……パク」ジュポジュポニュポニュポ

紅莉栖(え、なにこれこわい)


17 : 以下、名... - 2011/09/26(月) 19:58:01.38 S480pgOE0 5/36

ダル「ん、おぉ、おぅ……オカリンウマスギィ!」

岡部「ふ~、こんなもんでいいか?」

ダル「そだね。じゃあ、行くよ。ローション要らないよね」

岡部「ああ、頼む」

ズズズジュチャジュポ

岡部「ぅぐっ、ンンンンンッ――ンアアアアッー!!」

紅莉栖(――)


18 : 以下、名... - 2011/09/26(月) 20:00:43.29 S480pgOE0 6/36

ダル「オカリンうるさい。声でかすぎ」パンパンパンパン

岡部「んイィ、いいよぉ、ダルの勃起チンポギモヂイィ!!んほぉおお!!」

ダル「うるさいってば」

岡部「ら、らっへぇ、気持ひいんらもん!!」

ダル「全く、オカリンもとんだHENTAI紳士だなぁ。ほら、スパート行くよ」スパンスパン

岡部「あへ、んひ、んほお、イグ、イグのぉ、ダルのHENTAI勃起チンポに犯されてイグゥ!!」

ダル「おらぁ、腸内(なか)に出すぞ!(棒読み)」ドプドプ

岡部「ああああああああああああああイクイクイク、イキスギィ!!!」ドピュドピュ

紅莉栖(な、なんぞこれえぇ!!!)


20 : 以下、名... - 2011/09/26(月) 20:03:13.65 S480pgOE0 7/36

岡部「……」

ダル「……オカリン、賢者タイムになって何か言うことは?」

岡部「今日も良かったぞ、ダル」

ダル「それにしてもこのマッドサイエンティスト、ノリノリである」

岡部「貴様だって、腸内(なか)に出すなど普段は言わないことまで言っていたではないか」

ダル「まぁ気分ってやつですよ」

岡部「ふん、まあいい。空間ファブリーズしてとっとと帰るぞ」

ダル「はいはーい。あれ、今日牧瀬氏来てたっけ?」

紅莉栖(!?)


21 : 以下、名... - 2011/09/26(月) 20:05:33.92 S480pgOE0 8/36

岡部「あぁ、確か来てたな」

ダル「いつの間に帰ったん?」

岡部「さあな。俺達が買い出しに行ってる間にでも帰ったんだろ」

ダル「そっか」

岡部「ほら、グズグズするな。行くぞダル」

ダル「はいはーい」

ガチャ、バタン

紅莉栖「……oh」


22 : 以下、名... - 2011/09/26(月) 20:07:18.61 S480pgOE0 9/36

~現時刻・ラボ~

岡部「変態行為?はて、何のことやら」

紅莉栖「とぼけないで!とぼけても無駄よ!」

岡部「俺はHENTAI行為に及んでいた記憶は無い……それはHENTAI紳士行為の間違いだ!フゥーハハハハ!」

紅莉栖「駄目だコイツ早くなんとかしないと」

岡部「と、冗談はさておき」

紅莉栖「さておいとくな!私の質問に答えろ!」

岡部「そもそもマジで記憶にない。お前の言うHENTI行為とは何のことだ?」


23 : 以下、名... - 2011/09/26(月) 20:09:58.30 S480pgOE0 10/36

紅莉栖(あれ、嘘をついているようには見えない……もしかして私の夢だったとか?)

岡部「そもそもいつのことだ?貴様、寝不足で幻でも見たんじゃないか?だとしたら、お前もマッドサイエンティストの仲間入りだな」

紅莉栖「勝手に仲間に入れるな。えっと、三日前くらいだったと思うんだけど」

岡部「三日前?その日はダルと遅くまで残っていた日だな」

紅莉栖「それよ!その時…その…あんたと橋田がその…合体してた」

岡部「念心!!」

ダル「合体!!!」

紅莉栖「GO!アクエリオン!……///」

岡部「ほぅ?助手はロボットアニメもいける口か?」


24 : 以下、名... - 2011/09/26(月) 20:11:05.51 S480pgOE0 11/36

紅莉栖「ち、違うわよ、たまたまCMで流れてたのを覚えていただけで……」

紅莉栖(岡部の好きそうなロボットアニメを見て勉強してたとは言えない…)

