54 : 以下、2... - 2014/02/02 21:05:02.75 KVXYC80DO 1/10

ニャル子「え? 違いますよ、何言ってるんですか珠緒さん」

珠緒「でもさぁ、最近妙に仲良くない?」

珠緒「いっつも二人で登校してくるし、帰る時も一緒だしさー」

ニャル子「ははは、嫌ですね珠緒さん。クー子だけじゃなく真尋さんとハスター君もいるじゃないですか」

珠緒「うんそうだね、でも八坂君とハス太君が来た後に少し遅れて入ってくるよね? ニャル子ちゃんとクー子ちゃんって」

ニャル子「そうでしたっけ?」

珠緒「しかもなーんか息乱れて汗かいてるし」

ニャル子「あー、それはですね……」

元スレ
クー子「ニャル子との関係が姉さんにバレた」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1390906638/

55 : 以下、2... - 2014/02/02 21:19:56.07 KVXYC80DO 2/10


-------
-----
---

クー子「ニャル子待って~」

ニャル子「ええい! なんで学校に着いて早々にアンタと鬼ごっこしないといけねーんですか!?」

クー子「ニャル子キスしようよ」ダッシュダッシュ

ニャル子「しませんよっ! 追い掛けてくんな!」ダンダンダダン

ニャル子「真尋さーん! 早く教室行きましょうよー」

真尋「HRに遅れるなよー」スタスタ

ニャル子「ちょ、真尋さんっ」

ハス太「クー子ちゃんとニャル子ちゃんホント仲良しだね」

ニャル子「ハスター君まで!? うおおクー子こっちくんなー!」

クー子「このままニャル子を追い掛けて、いつか昇るぜ栄光の空~」

ニャル子「鷹のように逃げます!」ダダダッ

--------
-----
---

56 : 以下、2... - 2014/02/02 21:34:48.93 KVXYC80DO 3/10

ニャル子「という騒動が毎朝のようにあるんですよ」

珠緒「んー……」

ニャル子「何ですかその怪訝な顔は」

珠緒「ニャル子ちゃんはさ、女の子同士の恋愛ってどう思う?」

ニャル子「どうも何も……当人同士がいいなら外野は口を出すことはないんじゃないですか?」

ニャル子「まぁ世間の風当たりは強いでしょうが、そこを乗り越えてこその愛でしょう」

ニャル子「私と真尋さんの愛のように!」

珠緒「クー子ちゃんはニャル子ちゃんのこと好きなんだよね?」

ニャル子「ええ……まあ、認めたくないですが」

ニャル子「あの、私とクー子ってそんなに仲良しに見えますか?」

57 : 以下、2... - 2014/02/02 21:58:51.44 KVXYC80DO 4/10

珠緒「うん」

ニャル子「そ、そうですか……」

ニャル子(嫌じゃないけど嬉しくありません……)

珠緒「いいなぁ、親友って感じで」

ニャル子「何を言ってるんですか珠緒さん」

ニャル子「珠緒さんも親友ですよっ」

珠緒「ニャル子ちゃん……本当にいい子だねぇ~」

ニャル子「いえいえ、それほどでもありますけど」

珠緒「でもクー子ちゃんには適わないよ」

珠緒「だって二人はずっと一緒だったんだから」

ニャル子「いやただの腐れ縁ですから」

珠緒「ふふ、分かってる分かってる」

ニャル子「珠緒さん……なぜか心なしか嬉しそうな気が……」

58 : 以下、2... - 2014/02/02 22:07:07.54 KVXYC80DO 5/10

珠緒「じゃあ次はクー子ちゃんに話聞いてくるね!」ダダッ

ニャル子「ちょ珠緒さーん……」

ニャル子「行ってしまいました……」

ニャル子「はぁ、私とクー子って端から見ると百合百合しいんでしょうかね」

ニャル子「えっ、ということは……」

『真尋「ごめんなニャル子、僕はレズな子とは結婚できない」』

ニャル子「ちょおおお!! ヤバいですよこれは!」

ニャル子「クー子はただの友達、クー子はただの親友……」

ニャル子「クー子は一番の親友……クー子は……」

ニャル子「はぁ……腐れ縁っていいんだか悪いんだか……」

59 : 以下、2... - 2014/02/02 22:15:30.55 KVXYC80DO 6/10

珠緒「クー子ちゃーん」

クー子「珠緒?」

珠緒「ニャル子ちゃんについて聞きたいことがあるんだけど」

クー子「ニャル子のことなら何でも答えられる、そう私はニャル子マスター」

珠緒「じゃあ最初の質問っ、クー子ちゃんにとってニャル子ちゃんってどんな人?」

クー子「ニャル子は太陽」

珠緒「太陽?」

クー子「そう、未来(あした)予報がもし嵐でも、ニャル子が青空に変えてくれる」

クー子「ニャル子にははち切れそうな夢のエナジーが詰まってる」

クー子「ああニャル子を襲いたい、嫌がるニャル子に媚薬を嗅がせて一晩中弄びたい」

珠緒「え、えーと……」

60 : 以下、2... - 2014/02/02 23:56:49.11 KVXYC80DO 7/10

珠緒「じゃ、じゃあ次の質問っ!」

クー子「カモン」

珠緒(ここはもう単刀直入に……)

珠緒「クー子ちゃんってニャル子ちゃんと付き合ってるの?」

クー子「…………」

クー子「う、うん付き合ってる……よ……?」

珠緒「何その尻切れな返答」

クー子「くすん……珠緒ぉ~、最近ニャル子が冷たいの」

珠緒「んー……私は今のままでいいと思うけどな」

クー子「どういうこと……?」

珠緒「ニャル子ちゃんはちゃんとクー子ちゃんを大切に思ってるよ」

クー子「それ本当……?」

珠緒「うん間違いないよ、ニャル子ちゃんはツンデレだねっ」

クー子「え、えへへへ……」ニヨニヨ

61 : 以下、2... - 2014/02/03 00:08:40.40 z9ghlCFDO 8/10

珠緒「それじゃあ……最後の質問」

クー子「うん」

珠緒「私が……」

珠緒「私が八坂君と……」

珠緒(駄目だよ……何言ってるの私……)

珠緒(うっ、やばい泣きそう……)グスッ

クー子「珠緒? 少年がどうしたの?」

珠緒「な、なんでもない! 最後のは忘れてっ」

クー子「珠緒がそう言うなら……」

珠緒「ああ! 私そろそろバイトの時間だ! クー子ちゃんバイバイ!!」ダッシュダッシュダンダンダダン

クー子「行ってしまった……」

ニャル子「ここにいましたかクー子」

クー子「ニャル子?」

62 : 以下、2... - 2014/02/03 00:17:02.51 z9ghlCFDO 9/10

ニャル子「なに鳩が豆鉄砲くらったような顔してやがるんですか? 帰りますよ」

クー子「もしかしてニャル子、私を探してくれてたの?」

ニャル子「たまたまここからクー子の声が聞こえて、さらにたまたまひとりで帰るには寂しい時間帯だったんで……」

クー子「…………」

ニャル子「クー子一緒に帰りましょう……」

クー子「うんっ!」

ニャル子「って、どさくさ紛れに何手を繋ぎにきてるんですか!?」

ニャル子「しかも恋人繋ぎにしようとすんな!」

クー子「ニャル子、どんどんデレてもいいんだよ?」

ニャル子「誰がデレるか!」






終わり

63 : 以下、2... - 2014/02/03 00:22:26.19 z9ghlCFDO 10/10

さあ、お前のクーニャルを数えろ!

ぶっちぎるぜぇ

記事をツイートする 記事をはてブする