紅莉栖「てか橋田!あんたいつからそこにいたのよ!」

ダル「牧瀬氏ヒドス、ずっとここにいたっての」

紅莉栖「全然気が付かなかった」

ダル「牧瀬氏にはオカリンしか眼中にないんですね分かります」

紅莉栖「べ、別にそんなんじゃないわよ!あ、あんたも身に覚えがあるんじゃないの?HENTAI行為について」

ダル「ん~、オカリンあれじゃね?」


26 : 以下、名... - 2011/09/26(月) 20:13:06.61 S480pgOE0 12/36

岡部「なるほどあれか、クリスティーナよ、貴様はあれを見てしまったわけか」

紅莉栖「そうよそれよ。あんたと橋田が、その……SEXしてた」

岡部「ちっがーう!!!」

紅莉栖「ひっ」ビクッ

岡部「あれがSEXだと?笑わせる。俺をあまり失望させるな助手よ。あれはどう見ても高尚なオ○ニーではないか!!」

紅莉栖「……はい?」

岡部「いいか助手よ、SEXというのは男性器を女性器に突っ込みなんやかんややって射精することだ。なら俺とダルのはどうだ?肛門と男性器ではないか、これは立派なオ○ニーだ」


28 : 以下、名... - 2011/09/26(月) 20:14:51.49 S480pgOE0 13/36

ダル「オカリン、毎回言ってるけどそれは無茶苦茶すぎるトンデモ理論だと思われ」

岡部「ダル、貴様まであれがSEXだと言うのか。手淫となんら変わらん、ただ手が肛門になっただけではないか」

ダル「どう見てもホモセクロスです本当にありがとうございました。ま、僕は気持ちいからどうでもいいんだけどね」

岡部「どうでもよくは無い!俺は、あれはオ○ニーだと教わったのだ!」

ダル「マジレスするとオ○ニーって自慰ってことだろ?自分で慰めるから自慰なんじゃん。他人を使ったらそれはもうオ○ニーじゃないって」

岡部「ならお前は、フェラは口SEXと言うのか?手コキは手SEXか?足コキは?パイズリは?尻コキは?」

ダル「いやそれは前戯ってジャンルがちゃんとあるじゃん……ってもうマンドクセ」

紅莉栖「……あんた達、一体なんなの?」ワナワナ


30 : 以下、名... - 2011/09/26(月) 20:17:02.25 S480pgOE0 14/36

ダル「最初の議題に戻るけど」

岡部「最初?なんだっけ?」

ダル「オカリンがホモかどうかの件について」

岡部「あぁ」

ダル「結論から言うとオカリンも僕もホモじゃないお。僕は気持ちいし、ソープ代浮くからやってるだけで」

岡部「俺もただオ○ニーしているだけだ。決してホモなどではない!」

紅莉栖「ナニコレナニコレナニコレナニコレ」

ダル「駄目だ聞いてないや」


32 : 以下、名... - 2011/09/26(月) 20:19:19.87 S480pgOE0 15/36

ガチャ

まゆり「トゥットゥルー、みんなおはよー」

ダル「お、まゆ氏おはよ」

紅莉栖「ま、まゆり!大変なの!!岡部と橋田がHENTAIなの!!!」

まゆり「紅莉栖ちゃんどうしたの?オカリンとダル君がHENTAIさんなのは知ってるよ?」

ダル「まゆ氏意外にヒドス」

紅莉栖「違うの、そうじゃなくて、岡部と橋田が付き合ってるの!」


36 : 以下、名... - 2011/09/26(月) 20:21:17.16 S480pgOE0 16/36

まゆり「ん~、オカリンとダル君はねぇ、親友だから付き合ってはいないんじゃないかなぁ?」

紅莉栖「そうじゃなくて!付き合ってるというか突き合ってるの!いや、橋田のほうから一方的に突いてるの!」

まゆり「んん~?まゆしぃには意味が分からないのです」

ピンポーン、ガチャ

天王寺「おう、岡部いるか?ちょっと下来い」

岡部「なんですミスターブラウン。家賃の引き上げには応じませんよ」

天王寺「いいから来いって、綯がいない今がチャンスなんだよ」

岡部「全く、強引な人だ」

紅莉栖(?)


41 : 以下、名... - 2011/09/26(月) 20:24:45.80 S480pgOE0 17/36

岡部「ラボメン達よ、留守番を頼む」

ダル「はいはーい」

まゆり「いってらっしゃーい」

ガチャ、バタン

紅莉栖「って、それどころじゃないわよまゆり!岡部が、岡部が…!」

まゆり「紅莉栖ちゃん落ち着いて?とりあえず深呼吸すればいいと思うよ」

紅莉栖「そうね、すぅーはぁーすぅーはぁー」

まゆり「それで、オカリンがどうしたの?」

紅莉栖「岡部が、大変なのよ!!!」

ダル「そりゃ現在進行形で大変だろうね、なんたって相手がミスターブラウンなんだもの」


44 : 以下、名... - 2011/09/26(月) 20:27:24.94 S480pgOE0 18/36

紅莉栖「……?――!!」

紅莉栖「岡部ェ!!」ダッ

一階、ブラウン管工房

紅莉栖「岡部!」

天王寺「おら、うり、うら、どうだ、この、変態め!」ズパンズパン

岡部「おほ、んひ、ふへ、んひ、ぎもぢぃ!!じぬッ!ぎもぢよずぎでじぬぅうう……」

紅莉栖「お、岡部……いやあああああああああああああああああああああああ」

まゆり「紅莉栖ちゃん、急にどうしたの?」

紅莉栖「まゆり!見ちゃダメ!」

まゆり「……う――」


46 : 以下、名... - 2011/09/26(月) 20:30:26.81 S480pgOE0 19/36

まゆり「――うわぁオカリン、店長さんの極太チンポもうそんなに飲み込めるようになったんだぁ!」

紅莉栖「……え?」

天王寺「あぁ、最初は先っちょしか入らなかったが、とんでもなくスケベな穴だぜ、全く」

岡部「ひ、ひがうのぉ、ブラウンチンポがしゅごしゅぎてケツ穴が勝手に拡がっひゃったのぉ!!!」

紅莉栖「え?……え?」

まゆり「すごいよオカリン流石だね♪」

紅莉栖「まゆ、り?」


49 : 以下、名... - 2011/09/26(月) 20:33:51.61 S480pgOE0 20/36

岡部「うは、うひゃあ!!めくれちゃうぅ……ケツ穴めくれひゃうのおおおぉぉぉ!!!」

まゆり「うわぁwオカリンのチンポギンギンだよぉ~!しごいて出してあげようか?」

天王寺「ちょっと待て、今日は俺がトコロテンでイカせる」

まゆり「わぁ、店長さん頑張って!オカリンも、ファイト!」

天王寺「オラ岡部!俺もイクからてめぇもイっちまえ!!」

岡部「らめらめぇ……腸内(なか)はらめなのおぉ~」

紅莉栖「う、そ、嘘よね?」

ダル「あれ、牧瀬氏知らなかったん?オカリンをホモセクロスに道に誘ったのはまゆ氏だよ」

紅莉栖「ふぇ?」


54 : 以下、名... - 2011/09/26(月) 20:36:23.15 S480pgOE0 21/36

ダル「最初は嫌がってたんだけどね、まゆ氏があれはオ○ニーだから気にするなって言ったらあっという間に洗脳されて、今はもうあんな状態」

天王寺「おらぁ!行くぞ岡部!!ウッ!」ドルルルドピュドピュ

岡部「んひぃ!らめ、らめなのぉ!濃厚ブラウンザーメンでにんひんしちゃうのぉ!!」ドピュドピュ

天王寺「――だはぁ!はぁ、はぁ、最高だったぜ岡部」

岡部「濃厚ザーメンがぁ、奥まで来ちゃってるのぉ、ザーメンタンクにされちゃったのぉ……」

まゆり「オカリン、そこでダブルピース」

岡部「はぁはぁ、あへぇ(アヘ顔ダブルピース)」

まゆり「わぁ、すごいすごーい」パシャパシャ

紅莉栖「そん、な」


57 : 以下、名... - 2011/09/26(月) 20:38:48.63 S480pgOE0 22/36

ダル「うわあ壮大にイッたなぁ。まぁオカリンを駅弁ファック出来るのなんて店長だけだし、あんな体位で突かれたらしょうがないか」

紅莉栖「うそ、うそうそ、嘘よこんなの!いやぁ!」ダッ

ダル「ちょ、牧瀬氏!」


ラボ

紅莉栖「こんな世界、絶対に嫌ぁ!」

ダル「ちょ!牧瀬氏!タイムリープするん!?」

紅莉栖「そうよ!こんなのって、酷過ぎるわよ……岡部がケツ穴調教させる前まで戻る!」

ダル「いや、無茶だって!オカリンがあんなになったのって結構昔のことだし」


61 : 以下、名... - 2011/09/26(月) 20:40:47.93 S480pgOE0 23/36

紅莉栖「そ、そんな、どうすりゃいいのよ……」

ダル「牧瀬氏、そこで発想を逆転させてみたらどうかな?」

紅莉栖「え?」

ダル「もしオカリンのケツ穴を満足させることが出来れば、それって骨抜きにしたも当然じゃね?」

紅莉栖「!!!」

ダル「まぁ牧瀬氏がアナルで感じる変態オカリンでもいいってんならの話だけどね」

紅莉栖「いいわよ!全然いい!岡部が私の物になるなら!……ふへへ」

ダル「変態同士お似合いかぁ壊れるなぁ」

紅莉栖「善は急げってね、早速準備しなくちゃ」


66 : 以下、名... - 2011/09/26(月) 20:42:29.21 S480pgOE0 24/36

数時間後、ラボ

岡部「全く、ミスターブラウンめ、遠慮無しに突きまくりおって。まだケツが痛い」

まゆり「でもオカリン気持ちよさそうだったよ?」

岡部「……あへぇ」

ダル「思い出しアヘ顔とか気持ち悪すぎんだろ常考」

まゆり「オカリンオカリン、次は誰に掘られよっか?」

岡部「とりあえず、知り合い総当たりで行ってみるか」

ダル「それはいくらなんでもビッチすぎだろオカリン、少しは自重しなって」

岡部「フッ、これも運命石の扉の選択……か」

ダル「さいですか」


67 : 以下、名... - 2011/09/26(月) 20:44:03.40 S480pgOE0 25/36

ガチャ

紅莉栖「岡部!」

まゆり「あれ紅莉栖ちゃん、どこ行ってたの?」

紅莉栖「岡部、買ってきたわよ!ペニスバンド!それも極太の!」

ダル「うわぁ…これはマジですねぇたまげたなぁ…」

まゆり「うぁはー!紅莉栖ちゃんすごい!」

岡部「ペニスバンド……だと……?」

紅莉栖「今からこれつけてあんたのこと犯してあげるから――」

岡部「貴様!舐めているのか!!」

紅莉栖「ひっ」


70 : 以下、名... - 2011/09/26(月) 20:46:02.61 S480pgOE0 26/36

岡部「ペニバンなど笑止!そんなまがい物で俺を突こうなど、肛門へ対する冒涜だぞ、クリスティーナ!」

紅莉栖「ご、ごめ」

ダル「まぁオカリン、一度くらい試したって」

岡部「もう試した。そういう店に行った」

まゆり「ふぇー、どんなんだったの?」

岡部「駄目だ駄目。全然ダメッ!やはり熱きリビドーがたぎる勃起チンポでなければ、俺のケツマンコを満足させることは出来ない」

まゆり「ほへ~、ペニバンは駄目っとメモメモ」

ダル「オカリン、もう僕はオカリンのHENTAI度にはついて行けないよ」


71 : 以下、名... - 2011/09/26(月) 20:48:01.53 S480pgOE0 27/36

岡部「あぁ、チンポの話をしていたらケツ穴オ○ニーがしてくなってきた…まゆり、今から相手を探しに行くぞ」

まゆり「うん♪行こう行こう!」

岡部「さらばだ紅莉栖。次に会う時は、もう少しまともな人間になっていることを願う」

まゆり「じゃあね紅莉栖ちゃん♪」

ガチャ、バタン

ダル「牧瀬氏、大丈夫?」

紅莉栖「……岡部ぇ……岡部えええ!!」ダッ

ダル「ちょ、牧瀬氏!……行っちゃった……」


74 : 以下、名... - 2011/09/26(月) 20:50:38.02 S480pgOE0 28/36

ダル「それからオカリンはところかまわず誰とでもやりまくった。(ナレーション)

るか氏とるか氏のパパさんで3P

岡部「あひぃ!神社チンポでイクウウゥゥ!!肛門清められちゃうのぉ!!!」

フェイリスたんの執事さん

岡部「ふひ、ダンディ執事の初老チンポきもちいいよお……」

4℃とかいうDQN

岡部「んひぃ!!4℃のひんやりチンポが冷たくてきもちいのおぉ!!!」

オカリンが肛門肉便器になって数日後、それまで行方不明になっていた牧瀬氏が姿を現す。

その眼はどこか達観したような、悟りを開いたような顔をしていた。」


78 : 以下、名... - 2011/09/26(月) 20:53:05.71 S480pgOE0 29/36

ラボ

紅莉栖「岡部……」

まゆり「あー紅莉栖ちゃん!トゥットゥルー!」

岡部「……紅莉栖か久しぶりだな。高尚な俺の趣味を理解出来ないお前が何か用か?」

紅莉栖「あんたに、話があって」

岡部「何だ、俺は今からミスターブラウンと約束があるんだ。用があるなら早く済ませてくれ」

紅莉栖「岡部、まずは謝らせて。確かにあんたの言う通り、ペニバンは邪道だったわ」

岡部「んふふん、分かればよろしい。生チンポこそ至高。貴様にもそれが分かったか」

紅莉栖「えぇ。だけどね岡部、あんた、一つだけ重要なことを忘れてるわ……それも一番重要なことをね」


79 : 以下、名... - 2011/09/26(月) 20:55:40.60 S480pgOE0 30/36

岡部「ふん!世迷言を!この鳳凰院凶魔に、抜かりはない!!」

紅莉栖「なら教えてあげる。それはね……」


紅莉栖「『掘る快感』よ!」ズバリ


岡部「ッ!なん……だと……」

まゆり(そこに気付くとは、やっぱり紅莉栖ちゃんは天才だよぉ……)

紅莉栖「あんたはこの『掘る快感』自体、知らない。なんたってあんたはいつも掘られるばかり…実際に自分のチンポは誰にも入れてはいないのだから!」

岡部「ぐ、その発想は無かった……」


81 : 以下、名... - 2011/09/26(月) 20:57:28.77 S480pgOE0 31/36

紅莉栖「岡部、あんたは掘る快感を知る権利があるのよ?あんたも、掘っていいのよ……」

岡部「俺も……掘って、いい……?」

紅莉栖「そうよ、あなたにも快楽を知る権利があるの!」

岡部「俺にも、権利が……」

岡部「紅莉栖…ありがとう…俺、分かったよ」

紅莉栖「ほ、本当!?」

岡部「あぁ、俺はもう、掘られるばかりじゃない!」

紅莉栖「そ、それじゃあ、その、よかったらあたしと合体して――」

岡部「ダアァル!!」


82 : 以下、名... - 2011/09/26(月) 20:59:17.23 S480pgOE0 32/36

ダル「ビクッ、なんだよオカリン……まさか、掘らせろなんて言うんじゃないよな」

紅莉栖「へ?」

岡部「そのまさかだ。お前は俺を散々掘って来た。次は、俺のターンだ!!」

紅莉栖「いやちょっと」

ダル「ふざけんなマジで!それはそういう条件だったろ!それに僕は好きで掘ってたわけじゃないし」

紅莉栖「おい」

岡部「いいから、つべこべ言わず、ケツをだせぇ!!!」

紅莉栖「だから私を」

ダル「ひぃぃ」


88 : 以下、名... - 2011/09/26(月) 21:02:13.99 S480pgOE0 33/36

ピンポーン ガチャ

天王寺「おい岡部、来てやったぞ」

岡部「!」ギロリ

ダル「オカ……リン……?」

紅莉栖「岡…部…?」

岡部「ミスタァー!ブラウゥゥン!!」

天王寺「お、なんだよ」

岡部「ケツを……ケツを、ケツをだせぇぇぇぇぇ!!!」ガバッ

天王寺「オォウフ、な、何すんだ岡部」

岡部「はぁはぁ、これが、ケツ、ケツ穴、アナル、ケツマンコ……ゴクリ」


89 : 以下、名... - 2011/09/26(月) 21:03:32.95 S480pgOE0 34/36

天王寺「よ、よせ」

岡部「くらえ!!エターナルフォース・ブリザァード!!!!相手は死ぬ」

天王寺「やめろ、今朝から下痢ぎみなんだよ、よせ!!」

岡部「あああああああああああああああああああああああ」

天王寺「アッーーーーーー!!!!」ズブリ

ブッ、ブブブッ、ブリリリッ、ブビュブブブブブ

紅莉栖「なんぞこれえぇぇぇぇー!!!」

ダル「と、こんなわけでオカリンのアナルSEX初体験はクソミソな結果に終わったのでした」

END


96 : 以下、名... - 2011/09/26(月) 21:10:09.64 S480pgOE0 35/36

最後に言っておくが俺はホモではない
オカリンのアヘ顔想像したらギンギンに勃起したが俺は断じてホモではない

100 : 以下、名... - 2011/09/26(月) 21:15:02.56 S480pgOE0 36/36

ルカ子を主要キャラで出さなかったのはホモスレに女顔を出すのは誰得だったから
ミスターブラウンのようなガチムチのほうが需要があるから天王寺多めにした

記事をツイートする 記事をはてブする